留学先での独り言

2004年10月31日(日) レッドスキンズと大統領選

10月最後の日曜日、今日から時間が元に戻るらしい。でも
もっとテレビとかで宣伝してくれないかなぁ、「明日から
時間が1時間遅れます」とか。

午後1番で少しだけパッカーズとレッドスキンズの試合を
観る。テレビでレッドスキンズの今日の勝敗は大統領戦
を占う(スキンズの勝ち→共和党の大統領、負け→民主党
の大統領)ものだと盛んに言われてたから。前半見ただけ
でGBの圧勝かと思ったので自分がするべきことに取り組ん
だが、後でダイジェストを見たら後半かなり競ったらしい。
反則がなければ逆転されてたとのこと。

これってブッシュが最後コンピュータ式の投票でずるして
勝利宣言をするが、後で裁判沙汰となってきちんと計算し
直した結果ケリーが勝つと予言か?そうなって欲しいんだ
けど。

最近ペインセンターで少し身体を動かしてからシャワーを
浴び、すっきりしてから勉強を始めると集中出来ているよ
うな気がしてそれを続けている。以前はへとへとまで身体
を動かすのが好きだった(そうしないと気がすまなかった)
けど、最近は限度を知るようになった。少し大人になった
のかも。

ハロウィーン?そんなもんを祝っている暇はない。



2004年10月30日(土) 日本人青年の死と大統領選挙

コメントするのをあえて避けていたが、残念ながらイラクで
拘束されてた青年は殺害されたらしい。ご家族、ご親族の方
にはこのような結果になったことに対し、深くお悔やみ申し
あげます。

ただ今回の彼の行動に対し、日本ではどのような意見が飛び
かっているんだろうかと考える。そもそも彼がイラクに行った
のかも分からない。それでもまたこの事実が自衛隊派遣論の
是非のネタになってしまうだろうな。

ちなみにアメリカの高官の誰かが今回の人質救出に関して
最大限の協力を約束すると発言した。でも実際は何もしない
だろうなと思った。だって自分らの軍隊の維持が大変なのに
他の国のことなどかまっていられないでしょうに。

こっちではイラク派兵で全体の15%程度の兵士を使って
いてかなり軍の体力を消耗しており、ブッシュさんが再選
されたら徴兵制を再開するのでは?と言う噂がある。それ
で11月2日の選挙ではケリーにしようかな、という若者も
いるとか、いないとか。

一方で昨日自分の車に挟まれたチラシには「軍隊の70%以上
がこの戦争が正しく、勝つべき戦争だと信じている。だから
みんなでブッシュさんを再選させて軍の人々を支えよう」と
書いてあった。これをルームメイトに見せて二人で笑って
しまった。軍隊に意思はなく、絶対の上の命令に従うだけな
んだからサポートもへったくれもないな、と。

もっとも正しいと信じなければ生死をかけて戦場で戦って
られないだろうけど。

今日はまとまりのない日記でした。ようは大統領選が3日後
になっていろんな情報が飛び交っている、ということです。



2004年10月29日(金) 高校フットボールお涙頂戴物語

10月も最後だと言うのに、夜になっても全然半袖短パンで
全く問題なくすごせる陽気。確か2年前に高校のフットボ
−ルを担当していた時は寒くて上着を着ていたことを思い
だす。今年はやはり暖かい。

試合はと言うとTDの数は同じ、TDの後のトライフォーポイ
ントの正確さで敗れた。負けたためプレーオフレースから
脱落。2勝8敗でPurvis高校の2004年度のシーズンは幕を
閉じた。弱かったけど今日はそれなりにいい試合をした。
最初で最後だったが戦う姿勢が見られた。審判が異常なま
でにフラッグを投げてくれたのは余計だけど。

試合後、この試合で引退となる3年生と握手をしてねぎら
いの言葉をかけた。高校の場合、フットボールが終わって
もまだバスケや野球をプレーする子が多いので、また次
のスポーツで会おう、というのが多かった。

その中で一人、試合がロッカールームに戻っても最後まで
着替えない子がいた。ヘルメットもショルダーパッドもつけ
たままテーピングすらとろないで座っていた。彼以外みんな
が帰ってしまったので「テーピングはずそうか。」と言うと
「切らないで、切っちゃうと(自分のフットボールシーズンが)
終わっちゃうから」と言う。正直ジーンときてしまった。

彼は3年生だった。身体は大きくなく、かと言って特別アス
レティックでもない。以前話をしたとき、自分は小さいから
フットボールをやるのは高校が最後と言っていた。他のスポ
−ツをやるつもりもないらしい。従って今日が彼にとって
高校での本当に最後の試合になってしまったようだ。

彼は決してチームの中心選手ではなかったがムードメーカー
であった。練習中からいつも何か叫んではチームを鼓舞し
続けた。何を言ってるかよくわからなかったことが多かった
けど。主に守備を担当していたが、自分がタックルしても
チームメイトがタックルしても同様に喜んでいた。とにかく
明るい子だった。一方で人の言うことをよく聞く子でこっち
としては非常に扱い易い子でもあった。

そんな彼を知っていたので最後まで着替えようとしなかった
彼の気持ちは察するに余った。次にどういう言葉をかけて
いいかわからなかった。それでも彼は逆にぼくがテープを
切らないと帰れないのを察してか「切っていいよ。」と声
をかけてくれた。彼のテープを切っている間、自分にとって
は彼の断髪式をしているような気がしてならなかった。そ
の時の彼の寂しげな顔は長い間忘れることが出来ないだろう。

彼は来年看護かアスレティックトレーナー学科に進学して
将来スポーツ選手をサポートしていける職業につきたいと
いう。彼の性格からしてそれはまさに適職に違いない。

彼の実りある将来に大いに期待したい。



2004年10月28日(木) スパイウェアとの格闘

今日は全てに効率よく過ごせた日ではなかったけど、部分
部分で集中できたのでいい1日とするべきであろう。余り
普段から自分を追い込んでもだめだし。

最近自分のPCで気になることが。以前より広告のポップ
アップが増えたなぁと。もちろんポップアップブロッカー
を起動させれば問題ないんだけど、それでは根本的解決に
ならないので、スパイウェアを駆除することに。

普段Spybotで駆除してたが、確認すると自分のバージョン
は1.2だった。webによると最新は1.3らしい。何か変わる
のかと思い入れなおしてみると、あら不思議、たくさん
出てきた。すべて削除することに。

