ゆりゆり日記
こうのとりの郷豊岡より
そこで出会うすべてのひとと
日々の想いの種が
なににつながりどこへ行くのか
未来へ続く今の日記

2017年10月30日(月) さくっと

昨日は
パンを焼き
食事の支度をする
以外はひたすら縫い

でも
まだ完成に至らず
さらに
裏地を付けるかどうか
悩んだまま
結論は先送り

付けた方が
いいのは判ってるけど
またそこそこの
時間が掛かってしまい
でも価格には
反映させられない

それを払拭するには
休日をいちにち使った
感ではなくて
仕事のある平日に
そっちもさくっと
感が必要だ

やれるかなあ
やりたいなあ
そんで
次の休みには
日差しのある中で
完成画像撮りたいなあ


++++++++++++++
わをん改め
吉祥堂のリメイク服は
右下のリンクからどうぞ
++++++++++++++




2017年10月25日(水) 未来

商品を
受け取ったお客様から
メッセージがあった

こんな風に
感じてもらえたらと
自分の作った服に
思っていたことが
ちゃあんと
伝わっていた幸せ

だからこそ
購入を決めてくれた
のかもしれないが
本当に
お買い上げの度に
酔うような
極上の言葉をいただける

もう
木に登っちゃうよ
てか
もっと上か
天にも昇るキモチ
ってこんなのかなあ

今もときどき
変えられない
過去の痛みが
ひりひりとやって来て
暫く立ち止まる
ことがある

けれども
こうして
変えられるかもしれない
これからを
確かに感じさせてくれる
素敵な瞬間もある

だから
全てを抱えて
雄々しく
向かって行こう
もう既にわたしは
いつかの未来に居るんだ


+++++++++++++++++++
わをん改め
吉祥堂のリメイク服は
右下のリンクからどうぞ
+++++++++++++++++++



2017年10月24日(火) 次の努力

昨夜は嬉しくて
お酒飲んだら
早々に眠くなってしまった

ので
6時に目覚ましを掛け
ラッピングをして
出勤前に発送
そしたらまたじわじわと
ヨロコビが押し寄せ
帰りが待ち遠しかった

職場に居ても
ここだけじゃないジブン
を密かに抱いて
満たされている気分は
もう本当に
圧倒的に幸せだ

この感覚を
知るためだけにだって
産まれて来て良かった

よろよろとでも
頑張り続けて来た
甲斐があった
努力したからって
それが必ず実を結ぶとは
限らないけれど

実を結ばなければ
また
何かを考え
次の努力をする
その繰り返しに
意味があるんだ



2017年10月23日(月) 自撮り

今日はまだ
台風の余波で
天気が悪いだろう
と思い

画像撮るのは無理か
と諦めていたら
なんかなんか
イケるんじゃね
の午後になった

そう
昨日思い付いた
ポケットに組み紐ループと
ボタン付けを
何度もやり直して
これでよし
となってから

アイロン掛まくり
ついでに
コーデの服にも
掛けまくり
あげく撮った
はいいんだけど

どうも
動きがないと
この良さは伝わらない
ので観念して
自分で着て
鏡越しに撮ってみたら

ぜーんぜん
使い物にならんかった
反射あるし
鏡古すぎてボケボケ
ふう
セーフ

やっぱ
どんなに判り易くたって
例え半身だって
自分が出ちゃあ
おしまいだよなあ
脂汗出るわ

皆さんの
想像力に頼って
そこは
着たらさぞ
素敵だろうと
思っておくんなまし



2017年10月22日(日) 吉祥堂

朝の五時過ぎから
布に向かった

この一週間で
六着解いて洗濯して
それらを積み上げて
それぞれの形を模索して
どんどん縫うしかない
切迫感に追い立てられ

目覚めるともう
がばっと起きて

ゆうに
12時間掛けて
ようやく形になって
終わり
と思ったけど
ハンガーに掛けたら
もう少し手を加えたく

でも
今日はもうよそう
台風だし
って関係ないけど
明日連休取ったし
もう目がしょぼしょぼ
なのでまたにしよ

そうして
サイト見るより先に
メールチェックしたら
注文の連絡が入ってたっ
うう
嬉しいっっ
何度味わっても
この感覚はたまんない

フォローしてくれる人も
じわじわと増えてるし
もっともっと
沢山のひとに
吉祥堂の服を
見てもらいたいなあ



2017年10月20日(金) あるある

う〜ん
自分の縫った
服の画像見ながら
サケが飲めるって
気付いてみた
相当イカレてるわ

すっかり
とは行かないけど
ぐるぐるを抜けて
別の価値観に
自分の服を晒してみて
元に戻った

そうそう
テレビで
ファッションのこと見て
その内容が刺激的で
確認し直せたのも
タイムリーだった

売れなきゃ
困るんだけど
売れる服ありき
だとつまんない
そもそも自分が作る
意味がなくなる

そうやって
世の中を見てみると

誰かがやっている
成功例に倣っても
肝心なとこが違うから
没個性に陥って
結果もついて来ない
ってアルアル

だから

誰も使わないような
着物から
誰もが知っている
