武ニュースDiary


* このサイトはリンクフリーです。ご連絡はいりません。(下さっても結構です。^_^)
* 引用は、引用であるとわかる書き方なら、必ずしも引用元(ココ)を表示しなくても構いません。
* 携帯からのアドレスは、http://www.enpitu.ne.jp/m/v?id=23473 です。
* 下の検索窓(目次ページにもあり)からキーワードでDiaryの全記事が検索できます。
* バナーは世己さんから頂きました。
* Se inter ni estus samideanoj, kontaktu al mi. Mi elkore atendas vin, antauxdankon!


目次前の記事新しい日記


2003年03月31日(月) 「向左走、向右走」の最初の映画化ストーリー(再録)

「向左走、向右走」がクランク・インする直前の情報で、
昨年12月にご紹介したばかりの新しいものですが
(ニュース原文通りではありません)、
無事ポスターも公開された今になってみると、結構面白いのと、
記録の意味も含めて、ここに上げておきます。

********

「向左走,向右走」の12月14日付けのこのニュースは、
台湾の民生報の記者によるもので、
ワーナーは、初めて投資する中国語映画「向左走,向右走」のキャストを
金城武とジジ・リョンで考えていたけれど、
話を詰めていくと、けっこう制約が多いのがわかって、
アジア各国の支社に,他のキャストで代えられないか再検討するよう
おふれを出したというものです。
候補は、リッチー・レン、ケリー・チャン、王力宏、蕭亞軒、孫燕姿といった人たち。
映画は12月にクランクインの予定でしたが、
肝心のキャストが決まらないため、延期が決まったと報じていました。

ワーナーは台湾、香港、シンガポール、大陸の支社の意見を広く聞いて、
武・ジジの美男美女コンビを最適としていましたが、
実際に事務所と細かい話をしていく内に難しい問題が出てきました。
例えば事務所側からの、撮影期間中はマスコミ取材はなし、という要望。
特にこの点についてワーナーは難色を示しています。
ハリウッドの場合、トップスターの撮影現場取材は普通のこと。
台湾香港のスターがそれをしないというのは理解に苦しむというわけで、
今回初めて中国映画界と接触することになったワーナーは一歩ひいてしまい、
各支社に再考せよと申し渡したのだそうです。

台湾の人気挿絵画家で作家、ジミーの小説の映画化である「向〜」は
ワーナー・ブラザーズの初めての中国語映画への出資作品です。
米国他社の「グリーン・デスティニー」や「ダブル・ヴィジョン」「英雄」などの成功を見て
ワーナーも中国語映画への進出を計画、
金馬奨受賞監督ジョニー・トーに舵取りを依頼。
物語の背景を芸能界に変えるけれども、
「向〜」を例えば「君のいた永遠」のような趣のロマン作品に仕上げ、
「君〜」の主役である武とジジの再共演という絶好の話題で、
「君〜」に続くブームをアジアに起こしたいという考えでした。

(以下が、映画化にあたっての多分最初のストーリー案)
実際、武・ジジはこの映画の主役としてはぴったり。
男性主人公は、台南の体育の教師で、ハンサムだけどシャイ、
ある日スカウトされ台北に行って芸能界に入るよう説得されます。
女主人公の方は、香港の三人組の女性コーラストリオのメンバー。
ですが、あまりうまくないと、グループから外されて、やり直すべく台湾に渡ります。
2人はたまたま同じアパートに住むことになりますが、
外出するとき、一方は左に向かうのが習慣で、一方はいつも右に行くため、
顔を合わせたことがありません。そうこうするうち、
大地震が起こって2人の運命を変えるのです……
1人は台湾の人間、1人は香港人ということでも、武・ジジを想定したような役柄です。

ワーナーのある人物が明かしたところによると、
武・ジジの他に、リッチー×ケリーもまた、当初から有力で、
特に香港支社が、動員力で武に勝るとも劣らないと、
リッチーを武以上に強力に推薦。
しかしアメリカ本社は、武の日本でのマーケット実績を重視しています。
さらに大陸はF4の言承旭とケリーのコンビを、
シンガポールは王力宏と孫燕姿を、
他のところでは蕭亞軒をという状態であるとか。

「向〜」のアパートの内部の撮影は香港の撮影所で行なわれ、
台湾での撮影は外が舞台になる部分だけです。
アジア各地のワーナー支社ではこの週末、
全力でキャストを検討しなければなりませんが、
あるワーナー社員は、「武・ジジコンビが最上だと思う、
トー監督と事務所とは順調に合意しているのだから、
ワーナーの上層部も妥協して、早くクランクインしてほしい」
と話しているということです。

********

すでに予告編もオンエアされた今、原作通りで正解のようですが、
1度心に思い描いてしまった体育教師の武の姿が、いまだに消えてなくならない……
いつかどこかで見てみたいな……

トー監督の配役についての心積もりは早くから決まっていたのでしょうね。
武はトー監督が好きで、香港に行くたび、トー監督と会い、
食事をしたり、お酒を飲んだり、
いつかまた一緒に仕事をしようと話をしていたそうですが、
それがこの「向〜」で実現したわけです。


BBS


2003年03月30日(日) RE:2001名人性感盛宴

他にどんな人が選ばれたかというと、
私が知っている人では、例えば
男性…リッチー・レン、チャン・チェン、クリス・フェイ、
王力宏、台北市長の馬英九、チェロリストのヨーヨー・マ
女性…ビビアン・スー、スー・チー、ココ・リー、天心
といったところです。(台湾の投票だから)

セクシーであるとはどういうことか、Cosmo誌は、
「今回の投票結果を見ると、男性の場合は、感性、真面目さ、自在さ、ユーモア、
女性は率直さ、しとやかさ、健康な美しさ等々」
だと言っています。


BBS


2003年03月29日(土) 2001名人性感盛宴 Sexiest Among The Sexiest

また、少し以前の記事です。
台湾の雑誌「Cosmo」が2001年に、
犧任皀札シー(性感)な有名人瓩髻男女各10人、
読者投票で選び、7月号に発表しました。
その1人に選ばれた金城武についての文章です。
添えられた写真は、自転車に乗ったエリクソンT29SCのCMのものでした。

*********

当時、「夏天的代誌」を歌っていた、幼くぎこちない若者が、
なんと,飛ぶ鳥落とす勢いの国際的有名俳優に変身するとは、
いったい誰が予想しただろうか。
人生経験と鍛錬を積み、
次第に知性的な魅力を放つようになった金城武のセクシーさは、
彼の自然な生き方と誠実さから生まれるものなのだ。


金城武を文章で表現する者は多い。映像で記録する者はさらに多い。
しかしながら、どのメディアと接しようとも、
金城武はいつも変わらず、誰ともある形の距離を保っている。
この距離の範囲で、ある者は彼の瞳に恋焦がれ、彼をセクシーだと言う。
ある者はその濃い眉に惹かれ、彼に熱中してやまない。
その声の虜になった者もまた大勢あれば、
彼の演技(あるいは演じた役)のファンになる者も数知れず……。
要するに、金城武の一挙一動が並ならずセクシーであり、
向かうところ敵無しの魅力ということだ。

けれども、この天王は「セクシー・スター」に数えられることにいささか矛盾を感じている。
彼は、自分を支持するファンにたびたび感謝の意を表する一方で、
自分がその称号を本当に気に入っているかどうかについては明言しない。
というのも、自分に何か特別セクシーなところがあるなどとは考えたことがないからだ。
「セクシー」という言葉に特別な意義があると思ったこともない。
彼は「なんと言っていいか分からない感じだ……」と言って
この話題を打ち切ってしまいさえしたが、
それは彼の一貫した自然な生き方がよく表れたエピソードである。

もちろん、本人が自分をどう考えようと、彼のあふれでるセクシーさは疑う余地が無い。
「恋する惑星」に出演するや、世に名をとどろかし、
日本に赴いてドラマと映画に出た後、金城武は早々に、
以前、アルバム「夏天的代誌」や「温柔超人」を出した時代の
青くぎこちない様子から生まれ変わって、
成熟し、落ち着いた国際スターへと変身した。
その語る言葉から発せられる知性は、彼の美しい外見をも超えている。

自然な女性がいいとずっと言っている金城武は、
美しさは作らない純粋さから生まれると考えている。
また自信を持った男性が魅力的だとも思っている。

その自然なわざとらしくない彼のやり方から見るに、
金城武はきっと、自然な精神というものが、
一番基本的な男性のセクシーさだと考えているに違いない。

[金城武]
てんびん座
セクシーだと思う女性スターは?
特に誰という人はいないけれど、自然な人がいいと思う。
セクシーだと思う男性スターは?
たくさんいる。自信を持っている男。
自分のセクシーだと思うところは?
自分に特にセクシーなところがあるとは思わない。


BBS


2003年03月28日(金) 風花雪

BBSにも書きましたが、このところの連続露出に、
ここも、最新ニュースのご紹介ぐらいでゆっくり行こうか……と。

1つだけ、ご紹介しておきたいサイトがありますので、それを――

映画「世界の涯てに」は、レナード・コーエンのDance Me to The End of Loveという
低い男声の歌が印象深いのですが、
主題歌はケリー・チャンが歌う「風花雪」という曲です。

実際にはケリー扮するラムが、テッドから故郷の話を聞かされて、
スコットランドについて、本でいろいろ調べるシーンに流れるくらいでしょうか。
予告編にも使われたといいます。

その歌詞が、とても素晴らしいというので、翻訳をしてくださった方達がいます。
現在休止(?)中の「金城武を応援する銭形一家の家」というファンサイトに、
「嶺南出版社」というコーナーがあって、
この名前はもちろん、「アンナ・マデリーナ」のガーフが
原稿を持ち込んだ出版社の名です。
そこで、金城武出演作についての、個性的な解読シリーズがアップされていました。
常連さんだったamadeusさんが、ご自分のサイトにその出向場所を作り、
「風花雪」の訳詩を3通りのデザインで紹介してくれました。

映画によくあった歌詞で、訳も素敵です。
ご許可をいただいて、こちらでアドレスをご紹介させていただきます。こちら

なお、この歌はケリーのアルバム「風花雪」に収められているほか、
1998年のアルバム「愛我不愛」発売時のおまけである、
ケリーの歌った映画主題曲3曲収録のCDにも入っていました。
他の2曲は「Lover’s Concerto」(「アンナ・マデリーナ」)と、
「ムーラン」の主題歌でした。


BBS


2003年03月26日(水) 「向左走、向右走」のポスター公開(連合報)

すごく垢抜けて、雰囲気のあるポスターです。こちらに。
映画はただ今ポストプロダクションの最中。
ポスターには、
「2本の平行線は2003年夏、交わる」とあります。

以下、ニュースの本文。

金城武とジジ・リョン共演の「向」のポスターが公開された。
2人は自転車に乗って別々の方向に向かっていくように見えるが、
武とジジのファンはご心配なく。地球は丸いので、自然と再会できる縁なのだ。

米国のワーナーはアジアの市場を見定めて、
初めてシンガポールの星霖映画会社と共同出資し、この映画を製作した。
原作は台湾の著名なジミーの本で、金城武は失意のバイオリニスト、
ジジ・リョンはホラー小説の翻訳家に扮する。
2人は同じアパートに住んでいるが、
いつも出かける方向が右と左で反対で、すれ違うばかり。
恋の赤い糸はどうしたら2人を結び付けられるだろうか?

