since 2003

みけねこ庵

INDEXpastwill
2004年06月30日(水)  正直しんどい・・・桜井淳子嬢。

 またもや人妻。
 ちょっと口調が改まっていて、役者仲間の後輩風な、普通に「遊びに行ってみました」的な感じでした(←どう表現していいかわからん;)。
 【堂兄】の時も思ったけど、桜井さんって気さくに話しかける方で、常にニコニコしてらっしゃる、とても明るくて取っ付きやすそうな人ですね。
 剛さんの緊張が伝わってはくるんだけど、さらっと進行している感は否めない。こう……起伏がないんですよ、三十分の中で、「くぅ〜」とか「ひゃあ〜」とか悶えたくなる場面がない(アホとしか言いようがない;)。

 一応かいつまんで、とにかく書け!の精神で、行ってみよう(気合い入れてるんです;)。

 ほんとにね、スタジオの“ヒゲあり剛さん”がダメ出ししたくなるのわかりますね。熟年デートでしょ、あれは;
 鎌倉でお寺の境内を散策。
 個人的には好きさ(苦笑)。でも、これから!なカップルには盛り上がる要素は皆無ですわな。剛さんも話題がなくてお困りでした;
 それにしても、せっかく桜井さんがお着物姿なんだから、剛さんも着流し姿にしてみればよかったのに。昼間っからは、ちと恥ずかしいかもだけど。髪の毛、侍スタイルなんだし、似合うぞ、きっと。
 お抹茶。
 ……桜井さん、なぜに余分に入れちゃうんでしょ?(笑)。面白い人だなあ。天ぷらの場面見てても思ったけど、そんな器用な人ではないのね(失礼ながら)。ドラマよく出てるし(『おみやさん』面白い)、仕事が忙しいからかな(いや、やれる人はやる。さり気に毒や;)
 弓道。
 剛さんは確かに【Gyu!】でやってましたが、あの時わりとできてたような……大変そうだったけど。
 今回、姿勢がめちゃくちゃ; 腕の力が弱い剛さん、誰かもう少し指導してやってください。(偉そうに書いてますけど、わたくし未経験者。爆)。
 けん玉。
 剛さん、上手い! なんで【堂兄】ではできなかったの?(タキ翼ゲストの時)。
 天ぷら。
 桜井姉さんに、今回のデートっぷりを褒められ、テレテレの剛さん。
「そんなこと言われたら、スパッと切りますよ」と、何気に返してましたが、内心はどう思ったかな?
 揚げている時の二人はヘタレてましたけど、この番組で料理するとイマイチいけてない結果になりますね。これは一体どこに原因が……。
 ラスト、打ち上げ花火一発。
 中々、スタッフ頑張ったんじゃないでしょうか(ひと玉いくらだろ? けっこうするのかな?)。

 でも、“しんどいスタッフ”の中に、剛さんにデート指南できる人は、ほんとにいないのかもしれません;(主旨がわからん)。
 来週は、またもや“美少女アイドルDVD”を見せられるんですか? 剛さんが引いちゃうようじゃつまんないからなあ……。


 



2004年06月27日(日)  堂本兄弟・・・少年隊。

 ゲストが少年隊ということで、トークは面白いだろうと思う反面、キンキさんズは横で笑ってるだけだろうなあと、あんまり期待しすぎないようTV前にスタンバりました。
 しかしですね、剛さんが髪切ったぞ、という前宣伝があったわけで、すでにボルテージは上がってるものだから、ジャンクションのときから眼が釘付け。なるべく自分を客観視しないように努力しました(絶対傍からみたらマヌケ;)
 でもOA見てるときは、ずっと剛さんに眼が行くかと思いきや、気がつけば光一さんばっか見てた。
 まあ、思ってたとおり、アニキたちが暴走しまくってたので、二人は横できゃらきゃら笑ってただけで、剛さんなんか、しゃべんないからあんまり映らないしね; その分、光一さんが参加してて面白かったですが。
 なんせ、カッチャンのケラケラ笑う声がおかしくて。あの笑いにつられて、こっちまで笑ってしまう。
 剛さんもね〜、膝ぺちぺち叩きながら笑ってたしねv(でも今回は“オネエ”笑い炸裂! 片手、両手使って可愛いったらありゃしない)。

 少〜し、ビジュアル検証。
 髪型は、一度二人で色違いのお揃いっぽいのしてみないかなあと、勝手に思ってたんですが(剛さんが光ちゃんの黒バージョンでね)、まあ髪質が違うからまるっきり同じはムリでしょうけど、今回の剛さんの髪型は、けっこう想像に近かったです。
 襟足長めのアシンメなカット。
 思ったより癖が強かった(あれは、あてるか、さらに癖付けしたと思うけど)ので、頬や首筋に沿ってる毛先が妙に色気を醸し出してます。
 真っ黒だったけども、あれでメッシュ入れたりして遊ぶと、ミュージシャンっぽくてカッコイイかも。
 今回、衣裳が可愛かったので、全体に可愛いオーラが出てましたけど、去年とは明らかに色気が勝ってます。これはライブで悩殺されること、間違いなし!(無事に帰れるかしら;)。

 光一さんも少しカットしてましたか(『おすピー』のVと一緒な感じでしたが)。あれっくらいが一番いいですね〜。触覚は長い気がするけど;
 衣裳のジャケットがちょっと野暮ったく見えたかなあと。
 しかし相変わらずヒガシラブなんですね。飲み会の話、二人だけで分かり合ってるし。

 でもね〜、なーんとなくおかしかったのが、アニキたち、キンキに話が向くと、揃ってガン見してるの。中々普段で接点はないんだろうけど、アニキたちの後輩を見る眼が優しいなあと感じました。
 バック転、根性あれば必ずできるって話、カッチャンすごい涙ぐましい努力してたんだねえ。だからって剛さんに強要したくはないけど。あの人は踊ってくれるだけでいいです。アクロバットしなくても全然オッケー。だから踊ってください。切実に思うよ(キンキコンではともかく、TVでは久しく踊ってないよ〜;Mステの硝子の少年? あれは踊ったうちに入るのか?(毒))。


