留学先での独り言

2005年09月30日(金) そろそろこんな日が来るかなぁって思ってたんだよなぁの巻

朝は涼しかったが日中はいつも通りの暑さで90Fを
ゆうに超えた。ミシシッピはまだまだ夏。

今晩の試合は今まで一番忙しかった夜だと思う。
開始1プレー目で相手チームのQBが負傷。彼らは
ATCを連れてこなかったので、向こう側のベンチ
で対応することに。一発でMCLやられていたのが
わかり、固定と氷を当てた。今晩はおしまい、
明日お医者にいってねと伝える。

彼の怪我の評価をしている最中に相手チームの
2本目のQBが負傷。やっぱり膝を抱えている。ただ
チェックするとMCLの捻挫と言った感じ。それでも
どの程度動けるかわからないので、まずは固定し
て氷を当て様子を見ることにした。

開始数プレーで二人のQBを失った相手チームのベンチ
は大慌て。コーチに1本目のQBは今日終り、2本目も
Questionableと伝えた。どうしても無理かと聞かれ
たので痛みを我慢させて出してもいいけど全く動け
ませんよと伝える。これで理解してもらった。

ふぅようやく終わったと思って自分のベンチに帰ろう
とすると、また呼び止められる。見るとまたフィールド
で選手が倒れている。おいおいと思い行くとまた相手
チームの選手で膝を抱えている。またかいなと思って
そこに行くとすでに腫れていて、これが一番ひどそうだ。
どうやって怪我したかを聞いて、また膝のテスト。すぐ
に少なくともMCLが切れていたことがわかった。ベンチ
にどうにか戻して再評価。うーんACLもたぶん切れてる
な、と思いアイシング。コーチに「彼も今晩終り」と
伝える。

3人の面倒を一通り終えて自軍ベンチに戻ると、うちの
病院の先生が応援に来てくれていた。なら折角なので
とさっきの3人を診て貰うことに。で結果、いやぁ
怪我の評価合ってました、うれしいな(ってそうでな
きゃ困るんだけどね)。1人目はMCL断裂、2人目はMCL
の捻挫、3人目は可哀相にACLとMCL断裂でした。で先生も
「よくもまぁこんなに膝の怪我があったわね、忙しかった
でしょ」とのこと。

だったらもっと早くに来て手伝って下さい。

と思ったのは内緒。だって2Qの終りだもんね、先生が来たの。

後半は後半で今度は自軍の選手が怪我。たぶんひどい
足首の捻挫、もしかしたら骨折してるかも程度だった
んだけど、とにかく痛がって、先生にも触らせない。
親も大袈裟に大袈裟に捉えてERに行かせると断固とし
て主張するのでそのまま行かせることに。先生も「そ
の方が楽だわ」と言ってウインク。それでもこの選手
に大分手間を取らされた。ふぅ。

結果今晩は片手で数えられるぐらいしかプレーを見るこ
とが出来なかった。最近フットボールを担当していても
怪我のない日が続いていたので平和だなぁと思っていた
のだが、今日まるでパチスロで大当たりが出たように
噴出した。ま、こんな日は忘れた頃に来るもんだね。

久々に大きな怪我の評価をたくさんした1日でした。

P.S. 相手校のQB二人つぶしたのに点取られて負けた。
うちの高校弱すぎ。



2005年09月29日(木) 請求書は必ず確認しましょう、アメリカのシステムはざるだから

また変な請求がUSMのビジネスオフィスから来ていた
ので確認をしに行った。自分はすでに8月5日に卒業
している。卒業前に自分の口座を確認し、未払いの
お金がないかも確認している。

実はこんなことこれが2度目。1度目は夏学期に利用
したワイヤレスインターネットの請求が何故か8/14
に来たのだ。それでもこれは利用したものだから
内容を確認して8/25に支払った。

今回はInterest charge、つまり支払い遅延ための
利息金ときた。なんのことだかさっぱりわからない。
たったの48セントだったけど、見覚えのない金を払う
つもりは毛頭ない。

窓口で質問をした。すると答えが「夏のWirelessの
お金、支払いが遅れたでしょ?」あいた口が塞がらな
い。自分らのコンピュータか人的なミスで請求が遅れ
たのにこっちのせいにしてさらにお金をとろうとして
いる。向こうは請求は7月1日に出してあるはず、と言
うが自分の請求書を見ると8月14日発行となっている。
明らかにシステムの整合性がない。まぁ重大な問題が
ある欠陥ソフトのためPeoplesoftが引き上げようとし
たのを、安く買い叩いてどうにか動かそうとしたUSM
の上層部の常識のなさと、そのミスをカバーする知識
と技術を持ち合わせていないITECHだからその整合性
のなさすら気づかないし、きっとテストもしてない
んだろうけど。

しばらく言い合う。どう考えてもこちらが正論だ。
すると向こうが逆切れして「じゃ私が払うわ」
と言って自分の小銭要れからお金を出し始めた。
「いや別に君を責めているわけではなくて、問題の
の部署に連絡して、訂正して欲しいんだけど。」
そう言ったが彼女は手を止めず、レシートを差し出
した。

「このぐらいお金でトラブルに巻き込まれるのは
嫌だわ」

これじゃ問題の根本的な解決にならないけど、自分
が動いても彼女が動いてもそっちのがお金がかかる
ということか。理にはかなっているけど、これじゃ
ミスした部署に問題が全くあがらない。小額とは言
えこれが1000人集まればそれなりのお金になるだろ
うに。