アメリカのアカデミー賞授賞式のテレビ中継を見ていた人は、
「向〜」の予告編をごらんになったに違いない。
ワーナーはこの映画に対して強い自信を持っており、
6月中旬の公開をめざして大々的な宣伝を開始した。
予告編中で武は、かっこよく、クールな中にメランコリックな性格をかいまみせ、
ジジ・リョンはロマンティックで知性的な雰囲気をかもしだし、
きっと観る者をとりこにするだろう。

私生活での武はゲームに熱中したり友人や事務所のスタッフと陽気に騒ぐのが好きで、
ジジは活発な少年のような性格、
映画の中とは異なっており、彼らも「そこが挑戦だ」と考えた。
監督のジョニー・トーは2人の息がとてもよく合っていると、賞賛の親指を立てた。
(2003.3.26)


BBS


2003年03月25日(火) 金城武:深い寂しさの美?(捜狐娯楽頻道)

その顔は少しも感情を見せず、さらりとした髪が目にかかる。
彼が頭をもたげるとき、全世界は揺らぎ、
その憂愁の美は、アジアの息をとめる。
青春は時に残酷なものだ。デビュー時の武は決して順風満帆でなかった。
多くの注目を集めることもなく、暗くうつうつとした日々、
それでも時に期待は抑えきれない。
日本におもむいた金城武は、初めて水を得た魚のごとく、
自信に満ちて舞台を泳ぎまわり、生き生きと呼吸し始めた。

昨年、北京でベストセラーになったジミー作の漫画「向左走、向右走」は
鉛筆の線に淡彩で、かわいらしい2人の主人公を描き出す。
シンプルで美しい文章は精彩を放ち、真実がこもる。
この本は非常に多くの人々にとっての愛の補強剤となり、寂しさを慰めた。
映画製作会社ワーナーブラザーズは2400万ドルをかけて
初めての中国語映画を手がけるが、それが、まさにこの「向左走、向右走」であり、
主演男優に選ばれたのが金城武だった。

この漫画の中のあの青年を覚えているだろうか? 
いつもうつむいて、大都市の遊興には少しも関心を示さず、
まるで、どこかに紛れ込んで消えてしまいそう。
誰からも注意を払われることなく。
ジョニー・トーはこの本を読んで、選択の余地なく金城武を起用した。
彼の他に、一体誰が主人公の虚無感と、
現実にはありえない美を持ち合わせているだろうか?

今日、男性の美は、あまりに中性的だ。
男がもっと女性化して艶めかしくなるなんて、ほとんど耐え難い。
もし、女性的要素があるからその男性をいいというのなら、
いっそすっぱりと美女を鑑賞しに行けばいいのではないのか? 
金城武はめったにない、美しい狠豊瓩任△襦H爐砲禄性的柔弱や艶めかしさはない。
その冷ややかな表情に、女性はたしかな安全感を抱く。
彼はまるで女が夢見る理想像のようだ。

去年の11月、日本で上映された、山崎貴監督による映画「リターナー」で、
金城武は自分の力のみを信じる一匹狼として、未来を救う。
金城武の男性的な頑強不屈さは、映画の中でいかんなく発揮されている。
たくさんの日本女性が、彼の演技を見て、劇中のヒロインになれたらと夢見た。
金城武に保護されるなんて、実に幸運なことだから。

幸運といえば、彼の初期のドラマ「神様、もう少しだけ」のことを言わなければならない。
このドラマには、1人のエイズに感染した少女が登場する。
武の大ファンだったことから、なんと彼の一途で不屈の献身を獲得してしまう。
いささか運がよすぎるとも言えるだろうが。
金城武はこのドラマのおかげもあって、日本女性の心を征服し、
以後、活動拠点を日本に定めることになった。
日本の女性たちも運がいい。
少なくとも、街角で彼を見かける可能性があるのだから。

私が一番好きなのは「恋する惑星」の金城武。
彼は「成長」そのものだ。
生命はむきだしにされた青春であり、いつでも期限切れになりうる。
彼の瞳の中のとまどいと退廃の匂いは、彼が少年であることを確信させる。
少年だけが反逆を信じるのである。

顔を上げ、「恋する惑星」のポスターの、
腕を大きく広げた金城武を見るとき、私の心は震える。
(Sohu娯楽「明星時代」欣欣・文)


BBS

---------------------------------------------------
RE:金城武:深い寂しさの美? - 少し前、あちらのファンの間で話題になっていた
ネットの人気投票ページ
があって、
7人の世界のいい男から1人を選ぶものですが、
そこに各スターについての文章が載っています。
↓は、その内の金城武についてのものです。

19日にご紹介した香港の「リターナー」評にもあるような、
クールな男像への賞賛がここでも見られます。(これは大陸のサイトです)
台湾でもまた、「神様、もう少しだけ」「不夜城」によるイメージチェンジは、
成熟した男への変化として肯定的に評価されているようです。

日本でのファン、評論家の傾向と比較すると面白いですね。
「神様」「不夜城」で大量のファンを獲得しながら、
それに対して、「本当の金城武」は香港・台湾時代の作品にある、
日本で与えられるクールな役柄は金城武の魅力を引き出していない・・・
という声はよく見聞きします。
一般ピープルファン以外の人に、この傾向は強いようです。

私は、アレもコレもいいので、別にいいのですが、
あまり断定的に主張されると、そうかな?・・・と思ってしまう。
結局「好み」のレベルであるとしか言えないような気がするのです。

「クール」な武があちらで好まれるのは、やはり他の中国圏の男性スターにはない
独特の雰囲気を出しているからで、それは見逃してはならないと思うんですけれど。

しかし、一方、それだけが彼の魅力ではないので、
その意味では日本はまだまだ彼を生かしきれていないというのも、事実でしょう。
「ゴールデンボウル」が出たことで、希望が出てきましたけれど、
GBあり、「不夜城」あり、そしてこれまでになかった何かがあり、というのが
あるべき姿なんだろうと思います。

その点、台湾は、クールな大人の男像に高い評価を与えながらも、
一方でエリクソン、心路、今度の白蘭氏と、
彼の様々な面を上手に引き出してくる。
クールな部分も、ギャランのように表現の仕方がうまいですし。

ところで、↓の文に対して、台湾のファン達から、
武はデビューして、まもなく台湾四小天王の1人に列せられたように
人気があったから、一部事実と違うとの指摘がありました。
また、武は日本に行って人気が出るようになったという言い方が好まれている。
しかし、「恋する惑星」だって、日本進出以前の作品ではないか・・・
という意見もあります。
私も、それはそうだろうと思います。


BBS


2003年03月24日(月) 金城武は私のカレ(星報)

中国映画「小城之春」プロモーションのため、
監督の田壯壯以下、主演男女優など台湾を訪れ、会見を開きました。
会見後の座談会で田壯壯は、台湾に来るのは15年来の夢だった。
侯孝賢など友人に会えてうれしいと語ったそうですが、
それはさておいて、

主人公の妻を演じるヒロインの胡靖釩は、映画を離れると、
夫役の主役・角呉軍とはロマンス的なことは何もなかったのですが、
それも胡靖釩が好きなのは金城武だけだから。、
金城武の写真を見つけた彼女はまるで、小娘みたいになってしまい、
さらに笑ってこう言いました。
「彼は私のアイドルじゃない。私の恋人なの」
(2003.3.24)

彼女が見たのが新CMのだといいですね。


BBS


2003年03月23日(日) 四物鶏精

このメーカーは白蘭氏だそうですが、
白蘭氏、すなわちBrandsの鶏精(チキンエキス?)は、
1835年、イギリス王室に使えるコックBrandsによって作られ、
アジアには1920年代に伝わったものだそうです。
四物鶏精はそれに4種の薬草を配合しており、
主に、女性に多い貧血の改善に効果を発揮するようです。

台湾のファンからの知らせだと、
白蘭氏の新しいページができていて、

「ご期待下さい。
白蘭氏四物鶏精サイトが、3月24日、
貴女にお目にかかれることになりました」

とあるので、
もしかすると、このページで新CMが見られるのかも知れません。
詳しいことはわかりませんが、要注目です。
(7:00追記/CMは既に放映が始まっているそうです。
ですから、新サイトでおひろめということではないようですが、
何かそれに関するものを、メッセージの通り期待したいと思います♪)。


BBS


2003年03月22日(土) RE:女性用飲料の新CM

他のニュースにありましたね。某国際的ブランドの「四物鶏精」という、
女性のための栄養補給剤(?)のCMだと。
(台湾からのメールニュースによると漢方系鶏のエキスだそうです)
これは、「自分が使わない商品」のCMとしては初めてのものだということで、
確かに以前、マネジャーのヤウさんが、
彼が使う可能性のないもののCMには出ないと明言していました。
でも、初期のコンタクトの洗浄液、あれは例外かしら。
それとも、今はそういう方針ってことかもしれませんね。
(それに、エリクソンのサメ機のとき、使いましたし……^^)

中国時報によると、「向〜」撮影中に2日捻出して日本に飛び、撮影したとあります。
なんでわざわざ日本に? スタイリストやヘアメイクの人など、
なじみの人たちと一緒に仕事するためだったのでしょうか?