 次回は未公開総集編ということで……せっかくリニューアルした剛さんをまたしばらくお預けですか。
 最近、光一さんもあんまり見ないし、キンキさんの番組増えないかなあ。
 新曲はきっと夏過ぎてからですよね?(シングル、アルバム、光ちゃんのライブDVDと続けて出そうで怖いけど;)。
 アイテムが連続して出るのは正直嬉しいんだけど、やっぱり全国中で見られるのはTVでしょ。何だかね〜すんごく寂しい気がする。



2004年06月25日(金)  ホームドラマ!・・・最終回。

 剛さんのドラマを、きっちり見たのはいつ以来だったかしら?
 と、記憶も定かじゃないほど、久しぶりに全話見ました。
 途中で挫折しかかったけども、最初に突きつけられた“事件”の衝撃と、その後の彼らを追っていくストーリーなのだなと思い、結末を見届けたいなと、珍しく『金曜十時』を頭にインプットしました。
 テーマが“同じ痛みを持つ他人同士が家族として暮らしていく中で、人間っていいなと思えるようなアットホームドラマ”(こういうことですよね?)ということでしたが、最初は話の展開の仕方、将吾のキャラクターなど、ドラマだからしょうがないかと、妥協しながら見ていました。

 それがですね、どこからすり替わったのか、悲壮感は消え去りコメディ色が強まり、普通にアットホームな家族の物語になっていて、見ている自分も妙に受け入れちゃってて、首を傾げたくなるんだけど、「ま、いっか」ってなってましたね。
 しまいには剛さんのビジュアルが良くなってくるものだから、ドラマそっちのけで将吾じゃなく剛さん見てるし、頂けない視聴者になっとりました;

 そんなんで最終回の感想も何もないんですけど。
 けっこう、ぶちぶちツッコミながら見ました。

 “うざい”という言葉がいい意味に変換されたのも可笑しな話だけど、智彦にとっては将吾の存在、うざさ加減に救われたってことで、肯定したんでしょうね。
 でも、塞ぎ込んでいる将吾に、吐かせようと智彦が詰め寄ると、逆に“うざい”返しされて黙り込むなんて……怒っていいと思うぞ。って思ってたら後で怒りましたけどね。みんなを巻き込んで。
 でまあ、ハッパをかけられた将吾は、一年ほどみんなの元を離れることになるのですが。
 将吾の仕事っぷりが、最後の最後で見られた!
 剛さんがね、トンテントンテンやってる姿は貴重でしたv(将吾やって;)。
 タオルやバンダナで頭巻き巻きして、Tシャツの袖まくって、ちゃんと土建屋の兄ちゃんに見えました。けっこう高いところに登ってたりもしたけど、しっかり立ってたし割と平気そうでしたねえ(そりゃ仕事だし)。

 ラストのモノローグ、さらに月日が経って家族の元に帰ってきた将吾、出迎えてくれるみんな。
 素直に「幸せやな、将吾」と思ってしまった。
 有り得ないとされる“他人同士が集団で暮らすこと”自体、私はおかしいとも受け入れられないとも思わなかったので、一緒に過ごすうちに居心地よくなるか、やっぱり息が合わなくてダメだとなるか、その辺の相性の問題だけじゃないかと、非難や中傷を受ける理由も必要もないじゃん、なんて考えていたのです(私はちょっと社会的適応能力が低いかもしれないんで、乱暴な意見かもしれませんが)。
 だから、「こんな大家族、あってもいいんじゃない? 幸せに楽しく暮らしていけるさ」と思ったりしました。
 リアルな中にメルヘンってけっこう潜んでるものですしね。

 そんな感じで話の締めを、すっかり受け入れてしまった私ですが、一つ疑問を提示させて頂くと、結局、時間の経過でみんなの傷を癒した形になっていて、光太のチョコバーや宏樹のゲームのことをあっさり片づけちゃったのが何とも(翔子のバス問題もいずれ時間が解決する的だったし)。
 確かに無理矢理どうこうできる問題じゃないんだけど、ドラマなのにドラマ性に欠けるというか、ちょっと物足りなかったです。

 最後、剛さんが“お姫さま抱っこ”されてたのは何でや?
 西くん役得やな……。


 ドラマのHPをちょこちょこ見ながらだったので、Pさん始めスタッフやキャスト陣の熱の入り方や苦労など、ドラマ制作って大変なんだなあと、ただ見てるだけの視聴者にはわからないことを知り得たので、感慨深く楽しませて頂きました。
 これからドラマを見るときは、作り手側の見解も考慮しつつストーリーを辿ってみたいと思います。個人的に勉強になりそうだと思うので。



2004年06月23日(水)  正直しんどい・・・YOU嬢。

 YOUさん、一応“お嬢”ということで(失礼しました;)。
 デートのお相手ですからね、既婚者でもお嬢さま。

 さて、これまでと趣向を変えたらしい、しんどいスタッフ。
 ……何だかますますドツボにハマってませんか? 
 いまいち剛さんものれないようで、スタジオトークはダメだしばかりです。
 実際たらたら見てしまって、私のアンテナにはな〜んも引っかからないんですけども。
 剛さん、髪型が“将吾”状態だし、巡った場所が庶民的で平和なところばかりなので、すっかりリラックスしちゃってるし。
 それにしても観覧車では、べったりくっついて座ってましたね。羨ましい……;
 最後の“エセ女優がいる店巡り”で、「光一くんは?」と毎度のパターンみたいに言われてましたが、あれは“仕込み”なのか、たまたまおっしゃったのか。ちょっと知りたい。
 仕込みだったらスタッフは何を狙っているのか……。


 み、短い;
 久々の感想日記なのに。
(雑談はweblogに。下の名前のところにリンク張りました。よかったら覘いてみてください)



