留学先での独り言

2004年04月30日(金) 教え子の結果を聞いて「ホッ」

Yahooのニュースで見たのだが、欽ちゃんの仮装大賞で優勝
された方がぺプシのCMで彼のアイディアを採用されたという。
どれどれどんなものかと思い彼の優勝作品をネット(しかし
悲しいかな電話回線)で見たが、確かに「おぉ」と思わせる
ものであった。小さな画面でしか見られないのが残念だが、
十分に楽しめた。この演技に言葉の理解は不要で、誰が見て
も楽しめるものだと思う。ぺプシのCMが楽しみだ。

ちなみにその優勝作品(ピンポン)の動画はここ

今日Web上で4月にNATABOCの試験を受けた人の発表があった
らしい。何人の4年生が「通ったよ」という報告をしてくれた。
はて自分が1シーズン面倒を見た子はどうだっただろう?と
少し不安に思ったが、図書館でたまたま会うことが出来、
受けたパート(彼女は申込みが遅く3科目すべてを一度に受験
出来なかった)はすべて受かったよーとうれしそうに報告を
聞くことが出来た。自分もほっとした。実習を通じていろいろ
と教えてた子だけが落ちたらしゃれにならんからな。

今日の1日の過ごし方は久しぶりに悪くなかった。こっちの人
のように言えば効率よく1日を過ごせたと思う。これが試験ま
で続くといいんだけど。



2004年04月29日(木) 緑のおばさんと愚痴

毎日自分の学校に行くのに2つの学校(小〜高校)の前を
通過するけど、ある時間帯には日本と同じようにおばさん
が道路に立ち、交通をきちんと止めて生徒が安全に道路を
横断出来るようにしてます。いわゆる「緑」のおばさん
です。

でもこっちのおばさんは緑の服を着ておらず、蛍光色の
オレンジか黄緑色のジャケットを羽織ってます。こっち
のが目立つんですかね。

ペーパーが採点されて帰ってきた。内容はいいけど文法
特にa、theの使い分けがなってないと書いてあった。
成績は期待してたより低く、上の点でひかれたのかなぁ
と思ったけど、いまいち納得がいかん。自分の英語が
ひどいのはわかるが、何故底まで文法にこだわるかね。
大学院だよ、English101じゃないんでしょ。内容で
判断して欲しい。両隣の友人を見たら二人ともA。もし
俺も提出前に誰かに見てもらって間違いを直してもらった
らAが来たんだろうか?でもそんだったら大学院のペーパー
じゃないよなぁ、と思うんだけど。

PCのグラマーチェックを使えって書いてあるけど、そんな
もん使ったよ。ただ専門用語が多すぎて単語を登録する
だけで大変で、その言葉がcountableなのかuncountable
なのかそのソフトウェアだって認識出来なかったんだよん。
どうせ普通のアメリカ人に頼んだって、内容理解出来ない
しょうが。

そもそも高いお金払って貴方の授業をとってるんだから
留学生の分かりにくい文章だってぶーぶー言わずに読めよ。
こっちはどれだけ時間かけてやってるかわかれ。逆に自分
たちは英語を話す環境で生まれ育ったことだけでどれだけ
有利な立場を得てるか理解しろっつーの。

また愚痴でした、すんません。



2004年04月28日(水) だからTake home examはやめようって言ったのに

ログを見ると最近昔のホームページ、しかもUSM時代の
ATプログラムを見てから日記を読んでくださる方が何人
かいられるようだ。これからアメリカに来てATCを目指すのか、
アメリカにいて転校しようとされているのか、はたまた
アメリカですでにATプログラムにいられる方なのかわから
ないが、本来のHP作成の大きな目的の一つがATプログラム
の情報公開なので、管理者としてこれは非常にうれしい。

ちなみにこの学期が終了したら前のHPも含めて、大幅に
アスレティックトレーニングについて書き足そうと思う。
特にGAとして感じたこと、そしてNATA第9支部のMLなどで
議論されているアスレティックトレーナーの根本的な問題
をとりあげるつもりでいる。自分が今回日本に一度帰る
のもこのことがあるからだし。これからATCを目指す人に
とっては余りいい話だとは思わないけど、現実と受け止め、
自分の将来像を描くときの参考にして欲しいと思う。

さてさて今日も一つ授業が終わった。で来週に提出する
テイクホームのテストが手渡された。内容を読んで一言。

「なんだこりゃー。」

全くわからん。少なくとも教科書を読んだからと言って
すぐ答えられる代物ではない。その先生いわく「いくら
でも文献読んでいいわよ」というけど、他の科目の勉強も
あるのに1週間でどれだけの文献読んで答えられるか。
しかもご丁寧に9問もあるし。

だから普通にテストにした方が楽だっていったのにさ、
俺以外みんなテイクホームがいいって言うからこうなった。
ばかー。

HPに問題書いたら誰か代わりに例え1問でも解いてもらえる
かなぁ、って期待は甘いよね、やっぱり。



2004年04月27日(火) 花粉情報はどこから手に入れる?

今朝は定例スタッフミーティング。いつもながら無駄が多い。
あの内容にして1時間半もかけるのは馬鹿らしい。親睦を深めるた
めの時間とすれば割り切らないといけないけども、もしそうなら
朝9時からやることもないのにと思う。そもそも毎回スタッフの
誰かが遅刻して9時には始まらないんだから。

今週は今学期の授業の最終週。今日1つの授業が終わった。多くの
内容を扱った授業なのに、駆け足でやったせいか余り覚えている
ことがない。試験には詰め込んだけどすぐに忘れちゃった。印象に
残ってるのは先日の日記にも書いた花粉アレルギーについてかな。
そう、これ免疫学の授業です。

そういえば何故アメリカではテレビの天気予報の中で花粉情報を
流さないんだろう?授業によるとアメリカ人の10%は花粉症なのに。
この数字って日本のそれより低いのかなぁ?それでもアメリカの
人口を3億とすれば3000万人の人が花粉症で苦しんでいるはずで
しょう。たいしたアレルギーだと思うけど。

そんなこと考えるより勉強しよっと、調子が良くて出来る時に。



2004年04月26日(月) 花粉症からくる頭痛に悩まされる

頭が痛い。今週、来週の話ではなく、物理的にである。

雨が降っていたので花粉はほとんど飛んでいないはずだが
sinus infectionと英語でいうように、額、目、鼻のあた
りにかけてももわもわぁ、として頭痛が起きてる。昨日、
おとといは外出をさけ、自分を花粉にさらすことを極力
さけていたのにこの結果である。根本的に花粉症を治すこ
とは出来ないんだろうか?