ということで夏に学校のEagleAirを利用した人、
過剰請求が来ているはずです。小額だけど文句を言
って支払いを拒否しましょう。



2005年09月28日(水) 久しぶりに感動したこと

たまにはアメ人のいいところを。

高校で練習終了後、アスレティックトレーニング
スペース(ただ部屋の1角を利用してるにすぎず施設
は何もないのだが、いつもそこで仕事をしているので
こう呼ぶことにした)を掃除で掃いていたら黒人の
小学生ぐらいの子が声をかけてくれた。

「hey, ya need help?」

こんなことを言われたのはこっちに来て初めてで丁重
に断ったがえらく感動してしまった。君は将来出世し
てえらくなるぞ。

帰り際ハドソンズへ。どうやらスポーツ屋さんがつぶれ
たようで、靴やら服、ボールなどがたんまりあった。ず
っと買おうとしていたスニーカーをようやく安く買うこ
とが出来た。

ゴルフバックやテニスラケットなど他にも買いたいもの
があったが今日は我慢した。今の給料じゃ生活必要品
ぐらいしか変えないから。

どれくらい?と聞かれるとアメリカ市民でこの給料なら
フードスタンプがもらえるぐらい低い。社会的な分類な
ら「貧困層」に分類されるはず。こっちでも大学院
出てるのになぁ。



2005年09月27日(火) 日が短くなれど秋は来ず

今日は午前中にWilliam Careyで女子サッカー、午後
はいつも通り高校でソフトボールとフットボールの
面倒を見た。これについて何も特筆することなし。
怪我人が出なくてよかった、ぐらいか。

最近感じるのは日が短くなったことか。日本だと春分
やら秋分の日があるのでいつ昼夜の長さが同じになる
か意識できるが、こっちだとわからない。ただ夏時間
でも7時をすぎると暗くなるから(一番明るいときは
8時ごろまで明るかった)、日は大分短くなっている
んだろう。因みに冬時間に戻るのはいつなんだろう?

8月以来ちょこちょこGREの単語を覚えるようにして
いるが、なかなか進まない。ただ単語を覚えるのは
つらいことなので文章でも読もうとするが、わから
ない単語を飛ばし読みする癖がついてしまったので
いちいち単語を辞書で調べるのもおっくうでどうも
やる気にならない。

誰かいい方法あったら教えて下さい。



2005年09月26日(月) 自分はまだまだ若いと思った今日この頃

台風一過ならぬハリケーン一過で今日は蒸し暑かった。

恐らくこの辺りの地域で一番遅いはずだが、今日から
自分が担当する高校がようやく再開した。午前中は
リハビリ補助のため病院にいたのだが、その結果が
顕著に現れた。

年齢層がぐっとあがっておじいさんおばあさんばか
りなのだ。従ってリハビリものんびりまったりの
リハビリとなる。

ということで今日はリハビリ手伝った、というより
圧倒的にお年寄りの世間話を聞いてました。でもさす
がミシシッピの年寄り、半数はフットボールの話。
ある70をすぎたおばあちゃんはNYジャイアンツのEli
ManningのファンでOle Missに彼が居た時から応援し
ていたらしく、昨日は可哀想だったとのこと。という
のは昨日の試合@San Diegoだったため彼が出てきた
途端ものすごいブーイングだったのこと。

経緯を知らない人に説明するとこのEli、去年のドラ
フトでサンディエゴから指名1位確実だったんだけど
「サンディエゴでは(ラインが弱いから怪我のことも
考えてプレーしたくない」と親共々発言し、1位指名
受けたあと弱腰チャージャーズがそのまま彼をNYジャ
イアンツにトレードした、ということがあった。(因み
にサンディエゴはマイケルヴィックに関しても同様なこ
とをした前科がある。その代わりは今やNFLを代表する
RB、LaDainian Tomlinson)つまりサンディエゴのファン
にすれば面白いわけないはずで、ブーイングは当然なん
だけど、そのおばあちゃんには受け入れ難かったらしい。
その思いといかに応援したかをとくとくと聞かされた。
そりゃー長かった。

他のおじいさんはジェリーライスと大学が同窓(Mississippi
Valley State)らしく、またウォルターペイトンも彼が
高校のときから知っている(大学はJackson State)との
ことで、それはまた彼らに対する思いと、いかに試合を
見続けてきたかを語られた。これもまた長くて相槌しか
打てなかった。

自分自身かれこれ20年はNFLを観て来ているけど、彼ら
に比べればまだまだひよっこですな。いやぁミシシッピ
ぢぢい、ばばぁおじいさん、おばあさんは熱い。



2005年09月25日(日) ルイジアナ州での2つのハリケーンによる被害と今後

昨日からケーブルTVが戻ってきたのでハリケーン・リタ
通過後の様子を見ているが、人的被害が少なかったとは
いえ、Lake Charles辺りは浸水して家が流されていたり
して見ていて痛々しい。Lake Charlesも遠征で行ったこ
とがあるけど、湖のすぐ上に道が走っている感じの所
があり、その辺りが今回浸水したのかなぁと勝手に想像
している。カジノもあり、ビーチもきれいにされていて
ちょっとしたリゾート地だっただけに、これまたルイジ
アナにとって観光収入源を失ったと言えるだろう。

観光収入と言えばお正月のシュガーボウルもスーパー
ドームで恐らく開催出来ず、他を探しているとか。候補
地としてバトンルージュのLSUタイガースタジアムとア
トランタのジョージアドームが検討されているとのこと。
観客を受け入れるホテルの数などでジョージアドームに
軍配があがるが、組織委員会側は復興のためにもルイジ
アナにお金が落ちるように配慮したいらしい。ただバト
ンルージュではホテルが足りないのでニューオリンズの
ホテルが使えるかどうかで判断されるらしいが。