 もう一つ、番組感想を。

 【爆笑おすピー問題!】にヒガシ氏が出てまして、またもや光一さんがVTRでご出演。
 ヒガシと言えばミュージカルつながりで光一、となるのでしょうか?
 今回は太一くんもコメントを寄せていましたが。
 剛さんはこういうの見かけないなあ。どうせなら二人一緒にコメント出演してもいいのに。

 それにしても、一時間ヒガシ、ヒガシッ、ヒガシ! でした;
 他のゲストは付き添いか、てなもんで。
 少年隊のCDデビュー前の映像とか、シングル特集とかやっていて、懐かしかったです。
 私はファンというほどでもなかったんだけど、歌番組はよく見ていたので、三人の中ではカッチャンがいいなあとか思ってました。
 改めて見てると、歌! 踊り激しいわ、生歌だわ、すごいね、少年隊!!
 今では見かけない、ダンスパフォーマンス・アイドルだわ(そんな名称ないよ;)。
 デビューは18歳くらいでしたよね、【仮面舞踏会】。あんなにしっかりきっちり踊ってるかな、今のジャニメンたちは(ミュージカルに出る子ぐらいかな、踊りがしっかりしてるの)。
 つくづくすごいなあと思いましたよ。訓練されてたんですね、少年隊。

 あ、肝心の光一さん。
 ちょっとカメラ映りが……(照明さん、キャッチ当てて! 髭剃りあとが!)。
 でも終始ニコニコしてしゃべってて可愛かったですけどねv
 内容は前にも聴いたことのある、『ミレニアム』でヒガシと一緒した時の話で、完璧なヒガシでも歌詞を間違えたとか、罰金制を布いていたのでヒガシもお金を払ったことがあると、でも一番多く払ったのは「僕です!」と笑ってました。
 ある意味デレデレでしたよ、光一さん;
 やっぱりヒガシ氏には、他愛もないメールを送ったりしてるんでしょうかね(何か寂しさを感じるんですけど。ヒガシ氏には送れるのに何故と……)。



2004年06月18日(金)  Mステ・・・ココロノブラインド

 『カマイタチ』じゃなかった〜残念;
 仕方ないか……この曲、生バンドは難しいよね、カラオケになっちゃうかもだし、TVサイズにまとめるのも大変そうだし(じゃあライブではどうする;)。
 ――何てな、どういう思惑があるか、わかるわけありませんわな。

 今日の剛さん、ドリカムさんと一緒でまたもメインに食い込んでおりましたね。
 近頃じゃ珍しいですよね、ジャニタレが三週連続でメインを張るのは。大抵三回出たとしても一回は一曲目に当たってたと思うし。
 先週に続いてビジュアルもばっちりですv
 で、自分トークになると上着脱いじゃうのね;(そりゃ眼の保養になりますけど←正直な気持ち)。
 ドリカムのトークの時、中村さんの大っぴらな笑いと剛さんを巻き込んで頂いたおかげで、タモさん含め四人が周囲そっちのけで盛り上がってましたね。
 美和さんと緊張を分かち合ってたのは面白かったv
 そのせいか今回の歌はちょっと声が出てなかったような……それともさらに歌い方をやわらかくしたのかもしれませんが。
 JwebのMステリハのレポで、バンドメンバーが剛さんデザインのTシャツを着ていたと書いてあったので、Vで見返してみましたが、よくわからなかった; 胸元にMagic Dragonのイラストが入ってたのかな? なんかシンプルそうで欲しいな‥‥。

 『ね、がんばるよ』の制作秘話めいたお話が出ました(当時光一さんが話してましたけどね)。
 ドリカムのお二人的にはキンキが歌っているのを想定して、ドリカムっぽくないものをと考えてたらしいですが、剛さん曰く、「あ〜ドリカムっぽい」(わはは)。
 でも私が聴いてもそう思ったし;(とてもミスチルの要素があるようには聴こえなかったっすよ、美和さん。すみません;)。
 お二人は剛さんにとても好意的で、ソロCDもベタ褒めしてくれましたし、嬉しいですね〜。

 番組後半はすっかりなりを潜めてしまった剛さん。
 ラストは中村さんに肩を引き寄せられて、美和さんと二人、お嬢がニッコリVサインで写真撮ってるふうでした;


 今回で怒涛の剛さん祭りは終わってしまいました。
 TVチェックするの大変でしたけど、楽しかったなv
 しばらくはレギュラーでガマンかしらね〜。キンキの新曲は秋以降になるだろうし(……はあ←早くも溜息;)。



2004年06月16日(水)  正直しんどい・・・吉岡美穂嬢。

 剛さん、ほんとに女の子体型なのねーと、つくづく思いましたです。吉岡嬢と並んでるのを見ていると。
 ジャケットを着込むと身体のラインが隠れるから余計にそう思う。というか、吉岡嬢のガタイがいいんだ(じゃなくてグラマーなんだね;)。

 『映画みたいなデート』というスタッフの趣味(主旨)で進行していきますが、初対面は苦手だというお二人。なのでお互いさらっと会話をこなしてます。おかげでこちら(視聴者側)としては面白くない(爆)。
 でもねー、さすがコメディアン(じゃない役者;)剛。
 『出会い編』で【死に10】をパロったやつ。
 コインランドリーで“死んでた”のが面白かった(大笑いした)。ほんとに気持ち悪かったもん、眼が開きっぱなし(こういうシュールなの好きだ)。
 リムジンに乗り込んでから、お約束っぽく、手を繋いだり告白ごっこしたり、海に着くと砂浜を走ったり、二人でハーフケットにくるまったりね。羨ましいったらありゃしない(うがうが←歯噛み;)。
 『遊園地編』では【八景島シーパラダイス】を……貸し切ったのか!?
 お金使ってるよねーこの番組(言うだけ虚しいやね;)。
 メリーゴーランドのライトアップも美しいですが、水族館を二人っきりで眺めていられるのがいいですねーv 巨大な水槽に二人のシルエットがちまっと映ってるショットが美しゅうございました。

