ゆりゆり日記
こうのとりの郷豊岡より
そこで出会うすべてのひとと
日々の想いの種が
なににつながりどこへ行くのか
未来へ続く今の日記

2015年04月30日(木) 傘は持たない

薩摩芋
と思ったのは
さつま揚げ
だった

生なのか
聞いたら母は
そのまま食べられる
と言っていたさ
そりゃそうだわ
年寄り同士の会話だ

しかも
届いたとたんに
賞味期限のヤバイのが
いっぱいあって
人にあげるワケにも行かず
頑張って消費

いや
ぷりっぷりで
ウマかったんだけど
会った時のネタが
これでひとつ出来た
っと

それはともかく
そんなに休みなのかと
利用者からも職員からも
揶揄されつつ
大変申し訳ないが

天気予報を調べたら
晴れが続くようなので
傘は持たずに
ひらひらと
五月の新緑と太平洋を
眺めて来よう



2015年04月29日(水) ウキウキ

この際になって
荷物を送った
と母から電話

美味しい薩摩芋を
お取り寄せした
らしいのだが
何も
もう直ぐ温泉の
今になって
送らなくてもいいのに

けれど
弾んだ声で
ウキウキしちゃう
と言う位に
楽しみにしていた
お泊りなのだ

もっと先
と思っていたのに
意外とあっという間で
いよいよ近づいた
その感じで
じっとしていられなくて
荷物を送ったのだろう

恐らく
父が家に居たら
叶わなかったこの企画
母だって
いい加減な歳だが
今してあげられることに
感謝しよう



2015年04月28日(火) 休眠期間

送っていった先に
中学生がいて
ひとりゲームをしていた

最近
始めたらしいギターの
話題を振ってみると
うん
うんうんうん
まともな返事ではなく
反抗期真っ盛り

センターには行ってるの
と聞くと
行ってるよ
と返って来たが
本当なのかどうか

もっとも
うちの二人は
不登校のコが行く
その場所へも
一度も顔を出さず
だったので

先の実例として
ヤツらの話しをすると
なんとなく
ちょっとは聞いている
風だった

今が彼にとって
大事な休眠期間
なのは間違いない
果たしてこれから
どんな人生になるのかな



2015年04月27日(月) とっておき

行かなきゃ
と思いながら
通る度に
閉まっているので
機会を逃していた

昨日の昼間
どうかな
と見ると開いていたので
鉢植えの花を選んで
ムスコのスタートとなった
お店へ伺った

本当はこの春で
閉めようと思った
らしいのだが
お店の経営自体は
減価償却の分を除いたら
黒字だと言う

どうも
暇な時間に
ひたすら客待ちをする
のが苦手ですぐ閉める
大勢のお客さんで
バタバタするのが嫌で断る
ってな日々らしい

珈琲だけ出して
持ち込み可の
カラオケとか歌声喫茶とか
強力に愛してくれる
お客さんたちに
閉められたら行く場所がない
と引き止められたとも

なるほど
客商売はこうあるべき
なセオリーなんか関係なく
自分が出来ることを
出来るように無理せず
それで成り立っているなら
何よりだろう

昼間だったが
珈琲のあと
お酒を出してもらい
葉わさびをアテに
ちびちび頂いた
そのお酒はとっておき
だったらしいのだが

とろりとしてフレッシュで
甘味もあって
まさにどストライクの
美味しいお酒に感動
今度来る時は
電話して開けてもらう
約束をしたのだった



2015年04月26日(日) 春の最強

もう日付が変わろうか
と言う頃
地平線近くの三日月と
降るような星空を見ながら
家の前に近づくと
丁度違う道から帰ってきた
下のコと一緒になった

こちらは
月例の会議で
ヤツはもちろんバイト
なワケだが
自転車を降りながら
また時給が上がる話しを
饒舌に披露してくれた

玄関の上り框には
戻ってきた回覧板と
これから配る広報と
筍の入った袋に
たっぷり糠も一緒で

台所には
母からの荷物があり
受け取った上のコが
冷蔵庫に仕舞ってくれた
蕗と筍の煮物を
早速出して味見

この組み合わせは
春の最強かもしれない
ガンガン家業をしていた頃より
ずうっと薄味になったが
フクザツに練れた
おふくろの味は健在である


嬉しくなって
本格的に皿に盛り
お酒とともに味わいつつ
誰がくれたのか
まだ予想でしかない筍の
皮を剥いて素早く茹でた

とうもろこしや
枝豆もそうだが
採ったら一刻も早く
熱を通してしまわないと
どんどん旨味が抜けるので
朝までなんて置いておけない

