留学先での独り言

2004年09月30日(木) こっちに着てから初めてのお給料

今日で9月が終わり。ミシシッピに戻ってきて2ヶ月がたった。
去年居た場所はもうすっかり秋の気配だろう。気温みたら
もう寒そうだし。あの学校前の紅葉はきれいだったなぁ。

月末と言えばお給料日。先月ペーパーワークが終わっていな
かったせいでもらえなくて、今月は2か月分支給されること
になっていたはず。でもどこでその小切手をもらえばいいか
わからない。まずは学科のオフィスへ。何故かアスレティック
デパートメントに行かされる。そこで2つの場所でたらいまわ
しになったあと、Student Employmentへ。そこでようやく
小切手のありかを確認し、行った場所は元の学科のオフィス。
今度は違う人に話しをしてようやくそれが手に入った。

人間とは現金なもので、お金が手に入った瞬間にたらいまわし
にされたことは忘れてしまった。善は急げで銀行に。無事自分
の口座に小切手の金額のお金を入れてほっとする。帰りにこの
場所での初めてのお給料のお祝いに、スーパーで一番高いお寿
司弁当を買って家に戻りました。お寿司なんて久しぶり。

でもなぁ2ヶ月分の給料って言っても日本の会社での1ヶ月分
の初任給より低いんだよなぁ。これで暮らせるアメリカって
ある意味すごいと思う。もちろん質素な生活だけど。



2004年09月29日(水) 田臥の契約って???

今日も昼過ぎから高校へ行く。木曜日はすごく軽い練習か、
ミーティングしかないので今週末に向けての練習は今日が
最後である。行ってみると昨日ぼくが授業のために早く帰って
から怪我人が出たらしい。ヘッドコーチに話を聞くと鎖骨を
折ったとか。で次にアシスタントヘッドコーチと話すと鎖骨
ではなくてもっと上(AC joint辺りを触っていた)という。
結局よくわからないから、彼が戻ってきてから話すことに
した。

家に帰って食事をしシャワーを浴びた後、図書館に向かう。
空を見るとヘリコプターが飛んでいて「あぁ病院に向かう
んだなぁ」とすぐにわかった。今住んでいるアパートは
大きな病院の近くで、その病院にはヘリが発着するポート
が2つある。車での輸送では手遅れのときヘリが使われるん
だろう。ちなみにかっこいーと思ってヘリの着陸を間近で
見たことがあるが、実際の着陸時はものすごい暴風で自分
が吹き飛ばされそうになった記憶がある。

日本の記事を読むと、田臥がNBAサンズと契約、日本人初の
NBA選手にと書いてある。でもよく読むとこれからキャンプ
で開幕のロースターに入るかどうかはまだ別の話という。
でも契約は2年。どういうこと?なんだかNBA知らないから
わからない。

NFLで言うと、ロースターに入れなくてもこの1年、チーム
のプラクティススクワッドに入ることは保障されてという
ということか?ということはNBAはキャンプに加わること
すら大変だと言うことか?でも日本人初のNBA選手と呼ぶ
には早計だよなぁ。まだ試合に出られるかどうかはおろか
ベンチに入れるかもわからないんだし。

どなたか彼の契約とNBAの常識について詳しい人がいたら
教えて下さい。



2004年09月28日(火) 高校フットボールコーチへの礼賛

先週行われたPhysiologyのテストが返ってきた。点数見て
思わずびっくり。これじゃ全く他の人を圧倒出来ない。
間違えた所を見る。あれなんで間違っているのと思う。
解説を聞く。なーんだ、そういうことと理解した。問題文
をきちんと端から端まで読まないとだめですな。また
おっちょこちょいの性格が多数垣間見えた。次回は意味が
曖昧な定義を最後にきちんと確認して、完璧を期さないと。

さてたまにはいい話。8月頭に配置されて以来、主に高校の
フットボールを世話しているが、コーチたちの仕事ぶりに
は頭が下がる。

高校の場合、コーチはほとんどがその学校の先生だ。普段
は普通に授業を教える。そして放課後になるとコーチに
変身するわけだ。イクイップメントマネージャーがいない
からコーチが選手の衣類を全て洗濯し、乾燥後それらを
一人一人のロッカーにかける。生徒はそれを着るだけで
練習後は洗濯カゴに放るだけだ。

さらに各週の練習の頭にはその週のスカウティングレポート
とプレーブックを生徒達に配布する。知っている人なら想像
出来るだろうが、対戦相手に合わせてこれらを毎週作成する
のはすごく時間と労力がかかる仕事である。彼らは金曜日の
試合が終わるや否や、週末のプライベートの時間を割いて次
の対戦校のビデオを見、これらを作成するんだろう。

また彼らは毎日のウェイト及び練習のメニューを考える。
前週の反省、及び今週末の期待を鑑みて毎日メニューは
変わる。これらも毎日コーチで集まっては話し合われること
だろう。

ボールを磨くこと、5ガロンのクーラーに水を用意すること、
試合前のライン引きもコーチの仕事である。ここまでやら
なくても、少しは選手にやらせればと思うが、これらが高校
のフットボールコーチの仕事の実態である。

フットボールシーズン中、彼らは先生としてコーチとして
本当に忙しい毎日を送っているに違いない。ここまでやれる
のは単に教育者としてだけでなく、本当にフットボールが好き
なんだろう。彼らを見ているとアスレティックトレーナーと
して少しでも彼らのお手伝いできることをうれしく思う。

おい、生徒ども、少しはコーチの思いを汲み、彼らの労力に
感謝して一生懸命練習して試合に勝ちやがれ。これが当たり
前だと思うなよ。



2004年09月27日(月) 今日の出来事、そしておとといの続き

いつも通りに午前中は病院にミーティングに行く。基本的
には予定の確認と、何か問題がないかどうかを報告するだけ。
それより長い話になるのが、自分らが担当している高校の
フットボールの試合のこと。どこが勝った、どこが負けた、
どこの選手はいい、今週の試合はどこが面白いなど。自分の
ボスが辞めたので現在ここに所属するATCはみな男性。言う
ならば男同士の井戸端会議だな、これ。

その後昼前にある先生のところへ。宿題の話から発展して
いろいろと1時間半ぐらいしゃべった。この先生は新しい人
なのでどんなことに興味を持ってどんなことをやってきた
か知りたかったのだが、今日の話でだいだいつかめた。
なかなか面白そう。

その後いつも通り高校へ。先週怪我した選手は親が心配して
金曜深夜にERに連れて行ったらしい。でもawayで試合が終わ
って学校に帰ってきたのは金曜夜の11時過ぎ。俺が自分の病
院に来てねと言ったのは土曜日の朝8時。この間に余計な金
払ってERに行く価値などあるんだろうか?意識がないわけで
もない、出血しているわけでもない、歩けないわけでもない、
痛みが我慢できないわけでもない。しかも場所は足の甲だよ。
何故???

