うずまき日記
 < 過去  目次  未来 >

2005年06月30日(木) 南無阿弥陀仏。

一昨昨日の日記で無塩バターが無縁仏になってまってたので訂正。
某氏、ご指摘ありがとう。
誤変換ってのは・・・下手すると納得しちまうようなもんがあるから困るやね(^^;

鶴岡の親戚が山形市のなんちゃら言う施設の場所を聞きに
電話かけてよこした。
なんでうちによこしたんだろう?
山形にも親戚居るんだから、そっちに聞けばいいのに。
うーん。母の血族、私も含めて漏れなく全員方向音痴だから、ちっと怖いな・・・。
いつ行くんだかしらないけど、無事に着いてね・・・。



2005年06月29日(水) 根無し草。

「古道具 中野商店/川上弘美」読了
中野さんのお店は古物商ではなく古道具屋。
骨董価値のない、ちょっと古い様々なものを扱っている。
ちょっと変わったお客やらちょっと変わった店員たちの
中野商店での日々。

相変わらず登場人物がふよふよと漂っているような作品。
どこかしら病んでるような気もするんだけど
まあ、人間なんてこんなもんなんだろう。
傍から見たらみんなどっかそっかおかしいもんだわ。



2005年06月28日(火) 高気圧ガール。

起きて30分後くらいに戯れに血圧を測ったら
エラーが出て測れない。
何度かトライしてみたら上80の下60だった。
いつの間にこんなに下がったんだー。
もともとそんなに高いほうじゃないけど100は越してたはずなのに。
ちなみにさっき計ったら109の79でした。
ちょっと正常。
朝はあんなもんなんだろうな。
まあ、身体的に問題ないからよし。



2005年06月27日(月) 身近な魔窟。

冷凍庫から氷を出そうとしたら保冷剤が転げ落ちてきた。
なんか・・・うちの冷凍庫、保冷材が一杯入ってるんだけど。
あんまり使わないんだけどねぇ。
まあ、夏場、パソ子さん冷やすのに便利っちゃ便利だけど。
ごそごそやってて、ふと無塩バターが一包み入ってるのに気づく。
最近、お菓子なんか作ってないし、いつ買ったっけ?と
消費期限を見たら・・・90.2.6.

これはちょっとやりすぎだろう・・・orz



2005年06月26日(日) かいかい。

日向でドールの写真撮りしてたら日焼けました。
かいかいです。
ここんとこ収まってたんだけどな。
また長袖着てなきゃならんのかしらん。
日差しに慣れるまでだからほっててもいいか。
んむ。母者がガーデニングやってる叔母さんに庭の改装のこと話したら
プランター作ってくれるってことになったらしい。
せっかく作ってもらっても、うちにくると様変わりするからなぁ(^^;
ガーデニングの本ももらってきたけど
うーん。私にはガーデニングの楽しさってわかんねー。
和風の庭のがいいなぁ。
ひらひらしてなくて。



2005年06月25日(土) 耳?

なんだあの新型新幹線は・・・。
あんなぴらっとしたものでも減速効果あるのか。
・・・非常ブレーキ時だから普段は出ないんだよね?
いや、入線時にあの耳立ててホームに入ってくるの見たら
笑うだろうなー・・・と思ってさ。
んー。あの顔の四角さから見ると
猫っつーより犬か狐なんじゃなかろうか。
ブルテリアっぽい。



2005年06月24日(金) ぷるぷる。

なぜか寒天にはまったらしいうちの母。
ここ数日、ご飯に混ぜて炊いてるんですが、どうもおいしくない。
なんつーかぼそぼそ、ごそごそするというか
ご飯粒の間に、なにかつなぎがまぶされてるような感じ。
しかも寒天混ぜ始めた日にお米も変えたから
原因が寒天なのか米なのかわからない。
で、ためしに寒天なしで炊いたら、おいしいお米でした(^^;
というわけで残った寒天は牛乳かんにでもして食べます。
のっけからイキナリ分離して寄せ寒天状態だけどなー・・・orz



2005年06月23日(木) 看板に・・・。

どこが「恋に落ちたら」だったのかと。
今期、唯一見たのは鈴木島男のドラマでした。
結構面白かった。タイトルに反して
ほとんどラブストーリー的なもんがなかったのがよかった(^^;
人間そうそう変わるもんかい!ってな部分もありましたがな。



