ゆりゆり日記
こうのとりの郷豊岡より
そこで出会うすべてのひとと
日々の想いの種が
なににつながりどこへ行くのか
未来へ続く今の日記

2019年02月28日(木) 転化する

そろそろ
大勢もいいかも
って
月に一度の
〇〇会の相棒が
突然言うじゃない

おおっ
ようやく
そんな気になってくれた
このチャンスを
逃さないように
早速女子会の
回覧を作ったんだが

さて
どこにするか
それが問題だ

んで
ちょいと相談したら
以前から
行きたいと思っていた
お店の名前が挙がり
それは良さげ
ってコトで

本当は
下のコが東京へ行く前に
そこで壮行会出来たらな
って思ってたお店
誘ったひとには
あっけなく断られて
ぽしゃったけどね

ああ
せっかくの門出に
ってまた
マイナスの記憶を
引っ張り出しそう
になるけど
いやいやいや

これから
もっと
楽しい楽しいコトで
日々を彩って
行こうじゃないか
だからこそ
今があるんだから



2019年02月27日(水) 彼方から

温泉で
気付いたんだが
突然白髪が増えてた

外目からは
あまり判らない部分に
ブラシで掻き上げると
数センチの白いのが
新しい芝生のように
びっしりと

ああ

恐らく
ここ数週間の
心模様が反映している
自分を殺して
まだまだ
やらなきゃいけない
そう逡巡していたのが
これ程ダメージだったとは

いつまでも
いや
年齢を重ねるごとに
むしろ心は
鋼のように強くなる
と思いたいが
身体は正直なんだなあ

深夜
ふと
海を臨む窓を
明け放してみると
遠く輝く漁火とともに
真っ暗な空全体に
降るような星々

ちりばめられた
それらのキラキラに
息をのんで
カシオペアや
北斗七星が
まだ見分けられる
ことに感動した

何に焦点をあてるか
ただそれだけ
なのかもしれない

何千何億光年の
彼方から届く
一瞬にも似た
この人生なんだから



2019年02月25日(月) ラプソディ

温泉泊のあと
一旦家に帰ってから
いよいよ映画館へ
そう
ようやくクイーン
である

個人的には
オペラ座までしか
買っておらず
一番好きなのは
セカンドアルバム
だったんだが

死ぬ程聞いてた
中学の頃の自分と
もう離れてしまってから
フレディが来てる
って噂を聞きながら
新宿二丁目で
遊んでいた頃と

なんだろう

当たり前みたいに
そこに居たようで
本当はそうじゃなく
多感な頃のわたしに
何か別の世界をくれた
大事な存在だったのに

あの
演戯的なカンジと
鼻に付くような
装飾の雰囲気
仕掛けとか隠喩とかは
わたしの中で
どこか三島にも
通じていて

たぶんその辺りに
すごく影響を受けている
ハズなのを
今更に意識する

音楽だろうが
文章だろうが
エッセンスは
あらゆる所に浸透し
だからこその
吉祥堂でもある

あの武道館で
同じ空間を共有した
僅かな時間は
あまりにも強烈で
そういうものを
血肉のように
取り入れた人間と

そうでない人間は
きっと
どこかで
違う個性を持たなきゃ
嘘だろう
とか
思ってみようぜ



2019年02月24日(日) レパートリー

アップした二着分を
取った後の端布に
刺繍の部分があって
残しておくのが
勿体なく

随分前に
色違いでいくつも買った
小物用のファスナーが
眼に入ったので
その中のひとつを合わせ
ポーチを作ってみよう
と試みて

ちょっと
ふっくらさせる為に
芯地が要るので
手芸屋さんに走り
縫い上げたのが
一昨日の休みだった



なあんか不格好
っていうか
ファスナー付きの小物
なんて今まで
縫ったことないかも
ってコトに驚く

特に
時間があるなら
一着でも服を縫いたい
とか思っている間は
小さなモノになんて
取り掛かる気分には
到底なれずにいた

これは間違いなく
ストップ感が
やって来たお陰だ
こんな感じで少しずつ
レパートリーを
増やせたらいいなあ



2019年02月23日(土) タイミング

月例の会議前の
あれこれ話しの中
何となく
そのチャンスかな
と思って

今は到底無理
なのは判っているけど
勤務時間を減らせたら
って考えてた話しを
ようやく
トップにしたのだった

本当は
今年に入ってから
もういよいよかな
と思っていて

日が経っても
一向に
その思いが去らなくて
まずは同僚に
