*ハナビヨリ*住宅ローン返済日記
もくじきのうあした


2004年02月29日(日) 楽しい☆週末旅行

彼はスキーに行くというので、
寝たのが4時なのに一旦6時に起きてお見送り。
案の定、寝坊してSちゃんに起こしてもらいました。
これでも4人の中で唯一、主婦なんだけど(苦笑)

この季節にせっかく北上して来てもらうので
はなとSちゃんは、ない知恵を振り絞り、
網野へカニを食べに行く計画を立てました。

10時、いざ、出発。
モリモリ食べるために朝食はホットミルクのみ(笑)
この気合いの入れようを見よ!
お世話になったのは「佳松苑」
お泊まりしたいくらいステキなホテル。
ちゃんと部屋食で11時半〜14時まで貸し切り。
(結局14時半までオッケーでした)
仲居さんも必要以上にウロウロすることもなく、
おかげでのんびり過ごせました。

やっぱり、カニはうまいや〜ね〜♪
カニ刺し、焼ガニ、ボイルガニ1匹、カニ鍋
カニ雑炊、茶碗蒸し(もちろんカニ入り)香の物、デザート
これだけついて¥8,000円(税抜き)
言うことなし。
みんなであまりの旨さに叫びながら食べました。
本当は温泉にも入って帰りたかったけど
帰りの時間が迫っていたので断念。

次は8月、久美浜であるドラゴンカヌー大会で
再会となりそうです。
男衆に混じってカヌーを漕ぐんだって。
ホントにパワフルな3人だわ。
でも、そういう季節を楽しんだりアクティヴなところが
この4人の共通点であり、いい所よね。
また近い未来に楽しみが出来ました。
夏までお互いに、いろんなことに頑張ろう。





↑自然がいっぱいなのがいいんだって

My追加


2004年02月28日(土) 楽しい☆週末旅行

今日から2日、友達が3人遊びに来ました。
1泊2日の小旅行。
はなのおうちにお泊まりです。

はな、Sちゃん、YMちゃん、Aちゃん。
この4人、ほんとに不思議な4人組。
 繋がり ,呂覆硲舛舛磴鵑同じ学科。
 繋がり◆。咾舛磴鵑硲截佑舛磴鵑同じサークル。
 繋がり はなとSちゃんが同郷。
なんとなくYMちゃんとAちゃんも気が合って、
学生時代に淡路島へ旅行に行ったりも。

卒業後しばらくは上記の関係でそれぞれバラバラに
連絡を取り合うくらいだったんだけど、
はながYMちゃんとAちゃんと
それぞれに偶然ばったり出会ったりしているうちに
また4人で遊ぼう、という話に。
一昨年くらいから、季節毎に年4回集まるところまで
友情が復活していたのでありました。
今では、はなとSちゃんが福知山在住で頻繁に遊び、
YMちゃんとAちゃんが阪奈在住で頻繁に遊び、
最初の繋がりがどうだったかなんて霞んでしまうほど。

前置きが長くなりましたが、本日は1日目。
1時前にはな宅へ到着した一行は、
昼食を摂るのも忘れて話し込むこと2時間。
やっと3時に空腹に気付き、リフレかやの里へ。
ぶっとい生パスタがおいしかったです。
量は多いし、ケーキも美味しかったし、文句なし。

この4人は、年に何度も出会ってる割に
会うたびにそれぞれに嬉しいことや悲しいことが
たくさん起こってて、本当に話は尽きない。
誰かにいいことがあると一緒に喜び、
誰かが恋に苦しんでたりすると一緒に悩み、
今回もみんなで悲しみを共有して泣いたりしました。
仕事にも恋にも趣味にも
手を抜くことなく全力で取り組む3人には
いつもいい刺激を受けているのです。

夜は仕事から帰った彼も一緒にお好み焼きパーティ。
結局、朝の4時まで語り合ったのでした。





↑面白かった〜またやろう!

