留学先での独り言

2003年11月30日(日) うちのチームのある選手の話

今宵も女子アイホの練習の面倒を見にでかけてきました。
今日は試合後で主に体力練の日ですが、昨日3部に負けた
こともあって、いつもより少しだけ厳しいものでした。
しかし毎度のことながら、ある子は呼吸が出来ないと
いって脱落。喘息のせいにしてるけど、あきらかにうそ。
EIAの選手をずいぶんとみてきたけど、彼女の症状はそれ
から程遠い。何よりしっかりと会話できるんだから、まだ
まだがんばれるはず。

彼女は元々体重オーバーで体力的にフィットしてないうえに、
さらにつらいことがあると何かと理由をつけてさぼろう
とするタイプ。常にどこかに痛みをもっていて、かといって
リハビリをしようと言うと時間がない、といって来ない。
いわばトレーナーとしては「ほっとけばいい」タイプの選手
で、ボスからも「彼女が君のチームにいることは本当に
気の毒に思う。彼女は悪夢だ」といわせるほどです。

しかし今日は自分ひとりしかおらず、この選手の話を聞く
はめになりました。とほほ。本当だったら尻を思い切り
けっとばして「練習に戻れ、ぼけ」と言いたいところだけ
ど、アスレティックトレーナーとして一応話しを聞いて、
少し休ませました。彼女の思惑通りかも知れないけど、
かといってもう彼女と言い争うのは疲れたし、ストレスが
たまるのでそうした。コーチは彼女のことを知ってるし、
あとでちょこっと他の選手と話したときも「みんな(彼女
が嘘ついてサボることを)知ってるよ」とのことなので
もういいでしょう。

しかしなんでこんな子にまで奨学金与えてホッケーやらせる
かな。コーチの頭の中身を疑うよ。

さらにお知らせ、昨日チームのルールを破って数人の選手
(未成年含む)の飲酒が発覚。通常なら数試合の出場停止
だが、人が足りないチーム事情からたいした御咎めはなさ
そう。この規律のなさもチームをだめにさせるよな。

コーチには目先の勝ちよりきちんとしたチーム作りをして
もらいたいと心から思う。ま、所詮この程度のレベルの
体育会なんだけどね、うちの大学は。



2003年11月29日(土) 自分に関連する試合いろいろ

今日の女子アイホは3部であるRPIと対戦。

なんと負けました。

いいのかなぁ1部が3部に負けて。シュート数では上回って
いて確かに試合は支配してたけど、結果は負けました。
自分は選手の一人が肩鎖関節の捻挫をして、その手当てで
つまらない試合を余り見ないですんだのは幸いだったので
すが。

クリスマス休暇前までの試合はあと2つ。勝ち負けは全く
期待していないので、せめて大怪我はしないでくれと
祈るばかりです。

自分の母校(大学)も負けたようです。残念ですが。一方
で高校の後輩がリーグ優勝し、1部との入れ替え戦に出ら
れるようです。厳しい環境下の中、彼とその仲間の努力を
称えるとともに、大学最後の試合においても心から勝利を
もぎとることをお祈りしています。

一方でもう一つの母校USMはECUに勝ち、単独でC-USA優勝、
4年ぶりのLiberty Bowl出場を確定したようです。相手は
WACチャンピオンのUtahだそうで。一度テレビで試合みた
けど、いいチームだった記憶がある。USMがぼろ負けした
Calに勝ってるし。

こんな話をしてると本当にフットボールシーズンが終わり
に近づいていることを痛感します。これはさびしいなぁ。



2003年11月28日(金) サンクスギビング真っ最中

今朝はアメリカにおいて1年で一番のセールが行われる。
広告をみるとお買い得商品ばかりで、早起きしても
買い物に行こうか、と思わせるが残念ながら余計なもの
を買うお金は持ち合わせていない。眺めるだけにして
おく。

これからクリスマスまでアメリカ人はものすごい購買欲
にかられる。お店にしてみればかきいれどきで、この
時期の売上をみればアメリカの景気がわかるぐらいだ。

自分も昨日七面鳥を食べたが、七面鳥にしてみれば
1年で最悪な日。ミシシッピではその時期に向けてよく
狩りをする人という人に出会った。毎年この時期に
大量に殺されるのがわかっているのなら、七面鳥も
学んで地下に潜って秋眠するとかすればいいのに、
そういう知恵のもつ七面鳥は聞いたことがない。進化
もしないんだろう。

学校は何もかもが休みで、カフェ以外の建物すら入るこ
とが出来なかった。完全休養日なんだろう。だったら
チームもあと1日ぐらい休みにすればよかったのに。

この学期も残り3週間。少ないやる気を絞りに絞って
乗り切ろうかな、と考えた。



2003年11月27日(木) Thanksgiving Day

今日アメリカは感謝祭です。アメリカにきて4年目、今までは
Macy'sのパレードを見た後、フットボールを1日中みてた記憶
があるけど、今日は学校の先生に自宅に招待され、先生の家族
と食事をすることに。

ということで朝8時に家を出て、先生のうちに9時いくことを
目指した。Yahoo mapで完璧に道のりを調べていったが、途中
道の名前が変わっていたのと、分かれ道でややこしい道の名前
があって迷ってしまった。それでも30分遅れて家につけたけど。

10時からは先生の出身高校のフットボールの試合を観に行った。
ミシシッピの高校のスタジアムと比べると、少しちゃちい気が
した。試合前、試合中のマーチングバンドやダンスチーム、チア
などもミシシッピのが豪華でしっかりしている感じを受けた。
試合内容もミシシッピのが上に見えた。(この話を先生とした
ところ、ミシシッピの高校のレベルは高いとのこと。)黒人か
多いからか。

