ゆりゆり日記
こうのとりの郷豊岡より
そこで出会うすべてのひとと
日々の想いの種が
なににつながりどこへ行くのか
未来へ続く今の日記

2014年10月31日(金) ビビる

居宅の利用者さんが
亡くなったので
これからお通夜
という職員と

わたしは会った事がない
その人の話しをしながら
最後の送迎を終え
急ぎ車椅子を下すと
ルームランプが消えない

各ドアを閉め直しても
点いたままなので
一旦置いた鍵を
再び取りに行くのを
待っている間に
突然消えた

何なのー
ってビビる職員に
やめて
これから独りなんだから
きっとそういうシステムだ
と言って送り出し
ぱぱっと片付け

押入れの襖を開けた
とたんに
互い違いになっている
もう一枚の襖が
大きな音を立てて
下に落ちた

ええーっ
滑りが悪い
ことはあっても
どんなに中に
モノが詰まっていても
落ちるなんてコト
かつてなかったんだけど

と思ったが
そのオドロキを
シェアする相手もおらず
シンと静まり返り
玄関の灯りを消して
真っ暗な中
鍵を閉めたワケだ

家に着いてみると
なあんか忘れ物いろいろ
よっぽど
ビビッてたんだろうな
わたしらしくもない



2014年10月30日(木) 焦げる

壁塗りをしていたら
ひやひやーっとして
キモチ悪くなったので
早々に終了

ちょうどスーパーで
鶏のレバーが安かったので
そうだ鉄分だと思い
生姜を沢山刻んで
しぐれ煮を作る

煮ている間
バイトに出掛ける
準備をしていたムスコが
先日ペットショップで見た
やたら長い名前の猫を
来月も残ってたら買う
とか言い出した

いやいや
わたしがこの家から
居なくなったらにしてくれ
とワケの解らない反対をし
それでも
オレの部屋で飼う
とか言うので

いろいろと
ダメな条件を挙げ
それよりも
自転車にライトを付けろ
と先日購入した
新しいのを示す

無灯火で
パトカーに止められ
壊れてるんです
で一度は済んだが
二度目はないように
と買ってあげたのに
全く付ける気配がない

出掛ける時間ギリギリまで
優雅にフルートを
吹いているので
何とかしようと
四苦八苦しながら
ハンドルに装着していたら

なあんか焦げ臭い
台所にすっ飛ぶと既に遅し
行平鍋の大きい方が
見るも無残な様相に
はー
なにやってんだか



2014年10月29日(水) 秋冬の準備

急激に
冷え込んできましたな

かと言って
日中はそこそこ
気温が上がるので
厚着のまま
ってワケには行かないが

ようやく
早くから準備していた
秋冬モノを
着られるようになって
ちょっと嬉しい

そして
既にレンジで温める
カイロを職場に持参して
冷えると痛む
足腰に当てて
座るようにしている

肩腕の痛みは
石灰化も原因ではと思い
温めることに加え
カルシウム摂取も
心掛けるようになって
今の所大丈夫

そして何より睡眠
布団を買い換えて
じんわり熱が伝わる
ケミカル素材綿のお陰で
朝まで熟睡である

この調子で
本格的な冬を迎えたい



2014年10月27日(月) オサケを選ぶ

昨夜は家族で
ご飯を食べに外へ出た

その帰りに
初めて入る酒屋へ寄ると
恐らくこの町で
一番の品揃え
ってカンジで
テンションが上がった

もっともその前に
ホームセンターで
いろいろ買い物をしたので
残金は少なく
なるべく安いお酒を
一本と思った

なのに
下のコはさっさと
ブラックブッシュを
手にぶら下げているでわないか
だから金ねえっつーの
と何度も言い聞かせ

結局
れんとの一升瓶と
輸入の食品各種を選び
それも足りなくて
上のコに出してもらった
ってワケだ

まあ
各種詳しく調べれば
ネットの方が
安い店もあるけれど
実際に見て買えるのは
やっぱりいい

もっとお金持ってまた来よ
と言うと
10本位買っちゃおう
って下のコ
いやだから誰が払うのさ
まったく



2014年10月26日(日) 空き家

