**Secret**..miho
* 若さゆえに…
2009年10月31日(土)
今日は日曜日です。

そして、ハロウィン
そして、キティちゃんのペット、
チャーミーのバースデー

私は今日も病院でした

お仕事がないだけ、
まだ心が楽でした。

ここ2、3日、異様に
お腹が張って変だと思ったら、
今日、生理になりました。。

先月、抗鬱剤の影響で不順で、
たった1日で止まっちゃった分、
今回は大量でお腹が痛いよぅ
しっかり鎮痛剤を飲みました。。

それから37℃代の微熱もあって、
とっても怠いよぅ(つω-`。)
頭も痛くてしんどいです…
悪化しなければ良いけど…

というわけで、今朝はなかなか起きられず、
ギリギリの時間に起床して準備して病院へ…

週末なのでパパに連れて行って貰いました

9時からの予約で、
ギリギリ5分前に到着

待合室へ行くと、さすがは
土曜日だけあって人が少ない。。
その中に今日もSさんの姿が…
まだまだ長引いているんだなぁ

9時を過ぎても診察は始まらず…
気づいたら、待合室が満席に!!
皆さん、イライラしている様子…

中でも目の前に座っていた
品の良さそうな老夫婦さん…
おじいさんの方が患者さんみたいで、
ずっとクドクド文句を言い続けてた

どうやら、今日は土曜日だから、
いつもの主治医じゃないらしく、
「当番の先生に診て貰っても意味ない。」
とか、とってもご不満な様子で…

主治医に診て貰えなくて残念な気持ちは
よぉく解るけど、ありがちな文句だよね。

お医者さんだって、普通の人間なんだよ。
毎日24時間いつでも診て貰えるわけない。

30分を過ぎても一向に診察が始まらず…
だんだんしんどくなってきて、
座りながらうずくまっていました

途中、お腹も痛くなってきて、
急いでトイレに行って戻ると、
Sさんの姿が見えなくなっていて、
きっと処置中で次は私の番だ

案の定、Sさんが診察室から出てきて、
笑顔でペコリと挨拶を交わした後で、
看護師さんに私の名前を呼ばれました。
今日の看護師さんも、一番最初の人。

今日は鬼主治医じゃなくて嫌だなぁ…

準備をしてベッドで待機していたら、
お医者さんが登場。今日の医員さん、
前にも処置をして頂いた事のある人…
名前は覚えていないけど医員さんも
まただねって感じで接してきました。

気さくな感じの医員さんだったけど、
処置に対してはきっちりしていたよ。
普通、ベッドを上げて処置するけど、
今日はベッドを下げたまま医員さんが
かがんでじぃっと患部を見ながら処置

「じゃあ取りますねー」と言って、
患部を見たらすぐに注射でブスっ
昨日の診察で鬼主治医が書いた
カルテを読んでいると思うので、
病状は把握できているだろうけど…

まず塞がっている表面を
針で突き刺して穴を開けて、
それだけでも痛かったのに、
奥深くまでグリグリされて、
耐えられないほど激痛(×o×)

グッと力を入れて痛がって、
必死で腕で遮ろうとしたら、
医員さんには「力を抜いて!」と怒られて、
看護師さんには「頑張って!」と励まされ、
もう何が何だか解らず大パニック(>〜<*)

なかなか終わろうとしてくれないので、
「もうやめて!」と嫌がって叫んだら、
「ここが大事だから!」と続けられて…

最後には「あと10秒だから!」と、
子供騙しのようなにゴマかされて、
「・・・・・・・・・・はい終わり!」と
針を抜いてガーゼを当てられました

今日もいっぱい血が出たんだと思う…
看護師さんが頑丈にガーゼを貼った。

そして、明日の病棟での
処置の紙を貰って終わり…

そう言えば、Sさんも持っていたなぁ…

パパを待たせているので、
真っ直ぐ会計に行ったら、
今日は早めに会計できて、
パパが待っている場所へ向かっていたら…

向こう側からSさんがっ!!
売店に寄っていたみたい。

どうしよう…どうしよう…
「明日もですか?」って、
気軽に話し掛けてみようか

どぎまぎしていたら…

なんとっ!!w(゜o゜*)w

擦れ違った瞬間に、
Sさんの方から、
「明日もですか?」って

これはお話できるチャンスだ

と思い「はい。」と言ったら、
「聞いてもいいですか?」と
逆に色々と尋ねられちゃった

「何月から通ってらっしゃるんですか?
私、もう1ヶ月になるんですけど、
いつ終わるんだろうと思って…」って。。

「えっ、もう1ヶ月にもなるんですか」と
ビックリしたら「まだですけど、もうじき…」

だいぶ切羽詰まられている感じで心配
それで、私はこれで3回目で1回目の時は
1ヶ月半くらい掛かった事を伝えました。

すると、納得されて、
今度は、更に詳しく、

S「失礼ですが、乳腺炎…ですか?」
私「あ、はい、乳腺症?です。」
S「炎か症か解らないけど乳腺の病気ですよね?」
私「はい。膿が溜まったんですよね?」

と、お互いの病気について確認し合って、

私「最初はどういった症状だったんですか?」
S「お乳が大きく腫れてきて…」
私「そうそう、私も腫れました(>_<)」

S「右側…ですよね??」
私「はい。左側ですよね?!」
S「そうそう。」
私「いつも枕が逆にあるから(^o^)」
2人して笑っちゃいました☆

そして、原因についても…

S「私は子供を産んだ時に乳腺炎になって、
その時にちゃんと処置をしていなかったから、
後になって膿が溜まって悪くなったんです。」

そうか…
乳腺症でよくあるパターンだぁ。。
でも、私は…

私「私は原因不明で先生からも
何も説明を受けていないんです…」
S「ご結婚はされているんですか?」
私「いえいえ結婚も出産もした事なくて、
それなのにこんな病気になっちゃって(>_<)」

とっても気の毒がられました

それから、診察についても…

S「先生によって痛い人が居ません?!
処置の前に先生を見かけた時、
またこの人かぁと思うと嫌で嫌で…」
私「居ますよねぇ痛い時は、
思わず『やめて!』と言っちゃいます」
S「私も痛い時は痛いって言いますよ。
本当に先生によって雑な人が居て…
お乳ってデリケートな場所なのに!!
○○先生はゆっくりしてくれるから良いけど。」

おおぉ〜〜
Sさんも鬼主治医の処置は、
上手だと感じていたんだぁ
さすがは腕が良いもんね♪♪

私「○○先生は乳腺外科の専門医だから良いけど、
病棟の若い先生とか普通の外科医さんでも
胸の処置ができるのが不思議だと思います。。」
S「そうですよねぇ。前に一度、○○先生に、
外科医さんの処置でも大丈夫なのか聞いてみたら、
『まぁ大丈夫でしょう。』って言われました。」
私「『でしょう』って(^▽^;)ゞなんか不安」

私「○○先生、何も説明してくれないんですよー。
いつも準備して処置されて『また明日』と言われて、
毎日その連続なんです。いつまで続くのかなぁ…」
S「そうそう、私も同じよー。本当に簡単な診察で。
いつ終わるのかとかも聞きたくても聞けなくて。。」

やっぱり、鬼主治医は、
誰にでも素っ気ないんだなぁ…
威厳のある部長先生だもんね。。

それから、今までの私の推測の
事実についても判明しました!!

S「先日、身体を隠すタオルがなかったんです。」
私「そうそう、なかったから、あれ??
処置されなかったのかなぁとビックリして…」
S「タオルがないなんてしょっちゅうですよ。」
私「ええっ?!タオルなしでするんですか?!」
S「そうよ。ギュッて腕で隠して…」
私「ええぇー先生ったらデリカシーないんだから
私は絶対嫌で看護師さんに持って来て貰いました。」

以前、タオルがなくて、
私がもじもじしていたら、
鬼主治医は、ちゃんと、
気づいて用意してくれたのに…

看護師さんも気を遣って、
胸だけでなく足も隠して下さるのに…

やっぱり若い女性の裸は
特別に抵抗があるのかなぁ(^_^;)ゞ
でも、ご年配の方でも、
女性は女性だから、ちゃんと
配慮してくれないと困るよね

私はおこちゃまサイズだけど、
Sさん、豊満なお胸なのに、
丸出しで処置されたなんて、
鬼主治医、ホント酷い(。>o<。)

S「私なんて、もう子供も産んであれだから、
裸を見られても平気だけど、まだ結婚もされていない
若い女性だったら見られるのは嫌ですよねぇ…」

と、胸の処置に同情されました…
やっぱりその点でも若者は辛い

私「もうかれこれ15人くらいの人に
見られちゃいました(;´▽`A)」

だいぶ感覚が麻痺してきたけど、
やっぱり本当は辛いんだじょ(・・、)
恋人以外の男性にいじられるのは…

それと胸の状態についての不安も…

私「患部が見られない状態になってきて…
将来の事もありますし本当に辛いです(;_;)」

タオルの事と言い、
医師である鬼主治医も
やっぱり若者に対して
処置をする事には、
同情心があるかもしれない…

特に私の身体はガリガリだから、
針を刺すのも痛々しそうだし、
自分で言うのもおかしいけど、
まだ若い身体を傷つけるのは、
可哀想だと思っちゃうだろうなぁ…

ご年配なら良いってわけじゃないよ!!

そうじゃなくて…

入院中も、よく言われていた言葉…
「まだ若いのに可哀想に…」って。。

実際に、もし自分より年下の人が、
病気を患って苦しんでいたりしたら、
私自身も可哀想にと辛く思うもん

やっぱり、若いという事は、
それだけで特別で違うもん…

それから、今の病院についても…

私「毎日通院するのが大変だから、
近くに良い外科があれば良いけど、ないから…」
S「でも、やっぱり大きい病院の方が安心よ。
私は他の病気でも、ここに掛かっているから。」
私「あ、私も他の科に掛かっています。
そこから回して貰ったんですよー。」

お互いに持病があるところは共通しているみたい☆
さすがに私の持病は難病とは言えなかったけれど…

そして、通院の苦労についても…

私「毎日通院だなんて、そんなにも
重症なの?って思っちゃいますよね…」
S「毎日通院するのは大変だけど、
自分の事だし治さないと仕方ないから、
仕事だと思って通院しています。」
私「これは慢性疾患ですからね…
やっぱり再発を繰り返すみたいです。。」
S「そうですか…再発するんですね…」

不安にさせちゃった
ごめんなさい。。(>_<)

でも、
「しっかり処置して貰っておいた方が
良いって事ですよね!!」って、
前向きに捉えていらっしゃったよ。

通院がお仕事かぁ…
という事は、私はお仕事を
2つも掛け持っているの??

S「でも、働いていたら、もっと大変でしょう…」
私「はい…本当に遅刻ばかりして辛いです
S「ねぇ…職場の周りの人たちの目を気にしたり、
本当に大変で辛いと思います。。」

何だか、処置の先輩?である私が
Sさんを元気づけるつもりでいたのに、
若いからって同情されっ放しだよ(^〜^;)ゞ

だんだん自分の苦悩が浮き彫りになってきて、
泣きそうな感情を精一杯に我慢しました(>~<*)

そして、最後に、
Sさんは両手の拳をグーにして、
「頑張りましょうね!!」と
力強いポーズで喝を入れられました。

そして、私も笑顔で、
「はい、頑張りましょうね。」
と言ってお別れしました。

やっぱり母は強しって感じで、
サバサバ頼もしい方だったなぁ…
一緒に居るとホッとしました

今日は1時間近く待たされて、
それに対して、Sさんは、
「せっかく予約時間より前に来ているのに、
いっぱい待たされてイライラしちゃって、
言おうかと思ったけど、診て貰っているから、
文句も言えなくて…」と憤慨していたよ

いっぱい待たされるのは、
総合病院だから仕方ないよねぇ
神経内科なんて3時間待ちとか

そういう神経質なところもあって、
今後、更に長引いてしまったら、
お気の毒な気もしちゃったけど、
Sさんは闘病に対して前向きなので、
きっと私よりも頑張れると思う。

いっぱい文句が言えるくらいだもん。
私なんて、弱音ばかりだもん(・・、)

若さ以外にも、性格的な面でも
Sさんと私は異なっているみたい。

病院の原因からして、
Sさんは仕方ないと
割り切れているから…

この先、いつまで闘病が続くのか…
願わくば、Sさんの通院が終わるのを
私が見届けてあげたい気持ちだけど、
Sさんのお話を聞いていると典型的な
乳腺炎だから、なかなか膿がなくならなそう。。

いつも、鬼主治医に、
「最初は膿が出るけど、その後は、
綺麗なんだけどって言われるんです。」って…
毎回膿が出る事自体、良からぬ状態だからね…

穴が塞がれるのも時間が掛かりそうだなぁ
だから鬼主治医もSさんに何も言わないんだ。
ただひたすら毎回処置するだけの繰り返し…

きっと何も深く考えたりしていないよ。
大勢いる患者さんたちの事を1人1人
いちいち感情移入していたら大変だし…

そこまでは、患者さんが
お医者さんに求める事の
できない事なんだろうね。

でも、いつだったか、
まだ初期の頃に、
「頑張りましょうね。」
って言われた言葉が、
今も心に響いているよ…

診て貰える事だけでも
有難く思わなくちゃね…

お医者さんだって、
いつ終わるか解らないもん。
病状は日々変化するから…

私の場合、
胸自体が小さいのと、
授乳経験がない分、
治りも早いはずなのに…

そもそも発症する事自体、
原因不明で謎なんだけど

いつか、ひょっこり治るかな??
突然、発症しちゃったように…

でも、私は抵抗力が弱いから…

それに今回の3度目は、
過去の2度と状態が違うから、
自分の目で予測も付かなくて…

穴が塞がって、
液が出てこなくなったら
良くなったと、
自己判断できないから、
余計に不安になるよ

私ね、今日の処置で、
勘違いしていた事に気づいたの。

鬼主治医が言っていた、
「深い」って、患部に対して、
横に広いのかと思っていたよ。

でも、表面じゃなくて、
「奥」って言う事は…

本当に内部に向かって、
下に深いって事なんだ…

医員さんが注射の針を
横に寝かせていなくて、
直角に刺していたから…

それが解って、更に怖くなって、
絶望しました

「表面は塞がるけど奥にスペースがある」
この意味がようやく理解できました…

表面の穴が塞がっているにも関わらず、
処置をしなければならないわけだよ。。

これまでのように、
表面だけの問題じゃない。
内部の事となると、
痛みも強く治療も厄介

もう本当に気が滅入りそうです

私の胸の中身、どうなっているの??
一体どうしてこうなっちゃったの??

考えれば考えるほど、
辛くて歯痒いです(>_<)

それで、今日は病院が終わった後、
一人でフラリと電車に乗って、
岡山の方へお買い物に行きました。。

気分転換をしなくちゃ…

それに一人になりたい気分だったから…

Sさんとの会話が身に染みて、
泣きたくなっちゃったから…

駅で電車を待ちながら、
Sさんとの会話を思い出して、
ボロボロ泣いていました

若さゆえの苦悩は、
途轍もなく大きいんだよ…

私は無限の可能性を秘めていた
17歳の時に難病が発病してから、
病魔に幸せの芽を全て摘まれて、
それ以来、絶望との闘いが始まったの。

肌が綺麗ね。
髪が綺麗ね。
手が綺麗ね。
爪が綺麗ね。

可愛いオシャレができて、いいね。
若いって、いいね。

若ければ何だってできる気がするよね。

長い人生の中で一番楽しめる時期だよ…

ご年配の方たちから見たら、
そう思えるのかもしれないけど、
どんなに見た目が良くても、
中身は病気でボロボロなんだよ…

若さゆえに味わえる多くの特権が、
病気ゆえに台無しにされてしまい、
若いのに苦労しなくちゃいけない。

それが私の一生の障害。
それが私の運命だった。

せめてものささやかな足掻きで、
腰まで届く長い髪を切らない。
1cmくらい長い爪を切らない。
お肌の美白には手を抜かない。
細い体型を維持し続けている。
女の子らしいオシャレをする。

見た目だけでも、
病気とは無関係に
可愛く居たいから…

表に苦労を滲ませず、
笑顔で居たいから…

病気になんて負けたくないから…

ブラブラ可愛い物を見ていると、
ちょっぴり心が癒されました

やっぱり私の一番の元気のモト、
大好きなレベッカテイラーに行って、
仲良しな店員さんとお喋りして、
いっぱい笑顔になれて良かったです

冬のスカートが欲しいなぁと思っていて、
色々と探し回っていたけど、やっぱり、
大好きなレベッカテイラーで買っちゃった
レベッカテイラーのお洋服を着ていると、
本当にハッピーな気持ちになれるから(^^♪

ラブパワーってスゴイよねぇ

これが、そのスカートです(゚∇^*)
もちろん一目惚れでした☆ミ



お写真だとグレーっぽく見えるけど、
ブラックとネイビーのツイードだよ
更にゴールドのラメも入っているの

ふんわりデザインも私好み(p^_^q)(p^_^q)
ベルト風のリボンもキュート♪♪
ちょっぴり膝丈より短いかなぁ…
スカートなのにポッケ付きなの。

私はピンクのトップスが多いので、
ネイビーとは相性ピッタリだよ

お気に入りが見つかって良かったです

そして、一人ランチ



☆たらこ&しそパスタ
★野菜サラダ
☆アイスコーヒー

土曜日だから人が多くて、
一人は淋しかったけど…
でも、美味しかったです
(夕食もミートスパゲッティだったけど)

あと、なくなりかけていた
マスカラベースも買いました♬
アイメイク全般はLUNASOL

一通り見て回って、
グッタリおうちに帰って、
お昼寝をしました

夕方になって少しは微熱も引いたかな…

また明日も頑張らなくちゃ

今日の日記はグチグチ
長ったらしくなっちゃって、
ごめんなさい。。(_ _。)

それでは、おやすみなさい。。


P.S.
今日のトップのお写真は、
おやつのロールケーキ
お兄ちゃんが居るから、
おやつも豪華だよ(笑)
*心の傷
2009年10月30日(金)
ふぅ…
今週も1週間お疲れ様でした。。

病院とお仕事との両立で、
慌ただしく過ぎていったよ

もう10月もおしまい…

昨夜、お兄ちゃんと
久々に再会しましたが、
接する時間がなくて

今週末は、ゆっくりできるかなぁ

昼間、お兄ちゃんがお留守番中に
ピーたんと2人?きりで居た時に、
ピーたんが「何か用?」と言ったらしく、
お兄ちゃんがプチショックだったみたい
なかなか愉快なインコでしょ(^m^*)

まだ他にも色々レパートリーがあるので、
お兄ちゃんにいっぱい披露してあげてね♬
全部、私が教えた言葉だから、
生意気に聞こえるかもだけど(^_^;)ゞ

さて、今日も朝一から病院へ…

宿直明けのパパと擦れ違いで、
バスで行く事になりました
ぼぉ〜っとバスに乗っている
時間、けっこう好きなんだぁ

先週の月曜日から3回目の通院生活が
始まり、もうじき2週間が経ちます…
前回は、ちょうど2週間ちょっとで、
患部の穴が塞がり終わりとなりました。

でも、今回は前回とは
様子が違うみたいです

表面の穴は塞がってきたのに、
中にスペースが残されたまま…

それで手こずっているみたい
本当に厄介な状況だよぅ(>〜<*)

これまでの治療法のように、
パッと見て穴が塞がっていたら
終わりというわけにいかず…

本来なら中の隙間が埋まったら、
自然と穴が塞がれる原理なのに…

これまでとは違うスペースが
浸食されちゃったような感じ
痛み方も前回と違う気がする…

そのスペースの深さや大きさが
どれくらいなのかは解らないけど、
それが埋まらないと治らないよ

どれくらい時間が掛かるのかな…
洗浄するだけで良くなるのかな…

新たな不安が勃発して、
絶望的な気分だよぅ(;_;)

待合室の方へ行くと、
今日も人がいっぱい…
その中に、Sさんも

やっぱり昨日は様子見デーだったんだなぁ
Sさんを見かけるとホッとする…なんて本当は
病院に来なくて良いに越した事はないよね

今週は月曜日から金曜日まで5日間、
みっちり全て鬼主治医に診て貰えて、
本当に、あっという間だったけど、
充実した通院生活だったと思います。

この病気の事だけを考えて、
闘病できたら楽なんだけど

今日の予約時間は9時半から…

9時の外来開始時刻から
ずっと座って待っていたら、
お隣の席のおばちゃんに、
じぃ〜っと見つめられて、
いきなり声を掛けられたよ。

「何のお手入れをされているんですか?」
って。「えっ?」とビックリして、
「髪ですか??」と聞き返したら、
「いえ、お肌です。透き通って見えるから、
綺麗にお手入れされてるんだろうなぁって…」

と言われて思わず照れちゃったよ
「いえいえいえー」と笑いながら、
思いっきり否定しちゃったけど(^▽^;)ゞ
心の中では、とっても嬉しかったよ
声を掛けられた事にもドキドキです☆

反対側の隣の隣の席には、
同世代くらいの若い女性が
いつもの看護師さんが、
その女性に外科の問診票を
渡していました。気になるー

9時半を5分くらい過ぎてから、
ようやく鬼主治医の診察がスタート☆
更に鼻声がパワーアップしてた

2番目にSさんが呼ばれて久々にドキドキ。。
1日置いてみた結果、どうだったかなぁ…
週末もまた様子見デーになれたら良いな

待っている間、ウトウトしていたら、
5分くらいして私の名前が呼ばれました。
ハッと目が覚めてキョロキョロ見渡して、
Sさんの姿が見えなかったので、あれ?!

すると、私の名前が呼ばれた直後に、
処置室の扉が開いてSさんが出てきました
鬼主治医、呼ぶの早すぎでしょ(*>_<*)
Sさんに対して、ちょっぴり失礼だよぉー

処置室へ向かう途中、Sさんと擦れ違い、
今日もペコリと挨拶を交わしました(^^)

そして、いざ扉を開けて、
今日の診察スタートです

今日は狭い処置室だったので、
お部屋に入ったらすぐに
鬼主治医が見えてペコリ…

「じゃあ、診せて下さいね。」

カーテンが全開に開いていて、
更衣用のカゴも元々の位置で、
Sさん、今日も処置しなかったのかな…
一応、一段落できたのかなぁ??

鬼主治医しか居ない静かな処置室で、
机に向かっている鬼主治医とも近く…
カーテンをバーって閉じるのも、
何だか嫌味っぽく感じて躊躇い、
なるべく隅っこに隠れてモジモジと
お洋服を脱いで準備をしました。

そして、ベッドに移動した時、
一番最初の看護師さんが登場。
結局、今週はいつもの看護師さんが
お目見えしなかったよ。少し淋しい

ベッドに横になって、
ベッドが上げられて、
「今日も突っつかんといけんかな。」
と鬼主治医が呟いて、

「じゃあ、取りますよー」
とガーゼを取って、
患部をパッと見て、
「一見、治っているように見えるんだけど。」
と看護師さんと苦笑。。

そして、今日も針で
表面を突っつかれました
最初、上手く入らなくて、
超痛かったです(T△T||)

でも、その後は何とかすんなり入り…
どのくらい刺されたのかは判らないけど

看護師さんが「頑張って、頑張って、」
と、しきりに言ってくれていました。
やっぱり見ていて痛そうなのかなぁ

実際に私も痛かったです

今日は初めて鬼主治医の
念仏のような独り言を聞きました。
風邪を引いて鼻声で低音だからか、
患部の状態がよろしくないからか…

早口で聞き取り辛かったけど、
またカスが出てきたとか…
それって、悪い兆候だよ

その後も生々しい独り言が(>~<*)
「乳頭から出ていると思うけど、
乳頭には穴が開いていないなぁ…」

それを聞いて、ゾゾゾ…
外側じゃなくて内部のお話だよ??
想像しただけでも身が悶えるよ

それに、乳頭だなんて言葉は、
乳腺の専門外科医しか使わないよね
今日の鬼主治医は真剣だった…

私の頭の中も真っ白…

中のスペースに汚い物が
溜まっていると思うと、
居ても経っても居られないよ

更に悪い事に、その穴は深い上に、
表面の穴はすぐに塞いじゃうから、
自然に排出される事もなく悪循環

何だかパニックです(>_<)
本当に良くなるのかなぁ…

処置が終わって、患部に
ガーゼを当てている最中に
鬼主治医の携帯バイブが

すぐ出ずに待ってくれた。

そして、看護師さんがテープを
貼っている時に電話に出ました。

今日の外来について、
「今日もいっぱいです!!
夕方の5時くらいまで…」

えっ
いつもそんなにも遅くまで、
診察をしているなんてΣ(・д・;)
毎日フルタイムで過労だよぉ

鬼主治医の身体が心配になりました。。

鼻声で聞き取り辛かったのか、
何度も同じ事を言い直したり…

その間に素早く着替えました。

そして、カーテンを開けたら、
私に気づいた鬼主治医が、
「では、また明日もね。」と
言ったので、明日も鬼主治医
と嬉しくなったけど、その後、

「週末なので当番の先生に
頼んでおきますね。」って(T_T)

2週連続、お休みなのかぁ

でも、仕方ない。。

しっかり休んで風邪を治して下さい
Have a nice weekend

私は週末も関係なく病院だけど
鬼主治医じゃなくて淋しいけど、
頑張って治さなくちゃね(>〜<*)

会計をしたら、予約券が
3枚も発行されてビックリ
明日と月曜日は解るけど…

もう1枚は水曜日のでした

そうか、来週の火曜日は祝日なんだね。。
一気に来週の水曜日まで予約を取られたよ(>_<)
先月のシルバーウィークの時と同じだ…

水曜日の予約を今日取ったという事は、
月曜日も当番の先生による処置なんだ

あぁ…来週は鬼主治医に
あんまり診て貰えないよ…
その前に治っているかも

ちょっぴりモヤモヤな気分で
病院を後にして今度は職場へ

本当に慌ただしい日々です(>_<)

今日も後ろめたい気分で遅刻をして、
上級コースの見極めを頑張ったけど、
お仕事終了の30分くらい前に上司に
来週の月曜日も遅刻すると伝えたら、
傍に居たSVさんに呼び出されました…

何を言われるのかは解っていたけど、
遂に、お話しなくちゃいけない時が
面談の時にお話しようと思っていて…

この3ヶ月間ずっと頻繁に
遅刻&早退を繰り返していて、
一度もSVさんとお話せずに…

いつかお話をしなくちゃと
申し訳ない気持ちで居たら、
SVさんの方も、いつか、
話さなくちゃと思っていたみたい…

それで今の状況を
素直に伝えました。

7月末から通院を始めて、
良くなったり悪くなったりを
繰り返している実情とか…

「7月そんなに前だったかなぁ」
って、驚かれちゃいました(+ー+*)ゞ

SVさんの意見としては、
身体のためにも業務都合的にも
今後の稼働を調整しないとって…
厳しい事も言われました…

査定に響く事は免れず、
それは覚悟しています

今の稼働を削ったり、
雇用保険も抜けたり、
色々支障も出てきて、
どうしたら良いのか解らず

働きたいのに働けない
病院と会社の板挟みで、
もどかしくて歯痒くて…

SVさんが私の事を色々
気遣ってくれているのは
よく伝わってきました。
心苦しい気持ちも解って貰えて…

それには本当に感謝です

ずっと答えを出せないまま
うつむいて黙り込んでいたら、
先日、契約更新説明会の際に
私が書いたアンケートを
持って来て読まれました。。

そこには、積もり積もった
申し訳ない気持ちと、今後も
これまで通り働きたいという
強い前向きな意志を書いて…

働く事の身体への負担はないとか、
決して治らない病気じゃないとか、

そんなの私の都合の良い
言い訳のように思えて、
何だか恥ずかしくなって…

すると、SVさんは、急に、勢いよく、
「よし、じゃあ、このままにしよう!!
ここまで意志を示してくれたんだもん。」
と、私が書いた文章に納得して頂き、
今後も変更なしでいく事になりました。

