留学先での独り言

2006年03月31日(金) やっぱりお前らはおかしい

非常に長かった1日、疲れた。

朝のリハビリは一人が休んだおかげで何故かその負担
が全て自分に降りかかってきた。他の奴らに振ればい
いのに大ボスは何故か俺に振ってくる。しゃべっては
笑い転げている輩が横にいるのに。自分しか出来ない
患者を担当するのは自分でいいけど、今日のは誰だっ
てよさそうなものなのに謎。それでも他の学生らと給
料が一緒(一人は実際俺より上)なのが全く納得いか
ない。

午後はソフトボール部、野球部ともに試合があった。
どちらも最終回の最後の最後までも悪い意味でもつ
れて、いらいらさせてくれた。

某ソフトボールの投手、最終回突如ストライクが入ら
なくなり12球連続ボールで3人歩かせる。3点差だが
無死満塁。ダグアウトからヘッドコーチが「しっかり
しなさい」みたいなことを言うと手を広げて「私にだ
ってわからない」とのたまう。で次の打者にも初球
ボールを投げてたまりかねたヘッドコーチはそこで投
手を交代。するとこの投手逆切れ、マウンドに寄ってき
たコーチの顔を見ずにボールを放り投げてベンチへ。
ベンチでもグローブを投げ捨ててふてていた。

別に女の子らしくしろ、とは言わないけど何か違うん
じゃねぇのかなぁ?それとも俺の考え方が古いのか?

因みにその子のお母さんは今日自分の隣に座ってみ
ていた。俺が彼女の親だったら恥ずかしくてその場
にいられないけど、彼女はもちろん最後までそこに
いて、試合終わって出てきた時「貴方は悪くないわ」
みたいな言葉をかけていた。馬鹿じゃねぇの、って
本当に馬鹿なんだけどさ。

この国に躾という言葉はない。



2006年03月30日(木) こういうATCになってはいけませんの巻

午前中は歯医者に行く。型を取っておいた金属をかぶ
せるだけであったが、うまくはまらず型を取り直して
今日はおしまい。ただ日本と違うのは、今日実質1時間
ぐらい医者が作業しても結果、何も変わらなかったの
で料金は徴収されなかったこと。

午後はいつも通り高校へ。夕方からはソフトボール部
の試合をカバーした。どうみても相手が格上だったが
5回まではうまくやって2−0でリード。しかしここか
ら2つの致命的なエラーを起こし、同点とされる。しか
しまた幸運なことに6回裏にも1点をとれて3−2。7回
表、走者を一人だすも順調に2アウトをとり、最後の
打者を迎えるだけとなった。

ここまで投手戦のこともあり、時計の針は8時をすぎた
ばかりだった。早く仕事を終えて岐路につきたい自分
は無事にこのまま試合が終わるのを祈った。相手の
打者が2−2からレフトにポップフライを打ち上げた。
自分も含めて誰もが試合終了かと思って腰を上げた
その時だった。レフトの子、思いっきり落としやがった。

ARE YOU KILLING ME?

英語が得意でない自分でもこういうフレーズはとっさ
に出てくるもの。早く帰りたかったのにぃ。裏も当たり
前のように得点を出来ず延長戦へ。こういうときは
えてして点が入らないもので9回まで行った。最後
は相手が1点とって裏を抑えてゲームセット。周りの
観客はheartbreakな試合だった、などと言っていたが
自分にとっても痛い試合だった。

だって結局いつもより帰りが遅くなったんだもん。
ちなみに明日もあさっても試合あり。ふぅ。



2006年03月29日(水) ガソリン、また上がってる

朝二度寝してしまい、7時55分に家を出たため病院に
10分遅刻。やばいと思っていたら上司はもっと遅れて
きたため、無罪。逆にむこうが謝っていた。迷惑だっ
たのは患者さんなんだけどね。

ガソリンがまた上がっていて2ドル50セント目前。
これはハリケーン・カトリーナ直撃前の数値と一緒。
また何か問題が起きたんだろうか?それよりお猿が
石油会社を儲けさせたいだけなのか。

昨日勝ったためか今日の野球部の練習は短め。一度
抜け出してソフトボール部にしばらく立ち寄り、戻
ってきてみると終わっていた。先週末も2試合、今週
末も2試合あってさらに火曜日にも試合があったから
疲れ具合を考慮したんだろうか?