その後家に戻り、ゆっくりして先生の家族、親類が集まるのを
待つ。そして夕方近くなってみんなで食事。もう食べられない
というまで食べさせてもらった。ターキーもハムも食べた。す
すめられて普段は食べないデザートまで食べた。うーん苦しい。
さらにお土産として食べきれないものをたくさんもらった。
これはおいしい。コネティカットに来てこんなに自分の部屋の
冷蔵庫が充実したのは初めて。

でも食べ過ぎにも注意しないと。



2003年11月26日(水) 遅らばせながらコネティカットで初ゴルフ

今日はサンクスギビングデー前日、練習後カフェにて食事
をとったが、予想通りカフェにきていたのはカナダ人ばか
りだった。英語を話し、容姿にかわりがないけど彼らも
立派な留学生。1日程度の休みでは家に帰れないのは自分
と同じで、今日はお互い妙に親近感があった。

昼食をとりながらの話で、いろいろなことを知った。
1.カナダのサンクスギビングデーは10月にあるらしい。
2.留学生とはいえF-1ビザがなくても学校に来れるらしい。
  ただバイトをしようとすると、それが必要らしい。
3.アメリカ入国に対し、パスポートなくても可らしい。
4.ただしI-20は持っているとのこと。

いかにアメリカ移民局がいい加減だかわかる。

食事後、急いでゴルフ場に向かった。そう今日はゴルフを
する日である。外は肌寒かったがそんなことは関係ない。
1月頭にジョージアとサウスカロライナから来た友達と
プレーして以来、実に10ヶ月ぶりのアメリカでのゴルフだ。
今日のパートナーは仕事上のボスとそのボスのお父さん。
時間が遅かったため9ホールのみとなった。

出来?それが久しぶりにしては出来すぎ、43ですよ。2つの
OBと1つの池ポチャでこのスコアだから文句のつけようが
ありません。初めてのコースでバーティもあったしね。で
もスコア以上に久しぶりに楽しむことが出来ました。それ
が何よりです。それと今回の出来で、またボスからゴルフ
を誘ってもらえるのもうれしい。ミシシッピでのゴルフ
留学(?)の成果が出たのかな。

P.S. ちなみに行ったゴルフ場はここ↓。15ドル(カート付)。
   http://www.traditionalclubs.com/WAL/

バーディをとったのは12番。しかもピンの位置はバンカー
に挟まれたグリーン中央の難しいところだっただけに、して
やったり。



2003年11月25日(火) 街はだんだんサンクスギビングモード

今日もいつも通り午前中はアイホの仕事。その後休み期間
中の出勤はご苦労様ということで、カフェでただ飯。ここ
ぞとばかり栄養をとりまくる。ここのカフェは高いから
普段あまり利用しないけど、ただとなると別。お腹がふく
れるまで食べる。今日はクラムチャウダーのスープがうま
かったかな。

帰りがけにウォールマートにより、シリアル、牛乳の調達。
ハティスバーグのそれのようにSuperでないので、食料品
がここで変えないのが悩み。規模も小さい。

途中、以前日記で書いたセブンイレブンが開店していた。
前のガソリンスタンドは開店記念か1ガロン1.53ドルと
近辺で最安値で提供していた。日本のセブンイレブンとは
質が違うが、それでもコンビニということで今度立ち寄っ
てみようと思う。でも開店時間はやはり7-11なんだろうか?

そういえば明日、あさっての予定が決まった。明日はアイホ
の練習の後、コネティカット初ゴルフ。自分のボスが明日行く
というので、一緒につれていってもらうことに。アメリカに
いるというのに、久しぶりのゴルフ。18ホールカート付きで
25ドルなら、この辺の物価を鑑みた場合かなりお安いレート。
どんなコースかわからないが、今は子供のようにうれしい。
ということで明日は晴れて、暖かくなれ。

それとサンクスギビングは先生のおうちにお邪魔することに
しました。ここから1時間ぐらい車で北にいったところ。以前
クリスマスに友人宅に遊びに行ったことはあるけれど、サン
クスギビングは恐らく初めて。あまりかわりはないんだろう
けどね。

少しずつ勉強再開しなくてはいけないんだけど、図書館も
休みに入るし、仕方ないからせめて気分転換を多いにして
おく1週間にすることにした。



2003年11月24日(月) 今週末は情報の孤島行きか?

今週はいわゆるサンクスギビングウィーク。今度の大学はなんと
月曜から1週間お休みで、いわば秋休みといったところ。2人の
先生に休み明けのプレゼンのために質問メイルを送ったが、返信
がなかった。先週の時点ではメイル読むって言ったのに、すでに
休業モードなんだろうか?