それとなく打診すると
話しをしないと始まらない
って言葉が返ってきて

それは尤もだなあ
と思う一方で
よりによって今は
たぶんわたしが知る限り
一番人手が足りない
危機的状況にある

それなのに
勝手なコトは
言えないよなあ
とつくづく思え
改めて自分を振り返り
きっとまだ
時期尚早なのだ
と努めて言い聞かせ

ての
ふと訪れた
今夜のタイミングだった

うん
何も変わらなくても
まだまだ
出来ることを
出来るだけやるさ
もっと上手に
ブレイクも入れて
息切れしないように



2019年02月21日(木) 終わってる

区の
女性部とやらの役を
次に回そうと
訪問したら
引っ越し予定を理由に
断られた

仕方ないので
その次へ行くと
来年度も別の役がある
とかで断られ
その次の方は高齢なので
数年前から飛ばしている
らしい

ってことわ
昨年引き継いだばかりの
隣家になるんだが
恐らく来年度は
隣保長が回るはずで
兼任を理由に
断られる可能性大で
ってことわ

また
次年度もやるのか
つーか
今後は
三人で回して行く
ってコトなのだ
いやいやいや

もうダメだろ
そんなの

どう考えたって
今後も若い世帯が
増えるワケはないし
いつまでこの
形骸化した
意味のない
隣保とかってのの
分け方で行くのか



2019年02月20日(水) すとーんと

ヘタった時は
自分の過去作品を
見るに限る
ってコトを
忘れていたな

そこへ
よくぞ辿り着いたよ

我ながら感心する
縫いながらの
思い付きあれこれ

イメージが浮かべば
どんなに
技術が追い付かなくても
やるしかないから
ひたすらにそうやって
自分を自分で
引き上げて来たんだ

答えはいつだって
自分の中にある

だけど

急いているとき
あまりにも
ぎりぎりと
そうしたいとき
浮かぶ最初のことは
違ったりする

特に
怖がったり
ただ逃げたい時は
どんなに頭の中で
正当化出来たって
要注意なんだ

はあ
まだまだっすね

こんなに長く
自分をやってんのに
相変わらず
小さなコトに翻弄され
赤子の如く
大騒ぎの心の内

そんな種が
どんだけ出現すれば
もっと大らかに
どおんと行けるのか
きっと
正しいことは
もっと
すとーんとしてる

そこを
判るようになりたい



2019年02月19日(火) リカバー

果たして
挽回できるのか

昨日の日中はずっと
気が重かったけれど
帰ってから頑張り
日付が変わってから
あらためてのアップ

追加画像は
後日撮るとして
それから
倒れるように寝て
あっという間に朝が来た

この自家中毒みたいの
たまに訪れる気がする
きっとどこか
自分の在り方が
ズレてるからだろう

ふう

にしても

最近
連続して起きた
職場の事故みたいに
自爆的な症状だけで
済んでいる
って感じが
なんか似てる

ゆったり
とか思っていても
やっぱりどこかで
焦りがあったんだろう
年明けのるんるんに
冷や水掛けられて
あっという間の萎縮

バランスしなきゃな

++++++++++++++
吉祥堂のリメイク服は
右下のリンクからどうぞ
++++++++++++++



2019年02月18日(月) 痛恨の

今朝になって
ミスに気づき
取り急ぎ
アップした二着を
展示に回す

うーん
うーん

あんなに
時間を掛けたのに
何だったんだろう
っていうか
アップしてからの
アクセスが少なくて
助かったよ

はあ

自信とか
言ってるばやいじゃない
そもそも
裏打ちされるはずの
経験がまだまだ
足りないってコトを
思い知らされる

勇み足
ひやひやするなあ
でもそれでも
気付けて良かった
ここから
どう挽回したもんか
想像出来ないけど
頑張ろう



2019年02月17日(日) ゼロじゃない

ふう
何とかアップ
今日中にと思ったが
もう8時過ぎ
遅すぎたかな

朝から頑張って
袖を三回作り直し
最終的にイマイチで
布が足りなくなり
元のよりも少し
繰りの深い
ノースリーブにして
決着

やり過ぎ
ってのは実はもう
ここに来るまでに
十分思っていて
けれどもなるべく
アップするのを
先延ばしにしたくて

したいけど
今月中には
だったのね

嫌になる程
この
進みたいけど
ストッパーがある
みたいのはやはり
土星と火星の拮抗