子供を持ったことのない自分にはわからない問題なのかも。
それともそれほど心配いらないと言った俺が信用されな
かったか。こっちならわかるな、そんなもんかと。

ちなみに少し腫れてるけどX線は問題なし。説明聞いても
不自然な話だった。リハビリはいつからどうしろって
言ってたと聞いても何も言われなかったって言う。だからうち
の病院に来てスポーツドクターに見せろって言うのに。そう
したらすぐにリハビリの指示が俺に来るし、復帰の判断も
この程度の怪我ならもう一度医者に見せることなく、俺に
任せてもらうことが出来たのに。お金と時間の無駄でしょうが。

ま、彼の医者が言うようにしばらく休んでのんびり復帰して
もらいましょ。今シーズンは残り5試合ですが。



2004年09月26日(日) 最近文句の話が多くてすみません。。。

いつも通りの日曜日をすごす。昨日早く寝たので早めに起床し、
お洗濯。朝早い時間にランドリーに行くと、見張りの担当者は
若い2人の子連れのアメ人白人兄ちゃん。こいつがえらく態度
が悪い。午後のインド人みたいに下を掃いたり、洗濯機を清掃
するわけでもなく、ただ備え付けの(お客用の)TVを観ている
だけ。お客さんが質問しても「はぁ?何か言った?」って感じ
で相手にしていない。

今日は途中で奴がいなくなったので、テレビのチャンネルを
変え自分が見たいのを観ていた。しばらくすると奴と奥さん
らしき人が2人の子供と食事を持って帰ってきた。すると
帰る否やリモコンを手にして「プチっ」と自分が観たいものに
変えた。自分以外にも何人かのお客がその番組を見てたのに
も関わらずである。他の人は呆れた様子で、その場を去って
しまった。自分は一言聞こえる声で「S○○t」と言ったが
彼は聞こえなかったのか無視したのか、買ってきたタコスを
食っていただけだけ。

奥さんも若く、日本で言うとヤンキー夫婦といったところか。
若くして結婚し子供が出来たものの(逆かも)。学もなければ
職もないので仕方なくここで働いている感じ。(因みにここの
時給は4or5ドル。通常留学生の隠れた小銭稼ぎの場所なのだ。)
でも2、3歳の子供の食事がチップスにとろけたチーズをかけた
ものだけ、というのはなんとも子供が可哀想だけど。

若くても愛があれば結婚するのは当たり前の風潮があるアメリカ
だけど、経済力がないのに生まれてくる子供は不幸だよな。さら
にそれでも旦那は働かないのが多いし。



2004年09月25日(土) っっったく

今朝は8時にお勤め先の病院へ。昨日怪我をした自分の高校の
選手を医者に見せるため。

自分の怪我の評価ではただの足の甲の打撲と判断し(折れて
ないし、大して腫れもないし、何より誰かに踏まれただけ
だったから)パッドをあてて戻そうとしたら痛がって戻らない。
まぁハーフタイムも近かったので氷をあてさせ、様子を見させ
て後半から投入させようとしたら、後半になっても歩くだけで
痛い、という。そこまで言うのなら、今日はだめだね、という
ことでエースバンデージを巻きベンチで足を高くして休んでて
と忠告。またそれ程痛いなら一応X線とろうと、彼と彼の母親に
次の日病院に来るように伝える。彼がこの試合、すでにアウト
なことと明日病院に来させることをヘッドコーチに連絡した。
やれやれ。

高校のフットボールとは言え一人で全てをカバーするのは
えらく大変である。ずっと彼に構っていることも出来ずサイド
ラインに急いで戻る。そこで試合の流れを観ること10分足らず。
気づくと彼が横に立っている。おい、痛くて歩けなかったんじゃ
ないかと思うも、いちいちそんな話をしていても進展はないの
で流した。ちなみに代わりの選手が入ると急にオフェンスに
テンポが生まれ、結果今季初勝利となった。

彼に帰り際、もう一度忘れずに病院に来ることを伝える。
彼も了承した。一応彼は(居ない方が他の選手が生き生きしたが
スタメンでオフェンスの要となるポジションである。コーチ
も心配して、結果を電話して欲しいと言うぐらいだし。病院
に来て怪我が軽いのが判明するのなら問題ないけど行かなくて
重いとかなり問題。自分の立場上、大丈夫だろうと思うけど
シーズン中だし、スタメンだしとりあえずX線だけとっておい
てという所が本音だった。

前置きが長くなったけど、これでやっと今朝の話。

きやしねぇ。

待てど暮らせど来なかった。どうせこんなことだろうと思ったよ。
正直に来なかったことをヘッドコーチに電話で報告。仕方な
い、月曜日にもう一度チェックしてと言われる。別にチェック
することは何もないんですけど、とは言えず「はい」と答えた。

やろー、月曜日痛いと言っても絶対休ませねぇ。



2004年09月24日(金) 今日は2回ほどブルーになりました

金曜恒例朝から警察官候補相手にExercise Testingを行う。
行くといきなり名前を呼ばれる。誰かと思ったら元USMの
フットボール選手。久しぶりだったのでテストを始める前
にだべってしまった。彼はスターターではなかったがす
ごく性格がいい奴で、ATRは扱い易い人間だった。

でも大学でフットボールやっていてもNFLに入れないと
たいした職もなく、地元で警察官でもやるかということを
聞くとすごくブルーにさせられる。これがミシシッピの
現実か。