家に篭っていて帰って気分がすぐれないのでは?とも思い
夕方、雨が降りしきる中散歩に出かけた。いつもいく方向
に散歩したが、今日は探検も兼ねてかなり大目に歩いた。
いつも感じることだが、今日はさらに雨とガスっていた
せいで、この辺りの風景は本当にロンドンぽい。イメージ
的にはロードオブリングで出てきそうな風景がたくさん
ある。うちのすぐ近くに山、湖、林、公園があり、日本
から近かったらロケに丁度いいのでは?とすら思う。今度
こそ写真とろう。

たくさん歩いてすっきりすると思ったが頭痛は全くひかず。
ご飯を食べても同じ。仕方ないのであまり好きではないけ
ど薬(アセタミノフェン)を飲んだ。ベッドに横になると
少し寝てしまった。起き上がると、あら不思議、顔全面の
だるさは残るものの頭痛は消えていた。よかった。

こうして日記を書き、メイルをチェックした後、勉強を
再開することとする。やる科目は免疫学で、内容は期末
テストの範囲のhypersensitivity。

ぴんときた方いますか?免疫系が異常に反応すること、
つまり花粉症がこのうちの一つです。よーく勉強しよっと。



2004年04月25日(日) 今年は3人がNFLへ

昨日というか今朝は気づいたら徹夜をしていた。ずっと宿題を
やってたんだけど、気づいたら朝6時をすぎて周りは明るく
なっていた。アイスホッケー部の練習がなくなって以来働く
時間が午後だけとなり、その後授業があるので嫌でも夜型の
生活にならざるを得ない。さらに授業後も勉強しなきゃいけ
ない毎日だから、超夜型生活になるのは致し方ないか。

花粉症であることも自分を夜型になるのに拍車をかけてる気が
する。夜は大抵気温が下がるし明らかに花粉量が少ないし。

でもこの学期が終わったら少し直そうかな、と。健康にもあま
りよくないだろうし。

ちなみに宿題はグループでやるものなので、大部分をやって
あとは仲間に投げました。これだけやれば文句を言われる筋合
いはないだろう。

NFLのドラフトが終わったらしい。自分の出身校からは今年
3人がドラフトされた。もちろん全員顔なじみだ。もう少し早い
巡で指名されるかと思ったが5巡と6巡×2だった。期待していた
一人の解説を読むと、スピードがなくNFL向きではない、と
いう烙印を押されていた。本人にとっては期待はずれだった
かも知れないけど、これを糧に逆にがんばって欲しいと思う。

今骨休みと食事のためにTVをつけたが、また料理の鉄人が
やってる。今は舞台裏の紹介してるみたい。アメリカでの日本
食食材の調達の難しさや、料理中の解説の難しさを紹介してる。
この番組で日本食だけでなく日本の食文化もアメリカに浸透
されるとしたら、この番組を最初に発想した人は表彰されるに
値する。その当本人もアメリカでこんなに受けると想像でき
なかっただろうが、この番組の認知度はぼくが知る限り相当の
ものであるから。



2004年04月24日(土) 料理の鉄人 アメリカ編 - Iron Chef America -

- 1時間半前に書いた日記に急遽書き足してました -

今日という日を有効に過ごすべく、昨晩今日やることをすべ
て書き出しておいた。洗濯、散髪、買出し、宿題、その他
もろもろ。それを一つ一つこなして、線を引くことで少し
はやる気(やった気?)になるかなと。

で結果は宿題以外は順調に終えることが出来た。宿題、テスト
勉強は今日1日で終えられる代物ではないので、こんなもん
だろう。時間もまだあるし、少しずつでも進められるといい
んだけど。

そうそうそういうことでほぼ5ヶ月ぶりに髪を切りました。
これも気分転換の一種です。今までみたいに短髪にした訳で
はないけど、すっきりしました。でも切ってくれた人の態度
が悪く、髪も切りっぱなし(普段はドライヤーで切った髪を
ぶぉーって落としてくれる。これしかしないのも手抜きだが
今日はこれもなかった。)折角すっきりした気分に水をさして
くれました。もうあそこに行くのはやめよう。

さて夜になって勉強を再開しようと思ったけど、おもむろに
テレビをつけてしまった。そこでアイアンシェフアメリカを
発見。思わず1時間まともに見てしまった。

アメリカでは今も料理の鉄人がFood Networkで放映されて
人気が高いのはご存知の通り。日本から輸出されたネタがつき
たのか今回は自前ですべてアメリカ側での収録。今回はアメリカ
人3人の鉄人(アメリカらしく何料理、という区別はない)を
見立て日本の達人、坂井と森本が彼らに戦いを挑むという
ストーリーでした。

進行役の人は加賀ほどくどくないけど、番組冒頭でりんごを
噛んでみたり、フランス語で料理開始を言ったりとまさに
日本の番組そのまま。審査員は日本よりいささか玄人に近い
人が来てた感がある。お題目が出され60分で料理するのも
一緒。台所、舞台の設置もほぼ日本のそれを踏襲しているよ
うな感じを受けた。料理の進行状況も逐一報告され、見事な
技にはスローリプレイもある。これだけ日本で作られた番組
を忠実に再現するアメリカの番組も珍しい。きっと多額の
お金をフジテレビに払ってパクリの番組を作っても、十分に
元手がとれる企画なんだろう。