「治してねって言うのもあれだけど、
うん、でも、本当に治してね!!」と、
めいっぱいお願いをされました(・・、)

その決断を通す事で、
SVさんの期待に応えられるか
不安な気持ちになり、
一方、認めて貰えた嬉しさで、
急に涙がブワッと溢れました

本当に迷惑を掛けてばかり…
私って本当に厄介な人間だ

しばらくSVさんの前で泣いてしまい、
SVさんがオロオロしながら、
ごめんねって謝って下さり、
周りを気にして「少しこのままで居ようか。」って…

でも、迷惑を掛けてしまうので、
「トイレに行きます。」と言って、
トイレに駆け込んで独りで泣いた…

どんどん職場で孤立していって、
後ろめたさがパンパンだよ(*ノ_;)

これからどうしたら良いんだろう…

なかなか病気も治らなくて、
会社にも迷惑を掛けている…
身を切り裂かれるような思いです

鬼主治医に対して、
いつも無口なのは、
不器用なだけでなく、
葛藤も大きいから…

何度も聞きたくなるよ。

「いつ治るの?」
「完治するの?」

でも、そんな事を鬼主治医に聞いたって、
いくらお医者さんでも答えられないよね。

だから敢えて聞かない。

哀しくなるだけだから…

言葉を発しない事で
反抗しているのかも…

入院中もそうだったように。

私の胸の患部と一緒。

表面的には治っているように見えても、
患部の内部には深い病魔が潜んでいる。

私は痛みや苦しみを表に出さないけど、
心の中では深い傷を負っているんだよ…

ずっと癒えないまま…

出口が塞がれていて、
光も見えず真っ暗闇。

今を頑張るしかないって
いつも言い聞かせているけど、
先を見なければならない場合、
どうしたら良いんだろう…

不安でいっぱいで怖くなるよ…

どうして、こんな事に
なっちゃったんだろう…

考えただけでも苦しくなるよ
*愛のしるし
2009年10月29日(木)
今日は、お兄ちゃんと
久々の再会(p^_^q)(p^_^q)

ですが…
超のんびり屋のお兄ちゃん、
横浜を出発したのが夕方で、
たった今(21時前)、新幹線で
岡山駅に着いたみたいです

なので、まだ会えていません(^_^;)ゞ
お兄ちゃんとの再会については、
明日の日記に書く事にするね

今日はパパが宿直で居ないので、
お仕事帰りにデパ地下のタイムセールで、
半額になったお寿司を夕食に買いました
大好物のお寿司、美味しかったぁ(*^。^*)

今日の日記に入る前に、
昨日のクイズの正解から

今日のトップにアップのお写真を載せたよ
早速、携帯とバッグに付けました(*´ー`*)

ちょっぴり難しかったかにゃ
ヒントは、キティちゃんの
トレードマークでもあるリボン

このキティちゃんは、
ピンクのモコモコのクマさん
着ぐるみを着ていて、
お耳と足と胸にイチゴマーク
お目めは赤、お鼻はピンクで、
とってもラブリーなのです♪♪

そして、
ただ可愛いだけじゃないんです

正解は…

ピンクリボンver.キティちゃんだよ

お耳のピンクのリボンが、
チョウチョ結びじゃないでしょ

キティちゃんは、2004年から、
2003年に乳癌の早期発見・早期治療の
大切さを伝える事を目的として
スタートしたピンクリボンフェスティバルの
アンバサダー(大使)として、ピンクリボンを
多くの人に知って貰いたいという願いのもと、
お手伝いをしているのだ(*'ー'*)♪

ね、キティちゃん、スゴイでしょ

商品に付いていたパンフレットによると…



乳がんは、日本女性の20人に1人が
生涯の間にかかるといわれる身近な病気です。

いつもがんばりすぎていませんか?
あたなのからだは、言葉にならない小さな
メッセージを、送っているかもしれません。
自分を大切にすることは、
家族や周りの人を大切にすること。
すべての女性の「体に優しい毎日」を、
キティはいつも応援しています。

何だか胸がじぃ〜んとしちゃいました

私の病気は乳癌ではないけれど、
もう3ヶ月も毎日のように
乳腺外科に通っているので、
身近な病気に感じるようになり…

このピンクリボンver.キティちゃんを
見かけた瞬間、とても親近感が沸いて、
買わずにはいられませんでした(*^_^*)

売り上げの一部は、日本対がん協会の
「ほほえみ基金」に寄付されるみたい☆

身に付けているだけで、
お守りみたいで心強いよ

胸の病気に掛かった事は辛いけど、
それをプラスに受け止めたいから…

これも大事な契機だと考えて(^-^)

このピンクリボンの思想って、
鬼主治医が唱えている願いと同じだから、
私も同じ気持ちを共有したい。

そういう意味でも、
鬼主治医も含めて、
胸の病気に関わっている
多くの人々と繋がっている
愛のしるしみたいだよね

このキュートなキティちゃんには、
そんな想いが込められているのだ

ずっと大切にしていこうと思います(゚∇^*)

さて、それでは今日の日記です

今日も病院&お仕事コースです。。

昨夜も寝たのは2時頃で、
今朝も早めに目が覚めて、
寝不足でネムネムです(ゝ_ξ)

それでも当たり前のように
今日も朝一から病院へ直行

お仕事との両立は大変だけど、
大好きな病院は落ち着けるよ

月曜日と木曜日は、乳腺外科の
専門外来日なので、普段よりも
待合室は患者さんでいっぱい!!

病院へ着いてからトイレへ行って、
ちょうど外来開始時刻の全館放送が
流れた時に待合室の方へ行ったら、
既に鬼主治医の診察が始まってたよ。

今日は鬼主治医の専門外来だから、
張り切りモードみたいです(・∀・)

今日の周りの人たちは
見た事も聞いた事もない
人たちばかりで変な感じ…
でも、見回していると、
けっこう楽しかったです。

待ち時間中に本を読んだり、
数独をしている人も居たり…

外科外来は、ご年配の方々が多くて、
私よりも若い人は見た事がないけど、
今日、乳腺外科の当日専門外来に
問診票を出していた同世代くらいの
若い女性を見かけてドキッとしたよ。
大した症状じゃなければ良いけど…

そう言えば、今日は、
Sさんを見かけなかったよ。
ひょっとして様子見??

かれこれ3週間くらい
毎日通われていたもんね…

私の今までのパターンでは、
木曜日は鬼主治医は忙しいので、
様子見デーになりやすいのだ。

それだから、昨日、Sさんは、
処置を受けていなかったのかな…
これでいきなり終わりって事は
ないと思うので、明日ドキドキ…

いつもの看護師さんを見かけて、
何だか懐かしかったです(^-^)
今週は一度もお世話になっていないよ。
先週は毎日お世話になったのに…
色々シフトがあるのかなぁ??

何だかんだで30分くらい待ちました。
待合室の人口密度が高いからか、
いつもよりもお疲れ気味です(;-.-)=3

昨日の診察から、たったの
17時間しか経っていないんだなぁ…
変な感じで照れ臭かったです。。
Sさんの次じゃないのも違和感(゚-゚;)

また昨日と同じ診察室でした。
鬼主治医の専門外来日なので、
扉に鬼主治医の名前とお写真が♬

そろりと中に入るとアシスタントさんが
「どうぞー」と言って下さり、それと
同時に鬼主治医が「おはようございます。」と
挨拶してくれたけどタイミングが合わず

お顔を合わせられませんでした(^▽^;)ゞ

私は空気みたいな存在なので、
ちゃんと来さえすれば良いか。。

いつも通り、お洋服を脱いで準備。
その間、鬼主治医は咳をしていたよ
昨日より風邪が悪化してるΣ(・д・;)
でも、お医者さんのくせに、
マスクはしていなかったよ

大丈夫かなぁ(;・・)ゞ

そして、ベッドの方へ移動しました。

「テープを取りますよー」と言われて、
ガーゼを剥がされたら、
「やっぱり塞がってるー」って。。

「いちいち細いので突っつかんといけんなー」
って、アシスタントさんと笑っていました(^_^;)ゞ

それで「ごめんなさいねー」と言われながら、
患部を針で突っついたら液が出てきたらしく、
「まだ中に液が溜まっているのかな…」って…

すぐに注射に持ち替えて、
今度は洗浄をしていたら、
今日は独り言っぽく、
色々呟いていました。

「ドロドロのは出てこなくなったかな。」
「今度こそ塞がったかな…まだ入った。」

私も実際に見てみたいくらい。。
グリグリされて痛かったよぅ

直接、患部の内側を
針で突っつかれるから、
処置後もしばらくの間、
その刺激でジンジン
局部だけでなく全体も…

今日も処置が終わったらグッタリ

アシスタントさんにガーゼを貼られて、
鬼主治医は机に戻り電子カルテの入力

ちょうど私がベッドから起き上がろうとしたら、
机に向かっていた鬼主治医がクルッと振り返り、
今の患部の状態について説明。

「表面は塞がってくれるんですけど、
まだ奥にスペースがありますからね。」

その間、まじまじと見られたので、
一瞬、固まっちゃいました(^▽^;)ゞ
私、かなり際どい格好だったかも

椅子じゃなくてベッドの上で
受ける診察って、変な感じ。。

それにしても奥にスペースって、
なかなかしぶといなぁ(-ω-;)
奥だから表面より塞がりにくいのかな…
穴が深いってホント厄介だなぁ

再びカーテンの中に入り、
着替えていたら、鬼主治医が
アシスタントさんと談笑。

風邪を引いているからか、
珍しくお茶を飲んでいて、
「朝は熱いお茶が良いですよねぇ。」って
そのジジ臭い会話に萌えました

そして、カーテンから出て、
鬼主治医は次の患者さんの
データを確認していたけど、
私に気づいてくれて、
「ではまた明日もね。」と
言って下さりました(*^_^*)

今日は朝一でネムネム疲れたけど、
鬼主治医の笑顔に癒されました

扉を開けた瞬間に、もう
次の患者さんが呼ばれて、
ビックリしちゃったけど。。

私が終わった後も、まだ
待合室は患者さんだらけでした。
今日は本当に大変そうだなぁ…

その後は、会計を済ませて、
お昼ご飯を買ってお仕事へ

電車の時間が合わなくて、
病院から職場まで移動するのに、
1時間も掛かっちゃった

今日もぶっ通し5時間、
お仕事を頑張りました。。

今日と明日で上級コースの見極めなので、
集中して頑張って疲れ果てました。。。(o_ _)o

でも、今日は、帰宅したら、
お兄ちゃんに会えると思って
嬉しくて頑張れました(^^♪

この日記を書いている間に、
感動の再会を果たしたよ♪♪

ヤツれているかなぁと心配だったけど、
いつもと同じお兄ちゃんでした(*^_^*)

明日も私は病院&お仕事だけど、
早寝して頑張るたん(V)o¥o(V)

おやすみなさい
*deep pain
2009年10月28日(水)
今日は中休み。。

というわけで、今日は病院onlyです

しかも、午後の3時半からなので、
朝ゆっくり眠れるー(*´ー`*)
と思って11時にアラームをセット

でも、案の定、今朝も早めに目が覚めて、
二度寝、三度寝の末、9時すぎに起床。。
もっと寝ていたかったよ…もったいない

夢の中に、お仕事仲間たちが
いっぱい出てきました。
何やら卒業式当日だったのに、
私は遅刻してしまって、
お別れの歌が流れているのに、
結局、私は出席できず…

何だかめちゃめちゃ皮肉な夢だよね

起床後は身の回りのお片づけ。
最近忙しくて手つかずで(^_^;)ゞ

物が溢れていくばかりという状態は、
精神衛生的にも良くないからね(-ω-;)

月末なのでカード決済の
清算をしたり、お仕事の
稼働スケジュールを調整したり、
お化粧品類等の消耗品の
残量を確認したり、色々と…

こういう細かい雑用って、
けっこう好きです(*'ー'*)♪

そして、ご飯を食べて、
13時を過ぎたので、
そろそろ病院へ行く準備

今日は病院onlyなので、
ちょっぴりラフな格好で…
アイシャドーも簡単に
ベージュ系にしてみたり。

病院を往復するだけだと思うと、
普通だったら面倒かもしれないけど、
私はルンルンお出かけ気分です

お仕事へ行くよりも気楽で、
大好きな場所に行ける事は、
良い気分転換にもなるから

14時半頃におうちを出て、
病院に着いたのは15時前。

少し時間があったので、
売店でキティちゃんの本を
立ち読みしていました
最近、35周年の付録つき
記念ブックが多いよねぇ(^^♪

いつも買おうかなぁと迷いつつ、
オマケの付録の実用性を考えて、
思い留まってしまいます(^▽^;)ゞ

予約時間(3時半)の20分前になり、
待合室の方へ行ってみると、
今日は昨日よりも少なめでした。
ほとんどマスクを掛けていたよ!!

正規の診察時間以外の時間に、
午後も診察を行っているのは、
鬼主治医だけだよ。凄いなぁ…

外科は外科でも、やっぱり、
乳腺外科は特別だからかな??
1日でも放置したらいけない
繊細な病気という事なのかも…

午後の診察って落ち着けていいなぁ…
朝一にバタバタ診察を受けて、
その後すぐにお仕事はハードだから

空いていた処置室に看護師さんが集まり、
看護師ミーティング?をされていました。
久々にいつもの看護師さんを見かけたよ。

今日は10分遅れで診察スタート

トップバッターは、
目の前に座っていた
お上品なオバチャン。

「3診へお入り下さい。」と言われたのに、
予約票を出した処置室の方に入ろうとしたので、
「すみません!!こっちですよー」と、
声を掛けて教えてあげました(*^_^*)

きっと、あまり外科外来に
慣れていない方なんだろうなぁ…
私は、慣れっこの常連でも、
方向オンチで間違えちゃうけど

その方、問診票を持っていたので、
何か病気でも発覚したのかなぁ…
診察室から出てきて笑顔で挨拶された後、
看護師さんに今後の予定を尋ねて、
6ヶ月後にエコーの予約らしいです。

6ヶ月後…だいぶ先だなぁ
いわゆる経過見って事かな??

乳腺症の中でも、お水が溜まって痛い場合、
私も5月の初期の段階ではそうだったけど、
すぐ痛みの原因であるお水を抜いたりせず、
もし大きくなったら処置をするという事で、
だいたい半年ごとくらいに経過見するのだ。

その女性も、きっと、
嚢胞かどうかは判らないけど、
経過見段階なんだなぁ…

私の場合、一番最初の診察では、
「また気になったら来て下さい。」
と言われただけで、予約までは
取って貰えなかったけどね(-.-;)

結局、その2ヶ月後に、
悪化して膿が溜まって、
今に至るんだけど(-ω-;)

私は、運が悪かった方だったんだなぁ…
放っておいたら消失する人も居るのに。。

そして、その方のお次は、Sさん。

私が待合室に来た時には見かけなかったけど、
ちゃんと私より前に予約票を出していたんだ。

Sさんも、だいぶ長引いているようで心配…
先日、少しだけ初めてお話した時に、
「通院は大変だけど、自分の事だからね…」と
割り切れていて偉いなぁと感心しました。

昨日は笑顔で診察室を出て来たけど、
今日はいつも通りササっと…というか、
Sさんの姿が見える前に呼ばれました
今日はあんまり進展がなかったのかな…

擦れ違った時、ペコリと挨拶。

なんか、Sさん→私の順番が、
お決まりになっているみたい

今日は診察室に入ったら、
ちゃんと私の顔を見て、
「じゃあ見せて下さいね。」
と言って下さりました。

はいはい、言われなくても準備しますよー
なんて可愛げのない事は思っていないよ

3診は広いから更衣スペースも広い。
でも、今日はカーテンを引いてパッと見て、
あれっ??と思っちゃいました(・д・;)

身体を隠すタオルがない…

私の前に診察を受けたSさんは、
今日は処置をしなかったのかなぁ??
まさか身体を隠さなかったなんて、
絶対にあり得ないと思うし(゚-゚;)

でも、診察時間はいつもと同じくらい。
何か深刻なお話でもしていたのかなぁ??
昨日の笑顔のお喋りと関係あるのかな…

いかんいかん、他人の事を
とやかく気になったらダメ
私の悪いクセだなぁ(;・・)ゞ
自分は自分、他人は他人!!

着替え終えて、カーテンから
チラッと顔を出して外を見たら、
もう鬼主治医は準備できていて、
診療アシスタントさんが、
「どうぞー」と言ってくれたけど、
もじもじ躊躇っていたら、
「あっ、タオルがないんですねぇ」
と気づいて持って来てくれました。

まるでお風呂から
タオルを持って来てと
お願いしたみたい

さすがに長い髪や手で隠しても、
上半身裸では恥ずかしいじょ(>_<)
前は隠れても後ろは丸見えだし…

ただでさえ、ベッドの傍で
鬼主治医が待機していて、
そこへ行って横になるのは
何だか照れ臭いんだけど

ベッドに横になっちゃえば、
あとは、まな板のコイで、
どうぞって感じなんだけど(笑)

やっぱり危険な診察だよねぇ

診察室が広いから落ち着かず…
机の上とかパソコンの画面とか
アナウンスをするマイクとか、
キョロキョロ眺めちゃいました。

私のカルテも、だいぶ
厚くなってきただろうなぁ…
電子カルテもあるから、
それほどでもないかな??

入院中、毎週金曜日の総回診で、
一番入院期間が長かった私のカルテだけ、
2冊にも及んで分厚かったよ(^_^;)ゞ

処置を始める前、鬼主治医は
「さてどうかなー汚いのが出ていましたが。」
と言って、ガーゼを取って患部を見た時も、
「中からは何も出ていないみたいだけど…
やっぱり塞いでるなぁ。」と言いながら、
袋に入った針を持って来てそれを見てギョッ

洗浄用の針は先がプラスチックだけど、
その針は本当に金属の針だったから(>_<)

いつも処置をする姿は見ないけど、
今日はたまたま鬼主治医の方を見てみたら、
針を袋から出していて、その姿が、
さすがは外科医って感じで決まっていたよ。

鋭い凶器を持った鬼主治医!!みたいな

針を刺す準備をしながら、また今日も、
「表面は塞がるんですが、中がねぇー」と
大きな声で関西訛りで言っていました。

関西訛りというのは…

例えば「表面」という言葉
普通は「ひょーめん」って、
「めん」にアクセントがあるよね。
でも、鬼主治医の発音では、
「ひょうめん」って、
前にアクセントがあって、
「冷麺」みたいな発音なのだ。

一方、「中」の場合は、
普通は「なか」で、
第一アクセントだけど、
鬼主治医は「なか」って、
第二アクセントなのだ。。

「表面」と「中」…
今後のキーワードになりそうです(-.-;)

関西訛りを聞いていると、
思わず移っちゃいそう(^_^;)ゞ
なんか可愛らしいよねぇ

普段は普通に標準語だけど、
たまに訛りが出るとキュンです。
地が出たんだなぁって(^m^*)

そして、その針で表面の穴を
こじ開けられた時、頭の中で
想像していたより痛くなくて、
あれ?って感じでした(・−・;)

中の隙間と貫通していたからかな…
本当は痛い方が正常なんだよね。。
でも、また出血したみたいです

今日もグリグリ処置されて、
うーうー、唸っていました

すると、今日は独り言っぽくなく、
大きな声で私に話し掛けるように、
実況(説明?)をして下さりました。

鬼主治医の声がデカイのは知っているけど、
耳元だから、そんな大きな声を出さなくても
ちゃんと聞こえているから大丈夫だよ(*・_・*)ゞ

いつもの独り言で十分なくらい…
私はいつも無口で何も話さないけど、
ちゃんと聞く耳は持っているよ。。

いつも無口で何も話さないから、
コミュニケーションをしようと、
大きな声で話し掛けているのかな??
鬼主治医なりの心遣いなのかな…

それと、私が着替えている間に
鬼主治医はクシャミを1回していて、
その後もお鼻をグジュグチュしてた…
風邪かな…マスクした方が良いかも。。

でも、大丈夫
鬼主治医、お鼻が詰まっていても、
あなたはもともと鼻声ですからっ
その鼻に掛かった癒し声が好き(^^)

そして、今日の処置中の
鬼主治医の独り言実況は…

「今日は汚いのが出てこないかなぁ…」

そう言われてホッとしたのも束の間、

「ただ、かなり深さがありますから…」

って!!Σ(・д・;)

穴が深いって事?!
注射の針が奥まで
いっぱい入っているのを
想像しただけでも
ゾゾッとしました

今月上旬の前回の再発時の処置では、
最後、穴に針が入らないって嘆いていたのに…
1ヶ月以内の間にこんなに悪化するとは

ちゃんと毎日毎日懲りずに
日記を書いて記録しているけど、
あまりに日数が増え過ぎて、
その日の出来事がいつだったか
思い出せなくなっているよ

前回の再発が一段落してから、
また再発するまでの経緯とか…

こまめに読み返せば良いんだけどね。。

鬼主治医の口から「深さ」という言葉を聞いて、
必要以上に敏感に反応しちゃいました(+ー+*)ゞ

というのが、私は、性格上、
深い、重い、狭い、という言葉に
親近感を感じちゃうみたいで(^_^;)

逆に、それらの反対語の
浅い、軽い、広い、には、
何とも思わないんだけど…

そういう意味でも、何となく、
患部の状態を深いと言われて、
ショックを受けました(_ _。)

しかも、「かなり」って…
実際にどれくらいか解らないけど、
想像しただけでも落ち込んじゃう
虫歯に例えたら痛々しいよねぇ

それだから時おり感じる
痛みも鈍くて深いわけだ

そうか…穴が深すぎるから、
奥の方とは繋がっていない
表面は塞がっちゃうんだね
穴が浅ければ表面と繋がって、
全部すんなり塞がれるけど…

やっぱり深いという事は、
厄介な状態なんだねぇ(>~<*)

念入りに洗浄された後、
ガーゼをペタっと貼られ、
中の液を出すためにも
グッと押されるんだけど、
それがまた痛くて(T_T)

胸の全体がしこりのように
硬く腫れちゃっているから、
そこを押さえられると痛い…

ブラックリストの医員さんには、
しょっちゅう押されていたけど

今日も処置を終えて、
ふぅ〜と溜め息を付いて、
ベッドから起き上がると、
鬼主治医が今更のように、

「もうしばらく洗ってみようかな。」
と、大きな声で私に話し掛けるように
独り言っぽく呟いて締め括りました。

敢えて、一番最初の日ではなく、
今日、改めて言われた事が、
やけに皮肉っぽくて気になった。。

3回目の再発から毎日処置を受けて、
ようやく10日間が経ったのに、また
再びスタート地点に戻ったみたいで…

いや、
折り返し地点だと思えばいいかな

しばらくって、どれくらいだろう…

長期の闘病生活を送っていると、
そういう時間を表す一言一言に
とっても敏感になってしまうの。

入院中もそうだったし…

しばらくって、あともう少し??
当分の間という意味だったら、
かなり先が長く感じるよ(-ω-;)

その深い穴が、運よく
パッと塞がる事なんて
あり得たりするのかな??

それとも、やっぱり、
地道に洗浄しながら、
ジワジワ治していくしかないのかな…

今日もいっぱい神経を遣って、
疲れ果てちゃいました(;-.-)=3

着替え終えてカーテンから出て、
チラッと鬼主治医の方を見たら、
「はい。」と挨拶されただけで、
今日は、もう「また明日。」でさえ
言って貰えませんでした(ーー;)

いい加減、倦怠期

私はまだ気持ち的にも
通院当初のままだけど…

私って本当に適当にできなくて、
粘り強い性格だなぁと我ながら
つくづく感心してしまいます(-.-;)

この性格、もっと
他の事に生かせないかなぁ…

今日も茫然と診察室を出て、
じぃ〜っと時計を眺めてた。

最近、診察時間まで
気にするようになって…

時計の下で立ち止まっていたら、
遠くで鬼主治医のアナウンスが聞こえた。
もう患者さんは居なかったから、
今日はその人で最後の診察かな??

今日も1日お疲れ様でした。。

明日は鬼主治医の専門外来日です
鬼主治医、風邪を引いていなければ良いけど…

予約票を見てみたら、いつもは
ただの「受付」なのに、明日は
鬼主治医の名前が書かれていたよ。

今日の夕方に処置されたばかりだけど、
もう明日の朝一にまた処置です(-ω-;)
何だか入院しているみたいだよ

私の心配が的中して、やっぱり、
明日様子見になんてならなかったので、
上司に遅刻を伝えておいて良かったよ

私は、超悲観的な性格なので、
たいていいつも悪い方向に考えて、
最悪の事態に備えちゃうけど、
それが役に立つと皮肉だよね

先の事なんて解らないし、
考えたくもないけれど、
いつも通りマイペースで、
今できる事を頑張るのみ…

これだけ一生懸命頑張っていたら、
この先、何か報われても良いよね

今夜も、ぐっすり眠れますように…
おやすみなさい。。。(o_ _)o


P.S.

明日、お兄ちゃんが来る事になりました。
以前にもチラッとお話したけど、
お兄ちゃんは、今とっても苦労していて…

相当、気が滅入っているみたいなので、
心を癒すために故郷に帰省するみたい。

嬉しい反面、少し複雑な気持ちです

今日の夜、突然連絡してきて…
ママがお電話に出たんだけど、

その時に、お兄ちゃんは、

「みほは僕の事を知ってるの?」
と気になっていたみたいです。
やっぱり兄なりにプライドがあるみたい。

全てママから聞いてるから、
ちっとも平気なんだけどね。
心配しなくても大丈夫だよ。

この件も、どうなるか解らないけど、
成行きに任せるしかないのかな…

またママも動悸がしたみたいだけど、
きっと、明日お兄ちゃんと会えたら、
不安なんて吹き飛んでホッとできるよ。

私も久々の再会が楽しみです

ずっと一人っ子気分だったから…
これでもブラコン?なんだぞぉ


P.S.