その後高校の試合へ。今晩はawayでゲームだったので、
また映画などでおなじみの黄色いスクールバスで移動。今日
のはスピードメータなど計器が壊れてなかったからましな
バスだった。でもクーラーはあるはずなしで、特に行きは
暑い。

試合はOTの末勝って今季初勝利を挙げたが、内容はひどか
った。うちだけでなく両方なんだけどね。これが3Aという
小さな学校のレベルの現実かと思うと今日2度目のブルー
に入った。もう少し試合の進め方の常識を知ってくれ、と
と思うもコーチが教えないとわからんだろうなぁ。



2004年09月23日(木) 空回り

昨晩日記をつけた後、勉強に戻った。まぁあれこれやって
睡眠は1時間程度だったかなぁ。まずは午前中にPhysiology
の試験。これが滅茶苦茶簡単だった。こんなテストで今まで
の平均がCだったんのか?これから難しくなるのか?どんな
採点が帰ってくるかわからないので、大口叩くのはこれぐら
いにしておくけど、これで本当に噂どおりの平均点なら悪い
のは先生じゃなくて生徒だと断言できる。

たった裏表1枚のテストなんかありえないでしょ。余りの
問題数の少なさに拍子抜けした。

その後はラボレポートを書く。いろいろと図や説明を増やし
たら20枚弱になった。今回は時間があったのでかなり丁寧に
しかも教科書だけでなく文献もいくつか読んで考察を書けた。
これなら前回よりましでしょ、と思い夜の授業に行くと、
えっ、提出は来週の火曜に変更?しかも扱うデータを増やす
だと?確かに考察でデータの少なさによる不確かさを書いた
けど、それを丸まる消すことになるとは。もっともこれだけ
サンプルがあればまともなデータの処理して考察が書ける
だろうけど。

何かイマイチ達成感がわかなかったけど、自分なりに今週
はがんばったので、今晩はのんびりすることにしよう。
明日から週末はまた仕事入っているけど。



2004年09月22日(水) よいこは読まないように

またか、と思われるでしょうがまた嫌なことに出くわし
ました。まぁ、今日だけで済んだことはよかったですが。

あったことは書きません。興味があったら想像して下さい。
以下に書くことも全く個人的で感情的な考え方であり、
他人を扇動するものでもありません。また思想的に自分が
右寄りとか左寄りとかを示唆するものでもありません。
ただこの本来の目的である「独り言」を言うだけです。
もし読まれる方がいればこの内容を鵜呑みにせず、自分で
考え、自分で判断して下さい。

さてアメリカでは何か理不尽なことが起きた場合、目には
目を刃に刃を(歯だっけ?)です。やられたら我慢するん
じゃなくてやり返す必要があります。それは相手が謝るま
でで、言葉の問題、人種の問題は関係なしです。一度買っ
た喧嘩は勝つまで辞めてはいけません。理由がどうであろ
うと勝った方の言い分が常に正しいからです。このことは
常に歴史が証明しています。

戦後アメリカの犬にならざる得ない時代があったとしても、
いつまでもそれを引きずってはなりません。誰が何を言お
うと必ず自分で判断し、自分の行動を決めなければいけ
ません。おかしいことにはおかしいと言う必要があります。
必要な時には必要な手段をとらなくてはなりません。

何度も勘違いの話を聞くのですが、自分はアメリカが好
きだからアメリカに残っているわけではありません。知識
を得ること、将来の仕事のためでもないです。そんな
薄っぺらいことだったらとっくに日本に帰ってます。だか
ら今後もアメリカにぶら下がることもなければ、かぶれる
こともないと断言します。

じゃ何故少なくとも今残っているか?やり返すため。
それも遠くから届かないジャブを打ってやった気になって
いる輩とは違い、至近距離に入って打たれながらもそれ
以上に打ち返すため。そうでなければ相手をKO出来な
いから。そもそもKO勝ちしないと誰も認めてくれないで
でしょ。

日本人は、アジア人はサルでもなければ奴隷でもない。
劣っていることなど何もないし、卑屈になる理由も何も
ない。それを自覚し、彼らには理解させる必要がある。
奢る必要はないが自分らは自信と誇りを常に持つこと
を忘れてはならない。媚びるような真似は絶対にするな。

以上かなり感情的で極端な話だと理解する。でも今日は
こんなことを憂さ晴らしに書きたかった気分。さて気持
ちを切り替えて勉強っと。



2004年09月21日(火) 試験が近づいてきました

今日までのラボのレポートだが、あとでメイルを読んだら
今回の締め切りは木曜日らしい。だったら早く言ってくれ
といいたいが、そうだと自分は火曜の夜まで手をつけなか
ったので、これはこれでいいか。木曜日にテストもあるこ
とだしね。

仕事先では、負けが続いているせいなのかちょっとした
怪我で練習を休んで現実から逃避しようとする人間が
少し見受けられるようになった。こういったときは断固
として許さず、練習に戻させる。神経質になるのは理解
出来なくないが、こういうことを乗り越えなければ強く
ならん。ましてや接触スポーツをやってるんだ、当たっ
て痛いのは当たり前。ちょっとぐらいでぴーぴー言うな。

木曜日は2日後と言っても自分が使える時間を考えると
のんびりする余裕はない。勉強することにします。



2004年09月20日(月) いつも通りの月曜日

いつも通り忙しい月曜日が来た。ラボのレポートを書き終え
ないと。先週授業が中止になったので、今週の木曜日のテス
トはどうなるのか?と先生にメイルを打ったら「予定通り」
との返事が来た。でも1週間前に試験範囲も言わなければ、
休み中にウェブの掲示板にお知らせもせず、さらにメイル
も出さないでいきなり「テストでーす。」というのは余りに
も不親切だと思う。

期末の授業評価で書いたろ。

さらに今日は長い1日だった。普通のフットボールとソフト
ボールの練習に加え、夜6時からのフットボールのJVの試合
もカバーした。こっちも惨敗。一体この学校のフットボール
チームはいつになったら勝てるんだろうか。

