武ニュースDiary


* このサイトはリンクフリーです。ご連絡はいりません。(下さっても結構です。^_^)
* 引用は、引用であるとわかる書き方なら、必ずしも引用元(ココ)を表示しなくても構いません。
* 携帯からのアドレスは、http://www.enpitu.ne.jp/m/v?id=23473 です。
* 下の検索窓(目次ページにもあり)からキーワードでDiaryの全記事が検索できます。
* バナーは世己さんから頂きました。
* Se inter ni estus samideanoj, kontaktu al mi. Mi elkore atendas vin, antauxdankon!


目次前の記事新しい日記


2003年02月28日(金) 香港記者会見・台湾と中国の新聞報道 ●香港記者会・香港の新聞報道

香港記者会見・台湾と中国の新聞報道

この記者会見には中国・香港・台湾から数十人の報道陣が来て、
大盛況であったそうですが、台湾の新聞記事には、
当然のことですが、香港マスコミのようなねじれはありません。
この問題については、次のような書き方をしています。

「(昨日の記者会見の開始に先立ち)金城武は、広東語での会話に影響するので、
発言中は写真撮影は許可しないでほしいと主催者に申し入れ、
会見では北京語と広東語を交えて質問に答えた。
2日前、香港に到着したときも、空港の記者たちに北京語で質問するよう
求めたことがちょっとした誤解を生んでいた」
(星報・民生報)

台湾の新聞記事からジョニー・トー監督の発言を補足。
監督がこの美男美女のペアを主役に起用したのは、
ジミーの本を読んで、主人公が彼ら2人にとても似ていると思ったから。
2人とも役の人物の特質を備えているからということです。

*********

中国大陸からは北京青年報の記者が取材に参加しています。
<「向左走 向右走」香港製作発表は厳戒態勢>と題して、
<会見に参加するマスコミ記者には入場証が発行され、
それを持たないと、ベテランの芸能記者さえ入れてもらえなかった>
と書いているのが、星島日報の言う、「ワーナーの初の中国語映画だから、
記者会まで牾姐饉悪瓠廚瞭睛討琉貮瑤任靴腓Δ。

また、やはり言葉のことに触れているのが興味深いのですが、
これは武の広東語のことではなく、

「主催者側からは質問はすべて広東語で行うようにとのことだったので、
北京から唯一招請を受けて出席した小紙記者は、
言語面の障害による不便を深く感じるはめになった。
10分間という質疑応答の限られた時間の中で、できるだけ多くの収穫を得るには、
この要求を気にかけているひまはない。
北京語を使ったり英語を使ったりして質問をしたが、これに対しては、
ジジ・リョンも金城武も理解を示してくれ、非常によく協力してくれた」

*********

そんなこんなで、期待の映画「向左走 向右走」の製作発表は無事終わり、
後は完成に向けて一路ひた走るということになったわけです。


香港記者会・香港の新聞報道

星島日報をご紹介しようと思いましたが、変更。
結局、

<広東語、北京語、日本語を流暢に話す金城武は、
昨日ジジ・リョンと「向〜」の記者会見に出席した際、
なんと「言語障害」になってしまった。
会見に先立って、写真を撮られたら広東語が話せなくなるとの説明があったが、
まさか本当に「効果てきめん」、フラッシュを浴びた金城武が突然「2カ国語放送」、
つまり北京語広東語ちゃんぽんになってしまうとは>

という前文でわかるように、なんか恨みつらみ感じるんですね。
香港の新聞は全体に態度とかそういうことばかり、かかずらっている気がします。
写真を撮っちゃあかんとはなんだ、昨日は北京語で話せと言ったが、
さすがに今日は「郷に入っては」で広東語でしたね、
でも、それも途中で写真を撮られたのがおきに召さなくて
北京語まじりになる始末……とか。
太陽報なんか、犁者会見では本当に大層な感じで、
話してるときは写真を撮るななど、
まるで日本のスターのような格好の付け方瓩覆鵑独蘰ってます。

言葉の問題では、以前「ターザン」の香港プレミアのときも、
記者に「中国語を喋れないのか」と言ったと、同じようにバッシングしてました。
武側はそんなこと言ってないと否定しましたし、台湾の新聞も擁護してましたが。

香港の新聞では、他では大公報が、珍しく言葉のことは一切書かず、要領よく報じています。
そこから少し補足すると、

「君のいた永遠」で共演のとき、武と不和説が流れたことについて聞かれたジジは、
猊陲呂い弔盥畊舛砲い覆いら接触する時間が少なかったので、
あまりコミュニケーションが密ではなかっただけ。
でも今回は充分触れ合ことができて、
彼は思っていたようなクールな人ではなく、とても面白い人なんだとわかった、
多くの人は彼を知らないから、見かけで誤解してしまうのだろう
と語った。

武は、台湾で映画の仕事ができたことが大変うれしかったそうです。
それにまた、家族のもとに帰り、台湾のおいしい料理を楽しめたことも。


BBS


2003年02月27日(木) 「向左走、向右走」香港記者会見(東方日報)●>「武の声が聞こえた!

「向左走、向右走」香港記者会見(東方日報)

いっせいに会見記事が出ました。
新聞によっていろいろなことを言っていますが、2つざっと紹介します。
まず、客観的で穏やかな東方日報です。

***********

金城武とジジ・リョンが先頃台湾で「向〜」のロケを行ったとき、
金城武がずっとクールで、演技以外では全然ジジと交流しなかったと伝えられた。
だが、昨日、香港で記者会見に出席した2人はの様子はそれを打ち消すもので、
互いに話したり笑ったりするだけでなく、賞賛しあい、
ことにジジは、金城武は非常に楽しい人で、
言われているようなクールな人では全然ないと手放しだった。

昨日、記者会見の開始にあたって、マスコミに対し特に注意があり、
インタビュー中は写真撮影は決してしないでほしい、
金城武が緊張して広東語をうまく話せなくなるので、とのことだった。
だが残念なことにきまりを破る者がいたため、
武は最後の方では北京語での回答になってしまった。

彼は、「君のいた永遠」以後、2度めの共演のジジは何か変わりましたかとの質問に、、
北京語で次のように答えた。
「変わりました。ますます綺麗になって、大人っぽくなり、演技も以前とは違います。
ただ1つ変わらないのは、まじめで誠実なこと。とても安心しました」

武は今回の映画の特徴として、まるで2人別々の映画を撮っているようであることだと、
「僕たちは同じとき、同じ場所にいるけど、片方は左に行き、片方は右に行く。
だから一緒に演技することがとても少ない。
休憩時間だけ顔をあわせることになるので、
彼女とは別の映画を撮っているような感じがします」と語った。

ジョニー・トーは、この映画に2年の準備期間をかけ、2400万香港ドルを投資している。
彼によると、映画はすでに台湾で5分の3を撮了、あとは香港でセットでの撮影が残っており、
夏休み時期の上映になるとのことだ。

金城武との仕事は6年ぶりのジョニー・トーだが、
武について、演技が大変進歩し、外形も大人っぽくなったと言う。
「すごく男らしくなり、92年に初めて一緒に仕事をした
「ワンダーガールズ2(東方三侠2)」とは全く別人のようだ。
演技も大変自然で、「パラダイス!」のときのような混乱もない」

ジジの演技については「もちろん素晴らしいと思っている。
そうでなければ彼女を使わないよ」


「武の声が聞こえた!(香港記者会見)

香港のファンが、ラジオ番組で記者会の様子が聞けると教えてくれたのですが、
広東語の2時間番組で、どの部分なのかなかなかわからず、募る焦り・・・
ようやくわかりました。
なぜこの映画に出たかという答えから広東語で話し始め、
ジジについて話す頃には北京語になり、
また次の質問では広東語・北京語が交じり合い……という様子がわかります。
武とジジの答えが大体交互に出ますが、
合間にはさまる複数の声は、この番組の出演者たちで、
会見の録音を聞きながら、何か話しているのですが、
まったくわかりませんです。

何語で話しても武は武だなあと、ほっとするような、
気持ちが温かくなるような、いつもの声です♪

2月26日の娯楽滿天星のページに行って、Choose Playerの欄をクリックし、
メディアかリアルか選びます。私はリアルプレイヤーで聞きました。
リアルの場合、右やや上に 1/2 というのが小さな枠の中に出るので、
その右にある右向きの三角印をクリックして2/2にします。
で、4分34秒あたりから武の声が始まります。
8分41秒ごろが最後です。


BBS


2003年02月26日(水) 「二千年の恋」最終回を報じる香港の新聞(2000年)

突然ですが、
「二千年の恋」が好きという方の話に続けて接したせいか、
ちょっとニセコイモードになり、当時の香港の新聞をご紹介したくなりました。
写真(折り目が入ってきれいでなくてすみません)は以前アップしたことがありますが、
今回はその記事も一緒に……。

「二千年の恋」今夜、最終回 
金城武 中山美穂 寒風と冷雨の中、クライマックスを演じ切る


――寒風! 冷雨! 雪! 金城武と中山美穂の「二千年の恋」は,今夜最終回を放送する。
このドラマの香港での視聴率は優秀で、追い風と波に乗ったといえるだろう。
だが、ラストシーン撮影時は悪天候、寒風と冷雨の中のクランクアップだった――

「二千年の恋」最終回撮影は、非常に厳しいものだった。
第1のクライマックスは、船上で撮影された。
美穂が金城武の銃弾に倒れ、武が美穂に歩み寄る、悲痛なシーンである。
撮影時は小雨が降っており、途中、雪さえ混じった上、
船が沖へと進むため寒風が吹きつけ、
骨を刺すような感覚は、普通の人間にはとても耐えられない。
金城武と美穂は芝居のためあまり厚着できず、この冷たさは耐え難かっただろう。
だが、武と美穂はプロそのもの、撮影は大変順調に進み、
すべて終わったときには、スタッフから花束が贈呈され、感動を呼んだ。

第2はこのドラマのエンディングである。
仲間由紀恵が美穂と金城武の子どもを抱いて、ゆっくり道を歩いてくる。
だが、その後ろに2人の姿はない。
これは一体何を意味するのか、どうぞ自分の目でラストをごらんください。

「二千年の恋」の視聴率は、第1回を除き、日本では15%を越えなかった。
それに対して香港では、2月14日のバレンタインデーの15%以外、
平均18%以上を獲得、なかでも第5回は20%に達した。
日本とは著しい対比をなし、以後、香港で日本のドラマがより多く放映される助けとなった。
(太陽報 2000年3月26日)

 
 美穂が撃たれた後、武が命の危険を冒して美穂のもとに歩み寄るシーンは感動的だ。

  
 撮影終了後、スタッフは金城武と美穂に花束を送り、4ヶ月間の苦労に感謝の意を表した。


BBS


2003年02月25日(火) 金城武、香港に(大成報ほか)

