留学先での独り言

2006年04月30日(日) Unitedからの贈り物

いつ乗ったか、それとも何かで貯めたか全く覚えてない
がUnitedのマイレージがほんの少しあった。Unitedとは
Bestbuy、Comcast、Office Maxとの関係と同じぐらい
相性が悪いので出来る限り避ける方針を取っているのだ
が、今回は粋な案内が来た。

3月末でマイレージが切れますけど、雑誌を講読しません
か?というもの。どうせどこかでお金が発生するんだろ
うとよく中身を読んだが、どこにもそのような文面は
見つからなかった。逆に完全無料ですと書いてある。な
らばとばかり、余り期待をしないでTimeの52週分の講読
をしてみた。

どうせ来ないだろうと半分忘れていたら先日ちゃんと
送られてきた。かなり感激した。今まで時間があった
ら語彙補強もかねて図書館で目を通していたが、手元
にあるとなると大違い。線も引ければ書き込みも出来る。
どの程度読む時間があるか別として、こういうサービス
は非常に有難い。

こんなことがあると、たまにはUnitedに乗ってもいいか
なと思ってしまう。でも高いんだよね。



2006年04月29日(土) 実りある1日

午前中は兼ねてから懸案だった自分のHPの併合作業を
しました。ここ2週間ほど取り掛かっていたけど、よう
やく全て移行が完了しました。アクセス解析からある
ドメインを利用したサイトには全くアクセスがないの
でそちらをまず閉鎖。あと多少のアクセスがあるサイ
トは通知文を掲載し、1ヵ月後ぐらいにはそちらも閉鎖
しようかと思ってます。

ということでstudyup.jpのドメインからこの日記を
読んでいただいている方、geocities.jpのドメイン
のアドレスをブックマークしていただけないでしょう
か?もうすぐ前者のドメインも閉鎖する予定なので。

さて午後は車のオイル交換に行った後、今晩から雨と
の予報なので早めに自転車をこぎに行って来ました。
久しぶりに土曜日が休みだったので、今日も時間を
かけてSumrallまで行って来ました。昼食をろくにと
らなかったのと、風が強かったせいで最後はかなり
疲れた感があったけど、3時間余り約50kmを楽しく
走ってきました。

これでここ2週間で8回自転車こいでいるのでかなり
身体も対応してきた感があります。この調子だと5月
の2週目あたりにまたPretissまでの往復130kmの旅に
出られるかなぁ。

因みにNLFのドラフトも見てましたよ。ぼくにとって
はクリスマスイブみたいなものですから。



2006年04月28日(金) フットボールの練習とブラックベリー

日差しは強いが風があり、湿気もそれほどでないここ
2日。こんな天気がずっと続くといいんだけどな。

春のフットボールの練習が続くも、この気候のおかげ
で日射病のような症状が出てないのが自分の仕事を楽
にさせてくれる。涼しいと集中力も増すから今の所大
きな怪我はなし。あと1週間、これが続いてくれると
いいのだが。

その高校のフットボール、どうやら攻撃も守備も両方
システムが変わったようだ。今日初めてスクリメージ
をやったけど、アサイメントミスが多くていいか悪い
かの評価すら出来ない感じ。先は長いなぁと思わせる
練習だった。

一方で練習中の楽しみが一つある。それは練習場横に
たくさん生っているブラックベリーを食べること。
これが結構あるんだな。練習見るふりして横の方へ
行き、ベリーをいくつかぱくり。なかなか甘くてつ
いついいくつも食べてしまう。実の量から考えて今が
最盛期なんじゃないかな。

練習中の隠れた楽しみ。



2006年04月27日(木) かぶせたものは金属じゃない?

昼過ぎに歯医者に行った。前回金属がうまくはまらな
かったので、あらためて型を取り直し新しいものを
作ってもらったから。

すぐにはまるもんだと思ったが、今回も苦戦した。
もっとも前回ほどではなかったが。何度も削っては
高さを調整してた模様。この作業は日本の歯医者と
全く変わらない。恐らく使っているものも一緒だろ
う。

ようやく整った感じで自分で歯をかみ合わせても
ほとんど違和感がない。ということで去年から通っ
た歯医者がようやく終了。お金はかかったがよかった
よかった。

帰り際にお手洗いを貸してもらい金属をみたのだが
ありゃ、全く金属の色ではなかった。アメリカのそれ
は皆そうなのか、それとも日本でも既にこうなったの
かわからないが、歯にかなり近い色のものがかぶせて
あってぱっと見ではよくわからない。これにはちょっ
と驚いた。

笑顔の時に見える歯をものすごく気にするお国柄だけ
に例え奥歯でもこのようにしたのかも知れない。何か
すごく目新しいことに久しぶりに出会った気がした。



2006年04月26日(水) ハリケーン・カトリーナとCrawfishの関係

今日昼飯をまた同僚にご馳走になった。何の日だった
か忘れたが、表に出ないアドミの日の苦労を労うよう
なことを言っていた。自分にとっては理由は何でも
よく、昼飯が浮くことが非常に有難い。