とりあえずはこれで安心
もうすっかり
日付は変わっているが
今夜はまた区の会議があるので
今のうちにもう少し
飲んでしまおうっと



2015年04月25日(土) 握手

今月に入ってから
利用が始まった女の子が
ものすごーく
スローテンポである

お気に入りの
キャラクター人形を
片時も離さず
そっちを気にするから
何につけ
余計に時間が掛かる仕組み

トイレに誘ってから
動き出すまでも
15分とか掛かるのだが
昨日は速攻動き出し
さっさと歩いて
あれれ
と拍子抜け


人形を預かり
壁際の手すりに座らせ
彼女が用を足している間
早くしてくれよお
オレは待ってるんだぜ
なんて口真似をしてあげたら
くすくすと笑ってくれた

そして帰るとき
遠くから
バイバイをすると
わたしに向かって
手を差し伸べるので
何かと思ったら
握手したかったらしい

いやー
なんちゅう可愛いん
手を握りながら
堪らず頭をナデナデ
迎えに来たお母さんは
気に入ったひとにするんです
と言う

普段はあんまり
関わりがないのだけど
どうやら
ツボにはまったのかな
あんなので良いんなら
また遊んじゃうよ



2015年04月24日(金) 贈る心

注文した
ネックレスが届いた

さんざ迷い
決めてからもまだ
他のが良かったかな
とか思うのは
実物を見ていない上
商品が溢れているせい

けれども
頼んだ無料のラッピングは
十分過ぎる程丁寧で
中身を確認してから
自分で完成出来るように
最後に貼る
シールが付いてきた

なので
そおっと包装紙から出し
紙箱から出し
アクセサリーボックスを
開けてみると
なんつーか

すごく上等で
清潔感のあるキラキラ
石自体は
そんなに大きくはないので
嫌味なく着けられそうで
ホッとした

果たしてこれを
気に入ってくれるのかどうか
そして何より
母に似合うのだろうか
まるで判らないけどね
贈る心は伝わるだろう

うーむ
いつか自分用に
ちゃんとした誕生石を
買ってみたいもんだが
とりあえず
産んでくれてありがとう
ってコトで



2015年04月23日(木) これぞ休日

昨夜の
区の会議のあと
今日は隣保を廻る用事

たまたま
休みだったワケだが
折角の休みなので
用事は朝のうちに
済ませようと算段していた

そこへ
まだ寝ていない下のコが
サボりか
と顔を出すので
何か要るものある
と聞くと
久々に陽の光を浴びるかな

最近やたら買い込んでいる
ジャケットの中から
ひとつを選び
白いスニーカーを履き
まるでリゾートのフランス人
みたいな恰好で
一緒に買い物へ

話題は主に
先の北海道旅行について
だったが
予想どおり
次から次へと
欲しいものを買い物カゴへ

家へお金は入れてくれても
うちのご飯を食べる機会は
ほとんどないので
まあいいかと思いつつ
わたしもこれぞ休日
のひと品を

何かと言えば
鯖の押し寿司
久々のお米である
これで早めの時間から
お酒を飲むと
休日気分が盛り上がる

なんか
どんどんオヤジ化してる
けど
着物も三着分洗って
ちゃんと負荷も掛けてるから
いいとしよう



2015年04月22日(水) 最旬

獲れたての
ホタルイカを
ムスコが持って帰った

なんでも
大将の友達が漁師で
大量にいただいた
とかで
見たこともない
ぴっかぴかの新鮮さ

いつも
素干しにしているのだって
刺身用ってヤツだが
これに比べたら
そこはかとなく
くたびれ感が漂い
生食したことはない

既に
夕飯は終わっていたが
少しだけ味見してみると
全く生臭みなく
あまりにも上品で美しい味
なるほどー
これが最旬ってモンか


氷や保冷剤で
ばっちり囲んで
明日はレアな感じで
パスタに絡めたい
そして残りは
やっぱり素干しへ

うーん
誕生日にいただいた
極上の日本酒を
一緒に味わってしまおうか
っていうか
いつ開けるか悩んでいたが
まさにその時かしらん



2015年04月21日(火) マイナスを寄せる

密かに
ここのところ
事件続きである

洩れ聞いたスタッフが
悲鳴を上げるほどの
あれこれ
抜けやうっかりでは
済まされない内容

何故なのか
それは本人にも
解らないのかもしれない
けれど
過去の大きな事件が
どうしてもそこにダブる

数年経って
再びやってきた
仕事のチャンス
だったはずなのに
来月のシフト変更を前に
暗雲がたれこめる

何か憑いてるんじゃ

誰かの言葉に