昨日、戻ったそうです。
以下は大成報の報道。

「相変わらず控えめな金城武、昨日軽装で香港の空港に現れた彼は、
記者たちの襲来を受け、風のように大急ぎで立ち去った。
  
金城武の今年の年越しは満足のゆくものだった。
「向〜」が台湾でロケをしたため、両親のもとに帰る機会が割合多かったからだ。
公益広告の撮影が済むと、年越しのご馳走を家族と一緒にとり、二日後また日本に飛んだ。
  
今回の日本行きの主な理由は、キャラクターを務めている商品の新CM撮影と、
多数のオファーの検討。
昨年出演した「リターナー」が日本と香港で好成績をおさめ、
日本の映画会社からは新たな出演要請が来ている。
マネジャーのヤウ・イーチュンは、
昨年は「ゴールデンボウル」に多く時間をさかれて仕事にかなり影響が出た、
今年は映画をメインに、CMもやりながらという方針でいくと話している。
  
ジョニー・トー監督は最近ベルリン映画祭より戻り、「向〜」に再びとりかかった。
金城武は香港に戻った後、ジジ・リョンと共に撮影に参加、
映画は5月か6月に香港と台湾で上映の予定」

「日本行」「返港」なんですね。
星島日報には、そのときの様子も少し。

「金城武は午後2時30分、香港に到着、
記者のインタビューは受けようとしないが、ずっとニコニコしていた。
ただ写真撮影は付き人に阻止されっぱなし。
記者が今回は映画の撮影のためかたずねると、彼は「北京語で話してくれる?」と言い、
付き人も「インタビューの時間はとっていません」と質問を断った」

写真はここに。(エンコードをBig5に)
太陽報にも記事があり、髪は結んでいたそうです。
同行の付き人は女性2人。


BBS

---------------------------------------------------
RE:金城武、香港に - 24日の北京娯楽信報が、「向〜」を期待作として紹介した後、
明日、記者が香港に発ち、この映画を取材してくる、と言ってます。

マスコミ取材あるのかな?
成功を祈る♪


BBS


2003年02月24日(月) 日本語「ラベンダー」への疑問3(「悪かった」) ●4(アンジェロ)

日本語「ラベンダー」への疑問3(「悪かった」)

3色入り乱れてるのが続くと読みにくいかなと思いましたが、
このテーマ、やっちゃいます。
すみません、お付き合い下さい。

3つ目は、大筋には関わらない、小さいけれど、
毎回、落ち着かないところです。

「愛があるんなら与えて」と、年老いた乞食天使にキスをするよう
エンジェルに言われたアテナは、怒ってエンジェルの足を踏みつけて行ってしまいます。
そのとき、エンジェルは「悪かった」と叫んで後を追いますが、
全然すまなそうな様子ではありません。


画面の演技と言葉が合わないので、見るたび気になるところです。

例によって、北京語・英語字幕です。
○我説過你没有的。(小説では、●我都説你没有啊!)
▲I rest my case.


北京語の方は、「君にはないって言っただろ」というような意味でしょうか。
英語は直訳だと「ぼくの意見はこれで終わりだ」で、
どう日本語で表現したらよいかわかりませんが、
いずれにしろ、謝っている気配はありません。
「ない」のは何かというと、その前の会話での、
「地獄に落ちるのは愛のない人」を受けていると思います。


日本語版「ラベンダー」への疑問4(アンジェロ)

最後です。これも小さいことですが、
▲薀好箸如▲譽好肇薀鵑離ーナーの名前が「アンジェロ」とされているが、
これは店のことを言っているので、オーナーの名ではないのではないか?


日本語は、
「あなたの名前はエンジェルね」「名前? アンジェロだ」
とあって、店の「ミケランジェロ(マイクルアンジェロ)」の電飾看板を指差します。

私は、ここは、アテナの質問に、オーナーは店の名前と思って答えているので、
彼の名前はまだわからない、という説を取りたいと思います。
DVDの字幕です。
○「你是不是叫Angel?」「Angelo。你怎麼知道?」  
▲“Is your name Angel?” “Angelo! How did you know?”

(「あなたの名前はエンジェル?」「アンジェロ。どうして知ってるの?」)

彼の名前がアンジェロと解釈することも、もちろん可能です。
(香港で爛▲鵐献Д蹲瓩亙僂錣辰討襪箸六廚い泙垢韻鼻
しかし、もし彼自身の名前だとしたら、彼は、なぜアテナに名前を聞かないんでしょう?
アテナも何も言わないまま、2人は店に入っていってしまいます。
不自然ではないでしょうか。

「ラベンダー」では、登場人物同士の、かみあわない会話がちょくちょく出てきます。
相手の意味を誤解していたり、聞いていないで別のことを言ったり……。
アテナ・天使・チャウチャウの間で交わされる、それらのちょっとズレた会話が、
それぞれの役柄の心理と互いの関係を浮かび上がらせる役割を果たしています。

このシーンも、自らの手で造り上げた、開店間近の店のことで頭がいっぱいであろう男が、
その店を得意げに見せているときに、名前と言われて、
とっさにそれを店のことだと思うのは不思議ではないでしょう。

小説では、こうです。
●「你是不是叫An……」「Angelo……」「Angelo?」「是呀、Angelo、Michelangelo……」
(「あなたの名前はエン……」「アンジェロ」「アンジェロ?」
「そうさ、アンジェロ。マイクルアンジェロだ……」)


このシチュエーションのやりとりとしては、店の名のほうが自然であり、
画面が暗転して本編が終わったところから、
2人は名を告げあい、新しい愛が始まるのだと思って、私はいつも見ています。

PS. レストラン「ミケランジェロ」には、チャウチャウがバスルームに飾っていたのと
そっくりの天使の絵が装飾に使ってありましたね。


BBS


2003年02月23日(日) 日本語「ラベンダー」への疑問1(愛の告白)

ちょっと気にかかることがあって、再び「ラベンダー」ネタです。

「ラベンダー」の日本版ノベライズは、内容を見ると、映画に忠実で、
映画をもとに小説としての解釈を加え、細部をふくらませてできたものではないかと思います。
ですから、映画を見てから読むと、自分の解釈と比べられる面白さがあります。

ただ、気になるところがいくつかあり、
ということは、小説というより映画の字幕への疑問かも知れませんが、
映画の解釈にも幾分関わってくると思うので、それをあげてみたいと思います。

大きく気になるところが2つ、ささいなことではあるが、どうかなと思うのが2つです。
まず、大きな疑問の1つ目は、これです。
.侫薀鵐垢諒凖勅砲留悗如▲┘鵐献Д襪魯▲謄覆飽Δ鮃霰鬚掘
アテナはそれを受け入れなかったとなっているが、
アテナはエンジェルの告白を耳にしていないのではないか。


アテナが1度は愛の告白を聞きながら拒否したのか、そうでないのかは、
アテナの心理上、小さなことではないと思います。
映画では、天使が「でも失敗した。自分が泣くなんて」、そして続けて
「僕は」と言いかけたとき、汽車が入ってきて、
天使が「君に恋しているのかも」と言うのと同時に、アテナは汽車の方に顔を向けます。
振り返ったアテナは、
(字幕)「ダメ、気の迷いよ。あなたは天使、天国へ帰るのよ」
それを聞いて、エンジェルは泣き笑いの顔になります。

DVDの北京語(広東語はわからないので)と英語の字幕を見てみます。
○不会的。你不会有事的。你是天使。你一定可以飛上天堂。
▲No!  You’ll be fine. You are an angel. You’ll go to heaven.


このNoは、愛の告白に対するものではなく、失敗して泣いて、
意気消沈しているように見える、エンジェルに対しての励ましではないでしょうか? 
アテナはエンジェルがなぜ辛そうなのか、誤解しているのです。

香港版の小説の方はこうなっています。その少し前から引用します。
●我想……我可能……」正在説喜歓Athena的時候、突然有火車轟。
「不会、你不会有事的、你是天使啊、你一定可以回去的……

(「ぼくは……もしかしたら……」アテナを好きになった、と口に出したちょうどそのとき、
突然汽車の轟音が聞こえた。
「いいえ、大丈夫よ。あなたは天使でしょ、きっと天国に帰れる」)


エンジェルの最後の言葉は、アテナの耳には入っていないのだと思います。
それに、あの場面のアテナの反応は、そんな大事なことを聞いた表情ではありません。
無邪気すぎはしないでしょうか……


BBS

---------------------------------------------------
日本語「ラベンダー」への疑問2(人間になる) - 2番目の疑問です。
⊆崔罎膿蠎紊靴織┘鵐献Д襪蓮日本語版では
「天に戻れなくても、普通の人間になって暮らすから心配しないで」と言います。
でも、オリジナルには「人間」になるという言葉はありません。


字幕は……
「戻るのに失敗しても心配ないよ。普通の人間になってどこかで暮らすよ」

「普通の人間になる」としたのは、ラストの、
人間であるレストランのオーナーとの出会いを暗示するためでしょうか。

北京語と英語の字幕ではこうです。
○如果我真的回不了天堂、你別担心。我只不過不[イ故]天使。
去了叧一個地方。
▲If I don’t make it back, Don’t worry!
I just won’t be an angel!  I’ll go somewhere else!

(もし本当に天に帰れなくても、心配しないで。天使じゃなくなるだけだから。
別の所に行くんだよ)

小説もほとんど同じで、「第二個地方(次の場所)」に行くだけだ、と言っています。

第一、もし、アテナと同じ人間になるのなら、
天に戻れないとしても、そう悲愴な気分になることもないような気がします。
アンドリューは死んで牡牛になりました。
エンジェルだって、何になるかわからないのです。
エンジェルは以前、チャウチャウに向かって、
死んでも他のものに生まれ変わるから全然悲しいことじゃない、
と言いましたけれど、アテナへの愛に目覚めた今のエンジェルには、
人間以外のものになるのは辛いことではないでしょうか。
ここは原語通り、「人間」と特定しない方が、オーナーとの関係についても
想像の余地ができていいような気がします。

ちなみに、エンジェルのこの言葉に対するアテナのせりふですが、
日本語では、「何言ってるの? 大丈夫よ」でした。
北京語・英語字幕は、
○為甚麼? 你不会有事的。你一定可以返回天堂。
You’ll be fine. You will go back.

