ゆりゆり日記
こうのとりの郷豊岡より
そこで出会うすべてのひとと
日々の想いの種が
なににつながりどこへ行くのか
未来へ続く今の日記

2019年03月29日(金) 嫁の自立

先日の女子会で
投げかけてみた
三年後五年後の自分を
どう描いているか


それは主に
パートの方々に
現状でいいのか
今後はどうなのか
ってコトを
聞きたかったワケだが

そんなこんな
プレッシャーの掛け方を
度々しても
なかなか動かなかった
山がとうとう
動くかもしれない

いや
本人は常日頃
うちはええねん
って
とっくに覚悟出来てる
風なキッパリ
を装っていたんだけど

実際はそうでもなく
旦那に頼っていたい
ってのが心の底にあり
正職になって
そのバランスが崩れるのが
怖いみたいで

まあ
対等で居たい
と思いつつも
立てなきゃ
って刷り込みがあって
自爆するわたしが
言うコトじゃないけどさ

がんばれえ



2019年03月28日(木) いにしえ感

いざ
次はコレ
って布に向かったら
もう素敵過ぎて
何を作ったらいいのか

ダウントン・アビーで
メアリーが
ガウン代わりに着ていた
着物のように
クラシックな雰囲気
たっぷりで

100年経ってないと
アンティークとは
表現出来ないので
そうは言わないが
これ程の古感がありつつ
リメイクに耐え得る
状態を保っているのは
奇跡に近い

最初のイメージは
ワンピース
だったのだけど
足捌きのいいものを
と思ったら
かなりの分量が必要で

かと言って
二着分の
トップスとスカートに
分断してしまうのは
やっぱり勿体なく
出来れば丈の長いのを
ひとつ作りたい


とりあえず
ロングの羽織モノ
スリット入れたら
何とか
ワンピース風にもなるか
クラシックな雰囲気の
襟も欲しい

うーん
楽しみ過ぎる



2019年03月27日(水) 北海道へ

偶然にも
今日を休日にしてた
ので
ゆっくり
発送作業が出来た

これが出勤日だと
やり取りだけでも
朝か夜かになるので
それを想定して
ついつい
先回りの内容になる

早くお届けしたい
って気持ちと
時間がないので
仕事以外の時に
確認作業もろもろ
済ませたい
ってのがあり

かと言って
お客様のリズムは
真逆だったりして
その辺り
なかなかに難しい
ホント
直接顔合わせてたら
苦労しないようなコトが

すんごく
ストレスになったりする
もう本当に
お買い上げいただいても
お届けまで
気が抜けないので
手放しで喜んでも居られない

その点
今回は極めてスムーズ
初めての北海道へ
吉祥堂の服が
海を渡って行くのだ
ああウレシ



2019年03月26日(火) らら

なんだか
昨日からじわじわと
ワクワクがやってきて
今朝はものすごおく
早く目覚めた


おおおっ
久々のお買い上げ
ナニが売れたのか
と思ったら
ユニセックスのはおり

沢山お気に入り登録
していただきながらも
あまりにも動かないので
まあそのうち
ムスコに着てもらうか
と思っていたら

嬉しいなあ

好きなコトを
いろいろやりながら
それでもこんな風に
ちゃあんと
売れてくれるのは
まさに理想

いよいよ
次作に取り掛かる
タイミングが
やってきたみたいだ



2019年03月25日(月) 自分のために

随分と
手間が掛かったが
ようやく
自分用の服が完成して
スッキリ爽快

縫い代は全部
芯地で補強して
無地の錦紗で
総裏を付けた
ニュアンス襟で
ノーボタンのはおり

あんなに酷かった
ダメージは微塵も判らず
二重だけれど
軽くてすべすべ
折り返した襟や袖口から
別色が効いている

最初から自分用ってのは
招かれた結婚式に着た
帯地のワンピースと
黒のはおりモノ以来か
あの時の花嫁は
既に二児の母である

先のコトは
大事だけれど
限られた今の時間を
こんな風に
使うって言うのも
大事にしなくっちゃ



2019年03月24日(日) よちよち歩く

布に触れない時間を
ただ死んでいる
ダケじゃなく
少しでも
意義あるものにしたく

始めた
英語の勉強は
なかなかよろしい
いや
もう本当に
暗記力なんて
ゼロに等しいけど

それでも
自分の中の
想像力を駆使して
何かに関連付けて
ギシギシと頭に入れ
夜の寝しなに
