留学先での独り言

2005年11月30日(水) 刺激を求めて

ハリケーン直撃から3ヶ月、未だハリケーンによって出
た木々やごみを運ぶトラックを数多く見かける。屋根も
ブルーシートをかけただけで直している節はない。直す
気がないのかも知れないが。

これといって特筆することがない1日。午前中はいつも
通り病院で患者さんのリハビリ、午後は高校へ。病院の
リハビリは法律上自分が仕事をしても患者に直接課金出
来ないので、上司であるPTの言うことを聞いてやるだけ。
時には自分で勝手にメニューを変えても大筋は上の指示
を従ってやるだけ。考えなくていいのは異常に楽な反面、
仕事は単調だし自身の向上も期待出来ないし飽きが来る。
お金も安いしやっぱこの仕事、長くは続けられん。

高校でも何故かうちは怪我人が多く出て3人がアウトして
いるとはいえフットボールに比べればスローで楽。常に
目を光らせていないと何が起きるかわからない、というこ
とはない。フットボールでは毎日何件もの怪我の評価を
してたけど、今は週に数件あるかないか。何もないこと
はいいことなんだけど、時間が流れるのが遅すぎる。

ストレスありすぎるのは大問題だけどなさ過ぎるのも問題。
TVでERやParamedicsなど救急病院の様子を見すぎなのかも
知れないけど、あんな仕事をやってみたいとも思ったり
する今日この頃。



2005年11月29日(火) 貧乏人のひがみ

やっと気温が下がって涼しくなった。昼間で50F台。
これぐらいでいいと思う、冬は。

今日は昼間ずっと勉強して夕方から夜にかけたバスケ
の試合をカバー。うちの高校がサンクスギビングを
挟んで連勝。珍しいこっちゃ。あと2つ勝つと去年の
勝った数にすでに並ぶんだけど。

ネットでヤンキースの松井の話を少し読んだ。彼が
NYで住んでいるアパートの家賃が100万以上するとか
で超豪華マンションとか書かれていたが、マンハッタン
は日本の普通のマンション並みでも軽く月20万はする
ところ。安全面も考えて超がつくほど豪華とは思えない。

また彼が払っているかどうかもわからんが、彼の年収
からみたら家賃なんてごみみたいなもん。月収30万の
人がその3割の家賃9万の部屋に住むことなんてざらに
あるはずだろうから、月収1億の人が月100万(0.1割)
の部屋に住んだって決してこれみよがしに贅沢な部屋
に住んでいるとは思えない。

日本のスポーツ系のマスコミのみなさん、もっとスポ
ーツを見ることが楽しくなるような記事を書いて下さ
い。統計と試合解説にもっと力を入れてくれることを
希望します。



2005年11月28日(月) 生徒の親からの相談されたこと

連休明けでいまいち調子が乗らないのが普通だけど、
今日は朝から元気よく過ごせた。いいことだ。病院
に来た患者さんとしゃべったことはこの休みにどれ
だけ食べたかだけだったけどね。

同じ高校を担当して2年目、最近子供だけでなく親
から相談を受けることが何度かあった。それは子供
の怪我のことではなく職業のこと。「うちの子供
がATになりたいって言ってるんだけど、どうすれば
ATになれるのか」といった類の質問。基本的には
さしあたり高校で科学や解剖学の授業とって、夏に
USMの高校生AT向けのキャンプに出てみるのがいい
かな、その後大学はATプログラムにある大学に行って、
卒業後試験受けて合格する必要がありますよ、とオ
ウムのように答えてる。嘘ではないがいい加減な
もんだ。
それでも親は「そうですか、有難う」と
大抵言ってくれるのでそんなもんでいいのでしょう。

この学校には自分しかATがいないので、少なからず
生徒がぼくの仕事を見て思うところがあったのかと
思うとちゃんとやらなくてはと思いました。最近
経験は積んでも知識はほとんど積んでないし。

もっとも見るからにガイジンで訳のわからん言葉を
しゃべる○○○(←おれ)でもやれるんだから、俺
も(私も)出来んだろう、そしたらフットボールや
バスケの試合ただで見れるしな、程度の考えかも
知れませんが。



2005年11月27日(日) やはり体重増えていた。。。

今日もぬるい日だった。夕方でも70F越えていた。
涼しくなること希望。

今日でいわゆるサンクスギビングの連休が終わるが
どうやら最近の食いすぎで少し太ったみたい。お腹
がゆるい気がする。折角夏に10lb以上しぼったのに。
ということで今日は自転車で1時間ほど走った。こ
れが異常に疲れたんだよなぁ。夏前に8時間以上走っ
てPrentissに行ったのが嘘のよう。

ということで夕飯は健康的にお野菜たっぷりの
ミネストローネを作ってみました。初めて作った
けどかなりうまくいって大満足。

NFLのダイジェストを観ていて思わず笑った。シンシ
ナティにC.ジョンソンといういいレシーバーがいるが、
彼の見所はプレーだけでなくTD後のセレブレーション。
今日はTDパスをキャッチ後、コーナーのパイロンを持
ちだし、それをパターに見立ててフットボールをパット
しその後タイガーウッズの真似してガッツポーズをした
のだ。その仕草がユーモラスでかわいかった。

以前確か過剰なパフォーマンスでリーグより罰金をと
られたはずだが、最近のは見ていて笑えるからいい。
他のお気に入りだとボールを人に見立ててCPRをしてた
こともあった。普段の生活の中で目を配り、今度はこれ
をやろう、といろいろとネタを仕込んでいるに違いない。
練習してんのかも。