My追加



2004年02月26日(木) 産休☆サンキュー

ヒマさえあれば同僚で妊婦のMちゃんと
出産に関する情報集めばかりしている。
出産に伴う休業法や助成金はたくさんある上に
手続きはややこしそうである。
けれど貰えるお金が貰えなかったりするのはイヤなので
二人とも必死で調べている。

その手続も1回では済まなかったり、
時期が来れば更新しなければならなかったり、
自分で気付いて申請しなければ貰えなかったり、
とてもとても、めんどくさそうだ。
調査の結果(?)どうやら
産んで2ヶ月目頃がイチバン手続きが色々あって
気を抜いてはいけないようだ。
しかし…産んで2ヶ月目なんて、
まだ赤ちゃんの首は据わってないし
夜泣きやなんかで疲れがピークの頃ではないのだろうか?
行政ももう少し気を遣ってくれればいのに、なんて。

それにしても…上を見上げればきりがないが、
昔に比べると法律も整ってきて
人間をひとり、この世に誕生させると
こんなにいろんな形で助けて貰えるなんて
なんと素晴らしいことだろうか。

Mちゃんの出産時においても、自分の時でも
手抜かりのないように、
しっかりと勉強しておかなければ。





↑一日違いで大違いとかあるんですよね

My追加


2004年02月25日(水) 金原ひとみ☆蛇にピアス

お正月休みの間に近所の大手古本屋さんで、
2000円分の商品券を福引きで当てていた。
すっかり忘れていて、
ふと気付くと期限は今月いっぱい。
慌てて2日連続で通う。
おかげで「蛇にピアス」をタダで手に入れられた。

一気に読む。
途中で他のことを見向きさせない力がこの本にはある。
稚拙な表現も多々見られるが、スピード感がある。
なんてゆーか、読書後に味わう余韻が
こんな不思議な気分になるのは初めてだ。
久しぶりにずんと腹に響く本に出会った。
自分が全く知らない世界と
自分と全く異なる価値観で構成されているのに
ものすごく共感を覚えるのは、どうしてだろう。
異次元の話のようで妙にリアリティがある。
この鳥肌が立つような感覚、
わかってくれる人、いませんか?
きっとこの先、何度も読み返すと思う。





↑もっと磨きをかけねば

My追加


2004年02月24日(火) 応援させて☆い

友達のAちゃん。
付き合って8年の彼氏さんが居る。
でもその8年間の間に
彼氏さんの気持ちは上昇、Aちゃんの気持ちは下降。
二人の結婚したいと思ったタイミングがずれてしまった様子。
Aちゃん曰く彼氏さんのことは
「優しいし、尊敬できるし、情もあるし、公務員だし」
でも「好きじゃないの」と言い切る。

つい最近までAちゃんは何度目かの浮気をしていた。
浮気相手くんと付き合っていた1年間も、
彼氏さんとも継続していた。
いわゆる二股愛。
彼氏さん自身、仕事が忙しいせいか、
あまり会えなくてもばれなかったみたい。
結局、浮気相手くんとの恋は
結構な修羅場を迎えて終わってしまった。
はなはAちゃんに対し、二股愛の間中、
「不誠実だから、どちらか選ぶべきよ」と
アドバイスしてきたけどAちゃんは選ばなかった。

そして今、何事もなかったかのように
週末は彼氏さんと過ごしている。
浮気相手くんのことは
思い出すと腹が立つらしく悪口三昧(笑)
ま、悪口はいいよ。
キライになって別れるのが、イチバン後腐れないし。
これでやっと彼氏さん一筋になるかな、と思っていたら
「今度、コンパに行くの」と言う。
やっぱり彼氏さんのことは「好きじゃないの」と言い切る。

はなには理解しにくいのです。
ちょっとでも気持ちがあるのなら
「好きじゃない」なんて言い切れないはず。
好きじゃない人と一緒にいて楽しいのかな…。

Aちゃんは彼氏さんに甘えすぎているんだろう。
そして自分自身にも。
「幸せになりたい」と口にしながらも、
その幸せは向こうからやってくるものだと思ってる?
幸せになりたいのなら、努力が必要なのに。
気持ちは残っていないけど居心地がいいから、と
彼氏さんの側にいると幸せになれないよ。
彼氏さんがいいなら、彼氏さんだけを見てあげなくちゃ。
それが無理なら彼氏さんとは縁を切らなくちゃ。
順番的には、別れてからコンパでしょ?
彼氏さんにとても失礼だよ。