それでいつもより早く帰れたので、久しぶりに自転車
を乗りにいった。今までと同じ距離(20kmぐらい)
なのだが、やはりつらく感じた。今まで出願関係で
忙しくてなかなか時間がとれなかったので、それが
終わった今少し運動しなきゃな、と思う。



2006年03月28日(火) 今年初のコールド勝ちで5位確保

いつも通り高校へ。懐いている子が虫垂炎でしばらく
入院してたのだが、今日久しぶりに元気な顔を見せて
くれてハグをしてくれた。薬にアレルギーがあって
医者が服用させたい薬を飲むことが出来なかったため
長引いたとのこと。腹膜炎でも併発したのかと思って
ただけに、ほっとした。

夕方からは野球部の試合。事実上districtのブービー
決定戦。ただ今日の相手に負けるほど落ちぶれてなか
ったらしく、12-2の5回コールドで連敗を6で止めた。
これでdistrictも単独5位を確保。上位一つ食えば
4位以内でプレーオフの機会も出てくるので、チーム
のムードが少し明るくなった気がする。これが怪我人の
pain thresholdも上がると自分の立場的に楽なのだが。

United Blood Serviceから電話が入った。貴方の血
が必要とのこと。アメリカ人に余りA型いないはずだ
けどなぁと思いつつ、いないから稀に必要なのかと
も思う。来週時間が出来たら献血しにいくかな。

風邪が完全に治ったらの話だけど。



2006年03月27日(月) 視聴率をとりにいく番組

自分にとっては特別な日だったのだが、いつも通りに
仕事をし、いつも通りに過ごした。夜電話をもらって
楽しくリラックスして話せたのはよかったけど。

今日は何もしないと決めていたので、テレビを3時弱
見てしまった。以前見かけたことはあったが初めて
全部を観た番組でDeal or No dealというのがあるの
だが、これほど運だけでお金をもらえる番組はない。
日本でいういわゆるミリネアは1ミリオンもらえる可
能性があってもクイズに正解しなくてはならず知性
が必要だが、この番組は勘だけ。大金をとらなくて
も途中で妥協すれば数万ドルぐらいは誰でも簡単に
手に入ってしまう仕組み。おれもこの番組出たい。

しかもあれだな、ゲームが単純かつきれいなドレス
を着たおねえちゃんを26人集めて画面に出すこの
番組、作り自体は非常に安易だよなぁ。まぁそれが
わかってもチャンネルをとめて見てしまった自分も
自分だが。



2006年03月26日(日) ♪ハイ、ハイ、ハイハイハイ

自分は3歳か4歳の時からエレクトーンを15年習ったおか
げで絶対音感がある。メロディーを聴けばそれをすぐに
ドレミに直すことが出来るし、普通のバンドぐらいなら
各パートごとを聞き分けて楽譜に起こすことも出来る。

ところが必ずしもそれがいいことばかりではない。一度
メロディーをしっかり聴くとそれがなかなか頭から離れ
ないのだ。だから自分は音楽を聴きながら勉強を絶対に
出来ない。

以前ある大学受験のために吉祥寺に行ったのだが、そ
の大学に行く前に街頭で現在裁判中である方の街頭演説
に出くわした。周りで踊っている人もいて「あははっ」
と笑っていたのだが一方で妙に印象に残った。実際彼ら
のサブリミナル効果はばっちし、試験中「♪しょーこー
しょーこー」という旋律が頭でずっと鳴り響いて全く集
中できなかったのだ。そこの大学には受かったからよか
ったものの、あれで落ちていたら訴える必要があったと
思う。

実は今日、またある旋律に頭が侵された。友人から貸し
てもらったCDROMの中にお笑いの映像があったのだが、
その中の「レギュラー」という人たちの「あるある探検隊」
のネタを数本見てしまったからだ。まぁ面白かったからい
いんだけど、今でも自分の頭にあの旋律がはっきりと流れ
てる。

「あるある探検隊!あるある探検隊! 」

今日本ってこういう芸人さんがはやってるんだろうか?