そういえば自分が日本に帰ろうとする時ニューオリンズ
の空港を利用できるのだろうか。



2005年09月24日(土) ハリケーン・リタの影響は、、、概ねなしでしょう

朝から強い風と時折強く降る雨に見舞われたが、基本的
にスケジュールの変更はなし。ハティスバーグでは今回
のハリケーン・リタによる被害は今の所聞いていない。

ということで短大の男女サッカー2試合をカバーしてき
ました。問題はガソリン。近くのガススタンドでは
レギュラーが売ってない。ここ2日でまた20セントぐら
い上がってるし。うぅぅ。。。ただ途中のPurvisで運
よくレギュラーで入れられて値段もそこそこのガソリン
スタンドを見つけたので、立ち寄って満タンにした。
こうしなかったら今日Poplarvilleから帰ってこれなか
ったかも知れないぐらい。

試合はまぁ一方的だったんだけど、風が強くて普段は
起きえないプレーが続出した。前方にシュート打った
のに風で押し戻されて気づいたらその地点よりボール
が後ろに行ったり、クリアしただけのボールがそのまま
ゴールに入ったり。向かい風になるとゴールキックも
コートの1/4も飛ばなかったと思う。ベンチにいると何度
も笑えるシーンに出くわしたが、やってる選手は大変だ
ったことだったでしょう。

そうそう4週間経って、ケーブルTVとネットが復活しま
した。うれしいけど一方でそれらがない生活に慣れてし
まったし、コムなんとかという会社にはとっくに愛想を
尽かしているので、もしかしたら契約を打ち切るかも知
れません。

でもフットボールだけは砂嵐じゃなくてきれいな画面で
見たいんだよなぁ。



2005年09月23日(金) 経験がなせることとは

今日は長い1日だった。おかげで家に帰って軽く食事をとり
横になったら寝ていた。紛らわしくて申し訳ないが日記が
遅れたことはハリケーンと全く関係がない。事実金曜の夜
恒例のフットボールの試合はあったから。

そのフットボール、めでたく今季初勝利。上司から「あそ
こは今年強いぞ」と言われていたが見てみると動きは早い
けど小さすぎる。特にラインが小さすぎてPurvisみたいな
決して早くなく大きくもないラインでも十分に押せた。な
んと一度もパスを使わずに20−0の完勝。一番出たプレー
はフルバックのダイブプレーだった。

そういえばここの所、短大の学生トレーナーが自分の下で
実習やら見学をしている。去年は自分一人だけだったので
お気楽であったが、今は見られている以上余りいい加減な
ことも出来ず(本当はしてはいけないのだが)、いつも
より慎重に物事を対処しては、何故そうしたかを彼らに
説明してる。QUに居た時は同じ学生でもプログラムに入っ
た学生がついていたので、説明後隙があってかなりつっ
こまれたが、短大生にはまだそれがないのが唯一気分的に
楽に出来る所。

ATプログラム卒業して2年以上、必要なこと以外忘れるよ
なぁ、ってそれじゃまずいんだけどね。ただ言い逃れ、
誤魔化しはうまくなったな、間違いなく。



2005年09月22日(木) あの人もヘリで訪問したPoplarvilleに行きました

先ほどweather.comでハリケーンの進路を確認すると
少し東よりになっていて、その影響で大雨がニュー
オリンズ付近でも降りそうだとのこと。一度決壊し
た防波堤は大丈夫だろうか?多少勢力が落ちてカテ
ゴリー4になったらしいが、それでもミシシッピを
通過するのは勘弁して欲しい。

その影響か夕方少しだけ雨が降った。これは先月末
カトリーナが来て以来。

カトリーナと言えば今日仕事であのおさるが慰労訪問
したPoplarvilleにあるPearl River短大に行った。
今週末そこで行われる男女サッカーの試合をカバーす
るためで、今日はコーチ陣や学生トレーナー陣との顔
合わせとそこの施設を知るためであった。

I-59をハティスバーグから南下したのだが、Purvisを
超えると出口や出口までの距離を示す看板が鉄製の
枠なのに全てなぎ倒されていて、危うく出口で下りそ
こないそうになった。

街を見ると確かに屋根が吹っ飛んでいる所が多い。
短大のキャンパスでも屋根が落ちて使えない建物が
いくつかあった。野球場やソフトボールのダグアウト
もきれいに吹き飛ばされて跡形なし。体育館も屋根が
吹き飛ばされた上に洪水による浸水があり全く使えない
そうだ。うーん、大変。

目を野原に向けると多数のトレーラーがある。はて寮
も壊れたかと思って聞くと、建物が壊れて教室が足り
ないので借りの教室だそうだ。

ATRも浸水して今はフットボール場のスタンドの裏で
青空ATR。昨日紹介したlovebugの住み家のような場所
であった。フットボールのスタンドでは何故かたくさ
んの靴が並べてあった。聞くと浸水したから干してい
るとのこと。足の匂いなのか汚水の匂いなのかちょっ
と周りが臭かった。

確かにこれらを見ているとハティスバーグにあるUSM
の被害はましに思えた。ガルフポートやニューオリン
ズはもっとひどいんだろう。これに加えて新たなハリ
ケーンRitaの被害はいかに。

貧乏な人がますます貧乏になっていくアメリカ経済の
仕組みをさらにハリケーンが助長している気がする。



2005年09月21日(水) 復旧の道のり険し

今日は久しぶりに暑かった。予報によると最高97Fだった
はずだが、確かに昼過ぎにはそれぐらいになったと思う。
午前中病院でPTのリハビリを手伝った後、その足で高校
のソフトボール部の練習に行ったが、食事をする時間が
なかったので後で自分が倒れそうになった。

高校から帰る道のりで、ここ1週間は電気が来ていたの
にまた電気が通ってなくて信号が消えている所があった。
四つ角で毎回みんなが一時停止するから大渋滞。あまり
にも混んでいるのですぐ近くのガソリンスタンドでガス
を入れながらジュースでも飲んで一息つこうかと思って
そこに立ち寄ったら、そこにも電気が来てなくてジュー
スも買えなければ、ガスも入れられず、さらに渋滞は
長くなっていて戻るに戻れなかった。うかつだった。

また大型のハリケーンがテキサスに向かっていると言う。
今確認したらすでにカテゴリー5だとか。カトリーナの
教訓もあるし、テキサスはおさるの地元だし、今回は
十分な対策が取られるはずでしょう。テキサスの東南部
に住む方、お気をつけ下さい。しゃれになってませんから。

その影響を言うと、すでにガソリンがまた10セントほど
今日値上がりしました。はぁ。



2005年09月20日(火) この時期になると現れる虫を知ってますか?