今日のオマケはクイズです

新しく仲間入りした
ストラップ&マスコット
ストラップは携帯に、
マスコットはバッグに
付ける予定です(*^_^*)



このピンクのキティちゃん、
ただ可愛いだけじゃなくて、
とても偉大なキティちゃん

さて、このキティちゃんは、
何のキティちゃんでしょう

正解は明日のお楽しみぃ

(このお写真の私、目つきが悪いけど、
決してニラんでいるわけじゃないよ)
*悲愴感。。
2009年10月27日(火)
今日も長い1日でした。。
ヘトヘトに疲れたよぅ…

今朝も悪夢を見て早期覚醒

なんかね、刃物を持った男性に
追い回されて恐ろしかったです

ここ数ヶ月間ずっと、
外科医に痛い注射を
刺されまくっているからかな…

また寝不足でネムネムだよぅ(・・、)

今日は夕方の診察なので、
お仕事→病院コースです。。

久々に朝一で会社に直行したよ
今日は日差しが暑いくらいに晴れて、
ポカポカ気持ちが良かったです

毎日のように病院へ通い続けていると、
病院の空気が染み付いちゃっているみたい
職場で消毒用のアルコールの匂いがすると、
何となくホッとしちゃったり(+ー+*)ゞ
もともとアルコールの匂いは好きだけどね。。

今日は担当のルーチン業務もこなせたし、
朝一から14時までボチボチ頑張れました。

8時に少し朝食を食べてから、
7時間くらい食べれないのは、
お腹ペコペコで辛かったけど

早退する前に、ずっと気になっていた
今週後半のお仕事について、一応、
上司に前もって遅刻を告げておきました。。

もしかしたら、木曜日は、
様子見になるかもしれないと
淡い期待を抱いていたけど、
無理そうな確率の方が高くて

「来れるようなら連絡します。」
という事にしておきました(_ _。)

それだけでも気を病んでしまって、
早退する事に後ろめたさも感じていたら、
苦手な上司が私に気づいて笑顔で、
「お疲れ様。気を付けて行って来てな。」
と気を配って言って下さりました(ToT)

先輩にも「もう終わり?」と聞かれて、
「今から病院なんです。」と言ったら、
「ああ、そうか。気を付けてな。」と
当たり前のように言って下さりました…

凄く嬉しくて少し心が軽くなったけど、
余計に申し訳なさも増しちゃいました
あとどれくらい迷惑を掛けるんだろう…

まだ太陽が高い位置にある時間帯に、
職場を後にするのが不思議な気分で、
普通ではない違和感を感受しました。

職場から病院までの道のりが、
まるで誰も居ない荒野のようで、
一人で無心で病院へ向かった。

途中、15時頃に昼食として、
軽くおうどんを食べました。
変な時間に食べたから変な感じ

病院に着いたのは15時すぎ…
今日は16時からの予約なのに、
少し早すぎちゃった(;´▽`A)

もう30分くらい働いても良かったかなぁ??
そう思っちゃうところが真面目すぎるよね

大好きな病院を、ゆっくり
散策するのも良いよねぇ(^-^)
私にとって贅沢な時間だよ。

いつもパパが私を待っている間に、
セントラルパーラーでくつろいでいる
少しリッチな籐の椅子に座ったり…

20分前になったのでボチボチ移動。。
待合室へ行く前にトイレへ行くと、
またSさんと出くわしちゃった(^_^;)ゞ
2人ともお決まりコースなのかな??

今日もSさんが予約票を提出した後、
私も予約票を提出しに行きました。

今日も何となく声を掛けられなかった…
今日は夕方なので患者さんも少なくて、
少しお話できそうな雰囲気だったのに…
先日、外科病棟で声を掛けて貰えたのは、
やっぱり場所的に特別だったからかな…

Sさんは外待合のテレビの前で待っていました。
何となくテレビを観ている姿は主婦っぽかった
それと、ここ数日間ずっと同じ服装なのも、
主婦さんなんだなぁと感じてしまいました(・・。)ゞ
今日もマスクを掛けられていて、予防かな??

一方、私は中待合の端っこの席で、
壁にもたれながら待っていたけど、
どの診察室でも診察を行っている気配が
全くなくて、ここに居る5名ほどは全員、
鬼主治医の診察を待っているみたい(゚-゚;)

予約時間の16時を過ぎても、
鬼主治医のアナウンスは聞こえません。
テレビの音だけが鳴り響いていました。。

そして、16時半を過ぎても、
一向に診察が始まりません
鬼主治医、大丈夫かなぁ(;・・)ゞ
手術が長引いたのかなぁ??
何だか心配になっちゃった

皆さん粘り強く座って待ち続けてた…
私も、ぼぉ〜っとウトウトしながら…

ふと、遠目で他の診察室の入り口を見たら、
例のブラック入りした医員さんの名前が(・д・;)
あの医員さん、外来を受け持っているんだ…(失礼)
どうりで口が達者だなぁと思っていたよ(^_^;)ゞ

近くに居たおばちゃんが、
待ちくたびれて見るからに
イライラした様子でした。。

そして、17時の1分前くらいに、
何事もなかったかのように、
鬼主治医の診察が始まりました!!

診察するたびに看護師さんが
「遅れてすみませんでした。」
と患者さんに謝っていました。

トップバッターは、そのイライラのオバチャン。
一番最初に予約票を提出されていたんだなぁ…
一番長く待っていた割に診察時間はたった1分

そして、お次は、お年寄りのおばあちゃん。
旦那様と手を繋いで診察室に入って行ったよ。

鬼主治医は、お年寄りが相手の時には、
大きな声でゆっくりと「どうですかねぇ?」と
一番最初に尋ねるのがお決まりみたい。
今日も外まで聞こえてきたよ(*'ー'*)♪

お年寄りには特に親切そうだなぁ…
若者の私には素っ気ないけど(-.-;)
扱い方が解らないんだと思います。。

そのおばあちゃんのお次は、Sさん
Sさんのお名前が呼ばれた時、なぜか、
私までドキッとしちゃいました(^_^;)ゞ

待っている間もソワソワしちゃったり…
今頃、どんな様子で処置を受けていて、
どんな会話を交わしているんだろうとか、
色々と気になっちゃったりバカみたい

7分ほど経って診察室の方から
大きな声が聞こえてきました。
いつもはササっと診察室を出る
Sさんが、今日は笑顔でお喋り…

目が合ったので、ペコリと挨拶。。

何やらとっても楽しそうで、
嬉しい事でもあったのかなぁと
めっちゃ気になっちゃった

大人げなくヤキモチを焼いちゃったり…

私の診察の時には、
いつも私は一言も話さないから、
楽しく盛り上がったりしないし…

決して白けて無言で居るわけじゃなくて、
私はシャイで不器用だから口下手なのだ。。
本当はもっといっぱいお喋りしたいけど、
どう接して良いのか戸惑っちゃって(*>_<*)

それと…
私はおかしな子だから、
周りと同じように
振る舞う事ができなくなるという
葛藤が生じる時があり…

それは、たいてい、
自分と他人を比べてしまい、
他人が輝いて見えた時とか、
自分を卑下してしまう時に、
現われる兆候です。。

私は本当に難しい子でしょ(・・、)

それだから大勢の輪の中に入れなかったり、
他人と同じように楽しく過ごせなかったり、

捻くれ者の天邪鬼なのかな

こんな自分が大嫌いです(≧_≦)

Sさんのお次は、お決まりのように
私が呼ばれました。やっぱり1セットだぁ

いっぱい待たされたからじゃないけど、
モヤモヤ葛藤したままソロリと扉を開けて、
ゆっくり中に入ると、鬼主治医は無視

さっきのおばあちゃんと全然扱いが違うよぉ
久々の診察と毎日の診察とでは全然違うけど…

別にもう毎回毎回笑顔の挨拶は
期待していないけど、こんな
些細な事でも傷ついちゃったり…

暗黙の了解だと思えばいいかぁ

その代わり今日は一番最初の看護師さんで、
診察が遅くなった事のお詫びをされて、
「準備して下さいねー」と誘導されました。

いつもの看護師さんとのコンビと同様、
この看護師さんとのコンビも良いみたい。
気難しそうな鬼主治医の女房役として…

そして、私が着替え終えて、
カーテンから出て来て、
看護師さんに「ではどうぞー」と
ベッドに案内されたら、
鬼主治医も立ち上がり、

「さて今日はどうかなー」と声を張り上げ、
「昨日はカスのような物が出てきたから…」と
言われたので、カスのような物って何?と
聞きたくなったけど、私は下を向いたまま、
ベッドへ移動して横になって待機しました。

きっと、鬼主治医の頭の中では、
そのカスのような物の正体が
ちゃんと解って言っているんだ。
それは良からぬ兆候という事も…
中に異物があるって事だもん。。

続けて「表面は塞がろうとするんだけど、中がね…」と、
一応、今の患部の様子を説明して下さったみたいだけど、
私は何だか照れ臭くて聞いていない素振りをしちゃった。。

どんだけ捻くれ者なんだろう(>_<)
なんて可愛げがないんだろう…

どうせ鬼主治医もおこちゃまな私に
話したって解らないと思っているんだ。。
私は、ただ鬼主治医に患部を見せて、
大人しく治療を受けていれば良いんだ…

そして今日もガーゼを取って
患部を見た途端、鬼主治医が
「ほらね。塞がってる。」と言って、
他の針を出してきました(゚-゚;)

なんか、変なの…

前回までは、穴が塞がったら
それでヨシとされていたのに…
表面しか見ていなかったって事

いや、これでヨシとされても、
めちゃめちゃ困るんだけど(>_<)

今まで何度も
「見た目は綺麗だけど…」
って言われ続けてきたし、
確かに穴が塞がっても、
痛みは続いていたから…

それだから簡単に再発しちゃうんだ

今回は表面だけではなく、
中もちゃんと診てくれているみたい。
やっぱりカスが原因かな…

ちょっぴり複雑な気持ちでした
表面は塞がっても中は化膿したまま…
これって、かなり難治だよねぇ

表面が塞がっちゃったら、
中の液は溜まったままで、
なかなか化膿が治らない…
悪いパターンだよ(ーー;)

先週、医員さんに処置を受けた時、
見た目は治ってきたと思っていたのに、
まだ化膿していると言われて、えっ?
って思っちゃったのも納得です(-.-;)

超鬼!!だなんて悪口?を言っちゃったけど、
「まだ化膿しているから中の液を出さないと」
という言葉の意味がようやく理解できました。。
その医員さん、けっこう優秀だねぇ☆(偉そう)

そう言えば、痛み方も
今までと違う気がするよ。
今までは鋭い痛みだったけど、
最近は深くて鈍い痛み…
鈍痛って乳腺症の特徴みたい

表面と内側は別なんだ…

という事は、処置するたびに、
穴をこじ開けなければならず、
処置の痛みも倍増だよぅ(>_<)

今日も無理やり針でこじ開けられたので、
ガーゼには洗浄液のみならず出血の跡も…

いっぱい中をグリグリされて、
そのたびに痛みが走って、
看護師さんが「頑張って、頑張って、」と
傍で声を掛けて下さりました。。

鬼主治医は「ここかな?」と
何やらブツブツと呟きながら、
ひたすら処置に夢中だったし…

手術中もこんな感じなのかな??

マジックハンドで、感触だけで
何でも判っちゃうんだろうなぁ…

最後、ガーゼを当てる時に、
いつもテープを貼る部分が
「赤くなってる。」って。。
そりゃあ毎日貼っていたら、
かぶれちゃうよねぇ(-ω-;)

処置が終わってグッタリ

フラフラしながら再び着替えて、
カーテンから出て鬼主治医をチラッ…
カルテを書いていた鬼主治医が
私に気づいて、私の方を向いて、
「じゃあ明日は3時半にね。」って。

今日の鬼主治医は関西訛りだったよ。

何だかよく解らないけど、
泣きそうになってしまい、
哀しい表情で鬼主治医を見ちゃった…

かなり悲愴感が漂っていたよ(>_<)

鬼主治医や処置が嫌なわけじゃないよ。
何だか自分自身に嫌気が差してきて…

結局、最後まで、
処置中の唸り声以外、
一言も話さなかった…

私は動物か…(-ω-;)

専ら私は非言語コミュニケーションのみで、
厄介な患者だと思われているんだろうなぁ

本当に迷惑を掛けてばかり

Sさんは笑顔で楽しそうに診察室を出たのに、
私は茫然と診察室を出て泣きそうになった。

私が診察室を出た直後すぐに
次の患者さんが呼ばれていた事にも
ちょっぴり気に障ってしまい…
よっぽど早く終わらせたかったんだなぁ…

気づけば17時半くらいで、
お外はもう真っ暗…
夕方の病院は久し振りだ。

夜の雰囲気はけっこう好きです

会計をしようと思ったら、
Sさんが受付に居ました。
何か手続きされたのかな??

少し気になったけど、
そのままおうちに帰りました。

結局、お仕事の時間と
同じ帰宅になっちゃったよ

今日も1日長くて疲れました(;-.-)=3

明日は午後の診察だから、
朝ゆっくりできるぞぉー
ぐっすり眠れますように
*1週間の始まり
2009年10月26日(月)
また今週も1週間の始まりです。。

10月も最終週って、ビックリだよねぇ
もう12月の稼働アンケート表が配布されたよ。。
まだ年末の予定なんて立てられないよ

今年も残り2ヶ月間で僅かです(・−・;)

今年の下半期は胸の病気の
闘病三昧となってしまって、
Diaryも闘病日記メインで、
いい加減うんざりしちゃうよねぇ

しかも書きたい事が多すぎて、
半端なく長くなっちゃって(*>_<*)
本当にごめんなさい。。

自分でもガムシャラに頑張りすぎだと
自覚しています…でも、気を緩めると
ボロボロに崩れ落ちそうなので怖くて

今を精一杯に頑張る!!
今はそれしかできなくて…
私なりに邁進中です。。

いつか完治するのかなぁって、
不安になったらキリがなくて
ここで一段落しても、いつか
また再発するんじゃないかって…

一生、慢性的に付いて回るのかなぁとか、
一生、縁の切れない病気なのかなぁとか、
持病の神経難病だけでも参っちゃうのに、
女性にとってデリケートな胸の病気まで

こうして色々と悩み出したら、
とことん落ち込んじゃうので、
空元気でも頑張らなくちゃって、
自分に言い聞かせています(_ _。)

というわけで、今日も
懲りずに闘病日記です

今日は今にも雨が降りそうな曇り空で、
ブルブルの肌寒さでした((*>_<*))
最高気温が20℃以下だったので、
ジャケットを羽織って行ったよ☆

昨日のモコモコニットコートは、
まだ早いので着なかったけどね

雨も降るかなぁと思って、
一応、傘を持って行ったけど、
荷物になっただけでした(-.-;)

今日も病院&お仕事コース

当たり前のように病院へ直行

今日は9時半からの予約だったけど、
9時前には着いちゃって待ちぼうけ…
待合室へ行く前にトイレへ行ったら、
また偶然にSさんと出くわしてドキッ。。

話し掛けようかなぁと迷ったけど、
何となく今日はやめておきました(^_^;)ゞ

今日は月曜日だから、
患者さんがいっぱい!!

待合室で待っている間、
右隣は咳ばかりしている女性、
左隣は新聞を広げて読む男性、
その間に挟まれて落ち着かず

40分くらい経ち、ようやく
鬼主治医の診察がスタート☆
トップバッターはSさんです。

順序的にSさんの後の方が
何となく落ち着けるよ(・・。)ゞ

待っている間、ずっとドキドキ…
3日ぶりの鬼主治医の診察だぁ

今朝は患部をチェックしなかったけど、
昨日膿が出てからどうなっているかな…

今日のSさんの診察は5分くらいで早くて、
Sさんが処置室を出た直後に呼ばれました
擦れ違うのが気まずかったくらい(+ー+*)ゞ

処置室のドアを開けてみると、
まだ鬼主治医はSさんのカルテに
記入しているところでした(゚-゚;)

今日はお急ぎモードなのかなぁ

私に気づいた鬼主治医が振り向いて、
ベッドを差して「中でどうぞ。」と
言われたのでアタフタ着替えました。。

着替えている間、いつもの看護師さんが現われて、
「おっ、今日は早いじゃないですかー」と言って、
去ってしまいました。今日は鬼主治医1人みたい★

何だか落ち着かなくてマゴマゴ
枕もSさんのまま反対側にあって、
私はまだ着替えている途中なのに、
鬼主治医は手を洗って準備できて、
「あ、枕はこっち側でしたよね。」って、
せかせか枕を移動してくれました(^_^;)

かれこれ長いお付き合いだからか、
おこちゃまに思られているからか、
私が着替え中でもお構いナシなんだなぁ

看護師さんも居なくて、
狭い処置室だったから、
私は緊張していたんだけど

Sさんが、いつもより早く
去ったのも解る気がするよ(^_^;)ゞ

今日は特別に急いでいたからかな??
私がベッドに乗って横になる前に、
もう「ベッドを上げますよー」って

ガーゼを取るのも早かったです。。

パッと患部を見て、
「塞がっているように見えるんですけど…」
と言って穴に注射針を刺したら、
「やっぱり塞がっていますね。」
と言われたので、もう治ったの
ってビックリしたら、今度は
別の針を持って来て穴をこじ開けられました

私が痛がっているのもお構いなく
洗浄を始めて「汚いのが出てきた。」
「カスが出てきた。」と呟いてた…
更には「あれ、こっちに隙間が…
塞がったはずなのに…」とか(・Θ・;)

やっぱり表面の穴は塞がれたけど、
中はまだ化膿しているみたいだ(>_<)
今回はなかなかしぶといなぁ(-ω-;)

私が痛がってグッと腕に力を入れて
患部を隠そうとするのを鬼主治医が
腕で遮っていたんだけど、やっぱり、
鬼主治医はお年だからか体温が高い。

私は私で、いっぱい痛がりすぎて、
お顔が火照っているのが判ったよ

今日は看護師さんが傍に
居なくて淋しかったけど、
代わりに鬼主治医の温もりを
いっぱい感じられました

最後、触られたりすると
やっぱり痛くて、鬼主治医が
患部にガーゼを当てながら、
「痛がっているからな…」と、
溜め息を付いていました。。

今日はお急ぎモードだったから
余計に、なかなか良くならなくて
イライラしている様子でした(>_<)

着替えている途中で、
「明日はまた4時にね。」
と言われました。。

先週の火曜日は手術で手が空かなかったけど、
明日は遅い時間だけど診て貰えるんだなぁ(^^♪

着替え終えてカーテンから出て、
鬼主治医の後ろを通って、
ペコリと挨拶を交わして、
今日の処置も終了です(*-.-)=3

長引くのは解っていたけど、
3回目となると、いい加減に
弱音も吐きたくなります(・・、)

あんまり力みすぎちゃダメ
心を楽にしてマイペースで…
それが長期の闘病で重要です。。

はぁ…過酷な試練だなぁ

気を取り直して、お次はお仕事へ。

今日も病院の売店でお昼ご飯を買って、
11時すぎに会社に着いてランチして、
12時前からぶっ通し5時間お仕事です

今日は、FAXのルーチン担当だったり、
上司が不在の間、苦手な内線当番だったり、
いっぱい神経を遣って疲れ果てました

ミスのフィードバックも3つもあり、
久々に反省文を書いたり…。最近、
ぼぉ〜っとしているから気を付けなきゃ。。

まだ1週間の始まりだと言うのに、
既にグッタリです。。。(o_ _)o

また明日も頑張らなくちゃ
それでは、おやすみなさい



P.S.オマケ

100円ショップ御用達の
お気に入りキティちゃん綿棒



持ち歩きに便利な個別包装で、
ポーチに入れてお化粧直しの時に
愛用しています(*'ー'*)♪
キティちゃんが可愛くて癒されるよ

耳掻き用にはもったいないので、
200本入りのお徳用を使っています
*10/25 外科病棟
2009年10月25日(日)
今日は貴重な貴重な日曜日。。

一応、昨夜も早寝したものの、
4時頃に早期覚醒しちゃって、
二度寝したけどネムネムです

そして、せっかくの休日なのに、
今日も病院のために早起き(ゝ_ξ)

今日は日曜日で外来ではなく
外科病棟での処置なので、
ちょっぴり遅めの10時の予約

それでも8時半には起きて、
しばらくぼぉ〜っとして、
ネムネム準備をして出発

今日もパパが居たから楽チンでした☆

今日も今にも雨が降りそうな
曇り空でブルブルの寒さ((>_<))
でも、まだ意地を張って、
上着を着ずに寒さを痩せ我慢。。

10時前に着いちゃって、
あんまり早く行くのも
ダメかなぁと思いながら、
ゆっくり9階外科病棟へ…

エレベーターに乗りながら、
今日も例の女性と一緒だと思い出し、
待合室で気まずくならないかなぁと、
不安な気持ちにもなったり…

そして、いざ外科病棟に到着すると、
ちょっぴり懐かしい気分に(*^_^*)

最後に来たのは先月の27日。
もうこれで最後だろうなぁと思い、
記念撮影もしたよね(*'ー'*)♪

また来る事になるとは(-.-;)
どういう腐れ縁なんだろう…
これで何回目だろうね???

でも、本当に不思議な気分。。
ここに入院していたわけじゃないのに、
何だかホームグラウンドのように、
居心地よく感じるよ(*^-^*)一応、
階は違うけど呼吸器外科病棟には、
2週間入院していたけどね

通路沿いの病室のドアが開いていて、
中におじさん患者さんの姿が見えて、
ここは広い個室だなぁと見ていたら、

向こうから歩いて来た人と擦れ違った時、
いきなり私に両手を振って合図してきて、
ハッと気づいたら例の女性でした(゜o゜*)

この病棟に来られる事は知っていたけど、
その女性の方から声を掛けてくれるなんて、
しかもまだ10時前なのに帰って来ていて、
ビックリしてパニックになり感激の挨拶

今日は珍しくマスクを掛けられていたよ。
病棟だから感染しないように予防かなぁ??
立派だなぁ〜私は相変わらずノーマスク(^_^;)ゞ

でも、後で気づいたけど、エレベーターに、
「面会ご遠慮」についての張り紙があって、
インフルエンザ予防で菌を持ち込まないようにって…
やむを得ない時はマスクを着用するように
書かれていたよ('◇';)私、堂々としてなかった

ごめんなさい(>〜<*)

そうかぁ…病棟へ行く時には、
自分が感染しないようにじゃなくて、
外部から菌を持ち込まないように
マスクをしなくちゃダメなんだね!!
反省です。。。

それで、最初は、あまり馴れ馴れしく
色々話したらいけないかなぁと思って、
「お疲れ様でした♪」と笑顔で
挨拶をしただけだけど、その女性から、
「今行ったらすぐ診て貰えたよ。」と
優しく教えて下さって嬉しかったです

それで「そうなんですかぁー
まだ10時前なのに」と私が驚いたら、
「はい。」と笑顔で返してくれて、
それだけでもドキドキ嬉しくなりました

それじゃあ、私も急いで行こうと思って、
最後にもう一度「お疲れ様でした♪」と
お互いにペコリと挨拶をして別れました。
「お疲れ様」ってお仕事っぽかったかな…

本当に嬉しくて一気に
心が軽くなりました

でも、それは詰所までの
ほんの数メートルだけで、
詰所に近づくと再び緊張…

いつもの事なんだけど、
何となく声を掛け辛くて…
きっと覚えられてそうで、
それも照れ臭かったり(^_^;)ゞ

すると、詰所の前の病室に
お医者さんが入って行きました。

おっ!!この人は…
ブラック入りした彼じゃないか
顔が濃いからよく覚えています。。

そして、更に、そのお隣の
病室からお医者さんが出てきて…
思わずドキッとしちゃいました。。

この人は…
何度もお世話になった事のある
お兄ちゃん似のお医者さんだぁ

先月のシルバーウィークにも
外科病棟で診て貰って、その時に、
「思い遣りの心」を学んだ人…

まるで学校の廊下で片想い男の子と
擦れ違った時のようなドキドキ(>~<*)
でも、また会えて元気が出ました☆ミ

そのままつい見入ってしまい、
その医員さんも詰所に戻ってからも
じっと私の方を見ていました。
ハッとして目を逸らしちゃいました

「また悪くなったんだなぁ…」
と思われちゃったかも(>_<)
先月の病棟での処置で、
「絶対に治るからね。」
と言って下さったのに…
何だか裏切ってしまった気分

さすがに、この3・4ヶ月くらいの間で、
15人位の外科医さんに診て貰っていると、
ほとんど顔見知りになっちゃっているよ
残りの外科医さんの方が少ないんだもん。。

そうそう、外科のトップのお医者さんは、
私の病院の院長さんなんだよ(*´ー`*)
いつも外科の1診で診察されているのだ。
主に癌の治療に携わっているみたいです

ちょっぴり身近に感じられて嬉しいです
やっぱり色々ある科の中でも外科医さんって、
お医者さんとして偉大な技術者なんだなぁ…
人間の生死にも関わり本当に尊敬します☆

そして、しばらく詰所の入り口の
隅っこに隠れて、向こうから現われた
看護師さんに予約の紙を渡したら、
名前を聞かれて「お待ち下さいね。」って…

その後、待合室の方に移動していたら、
詰所の方で「前も来た子だよね?」と
話し声が聞こえて恥ずかしかったです

ぎゃー
やっぱり覚えられているよ
すっかり常連になってるよ

しばらく待っていると、
看護師さんが現われて、
「今、担当の先生が救急の対応をしているので、
もう少しだけ待っていて下さいね。」って。。

例の女性は予約の10時前に行って、
すぐに診て貰えたのに(・−・;)
私はトロいから遅れを取っちゃった

あっ、「例の女性」という呼び方は、
何だか問題のある女性みたいなので、
ちゃんと別の呼び方を決めなきゃね

これからは名字のイニシャル、
Sさんと呼ぶ事にします(ゝω・)v

それで、けっこう待たされました。。
20分くらい??でも居心地いいので、
ちっとも苦になりませんでした(^^)
ずっと呼ばれずに居たかったくらい…

今日もお天気が良くなかったけど、
手術後らしきお年寄りの患者さんが
2名ほど座って外を眺めていました。

そこへ今日退院したばかりの
家族が待合室に現われました。
どうやらパパが手術を受けたのかな??
まだ息子さんが小学生くらいで、
30代くらいの仲良し夫婦でした。

ふりかけとか海苔とか鮭フレークとか、
病食用の食べ物もチラッと見えました
無事に退院、おめでとうございます(^^)

看護師さんが退院の書類を持って来て、
「今日は10月25日ですね。」と言われて、
ハッとしました。私の手術日だぁ(・∀・)

もう9年も前になるけど、
まだ鮮明に覚えています。
まだ今よりおこちゃまで、
保護者である両親が完全に
主導権を握っていた感じ…
まだ両親も若かったしね。。

6階の呼吸器外科病棟に入院していて、
9階の外科病棟もフロアの構成は同じなので、
懐かしくキョロキョロ見回しちゃった

手術前、断食した時に
詰め所前の体重計に乗ったら、
たったの36kgだったなぁ…

いつもママが心配して、
一緒に付いて回ってた。

手術後、パパが病室に泊まった時、
パパがぼぉ〜っと窓の景色を眺めていた
隙に私が脱力してコケて後頭部を打って、
大騒ぎになったのを覚えているよ(^▽^;)ゞ

心配して大慌てで駆け付けた主治医が、
「もう心配だから外科に置いとけん!!
早く神経内科に返して貰わんと!!」
と怒って、パパがショゲていました

その後にパパは美観地区へ行き、
フクロウの壁掛けを買って来たの。
「不苦労」という意味を込めて…

呼吸器外科病棟に入院中は、
本当に痛くて死にそうで、
あっという間だったけど、
色褪せない貴重な思い出です

いっぱいフラッシュバックに
浸っているとようやくお呼びが
迎えに来て下さった看護師さん、
先月もお世話になった人だぁ(^o^)

いつもの外来の看護師さんとは違い、
まだ若くて天使のように優しくて、
私と同じ丸顔でピンク好きの方です
看護師さんも覚えて下さっていたよ♪♪

しばらく見入って止まっていたら、
「…?では行きましょう。」って(^_^*)ゞ
一緒に歩いて処置室へ行きながら、
ちょこっとお喋りもしちゃったよ☆

「毎週通ってるの??」と聞かれて、
「いえ、良くなったんですけど、
また悪くなっちゃって…」と言うと、
「そうかぁ…」と少し重たい空気に

病棟スタッフと外来スタッフは、
やっぱり別だから不思議な感じ…
でも、こうして普通にお喋りできるのは、
何だか温かくていいなぁ(p^_^q)(p^_^q)

病棟の処置室は現場って感じで、
やっぱり外来とは臨場感が違うなぁ…
私がキョロキョロ見回していたら、
看護師さんが「汚くてゴメンネ」って。。
いやいや本当に散らかっていたけど、
そこが現場らしい雰囲気だよねぇ(^_-)

それに、わざわざ病棟まで
お邪魔させて頂いているのに、
文句は言えないよね(+ー+*)ゞ

いつもの端っこのベッドに着くと、
既に担当の医員さんが待っていて…

その医員さんを見た瞬間、
ギョッとしちゃいました(・д・;)

よりによって、また例の
ブラック入りした人だよぉ
相変わらず関西弁のノリで、
軽い感じの対応でした(-ω-;)

どうせなら、お兄ちゃん似の
医員さんが良かったなぁ(_ _。)
お医者さんは選べないけれど

ベッドの枕が反対側にありました。
私の前に処置を受けたSさんは、
私とは逆で左胸が患部なんだなぁ…
続けて処置をしたら、鬼主治医も
左右ヘンテコな気分にならないかなぁ

それで、看護師さんに
「右と左どっちだったかなぁ?」と
聞かれて「こっちです。」と、
枕を反対側に移動して貰いました。

例の医員さんがまだかまだかと待っていて、
大急ぎでベッドの上でお洋服を脱いで準備。。

脱ぎ終えたらすぐ看護師さんがタオルを
全身に掛けて身体を隠して下さりました。
本当に優しい方だなぁ(*T_T*)前なんて、
酷い時はそのまんまで処置を受けたのに

そして、いざ、
ブラック入り医員さんの
処置が始まりました

ガーゼを剥がして患部を見た瞬間、
「見た目は綺麗なんだけどなぁー」って…

このセリフ、鬼主治医にも
よく言われるんだよねぇ。。
もう聞き飽きたよぉ( ̄〜 ̄;)

まるで「見た目は可愛いんだけど、
性格に問題のある女の子。」みたいな…
見た目が全てじゃないって事かな。。

そして、穴をチェックして、
「○○ゲージの針!!」って、
一番細い針を探し始めました。

散らかっているから探すの大変そう(笑)

これもいつもの事だけど、外科には
太めの針しか常備していないのかなぁ
それとも私の穴が特別小さすぎるの??