次は何をみせてくれるか、楽しみだったりする。それに
は彼にTDパスを取ってもらわないといけないのだが。



2005年11月26日(土) 大雨が降った日

今日は雨が降っていて湿気があり、生ぬるい一日だった。
雨の中USMフットボール最終戦を観にいったが、雨に濡れ
たものの寒さは感じず、この時期にしてはよかったんじゃ
ないかと。自分にとってはもう少し寒い気候が好き。その
方がいろんなことで効率があがるから。

そのUSM、今日勝ってどうにか勝ち越してボウルゲーム
出場の権利は得たが、カンファレンスの順位表を見ると上
には直接対決で負けたチームばかりで選ばれるのはきつそ
う。もっとも去年、今年とボウルゲームに出るのにふさわ
しいチームでは全く思えないんだが、体育会側はお金が
欲しいからどんなのでも出たいだろう。

ニューオリンズ改めラフィエットボウルか、せいぜい。
相手もSunbeltのチーム(どうせ勝つ)、場所もニューオ
リンズじゃないし、まず行かないだろう。

あぁつまんねぇ。今年もなんだかんだ言って地元の試合
は皆勤賞だったのになぁ。



2005年11月25日(金) カシオワールドオープンのダイジェストを観ました

ニュースを見ているとKarate Kidsに出演していたMorita
さんが亡くなられたらしい。誰?と思うかも知れないけ
どアメリカではそこそこ知られている俳優さん。その
Karate kidsではMr. Miyagiとして出演し師匠役を演じ
てたのだが、そのおかげで何度かお前の苗字はMiyagiか
と聞かれたことがある。

その後ゴルフチャンネルを見ているとなんと日本のカシオ
ワールドが放映されていた。もちろんミシェール・ウィ
の中継だけど、映像はもろに日本のまま。英語の吹き替
えが入っていたけど素人に近いこてこての日本語英語で、
間違いなく日本で編集されたと思われるもの。ウィーが
最初のバーディを取ると「こんにちはバーディ」、2連続
でバーディをとると「これは万歳バーディ」と言って解説
してたけど、これを聞いていたアメリカ人は何のことか
さっぱりだろう。もっとも実況も文章ではなく名詞だらけ、
発音も滅茶苦茶でかなり日本人英語に精通してないと聞き
取れなかったはずだが。

カシオワールドでウィーが来たからには世界で配信される
ことがわかっていたのに、何でこんな人材しか確保でき
なかったんだろうと主催者側の考えに苦しむ。例えば戸張
捷を出してくればもっとましな解説を英語で出来ただろうに。

ただギャラリーのおっさんたちの声は面白かった。ウィー
のティーショット見ては「おぉぉぉー、ナイッショー」
ピンチをしのいでパーパットを沈めると「オッケェー」と
と言う声が聞こえた。日本のゴルフ中継ってこんなだった
よなぁって。

それと同組に手嶋を配したは主催者側の配慮だろう。彼は
MTSU卒だから英語話せるし、日本とアメリカのゴルフの
違いも知っているだろうから。それだけにウィーには予選
突破してもらいたかっただろうなぁ、主催者側としては。
4日回らなくなったためにいくらお金を損したんだろう?



2005年11月24日(木) 食い倒れの日

アメリカ滞在の人は皆書いていると思うけど、今日は
サンクスギビングで祝日。朝からNYCで行われるパレ
ード観て、NFL観て、たらふく食べて過ごしました。

今年は高校のバスケ部のコーチのお宅にお邪魔する
ためPicayuneというここからI-59を1時間ほど南に
下ったところに行ってきました。行った所は大きな
おうちでびっくり。多くの人が来てたけど、やはり
珍しい人(人種?)でスペシャルゲスト扱い。何を
食べるのも一番に取らせてもらったけど、一方で質
問攻め。それだけ気を使ってもらっているということ
なんだけど、こっちも恐縮してしまうんだよなぁ。

結局たくさんお土産ももらって帰ってきました。
2,3日食べるものには困らなそう。

帰り際薬局を除いて全てのお店が閉まっているのを
みてふと思ったこと。こういう休みの時アメリカは
不便だなぁと。日本だと別に正月でもクリスマスで
も一人で過ごせる店が普通に開いていて時間を過ご
すことに事欠かないのに、こっちはない。まるで家
族でいないと罪な雰囲気さえある。

宗教でもそうだけど、意外と多様性が認められて
いないんだよね、この国。自分が田舎に住んでいる
せいも多分にあると思うけどね。



2005年11月23日(水) こっちで生活するうえで避けられないこと

ふと日本だと今日は勤労感謝の日であることを思い出す。
働いている人ご苦労さん、と言った感じか。まぁ子供は
子供なりに、大人は大人なりに自分の役目を果たすべく
毎日過ごしているだろうから、まぁこの辺りに休みを
入れましょうということだろうけど。

サンクスギビング前日で今朝のPTクリニックはさらに
ひま。キャンセルの連絡があるならまだ良い方、ただ
現れないという患者も半分ぐらいだった。本来なら
午後までやっているのだが、こんな状況なのでうちの
セラピストたちも強引に午前中で上がるべく、午後予
約の患者に連絡を入れ午前中に来るかキャンセルをし
てもらっていた。だったら最初から午後に予約を入れ
させなきゃいいのに。