付録のCDを聞く

本気で
本当に思ったら
継続することは
出来るハズ
思うように動けない今を
新しい世界への
必然としよう

翻訳機能の
機械的な文じゃなくて
きちんと
伝えたいニュアンスを
自分で把握した
商品説明文
書けるように
なったらいいなあ

野望は大きく



2019年03月23日(土) 足りない

昨日は
休みだったんだが

朝起きて
自分用じゃなく
売り物を作りたい
衝動と共に起き
けれども
この所のモードは
少し違っていて
そっちに取り掛かれず

名刺代わりのタグに
やはりここは
着物地を貼るべき
だろうよ
好きだけどモリス
やっぱ違うよねえ
ってワケで

少し力を入れると
ぴりりと行ってまう
錦紗を二種類
ひとつはついこの間
セールではなくて
そのままの値段で買った
珠玉の生地なのだが

もうね
PP袋に入ってるのを
見たとたんに
穴だらけだった
ここまで酷いとの
説明はなかったハズだし
過去最悪の状態

悲しいなあ
ホントそう思ったら
リメイクに耐え得る生地は
それだけで貴重なんだけど
しょせんは要らない布
って考えもあるだろうさ

けれど
あたしにはつくづく
服にするだけじゃ
足りな過ぎる
と思えて

素敵な布を
救える方法を
もっと
身に付けないと
この道を進んでる
甲斐がないじゃんか

ああ
ただ先を急ぐ
ダケじゃないと思い
商いもストップ感ある
今だからこそ
こんな横道も眼に入る

本当に
一瞬たりとも
無駄ではないなあ



2019年03月20日(水) フォーカス

下のコが
置いて来た
楽譜を送ってくれ
と言ってきて

夜中に
暗い廊下を歩き
手探りで電気を点け
ヤツの部屋を漁ったら
机の上に重ねてある
数冊の本が眼に留まった

まあそれは
英語の勉強をする
とか言い出した頃
買い込んだ本か

置いて行って
あげく
英語の出来るカノジョを
げっとしたから
もういいのかもしれないが
試しに一冊読んでみたら

なんか良かった
子育てしながら
英語を勉強した女性の
動詞に着目しろ
って言う勉強法が
ちょっと面白かった

スペイン語は飽きて
結局挨拶の域を出ず
英語だっていくら字幕で
ドラマや映画観たって
そんな解るもんじゃない

ちょっとフォーカスの
仕方が変われば
また違って来そうだ
ちょっとやってみようかな
と思ったら
CD付きの良さげな本も
ちゃんと買ってあった

なんだよお
封さえ開けてないって
これは今ここで
わたしが開く用だったのか



2019年03月17日(日) 幸せな変身

久々の女子会は
美味しく楽しく
一杯おしゃべり出来た

深掘りは
また少人数で
ってコトで帰り
最近配信に気付いた
あのゲイの変身モノ
クィアアイ
シーズン3の続きを

なんか
今シリーズ
変身度は低めだけど
ターゲットのメンタルへの
焦点の当て方は
より進化してて
すごく勉強になる

風邪から
いつまでも治らない
鼻なんだけど
泣ける部分も
きちんとあって
いっそう鼻が崩壊
ティッシュは必須

そんで
改めてググってみたら
今年になって
メンバーが日本に来てた
しかも
日本でロケ撮影って
まじか

がしかし
日本人がターゲットって
生々しくて
果たしてどうなんだろう
なんか
少し怖いような

もちろん
見ちゃうんだけどね
だって絶対に
シアワセな気分になれるもん



2019年03月13日(水) 横並び

区の役の
引き継ぎがあったが
うちの隣保はもちろん
わたしが連続で

今後は
二つの隣保が
合同とかにならないか
の話しをしたら
大したコトじゃないから
やってあげる
って人が居れば済むのに

なんて発言があって
びっくりした
誰もが
夫婦揃っての自営で
時間のやり繰りに
融通が利くワケじゃない

けれどきっと
こういう意見が
抑止力になって
横並びに
当たり前のように
我慢して行くんだろうな

いつだったか
区から外してくれ
とか偏屈な家があったが
そんな風に
言いたくなる気持ちが
よおく解るわ



2019年03月12日(火) 今だから

申告から帰って
次に何を縫うかを
真剣に吟味

今年に入って
最初に縫うつもりだった
着物地のいくつかは
残念ながらそのままでは
使えない感じに
生地が弱くなっており

例えばそれを
補強したとして