外来ではいつもスムーズに処置が始まるのに…
ちゃんと準備して下さっているからなのかな☆

ようやく小さい針が見つかって、
いよいよ洗浄のスタートです!!

針を刺されるのをビクビクしていたら…

あれ…??あんまり痛くないぞ
昨日が異常に痛すぎたからかな??
洗浄中も冷たさを感じなかったし…

ひょっとして、針が細すぎたんじゃないの
ちゃんと洗浄できているか心配になりました

医員さん、見た目が綺麗だったからって、
手を抜いて処置をしたんじゃないのかなぁ

「あぁ…こっちにどうこうがあるんやなー」
って針を刺しながら感心していたし(゚-゚;)

「どうこう」というのは、
先月、例のお兄ちゃん似の
医員さんも言っていたけど、
中の空洞の事みたいです。
なぜか上手く変換できないけど…
専門の医学用語なのかなぁ??

鬼主治医は絶対に専門用語を使いません。
きっと、外来担当だから、患者さんたちに
解りやすい言葉を使っているんだろうなぁ…
病棟の医員さんたちは現場に居るからか、
ふと専門用語を口にするので面白いです♬

鬼主治医は私に子供扱いっぽいけどねぇ(^_^;)ゞ
「化膿」とか「膿」とかは「汚いの」と言うし、
中の空洞の事は「狭い」「広い」で表現するし…

そう言えば、未だに私の病気の詳細について、
ちゃんとした説明を受けた事がないよ(・−・;)
Sさんは、どんな説明を受けられたのかなぁ…

それにしても、そうかぁ…
表面は綺麗でも、まだ、
中にどうこうがあるのか…
昨日のお医者さんの言う通り、
まだ化膿しているんだね(・・、)

処置中、患部に針が入り込んで、
痛みをじぃっと我慢していたら、
看護師さんが「頑張って、頑張って、」と
ずっと手をさすってくれました(;_;)
本当に天使のように優しい方だなぁ

外来のいつもの看護師さんも、
オバチャンなりに厳しく親切だけど、
やっぱり癒し系の優しさは違うねぇ
私も色々な意味で見習おうっと☆ミ

あっという間にアッサリ処置が終わって、
「明日は○○先生の外来かなぁ」と聞かれて、
「はい。」と頷いたら「じゃあ診て貰ってな。
これで終わりですー」と言って去って行きました
最後まで相変わらず軽いノリの人でした(-.-;)

それにしても私が鬼主治医の患者さんって、
知っていて貰えて何だか嬉しいです(*^_^*)
医員さんたちにとっては、部長先生である
鬼主治医は恐れ多き存在なんだろうなぁ…

処置が終わってすぐ起き上がったら、
まだベッドを下げられていなかったよ
それでベッドの上で着替えていたら、
「家にガーゼ持ってる?」と聞かれて、
「はい。」と答えたら「一応持って帰る?」
って、新品のガーゼをくれました(*^。^*)

しかも、1セット袋に入れてくれて…

これ全部だじょ(o^∇^o)
外科病棟の貴重なお土産だぁ



ガーゼ1袋(2枚セット)と
ガーゼ用テープを50cmくらいと
使用途中の紙テープをお裾分け♬

前に外来でいつもの看護師さんに
「売店でガーゼを売ってるけん、
自分で買って交換してなー」って
言われて1袋140円で買ったのに…

病棟は太っ腹だなぁ(*´∀`*)
おうちにマイガーゼがいっぱい
溜まっているけど、これは宝物
大事に取っておこうと思います。

着替え終えた後、靴まで揃えてくれて、
本当に何から何まで優しい看護師さん
特別にこの女性が優しいだけなのかなぁ??
色々な看護師さんがいらっしゃるもんね。。

最後、2回も「ありがとうございました。」と
ペコリとお礼を言ってから病棟を後にしました。
本当に心地よい処置でした☆(処置自体は…)

その後は、パパとブラブラお買い物
実は、昨日目を付けていた物があり…

最近、急に寒くなってきて、
でも、ちょうど良い上着がなくて、
オーバーコートは真冬だし、
今ちょうど良い物が欲しかったの。

ジャケットとかハーフコートって、
カジュアルっぽいからあまり好きじゃなくて
私のお洋服にも合わないから(;・・)ゞ

でも、偶然にも一目惚をした
ニットコートに出会いました

それが、今日のトップのお写真だよ

本当に私好みです(p^_^q)(p^_^q)
オンワードの組曲で買ったよ♪♪

ふわふわもこもこの
羊毛&モヘアの素材、
大好きなアイボリー、
ガーリーでキュートな
ポンチョ風のデザイン

あまりゴテゴテしていない
シンプルなデザインも好き。
柔らかい雰囲気に見えるよね(^^♪
ポッケも2つ付いているよ。

けっこう重たいんだけど、
一度着たら脱げないくらい
ぬくぬくあったかいの♪♪

ボリュームがあるから、
細っぴの私にピッタリ☆
羊になった気分だよ(^m^*)

触り心地も気持ちが良くて、
触りすぎて汚れちゃいそう

さっきの外科病棟のお土産、
このニットコートの上に乗せて
お写真を写したんだよ(゚∇^*)
アップだと本当にモコモコでしょ
着るのがとっても楽しみです

そして、今日まで天満屋で
180周年記念の大抽選会が行われていて、
1万円分で1回抽選できるので、
今回、ちょうど2回分できたよ
180周年って、スゴイよねぇ!!

商品が超豪華なのだヾ(≧∇≦)〃
天満屋全店で総額5,000,000円分だって
私は、パパとママの要望を聞いて、
1等のハイビジョン液晶テレビと
2等のブルーレイDVDレコーダーにしたよ。
それぞれ5名と7名で超難関だけど

応募者数がかなり多くてビックリ!!
田舎のデパートで、そんなにいっぱい
お買い物する物があるのかなぁ(^_^;)ゞ
今は北海道の物産展も行われていたし、
久々に大繁盛している様子を見ました。

イオンにも行ったけど、
ガラ空きだったし(^_^;)ゞ
この不景気、大丈夫かなぁ…

この大抽選会、
Wチャンスもあるので、
当選したらいいなぁ
密かにドキドキです☆

おうちに帰ってからは、
ネムネムバタンキュー

お昼寝する前に患部を見たら、
ガーゼに液が少なくて、
やっぱり手抜きされたんじゃないかと
疑ってしまったくらい…

その後ジンジン痛みが気になって、
お風呂に入って患部を見てみたら…

ひゃあーΣ(・д・;)
膿っぽい液が出てきてる
ここ3日ほど鬼主治医に
処置されてからはずっと
表面が乾燥していたのに…

また先週みたいに化膿してきたよ
昨日、あれだけ厳重に処置されて、
今日の処置では大した事なかったのに…

明日の鬼主治医の処置で、
また汚くなりましたねって
言われちゃうよぅ(*>_<*)

本当に良くなったり悪くなったり
まだまだ先は長そうです…

今夜も早めに寝よう…(・・、)
ぐっすり眠れますように
*超鬼><。
2009年10月24日(土)
ようやく週末だぁヾ(*^。^*)ノ

ようやく休養できる(*T_T*)

でも、2連休は嬉しいけど、
2日とも病院へ行かなきゃ…

昨夜は夕食後バタンキューして、
3時に起きて日記を書いて、
二度寝をしたのが6時前(^_^;)ゞ

ちょうど3時すぎにパパも起きて、
流星群?を見ようとしたみたいで、
「早起きだったね。」とバレてた

別に早起きしたわけではないんだけどね…
昨夜、早寝したのも知っていたみたい。。
「部屋が暗くて静かだったから。」って。
意外と親って気づいているものなんだなー

流星群は、結局、
曇っていて見えなかったみたい。

その後、7時半に起床して、
ネムネム病院へ行く準備(ゝ_ξ)
寝不足でしんどかったよぅ…

何だか今日はブルブル寒くて、
それなのに薄着をしてしまい、
1日中、寒気がします((>~<*))

そろそろ上着を羽織らなきゃー
風邪を引いちゃったら大変

今日はパパが居たので、
病院まで送って貰えて楽チン
パパも久々に病院へ行けて、
密かに喜んでいたよ(*'ー'*)♪

着々と新棟の工事が進んでいて、
完成するのが楽しみです

早めに病院に着いたので、
処置の前にトイレに行って、
9時ピッタリ位に予約票を
診察室に出しに行きました。

すると、早々と例の女性も
待合室で座って待っていて、
ペコリと挨拶だけしました。
本当はお話したかったけど…

今日は土曜日で患者さんが少なくて、
待合室もし〜んと静まり返っていて、
せっかくその女性の隣の隣に座ったけど、
何だか気まずくてドギマギ緊張(*>_<*)

やっぱり年代も職業も違うから、
仲良し仲間にはなれそうになくて…
小娘だと思われていないか不安
出しゃばらないように気を付けよう。。

何にもお喋りをしなくても、
一緒に待合室に居るだけで、
何だか心強くてホッとするよ

いつか、どちらかが、
相手を見かけなくなったら、
お別れの時なんだねぇ(;_;)
ちょっぴり淋しいけど、
それは良い事だもんね

外来開始時刻を過ぎた時、
いつもの看護師さんの声で
アナウンスが聞こえました。
すぐに判っちゃったよ(^^)

今日の外科外来についての
アナウンスだったんだけど、
いつもは方言丸出しなのに、
アナウンサーみたいな話し方で、
聞いていておかしかったよ

それにしても、今週は、
月曜日から土曜日まで
みっちり6日間勤務で、
看護師さんって大変そう
鬼主治医と同じく、月に
6日しかお休みがないんだぁ…
身体が丈夫じゃないとね。。

そして、例の女性の方が
先に待っていたのに、なぜか
私の方が先に呼ばれてしまい、
申し訳なくオロオロ処置室へ…

今日のお医者さんは、
普通っぽい人でした(失礼)
名前まで見なかったし、
顔も覚えていないので、
15人目の外科医さんかどうかは
解らないけれど(+ー+*)ゞ

そのお医者さん、
見かけによらず、
シラッと大胆&超鬼でした
鬼主治医より鬼だったよぉ

準備が終わってベッドで待機していたら、
お隣のお部屋に例の女性が呼ばれて、
看護師さんが「○○さんの方が先です。」
って…結局その女性の方が先みたい

なぜ私の方が先に呼ばれたんだろう(゚-゚;)
私には「ちょっと待っててね。」って…
やっぱり2人で1セットみたいだね☆

まぁ、ベッドで休みながら、
その女性の処置の様子を
盗み聞きできるからいっかぁ

でも、その女性は大人しい方なので、
話し声が全く聞こえませんでした(*・_・*)ゞ
鬼主治医の処置の時もそうなのかな??
鬼主治医だけ独り言を言ってそうだ

すぐに処置が終わって、お医者さんが
「まだ痛みますか?」と尋ねて、
「はい。」と答えたのは聞こえました。

そうかぁ…痛いのかぁ(T_T)
私も、その痛みを知っているから、
他人も同じ痛みを味わっていると
思うと、何だか辛かったです。。

なんか、私は、もう
痛いのが当たり前すぎて、
痛くなかった時の状態が
解らなくなっているよ(^_^;)ゞ

痛みに麻痺するって、
こういう事なのかぁー

試しに反対側の左胸を
触って比べてみたりするけど、
明らかに硬さも痛さも違うよ…
そう言えば、左の方にも
お水が溜まっていると
最初の診察で言われたっけ。。

なんかボロボロだなぁ
まだ若くてピチピチ(?)のつもりなのに

そういう意味でも、やっぱり、
若い女性にとっては辛い病気です…
まだまだこれからという時に…

それは持病でも言える事だけどね

その女性の処置後、
明日の事を尋ねられていて、
昨日の鬼主治医のカルテを見て、
病棟での処置の説明を受けたり、
なかなか退室されず。。

お医者さんはお医者さんで、
その女性の処置が終わり次第、
即私の処置を始めようとして、
本当にせっかちな人でした(-.-;)

私の長い髪が胸に掛かっていて、
看護師さんが笑って焦りながら、
「みだれ髪になっとるー」って、
払ってくれました(;´▽`A)
鬼主治医は自分で払ったけどね。。

お医者さんが穴を探していると、
看護師さんが「この辺りだと思います。」
と教えてようやく判ったようで…

素手で患部を触ろうとして、
看護師さんがビニール手袋を
お医者さんに渡していました

今朝、チラッと患部を見てみたら、
今日も乾燥していたので、だいぶ
良くなってきたなぁと思っていたら…

お医者さん、患部を見るなり、
容赦なくギューっと摘まんで、
液が出るか確認してみたら、
看護師さんが一緒に覗き込んで、
「まだ出るなぁー」って(・・、)

乾燥しているのは表面だけなのかぁ

私が処置を受けている間も、
まだお隣のお部屋では
例の女性が居て、何となく
意識してしまって緊張

やっぱり盗み聞きされるのは恥ずかしいねぇ

その女性の処置は穏やかだったけど、
私の処置は真逆で大惨事だったから

乾燥して穴が塞がっているのを見て、
すかさず、お医者さんは、強引に
その穴に注射針を突き刺しました

昨日も同様にかさぶたで塞がっていたけど、
鬼主治医は慎重に丁寧に刺してくれたのに…

あまりの痛さに「痛い!痛い!」と叫んで、
思いっきり逃げようとしたら、看護師さんが
「痛いね、痛いね、大丈夫大丈夫、我慢して!!」
と、まるで子供をあやすかのように連呼(>_<)

その様子を、お隣のお部屋に居た
例の女性に聞かれていたかと思うと、
後からとても恥ずかしくなったよ

でも、本当に拷問に遭っているとしか
思えないような激痛だったんだもん(ToT)
ただでさえ化膿していて痛いところに
無理やり痛い針を突き刺されるんだよ

実際に目にしたら、
恐ろしい光景です

その後も必死で抵抗して、
何とか処置の痛みを軽減して貰おうと
必死で懇願したけど容赦なく…

私が邪魔するもんだから、
何度か処置が中断されて、
私が手でグッと遮っていたら、
お医者さんに「離して!」と
怒られちゃったり(*ノ_;)

処置中、お医者さんは何度も
「ガーゼ!ガーゼ!」と
看護師さんに呼び掛けていました。
私がバタバタしていたから、
いっぱい液が飛び散ったのかな。。

おうちに帰ってガーゼを見た時、
真っ赤な血が付いていたけど…

それでもお医者さんは
意地でも一通り患部を洗浄し、
最後に更に強烈な攻撃が

処置後で痛いところに、
力強くムギューって、
患部を摘ままれました

これは、正常な女性でも、
されたら痛いと思うよ
局部的に集中攻撃だもん

よく、出産後、母乳が出るようにと、
無理やり絞り出されて痛い思いをしたという
涙の体験談を聞くけど、そんな感じ。。
私の場合は化膿しているから、それ以上かな…

もう冷静になんて居られなくて、
「痛い!!やめて!!」と、
叫びながら大暴れしちゃったよ

しかも1回だけに留まらず、
更に力強くトドメの一撃も

もう信じられなかったです…
なんて超鬼なんだろう(>〜<*)
ホント外科医なんて無慈悲だ。。

傍に居た看護師さんも
「これは痛かったなぁー」
と、同情して下さって…

最後に、お医者さんが、
まるで言い訳をするかのように
「まだ化膿しているから、
中の液をしっかり出しとかんとな。」
と、私に説明しました(-ω-;)

泣きそうで頭が真っ白でした…

処置後、看護師さんから、
「また明日も病棟でね。」と、
病棟用の紙を渡されました。。

生き地獄のように過酷な闘病です

2回目の再発の時よりも、
悪化している気がするよ…
再発して1週間が経っても、
まだ化膿しているなんて…

3回目は、もっと治りが
早いと思い込んでいたのに…

フラフラ処置室を出て、
トイレに行こうとしたら、
例の女性が見えたので、
思わず逃げちゃいました

お話なんてできる状態じゃないし、
子供みたいに痛がって喚いたところを
知られて恥ずかしくて気まずくて

きっと、かなり引かれちゃったよ

会計の時も鉢合わせして、
少し離れた椅子に座って、
会計が出るのを待ちました。。

しばらくずっと患部の痛みが
ジンジン消えずに気になって、
痛むたびに処置の恐怖が甦り、
ひたすら呆然としていました…

おうちに帰ってからも、ぼぉ〜

寝不足のせいもあったかも(-.-;)

本当はすぐにでも寝たかったけど、
両親にお出かけに誘われたので、
せっかくだから一緒に行く事に…

お昼ご飯は、田舎のお店で
天ぷらうどんを食べました。
温かくて美味しかったよ(^-^)

その後は産直のお店でお買い物、
天満屋の北海道物産展へ行って、
いっぱい試食してお腹いっぱい

ママの長いお買い物に付き合わされて、
車の中でパパと居眠りをしていました

おうちに着いたのは16時…
すぐにお昼寝をしました。。
それでもまだ寝足りない…

明日も朝から病院だよぅ(;>〜<)=3
今日みたいに痛くないといいなぁ…

今夜も早寝します…
ばたんきゅー(*_ _)。o○
*闘病仲間
2009年10月23日(金)
ぎゃー

昨夜は、あまりにもグッタリ疲労困憊して、
日記も書かずにバタンキューしちゃったよ

私とした事が(+ー+*)ゞ

夢の中で英語の言い当てっこをしていて、
棒線の絵を見て、なぜか、うっかり私が、
「springs」と「strings」と言い間違えて、
大笑いをしていたところで目が覚めたよ

ただ今、夜中の3時半ですが、
昨日(10/23)の日記を書きます

更新されていなくて、
心配して下さった方々、
本当にごめんなさい(>_<)

そして、ありがとう☆ミ

今週は本当にハードな1週間でした

自分でも無理をして頑張りすぎたと
反省ですが、仕方なかったりもして…

今週は胸の病気の再発から始まって、
病院&お仕事の両立…
徐々に板挟みのストレスも膨らんで、
精神的に参っていて

少しでも早くお仕事へ行こうと思い、
10時には職場に着いて早めのランチして、
11時にはお仕事を始めて、ぶっ通し、
6時間近くも働いて過労気味だし(>_<)

通常通りだったら、ゆっくり普通に通勤して、
3時間お仕事+1時間休憩+3時間お仕事で、
規則正しいリズムなので無理もなく良いけど、
通院すると、どうしても無理をして不規則に…

それで更に心身の負担も大きくなります(・・、)

ただでさえ今週は上級コースの
見極め育成だったので、お仕事も
けっこうハードでキツくて(_ _。)

貴重な中休みには、通院に加えて、
健診にも行って連日外出だったし、
今週は明らかに頑張りすぎでした

いっぱいいっぱいで、
かなり危険信号です…
神経内科の主治医に知られたら、
間違いなく怒られるよ

週末は、ゆっくり、
休養しようと思います

ネムネムですが、昨日の出来事を
チョロっと書いてから眠ります(ゝ_ξ)

今日も朝一から通院で、
病院に直行しました。。
既に疲れ果てていたよ

今日も鬼主治医かどうか
判らないまま予約票を出してみると、
「診療」と表示されたので、
ちょっぴりドキドキに(^^)

以前は当たり前のように、
土日以外は必ず鬼主治医に
診て貰えていたんだけどね…
最近、患者さんが増えて、
鬼主治医も忙しそうです。。

診察室に予約票を提出して、
外来開始時刻を過ぎても
すぐに呼ばれなかったので、
今日も鬼主治医かな?と
期待して待っていました♪♪

そして、もう1つ、
気になっていた事は…

例の女性です(*^_^*)

私が着いた時には居なかったけど、
やっぱり今日も後から現われました。
その女性も長引いているようだなぁ…

私は中待合、その女性は外待合で、
しばらく待っていて、途中、
私がトイレに行って戻ってきた時、
その女性の姿が見えたので、
思わず近くに座っちゃった

何だか無性にお話したい衝動に駆られて、
ずっとそわそわしていて怪しげな人物だぁ

いきなり話し掛けたら
変に思われるかなぁ(゚-゚;)

病気というプライバシーな事だし、
思いっきり拒否されるのも嫌だし…

ぐずぐずしていたら呼ばれちゃう
どんどん焦って追い込まれてしまい、

私ったら、勢いで、なんと…

本当に話し掛けちゃったよぉ

ドキドキ緊張しちゃったけど、
お話してみたかったんだもん

毎日通院&処置&鬼主治医、
ここまで共通していたら、
私と同じ病気に違いないもん

もしかしたら、苦しみとか、
分かち合えるかもしれない…

それだけ、今の私は、
精神的に葛藤していて、
追い込まれていたの

本当にいっぱいいっぱいで…

独りで抱え込んで闘病しなくちゃいけない
今のどうしようもない現状が本当に辛くて

誰かに縋りたかったのかな…
人の温もりが恋しかったの…

どんなに一生懸命に頑張っても、
一番解ってくれる人は、きっと、
同じように闘病している人だけ。

治療をしている鬼主治医でさえ、
大勢の患者さんの苦しみなんて、
義務的にしか解らないはずだもん…

最初「すみません…」って、
オドオドと声を掛けたら、
椅子の上に置いていた荷物を
よけてくれたので、きっと、
座りたいと思ったのかな??
席はガラ空きだったけど(^_^;)ゞ

「毎日通院されていますよね?
私と一緒かなぁと思いまして…」
と伝えたら何とか打ち解けて、

せっかくなので、
お隣に座らせて頂きました。

その女性も私の存在を
少しは知っていたみたい。

それで、なぜか一番に、
「お仕事されていますか?」
って聞いちゃったよ(^_^;)ゞ

すると「えっ?」と聞き返されて、
「いえ、主婦です。」と言われた。。

そうかぁー
てっきり働かれているのかと
思っていました(・・。)ゞ

いつも慌ただしそうだし、
待っている間に何か見たり…
診察の後にお仕事にでも
行かれるのかなぁと思って。。

よぉく見てみたら、
何かに目を通していたのは、
予約票とか診察券とか、
「エコー」と書かれた
病院関係の書類でした。。

いつも服装とかメイクとか、
全然飾らない感じだし、
専業主婦さんだったのかぁ…

私ったら、お仕事の事まで、
同じ境遇を求めていたのかなぁ
よっぽど病院&お仕事の両立に、
疲れ果てちゃっているのかも(-ω-;)

「毎日通院は大変ですよねぇー」
という苦労話をしていたら、
「朝の一番忙しい時間帯ですし、
子供も居てバタバタして…」と、
主婦なりの苦悩を聞きました。。

それで私はお仕事をしているとお話して、
「本当に会社に申し訳なくて…」なんて、
無意識に他人に愚痴を言っちゃってたよ
主婦さんが聞いてもつまらない事なのに…

その時に、
「ええ、働いている人の事を考えたら、
もっと大変なんだろうなぁと思います。」
なんて優しく同情して下さりました(;_;)

それを聞いて胸がじぃ〜んとしたけれど、
ちょっぴり哀しい気持ちにもなりました。

働いている人と主婦とでは、
やっぱり違うんだなぁって…

家事との両立も大変だけど、
それはマイペースでできるし、
家族の理解さえあれば平気…

でも、社会はそうはいかない。

病気だからって、のんびり
療養する事もできないんだ。

何だか壁を感じてしまって…

それまで以上に自分が
通院とお仕事を両立させている
苦労が浮き彫りになり…

頭が真っ白になっちゃったよ。。
よく解らないけど泣きそうで…

すると、今度は相手の方から、
「お乳ですよね?」と聞かれ、
ハッとしました

私ったら、何の病気かも伝えず、
勝手に同じ病気だと思い込んで、
お話をしちゃっていたよ(^▽^;)ゞ

「はい、そうです。」と、
笑顔で答えました。

それにしても「お乳」という言い方…
いつもの看護師さんもだけど、
胸の事をお乳と呼ぶのは、やっぱり、
ご年配の方って感じがするよ

出産経験があるかないかの違いとか

何となく私は「お乳」と呼ぶのに
抵抗を感じてしまいます(+ー+*)ゞ

私の中のイメージでは、
「お乳=母乳」みたいな…
赤ちゃんにお乳をあげる、
なら言うかなぁ(*'ー'*)♪

胸そのものを「お乳」と呼ぶのは、
何となく違和感です(;´▽`A)
口に出して言うのも恥ずかしいし

それから、最後に、
「○○先生ですよね?」
とも聞かれました。

私ったら同じ主治医って事も
伝えていなかったよ(+ー+*)ゞ
どんだけせっかちなんだろう

鬼主治医の治療の様子も
色々と聞きたかったけど、
ちょうど私の名前を呼ぶ
鬼主治医のアナウンスが聞こえて、

「あっ、それではっ」と
笑顔で立ち去っちゃった

何だか不思議な感じだなぁ…

いつもはドキドキしながら、
名前を呼ばれるのを待ち構えているのに、
今日は同じ病気仲間さんと
話している途中で遠くの方から
鬼主治医のアナウンスを聞いて…

やっぱり今日も鬼主治医だったんだ♪♪
しかも、一番最初に呼ばれたよ(*^。^*)

あまりに嬉しくて浮かれすぎて、
今日もお部屋を間違えました
どんだけ方向オンチなんだろう

慌てて扉を開けようとしたら、
先に扉が開いて、いつもの
看護師さんの姿が見えました。
遅いから心配されたのかも。。

今日は鬼主治医に挨拶をされなくて、
看護師さんに準備するように言われました。
鬼主治医の方をチラッと見てみると、
机に向かって何やら必死に書いていました。

よく寡黙な親父が居て、
その父親の背中を見て育った
という子供が居るよね。
私のパパがそうだけど…

その子供の気持ちが解りました。
鬼主治医の後ろ姿は、年老いて見えるけど、
本当に威厳があり素敵に見える。

この数ヶ月間ずっと
この姿を見ながら
闘病してきたんだ…

怖そうでもあるけど、
ホッとできる姿だよ

本当に大好き(*^_^*)

準備を終えてベッドに横になり、
そこに鬼主治医が現われて、
昨日のままのピンクのテープを
無造作に剥がしていました。

今日は昨日とは違って、
ちゃんと処置の事だけを
考えてくれたみたいだよ。

患部を見て、
「だいぶ綺麗になってきたようですが…」
と呟いていました。

最後の「ですが…」という
否定的な語尾が気になった。。

私も昨日はチラッと
患部を見てみたけど、
穴の部分がかさぶたになって、
だいぶ乾燥してきていました。

鬼主治医が注射を刺そうとした時に、
そのかさぶたが「フタになってる…」
って、苦戦していました(^_^;)ゞ

今日は注射を刺された時、
昨日ほど痛くはなくて、
看護師さんにも「今日は
昨日ほど痛がらないね。」
って、言われました(*'ー'*)♪

やっぱり患部が水っぽい時と
乾燥している時とでは違うなぁ…
だいぶ良くなってきたみたい。

処置中、久々に鬼主治医の
息遣いが聞こえてきました。
丁寧に慎重に処置されている証拠。

私は反対側を向いて、
ずっと目を閉じているから、
処置中の鬼主治医を
一度も見た事がないけどね。

恥ずかしくて目を合わせられない

「まだ濁ってるなぁ…」
って言われました。。

まだ中に膿が溜まっているのかな…
表面は乾燥して出てこなくなったけど…

「この辺りだなぁー」と
最後に一番痛い部分を触られて、
思わず痛がっちゃったら、
すかさず看護師さんに見破られ、
「最後は痛がったなぁー」って、
突っ込まれちゃいました(^〜^;)ゞ

さすがは看護師さん!!
いつも鬼主治医と一緒に
私の様子を診てくれて…
本当に最強コンビだねぇ

本当に頼もしいです。

お仕事の葛藤やストレスが
多くてとても辛くても、
鬼主治医と看護師さんのおかげで、
闘病を頑張れているよ。

処置後、カーテンを開け、
鬼主治医の後ろを通って、
出口に向かっていると、
鬼主治医が振り向いて、

「また明日は処置を頼むからね。」
と言われました。

明日は土曜日だから、
鬼主治医はお休みかぁ…
明後日の日曜日もか。。

仕方ないよねぇ(_ _。)

診察室を出て、例の女性に
ペコリと挨拶をしてから、
立ち去りました。本当は、
もっとお話したかったけど…

きっと、私の次には、
その女性が呼ばれる。

だから、身体を隠すタオルも
今日は綺麗に畳んでおいたよ。

その女性を処置している
時の鬼主治医って、
どんな感じなんだろう??