昨夜遅く
っていうか
ほとんど今日
会議から帰った

広報が来ているのを見て
突然朝からの
日役を思い出し
急ぎ目覚ましを掛けた
ふう
気付いて良かったよ


ご近所と久々顔を合わせ
ひとしきり
掃除をしながら
うっかり引っ越しのことを
口にしてしまった
をいをい

でもそれで
古家の近くに
ご近所さん所有の空き家が
存在するのを知った
離婚した息子さん夫婦が
かつて住んでいたらしい

そうなのだ
同じように空いている家を
この土地の人達は
不動産屋経由で
貸すことをせずに
ただ空いたまま持っている

うちの隣の空き家然り
そんなコトだから
一層過疎が進む
ような気がするんだけど
果たしてどうなんだろう

それはともかく
もしこの家に
帰って来られなくても
ひょっとしたら
と思うのは
虫が良すぎるだろうか



2014年10月25日(土) オポジション

月例会議の前に
久々に一旦帰宅

はー
お腹空いてないうえに
朝から
仕事したくない病
いちにち過ごせば
何とかなると思ったけど
ダメだす

もうこのまま
オサケ飲んで
ぐだぐだしていたい
でも会議はともかく
地活のスタッフに
手仕事を教えなきゃで
パスするワケには行かず

原因は特にない
蠍座に入ったばかりの
トランジットの金星と
わたしの太陽が
拮抗しているので
こんなもんかと思う

ナニカタノシイコトを
考えよう

・・・

ひぇー
とりあえず食べて
行ってくるべ
帰りにコンビニで
何か買ってこようっと



2014年10月23日(木) 批判の声

昨夜は
豊岡まちバルだった

ど平日なので
一度も行ったことがない
けれど
回を重ねてそれなり
盛り上がっているようだ

三回目
と謳ってあるが
本当はカウントされない
お試しの一回目が
それ以前にあった

ムスコのバイト先は
その一回目に参加
事後のアンケートに
批判を沢山書いたら
以後は声が掛からなくなった
とのこと

なんだかな
そりゃあ誰だって
耳に痛いことを
言われたくはないだろうが
より良くする為には
そういう視点も欠かせない

はなっからハブるなら
アンケートなんて
しなきゃ良かったのに
それでいいコト
書いてもらって
安心したかったんだろうか

上辺だけの和を
重んじるより
どんな意見も
きちんと出し合える
何をするかよりも
そっちの方がずっと
大事だと思うんだけど

結局それでも
回を重ねられて
結果オーライ
ってことなんだろうが



2014年10月22日(水) ライ麦パン

一日薬を飲んで
凌いだ後の
丁度いい休み
もうじたばたせず
休日に徹することに

思えば
家でゆっくりなんて
あのお盆後半以来だ
とは言え
何かトピックスが欲しく
ライ麦パンを焼いた

強力粉に対して
25%と言う
控え目の配合にしたので
外側ぱりぱりの
中はふんわり
物足りない位クセがない

本来なら
ライ麦の割合が
増えれば増える程
膨らみ難くなって
イーストの代わりに
サワー種
ってもんが必要らしい

でも
面倒なのは続かないので
このままイースト菌を使って
少しずつ割合を変えて
美味しく食べられる
いい塩梅を探ってみたい

健康という面では
強力粉を全粒粉に変えれば
ビタミン・ミネラルが
圧倒的に増えるし
食物繊維は両方で
かなり摂れることになる

既にこの配合でさえ
ちょいと味見しただけで
お腹に効いた感アリ
充実したお休みに
不調の気配まで
スッキリしてきたよ



2014年10月21日(火) 頭を揺さぶる

昨夜は
アセスメントについて
詳しく学んだ

講師の先生が
日頃使っている
というシートは
驚くほど項目が細かく
落とし込むのに苦労した

って言うか
普段ほとんどそんなコト
何も考えずに
自分なりの掴み方に
慣れてしまっていたので
脳ミソの新しい部分を
開発しているカンジで

例えばそこに
ゴミ箱があったとして
自分で捨てることができる
のは