試食のやり方も一緒、ただ加賀役の人は食べてなかった。
コメントも似てて、料理人を褒め称えていた。ただ勝負の
結果は一人一人の結果を示さず、各項目の合計点だけ。この
辺りに不明瞭さを感じられた。

結果は、というとアメリカ人の舌に適った人が勝った。個人
的には?だったが、自分が日本人だからだろう。今回のネタ
は鱒だったが、魚にパパイヤやココナッツ、パイナップル
などフルーツを混ぜておいしい、というのにはどうしても
納得がいかない。アメリカでは肉料理でもこういうことが
起きるが、ぼくは大嫌いである。



2004年04月23日(金) 悩みすぎ

しなきゃいけないことはたくさんあるけど、3日休みがある
となると、どうしても初日はたるんでしまう。今日も気分
転換をしにモールに行ってお茶をした。これも必要なこと
としたい。

花粉症は一休みのはずだけど、どうも調子がいまいち。ほ
とんど1日中家に居て、新たに花粉に触れてないのに体調
がすぐれないのは何故だ?花粉による刺激は長く続くのか?

今自分がどのように必要性を感じ、どのようにやる気を出す
かをコントロールするのに苦労してる。年のせいか、環境の
せいか、それとも自分自身の問題のせいか。長いスランプ
から(と呼んでいいのか?)なかなか抜け出せない。

それともこれが本来の自分と受け入れないといけないのかも。



2004年04月22日(木) もとい、花粉症の薬の話

来月の5日に新しいGraduate Assistant(以下GA)候補の面接
をすることになった。自分はいなくなるだけにこれから来る人
を面接するのはどうかと思ったが、他大学出身のGA第2号をとる
にあたって第1号の意見、感想を聞くのは有益だろうということ
らしい。

とはいっても試験週間だけに、勉強に集中したいですけど。

スタッフトレーナーからClarinexのサンプルをもらった。
チームドクターがくれて、余分にとっておいてくれたと言う。
彼に電話する手間が省けてうれしい。早速試してみようと
思う。

そうそう昨日教わったこと、調べてみた。(ここ
Clarinexの成分はdesloratadineでdecongestantが成分に
入っている様子がない。少し調べていくとどうやらClaritin-D
と間違っていたようだ。Allegraなどにも-Dがついたのがある
がこれらはすべてPsuedoephedrineが入ったものらしい。少し
賢くなった。

Clarinexの成分はdesloratadineというものでClaritinの
loratadineとは少し違うが、loratadineが代謝(分解?)した
ものらしい。想像するに効き目が早く出る、確実に出るために
そう加工してあるのだろう。(その分手間賃で高い?)

それと昨日、おとといと寝る前に実はPsuedoephedrineだけを
服用して寝た。寝ている間に鼻が詰まると口だけで息をする結果
喉をやられるからだ。ところがこの薬のためかどうかわからない
が実は目がさえた気がして良く寝れなかった。これは花粉症のため
と思っていたが、この副作用の可能性を確認すると睡眠に影響が
出ることもある、とのこと。今晩授業前に話しをしたクラスメイト
(薬品会社でラボテクニシャン)も寝る前はPsuedoephedrineより
Benadrylなどの方がいい、と言ってた。

今晩は調子がいいのでたぶん薬を飲まなくていいが、明日以降
必要な場合はそうしよう。

最後にClarinexのサイトに行って花粉の量を調べたら、今は
もうミシシッピよりコネティカットのが花粉の量が多いらしい。
聞くところによると向こうはもう初夏って感じだもんなぁ。



2004年04月21日(水) 市販の薬で処方薬を作る?

最近この話ばかりだが、また花粉症の話。同じく花粉症で困って
いるスタッフトレーナーとどの薬が効く、ということを話した。

ス「どの薬買ったの?」
僕「Alavert。Claritinを買おうとしたけど、成分同じでこっちの
が安かったから。」
ス「医者には行った?」
僕「去年までは行ったけど今年は保険が安いものだから負担額が
大きいし、ぎりぎりまで我慢するつもり。」
ス「去年はどんな薬を飲んでたの?」
僕「医者からClarinexのサンプルもらった飲んだら良く効いた。」
ス「鼻水出るだけでなく、鼻も詰まる?」
僕「うん、詰まる。」
ス「じゃClarinexでいいね、でもClaritiexってClaritinと
Psudoephedorineを混ぜ合わせたものって知ってる?」
僕「えっ、知らない。じゃAlavertとpsudoephedorineを一緒に
飲めばClarinexの効果が期待出来るってこと?」
ス「そうよ、試してみれば。私はそうしてるよ。もっともうちの
チームドクターに連絡してサンプルもらってもいいけどね。」

この話の解説をすると、AlavertとPseudoephedrineは処方箋な
しにスーパーでも買える物です。しかしClarinexは医師による
処方箋が要ります。PseudoephedrineはATRに腐るほど転がって
いてsinus congestion(鼻詰まり、でいいのかな)の時服用
します。AlavertなどLoratadineは高いのでATRには転がってま
せんが、今回買ったものでアレルギーで鼻水大解放の時使います。

つまり両方一度に飲めばうまく平衡状態になっておはながすっきり
となるのかなぁ、と勝手に解釈。ものは試しにやってみた。

確かに去年服用したClarinexの感覚と同じ気がする。しばらく
調子がよかった。しかーし、その後去年と同じように副作用なのか
頭痛がしてきた。むしろちょっとひどいかも知れない。

結果効くけどこの荒業は本当にひどいときだけにすることにした。
その前にこういうことやっていいか、確認しないとね。服用量も
そうだし。



2004年04月20日(火) この辺りの情報いろいろ

授業が終わって家に帰り、テレビをつけるとメッツの試合が
やっていた。すでに8回の裏で松井の打席は見れなかったが
ショートゴロをさばくところは見れた。それより大きなこと
として、今日は松井のボブルヘッド人形の配布日だったらし
い。ゲストの人も「欲しい」と言っていたぐらいだからかな
りの人が今日は早くから球場に来てたのではないか?