こんな時こっちの人はよくレストランに朝注文して
おいて、昼過ぎにそれを取りに行っては自分の所で
食べる。まぁパーティ料理みたいなもので、今日は
BBQ、サラダ、お豆、ベイクドチキンだった。もちろ
んおいしくいただいてきた。

実は昼前にこの食事を上司と取りに行ったのだが、
そのレストランは茹でたザリガニ料理でも有名な所
だった。ザリガニが好きな自分としてはそっちに
興味あったが、その値段を見た上司はびっくりしてた。
というのは1LBあた3ドルもしたから。上司いわく去年
のこの時期なら1ドル50セントぐらいだったとのこと。
ここにもハリケーン・カトリーナの余波が出ている
らしい。

残念ながら今年はザリガニ食べるのは我慢かなぁ。



2006年04月25日(火) 恵みの雨

昼過ぎから雷を伴うサンダーストームが街を襲った。
ぴかぴかごろごろ、雨も時たまざーっと降った。た
だ自分の関心はただ一つ。これでも今日フットボー
ルの練習があるのかなぁと。

結局高校には行った。選手はミーティング中で
コーチもその中だった。外でしばらく待つこと10分
程度。出てきたコーチと話しをした。

し「今日出来ますかね(やらないですよねぇ)。」
コ「やりたいけどなー、ほらこれ見てみ」

見せられたものはなんと雷探知機だった。この高校に
こんなものがあったとは知らんかった。あったけど
使い方知らなくてほったらかしだったのかも知れない。
そうだ、きっとそうに違いない。(一人納得)

とにかくそれを見ると雨が小止みでも雷雲は数マイル
の所にあることを示すライトが点滅していた。コーチ
いわくずっとこれがついているとか。

待つことさらに10数分、今日の練習の中止が決定した。
選手は大喜び、自分もいわずもがな。早めに帰宅できた。

その後雨はさらに小降りになったので、この時間を
利用してまたチャリをこいだ。雨のせいか道に誰も
おらず非常に快適なツーリング。静かなせいか野う
さぎも道にたんまり出てきて、昨日が開放なら今日
は野うさぎ大解放、アラジンチャンスが止まらない
って感じ。要するに昨日以上に見かけた、ということ
です。

明日行く時間があれば野鹿に会いたいなぁ。



2006年04月24日(月) 今日の出来事

朝いつも通り病院に行ったのだが、嫌なかんじなこと
があった。ま、どうせもうすぐやめるのだからいいん
だけど、学校を無責任に放り出され屈辱的な仕事の
オファーを受けざる得なかったこの1年をまた思いだ
してしまった。結局何も変わらなかったもんな、この
1年。実りがあったとはお世辞にも言えない。

午後の高校ではコンタクトが入ったフットボールの
練習が始まった。今までとは違い、きびきびしたいい
練習だったと思う。今日は主に攻撃の練習をしたのだ
が、フォーメーションの呼び方からハンドオフの仕方
まですべてシステムが変わったんだから、習得までは
時間がかかるだろう。でも可能性をすごく感じさせら
れた。終了後はいつものヘッドコーチと雑談。こっち
もいい感じ。

夕方また自転車をこいだ。今日も30km程度。何故か
今日はたくさんの野うさぎに会った。あいつらも
お腹が減る時期になって道路に出てきたんだろうか?
餌付けできないなぁ。今度大根か人参の葉っぱでも
もっていってみよう。



2006年04月23日(日) 食っては動き、動いては食う

日曜日は時間さえあれば運動不足解消の日。午前中は
打ちっぱなしに行ってきた。快晴でしかも花粉の心配
がもういらない今日この頃。たくさんの緑を見ながら
クラブを振るのは楽しい。

もっとももっと当たってくれればもっと楽しいんだろ
うが。

昼食はそのメンバーで中華に行く。ここは食べ放題
なので、これまた久しぶりに食いまくる。昔ほどは
食べられないにせよ、それでも不足がちな緑黄色野菜
を多めにとって食べた。お腹がぽこんとなった。ご馳
走さまでした。

このままだとでぶってしまうので、夕方にチャリンコ
の旅へ。1時間半ほど走ったからまた30kmぐらい走った
ことになるのかな。栄養満点だったせいか、それとも
先週からこの距離を走り始めたせいか、今日はものす
ごく楽に走れた。これも続けていかないと。

さてまた1週間が始まる。面倒な書類書き、手続きを
進めるつもり。



2006年04月22日(土) フットボールキャンプのお手伝い

朝も早くからAdalius Thomasのフットボールキャンプの
お手伝いをしてきました。USMのATRとフットボール場で
働くのは久しぶり。卒業は3年前だったので、当たり前
だけど少しずつ変わってました。