友達の恋は心から応援したいのに、しにくいよ。
というより、応援出来ない。
そんな不誠実なAちゃん、見ていたくないよ。





↑便利だな、☆マーク(笑)

My追加


2004年02月22日(日) あー☆ムカつく

誰にって、父親に、ですよ。
はながちょくちょく実家に帰るのを
快く思っていないみたいで、
実家ではなの顔を見る度に
必ず一言、何かしら文句を言うんですよ。

でもね。
ちょくちょく実家に帰るって言ったって、
会社と塾の間の2時間、
時間つぶしをしに戻ってるだけですよ。
しかも、最初のうち遠慮して、
退社後にいったん家に帰ってから塾に行っていたら
「そんなガソリンの無駄遣いをせず、
実家で時間つぶしをすればいい」と言ったのは
他ならぬ、父自身なんですよ?

そして昨日、
彼が友人の結婚式の2次会へ行くので
送迎しなければならないし、
翌日のスキーは友達を迎えに行くしで、
用事があって実家に1泊するだけで超不機嫌。
言っておくけど「実家に1泊させてもらおう」と
言い出すのは、いつも彼なんだからね。
はなから言い出すことはないんだからね。
別にラクしに帰ってるんじゃないし、
用事もなくフラフラ帰ってるんじゃないし、
ちゃんと彼の実家にも顔見に行ってるんだからね。
世の中には嫁ぎ先が遠かったりして
なかなか娘に会えない人もいるってのに、
近くに嫁いでいて、
利用すればいいと言ってくれたから、そうしてるだけなのに
何が悪いのかさっぱりわかんない。

父の誕生日や父の日に
ささやかなプレゼントを贈っても
快く受け取ったり、絶対にしないしね。
すぐに「こんなことはいいから金を貯めろ」って言う。
言われなくても貯めてるし、
プレゼントもほんとたいしたものじゃないし、
なんてゆーか「気持ち」ですやん?
父の気持ちも分かるし、ありがたいけど
こっちの行動すべてに神経を尖らされるとほんとうに窮屈。

あんまり冷たくされると、はなだってさすがに傷つくし
「老後の面倒なんて、絶対みてやらない」なんて
心に誓ってしまったりするんだからね。
(↑すでに怒りが溜まってかなり本気)





↑そんなこと言ったことなかったやん(呆)

My追加





2004年02月19日(木) 父☆試練の2月

去年の2月9日、
彼がはなとの結婚を許して欲しいと
挨拶に来ました。

そして今年2月17日、
上の妹が彼氏を親に紹介しました。
結婚は今すぐには考えていないけど、
前提に付き合うことを許して欲しい、とのこと。

父にとって2月は試練の月となっています。
でもはなの時とは違い、
フレンドリー気味なのは、はなの気のせい?
去年、体験しているので
どういう感じかわかっているからか、
母曰く、和やかな雰囲気だったそうです。

ま、場所が家ではなく、
なぜかファミレスだったことや
結婚がすぐではないってことや
原因は諸々あるでしょうが…。

確かに挨拶に来た妹カップルにも
あまり緊張感はないようでした。
とにかく貯金が全くないようなので、
そういう面も含めて
親から二人にいろいろと宿題を出されていたようです。





↑それも男ばっかりの。

My追加


2004年02月18日(水) 悩んでるのですよ☆

彼の出身町で分譲地が売り出されたのですよ。
たった5区画だけなんですよ。
彼はやっぱりその町へ戻りたいわけですよ。
はなはイヤなんですよ。
でもその分譲地の位置ならば、
ギリギリ、はなの許容範囲なのですよ。
彼にとっても折り合える地域らしいのですよ。
どちらの実家へも20分の、中間地点なのですよ。
まだ、雪が少ない地域なのですよ。
今住んでるところと同じくらいらしいのですよ。
でもすぐ横に川が流れていたりするんですよ。
川、気になるんですよ。
お金のこともあるんですよ。
年末に新車をキャッシュで買う予定なのですよ。
土地を購入する余裕があるのか?ってところですよ。
…余裕、ないんですよ。
今のお家、まだあと2年も住めるんですよ。
その間にお金を貯めるべきだと分かってるんですよ。
でもたった5区画だけなんですよ。
以下同文。繰り返し。