 全体を通して、慣れてくると女性の名前を連呼する剛さん。
 場を持たせるためなのか、照れ隠しなのか、犬を呼んでいるようにしか聴こえないんですけどね、剛さん。
 イルカを「美穂」と呼んだのは、進歩だなと、自慢げに言ってましたが納得していいのかしら? こう……一度ばしっと決めた呼び方を聴きたいなあ(卒倒するな、きっと)。

 今回の剛さんのビジュアルよかったです。
 個人的に黒のジャケット(コンパクトタイプ)を着られると発狂したくなりますわ;



2004年06月13日(日)  堂本兄弟・・・加藤あい嬢。

 映画の番宣が続きます(ミもフタもない;)。
 前回に引き続き、今回も光一さんのピラっぷり、というかハイテンションを持続してらして、飛ばしまくってましたね。
 最近どうしたのか、光一さん、『一問一答』でツッコミまくってますよね。茶々入れまくり。
 剛さんは、以前より鷹揚に構えててリラックスしているように見えますが(単にダルいだけ?←失礼な;)、光一さんの暴走を何気に受け止めてる感じかな。
 今回、加藤さんには申し訳ないが、ゲスト放置トークで面白かったです。

 何たって光一さんが脱いだ!(ここは強調すべきよね)。

 もともと私は二の腕フェチではないのですが、タンクトップだったおかげで、胸元もバッチリ見えたでしょう? あの大胸筋は素晴らしいvと思ったですよ! あの細い身体なのに、あそこまで鍛え上げられた肉体!(……しばし陶酔vv)。
 いやはやすごい。ごめん剛さん、全然そっちに眼が行かなかった;(だって剛さん、その頃はまだ成果が出てなかったじゃない。由美ちゃんの軍配も光ちゃんに上がってたし)。

 その次の『さりげない優しさ』。
 こういう時、剛さんは抜け目ないから先手を取ってしまうのは仕方ない。さすがです。光一さんは普段から何気なくやってる人だと思うな。まったく気の利かない人には見えないもんね。

 さて、何でか対決になってしまった、『魚と車(“うおとしゃ”と読んで)』ですが、私はどっちも好きだぞ(誰も聞いてないよ;)。
 光一さんの場合、専門用語が多いから、それを理解しないと話しにならないもんね。この際、光一さんが発信源となって、コンはもちろん、雑誌でもラジオでもTVでもバンバンしゃべって(すでにしゃべりまくりだけど;)、世の女性に広めて行けばいいのよ。現にファンは興味を持ちつつあるんじゃないでしょうか。ね?(ムリヤリですか?;)。
 ……どうも光一さんを擁護してばかりですが、剛さんは自身が乙女モードですからね、女性の関心(ファーストコンタクト)を惹きつけて当然な気がしないでもない。
 それにしても、二人とも年末の公約どおり、『魚と車』ばっかりですな。他の話題も提供してくださいよ。けど、剛さんは釣りが高じて熱帯魚に行くとはなあ。同じ魚だけども、釣り師ってイコール熱帯魚になるもんですかね?(剛さんの場合、中々釣りに行けないせいで、家の中でも眺められる……これ以上追求しないほうがいいかな;)。

 『ベストヒットたかみー』では、センバツ高校野球の行進曲がテーマでした。
 私はもちろん“硝子の少年”憶えてましたよ。彼らも新聞にコメントを寄せてましたしね(うちは毎日新聞を購読中。センバツは毎日、夏の甲子園は朝日が主催)。
 で、歌は“どんなときも”。
 楽しみにしてたんだけどなあ(キンキが歌うと聞いて)。
 いまいち、馴染まなかったですね。
 槇原敬之の曲はポップ調で明るめだからかな。剛さんもシングルと同様に歌い方を工夫したんでしょうけど、個人的にはマッチしてなかったなあと思いました(例えば“Hungry Spider”とかなら……でもキーが高いな; それにテーマと関係ないし)。

 もっともっとDDBで演奏して歌ってほしいなあ。
 このメンバーだからこそできるアレンジで、オリジナルの雰囲気をぶち壊す勢いでやってみてほしいです。


 来週はお休みで、その次のゲストが“少年隊”なのですね。
 これはまた……盛り上がるでしょうけど、どこまで暴走するのか怖い気もします;



2004年06月11日(金)  Mステ◆ΑΑΕ灰灰蹈離屮薀ぅ鵐

 しつこいほど鍛えているというご本人の言もさることながら、如実に成果が表れつつある肉体と、少し髪をカットされたせいか、先週に引き続きビジュアル美人度急上昇中の剛さん!(長い前振り;)。

 今回もお胸をババンと露にしておりますよ。なぜにそんなVラインのノースリーブシャツを着られるんでしょう。また羽織っていた白いシャツもトーク中は脱いでるのでムッチムチの肉体を強調してますよ。
 あまりの露出に赤面しそうになるんですが(妙に恥ずかしい気分にさせられるのよね、剛さんの身体って←やらしいわ)、それでも、ボコボコ殴っているという腹筋をぜひ見たいと思ってしまうのは、タダレファンの性でしょうかね。

 もうビジュアルにやられっぱなしなんで、トーク内容をあんまり覚えてない;
 「ご自宅で見てらっしゃる光一さ〜ん」みたいな、お手振りが可愛かったです。
 「詞を書くには“独り”か“悪女と付き合うか”ですね」ということで、剛さんは“独り”を選んだそうな。確かに独りは創作するの、はかどるよなあ。
 「今年いっぱい(ココロノブラインド)閉めていきます」……ファン的には安心します;

 そして歌!
 曲はともかくとして(すいません、すいません;)、“風に煽られる剛さん”なんて世にも珍しい。長い髪のせいで、なびかせているさまが色気漂いまくりで眼が釘付けです。先週もそうだけど、機嫌良く歌ってるので時々笑みを浮かべているし、ちらちらカメラ目線をしているし、見ていて嬉しくなりますわv
 ラストのカメラを射抜く一瞬の視線は、カメラマンのおかげかもしれない。あの位置で終焉としたから、たまたま剛さんが目線を上げたところを捉えることができたんですね。
 あのアップで髪が一筋額から頬へとかかっていて、くるっとしたお眼々が見据えている。堕ちないでか!