それでも不安なのでそれ関係のサイトを観ていると、どう
やらadawareもかけたほうが良さそうとのこと。試しに
ダウンロードしてスキャンさせてみた。Spybotではもう
ありません、って出たのに出てくること、出てくること。
きっとデータファイルが違うんだろう。中身を確認した
けど消去して問題あるようなものはなかったので、すべて
消去。これでポップアップが消えて欲しいのだが。

しかし、そんなに甘くなかった。今でも少しだけどHPと
は関係ない内容のウィンドウがたまにぽこっと出てくる。
はっきり言ってうざいし、いい気がしない。今度時間が
あるときにスパイウェアについて勉強して完全駆除を
試みよう。



2004年10月27日(水) こんなんで勝ったらまるでドリフのクイズのようだ

10月も最終週。高校フットボールのレギュラーシーズンは
今週で終わり、11月からはプレーオフとなる。ご存知の通
りうちの高校はとっくに負け越しを決めているが、district
の対戦成績は五分らしく、今週勝てばプレーオフに出れる
とのこと。なんともレベルの低いプレーオフだこと。

少しフットボールの話をするとこの高校は8月頭からノーハ
ドルのショットガン攻撃をしてきた。(ちなみにシグナル
コールはサイドラインから出て、選手はその番号を自分の
リストバンドのアンチョコ表でプレーを知る。)ただオフ
ェンスラインが弱く、パスを投げる前に何度もサックを受
けている。それでも手を変え品を変え今までこのフォーメ
ーションを使い続け練習を重ねてきた。今シーズン導入した
新しいシステムなこともあり、来年以降を考えて負けても
このシステムを使い続けて選手がこなれるのを待つのかと
思った。

ところがである。なんと昨日月曜日に高校に行ったらなん
と攻撃はダイレクトスナップからのウイングTに変わって
いた。あれー、ゴール前にでも使うのかなぁと思っていた
ら、今までの攻撃スタイルはもう使わないとのこと。聞く所
によると授業でいけなかった先週の試合で、前半だけで
相手に15サックを許したらしくコーチもついに見切りを入れ
ざるを得なくなったと言うことだった。

でもなぁ、今シーズンずーっとショットガンでやってきて
最後の1週でウイングTですか。こんなんでぼこぼこ攻撃が
出てしまったら今までのやってきたことは何だったの?って
ことになりかねないと思うけど。

本当にこんなんで勝ってしまったら笑うよ、おれは。



2004年10月26日(火) スポーツやるならアメリカで

今日のプレゼンのため昨日は結局寝るのが遅くなってしま
ったが、イマイチ乗り気がしないプレゼンだった。集中
してやればそれほど時間のかかるものでもなかったが、
それが出来なかった。結果、そこそこの内容のプレゼンを
可もなく不可もなく終えた。どうもプレゼンといっても
たいした緊張感が起きず、こなすことを覚えてしまった
感がある。初心に戻らねば。

その後バレーボールの試合を見学した。まだ知っている
選手が一人いるのだがこないだ偶然会ってしまい次回は
絶対応援にいくよと約束してしまったから。

で試合観たけど愕然、あれっ、こんなにひどかったっけ?
バレーボールに関しては全くの素人だが、某大学のリベロ
は簡単な球すらきちんとトスを上げられず、一体君の役目
は何?と疑ってしまった。セッターもうーん、実はぼくの
お友達なんだけど、うー、コメントしづらい。ELIにいる
ある日本人が遊びでバレーボールをしていた時、ヘッド
コーチの目にとまって是非今すぐチームに入ってくれと
誘ったそうだけど、その気持ちも頷けなくもない。そう
言えば以前のヘッドコーチもバレーが出来る日本人紹介
してくれって言ってたよなぁ。

こんな話はWilliam Careyのサッカーでも聞いた。日本人
の若い衆よ、高卒後安月給でノンプロでスポーツやるなら
アメリカ来てただでスポーツやりながら大卒の資格をとろ
うとは思わないかい?英語もうまくなるぜよ。

P.S. 以前日記で話しに出したナイキのCMですが、ウェブ
サイトの方でそれを見れるようです。日本でこのCMを観れ
ない方、こちらから是非見て下さい。

ナイキのCMはここ(新しい画面で左下にWatch the commercialとあります)



2004年10月25日(月) アメリカ人の友人、2年前と今

毎日外で仕事をする関係上、お天気はいつも気になる所。
ましてや南部だから熱中症対策として常に最高気温と
湿度、heat indexは常に頭に入れておかないと。それで
TVをつけてお天気チャンネルを観てわかったことだが、
ここ2週間の暑さは平年より10F程度暑いらしい。去年こ
こにいなかったので「こんなもんだっけ?」と思ってい
たが、やっぱり暑かったのと思うと納得。ちなみにこの
暑さはあと1週間ほど続くらしい。明日は90Fまで上がる
ってさ。

午後仕事を追えて、少しだけ身体を動かすためにペイン
センターへ。そこで学部時代のクラスメイトらしき女の子
発見。でも顔は見覚えあるんだけど体型がでかくなって
変わって確信が持てない。最後に会ったのは2年前ぐらい
だったけど、そんなに変わらないよなぁ、もしかしたら
その子の姉妹かも、と思っていたが気になるので話しか
けてみたらその子だった。

話によると彼女は来年の1月に結婚するとのこと。でこの
間ウェディングドレスの採寸したらサイズが大きくなって
びっくりとか。それで結婚式までに(ドレスがぶかぶかに
なっていいから)痩せるためワークアウトを始めたらしい。

でもその前に2年のうちに変わり果ててビッグママまっし
ぐらなんだけど、どうやったらそうなっちゃたのかなぁ。



2004年10月24日(日) 眠い時、寝ます、寝てしまおう

最近よく寝る。必ずしも目覚めがすっきりという訳では
ないが、寝ている時間は長い。一時期年くったせいか寝
たくても寝れなくなった、寝るのにも体力がいると思っ
た時期があったが、まだそうではなかったらしい。