図書館の予定も調べた。8am−4pm。しかし木曜日以降はお休み。

使えない。。。ただでさえおいてるJournal少ないのに。

学校名が入ってるメイルアカウントをチェックした。このアカウ
ントは英語しか使えないため、普段使用してない。いろいろと
たまっている。さらっと題名だけ読んでいくと、ネットワーク
メンテナンスのお知らせが。気になるので読んでみると、今週末
は保守のためキャンパスネットワークが使えませんだと。ふーん
と思って対象のサービスを見ると、ダイヤルアップも対象との
こと。

えっっっっっっっっっっーーーーーーーー、使えないの?
今週末はインターネットも使えないということじゃん。これは
自分にとって死活問題だ。誰とも連絡とれないよ。一時的でも
安いISPに入ろうかな。

筆者注:この学校は生徒、スタッフ向けにアクセスポイントを
提供していて、我々はこれを無料で使用出来る。従ってお金を
節約するために、すでに一般のISPとの契約を解約してしまった。

P.S.今マンデーナイトフットボールを見ながらこの日記を書いて
いますが、今日の対戦はNY Giants @ Tampa Bayです。NFLでも
有名な1組の双子が、分かれてこのチームに一人ずつ所属している
のですが、なんと片方はディフェンス、もう片方はオフェンスな
のです。テレビのCMに出るぐらいそっくりの二人で、どこかの
テレビ番組の冗談では今でも片方がオフのときは試合中たまに入れ
替わって助け合うそうですが、今日はそうはいきません。

試合中お互いがヒットするとき、どんな感じがするのかなあ、と
想像するのはぼくだけでしょうか。



2003年11月23日(日) オフって素晴らしい

物理的にも気持ち的にも久しぶりの休日だった。朝から何も
予定を立てず、のんびり。思ったとおりただご飯を食べて、
テレビを観て、散歩して終わってしまった1日だった。

自分も好きだなぁと思ったのは、NFLの試合をほぼ3試合
観てること。ほかに見る番組もなければ、フットボール用語
しか完全に英語を理解出来ないというのもあるんだけど。

本当はサンクスギビング明けのまた別のプレゼンに向けて
文献拾いをしてもよかったんだけど、なんと今日は学校の
図書館も休み。勉強するなってことだよね、今週末は。

少し部屋の中を見渡した。かなり雑然としてる。来週空いて
いる時間に部屋の模様替えをしようかなぁと考えた。それと
寒くなってきたので、服の入れ替えをしようかな、と。
ミシシッピではほぼ1年中夏服でよかったが、コネティカット
はそうはいかない。でも冬用の服なんてどこにしまっただろ?
引越しの際、箱にいれたままだ。

すでに寒くなっていて、もちろんスウェットやジャケット
を羽織っているけど、それはすべてこっちにきて支給された
学校のSports Medicineもの。つまり毎日同じもの着てるん
だよね。お陰でかなり貧乏だと思われている節がある。確か
にお金に余裕はないけど、違う服ぐらいありますよーだ。

なのでたまには違う服をきるため、衣替えをしよう。



2003年11月22日(土) アメリカでデビジョン1といっても。。。

今日も試合で午後2時すぎには家を出て行きました。
結果は延長戦に突入するも決着つかず4-4の引き分け。
個人的な感想を言うと、ゴールキーパーの凡ミスが
なければ勝てた試合でした。でも今までで一番まとも
な試合だったかな。

今日の相手はCornellというこれまたアイビーリーグ
の大学だったのですが、トレーナーの話を聞いて
びっくり。チームに帯同してきたのは他大学のATプ
ログラムの学生一人。つまり今日もATCはぼく一人。
しかも学校側がお金を払って契約し、ホームゲーム
には毎回来るはずになっている医者も昨日、今日と
ブっちしている状態。うーん、こんなんでいいのか。
しかも今日はうち側の学生トレーナーも誰もいなかった。

うちに怪我人は出なかったけど、向こうでは2人脳震盪
が出て試合後もあたふたしている始末。こっちはみんな
帰り支度を済ませ、ATRを閉めたいのに閉められない。
仕方ないので学生トレーナーに話をしに行くと、いつの
まにか脳震盪の際の対応と注意事項の確認をすることに
なっていた。

なんだ、不安だったら聞いてくれればよかったのに。

聞けばまだ3年生とのこと。無理ないやと思いつつ、逆に
彼女一人で遠征に行かせた管理側もどうかしてるなぁと
思ってしまう。

コーネルは金もってるんだから、アイスホッケーには
ATCつけろよ。それともお金を稼がない弱い部にお金は出さ
ないのかなぁ。



2003年11月21日(金) 試合には勝ったけれど

今日の相手はU of Southern Maineというところ。なんと
ここはアスレティックトレーナーを帯同してこなかった。
ヘッドコーチから「彼らはトレーナーいないから、なんか
あったらよろしく」とのこと。お仕事2倍ですか。コーチ
だったらこんなことないのにねぇ。もし

「今日はコーチいないので、両チームよろしく」

なんてあったらかなりおもろい。

で試合はかなりに楽に勝った。火曜日に大負けしたチーム
が今度は立場を変えて、違うチームをいじめてた。

はっきりしたことだが、女子のアイホはチーム数が少ない
ためか、同じDivisionでも上下の差がものすごく激しい。
うちが勝った試合で本当にnice gameと呼べる試合はまだ
ない。相手が弱すぎて、大味に勝っただけ。一方で負けた
試合も競ったのは1,2試合であとはしゃれにならないぼろ
負けばかり。健康管理を預かる身として、もう少し同じ
レベルでの試合をマッチアップ出来ないのかと思う。

USMがTCUに勝って一夜明けたが、自分の中でまだ興奮さめ
やらないことがわかる。H'burgにいたかった。おれも
ゴールポスト倒したい。



2003年11月20日(木) 苦労の後には喜びが

実は先日嫌なことが起きた。いつの間にか車の前方を
へこまされていた。恐らく駐車場で起きたんだろう。
車の運転に支障がないとはいえ、かなり感じが悪い。
へんな傷のつき方で位置も高いことから、大きなトラック
か四駆だろう。とにかくアメリカにきてぶつけられたのは
3度目。まじでむかつく。