帰ってきたら9時過ぎ。ご飯を作って食べて片付けしたら
10時。早く勉強始めましょ。



2004年09月19日(日) 毎度の週末のどたばた

ハリケーン休みも重なって5日間の連休も今日が最後。
でもあまり勉強しなかったなぁ。先週の疲れを癒した
だけだった気がするが、それでもまぁいいか。

といいながらまた日曜の午後になりラボのレポート
書きで慌て始める。この繰り返し来週こそはやめよ。
でも金曜、土曜は普通フルに仕事が入って忙しいん
だよなぁ。土曜の夜から勉強始めればいいんだけど
土曜の夜ぐらい休みたいし、日曜日の午前中は洗濯に、
部屋のちょっとした片付けをやっているし、なかなか
時間がとれないのだ。

結果、自分では珍しく今日全くNFLを見ていない。
ぼくを知っている人ならすごいことでしょ、これ。

テレビを観ないよう図書館に来たけど、ハリケーン
休日が続いているらしく6時で閉館。仕方なく今学生
が集まるUnionという所で勉強中。大きなテーブルに
PCを持ち込み、ワイヤレスでネットを使用しながら
課題を進めていて中々快適。問題はここが寒すぎる
こと。今、上はスウェット着ているけど、下は短パン
のみで寒い。もともと食事やコーヒーを飲む所だけに
クーラーを効かせているだろうけど、それにしても
寒すぎる。

といいながら横では僕より先にいたアメリカ人の子が
普通にTシャツ短パンで本を読んでいる。1℃という
平均体温の差は非常に大きいのではと感じる瞬間である。



2004年09月18日(土) 無駄足

今日は午後から大学サッカーを2試合カバーする予定であった
ので時間通りにその大学に行った。準備をしている雰囲気が
全くない。試合の時はゴール裏にネット張ったり、ベンチ側
にテントがあるのに。それでもハリケーン対策のため、一度
とりはずしたのかと思った。

それでも怪しいと思う。たまたまサッカーをしていた選手ら
しき2人組がいたので、彼らに聞いてみた。「今日の試合は
キャンセルだよ。」予想した通りの返事であった。それでも
前回みたいに向こうの勘違いがない様、自分のボスに電話。
出ない。仕方ないのでさらにその上のボスに電話。通じた。
で一言、「えっ、中止の連絡行ってない?」えぇーその連絡
がないかどうかおとといボスの留守電に確認のメッセージを
残しておいたのに、それでも忘れやがったらしい。また
無駄足を食った。すぐに家に帰る。

その後すぐにボスから電話が入り謝罪を受ける。ま、怒りは
しないけど不快感だけはにおわせた。自分は一人だからいい
けど家族がいたらどうすんだ、って思うでしょ。

実際無駄にした時間は1時間弱だけど、これがあるないで
この日の予定が変わってるんだよね。辞めて欲しいなぁ、こ
ういうの。



2004年09月17日(金) 日米共通のドライバー同士の決まりごと

学校は今日も休みだが、高校での仕事はいつも通りあった。
なので夕方から高校へ。

高校までの道のりは一本道だが、距離にして20マイルほど。
決して近くはない。Interstateではないけど、前にちんた
ら走る車さえいなければ時速60マイルは普通に出せる道だ。
(制限速度は時速55マイル)

いつものごとく時速60〜65マイルぐらいで走っていると
前方から来る車が穏やかにバッシングした。「あっ」と
思ってすぐに減速した。すると丘を下りきった木陰に
パトカーが隠れていた。すでに1台捕まった車が居た。
バッシングしてくれた車のお陰でぼくは難を逃れた。
さんきゅー。

日本独自のハザードによる挨拶はないが、バッシングで
対向車にパトカーがいること知らせることは日米共通で
ある。これまで何回かこういうことがあって、確かに
その後にパトカーに遭遇してきた。これはミシシッピだ
けでなく、コネティカットでもそういうことがあったか
ら少なくとも東海岸の地域でドライバー同士のコミュニケ−
ションの一つであろう。

進路変更にウインカーは出さないくせに、こういうことは
きちんとやるなんてある意味面白いと思いません?



2004年09月16日(木) ハリケーンアイバン−ミシシッピ州より報告−

昨日散々テレビで騒がれたので、実はちゃんと水の用意を
しておいた。また懐中電灯の用意もしておいた。ベーグル
も食べずにとっておき、ご飯も大目に炊いておいていざと
いうときにはおにぎりにでもして食べようと思っていた。

日本で台風がきてもここまでしなかったなぁ。

ただここはアメリカ。日本より何もかもつくりがちゃちい。
普段だって停電やら不安定な電気な供給は当たり前だから
直撃しなくてもこれらのインフラがストップすることは
十分に考えられた。

ルームメイトは大量に芋を買い込んでいた。何故芋?と
思ったがこれもお国柄かも知れない。食べ物に困ったら
そこらの木々に火をつけて焚き火で焼き芋というのも
悪くないなと思う。ちなみに彼は大量に缶詰も買っていた
けどね。

テレビをずっと観ているとハリケーンはミシシッピと
アラバマの州境を通るくさかった。自分が住むハティス
バーグはミシシッピで南東に位置し、アラバマにも近い。
最悪直撃も想定できた。

そして夜、雨と風が強くなってきた。部屋の外のプール
を見ていると水しぶきが上がっていた。夜がふけるに
つれて再接近するはず。それでも起きてても仕方ないの
で寝ることにした。

そして朝、あれっ、風は強いけど止んでる。どうやら
ハリケーンは通過したみたいだ。散歩してみる。葉や枝
がたくさん落ちているが、木々そのものが倒れているの
は見受けられない。どうやらたいした被害はなかった
ようだ。よかった。

それでもテレビをつけると、車で1時間もしないアラバマ
のモービルでは洪水、停電が起きているようだ。テレビ
で見る限りしゃれにならん。それと同時にハリケーンが
いくらか東寄りに進路を変えたおかげで、自分の街の被害
が比較的少なくてすんだことがわかった。でも本当、
モービルもペンサコーラは近いよなぁ。