もっともミシシッピに戻ってから週に2度は身体を動かし
ているから、体力がついたのかも知れないけど。

短い午前中はのんびり過ごし、午後は少しだけNFL観戦。
それでも週明けにプレゼンがあるので、この誘惑を断ち
切るために学校へ行って、勉強することにした。

でもはかどらなかったなぁ。どうも昼間に勉強するの
って苦手。物理的に昼間のが長いんだけどね。

そういえば昨日のフットボールの試合、3万2千以上入っ
てカンファレンスの試合では史上もっとも多く入った
そうだ。vs ECUでこんなに人が入ったのもびっくりした
が、それでもAthletics側の営業努力も入っているんだ
ろう。2年前に自分がいた時に比べグッズはすごく
充実したし、フットボールの日にはみんな申し合わせた
ように黄色の服を着てチームをサポートするようになったし。

さて11月2日、Southern Missの体育会施設拡張のための
市による債券発行に対し市民投票が行われる。もし通れば
特定の品物の税金が1%上がって生活に影響が出るので、
必ずしもみんながもろ手を挙げてYesとは考えにくい。

個人的には大統領選と同じぐらい興味津々。



2004年10月23日(土) Homecomingの1日

今日は朝からHomecoming。学校はいろいろな行事でたく
さんの日だ。まずはバスケのMidnight Madnessならぬ
Midday Madnessに行く。目的はただ飯。でもホット
ドッグとジュースしか配られなかった。予算がないのね
と同情する。それでもバスケ用にこういうイベントが
出来たのは部にとって進歩かも。

今年から男女両方ともヘッドコーチが変わった。それで
も選手で何人か知っている奴らがいるだろうと思って
コロシアムに入るとあれっ全くいない。男子で2人残って
いただけだった。バスケ担当のATCに聞くと、コーチご
と選手もほとんど移動してしまって、新しいコーチが
新しく選手を引っ張ってきたらしい。それじゃ知らん
奴らばかりで仕方ないなぁ。

その後街頭のパレードを少し見にいく。大きな馬に
引っ張られた馬車が印象的だった。それ以外は高級車の
オープンカーに乗ってどうやって選ばれたかよくわから
ないHomecomingのQueenとかMaidがいた。がこういうの
フラタニティ−、ソロリティーだけが我が物顔で参加出
来る行事は好かんので、あるテントに行ってまたただ
飯にありつく。これでようやくお腹が膨らんだ。

夕方からフットボールの試合があるも自分は仕事で
サッカーの試合をカバーしなくてはいけないので帰ろう
とすると、見慣れない場所に普段ガキんちょが遊ぶような
施設が設置されていた。(NFLエキスペリアンスを想像
して下さい。)コカコーラ主宰の「Football Town」
といった催しで、今日の行事をバックアップしている
ようだった。なにやら商品がTシャツやらフットボール
などが目に付き欲しくなったので、ガキンチョに混ざり
要はボールで的当てする競技に参加。でも情けないこと
に1回目は的に当たらず(試投3回)、並びなおしてもう
一度挑戦。かろうじて1度当たって、缶ジュースなどの
底にはめて温度を維持するゴム製のもの(何ていうの?)
をもらった。

そしてWilliam Carey大学に行ってサッカーをカバー。
今日は荒れた試合だった。怪我人は少なくて楽だった
けど。

こんな感じでHomecomingの1日は終わりました。でも
自分も卒業生の一人なのにどこにもお呼ばれされなけ
れば案内もなかったなぁ。そんなもんなの?



2004年10月22日(金) 自分にとってもホームカミング

普段担当している高校のフットボールは何故か昨晩試合が
あったので、今日は普段と違う所を担当することになった。

まずLumbertonというPurvisの隣町の高校でテープを巻く
ように言われる。ボスからは「そんなに時間はかからない」
と言われてたが、行ってみたらかなり人数を巻いた。それ
でも巻き終わってミーティングしているコーチに報告しに
行ったらそのうちの一人の若いコーチに「おれお前覚えて
るよ」と言われびっくり。話を聞くとUSM時代マネージャの
手伝いをしていて、特にTCUでのフットボールの遠征の際
ぼくと同じバンに乗ったとのこと。調子よく「あぁあの時の」
と言ったが実は覚えてないので、適当に会話をあわせて
次の場所に移動した。

その後30分ぐらい高速をドライブしてSumrallへ。初めて
行く所でボスに地図を書いてもらっていたが、問題なくつ
けた。ただ49から42に入って少し走ったらつくと地図に書か
れていたが実際は10マイルぐらい左右に林しかない道を走った。
自分にとってはちっとも少しでなく途中何度も不安にかられた。

ついてすぐ担当する高校(実はPerry Centralという遠征
してきた高校の担当だった)のヘッドコーチに挨拶。あれ
っと思ったら学部時代実習をした先のコーチだった。高校を
替えてコーチをしてるらしい。さらにアシスタントコーチも
そこでコーチをしてた人で、二人とも自分のこと、そして
名前までも覚えていてくれた。これはラッキー。初めての
チームでも知っている人がいると楽だしやりやすいから。

そして試合開始。このチームは強い。選手を見てもどこかの
高校の選手よりでかいのが多い。ランが面白いように出た。
前半だけで4TDをあげ勝負を決めた。

さてハーフタイムが終わってサイドラインに戻ろうとすると
ある男の子に話しかけられた。「何で今晩ここにいるの?」
と。よく見たらPurvisの選手だった。「仕事でだよ、上司
に言われただけ」と答えても他のチームの面倒を見ている
のが少し癪に障る様子。かわいいもんだ。でもお前こそ何で
ここにいるんだと思い質問したら「スカウティング」と言う。
それには納得。来週はSumrallと試合だからそれは正しい。

しばらく話したが、最後の一言が面白かった。

「勝ってるチームを担当するのは気持ちがいいでしょ?」

まあね、と答えたがいいに決まってるだろ、と思う。
負けた試合を観ているのを好きな奴はいないだろうから。
でもこの発言、自虐的でかなり笑えた。

しかし今日は思わぬ所で知っている人と会った。今週大学
がHomecomingだが、自分には今日が実際のHomecomingなの
かも知れない。



2004年10月21日(木) 行事からのみ知りうる秋

結局昨日はあのままレッドソックスが勝ったらしい。これで
ボストン周辺は大変なことになってるんだろうなぁと想像
した。彼らは熱いからなぁ。

高校ではフットボールシーズンの終わりが近づき、バスケ
が始まった。それでもって今日はバスケの面倒も見てきた。
バスケを知らないのでうまいのかどうかわからないが、選手
に聞いてみると「去年はよくなったけど今年は良いはず」
と言うんだけどそれってフットボールでも聞いた話。という
ことはあまり期待が出来ないと言うことか。

今週はホームカミングウィークで学校ではなんと表現した
らいいかわからないが、大きな網に鼻紙に色をつけたもの
をつめこんで絵を作る作業があちこちで行われている。
ほとんど完成のところもあれば、これから徹夜で仕上げて
いく必要があるところもある。何はともあれ一つ一つ紙を
網につめていくのだから大変な作業だ。ちなみに昨日学校
を出たのは夜の1時過ぎだったが、まだ作業をしてた人が
何組かあった。このコンテストで優勝したら多少のお金で
も出るんだろうか。

それにしても今日は暑かった。10月で90F越えないで欲しい。



2004年10月20日(水) ヤンキースは負けるのか?

