ゆりゆり日記
こうのとりの郷豊岡より
そこで出会うすべてのひとと
日々の想いの種が
なににつながりどこへ行くのか
未来へ続く今の日記

2019年01月30日(水) 真摯な心

注文した
ファスナーが
早くも届いた

微妙なトーン違いで
紫系を何本も
どうせ送料が要るならと
手持ちの柔らかモノに
合わせた色味を足した

ファスナーを使うには
生地がある程度
確りしていなければだし
それを使う形を
そんなに作るかは
判らないのだけれど

綺麗に一覧できるように
丁寧にパッキングされて
なんかもう
それを見ただけで
むちゃくちゃアガった

ロット買いしろ
と言った地元の店よりは
一本あたり50円は安い
なのにこんなに
手間を掛けてくれるとは
本当に本当に素晴らしい

仕事に対する
真摯なお心が
伝わって来るじゃないか

お眼に掛かることのない
どこか遠くの
手芸屋さんのひと
また注文できるように
頑張りますよん

と思って
お店はどこか
調べたら京都だった
いつか寄れるかもしれない
と思って場所見たら
たぶん行ったコトあった
二条のヨシミさん

ああ
びっくりしたなあ



2019年01月29日(火) 楽しんで

城崎とかに浮気して
昨日の宿は
久しぶりだったのだけど
今月来月の平日は
市民割引とかで
安く泊まれるのだった

それは
折り込みチラシに
載っていた情報で
ホームのスタッフが
わたしにと
利用者経由で届けてくれた

年末に泊まる予定は
割引期間前だったのだけど
結果キャンセルしたので
有難くその恩恵に
与ることとなった

そんで
布団が要らない位に
いつまでも温まるお湯が
やっぱり最高だったので
ダメもとで
来月の分も予約したのねん

さあてさて
ファスナーも注文して
準備万端
次はどんなのが
縫えるだろうかな
楽しんで頑張ろうっと



2019年01月28日(月) 遠くを見る

雪が心配だったけど
昨日は青空で
電車の窓から
宿に向かう車から
一番乗りの露天でも
流れる雲を眺めた

日頃は
ごく至近距離にしか
視線を向けていないので
そんな風に
空を仰いだり
ましてや
緑に輝く海なんて

ゆったりと
全部が開放されるような
広々とした気分を
本当に久しぶりに味わい
その一方でふと思う

プレッシャーが
全くないような日々では
たぶん喜びも薄い
自分を追い込んで
負荷を掛けて
達成してこそ
きっと価値がある

だからまた
何かを掲げて行こう
まだ見ぬ
自分のちからを
もっともっと
発揮して行こう



2019年01月27日(日) 独り忘年会

昨夜は
横殴りの雪のなか
今月二回目の職員会議
日付が変わる前に
帰れたものの
寝たのは三時過ぎだった

年末最後の通勤日に
勉強会があり
自閉症のための
コミュニケーション手段
を導入してから
それ絡みの話しで
俄然会議が長引く傾向

その勉強会はおろか
同日に予約していた
温泉泊もキャンセルして
狂ったように
大掃除していたので
何となく
面倒な印象なんだが

当日の欠席者と
父兄に向けて
改めて勉強会があるので
そこできっちり学ぶとして
さあていよいよ
遅れに遅れた
独り忘年会のやり直しだ

本当の新年は
節分かららしいので
まあ丁度いいかもな
ゆっくり海を眺めて
温泉に浸かって
ちびちびと
美味しいお酒を
いただいて来ようっと



2019年01月25日(金) ブレイク

一昨日の休みに
次作に使いたい
ファスナーを買いに
地元の手芸店に行ったら
合う色がなかった

取り寄せは可能か
聞いてみると
ロットが10本で
全部買ってもらえるなら
との返事だったので
ちょっと驚いた

だって
色は紫系で
赤でもピンクでも
かなりトーンが違う
他の系統は
結構微妙な色もあり
仕入れの基準が判らない

仕方ないので
ネットで探すことにして
ちょっとここらで
緩めておこうと
廻るお寿司でビール
ついでに日本酒も

女性の独り客は
結構多かった
入れ替わりのなかで
ゆっくりして
なんだかすっかり
リフレッシュした

休日の外ランチ
久々だったなあ
たまには意識して
ブレイク入れないと
ダメだなあ



2019年01月22日(火) 石塊

あまりにも
早過ぎる応えを
頂いてしまったので
気持ちが引き締まる

そうして
売れてしまった後も
お気に入りに登録があり
同じものは