午後は新たなる職(しかしパートタイム)に出願すべ
く、書類作成に精を出した。こっちで雇用される時って
税金関係のものがすごく多くて面倒。担当してくれた
秘書の人は留学生の処遇について何も知らず、仕方なく
新しい税金の書類を全て自分でIRSのサイトで調べながら
記入した。今年度はGAとして給料をもらったり、普通
のパートタイム社員として給料をもらったり、雇用主
も2つとかなり複雑になって、来年の税金申告はかなり
面倒になりそう。

ただいろいろ調べているうちに8月以降払ってきた
社会保障税とMedicareに関する税金の還元申請方法が
わかった。結構とられているので早めに書類を出そう
と思ふ。



2005年11月22日(火) 窓越しの寒空を見て考へたこと

街は確実に祝日ムードに入りつつある。高校は部活以外
すでにお休み、部活も雰囲気はのんびりな感じ。

火曜日は普段病院でリハビリの日ではないのだが、先週
PTの人に今週はきっと忙しいだろうから手伝ってもらえ
る?と言われたので行くことにしたのだが、あけてびっく
ひま、ひま、ひま。患者さんの多くがキャンセルして
患者よりはるかにスタッフの多かった。これをみかねて
そのPTの方が自分に書類整理とPC入力業務の仕事を
与えてくれた。これを言われなかったら「帰っていいです
か?」と絶対に言ってたと思う。

夜に久しぶりに学校に行き、外が見える個室でピアノを
弾いた。きっとハリケーンに遭って時間をもてあまして
いた時以来。

なんだかんだ言って仕事だけをすればあとは自由にすご
せる身分にまだなっていないので、なかなか普段こんな
ことで気晴らししようとする気にならなかった。いい年
こいていつまでこんな生活をしていなきゃいけないんだ?
と思うも、今の職業では将来見えないので仕方ない。
自分がした投資、得た知識、経験などの総合的な自分の
価値に対して支払われる賃金が低すぎるから。

日本でリーマン続けていればよかったかなぁという思い
がふとよぎった日。下手に考えず流れに乗って流された
方が楽だし結果的に人って幸せなのかも。



2005年11月21日(月) 市立図書館での出来事

大きなネタはないが、細かい話がいくつかあった1日。

部屋にある乾燥機が動かなくなって、マネージャー
さんに1時半ごろ連絡したら夕方には修理屋さんが
来て直ってた。このアパートの管理人は非常に優秀。

同じPTクリニックのPoplarvilleで働いている方が
自動車事故でなくなって今朝クリニックは大騒ぎ。
まだ20歳前後でPearl Riverの学生だとか。夕方
5時半ごろというからまだ真っ暗ではなかったのに
トラックと衝突したとか。車の運転にはくれぐれも
気をつけましょう。

夕方というより夜に市内図書館へ。以前にも書いた
本が現在貸し出し中ながらも図書館に所蔵されている
はずなので、waiting listに名前書いて時期が来たら
借りられるようにしようと思って。

で受付のアフリカ系アメリカ人のねーちゃんと話す。

自分「この本、今貸し出し中だけど読みたいので予約
   をしたいのですが。」

受付「ちょっと待ってね。(と言ってPCをいじる)
   えぇーと、確かに貸し出し中ね」

自分「どうすれば予約出来ますか?」

受付「あれ、ちょっと待って、これ返って来ないわ」

自分「どういうこと?」

受付「だって4月からに貸し出したままになってる」

自分「はぁ?」

受付「でもいいわ、新しく注文しましょ。ここに新しい本の
   リクエストして。」

自分「いいんですか?」

受付「いいわよ、どうせ返って来ないから」

この状況あんまりよくないと思いますが。



2005年11月20日(日) 2週連続して日曜日、体調がいまいち

基本的に日曜日しか休みがない状態なので日曜日は
効率よく過ごしたいと思うけど、先週、今週の日曜
日ともに頭痛がして思うように事が進まない。なん
となく疲れが残っているんだろうか?とは言っても
シーズン中となればしばらく休みがない同業の人も
たくさんいるわけで、週に1度の休みが確実にある
だけでも文句は言えないのだが。

ということで今日は良く寝た。昼寝も2回した。
その間やったことといえばテレビを観たのを
散歩したことぐらい。本当はやらなきゃいけない
ことあるんだけど、もうすでに夜になってしまった。

ミッシェルウィーが日本に行っているらしい。今週
の大会に出場中のウッズといい、オフにも日本でひ
と稼ぎといったところか。でもウッズは出場料だけ
でなく、優勝賞金も持って帰るみたい。いくらにな
るんだ?

さて残り少ない今日を少しでも有効に使いますかな。
来週はサンクスギビングでいつもより仕事が少ない
はずだし。



2005年11月19日(土) 友達は大切

朝から昼過ぎにかけてはPetal高校に行ってサッカーの
試合をカバー。今日は昨日のお願い通り怪我人が誰も
出なかった。毎回こうであって欲しい。

その後友達とテニスを少々。最近週に1回のテニスが
いい気分転換になってる。テニスはみんなで身体を
動かせてお金がほとんどかからないいいスポーツだ。

その後フットボール試合前恒例、ただ食いツアー
テイルゲートパーティへ。まずは自分の出身学科のテント
に行ってガンボ、サラダ、チキンの揚げたものをいただく。
なかなかおいしかった。次にBSUでハンバーガーとホット
ドッグをもらってこようとしたら、何故か今日はその
テントが見つからず。仕方ないので他にあたろうと
ふらふらしていると、自分の病院と競合している病院
のテントで友達発見。手招きされて遠慮なくテントの
中へ。

