ゆりゆり日記
こうのとりの郷豊岡より
そこで出会うすべてのひとと
日々の想いの種が
なににつながりどこへ行くのか
未来へ続く今の日記

2009年12月31日(木) 解き暮れる

もう少し頑張れば休みと
ちょっと無理をして
ハードな日程をこなしたら
すっかり風邪っぴき

クリスマスのご馳走も
贈り物の算段も
辞めたコとの忘年会も
みんな逸しつつ
何とかバイトだけは休まず

そして休暇
ようやく休暇
時間に区切りのない日々で
自分のペースを
ゆっくりと確かめられる

ふう

今年も何とか暮らし終えた
そんなコトを思いながら
黒豆の鍋をかける
そして
大きな手提げに詰まった
小分けの袋を順番に開け
思いを新たに着物を解く

いいなー
一年忙しかったけど
こんな時が来るなら
また頑張れそうな気がする



2009年12月22日(火) 着物市場

はー
昨日の余韻冷めやらず
画集と着物を見直しては
シアワセに浸る

っていうか
着物はそれほど
期待してなかったし
じっくり絵を見てからだから
時間も遅かったし
どのお店の小山も
一見目新しい感じじゃなかった

なのにどういうワケだか
指先がするするとその中の
これってモノを探り当て
何軒見たか解らないが
恐らく効率は
抜群だったと思われる

もう祭が終わった感のある
泥大島もひさびさに
だって1500円って
いくら機械織りだからって
オークションでもあり得ない

偶然出店していた知人は
高くて手が出ないのばかり
と言っていたのに
わたしの買い物は
それが一番高かった

もちろん
今に近い生地や柄のも
沢山あったけれど
紅絹がついた昔の絹モノも
ツボな小柄の古い帯も
状態がよくて迷わずに済んだ
恐るべし京都

もう好きな布が
なくなるのを惜しむ必要もなく
大きな台所が控えているきぶん
もっとも
製作できなきゃ意味ないけど
そしてそれが
一番モンダイなんだけど



2009年12月21日(月) 黒い象

両腕に
すっぽり収まるほどに
小さく痩せた黒い象を見て
飼っていたはずなのに
ずうっと忘れていたのを
愕然として思い出す

なんて可哀想なことしたんだろう
急いで水と餌をあげると
勢いよく啜りこんでくれて
まだそんな元気があって
よかったとホッとする

夕べのその夢が
京都行きの電車のなかで
突然思い出された

もうどうにも
ヤル気が起きなく
わくわくやどきどきが
どっかへ消えてしまっていた
だからやっぱり
絶対行かなきゃと思った

カインの絵と
天を突くようなツリーと
沢山の着物と
そして偶然
山に沈みかかる夕陽
今年一年のお礼も
ちゃんとお参りしてきた

収穫があり過ぎて
なんだか戸惑う
いいのかな
こんな怠け者なのに
よくないよ
もっと頑張らなきゃあ

ちゃんと世話をして
象をもっと
太らせてあげなきゃ



2009年12月14日(月) スノースマイル

待ちに待った
一週間ぶりの休日

冬が寒くってホントによかった
朝から同じフレーズがリピート
なので
ユーチューブで再生

そして
購入を迷った本を探しに
本屋をはしご
ネットで注文もいいけど
中身を詳しく比較したい

一軒めで一冊
二軒めでもう一冊を
そして三軒めで二冊ともを見て
やっぱりすごく迷って
思い切って決めた

それから
以前辿り着けなかったお店にも
曲がり角にサインが出ていて
今度はちゃんと判った
新しくお金を掛けた
いかにものカフェ

辞めたコに何かあげたい
雑貨を期待したけど
自称アーティスト
ってカンジので
テンションは下がり
先に見た雑貨屋に戻るのも嫌で
スーパーにだけ寄って帰った

ワインを開けて
再びスノースマイル
暖かかった冬も
いよいよ今週は雪が降るらしい
あーなのに糸買うの忘れた

君と出会えてホントによかった

同じ季節が巡って
誰と一緒でも一緒でなくても
わたしはわたしの道を
微笑みながら行きたいね