で今朝。今日のプレゼンのため朝5時までパワーポイント
の作業をしていた。束の間の休みをとろうと寝たが、し
ばらくしてものすごい大きな「ビー」という音とともに
起こされる。火災警報機がなっていたのだった。慌てて
鍵と財布だけもって1階に移動、すでに何人か出てきて
いた。しかし煙は見えない。それでも火災報知着がなった
時点で自動的に消防署に通報されるはずだが、10分以上
たってもその気配がない。耳障りな音が鳴り響く。何分
たっただろうか。煙が見えないのは幸いだが、かといって
消防署の対応の遅さが今度は気になる。その後しばらく
して消防車到着、恐らく30分くらい外にいさせられて
中に入れた。みんなの会話はぼやより消防署の対応。本当
に大丈夫なんだろうか。

しかし悪いことだけではない。100%の出来とはいえなか
ったが今晩無事30分のプレゼンを終了。これで今週末は
試合以外ゆっくり出来るとなると本当にほっとする。

さらーに、フットボールで#9TCUにUSMが勝った。ESPN
による全米放映で、全米のお茶の間の前でTCUのBCS Bowl
出場の夢を砕き、4年ぶりのC-USAチャンピオン、Liberty
Bowl出場をほぼ決めたのだ。こんなにうれしいことはない。
TVの前で絶叫してしまった。12月31日、練習あるけど
メンフィス行こうかな。くだらん女子のアイホの面倒を
見てる場合じゃない。

懸案のプレゼン終わった、ゆっくり出来る。USM Football
も勝った。あー久しぶりに精神的に開放されてる実感がする。
寝不足だけど、もう少し起きててこの感触に浸ってたい。

でもなんでおれがUSMがいるときにLiberty Bowlいかない
んだ?ちょうどおれが在籍期間カンファレンスで勝ててない
んだけど。



2003年11月19日(水) お寿司を食べて気合を入れる

授業が終わったと、気合をいれるためお寿司を買って家に
帰った。しかもいつもより高い7ドル近くもする奴。巻物
だけでなく、本当の寿司もあった。サーモンとか安そうだ
けどトロもね。

早速食べた。おいしかった。

さてこれからプレゼンの用意をする。明日が今週の山で
今日は何時に寝れることやら。それでもお寿司食べて
元気を出すことにする。

と言うことで今日はおしまい。



2003年11月18日(火) ひどい試合にひどい芝居

今日は火曜日というのに夜7時から試合があって、もうこれ
以上ないという形で大負けした。枠内に入ったシュートの
割合が相手50に対してうちは10がやっと。点数は1−10か
1−11か。数えていられなくなった。

第1ピリオドで5点か6点入れられて、こりゃ何点とられる
んだって思ったけど、相手が情けをかけて後半かなり面子
を落としてきた。それでもたくさんとられたけど。

そうそう、相手はBrown大です。あのアイビーリーグのね。

さらに怪我人が出て、病院に連れて行き朝の1時すぎまで
ERの待合室にいるはめに。腎臓の打撲ということらしいけ
どそれにしては1週間で練習に復帰していいなんて、なんて
軽い内臓の打撲でしょ。

正直彼らの我慢のなさに閉口。今日リンクにきてた医者も
まんまとだまされたわけだ。やってられん。

というわけで寝させてください、今日は。疲れました。



2003年11月17日(月) 西武松井もメジャーにくるのね

まずぼくの甥が先日七五三を迎えたようです。彼が生まれてから
ほとんどアメリカにいるので、帰国した時ちょこっとしか会って
いないけど、本当に成長するのが早い。男の子だから5歳だよね?
ってことは来年小学校?

今日はオフでした。というより無理やりオフにしました。本当
は選手のケアをする必要がなきにしもあらずだったんだけど、
学部生にお願いして、報告メイルを受け取ることにした。今
メイルチェックして、ちゃんと着てた。恐らく問題なし。部下
の学生が増えるとこういうことが出来て少し楽かな。

で一日今日は家で木曜日のプレゼン作り。でも思うようにはまだ
進んでないな。もっと準備しないと。この授業の先生の要求レベ
ルは非常に高い。前にも触れたイェールの先生。この間のお持ち
帰りテストは皆出来が悪く、あらためて全員にやり直しさせた
ぐらいだからね。(皆口々に手を抜いてやったわけではないって
言ってたけど、彼女の求める解答レベルに到達していなかった
らしい。)

といいながら気晴らしにテレビをつけESPNを見ると、テロップ
で西武の松井が海外(=アメリカだけど)でプレー宣言が流れて
いた。それなりに注目されている、ということか。

気づいたら11月も半ばすぎ、今週乗り切れば来週はThanksgiving
weekで学校はお休み。(もちろん練習、試合はあり。)
もうひとがんばりだな。



2003年11月16日(日) フットボールシーズンは佳境に入ってきました

現在夜の7時半ですが、今日はこれから練習です。なので
あと30分もしたら家を出ます。夜遅くの練習の分、明日
はオフ(といってもトリートメントはあるけど)になり
ますけどね。

各地でフットボールが佳境になってきました。自分の
出身大学でもUSMは井の中の蛙ながらカンファレンスで
全勝。今週木曜日に全米9位のTCUと優勝をかけて争い
ます。TCUはかなり手ごわいと思うけど、どうにかロー
スコアに持ち込んで勝って欲しい。。。