実は今日自分の病院のTシャツ、スウェットを着ていて
本来なら非常にきまずいのだが、その友達がジャケット
貸してくれてそれを着て食事をとる列に参加。そこで
はBBQのハンバーガーとポテトサラダ、お豆をいただく。
これもなかなかうまかった。

お腹はこれでかなり満腹になり、さて試合を観ようと
ゲートに並んだら学生IDをスキャンしていること発見。
つまり今学期授業を登録してないと入れないようにし
ていたのだ。あぁこれで古いIDでは入れない、家に帰
るしかない、とがっくりして帰ろうとしたらイベント
管理を担当している昔一緒にフットボール部で仕事し
た友人を発見。彼に頼み込むとうまいこと入れてくれた。
これには感謝。友人というのは本当に大切だと思う。
(これもちょっと使い方が違うかも。)

試合はというと、寒かった。3Qの途中で帰りました。
今年のフットボール部は近年まれにみる弱さだと思う。
そろそろヘッドコーチ変わって欲しいんだけど。



2005年11月18日(金) 怪我人続出中

今日は金曜日、早くも1週間が終わる。気づいたら来週
はサンクスギビング、早いなぁ。

今晩もバスケの試合をカバーしたが、また怪我人が出た。
今日は右肩の脱臼。3日前に一人小指を脱臼し、他の一人
は先週awayの試合で一人がACLを切って今朝再建手術を受
けたばかり。(今晩車椅子で観に来てたけど。)フット
ボールじゃないのにすでに3人がアウトしている。フット
ボールで怪我をした選手ら(ACLの捻挫と親指の開放脱臼)
は今週から戻ってきたが、まだ本調子じゃないし。

日本人的感覚から言うとこの高校、お払いを受けた方が
いい気がする。ずばり厄年でしょ。でも英語でなんて説
明すればいいんだろう?

明日は他の高校のサッカーの試合をカバーするけど怪我
人がでませんように。



2005年11月17日(木) 久しぶりにパンを焼いた日

いつも通り木曜日は次の日試合があることが多いので
練習が短め。今日も5時半すぎに家に帰ることが出来た。
外も涼しいし部屋も温まる、ということでパンをこねて
焼いてみた。今焼いている途中。久しぶりだけにおいし
く出来るかな。

パンをこねながらいつも通りトランプのApprenticeを
観た。この番組を観ているといかに自分を主張し、
対立することを厭わず、自分のミスを認めないことが
大事かを教えてくれる。平和主義(?)の自分には合
ってないかなぁと思うも、日本の事なかれ、なれあい
主義も合ってないんだよなぁ。

来年どうするかを決めるためにようやく今日から行動
を取り始めた。今までもいろいろと調べてたけど行動
に移したのは今期最初。うまくいくことを祈るのみ。

そういえば今日女子のバスケの練習中、学生コーチが
生徒に混じって試合形式の練習をしてたけど、何故か
そのコーチ、相手がシュートするとき横で奇声を発し
ながら手を叩いていた。何か意味があるんだろうか?

去年のゴール下でドンと構える横綱みたいな選手を
思い出してしまった。



2005年11月15日(火) 今日はまじめに仕事してきました

William Careyの女子サッカーがシーズンを終わって
くれたおかげで火、木曜日の朝はゆっくり。その分
お金は入ってこないんだけどね。

午後は昨日と同じくOak Groveへ。今日はちゃんと
試合を見て仕事もしてきましたよ。男女ともやっぱり
大敗で特に男子の方は8分4Qという短い時間なのにあ
やうく相手に100点ゲームを献上しそうになったぐらい
でした。(ちなみにうちの高校はその半分以下の点)

あっ、もちろんホスピタリティールームで夕飯いた
だいてきました。今日はサンドイッチだったけど、
中に入っていたハムとローストビーフがおいしいこと。
普段自分が買うハムがいかにちゃちいかわかりました。

おととい気になる本を発見しました。以前にも紹介した
ブライアングリーンの超ひも理論に関する本の続本が
去年出ていたようです。日本語で読んでも何だかわか
ったようなわからないような本なのに英語で読めるか
なぁ、と心配になって購入をためらっていたのですが
なんと今調べたらハティスバーグ図書館にあるとのこ
と。ぜひ借りてきて読んでみようかと思います。

でも2週間という短い期間で読めるわけないよなぁ。



2005年11月14日(月) とあるATCのダメダメ日記

今日の午後はいつものPurvis高校に行かず、夕方から
のバスケの遠征に帯同した。遠征と言ってもOak Grove
で試合だったので普段より近かったからそうしたんだ
けどね。

行くと予想通りOak Groveで知り合いのフルタイムのATC
が会場にどんと座っていたのでまずはしばし談笑。その
後試合に目をやると、大学のATプログラム後輩くんが
カバーする高校が来ていて、案の定ベンチ後ろに彼が
居たのでまたしばし談笑。彼の試合が終わると前述の
Oak Grove担当のATCが「ホスピタリティールームがある
からそこで夕飯食べてきなよ、俺が試合見ているから」
ということで自分の高校の試合が始まってもお言葉に
甘えて別室に移って夕食をとった。リブやチキン、ポテ
トにお豆と豪華な食べ物満載で遠慮なくお腹がいっぱい
になるまでのんびり食べた。