つまり、駅でエンジェルが「君に恋しているのかも」と言ったあとの、
アテナのせりふと同じなのです。
このことからも、駅でのアテナは、エンジェルが天に帰れるかだけが問題だと思っていて、
エンジェルの愛の告白は、聞いていないと考えた方がいいのではないでしょうか。


BBS


2003年02月22日(土) 「リターナー」特別上映(東京)●韓国でのCM撮影・現場報告

「リターナー」特別上映(東京)

文化庁メディア芸術祭の催しの一環として3月1日に、
東京・恵比寿ガーデンプレイス内の東京写真美術館で上映されると、
教えていただきました。
無料らしいです♪
文化庁メディア芸術祭とは
「CG・ゲーム・web・インスタレーション等のデジタルアート作品や,
アニメーション・マンガの優れた作品を顕彰する」催しとのことですが、
「リターナー」は、2002年度のデジタルアート/ノンインスタラクション部門のCG動画として
最終選考に残った関係での上映のようです。

関連サイト1   関連サイト2


韓国でのCM撮影・現場報告

台湾の雑誌記者による、韓国でのCM撮影現場のレポートです。
猛烈なスケジュールの中で、様々の仕事をこなしていたようですね。
王家衛プロデュース作とは「初恋」でしょう。日本映画はMisty」。新CDが「多苦都願意」。
この頃というのは、歌手から俳優への転換期と言えるのでしょうか。
結局、彼は香港型オールラウンド芸能人の道を選択しなかったことになります。
日本でのインタビューで、中途半端になるので歌はやめたと語っていますが、
彼の、歌への現在の思いや抱負、本当のところを知りたいものです。

*************

韓国美女がそばにいるというのに、金城武は眠くてたまらない。
その上、韓国人スタッフが周りでがやがやと話しても、彼は何ひとつわからない。
一晩でタケは少なくとも5,6ぺんは「えっ?」と聞き返している。
深夜、人様がぐっすり眠っている時間、タケは徹夜のCM撮影を耐えたあげく、
「お母さんのご飯が食べたいな」ともうろうと言い始めた。
要するに、彼は本当に眠くて仕方ないのだ。
両目とも三重まぶたになってしまった。
早朝4時、彼を見ると、眼が閉じかかかっているではないか。

このCMのために、タケはともかくも非常に真面目な仕事ぶりだったと言える。
夜8時に撮影を始めて、休まず昨日の朝8時まで。
その後、彼と相手役の女優はエスカレーターを何度行ったり来たりしたことか。
それもこれも都会のファンタスティックな感じを出すために。

韓国のディレクターとのコミュニケーションは、英語でだったが、
変わったアクセントで、日本人のようにクシャクシャッとした英語を話すので、
タケは全然聞き取れない。
それでも、仕事は完成したのだから大したものだ。
ディレクターは彼を「Very Good!」と称賛し、
タケは思ってもいなかったのでびっくりしたけど、やりとげた、という深い満足感も味わった。

最近タケは人気がうなぎ昇り、日本では記者が彼の名を挙げ、賞賛する。
映画の出演依頼は絶えず、すでに「ピックアップ・アーティスト」が撮影終了したほか、、
6本の映画が控えている。次の作品は香港での仕事で、王家衛プロデュースの新作。
例のごとく、王監督の映画は撮影が始まってみないと何をするのか、わからないが、
金城武は大変楽しみにしている。

さて、彼が「本業」と考えている歌の方は? 新アルバムはいつ出る?
彼は笑って、プロデューサーの陳昇が2週間関島に行ってしまったので、
今は「中断」しているのだと言った。
が、自分は引き続き作曲に励んでおり、今度のアルバムで発表するという。
日本での映画出演の予定は? とたずねると、
半分寝ているタケは、自分もはっきり知らないと答え、
マネジャーが、7月中には動き出すだろうと明かしてくれた。
(COLOR 1996年6月号/写真も)




2003年02月21日(金) 「向左走、向右走」は今?(北京青年報)●顔の変化●RE:顔の変化

「向左走、向右走」は今?(北京青年報)

足跡をすっかり消してしまったかのような新作製作情報。
5月に公開という話もあり、いずれにしてももうすぐなのですから
黙って待っていればよいようなものですが……

今日の北京青年報に「撮影隊は今月25日に香港に移動する……」との記述が。
どこから移動? この前には「先日、台湾で撮影を開始したが、」とあるだけで、
古いニュース? とも思いましたが、
クランク・イン後、台湾から香港に移ると言われていたのは1月10日少し過ぎる頃。
実際に行ったのはそれより遅い時期(空港武目撃は17日)でした。
その後、大陸で撮影していたということだったし、よくわかりません。
とにかく、まだ撮影は続いているということでしょうか?


顔の変化

デビューから10年の間に、金城武の顔が変わってきているのは事実。
大きく変わるきっかけになったのは、
やはり「不夜城」と「神様、もう少しだけ」など、日本での仕事だと思います。
このときのイメージチェンジは、台湾でも非常に印象的だったようで、
日本では、それ以前のイメージをむしろ本来の金城武として懐かしむ向きもありますが、
あちらでは、ずっと肯定的に受け止めているように思われます。

1994年にアルバム「標準情人」を出し、自分のやりたいものに一歩近づいた頃から、
年齢的なこともありましょうが、顔つきが変わってきているように私には思えます。
この後、「偸偸的醉」「多苦都願意」とリリースする頃には、隣のお兄さん的雰囲気ながら、
よく見ると、輝くような若さの美があふれていて、捨て難い時期です。

その次の変わり目は97年頃かなと思っていたのですが、
この写真の表情、どこかで見たような気がしませんか?



服とか髪型とか、少し手を入れたら、「神様〜」撮影中の「啓吾」になりそう。
メイキングでこんな様子を何度か見ました。

 

でも、これは96年、韓国でマクスウェルのCMに出たときのなんですね。もっと早い。
前の年の秋以降、武はCDリリースのテンポを落とし、怒涛のように映画に出演しています。
結局、この年(96年)秋のアルバムを最後に、現在まで新CDリリースはありません。
人気はあったと思いますが、いわゆるアイドル人気は以前ほどではなかったのか、
人気投票でも、トップ10、あるいは20からも姿を消していたりします。
この撮影現場直撃の取材記事は、項を改めます。

 


RE:顔の変化

この項で、プラダ撮影が「不夜城」の前と書きましたが、それについて、
「不夜城」終了後、3月頃に撮影されたはず、とご指摘をいただきました。

春・夏のキャンペーンであり、彼の持つ雰囲気から
1998年初め頃、と思っていたのですが、10月の準備段階の話に引きずられ、
いつのまにか、この時期と思い込んでしまいました。
「不夜城」の撮影は12月12日に始まり、健一出演分の最後は2月5日、
このときにラストシーンのため、髪を切っていますから、
その後、プラダというのが妥当です。

とりあえず、プラダについての記述を外し、
時期がわかりましたら、それを考慮して書き直します。
これについて確かめる資料をご存じの方はどうかご教示ください。
また、これに限らず、誤りの訂正はぜひ、よろしくお願いいたします。
追加資料などもありがたく思います。

(ちなみに左下の花マークから、BBSに行けますので、
そちら、またはメールにてご連絡下さいませ)




2003年02月20日(木) 「プラダ」イメージキャラクターの仕事

犖出された瓮轡蝓璽此福)として、
1998年のプラダ春・夏キャンペーンの仕事があります。
デザイナー、ミウッチャ・プラダがカーウァイの映画の金城武を気に入って、
起用につながったと言われています。
これは具体的な仕事に即、展開するものではありませんが、
武にとっては大きなステータス、イメージ形成に多大な影響を与えたでしょう。
「金城武個人網站」に、この仕事に関しての記事が載っていましたが、
このサイトは消滅してしまったようなので、ちょっと紹介しても……いいかと。

***************

優雅でシンプル、国際的で都会的センスのブランド、プラダは、
ずっと西洋人モデルをキャラクターとしてきた。
なぜ今年、わざわざアジア人をイメージ広告に起用したのか?
名デザイナー、ミウッチャ・プラダは、
注目を引くためでも、金城武の東洋的イメージを狙ったわけでもないと言う。
「プラダのイメージは国際性を持っており、国境を越えるものです。
重要だったのは、金城武には一種の非常に今日的な気質が備わっていて、
しかも品の良さが感じられること。
プラダのブランド精神にぴったり合っていたからです」

金城武のマネージャーであるヤウ・イーチュンは、
プラダはかなり以前から映画や資料を通して金城武を気に入っていたが、
直接連絡はなかった。
去年(1997)の9月になって初めて接触があり、すぐ話が成立したと語る。
「プラダは、心の内面の情緒まで表現できる『俳優』を使いたいと思っていたんです。
金城武が美形のアジア人顔だからというわけではなくて」

慎重を期するため、10月の準備段階で、カメラマンがわざわざアジアの地にやってきた。
金城武と会い、じかに彼を観察して、
どのような仕上がりにするか、よく検討するため、写真を撮って帰った。
武がローマに着くやいなや、カメラマン、ライティング、ヘアメイク、スタイリングの
国境を越えたプロのチームが直ちに集合、撮影にとりかかった。
そして7日間ぶっつづけの撮影の後、ようやく完成を見たのである。
「撮影の全プロセスは非常に印象深かった。
スタッフは大変なプロで完全な美を追求していました」
ヤウ・イーチュンはそう語る。

彼らはある閉鎖された工場を撮影場所に選んだ。
そして、廃棄され、湿気を含んで寒く、暗い感じを出すために
すべての窓を黒幕でおおった。床に霧を吹き、
スモークをたいてぼんやりとした雰囲気を作り出した。

「今私たちが見る、どの広告も、すべて、100枚以上試し取りをして構図を決めていた」
とヤウは次のように説明する。
金城武が1つのポーズをとり、それを10数枚から20枚、まず撮ってみる。
現像ができると全員が集まり、構図や色調や光の具合、印象等々について意見をたたかわす。
絶えず修正を加え、どの要素もOKとなると、いよいよ本番だ。
1日に1、2シーンの撮影が1週間続いた。
そうしてついに、国際版ファッション誌で見られる、
あの8ページのイメージ広告が完成したのである。

現在日本で映画撮影中の金城武本人は、事務所を通してこう述べた。
「プラダのイメージキャラクターを務めたことは、ぼくにとっては大変面白い仕事だった。
俳優は生まれ持ったものだけでは演じられない。
絶えず様々な生活をしてみて経験を積み、
違う監督と仕事をして、そこから吸収することが必要だ」
「ぼくは必ずしもとんとん拍子に成功しなくたって構わないし、
特別大きなことを考えているわけでもない。仕事の過程が面白ければそれでいい。
人々が一緒になって1つの作品を作り上げるのは、実に達成感がある」




2003年02月19日(水) F4、金城武を目標に海外進出(星島日報)

なかなか金城武本人のニュースは出ませんが、これは

<金城武が近年日本を中心に活躍、日韓両国で高い人気を得ていることから、
最近事務所を変え、正式に金城武と同じ「年代」所属となったF4も、
この先輩の両国での人気の助けを借り、積極的に海外進出をしていくという>

という話です。要するに、台湾の人気4人組、F4のニュースですが、
武の話も出てくるので、以下、かいつまんで。

*********

日本と韓国の市場で成功した金城武は台湾芸能人の最高位にあり、
先頃出演した自動車のCMのギャラは約1000万元と言われている。
が、最近心路社会福利基金会のためにCMをノーギャラで撮影、
進行中の日本での仕事を抜けることもいとわず、1日飛んで帰り、
子ども達と一緒にテレビCMと平面広告を撮影した。