おこちゃまな私とは違うから、
私よりも緊張しちゃうかな…
医師だから変わらないかな…

口下手な私とは違うから、
色々お喋りするのかな…
言葉遣いも違うのかな…

その女性の方が先の事が多いけど、
その女性の後は緊張しちゃうよ(>_<)

色々と気になっちゃって…
ヤキモチなのかなぁ(*・_・*)ゞ

会計を待っている間、
その女性の姿が見えた。
時間的に、やっぱり、
私の次だったんだなぁ…

私は会計に時間が掛かったけど、
その女性はすんなりできてたよ。。

明日の予約と月曜日の予約、
予約券が2枚発行されて、
その女性も2枚持っていた。

明日も明後日もし明後日も、
また一緒の処置なんだなぁ…

少しだけお話をした時に、
「いつからですか?」と聞いたら、
「もう2週間です。」と言われて、
ビックリしちゃいました。

私と同じで本当に長くて(゚-゚;)

「私は7月頃から、
良くなったり悪くなったり…」
と伝えたら、その女性も
「7月?!」って、
ビックリしていたけど(^_^;)ゞ

最初の時は1ヶ月半も掛かったので、
その女性ももっと長引きそうだなぁ…

今回は私の方が早く終わりそうだよ。。
何だかそれも心許ない気がするけど…

お仕事の事があるから、
そうも言って居られぬ

その女性も早く終わるように、
一緒にお祈りをしています。。

ちょっぴり複雑な気持ちにもなったけど、
ほんの少しでもお話できて良かったです。

私の貴重な闘病仲間(*^_^*)

ふと入院中の事を思い出しました。

誰かが入院してくるたびに、
どんな病気なんだろう??
主治医は誰なのかなぁ??
って気になりまくってたよ。

同じ病気or主治医だったら、
ライバル意識(?)が芽生えたり…

そして、自分の事以上に、
相手を気遣ってしまうんだ。。
凄くお節介な性格だから…

もっと自分の事でも
頑張れたら良いんだけど

今回も、自分の事よりも、
その女性の病気の方が
気になってしまっていて、
ダメダメです(+ー+*)ゞ

ふぅ〜
気づいたら5時半

今日も長文日記で、
2時間も掛かっちゃった
いつもの事だけど

明日(今日)も朝一から病院なので、
今から二度寝をします{[(c-_)]}o○

おやすみなさい
*ピンクの日
2009年10月22日(木)
ふぅ〜
今日も1日お疲れ様でした。。
とってもグッタリです(;-.-)=3

今日も病院&お仕事デー…
今日は、それぞれ、
嬉しい事&哀しい事がありました。

どちらも胸の病気絡みなんだけど

まずは、哀しい事から…

今日、会社で契約更新説明会がありました。
6月に上級昇格として契約更新をしてから、
もう半年が経とうとしているんだなぁ(゚-゚;)

それで、最も心配していた事と
ついに直面する時が来てしまい

5月に乳腺症が発病して、
初めて外科外来に行って、
7月末から本格的に通院して、
良くなったり悪くなったりを
繰り返してるうちにもう半年

気づけば、お仕事の
遅刻&早退の数も
物凄い事になっていて…

毎日通院と言っても、
入院とは違って通院だから、
正式に会社に何か手続きを
したわけでもなくて…

ただ遅刻の理由が「通院のため」
という事だけは、ちゃんと、
上司に伝わっているようだけど…

それでも、遅刻は遅刻です

遅刻&早退ばかりしていて、
私の評価が悪いだろう事は
前々から自覚していたけど…

今日、改めて、この半年間の
自分の評価の悪さを実感して、
かなりショックを受けています

現在の私のグレードは上級…
上級者の資格としてのエントリーでは、
遅刻&早退の数が5回未満…

私、7月と8月と9月だけで、
既に25回も遅刻&早退してる
今月分も合わせたら30回以上

超不良すぎて問題外です(ToT||)

これら全ての理由が「怠惰」だったら、
とっくに解雇命令が下されているよねぇ(>~<*)
そう考えると、恐ろしくて恐ろしくて…

まず、遅刻&早退の数が5回未満という
条件を大幅にクリアできていないため、
次の契約は間違いなく100%降格決定です

それでもまだ働かせて頂けるだけ有難くて、
来月のSV面談結果によっては、もしかしたら、
今後の勤務は難しくなると勧告されるかも

すぐには解雇させられないと思うけど、
間違いなく危険信号を言い渡されるよ…

理由が理由だけに、
本当に歯痒いです
悔しすぎるよぅ(・・、)

好きで病気になったわけじゃないし、
ただでさえ通院&お仕事の両立は大変で、
いっぱい苦しい思いもしているのに…

患部自体の痛みもそうだし、
病院と会社の板挟みによる
精神的な葛藤や苦悩もそう…

会社側にとっては、
それらは考慮されない
言い訳にすぎないけど…

そもそも私が難病である事を内緒で
今までお仕事させて頂けている事も
有難いと思わなくちゃいけないよね…

何だか今まで自分なりに頑張ってきた努力が、
全て胸の病気のせいで台無しにされていくよ

やむを得ない事だとは解っているけど、
社会はそんなに甘くない事も解ってる…

これ以上、もう遅刻&早退はしたくない!!
でも、病院に行かないわけにはいかない…

今後、絶対再発しないと
保証できる事でもないし

本当にもどかしくて悔しいよ…
真面目な性格なだけに余計に…

入院中、大学の後期試験を受けるつもりで、
後期を「休学」でなく「在籍」としました。

前期の成績が優秀だったので、
特別に出席日数を免除して貰えたの。
試験さえ受けられれば良いと…

でも、結局、入院が長引いて、
全て流れていってしまいました…

後期1日も学校に行かなかったのに、
授業料を全額払わせてしまった両親に
本当に申し訳ない気持ちでいっぱい

その時は心のトラウマになるくらい
持病を目いっぱい恨みました(*ノ_;)

病気にさえならなければ…

普通に通学できている人たちが、
本当に羨ましかったです…

今も同じような気持ちだよ(;_;)

普通に通勤できている人たちが、
本当に羨ましいです…

私は、一体、何が悪いんだろう…

いつだって真面目に一生懸命
頑張って取り組んでいるのに

本当に神様は意地悪だと思いました…

SV面談の日がとっても恐怖です(>_<)
降格は仕方ないと覚悟しているけど…

今日もお仕事で上級コースの育成で、
一応、今週中に見極めみたいなのに…
残業手当もなく残業を頑張りました。。

私って、要領が悪くて不器用だから、
いっつも苦労してばかりだよ(・・、)

でも、目前の事を頑張るしかないの…

長くなっちゃったけど、
今日の哀しい事でした。。

まだまだ哀しみは続きそうだよ(-ω-;)

それでは、お次は、
嬉しかった事です☆

それは、今日の通院での出来事…

今日も朝一から外科外来へ行きました。

今日も予定では引き続き
鬼主治医の診察ではなく、
当番さんによる処置です。

でも、機械に通して予約票を出してみたら、
機械の表示では「診療」となっていました。
鬼主治医以外の処置の時は「処置」なのに…

今日は鬼主治医の専門外来の日だから、
きっと大忙しで手が回らないはずだよ。

予約票では「処置」となっていたので、
やっぱり処置なんだろうなぁと思って、
診察室まで予約票を提出しに行ったら、
ちょうど処置室からいつもの看護師さんが
出て来たので、そのまま手渡しをしました。

なんか毎日通院していると、
当たり前になっちゃって変なの…
看護師さんも毎日大変だなぁ…

今日も外来開始時刻より前から
待合室で待っていました。
やっぱり木曜日は人が多いなぁ〜
待合室を見回してみたら、
今日もいつもの女性を発見(・∀・)

そして、9時ピッタリになって、
外来開始の全館放送が流れたと
同時に鬼主治医のアナウンスが…

おっ
さすがは今日は専門外来日だけあって、
いつもは遅い鬼主治医も張り切ってるー

鬼主治医の診察を受けられなくても、
声を聞けるだけでも嬉しいかも(^-^)

なんて思っていたら、
2番目に例の女性が呼ばれた
その女性も「あれ?」って
感じで診察室まで行ってたよ。

その女性と私は扱い上、
1セットのようなものだから、
ひょっとして、私も?!

急にドキドキしてきて、
その女性が出てくるのを
じっと待っていました。

そして、その女性の姿が見えたと
思った瞬間に私の名前が呼ばれた
今日も違うと思い込んでいたのにー

その女性が診察室を出た直後に
呼ばれたみたいで擦れ違うのが気まずい
でも、嬉しくて即座に行っちゃった☆

扉を開けるのがドキドキ…
3日ぶりの診察でも緊張。。

前の女性に引き続いて、
面倒な処置をして頂いて、
お手数をお掛けします…
なんて気が引けちゃったり

でも、今日の鬼主治医は、
久々にピリピリモード
やっぱり大忙しだからかなぁ

いつもの笑顔で挨拶して貰えず、
私が鬼主治医の方を見たら、
「はい、では準備して下さいね。」
って、真顔で言われました…
ちょっぴり怖かったよぅ(*>_<*)

どうやら明日の予定をチェックしていて、
スケジュールに不満な点があったみたい…

私が着替えている間、
必死に看護師さんに抗議してた。。

鬼主治医の声って、
鼻に掛かった癒し声だから、
小声で早口で言っていると、
ちょっぴり聞き取り辛いよ

パッと聞いた感じでは、明日、
11時頃変な時間に手術が入っていて、
診察もあって忙しいという事と、
乳腺エコーを受ける患者さんの
診察時間をもっと早めるようにとか…

それで、私が処置を受けている間に、
診療アシスタントさんが患者さんに
電話して診察時間を調節していたよ。

患部に針が刺さっている状態でも、
アシストさんが「○時ならいいですか?」って、
鬼主治医に話し掛けて交渉してた

大事な処置中にも関わらず、
鬼主治医は文句タラタラで、
「診察室を行ったり来たり
せんといけないから…」とか、
「9:30の診察に続けてできるように…」とか、
都合の良いように主張してた。。

意外とワガママなのかな??
おぼっちゃんぽいし…
お偉い部長先生だし…
怒ったら怖そうだし(>_<)

一応、患者である
私の存在って一体…(・−・;)

おこちゃまだからって、
みくびられてるのかな

鬼主治医が器用なだけではなくて、
よそ事をしながらでもできるような
簡単な処置って事ですねぇ(-ω-;)

ちょっぴりガッカリ

処置中、唯一、洗浄について、
ついでのように言っていた独り事は、
「あ、○○が出てきたー」って…

よく聞き取れなかったけど、
「カス」って聞こえたよ
何か汚い物が出てきたのかな…

今日の処置も痛くて、
注射を刺されるのが怖くて
ギューッと構えていたら、
いつもの看護師さんに
「処置する前から力んどるー」
って言われちゃいました

鬼主治医が別の事を考えながら
処置をしていた傍らで、私は、
一生懸命に痛みに耐えていたよ

付き添っていたいつもの看護師さんは、
ちゃんと処置のお手伝いをしてくれて、
途中で洗浄液が吹き出したら拭いたり…

そして、最後に特別な
とっておきの嬉しい事が♬

「今日は可愛らしくピンクにしてあげるー」
ってピンクのテープを貼ってくれました

それには私もビックリで、
鬼主治医も「あはは」と
ようやく笑ってくれました
私も思わず照れ笑い(^∇^〃)

ビニールテープを買う時に、
ピンクのテープが欲しかったけど、
医療用だし敢えて白にして、
病院でも今までずっと白で、
それが当たり前だったから、
まさかピンクのテープがあるとは

何に使う物だろう
たまたまあったのかな??
それとも私にだけ特別?!
医療用にピンクって、
超可愛いねぇ(o^∇^o)

私にはピンクが似合うと
思ってくれたのかなぁ
看護師さん、ありがとう

鬼主治医のピリピリモードに
少しだけ圧倒されていたけど、
ピンクの可愛いテープのおかげで、
一気に心が和みました(*´ー`*)

処置後、着替えていると、
カーテンに掛かっていた札に
ピンクリボンマークを発見

ピンクリボンと言えば、
乳癌の早期発見、早期診断、早期治療の
大切さを訴えるシンボルマークだよね。
乳腺外科に因んでいるのかなぁ(*'ー'*)♪

ひょっとして、ピンクのテープも、
ピンクリボンに因んでいるのかな

なんてね☆

大好きなピンクに癒されたけど、
診察室を出る前に鬼主治医と
挨拶しようとして待っていたら、
最後までピリピリモード中で、
「あ、じゃあ、また明日。」と
素っ気なく言われただけでした…

なんかおかしいなぁと思ったら、
明日の予約は「処置」でした(-.-;)

お話を聞いていて、明日は
バタバタと忙しそうだから、
もしかしてとは思ったけど…

ただの簡単な処置くらいで、
構っている暇なんてないよねぇ
処置なんて誰でもできるから、
当番さんにお任せで、それで、
鬼主治医に負担を掛けなければ…

だいぶ割り切れてきました(・・。)ゞ

ピリピリモードの鬼主治医は怖いもん

ふぅ〜
今日も色々あって、
本当に疲れました
明日も病院&お仕事を
頑張らなくちゃ。。。(o_ _)o


P.S.
最後にオマケです(゚∇^*)

今日のピンクのテープが、
とっても嬉しかったので、
記念撮影しちゃいましたヾ(*^。^*)ノ

場所的に際どいお写真だけど

でも、私はおこちゃまで
セクシーじゃないから、
セクハラっぽく見えないかな
変な想像はしないでね(笑)

ガーゼは普通のガーゼだけど、
テープがピンク色なだけで、
めちゃくちゃ可愛く見えるよねぇ
これからもピンクがいいなぁ♪♪

それでは、貴重なショット
*初めての健診
2009年10月21日(水)
今日は中休み☆
でも、朝一から病院デーでした

今日は何だか肌寒くて、
薄着だとブルブルです((>_<))
お外の日差しが暖かい
もう日傘は不要だねぇ☆

昨夜はバタンキューをして、
何やら団体で海辺の宿舎に
泊まっている夢を見ていたら、
朝方胸に激痛が走って覚醒

時計を見てみたら、
まだ6時で、ちょうど
パパが出勤準備中…

両親が騒いでいたので、
何事かと思っていたら、
昨日、ママがお買い物中に
お知り合いと出くわして、
1時間くらいぶっ通しで
お喋りして気分が悪くなり、
夜中に動悸の発作が
3回も起きたらしい

ママは狭心症の兆候があるので、
肺を酷使したらいけないのに、
調子に乗って話し過ぎたみたい

それで朝起きれなくて、
パパと言い合いに(^_^;)ゞ
虚弱体質だと辛いよねぇ

そう言う私も身体が弱いけどね

そのまま胸の痛みが気になって、
ちょこっとだけ二度寝して起床

今日も朝一から外科外来だったけど、
ついでに健診も受けに行きました

初体験です(p^_^q)(p^_^q)

数ヵ月前、市の保健所から、
健康診査受診券が届いて、
いつか受けようと思っていたのだ

私は会社で社会保険に加入していないから、
健康診断は一度も受けた事がないのだ(*・_・*)ゞ
持病で定期的に神経内科に通っているから、
一般的な採血検査は問題ないと思うけどね。

その健康診査受診券では、
乳癌検診、子宮癌検診、
女性の一般検診があって、
乳癌検診は30歳以上で、
まだ受けられないので、
他の2つだけ受ける事に

子宮癌検診は20歳以上の女性で1400円。
一般健診は20歳〜39歳の女性で900円。

40歳以上は一般健診を受けられないの??
とママに聞いてみたら、40歳以上になると、
老人手帳が配布されるから必要ないみたい。。

40歳以上でもう老人扱いなのか(・−・;)
30代と40代の差は大きそうだもんねぇ
個人差はあるけど、40代になると
間違いなくオバチャンだもんね(^_^;)ゞ

乳癌検診ってマンモグラフィだよね
あの超痛い検査という事で有名な(>_<)
触診とエコーは外科外来で受けたけど、
本格的な乳癌検診はまだなので心配。。
乳腺症を患っちゃっているから余計に…

昨夜の胸の激痛と言い、
今回の再発は前回よりも
重症っぽい気がするよ
明らかに痛みが違うもん…
今回も長引きそうだなぁ

それで、子宮癌検診と一般健診で、
それぞれ医療機関に問い合わせてみたら、
私の病院では一般健診は行われず、
子宮癌検診のみ受けられる事になったよ。
しかも、まだ先の12月の予約です。。

それから一般健診の方は、
色々と候補があったけど、
私の病院に一番近い病院で
受ける事にしました(^-^)
徒歩でたったの5分くらい。

これなら今日の外科外来のついでに、
ひょこっと受けられて楽チン楽チン☆

なんか「検診」と「健診」が
ゴチャゴチャになってきたぁ

採血検査をするために
空腹じゃないとダメで、
今朝は朝食抜きでした

私は昔から必ず朝食を食べる派なので、
何も食べずにお出かけするのは変なの
昨夜から、お水しか飲んでいないので、
お腹がぐぅぐぅで気持ち悪かったです

まずは、いつも通り、
外科外来に直行しました。
今日の医員さんは、
どんな人かなぁ(-.-)

そして、やっぱり、今日も、
私の前に例の女性が呼ばれました。
こうして毎日一緒になると、
何だか闘病仲間みたい(^-^)
相手は気づいてなさそうだけど…

いつもそそくさ(テキパキ?)としていて、
風のように立ち去って姿を消しちゃうよ。。
それでもちゃんと通院していて偉いよね。
病気を治すためだから仕方ない事だけど…

今日も時間差でお隣のお部屋に呼ばれたけど、
今日の診察室はお部屋が繋がっていないので、
お隣のお部屋の声は何も聞こえませんでした。

今日も10分くらいベッドの上で待機…
無人の診察室に居ると不思議な気分。
勝手に色々見たらダメだよねぇ(^_^;)ゞ

今日は、いつもの看護師さんではなく、
一番最初の優しいベテラン看護師さん。
そして、今日の医員さんも初顔でした。

これで14人目の外科医さんです(*・_・*)ゞ
そろそろ被っても良さそうだけど…

今日の医員さんは、毒舌っぽく言うと、
本当は若いんだろうけど老けて見える
オタクっぽい感じの人でした(*´ー`*)

姿を現わすなり、ベッドの周りの
カーテンを何度も引こうとしてた。
もうそれ以上引けないところまで…

きっと、めったに外来の診察室に
入る事はないんだろうなぁと察知。

そして、ぎこちなく処置が始まり、
「痛いですよー」と言われて、
患部に注射器を刺された瞬間、
本当に痛くて「痛っ」と叫んじゃった

昨日も一昨日もだったけど、
飛び上るくらいの激痛です
明らかに前回と違うよぅ(T_T)

やっぱり、再発してから、
1日置いちゃったせいかな…

その後も何とか洗浄されたものの、
患部の中じゃなくて外にいっぱい
洗浄液が溢れ出てビショビショに

私の体やベッドを拭くのが大変そうでした。。

それで「これでいいかな…」と言われても、
ちゃんと患部を洗浄できたか疑わしいです

また、この医員さんも、
「これ痛い?」と聞きながら、
あちこち触ったり摘まんだり…
無闇にいじらないでよぉ(>_<)

それで「まだ処置が必要ですね。」と
ボソッと言われて「また明日も。」と
言って、そそくさ去って行かれました。。

看護師さんも「ではこれで。お大事に。」と
言って姿を消しちゃって、私だけポツン(゚-゚;)
着替えてから何事もなかったかのように退室

本当に外来の処置って適当だなぁ
診察とは違うのは解っているけど。。
早く鬼主治医の処置を受けたいよ(・・、)

さぁ、気を取り直して、
お次は健診です(。ゝ∀・)ゞ

会計は後にして、先に最寄りの病院へ移動。
5分くらいだからあっという間に着いたよー
方向オンチな私でも迷子にならなかったよ

健診なんて学生時代ぶりで、
大人になって初めて受けるので、
ドキドキ興味津々でした(^^♪

大人になって私の病院以外の
病院へ行くのも初めてだし
あっ、千葉滞在中に一度だけ、
口内炎を診て貰った事があるかぁー

ステロイドの塗り薬を処方されて、
主治医に問い合わせて注意されて、
パニックになった思い出があるよ

今日の病院は総合病院ではないけれど、
内科、外科、呼吸器科、循環器科、
脳神経外科、リハビリ科などが入った
小さくてこじんまりとした病院でした。

方向オンチな私は、小さな病院でも、
やっぱり迷子になっちゃったけど(^▽^;)ゞ
初めて私の病院に入院した時なんて、
広すぎて売店に行くのも大変でした

まず、総合受付で受診券を提出して、
いよいよ健診スタートです(p^_^q)(p^_^q)

普通は殺到しないように予約制だけど、
そこの病院は小さいからか予約なしで
今日もほんの数名しか居なくて良かったー

一応、内科での健診だから、
いっぱい患者さんが居たら、
マスクが要るかなぁと心配していたのだ。
でも、これなら大丈夫そう

受付で問診票を受け取って記入

よくある一般的な問診ばかりだー

タバコは吸うか?お酒は飲むか?
朝食を抜く事が週に3回以上あるか?
バランスの良いお食事をしているか?
何か定期的に運動をしているか?
月経の有無や不順かどうかとか…

あとは、過去に掛かった病気とか、
自分の肉親が掛かった病気とか、
頭痛、不眠、めまい、立ちくらみ、
手足のむくみ、胸の痛み等あるか…

女性の一般健診だけあって、
婦人病っぽい症状も多いね。

不眠と胸の痛みには丸をしたよ。
胸の痛みは少し違う気もするけど
一応、乳腺症と持病のMGの事は、
病名を記入しておきました(・Θ・ゞ)

その次は、健診窓口に移動して、
採尿をしました。これも久し振り
持病で検査入院した時ぶりかな。

ちゃんと採尿専用トイレもあったよ
私が行った直後に若い男性が入って、
ちょっぴり恥ずかしかったけど(゚-゚;)

今朝、少ししかお水を飲まなくて、
それ以前に2回もトイレに行っていたから、
ほんの少ししか出ませんでした(>_<)

無事に終わって、お次は身体計測&血圧測定
何だか学校みたいで楽しくなってきたじょ(*^。^*)

看護師さんに連れられて、
体重、身長、血圧を測りました。
お洋服を着たままで良いみたい。

体重は、41.1圈
お洋服の分を500g引いて40.6kgでした。
両親曰く、普通は1kg引かれるらしく、
私は少ないから500gしか引かれなかったのかもって

それでも40kg代になって太っちゃったよぅ
明らかに以前よりよく食べるようになったもん…
ステロイドが切れた去年あたりから特に(+ー+*)ゞ

身長は…教えて貰えなかったよ
身長を測ったのも学生時代ぶりだから、
今はどれくらいなのかドキドキ。。
いや、入院中も測っていたかなぁ…

160〜161cmの際どいラインだから、
もしかして縮んでいたら159cmなんて、
150cm代に突入しちゃったかも

小さい頃は、女の子は小さい方が
可愛らしいと思い込んでいたから、
身長を測る時にわざと縮んだりしていたよ
でも、ヒールの靴は好きだけどね

はてさて、結果が楽しみだなぁ

それから、血圧測定ですが…

我が家には昔から血圧計があるし、
神経内科の外来時には必ず測るから、
すっかり慣れっこだけど、白衣の
看護師さんに付き添われて測ると、
何だかドキドキ緊張しちゃったよ

これが噂の白衣何とかってやつ

周りは使用済み点滴とかレントゲン画像とか、
医療機器がたくさん見えて異様な雰囲気だし、
一般の人だったら緊張しちゃうよねぇ(^▽^;)ゞ

でも、結果は、およそ110-60、脈拍70で、
私の平均的なベスト数値でホッとしたよ
むしろ私は低血圧な方だから。。

そして、お次は内科診察です☆

ただの内科って何だか不思議…
小さい頃は高熱を出すたびに、
近所の○○内科に行っていて、
内科に違和感がなかったけど、

私の病院では、ただの内科はなくて、
内科は内科でも私が掛かっている神経内科、
脳神経内科、循環器内科、呼吸器内科、
血液内科、内分泌内科、糖尿病内科、等々、
細かく専門分野に分類されているから、
ただの内科って、何だか不思議な感じ。

あっ、一般内科ならあったかな??