友人の日記のネタとかぶってしまうが、今日書こうと
すでに決めていたのであえて書く事にする。

この時期車を走らせるとものすごい数の虫がフロント
ガラスや車の前の部分にくっつく。1週間そのままに
しておくと死んだ虫で前が見えないほどだ。余りに汚
くなったので昨日家でフロントガラスとパンパー部分
をブラシで洗剤を使ってきれいにした。

アメリカ人に聞くとこの虫、通称Lovebugということ。
成虫として7日間しか世に生きず(蝉みたい)その間に
子孫を残すため交尾ばかりしてるからその名がついた
そうな。今年はハリケーンが大量に虫を運んできたと
のこと。毎年この時期に孵化するが確かに例年より多
い気がする。

さて洗車してきれいになった愛車だけど、その車を使
って今晩試合のカバーのためGreene Countyという
ハティスバーグより片道1時間程度の高校へ行くことな
りました。名前の通り木がたくさんある所なのですが、
案の定嫌な予感は的中。また車の前の部分は虫だらけに
なってしまいました。また洗車しないと。

あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。



2005年09月19日(月) 床屋で感じること

たまたま午後オフとなったため、久しぶりに髪を切りに
モールに行った。全部開いているだろうと思いきやまだ
閉まっている店もあった。それでも床屋さんは開いてい
てほっとする。

ここで不思議なことが。ここの床屋、白黒率は半々ぐら
いなんだけど、店長のおばはん以外、白人に切ってもら
ったことないんだよね。ただ受け付けで名前書いて、特
に指名もしないので開いた理容師に切って貰うだけなん
だけど、白人の若い理容師が開いても俺を見ては何やら
奥に行ったり、床掃いたり別な仕事始めて結局店長のお
ばはんか黒人の理容師が来るまで待たされるんだけど。
今日もそうだった。なんか感じ悪いっしょ。

これって彼らに得意不得意があって、髪質の違う髪は
切りづらいから起こることなんだろうか。でも俺の髪
そんなにくるんくるんにカールしてないけどなぁ。

どうも他に理由があるような気がしてならないんだけど。。。



2005年09月18日(日) 秋は夕暮れ、米式蹴球がいとおかし

昨日は少し夜更かしをして、少し遅めに起床。それでも
9時には起きていたのはハリケーン効果。その後お昼寝
してしまったのもハリケーン後によく起こるパターン
なんだけど。

夕方3人でフラッグフットボールの練習を。これが個人
的にはいい運動でさらに楽しかった。久しぶりにパス
コースを走り、マンカバーでレシーバーについてみた
りした。秋は万人が皆、フットボールの季節でしょ。

ということで男女問わず、フラッグフットボールを
やってみたい人募集します。過去の競技歴は問いません。
来週は恐らく土曜日にペインセンターの前の広場で練習
をします。5時ごろに集合です。宜しくお願いします。



2005年09月17日(土) がんばれVandy

ハリケーン直撃後、一時的にこの日記の閲覧者がえらく
増えたがようやく元の数に落ち着いた。この点ではこの
日記に日常が戻ったのかも知れない。

今日は土曜日だがコムキャストはいわずもがなまだ戻ら
ず。それでも昼間にVandyの試合を観れたが、相変わら
ず詰めが甘いものの今年のVandyは面白いかもと思わせ
るシーンがたくさんあった。

Vandy(Vanderbilt)という大学を知らない人に説明を
しておくとテネシーのナッシュビルにある私立の頭良い
子ちゃん大学である。アイビーリーグほどではなくても
そのレベルは高く、その医学部はアトランタのEmoryと
並んで南部の大学では異彩を放っている。それが何故か
SouthEast Conferenceというどのスポーツでも滅茶苦
茶タフなカンファレンスに何故か所属していて、特に
フットボールではお荷物であった。常にVandyはSECに
所属し続ける競技能力があるか、という議論が上がり
その度に大学側が弁解していていた位だった。

ところがどうして今年は開幕3連勝、しかもSECですでに
2勝だ。上位に勝てるとは思わないけど、あと1つ2つは
もしかしたら勝ってしまうかも知れない。弱いのが強い
ものいじめをするのを見るのは見ていて楽しい。

因みにUSMも地元で初戦がありました。見に行ったけど
相手が弱すぎて試合も大味になりコメントのしようが
ありません。ただLB陣はまじでやばそう、今年。



2005年09月16日(金) 旬の仕事、ハティスバーグ編

ハリケーン通過後、ここハティスバーグの交通量は著しく
多くなってる。朝晩Hardy St.とHwy49はなんと渋滞が
起きるし、その他の道路でも異常な数の車を見る。北の
方から支援のためにガルフポートやニューオリンズに向か
うためにはかなり高い確率でここを通らなくてはいけない
し、街らしい街と言ったら(宿があるとかガソリンスタン
ドがたくさんあるとか)ここがそれらの都市から一番近い
所になるから致し方ないのだが、4年半いてこんな数の車
をここで見たのは初めてだ。

もっとも街的には今が稼ぎ時なのかも知れないが。

稼ぎ時といえば今大商いなのが木こり屋さんである。まだ
まだハリケーンによって倒された木々があちこちにあり、
これらを切り倒しては撤去する人々がいくらでも欲しい
状況だから。でもこの木々は材木として使われるんだろ
うか?それともただ燃やされるだけ?