応急処置担当のATCとして参加したんだけど、元々コン
タクトのない練習内容なのでほとんど怪我人が出ない。
実際来た子は突き指2人、謎の頭痛→胸痛→痛みが足に
移るという奇病(難病?)の子1人でした。あとは氷水
に入ったクーラーから水を紙コップにいれてテーブルの
上に置き、ガキんちょが来たときすぐにとれるようにし
ておくだけ。それ以外は芝生の上でのんびり彼らの練習
を見るだけでした。いやぁ楽ちん。

1時半過ぎに終り、昼食をとりながら締めのミーティング。
そのNFLプロボウラーが挨拶してお礼をいい、それから
一人一人に気持ちだって言って握手しながら今日の給料
をくれた。今回は子供のためのキャンプだし、半分ボラ
ンティアだろうと思っていたのでもらえただけでもあり
がたいと考えていた。

でも後で金額みたらびっくり。さすがNFLプロボウラー
主催のキャンプだよ。アメリカに来て初めて時給10ドル
を優に超える給料もらったぁー。ありがとー。

っていいながらちゃっかり今日のキャンプ記念Tシャツ
にサインしてもらって、さらに一緒に写真までとって
もらったんだよね。あまりにも給料安かったらebayに
出してそれを給料にしようかなぁって考えてたから。

いやぁ気候もよく、いい日でした。



2006年04月21日(金) ガソリン、ミシシッピでもガロン3ドル目前

またガソリンが上がった。ここ1週間で20セントぐらい
急上昇。おぢさん毎日車使ってるんだよねー。頭が痛
い。1週間乗ったら満タンのガソリンなくなるし。

CNNでもこのニュース取り上げられていたけど、どう
対処するかで専門家が「燃費のいい車に乗って、外出
を控える」って言ってたけど、そんなこと俺でもいえ
るわな。燃費のいい車に乗りたいよぉ、もう。

午後になって風を伴う強い雨が断続的に降った。おか
でフットボール部は外で練習せず仕舞い。練習時間も
短く、有意義な金曜の午後をすごせた。たまにはこん
なことあってもいいだろう。

そんな夜、調べ物とペーパーワークに終始。今回どこ
かで帰国して学生ビザを更新するつもりだけど、あの
9.11以来規則が変わりすぎて戸惑ってしまう。面倒に
なったなぁと。

明日はAdalius Thomasのフットボールキャンプを手伝
う予定。場所がUSMだから車使わなくていいな、よか
った。



2006年04月20日(木) 待ちに待ったものが着た!

ようやく手紙にてある大学院入学オフィスから公式の
入学許可通知が今日来ました。1ヶ月以上前に研究室
訪問し、3月20日にはその学部から大学院の入学オフ
ィスに合格を伝える推薦状を送ったというのに、それ
から全く音沙汰なし。待つこと1週間、2週間、3週間。

堪忍袋の緒が切れてその後何度もメイルを入れては状
況を確認し、判明した関係者をつっついて(脅して?)
やっと出てきたと思ったらあっと驚くたったの紙切れ
一枚。これを発行するのに1ヶ月以上かかるとは。。。
しかもI-20など留学生の書類は別の部署がこれからや
ることでここの部署の仕事は他のアメリカ人と同様の
手続きなはずなのに。

ここのお役所仕事、かなりやばいとみた。

何が困ったって、担当の先生からは早く返事をくれ
とつっつかれ、誠意を見せて面接して3日後には返事
をし、すでに他の大学の合格を辞退してたのに肝心
の大学から公の文書がなかなか出てこなかったこと。
まぁこれは先生が悪いことではないんだが、少しぐ
らい責任感じて何かしてくれてもよさそうなのに、
それは全くなかった。まぁ余り期待してなかったけ
どね。

ともあれ夏以降の行き先が決定し、ようやくほっと
出来ました。もう少しこっちでがんばってみます。



2006年04月19日(水) 高校レベルのコーチの話

以前の日記でも書いたようにPurvisフットボール部は
新しいヘッドコーチを迎えた。去年からやっている
コーチに話を聞くとかなりやり方が変わったとのこと
だが、自分にとってはこのヘッドコーチがコーチと
してPetalにいた5年間から知っているので特別新しさ
はない。このコーチは最近2年間はPerry Centralとい
う高校でヘッドコーチをしてたのだが、自分のクリニ
ックが担当する学校だったため何度か試合をカバーし
話す機会もあったので、むしろ彼が何を求めているか
もわかってるつもり。この点では自分は今回非常に
幸運だと思う。

さてこのコーチ、今年からPurvisに請われてやって
きたのだが、実は彼だけでなく前の学校から4人の
コーチも引き連れてきた。きっと契約の時に彼らも
受け入れることを要請したんだろう。もちろんチーム
再建そしてプレーオフに進出するための条件として。
(おまけだがそのうち2人は既に知ってる人だった。
世間は狭い。)

高校レベルでもコーチがいい条件を求めて移籍し、
その分結果を求めれられると言うのはチームの健全
な発展にとってすごくいいことだと思う。片手間
で被害者意識を持ちながら顧問をやらされるどこかの
国のコーチとは大違い。