今回は心路への2回目のボランティア出演で、新しい施設のための基金募集を援助するもの。
CMはまもなく台湾国内で放映される。

先日F4は、金城武が所属する年代マネジメント会社に正式に移籍、
前マネジャー江一朋は、引き継ぎは順調に済み、
F4が以後、ヤウ・イーチュン(金城武のマネジャー)の管轄下に入ることを明かした。
移籍後の予定は、やはり年代の先輩ジジ・リョンとの新作映画の撮影に入る。
今後も歌・映画・テレビの3方面での活動を続けながら、
日韓で成功を収めた大先輩金城武を目標とし、積極的に海外進出も図っていくという。

*********

すでにドラマ「流星花園」は現在韓国で放映中で好成績を収めており、
サントラやアルバムも売れ行きが良いそうです。
F4が全員年代の旗下に入るというのは少し前、報道されていましたね。




2003年02月18日(火) 甘國亮の話(「恋する惑星」の頃)

1995年のインタビューです。

<王家衛監督が、毎回出演俳優を選ぶのは、もちろん少しも気まぐれなんかじゃなくて、
彼は自分の勘と縁を大事にする。
それで、私は彼が「恋する惑星」の撮影にとりかかるとき、
1人の若い子を推薦した。
その子の名前はタケシ・カネシロという。(彼はタカシと発音しています)

王は初め彼を日本人だと思った。後になって日本人でないとわかったとき、
関係ない奴らが王に……関係ない奴というより、讒言(ざんげん)する奴だな、
あれやこれや言って、彼を使わないように勧めた。
広東語がだめだって言って。
私はそれを聞いて腹が立ってね。
それから何ヶ月か経って、やっと金城武は王の新作の出演者となったんだ。

演技の天分があるということはまれなことではない。
しかし、赤子のように純真な心を持つことは、
求めて得られるものではないと思っている。
金城武はその特技を持っていると思うよ。

当時、「恋する惑星」でこういうシーンがあった。
王家衛が金城武に、去っていくとき、眠ってるブリジット・リンのハイヒールを手にとって、
それを拭いてきれいにしてから出て行けるかと言った。
王は予想しなかったんだ、本番で、彼がまさかネクタイを持って、
こんなふうにハイヒールを拭いて出て行くなんてね。
思いもよらなかったし、指導もしなかった。
それで彼は思った……この俳優には心の内から発する感情があると。

その後、一度ならず彼が言ってたのを覚えてるよ、
「なぜ金馬奨で、香港の電影金像奨で、
金城武がノミネートされないんだ?」って。
彼が金城武に心中深く満足してたってことの証明だろう?

金城武は、これから変わっていくのか……
香港の普通のアイドルのような方に行ってしまうのか、
あるいは一種、崩れたような感じになるのか、私にはわからない。
予想するのは難しい。若い人には無限の進む道があるから。
だが、私たちは、彼はそういう風にはならないでほしいと思う。
彼は本当に子どもだよ、とっても若い>




2003年02月17日(月) 天使はなぜ舞い戻ったか?●見出されて次のステップへ・「恋する惑星」の場合

天使はなぜ舞い戻ったか?

映画「ラベンダー」は、なかなか日本に来ないのにしびれを切らし、
DVDで繰り返し見た上、小説まで熟読。ですから、
ようやく実現した日本公開も、大きなスクリーンで見たらどうだろう――
ぐらいの期待で見に行きました。
以後、3回見たわけですが、不思議ともう1回見てみたい、という気になるのです。
武の役としては、私は天使派よりミヤモト派ですが、
映画のあのテンポで、時間を登場人物たちと共有することで、
心が落ち着くというのでしょうか、柔らかくなって映画館を出てこられる気がします。

***

さて、もしあれがアテナの夢だったとしても、
天使自体、もともと夢のような存在ですから、彼はそれとして、いた、
と言うこともできると思います。
しかし、チャウチャウは? 現実の彼も同じような夢を見ていたのでしょうか?
あの、「ディスカバリー・チャンネル」で世界旅行をしていたトウ夫人は?

トウ夫人は、実際にはアテナには何も言わなかったのかも知れません。
実は独身だということ、消せない恋の思い出があること……
アテナも、ちょっと俗物の、教室のお客としか受け止めてなかったかも知れない。
でも、トウ夫人の存在そのものが、知らず知らず発信していたものを
アテナも無意識に感じていて、夢の中で、彼女の内面を理解したのではないか、
そんな気もします。気づかせてくれる夢の力。

***

武エンジェルは今回も、素晴らしい表情を何度も見せてくれますが、
最後に、空から舞い戻って口づけし、離れる一瞬、アテナを見るところが、
個人的に大変好きです(ほんとに一瞬ですが)。
香港のDerrickがHPリニューアル前に、「ラベンダー」のストーリーを、
彼自身の言葉で画像つきの短い物語にしてアップしてくれていました。
そこで、この最後のキスシーンを、
「エンジェルが空から戻ってきて、祝福のキスを送った」というように
表現していたのにハッとしたことがあります。

人を愛することを知ったエンジェルですが、その未練のために舞い戻ったと思うよりは、
別れは確かに辛いけれど、再び生きる力を取り戻したアテナに、
最後に祝福を送って帰っていったという方が、天使らしいと思いました。
ただの男に成り下がるのでなく、より深い愛に昇華したんだと解釈したとき、
私にとっての「ラベンダー」が、より納得できる物語になりました。
他の人は、また違うでしょう。
見る人それぞれに、そのような、解釈の余地を与えるだけのものを持っているから
単純そうに見えて、この映画は飽きないのかも。
Derrickが、またアップしてくれるといいんですけど。

***************

ところで、去年、雑誌「ViVi」が、
「リターナー」の武へのインタビュー記事をモノクロで1ページ掲載しましたが、
ここがWebページを持っていたのに今ごろ気がつきました。
文章は同じですが、写真が違うのですね♪〜
もし、まだご存じでなければ、こちら


見出されて次のステップへ・「恋する惑星」の場合

誰か(それもその業界でしかるべき地位と実力を備えた人々)に見出されて――
と言うのは、「恋する惑星」もそうだからです。
時間が少し先に飛びますが、
自分が今あるのは王家衛監督のおかげ――と武自身が言うとおり、
重大な転機になったこの名作に抜擢されることになった理由については、
「……会った事もなかったんです。僕の写真を見ただけで突然「出ろ!」って言ってきた。
それも僕が話を聞いた時には、撮影まで1週間位しかない」
(「恋する惑星」パンフレット)
この金城武の言葉がずっと流布していました。
本当に監督はそう言ったんでしょう。

しかし、実は人から薦められて決めたのだということを、
私が初めて読んだのは、暉峻創三によるインタビューです。
(『香港電影世界』1997)

「無数にいる新人の中で彼をどのようにして発見したのですか」という
質問に、王家衛は、香港のニュートン・ホテル・カウルーンの
喫茶店で甘國亮(カム・コクリョン)と話していたとき、
偶然、ホテルに泊まっていた金城武が姿を見せたと次のように語っています。

<ここで僕は『恋する惑星』に出演してもらう…新しい血の件で
彼に相談してたんだよ。そこにちょうど、金城武が
友だちとコーヒーを飲みにエレヴェーターで降りてきた。
彼も別の仕事で偶然このホテルに滞在してたんだ。
それを見た甘國亮が「あいつは素晴らしいぜ」って言う。
そこで僕は「OK、あいつでいこう」って言った>

撮影の始まる2,3週間前のことだったそうです。
甘國亮は、1954年生まれ(ちなみに王家衛は58年生まれ)、
俳優・脚本家・監督・プロデューサーとして多彩な活躍をする映画人で、
最近「パープル・ストーム」で久々に俳優に戻り、大変好評のようです。
王家衛が、インタビュアーの
「あなたにとっては親分である甘國亮ですね」との問いかけに答えて、
「いや親分ではない。師だ」と訂正するほどの人です。

その甘國亮本人が、そのあたりのことについて、
台湾のテレビで語っていますので、それを次の項に。




2003年02月16日(日) 映画初出演で香港へ ●お知らせ・このサイトのこと

映画初出演で香港へ

「ワンダーガールズ2(東方三侠2)」の撮影のために香港に行ったのは、
3月の上旬のようです。
すぐに2日間撮影に参加した金城武は、初めてのスクリーンの仕事を
「とても面白い、少しも辛くない」と感想を述べました。
また、「三人の大スターと共演できて、大変嬉しいし、緊張している。
また光栄に思っている」とも。
ミシェール・ヨーにたまたま撮影所外で会ったときは、
以前、彼女の主演映画を見たことがある、
敏捷な身のこなしが大変印象に残っている、と話をしたとか。
(大成報 1993.3.14)

香港進出といっても、すでに前年から香港を数回訪れて
テレビ番組などに出演していたようですが、
映画出演というのはやはり大きな出来事でしょう。
この初出演作の監督が、今「向左走 向右走」監督中のジョニー・トー。
なぜ、未経験の金城武を使うことになったのか?
この年4月の、おそらく自由時報(台湾)だと思いますが、それによると、
「ミシェール・ヨーが台湾に映画の仕事で来たとき、金城武を見て、
ジョニー・トーに紹介した」とあるのです。
事務所の働きがもちろんあるのでしょうが、
彼はいつも誰かに見出されて次のステップを登っていくように見えます。


お知らせ・このサイトのこと

先月初旬、私が長いことお邪魔をし、お世話になっていたホームページ、With Youが、
事情により、一時掲示板を閉鎖する事態になりました。
この武ニュースのサイトは、それまで掲示板で話されていたことの内、
金城武の活動に関する、主に台湾・香港のニュースの部分を、
With Youに来ていた方々に向けてお知らせするため、
緊急避難措置として開いたものです。
掲示板が回復したときは、抹消するはずのものでした。

一昨日、14日、With Youが再スタートを切りました。
それとともにここも、With You“出張所”としての役割を終えました。
ただ、新しいWith Youは最近のあり方に軌道修正を加えての再出発ですので、
このような情報関係の紹介はなくなります。

そこで、この場はWith Youとは全く別個のサイトとして、
名前を改め、このままの形でしばらく続けてみることにしました。

試験的に開設したばかりのBBS(ゲストルーム)も「試験的」の文字を外します。
もともと、将来像などなく、ゆきあたりばったりで開いた場所、
いつ消滅するかわかりませんが、情熱とネタのある間は……ということで、
足元だけを見て、しばらく2つの場を動かしてみようと思います。

よろしくお願いいたします。




2003年02月15日(土) 「ワンダーガールズ2」出演へ

1993年になって、香港への進出を前にした武のインタビューです。
彼ばかりでなく、台湾のほかのアイドルたちも続々と
香港での活動を試みていった時期でした。
以下の記事は、台湾の芸能雑誌「KOKOMO」によるインタビューですが、
これもいつのものか、わからない……。
例のごとく、憶測すると、日本での写真撮影から帰ったばかりと言っているのは
『真心遊紀』でしょう。この本には発行日が見当たらないんですけど、
写真の風景からすると寒い時期。
ということは、93年の冬〜春ごろに行われたインタビュー?
「風塵三侠」下集の撮影に行くと言っているのは「東方三侠2」でしょうから、
そんなころかと思います。