その場は笑ったけれど
マイナスを引き寄せる
何かが本人の中に
あるのは間違いない

果たして
どんなフォローを
したらいいのだろう



2015年04月20日(月) 落着

昨日はまず
靴箱の整理から

前回
かなり捨てたけど
二度と履かないだろうのに
まだ残してあった数足を
思い切って処分

それから
期間限定の廃品置き場に
壊れたストーブや
古いパソコン機器を
まとめて出しに行った

それでもう
気分はかなりスッキリだが
野郎どものシャツを
まとめてアイロン掛けて
もっとスッキリ


調子に乗って
早くから飲みながら
とうとうポチっと

いろいろ悩んだが
ビビる程の買い物は
やめておこうと思い直し
気軽に着けて貰えるもの
を選んでみた

はー
これでほっとした
ようやく
落ち着いた日々が送れる
かな



2015年04月19日(日) お菓子まつり

いつもより
利用者が少ない昨日
急遽誰かが言い出し
お菓子まつりの前日祭に
繰り出すことになった

話しが出た時に
一旦ポシャった原因の
人出の方は
昼もとうに過ぎた時間
だったせいか
車椅子でも安全に通れた


みんなひとりひとつ
好きなものを選んでいい
となって
大盛り上がりで
行ったり来たり

不思議なことに
如何にも豪華で
美味しそうに見える
ケーキとかクレープとか
には誰も飛び付かず
鯛焼き餡巻きに
シュークリームへ偏る

職員もいいよ
ってんで
やっぱり苺大福かな
と思ったら
もうどこも売り切れ
仕方ないのでプリン

今年の目玉のパレードの
片鱗も既になかったけれど
夏のような日差しと
つかの間の賑やかに
お出掛け気分を
満喫したのだった



2015年04月18日(土) 髪のリペア

今年に入って
髪の様子が
違ってきた

コシがなくなって
地肌が近いようで
長年ずうっと
ボリュームがあり過ぎて
困っていた位なのに
この変化には戸惑った

なるほど
こうやって
年齢とともに
薄毛になるのか
と納得はするものの
でも早すぎる
禿げるのはイヤだぞ


肩のこともあって
コラーゲンを摂るようにして
さらに
試供品を試して
すんごく良かった
ナイトリペアを

もっともそちらは
ムスコのヘアケア品に
付いてきたヤツで
いいと言ったら
注文してくれた

お値段も
なかなか良いのだけど
払おうとしたら
いらない
と言ってくれたので
ラッキー

無駄な抵抗
かもしれないが
暫くこれで
安心できるぞ



2015年04月17日(金) 人に歴史あり

久々に
面接のひとがきた

なんか知らんが
募集していても
そもそも応募がない
状態がずうっと
続いていたのだ

やってきたのは
うちのトップと並んだら
明らかにそちらが
と思われてしまいそうな
雰囲気のひとだった

後で
履歴書を見ると
年齢に相応しく
沢山の経歴が並んでいて
その中にはやはり
使う立場だったり
個人で立ち上げたものも

うーん
自分で何か始める
ってのは
簡単かもしれないけれど
それを継続して行くのは
やっぱり大変なのだ

そういう人との
出会いは
なかなかあるもんじゃなく
出来ればその辺のことを
詳しく聞いてみたい
と思ったりしたのだった



2015年04月16日(木) 定番コース

日曜日
温泉の前に
石も見てきていた

ガラスケースの中に
入っている
ルチルとかも
見せてもらったが
如何せん
パーツがチープすぎた

それで
さっさと諦め
お湯に浸かって
はしゃぐチャイニーズの
バタ足しぶきを浴びつつも
腰にひたすらジェットをあて

駅からの道すがら
気になっていたお店で
ノドを潤したワケだが
もうそこが
まさにどストライク

小盛りのお造り各種で
午後の早い時間から
お酒が飲めるって
すんごく貴重なのだ
今まで何で
知らなかったんだろ

いろいろ
サービスしてくれるので
電車に乗るのを
一本二本遅らせて
ホロ酔い気分
まさかあんな定番コースが
出来ちゃうなんて



2015年04月15日(水) 石探し

毎日のように
ネットで
ジュエリーを探して
頭がヘンになりそう

できれば
母に何か贈りたいと
ずうっと考えていて
あのネックレスを
買い取りしてもらって
資金の足しが出来てからは
より真剣に検討している

だがしかし
今度会うタイミングでは
何十年分かの
盆と正月が来たみたいに
打ち上げ花火過ぎ
だろうと思い

もっとずっと先の