ちなみに今の所彼の評判は良好である。彼が活躍したときは
ここコネティカットの新聞でもスポーツの一面を飾っていた
し。それに比べてヤンキースの松井の昨日のエラーはひどか
った。

今日も暖かい日だった。学校に行く途中、周りを良く見ると
今までただの枯れ木にしか見えなかったのが、どこもかしこ
もしっかりを花を咲かせてきれいだった。長い冬でも木々は
しっかりと春の準備をしてたかと思うと、生物の不思議を
感じてしまう。

ちなみに今週末は雨。この雨が花粉をすべて洗い流してくれ
ることを期待する。こういうときは雨は降っていいのだ。



2004年04月19日(月) 花粉大嫌い

昨日花粉症の症状がひどくなった、と書いたが今朝起きると
喉をやられていた。鼻が詰まって寝ているときに口で呼吸
してたらしい。鼻水は出るし、喉も痛いし、おまけに身体は
だるいし最悪。

なんか年々悪化してる気がするのは気のせいか?それとも
体力が落ちているから?前者は気のせいにしても後者はあり
うるだろうな。

スーパーで眠くならないと言われる高い薬を買ってきた。
家にあったBenadrylは安いけど眠くなる薬で、今度のは
AlavertというLoratadine系の高いお薬。Claritinを
買おうとしたけど、成分が同じでこっちのが安かったので
こっちを買った。安物買いの銭失いにならないといいけど。

これでだめならうちのチームドクターと相談して処方箋
のAllegraとかClarinexを出してもらうつもり。こういう
ときすぐに相談できる人がいるのは役得だな。

ちなみにこのOTCの薬を前からチェックして今日買った訳だが、
先週末チェックしたお店の同じコーナーに行ったら、えらく
薬が売れているのがわかった。急に暖かくなって自分のように
慌てて買った人が多かったんだろう。

それと今少し落ち着いてきて、来年以降の伏線を少しずつ
張り始めました。今日もUSM時代の講師の人と電話で話しを
して状況を探り始めました。どこに落ち着くかは全く決めて
いないけど、一時期の白紙からはほんの少し前進しています。
少なくとも帰国の前にやっておくことを少しでも洗い出して
いこう、と思ってます。



2004年04月18日(日) 花粉の飛来は春の訪れとともに

2日ほど前からだが、ようやくここコネティカットも暖かく
なってきた。気温にして10度を越えるようになったと思う。
それに従って、自分の花粉センサーが敏感に反応するように
なってきた。

おとといはなんか鼻がむずむずするなぁという程度、しかし
昨日からは完全に鼻がたれてきて、今日は出かけていないの
に完全に垂れ流し状態。薬はまだ飲んでないのに、だるくて
眠い。

しかし4月の中旬になってこの状態が出るのはここ10年で
一番遅かった。ある意味寒い分、これまで快適にすごせた
わけだ。しかしこれが始まったら最後、ぼくは開店休業
状態に入る。今学期もあと3週間というのになんていうこった。

明日には眠くならない(と言われてるが身体がだるくなるの
は変わらない)薬を買って来ようと思う。でもこれって結構
高いんだよな。

1年でもっとも憂鬱な季節が始まった。



2004年04月17日(土) ミシシッピより友人来る

今日は午前中に女子ラクロスの練習をカバー。その後運動
のためにまたSleeping Giant Parkに登る。今日はカメラ
をもって登頂。なので今日の日記及びHPのネタはこれに
なる予定だった。

その後うれしい予定変更が。夕方USM時代の友達から突然
電話が入り今ボストンにいるという。でコネティカットに行くから
会わないかと。もちろん二つ返事でOK、車を彼らが宿泊する
East Hartfordに走らせる。途中迷ったがどうにかついた。

彼とはAT programで一緒で、現在彼はMississippi State Univ.
にいる。今回は彼の友人がNATABOCの試験を受けにこの辺り
まで来るので(近所の会場が予約出来なかったらしい)観光
がてら一緒についてきたそうだ。

夕食をともにしたが、久しぶりによくしゃべった。彼らは
思いっきり南部なまりの英語だが、懐かしいどころか自分
にとってはわかりやすかった。そうそうこの間友人にアク
セントを直された単語があったのだが、彼らの英語を聞いて
いてそれは南部と北部の発音の違いであって、ぼくの過ちで
はないことを発見した。ぼくの発音は南部では正しかった
のだ。

その後彼らが滞在するホテルに戻ってもしゃべった。自分
でもよくもまぁ声が枯れるまでしゃべったなぁと思う。
しゃべりすぎて明日テストを受ける彼の友人に悪かったか
なぁと思うが、彼は「リラックスしたかったから全く問題
ないよ。」と言ってくれた。この言葉をうのみにして
よしとする。

今日はコネティカットに来て一番楽しかった日のような
気がした。明日は今日出会った彼が試験に合格しますように。



2004年04月16日(金) Sleeping Giant Parkに行く

朝特別にすることはなかったので、目覚ましをかけずに
寝たのが昨日。しかし6時間程度の睡眠で起きてしまう。
疲れが取れてすっきり、を期待したけどそうではない
みたい。