「金城武 香港へ、行ってらっしゃい!」 (抄訳)

日本での写真集撮影から帰ったばかりの金城武だが、
その疲れもとれない内、香港におもむいて「風塵三侠」の続編に出演する。
今回の香港行きについて、アニキは、期待もし、恐れてもいるという。
期待は、ミシェール・ヨー、マギー・チャン、アニタ・ムイという
三大スターとの共演。アニキは緊張ばかりでなく、とても光栄に感じている。
では、恐れているのは何?
それは、アニキには演技経験がないので、つたない演技で面目を失うことだ。
しかしアニキにその心配はいらない。
アニキが演じるのは、彼自身とよく似た素直な青年役だから、
アクションシーンもないし、持ち前の聡明さできっとうまくやれるだろう。

人から日本人なのか中国人なのかと絶えずたずねられること、
これはアニキ自身も大いに悩んでいる問題だ。
「自分だってよくわからない。
日本人だと思うときもあるが、母は台湾人で、自分も台湾で生まれ育っているから、
日本のことより台湾のことの方がはるかによく知っている。
にもかかわらず、自分が台湾人といえるのかどうかはっきりしないというのは、
ほんとに悩みます」

今やアニキは台湾ではひっぱりだこの歌手の1人であり、
ニッキー・ウー、スー・ヨウポン、ジミー・リンとあわせて
「台湾4大公子」と呼ばれている。
こう呼ばれることについてはどう思っているのか?
アニキは笑いながら、自分をアイドルと思ったことはない、が、
もちろん、本当の実力派でもないし、と言う。
歌の話になったとき、歌と演技のどちらがより好きか、たずねてみた。
「どちらも好きですよ。歌を歌うのは面白いけれど、プロモーションの仕事が辛い。
演技をしているときはとても大変だけど、プロモ活動をしなくていいから」

アニキは歌手であることは本当に難しいと思っている。
今どきのファンは要求が非常に高いから、
歌が巧いだけでなく、踊りもできなくてはならない。
アニキは歌の方面ではすでにOKだけれども、
「踊りについては、全然やってこなかったし、好きでもないから頭が痛い」と言う。
そうはいっても、アニキはきっと、彼を支持するファンのために努力をし、
オールラウンド歌手への道をまい進していくに違いない。

「台湾4大公子」の1人として並び称される、人気上昇中のジミー・リンは、
香港でも映画の撮影中だ。
アニキはジミーのことをよく知っているのだろうか?
「ジミー・リンは面識があるけれど、すごくよく知っているというわけではないです。
彼はすごくいいと思うし、ダンスもうまい。
ぼくは特にダンスの面で彼に学ぶところが多い」。

アニキが香港への本格的進出をめざして、香港に長期滞在する道を選んだことで、
ファンは彼が台湾のファンの元に戻ってこないのではないかと
とても心配している。
これについて、アニキは急いで説明してくれた。
「ぼくは台湾での仕事を捨てるわけじゃない。CDアルバムはずっと台湾で出していきます。
でも、ここではある程度の仕事の基礎ができたので、香港でも少し試してみたいんです」

台湾でのデビューアルバムには、日本語、北京語、台湾語の歌が収められているが、
本人はなかでは台湾語の「無照青春」が好きだという。
これは友達とガールハントに精出した日を歌った歌だが、
現実生活では、知らない女の子を追いかけ回す勇気なんかないそうだ!
それどころか、大胆な女の子たちは、どうし対していいかわからないので苦手だという。
じゃあ、アニキはいったい台湾・香港・日本のどの女の子が好き? と食い下がると、
ようやく、アニキはこう答えた。
「みんな好き。一番いいのは、台湾と香港と日本の混血の子(笑)!
アジア人で髪が黒くさえあれば、OKです」 




2003年02月14日(金) 「鬼武者3」のウワサ

新作ゲーム「鬼武者3」の中身が明らかにされないので、各種噂が乱れ飛んでいますが、
DerrickのBBSで紹介していたこの新聞はいつのものでしょうか?
ネットには様々な情報が紹介されるけど、
出典といつのものかをきちんと書いてくれるのって少ないんですよね……
大事なことだと思うんだけど。

ドニー・イェンが、何かゲームのアクション指導の仕事で日本に来るという
情報が流れたのは去年の12月でしたっけ?
それがなんのゲームかは結局明らかにされてないと思うんですが、
実際ドニーは日本に来たし。
そのころ、この話↓も掲示板などで言われていた気もする。記憶が定かでありません。
ですから、2ヶ月前のものかもしれないです。
私は本人が本当に演じるわけじゃないゲームはあまり関心がないのですが、
ちまたには、こんな情報も流れているということで。海外の記事です。
(はっきりこう書いてあるからといって鵜呑みにはなさらないよう)
新聞記事の実物は↑で見られます。

***************

本紙は先週、香港スターのドニー・イェンが「鬼武者3」に参加するとスクープしたが、
最近の情報では、元祖鬼武者の主役・金城武が再び出演、
それに加えてフランスのスター、ジャン・レノも加わっての共演となるという。
ドニー・イェンは金城とレノのアクション指導を担当するとのことだ。
「鬼武者2」が完成後、流された宣伝動画中に、神秘的な形の鬼の籠手があったことから、
金城武の再登場は大いにありそうだったが、
ジャン・レノの参加というのは非常に意外で嬉しいニュースだ。
歴史によれば、当時織田信長の活躍した戦国時代に、
日本はすでに西洋文化との接触を開始、フランスとも交流があった。
ジャン・レノのこれまでの役柄を見ると、
銃の名手の外国人か宣教師で登場ということになりそうだが、
敵方か味方かもまだわかっていない。
(Game Next News)




2003年02月13日(木) RE:金城武は「外国人労働者」? 2●RE:カットされた「ラベンダー」・おしまい

RE:金城武は「外国人労働者」? 2

この話は結構辛いものがあるので、掲載をためらわないでもなかったのですが。
でも、金城武のアイデンティティの問題って、
 なんのかんの言っても、結果的にはマルチリンガルになって羨ましい、とか、
 兵役につかずに済んで、かえって幸運だった、とか、
 国際的な雰囲気が身についてよかったんじゃない、とか・・・
そう思われる部分もないとは言えないと思うのです。
そうじゃなく、それは気分の問題なんかではなく、
現実に様々なことにぶつかっていただろうと思わせる記事だったので
あえてご紹介しました。

日本国籍の問題にしても、当時、台湾は父系主義をとっていたから、
父親が台湾人でなければ中華民国籍は取りたくても取れなかったわけです。

(ちなみに日本もそうだったのであります。
それを改めたのは、1984年になってから。
韓国は1997年。2000年にはやっと台湾も法改正をしました)

で、日本人だといっても、一時的に台湾に滞在するのでなく、
そこを故郷として、その地で生きて行こうとしたとき、
台湾の国籍を持たないことがどんなに大きな障害になるか、
私も最近まで知りませんでした。
選挙権とかそういうレベル以上、就業権や、さらには居住権、
そういうことまで関わってくる問題だったのです。

生半可な知識で語るのは誤解のもとですので、控えますが、
兵役にしても、できれば避けたいものであると同時に、
一方では1つの成人儀式のようなとらえられ方もされているのではないでしょうか。
数年前、兵役中のチャン・チェンのインタビューで、
キャリアの中断に話が及び、インタビュアーが金城武のことを引き合いに出したとき、
賢く答えを避けながらも、複雑な感情をかいまみせたことを思い出します。
チャン・チェンは台湾生まれの台湾の人間だから、
武の立場の抱える問題は想像しにくかったでしょう。

写真集『劉健一』巻末の馳星周との対談で、「縁」の話になり、兵役のことを聞かれて、
「僕は日本国籍だから兵役に行かなくていい。そういうことをふまえても、
僕には何かすべきことに導かれているというか、何かあるんですよね」
と答えている箇所があります。
これも、行かなくてすんで運がよかった・・・って話じゃ、実はない気がする。
もろもろを乗り越えてくるのは、そんなに易しいことではなかったのでは、と思うわけです。

しかし……一方で……
真偽はわかりませんが、多分、どこかのサイトでどなたかが
紹介して下さっていたのだったと思いますが、
「自分は何人なのか」
この根本的な疑問を武が母親に投げかけたとき、お母さんは、
「なんだ、あなたはそんなことを悩んでいたの」と笑い、
「あなたは日本人よ」
と、あっさり答えたのだとか――そんな話もあるわけで。

ま、所詮、赤の他人の外国人にわかることではないけれど、
けれども、人は表に見える事象だけで、軽々しく判断はできない、
それぞれの事情と歴史に可能な限りで想像を及ぼすことはしたいものだ……
ということぐらいは言えるかと思います。


RE:カットされた「ラベンダー」・おしまい

幻の3ショットと、旅立ちの前夜の3人の衣装が同じではないかという疑問に対し、
香林さんが、自分の部屋でそれぞれ天を仰ぎ思いにふける3人を
一堂に集めて、同じだということを証明して下さいました。

  

サイズの関係で少し右側をトリミングさせていただきました。
各部屋の3人は、普通なら、別々に撮影したと考えますが、
衣装の件と、「ラベンダー」に専念の武以外、
ケリーとイーソンが多方面に超忙しい売れっ子であることを考えると、
3人そろった機会に、集合と、個別と1度に撮影したように思われます。




2003年02月12日(水) 金城武は「外国人労働者」?●「向〜」作者ジミーの話(中廣新聞網)●RE:金城武は「外国人労働者」?

金城武は「外国人労働者」?