高校スポーツでの収入をアマチェアだからという言
葉を用いて巧みにごまかし、チームに還元しない協会
やスポンサーが諸悪の根源とは思うけど。



2006年04月18日(火) コーチとの雑談から

午後いつも通り高校へ行く。思いがけずシーズンが早く
終わった野球部は早速フィールドハウスのお掃除。選手
らが掃除している横で自分はコーチたちと雑談した。

言うまでもなく当初から今年はかなり厳しいと思ってい
て、事実District内のゲームは前半1勝4敗(ちなみに
7チームによる2回戦総当り)だった。だけど後半ローテ
の投手がゲームを作れるようになり、打線に当たりが出
始めるとなんと6勝1敗。チーム的にはようやく若い選手
が経験を積み、上り調子になっていただけに州のチャン
ピオンになれるとは思わなかったけど、どこまでいける
かやってみたかった、と言っていた。

確かに昨晩シニアデーだったのだが、5人のうち試合に
常時出ていた12年生はたった一人。最後の試合なので
皆お情け先発したが、そのうち2人が3つの致命的かつ
初歩的というか論外のエラーを初回で起し、4点を献上。
なんとその2人は1回裏で引っ込められたぐらいだった。
自分にとって彼らがどうして最後まで試合に出れなかっ
たよくわかった気がした。

そう考えると例え1回戦でも若手にプレーオフの経験を
させ、負けたらそれで終りという緊張感の中試合をさ
せられたら確かに有益かなと思った。ま、長い休みも
あることだし、彼らには来年以降期待しよう。思いが
けず今シーズンすごく伸びた選手もいたことだし。



2006年04月17日(月) Purvisで最後の試合

いろんなことがあった1日。出来るだけ短く書くことに
する。

昼は自分の上司がご飯をおごってくれた。P'villeに
ある家を売ったらしくお金が多少出来たとのこと。
聞く所によるとハリケーン・カトリーナ直撃以降
この辺りの不動産の値上がりがすごいらしい。地価は
約2−3倍、家はかなりの値上げになったとのこと。ま
た土地と家を同時には売ってはいけないらしい法律が
出来たとか、というのはそれを買って転売する人が出
て来ないようにするための措置だとか。

アメリカに滞在している人なら常識だが、こっちの
場合家は投資の対象で通常、状態さえ保っておけば
買ったときよりかなり高い値で売れる。また不動産の
支払いはかなりの節税にもなることをこの間のTax
Returnで学んだ。ところがハリケーン後メキシコ湾岸
地域に戻りたくない、戻れない人による特需で価格が
高騰、上司も売り時と判断したらしい。俺も家があれ
ばなぁ。

夜はPurvisの野球をカバー。いろんな複雑なことが
起きてPurvisはプレーオフに進出できなくなったら
しく、今晩が最後の試合。ということは自分にとって
もここでの最後の公式の試合のカバー。12年生ととも
に少ししんみりになった。一方で全てが終わって安堵
感もあったが、やはりどこか寂しく感じる。

大学のクラスメイトが結婚するとのこと、誰かこれを
読んで彼女に会える奴がいたらおめでとうと伝えて
下さい。



2006年04月16日(日) 2度目の完走を目指して

今日はイースター。ということで確か卵に関係したよなぁ
と思いゆで卵を作って食べました。こっちに来てすでに
7回目のイースターなんだけど、何の祭日だか全く覚えて
いない。全く興味ないから調べようともしないのがいけな
いんだろうけど。

今日は気分転換のため完全オフにしました。朝も2度寝。
気持ちいいなぁ。その後自分のHPを久しぶりにいじり、
午後はこれまた久しぶりに自転車でSumrallまで往復。
今日は50kmぐらい走ったのかなぁ。気温は高かったけど
風に助けられてどうにか完走しました。ここを離れるま
でにもう一度H'burg-Prentiss間を往復出来るよう、時間
を見つけて自転車を走らすつもり。

天気予報を見てびっくり、来週は毎日90Fを越すようだ。
火曜日からスプリングフットボールが始まるけど最初の
1週間は気候に慣れるだけで終わってしまうんだろうなぁ。
ちなみにPurvis Footballは今年から新しいヘッドコーチ
を迎えどのように練習、そしてシステムが変わるのかは
楽しみ。低迷するチームが変わるかどうか。



2006年04月15日(土) ソフトボールはプレーオフをカバー

今日はPetalのソフトボールの試合をカバー。こちらの
高校のソフトボールは既にレギュラーシーズンが終了し
今週末からプレーオフとなっています。

試合開始が11時からだったんだけど、滅茶苦茶暑かった。
持っていったサンスクリーン大活躍でした。それでも
かなり日焼けしたんだけど。1回戦目は延長8回で2-1、
2回戦は7回裏の逆転で7-6、とどちらもPetalが勝ち
プレーオフ2回戦にコマを進めました。途中暑くて選手
がふらふらしたり、相手の選手が交錯して片方の選手
がどうやら膝をやったり(相手にトレーナーと称する
方がいたので自分はその選手を触れず、実際はよくわか
らない)とソフトボールの試合にしては自分の出番が
あり疲れました。