もう一つの出身大学の方は残り1試合を残して、3位につ
けているようです。上位2校が1部との入れ替えに出られる
ようなので、最終節現在2位のチームに勝てば1部への
挑戦権が得られるようです。自分がいたときはかろうじて
ながらずっと1部だっただけに、今の状況は非常に寂しい。
いろいろな意味で現在部を取り巻く環境が厳しいだけに、
是非がんばってもらって1部に上がり、状況を打開しても
らいたいと思う。

その前にお前がしっかりしろよ、と言われそうだけど。



2003年11月15日(土) 相手校ヘッドトレーナーの愚痴

今日はClarksonとかいう大学と試合。うち以上にやばくて
なんとうちが勝った。これで2連勝。珍しい。幸い大した
怪我人も出なかった。こっちのがうれしかったりする。

試合前相手校のトレーナーと話すことが出来た。今日は
たくさんの学生トレーナーを従えていたので、自分が
選手にべったりする必要もなかったのだ。

ただの挨拶で済ますつもりが、彼は話好きなのか15分くら
い話していたと思う。まず彼が大学でヘッドトレーナーで
あることがわかった。木曜日からでかけて、昨日はボストン、
今日はコネティカット、明日はNYのアルバニーだと言う。
大変なことだ。

大変なことはこれだけではすまない。聞いていくとまず
彼以外のフルタイムスタッフは1人しかいないらしい。
それなのにフットボール、男女アイホ、男女バスケ、
男女ラクロスを持つという。その選手の数約300人。
すべてが重なる10月中盤から下旬は一体どうやって
カバーしてたんだろう?

一応パートタイムのATC(1人?)と学生ボランティアが
いるらしい。詳しく聞くとフットボールには2人、アイホ
には必ずつけ、しかしバスケにはつけないという。でも
これじゃみんなでずっぱで、普段ATRにいる人いなんじゃ
ないの?と思ってしまう。いつリハビリするんだ?

かと言って増やそうにも大学側の理解がなく、お金がな
いという。アイスホッケー以外DivIII(アイホはDivI)
という事情もあるだろうが、これじゃ最低限の選手の
ケアも出来ない。またこのヘッドトレーナーも働き詰め、
遠征詰めでお疲れモードであった。

恐らく半分冗談で誘われたが、俺はそんなところでは
働けない。。。



2003年11月14日(金) こっちは風が強い

昨日から風が異様に強いです。車を走らせていたら上から
大枝(枝と言うには太く、幹というほど細くない)が落ちて
きて思いっきりフロントガラスにぶつかり、小さな傷をつ
けてくれました。

風が影響したのか、学校に行く途中2つの自動車事故を見ま
した。両方とも事故後のようで、へこんだ車が道路に置き
去りになって渋滞を作っており、通行する車には(自分も
含めて)いい迷惑でした。アメリカも運転免許授与には
もう少し慎重になってもらいたいものです。

松井は新人ベストナインからももれたみたいですね。監督
の投票ということだから、やはり新人とみなされなかった
のかな。それとも小憎らしかったか。頭のでかさだけは
超メジャー級だけど。

今週から今まで自分についていた4年生のほかに3年生2人、
2年生2人配属されてきました。これで現在女子アイホ担当
の学生は5人。彼らのスケジューリングをしたり、学年に
よって異なる仕事を割り振ったり、それにあわせたレビュー
を行ったりとまたGAとしても負担があがってます。サッカー
などすでにシーズンが終わったGAは非常に暇そうでうらや
ましい。かといって俺が夏に彼らを手伝ったように、彼らが
俺を手伝う気配はなし。

選手の扱いづらさといい、シーズンの長さといい、練習時間
帯といいどう考えても外から来た人間が貧乏くじを引かされ
気がしてならないんだけど、気のせい?



2003年11月13日(木) こっちで健康保険に入りました

遅らばせながら、こっちで健康保険の申込みを郵送でしま
した。えっ今頃?と言われてしまいそうですが、忙しくて
後で後でになっていたのです。USMのときとは違い、現在
の学校は留学生といえど保険の強制はしておらず、個人の
自由なのです。

もちろん学校側はある会社の健康保険を提供してますが、
べらぼうに高いです。1年とはいえ2000ドルは出せません。
もちろん条件はいいのでしょうが、現在の自分の健康状態
を鑑みた場合、賢い選択とは思えません。

今回はインターネットでいろいろと探しました。ずいぶん
と前からめどは立ててたけど、ようやく実行に踏み切り
ました。最低限の保障だけど、いざというときには役立つ
はずなので、本来の意味で保険となりそうです。

日本ではほとんど選択肢がありませんが、アメリカでは
保険はぴんからきりまであります。内容もよく読まない
と知らないものが損する仕組みになってます。もちろん
世話にならない努力を目一杯するのがこっちで生きていく
術ですが、それでも避けられない時のために入っておく
ことは賢明でしょう。

ミシシッピでは大馬鹿に車ぶつけられたしね。



2003年11月12日(水) 癌の勉強

日本は衆議院選挙が終わったようです。有名な先生も小選挙区
では落ちたそうですが、何で比例で復活できるんですかね。個人
は否定しても党は支持するということだろうけど、結局はその人
がやるのでから、やらせてもだめなのでは?それとマニフェスト
という言葉がいろいろなHPで飛び交っていたけど、この公約を
果たさないとどんなペナルティがあるのだろうか?言うだけで
いいのなら誰でも出来る気がするのですが。