二度と作れないだけに
とてもとても有難い

最初にかたちありき
で行かない
ことと
完成を急ぎ過ぎて
有り体で済ませない
ことのふたつを
改めて強く思う

行く先はきっと
布そのものが
教えてくれるから
後はわたし自身が
きちんとそれを
キャッチ出来るような
状態でなければならない

日常で
心をざわつかせる
何があったとしても
なんだ
一見障害に思える
あれやこれやも
その為の石くれなんだ

そんな風に
鍛えられる必要も
ない位に
もっともっと
逞しくならなきゃ
いけないんだなあ

++++++++++++++
吉祥堂のリメイク服は
右下のリンクからどうぞ
++++++++++++++



2019年01月21日(月) 最速記録

本当なら
前回の休日に
二点とも
アップしたかったが
天気が悪くて
思うように
画像が撮れずだった

それでも
撮れた分で
途中まで
ページを作って
数日仕事を挟み
その間に考えた

スカートの方の
ウエストリボンの
真ん中ら辺の縫い目に
一箇所シワが寄って
ちょっと気になったので
思い切って作り直し

ごく普通の
紐状だったのを
真ん中が太い
カマーベルト風にして
その裏表を判るように
何か飾りが欲しい
と思い付いて

あらゆるビーズや
金具類やらを
乗せて見てみて
最後の最後に
古いボタンを選び
画像を通して見て
ようやく納得出来た

はあ
一気に画像が撮れずで
結果オーライだったな
素敵な生地に
華を添えられたし
いい部分はほとんど
余さず使い切れた

ホッとして
ページをアップ
したのもつかの間
数時間後には
売れてしまっていて
正直現実味がない



2019年01月17日(木) 運命の方向

今日から
いよいよ
今の職場での
九年目に突入だ

どこか一か所に
こんなに居続けられる
なんて
自分史上奇跡だ
特に近々の三年半は
本当によく頑張った

がしかし
このタイミングで
お風呂の湯沸かしの
調子が悪くなり
少しでも安くしたくて
いろいろ調べるも
そこそこの出費

ああ
年末の工事前に
こっちが発覚してれば
あっちは我慢したのにな
合わせた金額を
考えたらぞっとする

ちょっとゆっくり
とか余裕こいてる
ばやいじゃない
少しでも稼がなきゃあ
って
結局こうなるワケか

はあ
きっと
わたしに
縫わせる方向へと
運命は働いてるんだろう
そう思うことで
凌いで行こう



2019年01月14日(月) 明日を見る

昨日は
ようやく
ムスコの部屋を掃除

お正月に
寝ている間に
二人が発ってから
部屋を見に行くと
綺麗に布団が畳んであり
それを見たら

とたんに
ものすごく
寂しくなってしまい
手が付けられないまま

ダメだねえ
そうして
その感情を味わうと
わたし達が去った後の
父母の寂しさを思い
二重にやるせなくなる

次は
いつ会えるだろうかな

努めてその
いつ
の中には
もっと成長した彼と
なにか新しい
喜びの種があるのだ
と思おう

わたしはわたしで
また元気に
明日を見て進もう



2019年01月13日(日) ゆるり地点

今日中に
画像を撮れたら
と思っていたが
完成には至らず

けれど
ページを
作ってしまうと
否応なしに
売れるか売れないか
ってシビアなとこへ
押し出されてしまう
ので

なあんか
なるべくなら
この
幸せな気分を
維持しつつ
ゆったりと行けたらなあ
なんて思ったりして

そうしたら
ともかく全てを犠牲に
ギリギリと頑張らないと
縫えなかった昨年
から少し脱却して
日々のことも大事に
とか

ええ
まるで
どこぞかの
ゆるり系の方々みたいに
肩の力が抜けてきた
カンジで
それでようやく
解ったんだけども

そういう
生き方をしている
人達は恐らく
ひりひりするような
職場の人間関係とか
明日のお米がない
とかとは無縁なんだろう

でもひょっとしたら
キツいとこ潜り抜けて
ようやく到達した
ゆるり地点
かもしれないしね
とりあえず大人なので
断定はやめとくが



2019年01月12日(土) 大島を判ずる

昨日は休日
だったのだが
いろいろ用事があり
縫いの方は少しだけ

んで
年明け一発目で
また注文しちゃった
着物が届いたんだけど
その中に
ぜひ手に取って見たい
ナゾの一着があった

サイトのページでは
タイトルは
手織り紬ってコトだったが
わたしが見る限り