いやぁ知らぬ間にヤンキースが3連敗してシリーズは3勝3敗の
タイとなった。レッドソックスも粘りますなぁ。ということ
ですごくテレビで野球をみたいんだけど、やることたくさん
なので学校に逃げてきました。今明日提出のレポートをやって
ます。

ちょこっと今速報みたらヤンキース負けそう。きついなぁ
点差が。でもそうなったらNYで暴動起きかねないと心配してる
んだけど。

昨日ガルフポート・ビロキシ地方空港まで友達を迎えに49を
南に車を走らせたのですが、また少し風景がかわってびっくり。
いつのまにかWigginsの当たりでWalmartを中心としたモール
が出来、そのための信号が設置されていた。昔はハティス
バーグを南に下ったらガルフポートに出るまで一切信号がなか
ったのに(この間1時間ほど)、ついに邪魔くさい信号が出来
てしまった。道沿いも少しずつだけど開発されている個所を
いくつかみかけた。こんな田舎も少しずつ都会になっていく
んだろうか。

でも個人的には街を開発するよりガソリン安くしてくれと思う。
今ぐらい田舎でもいいから。



2004年10月19日(火) 夏はまだまだ続く

ハティスバーグには夏が戻ってきたようです。今日も
青空が広がり、日中スコールのような雨が降り、その
後またカラッと晴れました。湿度も高く汗もじわーと
かきました。天気予報を見てもここ1週間は毎日80Fを
越えるとのこと。下も60度を割ることはないようです。
これじゃ秋とはいえないでしょ。

今日は午前中勉強した後、午後はいつも通りに高校へ。
その後最近運動してなかったので(と言ってもしてな
い間隔はコネティカットにいた時よりはるかに短い)
ペインセンターに行って身体を動かす。

ペインセンターではまた懐かしい面々に会った。自分
が学生トレーナーをしている時の選手で、とっくに
卒業したはずなのだがいまだにここに来ていたりする。
「卒業したんじゃないの?」と聞くと「したよ」とは
言うけどまだここの辺りにいるらしい。仕事をしてい
るのか、ただふらふらしているのかはあえて聞かない
が(聞くまでもないが)、こういうことは留学生に出来ない
のでうらやましい。

今晩はこれから友達を飛行場に迎えに行ってきます。



2004年10月18日(月) あぢいーーー

今日はムシムシして暑い日が戻ってきた。日中80Fは楽に越え
ていたと思う。夜12時になっても75度あるって言うし。さら
に昼間に夏の時のような集中的な雨が降った。おかげでびしょ
びしょ。先週の涼しいくらいの気候でいいよ、もう10月も半ば
なんだから。

今日はお仕事で長い1日だった。午前中は病院にてミーティング。
いつもよりも長めだった。で午後は1時半から高校へ。高校の
フットボールの練習をカバーした後、7年生、middle school、
そしてJVの3つのフットボールゲームをカバー。帰ったら9時す
ぎてた。自分で言うのもなんだが月曜日からお疲れ様である。

7年生の試合はすごく微笑ましかった。ブロックはふにゃって
感じだし、走るのもよいしょよいしょって感じだし。中学校
の試合もほとんど同じだけど、少しだけスピードがあったか
な。この年代のフットボールは圧倒的にでかいとか、筋肉が
あるというのはないから、脚の早い子が有利になる。プレー
もごりごりというよりは外に振って追いかけっこと言う感じ。
真中のプレーはべちゃって感じでつぶれて余りゲインがなかった。

JVの連中は普段見てるので特に感想なし。まだ高校生として
Varsityに出られない連中の試合だから総じてミスが多い。
それにしてもタックルが出来ず、ブロックも出来ずまるで
Varisityの試合を観ているようだった。これから判断する
限り、この学校はあと数年弱いな。



2004年10月17日(日) ナイキの宣伝

さっき昨日の日記をアップしたばかりで、とりたて書くこと
がない。午前中にタスカルーサから戻ってきた後、少しお昼
寝し、それからはだらだらとNFLの中継を観てしまった。
いかん、いかん。

そんなこと言いながらその後ウェブサーフィンをしていると
Yahoo.jpのトップにテレビが見られる、録れるノートパソ
コンとあった。これってアメリカに持ってきても内蔵の
チューナーでケーブルテレビが見られるのだろうか?もし
見られるのなら滅茶苦茶欲しい。そうしたらこっちの放送、
特にCMを録画してDVDに落とし、日本の友人に送って簡単に
見せることが出来るのに。

ちなみに現在ぼくのお気に入りはナイキのCMで、マイケル
ビック体験館みたいなやつ。一人用のシートに座らされ、
安全ベルト、ヘルメット、靴をきちんと着用させられる。
(遊園地の乗り物を想像するといい。)途中、案内係
のマイケルビックからチンストラップを確認するように
言われ、暗いところから明るい所に出ると、そこはフット
ボール場。気づくとスナップを受け、マイケルビックが
フィールドで立ち振る舞うようにスクランブルからTDを
奪うように乗り物が動く。ただその間次々にヒットを
くらいそうになり、その余りの臨場感にシートに座って
ただボールを持っている黒人は慌てふためく。その様子
が非常にかわいらしく好感が持てるのである。何度も
見たが何度見ても笑ってしまい、実際あったら自分も乗っ
てみたいと思えるものである。

そういえばパソコンの画面の調子が悪くなって久しい。
設定はHigh Colorなのだが、色はにじみ液晶画面で色が
発色されておらず、256色ぐらいの解析度しか思えない。
以前からテレビのゴーストみたいに線や影が入っていたが、
最近はそれがさらにひどくなった。ドライバを入れ直して
もこうだからきっとハードの方の問題だろう。使い始めて
5年、そろそろ買い替えの時期かもしれない。でも新しい
ものを買うほどお金ないよなぁ。テレビが観れる奴欲しい
けど。