おそらく「分手的夜裡」を出した後のことと思われますが、
次のような新聞記事があります。

<日中混血の歌手金城武が、福隆伝播公司の手配により台湾のテレビ番組で歌を歌い
収入を得たのは、「外国人労働者」条項に違反しているとして摘発された。
昨日、台北地検署で第1回の調べが行われ、
金城武と福隆伝播公司の責任者葛福鴻が審問されたが、葛は未出廷。
金城武は検察に対し、新CDの宣伝を行い、テレビで歌を歌ったことを認めたが、
自分は「外国人労働者」ではないと述べた>

もう少し詳しい内容は次の通りです。

<台北地検署は、先ごろ民間からの告発を受け、
福隆伝播公司の責任者葛福鴻が日本国籍の男子、金城武を雇用し、
台湾の各テレビ局で非合法に仕事に就かせたにもかかわらず、
申請登記をせず、就業服務法違反の疑いがあると指摘している。
検察官は昨日第1回の審理を行い、葛・金両者の雇用関係と、
金城武の台湾での仕事の状況を調査した。
既知の通り、97年の香港返還や台湾芸能界での需要など様々な原因から、
近年、多くの香港芸能人が台湾での発展をもくろんでいる。
これらの香港芸能人は二重国籍を持とうと持つまいと、
現在はすべて外国人とみなされている。
金城武が外国籍歌手として、台湾での非合法労働の嫌疑をかけられたのは、
多数の台湾での成功をめざす外国籍芸能人中、最初の摘発事件である。
金城武は昨日検察に対して供述し、彼の父親は日本人、母親は中国人で、
自分は台湾で生まれ、台湾の学校に通い、
去年香港の年代公司と契約、年代所属の芸能人となったこと、
また最近台湾で新CDを出したので、歌を歌い宣伝のため、
福隆伝播公司の手配により、台湾でテレビ番組に出演したが、
福隆との直接雇用関係はないと語った。
金城武は台湾で歌手活動をし、CDを出したのは仕事であると認めているが、
しかしながら、なぜ台湾に生まれ育った自分が
「外国人労働者」とみなされるのか、理解できないと言っている。
検察は近日中に再度、福隆の責任者の審問を行い、
金との実際の関係について明らかにするとしている>
(金=金城武のこと)

別の新聞は、次のように述べ、この事件に対し、疑問を提出しています。

<外国人労働者の一件で告発されたことに対し、金城武は、昨日非常に気落ちして語った。
「なぜぼくが外国人労働者だなどと言うのか」。
金城武は、「もし今の法律にそういう新規定があるなら、全力で遵守し、
必要な労働登録証を得るだろう」と言う。
福隆もまた、金城武のために労働証を申請するにはどのようにしたらよいか
調査を開始したが、ただ、日中混血の金城武が台湾で生まれ育って、
成長したら外国人としてわざわざ労働証を申請しなければならないというのは
やはり理解できないとしている。
金城武のような身分は歌謡界唯一の「例外」ではない。
香港の、例えばジャッキー・チェン、アンディ・ラウ、レオン・ライ、
アーロン・クォック、(他数名列挙)などは、全員中華民国国籍ではないが、
国内の芸能人同様に台湾で仕事ができる。
金城武も香港スターと同様の立場であり、なぜ、彼だけが槍玉にあげられたのか?
高明駿、劉寛、酒井法子(他7名列挙)に至っては、
それぞれ違う国から来て、みな中華民国のパスポートを持たない歌手である。
彼らがみな規定にのっとり、労働証を申請したことがあるだろうか?(後略)>


「向〜」作者ジミーの話(中廣新聞網)

撮影中の「向左走 向右走」の作者ジミーが新作『幸運児』を出すに当たって
自分こそ文字通りの幸運児だと語り、
映画「向〜」についても次のように言及しました。

「映画というのはすごく面白いものだと思っていて、
あまり深く考えていない。
ジョニー・トー監督から話があったときは、大喜びでOKした。
これが大人気の金城武とかわいいジジ・リョン主演の作品になるなんて
予想もしなかった。私自身、この映画をすごく楽しみにしている」

そして、これからも、読者を楽しませる作品を書いていきたいと言っています。

その他のニュースとしては、韓国の人気女性漫画家が来台したとき、
自分の作品がもしも映画化されるなら、お気に入りの代表作(ラブストーリー)の中の
大スター役は金城武がいいと思っているのだと語ったそうです。(大成報)
この手の話、よく聞きますね。
最近韓国ドラマや映画が台湾でも人気ですが、
台湾を訪れる人気韓国女優が共演したい、あるいはファンだという話に
金城武の名前がしょっちゅう出てきます。
何人ぐらいがそう言ったか数えておけばよかったと思うぐらい。

中国大陸の方では、
「誰が恋愛対象として最高か・・・中国十大夢の恋人」と題して
男女芸能人の名前と写真をあげています。(千龍網)
男性では、陸毅、古天楽(ルイス・クー)、金城武、トニー・レオン、
費翔(クリス・フェイ)、エディソン・チャン、陳小春、
となぜか7人しかないのですが、
金城武の写真が、新しいものではないけれど、画像がきれいなので・・・
ここです。


RE:金城武は「外国人労働者」?

問題になっている就業服務法というのは、
外国人の不法労働を防止すると同時に
外国人就労によって台湾国内の労働力不足を補う目的を持って、
1992年5月に施行された法律です。
外国人労働者をきちんとした形で受け入れるものですが、
その分、かなり厳しい制限や手続きが要求されています。

残念なことに記事の日付がわからないのですが、
法律の成立時期や金城武の仕事の状況から見て、
92年末から93年初めにかけてのどこかではないでしょうか。

台湾に在住する外国人の立場は、台湾人と結婚した者でさえ、
永住権や労働権の面でかなり厳しいものがあるようです。
現在は、当事者の努力もあって、少しずつ緩和の方向に向かっているようですが、
台湾に関するサイトなど読むと、私達の知らないことは実に多いと思わされます。

どう決着したのかはわかりませんが、
武が常に抱えていた、自分がどこに所属するのかについての割り切れぬ思いを、
この事件はさらに深める働きをしたかもしれません。
香港芸能人のケースを含めて、今はどういう扱いなのか、
ご存知の方はぜひご教示ください。


 


2003年02月10日(月) 「夏天的代誌」「遠方的櫻花雨」(再録)●CM撮影の時の金城武(中時晩報)

「夏天的代誌」「遠方的櫻花雨」(再録)

デビューアルバム「分手的夜裡」から、
台湾語の歌である「夏天的代誌」の意味です。
以前BBSにアップしたのですが、保存しておかなかったので、もう1度やり直しました。

もう1曲の「遠方的櫻花雨」も再録です。北京語なので、
他のサイトで訳して下さっている方があると思いますけれど、ついでに。
「北」「櫻」「雪」という、日本を暗示するキーワードが散りばめられた、
これも金城武のための歌でしょう。
以前、世話をしてくれた年上の女性、例えば、
近所のお姉さんとか先生とかに対するほのかな恋愛の気持ちを表したものではないか――
というのが、中国人の同僚の解釈です。

もう1つの台湾語の歌であり、武も気に入っていたらしい「無照青春」は
また後日に。

「夏天的代誌」  詞 呉念眞/曲 陳昇

五歳の年の夏のこと、
おかあさんがぼくをそばに座らせ、台湾語を教えてくれた。
おかあさんが一言いい、ぼくがそれを覚える。
勉強は夜中まで続いた。
顔をあげてみると、おかあさんの目には、
星がきらきら光っていた。

 おはようは眞會早、スリッパは浅拖、
 ありがとうは眞多謝、ちりがみは便所紙、
 幼稚園はそのまま幼稚園、みそしるは豆醬仔湯、
 茶碗蒸しは茶碗蒸、ご飯食べるは吃飯

何にも知らない悪い子だったぼく、どんなに教えてもらっても覚えない。
おかあさんは言った、やせた身を削って教えてるのに。
おかあさんの言うことを ぼくはわからないふりをする。
今、振り返ると悪かったと思う。
やっとわかった、お母さんの苦心が。
ひとつひとつがみんな愛情だったんだ。

 おはようは眞會早、スリッパは浅拖、
 ありがとうは請眞多謝、ちりがみは便所紙、
 幼稚園はそのまま幼稚園、みそしるは豆醬仔湯、
 茶碗蒸しは茶碗蒸、ご飯食べるは吃飯

五歳の年の夏のこと、
おかあさんがぼくをそばに座らせ、台湾語を教えてくれた。
ぼく自身も知らないうちに 
いつか台湾語で歌を歌えるようになっていたよ。
おかあさん、ぼくは言いたい、「愛してる」(日本語)。
ママ、愛してる(北京語)。

「遠方的櫻花雨」  詞 陳昇/曲 黄連

もしも、あなたが忙しくて
あまり会いに帰ってこられないなら
ぼくは夢の中で、あなたと一緒に世界中を行こう。
むかし、あなたを困らせた小さな子どもは
少しずつ大きくなって、もう山のように高くなったよ。

あなたは遥か遠い北にいて、ぼくたちを思っていてくれる。
ぼくがあなたのように、世界をつかまえられるよう願っていてくれる。
むかし、あなたがぼくたちに語ってくれたおとぎばなしは、
みな少しずつ歳月の中に埋もれていった。

ゆうべ、ぼくは夢を見た。
ぼくらは肩を並べて歩いていた、
三月、櫻の花咲く雨の中を。
ねえ、夢の中で、あなたはずっと黙っていたよ。

ゆうべ、ぼくは夢を見た。
ぼくらは肩を並べて歩いていた、
三月、舞い落ちる雪に向かって。
遠くにいるあなたは聞こえただろうか、
ぼくが夢の中でそっと呼んだのを。
ねえ、夢の中で、
あなたはずっと黙っていたよ


CM撮影の時の金城武(中時晩報)

大スターのCM撮影の際に垣間見られる個性を拾ったもの。
F4やロザムンド・クワン、ジョイ・ウォンなどと一緒に金城武も話題に上っています。
携帯電話のCMというのは、T18の最初の1編で、片腕をつっているあれです。
こんな軽い話題すら、このところ全然見かけなかったので、
よそで既に紹介してくださっているところもありますが、一応拾っていきます。

*************

亜州天王・金城武は、見事な体型を維持しているが、実は甘い物好き。
スタッフの話では、休憩室のテーブルにはたくさんの好物のチョコレートと、
各種のおやつが用意されているらしい。
全部自分用か、みんなで食べるのかは知る由もないが。
また、彼は写真がきらいで、うるさくされるのも好まない。
冷静な完璧主義者で、出演のたび、きちんとした仕事を強く求める。
以前、携帯電話のCMを撮影したとき、綿のズボンを履くシーンがあった。
このために、彼は自らスタイリストと一緒に下着のパンツの選択に当たった。
どんなデザインのパンツがズボンと合うか意見を交換し、
最後に彼はグレーの綿のパンツを選んだ。
完成したCMでのその効果は確かに上々であった。
(2月8日)





2003年02月09日(日) RE:エリクソン3分間CMのセリフ

このCMは日本語、北京語、英語が入り混じっていますが、
セリフの意味についてお問い合わせをいただいたので、
ご紹介しておきます。
年配のお客のセリフは「完整版」で全部わかったので、そちらを記しました。
最後の「心はきっと通じる」、直訳は「コミュニケーションは不可能ではない」です。

(エリクソンT18 心のコミュニケーション編)

ある曲を聞くたび、部屋は夏の日のあの店の空気に変わる。

年配の客「ああ、ありがとう、ありがとう。どこの店行ってもなくて、ここでやっとめっかった。
よかった。ありがとうね。どうもありがとう、ありがとう」
「あのう、あるアルバムを探しているんですけど、曲名とボーカル、覚えてないんですよ。
で、曲がこういう感じで……(スキャット)
ディア何とかっていうんですけど。
……待って、違う……(再びスキャット)
店員「すみません、私、聴こえないんです。でも、あなたの音楽は感じとりましたよ」