さて授業で遺伝子や癌の勉強をしてます。まったく健康な体で
も遺伝子レベルで突然変異が起き、癌の素が体内に潜んでいる
と聞いて少し怖くなりました。昨日は最先端の癌の治療に
関するビデオを見させられ、IL-2やらという薬が紹介された
のですが、一時期的に癌の進行を劇的に後退させるものの、
結局はテレビに出演された患者さんは皆、数週間から数ヵ月後
に亡くなられてしまいました。(だめじゃんねぇ)。また
薬の副作用も強くて、治療中もかなり苦しそうで、ただ見ている
だけでも痛々しかったです。

1日1日を大切に生きないといけませんね。

ちなみに日本だけ胃がんが突出して多いそうです。ところが
同じ日本人でもハワイに移住すると胃がんは減り、アメリカ人
同様皮膚がんが増えるそうです。このことから授業では人種に
はあまり関係がない、という話をしてました。ハワイに行って
皮膚がんが増えるのはわかるけど、胃がんが減るのは何故です
かね?ぼくはストレスだと思うんですが。どうせなら逆の実験
をやるためアメリカ人を日本に連れてきて日本式の狭い家
(アパート?)に住ませ、日本のこてこての会社で長時間働か
せて、夜は夜で上司や客と飲み歩かせたらどうなるかデータを
とるのが興味深いと思うのですが。

癌が発生する前にホームシックかノイローゼになるだろうけど。



2003年11月11日(火) 寒い地方の朝の日課

今朝起きると部屋の中にいてもいつもより寒いことを感じ
た。何度ぐらいあるのかな?と思いテレビをつけると、27F。
摂氏で-2℃ぐらい。氷点下だと知る。寒いわけだ。ちなみに
これは朝の6時。

窓を開けてみた。スキー場に行ったときの気分である。

ご飯食べて支度して練習(の面倒)に向かう。車のエンジン
をかけようとすると、フロントガラスが真っ白なことに
気づく。霜だった。エンジンをかけながら、買っておいた
霜かきでフロントガラスの霜をごりごりとる。やりすぎる
とガラスが痛むかと思ったけど、この道具ガラスをひっかき
はしないようだ。

5分ぐらいしてようやく完了。練習場に向かった。

これからは5分早めに出て、毎日このような作業をしないと
いけないのかも知れない。雪降ったら、タイヤ周りの除雪
とかも必要なのかな。何気に面倒だな、毎日だと。



2003年11月10日(月) 松井は新人王の資格があるかって、、、あるでしょ

学校の帰り道、中華のテイクアウトを買うべくいつもとは
少し遠回りした。夕食を無事に買い、帰宅しようとすると
途中にセブンイレブンが出来つつあるのを発見。日本の
コンビニほど便利ではないが、それでもガソリンスタンド
にある小さな店よりはあるだろう。出来上がったら立ち寄
ってみることに。

帰ってテレビをつけると、また松井は残念ながら新人王
を獲得出来なかったようだ。テレビではそもそも松井が
新人王の資格があるか、ないかというもう何度も聞いた
議論を展開していた。結局は日本の野球リーグはかなり
のものだが(descentって言ってた)、レベル的には3Aと
メジャーの間ぐらい。つまりメジャーじゃないから資格
あり、となっていた。妥当なところだと思う。だって
日本から来る選手を候補外にしたら、日本の野球がアメ
リカのメジャーと同じレベルであることを認めることに
なるもんね。それはありえないでしょ。

でも松井は今後化けるでしょう。ホームランももっと
打つでしょう。ファンタジーベースボールやってるのな
ら彼は来年買いですな。



2003年11月09日(日) @ Sacred Heart Univ.

今日はAwayでSacred Heart Univ.との試合。まず行って
びっくり。うちも民間リンクを利用しているので施設
の悪さには別にびっくりしないが、行ったときにはまだ
リンクで民間人がスケートを楽しんでいた。それだけなら
まだ許せるが、選手が着替える時間になって控え室に入る
と両隣の控え室では子供のお誕生日パーティがやっていた。
うーん、なんてアットホームなリンクなんだろう。

試合はまた書くことなし。勝ったんだけどね。うちより弱い
Div1のチームがあるとは驚いた。しかもスコアは10-0。自分
が女だったら試合に出させてもらえたと思う。スケート出来
ないけど。それほどひどい相手だった。観ていて勝っていて
もつまらない試合だった。一体誰がどんな基準でDivision
を決めるんだろう。こんなにひどいレベルなら、日本みたい
に入れ替え戦をやった方がいい。お金を払ってみる人たちが
可哀想。

実は一人、試合が終わってから地元に終わった後、ATRで
手当てする必要が選手がいたので、自分の車にのっけて
学校まで戻る途中、この話をした。Div3にももっといい
チームはいるし、Div1にはこんなチームがたくさんあると
いう。(うちも含めて、といっていた。よくわかってる。)
女子のアイスホッケーというのは、やはりマイナーらしい。
そのせいでこのようなことが起きるそうだ。

ちなみに女子のアイスホッケーはDiv2がなく、Div1かDiv3
しかないらしい。これも底辺のなさを物語っているよね。

嗚呼、来年は女子のアイホ担当するの断わりたいなぁ。



2003年11月08日(土) コネティカットはだんだんに冬に

今日は試合のない日で、選手のケアだけ。普段痛い痛いと
言うくせにオフのケアはMUSTにしないと本当に来ない。
どっちでもいいかな、というときは自主的に来るように
してるけど、この自覚のなさには閉口する。で明日また
練習やら試合になると痛がるんだよね。困った奴らだと
と思いつつ、また愚痴を言ってる自分に気づいたので
この辺りにしておこう。

実際、今日学校に行くとオープンキャンパスとやらいう
ものがあり、何故か駐車場は休みなのに満車。仕方なく
キャンパスからかなり遠い駐車場に止めるはめに。この
学校は私立だから、特に未来のお客さんにはよくしたい
らしい。