2009年12月10日(木) 毎日がクリスマス

マネケンのワッフルって
本当に美味しいのかな
少し前
先輩がそんなことを言ったら
お歳暮にまさしくそれが届いた

ちょうど
自らのクジ運の悪さを
嘆いていたとこだったので
言ったら来たってすごいじゃん
と思わず拍手

そして昨日
少し前にムスコが
欲しいと口にしたアンプが
タイムリーにも
格安で手に入ることになった

言った本人もビックリで
俺ってすげー
の再来ってカンジなんだけど
この人には
そういうことが度々ある

筋書きとか
絶対のギリギリ感とかじゃなく
ポーンと言葉を放り投げただけで
こんな風にリアルになると
どこかに
聞き届けてくれる誰かが
いるに違いないと思う

きっとサンタクロースって
そういうコトの象徴なのだ

それは
一年の間の
たった一日だけじゃなく
いつも有効なのだとしたら
毎日わくわくしていられる

ただし
そういうミラクルに
ちゃんと気付ける人でいる
ってのが大事なんだろうけど



2009年12月09日(水) 終の棲家

さいきん
京都企画の流れが
ナゼか物件探しにまで及び
いつかかの地で
暮らすのも悪くない
とか思ったりしている

勿論
家族の事情に依るけれど
終の棲家を考えた時に
もう乾いた抑揚のない東では
落ち着けない気がする

かといって
この土地では
あまりに刺激もなく
このまま暮れて行くようで
なんの安定もないのに
見かけの平穏って
どうなのとか思う

公共の交通機関が整備されていて
病院を選べる
歳を取るには
そのふたつが必須条件
そして何より
生き生きと暮らすためには
自然と文化の両方が必要だ

一番肝心な
仕事のことも含めて
ずっとこのままでいいはずもなく
再びのターニングポイントが
子ども達の成長とともに
きっとやって来るはず

大きく物事を変える
パワーのあるうちに
ちゃんと先を見据えなきゃ
とか思うこの頃なのだ



2009年12月04日(金) 二股企画

楽天で本を探していて
中身が見たくて
アマゾンの方を開くと
過去の購入歴などから
おススメが出てきた

そうそう
随分前にカインの挿絵の本を
調べまくったことがあったっけ
どうせ注文するなら
一緒にどうだろうとふと思い
その前に全貌を知りたくなった

そして出版社のサイトに飛ぶと
偶然にも
カインの展覧会情報が載っていた
しかもしかも
場所は京都だって
まぢですか

原画が見られるっ
頭の中にビックリマークが
いくつも飛んだ
そんな想像をしたことがなかったし
ましてやこのタイミングで
カインに行き着くなんて

あー
なんかもうそれから
どうせ行くなら
骨董市を絡めよう
とか思って日程を調べ
普通と急行それぞれの
時刻表と運賃を比較し
シュミレーションをしばし

既に最初の本はどっかへ散り
心はこの二股企画でいっぱい
行けるかな
年末の帰省はなくなったので
許されるかな

だとしたら
最近調子がよくなった
父のお陰かもしれないな



2009年12月01日(火) タイ風スカート

イベント受付用に
スカート作り

自分のなので
昨日一日で
簡単に済ませる予定が
布を繋いでいるうちに
どんどん変更となった

頭の中で
折ったり縫ったりを
繰り返すのも久々で
それは随分と
集中力が必要で
寝てからも考えていた

型紙を作ってしまうと
ともかく手を動かすこと
だけになるので
同じく形に向かう作業でも
使う力は全く違う

こういう頭の使い方をしないと
創造力ってもんは
衰えるんじゃないだろうか
実際なんだか
肝心なトコが錆びついて
ギシギシしていた

でもそんなでも
後はウエストの仕上げのみとなった
ちょっとタイ風の
折り込んで紐で縛るかたち
もっと痩せても
或いは太ってもオッケー

うーん
早くも
いいカンジの達成感


 < 過去  目次  未来 >


ゆりすこ [MAIL] [吉祥堂]

My追加