2005年06月22日(水) 過ぎたるは・・・。

たまきた〜ん。
ガセビアの泉、ちょっと最近シチュエーション狙いすぎ。
たまきたんもいいんだけど、たまに知世ちゃんとか出してくんないかなー。
ツボる方々は一緒のような気がする(^^;



2005年06月21日(火) うーむ・・・。

書くネタがないと更新がそこで止まる(^^;
はい。何もない日でございました。



2005年06月20日(月) 花買い。


母者に連れられてホームセンターに花を買いに。
何がいいって言われても・・・。
うちの庭って元々花のない、緑ばっかりの庭だから
あの庭に似合いそうな花って想像つかんのだが・・・。
しいて言えばちびの頃に咲き誇っていた白と赤の芝桜か。
でももう芝桜の入り込む余地はないしなぁ。
ってことで・・・名前忘れた。
赤いのと青いのと黄色いのと白いの買ってきた。
あと、別の店に行って上の写真のヤツ。「ランタナ」って言ったかな?
んむ。花売り場上空をカラスが2羽、低空飛行してたんですよ。
そしてありえない至近距離からもカラスの声が。
どうも子ガラスが落ちたらしくて、花の中にカラスが・・・。
雷も鳴ってたしねぇ。慌ててしまったのね。私たち。
帰ってプランターに植えてみたら、なんだからそれだけ浮いてる。
単体で見ると変わってて面白い花だったのに。
最大2メートルくらいまで育つらしいけど・・・ちょっと困るかも。



2005年06月19日(日) 雰囲気は太平洋。

「弘海・息子が海に還る朝/市川拓司」読了
僕の元にやってきた弘海、僕の息子。
生まれた時からなんだかこの星の言葉や重力に馴染めないような
不器用なちいさなエイリアンみたいだった弘海。
新しい世界へ行っても、君は僕の息子だよ。

「いま、会いにゆきます」は映画しか見てませんので
原作がどうか知らないけど、あれもこれもなんだか
「あれー?これどっかで読んだけど誰の本だっけ?」って気分になった。
気のせいなんだけどさ。どうも既視感がぬぐえない。



2005年06月18日(土) 昔話。

「むかしのはなし/三浦しをん」読了
3ヵ月後に隕石がぶつかりそうな地球上のあちこちで起きる物語。
かな?
短編集で。連作じゃないな。世界観は一緒ってだけ。
これも・・・読めるし、面白い部類に入るんだけど
各章冒頭に昔話のあらすじが書いてあって
この章の物語はこの昔話へのオマージュになってますよ
ってことらしいんだけど・・・。
この手合いのは、私は、読まないほうがいいんだな。
こないだの「ミヤザワケンジ〜」といい
まったくもう。



2005年06月17日(金) 怖いもの見たさ。

「異界からのサイン/松谷みよ子」読了
ちょっと、油断しました・・・orz
筆者の名からの判断で民話かなにかの聞き書きかと思ってたんですが
聞き書きは聞き書きでも、霊体験(しかも最近)のお話でした。
まあ、恨みつらみの幽霊譚ではなく
死に臨む縁者や、物言わぬ猫や何かからのメッセージだったんですが
やっぱり怖いもんは怖かった・・・。
そういえば「新耳袋」まだ刊行続いてたのねー。
もう、アレは怖すぎて読めない・・・。
さわりをちょっと立ち読みくらい・・・でも後で来るンだよな・・・。



2005年06月16日(木) 混乱。

この30数年間刷り込んできたものを
自ら転覆させるようなことをいきなり言われても
こちらは困惑するばかりです。



2005年06月15日(水) そこにある危険。

なんだか最近、走ってるものはぶつかるし
飛んでるものから何か落ちるし・・・。
ちょっと大変じゃございませんこと?
何が危険なのか、ちょっと判断つかなくなってる感じ。
どこもかしこも危険ばっかり。
とりあえず飛行機には乗る予定ないから・・・でもなぁ。
何か落ちてきたら逃げらんないよね(^^;