そうすべきと教えられた
から出来るのか否か

言われて出来るのは
自立的に出来る
ではない
言われても出来ないなら
言葉以外の伝え方
が必要かもしれない

さて
である
そんな風に
あらゆることを
検討して行くと果たして
事案に上らない
わたしやあなたはどうなる

なんだか
頭の中が
揺さぶられ過ぎ
風邪の気配がして
急ぎ薬を飲んだのだった



2014年10月19日(日) 準備万端

肉を焼くのが
どうもヘタである

ミディアムレア
にしようと思っても
焼き過ぎか
またはレア過ぎ
裏技的なコトを知って
やってみてもダメ

何とかしたい

っていうか
肉汁したたる
分厚いレアはダメだけど
たたきとか
ローストビーフみたいな
薄切りならオッケーだ

ならばと
少し奢って
小さい塊りを購入
オーブンで焼くと
これまた失敗するので
フライパンで

周囲をひっくり返しつつ
10分弱
アルミホイルに包んで
寝かせてしばし
土佐酢風のタレと共に
ジップロックに入れて
冷蔵庫へ

さあて
仕上げはどんなもんか
その間
母が送ったと言う
黒枝豆を待ちつつ
お湯を沸かして準備万端

既にジンを
シークァーサで割ったのと
日本酒とで
お腹の方も準備が出来ている
ワケなのだった



2014年10月18日(土) 上手に生きる

予定は
ズルズルと延ばされ
昨日で退職のひと
一昨日から復帰のひと
が交錯した

ムスコよりも年下で
穴だらけなのに
確りもしていて
友達と誕生日が一緒で
なんか話しやすくて
大好きだったひと

一年後には
戻っておいで
と言った
果たしてそんな時が
来るのか来ないのか
その時に自分が居るか
さえ判らないが

あんなに打撃だった
寿退社のひとが
あっけなく復帰すると
別れ
というエポックに
ちょっと感覚が麻痺する
ようで

総てのそんな流れにも
一喜一憂せず
受け止めようとしている
自分が居る
達観
って程出来ちゃいないが

なんか
求めても得られないコト
とかに翻弄され過ぎて
自分次第ではない事共に
少し引き気味で
客観するようなカンジか

もう結婚はしない
あっという間に
そう言い切るひとの
言葉を聞いて
経験しなければ判らなかった
その痛みを思う

歳を取った分だけ
少しは上手に
生きられている
のだろうかな自分は



2014年10月16日(木) それぞれの人生

一昨日の会議で
疲れ過ぎて
夕飯を作る気がしなく
下のコの店へ行った昨夜

もっとも
帰って直ぐに
ジンを飲んだら
いいカンジになったせい
なんだけど
珍しく上のコが
ウンと言ってくれたので

恐らく暇だろう
と思った通り
途中から
下のコも同席して
一緒に飲んでいるうち
次の店の名前が飛び出した

名古屋から買ってきて
店へのお土産にした大吟醸を
スペシャルで出してもらって
驚きの旨さだったせいなのか
平日ど真ん中で
どうかとも思ったが
判断が甘くなり

結局上のコは先に帰り
二人でカウンターバーへ
先客は男性四人グループで
一杯ずつ飲んでいるうちに
カウンターは満席になった

前回来た時も
途中から満席だったし
やたら繁盛しているみたいだが
それはともかく
少し前にヤツが言い出した
学校を辞める件について
ちょいと詳しく話し込む

なんかなあ
結局行きたい方向が
ここまで固まってしまうと
さてそれでどうなる
ってコトを言っても
とりあえず卒業を
手に入れたとしてと同じく

不確定なのには
大差ないような気がして
もう面倒臭くなってきて
しょせんは
ヤツの人生なのだから
と思うしかないようで

とりあえず
何だか知らんが
毎月三万円ずつ返す
と言い出した何かの借金を
要らないから卒業しろ
と言っていたのだけれど

まあそれでもいいか
って気がして
それよりも
遥かに残り少ない
自分の人生の方が問題
って気もして

もう一杯飲みたかったが
コンビニに寄って
大人しく帰宅
ホント子供のコトより