私が初めて外科に掛かった時も、
ただの外科?って違和感だったから、
それと同じような感覚なのかも…

学生時代も内科健診って言っていたし、
別にそれが普通なんだよねぇ(^_^;)ゞ

そこの病院の診察室って、
なかなか古風だったよ(^m^*)

中待合室があって、その中は、
診察室がズラリと並んでいて、
一室ずつ仕切りで区切られて、
それぞれ入口はカーテンなの

入るのがドキドキでした☆
担当のお医者さんは、
白髪頭の博士っぽい人…
ぶっきらぼうな感じ。。

いつもと違う病院で、
いつもと違う内科で、
いつもと違う医師に診て貰い、
違和感だらけで変だったけど、
これも良い経験だったかなぁ

内科診察と言っても、
お口の中を診られて、
胸と背中を聴診器で
軽くポンポンされただけ…

最初、お洋服を脱がなくちゃいけないかと思い、
「胸にガーゼが貼ってあるんですけど…」なんて、
余計な事を聞いちゃったけど脱がずに済んだよ

「今掛かっている病気はありますか?」と
聞かれたので、解るかなぁと躊躇ったけど、
ストレートに「重症筋無力症です。」って
答えたら「はぁー」と言ってカルテに記入。

ちゃんと伝わったのかなぁ(;´▽`A)

それと乳腺症についても言ったら、
すぐに「外科ですね。」って、
それはよく解っているようでした。
掛かり付けの病院も最寄りだしね

あっという間に終わりました。。

なんか健診よりも、
他の病院で診て貰っている
病気の方が重症なので、
申し訳なかったよ
でも、来た意味はあるよね

そして、最後は血液検査です。
小さなお部屋に呼ばれて採血。

いつもは6本で多くて、
針を刺したらチューブで
自動的に吸われるので、
それほど痛みは感じないけど、
今日は少量なので注射器で

注射器での採血は、
見るからに怖いです
針を刺したら看護師さんが
引っ張って吸うので、
グリグリ動かされて痛いし

案の定、採血の跡が、
真っ黒になりました(>_<)
いつもは何ともないのに…

そして、採血後に、
採血をしてくれた人から
結果説明について
案内を受けました。

てっきり郵送されるのかと思っていたら、
直接、結果説明を受けられるみたいです

わざわざまた行くのは面倒だけど、
私は持病の事もあるし、
飲んでいるお薬の影響もありそうなので、
また行く事にしました。

2週間後には結果が出るけど、
2週間後はお仕事なのだ(>_<)
今日診て貰ったお医者さんは
水曜日のみ勤務みたいなので、
翌週の3週間後になりました。。

結果が待ち遠しいなぁ(-ω-;)

ただの一般健診だし、
何ともないと思うけど…
何かあっても困るけど…

全て1時間も掛からずに、
あっという間に終わったよ
最後、入口まで戻るのも
迷子になっちゃいました(^〜^;)ゞ

何だか面白い経験だったよ
健康管理は大事だもんね(*^_^*)

本当は私の病院で受けたかったけど…
私の病院には健診センターがあるのだ。
そこで12月に子宮癌検診を受けるよ。
これまた内診という初体験でドキドキ
ビクビクだけど、頑張るぞぉ(・Θ・ゞ)

健診後は再び私の病院に戻って、
会計を済ませてから帰りました。

おっと、おうちに帰る前に、
お腹がペコペコだったので、
朝昼兼用のお食事をしました

健診後で空腹時にも関わらず、
大好きなコレを食べました

じゃーーん(≧∀≦)♪



大好物のカツカレーです
もちろん、ご飯の部分は、
ほとんど残しちゃったよ

お隣のお兄さんたちは大盛りでした

お気に入りのお店が11時オープンで、
オープンと同時にオーダーしちゃった♬
すぐにお客さんが入ってきたけどね。

久々に食べて美味しくて大満足です
病院帰りのカツカレーは最高だじょ

これで血液検査でコレステロールが
高めだったらどうしよう(;´▽`A)

その後は本屋さんとか100円ショップとか、
ちょろちょろ寄り道をして帰宅しました

早起きしてネムネムなのと病院疲れで、
グッタリだったので、お昼寝をしたよ
ゆっくり休養して体力の温存です(^_-)-☆

また明日から今週の後半も
病院&お仕事を頑張るたん

長くなっちゃいましたが…
お疲れ様でした{[(c-_)]}o○
*フラフラ。。
2009年10月20日(火)
ふぅ〜〜
今日もヘトヘトです

昨夜は何とか眠れたものの、
早期覚醒してモニャモニャ

睡眠不足と心労と蓄積疲労で、
かなり体力が落ちているみたい
しっかり休養しなきゃヤバイ

今日も病院→お仕事コース。。

またしばらく通院生活だと
解り切っているから、今日、
上司に、今週の勤務を全て
遅刻すると伝えておきました。
毎回朝一にお電話するのも
気が引けるし面倒だし(-ω-;)

快く受け止めて貰えて良かったです。
「今週で終わるといいなぁー」って
言われちゃったよ(^_^;)ゞはてさて…

今日も先月に引き続いて、
鬼主治医の処置ではなくて、
当番さんによる処置でした。。

先月も4週目に鬼主治医が大忙しで、
頼まれ患者として医員さんに任されたので、
毎月4週目は患者さんが多いのかなぁ??

今週いっぱい我慢しなくちゃ(;-.-)=3
来週には鬼主治医に診て貰えるかなぁ…
来週には落ち着いていそうだけど。。

というわけで、今日は、
いつもの看護師さんに怒られないように、
ちゃんと開始時刻前には待っていたのに、
なかなか始まらなくて…

今日も、まず最初に、
おじいさんが呼ばれて、
そのお隣のお部屋に
私が待機するという形。

最初は機械的で嫌だなぁと思ったけど、
待機している間、ベッドで休めるから、
ちょっぴり楽チンだなぁと思ったり♪♪
お隣の処置の様子も盗み聞きできたり…

10分くらい待ってようやく、
当番の医員さんが現われて、
お隣のおじいさんから処置。

呼吸器の病気も患っているようで、
車椅子で重症なおじいさんでした。

あまり痛がっている様子もなく、
スムーズに終わっていました。
次回は2週間も後って(゜o゜*)
定期的に通院しているのかなぁ??

その後すぐに私の順番かと思いきや、
再び姿を消してしまいました(>_<)
そして、昨日私の前に診察を受けた
女性がお隣のお部屋に呼ばれました。

またフルネームを覚えちゃった(^_^;)ゞ

その女性も私と同じで、
鬼主治医の頼まれ患者なんだなぁ…
昨日、私の診察の前に、
同じベッドで処置を受けたのかぁー
そう思うと何だか生々しいよ
身体を隠すタオルも同じだし…

そこに再び医員さんが戻って来て、
なぜか先に待っていた私じゃなくて、
その女性の処置を始めました(・д・;)
その医員さん、適当だなぁ(>〜<*)

ずっと付いていた
いつもの看護師さんも
何も言ってくれず…

タオルを1枚だけ掛けて、
上半身裸で横になっていたら、
ぶるぶる冷えてきたよぅ
クシャミが出ました(*>o<*)

お隣の盗み聞きをしていたら、
どうやらその女性も私と同じく
胸に膿が溜まっているみたい。

「まだ膿が溜まっているようなので、
明日も来て下さい。」って言われていたよ。
私よりも重症なのかなぁ…気になる。。

私も、しばらく毎日
通院しなくちゃいけないので、
顔見知りになるかも
どちらが先に終わるかなぁ

ひょっとしてライバル?!

その女性は40代くらいで、
お胸も豊満な感じなので、
おこちゃま体型の私には、
勝ち目はないよぉ(。>o<。)

って、それは関係ないけどね

そして、いよいよ私の番です。

処置の準備中、いつもの看護師さんが、
私の患部のガーゼを見て「あっ」って…

昨日はガーゼ用の紙テープを貼られて、
敏感肌でかぶれやすい私は、わざわざ、
マイビニールテープに貼り替えたのだ。

それで「こっちのテープの方が良いんじゃな。」
って奥から私の分だけ持って来てくれました。
ガーゼに貼る用として私の肩に貼られたよ(^_^;)ゞ

いよいよ今日の医員さん登場
私にとって、13人目の外科医。。
またまた記録更新しちゃった

今日の医員さんは何となく
むさ苦しい雰囲気だったけど、
あっさりとした処置でした。

ガーゼを取った時に、
「まだ膿が出てますね。」
と言われて、一発目、
ブスっと注射を刺された時に、
あまりの激痛で「痛っ」と、
反射的に逃げてしまいました

医員さんも驚いていたけど、
その後は痛くなかったです。

「痛い?(洗浄液が)冷たいよね。」
と、穏やかに語り掛けてくれて、
変な感じだったけど無事に終了。

患部を触られるとビクッとして、
「触ると痛いんじゃな。」って、
医員さんも納得した様子でした。

そして、最後に、
「明日も洗わせて下さいね。」って。

明日も鬼主治医の処置じゃないけど、
頑張って通院しなくちゃね(;-_-)=3

その後は、お仕事へ移動…
移動するだけでも疲れるよ

そして、お昼ご飯を食べて、
5時間ぶっ通しでお仕事、
めちゃめちゃ疲れました

今日は上級コースの育成だったので、
プレッシャーも大きく脳もフル回転

お仕事が終わった時には、
ヘロヘロでフラフラでした

明日は中休みだぁ♪♪
でも、朝一から通院…
頑張ります。。。(o_ _)o

今夜は眠れるといいなぁ
* 「また…」
2009年10月19日(月)
ふひゅ〜グッタリ(×o×)
今日も何とか頑張りました…

あまりに疲れ果てすぎて、
おうちに帰って来てから、
しばらく横になっていました
心身共に調子が悪いです…

いっぱいいっぱいだよぅ

昨夜も眠れなくて(・・、)
頑張って耐えたよ…
相変わらず苦しいまま…

今日は病院→お仕事コース

胸の病気が再々発しちゃったという事で、
2週間ぶりの外科外来へ行って来ました。。

受付の人に何て言えば良いのか、
ずっと頭の中で考えていました。

でも、今日の受付の人は、
よく解って下さっていて、
「○○先生に聞いてみますね。」と
取り次いで下さりました。

なかなか連絡が付かなかったのか、
30分くらい待たされちゃったけど

その間に職場へ遅刻の連絡を…
「病院へ行かなければならず…」と
言うと「ご自身の病気ですか?」と、
心配されてしまいました(>〜<*)

本当にすみません…

職場でも上司が気を遣って下さり、
「明日の朝も遅れて来る?」って、
上司の方から聞いて来て下さって、
すっかり病人が定着しちゃったよ

それではいけないんだけどね

二度ある事は三度あると言われる通り、
本当に再発しちゃって複雑な気分です

あぁ…またかぁって。。
ガックリ

自分でもそう思うんだから、
鬼主治医なんて尚更だよね…

9時半頃に受付の人に呼ばれて、
「10時から予約が取れました。」って。
鬼主治医に診て貰えると判って、
ちょっぴりホッとしました(;-.-)=3

早めに待合室で待っていたら、
処置室から見慣れたおじいさんが…
フルネームを覚えているほど、
鬼主治医の常連患者さんの一人だ。

まだずっと長く通い続けているんだなぁ…
私も頑張らなくちゃと思いました(*>_<*)

そして、その次に女性が呼ばれました。
鬼主治医のアナウンスを聞いただけで、
たった2週間ぶりだけど懐かしかった。

やっぱりホッとするよ

まだまだだろうなぁと思っていたら、
その次に私の名前が呼ばれたよ(゜o゜*)
まだ10時よりも15分も前だったのに…

あまりに頭がぼぉ〜っとしすぎて、
私の名前を呼ばれてからようやく、
いつものドキドキが出現しました

鬼主治医と対面するのがビクビクで、
ゆっくりと扉を開けたら鬼主治医が
待ち構えていてひょっこり私を見て、

大きなお目めを真ん丸にして、
「また出てきたんですか」と
神妙な声で聞かれてビクッとして、
大きくコクリと頷きました

やっぱり穏やかに笑顔では
迎えて貰えないよねぇ(_ _。)

「じゃあ準備して下さいね。」と
いつもと同じように言われて、
いつもと少し着替える場所の
配置が違って戸惑っていたら、

「こちらで…」とベッドの方を案内され、
扉の鍵とカーテンを閉めて下さりました。

ベッドに座って脱ごうとしていたら、
いつもの看護師さんが現われました。

そして、鬼主治医が一言、
「○○さんです。」と、
看護師さんに紹介したら、

「また出てきたんですかぁー」と、
呆れた声でボソッと言われちゃった。。

鬼主治医と同じセリフだ…
「また」って言われると、
何だか厄介者に思えるよ

また来ちゃってすみません
また出てきちゃいました(>_<)

やっぱり、頻繁に再発するのは、
おかしな事なのかなぁ(つω-`。)

でも、久々の最強コンビに
処置して貰えて癒されたよ。
こんな事を言うのも変だけど、
居心地の良い居場所みたい…

当たり前のように、
鬼主治医といつもの看護師さんに
診て貰えて不思議…

「また」って言われるくらい、
すっかり定着しちゃっていて…
これも大事な人間関係だよね。

ヘンテコな関係だけど(-ω-;)

そして、いつものように横になって、
鬼主治医がベッドサイドに現われて、
「ガーゼを取りますね。」と言われ、
患部を見た瞬間、「あぁー…」って。

溜め息混じりにそう言われただけ。。

どういう意味なんだろう…
大した事ないという意味??
想像通りという意味??
酷くて驚いたという意味??

今日は口数が少なかったので、
あまり伝わってこなかったよ…

最初、吸引器で吸ってみたけど、
「入っていかないぞ…」と言われて、
どうやら中の隙間は狭いみたい。

かなり痛かったので痛がったら、
「じゃあ、洗いますねー」って、
お次は洗浄する事になりました。

看護師さんに腕を上げるように言われたので、
患部の方の右腕だけ頭の方に上げていたら、
ちょうど手の平に布っぽい物が触れたので、
痛いのを我慢する拍子に引っ張っちゃったよ。。

すると、看護師さんに、
「手が…」と突っ込まれたので、
「んっ?」と思ったら、
どうやら鬼主治医の白衣の袖を
引っ張っちゃっていたみたい(^▽^;)ゞ

ベッドのカーテンにしては、
おかしいなぁと思ったんだ。。

どさくさに紛れて、
鬼主治医の白衣を触っちゃって、
ちょっぴりドキドキ
鬼主治医もビックリしただろうなぁ
処置の邪魔をしちゃったかも。。

処置中、身体を隠すタオルを
ギューって握っていた方の左手を
手で握られて温かかったよ(^-^)

看護師さんの手かなぁ??
「大丈夫っ!!」って、
励ましてくれていたのかな…

さり気ない心遣いが嬉しかったです。

今日は患部が化膿していただけあり、
触れられるだけで「痛い!」と叫んで、
もぞもぞしたり逃げたりもしたけど、
いつもよりも少し短めに終わりました。

最後も念入りにガーゼを当ててくれて…

ここ2週間ほど落ち着いていたのに、
久し振りに疼くような激痛を感じて、
ちょっぴり落ち込んでしまいました…

患部の穴と中の隙間自体は、
大きくはなさそうだけど、
またしばらくの間、毎日
通わないといけないのかぁ…

しかも、着替えている間に、
鬼主治医が看護師さんに
明日は大忙しみたいな事を
苦笑いしながら話していて、

私が着替え終えた後に、
バッグを取ろうとした時に、
一瞬、鬼主治医がカーテンを
開けて覗き込んだけど、
私が後ろを向いていたので、
再び机の方に向かって、

「あっ、○○さん、明日ですが、
手術なんですけど手が空きそうにないので、
処置の当番に頼んでおきますね。」

ぎこちない話し方と、
私の名前を呼ばれた事と
少し関西訛りだった事が
ちょっぴり胸キュン。

そして、私もぎこちなく、
「あ…はい。」とお返事…

鬼主治医に診て貰えなくて、
ガッカリです…(´・ω・`)

まだ2日目で患部が痛い時に、
もし下手っぴな処置だったらと
思うと本当に憂鬱です(≧_≦)

でも、仕方ない…

いつもなら顔を合わせて
挨拶をしてから去るけど、
今日はタイミングが合わなくて、
最後は机に向かいながら、
「はい」と言われただけでした。。

翌日、鬼主治医の処置じゃない日は、
「また明日」とも言われないから、
ちょっぴりよそよそしい感じがする…

でも、今日は自然と小声で
「すみません…」と言って去りました。
「ありがとうございます」じゃなくて、
なぜか「すみません」って…

相変わらず自分の気持ちを
伝えるのが不器用です(;_;)

やっぱり、申し訳なく思う
気持ちが大きいからかなぁ…
いつも迷惑や負担を
掛けてばかりだから…

今回の再発は何日で落ち着くかなぁ…
前回は約2週間くらい掛かったので、
今回はそれより短いといいなぁ(;-.-)=3

その後は引き続きお仕事へ…

売店でお昼ご飯を買ったら、
キティちゃんの金太郎飴が
久々に復活していたよ(^o^)
8月以来、見かけてなくて…

嬉しくなって、久々に
3つ買っちゃいました。
また買い溜めようかなぁ

職場へ行くと土曜日に引き続いて
今日もハイタイムで処理件数が多く、
バタバタと緊迫した雰囲気でした

そんな時にOJTを任されて、
大パニックだったけど、皆から
色々と質問を受けていたら、
自然と張り切りモードになって、
空元気でも笑顔で頑張ったよ!!

やっぱり他人から必要とされたら、
条件反射で笑顔で頑張っちゃう私…

今は、それで良いのかもしれない。

本当は何も考えられないくらい
どん底に落ち込んでいるけど、
お仕事で現実逃避をしているよ…

独りっきりになるのが怖くて、
ひたすら笑顔で誰かと接して、
不安や恐怖を紛らわせている…

必死で涙を押し殺しているよ。
たとえ空元気だとしても、
泣くより笑える方が良いよね。

無理をしてでも前向きに…

不器用な私にしては上出来だ

今は、それだけで精一杯…
本当にいっぱいいっぱいです

いつか自然と笑えるといいな…

明日も一生懸命に頑張ります。。
今日は頑張りすぎてグッタリだから、
今夜は熟睡できるといいなぁ
*三度目の再発
2009年10月18日(日)
今日は、貴重な日曜日…

とっても哀しい気分で、
何もできずにいました…

昨夜もなかなか眠れなくて、
ずっとiPodを聴いていたら、
いつの間にか寝入っていて…
抗鬱剤が効いてくれたかな。

いつも通りに目が覚めて、
二度寝をして早めに起床。

昨夜の夢はぼんやりしていて、
おばあちゃんが出てきたのは
覚えていて懐かしかったです。

今日も食欲がなくて、
お腹の調子も悪くて、
元気が出なかったよ…

ふと気持ちを緩めると、
涙が出てきちゃうので、
なるべく現実逃避して…

お布団の温もりが心地よくて、
吸い込まれそうで、そのまま、
ずっと眠り続けていたかった。

昨日の疲れなんて
忘れちゃうくらい
心が麻痺していて、
生きている実感が
全く沸かないんだ。

夢だったら良いのになぁ…

夏から続いていた心労が、
そろそろ限界に達して、
どうなっちゃうんだろう…

信じられない気持ちでいっぱいだよ

ずっと当たり前のように
信じ続けてきていたから、
今更コロッと覆されても、
そんな実感もなく今後も
ずっと信じていくのかな…

真っ暗闇を彷徨うように…

結局、幸せの意味も解らないまま…

最初から独りぼっちだもん。
儚い気持ち、切ない気持ち、
いっぱい募り積もってきて、
感情がおかしくなっていた。

情緒不安定すぎて…
不安がいっぱいで、
恐怖がいっぱいで、

生きているのが辛いよ…
苦しいよ…

今に始まった事じゃないけど…
それが私の哀しい運命なんだ…

いつだって、他人に
迷惑を掛けないように、
自分を押し殺しながら
生きてきたはずなのに…

悪い子なのかな…
疫病神なのかな…

私って、いったい何なんだろう…
生まれてきたのが間違いだったのかな…
何のために生きているんだろう…

今まで私なりに頑張ってきたけど、
すべて無意味で無駄だったのかな…
もっと頑張らなきゃいけないかな…

でも、もう嘆く気力もないよ…

何事もなかったかのように
そっと消えちゃえばいいんだ。
こんなにも苦しい人生なら…

またいつか、笑顔で
過ごせる日が訪れるのかな…
信じて待っていても
良いのかな…報われるかな…

生まれ変わらないと
もう、無理なのかな…

もう、最後なのかな…

あまりにも辛すぎて、
今の私で生き続けていく
自信が全然ないよ…

真っ暗闇で怖いよ…
何も考えられない…

こんな時に不幸は連鎖して…

昨夜、例の胸の病気が、
また再発しちゃいました

前回は最後に処置を受けてから、
ちょうど2週間後に再発したから、
今回も一昨日の金曜日あたりに、
ちょっぴり不安になっていたら…

患部がケロイドっぽくなってきて、
新しい皮膚が再生されてきたのかと、
良い兆候に捉えていたら逆でした

硬くなっていた患部が
柔らかく膿んできて、
昨日お風呂に入る前に、
ちょっぴりヤバいなぁと
思っていたら案の定

お風呂から出たら、
患部から液体が
懐かしい痛みだよ

前回の再発の時と同様、
最初はお水っぽく透明で、
だんだん白っぽくなり…

大慌てでガーゼを当てて、
チラッと覗いて見てみたら、
白いガーゼが黄色っぽく…

三度目の再発です

もう大丈夫かなぁと
密かに思っていたら…

前回と似ている周期なので、
この調子で行くと、今後も
毎月再発しちゃうのかなぁ

生理みたいに定期的に…
慢性疾患で再発を繰り返すって、
本当だったんだなぁ(>_<)

メンタル面の影響で、
生理も不順になって…
なんかボロボロだよ
先が思い遣られるよ…

今日は日曜日だったので、
わざわざ救急に行くのも
気が引けてしまったので、
明日の外来まで我慢(*>_<*)

今も液は止まらなくて、
ジンジン気持ち悪いよぅ…

明日、また鬼主治医に
診て貰えるんだろうか…

キャンセルのトラウマが
痛々しく甦ってきました

明日は鬼主治医の外来日じゃないから、
他のお医者さんに回されるかもしれない。
鬼主治医以外の処置は受けたくないよ

でも、鬼主治医と
顔を合わせるのも気まずい…

でも、放っておくわけにはいかないので、
明日はまた頑張って病院に行かなくちゃ。。

また、お仕事も遅刻…
呆れられちゃうよね

辛いけど頑張らなくちゃ…
心身共に生き地獄みたい。。

今夜は抗鬱剤を1錠飲んで、
明日に備えて早めに寝よう…
ちゃんと眠れるといいなぁ…

今日も暗い日記でごめんなさい
*キャンセル
2009年10月09日(金)
今日も1日お疲れ様でした。。

明日から連休だよヾ(*^。^*)ノ
稼働調整されて火曜日も
お休みだから4連休♪♪
シルバーウィークと同じだよ

今週は長かったなぁ
胸の事もあったから…

今日、何とか
一段落?したけどね(;-.-)=3

そのお話については、
後ほど、じっくりと。。

相変わらず心労が尽きないよ(・・、)

先月から毎日服用していた抗鬱剤を
昨夜は思い切って我慢してみました

その結果…

なんとっ!!
生理が来ました

…偶然かもしれないけど(^_^;)ゞ
あまりにもテキメンすぎるよねぇ

でも、やっぱり明らかに
先月とは様子が違います。。
少なすぎてまた止まりそう…
一瞬だけかもしれない(-ω-;)

一応、生理が終わるまでは、
抗鬱剤を我慢しよう(_ _。)
そういう問題じゃないかもだけど

やっぱり抗鬱剤を飲まないと、
現実が見えすぎて怖くなるよ…
不安と恐怖でいっぱいになる…

心が剥き出しになって、
ドロドロになっちゃう(>_<)

ただでさえ私は現実主義で、
被害妄想に陥りやすいから
抗鬱剤でゴマかして抑えないと、
どんどん悪化しちゃうから…

昨夜は眠りが浅くて、
悪夢ばかり見ちゃった
ヘンテコな夢だとか、
笑い事じゃないよ(;_;)

好きな人から連絡が来なくて、
被害妄想が爆発してしまうという
いつもの悪い癖が諸に出たり、
不安で辛くて死にそうになったり…

夢の中にまで不安が現われるの

それはとても危険な状態です(>~<*)
やっぱり抗鬱剤が必要なんだよね…
無理に我慢しちゃダメなんだよね…

でも、途中でデビュー当初の
若いあゆが出てきて歌詞を間違い
はにかみながら歌っていたり、
最後のオチは非現実的で笑えたよ

ずっと音信不通だった人から
ようやく連絡があり、その理由は、
フィギュアスケートで世界一を
目指しているからだとか(;´▽`A)

さては、先日、ニュースで、
地元出身の高橋選手を見たからかなぁ
復活したみたいだねぇ(*'ー'*)♪

そのメールに対して、
「じゃあ私も一緒に目指す!!」
なんて言って、本当に
一緒に滑っていたよ(^▽^;)ゞ、

私、スケートなんて、
中学以来滑っていないのに…
しかも、そのリンクは、
高橋選手が練習していた
今は無きリンクだよ(^_-)-☆

いやぁ〜
ホント不思議な夢でした

夢疲れしちゃったよぅ

また今夜も飲まなかったら、
変な夢ばかり見ちゃって、
ぐっすり熟睡できないのかな…
でも、生理のためだから、
しばらく我慢しなくちゃね

ふぅ〜

それでは今日の本題です。。

今朝まで悩んでいました。
今日の鬼主治医の予約、
どうしようかなぁって…

でも、私は鬼主治医に言われた通り、
「汚れてこないようであれば」って、
ちゃんと約束を守って決めたんだよ。

実際に患部から液が出ていないから、
診察を受ける必要がないんだなって…

それでキャンセルする事にしました。

当日取消の受付は9時から。
なので、まずは会社へ行き、
着いてから連絡をする事に…

なんか変な気分でした(-ω-;)

いつもは病院から職場へ
申し訳ないと思いながら
遅刻の連絡をしていたのに、
今日は逆で職場から病院へ
キャンセルの連絡をして…

7月末から約2ヵ月間、
ずっと溜め込んできていた
借りを返すような感じ??