「すみません、あの、リクエストしたいんですけど」
アナウンサー「こちらは米軍放送です。ただいま、ちょっと特別なリクエストをいただきました。
耳の聞こえない娘さんへのプレゼントです。心で聞いてもらいたいそうです。
この心温まるひとときを、みなさんもご一緒に……」
(探してもらったアルバムを抱えて出て行く武の回想場面)
(Dear Heart流れる。涙を流す店員)


夏が過ぎて、ぼくは考えている。
もし、声自身が何かを伝えたがっているとしたら、
それは多分、一番は心で聴き取ってもらいたいということじゃないか。
ぼくは知っている、君が聴いてくれたことを。

心はきっと通じる。
エリクソン。


2003年02月08日(土) カットされた「ラベンダー」・続き●RE:カットされた「ラベンダー」●カットされた「ラベンダー」・おしまい

カットされた「ラベンダー」・続き

小説には、チャウチャウとの関わりがもう少しあって、
撮影されたかどうかはわかりませんが、
もし、映画にあったら、もっと話がふくらんだり、
事情がわかったりしたかもしれない部分もあります。
できたら、DVD化するときには、ディレクターズ・カット版にしていただけるとうれしいな・・・
無理でしょうが。

小説から、もう1場面、チャウチャウとのやりとりを抜き書きします。
工事現場でアテナと天使が宙吊りになってまもなくのこと。

************

チャウチャウは、アテナと天使の写真が表紙に載っている雑誌を眺め、
天使に向かってかぶりを振った。
雑誌には「ロマンチックに天使ごっこのカップル、宙吊りに」と見出しがおどっていた。
「はん! なーんてロマンチックなんでしょ。これが君とぼくならよかったのに。
君達はシーソーでもしてたの? それとも空中ブランコ?」
「アンドリューの匂いって、どんなだったか知ってる?」
「なんでまた、そんなプライベートな質問を? そんなこと答えさせるの?」
「一体、どんな匂いだった?」
「人は1人1人みんな匂いが違うさ。
同じ人間の匂いだって、君が感じたのとぼくが感じたのとでは全然違うこともある」
天使は意味がわからない。
チャウチャウは説明のため、自分のビールを天使に飲ませて聞いた。
「どうだい?」
天使は首を振る。チャウチャウは、今度は天使に天使の持ってるビールを飲むように言い、
「どうだい?」
「おいしい」
「君は君のビールがうまいと感じ、ぼくのやつはうまくないと言う。
ところが、ぼくはぼくのビールがうまくて、君のはうまくない……」
「まだわからない」
「簡単なことだよ。君はそれが好きだ、だからうまいと感じる」
「じゃあ、君にはアンドリューはおいしかった?」
「長いこと飲んでないからね、忘れた」とチャウチャウは答えてから、
「おい、そうだ、いいことを思いついた。明日、SWAT(飛虎隊)の連中を呼ぼうよ……」

*************

この一節から、いくつかのことがわかります。

ブランコに宙吊りになった2人は、天使が言っていたように、
 結局朝まで待って、他の人に助けてもらったのだということ。
 それが、週刊誌ネタになって、写真まで載せられてしまったのでしょう。

この一節は、2人が家にたくさんの男達を引き入れて
アテナを慰めようとするシーンに続きます。つまり、
 部屋にいた男達の素性はSWATの隊員であったこと。
 多分アンドリューを通じて、チャウチャウも知り合っていたと思われます。
 映画のラストに流れる出演者を見ると、SWAT隊員という役名が数名読み取れます。

天使が、アテナの思いに動かされ、人の香り(人を好きになるという感情)について、
知りたいと思うようになっていたこと。


RE:カットされた「ラベンダー」

今日はめでたくも関西初の「ラベンダー」公開日。
さて、先日の続きで、もう1つのカットされたと思われるシーンですが、
ぁ△海譴呂そらく1番初めに、
靴をなくした天使が裸足で街を歩き回るシーンと同時に撮影されています。

前にロケ現場の写真を紹介した(1月29日分参照)新聞記事によると、
2人が街で酔っ払っているシーンだったそうですが、
映画では、天使を背負って帰るチャウチャウの部分だけが採られています。
そのときの2人の服装が、写真と同じですね。
そして、夜な夜な遊び回っているのを、翌日、アテナにとがめられる場面につながります。

小説では、もっとあと、バーでアテナが恋人を亡くしていたことをチャウチャウから聞いて、
「彼女を助けてやりたい」と言う次の場面なのです。
ちなみに、「彼女を助けてやりたい」(映画の字幕では「彼女を慰めよう」)と
天使が言った後、チャウチャウがこんなことを言っています。
――「それじゃ、ぼくのことは誰が助けに来てくれる?
   ぼくだって人間だよ。神様も、ぼくらのようなものは差別するのか……?」 

(香港版ノベライズでのシーン)
帰り道、天使は少し酔っていた。チャウチャウは肩を貸して、狭い裏通りを歩いていった。
「なあ、さっき、僕の質問に答えなかったろう? 天使とねんごろになったら、地獄に落ちるのかい?」
天使はさっとまじめな顔になった。
「天使を好きになった者は、天使に捨てられる」
「どうして? その羽で2人一緒に天国に飛んで行けないの?」
「だめなんだ。天使は人間の愛を天に持ち帰ってはならないから。
そんなことをしたら、地上に落とされてしまう。だから天使を愛しても、捨てられることになるんだよ」
「捨てられたっていいさ。今まで天使と試してみたことないしな……」
天使は気持ちが悪くなり、塀に寄りかかって吐いた。
「おい、大丈夫か。あんな少ししか飲んでないのに酔っ払って。
どう、ぼくが君のこと、酔っ払ってるすきにやっちゃうかもしれないって言ったら
本気にする?……」
突然、空のかなたで雷鳴がとどろいた。


カットされた「ラベンダー」・おしまい

スチールにあって、映画にない場面、最後のものは、これです。

   

これは小説にも該当するシーンはありません。
強いて入れるとすれば、天使が帰ることになったその晩、
映画では3人がそれぞれ自分の部屋で空を眺め、物思いにふけりますが、
初めの案では、一緒に見上げたのかもしれない……
3人の服装が一致するからです。
(ただし天使の服は袖のあるものにも、袖なしにも見えますが……
スクリーンで確かめればハッキリするかも)

しかし、話の流れからは、相当無理があります。
考えてみると、この3人が同時に画面に出てくるところは案外少なくて、
初めにチャウチャウがアテナの部屋を訪ねてきたシーン、
そして、アテナの部屋で勝手にパーティーをするシーンだけなんです。
設定上、3人が同じ場所にいるところは他にもありますが、
画面では同時に写りません。別々に撮影した可能性もあると思います。

↑の写真は、チャウチャウと天使の服がパ―ティーと同じなので
(天使のシャツがベージュっぽく見えますが、写真の色調のせいでしょう)
この撮影で3人がそろったときに、ポスターの候補、もしくは宣伝用スチールとして
撮影したものではないでしょうか。
ポスターが初めからあの2枚(香港版のラベンダー畑のものと、駅でのもの)に
決まっていたのなら、重要な登場人物のイーソンがどこにも出ないので、
宣伝用写真として用意したのではないかというのが私の推測(憶測)です。
でも、これは、もしあったとしたら、かなり素敵な場面だったでしょうね。


2003年02月06日(木) 「ラベンダー」新聞広告●金城武・19歳の誕生日

「ラベンダー」新聞広告

2月4日 朝日新聞朝刊


金城武・19歳の誕生日

再び、デビューの年の金城武に戻ります。
18歳で本格デビュー後まもなく、武は19歳になります。

「最も新しいトップ美形スター、金城武は、11日に満19歳の誕生日を迎えたばかり。
これは彼にとって歌謡界に足を踏み入れて初めての誕生日であり、
忘れがたいものになった。

11日当日はテレビ局のスタジオを飛び回りながらお祝いをいってもらうくらいだったが、
前日の10日、苗栗で行われた「夢公園」コンサートに出演したときには、
2万人の男女のファンが、
彼が舞台に姿を現すや、一斉に「ハッピー・バースデー」を歌ったので、
彼は感動して、目をうるませた。

ファンから誕生日のプレゼントが届けられたことも、今までない経験だ。
なかで一番びっくりもし、喜びもしたのは、2人のファンが送ってくれた千羽鶴だ。
1人は5千羽で、1人は3千羽。どの鶴もわずか1センチの大きさである。
ファンにいかに深く愛されているか、金城武は実感をもって知ることができた」
(中国時報 1992.10.15)

涙もろい武。20歳の誕生日にも、陳昇に歌をプレゼントされて泣くんですよね。
ちなみに10月生まれのスターは、武のほか、
ジミー・リン、王傑、アーロン・クォック、ニッキー・ウーがいると書いてあります。

      19歳になった武。ファンからの贈り物を手に。


2003年02月05日(水) エリクソン3分間CM テスト版●カットされた「ラベンダー」

エリクソン3分間CM テスト版

著作権の問題はクリアしているようなのでリンク張りますが、
台湾CF歴史資料館にギャランCMのきれいな動画があると教えていただきました。
2913番の資料です。確かにきれいです。

その付近を眺めていたら、エリクソンの3分間CM(T18)が、
アップされていて、なぜ今頃かというと、「完整版」なのだそうで、
見てみると、放映されたのとは少し違うのです。(2989)
一番よくわかるのは、レコード店で年配の男性がお礼を言って出て行くシーン。
放映版ではせりふが一部カットされて、日本語としてはわかりにくくなっています。
これが元の形のまま、全部話されます。
その他、店員が1人でいる部分が長いなど、時間を計っていませんが、
これを元にカットし、編集して放映版になったのでしょうか。
画面下に「Test」と出ますので、完成前のバージョンのようです。
珍しいのでご紹介。

ただし。重たいです。ADSLでも1時間以上と、ダウンロードにやたら時間がかかります。
画面に映し出されるのを見るだけなら、大分短い時間で可能ですが。
このサイトを読むにはBig5(繁体字ソフト)が必要です。


カットされた「ラベンダー」

アジアンパラダイスの2月1日放送分で、「ラベンダー」について紹介され、
ホームページにてオン・デマンドで聞くことができます。
初めて聞くカムハン監督、イーソンの生声によるインタビューも面白いですし、
2人ともいい感じの声だと思いました。
なかで監督が、「香港では、1日6回上映するために、
映画を90分にするよう求められるのが辛い」と話していますが、
そのため「ラベンダー」も、かなりの部分を占めていた天使とチャウチャウのやりとりを
削らなくてはならなかったそうです。