2006年03月25日(土) 負けが込むと痛みの程度は上がるの巻

土曜日だと言うのに7時過ぎには起きてしまった。
ぢぢい化が進んでいるのかなぁ。

午後には野球の試合をカバー。バントがどうして
こんなに出来ないのか理解出来ない。これが出来な
きゃ振っても当たらないよな。Purvisは深いどろ沼
の6連敗。districtでも1勝5敗でびりから2番目。選
手たちも負け続けているためか、なんとなくイタイ
イタイ病が蔓延している。調子悪いと痛いせいにす
るんだよなぁ、きたねー。最悪の循環。

まだ咳が出ているけど、身体は動かした方がいいの
で夜にテニスをした。今日は4人参加でダブルスを。
意外と長い時間やって楽しみました。心地よい疲れ
がいい感じ。

明日はまたいつも通りやらなきゃいけないことに
追われる1日になりそう。



2006年03月24日(金) 寒くて野球できませんでした

今晩は普段の担当とは違う高校の野球をカバーする予定
だったのだが、寒い寒い注意報が発令されたおかげで
なんと中止に。でもどれぐらい寒くなるかって言った
って夜中に35Fぐらいになるだけなんだよね。南部で
この時期だと寒いけど、北の人に言わせたらなんだそ
りゃ、そのぐらいの寒さでって言われるよね。

ということですごく久しぶりに金曜の夜を部屋ですご
しました。のんびり出来てうれしいです。早く体調も
回復させたいし。

最近自分のアパートの外がうるさい。25年前の実家の
近くみたいにバイクをふかして「ぶぉんぶぉん」と音
を出し、非常にうざい。前、アパートにこんな人住ん
でいなかったのにな。

この辺りも治安が悪くなって気がする。



2006年03月23日(木) あと1ヶ月

カレンダーを見て高校のソフトボール部はあと3週間、
野球部は4週間程度でシーズンが終わることを知った。
残念ながら今年のチームが5月中頃に行われるState
Championshipゲームまで残るとは考えにくい。となる
と去年より早いオフが来るだろうなぁ。となるとここ
で足掛け2年やったお仕事も終了。そう考えると少し
寂しくもある。

金曜日は野球部、ソフトボール部両方とも遠征なので
夜はお休みかなぁと思ったらまた有難いことにボスが
お仕事を入れてくれた。恐らくこの地区びり決定戦で
見ていられないだろうとのこと。

そんな試合振らないでほしいなぁ。
しかもかなり気温も寒いらしいし。

今月の給料がまだもらっていないことに気づく。病院
に文句言わなきゃ。



2006年03月22日(水) 女性はスパイ行動に最適

午前中はいつも通り病院へ。11時台には2人患者さんの
予約が入っていたが現れず、12時までおしゃべりタイム。
今日はクリニックの秘書の部屋でみんなでおしゃべり
した。お題は「高校の野球の話」。

実はこの秘書さん、自分が担当する高校の野球部の
ヘッドコーチの奥さんだったりする。うちのヘッドコ
ーチ、自分や選手にはどちらかと感情を迎えて腹の内
を見せない人なのだが、奥さんにはどうやら愚痴るら
しい。

今回は昨晩の試合のミスジャッジで試合の流れが多い
に変えられたことを話してた。うちが4連打で4点を
もぎとり、この本塁突入の際のミスジャッジがなけれ
ば5点目が入って、さらに2アウトながら2塁3塁、打順
はトップに戻ってきたはずだった。

もちろん当然コーチは審判に抗議したのだが受け入れ
られずその回はおしまい。それをきっかけに流れは
完全に相手校に移り、5回まで4−0で勝っていたのが
終わってみれば4−12での敗戦。確かに非常に悔やまれ
る誤審だった。

試合後も意外を淡々としていたのだが、今朝の奥さん
の話を聞くと腸が煮えくり返る思いだったらしい。
また主力選手の肝心な所でのエラーもありえんと話し
ていたらしい。やはり家庭では本音が出るのか。

とまぁ、ヘッドコーチの人間らしい所を垣間見れて
楽しかったのだが、逆に言うと病院での自分のことも
彼女からヘッドコーチに筒抜けということ。まぁ
田舎では行動に気をつけよう、ということか。



2006年03月21日(火) WBCに関するこっちの反応

まぁみんな気にしていると思うのでWBCの話を書くと、
日本優勝したね、おめでとうと言ってくれたのは自分
の病院でのボスと高校の野球部の子の2人でした。ま
ボスはアメリカ人とは言え元々南米出身で純アメ人
ではなく、高校生の子はイチロー好きでその延長で
見ていただけとのこと。ま、そんなもんでしょう。

ESPNに似たCSSとか言うスポーツ番組がこっちには
あるんだけど、そこでの討論ではやはりアメリカは
今回のWBCに関しては全くやる気になってない、何故
ならこれはレギュラーシーズンではないし、負けた
からと言って彼らが失うこともないとのコメント。
周りにいた4人のパネラーも一同そうだとばかり
頷いていた。わかっていたけど、予想した通りの
反応で笑ってしまう。アメリカ人とはそういう人種。

むしろ2度勝っても準決勝で負けた韓国の監督の
コメントのが興味深い。「まだまだ日本から学ぶ
べきことは多い。」謙虚とは言えこう言われた方が
余程将来が怖い。韓国の野球伸びるぞ。



2006年03月20日(月) トルネード来たか?