誕生日辺りが
妥当なんだけど
その肝心の誕生石には
いいものがなく
あれこれと
迷い続けてるワケだ

どう考えても
石は実物を見た方がいい
のは判っているけれど
どうしても手に入れなきゃ
ってな気持ちになるのは
きっと今
牡牛座を移動中の
火星のせいだ

このままでは
落ち着くために
何かポチってしまいそうだが
古着物を買うのとは
ワケが違うんだぞ
と自分に言い聞かせる

ふう
一旦頭を冷やそうっと



2015年04月14日(火) 買い取り査定

ひとつの懸案は
切れた
プラチナのネックレスを
修理すること
だった

ネットで調べて
いろいろ
チェックしていたが
ここはひとつ
地元のお店に行ってみるべ
と考えていた

そこに寄ってから
温泉に行こう
と決めた雨の中
修理は二千円位掛かる
ってコトで
思ったより高かったが

ついでに
もうひとつの懸案

これは幾らになる
とネックレスを出すと
今時珍しい24金だね
と言われたので
借りた家にあったの


大きな声じゃ言えないが
お店のおじさんも
えっ
ってな顔をしていたさ
見かけはおもちゃみたいだし
K24の刻印ではないのだが
さすがプロにはすぐ判る


提示された金額は
ちょっとしたアクセサリーを
買い直せる位だったので
即決しちゃった
印鑑も要らず
お札を数えながら
渡されるドキドキ

いやー
人生初の経験
お店を出てからも
しばし
コーフンが冷めなかったよ
の内緒の話し



2015年04月13日(月) 晴れのち雨

どうも
晴れの日が
続きませんな

天気予報を見て
ギリギリの予約で
昨日は整体に行って
またもや
腰よりも
凝り凝りの肩や腕に
大半の時間を費やした

そんなに
使っているつもりは
ないんだけど

スッキリして帰って
調子に乗って
大量に大根を刻み
割り干しを干したり
着物三着分を
アイロン掛けしたり

って
きっと
こういうのが
蓄積されるんだろう

さて
連休を取ったが雨だ
懸案はいくつかあるも
どの道を選ぼうか
傘を差して
歩くのもいいかな



2015年04月09日(木) かたちへの希望

縫い部屋の
整理ついでに
過去に縫った服を
洗濯し直し

再び
アイロンを掛けて
ちょっとどんな風か
自分で着てみたら
以前より痩せたせいか
雰囲気が違って見えた

被りトップスは
脱ぎ着が随分楽になり
暫く穿いていなかった
スカートも
もったり感が軽減された

もっともそれは
自分にしか判らない
微妙な差なんだけど
服の方は変わらず
わたしの好みを
きちんと反映している

また販売したいな

そんな風に
本当に好きな布を
拘ってかたちにして
自分の仕事を
確認したい

現実的にはまず
サイトをいじれるように
しなきゃだし
どうせなら
自分で塗った壁に
服を掛けて撮りたい

逆算すると
やらなきゃいけない事が
沢山あるけれど
なんだか新たな希望が
ふつふつと
胸に湧いてくる



2015年04月08日(水) リメイクの歴史

花冷えのせいか
肩や足腰が
あまり良くない


昨日は余程
温泉に行こうかと
思ったのだが
買い物をして
上のコのお昼ご飯作りで
あっという間に午後

それからの
数時間を費やすのは
あまりにも勿体なくて
結局
縫い部屋の整理を
徹底的に敢行

これまでに作った型紙も
全部さらって
まとめ直したワケだが
それを見ていると
何だかんだ言って
随分頑張って来た気がした

恐らくは
二度とは使わない
モノばかりだし
どんな服だったかも
直ぐには浮かばないけれど
拙いリメイクの歴史を前に
捨てるには惜しく

いつか
もっとどんどん縫って
かるーく
葬り去る時が来るまで
とりあえずは
取って置こうと思い

気分は俄然
リフレッシュして
二着分の解きを
アイロン掛けのあと
さらにちょっと無理をして
二着を解き終えた

肝心の
身体のリフレッシュは
また整体頼みでいいや



2015年04月07日(火) 小さな努力

工賃用の
小銭を準備しとこ
と思ったら
忘れ物に気付いた

なので
まだ誰も居ないうちにと
施設へ取りに行き
燃えるゴミ袋が
四つあったので
こっそりゴミ出し

恐らく
腰を痛めたスタッフが
独りで出すだろう
と思えたので
出勤してビックリ
を想像しながら

けれどその後
買い物に行こう
と思った裏道で
車に乗った彼女に遭遇
わたしは気付かなかったが
曲がり角で挨拶された

あちゃー