自分の行く先だよ
わたしはまだまだ
枯れたくはないのだ



2014年10月15日(水) ノらない展示会

一旦帰宅してから
会議に出席

資料がどっか行った
ってコトで
何の予備知識もないまま
トップの代わりに
席に着いたワケなのだが

会議の目的である
施設の合同商品展示会が
来月に迫っている
ってのに驚いたが
判らないことだらけに
もっと驚いた

誰がぶち上げたのか
知らないが
市の共催を始め
いろんなトコに
協力を取り付けたはいいが
肝心の中身が
具体的にイメージ出来ない

だって
明後日までに提出の
備品リストにある
二種類のパネルが
どんなものなのかさえ
誰も知らないんだから
それで選べって
いったいどゆこと

おまけに
忙しい月末から
当番制で人手を出すなんて
どう考えても無理だろう
加えて初日前日と最終日は
搬出搬入があるから
絶対行かなきゃみたいだし

ほぼ関係者だけの来場で
こういうのをやったった
ってコトだけで満足
の図が浮かぶダケに
まるでモチベーションが
上がらないまま帰宅

思わずジンを二杯
はー
何て報告するか
人員の確保が
まず大問題だぞ



2014年10月14日(火) シンプル

仕事をしている間は
そうでもない
気がしたが
台風の影響を考えて
早めに帰れた昨日

四時過ぎには家に着いて
下のコからは
何で居るんだ
とか言われ
突然手に入った時間に
るんるんしつつ

はい
久々のスパナチュですね
途切れつつも
上のコが借りてきてくれた
まだまだ先が出ている
らしいので
暫く楽しめる

天使と悪魔がメイン
だった頃に比べたら
どんどんネタは
グロくなってきたが
あの世側からの視点が
広がりを持たせてくれる

なんか
それぞれの立場からの
違う価値観が
重層的に積み重なって
人間としてのエゴが
突きつけられて行く

この世に
絶対的な善や悪
なんてなくて
ただそうなるように
出来ているあらゆる事柄

それでも
格闘して行くカンジは
悪くない
人として生まれた限界を
引き受けつつ
正しいと思う所に進む
シンプルに戻る



2014年10月13日(月) 平らの病

店も連休になる
とまたまたムスコが
生ものをお持ち帰り

その中のしめ鯖が
絶妙なレア加減で
切っているのを見てるうち
これは絶対日本酒だ
との思いが捨てきれず

ここんとこ
ジンかウィスキー
だったので
急ぎコンビニへ
久々の香住鶴をとりあえず
大手のよりはいいかと

しめ鯖は恐らく
過去最高位のウマさで
どんどん箸が進んだが
オサケはいまいちだったな
最初飲んだ頃は
すごく感動したんだけど

きっとその後
世の中のウマい酒を
いろいろ知ってしまった
せいなんだろう
って
キモはそれではなく

コンビニへ行く道すがら
アスファルトのヒビ割れとか
継ぎ目がやたら気になった
窪みとかも
全部平らに塗り直したい
ヘンな衝動が湧いてくる

いやいやいや
と思い直すが
どうしても視線は
道路の不陸を拾ってしまう
はー
なんじゃこりゃ

まるで
ある種の神経症みたいに
壁塗りをやり過ぎた
後遺症かしらん
平らに平らに
を心掛け過ぎて
ヘンなことになってるな



2014年10月12日(日) モーニング

最近ハマっている
ホテルのモーニング

洗濯をしているうちに
程よくお腹が空いたので
リンリンと
さすが日曜日は
結構人が多かった

もう9時近かったが
前回来た時は空っぽだった
パスタも揃っていた
焼きプリンは
あと二人分ってトコで
滑り込みセーフ

何が食べたかったって
フツーにバターを塗って
焼いたトースト
今回はクロワッサンも追加
ご飯とパスタはパス

ひじきに切干大根
蓮根のキンピラ
ほうれん草ソテー
グリーンサラダにポテサラ
インゲン胡麻和え
その他いろいろ

これだけの品目を
朝から食べられるシアワセ
少しずつで
あっという間に
お腹一杯になっちゃったけど
ミルクティをテイクアウト