やっぱり売り物には
怖くて出来ない
と思うものの
世に出せないのが
惜しい位本当に素敵で

いつか自分用に
とかお蔵入りにばかり
させて来たけれど
ちょいとここらで
試しに一着縫ってみて
どれ程着られるものなのか
経過を見てみたい

そう思い付いて
あまりにも酷い部分を避け
多少の難を残して
何とかトップス分を裁ち
縫い代には
全部芯地を貼って補強

そこまでで一旦終え
他の着物を解いたりする間
念のため
袷風に二重に仕立てて
長持ちさせるために
最大のことをしてみよう
と考え直した

早く走るのも大事だけど
いつやるの
って言う
こんなコトも
きちんと散りばめて
濃く深く生きよう



2019年03月11日(月) るんるん

雨がざんざん降る中
スーパーで
添付書類をコピー
と思って寄ったら
最近子育てが忙しく
すっかりご無沙汰の
飲み友と遭遇

早口で
要点をダダっと話し
何なら平日の方が出易い
とかで
わたしが翌日休みの
平日夜に飲もう
って言われて別れ

急ぎ税務署へ行き
相談スペースが
むっちゃ狭くなったせいで
ものすごおく待たされ
来年も同じような内容なら
直で出しても構わない
と言ってもらって終わった

昨年度分は
意外と営業収入が多かったし
仕入れも一杯しちゃったので
引かれた所得税が
全部戻る数字ではなかったが
それでも満足

ずうっと
足踏み状態だった商いが
じわっと成長している
その実感が
きちんと表れていたし
友との約束も出来て
気分はるんるんだ



2019年03月10日(日) 夢で会う

また
この季節が
やってきてしまった

そう
申告である
そうして
セットになったように
東京に旅立つ
下のコを見送った
あの日を思い出す

けれどもその前に
今朝は何故だか
亡くなった叔母が
独りで切り盛りしている
お店を夢のなかで
訪ねていた

実際は
先に逝ったのが叔母なのに
叔父の話しをして
淋しい
と一緒に泣いた
そうして帰ろうとすると
今度は父が現れた

何処へ行くんだったか
行く先は違うのだけれど
途中まで一緒に行こうと
駅で切符を買った
その切符を父が落として
ホームで探している
辺りで眼が覚めた

ああ
なんだろうか
この
心の奥底に
染み入るような感覚は

なかなか去らない
その感覚を
繰り返し抱きしめながら
パソコンに向かい
入力作業をし
領収書の整理をし

いつもなら
三連休を取って
終えるハズのを
今年は二日しか
休めなかったので
死ぬ気で頑張って
何とか目途が付いた

わかんないけどね
生きている限り
精一杯やろう
とか思ったな



2019年03月09日(土) お店選び

女子会の予約で
二転三転
どのお店もこの時期
忙しいようなのだった

毎月の会なら
いつもの店でいいけど
今回は幼児が居るので
他のお客さんの
迷惑にならないように
個室の方が有難い

策がなくなって
ぼーっと食べログ見て
ここはどうだろうと
一度だけランチを食べ
お弁当を注文した事もある
駅近くのお店に

電話してみると
まあその対応が
実に気持ち良く的確で
幼児連れの件も
人数の最終決定が
遅くなることも
利用時間のことも

全て解決したので
とりあえず席を予約
詳しいコースは
持ち帰って相談して
改めて連絡
ってとこまで
ようやくこぎ着けた

この件で
どんどん
気が重くなり
喜ぶべきことに
弾けきれなかったな
はあ
良かった


++++++++++++++
吉祥堂のリメイク服は
右下のリンクからどうぞ
++++++++++++++



2019年03月02日(土) 改定

手数料の
システムが改定される
とのメールが
クリーマから入っていた

今年に入っての
焦りのきっかけとなった
三か月の売上げ額で
次の手数料が変わる
ってのが
五月からなくなる

これで
受け取り通知が
相手から来なくて
月をまたがる心配も
なくなるワケで
何よりである

安くなるのは
2%程度だけど
価格を決める時は結局
手数料度外視で
相応しい金額に
せざるを得ないので
幾らだって有難い

さてさて
暫くのブランク
自信を取り戻すためにも
馴染んだ手法に
頼ってみるかなあ


 < 過去  目次  未来 >


ゆりすこ [MAIL] [吉祥堂]

My追加