今週は2試合あるものの、勉強的には久しい振りにストレス
から緩和されてます。別になくなったわけではなく、ただ
来週提出のものがないだけだけど。それでも再来週にプレ
ゼンがあるので図書館で文献を拾いました。この学校は
授業料を生徒から一律高額がめているため、プリントアウト
は無料。それでもプリンタ横のむやみにプリンアウトされた
紙の山にはどうにかならないものかと思ってしまう。

紅葉もきれいだと思っていたら、雨が降って葉が落ちて
冬景色っぽくなってきた。今後これに白いものが飾られる
のかなぁと思うと楽しみ半分、不便によるうざさ半分。



2003年11月07日(金) @U Conn

結局めどがついているといったレポートだけど、読み直すと
ずいぶんととんちんかんなことを書いていることがわかり、
結局多くの部分を書き直し。結局提出は朝の5時となりまし
た。とほほ。

なんか最近週に1回は徹夜してる。かといって遊んでる暇は
全くないのにである。こんな時間をかけて書いたレポートも
正直、会心の出来とは言い難い。やればやるほど自分が理解
してないのがわかる。いくら年をとっても新しいことを
始めるのは大変なのだ。経験値が全くないからね。

さて今日は試合でU Connに行った。試合会場には昔U-19
のアメリカンフットボール日本代表チームでボランティア
したときに一緒に仕事したY君がきてくれた。彼は今なんと
そこの語学学校にいるから。久しぶりの日本語の会話は
気楽でいい。

試合はいつものとおり負け試合。今日の圧倒され方はすご
かった。今期最悪かも。うちが弱いだけといえばそれまで
だけど、珍しくコーチが試合中怒鳴っていたから、技術的
なこと以上に精神的なこともあったんだろう。それにして
もうちは何連敗中だ?最後に勝ったのはいつだったか、
忘れてしまった。

U Connといえばバスケットボール。プレシーズンでの評価
は全米1位だ。試合よりそっちの施設を見学したかったけど
かなわなかった。それでもバスがコロシアムの横を通った
から中を少しだけ覗いたけど、全米1位にランキングされる
ようなチームの施設はやはりすごい。時間が出来たら、
一度ここに試合でも観に来るかな。



2003年11月06日(木) ストレスがたまったこと

最近選手たちだけでなく、コーチとのやりとりにもストレス
を感じ始めました。ぼくの観点では言えばコーチは相手が
女の子だからといって怪我に過敏になりすぎ。

例えば今日、ある選手が手首にパックをあててひどく腫れ、
骨折した疑いもあるから病院にいかせてレントゲンをとら
させようとしただけなのに、ヘッドコーチも自ら後から
病院に行って選手の様子を伺うのはやりすぎ。別に選手
一人で行かせたわけでないし、別にただの打撲だろうが
骨折だろうが、医者だって出来ることはトレーナーとほとん
ど一緒。完全に今日1日で痛みをとることは出来ないし、
今週彼女がプレーできないのも変わらない。

なのにおれが救急車を使わなかったこと、付き添いで
いかなかったことに対して非難を受ける理由はさらさら
ない。

どうもこの大学は金持ちが多くて、やりづらい。今回ヘッド
コーチが救急車を呼ぼうとしたのも、ERに行くと待たされる
から早めに手当てをさせてあげたいから。でもたかだか
数十分のために倍以上のお金をかけるのはあほらしく、しか
も生命の危険をさらす怪我では全くなければ我慢できない
痛みでもなかった。そもそも病院に行ったときの費用は
Sports Medicineが持つんですよ。コーチの財布は痛まない。
予算があって、必要な時のみに使うんです。ATCはそれを
判断出来るからいるのであって、誰もがいつでも救急車を
呼べる予算が体育会にあるのなら、ATCなんていらない。

選手だけかと思ったらコーチまで学校の仕組み知らないし、
Division I校と呼ぶには本当に程遠い。正直いってこの
学校の体育会、嫌だし疲れた。

P.S. ちなみにこの選手は腫れがひどいとはいえ打撲でした。
痛みあったけど指は動いたし、感覚もあれば脈もあった。
こんなんで救急車呼んだら、他のトレーナーに笑われている
ところだったよ、全く。



2003年11月05日(水) I survived..,

今日という日を乗り越えました。ただそれだけです。
明日もう一つ提出物があるけど、めどはついてます。
よかった。。。

自分のHPにも書きましたがACCがフットボール有力校
をBig Eastから引き抜いたため、それならばとばか
りBig EastがC-USAからバスケ有力校をごそっと
引き抜きました。そこでC-USAはすぐさま5校を他
から引き抜きましたが、、、なんだこの学校?と
いうか、正直ただの数合わせにしか思えない引き抜き
でした。Footballでマーシャルぐらいかなぁ、まと
もなの。

今日テレビではTCUがMountain Westに移るかも
みたいなことも言ってました。おいおいC-USAは
一体どうなってしまんだ?新興カンファレンスは
つぶされる運命にあるのか。

かといってSECや他のビッグカンファレンスがUSMを
受け入れてくれるとは思えないしなぁ。南部に広がる
黒人大学リーグに入るしかないのか。。。



2003年11月04日(火) Hines Ward

今日も我がパソコンくんは立ち上がった。よかった。

かなり内輪な話になるが、あるフットボールの掲示板
で、いつもにこにこしている選手としてピッツバーグ
スティーラーズのHines Wardがあげられていた。確か
に彼はいつも笑って(=smile)いる。