いつも通りに午前中は病院に行き、午後は高校に行った
のだが心はそこにあらず。一日中進路をどうするか考え
てた。2つの学校からOKをいただいているのだが、1日で
何回も行き先が変わってる。どうなることやら。明日
あさって中には決めて報告しなくちゃいけないのに。

昼過ぎからトルネード警報が出て、天気が非常に不安定
だった。実際高校のソフトボールの試合は中止、野球の
練習は雨と風のため早めに切り上げられた。急いで帰ろ
うと車を走らせたら、途中で木が倒れていて道が遮断
されていた。どうにか迂回して帰ってこれたからよか
ったけど。

最後ぐらいWBCを観てみようかと思います。それでは。



2006年03月19日(日) こんなところでみかけるなんて

昼過ぎから練習があったのでいつもの高校へ。そこへ
行く途中珍しいものを見た。ある車の後ろに貼って
あったステッカーなのだが、「ブッシュにノーを、
兵士をアメリカへ帰せ」と書いてあった。こういう
運動を以前にTVで見たことはあったが、共和党の大基
盤ミシシッピで見かけるとは思いもよらなかった。し
かも白ちゃんのピックアップで、である。

今週も時間がなかったので今日はせめて運動しようと
仕事後、友達とテニスをした。最初は二人で打ってい
たのだが、隣のおじさん+おじいちゃんに誘われて
ダブルスをすることに。対決するものだと思ったら
一人ずつ彼らとペアを組んだ。2セットやったが、
日本人らしく他人に迷惑をかけることは出来ないと
思い、かなり真剣に球を拾った。そのためかダブルス
やっただけなのに、試合後心地よい疲れが出た。

ちなみにこのおじいさん、移動するときに必ず心臓
を抑えてしばらく立ち止まるのでテニスやって大丈夫
なのか?と心配だったが、打たせるとなかなかどうし
て早い球を打ってきた。サーブも打点はすごく低いの
だが、リストを効かせていい球を確率よく打っていた。

おれもこんなぢぢいになりたいと思った次第。



2006年03月18日(土) ハティスバーグ着

無事遠征から帰ってきました。帰りのドライブは気が
抜けたのか疲れました。ハティスバーグにあと1時間
ほどで着く、という距離になってから急に雨が降って
きて視界が悪くなり、疲れも伴ってひやひやの運転
でした。

泊まっていた所がオーガスタだったので、そこを経つ
前にマスターズの会場となるオーガスタインターナシ
ョナルに寄ってみることに。入り口を探すこと数十分。

見つかりません。

周りが木々で囲まれ、表立った門構えはなかったです。
どうやらメンバー専用の入り口がそれらしく、しかし
守衛がきちんと車の出入りを見張っていて全くでもって
入れずじまい。まぁそこで中を覗いて噴水みたいなの
が見えたけど、それだけでした。残念。

後は帰り道、同乗者に大学紹介を兼ねてタスカルーサ
に立ち寄りました。何度もおじゃまさせてもらって
いるので、まるでこの大学にいたかのようかのごとく
迷わず案内を敢行。のんびりした大きなキャンパスが
お気に召したようでした。

今回の遠征は疲れたけど、かなり実りのあるものでした。
よかった、よかった。



2006年03月17日(金) 第2回面接

また1日かけて1つの面接を受けてきました。今日は全部
で5人ぐらいの方と各20−30分ずつ話をしました。感想、

「異常に疲れたー。」

新しい人に会うということだけで疲れるのに、苦手な英語で
あーだ、こーだ自分を大きく見せて虚勢を張るのは魂を削
っている感じ。

さらにねずみくんの手術に2時間ほど立ち会いました。
ふくらはぎの腱を切って、ステロイドを打ってどれ程
回復が早くなるか調べる研究の一部でした。注射打たれ
たり、皮切られたりするたびに「ちゅー」と泣くねずみ
くんがいましたが、その度に麻酔をかがされ「しゅん」
とした彼らを見るとちょっと可愛そうに思いました。
でも先生の言うとおり「近年の医学の発達は動物実験
による所が非常に大きい」と思うので、彼らの犠牲
に感謝しつつアメリカにいるので「あーめん」と心で
つぶやくことにしました。ありがとう、ねずみくん。