や、そんな恨みはないけど…

ただ両方の立場を経験して、
複雑な気持ちになっただけ。

結局、板挟みになって
苦しむのは私なんだよ。

最初、予約券に書いてあった電話番号に
お電話をしたらコールセンターに繋がり、
そこでどぎまぎしながら一生懸命
キャンセルの事情をお話していたら、
「ここでは取り消しできないので、
受付にお繋ぎします。」って(゚-゚;)

それなら、最初から繋いでよぉ

結局、お話中のため繋がらなくて、
改めて受付の方に掛け直す事になりました。。
それで少し勇気が萎んじゃったよ

改めて、場所を変えて、
2度ほど掛けたけど繋がらず、
3度目で繋がりました。

いつも受付しているカウンターを
頭の中で想像しながら話していたら、
なぜ私はそこに居ないんだろうと、
今、職場に居る事が不思議に思えた。

逆の時も、ずっとそうだったから…

病院の温室の2階からお電話して、
いつも職場で会っている上司たちが
お電話に出るたびに違和感だった。

自分の居場所が解らなくなっていた。

今日も、おかしな気分だったよ…

「今のところ落ち着いているようなので、
今日の予約はキャンセルしたいのですが…」
と告げたら「はぁ、そうですか…」って、
一瞬、何となく重たい空気が流れた後で、

「それじゃあ、先生に伝えておきますね。」

そう言われて、急に心がズキンと痛んだ。

思わず「あ…先生には言わないで!!」
って言ってしまいそうになったくらい、
自己嫌悪と罪悪感でいっぱいになった。

鬼主治医が自ら取ってくれた予約だもの。
念のためにって、気を利かせて下さって…
鬼主治医に内緒で取り消せるわけがない。
心の中では、それを望んでいたんだけど…

できれば、鬼主治医には知られずに、
そっとリストから消して欲しかった…

「ああ、あの子、来ないんですね。」
って、サラリと流されるだけだと思うけど、
それでも思い出されたくなかった…

だって、鬼主治医の予約をキャンセルした事で、
何だか鬼主治医を拒絶しちゃったみたいだもん…

受付の人に、
「変更されますか?」と聞かれて、
「え…」と、
言葉に詰まっちゃいました。。

そうだよね…普通だったら、
よっぽどの理由がない限り、
キャンセルなんてあり得ないよ。
お医者さんが来るようにと
わざわざ入れた予約なんだから…

その日が無理なら別の日に変更、
それが普通の流れだよね(>〜<*)
予約そのものをなかった事にするって、
もう治ったと自己判断した場合…

患者の方から、もう
診て貰わなくても良いと
拒否した場合だよね…

そんなのイレギュラーだよね。。

それだからか、何となく
受付の人に不審がられた…

「もう本当に来なくても良いの?」
って、聞かれているようだった。

それでも私はキャンセルする事しか頭になくて、
受付の人に「解りました。」と了承を得た後で、
念のために悪化した時の受診について確認した。

「もしまた悪くなった場合は、
当日予約で診て貰えますか??」

すると、何やら
受付の人は困っている様子だった…

それを察して、何だか自分が
自分勝手な事を言っているようで、
罪悪感でいっぱいになりました…

私、自分からキャンセルしておいて、
悪くなったらまた診て貰おうなんて、
かなり都合の良い事を言っているよ…

図々しすぎるよね…

なんて身勝手な患者なんだろう…
迷惑を掛けちゃっているよ(>_<)

「はい…でも、その場合は、
前もって連絡を頂くかしないと、
当日受付しようと思っても、
違う先生に診て貰う事になったり、
対応できない場合がありますので、
その場合は、ご了承下さい。」

解ってるよぅ…そんなの(≧_≦)

「ご了承下さい」だなんて、
いかにも、私がワガママを
言っているみたいじゃない…

よぉく知っているもん…

私の病院は急性期病院で、
融通が利かない事だって、
鬼主治医は部長先生だから、
容易に診て貰えない事も…

解っている上で言われたから、
余計に釘を刺されたみたいだ

何だか恥ずかしくなって、
消えちゃいたくなりました
自分が厄介者に思えるよ…

この病気にさえならなかったら、
こんな思いもしなくて良いのに。

そうしたら、受付の人にも
お医者さんにも看護師さんにも
迷惑を掛けずに済むもんね…

最後まで受付の人の
お話を聞くのが辛くなり、
「解りました。」と
言って即座に切った。

このまま外科とは縁を切りたい…
鬼主治医に合わせる顔がないよ…

もし今後再発する見込みがなければ、
もしかしたら連絡をしなかったかも…

もう私の事は忘れてくれていいって。
何事もなかったかのように消えるの。

でも、それはあまりに無責任だから、
ちゃんと勇気を出して連絡したのに…

今後また再発した時の事を考慮して…
鬼主治医と再会するかもしれなくて。

鬼主治医、どう思っているのかなぁ…

「ああ、良くなったんですね。」
「また悪くなったら来るかな。」
って、ケロッとしているかな??
心配なんてしてくれないよね…

「来るのが面倒だったのかな…」
「僕の診察が嫌だったのかな…」
「もう来ないかもしれないな…」
そう思われていない事を願っているよ…

これしきの事で傷つく人ではないと思うけど、
きっと私に対する印象は悪くなっちゃったよ

ほらねっ(>_<)やっぱり、
実際に診察を受けないと
憶測だけになっちゃうよ

本当は汚れてもいないし、
診察を受けるまでもないと
解っているけど、せっかく
予約が入っている事だし、
大丈夫だけど診て貰おう。

どうして、そう思えなかったんだろう…

鬼主治医の負担を減らすため??

チラッと顔を見せるだけでも、
意味があったかもしれない。
いや、内科とは違って外科は、
顔色なんて窺われないけど

でも、それでも…
行って悪い事はないもんね…

「良くなってきたね。」って、
笑って言ってくれたかもしれない。
安心して貰えたかもしれない。

「また何かあったら来て下さいね。」
って、言って貰えたかもしれない。

その笑顔を見て、私も、
ホッとできたかもしれない。

今まで約2ヵ月間、ずっと
見守ってきて下さったんだもん…
私から逃げちゃダメだった。

今まで、振り返ってみたら、
お仕事の都合で変更した事はあるけど、
キャンセルは精神科くらい…

そう言えば、精神科での最後の受診は、
「もう来なくても良いですよ。」って、
主治医から言われたわけではなくて、
「もう来ません。」って私から言ったんだ。
カウンセリング中に伝えた事だから、
キャンセルとは言わないかもだけど…

精神科の場合は、
自分でも言えるような
解り切った事を
主治医に言われる事に
違和感を感じて、
自分から距離を置いた。

本当は掛かっておくべきだと思うけど…
心を開けなかったら意味がないからね。

今飲んでいる抗鬱剤も、
これまで飲まずに我慢してきた物を
飲んでいるだけだから…
いつか全部なくなっちゃったら、
どうしたら良いのかな…

持病の神経内科に関しては、
神経難病で掛かっていて、
一生付き合わなくちゃいけないのに、
キャンセルはあり得ないし

キャンセルしちゃったら、
間違いなく怒られるよ
死にたいんですかって…
主治医は怒ると怖いから。。

そう考えると、やっぱり、
外科は別物だと思うけど…

どうして、こんなにもモヤモヤ
葛藤しちゃうんだろう(>〜<*)

キャンセルしなければ良かった??
でも、鬼主治医に会いたいだけで
受診できるものでもないもんね…

キャンセルしたのは、
終わりを告げられるのが
怖かった事もあって…

本当は、キャンセルする事で
鬼主治医とお別れしなければならない
しがらみから解放されて、
スッキリできるんじゃないかと
心の底で期待していたの…

でも、余計にモヤモヤしちゃった(ToT)

今回も一度目に引き続き、
「ありがとうございます」も
「さようなら」も言えずに
終わってしまったけれど(_ _。)

あっ、そう言えば…
前回「一段落」してから、
丸1ヵ月が経ったよ。

これで間違いなく、
気まずくなっちゃったよ
次に受診する事があっても
怖くて勇気が出ないよぅ…

結局、自分で自分の首を絞めちゃったよ…

ただただ、再発しない事を
心から祈るばかりです(*>_<*)

この先、胸の痛みを感じるたびに、
思い出して余計に胸が痛みそうだ…

もし再発しちゃっても、
鬼主治医には会えない…
違う先生に診て貰おう…

それか、ずっと先に
忘れた頃の受診なら、
気まずくならないかな…

また悩みの種が一つ増えました(_ _。)

そうやって現実逃避する事ばかり
考えちゃうのも不安定な証拠だね

どうしてすぐ負に陥るんだろう…
不安でいっぱいになっちゃうの

大丈夫で居られなくなって、
自分に自信が持てなくなる。

そこに居ちゃいけないと思って、
自分を消し去りたくなっちゃう…

独りぼっちの殻に閉じこもって、
淋しい思いをして苦しくなるよ…

今日、お仕事中ずっと、
モヤモヤ葛藤していた。

頭から離れなくて、
泣きたくなったよ…

どうして頑張っているのか、
理由が解らないよ…

お昼休みずっと
空を眺めていた。

平気なフリをしているのが辛い…

どうしてこんなに不器用なんだろう…
どうしてこんなにも苦しいんだろう…

どうして大丈夫で居られないのかな…

やっぱり私はおかしいんだよね
*台風一過。。
2009年10月08日(木)
なぁ〜んだぁ〜〜

台風、全然大した事なかったよ
ちっとも暴風なんて吹かなかったし、
今朝起きたら日が照っていたし…

大外れでした(・−・;)

ドキドキ心配して損しちゃった
いや、損って言うのも変だよねぇ
何事もなくて良かったです(・Θ・ゞ)

私の地元は…だけどね(^_^;)ゞ
他の地域はどうだったんだろう…
無事である事を願っています。。

というわけで、今日も
いつも通り通勤しました。
電車が遅れた時のために、
早起きしたのになぁ(-.-;)

今日もネムネムです(ゝ_ξ)

昨夜も抗鬱剤の副作用で、
ヘンテコな夢を見ちゃって、
オマケに早期覚醒もして…

なんかね、生理っぽいのに、
またスッキリしない感じで
不正出血と言うか明らかに
抗鬱剤の副作用による不順

このまま止まっちゃったら困るので、
今夜は飲むのを止めておきます(>_<)
やっぱり精神系のお薬は怖いなぁ**
例のおでき?も副作用かなぁ(゚-゚||)

昨夜の夢は、学校みたいな場所で、
四文字熟語のお勉強をしたり、
グラウンドに大きな野球場が
2つあって野球観戦をしたり、
なぜかおそ松くんの歌を歌ったり…

本当に支離滅裂な内容ばかり(-ω-;)

抗鬱剤を飲まなかったら、
どんな夢を見るんだろう…
ちゃんと眠れるのかなぁ…

グッタリお疲れモードだから、
今夜は大丈夫かなぁ

今日はママのバースデー
という事で、パパが特別に
メモリアル休暇を取って、
おうちに居たので、駅まで
車で送って貰えました(^-^)

ちょうど台風の日にお休みで
良かったと言っていたんだよー

両親2人でランチを食べに行ったり、
お出掛けを楽しんだみたいだけどね

私からママへのプレゼントは、
今週末に作る手作りクッキー♪♪
それから去年も買ってあげたけど、
たまひよの家計簿が今月の15日に
発売されるので、それも一緒に

すると、今日のお買い物で、
ママが可愛いと目に付いて、
私に買って来てくれた物があり…

それは、今日のトップのお写真

キティちゃんのソックスです☆★

わざわざ写メールまで送ってきて、
ビックリしちゃいました(;´▽`A)
私を何歳だと思っているんだろう…

私、キティちゃん大好きだけど、
さすがに靴下までは恥ずかしいじょ
家用にって買ってくれたみたい

キティちゃん&ミミィちゃん、
おじいちゃん、おばあちゃん、
パパ、ママ、キティちゃんファミリー
全員が大集合した柄だよ(^_^*)ゞ

けっこうレアかも
ママも珍しいって、
感動したみたいだよ

色違いもあって、
私のはピンクだよ(^_-)-☆

さっそく履いてみました



足が小さいから子供みたい〜
23〜25cmなので私にはブカブカ
一応、これでも大人用で、
有名なナイガイ製なんだよ

まぁ、あったかいし可愛いし、
おうち用だったら良いかなぁ
せっかくママが買ってくれたので、
大事に愛用しようと思います☆

これを履いて、うっかり
外出しないように気を付けよう

今日もウトウトしながら、
お仕事を頑張りました
今日の午後は苦手な上司が
インストで育成だったよ。。

1日が長かったなぁ(;-.-)=3

台風の影響で、お子様たちが
お休みにはならなかったけど、
給食がなくてお昼までだったり、
主婦さんが心配していました。

もう既に明日から連休の人も居て、
私も早く連休にならないかなぁ(^^)
お友達と遊ぶ約束もしたんだぁ♪♪

明日1日、頑張って乗り切るぞぉ

そうそう…
本当は、明日は外科外来の
予約が入っていたんだけど、
予想通り、今のところ、
何とか落ち着いているので、
キャンセルするつもりです。。

せっかく予約を取って下さった
鬼主治医に申し訳ないけれど
液も出ていないのに診て貰うのも
何だか気まずいし、何よりも、
鬼主治医から「終わり」宣言を
されるのも淋しかったりするから…

自分から身を引く感じかな??
何じゃそりゃ(+ー+*)ゞ

もしも前回のパターンと同じなら、
1週間後あたりに再発予定だから、
その時には再びお世話になります。。

まだどうなるか解らないけどね

今、再発しちゃったとしても、
また通院で連休が潰れちゃうのも
嫌だもん(*>_<*)長い目で見て…

キャンセルの手続きって、
どうするんだったっけ?!
お電話するのは憂鬱だなぁ…

何とか頑張ります(-ω-;)
*ウトウト…
2009年10月07日(水)
ううぅ〜ぶるぶる(>~<*))

今日は昨日よりも更に
グッと冷え込んでいます
おうちの中で素足では
もう居られなくなったよ〜
私は冷え症なので注意。。

やっぱり台風の影響かなぁ

午後から雨が降り始めて、
今もザァーザァー本降り
今日の深夜に暴風みたい

さっき、暴風波浪警報だったし…

テレビで天気予報を観ていると、
史上最強クラスとかでビクビク
大した被害じゃないと良いけど…

明日、お仕事大丈夫かなぁ…
学校は暴風警報だとお休みだけど、
お仕事はどうなるんだろう

今日は中休みだったので、
ずっとおうちに居ました

昨夜も抗鬱剤を飲んで、
今日は1日中ウトウト
三度寝の末、13時すぎ起床…
更にお昼寝までしちゃった(^_^;)ゞ

またヘンテコな夢を見ちゃったよ
昨夜はドロドロな悪夢でした(;_;)
夢の中でくらい明るい内容がいい…

見知らぬ男性と恋仲?になって、
色々モメるゴタゴタな内容でした
夢の中でまで振り回されていたよ
よっぽど男性運が悪いんだなぁ。。

起床後、モヤモヤになりました…

夢の中でプリクラを撮っていたよ。
きっと昨日寝る前にプリクラ帳の
整理をしていたからだろうなぁ(^〜^;)ゞ
現実と結び付いているものなのだ。

女の子なら恐らく、
誰しも持っている
プリクラ帳ですが…

マイプリクラ帳もキティちゃんです♬
今日のトップのお写真だよ
これでマイプリクラ帳も3つ目です。

タータンチェックver.のキティちゃん、
大人っぽくてオシャレで可愛いでしょ

このタータンチェックver.に
使用されているチェック柄は、
スコットランドタータン認定機関に
「Hello Kitty」という名前で
正式に登録されているみたい

INTRODUCING THE OFFICIAL
HELLO KITTY TARTAN
って商品に書かれているよ♬

キティちゃん、スゴイなぁ〜
本当に何でもアリみたいだ☆

という事は、正式認定料も含まれていて、
ちょっぴりお値段も高めなんだけどねσ(^_^;)
ファッション雑誌でも紹介されていたよ

なんか「タータン」って、
可愛い言葉だよねぇ(*^。^*)
人間の愛称みたいだぁ〜

プリクラ帳の右側にあるマスコットは、
ただのマスコットじゃないんだなぁ(^^♪

お手ての部分が抱っこちゃんみたいに
物を挟む事ができるクリップなのだ♪♪
足の部分も立ったり座ったりできるよ。

可愛いのぅ〜(*´ー`*)

私はキティちゃん大好きだけど、
自称キティラーではありません。

なんか「キティラー」って言うと、
何でもかんでもキティちゃんばかり
集めてしまう人の事みたいだけど、
キティちゃんはキティちゃんでも、
私は何でも好きなわけじゃないのだ。

もちろん、どんなキティちゃんでも
可愛いのは可愛いけど、私好みの
キティちゃんじゃないと嫌という
拘りのあるキティちゃん好きなのだ

例えば、私の大好きなピンク系とか、
ほんわか癒し系とかオシャレ系とか…

本当に今では色々な
キティちゃんが居るからね

それで、昨日のお話なんだけど、
朝の『めざましテレビ』か何かで
キティちゃん特集があったらしく、
5人くらいのお仕事仲間たちから、
キティちゃん報告をされました

キティちゃんって35歳なんとか、
○○ちゃんより凄いキティラーが居たよ
キティちゃんの耳のリボンって、
左側の方が大きいんだって
キティちゃん好きの男性の事を
「キティ男」って呼ぶみたいだよ

あまりにも楽しそうに話していたので、
何だかおかしくて微笑んじゃったよ(^m^*)
キティちゃんって大人気者なんだねぇ♪♪

私がキティちゃんを大好きな理由は、
小さい頃から好きだった事もあるけど、
入院中に癒された恩猫でもあるのだ(^-^)

1年間という孤独な入院生活の中で、
主治医や身内や元彼やお友達から
お見舞いでキティちゃんグッズを
いっぱい貰ったりして、病室の中は
キティちゃんだらけだったんだぁ

キティちゃんに囲まれて闘病して、
いっぱいキティちゃんに救われました
今でも心の支えになっているよ(-.-*)

ただ単に可愛いから好き…だけではなくて、
キティちゃんが居ると私で居られるような、
そんなホッとした気持ちになれるんだぁ☆ミ

ちょっぴり気色悪いかなぁ(;´▽`A)

他の猫のキャラクターと違って、
キティちゃんにはお口がないのも
実は魅力の一つなんだよ(ゝω・)v

お口があるとお顔に感情が表れるから…
お口がない事で感情が表に表れないの。

何を考えているのか解らないところも、
キティちゃんの可愛らしさでもあるよ♬

最近は、ウィンクしたり、
お目めを閉じていたり、
まつ毛の付いているキティちゃんも
居るけど、そこまでならかなぁ〜

そうそう、それから、
お仕事仲間の先輩に、
「キティちゃん好きな人は、
顔まで似てくるらしいよ〜」
って言われました(*'ー'*)♪

私も、よく入院中に
両親に言われていたよ〜
当時はムーンフェイスだったから、
丸顔なところとか(^_^;)ゞ
癒し系なところだと嬉しいなぁ

キティちゃんを見て、
私を思い浮かべる人が
けっこう居るのかも

これからも大好きです

なんて今日はいっぱい
キティちゃんについて
語っちゃったよ(^_^*)ゞ

ピンクアイテムと同様に
私のハッピー要素だから♪♪

本当は今日は元気がなくて、
モヤモヤ不安定で、ちょっぴり
泣いちゃったりもしたけど

頑張らなくちゃね。。(_ _。)

それと例のおでき?ですが、
何とか出血は止まったけど、
まだ腫れていて痛いです(T_T)

胸の方も今のところは
落ち着いているけど、
まだ痛みが残っている状態…

何だかスッキリしないなぁ(・・、)

今後の台風の行方も
どうなるんだろう
何事もなく夜中に
去ってくれたら良いけど…

明日は何とか無事に
お仕事へ行けますように…
雨が物凄いようなら、
レインブーツで行こうかな

今夜もあったかくして寝よう
寝すぎたから眠れないかも
* ぶるぶるる…
2009年10月06日(火)
ふぅ〜〜
今日もネムネム疲れました

最近また寝る前にお布団の中で
モヤモヤ考え事をする悪い癖が
出てしまって夜更かし気味です

睡眠不足は大敵なのに(>_<)

しかも、昨夜も抗鬱剤の副作用か、
とっても奇妙な夢を見ました(-.-;)

なんと、ママが妊娠して、
お腹がおっきかったのだ
めちゃめちゃ違和感でした。。

あまりにも非現実的すぎる妄想(;・・)ゞ

恐らく、昨夜、寝る前に、
ママのお腹ポッコリを見て、
「メタボだぁー」って、
からかった影響かなぁ(^_^;)ゞ

それにしても、この年齢になって、
弟or妹ができるかもしれないなんて、
想像しただけでもヘンテコな気分…
今まで一度も考えた事すらないのに

いやぁ〜
やっぱり抗鬱剤の威力は凄いねぇ
飲み過ぎには気を付けなくちゃ。。
中毒にはなっていないので大丈夫★

今日、お仕事中もずっと、
ぼぉ〜っとトロけていたのは、
抗鬱剤のせいだったのかなぁ…
頭が働かなかったよ(^〜^;)ゞ

いかんいかん

今日は、久々に朝一から、
みっちりお仕事だったので、
疲れが出ちゃったのかも。。

今朝、何人もの人たちに、
「今日は朝から夕方まで
ずっとお仕事なん」って、
ビックリして聞かれたよ

最近すっかり通院生活が
染み付いていたからなぁ…
病院へ行って当たり前だと
思われているのも変だけど

一応、二度目の再発は、
一段落したところだから…
まだ金曜日の通院の事は
不明のままだけど(-ω-;)

この調子でいくとキャンセルかな…
何だか心許ないけれど。。(_ _。)

でも、いつまた再発するか解らないから、
長い目で見ながら闘病するしかないよね。。

このまま痛みも消えて、
完治してくれたら良いけど…

それとは別のお話になるんだけど、
一昨日辺りから、今度は下半身の
ある部分に、おでき?ができて、
今日、それが潰れて血が出てきて、
けっこう痛かったりするのだ(*>_<*)

場所が場所だから少し
心配だったりするけど…

病院に行くまでではないかな。。

このまま腫れも引いて治ってくれたら、
良いんだけど。。何だか憂鬱です(>_<)
体内のバランスが狂っているのかなぁ…

それか、老化現象??(・−・;)
しっかり栄養を取らなくちゃー

今日は1日が長く感じたけど、
何とか最後まで頑張れました。。

今日は雨の影響かもしれないけど、
昨日から急にグッと冷え込んで、
秋らしくブルブルになってきたよ(-.-;))

お洋服も長袖(7分袖)デビューです☆

先日買ったレベッカテイラーの
アンサンブルのインナーを
着たいと思っていたのになぁ
カーディガンと一緒に着ると、
バックのリボンが隠れちゃうよ

残念
また来年のお楽しみかな…

少しずつ冬に向かって、
寒くなっていくんだなぁ…

私は暑がりだから、冬の方が好きだけど。
寒さは厚着さえすれば凌げるもんね(^_-)-☆

それに、真冬の
ぬくぬくお布団と
入浴剤を入れた
ポカポカお風呂が
とっても大好き♪♪

そうそう、ただ今、台風が接近中で、
どうやら西日本を通過するみたいで、
パパが大騒ぎをしていました(・・。)ゞ

そう言えば、今年は
台風が来なかったなぁと
振り返っていたのに。。
台風って夏のイメージだよね

ちょうど明日は中休みなので、
おうちの中で避難できるぞぉ
無事に去ってくれますように…

明日はのんびり休養しよう(*_ _)。o○


P.S.オマケ
今日のトップのお写真は、
マイパスケースです(゚∇^*)

本革バッグメーカーのハマノとコラボした
キティちゃんの35周年記念グッズだよ(^^♪

キティちゃんとバラとリボンの型押し模様で、
私の好きなピンク色でお気に入りです(*^_^*)
キティちゃんロゴつき薄ピンクの箱も可愛い♬

お出かけには必須アイテムだよ☆ミ

甲州印伝の長財布に
クレージュのショルダーバッグに
キティちゃんコラボグッズの
コレクションがだいぶ増えました

お上品で大人っぽいデザインでしょ
本格派のキティちゃんグッズだから、
大人でもオシャレで愛用できるのだ

キティちゃんいっぱいで、
ハッピーです(*´ー`*)
*「終わり」の選択
2009年10月05日(月)
今日はブルブル肌寒かったよぅ((>_<))
地元では最高気温が24℃だったみたい。。
台風も近づいてきているみたいだし、
今週は不安定なお天気が続きそうだね…

昨日は、いっぱい寝てしまったため、
案の定、夜、眠れなくなっちゃって、
ベッドの上で考え事とかしていたら、
結局、就寝したのは3時前でした(^_^;)ゞ

おかげで、今日は寝不足でネムネム

これも抗鬱剤の悪い副作用なのかも

でも、懲りずに昨夜も抗鬱剤を飲んで寝て、
やっぱりヘンテコな夢を見ました(−.−)o○

なぜか私がカエルと付き合う事になったの
しかも、キャラクターみたいな可愛らしい
カエルではなくて、本物のアマガエルなの

私、カエルのキャラは嫌いじゃないけど、
本物のカエルは不気味で苦手なのに(>〜<*)

しかも、どれも同じに見えて、
自分が付き合っているカエルを
見分ける事もできなかったり。。

ホント変な夢だよねぇ(+ー+*)ゞ

もう1つは、お仕事の夢だったり…

これも抗鬱剤の副作用なのかなぁ

そろそろ、生理の事も心配だし、
止めようと思っているんだけど、
また不安定になるのが怖いから

今は、抗鬱剤のおかげなのか、
辛い事が気にならなかったり、
深くまで落ち込まなかったり、
何とか元気で居られているから…

もう少し落ち着くまで待ってみよう。。

今日は病院&お仕事コースでした。

前もって土曜日に上司に
今日の遅刻を伝えていたから、
今日は連絡しなくても済んで、
少しは気持ちが楽でした。

今日は早く病院に着きすぎて、
おまけに、今日も鬼主治医の
診察開始時間が30分も遅くて、
合計1時間くらい待ちぼうけ…

鬼主治医って、本当に、
時間にルーズなんだから
マイペースすぎるよ(-.-;)

今日で「終わり」を告げられる事を
解っていたから、今日は大人しく
じっと待合室で待ち続けていました。

患者さんや看護師さんの様子を
ぼぉ〜っと観察していたり…
看護師さんの顔も覚えちゃったよ☆

今日は端っこの席が空いていたので、
壁にもたれてウトウトしていました

9時半からの予約だけど、
10時すぎに呼ばれました。。
今日も2番目だったよ〜

今日は比較的狭い処置室での診察。

そろりと処置室の扉を開けると、
鬼主治医が机に座っていなくて、
あれっ(;・・)?と思ったら、
お隣の診察室から現われて、
「準備して下さいね。」って。

鬼主治医の「準備して下さいね。」の
ジェスチャーって、いつも、何となく
リュックサックを背負う仕草に似てる

鬼主治医は、背が高めで、
けっこうガッチリだから、
密かに体育会系なのかも…
立っている姿を見かけたら、
ドキッとする時があるよ。

さっきまでウロウロしていた
いつもの看護師さんも現われて、
今日も担当して下さりました。

バスタオルを持って来て、
扉の鍵も閉めてくれたよ。
相変わらずバタバタしながら…

お洋服を脱いでベッドに横になり、
いよいよ最後の診察なんだなぁと
ドキドキしみじみしちゃいました。

それで、看護師さんが
処置の準備を始めたので、
「もう塞がった…」と
ボソッと伝えてみたら、
「え?塞がった?」と
聞き返されたので、
「…と思います。。」と言ったら、

すかさず看護師さんが鬼主治医に
「もう塞がったみたいですよ。」と
告げて「え?塞がったって?」と
鬼主治医がガーゼを取って患部を診て、

「うん、塞がったようですね。」
そして、今度は患部を触りながら、
「これは痛いですか?」
「前より違った感じ?」等々、
念入りに色々尋ねられたけど、

よく解らなくて、
う〜ん…と悩んでいたら、
鬼主治医も困った様子で、

「じゃあ、とりあえず、
ガーゼを貼っておきますね。
汚れたりしなくなったら、
取って貰って構いません。」

と言われてガーゼを貼られました。
もう塞いだと言っていたのに(゚-゚;)

この時に、ベッドの上から、
マジマジと私の顔を見られて、
私は動揺しまくっちゃった

こんなに間近で見つめ合ったのは初めてかも(^〜^;)ゞ

いつものビニールテープが見当たらなくて、
看護師さんが「仮だからこれでも良いよね。」
って、普通のテープを貼られちゃいました

そして、鬼主治医は引き続き悩みながら、
「次はどうしようかな…もう終わりか?!」
と、あたふた独り言を言っていました(゚-゚;)

鬼主治医ったら、自分で決められないのかな??
いつもだったら、看護師さんが意見するけど、
今日は慌ただしい様子で鬼主治医1人で悩み…

それで、
「一応、金曜日に一度また診てみようかな…」
って…ええぇ('◇';)

もう塞がったのに、
終わりじゃないの

何だか私までパニック

今日の鬼主治医、
妙に慎重すぎるよ

前例があるから油断禁物なのかな…
患部を触診して違和感だったのかな…
まだ私が痛がるから心配なのかな…

鬼主治医の中で、私は、
難治性になっているのかも…

前回だったら、もう穴が塞がって
液も何も出ていない状態だったら、
「おしまいにしましょう。」って、
すんなりと終わりにしていたのに…

てっきり、もう今日で、
最後だと思っていたのに、
何だか調子が狂ったよ

覚悟していたのに…

複雑すぎる心境だ…

呆然とベッドから起き上がったら、
いったん机に向かった鬼主治医が、
切羽詰まったように再び現われて、
また私の顔をマジマジと見ながら、

「一応、金曜日に予約を入れておきましたが、
もし、もう患部が汚れてこないようであれば、
予約をキャンセルしてくれて良いですからね。」

と両手でバッテンの仕草をしながら、
真剣な表情で説明して下さりました。

それで私はコクンと頷いたけど…

あまりにドアップで鬼主治医と
お目めが合ってしまったせいで、
鬼主治医の大きな瞳に目ヤニが
付いているのまで見えてしまい、
思わず吹き出しそうになったよ

いや、真剣に話している時に、
笑ったら失礼だと堪えました

鬼主治医、お寝坊しちゃったのかなぁ

それにしても、よっぽど、
終わりにすべきか悩んだんだなぁ…

前回と同じだったら、
今日で終わりにして、
また何かあったら来て下さいで、
済ませていたと思います(゚-゚;)

それが、今回のケースは、
予め予約を入れておいて、
大丈夫だったらキャンセルって…

ある意味、いつ終わりにするか、
私に選択を委ねられたんだΣ(・д・;)

なんかズルイー(>_<)

前回のパターンの方が、
一般的な気がするのに…

その予約日に再発するとは
必ずしも言い切れないのに…
それなら、
また再発した時に来ますの方が、
気楽で良いのに(>〜<*)

どうしよう〜

また今日から金曜日まで4日間、
モヤモヤ悶々と悩み続けそうだ

いったんキッパリ打ち切られた方が、
精神的にも重荷を感じないで済むよ

何だか爆弾を抱えているみたい…

金曜日までに爆発しなかったら、
自らキャンセルしなくちゃいけない。
鬼主治医の予約をキャンセルなんて、
何だか引け目を感じるよぅ(*>_<*)

せっかく予約を入れて下さったのに、
それを断るなんて申し訳なさすぎる…

そうかと言って大丈夫なのに
受けるわけにもいかないから、
その場合は断るしかないけど…

それも何だか辛すぎるよぅ(≧_≦)

何だか生き地獄みたい…

でも、鬼主治医が決めた事だから、
素直に従うしかないよね(;-_-)=3

はてさて…
4日後は一体どんな判決が下されるかな…

再発して予約通り診察??
何事もなくキャンセル??