今後ジョージア、テネシー、ノースカロライナ辺りを
横断するようだ。これらの州にはどこにも友人がいるので
無事を祈るばかりだ。



2004年09月15日(水) ハリケーンによる休日

ハリケーンが接近するというので今日はお休み。朝起きた
時に空を見たら見事に曇っていて怪しい雰囲気。でも雨
は降っていなかった。

シリアルを食べながらテレビを観ているとビロキシの映像
が。ここでもまだ雨は降っていない。距離的に考えると
ここから車で1時半程度。でも現在の状況で車のように
時速70マイルでハリケーンが北上してくるとは思えない。

ということでゴルフ決行。平日にしかも宿題にしばられ
ない休みなんて滅多にないしね。最近余り休日らしい休日
もなかったから神様がくれた休日でしょう。気分転換を
しないと。

でも風が強かった。勝手に全英オープンはこんな感じの
中でやっているのかと思ってしまった。追い風のときは
181ヤードの軽い打ち下ろしで7番アイアン使ってグリーン
をキャリーでオーバーしたし(普段は5番を使う)、ロング
でのティーショットが300ヤードを越えたこともあった。
(普段こんなことはありえない、プロってすごいな。)
一方向かい風では距離が全くわからず、350ヤード程度の
ミドルで2回ともウッドを使ったけど、全く届かなかった。
これで風の強さがわかってもらえるでしょうか?

それでも雨に降られず、がら空きのゴルフ場でせかされる
ことなく楽しめたことはよかった。学期中はこうやって
ゲリラ的にゴルフを楽しむ機会を見つけるんだろうな。



2004年09月14日(火) 降って沸いてきた連休、しかし天候が心配

予想した通り本日提出のレポートは朝方までかかった。
でも前回より1時間多く寝れたのは救い。来週はもう
少し早く始めて、さらに1時間多く寝れるようにしよう。

その後いつも通り授業→高校→授業に行く。そこです
ごいことがわかった。高校では明日の午後とあさって
全日休みになるとのこと。これって高校でのお仕事2連休
じゃんと喜ぶ。そして病院のボスから電話。「明日うちの
病院からはどこの学校にもATCを派遣しない。」おぉー、
これで明日は少なくともお休みが確定。さらに夜のクラス
に行くと「明日から週末まで学校は閉まる」。うほー
ほぼ2連休が確定した。

これらはすべてハリケーン・アイバンのせい。観測史上
最大級のハリケーンが来るようだ。それも普段はフロリ
ダをかすめて東に進路をとるのに、今回は北北西の方角
を維持してアラバマ、ミシシッピの辺りを通過するかも
知れないとのこと。こりゃ、えらいこった。日本のサイ
トでもこの話が紹介されているぐらいだから、相当なも
のだろう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040915-00000144-reu-int

実際学校は休校にしたばかりか、生徒に実家への非難を
薦めていた。でも留学生はどうしろって言うんだ。行く
先なんかある訳ない。決して頑丈とは思えないアパート
で無難に時が過ぎるのを待つだけだ。

ちなみにウォールマートに出かけてみた。なんと缶詰や
クッキー、パン、ポテトチップやシリアルなどの棚が全
て売り切れだった。みんな買いだめしたんだろう。カメ
ラがあったのなら写真でもとっておけばよかったと思う
ぐらい閑散としていた。

水ぐらいは汲んでおくかな、念のため。被害がないと
いいけど。



2004年09月13日(月) 日記は短め、です。

今週も月曜日はテンパってます。明日までのレポートが
大変なんだよね。先生は週末あるから出来るだろうと
思ってるけど、おれは週末の方が忙しいのだ。特に先週末
は異常に試合をカバーしたし。

って気づいたら明日その夜の授業後もサッカーの試合を
任された。今日何時ぐらいに寝るかが問題だけど(寝られ
るかどうかすら怪しいが)、明日持つかなぁ。

ということで今日はおしまい。



2004年09月12日(日) コモンズ探訪

USMに戻ってきて約1ヶ月、ごぶさたしたのは1年強のはずで
あったが外見といい中身といいすごく変わりつつあるのを
認識させられる。何か急に金回りがよくなったのか、それと
も金回りをよくすべく、まずはその理由作りなのか。

以前の在学時、別に斬新ではなかったがそれでもそこそこ
のレベルを維持していたコモンズ(学食)も例に漏れない。
実は今日それを見るためにお昼に久しぶりにコモンズに行
ってみた。

お皿などが全て新しくなり、レーンもずいぶんと変わって
いた。またオンデマンドで作ってくれるもの(サンドイッチ
やオムレツ、クレープなど)も質、量ともに増えていた。
いつのまにかアイスクリームのマシーンも常設されていた。
中も内装をやり直して明るい雰囲気がある。昔のコモンズ
を知る人間としてはかなり違和感がある。

さらに1回あたりのお値段の方も一新されていた。べらぼう
ではないが、それでもこれは余りうれしい話じゃない。



2004年09月11日(土) 10年に1度の出来事に遭遇!?

まず昨日書いた高校のフットボール選手だが、やはり肘の
亜脱臼をしていたらしい。骨に異常はなく、思ったより
早く復帰出来そうなのでよかったけど。

午前中から午後にかけてソフトボールをカバー。有り難い
ことに何も起こらず、自分が日焼けしただけだった。

ソフトボールの試合終了後、自宅へ。疲れていたので
早くお昼寝したいなぁと思い、それでも帰る途中寝ないよ
うラジオをつけたらSouthern Miss @ Nebraskaの試合
の中継をしてた。しかも勝っていた。これは早く家に
帰らんと。

家についてすぐにテレビをつける。いつのまにか逆転され
ていた。最初良くても後半ひっくり返されるパターンか
と思っていたら、守備でインターセプトリターンTDし、
さらにその後オフェンスがその日唯一のTDパスを通して
見事逆転。それでも最後はお約束のごとくオフェンスが
時間を全く消費出来ず、守備に丸抱えの状態で相手に攻撃
権を与える。ずるずる出されていたのでやばいなぁと思う
も、最後はどうにかTDを許さず試合終了。トップ25にラン
クされていないとは言え、あのNebraskaに、しかも敵地
で勝つことが出来た。Southern Missでは10年に1度あるか
ないかのアップセット。いやぁたまらん、うれしぃー。