2004年10月16日(土) @タスカルーサ

後付けの日記になってますが、日曜朝に帰ってきたので
ご勘弁を。

今日はアラバマ州のタスカルーサにてUSM@Alabamaの
試合を観てきました。現在アラバマのフットボール部で
働いている友人のご好意によりチケットをいただいて
当地で初のフットボール観戦。中に入ってみるとやはり
スタジアムはでかかった。外から見るとサンダーバード
の基地みたいだけど、中はまさにボウルの形をした典型
的なフットボール場。天気もよく絶好の観戦日和と思わ
れた。

試合は、、、USM情けない。。。観るべきものが全くな
かった。この試合勝とうとする気が全くなかったように
感じる。カンファレンスゲームのが大事なんだろう、
プレーそのものも隠しているように思えた。

2年生QBは去年とまったく変わってない。それもそうだろう。
今年WRをやらされてQBの練習を余りしてないんだから。
Athleticと形容されてもそれをいかすプレーコールが
出されてないし、オプションQBと言ってもオプションの
種類が1つ(リードオプション)しかないのは笑える。しか
もデザインしてQBが走るプレーがないんだから止めるのは
簡単。事実今日はパスが消された後、BAMAの両SFが異常な
早さでLOSに上がりランを止めていた。あの裏に一本でも
パスが通せたらと思うも、そのプレーコールすら出なかった。
パスが下手すぎるんだろうなぁ。

その後、チケットをいただいた友人宅にお邪魔し、さらに
お世話になる。いろんな人と知り合え有意義で楽しい時間
がすごせた。でも試合がなぁ、もう少しお客さんじゃなく
て堂々とプレーできなかったかなぁ。



2004年10月15日(金) Jury dutyって。。。

先日何故かコネティカット滞在時の住所に手紙がきてて、それ
がこっちに転送されてきた。何だろうと思ってはいたが忙しか
ったので、開けずに放っておいた。

今日ふと時間があったので開けてみると、目に飛び込んできた
のは「貴方はコネティカットの最高裁判所に召還されました」
とのこと。えっー、俺って何か悪いことしたか?といろんな
ことを頭の中で考えてみた。サブウェイに行った時余分にナプキ
ンを取りすぎた?大統領の悪口言った?(確かに言いました)
それとも人に恨まれるようなことしたっけ?(この必要性がある
時は自分の手を汚さないようにやるかと思うけど、誰かが裏切
ったか?)うーん、思いつかない。。。

次の文を読むと「来なかった場合には州の法律を違反することに
なります。貴方は次の日時に召還されました」と書いてある。
おい、今俺はミシシッピにいるんだぞ、行けるわけないじゃん、
しかも呼ばれる理由も書いてないし。でも行かないと罰せられる
よなぁ。どうしよ、誰に説明を求めればいいんだ???

すごく不安になった。一体自分は何をしたんだろうか。
こんなところで法律違反したら強制送還になっちゃうし。

しかし文章はよく読むもんである。「Serve」とか「Service」
という言葉が書いてある。あれ、これって悪い意味じゃない。
ここで自分はJury dutyの意味を勘違いしていた。念のために
辞書も引いたがこれは悪いことをして召還を受けたのではなく、
ある裁判の陪審員に選ばれて来て下さいということだった。
これが判明したときほっとしてしまった。

もちろん自分はアメリカ人じゃないし現在コネティカットの
住人でもないのでその必要はない。手紙の端にはそのことが
書いてあり、そこの項目をチェックして送り返した。

それにしても何で自分が選ばれるかねぇ。アメリカには戸籍が
ないはずなのにどうやって調べたんだろ?昨年は税金を納めた
から?それとも社会保障番号から?留学生を選ぶあたり、かな
りいい加減なデータベースなんだろうな。



2004年10月14日(木) 歳を感じたテスト

毎週木曜日はExercise testingのラボで、自分が自ら
被験者になって何らかの運動のテストをする。今週は
Powerの測定とやらで、垂直飛び、幅跳び、腕を伸ばし
たときに手を叩く腕立てなどをやった。

最近週に何度かは運動しているけど全てSubmaximal
な運動ばかりだから、瞬時に自分の最大の力を出す
このテストはかなり不安。こんなところでマジになって
肉離れを起こしてもかっこ悪いし、かと言って余りにも
値が低かったらそれもかっこ悪いし。

結局、マジになってがんばってしまった自分であった。
それにしても10年前の現役時に比べて数字ががた落ち
しているのにはがっかり。同じ数字を求めるのは無理が
あるが、ここまで落ちるのを目の辺りにするとさすが
にショックである。年のせいにするか、もっと時間を
見つけて運動するか。

さらにWingateテストがダメを押した。このテストは
自転車にのり、自分の体重の7.5%の重りをつけて全力
で30秒間こぐテストだが、これがハードなこと。この
テストは手を抜くとおかしなデータが出るので、大マジ
になってやったが、問題はそのあと。自転車を降りたら
脚はふらふらだし、息が切れて仕方がない。どうにか
自分の結果を確認して教室を出たが、今度は酸素不足
からか頭が痛くなってきて、なんとなく吐き気も出て
きた。外が涼しくて気持ちよく風に当たれのは幸運だ
ったがそれでもこれらの症状が回復したのは30分後
ぐらいだった。あぁ気持ち悪かった。

それでもすでに大腿部が張ってるし、むこうずねの筋肉
も張ってて明日は筋肉痛の予感。あぁ、歳はとりたく
ないねー。

さて、どんな結果が出たのやら。自分の計算が楽しみです。



2004年10月13日(水) ガソリンはまた高騰中

最近またガソリンが高騰し、夏の最高値に限りなく近づいて
きた。ここミシシッピでも安いガソリンで1ガロン1ドル90
セント越えは目前である。コネティカットでは余裕で2ドル
越えてるだろう。原油の先物取引で高騰しているのは知って
いるけど、冬は夏と比べて需要が減り安くなるはず。今回
のはどんな理由で高くなっているんだろう。

これってブッシュの再選に有利になるんだろうか?不利に
なるんだろうか?そういえば今晩第3回の討論会があるらしい。
質疑内容にガソリン高騰の話が出てくると聞いた。観てみよう
かな。