↑う〜ん、譲二、ショック

My追加ですよ


2004年02月15日(日) 約束の上☆R家訪問

昨年11月に家を建てたRちゃん。
そのピカピカの新築ハウスへお邪魔してきました。
いやーん、ステキー!!
将来のお義母さんとの同居に備え、
キッチンが2つ、トイレも2つ。
子ども部屋もリビングの横にあったし、
収納力はかなりのもの。
お庭もあったし、日当たりはいいし。
いやーん、サイコー!!
はなたちも近い将来、
今住んでいるところから引っ越すことは確定なので、
色々お勉強させてもらいました。
常に先手を行く友達がいると心強いです。





↑そりゃそーよね、家は一生ものだもの

My追加だもの


2004年02月13日(金) 義理チョコの☆ススメ

明日はバレンタインデー。
たった今、社員の皆さんへの
義理チョコの準備をし終えたところです。
毎年、同僚のMちゃんと
駄菓子や一口チョコやおつまみを山ほど買ってきて、
人数分、袋詰めにするのです。
チョコが苦手な人もいるだろうし、
いろんな味が楽しめて面白いだろうし、
そして何より、安上がり(笑)
20枚280円くらいのださい袋でも、
パソコンでかわゆいシールを作って貼れば
それだけで見た目もグー!!

賢くバレンタインデーを乗り切りましょう。
これ、ほんとオススメです。





↑格差をつけるところがミソ♪

チョコっとMy追加
もちろん大好きな旦那さまには、
おいしいと評判のケーキ屋サンで特別製の生チョコを。
当然ですわ〜。




2004年02月11日(水) ☆計画変更☆

張り切って母校の説明会へ行ってきました。
春から通信で勉強したいことがあって。
でも…今年は断念します。
だって4週間も会社を休めないってばよ。
噂では「免除になる」と聞いてたので
かなり期待してたのに、ちぇっ。
今年は塾の負担も増えるし、
帰化申請にも時間が取られるだろうし、
年末には車の買い換え(予定)だし。
よーく考えて、なるべくうまーく
妊娠&出産に絡めて計画することにします。
まだ29歳、人生これから。

**********

妊娠といえば、同僚。
前例がなかったので心配していた育児休暇が
きちんともらえることになりました。
当たり前の権利と言えばそうなんだけど、
うちみたいな小さい会社では言い出す方も勇気が必要。
快く頷いてくれた社長に後光が見えるようでした。
ありがたや、ありがたや。
これで道は開けました。はなの時もこれで安心。

**********

説明会の前に友達のAちゃんとランチ。
めっちゃグーなお店を開拓できて、ご機嫌でした。
京都って1本、筋が違うだけで
表情がガラリと変わる不思議な街。
久々にまた行きたいと思えるお店でした。

**********

ついでにINEDで70%OFFになっていた
ピンクのアンサンブルをゲット。
うーん、プリチー♪値段もステキ♪
春先まで活躍しそうだし、大満足です。





↑欲張るから苦労してるだけ、なんだけどね

My追加


2004年02月10日(火) かわゆい☆ゆい

はなには最近、
夢中になってる日記があるのですよ。
その日記には作者さんの飼っておられる
3匹のネコちゃんと1匹のワンちゃんが登場。
その写真がねー、
あーもー、かわゆい☆ゆい!!
なのです。
過去の日記からずーっと遡って拝読してるのですが…
ネコ好きのはなとしては、その環境が羨ましい!!
また、作者さんの愛猫&愛犬への細やかな愛情に脱帽!!
なのです。
仕事に疲れてくると、その日記を見ては癒されている
今日この頃なのです。
うちのかわゆい☆すずちゃんのことも
こうやって紹介したいけど…
はながまめまめしくないタイプなので無理だにゃ〜。