2005年06月14日(火) ミシン目。

シャーリングゴムの縫い付け方してて
なかなか上手くいかなくてやけっぱちでやってたら

爪縫った。

ちょっといやーな汗かきました。
肉は無事ですw

母者が足指の先に魚の目ができたとかでイボコロリ出動。
1週間くらい貼ってたのかしらん。
結構きれいに取れるもんなのねー。
わしの足の裏ももっぺんやってみようかしらん。
土踏まずの魚の目・・・。
歩くのに支障ないってことは
べた足だと思ってたけど違ったのかな(^^;



2005年06月13日(月) 腐乱ちゃん。

ちょっといろいろあってクサってまーす。
梅雨時だからねぇ・・・。




って違うだろうが(^^;



2005年06月12日(日) 見分け方。

テレビを見ていてふと気づく。
上野樹里と石原さとみの区別がついていませんでした。
あっれー?(^^;
ジョゼに出てたのって今の今まで石原さとみだと思ってたー。
上野樹里のほうだったのねー。
パンフレットも読んだのに、どこで思い違ったんだ・・・?

なじみの豆腐屋さんがなくなってしまって
我が家では冷奴に対する欲求が高まっているようです。
出かけるたびに様々な豆腐を大量に買ってくるのはやめぃ。
わたしゃ、あすこの豆腐屋さんのだからお付き合いしてたけど
冷奴ってそんなに食べなくっていいですから。
しかもまさしく豆腐の味のする豆乳まで買ってくるし・・・。
「あんた飲むでしょ。」って、そりゃ飲むけど
私1人しか飲まないのに1リットルって・・・しかも豆腐味・・・orz
体にはいいんだろうけどさぁ・・・限度ってもんが・・・。



2005年06月11日(土) 体現。

母に付き合って庭の草花の植え替え作業。
車庫からスコップを出そうとドアノブに手をかけようとしたら
・・・なんかある。
ちっちゃい粒々が集まった直径2cmくらいの塊。
うわー気持ちわりーなんだこれ卵かー?と
軍手の先で触るか触らないかのうちに、ざっ!と
動いたんですよ。散らばったんですよそれが!
蜘蛛の子だったんですよ。
蜘蛛の子を散らすってのはほんとに散るんだなと。
気持ちわるかったっすー・・・・・・orz
鳥肌立っちゃったよ。ちっちゃい粒々ってキライ(T_T)




2005年06月10日(金) 謎が謎呼ぶ。

「ユージニア/恩田陸」読了
ある町で大量毒殺事件が起きた。
子供の頃、それに巻き込まれた少女が大学生になり
その事件を自分なりに調べて、1冊の本を出版した。
本当の犯人は、あなたなのではない?
そうなの?返事はいらない。
私はこの本に何も篭めてはいない。
「Q&A」に手法は近いかな?
それぞれの関わった人たちの証言でつづられる一つの事件。
体験した者達の話す言葉は、すでに事実ではなくなる。
それぞれの者達の主観が入り混じり、それはもうフィクションでしかない。

お風呂場の電気の球が切れて真っ暗しまでお風呂に入ってみました。
茶の間から入る光もあるし、外の街燈の光もあるし
ほんとに真っ暗になるには停電にでもならないとダメみたいね(^^;



2005年06月09日(木) 拍子抜け。

昨日の日記に追記しようと思ったけど
めんどくさくなっちゃったから今日のでいいや(^^;
結局勝ちやがってつまらんのぅ。
しかも本戦、来年なんだって?気の長い話だ。
しっかしさぁ。予選ごときでこんなに大騒ぎするなんてさ
要するに「予選突破が関の山」って思ってるってことでしょ?
本戦でもいいとこ行けると思ってたら予選なんか勝って当然じゃん。
まあ、せいぜいがんばんなさいね、と。



2005年06月08日(水) 無観客試合。

言いにくいよね。ムカンキャク。
負ければおもしろいのに。
こんな早くに結果出てしまうより、他国の結果をびくびくと見守る方が
何かと「悲愴感溢れる画面」を喜ぶマスコミ各社様向きなのでは?
スポーツ中継って実況アナウンサー居ないんならテレビ点けててもいいけど
それにしたってサッカーっておもしろくねーもんなー。
野球のがまだマシ。



2005年06月07日(火) むかつく・・・。

「たまたま・・・・・・/大道珠貴」読了
30間近の不倫女の話。
なんつーかなー・・・。
どうもおんなじ作家ばっかり読んでもしょうがないと思って
手当たり次第にタイトルとパラ見でいろいろ借りてみてはいるけど
アタリがなかなかないんだよなー。
結構しんどい。