 来週はさらに鍛えて降り立って頂けると。
 TVでの“剛さん祭り”最後を飾るわけで、どこまでお素敵になられているか楽しみですね。


 ……めちゃくちゃ興奮した文章ですな;
 放送を見た当日に書いたわけでないのに(読み返すときっと消したくなるくらい恥ずいでしょう;)。



2004年06月10日(木)  うたばん・・・ORIGINAL COLOR

 のっけから中居くんに「髪切ったほうがいいぞ」と言われ、すかさず「切ります!」と断言した剛さん。
 「ほんと大丈夫ですから心配しないでください」ってなふうに、言われすぎて疲れてる感じがしましたが……しょうがないよね;

 それにしても血液型の占いというか性格判断って、最近流行ってるんですか?
 そんな気になるものですかね? たった四種類しかないのに。人間、十人十色、千差万別と言われるくらいなんですから、それぞれ違うものだし、逆に四つのどの要素も持ってたりするわけで、後天的環境が加わって成長していくにつれ変化していくのなら、ますます曖昧になりますよね。
 ……さて、こんなことを思う私は何型でしょう?(笑)。

 剛さんはABだと知った途端、血液型にこだわり始めた気がするんですけど、充分Bで通用しますよ?(ABはAとBの掛け合わせとか)。
 熱しやすく冷めやすい、興味のあるものにしか眼が行かない。マイペース。相方さんと一緒じゃないですか。
 しかも光一さんはAの要素も持ってますしね。几帳面でこだわり派。
 「納得した」と言ってたのは、ABだと口に出すことで周囲を牽制してるのかしら? 変わり者のAB型だから、どんな行動を起こしても納得してくれるだろうっていう、そんな感じなんでしょうか。
 でも剛さんの場合、血液型よりも、剛さんだから、という判断のされ方をしてると思いますけど(ファンだけじゃなく一般人にも、そう認識されてそう)。
 「らしい」って言われるのいいことだと思うので、お好きなように生きて頂きたいです。
 と、何でこんな話になってきたんでしょ(私ってほんと何型だろ? 自分でも判断しにくい;)。

 今回の剛さん、けっこう綺麗なお顔をしてましたが、何で毎回違って見えるんでしょうねえ? 私には【HEY!×3】より美人さんに見えました。
 あと、中居くんといると、あんまり小柄に見えないのがいい(苦笑)。中居くんより大人っぽく感じますもん(中居くん一体何人なんだ;)。
 企画もねー、クイズとかじゃなくて、なおたろくんみたいに、剛さんも『嘘発見器』にかけたってくださいよ。今回のはつまんなかったぞ;
 歌は【Mステ】のおかげで衝撃がない。さらっと流してしまいました。


 明日の【Mステ】は『ココブラ』だそうで。
 てことは、三回目は『恋のカマイタチ』ですか?
 だったら、めちゃくちゃ嬉しいんですけどーっvv
(いやしかし、出演ごとに曲を変えるなんてこと、やっていいんでしょうか? 他のアーティストに対して良くない気もするけど……)。



2004年06月09日(水)  正直しんどい・・・総集編。

 結局、溜め込んでます;
 このあと7日(HEY!)と8日(シングル+PV)について書きたいと思います。
 サイトには目次ページをリンクしたほうがいいかもしれませんね。


 さて、総集編。半年分ですか。
 去年の秋から髪型が変わってないので、そう変化がないかなと思いきや、毎回毎回、見た目も受ける印象も違うのは何故なんでしょね?
 顔つきが違うというか……(そりゃお髭あるなしじゃ、可愛さもカッコよさも違うわさ)、細かったり丸(強制削除;)。
 でもねー、スタジオの剛さんがやっぱりツボなんですな。
 今に萌えますよ、どんなにぶっちゃいくでも; すんごい衣裳でも(また配色が; ビビッドカラー好きやなあ)。
 口先だけでぽそぽそ子供みたいに言ってるのを見て、「もう25やろ!」と、ツッコミながらも顔がニヤけてしまうんですよね。

「おいおいスタッフぅ、こういうの、重箱の隅をつつくって言うんだぜ」
(わざとらしい標準語、何か可愛い)。
「女の子が見やすい番組にしなきゃいけないんじゃないかとか、ちょっと、何となく思うときがある」
(言ったあとのハニカミ最高)。
 ご自分でも言ってたように、男性ゲストのほうが元気なんですから、それきっと、女の子が見やすい内容と共通してるんじゃないかと思うんですが。

 もうね、総集編自体はどーでもいい、みたいな;
 だってそんな、未公開も大したもんないし。
 一応、再度見て記憶に残ったのは、光ちゃんの「アンミラ、アンミラ」とニコニコしてる顔と、Mステのリハに乱入したときに、剛(ごう)くんの顔が怖かったこと;、くらい。
 岡田っちには、単独でまたご登場願いたいです。
 しかし、あの大量に作った料理、また温めなおして食べればいいのに……; 岡田くんの「何やこれ?」って、やっぱり剛さんの料理は中途半端なんですかねー(コメントのしようがない、という)。



2004年06月08日(火)  マキシシングル【WAVER】。

 買ってきましたー。
 久しぶりに前日ゲット。初回盤のみ購入。
 前回の剛さんソロも、去年からキンキシングルも通常盤(BTのため)しか買ってないので、ちょっとドキドキした;(ちゃんと手にできるかなという不安もあり)。
 通常盤は、余裕が出てきた頃に買うつもりです(『スクリーン』聴きたいし)。