ような着物でも
わたしにしか
出来ない表現を
しつこく追いかけよう

とりあえずの目標は
50着位
ずらーっと
並んでるのを見たいな
って
売れる気ナシかーいっ



2017年10月18日(水) 真っ直ぐ

迷いなんて
ないはずなのに
なんか
いろいろ
ジタバタしてるわ
自分のなかで

そらの太陽が
自分の太陽と
真っ向勝負のこの時期は
どうしても
本性と違うところで
撹乱されたりする

要するに
社会的なこととか
コミュニケーションとか
他人の視点とかを
考えなくちゃイケナイ
感じになり

そうすると
果たして
目的ばかりになり
手段さえ揺らいでしまう
いったいわたしは
ナニがしたいのか

出発点を忘れずに
とことん真っ直ぐに
まだまだ
先は一直線なんだ



2017年10月12日(木) 必然探し

今週は
夜の活動を頑張れてる

とは言っても
ミシンには至らず
日曜日に
一着縫い終えてから
同時進行で二着の
構想をあれやこれやと

元々は
そのふたつを
合体させるつもりだったが
合わせて縫って
なあんか違う感が拭えず
一旦解いてみて

最初に思い付いた
アイデアを生かすには
どんな生地を持ってくれば
ぴったり来るのか
その必然探しに

夜な夜な
なんなら布団の上に
着物地を広げて
糸屑だらけになって
結論出ないまま寝る

その繰り返しを
嫌って程して
早くじっくりと
布に向き合う時間が
やって来ないか
待ち遠しくて

ふと思う
あんなに
縫うのが嫌だったかつて
アイデアだけがあって
空想の中では
いっぱい出来上がってた

今もそこは変わらずだけど
もう縫うことに
何の戸惑いもなくなった
ただひたすら
リメイクに傾ける
時間を捻出したい

ようやく
ようやく
何年も掛かって
こういう地点に
辿り着けたんだなあ



2017年10月10日(火) ウォーキング

歩き始めてから
はや三か月が経った

一緒に歩いている
利用者さん達は
ものすごく
代謝が改善されたようで
15分もすれば
汗を掻いている

しかし
相変わらずわたしは
50分歩こうが
じわり程度で
不健康極まりなく
腰から足への痛みも
感じるので

ともかく
クッションの楽な
靴が必要だとばかり
三足を買い直し
最低でも二日に一度
せっせと歩いてたら

リバウンドを
繰り返し過ぎて
ぴくりともしなかった
体重計の数字が
ほんの少しずつだが
確実にじわじわと
下がって来たよ

ようやく
筋肉が付いてきた
ってコトなのか
よくわかんないけど
この調子で行こう



2017年10月08日(日) 薬膳

友人と
薬膳ランチへ行った
話したいことがある
と少し前に告ったら
誘ってくれた

いざとなると
なんだか
勿体ぶったカンジで
どうなのかと思ったが
別の視点でのアドバイスは
すごおく為になった

この歳だし
このキャラだし
突っ込む隙なく
きちんと大事なコトを
言ってくれるような人は
なかなか居ない

わたしの事だから
突然全てをひっくり返す
恐れがあり
それはいくら冷静に
答えを導き出しても
関係なかったりする

だからこそ
その前に
いろんな筋道の
考えを辿っておきたい
そうしておけば
心おきなく
ハートに従える

なあんて嘘
もうハートレベルでは
とっくに
答え出てるんだ
でもたぶん
それは不正解なんだろう

そう思って
過ごしてみたら
何か見えるかもしれない
人生で初めて頂いた
身体にいいモノいろいろも
効いて来るかもだし



2017年10月07日(土) 原動力

昨夜は縫えた

何なら昼間は
土砂降りの雨の中
山の体育館で
バーベキューがあり
施設に戻ってからは
書類のチェックを必死で

その間例の
言うけどやらないヤツに
むちゃくちゃ腹が立ち
少しは沈静化してたのが
ここんとこ
またエピソード満載で

やるならやろうじゃん
とか思ったりした

でも
そこには
不毛しかないのも
解ってはいるので
未来に目を向けるべく
縫い物をしたワケだ

ああ
結局わたしにとって
即効で原動力になるのは
怒り
だったりするんだが
いいさ

せいぜいこれを
創作へと昇華させよう



2017年10月05日(木) 別れの年

あっという間の休日

一着縫い終わり
画像を撮ってアップ
のつもりだったが
勢い込んで取り組んだ
初めての形が
どうもイマイチだった

そんで
結局縫い目を解いて
縫い直したのも
まだ途中ながら
どうなのどうなの
ってカンジで
テンション上がらず

はあ
最近どーも
見切れないなあ
勘が鈍ったんだろうか

まあそれでも
延ばしに延ばした
ムスコさんへの荷物と
一か月早い母への
誕生日プレゼントを
発送し終えたから
まあいいとするか


送ったよ
の電話が空振りで
着信を知らずに
掛けて来た母の電話で
大好きな叔父が
亡くなったと

まさかなあ

今年はどうやら
別れの年らしい


 < 過去  目次  未来 >


ゆりすこ [MAIL] [吉祥堂]

My追加