仙台に最速の新幹線の試験車両が来たとか。
新幹線ってでっかいよね。
そう思うのは、ミニ新幹線ばっかりしか乗らないからかな(^^;



2005年06月06日(月) 山田くん。

最近、氷川きよしがお気に入り。
いやまー。歌はあんまり聴きませんが、キャラクターがいい感じ。
あのそらっとぼけた雰囲気とか
結構身長あるのにそうは見えない身体バランスとか。
最近はかゆみ止め?のCMでうれしそーにくらげ突っついてる姿に
迂闊にも萌えてしまいました(くらげ込みでな)
「きよしとこの夜」は毎週見てまっせー(^^;
んむ・・・。
4様やらなんやらより、こっちのが私はいいなぁ。



2005年06月05日(日) 文豪。

「漱石先生大いに悩む/清水義範」読了
ある人から一通の書簡を預かった。
毛筆で巻紙に書かれたそれを読み進めるうちに
これは件の「吾輩は猫である」に関わる重大なものなのではないかと思い至る。
虚の章と実の章。
入り乱れて100年前の「吾輩」の書かれた経緯を探ってゆく。
うむ。夏目漱石というと
眉間にしわ寄せた悩める大文豪というイメージが一般的でありますが
そんなことはないだろうと。
どうだ俺はこんなすごいものを書いちゃったんだぜふふん。
という漱石だってあっただろうと。
清水氏はそんな姿を書きたかったんだそうだ。
確かにね。
結構、漱石氏は変わりモンで楽しい人だったんではなかろうかと
最近ちょっと思うよ。
「吾輩は猫である」読んでみないとなー。
内田百里痢峇羣邯稠擇惑である」は読んだんだけどね(^^;



2005年06月04日(土) 日差し。

家人の留守をついてピンキーとユノア持ち出して庭で撮影。
お隣のおばさん。こっち見ないでね。
通りすがりのおじさん。覗き込まないでね。(^^;
室内よりも光源は強いのでやっぱり撮りやすい。
けど、お昼間近では向きがよろしくなかった・・・orz
アルミホイル製のレンジパネルでも買って来て簡易レフ板作るかな。
うーむ。平坦な場所ならさすがユノアしっかり立つんだけど
土の上では不安定であった。
あー・・・。コンクリ上での転倒でなくてほんとによかった・・・。
で、1時間に満たない野外活動で日焼けてカイカイになってたり。
どーもダメだねぇ・・・。



2005年06月03日(金) 解釈の違い。

「ミヤザワケンジ・グレーテストヒッツ/高橋源一郎」頓挫
表紙の絵がキライ。挿画もイヤ。
文体も合わなかった。
その上、各話のタイトルが宮沢賢治の童話のタイトルになってるもんだから
段々、腹が立ってくる。
別に宮沢賢治を信奉しているわけではありませんが。
高橋氏の文を面白いと感じる人にとっては面白い一冊なのかも。
私は途中放棄。
ぽつぽつ読めるのもあったけど、ふとタイトルに気づくと
「なんでこの話で、この題がついてんだよ」とむっとする(^^;
人それぞれなんだけどねー。



2005年06月02日(木) 犬。

「イノセンス/山田正紀」読了
映画イノセンスのサブストーリー・・・となるのかなぁ?
んー・・・映画のイメージが強すぎて
うー・・・ん。
私にとっての攻殻機動隊は原作コミックでもなくノベライズでもなく
押井アニメで完結している様子。
これはこれで面白かったけどね。
ただ、文字で心情等を書き綴られてしまうので
そこに固定されてバトーが非常に弱々しい気がして・・・(^^;
淡々とした無表情の下にはこんなに右往左往する感情が潜んでいたのかと。



2005年06月01日(水) 近くば寄って。

目にも見よ。
ではなく。
著者近影とかの「近影」って
最「近」撮「影」した写真の「近影」だったのね。
いや、当然といえば当然なんだけどさ。
バストアップ写真が多いから、近くから撮った写真なのかなーと
う・・・・・・っすら思ってました(^^;


 < 過去  目次  未来 >


ちゃい [MAIL] [HOMEPAGE]