ただ試合は面白かった。野球とソフトボールは見かけ
同じでも守備体形だったり作戦面であったりと似て
非なるものなんだけど、さすがプレーオフに出てくる
チームだけあってレベルが高く見ごたえがあった。
普段の3Aとは違い、4Aと上から2番目に大きな学校同志
の試合だったからかも知れないけど、非常に拮抗した
いい試合でした。最後はミスで決まったけどね。

ただ気になるのは投手、勝ったPetalの投手は15回を
全て一人で投げたよ、このクソ暑いのに。終わったあ
と「肩が重くて腕はしびれてる感じ」って言ってたの
で氷当ててあげたけど、来週末またこんなに投げちゃ
うんだろうか?



2006年04月14日(金) CPR/AEDの更新をしました

朝一番でCPR/AEDの資格更新のためにAAA(トリプルエー)
に行ってきました。行ってみると自分以外は皆女性。一
番始めに何故かお互いの自己紹介したんだけど、看護士
さんが多かった。それとEMTの教師をしてた人も。ATCは
自分だけだった。

4時間近くの講習も終り、テストを受けて無事更新終了。
忘れてるからと思って昨日教本を読んでおいたんだけど
そんなことしなくても全く問題なかった気がする。

だって試験の採点する前に新しいカードくれたし。。。

ちなみにCPRのやり方はまた前回と少し変わってました。
大人も子供も今では30回胸押して2回息を入れるのを
1セットとしていました。以前は大人と子供では回数が
違ったんだけど、覚えやすいよう統一したとのことです。
二人で行うCPRだと子供や幼児は未だに15回胸押して息を
吹き込むので、そこはテストでの引っ掛け所だけど。

そうそうCPRといえば数の数え方。以前1秒間に1回胸を
押すという決まりがあり、授業で自分は

One Missi-ssi-ppi、Two Missi-ssi-ppi、Three、、、

と数えるんだよと習い、またこの数え方は全米共通だと
教わった。なのでふぅんと覚えていたんだけど、実は
この数え方も南部の田舎もんの証明なようで、北では

One One-thousand、Two One-thousand、Three One-、、、

と数えるらしい。確かにコネティカットで一人この
数え方したら回りがにやついていました。ほかでは
どうなんだろ?

こんなことをふと思い出した一日でした。

P.S. 因みに日本ではいっとー、にーとー、さんとーと
数えると聞きました。とーって十かな?



2006年04月13日(木) えっ1位なの、今年?

今日の午後は自分担当のPurvis高校がAwayで試合だった
ため彼らが学校出発する前にそこに行き、テーピングや
らストレッチやらをして送り出した。昨日書いたとおり
大事な試合、さて勝てたんだろうか?

その後上司に言われた通りPetal高校へ行って、そこの
野球の試合をカバー。半分くらいは顔見知りなので普段
担当している高校でなくても気分はかなり楽。去年は
この高校州の決勝で負けたのだが、今年はどうなんだろ
う?と思って成績を聞いてみると23勝1敗でミシシッピ
州ランキング1位、全米でも10位だそうな。今年もすで
にDistrictでの優勝は決めているとのこと。こういう
チームの面倒は楽だぞ、と直感した。

事実、ただ打ちまくるだけでなくいやらしい点の取り方
も出来るチームで5回コールド勝ち。誰も怪我すること
なくまた特にストレッチや氷を当てるまでもなく解散。
いやぁ予想通りでした。

ここならまた仕事で来てもいいかも。



2006年04月12日(水) 南ミシシッピの高校野球の状況

アメリカ時間で今日は母親の誕生日。あらためておめで
とう。ゆっくりしておいしいものでも食べて下さい。

昨日ソフトボールと野球の両方の試合がホームであって
それでも自分しかATCがいないので両方の会場を行った
り来たりしてそれはそれで大変だったのだが、一ついい
ことが。チームとしては残念だが、ソフトボール部は
プレーオフに残れずシーズン終了が決定。これで面倒を
見なきゃいけないのが今週は野球とチアリーディングだけ
になった。もっとも来週から3週間スプリングフットボール
があるので、結局はまた忙しいんだけど。

その野球も実はプレーオフ進出が怪しいことが判明した。
確定したと思っていたのだが、昨晩2位のチームが現在5位
のチームにまさかのアップセットをくらい、4位のPurvis
と5位の学校がまた同率になったとのこと。直接対決は
1勝1敗だけど得失点差でうちが上回っている状態だとか。

でどうなるかは明日の試合いかんらしく、Purvisは3位の
チームと、5位のチームは1位のチームとあたりことにな
っているのでPurvis若干有利か。ただ相手はホームで、
Purvisはawayで試合だからほとんど差はない。勝てば文句
なし、負けても5位が負ければプレーオフ進出だけど、ど
ちらにしても胃が痛くなるよな、明晩。