あぁお腹が苦しいと思いながら試合会場の体育館に
戻ると、女子の試合が終わっていた。

やばい、のんびりし過ぎた。

と思うも過ぎ去ったことをくよくよしてはいけないので
使い方が違うかも)次の男子の試合に集中することに。

でベンチに座ろうとすると今年の夏にPetal高校で
ストリングスコーチの実習をしたときにそこに来ていた
生徒たちに久しぶりに遭遇。特にその子達はかわいか
ったので試合など見ず集中して
やむなくまたまたしばし
歓談。またねー、と言った時にはすでにハーフタイムに
突入していた。試合の方は大負けしていて、うちのベンチ
側の観客席の空気はかなり重かった。そんな中で実はその
相手校の女の子たちと延々と話してた自分。

この雰囲気、気まずすぎる。。。

こんな時ぼくは大人ちゃんなので空気を察して席を立ち、
中立の場所へ。ふぅと息をゆっくりはいて落ち着こうとす
ると隣は女子ソフトボール選手のお父さんであることに気
づく。彼の娘は今年バスケをやってないので、試合がどう
であろうと感情的になってない。これは安牌とばかり
残りの時間は彼と一緒に試合を見ることにした。お互い
いつの間にか野球の話で盛り上がって、実はこれまた
全然男子の試合を見てなかったのは秘密。まぁ選手の親と
仲良くするのも仕事のうちだからいいとしよう。誰も怪我
しなかったみたいだし。

試合後何事もなかったようにロッカールームに行って
試合の出来はどうであれ怪我人が出なかったのを確認。
ヘッドコーチに連絡して家路につこうとすると、ある
選手が一言「あれ○○○(←自分の名前)、今晩いたの?」

ごめん、明日はちゃんと仕事します。



2005年11月13日(日) 日記をつけていて役立つこと

日記を書く理由の一つに後で読み返して数年前はどう
だったっけ、ということを思い起こせること。特に
ここに住んでいるといつまで暖かかったっけ?という
素朴な疑問に駆られることがある。確か数年前は大晦日
でもTシャツ短パンで外をうろうろしていた。というこ
とで現況を書いておくと、昨晩8時半過ぎからテニスを
したけどTシャツ短パンだったし、今日夕方買い物にで
かけた時もTシャツ短パンだった。たまに寒いこともあ
るが、まだ日中は十分に暖かいと思う。

そのテニス、昨日はかなり長くやった。特に参加者が
3人しかいなかったので、1人1人が必ず1vs2のハンデ
マッチをやったのだがこれがえらくつかれた。おかげ
で昨日は睡眠10時間の爆睡。おかげで朝(昼?)は
非常にすっきり。

今日はなんか勉強する気になれずフットボールばかり
観ていた。合計で2試合半ぐらいみたんじゃないかな。
フットボールは自分にとって麻薬みたいなもの。時間
と余裕があれば週末5、6試合観るのもへっちゃら。

GREの勉強もフットボールぐらい面白かったなぁ。



2005年11月12日(土) フットボール部のバンクェットに参加

夕方、Purvis高校のフットボールのBanquet(注:辞書を
引くと宴会となっていたが、ちょっとこの響きは違う。)
に行ってきた。ネクタイを締めたのは春に友達の結婚式に
出席した時以来今年2度目。日本にいた時は平日毎日だった
のに。

つくと人がたくさん。気づいたことは自分が3年生の親と
はほとんど顔見知りだったということ。今年いかに3年生
に怪我が多かったかを物語っている。。。実際親の方か
も今年は大変だったでしょうと声をかけられたし。

ヘッドコーチの一言、3年生の紹介、今年の戦績を紹介され
た後は待ってましたのお食事。ここはこの辺りでおいしさ
で有名なレストランだけに期待していた。バッフェ形式な
ので各自取りに行くと

「あれっ?」

何も目新しいものがないんですけど。シーフードっていう
から何があるんだろうって思ってたんだけど、海老と牡蠣
となまず(いずれも揚げたもの)だけ。あとは普通にお肉
やポテト、お豆類、サラダがおいてあった。

あのぉ、USMコモンズとの違いがわからないのですが。

それでも折角招待されてご飯を食べられるのでいっぱい
食べた。(じゃぁ文句言うなというお叱りの言葉は
受け付けません。)さらに最後に学校から感謝のカードとと
もに改めて御礼の言葉もいただいた。個人的にはお金
をもらい、その対価として仕事をしているだけなんだけど
それでもこうしてもらえると給料が安くてもやってよかった
かなぁと。

ともあれPurvis高校の今年のフットボールの活動は全て終了
した。個人的にはフットボールが終われば今年度の半分以上
が終わったも同然で、かなり気分的に楽になったかな。



2005年11月11日(金) ガソリンに関する話

最近ガソリンの値段がみるみる落ちている。一時期この
辺りでも2ドル80セントぐらいまでいったが、今は2ドル
20セント台。まだまだ高いもののハリケーン直後の異様
な高さからは開放された感じ。

ここ数ヶ月、車のCMも傾向が変わった。今まで表立って
強調してこなかったのに、最近は燃費のよさを強調する
宣伝が圧倒的に増えた。ある高級セダンでもガロン28
マイルとか表示するようになったのである。これはアメ
車では今まで見られなかったこと。それでも日本車には
遠く及ばないのだけどね。