ところで香港版の映画のノベライズは「イップ・カムハン著」と表記されていますが、
これはノベライズのクレジットとしては珍しいのです。
普通は日本と同じくライターがいてノベライズし、
「改編 だれだれ」とリライターの名前が載っています。
それで、「ラベンダー」は監督自身による小説と紹介したあちらのサイトがありましたが、
ひょっとして続いて名前の載っている「編集」というのが
もしかしたら「改編」の役目をしたのかもしれません。
しかしそうだとしても、オリジナルの監督の構想(脚本)に
かなり忠実だと考えてよいのではないかと思われます。
もっとも、台詞やその場の解釈などは、必ずしも映画と同じではありません。

で、どこがカットされたかですが、このノベライズにあって映画にない部分を探すと、
チャウチャウがアテナの部屋にやってきて、天使に自己紹介するシーンの一部
天使がアロマ教室のアシスタントをすることになって以後の
 教室での生徒とのやりとり、またアテナとトー夫人との若さを取り戻す香りについてのやりとり。
マッサージで天使がモデルになるまでのいきさつ
チャウチャウと酔って街を歩くシーン
ブランコで宙吊りになった翌日の天使とチャウチャウの会話
となります。

このうち、,鉢い麓命燭忙弔辰討い泙垢里如
実際に撮影されたがカットされたと考えてほぼ間違いないでしょう。

 

このシーンのあと、飛行機の話になったとき、
天使の手には、前のシーンにはなかった白い小さなカードが見られます。
それは、チャウチャウが自己紹介のため、天使に名刺を渡したからなのです。

<カットになったシーン> (小説より)
チャウチャウ「(小さい声でチャウチャウと呼んだら自分だと言ったあと)
これ、ぼくのやってるモデル事務所。ちゃんとしたところだよ。
巧いこといって写真だけ撮っちゃうようなとことは違うからね。
最近放映の始まったダイエットCM見た? それに出ているのがぼくの事務所の……」
アテナが横やりを入れた。
「犹藩兪悪瓩呂△覆燭了務所のモデル、犹藩儻絖瓩和召了務所の」
チャウチャウはエンジェルをちらりと見て、話題を変えた。

い砲弔い討歪垢なるので、次回に回します。




2003年02月04日(火) デビューアルバム「分手的夜裡」

台湾も香港もお正月色でいっぱいです。
ジジは数日正月休みをとって、家族と過ごしているそうですので、
武もきっと台湾で水入らずの春節と思われます。

さて、CMに出たり、ドラマに出たり、
いわゆるタレントのような活動をしながら、芸能人としての訓練に励んでいた金城武が、
いよいよCDアルバムを出すことで、本格的な芸能人生の一歩を踏み出します。

1992年9月にリリースされた、そのデビューアルバムの特徴について、
後になって書かれた雑誌記事から、少し引用を。

****************

(金城武は)アルバム「夏天的代誌」(「分手的夜裡」のこと)リリースをもって
正式デビューをしたと言うべきだろう。
自身を反映させた歌、一連の宣伝攻勢、総合的イメージの形成によって、
金城武は成功のうちに一歩を踏み出した。
普通新人が売り出すときは、若々しいルックスをウリに、
さわやかな青春歌謡でファンの注意をひくのが一般的だ。
だが「夏天的代誌」は台湾語をメインに、日本語をまじえ、
歌詞は金城武自身の幼少時の、母親との情愛を描いていた。
MTVは温かな雰囲気で、非常に特別なものを訴えかける歌だった。

アルバム中、「分手的夜裡」は一般的なラブソングだが、
その他の曲はかなり特殊で、日本語の歌詞が入る他、
ロック的なアレンジの古語歌曲「無照青春」など、
曲風はヴァラエティ豊かであり、大変実験性に富んでいた。

事実、彼は大方の注目を集め、ファンを獲得し、アルバムは少なからぬ反響を得た。
これ以後の、「只要你和我」「温柔超人」はいわゆるアイドル路線を踏襲したものだが、
一方で金城武のアイドルとしての魅力を押し出しながら、
一方で、日本の歌の日本語・英語をまじえたカバーとオリジナル曲、
という特徴ある構成をとっている。

カバー曲の選択に当たっては、製作会社は旧作は使わず、
米米クラブの「君がいるだけで」、福山雅治の「All My Darling」、
DEENの「このまま君だけを奪い去りたい」、藤井フミヤの「True Love」など、
すべて同時代のヒット曲を選んでいる。
(「日本文摘」1997)

****************

当時のヒットチャートを見ると、「分手的夜裡」は、
新人歌手として注目を引くに充分なヒットだったようです。

そしてこの年の終わりには、1992年にブレイクした新鋭歌手の1人として
ジミー・リンらと共に新聞にとりあげられています。
「金城武はジミー・リンに続いて人気上昇の著しかった台湾のアイドル歌手だ。
2人の人気の原因は、ルックスの良さのほかに、
国内の歌謡界のファン層の年齢が低下したことが大きい。
小中学生のファンの好みに合わせるために、
レコード業界は、それにふさわしい歌手を探している」(自由時報 1992.12.30)

  自由時報より    ついでにサックス武


2003年02月02日(日) 金城武 デビューの頃

金城武ほど、年々変化し、しかもどんどんあかぬけて美しく、
素敵になっていくスターも珍しいのではないでしょうか。
グラビアだけでも、去年出た「GQ台湾」→「VOGUE台湾」→
「C’est Moi」→「Esquire」と、これだけの短期間に進化し続けているのですから。
過去、何人ものファンをしてきましたが、こういう人は初めてです。

そんなことを感じるにつれ、別人のように思える
過去のアイドル時代に興味がわくようになりました。
改めて古い資料をたどってみると、いわゆる下積みも挫折もなく、
順風満帆であったように見える金城武の芸能界人生も、
笑顔に隠されたそれなりに厳しい路程であったという気がしてきました。

やはり、過去あっての今。ということで、新しいニュースのないときは、
過去の記事などから、当時の金城武の様子やポジションを
少しずつでも追っていければと思います。
アイドル時代からのファンの方がいらっしゃいましたら、ぜひご教示ください。

今回はまず、CDデビューの頃の、小さな記事を。

「清潔な美貌で日本のスター加瀬大周とそっくりな金城武は、
昨日小さな秘密を明かした。
彼は子どもの頃からサキソフォンに憧れていたが、
習う機会がなかったのを、
爐Δ辰り甓亮蠅砲覆辰討靴泙辰榛、きちんと習い始めたというのだ。

何本かのCMに出演し、連続ドラマにも1本出演した金城武は、
今回、初めてのアルバム発表に至って、
ようやく広く注目されるところとなり、
正式なデビューを果たしたと言えるだろう。

その爽やかな容貌は年若いファンからは大変な人気だ。
彼の顔立ちは非常に日本的であるけれども、ネイティブの台湾語を話す。
それは彼が台湾の地に生まれ育った台湾人だからだ。
今回の彼のデビューには香港芸能界も注目している。
すでに無線テレビ局の要請で今日、出演のため香港におもむく。
英語、日本語、台湾語を話せる金城武は、香港で今度は広東語を覚えたいという。

この素敵な若者とサキソフォンの組み合わせは、たいそう優雅でロマンティック。
サックスも、言葉と同じようにものにして、
早く爛汽奪ス奏者瓩噺世┐襪茲Δ砲覆蠅燭い箸いΔ里彼の願いである」
(1992年9月5日 大成報)


2003年02月01日(土) 心路的感謝 ●「ラベンダー」香港プレミアの話 ●心路的感謝・追記

これがあるのに気がつきませんでした。
ゲストブックでふーさん、アイシーさん、教えてくれてありがとうございます。
心路のCMサイトの拍片縁起の中の心路的感謝です。
CMに参加した心路の生徒たちの感謝の言葉ですね。
名前の字が1箇所わからない。
で、小…と、愛称で名前統一します。

    ************

金城武さん、ぼくはあなたのようにかっこよくなりたいです。
みなさん、助けてくれてありがとう。
ぼくは今全国ガソリンスタンドの正社員です。
がんばります。 (小倫)

本物の金城武さんはけっこうかっこよかった。
写真もよく撮れてました。
スターと一緒に写真が撮れてうれしいです。
よい年をお迎えください。 (小)

本当にありがとうございます。
金にいさんは素晴らしい人です。ありがとうございます。
王おばさん、忘れません。
ありがとうございます。 (小維)
ディレクターの王念慈。張小燕の今回の仕事のパートナー)

今回心路の公益活動に参加できて大変うれしく思います。
メイクを手伝ってくれたお姉さん、ありがとう。
みなさん、ありがとうございました。 (小娟)

---------------------------------------------------
「ラベンダー」香港プレミアの話 - 進行中の映画も気になりますが、上映中の「ラベンダー」、悔いなく味わいたいものです。

共演のチャウチャウ役イーソンと武・天使は一風変わったいい味のコンビですが、
香港でのプレミアのときの様子を見ると、
実際にも2人はうまく行っていたような感じを受けます。
2人、顔を崩して笑いあっている写真も確かありましたね。
このとき、記者の「ポスターには武とケリーしか出てないけど」という
ちょっと意地悪な質問にも(イーソンもスターですから)、
「なんとも思ってないよ。映画の中心は2人だからね、
ぼくのモジャモジャ頭が並んだら、すごく変だろ」と彼は受け流しています。

まあ、これくらいは誰でも言う礼儀かもしれませんが、
次のようなことも話していたそうです。
2年前のことなので、とっておいたはずの資料が見つからず、
記憶ですから、不正確ですが、
「ぼくは今まで映画では、泣いたりする演技はどうもやる気になれなかったんだけど、
今回は気持ちが不思議なくらい自然に高まって、すごくよくできた。
だから今日見るのがとても楽しみなんだ」
それはなぜか……とファンは言いたいわけですが。

  香港プレミアのときのイーソン

このプレミアに運良く行くことができた、ある香港のファンによると、
ケリー、イーソン、ゲスト、他の人々がそろっても、肝心の主演男優はなかなか現れなかったそうです。
(南極から駆けつけてる最中でしたものね)
突然叫び声が上がり、フラッシュがバチバチとたかれ、武到着。
「阿武、こっち向いてください!」「タケシ、右を向いてもらえますか!」
「小武、上を見て」とカメラマンは大騒ぎ。
シャッターを押し続けるカメラマンを観客と武ファンの一群がびっしりと取り巻き、
混雑で、はしごの上に乗って取材していた記者が落っこちる騒ぎだったとか。

プレミア試写終了後、またとんでもない光景が。
ファンの女の子達が大勢、武の乗ったワゴンを追いかけて、
大声で名前を呼びながら車の窓をドンドンとたたいていた……

日本で同じ光景が繰り返されなかったのは、幸いと言うべきか、残念と言うべきか……

---------------------------------------------------
RE:心路的感謝 - 見落としていたわけがわかりました。
「心路的感謝」を含む、拍片縁起の中の3つのページは、
ギャランのサイトには無く、
心路基金会内のCMサイトのみにあるのです。
私と同じように気づかなかった方は、
心路サイトからCMページを見てください。


前の記事あさかぜ |MAIL

My追加