ちなみに今日は英語で言う「beautiful」にふさわしい天気
であった。空は晴れ渡り、暑くもなく寒くもなく、さわやな
かな風が吹いて非常に快適であった。こんな毎日が続くと
いいんだろうけど、これが何故か急に寒くなったり、また
暑くなったりするんだろうなぁ。



2004年10月12日(火) ストレス解消に運動、というのは本当

いよいよヤンキースとレッドソックスの試合が始まった。
ただでさえ因縁の対決。ましてやプレーオフでの対戦。
今年も最後まで気合の入った試合となるんだろう。

去年はこの季節、みんなの話題はこれで持ちきりだった。
しかし場所を移すとそんな話題はほとんど入ってこない。
イチローの話もそうだが、場所が違うとこんなにも違う
のかとびっくりする。

今日はいつも通り学校に行き、午後から高校にでかけ
夜にまた授業に出た。その後、ペインセンターに行って
少し走った。学校の先生の話によると、どんなに忙しい
ときでもストレス解消に運動をした方がいいらしい。
Cortisolというストレスホルモンの分泌を調べたらそう
いう結果が出たそうだ。

周りで勉強に忙しくしている人も多いと思うけど、もし
それにつまってしまってどうしようもなくなったら、
10分でもいいから運動することをお奨めします。

参考:
http://stress.about.com/cs/cortisol/a/aa012901.htm



2004年10月11日(月) まだまだムシムシした陽気

昨日までの雨は熱帯低気圧か何かが通過したことに
よるらしい。どうりでよく雨が降ったわけだ。それが
去った今日は朝から暑く、むしむししていた。午後
いつも通り高校に行ったけど、陽射しが強くまた日焼け
した感じ。

天気予報によると今週中頃からは最高でも70度後半
になるらしいが、それでも最低は60度切らないようで
最南部はまだまだぽかぽか陽気まっしぐら。

知らなかったが今日はコロンバスデーだったとのこと。
それで自分が担当する高校は休みだったらしい。し
かし大学は普通にあった。自分が雇われている病院も
普通に開いていた。こっちに来て5年近くになるが、
祭日の定義がいまだによくわからない。

そうそう、USMのフットボールがついにAPとCoaches
Poll両方で全米25位以内にランキングされたらしい。
こんなことは2000年以来。勝ち方は醜いけど勝ち続け
ていることが評価されたんだろう。そうでないとnon
BCSの大学はランキングに入っていかないからな。
今週末がひとつの肝だが、これを乗り越えてしまうと
案外年末までTop25に残ってしまうかも知れない。

いやぁ、それはないな。



2004年10月10日(日) 久しぶりの勝利続出の今年

土曜日の話で書き忘れたことがあった。フットボールの話で
アップセットがあった、と書いたのだが本当のアップセット
はSECの話ではない。NCAA DI-Aで負けつづけていたチーム
がすごく久しぶりに勝ったのだ。

そのチームとはArmy。大昔だったらArmyと言えば強豪中の
強豪だったが、今じゃお荷物もいい所。去年は全敗で19連敗
中、最後に勝ったのは2002年11月16日であった。そんなチーム
が勝ったのだ。テレビでも大きく取り上げられ、試合後観客
が流れ込みゴールポストを持って帰ってしまったシーンが
映し出されていた。1勝しただけで、である。

今年はこのようなチームが続々と勝ち星を挙げている。テキ
サスにあるSMUもその一つで、彼らは先週勝ち、同じくホーム
で試合があったため観客が同様なことをしたと聞いた。
ニューヨーク州立大学バッファロー校も先週勝った。そして
今週、ルイジアナ州立大学モンロー校も久しぶりに勝ち星を
挙げた。Armyほど話題になっていないが、これらの大学も
Army並みに勝っていなかったチームである。あるサイトでは
これらのチームがNCAA DI-Aのワースト4にあげられていた
ぐらいだ。

ESPNの放送によると、現在連敗記録を更新しているのは
U of Central Floridaとのこと。この大学は上に書いた
ニューヨーク州立大学バッファロー校に勝ち星を献上したぐ
らいだから、今後も負けつづけるのではないかと予想される。

因みにArmyが抜けるかわりにSMUとCentral Floridaが来年から
C-USAに入る。うーんC-USAのレベルは相変わらずやばいなぁ
と感じられずにはいられない。

ところでこういう大学で働いているスタッフはお疲れ様だと思う。
何故なら負けが続くとコーチも気難しくなるし、選手もやる気
なくしてちょっとした怪我でもそれで逃げようとするから。
つまり普通に仕事やっていても、以前と同様に仕事をしていても
感情的に文句言われることもあるわけで、スタッフ側としては
いいとばっちりもいい所だから。

あっ、これどこかの高校のチームにも当てはまります。
今の所1勝6敗で、負けた試合はすべて1Qだけで3TD以上
前半で5TD以上献上してますから。かなりぴりぴりしてますよ、
このチームも。



2004年10月09日(土) 2日連続で雨の中でお仕事

今日は夕方から大学の女子サッカーをカバー。昨晩といい
今晩といい、雨に降られながらのお仕事。トレーナーズ
キットはびしょびしょ、靴もびしょびしょ。しかもこんな
ときに限って怪我人は出た。一人は脳震盪、もう一人は
sternumを肘で強く小突かれ、以前そこを折ったことがあ
るからと言って痛がった。怪我の評価をしてどちらも
大事には至らないと判断し、月曜になっても痛みがひど
かったらお医者さんに診てもらって、と選手とコーチに
伝える。1日限りのお手伝いやこのぐらいしか出来ん。

ちなみに相手側の選手で日本人の子がいた。帰りがけ少し
だけ話をした。選手としてアメリカでやっていけるのは
素晴らしいこと。是非ともがんばって欲しいと思う。

今日のフットボールは大分荒れたらしい。アップセットが
結構あったようです。特にSECが熱い。いやぁやはりタフな
カンファレンスだ。特にSEC Eastは一体どの大学が勝つん
だろう?