さてどうなることやら。



2006年04月11日(火) 今年の確定申告終了

午前中オフだったので確定申告を終わらせた。4月15日
が締め切りだったのでぎりぎり。来年はもっと早めに
やろうとかなり反省。

自分の場合F1ビザで滞在が5年を超えたので、非常に
ややここしくなった。通るかどうかわからない申請
をしてnon-residentの状態を保って社会保障税と
メディケア税を免除してもらうか、それとも税法上
はUS-residentになって上2つの税金を払う代わりに
non-residentより優遇された低所得者の税率を適用
して払い戻し金額を多くするか、何度も検討した。
もちろんstandard deductionとitemized
deduction、どちらが自分に有利なのかも計算した。

結局雇い主の病院がこれまたややこしい会計処理を
してくれたおかげでどうやらnon-resident用の申請
方法では自分の場合処理出来ない事がわかり、税法
上アメリカ住民として確定申告をした。なんか変な
気分。

連邦税の申請を終わらせた後、州税の申請もやった。
一度連邦税の方をやったのでこちらは簡単。晴れて
どうやらお金がいくらか還って来るみたいだし無事
に終了できて一安心。もっともやり方があっている
と良いんだけどね。

それにしてもこういうことやると自分の所得が余り
にも少ないのにびっくり。こんなんでよく生活して
るなぁと思う。こんな額で生活出来てしまうのが逆
に恐ろしいぐらい。贅沢は全くしてないけどね。東
京じゃ絶対無理だな。



2006年04月10日(月) 車検のために検問?

アメリカに来て6年と3ヶ月が経過したが、こちらに来て
初めて車検を確認する検問にあった。飲酒運転やお尋ね
人がいるからということで検問にあったことはあるが、
車検の確認というのは聞いたこともない。

日本だと決められた周期で車検を通すのは非常に当たり
前のことだが、ミシシッピでは全く当てはまらない。
そもそもライトが前後つくか、ウィンカーが作動するか
だけが対象で値段も5ドルだし、さらに車検を通さなくて
も州のナンバープレートはもらえるので、車検なんぞ
通さなくていいや、と思う人の気持ちも大いに理解出来
たのが本音だった。しかし今日は勝手が違ったらしい。

案の定ものすごい数の車が横付けさせられ切符を切られ
ていた。Hwy11でPurvisに行く途中の所、何処も曲がる
ところがない一本道で誰も逃れられない。警察が余程
暇だったのか、それとも小銭を稼ごうとしたのかはわ
からないけど、捕まった車のせいで道が一本塞がれ、
渋滞が起きていた。あーいい迷惑。

日本と違って中古市場が大きく、車の形をしてかろうじ
て走っている車もみかけることが少なくない。最近の
人口の急激な増加に伴い交通事故も劇的に増えている
ため車の保険額も急上昇している。だったら少しでも
事故の可能性を減らすべく、こういうことは不公平なく
実施して欲しいなと思った。

あと教習所が必要かな、多くの皆さんは運転が下手すぎる。



2006年04月09日(日) 気分転換できました

のんびりした日曜日。朝から打ちっぱなしに行ってみた。
たぶん今年に入って初打ちではないかと思うけど、思い
のほか当たっていい気分。アベレージゴルファーは練習
のしすぎが禁物、という噂があるがある意味本当かも。

でもこうやっていい気になってコースに出たりすると
ぼろぼろなんだよねー。

昨日テニスして今日はゴルフして、明日は筋肉痛かなぁ
と少し不安にもなる。あまりないといいけど。テニスは
ほぼ毎週してもゴルフはしてなかったから、どこかいつ
もと違う所が痛くなるかなぁ。

税金関係、やればやるほど訳わからん。自分が今回留学
生としては非常に複雑な立場で、書類も複雑というのだ
けはわかった。恐らく自分のケースを普通の会計士さん
に相談しても奴らも頓珍漢なことを言うと思う。さて
どうしよ。

どちらにしても今回は追加で税金を払わないといけない
みたい。うぅーうー、痛い。



2006年04月08日(土) non-districtの試合って今やる必要あるの?

ミシシッピでの野球のシーズンはいよいよ大詰め。あと1週間
とちょっとでレギュラーシーズンを終え、プレーオフに入る。
自分が担当する高校はdistrictで5位で首の皮1枚だけプレー
オフに行けるチャンスがあったが、昨晩4位に勝ったお陰で
4位に浮上し、当確までマジック2となった。勝たなくては
いけない相手が弱すぎるのでほぼ確定と思うけど、なーんだ
今年もシーズンが延びるのか、と思うと少し複雑。(おい
おい、そんなんでいいのかと言う突っ込みごもっともです。)

で今日も試合があったのだが、今日はnon-districtの試合
で勝敗はどうでもよく、実際大味な試合で負けた。それでも
試合後のミーティングは短く、こっちが拍子抜けするぐらい。
だったらやるなよ、と思うけど。