みんなの予想を全く裏切って、
あまりにその針を使う一連の動作が堂に入ったものだったため、
その場にいた人々が驚き賞賛しただけでなく、
彼の事務所さえ、不思議がったとのこと。
で、事務所サイドは、武が早くに親の元を離れ、
独立した生活を送ってきたためではないかと推測しているそうです。


BBS


2003年03月21日(金) 女性用飲料の新CM(星報)

金城武、女性の心を縫い付ける

金城武が再び新世代のやさしい青年に扮し、女性用飲料を売り出す。
この最初のキャラクターを務めたのはジジ・リョンだったが、
金城武に代わったことで、
ディレクターはCM中で彼が服を縫ったり、皿を洗ったりというシーンを特に用意、
これまでのゲーム好きのイメージとはがらりと変わった、柔和で優しい一面を披露させた。
残念なことにこの商品は本人は使えない。

金城武の魅力は尽きることなく、
クライアントは高いギャラを払って女性用飲料CMへの出演を依頼、
その魅力で女性消費者に財布の紐をゆるめさせ、
ルビー・リンの宣伝する類似商品に対抗させようというもの。
今回のCM中で武は新時代のやさしい男性を演じている。
愛しい彼女のためにボタンを縫いつけ、お茶をいれ、最後は商品を渡して、
女性のもつ世話を焼かれたいという内心の渇望を直撃、
女性キラーの特質を極限まで発揮している。

金城武のスケジュールに合わせるため、撮影は日本で行われたが、
ロケ隊が日本に到着するや、雪が降り始め、
晴天下での撮影を考えていたディレクターは青ざめた。
幸い2日目は晴れ上がり、たった2日で順調に撮影は終了、
金城武は映画の撮影に戻っていった。

撮影中、金城武は裁縫の特技をも披露、
ディレクターは男だから家事は全然だめだろうと思い、
女性スタッフに手伝わせる用意をしていたが、
なんと彼は最後にくるくると糸を3回巻いて玉止めし、歯で切るまで、実に慣れたもの。
武は自分は理想的恋人(標準情人)なんだといばって言った。
また、素顔はユーモア好きの彼は、撮影中、セリフを時に北京なまり、
時に厳粛なアナウンサー喋りで演じてみせた。
(2003.3.21)

この記事が今のところ、一番長いようです。
写真は連合報の方に。
(索引用追記:白蘭氏四物鶏精)


BBS


2003年03月19日(水) 香港の「リターナー」評  並膰報)●◆別席鵝

去年のものですが、DVD関連ということで……

中国人への偏見――「リターナー」について

金城武を大変気に入っているのは、
彼が香港台湾の男性芸能人には欠けている気質を備えているからだ。
容姿が美しいだけでなく、個性があり、
特に非常に「クール」であるとき、そのひんやりとした瞳は
二振りの刀のように見る者の心臓を突き刺し、心の奥底から揺り動かす。

いっとき、彼は港台両地で大変な人気を得たが、近年は音沙汰無く、
今回映画の宣伝に来港したけれども、以前の勢いは無い。
が、「リターナー」を見ると、彼の外見、立ち居振る舞いから演技に至るまで、
以前よりさらに進歩し、クールな面差しは少しも変わりない。
それどころか、その瞳はおそらくは歳月に磨かれて、深みと成熟を増している。

映画はアニメの雰囲気が非常に濃いSF作品だが、
そこに見られる中国人への偏見の部分は見ていて不愉快であり、納得できない。

映画に描かれた黒社会も殺し屋も、みな中国に関わりがある。
金城武演ずる殺し屋はもちろん中国人だが、
彼は友人と社会の底辺に生きてきて(下水道で成長した)、
彼に関わりを持つのは漢方薬店の女主人だ。
マフィアの首領は中国人で(実は中国語を話す外国人だが、
他にも中国人俳優が出ているのに、
どうしてこの役に外国人を使ったのか私にはわからない)、
これもまた中国に関わっている。

さらに、映画が始まってすぐ、中国人グループと日本のマフィアが
中国の子供達を日本につれてきて取り引きするシーンがある。
また、微妙なことに、未来世界のシーンで、全世界が侵略にあい、破壊されたとき、
ただ1つ残った避難場所はチベットなのだ。

一部の外国人の目には、中国人社会はいつまでも暗さ
(中華街の汚さ、漢方薬店の謎めいたたたずまい、下水道での暮らしなど)や
邪悪(黒社会)とつながっているように見えるのだろうが、
これは香港には秘密結社がひしめき、
ごったがえす街中で銃撃戦がいつでも起こりうると考えるのと同様の意識だ。

「リターナー」は中国人への偏見を持つ映画である。(評:崔暁)

(大公報 2002.11.19)


BBS

---------------------------------------------------
香港の「リターナー」評 ◆別席鵝法 丙届拭 - ↓,1つの見方ということで、とりあえず、初めの部分にだけ注目しておいて下さい。
中国人の扱いに関して、別の見方のものも、再録ですがあげておきます。
他の点でいろいろ異論もあると思いますが。
これも去年のものです。

カッコイイ金城武、可愛いクソガキ

金城武主演の新作「リターナー」は、日本産のSF大作で、
アクションにCGが特殊効果を与えている。
ハリウッドの超大作とは比べられないし、アニメやゲームの域を出ないが、
それでも力のこもった、「ピンポン」や「模倣犯」にまさる、
ここ数年では確かに面白い日本映画である。

山崎貴監督「リターナー」は、金城武の十八番、
優しい心を秘めた、黒革コートの孤独な銃の遣い手がかっこよく登場し、
香港風空中ガンアクションを展開するシーンで幕を開ける。
彼が、年の頃、14、5の「クソガキ」鈴木杏と出会ったことから、
時空を超えた物語が始まる。

ハリウッド作品の焼き直し

この少女は実は2084年の未来から、戦争による滅亡から世界を救うため、
そのきっかけとなったできごとを阻止しにやってきた。
この構想は、明らかに1984年の「ターミネーター」の模倣であって、
未来の男性の救世主を少女に変え、シュワルツネッガー演じたアンドロイドを取り去って、
主人公を現代のガンマン金城武に、極悪なマフィアとの戦いの話にしたにすぎない。

実際、この作品にはハリウッドからの焼き直しが多い。
「スターウォーズ」の宇宙船、「ET」の異様な宇宙人、「マトリックス」の弾丸よけ、
さらにマフィアとの銃撃戦はジョン・ウーの作品を思わせる。
総じて見たことのあるものが多く、新味に乏しい。
日本以外でヒットするのは難しいのではなかろうか。

魅力ある物語

しかしながら、アジアの作品として考えると、「リターナー」はよくできたSF映画であって、
ガンマンと少女の関わりには、純情なアジア的ロマンチシズムがあり、
ののしりあいながら惹かれあう可愛らしいコンビをつくりあげている。
鈴木杏はいわゆるアイドル的美少女ではなく、平凡な女の子で、
顔も丸々として、大変親近感がある。
このみずぼらしいクソガキが、なんと無敵のガンマンを手玉に取り、
彼の心をときほぐしてしまうのである。

2人の主役がすばらしく、童話の中の人物のような味わいがあるために、
このパターン化された戦いの物語もまた、より人を惹きつけるものとなった。
中でも、クライマックス後のエンディングは、SF的情緒が最も生かされたシーンだ。
金城武が雨の町で撃たれた後の回想シーンの伏線がとりわけ巧みである。

この作品は暗い世界を舞台に心の温かさを強調し、
また宇宙人の地球猛襲による未来戦争の原因が実は人類の側にあり、
過去に戻って宇宙人を救出しなければ解決されないことを示す。
アクションシーンで出色なのは「ソニックムーバー」で、
これを使うと敵の動きがひどく緩慢になる。
「スパイダーマン」でも類似の場面があったが、この作品もよく効果を出している。
最も誇張されているのはマフィアの岸谷五朗で、とことん悪辣だが、
大悪党の知力は感じられない。

この作品には日本語のほか、英語や中国語が使用されている。
主人公と敵の出身が中国に関わりがあるからで、マフィアと売人はほとんど中国人だ。
しかし日本人にも中国人にもそれぞれ善玉と悪玉がいて、扱いは公平である。(評:石)

(明報 2002.11.16)


BBS


2003年03月18日(火) 白馬王子・金城武

今夜も肩のこらないお話で……

カレン・モクは、男性スターと噂を立てられることが大変多い女優です。
これまでのお相手は、チャウ・シンチー、スティーブン・フォン、
レオ・グー、リッチー・レン等々。
一昨年の話になりますが、福山雅治との噂を書きたてられたとき、
カレンは、毎回素敵な男性と噂を立てられて香港マスコミには感謝感激している、
次はまたかっこいい男性とよろしく、と言ったとのこと。
ただし、次にお相手として一番望ましいのは金城武で、彼は全女性の「心の王子様」であり、
「君のいた永遠」で共演したが、本当にドキドキしたと語りました。

99年の金馬奨の授賞式で、カレンは武と舞台裏で再会。
そのとき居合わせた女性スター達は、みな心をときめかせながら武を見ていました。
しかし、「君〜」でカレンと武は結婚したというものの、
まさか現実の場で、大きな声で武を「あなた(老公・ラオゴン)」呼ばわりするとは! 
大勢の女性スター達の嫉妬のまなざしが、いっせいにカレンに注がれたということです。
(大成報2000.7.16の記事より)

カレンも面白い人ですね。
ところで、金曲奨でも金馬奨でも、自分の出番が終わると、
いつも風のように消えてしまう金城武ですが、
この1999年のときは、式典後のパーティーに突然現れてみんなをびっくりさせました。
その少し前に、一緒に司会をつとめたエミール・チョウとやってきて、
あいさつをすませた陶子が、ちょうどその場を立ち去ろうとしたときだったので、
陶子はあわてて武のためにその場に残りました。
そこへカレンがきて「君〜」の美男美女カップルが再現され、
会場に華を添えた、とその頃の記事にありますので、
このパーティーのときのことかも知れません。

芸能界にさえめったに姿を見せないせいもあるのでしょうか、
台湾の女性スター達の武への憧れも、本当に強いようです。
同じ年の金曲奨では、受賞した順子(シュンズ)がプレゼンターの武に抱きつき、
「やったー!」とガッツポーズをして、マジで嬉しそうでしたし
(会場のウォーという声もすごかった)、
惜しくも賞を逃した人気歌手アーメイは、インタビューに、
「賞は逃したけれど、金城武に会えたので満足」と答えてましたネ。^^


BBS


2003年03月17日(月) 撮影現場の武とジジ(中時晩報)

金城武、ジジ・リョン、スピードカップル
ジミーも賞賛


出世作「向左走、向右走」が映画化となったので、
作者のジミーも、よく撮影現場に来ては、進行状況に関心を示していた。
彼は金城武、ジジ・リョンの美男美女カップルを、そっと観察したことがある。
そして2人は作中の、運命に翻弄される都会の男女に実にぴったりだと思った。

その上この2人は、互いに頭をたたきあっていたかと思うと手を取りあって大笑い、
でなければ向き合ってあかんべえしているという具合。
まるで幼い子同士のような無邪気な様子は、
もしジジ・リョンがとっくにイーキン・チェンの恋人でなかったら、
間違いなく、銀幕の最速スピードカップル誕生というところだ。
(3月16日)


BBS


2003年03月16日(日) 20歳の涙

久しぶりにタイムワープ。
1993年10月11日、金城武の20歳の誕生会が、
陳昇、野球選手の黄平洋他親しい人々とファンを招いて盛大に開かれました。
途中、ニッキー・ウーも花束を持ってお祝いに駆けつけましたが、
このことは3月7日のコラム(武インタビュー)にも出ています。

陳昇(ボビー・チェン)は、言うまでもなく、武の音楽の師です。
この誕生会のときに生まれた歌が「20歳的眼涙(20歳の涙)」。
歌詞も曲もほんとに素敵な歌で、これを贈られた武は、歌で「泣くな」と言われても、
絶対泣いたと思います。