昔みたいに寝るときは死んだように長々と寝てみたい。
歳をとると眠りが浅くなるのは何故なんだろう。って
お前が調べろよ、という声が聞こえてきそう。

今日は天気がよかったので、学校の前のSleeping
Giant Parkという小さな山に登った。登ったと言うの
は少し大袈裟で行って下りてきて1時間ちょっとの山だ。

のんびり歩く。疲れているのか、体力がないのかこの
程度の山なのに、歩くのがだるい。それでものこのこ
歩いて、頂上にある城みたいなところに到着。そこか
らの眺めは悪くないが、コネティカットがあらためて
田舎なのを確認。少し街が発展している以外は、余り
ミシシッピと変わらないなぁと思った。

ちなみにカメラ持っていくのを忘れたので、写真は
なし。次回は持参して登って頂上からの写真をHPに
載せます。



2004年04月15日(木) ペーパー終了

ペーパーを書き終えたのが朝8時すぎ。結局夜を徹し、気づい
たら朝になってました。それでもATRの仕事は12時からだった
ので2時間ほど仮眠。その後、いろいろと細かい詰めの作業を
して、どうにか6時半の提出に間に合わせました。よかったぁ。
この授業のプレゼン、ペーパーが非常に重かったので、これ
だけが終わっただけでもかなり一安心。残りはこれでほぼ
ファイナルだけに。

ただ今晩のこのナイトクラスは内容が多くて予定の時間を越え
10時半近くまで授業。その後遅い夕飯(というか今日唯一の
食事)を食べ、電話かけてきてくれた友人と電話で話していた
らまた朝3時半になってしまった。

寝ないと。でも明日はオフなんだよね。今の時間をもっと
ゆっくり楽しみたいんだけど。

束の間の至福を感じるひととき。

ちなみに今回のレポートはたくさんのことを学んだのでその
うちHPに内容をアップする予定。かなり自己満足なものだけど。



2004年04月14日(水) Language barrier

プレゼンが終わった。とにかく終わらせた。これで今週の
残りは明日のペーパーのみ。

今日ペーパーを書かなきゃいけないクラスメイトにどれだ
け進んでいるか聞かれた。75%くらいかな、と答えると
私ほとんどやってない、という。一晩でさらっと10ページ
分のペーパーが書けるなんてうらやましい、と思う日本語
で生物のバックグランドがあれば書けるか、とも思う。

そう考えると今の自分はなんて非効率だと思う。読むのに
も書くのにも時間がかかってるよ。能力がないのかなぁ。

世界で一番翻訳ソフトの開発に熱心なのは日本人だと言う。
理由は言わずもがな、苦手だから。いろいろな理由がある
と思うけど、日本人が英語苦手なのは事実。このことで
ずいぶんと損をしていることもあるかと思うけど、一方で
これを克服したら、世界においてさらに日本人の飛躍を
期待できる分野が増えると思う。特にアカデミックの
分野においては顕著だろう。優秀な留学生がもっと集まっ
てアメリカにこんなに留学生が来なくなるはず。

そんな夢物語は今晩には来そうにないのでさっさとシャワー
浴びてペーパー仕上げることにします。



2004年04月13日(火) 雨、というより大雨

今日は予報通り雨。しかもどしゃぶりだった。授業の後
プレゼンのミーティングをし、その後宿題をしてたので
家についたのは朝の12時半。その時には道路の至る所で
水がたまり、そこを通過するときには前が全く見えなく
なるような大きな水しぶきがあがった。車で走っていても
水の抵抗を感じたし。

こんなだと週末本当にどこかで洪水がおきそうな気がする。

そうそうやはりうちのアパートはぼろアパートかも。
帰ってきてエレベータで上に行こうしたら、エレベータ
が雨漏りしてた。一方でここ1週間で3回も断水して(し
かも一回は緊急で予告なし)水道の工事してるし。住民は
ぶーぶー文句言ってるけど、安いから仕方ないのかなぁ。



2004年04月12日(月) 雨、雨、雨

午後トレーニングルームに出かける前に天気予報を見た。
外の気温を確かめたかったのだが、それより今週の天気
を見てびっくり。少なくとも金曜日まで雨。ただでさえ
さえない今日この頃なのに、こんな天気は自分をさらに
鬱にさせる。

ここに住んで1年近くになろうとしてるがニューイング
ランド地方、どうも好きになれん。天気も人も暗い。
将来アメリカに戻ってくるのならここだけは避けたいと
心から思う。スポーツもさかんじゃないし。

ちなみに昔旅行したイギリス(特にロンドン)もこんな
感じだった。雰囲気がすごく似ている気がする。という
ことは自分はイギリスにも住めないんだろう。

懸案のペーパーは半分程度終わった。プレゼンでは他人
が担当してた部分を書き終わり、あとは自分が担当した
部分を書いていくので多少はスピードアップするだろう。
もっとも楽とは思えないけど。

水曜日にプレゼンがあるのを思い出した。延期になった
ものだからある程度やってあるけど、逆に時間があいて
内容を忘れかけてる。こっちもやらんといけないなぁ。

あぁ早くこの学期が終わって欲しい。



2004年04月11日(日) 終わらん。。。

今日はペーパーを書いている合い間にマスターズを見た。
見てしまうとはまるので少しだけにしようと思っていた
が、最後の方はテレビに釘付けになってしまった。今回
は見ていて非常に面白かったと思う。勝った本人が信じ
られないを連発していたぐらいだし。ちなみに彼の娘さ
んはまだおしゃぶりをしゃぶっていてかわいかった。

って勉強しろよ。

もちろんやってはいるんだけど、内容をいまいち把握し
ていないためかペンが進まない。もちろんうまく表現
出来ないのもあるんだけど。このペースでやっていた
ら絶対に終わらないので、どこかで着地点を見つけない
と。

でも今もう眠い。どうしよぉ。



2004年04月10日(土) えっ、人質開放されるの?