↑かわゆすぎて声を出して
笑ってしまうのを我慢するのが大変


My追加だにゃ〜


2004年02月09日(月) ある意味☆記念日

2003年2月9日。
この日から全てが動き出しました。
はなにとって特別な日です。

彼が結婚の申し込みに来てくれた日が
ちょうど1年前の2月9日でした。

あの日から1年後の今日、
彼の横で「妻」として居られるなんて
想像もしていなかった。

1年前までのあの苦しみや悩みのことを思えば
今が本当に幸せだなと思えます。





↑子どもの名前や住む場所のことは別ね(笑)

My追加


2004年02月08日(日) 突然ごめん☆I家強襲

折れたストックを買いに
箕面の○ルペン&ヒ○ラヤへ。
はなのはすぐに適当なのが買えたのですが、
モーグラーの彼は気に入ったのが見つからず。
とても悲しそうでした…。
また近いうちにスポ○カでも行きましょ。

道中、後輩のIくんの住む街を通ったので
軽い気持ちで「今、○○市に居るよ」とメールを打ったら
「帰り、うちに寄ってって下さいよ」と返事あり。
わーい、わーい♪やったー!
実は彼もはなも「お宅訪問」が大好き(笑)
決してIくんの言葉を狙ってメールしたわけではないのですが
(誤解のないように 汗)
図々しくお邪魔することに。
なにかと共通点もあって、話題は尽きず楽しかったです。
晩ご飯までご馳走になって幸せでした。

互いの家から家へは2時間弱の距離だと判明。
ドライブ気分で行き来できるじゃないですか。
よいことです、ふふふ。





↑その時は寝させませんよ〜

My追加どうぞ


2004年02月06日(金) 付き合って☆4周年目

はい、タイトル通り。
彼と恋人同士になって、丸4年経ちました。
でも感覚としては「もう」ではなく「まだ」丸4年。
彼と過ごしてきた年月は、
例えるならおいしさが凝縮した濃厚なワインのよう。
いつも楽しくて彼にほろ酔いって感じ?(笑)
ずいぶん長い間、一緒にいた気がするけど
私の人生の中で彼とお付き合いした割合は
まだ1/7程度。








My追加はこちら


2004年02月04日(水) ☆読書三昧な日々(願望含)☆

市役所に行く用事があり、
そのついでに隣接する図書館へ寄ってみました。
狙いは芥川賞を受賞したあの2作。

「蹴りたい背中」
「蛇にピアス」

予想とおり、ありませんでした。
まぁ、気長に待つか、せっかく寄ったんだし、と思い
ぶらぶらしていると発見してしまいました。

「黄金の島」

真保裕一さんの作品です。
チェックしつつも貧乏はなちゃん、
ハード本では買えなかったのでした(涙)

この方は執筆に2〜3年かけるのは当たり前、
当然、ページ数も多くて本もかなり分厚いのですが、
いつも期待を裏切らない内容で、
ほんと、一気に読めちゃうんです。
面白いんです。

独身時代とは違って少し時間の制約があるけど、
楽しみながら読みたいと思います。





↑もう図書館でどこに著書があるかチェック済み

ドンドンMy追加


2004年02月03日(火) そんなもんだけど☆

スーパーで太巻き寿司を手にとって、ふと思う。

今日の節分…。
子どもが「鬼は外、福は内」と豆をまき散らかし
鬼役のお父さんが逃げまどう光景が、
恵方を向いて無言で太巻き寿司にかぶりつく光景が、
日本の大多数の家庭で見られるんだよなぁ…。


ちょっと想像してみたら、
滑稽だったけど気持ち悪くなっちゃった。





↑置いてけぼりはヤだもん(笑)

鬼はー外、福はー内、うちはーMy追加
だって隣もその隣もお向かいさんも、
打ち合せもしていないのに、
一斉に同じ行動を取るって気持ち悪くないですか??
こんなこと言い出したら、
年中行事はみーんなそうなんだけど(笑)