陳昇のベストアルバム「魔鬼的情詩供廚呂海硫里函
武の曲に陳昇が詞をつけた「路口」という歌の2つを収録していて、
武ファンには見逃せないアルバムです。
ちなみに「魔鬼的情詩」1巻目の方には、
武デビューアルバム「分手的夜裡」の大陸版に収められている
「最後一次温柔」「責任」「把悲傷留給自己」という3つの名曲の、
もちろん陳昇歌唱のものが入っていて、
金城武のファンとしては、この2枚あたりからが入りやすいのではないでしょうか。

彼の声には「情系陳升」という大陸のサイト(「音楽」のページ)で触れることができます。

さて、「20歳の涙」。
「魔鬼的情詩供廚硫了譽ードには、それぞれの歌に
陳昇の手書き文字の添え書きがあります。
「20歳の涙」にはこう書いてあります。

その少年の誕生日だというので、ぼくは約束して出かけた。
少年は男に変わろうとしている。ぼくはそう思った。
泣かないと約束してケーキにナイフを入れたとき、
少年は顔をしかめた。多分、鼻の先の水滴を人に見られたくなかったんだろう。
「こうしようじゃないか」 
帰り道、ぼくは心の中でひとり彼と約束をした、
「40歳になって再会したときに、また語り合おう」と。

(魔鬼的情詩供

初出は「風箏」というアルバムで、これにも手書きコメントがついていますが、
こちらはこうなっています。

ANIKIの20歳の誕生日パーティーのとき、
泣かないと約束してケーキにナイフを入れた
彼の鼻の先に、ひとしずくの水滴が見えた。
水滴は震えてケーキの上に落ちた。
ぼくは彼を笑った。彼はがんこに涙じゃないと言い張った。
帰り道、この歌のメロディーが心に湧いた。
彼への20歳の誕生プレゼントだ。

(風箏)

この歌詞の方は、いくつかのサイトで訳詩をしてくれていますが、
なかで、Vivienさんの翻訳が好きなので、ご了解のもとに
HP(Bobby Chen's Words)
にリンクを張らせていただきます。「路口」の訳もあります。
武に深く影響を与えた人の歌を、歌詞を知って、ぜひ味わってください。


BBS


2003年03月15日(土) ジミー、「向左走、向右走」を語る

「向左走、向右走」は撮影を終わったようですね。
ジジは昨日からリサイタルをスタートさせ、
会場には「好友」の金城武とカレン・モクからも花が贈られていたとのこと。
この文章は出典と日付がわからないのですが、ごく最近のものでしょう。
簡体字と繁体字の両方で見ているので、
どちらが元かもわからないのですが、大陸の媒体のような気がします。


映画「向左走、向右走」を見てジミーは込み上げるものが
台湾の著名な漫画家ジミーは「向左走、向右走」の映画版に期待を寄せている。
昨日午後、ジミーは長距離電話でのインタビューに答えて、こう語った
「作品が映画化されることはとてもうれしい。
しかもこんなに素晴らしい監督と、強力な出演者で」

ジミーが1999年に発表した「向左走、向右走」は、その年、台湾の誠品書店の推薦図書となり、
また金石堂書店「最も影響力のあった十大書籍」に選ばれた。
香港の映画監督ワイ・カーファイはこの本を読んで大変気に入り、
長年の仕事のパートナーであるジョニー・トーに推薦、
香港と台湾の青春スター、金城武とジジ・リョンを主役に立てた。

映画――主演カップルは美男美女
映画版「向左走、向右走」は昨年末クランクインし、先日完成したが、
1分間のトレイラーを見たジミーは感動して
「映画の舞台は漫画をもとにしてあり、音楽も美しい。全体にすごくいい感じで、
これを描いたときのことを思い出し、胸に込み上げるものがあった」と語った。
ジミーが言っているのは、1995年、彼が白血病を患い、
長期の治療をしなければならなくなったことだ。

金城武とジジ・リョンの主役は原作に合っているかどうか
ジミーにたずねてみたところ、彼は笑いながら
「ぴったりだ。すごくかっこいいし、すごく美人、めったにないよ」
ジミーはトーの作品を過去に観たことがあるが、
映画として傑出し、かつ映画市場をもよく見ていると感じたという。
また、トーとワイの2人はマーケット感覚が鋭く、
若者の動向をよくつかんでいるとも感じている。

映画化はこれからのジミーの創作に何か影響を与えるだろうか? 
例えば映画化しやすい作品が増えるとかだが。
「そう思われるかもしれないけれど、
次の漫画作品は、やはり絵本として読まれることを重視している。
漫画を描き始めたころは、映画化されるなんて思いもよらなかったし、
今も本当のことのように思えない。
すべては縁で、今後の創作がそういう形になるというわけではない」

漫画
平凡な生活の観察と体験をもとに、ジミーはこれまでに15冊の作品を生み出してきた。
その創作のアイデアはどこから湧いてくるのか、知りたい人は多い。
彼は、日常生活では、自分はとても平凡な人間で、みんなと同じように食べ、働き、寝る。
食事を作り、掃除をし、子どもの面倒をみる。
規則正しい生活で、特に何をして遊びたいということもない。
しかし、平凡な生活の観察と体験こそがアイデアのもとなのだ、と語る。

「向左走、向右走」のアイデアは、隣室の電動ドリルの音から
ジミーの話では、「向左走、向右走」を執筆していたとき、
2人の主人公をどういう関係にすれば、ストーリーにうまく符合させられるか、
ずっと頭を絞っていたそうだ。

ある日、隣室から電動ドリルの音が響いてきて、絵が描けなくなってしまい、
ぼうっと座り込んだまま、頭の中ででたらめな考えがぐるぐる渦巻いていた。
突然、自分が隣の住人が誰だかずっと知らなかったことに気づいた。
誰が引っ越してきて、また出て行ったのか知らないまま、自分は、
隣の彼か、あるいは彼女と1枚の薄い壁を隔てて一緒に眠りについていたのだ。
もし我々がどこかで偶然出会ったり、もめごとを起こしても、
今まで互いの住所を教える機会もなく、連絡方法も捜しようがないから、
もし、もう1度会うことがなければ、
実は隣同士に住んでいることを、永遠に知らないでいるのだろう。

「というわけで、ぼくは2人を同じ古いアパートに住まわせ、それぞれが別のエレベーターを使い、
1人は左に行く習慣があり、1人は右に行くというところから、物語が始まるようにした」

子どもの頃「老夫子」と「ドラえもん」に親しんだ人は多いが、
ジミーは読んだことがないという。
彼はふざけて、
「僕は小さい頃、とてもお利巧さんでね、大人になるまで漫画なんか読んだことがない。
妻が漫画好きだったから、やっと読むようになったのさ」と言う。

ジミーの妻は翻訳者で、『ハリー・ポッター』台湾版の訳者である。
「第1巻を読んだが、丁寧でいい訳だった」とジミーは言った。
独身時代、ジミーは漫画ではなく、映画のファンだった。
王家衛、侯孝賢、侯麦、ペドロ・アルモドバル、
クシシュトフ・キェシロフスキなどの作品が好きだそうだ。


BBS


2003年03月14日(金) 小金城武・陳柏霖

台湾では、「第二の金城武」「○○界の金城武」といううたい文句をよく目にします。
「金城武そっくり」と言われた芸能界の新人は、数多くありますが、
私から見ると、髪形とか、眉毛の濃さとか、目鼻立ちの何となくの形とか、
ごく一部で、大して似ているとは思えないし、
それほどの魅力もなさそうに思えるのがほとんどです。

「藍色大門」でデビューし、人気急上昇の19歳、
陳柏霖(チェン・ボーリン)も金城武そっくりと言われ、
最近、しょっちゅうこのたぐいの記事を書かれています。
日本の雑誌でも最近紹介されましたが、
写真を見る限り、さわやかな現代の若者で、確かに、
武のそういう部分のイメージではなるほどと思わせるものを持っています。

民生報1月3日の記事によると、
あるとき、家で前髪をオールバックにとかしているのを見た母親が、
金城武そっくりとびっくりしたくらいだそうです。

少し前ですが、3月7日の中国時報にその陳柏霖の記事があります。

*********

陳柏霖はまもなく上海に行き、日中合作映画に出演するが、
出発前、急にボウリングに行きたくなり、友達を誘って出かけた。
投げたとたん、「ゴールデンボウル」での金城武の「英姿」が心に浮かんだそうだ。
彼が最も好きな運動は、サイクリングとバスケットボールとボウリング。
ボウリングについては、当たるかどうかより、
投げる姿勢がきれいかどうかが大事なんだと彼は言っている。

金城武は陳柏霖の憧れのスターの1人で、
この2人は、ある角度から見ると実にそっくりなので、
陳柏霖はよく「小金城武」と呼ばれる。
あるとき、陳柏霖は金城武とジジ・リョンが
新作映画「向左走向右走」の撮影をしているのに出くわした。
陳柏霖は自分のアイドルを言葉を惜しまず「金城武は本当に素敵だ!」と賞賛した。

*********

別の新聞によると、映画の撮影が陳柏霖の家の近くで行われたのだそうです。
そこで、陳柏霖は「伝説の金城武」を見に出かけたのですが、
帰ってきていわく、「ぼくたちは全然似てないよ。
金城武はすごく素敵だった。似ているとしたら眉毛だけだ」。


BBS


2003年03月13日(木) 武の「鬼武者」爛チンコトーク

鬼武者といえば、「1」の完成披露のときの、ベニー松山氏の言葉を思い出します。
ベニー氏は鬼武者のオフィシャルサイトで
「鬼武者、もう少しだけ」(!)というコラムを連載していましたが、
完成プレス発表会に招待されて出かけたときのことを、
『鬼武者解体真書』の中で書いています。

「結論から言ってコイツぁ凄かった。
何がって左馬サマの100%リハなしガチンコトークですよアナタ!
まさに自由気ままなカブキ者の本領を発揮し、
本書の性質上とても書けないような発言をビシビシかます武にざわめく会場、
司会のお姉さんの笑顔も凍りつく!」

この爐箸討盻颪韻覆い茲Δ僻言瓩琉戝爾、
先日見た、この発表会を報じた台湾のテレビ番組中にかいま見られました。
武が手がけたスチラードの場面が映し出されたのを見て――

武 「おおー」
稲船氏 「……という感じで」
武 「初めて見たー」
稲船 「完成したものはね」
武 「ちゃんと作ってないね」
稲船・司会者 「えーー!」
稲船 「あ、金城さんの意図が伝わってない?」
武 「伝わってない」(キッパリ)
稲船 「どの辺が? 今から作り替えますんで」
武 「……よろいの色とか」