落ち込んでいる友達もいるようだが。。。



2004年10月08日(金) ほろ酔い加減で書いている日記

午後からいつも通り高校へ。今晩はawayでゲームなので
早めに行く。黄色いスクールバスに揺られること1時間半、
相手校についた。小さな街の小さな学校だった。

なのに試合はお約束のごとく大負け。前半で35−6という
大差がついていた。雨が降っていたせいか後半はお互い
もういいでしょ、と言った感じで先発をはずし、いつの
間にかBチーム戦となっていた。それを助長するかのよう
に、パス失敗や1stダウンを更新しても時計が止まって
なかった。お互い申し合わせでもしたんだろうか?その
結果異様な早さで試合が終わった。自分にとってはそれは
それでよかったんだけど。

試合後Purvisに戻る途中、マクドナルドに寄ったので
結局自分のアパートに戻ったのは12時過ぎとなった。
ルームメイトがさくさん作って余った夕飯をいただきな
がらCNNでやっていた大統領選の討論をちらっと見た。
ルームメイトに勧められて飲んだ赤ワインによりほろ酔い
加減で観ていたせいか内容はあまり覚えていない。ただ
ブッシュの顔ってお猿みたい、とずっと思ってたのだけは
覚えている。反論されると「うきぃー」って感じ。

ただ友人のblogにも書いてあったけど、確かに話を聞いて
いるときのお互いの顔がもろに写ってた。だから上の印象
があるんだけど。

なんかこういう討論って話の内容うんぬんよりショーマン
シップの良し悪しが比較されている気がする。ま、実質
彼らは自分で原稿を書くことはないだろうから、それこそ
が必要なんだろうけどね。

それよりまたアメリカの選挙では不正があるのかなぁと
思う。いくつか拾い読みしてるが、これだけネタがあると
少なからず嘘もあるも、本当のこともあるんだろう。
以前、アメリカ人に「世の中とは不公平なもんだ」と
言われたことあるけど、その言葉に妙に納得させられる。

http://tanakanews.com/e1008election.htm
http://tanakanews.com/blog/0407080057.htm
http://ppfvblog.seesaa.net/article/281603.html



2004年10月07日(木) 久しぶりのフットボール観戦は後味悪し

午後、高校に行く必要がないとわかった瞬間にゴルフを
することに決めた。平日だとカートつきで17ドル。やらな
きゃ損でしょ。ちなみに2人で行くと、1人15ドルになるん
だけけどね。

ラウンドはまぁまぁ。今日は珍しくドライバーが真っ直ぐ
飛んだ。その割にスコアが良くなかったのは、ショート
ゲームのせい。パターも入らなかったなぁ。

その後、夜のクラスがキャンセルになった原因となる
フットボールの試合に行く。今季初の地元での試合。しか
もESPN2で全米放送。それなりに楽しみに行ったが、試合は
最低。3勝0敗のチームがこんなにひどいのかとびっくりした。
前半観ていて、その時まだ勝っていたけど「こりゃ負けるな」
と思って後半を観ずに家に帰った。結果は勝たせてもらった
みたいだけど、あの守備じゃだめでしょう。準備不足で後半に
なっても全くアジャスト出来なかったし。

ちなみにHoustonのオフェンシブコーディネータはいい仕事
をしたと思う。USMの守備が何してくるかをよく調べ、この
試合に十分に準備してきてるのが良く分かった。攻撃はかな
りトリッキーだけど、よくデザインされていて見ていて面白
かった。特に数的優位に立つようシフトを多様し、守備側を
オフバランスにしようとする意図がはっきりと汲み取れた。
選手がもっと彼のやろうとしたことを理解すれば、もっと
Houstonは強くなるぞ。

それともう一つ。ソフトボールでも言えるんだけどC-USAの
審判の質がひどすぎる。今日のミスジャッジそして不安定
なジャッジの数は多すぎた。

競技のレベルの低い所は審判のレベルも低いのだ、と言われ
ればそれまでだけど。ちなみに高校のフットボールの審判
はもっと低くて、選手が可哀想なぐらい。接戦は審判のコール
が勝負を分けるといってもいいぐらい。



2004年10月06日(水) ノーベル賞と自分が勉強してきたこと

この季節はノーベル賞発表の季節。日本で大学生をしていた
時は遠い世界の話だったのに、こっちではすごく身近な感じ
がする。

今回の生理学、医学賞は臭いに関する受容体の発見に関する
もの。人間の味覚や臭覚、聴覚などの受容体やそのシステム
の話は去年授業でやった。自分自身の45分程度のプレゼンも
味覚の一つ、日本人が見つけた「旨味」についてだったし。
なんだか自分が勉強してたことがつい13年前に発見され、
今回ノーベル賞を受賞したとなるとちょっとわくわくする。
だって自分が日本で大学1年生の時に発見していれば、自分が
ノーベル賞だったかも知れないんでしょ。

ひゃぁー、ってありえないけど。

それと比べたら日本の大学ではつまらんことをやっていた
ような気がする。自分がやってた分野でノーベル賞なんて
聞きもしなかったもんな。そもそもノーベル賞に関しても
あまり興味持てなかったし。

こんな興奮を味わえる研究をしてみたいものである。
えっ、自分で探せ?その通りだよね。



2004年10月05日(火) 元気に過ごせました

昨日の日記で徹夜モードになる、と書いたがやってみたら
今回のラボレポートは大したことなかった。3時すぐに
寝れた。5時間程度寝れたので授業で眠たくなることもなし。
午後に高校行って、夕方から授業に出たのに、さらにまた
ペインセンターに行ってウェイトまでしてきてしまった。

その分今眠たくて仕方ないけど。

今週は木曜日に今季初めてフットボールの試合がホーム
である。今の所awayで3勝、内容はともかく結果は出して
いる今年のチームである。試合はESPN2で放映。その日の
自分の仕事次第だけど、時間がやりくり出来るのなら
ヘッドトレーナーにお願いしてサイドラインに入れてもら
おうかな。

テレビでは野球のプレーオフが始まった。でもミシシッピ
には野球チームないし、コネティカットにいたときは
メッツを応援してたので(ヤンキースやレッドソックスと
比べて弱いから)それほど感心がわかない。それでも
ワールドシリーズになれば見てしまうんだろうけど。



2004年10月04日(月) 地元紙のイチローの記事の扱い

毎度の月曜日、ラボのレポートに追われる日である。
まだIntroductionしか書いてない。今午後の9時。
そろそろエンジンをかけないと。

いろいろな日記でイチローの記事の扱いが書いてあった
ので、図書館で地元紙の扱いを確認してみた。スポーツ
のトップに記事はあったものの、高校のフットボール
の結果の方がはるかに大きく、中心に据えられていた。
写真もあったけど、打った瞬間とかじゃなくてただの
どこにでも見られる笑顔の写真。さらにシアトルの「S」
が入ったヘルメットなんてかぶっているから、興味なく
て読まないと人も少なからずいるのでは。