 まずジャケット。
 いい感じですねー。淡い色みと剛さんの穏やかな表情が並んだ写真ばかりで。キャンパスに描いた絵をイメージしてるのかな? 写真に上から色を重ねた感じで(加工用法を知りませんが;)。
 絵筆をかざしてカメラ目線なのが好きです。

 曲。
 そう、歌、ではなく、曲。
 インストがすごい気に入ってしまいました(およよよよ;)。
 昨夜からリピートしまくり!(おかげで【どヤ】を聴きそびれた;)。
 音が好きなんですよ。
 音楽について詳しくないので専門用語とか交えて解説なんてできませんけど、80年代後半のバンドブームの頃の音っぽい。
 基本のバンド編成にシンセとかストリングスとかホーンが入ったりして、懐かしいなあって感じたり。
 剛さんの曲は素朴なイメージがあって、複雑じゃないのに、色んな音が混ざり合ってる。そこが音のこだわりなのかなあって思うんですが、何回聴いても、「ここにこんな音が入ってる」って気づくんですよね。
 インスト、イチオシは『恋のカマイタチ』。



1.ORIGINAL COLOR

 歌詞は一番好きです。
 作ったのはだいぶ前らしいから、ちょっと落ち込んでた頃を引きずってるっぽいけど、それでも素直な言葉遣いだし、文章がつながってるので“読める”んですよね。私はあんまり歌詞カードを読まないんですが、これは何度でも読み返してみたい。
 曲はこれまでの剛さんの流れに沿ってます。
 もう慣れたので; 個人的に聴きどころは押さえました(説明できませんが;)。歌い方も最初は「う〜ん?」って感じでしたが、これも慣れました;


2.恋のカマイタチ

 歌詞は……めちゃくちゃ甘い!
 赤面しそうだけど、こういう気持ちを持ってもらえたら幸せよね(持続させるのは難しいぞー)。
 曲はラジオで聴いたときから好き系で、剛さんにしては新しい試みかな?と思いきや、何か似てるのがあるぞ、と閃いた。
 『PD』に似てます。シンセかストリングスか(区別ついてない; だって打ち込みかもしんない)がずっと流れてるところなんか。
 サビなどは懐かしく思えてならない。
 歌い方もだけど穏やかな空気感がいいなあ。ラストの繰り返しが堪りません。穏やかな反面、切羽詰った? 歌声好きなんです。
 次の『ココブラ』もそうで、水のように透き通ったブルーのイメージがありますね(通常版のジャケットどおり)。


3.ココロノブラインド

 歌詞はー、これも甘いなー。
 曲調がバラードからポップ調に変わることだし、歌詞は繰り返しだけじゃなくもっと遊んで欲しかったかも。
 しかし「あはは。」には参った; ラジオで初聴きの時、腰抜かすかと思いましたもん。さすが剛さん、必ず意表をついてくださいます。
 この曲は一般の人に一番聴きやすいかも、ですね。
 インストのツボ・剛さんのコーラス(この人の高音大好き)。


 ……長い。これで三日分書きました。疲れた;
 読んでくださった方もお疲れ様です(毎度、妙な感想ですいません;)。



2004年06月07日(月)  HEY!×3・・・ココロノブラインド

 春からセットが変わって、360度お客さんが囲んでいるので、剛さんにはちとキツイ状態かなあと(すごい近い)、思ってたんですが、前回同様ハイテンションでしゃべりまくってましたね。
 他のゲストが女性で、そう目立たない(すみません;)方たちだったので、またもや剛さんの独壇場。番組の半分以上、時間取ってますもん。珍しい気がする……。

 OPから、「ノイローゼ」だの「病んでる」だの、いじられて楽しそうな剛さん。
 光ちゃんのVはパシパシ切られてる感じで(もちっと流してーな)、それを嬉しそうに眺めている剛さんは、口元に指を添えるのやめたほうがいいと思うわ。妙な誤解されるから;
 その後も他のゲストさん紹介の場を乗っ取り(笑)、しゃべりまくってるのを上手いことDTのお二人に拾って頂いてたので面白かったです。

 座りトークの話題は「カレー」と「8歳の剛さん」と「熱帯魚」。
 浜ちゃんの「長なる?」というツッコミ、中居くんにもよくされるよね;

 「カレー」は前回のVが面白い!
 光ちゃんの「普通やな」、「コメントしようがない」発言が大ウケですわ。ナイスやなあ、光ちゃんv
 二度目の手作りカレー。松っちゃんが相当イヤがってましたけど、お二人が言うように見た目美味しそうでした。前回に比べたら色が綺麗だった(でも最初のアップで、あのコンニャクみたいな短冊切りは何だ? と思ってたんですが、あれエリンギだったのね;)。
 中途半端な味って、どんなのでしょうね? カレーで中途半端……味が知りたいわー。

 「8歳の剛さん」……ほんまにちっちゃい頃はパンパンですな;
 もともと、ふっくらしたお子さんだったのですね。ということは、その十年後辺りは異常だったのかもしれない(体質とか遺伝子的に)。だからVからそのまま現在の剛さん見て、「全然変わってない」と思えるんでしょうね。17、8歳の剛さんと比べたら印象は違って見えると思うな。
 ある意味、今は本来の剛さんなのかもしれません(いいのか、そういう結論で;)。

 「熱帯魚」……こーれーはー、剛さんには悪いけど興味湧かないわー; 実際に実物見ながらなら、綺麗だなあって関心持てるけどもね。
 もう、松っちゃんの独りツッコミが可笑しくて可笑しくて(爆笑)。
 でもカサゴのぬいぐるみ? 人形? は可愛かったよ。
 グッピーの産卵にやっと興味を示した松っちゃんに、「食いつきましたね?」という剛さんが、今回最大の萌えポイントかも(私の中で)。