この後、幸せを噛み締めるようにしてお昼寝した。それに
してもネブラスカのQBの下手さと判断の悪さに助けられた。
彼らにプロタイプのWest Coastオフェンスが出来るのか
甚だ疑問。実際今日のプレーで出ていたのは昔ながらの
パワープレーとそこからのプレーアクションだったから。



2004年09月10日(金) おぢさんはがんばりました。

もう寝たいので今日の1日だけを今後のために書き残します。

7時起床
8時〜1時 学校にて警察官候補のExercise Testing参加
1時半〜5時 William & Carey大学で男女サッカーの試合、
合計2試合をカバー
5時15分から10時半 Purvis高校のフットボールをカバー
今深夜2時。

明日の予定
7時起床
8時クリニックへ(高校の選手が肘を脱臼した可能性がある
ため付き添い)
9時半からソフトボールの試合を2つカバー

ということでおやすみなさい。



2004年09月09日(木) アメリカでは自分だけを信じよう

ミシシッピはまだまだ日中暑いものの、朝晩は少しだけど
涼しくなってきた。また日中に感じる風も湿気のこもった
熱風ではなく、心地よいものだったりする。南部とは言え
秋が来ているんだろう。

実は学校内においてワイヤレスでインターネットが使える
サービスに昨日加入した。ワイヤレスのLANカードを購入し
たのは以前伝えたが、ようやくそれを活用するときが来た
のだ。(本当は少しの間家で活用出来ていたのだが、先週
末からそれが突然出来なくなった。残念。)しかし昨日は
どうやっても繋がらない。設定は言われた通りにしたのに
である。仕方なく今日学校のヘルプデスクにPCごと持って
いき、これ以外で設定が必要がないかどうか調べてもらう
ことにした。

受付のお姉ちゃんではわからないので、裏からそれっぽい
人が出てくる。家ではワイヤレスルータ経由でDSLに問題
なく繋がったこと、学校では(多くのアクセスポイントが
あると言われる)図書館の中で試したけど繋がらなかった
こと、などなど。どれどれと言った感じでその男の子が
人のPCをどかっと持ち出し、ちょろちょろいじくる。どん
な作業をしているは全く見せてもらえない。どうやら設定
を変えてもパケットを受け付けないようだ。するとおもむ
ろに違うLanカードを取り出し、断りもせず勝手にその
ドライバ及び管理ソフトウェアをインストールした。
これにはちょっとムッと来た。ウイルス入れたら訴えるぞ。

それでいきなり「これだと繋がったから、PCに問題はない。
きっとLanカードが悪いんでしょう。アンテナの調子が悪い
んでしょう。新しいのを購入して下さい。」えっ、ほんま
かいな、思った。だったら家で繋がったのはどうやって
説明するんだ?それを聞くと「家はワイヤレスのルーター
から近かったから(アンテナの調子が悪くても)繋がった
んでしょう。」嘘つけ、少なくとも隣の部屋、またはそれ
以上の距離で繋がってた。それに対して学校ではルーター
の真下で繋げたんだよ。一言「それはないと思いますが」
と言うと「いえ理論的に考えるとそうなります。返品交換
してもらうか、新しいものを購入して下さい。」えぇー
違うと思うなぁと思うも、この人とこれ以上話しても無駄
だと思いその場を引き下がった。

家に帰ってよく考え、どうやら設定に問題ないらしいこと
はわかった。かと言ってハードそのものに問題あるとも
思えない。じゃやっぱりソフトか、と思い基本に戻って
ドライバを再インストールすることにした。短い間でも
壊れることもあるかもしれないし。

Lanカードに付属のCDから再インストールすることも出来
たが、念のためメーカーのサイトに行ってドライバを
ダウンロードした。これは後からわかったことだが、付属
のCDに入っていたドライバより新しいバージョンのものを
拾うことが出来た。で一度古いドライバを消して、それを
インストール。学校に行く用事があったので、それを持っ
て図書館に行った。

そしてあらためてワイヤレスでネットに接続。なんとも
あっさり繋がった。思ったより速くなくてがっかりだけど。
でも誰だ、カードに問題ある、と言ったのは。このしった
かぶりの素人が。

やっぱりアメリカでは信用できるのは自分だけでしょ。



2004年09月08日(水) ヘッドコーチの娘が同じ大学のチアリーダ−って問題じゃない?

おとといは寝不足だったの昨日は早めに就寝。たっぷり寝た
おかげで今日はなんだか調子がいい。毎日こうだといいんだ
けど。

午前中に注文しておいた教科書が届いた。いつもバーンズ
&ノーブルで本を買うが、ここの在庫の拠点はメンフィスの
ようで先週の金曜日の夜に注文して今日、水曜日の午後には
届いていた。しかも一番遅いはずのUPS Groundで。何だか
得した気分。

午前中は学校へ行き、図書館で新聞を読んだ。Hattiesburg
Americanという地元紙を読んだが、なんとフットボールの
ヘッドコーチ、J. Bowerの娘がUSMに入りチアリーダ−に
なったとのこと。そりゃ、トライアウトで落とされるわけな
いだろうと読んでると、コーチのコメントがありトライアウ
ト中は彼女がコーチの娘とは知らなかったと言う。嘘つけ、
知らないわけないだろうが。しかもまた娘の発言がすごい。
「パパを応援したい。」おいおい、選手じゃないのかよ。
チームを私物化するのはやめてくれ。でまた笑うコメントが。
父であるコーチは「娘がトスで空中に飛ばされる度にはらはら
する」とか。親ばかもいい加減にしてくれ。選手が怪我しても
チームの成績が下がることしか気にしないくせに。その前に
フットボール担当のアスレティックトレーナーの名前ぐらい
覚えろ。

こりゃ絶対チア内でも浮くだろうな。賭け事だったら何か
絶対に起こるに持ち金全部。



2004年09月07日(火) 自業自得で夜更かし

ショック、一回ほとんど書き上げた日記のウインドーを間違
って閉じてしまった。また最初から書き直し、はぁ。今日の
日記の回想録になるなぁ。

2日ほど日記が停滞したが、なんてことはない。自分の怠慢
です。実際は今日提出の課題が思ったより量が多く、昨日
の夜から必死にとりかかったものの終わらず、日記を書いて
いる場合ではなかったと言うことです。いい訳すれば初回
だけあって求められているものがどの程度か分からず、深読
みしていくうちにはまってしまったんだけど、これももっと
早く始めていればメイルで確認も出来たし、相手の求める
ことも理解できたはず。ということで自分が悪い。