イラクでの邦人拘束について、開放とのニュースを見て正直
びっくりしている。それが本当であるならば喜ばしいことで
あるが、もしそうならばこのテロリストが本当に望んでいた
ことは何だったのであろうか?と考えてしまう。愉快犯とは
言わなくても、思想的に信条を持って行動しているとは余り
考えにくい。お金が欲しかったのか、それともすでに裏で
それなりの利益を得られたのであろうか。

今回の政府の対応について、国として体裁を十分に保てたで
あろう。結果的に(本当に無条件で人質が開放されれば)
最高の形で事件をひとまず収拾出来ることになる。某国の
首相は本当に運がいいな、と思ってしまう。余りにも出来す
ぎていて誰かの自作自演では?とすら感じてしまうが、そ
れは考えすぎか。日本もしくはアメリカはこれらのテロリ
ストを拘束、逮捕しようとするのであろうか?事件の全貌
を明らかにしないと、このような疑惑が将来つきまとうと
思う。

それとこのことで自衛隊派遣そのものの議論がうやむやに、
ましてやそれが既定の事実になることだけは避けて欲しい。
今回のことだけで内閣支持率がすごく上がるようなことが
あると、それはそれで心配してしまう。

あぁ、なんかここ3日固い日記なったので自分の近況を。
相変わらずニーマンピック病(特にC型)についてレポート
を書いてます。書こうとすればするほど事実について不安に
なることや、自分の理解が不安になって何度も文献を読み返
すことになりあまり進んでません。どうしよー。

あっ質問を受けたんですが、この病気アスレティックトレーナー
にとっては99.9%以上関係ありません。一生それで仕事して
もこの病気を持った選手に出会う確立は限りなく0に近いで
しょう。ほとんどが幼児期に発病するも発生率は低く、しかし
治療法が未だ確立されてない遺伝から来る難病、とだけ覚えて
おけば十分です。

いや、知らんでいいと思う、やっぱり。



2004年04月09日(金) 昨日の日記に関して

まず最初に、内容が内容だっただけに普段より多くの方に
読んでいただけた。当人が一番びっくりしたけど、ありが
とうございます。その後ご賛同ご批判の意見、日記を読む
ことも出来ました。一つ一つが貴重な意見であり、いろい
ろと考えさせられました。

少しでの客観的な意見をもつために、日本、アメリカ、
ヨーロッパ、中東のサイトを見て回ろうとしましたが、
現在ペーパーに追われ残念ながら時間がなく、出来ていま
せん。CNNやらBBCもテレビで観れれば手っ取り早いのです
が、ケーブルTVの契約がそうなってないので現在不可能です。
イースターで学校が休みになってるから図書館で新聞を
読むことすら出来ませんし。

そんな中、外務省のサイトを確認しました。2004/3/19付けの
警報を読む限り、国として公にイラクからの退避勧告及び
渡航の延期を求めていてます。そしてその中にはっきりと

「現地の警察制度が未整備である等の理由により、在イラク日本国
大使館による邦人援護活動は極めて困難な状況にあります。」

と明記されています。「勧告」という言葉の法的な縛り、解釈は
正確に分かりかねますが、私の理解では現在悲しいかなイラクへ
の入国、滞在される際には自己で最大限危険を回避する以外手段
がない、と言っていると考えます。逆にそれが出来ないならば入国、
滞在するな、という国家としての強い主張すら感じ取れます。

個人の活動家の意思に対し、深い尊敬の念を覚えます。彼らの意見、
主張、行動は恐らく正論で、議論の余地はありません。本来なら
ば疑念の余地なく受け入れられるべきです。

しかし今のイラクの状態を鑑みた場合、すべての常識、規則等が
受け入れられる状況ではないと考えざるを得ません。非常に嘆か
わしいことですが、しかし、これが現実です。正論が通じない
相手に正論をぶつけても、通る可能性は残念ながら非常に低いで
しょう。

それでも3人の無事、そして開放を願って止みません。テロリスト
たちが、例え僅かでも残っている良心と、常識を信じて。

P.S. また自分の意見を書きましたが、読んで下さった方は私の
意見を鵜呑みにせず、ご自分で情報を確認し、ご自分でご判断
下さい。釈迦に説法かも知れませんが、念のため。



2004年04月08日(木) 邦人拘束に関して個人的な所感(長文)

テロリストにより邦人3人が拘束されたニュースを見た。
個人的な感想の前に、インターネットで拾った記事や
人々のHP、日記で書かれていたことを紹介したい。

ぼくが見た限りでは日本に住まれている方の意見として
即刻自衛隊撤退を求めているのが大半であった。人命優先、
人質を救出せよ、というのが主だ。

それに対しアメリカに留学もしくは駐在している人の意見
は「もちろん人命は大事。でもどんな理由であれ危険を承
知の上でそこに行っているのだから、家族が政府に自衛隊
即刻撤退を当たり前のように求めるのはおかしい。」つま
り自己責任に相当する部分も多分にあるのでは?という話だ。

で自分はというと正直最初に感じた感想は後者のものだった。
日本政府はありとあらゆる手段で救出に向かうべきだと思う
が、一方で最悪事態が起きた場合この件に関してだけを言え
ば政府の責任を大きく問われるべきではないと思う。

勘違いして欲しくないのだが、イラク派兵そのものに関して
は反対だ。どう考えても道義に適っていない。今すぐにで
も撤退すべきだと思う。アメリカとの関係を強化するのも
大事だが戦後築いてきたイラク、そしてアラブとの友好関係
も同様に重視すべきだと思う。

ただ今回の件は全く次元の違う話だと思う。そもそも理屈
が成り立たないから撤退すべきであって、言葉は悪いが本来
避けられるべき場所に、保険もかけずに自分でリスクを冒して
入っていった方々のことを撤退の判断基準にするのはどうか
と思う。

アメリカに一人でぽつんと住んでいると自己責任の重要性を
嫌というほど痛切に意識する。上の自分の意見はある意味
残酷に聞こえるかも知れないけど、自分の現状を振り返ると
そう考えざるを得ない。むしろ今の自分にとって上のような
考え方の方が海外で住む、もしくは滞在するときには自然と
感じる。そもそも何かあった時に人が助けてくれると考え
るのは甘すぎで、それこそ平和ボケ。災い、危険は自らが避
けるべきものだと思う。それでもやってくる時やってくるの
だから。

P.S.