もう一つ旬の職業は屋根の修理屋さん。カバーしている
ものが剥がれたり、ふっとんだり、木々が倒れて壊れたり。
それらに応急処置としてブルーシートをかけたり、簡単に
直したりする需要が非常に高い。

個人的には安時給のアスレティックトレーナー辞めてこれ
らの仕事に本気で乗り換えようかなと思う毎日。彼らは今
本当に稼いでるんだよなぁ。人も足りないらしいし。



2005年09月15日(木) アメリカでは人を信用出来ないので何でも自分でやります

今日の午前中はオフだったので、必要なことをいろいろと
済ませた。卒業したはずなのに週に1度は学校に行く今日
この頃。彼らの仕事は遅いし、信頼も出来ないから自らが
出て行って直接文句を言う。それにしても何であんなに
彼らは無責任になれるんだ?

実は病院でも同じこと起きてるんだよね。8月分の給料いま
だに支払われていない。来週頭までに振込みされていなか
ったらストライキを起こそう。というかマジでお金が足りん。

最近仕事後アパートのプールで泳ぐことが日課になってる。
今週はまだ試合がないため6時前には家に帰れるので、日が
沈むまで少し時間があるのだ。働くおぢさんは午後ずっと
外にいるため太陽にずっとあたっては日焼けをしている。
それを静めるのにプールでの水浴びは最適なのだ。

水浴びって言ってるけど1km弱ぐらい泳いでいるんだけどね。
もちろん平泳ぎ主体でのんびりとそして休み休みだけど。

おかげで夜はぐっすり。ハリケーン以後朝型の生活が
保ててるのには自分にもびっくり。



2005年09月14日(水) コムキャストのオフィスでの出来事

午前中に病院でリハビリを手伝った後、家に帰って昼飯を
食べる前にコムキャストに寄った。過剰請求の文句を言う
ためだ。中に入ると相変わらず長い列。人が待っているの
に対応する人は一人だけ。サービスのかけらもない。

するともう一人出てきた。しかし一言「お金の支払いだけ
の人はこちらへ」クレーム処理など複雑なことは出来ない
らしい。すると2人ほど手を上げた。「サービスが戻らな
くて苦情を言いにきたんだけど。」アメリカ人でもコム
キャストの対応には文句があるんだ、と妙に感心。でも黙
って窓口の人とのやりとりを聞く。

「電気や電話会社の車はよくみかけるけどコムキャストの
車は街中で全くみかけない」その通り。「他の会社は復旧
状態をテレビ、ラジオ、ウェブサイトで報告しているのに
コムキャストは全くやってない」その通り。「一体この
2週間ちょっとの間何やってきたんだ」ごもっとも。

窓口の人は目の前のお客さんをそっちのけで反論。でも
全く謝罪がないんだよな、こうこうしてます、だけで。
お金についてもサービス出来ない期間の分はちゃんと差し
引きますの一点張り。金取らないからイイだろ?とも聞こ
えかねなかった。

並んでいる人の中で少なくとも3人はケーブルとインスト
レーションキットを持ってケーブルインターネットの解約
に来ていた。こんな対応していると今後こういう人がも
っと増えると思うんだけど、彼らは全く気にしないんだろ
うか?



2005年09月13日(火) あれっ事実と違うんじゃぁ。。。

今日は用があってPetalにでかけたが、食事を配給している
とみられる教会の前ですごい渋滞。近くに行くと州兵と思わ
れる迷彩服を来た軍人さんが何から何まで取り仕切っている
のが見えた。

でも肩にはピストルじゃなくてでかいライフルがかけてある
ですが。数珠のような弾も見えたな。腰にはナイフもあるし。
おまけに装甲車もいました。略奪に備えてなんだろうけど、
まるで戦場みたいでした。

午前中空いた時間に図書館で日本の新聞の衛星版を読んだ。
ようやく日本で今回のハリケーンがどのように伝えられたか
わかったけど、ハティスバーグについての記事は全くなかった。
これならみんなに心配かけるよな。でも悪いけどこの程度の
記事ならCNNを見てるだけでも書ける気がする。写真もないし
本当に現地に人を送ったのか?

その後たまたま外務省の今回の件に関するHP(←クリック)
を開いた。2の邦人保護の体制、でひっかかった。

1)8月29日午前、在ニューオリンズ総領事館は退避先の在ヒュ
ーストン総領事館内に在ニューオリンズ総領事を本部長とする
対策本部を立ち上げました。また、ルイジアナ州都のバドンル
ージュ市及びミシシッピー州都のジャクソン市に職員を派遣して
各州内の情報収集に当たらせています。この活動を支援するため、
在米日本公館及び外務本省から応援の職員を派遣しています。

あのぉ知る限りでは会議があるとかで、
どたキャンしたまま来てないんですけど。



2005年09月12日(月) ハティスバーグ市外の小さな町の様子

久しぶりに朝から病院へお仕事。予想した通りリハビリに
来た患者さんは少なかった。自分にとっては余裕があって
よかったけれども、一方で他の患者さんはどうなんだろう
と気になった。