 『KinKiシングルヒストリー』。
 ああやって列挙されると楽しいですねー。彼らの変化が一目瞭然。
 基本的に光一さんは歌い方も表情も変わんない。微妙に髪型や眉が変わっただけ。剛さんはすべてがころっころ違うけど。
 改めて見てると、【Love2】では、バンド編成の違いからか、キンキの曲はイマイチ合いませんね。違和感を感じるのが多いんだけど、【堂本兄弟】になると、合ってくるんですよね(曲調のせいもある)。『情熱』はいいアレンジですねー、聴き惚れます。『薄荷』はキーを下げてたんですね。何かしっくり聴こえないなあと今気づきました。

 『ココロノブラインド』。
 曲については、シングルを聴いてから改めて。
 また微妙な色彩の衣裳でした。すんごいアップに撮られてましたけど、剛さん、わりとカメラ目線してましたね。でもあのお客さんの近さは耐えられないのか、間奏でしっかり後ろ向き;
 歌い終えて、はにかんでるのがまたv
 最近、こういう、ふっと笑う表情をよく見るなあ。気持ちが穏やかな証拠なんでしょうか?

 【うたばん】がこれと、同日収録なんですよね。
 忙しいスケジュールの中、どんなテンションになってるかな……。



2004年06月06日(日)  堂本兄弟・・・竹内結子嬢。

 今週は怒涛の剛さんウィークなので、きっちり書いていかないとめんどくさくなって、書かなくなること必至。
 なのでちゃんと更新を。

 二度目ご出演のたけうっちゃん(やっぱこう呼んでしまう)。
 今回はあっさり見終えてしまいました……。
 前回はご贔屓にされた剛さんへの野次の数々や、彼女の淡々とした口調の中に可笑しな要素をを見つけては「あんた、おもろいやっちゃな!」と、喜んでいた光一さんなどなど、何度もリピートさせて頂きました。

 個人的にたけうっちゃん、好きなので、その前に【メントレG】にご出演されていたのも拝見しました。こっちのが面白かったです……トークは。
 で、この時にたけうっちゃんは『男性の背中が好き』と言っていて、飛びついても平気な背中がいいらしく、押してぺしゃっと倒れる背中はイヤだと言ってたんですが、剛さんの背中って、たぶんちょっとやそっとじゃ、ぶつかっても平気かもしれないけど(厚みがありそうだからね;)、精神的には崩れ落ちるぞ、きっと(身体的だけじゃなく精神的にも、と彼女はおっしゃっていた)

 今回の一問一答を聴いていて、たけうっちゃんはKinKi二人を合わせた感じの人だなあと思った、かな?(どっちよ;)。
 演技は計算よりも感情で動くタイプ(剛さん)だし、一人の時間がないとダメ(堂本さんズ共通)だし、家事にこだわりがある(光一さん)みたいだし……無理矢理こじつけてるかしら?
 あと彼女の話し方が面白いなと。
 文章的、というか、結論をあとで話すんですよ。先にそれまでの過程を話すんですね。しかも滑らかにしゃべる。質問を受けて答えるまでに、頭の中で文章が整理されてるっていうのはすごい。
 一風変わった発言に聴こえるのは、じゃべりそのものを物語にしちゃってるからじゃないかなと。読書好きかな? 彼女は。

 えー、肝心の堂本さんズ。
 剛さん、またふくれてるよ?(爆弾発言)。
 髪! あれ、わざわざサイドを巻き巻きしちゃったんじゃないのか!? んなことしたら膨張するの決まってるじゃないか!(暴言オンパレード;)。
 も一つ膨張要因がお衣裳。
 グリーンのシャツ、色合いはいいけども淡い色みの花(?)柄って引き締まって見えないよね。黄色のインナーも膨張色だし。らしいんだけどなあ……裏目に出てる気がして仕方ない。
 ビジュアルは如何ともしがたい感じでしたが、『タコ焼きゲーム』は面白かったですね。ゲームとかって真剣にやってますもんね(だからゲストを放置した挙句、勝っちゃう;)
 以前『黒ヒゲ』で一発で負けたことを、まだ気にしてた;(笑いの神様が降りてきたらとか言うてたけど)
 光一さんの「うるさい!」には、とてつもなく愛を感じました(わはは、欲目)。
 でも今回の光一さん、ピラ入ってたよ? 眼つきが鋭くて、たけうっちゃんにも何を求めて言ってたんだろうね?(^_^;)
 しかもけっこう、クラブとかスナック事情をよくご存知で(世間一般の二十代男性は充分詳しいでしょうけど)

 歌。オリカラは、これが初収録(披露)だったのですかね? 剛さん、緊張してるのがよくわかりました。今回はギター持ってましたが、どっちのパターン(先日の【Mステ】)もいい感じです。
 剛さんのソロで光一さんが横にいる(後ろですけど;)のって、いいなあと思うんですけど。別にね、コンサートでもやればいいのにと、よく思うんですよ。ギターだけじゃなくバックで踊ってくれてもいい(マジで光ちゃんのソロで剛さんにMAと一緒に踊って頂きたい、と妄想すること幾度か)
 でもこれはきっと、私が彼らのソロにまったく拘ってないから言えるんでしょうね;



2004年06月04日(金)  Mステ ΑΑORIGINAL COLOR

 こちらでは【ミニステ】がない、というのが大変ショックであります。

 さ〜て、剛さんソロ、第一弾ですね。
 いつも見てるこちらが緊張してしまう剛さんソロ。
 今日もOPからドキドキして見てました。
 出てきた瞬間、「あら、綺麗v」。
 白と黒で統一した衣裳とアクセントにイエローのベルト、シルバーの靴ですか。意外やナチュラルな感じでホッとしました(奇抜なのも好きだけどさ)。
 髪もね、右は耳にかけて左は流してね、綺麗にまとめてるのに、あんま触っちゃだめだよ……思ったそばからいじりまくってましたけど;