一方でおととい辺り、各石油会社が第3Qでどこも過去最
高益出し、ハリケーン後の混乱時でも利益を出し続けた
ことで批判の対象となっていた。みんながお金を出し合
い痛みを分かち合っていた時でも、利益を追求し続けた
会社の対応に抗議が殺到したようだ。彼らの言い訳は
ガソリンスタンドのガソリン価格決定権を持ち合わせて
なく、例え卸値を安くしてもガソリンスタンドの価格を
調整するのは不可能だったとか。でも破格で、つまり
自腹を切ろうとも混乱を収拾し、復興援助のためにガス
を提供できなかったのかねぇ。

よく考えるとおサル大統領のお膝元はテキサス、彼が
関連する石油会社、卸会社は多数あると言う。となれば
今回の戦争、及びハリケーン被害による原油高騰はそれ
らに莫大な利益を誘導したはず。それなら不人気でも
おサルの懐は温かいはずですな。あと3年我慢すれば
隠居してお金を使う時間もあろうだろうに。



2005年11月10日(木) 今年のPurvisバスケを探る

午前中はGREの勉強して午後はいつも通り高校へ。

フットボールのプレーオフには縁のない高校なので
バスケに全ての選手が集まっている。基本的には去年
もプレーしてた選手が中心。3年生でほとんどのスタ
メンは埋まるだろう。ただ2人ほどフットボールの
怪我でまだ練習に復帰できず、チームはまだ手探り
状態。自分はバスケについてど素人なのであっている
どうかわからないが、誰が司令塔となるGにつくかが
疑問。適任がいない気がする。内側はまぁまぁだと
思うけど、外側から高い確率でシュートを入れられる
選手がいないかな。なんか雑だし。

結果目新しい新戦力がいないし、今年も忍耐のシー
ズンになりそう。あっ、これ全て男子の話です。女子
はもっとひどいはず。

その後また市の図書館へ。こっちに来て初めて図書館
カードを作った。これで少し本を読むかな。

Timeをちらっと読んだが、イラク派兵については
Conquerという言葉を使っていた。語源を確認したけど
やっぱり平和維持ではなく「侵攻、征服」ですな。

これこそ国連憲章かなんかに違反してないのかなぁ。



2005年11月09日(水) 昨日のUPSの話の続き

今日は特に書くことがないので、昨日の結末を。

UPSはそのネット追跡システムで確認をするとおとと
い自分で取り行くよ、と電話して確認した記録が残
っているにも関わらず昨日届けに来て不在だったと
記録も残していた。つまり明らかにシステムが機能して
ませんと自ら示したわけだ。一方でシステムダウンして
るんじゃないか?という昨日の推測の訂正を。システム
ざるだけでした。

ま、どっちにしろ使えないんだけどね。

実際支店に赴いた時に彼らのコンピュータ端末を覗い
たんだけど、自分がネットで見たようなブラウザベース
ではなくCで書いたようなキャラクターベースの画面が
そこにあった。きっと新しいシステムと古いシステムで
整合性がとれてないんだろう。USMで言えば、昔の汎用機
用にCobolかなんかで書かれた旧成績追跡システムと、現
在バグだらけで前のシステムとも整合性がないのに強引に
生徒に使わせ責任も押し付けているPeopleSoftのSOARみた
いな関係。

コンピュータの元営業としてはあんな状態で納品した
ベンダーは鬼だと思うし、検収書にサインしたUSMの
itechの責任者は無能すぎだと思う。あっ、こんな話どう
でもいいか。

話を元に戻すと、3回訪問して届けられないとどっち
にしろ支店が5日間預かる仕組みになっているので、高校
での仕事後、取りに行ってみた。

行くと昨日と同様閉店間際なのに人だかり。どうやら
問題は解決してないらしい。中を見ると昨日の逆切れねえ
ちゃんがまたあたふたしていた。なんか嫌な予感。

少し待たされた後、自分の番になりネットで確認したこと、
及び3回届けにきたけど不在だったので荷物はここにある
はずと論理的に説明。それでもシステム端末に見えなかった
らしく「一応見てくるわ」ということで奥に消えていった。

待つこと約5分。「あったわよ、貴方は幸運だわ」と言われ
て荷物を渡された。当たり前だろうがと思うも無事本を確保
出来たので一応「ありがとう」と伝えて帰ろうとした。しか
しここでこのねえちゃんが余計な一言。「貴方幸運だから
明日宝くじでも買うと良いわ」かちーん。

おい、そこまで幸運か?(怒)

宅配便で物を5日遅れで受け取ったにも関わらずである。
後味はかなり感じが悪く、自分的にはもう2度と利用しない
会社リストがまた増えた。むかぁー。



2005年11月08日(火) アメリカで暮らしていくのに必ずついてまわること

またかと思うがお付き合いを。出来るだけ簡素に感情
を抑えて書くので。

ネットで本を注文したが配達時間に家にいられないの
で、昨晩電話し近くのUPSカスタマーセンターに取りに
行く手配をした。で今日取りに行ったが、そこに行く
と人だかり。理由は後でわかる。20分ほど待ち、自分
の預かり票を渡す。一言「どこにあるかわかりません」
システムはダウンしてないのに、配達物がどこにある
かわからないらしい。前に並んでいた人もそう言われ
て待たされたとのこと。

これでもシステムダウンしてないのか?