空いた時間に抜け出て高校や大学へアウトリーチをしてい
るATCでのミーティングがあった。みんな無事だったのは
よかったが、家の被害状況は様々だった。全く被害がな
かった人もいれば、未だに家が壊れてそこに住めず、また
電気も来ていないという。そんな時に働かなくてもとも
思うが、こういう時こそお金が欲しいんだろう。5人中
2人の家もしくはアパートで電気が来ていない状態であった。
そのうち1人は先週末ようやく水が復旧したと言っていた。

午後は高校へ。これまた2週間ぶりにPurvisに行ったが、
行く途中の木々及び電柱は倒れまくっていたびっくりした。
もちろんこっちの方がさらに田舎なので復旧が遅れている
のだろう。街に2つある信号も動いてなかった。

学校の方だが野球場は壊滅状態。バッティングケージが
外野まで吹き飛ばされ、さらに枠が曲げられて使い物に
ならなくなっていた。外野のフェンスはその3分の2以上
倒れてしまっている。体育館の屋根も全て剥がれてしまっ
ていて、雨が降ったら雨漏りがすごいだろう。来週授業
再開を目指していたが再来週に延期されたのも納得出来る。

そんな中でフットボール部は練習を再開した。何人かは
まだ来れないようだった。今日来た中でもまだ電気が来て
ないと言っていた選手は少なからずいた。そのうちの一人
が「サルベーションアーミーで配られた飯くった?おいし
いぞ」と聞くので「いや」と答えると明日ぼくの分ももら
ってきてやるとのこと。

うーん、5日かかったとはいえそれでもこの辺りではかな
り早めに電気が復旧したアパートに住む自分。それを食べ
ていいのか悪いのか。



2005年09月11日(日) 授業再開を明日に控えた学校の様子

未だ自宅でのインターネットへの接続は出来ないけど、
ようやく更新する日付が実際の日付に追いつきました。
ここ2週間、書き溜めてはどばっと更新していたので。

今日も夕方運動しました。軽いアップの後久しぶりに
全力で走ってみたのですが、これがつらい。ジグザグ
に走ると膝が「もうだめぇ」と言ってるようでした。
水泳やテニスで運動した気にならないで少しつらいこと
もしないと。

このジョギング、ペインの前の草広場で走ったのです
が、倒れた木々はすでにきれいに撤去され、芝も刈ら
れていました。寮の前など至る所に車があり、学生の
姿も戻ってきていました。ハリケーンが通過して2週間
ようやくキャンパスが日常に戻っていく様を感じるこ
とが出来ました。

戻っていないのはコムキャストのサービスだけ。えぇ
今日もがーがーのTVでNFLを観ました。やっぱり目が
疲れて全部見る気がしませんでした。もっとも応援して
いたチームの試合内容が寒かったこともありますが。



2005年09月10日(土) 自分が何故米国に残っている理由を奪われる週末

世間では土曜日はカレッジフットボールの日である。当た
り前であるが先週は全く見れなかった。今週も、、、NFL
同様砂嵐の画面の中でしか見れなかった。ずっと観ていた
かったが目が疲れて長く見る気になれなかった。

さらに自分の出身大学の試合がESPN2であったが、肝心の
コムキャストが復旧していないのでどこに行っても観れな
かった。(正確に言えば衛星TVが入っているレストランが
あれば観れたかも知れないが。)インターネットもまだ。
折角の秋なのに寂しすぎる。。。どうやらノートルダムが
今年いいらしい。テキサスとオハイオ州立もすごい試合を
やったようだ。USMも負けたがラジオで結果を聞いた限り
それほど悪くはなかったみたいだ。

ハリケーンが来て2週間。都市部にあるコムキャストが何故
復旧出来ないのかは納得出来ない。昨日確認した限りコム
キャストのオフィスはまだ閉まっていたが隣には電気が来
ていた。2週間あったら自家発電機を買って経営努力しても
いいはずだ。

十数週しかない秋の土曜日の楽しみを奪った罪は重い。わか
ってんのかコムキャスト。あぁマジで縁切りたい。



2005年09月09日(金) 日常への回帰

今日でUSMでの無料での食事の配給は終わりだそうだ。ハリ
ケーン直撃後からほぼ2週間、IDがある学生だけが基本的に
対象だったが食事の供給は本当に有り難かった。おかげで
ウォールマートやウォールグリーンで長い列をなしては水や
食料を買い求める混乱に巻き込まれずにすんだ。ガソリンを
追い求めて噂に振り回されずにすんだ。心理的にもどんなに
助かったかことか。今までUSMの事務仕事に満足を覚えたこと
はなかったが、今回は対応の早さといい、量といい文句の
つけ所かなかった。朝昼晩きちんと食べたのでおかげで少し
太ってしまったぐらい。

そんなことが気になったので昨日から運動を再開した。昨日
は自分のアパートのプールを縦25往復(約750m)ほど泳ぎ、
さらに横を20回ほど水の抵抗の中で走った。今日はすでに
8時以降の夜間外出禁止令が解けたようなので夕方から夜に
かけて1時間ちょっとほどテニスをした。2日間ぐらい運動
したぐらいじゃ何も変わらないのはわかっているけど、早く
日常に戻るため今後も身体を動かしていかなきゃ。

じゃないと寝てばっかりだったんだよねぇ。



2005年09月08日(木) コムキャストよ、嗚呼コムキャストよ

まだケーブルTVが復活しない。電気が来ないのだろうか?
それ以外の問題なんだろうか?どちらにしても室内アンテナ
では1chを除いてTVを観ることが出来ないことをここの状況
を考えれば立派なインフラのはずなのに、この復旧の遅さは
何だろう?UPSぐらい備え付けていたっておかしくないはず
なのに。