泥大島なんじゃね
と思われ

しかも
その柄の織り出しが
緯絣と割り込み絣が
混在しているという
これまでに
見た事がないものだった

かと言って
実際に近くで見たら
どこぞかの大島かもしれず
あまりに安くなっていて
タイトルのお陰で
皆さんノーマークのようで

少々考えた末
柄が素敵だったのもあり
ポチったワケだったのだが
いやーもう
それがそれが

燃焼実験こそまだだが
画像で見て取った
そのまんまの品で
しかも
一センチの枡で
糸の数を数えたところ
どうやら7マルキだ

ああ
なんて素敵なんだろう

ホント
化繊を絹って言う
しょーもないコトもあるけど
こんな素晴らしいお宝が
それと判らずに
紛れているから素晴らしい

そうそう
俳句の夏井先生
竹柄の泥藍の次は
有栖川文様風の
泥大島着てるのねん



2019年01月09日(水) 波状攻撃

いやー
もうなんだか
お正月からこっち
ふとした瞬間に
幸福感が訪れて
たまんないのだ

家に居て
台所に立って
ずらっと並んだ
壁の包丁を見る度に
なんだし
綺麗になった
ガス台周りもだけど

あんなに辛かった
職場に居ても
ストレスフリー
になった事にプラス
これから先
自分がどんな服を
作るだろうかと
思うだけでワクワク

そんで
必死で自転車漕いで
帰った家の
真新しい壁が
もう本当に清々しくて
ひたすらに
感謝しかない

いや
元のままだって
ぜっんぜん
そのいい所を探せたし
我慢とかじゃなく
暮らせたけれど
いざこうなってみると

よくぞ
迷いなく進めてくれた
大家さん
ありがた過ぎて思わず
故郷便送ってしまったし
そんで電話で
現状報告も出来たし

ああ
こんな
幸せの波状攻撃が
かつてあったろうか

うーん
子ども達それぞれが
産まれた時を
ぎゅっと固めた位
かもしれないな



2019年01月08日(火) 曙の紫

昨日から
施設は本格営業

夜は録画していた
サグラダファミリアの
特番見てうとうと
途中で落ちたので
覚醒した夜中にもう一回
きちんと見直した

その建築は
いよいよ中心部の
イエスの塔
に差し掛かり
その内部をどうするか
主任彫刻家の外尾さんが
試行錯誤していた

わたし的には
もう絶対的に
光が満ち満ちて
溢れるような
場所にならなきゃ
と思いつつ
ワクワクしながら
見ていたんだが

てっぺんが
光の眩しい白
そこから始まって
曙の薄紫
って言うのを知って
もうノックアウト
されてしまった

ああ


光あれ
に続いて
世界に散らばる
色のはじまりは
紫だということ
なんて
素晴らしいんだ



2019年01月06日(日) 輝く絹

一日出勤のあとの
休日って
サイコーっす

でもあれなのね
昨夜は恒例の会議で遅く
目覚まし掛けなかったのに
いつも以上に
早く目覚めてしまい
ソッコー起きて
製作の続きをば

既にスカートは
かなり形になってるので
一旦トップスにシフト
ワンピースじゃなくても
やっぱり共布の
ボレロを合わせたい

数年前に
職場のコの結婚式に
自分用に縫ったのを
引っ張り出して
各部サイズを参考に
少し袖丈の長いのを

それもまた
ダメージ具合が目立ち
使える表地は
ひと幅に満たなく
裏側と繋いで行くうち
思い付いて
襟風の小布をプラス

そんでそんで
袖口に折り返して
カフスみたいのが
付いたらカッコいいかも
とか思って
でも袖口があまり広いと
食事の席にはどうか
とか

まあともかく
一旦縫っては解き
の繰り返しだけど
もうそんなコトも
全く苦にならず
一切が楽しくて
楽しくて

何よりも
輝くような絹の
真骨頂が味わえて
素晴らしすぎ
ホントに
どうせ縫うなら
やっぱ絹でしょ


++++++++++++++
吉祥堂のリメイク服は
右下のリンクからどうぞ
++++++++++++++



2019年01月05日(土) 休みの果て

今日は仕事始めで
恒例の年明け大掃除

かと言って
わたしは書類仕事を
地味にしこしこ
家の掃除だけで
すっかりダメになった
膝を庇いながらなので
丁度良かった

んで
途中でふと
施設のデジタル体重計に
乗ってみたら
あらまあ
裏ボアの地厚のパンツを
穿いていたとは言え

ここ最近
見たこともない数字に
ビックリしたなあ
確か年末に
必死で掃除していた頃
家のアナログでは