みんなでぶつくさ文句を言うと顧客対応担当が逆切れ
して「じゃ中に入って自分で探して。山のように箱が
あるけど」なんのために宅配業者にお金を払っている
のかわからないが、それでも自分の荷物が欲しいので
中に入って探す。結局見つかなかったが、向こうもや
ばいと思ったらしく一番の責任者らしき人が出てきて
自分らの名前と連絡先を控えて見つかったらすぐに
連絡する、とのこと。

しかしアメリカらしく謝罪の言葉はなし。

古きよきアメリカが残っている南部らしい光景である。
その後家に帰るとComcastの技術者が来ていたらしく
「視聴プラン変更致しました」とのこと。少しお金
を払って多くのチャンネルを見れるようにお願いし
てたので、あぁやっと来たかと思った。でTVをつけて
確認するとお約束のごとく全く変わってない。

Comcast、さすが期待を裏切らない。

文句を言うためにComcastに電話。状況を伝えて自分の
情報を確認してもらうと今日でサービスを打ち切るよ
うになっているとのこと。嘘つけ事務所に出向いて面
と向かって話し、向こうはその値上がり分のお金を徴
収したというのに。出来る限りすぐ来て直すように
伝えた。Comcastとは本当に縁切りたい。

あぁむかむかすると思いながらも、そういえば昨日
病院の秘書の人と話して先月のお給料の小切手、
月曜日には届いているはずよ、とのことを思い出し
気分直しのために郵便ポストに向かう。

火曜日なのに届いてませーん。

これも元々口座振込みにしたのに何故か向こうの都合
で小切手送付になったんだけど、それでもまともに
指定した日にお給料が入ってこないんだよね。

何でAutomaticと思えることがまともに進まないんだ
ろう、この国って。ご丁寧に文句言わせて自分の英語
と忍耐力を向上させようとしてるんだろうか。



2005年11月07日(月) たまには役得

実は3日前の土曜日、奥歯が少しかけて詰めていた金属
が横にでっぱるようになり、それに舌があたると痛か
った。それは昨日も続き、仕方なく上顎につけるはずの
マウスピースを下にはめ、金属のとげとげと舌の摩擦を
防ぐようにした。これで痛みはとれたがマウスピースを
はめ続けるのはあまり快適ではなかった。

今日になっても同様な痛みがあったのでお金をかけて
も早急に治して貰わないといけないと思い、午前中病院
で「誰かいい歯医者さん知らない?」とスタッフに声を
かけまくった。

アメリカの病院システムは日本とは違いまずは予約が
必要。予約なしの場合は基本的にERとなり、ちょっと
見て貰うだけでべらぼうのお金を請求される。今自分は
健康保険がない身。さらに自分のお財布的にも余裕がな
いので必要以上の出費は避けたいのが本音。うまいこと
誰か知り合いはいないかなぁと思っていた。

するとすぐに引きが来た。「俺のかみさん歯医者だよ」
おぉ素晴らしい。場所はLaurelと少し遠いけどすぐに
直接電話してくれて今日の午後の予約を無理やりいれて
くれた。金銭的にも考慮してくれると言う。有難い。

ということで無事詰め物をし、とがった部分を削っても
らって快適になりました。これで痛みから解放され、ご
飯も普通に食べられます。お金も恐れていたほどでは
ありませんでした。あと1回行けば治療も終わらせてくれ
るとのこと。

いやぁ今回は実にラッキーでした。



2005年11月06日(日) せわしない日曜日

一時期寒くなったと日記に書いたが、ここ数日はまた
暖かい。昼間だと冷房を入れたぐらい。昨晩テニスを
したけどTシャツ短パンで全く涼しくなかった。

日曜日はのんびり過ごしたいのだが、やること満載で
いつもせわしなく送ってる。少しでも有意義に過ごし
たいので朝、やることを書き出しては、それを一つ
ずつ消していくべく行動してるのだが、これはあんま
りのんびりとは言えない。再来週のサンクスギビング
のお休み週まで待つしかないな。

日本では本多美奈子さんが亡くなられたとの話に
びっくり。38歳だとか。急性骨髄性白血病というと
昔、夏目雅子を死に至らした病気と一緒かな。歌も
うまかったし、かわいかったのにそれほどは売れなか
ったので運がないなぁと思ったことがあるが、ここま
で運がないと神は非情だなぁと思う。

冥福をお祈りします。



2005年11月05日(土) ミシシッピの高校サッカー事情

今日は高校サッカーを6試合カバーした。さすがに
6試合は疲れた。それでもバスケ4試合より気分的に
楽だったのは外にいたせいか。でも途中から雨に
降られてかなりびちょぬれになったんだけどね。

そのサッカー。ハーフタイムであるFWの選手が審判
から注意を受けていた。

審判「君、常にオフサイドの位置にいるよ。気を
   つけて」
選手「オフサイドって何ですか?」

たまげた、この選手はサッカーをやっていてオフサ
イドを知らないようだ。まだシーズンの始めだから
かも知れないが。

審判「味方のパスをもらうときに、守備の最終ライ
ンとevenでなければいけないんだよ」

選手「えっevenってどういう意味?」

この選手は英語も苦手らしい。

選手にびっくりしていると、次の試合の審判たちが
入ってきた。簡単なミーティングをしているので
なんとなく聞き耳を立てると信じられない会話が。

主審が線審にオフサイドを教えていた。

ありえん。試合内容は推して知るべし。



2005年11月04日(金) ある老将、最後の日

今日はうちの高校のヘッドコーチの最後のフットボール
の試合。試合前から涙ぐんで思うように言葉になって
いなかった。自分には息子がいなくて(娘二人)フット
ボール部の生徒を息子だと思っていたという。選手で
約10年、コーチとして約30年、ずっとフットボールに
携わってきてこれが最後の日かと思うとほっとする反面
寂しい気がすると言う。