で今日は朝6時に寝て9時に起床。9時半からの授業に出たあ
とはまたレポートを取り掛かった。高校に行く直前の午後
1時ごろどうにか完成させ、高校へ。そしてその後夜の授業
に出席してレポートを無事提出。久しぶりに「どうにか
終わったー」というのを実感した。でも次回からはこういう
ことはなくそう、もう歳も歳だし。

ちなみに夜の授業は眠かった。今ノートを走ったら英語で
ミミズが走ってる。何を聞いていたか記憶もあまりない。
困った。



2004年09月06日(月) 最近のフットボールのお話

今日はlabor Dayとか言ってお休みであったが、朝6時に起きて
7時から高校のフットボールの練習へ行った。驚いたことに
6時半頃に家を出たときまだ外は完全に陽が昇ってなかった。
コネティカットにいた時に毎朝暗い中アイホの練習にでかけて
いたことを思い出したらかなりブルーになった。

先週もまたぼろ負けしたので練習は長め。またあたりの練習も
増えたが、それだけを見ていると精神的なものだけで終わって
いる気がする。どうやらきちんとタックルを教えられる人が
いないみたい。どんなに勢いがあっても飛びついたタックル
では相手を押し戻すようなタックルは無理。出来るだけ相手
に近づいてヒットしたあと腰を入れてエクスプロージョンしな
いといけないんだな。高校でこれをやってないと大学に行って
苦労するぞ。

タックルで思い出したが、最近の選手は細かい技術、システム
習得に時間がかかりタックルが下手になったと聞く。確かに
そうだなぁと思う。NFLの見過ぎなのかヒットはしてもきちん
とパック(両手で相手をしっかり抱え込むこと)してないので
いいRBだと倒せない。

タックルが下手な選手といえばディオンサンダースを思い出
すが、彼が復帰するとのこと。37だとか。レイバンズにて
ダイムやニッケルパッケージでの投入を想定していると言う
話だが、歳をくってここ4年まともに動いてない選手が使える
ほどNFLはやわなのか?マンカバーにはずば抜けた才能があ
ったと思うが、2本目、3本目のレシーバー相手なら37でも
それがまだ可能なんだろうか?

個人的にはCBSのプレゲームショーで彼のトークが聞けなく
なった方が寂しい。かなりいい味出していて、ブーマー
アサイアソンやダンマリーノも寂しがるだろう。



2004年09月05日(日) 今週末唯一の休み

金曜、土曜日、月曜日は8時間以上働くことがわかっていた
ので日曜日はこの連休で唯一の休み。いつも通りに洗濯に
でかけ、その後部屋の整理をしていた。(未だに開いてい
ない箱がたくさんで、部屋も散らかったまま)

それにも飽きて気晴らしに音楽学科がある建物に行って
個室でピアノを弾く。ハティスバーグに戻ってきてよかった
と思うことの一つだ。その気になればいつでもピアノを
いじれる。スポーツ以外では自分にとって一番の気分転換
かも知れない。

途中電話がかかってきて、テニスのお誘い。勉強しなくちゃ
と思いつつ、体力がなくては今後勉強も出来ぬということで
快諾。夜にテニスをすることにした。

2時間弱ほどテニスをしただろうか。ただ走るだけとは違っ
た楽しさがあり、また心地よく疲れた。それなりに汗も
かけたと思う。うーん、これで今晩は良く寝られる。一緒
にテニスしてくれた友人に感謝。

ということで帰ったあとは明日朝が早いこともありすぐに
床に入ったということでした。おやすみー。



2004年09月04日(土) 男子サッカーをカバーする前の出来事

今日から本格的にカレッジフットボールが開幕した。
私を知る人はさぞたくさんTVを見たことだろうと想像
するだろうけど、実はほとんど見なかった。

朝、用があって少し起きたけどその後またベッドへ。
前日の疲れがあったんだろう、起きたら2時だった。
その後ぼけーっとして気づいたら4時。本来の担当とは
違うウイリアム&ケアリー大学の男子サッカーの試合を
カバーしに行った。

4時15分ぐらいにつくも誰もいない。30分になってもい
ない。不思議に思って守衛と話した。「今日サッカーの
試合が2試合あるはずですよね」「いや男子の1試合だけ
だよ。」「上司から2試合カバーするように言われてきた
んですけど」「いや、女子は遠征中だから1試合だけど」

変だなぁと思う。そこで体育館のあるところに行くと
コーチらしき人を発見。実際サッカー部のコーチでは
なかったが、今日水やら氷など会場設置、運営を担当する
方らしかった。しかしその人に聞いても「今日は1試合で
7時からだよ。だからもう一度6時に帰ってきて」と言われ
なんだよ、無駄足食わされたとふてる。

それでも家に帰るのはかったるかったので、途中にある
サルベーションストアで掘り出し物を探す。なんか面白い
ものないかなぁと30分くらいそこでうろうろしていたら
電話がなった。上司からだった。

「ごめん、担当の大学は1試合だけどサッカーの試合は
そこで2試合行われるから両方カバーして。だから悪い
けどすぐ大学に戻ってくれる?」なんだよ、だったら
最初からそう言ってくれ。戻ると先ほど6時に戻って
おいでといってくれた人が非常にすまなそうな顔をして
待っていた。「ごめん、自分の大学の試合以外にもここ
で試合があるのを忘れてた。君を帰しちゃったあと気づ
いてどうしよと思ったよ。」一番やばいと思ってどきど
きしてた人はこの人だったんだろう。何だか同情してし
まって肩をぽんと叩き「こんなこともあろうかと家まで
帰らず、近くで時間つぶしてたよ」と言ってあげた。
本当はただ家まで帰って戻ってくるのがかったるかった
だけなんだけど。

でその後10時過ぎまで試合をカバー。1試合目はヒュース
トンから来たチームとアリゾナから来たチームの試合で
選手のほとんどがラテン系だった。そのため試合中も英語
よりスペイン語がはるかに多くとびかって、一体ここはど
こ?という気分にさせられた。

もっとも自分の所に来た時は英語下手な同士で非常に気楽
であった。



2004年09月03日(金) 左の握力>右の握力=ゴルフのしすぎ?