 全体的にトークも歌も落ち着いていて、独壇場と言っていいほど、剛さんペースでした。
 タモリさんが二年前のソロ出演あたりから、剛さんいじるの好きっぽいもんね。一つのことをやたらと追求したりね。
 今回なんか、剛さんの身体をペタペタ触り、いや掴みまくり、「ガッチリしてるね」とおっしゃってましたが、それ筋肉でしたか?(暴言;)。
 大胸筋はすごいことになってましたけど、上腕二等筋はまだムチムチしてそう。お腹はどうなったのかな? 【しんどい】で定期的に見せて頂きたいものです。
 お顔がね、髪型のせいか、筋トレのおかげか丸いけどほっそり見えて(どういう表現;)、塗りすぎなのか白く見えて(あ、ひど;)、表情の一つ一つが美人さんでした。やっぱ斜め顔最高v 目線下向き上向き両方オッケーv

 今回はゲストに恵まれてましたねー。
 なおたろくん、仲いいんだろうけど、剛さんのボケにはついていけないんですな。彼(直太朗くん)はしゃべるテンポが他と違いますもんね。剛さんもしゃべりは暴走する人ですから、光一さんじゃないと処理できないでしょう。
 あとZONEのお嬢さん方。後ろで剛さんたちの会話にきゃわきゃわ反応してくださるので、盛り上がってるように見えます(いや面白かったですよ、トーク、ほんとに)。

 ……どーも、一夜明けて、感想が淡々としてます。
 昨夜はTV前できゃーきゃー言ってたんですけどね、恥ずかしげもなく;
 すぐに書く時間もなく盛り下がってしまいました。
 来週は……剛さんの仲良しさんがいませんねー。タモさんだけと独り言トークになるかもしれません。てことは、今回と違って緊張した剛さんが見られるのかな? ランキングに入るだろうからメインだと思うんですが。曲はまたオリカラでしょうね。個人的にはこっちがいいです。

 何だか剛さん、見た感じ調子(体調も精神面も)いいみたいで、今後のTV出演が楽しみです。
 来週は毎日のように時間チェックしないと。
 最近ポカやらかすことが多いから;


 ちょこっと【HD!】感想。
 河野さん、ある意味キレましたね。よかったよかった、ほっとした。
 私はおじいちゃんが、この擬似家族に対してどう思っているか知りたかったのです。感情に流されたわけではなく、深慮して“ここ”にいるのだろうから。息子さんと決別した形になったのは辛いけども仕方ないでしょう。血のつながりがあっても、ずっと愛情を保ち続けるのは難しいですからね。
 それにしてもマスコミの押しかけと、野次馬が可笑しすぎ。すごく滑稽に見えましたな。
 来週から時間が大幅に経過しているようで。
 どんな感じのラストになるんでしょう?



2004年06月02日(水)  正直しんどい・・・原沙知絵嬢。

 原嬢は確か剛さんより年下。
 ドラマをやってる時にそのことを知って、びっくりすると同時に何か安心した記憶があります。何で安心したのかな? 剛さんとラブシーンがあったからかしら? じゃあ年上だったらどうなんだ。
 ……何が書きたいのかよくわからん。
 でも剛さんって、ラブシーンは受身ばかりな気がするんですが。自分からちゅーしたとか、押し倒したとかあったかな?
 見たいなあ、エロになった剛さん。ショックもあるだろうけど、眼に焼き付けたい(所詮、近づけない存在なのだから、プライベートで見るなんて有り得ない。だったら全国放送で作り物でいいからそういう姿を見せてくれって思うの。んで、ひたすら妄想の極地よ)。

 いかん、暴走してきた。
 軌道修正。

 今回のデートは青空の下、とっても暑かったようで、「眩しい、暑い」を連呼し、お疲れの剛さん。
 でもやっぱり釣りは好きなのねー。騒げるような感じじゃないと言いつつも、釣れだしたらニコニコニコニコ。楽しくなって笑顔満点のこの時が一番可愛かったな。
 二人ともタメ口で、剛さんがけっこう話しかけてたから、すごい余裕に見えて、さらっとデートが進んでしまいました。
 原嬢は楽しかったのかしら? と思う場面がしばしば。
 動物が絡むと自然にテンションが上がってましたけどね。

 最後のコスプレ(え、もう!?)。
 原嬢のメイド姿、似合ってた。すんごいハマってる気がしましたね。
 あれでねー。剛さんが白いシャツでね、アンニュイなお坊ちゃまふうになってたら、刹那的なドラマが出来上がるのに! とか思ったんですけど。ちょいと時代を遡って、昭和初期か大正時代で身分違いの恋、ていう昼ドラみたいなさ。何かコテコテなドラマもいいかもしれない、剛さん。
 なのに、剛さんのコスプレ。うさぎさん;
 しかも、すでに放送を見た方の感想とか読んでたときは、最初剛さんが被ったクマさんみたいな、もこっとしたデッカイのかと思ってたんだけど、意外にピッタリフィットなのね……。まあ顔が出るタイプだから、あんなふうになるか。
 いやでも、何だろう、あのアヤシさは; 『おたっくす』の時と全然違う。妙に見てて恥ずかしかったんですけど、見てるこっちが。眼のやり場に困るというか(アカン、これ以上書くとおかしくなる)←何を考え込んでいるのやら;
 さらに微妙なチークダンスを(あああ;)。剛さん壊れた。

 来週は総集編ですか。マル秘映像というのは、未公開?
 あら〜貴理子さんにほっぺちゅー、懐かしいなあ。これええ角度やったんよね。睫がv




 今日の日記は終始ヘンなテンションで申し訳ないです。
 この日記は『番組感想』のみになってきて、まあそれでもいいかと開き直ってます(でも来週は【剛さん週間】だから、頑張って更新しますが)。
 雑談とか、妄想ゆえのとち狂った発言とかは、blogを使い始めたので、そちらに書こうかと思います。
 サイトにリンクしてますけど、一応ここにも(体のいい宣伝;)。
 【KnightS Gossip



ことぶき |HOME

↑エンピツ投票ボタン
My追加