2004年02月02日(月) 親は親☆子は子

日曜日にスキーに行ったことは昨日書いたのですが、
関連(?)して思ったことが。

スキー場に向かう途中に彼の実家があります。
今の住まいは狭いし、物置はないし、
なるべく荷物を増やしたくないし、ってことで
スキー板や靴は彼の実家に置かせてもらっています。
たまには前日から彼の実家に泊まったり、
朝ご飯にはお義父さんの大好物の
「あんパン」を分けてもらったり(笑)
お世話になりっぱなしです。

当然、帰りも寄ってスキー板や靴を下ろすのですが、
ついでに「ちょっと休憩」と言っては、
毎回、彼は腰を落ち着けます。
時間にすれば小一時間程度ですが、結構苦痛。
彼はくつろげるかも知れないけど、はなは無理。
義父母の前で大の字で寝ころべないでしょ?
スキーで疲れた体にむち打って、正座はキツイ。
姪っ子&甥っ子の「抱っこして」攻撃はキツイ。
もう一刻も早く帰りたいのですが、まだ強敵はいます。
お義母さんです。
彼を放しませんねぇ。
話したいことが山ほど溜まっているらしく、
彼を相手にずっとおしゃべり。
その間、お茶を勧めてくれるわけでもなく、
話に加わろうものなら「入ってくるな」と
言わんばかりの流し目攻撃。
…ほっほー。邪魔するなって?ハイハイ。
でも気付かないふりして、会話に混ざってるんだけどね(笑)
その時のお母さんの顔がね、
まーほころんじゃって、ほころんじゃって。
ものすごーく、嬉しそうなわけですよ。
その顔見てたら「仕方ないかー」と思うので、
話が尽きるのをおとなしく待ってます。
うーん、今でも毎週1回はソフトバレーの帰りに、
彼は実家に寄ってるんだけどな。
週に一度の逢瀬では足りませんでしたか、義母上?





↑なんとなく実感

My追加でごわす
親はいつまでたっても親だし、
子どもはいつまでたっても子ども。
彼と義父母がコミュニケーションを持つ機会を
意識的に増やしてあげなければいけないのかな、と。
ふと思った次第です。



2004年02月01日(日) 風邪にも負けず☆

ども、ども。
今日は風邪にも負けず、スキーでした。
(あ、ムチウチはすっかり治りました!)
でも、こないだの2回に及ぶ
「ボーダー衝突事件」が常に脳裏にあり、
ビクビクしながらパノラマばっかり滑ってました。
(野間ゲレンデはイヤなの、雪質が悪いから。)
今シーズンになってなんとか形になってきたので、
彼もはなをパノラマに置いて、
自分のスキーを楽しめるようになっています。
…といっても、2時間もほったらかしは、ないっしょ?
さすがにパノラマばかりを
たったひとりで黙々と2時間も滑れば飽きるわい!!
しかも、昼ご飯の時には「迎えに来てくれるだろう」と
合流地点と思われるところで待っていたら、
来ないでやんの。
30分待っても来ないので(健気でしょ?)
仕方なくかなりムカツキながら
待ち合わせ場所に行けば、彼だけ居ない。
一緒に来ていた彼の友達曰く「あれ?探しに行ったよ?」
ばーか、ばーか、すれ違ってやんの。
聞けば、はなの予想していたコースとは違うコースで
待ち合わせ場所まで滑ってきたとのこと。
コイツ…さては、忘れてやがったな?
で、待ち合わせ場所について、そこで初めて
今日はコブ(はな)付だったことを思い出して、
慌てたんだね、きっと。
まぁ、探しに行っていたし、素直に「ごめん」と言ったので
寛大なはなちゃん、許しました。
午後はそれでもスカイロードへ。
いつまでもビビッていても仕方ないし。
2本滑りましたが、何事もなく無事でした。
彼もフォローに回ってくれてたけど、
きっと、はなよりホッとしていたことでしょう。





↑新たなウィークポイント決定。

My追加


はな |MAILHomePage

My追加