実はおとといぐらいにESPNで彼の特集をしていて、
何故彼はいつもにこにこしているか、についてまじめ
にインタビューされていた。時間がなくほとんど観れ
なかったが、その背景として家庭があるらしい。

知らなかったが彼は黒人と韓国人のハーフ。どおりで
アジア人ぽい柔らかい顔をしてるはずだ。ただちらっと
テレビを観た限り、お父さんはいないのか、誰だかわか
らないみたい。アメリカではよくあることだけど。
お母さんもインタビューを受けていたが、韓国語での
受け答えだった。

彼にとってフットボールをNFLでしていること自体が
幸せで楽しいらしい。だからビッグヒットを受けても
笑っていられるそうだ。ちなみに彼の腕の刺青は
ミッキーマウスで、やはり笑っている。その上には
なにやらハングルで書かれているが、もちろん読め
なかった。

人生明るく生きよう、ということか。今のおれにもどこ
か当てはまるな。

P.S. ちなみに彼は確かジョージア大出身で、チームの
トップレシーバーです。



2003年11月03日(月) 目の前が真っ暗になった数時間

昨日日記を書いてからしばらくして信じ難いことが起きた。
ネットで文献を検索中、いきなり"Unknow error"
とやらがでてきて、PCがフリーズ。どうにか再起動する
と今度はWindowsが立ち上がらない。画面に表示された
メッセージは

「Disk controller error」

とかいった(正しいのは忘れた)もの。何度やっても
同じだった。リカバリーCDやFDから立ち上げてせめて
HDDが生きていることを確認しようとしたが、ディスク
コントローラがいかれたためか認識せず、同じ画面に。
Windowsが立ち上がらない問題は重い。ましてや
ハード的にやられたのなら自分の手に負えない。。。

一時呆然とした。この留学生活でPCがない生活なんて
考えられない。いくらでも修理や代替方法は思い浮かぶ
も今そんなことしている暇は全くない。ましてや今
レポートの追われて、資料集めやタイピングで絶対に
必要な時期。絶望感に襲われた。どうしよう。

今回の場合あまり考えられなかったが、問題が起きる
ときは物理的につながっていないことが多いことを思い
出した。だめもとでメモリを入れなおしてみた。CDROM
のドライブも入れなおしてみた。HDDも取り出してPCに
入れなおしてみた。

変わらないだろうなぁと思って電源オン。あら不思議
ちゃんと立ち上がった。でも今回限りと思い、すぐさま
必要最低限のファイルをバックアップし、自分のHPの
掲示板に遺言とも言えるメッセージを残しておいた。
次回立ち上がる保障は全くないから。

しかしうれしいことにそれから昨日今日で3回立ち上げた
が、すべて問題なく動いている。もちろん有難いが、
では昨日の数時間は何だったんだろうと思ってしまう。
それでもこれがいつ不安定になるかわからないので、
しばらくはこまめにバックアップするつもり。

でもお願いだからこのPC、留学終わるまでもって欲しい。



2003年11月02日(日) 衛生面における日本とアメリカの意識の違い

今日は1ヵ月半ぶりに髪を切ってすっきりしました。
伝えたように髪を切られないのはいつものこと。それより
ようやくさっぱりしたことを喜ぶことに。

さて前から知っていたが、今日TVを観て思い出したことが
一つ。NY Giants vs NY Jetsの試合で、QBぺニングトンが
オーディブル(オフェンスがセットしてから相手の体型を
見て、QBの判断でプレーを変えること。)の途中、マウス
ピースを落としてしまいました。その後慌てることなく拾って
また口にいれプレーを始めました。その後のリプレイで解説者
が落としている間1,2,3,4,,,って数えて「5秒経ってないから
(衛生的に)問題なし。5秒ルール。」って笑いながら話して
いたんです。プレーとは関係なくどうでもいいことだったの
ですが。

つまりアメリカでは口にいれるものを地面に落としても5秒
以内に拾い上げれば問題なし、なんです。ぼくの記憶が正し
ければ、日本の場合3秒のはずです。自分が小さい頃1、2、3
って数えてそれ以内だったら落としたアメも食べた気がする
のですが、もしかしたら地域によって差があるのかも知れま
せん。

自分では勝手にこれがアメリカと日本の衛生面の意識の違い
と理解したいんだけど、これは飛躍???



2003年11月01日(土) 11月に入っても週末の忙しさは一緒

今日も予想通り、昨日と同じ相手に負けました。今日のやられ
方はまさに"dominated"。昨日は様子見の感じで、弱いとわか
った今日は序盤から圧倒されました。シュート数でも相手が
約3倍弱。うちのパワープレーになっても、まったくといって
いいほど得点チャンスは見られなかった。

ま、アスレティックトレーナーとしては大きな怪我人がでな
かったことが一番うれしいのですが。

今日はカレッジフットボールだと好カード目白押しの日みたい
です。大きな所でオクラホマvsオクラホマ州立、ミシガンvs
ミシガン州立、バージニア工科大vsマイアミ、ワシントン州立
vs南カルフォルニアなどなど。本当はアイスホッケーなんて
カバーしないで一日中テレビにかじりついていたかった。

日本ではジョージ川口さんが亡くなられたとのこと。
ご冥福をお祈りします。

あっ、今日も中華の日にしました。


よろしければクリックして投票下さい↓


My追加

にほんブログ村 海外生活ブログへ
 < 過去  INDEX  未来 >
Shuidri [MAIL] [HOMEPAGE]