だろうさ

いや
そのせいだけには
したくないけど
実際ここに至る
原因もあったワケで
この一か月
払拭出来ていない

ああ
もう本当に
自分がちっちゃくなって
やばいなあ
決してゼロじゃない
ちゃんと進んで来たコトを
思い出さなきゃだ

++++++++++++++
吉祥堂のリメイク服は
右下のリンクからどうぞ
++++++++++++++



2019年02月16日(土) 抑圧感

ほとんど完成
しているのに
まだなにか
スッキリしなくて
考え続けている

ノースリーブなのを
少しフレアーで
袖先がひらひら
って感じのに
作り直したら
どうなんだろう
とか思い付いて

ただ
そのやり方に
見本なんかないので
残った布のかけらと
にらめっこしながら
しばし考えて
図を描いてみたり

上手く行けば
画像見るだけで
わくわくする感じに
なりそうなんだけど
詳しくは
明日を待つとして

今夜は
月例の〇〇会
この所の抑圧感を
少しは
解消できるだろうかな



2019年02月11日(月) 揺るぎないもの

なんか
勝手に自分の中で
次作への
プレッシャーが
高まっている

特に
調子に乗らないように
綺麗に仕上げることを
心掛け過ぎて
何度もやり直し
時間が掛かるったら

でもそのお陰で
過去には
何も考えずにやっていた
見返しの纏り縫いに
これが一番いいかも
ってやり方を掴んだ

ひょっとしたら
それはいずれ
もっといい方法に
取って替わるかもだが
今まではそれ程
深く考えずに
縫っていたのを反省

吉祥堂が始まって
三年目の今年
売上げを増やすのも
大事なんだけれど
もっと技術的な部分を
向上させたい

そうしてさらには
休日を全部使って
ひたすら縫う
ってパターンじゃなく
家の中のことも
バランス取りながら
それなりやって行く

そういう進め方だと
まるで進んでいない
みたいに思えるんだけど
焦らずに
どっしりと腰を据えて
揺るぎないものを
手にしたいのだ



2019年02月08日(金) ボヘミアン・

まだ観ていない
クイーンの映画

その昔
制服のまま
徹夜で並んで
武道館のチケット
取った身としては
やはり
観ておかなければ
イケナイのでわ

と思ってたんだけど
思ってるうちに
地元の映画館では
終わったのねん
そんで
それをムスコに言ったら
再上映がある
ってコトだったのねん

あわよくば行けるか
と調べた休みの昨日は
まだやってなくて
明日から
一日二回の上映予定が
暫く続くらしい

キラークイーンの
ジャケ写真を
イラストにしよう
となって
誰も手を挙げなかった
フレディを仕方なく描いた
漫研の最後の冊子

あの頃の
ワケわかんない位
希望に満ちた自分を
感じられるだろうかな



2019年02月01日(金) 人間理解

今日は
昨年末に欠席した
勉強会が再び開かれた

日々施設に居ても
バックステップがどうの
とか
全く聞きなれない文言が
職員の間で交わされ
蚊帳の外感があったけど

とりあえずの
理論だけは学んで
コトバの意味だけは
何となく理解
だからって
使えるかはまた
別の話しになるけど

それにしても


人間を動物と一緒
と捉えて
システマティックに
こんなコミュニケーションの
方法を考えた誰かが居る
ってコトに本当に驚く

恐らくは
発達障害及び
特にその中の
自閉症の方々にとっては
かなり有効なんだろう
と思われ
保護者にとっては
福音に近いものがある

けれども

たぶん

スマホに未だ
シフト出来ない類の
古いわたしは
なんだかこの
あまりに計算され尽くした
新しい理論に対して
学んでみた所で

どこかで

このスケールでの
人間への対し方は
わたしの道ではないな
ってコトを
いや本当は
学ぶ前から判ってた
ツールとして
使いこなせなくては
いけないのだろうけど

だって
シュタイナーとか
言ってたんだからね
そっちの人間理解の方が
余程ぴったり来るんだ
もっともそれは

宗教
位にアヤシイもの
ではあるし
同じ土俵で語るには
あまりにも
かけ離れている
だろうけどさ

たぶん
説明できない位に
ファジーな感覚をメインに
生きたがってる
今だからこそ
余計にそうなのかもだ


 < 過去  目次  未来 >


ゆりすこ [MAIL] [吉祥堂]

My追加