試合内容はどうでもよし。毎年最後に行われるクロス
タウンのライバル同士の試合。今年は怪我人続出で最後
の試合もまた3年生が怪我したが、どうにか最後守り
きって20−17で勝った。

試合後、そのヘッドコーチ、今晩の勝利をありがとう、
この勝利を最後の死ぬ日まで忘れないと言っていた。
いやぁ、こういう話聞くとおぢさんも涙腺潤んじゃう
よね。最後に挨拶に行ったときも今後何かあったら
相談しろ、力になるからと言う。2年間のつきあいだ
けだったのに有難いことです。コーチ本当にお疲れ様
でした。

終りよければ全てよし、まさにこの言葉がぴったりの今宵。



2005年11月03日(木) ハティスバーグ図書館にて

夕方、時間が出来たのでハティスバーグ図書館に行った。
GREの語彙を増すのにはTimeがいいとか、読解問題はよ
くScientific Americanから出題されるとか、いろいろ
な噂をネットで見たので、それらを読んでみようかと。

因みにUSMの図書館には少なくとも紙ベースのTimeはも
う置いてない。電子版がイントラネット経由で見られ
るらしいが、雑誌はやっぱり紙をぺらぺらめくって興味
あるものだけをぱっぱと読みたいから。

で図書館で時間をかけて読みましたよ、以下の本。

−機動戦士ガンダムウィング1巻
−ラウルの動く城(絵コンテ集)

いやぁハティスバーグ図書館に漫画コーナーがあるのは
知らなかった。しかも漫画はほとんどが日本の漫画。セ
リフは英語でも絵があれば問題ないし。それでもガンダ
ムウィングの中にGREの単語集で出ていた単語もいくつか
見かけました。漫画も侮れませんな。

ラウルの動く城のほうはアニメと違い、一つ一つの絵に
見入ってしまった。宮崎作品はストーリーだけでなく
絵も秀逸かと思いました。アニメだと流して見てしまう
ところ、絵コンテだと一つ一つをじっくり眺められ、
その繊細さと美しさにほれぼれしました。アニメファン
ではないけれど、彼の絵コンテの一つを額に入れて部屋
に飾ってみたいなと思いました。何だか気分をほっと
させてくれる感じがします。

日本の漫画が図書館に置かれるなんでちょっと不思議
な感じがしたけど、置く価値ありと判断されておいて
あるんだろうから何だか少しうれしい感じがしました。

あっもちろんその後、TimeもScientific Americanも
ちらっと読みましたよ、ちらっとですけど。



2005年11月02日(水) 自分の職業について考えてみた

そういえば伝え忘れましたが、この間の日曜日に
Daylight Saving Time、いわゆる夏時間が終了しました。
従って自分が住む中部時間と日本標準時間の時差は-15
時間に戻りました。何か連絡を下さる方、お気をつけ下
さい。

変わったことといえば、もちろん日が暮れるのが早くな
った。今まで6時に暮れていても、今の時間帯では5時に
なるのだから。実際5時半過ぎると周りはもう暗くなって
いる。

今日は長い1日。8時から夜の9時半まで働いた。こんな
日もあるでしょう。明日はその分短めになる予定。学校
調べをする時間をとれるといいけど。

それでも今の生活、日本で描いていた理想に近い。
ネクタイを締めなくていいし、通勤電車にももまれない。
基本的に自分一人で行動し、判断もするから責任はある
ものの自分で自分の仕事を管理できるから融通も利く。
電話でのやりとりはあるものの上司と会うのも週に1回。
早ければ6時過ぎに家に帰り、のんびりTVも観ることだ
ってある。給料が安いのと長時間労働を除けば数年働く
には悪くない仕事かも、と思ってきた。

自分の場合この居心地のよさに安住してはいけないのだが。



2005年11月01日(火) ハティスバーグという街が変わっていく様子

結局、昨晩は誰も訪問してくれなかった。外では仮装
して歩いているガキどもを見かけたんだけどなぁ。
仕方がないので自分でお菓子を処分することにします。

自分好みのお菓子買っておいてよかったぁ。

こないだの日曜日、10月にオープンしたというTarget
に行ってみた。今までのハティスにない品揃えという
評判だったので期待してたのだが、結果は???
少し値段が高くてもいいものが置いてあると思ってい
のだが余りウォールマートと変わらない。食べ物の
揃えも特別なものがなく、どうやって既存店と差別化
図るのかわからなかった。アルバートソンやKマート
の二の舞いにならないといいが。

ちなみにここにもスタバが入っていた。これでハティス
では3件目のスタバ。ミシシッピの人もコーヒーを飲む
ようになったのか。

そういえばSouth Trustという銀行もいつの間にか全米
に支店を持つWachoviaに買収され模様替えしてた。今ま
で地方銀行しかなかったこの地域に全国区の金融グル
ープが進出。カトリーナによる災害の後、政府の補助に
よる大型の融資などのおいしいビジネスの話がごろごろ
あるんだろうか。

ハティスバーグも5年10ヶ月前に来た時と比べ、大きく
様変わりをしていることを実感するこの頃。


よろしければクリックして投票下さい↓


My追加

にほんブログ村 海外生活ブログへ
 < 過去  INDEX  未来 >
Shuidri [MAIL] [HOMEPAGE]