再発するかどうかも判らないのにね

でも、患部の痛みや、
患部を見る限りでは、
これで治ったとも言い難い状況で…

再発するのも時間の問題かなって…

でも、金曜日までって、
期限つきなのは困るよぅ
調節できるものでもないし…

何だか思ってもみなかった
複雑な展開になっちゃったよ
本当に一体どうなるんだろう

どうなる事が一番ベストなのかも、
何だか解らなくなってきました(^_^;)ゞ

落ち着けーー

そんな感じで葛藤中です…

診察後、着替え終えた後は、
いつも通り挨拶をして退室…
今日も溜め息混じりで「はーい」と、
何やら疲れ切った様子でした。

厄介な患者ですみません

今日で一段落しなかった事に
違和感を感じながら病院を去り、
お次はお仕事へ向かいました。。

今日は午後にOJTを任されて、
てんてこ舞いだったよぅ(>_<)
久々に脳をいっぱい使いました

寝不足と疲労でグッタリ
今夜は早めに寝ようっと

明日も冷えるみたいだから、
もう半袖は終わりかなぁ(-〜-;)
*秋の日曜日
2009年10月04日(日)
今日は貴重な貴重な日曜日。
もうすっかり秋だよね(^-^)

昨日は土曜出勤だったので、
お疲れモードの休日でした

昨夜も懲りずに抗鬱剤を飲んで、
今朝は二度寝して12時すぎ起床

またまたヘンテコな夢を見たよ

昨夜は中学時代の夢でした。。
当時の学校や友人が出てきたけど、
私にとって学生時代の思い出って、
あまり良いモノではなくて…

学生時代に戻りたいなぁなんて
思った事はないくらい(;´▽`A)
そうかと言って、今が最高に
楽しいというわけでもないけど…

そもそも、病気になる前の
思い出たちが甦ってきても、
今では遠い昔の事のようで
あんまりピンと来ないんだ

自分の事のようには思えず(゚-゚;)

当時から私はストレスを感じやすい
性格だったなぁと思い返すくらいで…

そんな感じで、昨夜も、
変な夢だったけど大爆睡

ちょうど起きたら朝昼兼用の
お食事タイムでした(^〜^*)ゞ
今日は、お野菜たっぷりの
自家製塩ラーメンを食べたよ

そして、デザートは、栗!!

ここ数日間、毎日のように
栗を蒸して食べています♪♪
栗大好き☆モンブラン大好き☆
食べ出したら止まらないよ〜

木にお芋類が生るなんて不思議だよね
また栗拾いをしたくなってきたなぁ(^^♪

今日は、ご近所さんから頂いた
でっかい栗でした(p^_^q)(p^_^q)

トップのお写真だよ(^_-)-☆
大きくて真ん丸です。

売り物の栗じゃないから、
当たり外れもあったけど、
当たりの栗は超甘かったよ
栗ご飯も作ってみようかな

まさに食欲の秋です
お腹ぷよぷよだけど…

昨日の夜、満月を見かけたら、
お月見団子も食べたくなったよ

今月はハロウィンでもあるので、
かぼちゃのお菓子でも作ろうかなぁ
来週末は4連休だから、その時に…

10月と言えば…
バースデーが多かったりします

2日は、あゆのバースデー♬
もう31歳だなんて信じられない
いつまでも可愛らしいよねぇ(*^_^*)
私の憧れ?の存在でもあります☆ミ
あゆには入院当初から励まされてきたし…

それから、本日、4日は、
大阪の(元)彼氏のバースデーでした
朝、おめでとうメールを送ったら、
「すっかり忘れてた」って、本気で…
自称おこちゃまな本人にとっては、
あんまり嬉しくない年齢だからね(^_^;)ゞ

そして、8日はママのバースデー
来週末には、大好物のお寿司を
家族で食べに行く予定です(*'ー'*)♪
デザートは大好物のケーキだよ
今からとっても楽しみです(o^∇^o)

午後はパパとイオンへショッピング

今日の目的はコンタクトレンズ
5月に買って、もう残り僅かになり…
5月の時の処方箋が有効なので、
今日は眼科に行かずに買えたよ♪♪

半年分まとめて買っておいたけど、
レンズと洗浄液、合わせて約12000円…
目が悪いとお金が掛かっちゃうなぁ

なんか、洗浄液って言うと、
外科での処置を思い出すよ
洗浄と言う言葉にも慣れて…
変に染み付いちゃっているよ(-.-)

たまぁに、2週間が経つ前に、
レンズが破れちゃったりして、
もったいない事をしちゃうので、
外す時には気を付けなきゃね
ただでさえ爪が長いから(^_^;)ゞ

限定のお徳用パックを買ったら、
洗浄液のボトルが何本も入っていて、
ビックリするほど重かったよ(>_<)
これで当分の間は事足りそうだ☆

ついでに100円ショップに寄ったら、
ついついつられて、キティちゃんの
プチ袋セットを買っちゃったよ(^_^;)ゞ
おうちにもいーっぱいあるのに
100円とキティちゃんの誘惑に注意だ…

それから、早速、かぼちゃの
クッキーの材料も買っておきました。
思い立ったら吉日☆作るの楽しみぃ
あのオバケの顔を研究せねば!!

ふぅ〜
たった1日のお休みは、
あっという間だなぁ…
また明日から1週間の始まり

明日も病院&お仕事コースだけど、
明日こそは、通院も一段落しそう

いつもそう言っているけど、
本当に本当に、もうすっかり
穴も塞がってガーゼも不要で…

まだ痛みが残っているので、
前回と同様に、恐らく
再発の可能性は高いけど(-ω-;)

前回は最後の処置から2週間後に
再発したので、予想としては、
次回は16日あたりが危険日かなぁ

とりあえず、明日の診察では、
「また何かあったら…」と
言われて終わりだと思います。。

再発した件もあるし、きっと
「もう治った」という言葉は、
鬼主治医の口から出ないと思うけど…

痛みが残っているのも事実だしね(>~<*)

また明日もモヤモヤ
複雑な気持ちになりそうだけど、
頑張って来ます(。・x・)ゞ
*名誉挽回!!
2009年10月03日(土)
ううぅ〜〜

今日も土曜出勤でグッタリで、
今にもお目めが引っつきそう

相変わらず蓄積疲労が酷くて

なんか先日生理になったと思ったら、
そうじゃなかったみたいだし(ーー;)
まさか不正出血だったら恐ろしいよ

抗鬱剤の副作用もあると思うけど…
もともとは生理が来なくなったから、
抗鬱剤を飲むのを止めたんだよね。。
でも、今はまだ不安定だから(つω-`。)

私もお年頃なので、
いつか婦人科検診とか
受けてみようかな…
子宮癌とか心配だし(>_<)

乳腺症になったのも
ホルモンバランスの
影響っぽい感じだし…

乳腺の病気は婦人科系じゃないのが、
不思議だなぁと思うところだけど(゚-゚;)

ふぅ〜
いずれにしろ、明日は、
ゆっくり休養しなくちゃ

昨夜の夢の中でも体調を崩して、
インフルエンザになっていたり
何かの悪い前触れかもしれない…

今日も服装に悩んじゃったけど、
ウールの半袖という中途半端な感じ…

今日は土曜出勤で、
通院も様子見デーだったので、
久々に職場に直行

あまりに久し振りすぎて、
土曜日のシャトルバスの
時刻表を間違えちゃった

職場に着いてから大パニック
今日は土曜日で人手不足のため、
ベテランは、カタブツの先輩と
私の2人だけでしたΣ(・д・;)

というわけで、今日は久々に
朝一からのお仕事だったのに、
一気に3つもルーチン業務を
振られてしまいました

それで、朝一からお昼まで、
てんてこ舞いだったよぅ(*>_<*)
責任を感じながらフル稼働
働いた感たっぷりでした(^▽^;)ゞ

でも、これだけ集中して頑張ったら、
土曜日でも来た甲斐があったなぁと、
何となく達成感を感じられるよ(^-^)
ちゃんと上司の手助けもできたしね。

これで、もし、今日も、
普通に通院日だったら、
どうなっていたんだろう

それこそ遅刻して来た事を
恨まれちゃいそうだよね(>_<)

これまでいっぱい遅刻して、
引け目を感じていたけれど、
今日は一気に名誉挽回だよ

本当に頑張れて良かったなぁと思います☆

こういう人手不足な時にこそ、
役に立てると嬉しくなるよね

今日の午前中は大忙しだったけど、
しっかり役目も果たせられたし、
何だか清々しい気分になれました(*´ー`*)

午後は、のんびりできたよ

最近、ランチタイムで、
ドトールのロイヤルココアを
飲むのが楽しみなのだ
甘っとろくて美味しいんだぁ♪♪
お砂糖いっぱいだと思うけど…

貴重な週末2連休が潰れるのは
大きな痛手だけど、土曜出勤は、
こじんまりしていて悪くないよ
平日はバタバタしているからね。。

ふぅ〜
今日は短めだけど、
もう頭が働かないので、
そろそろ寝ます{[(c-_)]}o○

おやすみなさい
*不思議な人
2009年10月02日(金)
はふぅ〜

昨日から体調がダウンしてしまい、
今日も1日が精一杯でした(×o×)

久々に首も重たく感じたし、
病院から職場までの道のりが
とっても長く感じちゃった…

身体のSOSサインかなぁ(-ω-;)
今週は外来があった影響で、
明日も土曜出勤なのだ

さっさと日記を書いて、
今夜は早めに寝るぞぉ

昨夜もヘンテコな夢を見ました。。
またまた2本立てで、1本目は、
大好きなおにいたまとデートで
映画を観に行って、観終えた後、

「もう1本観たいねぇー(^^♪」
「うん。じゃあ、2本目はおうちで観ようか?」

こんな甘い会話を交わしていました
きゃー夢の中で妄想しちゃってるよ

そして、もう1本目の夢ですが…

なぜか葬儀屋さんの司会を務め、
そのシナリオを覚えるのに苦戦
ただでさえ私は上がり症なのに、
大勢の人前でこんなの無理だよー
とパニックになっているところで起床。。

抗鬱剤の影響か、本当に
ヘンテコな夢ばかり見ます(^_^;)ゞ
それでも、ぐっすり熟睡

今朝も起きるのが辛かったよぅ

今日も複雑な心境で病院へ…

今日は一段落する自信満々だったけど、
今日でお別れだと思うと淋しかったり
何度も出会いと別れ?を繰り返す事は、
けっこう精神的に響いてキツいのだ(>_<)

今日は降水確率70%の
本降りの大雨だったので、
傘を差しててくてくと…

ムンムンしているようで、
バスの中とかクーラーに当たると
ブルブル震えてしまって、
体温調節が難しい季節だねぇ。。

9時すぎに病院に着いて、
今日も肩身が狭い思いで
職場に遅刻の連絡をしました

今日、お仕事中、お仕事仲間が
私用のため早退手続きをしていて、
その方法を聞かれたので教えたら、
近くに居た上司に、笑いながら、
「○○ちゃんは、いっぱい遅刻&早退していて、
プロだもんねぇ〜不良なんだからー」って、
からかわれてしまいました(;´▽`A)

その時は一緒になって笑えたけど、
やっぱりズキンと来る言葉です(・・、)
いくら病気で通院していると言っても、
遅刻は遅刻、早退は早退、だから、
普通に通勤している人たちと比べたら、
私は超不良なんだろうなぁ(つω-`。)
仕方なくても、やっぱり気にしちゃう…

そういう意味でも、病院に居ると、
ホッと安心できて落ち着けたりします。
鬼主治医に保証して貰えているから…

でも、その鬼主治医は、
謎が多くて不思議な人なのだ(゚-゚;)
そこが魅力的で、その
飄々としたところも好きだけど…

今日も改めて再確認しました。。

9時から外来診察スタートで、
待合室は患者さんでいっぱい。
お医者さんが診察を始める中、
鬼主治医の声は聞こえません

いつも遅いんだけど…
今日も9時半スタートなのに、
ずーっと待たされて、
結局10時すぎスタートでした

時間にルーズなのか適当なのか…

ただでさえ、一昨日の診察の時に、
今日は患者さんが多いと嘆いていたのに、
それなら張り切って早めに始めるとか
すれば良いのに…逆に遅いスタートだよ

鬼主治医は、ひょっとして、
O型なのかもしれない(^_^;)ゞ
いつもおっとりしているし…

そう言えば、9月の連休中に、
また散髪に行かれたみたいだー
4年前の顔写真と比べたら、
白髪と薄毛が目立ってきてる…
老化してきているんだなぁ(・・、)

だいたい月に1回行くんだね。
お医者さんのお仕事だから、
身だしなみには気を付けていそう。
中には、だらしない人も居るけど…
鬼主治医はジェントルマンだもん(^^♪

今日は複雑な心境だったので、
待ち時間中にそわそわしながら
考え事ができて良かったけど…

いつもの看護師さんが、
いつものようにバタバタ
待合室を走り回ってた。

お隣に座っていたおばあちゃん2人が、
お喋りをしていて盛り上がっていたので、
それをずっと傍で聞いていました(^-^)
1人は乳癌を患っていらっしゃったのに、
本当に明るくて元気で感心しちゃったよー

「もう死んでも良いと思ってるわー」
と笑顔で言ったら、もう1人の人が、
「でも、病院に来ているという事は、
まだ生きていたい証拠ですよねぇ。」
って…うん。それはごもっともです!!

その2人に共通している点は、
長く生きていながら、それまでに
一度も病気になった事がなく、
それまでずっと直向きに頑張って
いた事があったという事です。

例えば、身内の介護に
献身的に努めていたとか…
お仕事一筋だったとか…

そういう真面目な頑張り屋さんに限って、
コロッと大きな病気になったりするんだよね。
私も同じ境遇だから他人事に思えなくて…

それでも、こんなに笑顔で語られると、
本当に凄い人だなぁとしか思えません。
そこに至るまで苦労したのかもしれないけど…

やっぱり、病気を患いながらも
長生きできる秘訣は、前向きに
笑顔で闘病できるという事かな??

外来だと、なかなか直接的には、
他の患者さんと触れ合う機会はないけど、
それでも患者同士として励まされる事も、
けっこう多々あり良い経験です

そんな感じで、10時すぎから
ようやく鬼主治医の診察スタート
私は即2番目に呼ばれました。

外科外来は1診〜5診&処置室で
診察が行われるけど、今まで唯一、
2診だけ診察を受けた事がなくて、
ちょっぴり気になっていたら、
今日は珍しく2診での診察でした♬

これまで、鬼主治医の声は、
なんて癒し系なんだろうと
うっとり惚れ惚れしていたんだけど、
その診察室のアナウンスの
マイクの音質にも関係あったみたい☆

2診のマイクの音質は、
一番良くないみたいで、
今日の鬼主治医の声は、
変に響きすぎて変声で笑えました

一瞬、誰っって思っちゃったもん
そこまで察知できる私もスゴイけど(^_^;)ゞ

診察室の中に入るなり、
看護師さんに「どうぞー」と
案内されて準備する事に…

その間に鬼主治医が大きな声で、
「さーてと、1日置いてみて、
どうなっているかなぁ〜」と、
うきうきしながら独り言(*・_・*)ゞ

今日は何やらご機嫌みたいだぞぉー

そして、私がベッドに横になって、
あまりに鬼主治医が楽しみな感じだったので、
前もって「もう閉じたよ。」と言ってみたら、
「えっ?痛くなったって?」って(゚-゚;)

先週の医員さんと言い、
どうしてこう噛み合わないんだろう
お医者さんって、常に、
痛いか痛くないかしか
頭にないのかなぁ(-ω-;)

そして、ガーゼを取って患部を見た途端、
私は「もう塞がりましたね。」という言葉しか
予想していなかったんだけど、なんとっ!!

「あれっ、赤くなってる。。
やっぱり1日置いてマズかったかなぁ」と
急に焦り出していました(・д・;)

なぬっ
そういう展開もあるのかぁ
穴しか見ていないと思ったら、
患部の赤みも見ていたとは…

ちょっぴり落とし穴にハマった気分でした

それで、大慌てで処置をしてみたけど、
「あれ…でも、穴は閉じ掛かっていて、
針の先くらいしか入らないぞ…」って

なんだぁーやっぱり塞がっていて、
処置する必要もないんじゃない(>_<)
何だかわけが解らなくなってきたー

しばらく処置を続けていたけど、
鬼主治医は「もう止めておこう…」と
苦戦して途中で断念していました。。

今日も何度か痛みを感じました(T_T)

よく解らない診察だったなぁ(゚〜゚;)

そして「日にち…どうしようかなぁー」と悩み、
「土日開けて月曜日にしようかな。」って事に。

結局、また一段落が延びたよ(+ー+*)ゞ
なんか騙し騙しな感じみたい…

着替えている間に、また
鬼主治医の大きな話し声が聞こえて、
いったい誰と話しているんだろうと、
着替え終えた後にカーテンを開けて、
じぃ〜っと見ていました。

どうやら、一番最初の
優しい看護師さんが現われて、
その人に今日の診察について、
一生懸命に説明していたよ。

その看護師さんは、しょっちゅう
私の処置に立ち会ってくれているから、
説明しておこうと思ったのかなぁ??

それにしても…

「今日は赤くなっていて、
処置をしてみたんだけど、
針の先くらいしか入らなかったんですよー
きっと次の月曜日には完全に
塞がっていると思うんですけどねー」
って、大きな身振り手振りで…

それは、看護師さんよりも、
患者である私に説明すべき
事ではないのかなぁ(・−・;)

看護師さんに説明して何になるんだぁ

その光景、何となく、
子供が必死になって
言い訳しているような
そんな姿に見えたよ

鬼主治医、今日の処置が
よっぽど気に掛かったのかなぁ…
本当はもう一段落しても
おかしくなかったもんね…

鬼主治医はお喋りさんだから、
口に出して言いたいんだけど、
私には気まずくて言えなくて、
看護師さんに言ったのかなぁ??
お話したがり屋さん??(-∀-;)

それで、キョトンと立ち尽くして、
鬼主治医と看護師さんの会話を聞いていた
私に気づいて鬼主治医が振り向き、
「あ、じゃあ、また月曜日にね。」と
何事もなかったかのように言って、
その後は机に向かって次の患者さんの
カルテを見て「おっ、もう結果が出てるー」
とケロリと言っていました(・・。)ゞ

やー、本当に鬼主治医って、
不思議な人だなぁ(´ー`;)
なんかおこちゃまみたいだ。。
いや、お坊ちゃん??

いや…お互いにお互いを
子供扱いしている感じ(^▽^;)ゞ

マイペースだよねぇ
一緒に居て飽きなさそうだ…

最初はカタブツっぽいイメージだったけど、
今ではヒョウキン者のイメージだよ(^_^;)ゞ
私に対しては、よそよそしい空気だけどね

よく解らないけど、楽しいなぁ♪♪

いっぱい待たされて時間もギリギリで、
お仕事へ行くのが億劫になっちゃったけど、
今日も鬼主治医とまったり?過ごせて、
何とか元気パワーを補充できました(。ゝ∀・)ゞ

とは言っても、やっぱり、
今日は体調不良のため、
あんまり頭が働かなくて、
お仕事も冴えなかったよ

今日は反省してばかりでした(_ _。)

引き続き明日も土曜出勤だけど、
大丈夫かなぁ…心配です(*>_<*)

と、体調に不安を感じながらも、
今日は思い立ったように寄り道

私の大好きなレベッカテイラーへ
ぼちぼち秋冬物が入荷されるかなぁと
チェックしに行ってみたらビンゴ

私の大好きな淡いピンク色の
アンサンブルを発見(≧∀≦)♪

レベッカテイラーの淡いピンク系は、
ほぼ全てと言って良いほど絶対買い
ただでさえウールの入った秋冬物で
ピンク系は、とっても珍しいからね

レベッカテイラーのアンサンブルは、
カーディガンとインナーと別売りで、
合わせると、けっこう高いんだけど、
今日は偶然にも2割引きセールだったよ

今後入荷予定のカタログも見せて貰ったけど、
なかなか淡いピンク系のお洋服はなかったので、
ここは買っておかなきゃと思って決心したよ

インナーはラスト1点のみでした☆

これが今日のお買い上げアンサンブルです♪♪
(画像が暗くて地味な色に見えちゃうねぇ><。)



綿&毛の薄手のニット素材で、
カーディガンもインナーも
ビーズのラインがポイントです
私の好きなパフスリーブもgood

更に、それぞれ、
カーディガンは、
大きなハートの第一ボタン、
インナーは、バックの
3つのリボンがキュート

レベッカテイラーは、今年から、
ロゴが小文字から大文字になり、
コンセプトも大人可愛いキレイ系に
変わってからも可愛くてお気に入り
以前のガーリー調も好きだったけど♬

縫製も素材の風合いもお上品で、
今後も長く大事に着れそうだよ

大きなお買い物もしちゃったし、
お仕事を頑張らなくちゃね(・Θ・ゞ)


P.S.
今日のトップのお写真は、
お気に入りのマイゴミ箱です
キティちゃんで可愛すぎて、
ゴミを入れるのがもったいない

でも、ゴミを入れるのが楽しくて、
お部屋が綺麗になった気がします

こういうところは、
子供みたいに単純(^_^*)ゞ
*秋眠zzz
2009年10月01日(木)
今日から10月だねぇ
もう正真正銘の秋だよ。
まだ微妙に暑いけど

今日は中休み(*^。^*)
病院も様子見デーなので、
丸1日ゆっくりできたよ☆
久々の休養日だぁ

ぐっすり熟睡できるようにと、
昨夜は抗鬱剤を3錠飲んだら、
お昼まで見事に大爆睡でした

やっぱり変な夢も見ちゃったけど

昨夜は高校時代の元彼が
久々に夢の中に出てきたよ
デート後、私の家で宿泊。。

嫌ぁな夢だったよぅ(>〜<*)
最近ラブラブ不足だからかな…
本当に悪夢のようでした。。

2本立てで、もう1つは、
なぜかのりピーが私の姉で、
驚異の魔力をゲットして、
「お姉たま、大変な事になっちゃったねぇ」
とメールしていました(^_^;)ゞ

これもヘンテコな夢だったよ

でも、夢に夢中になれるくらい
ぐっすり熟睡できて気持ち良かったぁ♬
眠れる時には集中的に寝たいよね

お昼の12時すぎに起床して、
軽く朝ご飯を食べてから、
思い立ったように郵便局へ

ハロウィンプレゼントを送りに

近所の郵便局の場所を知らなくて、
ママに簡単な地図を書いて貰って、
久々にmiho号に乗って冒険して来たよ

miho号、だいぶホコリまみれで
薄汚くなっちゃっていたよ
いつか本格的に磨かなきゃ(-ω-;)
ずーっと乗っていなかったから、
空気も減って重たかったし(>_<)

いつも自転車に乗る時には、
必ずジーパンを履くんだけど、
久々に履いたら疲れたよぅ

普段、スカートonlyなので、
ジーパンは重くて歩き辛い…
普通、パンツの方が楽チンって
言われるけど、私は断然に
スカートの方が履き慣れているよ

今日は変なお天気で、
曇ったり日が照ったり…
私が外出した時には、
日が照って暑かったから、
帽子を被って行きました。

郵便局はすぐ見つけられたよ
いつも駅前の本局に行くから、
街中の郵便局は小さくて可愛い
普通に民家かと思ったよ(・∀・)

無事に郵便物を出して、
帰りは近所のパン屋さんで
ランチのパンを買って、
おうちに着いたらクタクタ

お散歩がてらのつもりが、
大運動になっちゃったよ(^_^;)ゞ
でも、用事を済ませられて、
スッキリして良かったぁ☆ミ

お昼ご飯を食べた後も、
急に睡魔に襲われて、
2時間くらいお昼寝(*_ _)。o○

今日は何となく身体が怠くて、
異常に眠たいなぁと思ったら…

やっぱり!!

一昨日だったかメイクの乗りが悪くて、
お顔にニキビ(吹き出物)もできたり、
お腹も張ったり変だと思っていたら、
やっぱり!!生理になっていました

その影響か、胸の症状の方は、
ちょっぴり治まっているのだ。

普通、生理で胸が張ったり
しやすいけど、乳腺症は、
生理になる2週間前くらいに
症状が悪化しやすいんだって。

そう言えば、再発したのも
ちょうど2週間前だなぁと思い…
月経と密接に関わっているの。。

という事は、生理になった今日から、
最低でも、あと2週間は安定期で、
次の生理の2週間前は要注意って事

胸が痛んできたら生理前って事か…

そう分析してみる事も
自己管理の一つだけど、
何だか先が思い遣られるよ

これを機に、今までできなかった
生理の記録をきちんとしようかな…

何はともあれ、今日は1日、
いっぱい休養できて良かったです
やっぱり睡眠が一番だねぇ

明日も病院&お仕事デーだけど、
恐らく、外科外来の方は、
明日で一段落しそうかなぁ…
もう穴も塞がっているし、
次はまた再発した時にって…

それを告げられる瞬間って、
けっこう淋しくなるけど、
いつかは訪れる事だからね。。

しっかり自己管理を頑張ります

今日はいっぱい寝すぎたから、
今夜はあんまり眠れないかも

P.S.
今日のトップのお写真は、
おニューのメガネケースだよ
ピンクのキティちゃん顔です♪♪

メガネは茶色っぽく見えるけど、
実は真っ赤なフレームです(*^_^*)

ケースもメガネも
可愛くてお気に入り
m a i l



My追加
* HP *  * mail *  * new *  * old *  >>   * menu *  <<