明日ハティスバーグに車で戻ります。



2006年03月16日(木) 移動中

今晩はジョージアのオーガスタに宿をとっています。
あと数週間したらあのマスターズが行われる、オー
ガスタです。チェックインの際に受付の人とその話
をしたら「その週になると前の道路は全然動かない
わよ」とのこと。歩いた方が早いそうです。やはり
すごい人らしい。

ちなみにこのホテルからゴルフ場までは車で5分ぐ
らいの距離とのこと。帰りに見学していこうかな。

今日は頭痛と喉の痛みがとれて快調。お腹もかなり
回復してます。夜はたくさん中華を食べても今の所
問題ないし。明日には完全回復と期待したい。

明日はここからさらに車で少し行ったところを訪問
してきます。万事うまくいくことを祈っていて下さ
い。



2006年03月15日(水) お猿の支持率が下がってるから?

人生是気合と思っている自分だが、これだけ調子が
悪いとやる気も失せてしまう。今日は鼻をすすり
すぎか頭が痛かった。お腹の調子もまだ本調子には
ほど遠い。

午後から夕方にかけて時間があったので、今晩ぐ
らいWBCを観てみるかなと思って韓国-日本戦の
試合時間を調べてみた。で時間になったけど、あ
れ生では中継してないみたい。

そういえば午前中病院でWBCの話をしてみたけど
普段スポーツ好きだらけの人たちなのに誰も知らな
かった。オープン戦ぐらいの位置づけか。

自分が入っているACSMからメイルが来た。
2007年度のNIHグラント額の増加が認められないと
去年と全く変わらなくとのこと。それで追加をする
かどうかの投票が水、木曜日あたりにあるので議員
にメイル送ってサポートしてくれとか。

あれっお猿が科学推進に対して協力にサポートする
って声明をこの間だしたばっかりじゃなかったっけ?
議会の認識は違うのかぁ。個人的にもRAの可能性が
減るわけだから増えて欲しいが、誰にお願いすれば
いいんだろう?

明日からまたおでかけです。東の方に行ってきます。
戻りは土曜日かな。



2006年03月14日(火) 仁義なき戦い、姉妹編

問題はないもののどうも胃腸系の調子がすっきりしない。
どうしたんだろう。さらに昨日花粉が多かったのか、朝
からくしゃみ・鼻水が止まらない。口で息しているのが
多いのか、なんとなく喉もひりひりする。1年で最悪の
季節がやってきたようで、気が本当に重い。

午前中ある大学へ出願書類を提出した。これで出願関係
の手続きは全て終了。あとは結果を待つのみ。

午後は春休み中といっても普通通りに高校へ。夕方から
女子のソフトボールの試合があったのだが、面白い光景
を見た。このチーム、雰囲気が良く似た姉妹がいるのだ
が、妹は運動神経いいのに、姉は少しどん臭い。で試合
の途中、何がきっかけでそうなったのかわからなかった
が、いつの間にか、、、

この姉妹、喧嘩してた。

お姉ちゃんは1塁手、妹は2塁手。守備についた時は
隣同士になる。守備についてから投手がアップ終わるま
で内野は1塁手がボールを転がしては他が送球する練習
をするのだが、このお姉ちゃん、妹に滅茶苦茶きつい
ライナー性のゴロを妹に投げつけた。かろうじて妹は
捕球したものの思わずカッとなる。今度は至近距離から
姉の顔めがけて思い切りボールを投げつけた。姉はそれ
を取ることを出来ず、グラブをかすめてボールは1塁側
のフェンス直撃。

ムードは険悪、お互いしばし睨み合う。。。

そこでヘッドコーチがベンチから近い姉に声をかける。
「Be cool, xxx」そこはお姉ちゃん、ちょっとにこっとした。
今度はすぐ近くの観客席から彼らのお母さんが妹に一言
声をかけた。「にこにこしないといいプレー出来ないわよ」