確定申告は自分の場合思ったより複雑で、正直困ってます。
どうやらかなりお金を払わなくてはいけなくなりそう。
あーあ、でも仕方ないかぁ。

テニスして疲れました。明日大丈夫かな。



2006年04月07日(金) ガソリン高騰中

ガソリンが今日になってまた上がっていた。自分の家
の前のガススタンドでレギュラーが2ドル57セント。
これってハリケーン直撃以前だったら最高値のはず。
ハリケーン後でも相当の高値だと思うけどな。

車を使わなくて住む生活に戻りたいなと思ってしまう
今日この頃。車は楽だけど維持費などが高い。

これでまた日本車が売れるんだろうか?ハイブリッド
で電気とのものは日本メーカーが特許を抑えまくって
いるので、アメリカのメーカーはガソリンに混合させ
るエタノールの濃度を上げても走る車を躍起になって
開発しているらしい。

エタノールなら確かにサトウキビなど植物から発酵さ
せて作ることが出来るし、燃焼させても水を二酸化炭素
が出るだけなので環境には優しいはず。でもねー燃焼
効率悪くて馬力出ないんだよね、きっと。今までと同じ
タンクだと同じだけ燃料入れても走行距離ががた落ち
だからタンクを大型にしないといけないし。そうなる
とまた車大きくなって燃費が落ちるんだけど。

さてアメリカのメーカーの対応はいかに。そういえば
GMACを手放したんだってね、ジェネラルモータース。
本業とは関係ないけど稼ぎ頭だったのに。



2006年04月06日(木) おぢさんのつぶやき

午前中時間があったので税金の確定申告をやった。
やったと言っても全く終わってないのだが。今年
で申告6年目になるので、今まで通りのやり方は
一切通用しなくなったのが悩み。どうやら身分は
全くアメリカ居住者でないのに、税法上の身分は
アメリカ居住者になってしまうようだ。ただ学生
のうちはまだnon-residentとして扱われることも
ありうる(というかこっちはいい加減だから担当者
によって裁定が変わるかと思う)ので、それに挑戦
してみたいと思う。でもこれってあんまりしない
方がいいのかなぁ。

今日は野球の練習をカバーした後、夕方からソフト
ボールの試合をカバー。Senior Dayということで試
合前にセレモニーが行われたが、感極まってかいつ
までも記念撮影やハグが行われて大幅に試合開始が
遅れた。しらける相手チーム、徐々にいらつく自分。

おぢさんねー、試合もいいけど仕事終わらせて早く
帰りたいの、わかってもらえないかなぁ。



2006年04月05日(水) どうでもいい番組の感想

仕事的にはいつも通りの水曜日。午前中のリハビリは
患者さんがいつもより少なくて楽だった。午後の高校
では野球、ソフトボールともに試合がなく、5時半す
ぎには終了。家には6時に帰れた嬉しい日。

帰ってきてご飯食べながらThe Apprenticeの再放送を
見た。月曜日に試合が入って見れなかった回のもの。
今日の結果は番組内のコメントにもあったように誰か
らみても明らかだった。ま、直属の上司がこの人だっ
たら部下としてはいいけど、経営者としては困ったな
という所か。端的に言うと情に厚すぎるんです、はい。

さてここに書こうとしたことは実はそのことではなく
アメリカにおける宗教のこと。今回実は一人が宗教の
行事を優先しその日のプロジェクト遂行を拒否した。
その彼が負けたチームにいたから問題に。

トランプ氏はそのことについて理解を示しながらも彼
に厳しく「(毎回誰かが解雇されるのに宗教的理由
とは言え今回免除されうることについて)公平では
ないんじゃないか?」と問い正していたがその彼は
「ぼくは何とも言えない、だってこれで今のぼくが
あるんだから」と答えていた。その答えを聞いて
トランプ氏は彼への質問をやめた。

この面接ゲーム、プロジェクトマネージャーをやって
勝つと次回は解雇をされないルールがある。宗教的
に大事な日は変わらないのだから彼が少しでもチーム
メイトに配慮を見せようとするのなら、彼は前回プロ
ジェクトマネージャーをやって勝ち、今週は解雇免除
の人となるべきだった。日本人の社会常識からすると
彼はそうすべきだった。

何が言いたいかと言うと、アメリカで宗教というもの
は非常に重く、いわば無宗教に近い多くの日本人にと
って理解しがたい、しかし侵すことの出来ない領域で
あるということだ。前回の大統領選挙でもあったよう
に、もっともこれは極論だけれども、アメリカ人は戦
争で人が死ぬより、自分の宗教心のが大切なのだ。

ただ一方で上で指摘したように共闘しているチーム
メイトに配慮が出来なかった点は彼にとって大きな
マイナスポイントだと思う。自分が経営者ならこち
らを非難すると思う。トランプ氏がどう考えたかは
知らんが。