文章では、少し触れていたものもあったけれど、動画メディアでは記憶がありません。
台湾のテレビだから流れたんでしょうね。

この手のことは、「不夜城」のときもあって、
初日に行われた記者会見で、こんなやりとりがあったそうです。

記者 「『不夜城』の主題歌について、映画を観てどう思いましたか」
武 「B’zのアルバムも持ってるし好きだけど、
   僕ははっきり言ってこの歌は映画と合ってないと思う」

まさか、こんな答えが返ってくるとは予想してなかったでしょう。
そのときの情景を想像するとおかしくなります。
さすがにこれを報じているのは、私の見た限り、
紙媒体でもこの「香港電影通信」(1998.8.20)だけでした。

しかし、こんなことを言っても、憎まれないのが金城武なんでしょう。
上記のベニー松山氏も続けてこう書いています。
「帰りには大吟醸・幻魔鬼武者のおみやげも頂戴し、ハァー、ホントに行って良かったわァ。
気づいたら俺、金城武のコトが前よりずっと好きになってたヨ?」

(追記)朝日ニュースターで放映されたとのことです。


BBS


2003年03月12日(水) 「ラベンダー」評 (香港電影評論学会)●映画のサマノスケはドニー・イェン?(文匯報)

「ラベンダー」評(香港電影評論学会)

Returnerの豪華DVD、そして鬼武者3で沸き立つ中、
「ラベンダー」は池袋での上映が今週いっぱいということで
第1段階は終わり、という感があります。
まだ上映中に・・・と思いつつ、遅くなってしまいましたが、
ラベンダー関係の文章をまず1つ。
5日に触れた香港電影評論学会の会員による評論の1つです。
こんな見方もあるということで――。

他に2人が短評を発表していましたが、
映画の出来には辛口なものの、いずれも武の天使役には
高い評価を与えています。

「軽やかに、一風変わった愛の小品」

イップ・カムハンの作品は「飛一般愛情小説」「わすれな草」から
新作「ラベンダー」に至るまで、すべて愛の探求と愛の喪失をテーマとする、
一風変わったラブストーリーである。
明るいハッピーエンドはないが、悲観的でも寂しいものでもない。
時が経てば事情も変わる。主人公たちはどこか悟っており、
香港映画には珍しい、愛に対して開けた態度が作品に流れている。

「わすれな草」の金燕玲は、突然子どもの父親が誰かを思い出し、苦笑するだけだし、
エリック・ツァンは忘れることで執着から解き放たれようとする。
「ラベンダー」のケリー・チャンはあっけなく金城武を手放し、飛んでゆかせてしまう。
天国と人間界とはあくまで別世界のままで、手放すべきときは手放すだけだ。
「ラベンダー」で成功しているのは、その一種ひょうひょうとした軽やかな味わいで、
この作品こそ、まさに「飛一般的愛情小説」(軽やかな普通でない恋愛小説)なのだ。

美術、セット、撮影の美学は決してリアルな手法に傾かず、ロマンティックな表現にこだわる。
室内の寒色による処理、ラベンダー畑の油絵を思わせる表現は、
ある種の淡い哀愁をかもしだし、まるで短い言葉を書き添えた絵葉書のようだ。
その意図は波乱万丈の物語を語るにあるのでなく、
恋愛関係の様々な細部を描き出すことにある。

ケリー・チャンの喪失感、待ち続けること、寂しさと、
金城武の純潔、善良、生命力の弱さは、現代の恋人達の状況と響きあう。
それは一種の極限の孤独であり、そのあまり、みな少し病んでしまっている。
そうなのだ、「ラベンダー」は角度を変えると末期の病人の映画と言うことができる。
原因は「恋愛不適症」である。

ケリー・チャンと金城武の、このような病んだ者同士の共演といえば、
しばらく前の「世界の涯てに」が思い出される。
これもまた、共に捜し求めることがテーマだった。
年月を経て、ケリー・チャンの演技は当時の世間離れした感じをまだ脱していない、
いや、スター性が逆に強くなっている。
金城武はといえば、その天使の造形は、古今東西のあまたの天使の中でも、
最も美しく目の醒めるようなもので、
それが、一貫して抑えた演技と、身体や眼の表情によく合っており、
彼をイメージして作られた役であるということができるだろう。
彼もまた、その期待を裏切らない。

「ベルリン・天使の詩」が、時代や歴史や生命についての思考に満ちていたのに比べ、
「ラベンダー」の天使も人も、霞を食って生きており、愛こそが命のすべてなのかもしれない。
そして愛について少しずつ語って倦まない、
まさに愛の本質を語るに専念した作品である。
あれもこれもがロマンティックにおとぎばなし化され、
人物の心理の変化もあっさりしているため
それが作品の価値をいささか減じてはいるけれども、
感情が表現されるシーン、特に、愛すれば必ず心残りが生まれるのだと語る部分は、
やはり感動を呼ぶ。

(龐奴・評 in 「2000香港電影回顧」)


映画のサマノスケはドニー・イェン?(文匯報)

山崎監督がいずれ香港のニュースに現れるのではないかと思っていましたが、
監督のBBSでお知らせしてくださる人あり、
行ってみました。次のような内容です。
なお写真もありました。香港の文匯報です。

********

ハリウッドで活動するスター、ドニー・イェンは、最近
ゲームソフト「鬼武者」シリーズのプロデュースとアクション指導を担当したが、
昨日「鬼武者3」の(香港での)発表会に出席、
席上、日本からの3人の監督、プロデューサーと共にゲームの腕を競った。
ドニーはクンフーでは負けないが、ゲームはそうは行かず、
苦戦の末、敗退した。

この「鬼武者3」は金城武とフランスのスター、ジャン・レノを
ゲームの主人公とするもの。
ドニーは今回初めてのゲームのアクション指導だが、
この仕事を受けた理由を、製作会社のカプコンの誠意に打たれたためと話した。
カプコンは、ドニーが映画「千機変」撮影中、
わざわざ東京から香港に何度もスタッフを送り込み、
協力を依頼し、話し合いを行って、
ついに彼も2週間の時間を捻出し、東京で動画の製作に参加したのである。

それならギャラの方も相当よろしいと思われる。7ケタだろうか?
ドニーいわく「もちろん。『千機変』の5倍だ」。

ドニーはまた、現在ハリウッドで「鬼武者」の映画化の企画が進んでおり、
前もって彼にゲーム中の金城武の役を演じないかと相談があったと明かした。
製作会社が金城本人に依頼しないのは、
ドニーの方がクンフーが上手だからか? との問いに、ドニーは
「多分、ぼくがここ数年間(ハリウッドで)知名度が出てきたのと、
この映画には本当のクンフーアクションの技が必要とされるため、
ぼくの方が適していると判断したのではないか」と答えた。

またドニーは、7月にクランクインする
ディズニー投資の映画「チャイニーズ・ブラザーズ」に
チョウ・ユンファ、ジェット・リーと共に出演する予定だと語った。


BBS


2003年03月11日(火) 鬼武者3・台湾の報道から●新郎・ナーさん

鬼武者3・台湾の報道から

台湾でも鬼武者3のニュースが流れています。
内容は改めて伝える必要もないのですが、
中国時報の記事、頭の部分に注目して・・・

**********

金城武主演の「リターナー」は昨年、
日本の35のインターネットサイトでの投票により「話題映画」に選ばれた。
このほか、同作品に出演の岸谷五朗、樹木希林が
最優秀助演男・女優賞にノミネート、相手役は優秀新人賞を獲得。
なぜこの作品で優れた演技を見せた金城武が
日本アカデミー賞の最優秀男優賞に名が挙がらないのだろうか?

この点に対して多くのファンは不当であると、ネット上で悔しさをあらわにし、
掲示板では、日本アカデミー賞審査委員会は不公平で、
国際的視野を欠いていると痛烈に批判している。
しかしそうであっても、金城武本人は落胆することなく、
昨日、東京で行われた記者発表会に出席、
彼を主役としたゲームソフト「鬼武者」のハリウッドによる映画化と、
新ゲームソフト「鬼武者3・Return」の製作発表が行われた。
映画は2005年に、全米で上映される予定。
金城武は心から楽しそうに、
「全く意外。すごく不思議な感じがするけれど、とてもうれしい」と述べ、
ゲーム中でフランスの著名な男優ジャン・レノと
「共演」しているシーンが上映されると、
「すごい! ぼくたちは会ったこともないのに、共演して握手までしている」
と感嘆の声をもらした。(以下略)


新郎・ナーさん

リターナーのDVDだけでいっぱいのところに、鬼武者3。
サマノスケ休みも必要なんじゃないだろうか……
これ以上、情報なんか追っかけちゃいけないんじゃないかと思いますが、
一応、再開。

休みの間に貼り付けたナーさんの新郎姿への質問をいただきましたが、
この頃の資料に乏しくて、私もよくわかりません。
香港のノベライズ(映画とは構成が違っている)にも結婚式のシーンはないようです。
ポスターに使われているわけでもないですね。

アップした写真の載っていた雑誌の1つによると、
初めに<「世界の涯てに」の結婚式のシーンを撮るため、正装をした>とあるのですが、
少しあとに、「その日、タケは新作宣伝のクランクイン儀式のために、
結婚式の白い正式な礼服に身をつつんで」と書かれているので、
映画のシーンの撮影ではなく、プロモのための衣装だったのかなという気もします。
ちなみに、初めておむこさんの格好をした感想を聞かれ、
武は「とっても変な感じ」と答えています。

初々しい新郎さん、
↓新婦のケリーの肩に置いた手が、まだおずおずと……


BBS


2003年03月10日(月) 本日までミヤモト休み

           


BBS


2003年03月09日(日) ミヤモト休み中

             


BBS


2003年03月08日(土) ミヤモト休み

DVD到着につき、3日間お休みいたします。

           世界の涯てに


BBS


2003年03月07日(金) 香港修行時代の金城武(再録)

「向左走、向右走」の話が本決まりになってから
トー監督つながりでアップしたことのある、1993年の雑誌記事です。(ちっと長い)
撮影中の「武侠七金剛」が何をさすのかはわかりません。
香港のファンにも聞いてみましたが、タイトルからだと、
お坊さんの出てくる映画のようだし、知らないとのこと。
時期から言うと、「香港犯罪ファイル」ですかねえ。お分かりの方はどうかご教示下さい。

ニッキーが出演することになった「新同居時代」はオムニバスで、
ニッキーはシルビア・チャンとの共演。
シルビア・チャンが、昔、武と仕事をしようとしたとき、
若すぎて見送ったと言ったのは、この映画です。

************

この半年ほど、ほとんど香港にいる金城武。
最近は台湾の家族のもとに帰る以外、めったに公の場に姿を現わさない。
ことに、先日台北で行なわれた誕生会と公益CM出演の後は、
香港の「訓練所」にすっかり引きこもってしまっている。
2ヶ月前、香港で偶然彼に会ったときは、
あれもこれも勉強しなくちゃいけなくて忙しく、くたくただ、とこぼしていたものだ。
が、今、再会した武の表情は輝きがあふれ、香港での修行の成果がうかがわれる。