最高の朝の滑り出し
今度はもう少し
早起きして行こうっと



2014年10月11日(土) ダイエット

ちょっと痩せた

傍目には
気のせい
位のレベルだが
動いた時の感覚が
全く違うのに驚く

恐らく自分的に
マックスまで
行っていたのだろう
いろいろとあった
身体の不快感さえ
スッキリしてきたような

丁度購入した
デニムのレギンスが
ぱっつんぱっつんだった
せいもあって
こうなりゃ久々に
ダイエットしてみるか
とも思い

かといって
あまり急激に落とすと
リバウンドが怖いので
我慢している感は
なるべくないように
心掛けてみる

お腹ぺこぺこの時は
まず豆腐やコンニャクや
もずく酢などで
一旦落ち着かせる
後はお米以外
食べたいものを食べる

すると
すごおく食べたつもりでも
直ぐにお腹一杯になって
なかなかヨロシイ
勿論オサケも飲むし
抜きがちだった
朝食を食べたとしても

暫くこの調子で
様子を見てみようっと



2014年10月10日(金) ミラクル

どうりで
鬼瓦があったわ
とムスコ

真夜中の駅近くで
点いて居る灯りは
その居酒屋だけ
だったそうで
店の中には
女将と三人の年輩客

この辺にタクシーはないか
という言葉に
全てを理解した雰囲気で
前はあったけれど今はない
と言われ
まあ座れ
となったそうだ

お客の中のひとりが
昔はタクシーの
運転手をしていたので
仲間を呼んであげる
ってコトで
待つ間オサケを出され
つまみを食べ

車が来た時点で
終電7分前
今からじゃ間に合わないと
運転手さんの機転で
ひとつ先の駅に向かい
ギリギリ滑り込みセーフ

女将さんからは
何やらお土産を持たされ
お客のひとりは
何かの足しにと
お金を渡そうとまで
してくれたそうな

いやー
神様だったな
またおいでって言われた
ムスコの顛末を聞くと
やっぱりミラクル
と思わずにいられない

お土産の中身は
きびだんご
ならぬ
むかごご飯
とびっきりの味がしたよ



2014年10月09日(木) 鬼の山

昨夜の事
フルートを習いに
京都まで行った
ムスコから電話
特急に乗って
一駅寝過ごして降りた
いったいここはどこだ


既に上り下りとも
その路線は終わっており
乗り換え予定の駅まで
タクシーを使え
と言ったが
駅員に聞いたところ
判らないそうで

ネットで調べて
電話番号を二軒送るも
ひとつは迎車の範囲外で
もうひとつは通じなく
乗り換えの最終電車まで
時間は刻々と近づき

居酒屋があるから聞いてみる
何なら送ってくれないかな
まるでヒッチハイカー
みたいなコトを言って
電話が切れた後
もう一軒調べて
番号をメールした

それからずっと連絡なく
乗り換え時間は過ぎ
おそるおそる
乗れたのかメールすると
なんとか
の返事があった

まさに
皆既月食の真っ最中に
昏々と眠っていたヤツに
鬼伝説の山がある所だよ
なんて
引っ張られたみたいで
ちょっと言えなかった

果たしてどうやって
電車に乗ったのか
ひょっとしてまた
世界を信頼する体で
ミラクルでも
起こしたんだろうか

レッスンの話しより
そっちの方が気になるわ



2014年10月07日(火) 終わらないループ

なんか
塗り易い
と思ったのも束の間
やたら時間が掛かる
仕上げ塗り

あまりにも荒い
中塗りの表面を
綺麗に平らに
ってのが
本当に難しく
いつまでもコテで
撫で撫でしてしまう

でもそれでも
風合いは
中塗りの状態とは
雲泥の差なので
まだ終わっていない壁と
見比べては
自分を宥める


今日は少しだけ
終わった部分の
マスキングを剥がしてみたが
これまた微妙
収縮したせいなのか
塗り方が拙かったのか
黒い隙間があるような

うーむ
これを解消しようとするなら
もう一度マスキングして
細い刷毛ででも撫でるか
それで綺麗になればいいが
また新たな筋が
目立ってはしまわないか

妥協を知らなければ