しかし気の強い妹、お母さんを思いっきり
睨み返した。うーん。

結局試合は負けたんだけど、結局この姉妹試合そっち
のけで最後までしこっていた。これにはコーチも困りは
てていた。逆にお母さんはすまなそうにしてた。

姉妹なんだから仲良くしなきゃあかんよ。普段は愛想
良くてとてもかわいい二人なのに。



2006年03月13日(月) だるぅー

なんとなく腹部の調子がおかしい。なんとなく体調が
すぐれないが、休みをとるほどでもない。早く治れ。

ストレスがたまっているのかも知れない。最近考える
ことがたくさんありすぎる。多くのミシシッピの人み
たいにお気楽に生きてみたい。

体調不良のせいなのか、運動不足なのかここ数日家に
帰ってご飯を食べると眠気と疲れがぼわっと寄せてく
る。やることがあるのにやる気に全くならない。どう
したもんだろう。元々は超夜型の人間で、夜こそが
プライムタイムだったのに。

「ぢぢいに近づいているからじゃないの?」という
つっこみが聞こえるがうーん、否定できん。何だか
最近朝とか午前中のが調子いいし、昔に比べれば遥か
に早起きになってるし。これって何か遺伝子的にも
根拠があるのかなぁ。

入院中の祖母が昨日誕生日を迎えたはず。おめでとう
とともに一日も早く回復を祈ってます。



2006年03月12日(日) 3月だよ、3月、暑すぎぃ

暑い、暑い、あーつーいー。

昨日寝る前に冷房をかけて寝る直前に切って寝たん
だけど、早朝暑くて起きてしまった。睡眠に戻れな
かったのでTVをつけてみたんだけど、朝の4時でも
まだ気温が73F。湿度もあるしもうちょっとした夏
なんですけど。

朝起きても気分はいまいち。余りいい睡眠が取れな
かったようだ。それでも日曜日、毎度のやらなきゃ
いけないことを少しずつやった。今たくさんの事務
作業があって大変。

髪を切りに行こうとモールに行ったが、床屋さんで
余りにも人がたくさん並んでいた(8人)ので帰って
きた。途中他の床屋さんにも寄ってみたが、日曜日は
お休みだった。殿様商売だなぁ。

気分直しに久しぶりに運動した。走ってウェイト挙げ
てみた。その後ご飯を食べたらいい気分。今度は眠く
て仕方ない。まだ今日中にやりたいことがたくさん
あるのに。

今10時、ご飯から時間たったのにまだねむーい。



2006年03月11日(土) 知り合い割引

歳はとりたくないもので、夜更かしすると次の日が
こたえる。今日はその典型でどうも調子が出なかった。
昨日浴びた花粉の影響なのかも知れないが。

午前中は風呂掃除だけやった。きれいになったバス
タブを見ると気持ちがいい。掃除は嫌いでないのだ
がなかなか時間が取れないのが玉に瑕。

夕方から高校の野球の試合をカバー。無駄な失点が
多すぎて最終回の追い上げも及ばす。今年は投手を
含めたディフェンスが悪すぎるので、勝てる気がし
ない。さらに打てないし、細かいことは出来ないし。

そうそう午後に車のオイル交換に行ったのだが、
たまたま高校の野球部からもらったTシャツを着てい
ったらそこのメカニックがPurvis在住で息子がそこ
の2年生で野球をしてるとのこと。いろいろと話が進
み、割引をしてくれたり、無料でちょっとした追加
のメンテナンスもしてくれた。代わりに息子に何か
怪我があったら宜しく、と。

でも小学校の練習は見てないんだよねぇ。もちろん
言わなかったけど。



2006年03月10日(金) 週末らしい週末をすごす

台風ほどでないにしろ昨日大きな低気圧が通過した
せいか、今日は湿度が高く暑い日だった。朝から晩
まで1日中半袖短パンですごせたぐらいだった。

いつも通り午前中は病院でリハビリ、午後は高校
で部活をカバーした。細かいことを探せば書くこと
はあるけれど、特筆することはなし。

夜同業者でニューオリンズに試合のためにチームと
帯同して来ている友達に会いに行った。彼と会うの
はボルチモアのNATA総会以来だからほぼ1年10ヶ月
ぶりぐらいか。お約束の生牡蠣とベニエを食べて
楽しい時間を過ごした。

翌朝早いのに一緒に行ってもらったKZくん、無理
させてしまってごめんよぉ。



2006年03月09日(木) 天気は大荒れの予報、しかしそれ程でもなかったのが幸い

今日の午後、昨夏のハリケーンを思わせる強い風と
雨が降るとの天気予報が出たため、普段行く高校
は午後の予定を全てキャンセルして生徒を家に帰ら
せた。つまり部活も中止。思わぬオフとなった。