先日の台北での20歳の誕生会には、ニッキー・ウーが、
抜けられない仕事のある中、お祝いに駆けつけてくれたが、
番組収録に遅れてしまい、スタッフの不興を買うことになった。
それが武はずっと気にかかっていた。
だから、ニッキーが「新同居時代」撮影のため香港に行き、
商業テレビの特別生放送でファンを招いて誕生パーティーをするのを知ると、
飛んでいってお祝いを述べたのだった。
台湾の両小天王の仲のよさの一端がうかがわれる。

「ねえ、武。今君は、本当に幸せだと思うでしょう? 
台北であんな立派な誕生会をしてもらって、大勢のファンと一緒に楽しく過ごせたんだから。
ニッキーの方は、それほど幸運ではなかったよね。
映画の撮影に忙殺されながら、あわただしく夜中の10時なんかに
ファンとの誕生会をしなけりゃならなかったんだもの。
それに比べると、とても満足だったはずだよね」

「そうですね。いや、でも……誕生会のときは、ほんとうに満足でした、
すごく感動しました。
あのとき、泣いてる女の子たちもいて、忘れられないですね。
でも、ニッキーが運が悪いとは言えないですよ! 
彼は今、台湾で仕事をしながら、何日か時間をさいては香港でも映画を撮ってるでしょう。
たまたまそれが誕生日にぶつかって、台湾ではできなかったけど。
今商業テレビが彼の生番組を提供してくれてるし、すごくいいじゃないですか」
武はニッキーの現在の活躍をわがことのように喜んでいる。
ニッキーが広東語を流暢にあやつり、
メディアのマイクを通して香港中のファンや聴取者と声を合わせて誕生日の歌を歌ったことが、
本当にうらやましそうだった。

ニッキー出演の「新同居時代」の青年役は、もともとは金城武に来た話だったが、
そのことで2人が気まずくなったりということは全くなかった。
実は、武は目下、映画「武侠七金剛」の仕事が進行中だ。
もしかしたら台湾のファンは聞いてみたいのじゃないだろうか……
「武の演技は上手なの?」

「ヘタですよ。まあ、ゆっくりやりますよ。
今はたくさん映画をやってみたいと思っているんです。経験を積みたいから。
でも、ああいいなと思ったからその映画に出られる、ってものではないし」
そのとき、かたわらの広報担当が急いで口をはさんだ。
「ジョニー・トーだって、すごくいいと言ってましたよ! 
武と私がトー監督と一緒に食事をしたとき、
ツイ・ハークが別のテーブルにいたんですけど、
急いでやってきてあいさつして言ったんです、
『おい、彼を使いたいんだけど、いいかい?』
トー監督はすぐ答えましたよ、『いいとも! 彼はいいよ!』って。
後になって、その映画『青蛇』の役は頭を丸めなくちゃいけないらしいってことがわかり、
具体的な話になる前に取りやめになったんですけど」
なんと! 香港の大監督2人の覚えますますめでたい金城武なのだ。

当人は現代劇と時代劇、どちらが好きなのだろうか。
「どちらがいいということはありません。
今は、オファーがあることだけで嬉しいですから。
でも、今香港では時代劇は少なくなりましたよね。人気ないんでしょうか」
「どんなタイプの映画をやりたい?」
「どのタイプにもいいのとよくないのとありますからね。
ねえ、でもすごく変なんですよ、
『ワンダーガールズ2(東方三侠2)』には現代の服装もあれば
昔の服装もある、おまけに軍服まで出てくるんです。
いつの時代っていうのがないの。わけわからない」

金城武は「草地状元」「ワンダーガールズ2」「武侠七金剛」に出演しているが、
こういう映画の後は、「天長地久」のようなラブストーリーを
やってみたいなんて思わないだろうか?
「ぼくにできますか? とても残念だけど。
そりゃあ思いますよ、スケールが大きくて感動的なストーリーの
文藝ロマンを演じられたらいいなって。
だけど、今は経験不足だから、多分うまく出来ないと思う。
何年かしたら見てくださいね」

「『武侠七金剛』の撮影は順調だね! 
撮影所ではみんな広東語を話しているんでしょう、
大体わかる? 台本は覚えられる?」
武は一瞬ぽかんとすると、吹き出して言った。
「台本なんて、ない。撮影前にこういうふうに演じろと言われるだけ。
『ワンダーガールズ2』も同じでしたけど。
それで、もしセリフが覚えられなかったら北京語で言っちゃう。
監督も北京語はけっこう上手だし、どうしても広東語を覚えなきゃいけないとか、
広東語の口の動きにしなきゃいけないとかないし。
どっちみちあとで吹き替えすればOKだから」

武は「ワンダー…」撮影時、かなりNGを出したと記憶しているが、
あれからずいぶんたって、経験をつみ、進歩したのだろうか?
「NGは多くなかったですよ! ぼくはトー監督が厳しい要求する人だったらどうしよう、
NGばっか出したらどうしようって、ずっと心配だったんですけど、
全然そんなことはなかった。
多分、監督はぼくがお気に召さなくて、どうでもよかったんですよ。
ぼくの演じた若い教祖役が何しゃべったって誰も別に聞いてないんだから、
どう演じてもかまわないと思ってたのかも知れないよね。

本当はね、撮影期間は監督はとても無口なんです。いろいろ言わない。
いつも、ぼくが何通りか演じてみて、監督がその中でいいのを採る、
というようにやっていました。
だから、監督に話したことがあるんです、おかしかったら言ってください、
ぼくも勉強したいですから、って。
そうしたら、監督はにっこりして言ってくれたんです。
『心配いらないよ。この映画は難しくない。君はとてもよくやってるよ』
それですごく気が楽になったんですよ」

今、金城武は香港で、広東語、歌、ダンス、作詞作曲、香港の芸能界に慣れることなど
あらゆる方面での訓練に真剣に取り組んでいる。
一方で、映画撮影と並んで、陳昇のプロデュースによるCDの選曲も始まった。
もちろん、武自身も歌作りをする。
今回も、事務所は武を香港清水湾のある一室に「軟禁」し、2週間創作に専念させて、
年末年始休みの時期になんとか新アルバムを発売したい心積もりだ。
私たちは様々な訓練を経たこの素敵な青年が、
上々の成果をひっさげてくるのを心待ちにしようではないか。

(「蛍幕偶像」1993年末頃?)


BBS


2003年03月06日(木) 金城武をモデルにした画家

1998年プラダの春夏キャラクターをつとめた金城武をモデルに、
絵を描いた画家がいます。
アメリカの若い前衛アーティスト、マンロー・ギャロウェイで、99年の終わりごろ、
ニューヨーク、チェルシーのDe Chiara画廊における個展で発表したもの。
3幅の巨大な油絵です。

ギャロウェイは武に会ったことはなく、写真をもとに描いたとのこと。
彼は武の容姿を賞賛し、「彼はアジアで最も若く美しい青年だと思う」、
そして「プラダの彼のCMを見て、すごく描きたくなったんだ」
と笑って付け加えました。
画廊のスタッフは、武のアジアでの人気を知ってびっくりしましたが、
にこにこしながら、口々に「彼は本当に魅力的だよ」と言ったそうです。
(大成影劇報より 1999.12.7)

De Chiara Galleryのホームページには、
以前はMunro Gallowayと、この個展のことが記録されていたようですが、
すでに削除されたらしく、小さな武の絵の写真からは、残念ながら飛べません。

    
 ギャラリーの様子


BBS


2003年03月05日(水) 無冠の帝王?

前衛的な作品も、正統派悲劇も、アイドル映画も喜劇もアクションも
見事にこなせるばかりか、それぞれハマって独自の魅力を出せる……
そんな俳優、めったにいない。
でも、不思議と賞には縁がない……とファンは嘆く……

本人は全然こだわっていないし、でも、とれば素直に喜ぶ人だから、
正当な評価のチャンスをあげたいと――それは自然な気持ちでしょうね。

でも、映画やドラマを作る側は、彼の価値をわかっているからこそ、
次々とオファーがあるのでしょう。
日本語のセリフが云々とこだわる人が多いけれど、
広東語がまだまだおかしかったころに出た「恋する惑星」で、
王家衛はそんなこと、全く意に介さず、彼の真価をしっかり見ていました。

俳優仲間も、「ラベンダー」のイーソンは、金像奨で助演男優賞にノミネートされるほど
チャーミングな演技をみせましたが、前にも紹介したけれど、
それまでにも映画に出ていたけれど、ばかばかしくて泣く演技のできなかったイーソンが、
初めて自然に泣けた、と本人が喜ぶほど、シーンに入り込めたのは、
相手役の武あってだと……実は思っているわけです。
今までの作品を見ても、上手に相手を輝かせる人だと感じます。

それはさておき、彼も受賞したことはあります。
雑誌の小さな企画などはのぞいて、わかるだけ拾ってみました(ノミネートも含む)。

日本では、
「ザ・テレビジョン」テレビアカデミー賞 主演男優賞(1998) ←一応入れておきます。
エランドール賞 特別賞(1999) 日本映画テレビプロデューサー協会により、
       年度内に顕著な実績を示した者に与えられる賞  
ブルーリボン賞 主演男優賞に北野武、織田雄二らと共にノミネート(1999) 
(りんご日報による。国内資料では確かめていません。受賞は北野武)
・第1回ブルガリ・ブリリアント・ドリーム・アウォード(1999)
輝ける未来を感じさせ、若者や社会に夢を与えている人物への賞。
(審査に坂本龍一・大宅映子・浅井慎平がアドバイザーとして参加)

海外では、
香港金紫荊奨 最優秀主演男優賞ノミネート(天使の涙) 1996年度
(香港の影評人協会が主催する賞)
香港電影評論学会大奨 最優秀男優賞ノミネート(アンナ・マデリーナ) 1998年度
アジア・テレビジョン賞 連続ドラマ部門主演男優賞次点(ゴールデン・ボウル) (2002)

香港電影評論学会大奨のときの選考過程の様子が明らかにされていますので、
参考までに――

まず審査員たちによってエントリーが行われ、8人が選ばれました。
そのときの推薦の弁
「私は、光り輝いていた、というほどではないが、
98年、きわだった仕事をした2人をエントリーしたいと思う。
1人は金城武で、もう1人はアーロン・クォックだ。
2人はこの1年の間にちょうど、役柄を交代するかのように演じている。
例えば「アンナ・マデリーナ」で金城武は失恋者を演じ、
アーロン・クォックは猴桂厂鵜瓩魃蕕犬拭失恋者と流浪者の友情の物語だった。
そしてアーロン・クォックは「風雲」で今度は失恋者を演じ、金城武は「不夜城」で流浪者になった。
2人の演技は98年の主潮であった「流浪者」のテーマに触れるもので、
かつ的確なできばえだった」