ちなみに朝日新聞の衛星版も見たが、けた違いの扱いに
びっくりした。日本の新聞からの方が多くの情報を得ら
れること間違いなし。残念ながらここミシシッピでは
全くと言っていいほど話題になってないです。今回の件
で誰からも話を聞かれたことはないし。



2004年10月03日(日) 明日出来ることは明日やれ by 昔の上司

友人のサイトを読んでいると、ひんやりしてきたとか
朝晩は寒くすら感じるという文字をみかけたが、ここ
ミシシッピ・ハティスバーグはそこまで涼しくない。
朝晩気温が下がると言っても60Fを下がることはまだ
ないし、昼間は余裕で80Fの後半に行くので十分に
暑い。もっとも湿気はそれほどでもなくなってきたの
は事実だけど。

今日はいつも通りの日曜日。洗濯に行き、1週間の
買出しにでかけた。先週給料が出たので、ついに2つ目
の本棚を買った。これでようやくほとんどの本やノート
類を納めることが出来、床がすっきりした。それでも
この部屋は狭く感じる。あぁ、タイミング見計らって
一人でやっぱり部屋借りよう。

その後ペインセンターに行った。昨日走ったので今日
はウェイトをした。最近挙げてなかったので、ベンチ
で135lbでも重く感じる。3set*10でやめておいた。
すでに胸が痛いから、明日相当の筋肉痛だろう。一体
現在の自分のMaxはどれくらいなんだろう?他の種目も
同様で、昔を思い起こすと情けない限り。

ウェイトしてシャワー浴びたらすっきりしたけど、心地
よい眠けが自分から離れない。勉強すれど、集中できず。

また明日やるかなぁと思いつつ、またラボのレポートの
ために月曜日の徹夜は嫌だなぁとも思う。こんなとき
自分はどうすればいい?

やっぱ寝よ。明日は明日だ。



2004年10月02日(土) オフはのんびり

訂正はしておきましたが昨日の記事で間違いがありました。
D Nixが移植を受けたのは腎臓でした。英語でkidneyと
わかっていたんだけど、それを日本語に直したら膵臓と
勘違いしておりました。

でもそうなると膵臓って英語で何?Spleen?

久しぶりに土日がオフとわかっている週末。何してすご
そうと考えていたが、今日はあまり効率よく過ごせず、
周りを片付けたにとどまった。それでもかるーく走って
きてシャワーを浴びて、今気持ちはさっぱりでやる気が
出てきたけどね。

勉強の面では効率よくなかったけど、久しぶりにフット
ボールを2試合ほど観たかな。Georgia vs LSU, Purdue
vs Notredome、どちらも予想より点差が開いたゲームだ
った。South Carolina vs Alabamaも少し見たから実質
2試合半ほど見たことになるな。

さて今日もわずかだけど少しがんばりますかな。



2004年10月01日(金) Derrick Nixとの立ち話

昨日そういえばCoach Derrick Nixと会った。給料の小切手
をどこでもらえるかわからず、体育会の建物にうろうろして
いたときだ。会ったのは約1年ぶりだが向こうから「よぉ」と
声をかけてくれ、握手をしてきてくれた。以前よりやせたが
がこけた感じはなかったのがよかった。

彼って誰?という人のために少し説明をすると、彼は在学
時代RBで、USMのラッシング記録を持っている人。C-USA
でも歴代2位(もし最後の数試合を欠場しなければ更新は
間違いないものとされていた)だった。NFLでも活躍でき
うる選手だった。ところが3年の時足首を捻挫し、痛み止め
のため飲んだ薬の副作用のため腎臓がやられた。それでも1年
のメディカルレッド−シャーツを経て4年次に復帰。見た目に
は完全復活したように見えたが、薬の副作用による病魔は
確実に進行していた。シーズンの途中でドクターストップ。
2つの腎臓のうち片方が完全に×、もう片方も確か10%も
機能しない状態になり、毎週人工透析をしなくてはいけな
くなった。昨年6月、お兄さん提供の腎臓を移植。元気になり
今はUSMのフットボールコーチとして活躍する毎日だ。

記事:Hattiesburg American(ここをクリック)

デ:「しばらくここに滞在するの?」
し:「USMに戻ってきたんだ。長くなるよ」
デ:「そうなんだ、じゃ今どこに住んでんの?Mark One?」
(注:以前彼と自分は同じアパート群でお隣さんだった)
し:「入りたかったんだけどいっぱいだった」
デ:「おれはまだあそこに住んでるよ」
し:「えっ、まだ住んでんの?他に住むだけのお金はもう
   もらってるだろうに」
デ:「あそこは安いけど快適だし学校から近いしね」
し:「じゃ、お金余ってるのならおごって」(二人とも笑い)

その後チームのこと、今週の試合のこと、自分が担当している
高校のフットボールの話など10分ほどだったと思うけど立ち話
をした。自分もまだほかに行く所があり、彼もどこかに行く
用事があったみたいなのでそれでじゃ、また、ということで
別れたが楽しい会話が出来た。彼は移植手術が必要と聞いたとき
一時はどうなることかと思ったが彼がこうして元気にフット
ボールに携われていると思うとうれしくなった。

それにしてもUSMは涙なくして語れない物語でコーチとスタッフ、
コミュニティー、ファンを繋いでいる。十数年前にはヘッド
コーチBowerは事故で長女をなくし、それでもけなげに休むこと
なくシーズンを過ごした。で去年にDerrick、今年は次女が
USMに進学してチアリーダーになりお母さんの跡を継いでパパ
の応援。そしてDerrickの兄、TyroneはAuburnにDefensive
Coordinaterとして大金で何度も引き抜きを受けるもここが好き
だからと拒否。(AuburnはSECという全米トップカンファレンス
に所属する強豪校)浪花節は日本だけかと思ったら、この辺りの
人々もこういうのは好きなようである。

ともあれ個人的にDerrickの人柄も好きなので、彼にはがんば
ってもらいたい。でもTEコーチって実際何やってるんだろ?
今度聞いてみよ。


よろしければクリックして投票下さい↓


My追加

にほんブログ村 海外生活ブログへ
 < 過去  INDEX  未来 >
Shuidri [MAIL] [HOMEPAGE]