一方でこういう天気では自分も出歩くことが出来
ないので、家でおとなしく文献を読むことに。
それでも寝っころがったりして少しのんびりしす
ぎたかな、反省。

そういえばようやく一つ、ある大学から公の合格
通知をいただきました。有難いことです。アシス
タントシップの申し出がまだなのと、他の大学も
これから訪問したりするのでまだ最終決定ではな
いけれど、それでも1つ入学を認めてもらえただ
けでも精神的に楽になったし、今後の希望が持て
てるようになりました。

進路決定についてはもう少しがんばってみる必要
があるようです。



2006年03月08日(水) 処方箋の行方

毎日過ぎるのが本当に早いこの頃。歳をとると時間が
すぎるのが早く感じる。やりたいことはたくさんある
のに。

蟻に噛まれた所を今日上司に見せると「こんなひどい
反応は見たことない」と言うことですぐに2階の医者
のオフィスに連れて行かれ、そこで処方箋を書いても
らった。この先生、うちの病院にいるからもちろん
整形外科なのだが、こんなものの処方箋も書けるのか
と妙に勉強になった。

医者の免許があると、いろんな薬が出せて楽だなぁ。
ATCにも処方出切る薬があるといいのだが。

といいながらステロイド系の薬で高そうなので、まだ
薬局に行ってない。今お金ないから、使わなくていい
お金は使いたくないし。

早く腫れとかゆみがとれるといいけど。



2006年03月07日(火) 引用論文1位に日本人が選ばれたけれども

今日は野球部もソフトボール部も試合だったが、ソフト
ボール部が地元で遠征だったのでそっちをカバーした。
こんな時野球部に対して何するかというと、彼らが遠征
(と言っても高校のそれは日帰り)に行く前に行って
必要なストレッチとテーピングを施し、送り出すこと。
今日の場合、それは3時半で終わった。ソフトボールの
試合は5時半、まぁ誰も怪我人いないし5時くらいに行け
ばいい。

ということでその時間Purvis図書館でTimeを読みました。
気になった記事がアメリカが科学研究の分野で衰退を
しているということの警告記事。イスラエルやフィン
ランド、アジアだと中国と韓国でPh.D.を取得する科学
者が多く、例えアメリカでそれを取ってもその後母国に
戻る人が増えたそうな。また優秀なアメリカ人科学者も
いい環境を求めて海外に出ているとのこと。おサルの
ブッシュの科学に対する無策とけちぶりに愛想をつか
しているようだ。

こんなことを人事のように読んでいたが、果たして日本
はどうなのかと少し心配になった。こっちの人から日本
は国内で十分な研究機関があるからアメリカに来る人が
少ないのではないか、と言われたことがあるか本当なの
だろうか?それだったら海外からもっと優秀な科学者が
日本に集まってもよさそうだけど、それがならないのは
言葉の問題だけなんだろうか?

アメリカを他山の火事と見るのは危険なような気がする。



2006年03月06日(月) 仁義なき戦い 蟻ども vs 自分

先日蟻に噛まれたと書いたが、今日も噛まれた。今度
は右腕、ぽっくり腫れた。またファイヤーアントだっ
たと思う。噛まれた瞬間痛かったし、抹殺した時見た
色が真っ赤だったから。

噛まれた所は野球場のダグアウト。これには実は伏線
があった。ダグアウトで練習を見守っていると、大量
の蟻がえさを求めて行進しているのを発見。先日噛ん
だ恨みとばかり、行進中の蟻どもを片っ端から足で
踏みつけた。のたうち回るファイヤーアント、勝ち誇
る自分。体格で勝る人間様に歯向かうことの愚かさを
ファイヤーアント達に骨の髄まで(昆虫に骨はないけ
ど)教え込んだつもりだった。

その後安心してダグアウト内のベンチに座って練習を
再度見守った。世界に平和が来たかと思っていた。

ところが、である。右前腕に微かながらも痛みが走った。
目をやると1匹のファイヤーアントが自分の右腕に登り
最後の抵抗とばかり噛みやがったのだ。もちろん即刻
処刑した。しかし噛まれた所は数分も経つとぽつんと
痛みを伴った腫れが出来、数時間後には半径2センチほ
どの腫れに広がった。小さな蟻の一撃とはいえ、人間
を悩ますのに十分な復讐であった。薬塗っても腫れて
るし、痛痒い。

しかし人間としてここで自分が負けるわけにはいかない。
戦いの火蓋は今日改めて切って落とされた。

またいつか、続く。



2006年03月05日(日) 花粉対策の話

今日も昼間はぽかぽか陽気。おかげで朝から鼻もむず
むず。こういう日は薬を飲んで部屋に閉じこもるに限
る。去年の余った花粉症用の薬と、頭痛対策のための
tylenolを飲んだ。完全には止まらないものの、昨日
よりはましだったかな。