8人の候補は、さらなる討議を通して絞り込まれ、5人がノミネートされます。
そのときの支持の言葉
「金城武が「アンナ・マデリーナ」で演じたのは、香港映画の中では
無名の端役の役どころで、ライトをあてられることはめったになかったし、
その内側の世界をフィルムを費やして描くこともなかったような役だ。
また、金城武はこの作品中で2つの異なったタイプの演技を見せている。
1つは現実社会の中の無名の人間、
1つは愉快でロマンティックな世界の中での無名の人間だ。
その対比ははっきりとして、また金城武の魅力が発揮されている」
(「1998香港電影回顧」)


BBS


2003年03月03日(月) アーロンに代わるスターとして(1993)(再録)

今回も1度アップ済みのものです。
1993年の芸能誌「新星心」の記事ですが、
前年にデビュー、着実に人気を伸ばしている金城武を、
年代は、年代を離れようとしている人気者、
アーロン・クォックにかわるスターとして力を入れたのです。

アーロンは香港人ですが、台湾のバイクのCMに出たのがきっかけで、
まず台湾で人気が爆発しました。
当時は、中性的な美青年で、彼のヘアスタイルは
他のアイドルスター達のお手本になっているように思われます。

スターになるかならないか、
こういう事務所の方針、芸能界の事情も大きく関係していることを
思わせる記事です。
少し長いですが、当時の武を取り巻く状況の一端がわかるでしょう。

(ちなみに、このころの記事には、何を指すかわからない
映画の作品名が良く出てきます)

**************

アーロン・クォックの身辺が最近騒がしい。
レコード会社の争奪戦の的になっていることのほかにも、
以前の契約が少なからぬ問題を生んでいるのだ。

「美しい夢」という歌がアーロンと年代との衝突の発端となった。
原因はアーロンのマネジャー小美がこの曲のテープを
香港の商業ラジオ第二放送に渡して曲が流されたことだ。
年代レコード会社の社長・陳志光は社長室でこの放送を聞くや、
商業ラジオの局長にただちに放送中止するよう要求した。

陳志光が言うには「あの歌を聞いたとき、誰かが年代の著作権を盗んで
録音したのではないかと、まず思いましたね。徹底的に調査をします。
我々は、福隆制作会社からマスターを受け取るのを待ちつつ、
香港でのリリース方針について、検討しているところでした。
まだ発売時期も決まっていないのに、こんなに早く歌が流されてしまっては、
宣伝計画はめちゃくちゃだし、海賊版にもいい機会を与えかねない」
コトの真相がどうであろうと、年代とアーロンの契約は9月30日で満了になる。
広東語アルバムの録音がまだ残っているが、
アーロンは10月中にはすべての動向をハッキリさせると言明した。

アーロン・クォックと年代との関係が膠着(こうちゃく)状態に陥ったのは、すでに明らかで、
年代の方では、目下金城武を全力で売り出す構えだ。
アーロンにかわるスターとするということだろう。
映画「衛斯理伝奇」への出演のほか、アクション女優・揚麗青との夕食の席を設けたが、
その間武はずっとこの先輩にアクション映画の心得を教えてもらっていた。
この夕食のせいで、金城武は警察に出頭するはめにもなったのであるが、
いったい何が起こったのか?

夕食が終わった後、揚麗青が車を運転して金城武を送ることにした。
ところが途中で急に具合が悪くなり、吐き気が止まらなくなった。
金城武によると、
「緊急を要する事態だったので、早く病院へ送り届けることしか考えていませんでした。
免許証のことなんて、全然思い浮かばなかったんです」

金城武がもっていたのは台湾での運転免許証で、香港での免許ではなかったのだ。
そこで警察の検問にあって、交番まで連行されただけでなく、
2250香港ドルの罰金を払わされることになった。
武はしょうがないという顔で、
「助けなきゃとばかり思っていて、それが面倒を引き起こすなんて
思ってもみませんでした。でも交番ではみんなやさしくて、
サインをほしいという人までいて。そんなふうに温かく迎えられたんで、
すぐに気が楽になりました。
今度のことで一番心配なのは、マスコミです。
揚麗青とのうわさなんか流さないでくださいね。
そんなことになったら、泣きっ面に蜂ですから」

金城武は、香港台湾で、すでにかなりの人気を得ているが、孝行を忘れない。
「赤柱で、竹製のマージャンセットをおかあさんに買いました。
おかあさんはマージャンが好きなので、メンツが1人足りないときはぼくが入るし、
だれもいなければ、ぼくがマージャン友達に声をかけて回ってそろえるんです。
もし仕事がこんなに忙しくなかったら、
両親にとっていい子でいられるかもしれないけれど、
しょっちゅう台湾を離れてあちこちでプロモーション活動をしていると、
家族と会える時間はほとんどありません。
でも、男だったらやっぱり仕事を主にすべきだと思っています」

金城武はこのようにきちんと先を見通しているが、
しかし自分を野心旺盛な人間だとは思っていない。
「自然がいいと思うんです。一足飛びに成功しようなんて望みませんし、
少しずつ着実に進んでいって成功するなら、それがいいですね」

金城武はまた、自分の忘れっぽさを治さなくてはと考えている。
彼の健忘症が引き起こした笑い話はいくつもあるが、一番忘れられないのは、
「香港で番組録画をしているとき、急にハッとして、ある心配が頭に浮かんできたんです。
パスポートを放りっぱなしにしてきたんじゃないかって。
いつも、こっちに来るときはパスポートは社長に預けることになっていたんですが、
そのときの担当の人は事情を知らなかったんですよ。
だから、仕事が終わるとホテルに飛んで帰って探しました。
そうしたら、ホントに見つからない! ワア、ヤバイって!」

優しくて、親孝行で、ドジな金城武は、
ダークホースとして、今まさに香港台湾に殴りこみをかけようとしている。
すでにファンである人たちは、引き続き支持してほしいし、
まだファンでないあなた方も、ファンの輪に加わってほしいものだ。

(「新星心」1993.10)


BBS


2003年03月02日(日) 19歳の金城武・一問一答(再録)●「兵法」を愛読する金城武(りんご日報)

情報の洪水(どうせ一時的ですけど)の後は、少し気持ちを落ち着けて、
久しぶりにアイドル時代の武に戻り、最新の彼と比べて見るのもいいかも知れません。
前にアップしたことのあるものですが、台湾の芸能誌「青春快逓」に載った一問一答です。

一番好きなこと  ゲーム、給料をもらうこと
一番会いたい人  日本の友人
一番尊敬する人  おとうさん
一番得意な料理  水餃子
一番好きなおかず  何でも好き
寝る前にいつもすること  ゲーム
起きて最初にすること  目をこする
一番好きな季節  秋と冬(暑くなるとすぐ調子悪くなる)
一番自信のあるのは?  自分の会社
自分の体で一番満足しているのは  眉毛
自分の体で一番嫌いなのは  
今まで行った一番遠いところ  カナダ
怒ったときは?  物にあたる
泣くときは?  黙って涙を流して我慢する
一番好きな動物  犬、猫、ライオン、虎、とんび
一番好きな花  バラ
一番聞きたい話  ほめことば
一番好きな色  
一番気まずいこと  大勢の知らない人の前でほらほらと指さされること
忘れられない思い出  中学校卒業のとき、みんなで抱き合って大泣きしたこと
             (酒びんを空にした)

一番失望したこと  CDがもし売れなかったら、すごく失望すると思う
最大の望み  将来死ぬときにあまり痛くないこと
自分の中で一番魅力的なところは?  右側面
一番嫌いな食べ物  にがうり、ナス、なまこ
一番好きな果物  小玉スイカ、さくらんぼ、黄色いスイカ
一番好きなスポーツ  水泳、球技(バレーボール、ビリヤード、バスケット
             ……学校のバレーボールチームにいたことがある)

一番好きな映画のジャンル  SF冒険物
一番好きな音楽  抒情的なもの
一番好きな雑誌  「青春快逓」、漫画雑誌
一番好きな女性スター(中国人と外国人)  ブリジット・リン、デミ・ムーア
一番好きな男性スター(中国人と外国人)  チャウ・シンチー、パトリック・スウェイズ
初恋の年  高1
ファーストキスの味  感覚なし(イニシアチブは向こう)
好きな異性のタイプ  特になし
家庭状況   おとうさん、おかあさん、おにいさん2人、小犬、小犬の友達(ノミ)、
        魚が何匹かとゴキブリ大勢

性格  良識的で堅い
視力  1.5、1.5または2.0、2.0 変でしょう!
デビュー  1992年8月3日
座右銘  「若いときに努力しないと、年取って嘆くことになる」
       「夜道を歩くと鬼にぶつかるものだ」「善い行いには善い報い」

一番好きな酒  Royel Salutes Whisky
一番好きな服  全部好き(子供っぽく見えさえしなければいい)
一番好きなアクセサリー  ネックレス
一番好きなペット  犬およびその友人
一番好きな音楽グループ  チャゲと飛鳥
一番好きな歌手(男女)  陳昇、潘越雲
一番好きなビデオ  Mieheal Jakson
一番好きな国  台湾、日本、アメリカ
一番好きな人  気が合えばそれでOK(悪い人は嫌い!)
一番好きな漢字  金城武
一番好きな英字(日本文字)  なし
一番好きな娯楽の場所  ゲームセンター
言語  国語(北京語)、台湾語、英語、日本語
一番好きな本  マンガ
特技  ゲーム、スポーツ(球技)、歌
連絡先  福隆公司または宝麗金唱片(レコード会社)
異性のどこをまず見る?  目、ヘアスタイル
一番聞きたくないことは?  歌の録音のやり直し、写真の撮り直し
一番きらいな動物(または昆虫)  ゴキブリ
一番好きな数字(ラッキーナンバー)  
一番好きなタバコ  マイルドセブン、マルボロライト、キャメルライト
一番好きな交通手段  自動車(バイクは盗られた!)
一番好きな飲み物  炭酸、コーヒー
一番好きなおやつ  インスタントラーメン
一番の悩み  不眠、何を着ていいかわからない
一番気持ちがいいのは?  前の車を追い越すときの感じ
もしほかの仕事をするなら何がいい?  店を開く
目の色  茶褐色
健康状態  良好
自分の一番の長所  温厚で人あたりがよい
一番の短所  時々かんしゃくを起こすこと
特別なタブー  なし
眠る時の習慣  横向きになって眠る(ふとんに抱きついて)
一番好きなヘアスタイル  後ろの髪が少し長い
一番好きなファッションブランド(デザイナー)  なし
今まで旅行でいった国  日本、カナダ、アメリカ、フィリピン、シンガポール
一番好きな香水ブランド  Polo、Chanel
一番好きな香水の香り  少し強い香りのもの
一番満足のいった自分の作品  無照青春**
出演テレビドラマ  草地状元
出演映画  今現在はなし
一番好きな仕事仲間  マネージャー、宣伝担当とプロデューサー
一番助けになる人  友達
(1993年8月号)