きっと
いつまでも終わらない
これって
さんざリメイクで
やってきた事と一緒だ

判っちゃいるけど
思い付くことは
やってみてから
諦めようじゃないか



2014年10月05日(日) ニットのリメイク

ネット買いした
ロングニットを試着すると
大変残念な
カンジになった

まあね
細いモデルでも
ふっくら生地で
そこそこ着膨れ
していたので
そこまで幻想を抱いては
いなかったけれど

まるで
一時期のボーイジョージ
余程返品しようかと
何度も迷ったが
ともかく安かったし
素材感が気に入っていたので

襟元にギャザーが寄せてある
前を後ろに着ようと思い
縫い目のある後ろ中心を
丁寧に解いて
前開きにリメイクを決意

上から下まで
全部解いた端を
内側に折った上に
チロリアンテープを
しこしこと手縫い
雨の音を聞きながら
久しぶりの縫い物である

テープは隠れてしまうのだが
もしボタン付けをするなら
ニットだけのままでは
不安なので
とりあえずの考え

なんだかんだで三時間強
思い付きと
出来上がりが
ぴったりマッチして
前が開くだけで
印象は全く違った

このまま暫く
飽きるまでボタンなしで
手軽に羽織れる
ロングカーディガンとして
着てしまおう
返品しなくて本当に良かった

やっぱり
リメイクって素敵だ
元の様相から
ウソみたいに変化する
その過程に何より
魅力を感じてしまう



2014年10月04日(土) 近親憎悪

なんか
やっぱり不安定で
帰りたい
を繰り返し口にした

他の利用者のことは
いいからと
マンツーマンを許され
いや別に
付いて居たくもないが
一緒におろう
と言うので仕方なく

障害者ばかりの
こういう集まりは嫌いだ
何度もそう言っては
他の施設の誰彼なく
名指しして
キモチ悪い
と陰口を叩いた

お前も大概やで
ってゆーか
障害者ばかりの
学校に居たクセに
よく言うわ
近親憎悪も甚だしい

まあそれでも
直接誰かに
絡むことなく
あちこち動きながら
昼食後まで居られただけ
まだマシである

その間
何度となく
もうひとりもやって来て
片方が帰るのを
待ってましたとばかりに
不安定になりかけたので
暫く話しをした

こんな一日
以前なら
がっくり疲れていたろう
けれど
なんだかわたしは
本当に逞しく
なってしまったみたいだ



2014年10月03日(金) ややこしい感情

楽しみなはずの
お出掛けやイベントで
どうして
ブチ壊すような
行動をしてしまうのか

ある種のひとたちは
感情の幅がとても狭く
そこから
はみ出す感情を
処理できないのだ
と先日の研修で

要するに
すんごく嬉しくて
どひゃー
っとなったら
それ自体が不安要素になり
パニックに繋がる

それを聞いて
すごおくスッキリした
日頃覚えのある
数々の事件は
なるほど
そういうメカニズムで
起きていた

けれどそこで問題
解ったところで
である
勝手に不安定になっている
ならまだいいが
他人に危害を加えるのを
どうしたらいいか

独りでシーンと
地味な日常を送っていられる
ワケもなく
そういうタイプに限って
コミュニケーション欲求は
人一倍強かったりするのだ

あーややこしい
そして今日は
運動会である



2014年10月02日(木) お米断ち

お弁当に
入れるご飯を
少しずつ減らして
もう今やそのスペースは
野菜になった

食べた後が重いので
試しにと思って
抜いてみたら
すごく快適
夜はもちろんである

気のせいか知らんが
きちんと熟睡出来る
ようにもなった
倒れ込むように
気を失って数時間
ってコトもない

かと言って
炭水化物抜き
ではないし
ダイエット効果は
多少だけれど
ともかく体感が軽い

そのカンジが
心地よくて
飽きっぽいわたしも
一時のブームじゃなく
続けてしまいそうだ


 < 過去  目次  未来 >


ゆりすこ [MAIL] [吉祥堂]

My追加