何故こんなに嘆くのか?それは今晩NFLの開幕戦があったから。
室内アンテナだとABCはかろうじて砂嵐の中の画像と音声を
拾うことが出来る。去年もペイトリオッツがスーパーボウル
を勝ったから今年も開幕戦はニューイングランドからの中継。
放映開始と同時にABCのアナウンサーが「NFLファンの皆さん、
Happy New Year!」と言っていたがまさにその通り。自分に
とってNFLのドラフトはクリスマスイヴでNFL開幕はお正月な
のだ。

その楽しみを奪いやがって、くそぅ。。。コムキャストの殿様
商売には本当に呆れてしまう。その公共性と消費者の要望を
理解してるのかこの野郎。



2005年09月07日(水) ハリケーン通過10日後の食料調達事情

友達からHwy98側でない、Hwy49沿いの小さい方のウォール
マートも開いている、しかも並ばなくて入れた、という
情報をもらったので久しぶりに車を動かしてでかけること
にした。USMでいまだに無料で食べさせてもらっているけど、
これがいつ途切れるかもわからないし。

行ってみると確かに並ばずに入れた。でも食料品の棚を見て
唖然。野菜、果物、じゃがいもの、卵、ハム等が全くない。
唖然として何を買いに来たのかわからなくなってしまった。
牛乳はあったので、それとジュースだけを買った。こんなん
で来週授業開始と同時に食料配給を止められても困るんです
けど。

友達からのHP書き込みで外務省がミシシッピ及びルイジアナ
州在住の日本人に安否確認の報告を依頼していることを知った。
一応協力するのは義務かと思うので電話を入れてみたが全く
繋がらなかった。HPでヒューストン総領事館のメイルアドレス
を見つけようにも見つからなかった。念のためニューオリンズ
の総領事館のHPを開けると更新してあってメイルアドレスも
書いてあったので、そこに指定通りのメイルを送った。思いっ
きり無料のYahoo.jpアカウントで本当に届くのか不安になった
けど、記録に残るはずだからそのようにした。

それにしても何でマレーシアの友人に報告の依頼を伝えられ
るまでわからなかったかなぁ。この災害時に総領事館のお役人
は自分らがHPを見れるものだと思ってんの?もうちょっと考え
ようよ、ねぇ。君ら頭がいいんだからさ。



2005年09月06日(火) ハリケーン・カトリーナ通過して10日経った現状

自分のアパートには水、電気が通ったものの、水は沸騰
させないと飲めず、ケーブルTV、インターネットはなし。
夜8時以降朝6時までの外出禁止令も解かれていない。
ガソリンや食料もどのお店が開いて、どれだけ並べば
確保出来るのかいろいろな噂が飛び交っていまいち信用
出来ない。

ニューオリンズで被害に遭い、避難生活を経てバトンル
ージュに辿りついた友人の話によると、街は普通通りに
なりLSUは今日から学校が始まると言う。ニューオリンズ
から車で2時間の距離にある街同士だけど、ハリケーンの
右側(ハティスバーグ)と左側(バトンルージュ)では
ずいぶんと被害が違うようだ。夕方、周りで作業してい
る人がたくさんいるのに不謹慎かなと思いながらもテニス
をしに行った。テニスは出来たがそのコートの周りの木々
は倒れまくっていた。まだまだ街を見るとハリケーンの
爪跡を至る所で見れる。日常への回帰への道のりが長そ
うだ。



2005年09月05日(月) 某大統領のTVパフォーマンスと現実

今朝TVでアメリカを代表するおサルさんがここから車で
30分程度のPoplarvilleを視察しに来ることを知った。
警備のため詳細の時間は伝えられないと言う。

Poplarvilleはニューオリンズに近くて被害がひどかった
と言われる所。そこにある短大の再開のめどもたってい
ない。先日モービル、ビロキシ・ガルフポート、ニュー
オリンズの視察したパフォーマンスが余り評判良くなか
ったため、名誉挽回といったところか。

お昼に近いころ、TVでおサルさんがPoplarvilleにヘリ
コプターで到着、演説を始めた。ミシシッピはアメリカ
の一部、成長がもっとも著しい地域を政府はサポートする、
云々かんぬん。それを聞いて会場一同拍手。でもあれ、
こんな状況下で比較的身なりのきれいな白人さんしかいな
いんですけど。もっとも困っているはずの黒人さんたちは
何処?結局、比較的裕福で被害があっても対応出来る共和
党員しかその場にいないことが容易にわかった。さらにこ
のおサルさん、今回は「ろうら」というかみさんを連れて
きて人々に紹介する。一同立ち上がって拍手。こっちは
陳腐なTV向けパフォーマンスでしらけた。

これを黒人さんたちはどう見ているんだろう。その付近の
黒人さんは電気がなくて、自家用発電機もないから見れな
いんだろうけどさ。



2005年09月04日(日) ハリケーン通過1週間後、総領事館の人来たる!?

ハリケーンが通過して1週間がすぎた。家の周りを散歩
するとまだまだ電柱が倒れて電線がぶらーんとしている
光景を目にする。至る所でチェーンソーにより木々が
切られている音がする。復旧した信号もごく一部だ。
留学生が多く住む学校の西側にあるアパートにはまだ
電気が届いてないらしい。学校は来週12日に再開する
ことを発表したけど、このままで本当に再開出来るん
だろうか。

友人からヒューストンより総領事館のお役人がハティス
バーグに来て安否確認を行う、という話を昨日聞かされた。
自分自身何年も前に在留届を出し、引越し毎に報告してき
たが、向こうはそれらのデータを持ち合わせてなく学校側
のI-20 の情報を基に電話を入れるという。これが本当か
どうかわからないが、もし本当ならお粗末極まりない話だ。
以前日記に書いたとおりコネティカット州在住中ボストン
の総領事館はメイルでよく情報を流してくれたが、ニュー
オリンズに至っては長いこと住んでいてもそのようなこと
は一度もない。さらに自身の災害時とは言え(というか災
害時にか必要ないのだが)、もし彼らが管轄地域の邦人へ
の連絡先を持ち合わせていないのなら一体何のための在留
届だと思うんだけど。因みに今回留学生オフィスも予想通
り対応なしだった。お役所仕事は本当にアテにならん。

それでも今回は事態を重く見たのかお役人が出向いてくれ
るということで、果たしてどんな方が直接出向いてくれ、
災害時にどんな情報や手段を提供してくれるのだろうとか
なり興味を持って待っていた。待っていた。しかし来ない。
すると友人から電話。「急な会議があって来れなくなった
そうです。」えっどういうこと?