注 
 違うと思うんですけど、一応原綴りのまま。
** 原文は無照駕駛(無免許運転)なんですが、これだと思います。
        (↑これはこれで面白いですが)   


BBS

---------------------------------------------------
「兵法」を愛読する金城武(りんご日報) - どうということない記事で、
ジジ・リョンが、アンディ・ラウ、古天楽、金城武などの素敵な男性たちと共演しても、
イーキン以外、心がぐらつくことはない……といういつもの趣向ですが、武の部分だけ。

以前は武のことをクールな人間だと思っていたが、
今回の共演で印象が変わった、という話のあと、
……でも、彼は出番でないとすぐ本を手にとって、「孫子の兵法」を読んでいました。
かなりの本好きです。1日中、私と人生の哲理について話したりもします。
幸い私も本が好きで、一緒にいろいろなことをおしゃべりします。
でも、彼はお兄さんみたいなもので、それ以外の気持ちが動くことはありません……
と言っています。
(広東語の訳文、Kさんに教えていただいて直しました)


BBS


2003年03月01日(土) 撮影現場取材(北京娯楽信報)●ワーナー関係者へのインタビュー(金羊晩報)

撮影現場取材(北京娯楽信報)

記者会見で終わりかと思ったら、撮影現場取材も用意されていたんですね。
北京娯楽信報の記者のレポートです。(2月28日)

***************

ワーナーブラザーズによる初めての中国語映画「向〜」が
ついに香港の観塘で記者の前に姿を現した。
昨日ジョニー・トー監督自身のプロダクション、銀河映像会社が主催した記者発表会の後、
記者は五階にある撮影所に移り、撮影現場、
また金城武、ジジ・リョンのそれぞれの部屋を訪れた。

金城武は昨日は白地に青い縞の寝巻きを着て、ジジ・リョンと雨の中で別れた後、
1人部屋のベッドでせきこんでいるシーンを撮影中だった。
記者のインタビューに対し、金城武はその国際的に発展していける資質を充分見せ付けた。
北京語、日本語、広東語を使い分け、香港、内地(中国大陸)、マレーシア、シンガポール、
さらにはアメリカのマスコミの取材に難なく対応する、
その流暢なコミュニケーション能力は人々を驚かせた。

金城武はインタビューに答え、
「ジミーの原作は読んだことがあり、とてもよかった。
実生活の中で人と人の間には、小説や映画に描かれているようなことは充分起こり得る。
たとえばひそかに思っている人と知らずにすれ違うとか、そういう経験はぼくにもあります」

この映画は金城武とトー監督の3度めの一緒の仕事になるが、
この「痩身男女」や「ザ・ミッション」などの作品で
アジアの大ヒットメーカーである監督をどう思うかとたずねると、
「僕の映画初出演作「ワンダーガールズ2(東方三侠2)」は、トー監督との仕事でした。
彼がぼくを映画界に引き入れてくれたんです。
彼のことをよく知っていたから、今度の作品への出演を決めました」

金城武が扮するのは素晴らしいテクニックを持つバイオリニスト。
そこで彼は撮影前に、わざわざプロについて、レッスンを受けた。
しばらくレッスンを続けた結果にトー監督は大変満足し、彼の聡明さに賞賛さえ送った。
金城武本人は謙虚にこう語る。
「もし、映画の中でもっと完璧に近づけたいなら、
撮影に入る前に、少なくとも2年は習わなくちゃだめですね。
今回は弾いている感じを学ぶぐらいです」

ジジ・リョンは記者たちを犲室瓩望靴呼れてくれた。
ストーリー上、記者会見のとき着ていた紫の縞のコートから、
アニメキャラを散らした寝巻きに着替えている。
彼女はマスコミの記者たちに、犲室瓩貌り、中を見学するよう熱心に勧めてくれた。

ジジ・リョンの話。「ジミーの小説は、私は前から読んでいました。
彼の新しい作品を読むたびに、いつも感動します。
この物語は、都会にはまだ純情を大切にするために、
たとえそれゆえ辛い思いをするとしても、
出会いを待ち続けようという人たちがいると伝えてくれました。
今度、彼の小説の映画化に出演できるのは、とても光栄です」

1999年の「君のいた永遠」以降、2度目の金城武との共演だが、
ジジは、「もう2回目なので、お互い呼吸がよく合います。
いつもあまり話さなくても、お互いどう考えているかわかります」
ただ、映画の中ではジジと武一緒の演技は割に少ないので、ジジはとても残念がり、
「映画を2つ撮っているみたいなの。だけど、オフでは逆によく一緒で、
食事もいつも一緒に行んです」と言った。

この映画は、昨年のクリスマスにクランクインした。
今回の製作発表の後、まもなくすべての撮影を終えることになる。
一番印象に残っているシーンをジジに聞いてみた。
「2人が初めて池のほとりで出会うところですね。
見つめあったその一瞬、本当にロマンチックな気分になりましたね。
そのとき、池には2羽の白鳥がいたんです。たぶん、映画の中でも一番楽しいシーンでしょう。
だって、その後は私たちは離れて思い合うだけでとても辛いんですから」


ワーナー関係者へのインタビュー(金羊晩報)

これで「向〜」関係、一段落かな?
2月27日付の記事です。

米国のワーナー社、中国語映画投資で中国市場へ進出

昨日、アメリカのワーナー・ブラザーズによる初の中国語映画、
ジョニー・トー監督、金城武、ジジ・リョン主演の
「向左走、向右走」の製作発表が香港で盛大に開かれた。
本紙は上海から唯一招待されたメディアとして出席し、撮影現場取材も行った。

この映画はワーナー初の中国語映画であることから、同社では非常に重視、
3年の準備期間の後、昨年末台北でクランクインした。
年明け後、全撮影クルーは香港に移ってロケを行い、3月上旬にクランクアップの予定。
本紙はこの機会にワーナーアジア支社の責任者に単独インタビューを行った。
このワーナー上層部の関係者は、マスコミに対し、
今の段階であまり多くを明らかにする意思はなかったが、
名前を明かさないということで、ようやくインタビューに答えてくれたものである。

なぜ、ジミーの作品を選んだのか?
「彼の作品が中国人社会全体で大変人気があるということが、まずあります。
中国内地と香港のほとんどの書店で売られており、
犖胸挫廊畭耋僂任呂い錣困發なです。
しかし、大きな理由は、ジミーの作品には地域性が薄く、どの現代都市でもありうる物語で、
従ってどこの観衆も自分の身近な話とうけとめることができるからです。
他にこのような条件を備えた人気小説はありません」

その中でも「向左走、向右走」を選んだわけは?
「ジミーの作品中で一番ストーリー性が強く、映画化素材としてもやりやすかったからです。
我々は彼の他の作品についても、大変興味を持っています。
しかし、今のところ権利を買ったのはこの作品だけです。
もしこの映画の反応がよければ、他の作品も映画化することになるでしょう。
もちろんジミー本人が結果に満足し、
我々と引き続き仕事しようと思ってくれればの話ですが」

なぜ、ジョニー・トーなのか?
「トー監督は、商業的側面と芸術的側面を見事に結合させることができるからです。
実は、我々は数年前彼と話をし、まだどんな作品にするか決まる前に
彼に依頼することを決めました。そして何度も交渉を繰り返した結果、
「向〜」が最も適した素材であることで一致し、撮影に入ったのです」

中国市場への進出計画は?
「中国語マーケット、時に中国内地の映画市場はきわめて大きい。
中国のWTO(世界貿易機関)加入にともない、
外国の映画会社の中国進出はどんどん増えるでしょう。
中国人向けの映画製作は、今や大きな趨勢です。
だから我々もこの部門をシリーズ化する計画です。
現在「向〜」の他に、2本の映画が準備中ですが、まだ詳細を明らかにする段階ではありまん。
すべて順調に行けば、2004年までに公開できるでしょう」

「向左走、向右走」の上映はいつ?
「私は映画部ではないので、正確なお答えはできませんが、
映画部の話では6月に上海映画祭で大々的にプレミア上映を行うことになるはずで、
トー監督と金城武、ジジ・リョンの出席が決まっています」
「2003年のわが社の3大作品は、すでに公開済みの「ハリー・ポッター、秘密の部屋」、
「向左走、向右走」、それに「マトリックス供廚任后
その他、トム・クルーズの「サムライ」が日本とニュージーランドで撮影中で、
年末にはアメリカで公開され、来年初めには中国内地でも上映の予定です。
「ハリー・ポッター掘廚盪1討魍始し、
2004年に中国内地の観客にお目見えすることになります」


BBS

---------------------------------------------------
撮影現場取材2(北京青年報) - 同じく撮影現場取材です。北京青年報の記者によるニュース記事の中から、
↓前項の記事の補足になる部分を抜書き。

******

記者はジジ・リョン、金城武扮する主人公達の部屋を見学した。
印象に残ったのは、2部屋ともセットであるにもかかわらず、
室内の生活用品がすべてそろっており、
装飾品も2人の主役のそれぞれの境遇にぴったり合っていること。
例えば、小説の翻訳家であるヒロインの部屋には本がびっしりで、
バイオリニストである主人公の青年の部屋には、
レコードのポスターが色々と壁に張ってある、といった具合。

金城武とジジ・リョンはそれぞれ寝巻きの衣装で現われた。
武のパジャマは病院の患者用風で、ジジはかわいいアニメキャラがいっぱいの柄。
このシーンは、ジジと武扮する主人公達が初めて出会った後、大雨に降られ、
それぞれ家に帰ったが、武扮する若者は雨に濡れたため、セキが止まらないというところ。
小さなシーンなのだが、何テイクも撮影を繰り返し、
武は何度もセキを繰り返す。
無事終わるやいなや、彼は飲料水のところへ飛んでいって、水をごくごく飲んだ。

******

映画化にあたり、ジミーの原作のセリフの少なさを、どのようにクリアしたのか、
また撮影の中で感じていることについて、
共同監督それぞれ次のように語った。

トー監督「脚色の際、セリフを少し付け加えた。
しかし、他の映画に比べれば、かなり少ないほうだ。
俳優の身体表現による、言葉で表されない部分の感情表現が中心になる」

共同監督で脚本担当のワイ・カーファイ「セリフは確かに少ない。
そこがこの映画の魅力だと言える。
金城武とジジ・リョンの2人の主演者は、イメージが原作の人物に非常に近く、
俳優自身が観衆をひきつけることができる」


BBS


前の記事あさかぜ |MAIL

My追加