ちなみにぼくは一般新聞紙のweb版のほかに以下のサイトも
以前から目を通してます。以前にも紹介しましたが今回も
興味深いと思うので、もう一度。現地の報告が聞けます。

アジアプレス
http://asiapress.org/

アジアプレス所属の記者個人のページ
http://www1.odn.ne.jp/watai/



2004年04月07日(水) 周りはすでにイースター気分

まずお願い。最近ウイルスつきのメイルがたくさん来ます。
ウイルススキャンソフトによるとNetskyだそうです。流行の
奴らしいので、みなさんウイルスデータを更新して下さい。

昨日の夜まで知らなかったのだが、U Connが男女ともに
NCAAのバスケのトーナメントで優勝したらしい。テレビを
見ていなかったので全く気づかなかった。ATRにいても話題
にする人は誰もいなかった。コネティカットの人間って結構
冷めてる気がする。

今日は水曜日だというのに、すでにHave a good Easter
という言葉を聞いた。今週末はEasterという祝日で金曜
から休み。しかし実際は木曜日の午後からお休みモードで
みな実家に帰る支度をするんだという。なので明日の夕方
遅くにリハビリのアポをとる選手はほとんど皆無。それで
こんな言葉が出てきたという次第。

でも明日はまた6時まで出勤でナイトクラスも10時まである
けど、これってアメリカ人だったら大ブーイングなんだろう
なぁ。ちなみに今週末こそペーパー書きます。



2004年04月06日(火) ぼくもアメ人も同じ

本来は隔週でスポーツメディスンのスタッフミーティングがある
はずだけど、今は非常にくだらないことで毎週ミーティングを
行ってる。子供のけんかにつきあわされている感が強く、関係
のない人間としては時間の無駄と感じる。どうにか収拾をつけ
てほしいのだが、スタッフのトップの人間が絡んでいるだけに
なかなか方向性が定まらない。困ったもんだ。

午前中にミーティング、ちょっと休んで午後にもATRに行き
夜に授業に出た。この授業では他でも一緒の授業をとっている
友達が何人かいる。それでそのクラスのペーパーの話が出た。
さんざんテスト、プレゼンに追われ、さらにペーパーも出てる
もので本来は今週木曜日に提出予定だったが、来週でもよいと
いうことになったいわくつきのクラスだ。

で一人の友人がひとこと「ペーパー書いてる?」。正直に「文献
を読み直してるけど、1文字も書いてない」と言うと「よかった、
私もやってないし(その横にいるクラスメイトを指して)彼女ら
もやってないって。そもそもこの所忙しくて先週末何もやる気に
ならなかったのよね」なーんだ、みんな同じようにストレスを
感じて先週末は何もしなかったんだ。なんかこれを聞いてほっと
した。気晴らししたかったのは自分だけではなかった。

とは言っても自分は彼らと同じペースでペーパーを書けないの
で今夜も少しずつ書き始めることにする。あぁ、さっさと終わら
せたい。



2004年04月05日(月) GAとしてある一人の4年生を受け持って

予報では雪だったが、実際降らなかった。しかしその予報は
まんざら間違いでなくてえらく寒く、自分のピックアップの
荷台にたまっていた水は(昨日は雨だった)すべてかちん
こちんに凍っていた。

学校に行って女子ラクロスの練習をカバーするため外に出た
ものの風が強くて、寒い。明日試合があるため2時間だけの
練習だったが、苦痛極まりなかった。

授業がなかったので、必要関係者に少なくとも来学期は戻
らないことを報告。事前に相談してたこともあり全く驚き
なく受け入れられた。これも逆に寂しいものだが。

一方でNATAのコンベンションの申込みをした。どうやって
行くか(恐らく車)、どこに泊まるかはまだ決めてないけど
とりあえず顔を出すことは確定。懐かしい面々に会えるかな。

そうそう実習中ずっと面倒見てた4年生の女の子から推薦状
を書いてくれと頼まれた。本当にぼくでいいのか確認した
が、彼女はぼくがいいと言う。最初はいろいろ考えの違い
があったものの(これは彼女が問題なのではなく、この学校
のプログラムの方針の問題だと思う)他の4年生に比べれば
はるかに言うことをよくきいてやってくれたし、何よりいい
関係を保てて1シーズン仕事が出来た。だからそれを素直に
書けばそれなりにいい推薦状を書けるだろう。もっとも
テクニックを多少要すると思うので、自分のボスには相談
するけど。

こう考えると少なからず自分が彼女の人生、特に職業観に
影響を与えたんだろうなぁと思う。彼女はきっと今後も英語
が下手な上司もしくは同僚とあたってもうまくやっていける
だろう。少なくとも変な偏見はなしに。



2004年04月04日(日) 夏時間が始まって

Daylight Savingのためアメリカ(但しハワイ、アリゾナ州を除く)
にいる人は今日いっせいに時間が1時間早まったわけだ。今年は
夜更かししたため実際に1時間早まる瞬間に立ち会った(午前2時)。
自分の時計は自分で直さないと時刻は変わらないが、ケーブルTV
のチューナーの時刻は勝手に変わる。1:59からじーっと時計を
見ていたら、本当に次は3:00になった。なかなかショッキングな
出来事であった。

テニスの試合があって11時半集合だったが、誰一人遅れるものは
いなかった。今日の相手は人数が足りず、ダブルスとシングルス
1試合棄権してきた。おかげで開始45分ちょっとでうちの勝利が
決まった。これでもD1かよ、って思うけど立派なカンファレンス
のゲーム。

ちなみに明日は雪がちらつくらしい。いわゆる夏時間になっても
である。確かに日は伸びてきたが、気温はまるであがっていない。

東京との時差はこれで−13時間。昼夜をひっくり返せばほぼ正しい
時刻となった。計算しやすいかも。



2004年04月03日(土) 3ドルの鍋ははたして使えるか?