それにしてもこの番組、アメリカの文化、社会につ
いていろいろなことを教えてくれる。駐米の駐在員
になりアメリカ人を部下に持つ人には必見の番組だ
と思うが。



2006年04月04日(火) 幸せの日

4月4日は4が二つあるので幸せの日。確かに幸せになれ
た夢を見た。あぁーあんな夢をまた見たい。現実にな
ってもいいぞ。

今度は他人に幸せを分けてあげる番と思い、先週から
電話で勧誘されていた献血に行った。全分献血と思っ
ていたが前回と同じように血小板とRBCsをお願いされ
たので、じゃ時間もあるしそうしましょということに。

献血台の椅子はいい感じでリクラインされて、質も皮
で非常に心地がいい。飛行機だったらファーストクラ
スか。早くこういう椅子で太平洋便を飛べる身分にな
りたいものである。

前回と同じように血中の血小板の数を調べられ、さら
に質問を受けて問題なく合格。1時間強の献血に入った。
どうせのんびり出来ると思って雑誌を持っていき、
さらに衛星TVも見られると言うので楽しみにしていた
が、何故か献血担当のおばはんしゃべりまくって自分
が思い描いていたことを全くさせてくれない。結局
衛星TVがなかなかうまく見れない(ただケーブルが
緩んでいるだけだったが)こと、そして成分献血室に
自分一人しかいなかったこともあり45分ほどひたすら
おばはんと話をするはめに。折角直してくれたので
残りはTVを見たが、それでも20分ぐらいだった。持っ
ていった雑誌は全くみれなかったし。あぁーあ。

それでもえらく感謝され、ジュースを5本飲みTシャツ
ももらって来たのでよしとする。血小板は健康そのも
のと褒められたし。

ということで冒頭の通り幸せな1日となりました。

P.S. ふと思ったのだが献血担当に愛想良く容姿端麗な
看護婦つけて、さらにHootersのかっこさせて献血中に
話をさせたらあほな(自分も含めて)男性陣が献血に
殺到すると思ったのだが、どうだろう?血が足りない
ってそんなに言うのなら検討の余地があるのでは?



2006年04月03日(月) 今晩の試合は最悪

夜にまた高校の試合をカバーしたが、余りにもだらけ
た試合で嫌気がさした。エラーの数が異常、最後には
少々のエラーをエラーと記録しなくなった。最終スコ
アは19−11で負け、試合が終わったのが9時半ごろ。
こんな収穫のない試合、やって意味があるんだろうか?

最近暑くて仕方がない。夜になっても70Fを割るか割ら
ない程度で冷房がもう欠かせない。今週末寒さが戻っ
てくる、という話を朝の世間話で聞いたが、本当に戻
ってくるんだろうな、戻ってきてくれ。

今年の花粉症は例年と比べて楽なのだが、それでも
今日はきつかった。風が強くて暖かかったからかも
知れない。薬を飲んでも鼻水じゅるじゅる。やーねー。

4月に入ったことだし、気分を入れ替えて何か始めた
いと思った1日。だらだらしてきてるからね、最近。



2006年04月02日(日) ニューオリンズ・カトリーナ被害ツアー

午前中、ハリケーン・カトリーナの際に堤防が決壊
した地域を見学に行ってきました。当たり前だけど
堤防が建設された以外は全く復旧してません。現場
から離れていくと、多くはないもののトレーラーハ
ウスが建物に横付けされている家が見受けられ、こ
の人達は家を元に戻そうとする努力をしていること
がわかりました。でも話を聞くと、これらの人は
余程運がよくて保険がすぐ下りたか、お金持ちで、
普通の人は帰って来ようにも帰って来れないのが現
状のようです。

あらためて気が重くなりました。まだまだ信号が
復活してない所も数多くありましたし。

東ニューオリンズも0からほんの少し家に戻ってき
ている車、人をみかけましたが、それでもお店が
全く戻っておらず、家を直してもどうやって生活
するのかなぁと。

そもそも街そのものが復興するのかすら疑問に思え
てしまった半日でした。次回行く時には少しでも
改善されているといいのですが。



2006年04月01日(土) 暑いって言ってもなぁ

今日も野球の試合をカバーした。ハティスバーグから
30分南に行ったかなり田舎のところで、外野の後ろに
見えるのは放牧された牛たちであったが、野球場の
施設は素晴らしかった。この辺りの高校でもトップ
クラスと言えるだろう。

で試合は、折角昨日粘ってサヨナラ勝ちしたのにまた
元に戻ってしまうような拙攻、ミスの連続で敗戦。
疲れていたのかなぁ。暑かったせいもあるが、それは
相手も同じ。しかしこの程度の暑さで日射病の症状を
出す選手が続出して、こいつら弱いなぁと思ってしま
った。基本的にこの野球部は基礎体力が全くなってな
いのが最大の問題所。

その後ニューオリンズへ。楽しく夜を過ごしてきまし
た。もっともあらためて身の引き締まる重いでしたが。


よろしければクリックして投票下さい↓


My追加

にほんブログ村 海外生活ブログへ
 < 過去  INDEX  未来 >
Shuidri [MAIL] [HOMEPAGE]