授業の一環として警察官にならんとする人のために基礎体力
の測定を手伝っている。うちの学校に施設があるためか、
身長、体重、血圧、脈拍などの測定から機具を使ったVO2max
やらWingateテストなどをやりに来ている。一人の人が血圧
測定中に貧血を起こしてしまった。こんな人が警察官になれ
るんだろうか。

少し時間がある時に自分の左右の握力を測ってみた。まず
右で、そして左で。あれ左は50kg越えるけど右が越えない。
利き腕は右なのにおかしいな。もう一度やってみる。疲れ
たのか数値は多少落ちたが、左のが右より握力があるのは
かわらない。なんか変な感じ。時間をおいてやってみたが
結果はかわらなかった。結局5回ぐらい試してみたけど、
常に左のが高かった。何故???と考えてみたが思いつい
たのは、、、ゴルフばかりやってるせい?

結局8時から1時までこのテストに付き合い、その後3時過ぎ
から高校のフットボールの試合をカバーした。今回はaway
でのゲームなのでお約束の黄色いスクールバスで移動。こ
のバスってどこの学校で乗ってもぼろっちくて、冷房がない
んだよね。

行って分かったこと。Homecomingだった。通常Homecoming
の相手はしょぼいチームと決まっていて理由はたくさん人が
来る時に弱い相手に勝って景気をつけるためだ。案の定最初
の3プレーで3TDを相手に献上して、今晩もぼろ負け。全く
守備がなってない。こんなことで自分が担当しているチーム
は勝てるのかと思ってしまった。

さらに聞くところによると今回自分の担当する高校がaway
で5試合をするのだが、全てHomecomingだそうだ。いかに
なめられているかわかる。コーチもそれを強調して試合前に
話をしていたが、選手に笛吹けど動かずで全くだめだった。

大きな怪我人が出なかったのは幸いだが、見る方としては
つらくて長いシーズンに違いない。さてどうなることやら。



2004年09月02日(木) プレーすることへの未練

自分のルームメイトが部活ではないもののラグビーの
チームに入っている。彼以外にも友人がそこでラグビー
をやっているので、授業の後寄ってみた。

アメリカでラグビーを見るのは非常に違和感がある。
ましてや南部でならなおさら。部活でないから場所も
空き地のような所で練習。芝も生え揃ってなくでこぼ
こも多い。

行って早々友人以外の人から「一緒にラグビーをやら
ないか」と誘われる。今はほとんどウェイトもしておら
ず、2度脱臼した右肩はゆるゆる、また健康保険すらまま
ならない条件では正直不安なので丁重にお断りした。
残念だけど仕方がない。向こうも「怪我がなくて一緒に
出来たらよかったね」と言ってくれた。アメリカ人にし
ては珍しく非常に物腰の軟らかい人だった。マイナー
スポーツの勧誘がそうさせるのであろうか。

こんな状況でも選手は走りこみからタックル、ボール
回しと一生懸命に練習してた。そんな姿を見るとちょっと
ぐらいやってみたいな、という気持ちにすごく駆られた。

アスレティックトレーナーとしてスポーツに従事しているも、
なんとなくもの足りないと思うことも少なくない。日本に
帰って友人のフットボールの練習を見てたときも、またやり
たいなぁと感じていたことをふと思い出した。自分にとって
ゴルフやテニスをやってもどこか物足りない。

一線から退くのが早すぎたかなぁと思うも、そうでも
してなきゃアメリカにも来てなかったし、こうして
アスレティックトレーナーとして働いていることもなか
ったのも事実。日本じゃ仕事こなしながらフットボール
をやるから結局どこかで妥協しなくちゃいけなくて、それ
はそれでストレスで、一方でどこかいい訳しているようで
嫌だった。

どこかまだ自分は選手としての未練が残ってるのかも知れない。
今の自分は試合に一番近い所にいても試合には出れないからなぁ。



2004年09月01日(水) 早く帰れた時には、、、

まずは報告。フットボールシーズンに向けてケーブルTV
会社と契約し、今日からテレビがまともに見れるように
なりました。ここに来て1ヶ月ESPNを見ない生活を送った
けど、久しぶりに観たらやっぱりいいかな、と。因みに
8月にまた50本以上打ったイチローの話を最初に見ること
が出来ました。しかしよく打つな、彼も。

その後いつも通り午後に高校へ。今日は当たることの
少ないメニューだったため、怪我人も大して出ず早めに
終了。ソフトボール部の方にも寄ったが、特に怪我人も
出ず、昨日の試合にも勝ったため問題ない様子。こういう
平和な日もたまにはいいものだ。

今晩は夜に授業がなく、家に戻ると5時半だった。喉が
乾いたのでジュースを飲んでいると、何か運動しなきゃ
という懸念にかられる。まだ5時半、何しようと思った
とき「あれだ」と。

で9ホールだけどゴルフして来ました。いつもと同じ
Purvisのゴルフ場でした。受付でハーフ回りたいと
伝えると「歩く、それともカート使う?」と聞かれ「えっ
歩いてもいいの?」と聞くと「問題ないわよ」との返事。
なーんだ、じゃ健康のためと思って「じゃ歩きます」と
伝えると「じゃー7ドルね。」えっ7ドル?カート付きだ
と平日12ドルなのを知っていたけどなしだと5ドルも割引
になることがわかった。なら歩いて何度もやるでしょ。

実際スタートしたのは6時過ぎだったので最後駆け足に
なったけど無事9ホール回ってきました。ショットはいい
ものもあったけど、不安定だったかな。でも歩いた分
いい運動になりました。

えっ、勉強?これからやります。。。


よろしければクリックして投票下さい↓


My追加

にほんブログ村 海外生活ブログへ
 < 過去  INDEX  未来 >
Shuidri [MAIL] [HOMEPAGE]