三キロは少なかったはず

うう

そんなに
暴飲暴食したかしら
これでわ余計に膝に
負担が掛かるでわないか
参ったなあ
ホント絞るのは大変な癖に
増えるのはあっという間だ



2019年01月04日(金) 本物の無為

今日は
新作に着手

シンプルな
ワンピースに
ボレロを付けて
きちんとした席にも
出られる服を
と思ったんだけど

仔細に見ると
どうも布の状態が
そんなに長い丈は
取れないようなので
どうしようかと
暫く悩んだが
突然閃いた

裏側はすごく綺麗なので
表と裏とを縫い繋いで
その微妙な
生地感の違いを生かして
このダメージでしか
産まれないスカートを
まず作ってみよう

ああ
これでこそ吉祥堂だ

有り体の発想から
這い出るように
転換した自分を褒めたい
こういうのが
出来なくなったら
きっと終わりなんだ

シミや穴や色褪せや
どうすることも出来ない
そんな欠点と
嫌って程向き合った
だからこそ少しは
手練れになったかも

それらの
小さな積み重ねを
一向にかたちにならない
無為の時間を過ごした
ように思えたこともある
けれど

それらの時間は
作為的でない
という一点に至るための
本物の無為
であったことを
ようやく知る
ワケなのだった
ふふ

++++++++++++++
吉祥堂のリメイク服は
右下のリンクからどうぞ
++++++++++++++



2019年01月03日(木) 最高の展開

昨日から
ガンガン頑張り
結局五着を解いて
アイロン掛けまで
終わったのが三着

本当は
一着準備した所で
気を抜いたんだが
お届けできたコートを
気に入っていただけて
直ぐに追加注文が入った

画像以上だったそうで
シルエットも美しく
何より暖かく
いいお買い物が出来た
と言って下さって
新年早々嬉しすぎ

改めて気合を入れて
今日は朝から
アイロンを掛けて
気になる所を少し直し
ラッピングして発送

ああ
本当に

今年の滑り出しは
これ以上望めない位
最高の展開になった
苦しかった去年の
マイナスのあれこれが
こうしてどんどん
遠ざかって行くといいな

++++++++++++++
吉祥堂のリメイク服は
右下のリンクからどうぞ
++++++++++++++



2019年01月02日(水) 新春に選ぶ

世の中に
発信されている
着物リメイク服を
ムスコがスマホで調べ
沢山見せてくれたんだが

イマドキの
若いコたちが
喜んで着そうな
柄モノの数々が
どれも素敵で
強く印象に残った

まだまだ
描いてはいても
作れていない
アイテムがある一方
コートに掛かってたら
取られる時間が
半端ないので

お正月前の
タイミングに合わせて
縫い上げる予定で
途中まで裁った大島は
一旦キャンセルにして
新たに着物を選んだ

いやー
そりゃあ
あるったら
大島以外にだって
柔らかモノの
素敵な柄のを
ちゃんと集めてんだから

嬉しくて
愛でながらチョイスし
早速一着解いて洗濯
この休みの間に
なにか出来上がるといいな

++++++++++++++
吉祥堂のリメイク服は
右下のリンクからどうぞ
++++++++++++++



2019年01月01日(火) 象徴の一着

再び膝がやられる程
頑張った掃除も
ムスコ達を迎える前に
何とか終わり
到着を待つ間に
大島のコートが売れてた

ああ
なんて素晴らしい

本当に
目論見としては
12月のうちに売れて
頑張って来た一年が
それで昇華されるような
象徴的な一着にする
つもりだったので

これには
心から感動した
しかも
オープン後間もなくから
フォロー登録して下さって
今回初めてのご購入
になるお客様だ

そんで
ムスコさんからは
もっとネットに拡散
する為にも
スマホ使いを強く勧められ
にしても
もっと縫わなきゃの
思いを新たに

明け方まで
飲みながら話しをして
何ならムスコは
先に寝てたカノジョを
途中で起こして
わたしの話しを
聞かせてくれとなり

気付いたら
泣かせていたのねん
なんだそりゃあ
起きたら既に
二人は旅立っていたけど
たぶん
今年はもっと
素敵な年になるはずだ

++++++++++++++
吉祥堂のリメイク服は
右下のリンクからどうぞ
++++++++++++++


 < 過去  目次  未来 >


ゆりすこ [MAIL] [吉祥堂]

My追加