そういえば鼻づまり対策に使うPseudoephedorineだけ
どラリる薬に手軽に転換できるらしく、ウォールマー
トでも棚に品物を置かずに札を持って薬局の担当者か
ら引き受ける仕組みに変わっていた。大量買いを防ぐ
ためであろうが、本当に必要な人間にとっては面倒な
こった。家にあるものがなくなった買わなきゃいけな
いんだけど。

夜に買っておいたルーを使ってアメリカに来て初めて
ハヤシライスを作った。なかなかおいしかった。カレー
とは違い日本の味。これもカレーのようにウォール
マートで売っていると便利なんだけどなぁ。



2006年03月04日(土) 花粉飛来

朝起きると毎年来るいやーな感じ。今年に入って数度
あったのだが、今回のは本格的なものだ。確かに昨日
は暖かかった。起き上がると重力によって鼻の中から
滴るものがあった。

開店休業状態の日々が始まるようです。鼻水は垂れる
し、我慢して頭が痛いし、最悪です。

といいながら久しぶりにテニスをしました。運動して
いる間は何故か快調。楽しい時間を過ごしました。
運動しないと。

しかし家に帰ってしばらくすると、今度は鼻づまりが。
今回のが重い。

寝ることにします。ふぅー。



2006年03月03日(金) 幸せなマッチングを考えた日

今日は雛祭りで女の子の日です。女の子の皆さん
おめでとう。自分もひなあられ食べないと。

昨日の夜中寝る前にテレビつけたら驚いたことに
WBCの韓国-台湾戦が中継されていた。ものすごい
久しぶりに見た東京ドーム。地方予選が放映され
るなんて、サッカーのW杯よりはWBCの方がアメリ
カでは見る人が多いのかなぁと。

気づくともう3月、今の仕事の契約もあと3ヶ月を
切った。BOCから新しいカードも着て、2008年まで
はATCの資格が有効だとか。遅らばせながら先月
ミシシッピ州のライセンスもいやいやお金を払って
とったし、普通の人から見れば今の職業はアスレ
ティックトレーナーと言えるんだなぁとふと思った。
でもあんまりその意識がないんだよね。

今後の話は少しずつ進んでます。今日も吉兆を
予感させるメイルをもらいました。迷うことは
あるけど、プログラムの良し悪しだけでなく、
本当に人に望まれて行く学校のがいいんじゃない
かなぁと考えた1日でした。



2006年03月02日(木) 蟻にやられた

昨日蟻さんに左手の人差し指の付け根をガブっと
噛まれた。すぐにあの世に送ったが蟻酸はしっかり
と染み込まれたようで、手の甲が赤ん坊の手のよう
に腫れてしまった。小さいのにすごい毒。でそれを
面白がって今日高校のコーチやら選手に見せまくっ
ていたのだが「それ、アレルギーじゃないの?」と
皆に言われた。

そうなの?皆は噛まれてもこうならないの?

さて日中、人生2度目の電話インタビューを受けた。
電話で英語を話すのでさえ嫌なのに、それが初めて
でしかも相手が大学の先生で、さらに選考の過程と
なると否が応でも緊張した。

と言いながら思いのほかことは滞りなく進み、20分
ほどでインタビューは終わった。次のステップの
学校及び研究室訪問を要請されたので、良かったと
いうことなんだろう。

はぁ、早く精神的に開放されたいなぁ。



2006年03月01日(水) リーマン、今と昔

気づいたら今日1週間ぶりに夜10時前に家に帰ってきた。
日本でリーマン中は当たり前だったが、あの時は出勤
時間が遅かったのに対し、今は基本的に朝8時には病院
にいる。しかもあの時より歳を食っているとなれば
疲れるわけだな、おぢさんも。

といいながら明日重要なことが午前中にあるので今晩
はその下準備の追われることに。まぁ、死ぬわけじゃ
ないし、これで今後が全て決まってしまうわけでは
ないのでお気楽に、ともいえるけど、出来ることは
やっぱりしておこうかなと。

といいながらお気に入りの番組、LINGOをずっと見て
しまった。あぁーあ。

これからやります。


よろしければクリックして投票下さい↓


My追加

にほんブログ村 海外生活ブログへ
 < 過去  INDEX  未来 >
Shuidri [MAIL] [HOMEPAGE]