こっそりのつもりが
きっとバレちゃう
まさかこんな早く
出勤して来るなんて
誰が知っているだろう

彼女なりに
日々小さな努力を
積み重ねていたんだ
それが判っただけでも
良かったな



2015年04月06日(月) 諦めない

今日は
いつも煩いコが
休みだった

お陰でまるで
仕事じゃないみたいに
穏やかに過ごせて
もうひとりの問題児なんて
問題外な位に楽々

ああ
いつも
どれだけのエネルギーを
使っていることか
連日の疲れは
ほぼヤツに因ることが
よおく判った

まあ
判ったからと言って
どうなるモンでもないが
明日は久々に
週中のお休みなので
有意義に過ごしたい

出来れば
週に二着は解こう
と心掛けているのは
着物に触れることを
日常にしたいからに
他ならず

もっと言えば
ふつーに
日々縫えるワタシ
ってのが目標なのだが
十数年掛かって
依然そんな風には
なっていない

まだまだ
理想には遠い
けれど
確実にこの今は
そこに繋がっているから
まだ自分を
諦めはしないのだ



2015年04月05日(日) 狼を背負う

風が吹いて
少し寒い日がある
この時期のために

何か欲しいな
と思って
あれこれ調べるうち
どういうワケか
マンウィズグッズに
眼が行ってしまい

買ったさ
なんだろ
ジャンパーじゃなく
コーチジャケット
とかって名前だったが
よくあるケミカルの

年甲斐もなく
もう今や
カジュアルが似合わない
のでトレーナーさえ
着ないというのに
相当イタイおばさんだ

でもそれが
好きなバーガンディ色で
胸と背中のロゴはありつつも
なんとなく
仕事してる人風で
それ程違和感はない
と勝手に思って

いやー
アガるんだなこれが
オオカミしょって
自転車に乗る気分サイコー
もう何処へでも
飛んで行けそうな位だ



2015年04月04日(土) お花見

今日も悪天候
と思っていたら
どんどん晴れて来た

日差しを感じて
作業しているうち
これわ行かねば
とソワソワしたので

お花見を提案し
すんなりおっけーで
車を出してもらい
総勢20名弱で
急遽繰り出した

まあ
場所はお馴染みの
近くの公園だったし
毎年恒例になりつつある
鹿まんじゅうが
おやつだったけど

それでも
つかの間
はたはたとくるくると
鬱積した冬をぜんぶ
春の風に吹き飛ばし

みんなで
笑って動いて
桜も十分に堪能して
お酒はなくても
あー
楽しかったな



2015年04月02日(木) 刃物騒ぎ

休む
と職員にメールで
言ってきたコから
昼近くに電話

給食注文してあるから
と言うと
これから行くわ
となって
ほんの一時間
施設で過ごした

さあそれが
家に送る段になって
一緒に出掛けようと
親が待っている車に
独りではバツが
悪かったようで

お母さんから話しがある
とわたしをダシにして
何のことはない
そのまま
置いて行こうとすると
大騒ぎが始まった

まずいことをやらかして
素直に謝れず
いつもの逆ギレパターン
親に毒を吐き
あげく車の中を探し
ナタを取り出した

親はさっさと
家に戻ってしまい
振り上げた刃物を
下ろす先もなくなり
今度はわたしに
玄関まで送ってくれと

だったら貸せ
とナタを預かり
母親に渡して
大人しくするように
言い置いてきたが

早速施設に
オラオラ状態で
電話があったらしい
元気なのには感心するが
いい加減飽きたわ



2015年04月01日(水) 春の横で

昨日は
まだだったのに
一気に桜が開いた

里山にはコブシが
街中には沈丁花や雪柳
いつもなら
それぞれ微妙に
時期がズレた気がするのに
何もかもいっぺんに

少し前から
つくしが伸びているのを
指を咥えて見ていたが
今や河原には
浜大根と菜の花も
色を添えている

うーむ
送迎車の窓から
眺めるばかりで
今年は
春の野に出掛ける
いいタイミングの休みが
全くない

三月に
有給二日を取ったので
今月は遠慮した
しかも今週はまた
一週間ぶっ続け
もっとも
雨続きみたいだが

ああ

好きな時に野に出たり
縫い物が出来るような
お気楽な日々を
暮らしてみたいもんだ
ついつい
そんなコトを思う

この人生は
くるくると
貧乏暇なしのようで
仕方がないから
今の幸せを味わうために
にごり酒を飲むとするか


 < 過去  目次  未来 >


ゆりすこ [MAIL] [吉祥堂]

My追加