朝からテニスの練習に向かう。女子アイホの練習がなくな
った今、すっかり夜型の生活に戻ったせいか、朝早いのは
つらい。

いい訳するわけではないけど、授業がナイトクラスばかり
だと夜型の生活をした方が効率がいい。プレゼンがあった
ときは授業の終わった後にミーティングをしていて、
そんな日は図書館を出るのが11時とか12時とかだったから。

その後本当に久しぶりに運動をする。少しだけ重いもの
持ち上げて、その後30分ほどバイクをこいだがこれだけで
えらく疲れてしまった。案の定家に帰って昼飯食べたら睡魔
に襲われお昼寝。オヤジ化を痛感する。出来る限り否定した
いので、時間があるときは動こう。

なべの取っ手が壊れてしまったので、新しいお鍋を買った。
長く使う予定はないので一番安いものを。数ヶ月、ちゃん
と持ってくれよ、と思う。

そうそう、実は今ずっと髪を伸ばしてます。昨日で5ヶ月
全く髪を切ってないことになりました。ここは寒いので
短い髪は本当に寒いのと、いい床屋が見つからなかった
こと、そして十分な長さに達したら化学物質の影響などで
髪の毛が亡くなってしまった人に寄付をしようかなと思った
から。でも5ヶ月たってもこれくらいの長さしかならなかった
ので、たぶん最後の希望は無理でしょう。

自分の髪は伸ばすとくりんくりんで、直毛とはほど遠いこと
に気づかされました。



2004年04月02日(金) 行き当たりばったりのドライブへ

かなり前からプレゼンが終わったら次にやることがあっても
絶対1日は息抜きしようと決めていた。後で苦労することに
なっても、である。とにかく物理的に今の場所から離れたた
かった。どこかに行くあてはなかったが夕方、そして週末の
渋滞を考え、東(実際はI-95 north)に行ってみることに
した。

ガソリンを満タンにし、とりあえず走り出した。信号で止め
られることなく、高速で車を走らせることはそれなりにスト
レス解消になる。歌も歌ってみた。

1時間位すると昔先輩に話しを聞いたMysticという港や
水族館のある都市に来た。ここらあたりでうろちょろして
みようかと思い、ハイウェイを下りた。夕方で水族館は閉館
時間間際だろうから、港に行ってみた。そこも有料の博物館
があったが、入らずにその辺りの敷地とデッキを歩いた。
お土産屋さんでクロワッサンとコーヒーを買い、それらを
飲み食いしながらしばしぼけっーとしたみた。入り江では
どっかの大学生がボートの練習をしていた。長くいたわけ
ではないけど、外でのんびりと時間をすごしたのはいつ以来
だろう?という思いにかられた。

その後ここまで来たのだからとロードアイランド州の端まで
足を伸ばしてみた。アメリカに来て以来、車で移動した時は
必ず観光案内所で無料の地図をもらうことにしていて、いわ
ばそれが趣味になってる。(やすぅー)30分も経たないうちに
ロードアイランドにたどり着き、観光案内所で地図をもらった。
また一つコレクション(?)が増えてちょっとうれしい。

帰りはまっすぐ家に向かった。田舎を見たせいかNew Haven
についた時はすごく都会に戻った気がした。

5時間弱の気分転換。ガス代はかかったけど行ってよかった
と思う。今晩はまた少し勉強する気になったし、何より
もんもんとしたものが少し晴れた気がする。



2004年04月01日(木) プレゼン終わって束の間のほっとしたひととき

今日プレゼンをした。以前話をしたNeimann-Pick disease
Type C1についてだ。グループプレゼンテーションだったの
でぼくが話したのは10分ちょっと。一度プレゼンを作って
しまえば、このくらい話すのはもうなんでもない。実際ほと
んど緊張しなかった。勉強に関する話なら質疑応答もびび
らない。知ってれば話すし知らなければ知らない、それ
だけだから。

今回の内容は取り掛かったとき全く意味がわからなかったが
読んでいくうちに少しずつ状況がわかりはじめた。これから
このペーパーを書くが、また少しずつ理解が増すんだろう。
そうならないと困るけどね。

今日全部で4つのプレゼンがあり、全てがたんぱく質(実際は
その分子を発現する遺伝子)の異変におり起こりうる病気につ
いての話だった。もちろんアルツハイマーの話も出た。これら
の病気というものは生まれた時に時限爆弾をしかけられたよう
なもので、自分でいくら健康を維持しても起こりうるもので
ある。そしてこれらほとんどまだ決定的な治療法が見つかって
いない。そう考えると生物ってはかないなぁと思う。もっと
もそれ以上に人間は不摂生や避けられるべき外的要因で寿命を
減らしてるんだろうけど。

それにしても他人の発表でも引用された文献で日本人の名前を
よく見かけた。たまたまホットな分野だからなのか、それとも
日本人が好むか得意な分野なのかはわからない。ただはっきり
言えることは生化学や遺伝子の分野では明らかに出会う確立が
高い。ただそのほとんどはアメリカの大学(院)で研究してる
方なので、日本の大学はどうした?とちょっと思ってしまった。


よろしければクリックして投票下さい↓


My追加

にほんブログ村 海外生活ブログへ
 < 過去  INDEX  未来 >
Shuidri [MAIL] [HOMEPAGE]