日曜日に会議?明日もLabor Dayで休みなのに?もう少し
上手い言い訳して欲しいなぁ。ニューオリンズの避難所に
邦人がいる可能性が出たとかさぁ。まぁ、湾岸部に比べれ
ば遥かに被害は少ないし我慢出来る程度だけど、どう対応
していいか困っている人だっていたのに。それなら最初か
ら来るなんて言わなきゃ良いのに。

ミシシッピに住んでいる日本人で優先して安否確認をする
必要がある人間はいない、と疑いかねない出来事であった。
日産の工場はもっと北でほとんど被害がなかったのは容易
に察せるしね。



2005年09月03日(土) ハリケーン・カトリーナ@Hattiesburg Day 6

7:00am
起床、TVでニュースをチェック。ニューオリンズでは
今回のハリケーン後の救助体制が人種差別問題に発展
している様子を知る。

8:30am
USMにて朝食。

9:30am
銀行へ行ってみる。移動式ATM車を見てびっくり。今月
働いた分が入金されておらずがっくし。並んでいる人に
無料で飲料水を配っていたのはなかなかいいアイディア
だと思う。

11:30am
USMにて昼食。

1:00pm
ケーブル経由でインターネットを試みるもまだ×。

2:0opm
人助けのため献血。成分献血(RBC500ml)をした。自分
はイギリスに1990年代に滞在したので日本では献血出来
ないが、ここではOK(通算3ヶ月以上に人はだめらしい)
だった。えらく感謝された。一方でオレンジ、グレープ
などジュースをもらえ、久しぶりに味のある飲み物を
飲む。おいしい。

5:30pm
USMにて夕食。献血したのでいつもより多めにとる。

9:30pm
友人宅にて電話線からネットに接続させてもらう。

12:00am
電気のおかげでゆっくり就寝。



2005年09月02日(金) ハリケーン・カトリーナ@Hattiesburg Day 5

7:00am
起床。

8:30am
USMにて朝食。

10:09am
家に帰ると自分のアパートに待望の電気が復活したのを確認。
冷蔵庫の中身を全て処分。それでも臭い。

11:00am
ハリケーン通過後、初めてTVをつける。ケーブルTVは復旧
してなく、閲覧出来るのは1チャンネルのみ。市内の電気
復旧率が20%以下なのを知り、自分の幸運を実感する。

12:00pm
USMにて昼食。

1:00pm
新聞を買いにダウンタウンへ。こちらの方が古い家が多い
ためか被害がひどく電気はまだ着そうにない。信号もまだ。

2:30pm
新聞を読むふける。普段行くPurvisに水すら来てないこと
を知りショックを受ける。

4:30pm
USMにて朝食。

5:30pm
気分転換にピアノを弾く。

7:00pm
久しぶりに十分な水量でしかもお湯のシャワーを浴びる。
気持ちいい。

7:30pm
TV。ハリケーンの募金キャンペーン番組(NBC)で有名な
ラッパーが「George Bush doesn’t care black people」
と発言し、画面がいきなり切り替わるを見る。いろいろ
と問題になりそう。

10:00pm
就寝。



2005年09月01日(木) ハリケーン・カトリーナ@Hattiesburg Day 4

6:30am
起床。昨日も暑くて寝苦しかった。

8:00am
Landの電話は復帰した様子。近所の公衆電話から身内に
電話して安全を伝える。

8:30am
USMにて朝食。Football部はMemphisへ非難することを知る。
又他州より来てガソリン1ガロン6ドル、氷一袋10ドルで
商売している奴がいるとのこと。

10:41am
アパートのごみ処理車が来る。暑さで腐ったものが増え、
ゴミ収集所が異臭を放っていただけに衛生的にも一安心。

12:00pm
USMにて昼食。

1:00pm
気分転換にピアノを弾く。

2:00pm
ダウンタウンへ自転車でローカル新聞を買いに行く。
ガソリンスタンドと開いているお店を探しに隣町の
Petalまで足を伸ばす。RiteAid(薬局)が運良く並ばず
に開いていて、久しぶりに冷たい物を口にする。

4:30pm
USMにて夕食。新聞を読むとニューオリンズはここ以上
にすごいことになっていることを知る。この辺りでも
ほとんどの地域で水道が復旧しておらず、またガソリン
がなくて警察が見回り出来ず、食糧配給車も全てに行き
渡っていないらしい。治安が非常に心配。

6:00pm
アパートのプールで風呂代わりの水浴び。アパートの
一部で電気が復旧したのを目にするが、自分の棟はま
だ停電中。

7:30pm
懐中電灯の灯りで新聞を読む。また自分の携帯が復旧
したらしく、何人かの人たちから連絡をもらう。

10:00pm
就寝。やっぱり暑くて寝られそうにない。うちわが
唯一の涼を取る元。


よろしければクリックして投票下さい↓


My追加

にほんブログ村 海外生活ブログへ
 < 過去  INDEX  未来 >
Shuidri [MAIL] [HOMEPAGE]