ゆりゆり日記
こうのとりの郷豊岡より
そこで出会うすべてのひとと
日々の想いの種が
なににつながりどこへ行くのか
未来へ続く今の日記

2005年10月31日(月) もてなしの心

あっという間に月末
間近に特別公開を控えているので
どうやらまた
販売しながらの締め作業は無理そうと
書類を持ってわくわく館へ
5日には渡さなければならないから
今日中に目途をつけたいところ

お客さんが増えて
どうしてもその日の集計が終わらず
先送りにしているせいで
単純な計算ミスもぽろぽろ
そんなのがひとつひとつクリアになっていき
何とか5時には大方終えた

それはともかく
ちょっとした楽しみを入れようと
お昼にランチのコースを食べた
誰かが作ってくれたものをいただく
もうそれだけで嬉しく
目新しさも楽しめたのだが
お店を出た後味はあまりよくなかった

カルパッチョにキャベツ
塩気の強すぎるクリームパスタ
グラニュー糖が掛かりすぎて
がしがしと氷を割るみたいなブリュレ
どれも小さなことなのだが
ちょっと日常を離れた優雅さを味わうには
どうなのかという思いが
皿が進んで行く度に積み重なった

我慢して食べようとしたHさんの
料理の中の髪の毛を指摘した
茶色い強毛は明らかに彼女のものではなく
店長は謝って新しい皿に替えてくれた
それは彼のものでもなさそうで
思わず最初に対応してくれた女の子の頭を
眼で追ってしまったのだった

気を取り直し味わいながら
わたしだったらもう少しのお詫びを
プラスするだろうなと考えていた
しばらくして
グラスワインをもう一杯注ぐとか
デザートにもう少し楽しみを追加するとか

そう思うのは
あまりにもあっさりした
詫び様だったせいかもしれない
けれどたぶん
その髪の毛の一件がなかったとしても
お店の印象は変わらない
自分で作ったものを
きちんと味わってみればすぐ分かることだ

日々流れるようにお客さんを迎える中で
そのお客さんにとっては
たった一度の来店が全てなのだ
そう解ってはいても
つい心を失ってしまうことがある
ひとりの売り場をふと振り返ると
忙しくて切り捨ててしまったことなどが浮かび
ちりちりと胸が痛んだ



2005年10月30日(日) 家探し

友達に付き合って
初めて豊岡の不動産屋を覗いた
わたしが借りている家は
東京で仕事をしていた頃の
職場仲間からの紹介だったお陰で
破格の家賃なのは解っていても
この辺りの相場など
ちょっと興味があった

最近よく見掛ける小洒落たアパートは
家賃5万の予算ではかなり厳しく
築年数にこだわらなければ
多少はありそうだった
決めるのは本人だが
個人的には戸建てにしか興味がなく
売り物件までさらってみたりした

うちの近所や知っている家が
密かに売りに出されていたり
気になっていた物件に
びっくりする値段がついていたり
どこも浸水被害に遭っただろうと予測され
簡単には買い手がつかなそうな気がした

で結局
よさそうな3件をピックアップし
すぐ見られるという一件だけを案内してもらった
それは古いながらさっぱりした一軒家で
駐車スペースもあった
両隣は住宅が並んでいるけれど
道をはさんだ向かい側は
ちょっと特別な建物があって
今後永久に普通の住宅が建つ心配がない

特に景色がいい訳ではないのに
そのお陰でなんだか開放感があり
家から出入りするだけで
周囲の人目に晒されているようなうちとは
まるで違っていた
そのあと残りの2件を外側だけ見に行って
結局最初の家がやっぱり良さそうとなった

古いゆえの難あり箇所を指摘し
もし直してもらえないようなら
値引きをお願いして今日のところは終了
ほんの半日だったのに
わたしも家移りの新しい気分に満たされ
引越しってやっぱりいいなと思った



2005年10月29日(土) 改憲に思う

自民党が出した
新憲法の草案は
たましいが抜けた日本人
って印象がぬぐえず
いったいこれから
どこへ向かって行こうとしているのか
読めば読むほど腹が立ってくる

問題の九条は
改憲しないまま解釈をねじまげて
自衛隊派遣してしまった矛盾を
そのままというより
さらに露呈したものになっていて
これを堂々と
日本の憲法ですと言うのは
あまりに恥ずかしい

戦力不所持と交戦権否認を削除して
加えられた二項の自衛軍のくだりは
まるで自由のために戦うという
大義名分への序章にも読めて
そう野党から突っ込まれたら
どう応えるかまで予想がついて
あまりにもばかばかしい

だったらいっそ
いざとなったら戦争も辞さないって
言っちゃったらどうなのさ
たかだか建国200年の
蟹座のあの人みたいに
硬い甲羅に包まれて
パワーゲームを繰り返す

こんなに歴史のある国なのに
臍の緒がかつてどこに繋がっていたのか
まるで失った前文も
あまりにも無味乾燥にすぎ
いかにもお勉強だけできるヤツが
仮想の国をでっちあげて
憲法とやらを作ってみました
みたいな文章だ

わたしは心底この国を愛したい
これからの子どもたちが
心からこの国を思い
生まれてきたことを喜び
勇気を持って大人になっていける
そういう憲法を学ばせたい

いいのか本当にこのままで
すぐ過去になる今を
歴史を作って行くのは
わたし達ひとりひとりなのに



2005年10月27日(木) 底力

売り場を終えて外に出ると
携帯が鳴った
間に合わず切れたのは家からだった
うーん
いったいなんだろう
最近はもう子ども達も成長したので
腹減ったコールはめっきりないし
まさかまさか

恐れていた予感は的中した
こちらから掛けてみると
もしもしっ
勢いよく出た下のコが言った
やったぜオレ19位だった
聞いて俄かには信じられず
ええーっまじかい
と聞きなおしたがどうやら本当らしい

コウノピアから出てきたMさんに
思わず報告してしまった
マラソン大会で20位以内に入ったら
ゲーム買ってあげるって言ったら
19位だったって
そりゃあうんと褒めてあげなくちゃ

普通の練習では35位
予行練習では44位と聞いていたので
本番ではみんなもっと本気を出すだろうから
まず無理だろうと掲げた数字だったのだ
にんじんはファミコンウォーズで
昔ちょっとはまった事があり
ゲームキューブ版がどんなのかと
つい口走ってしまった

言った以上約束は守るよ
ということで
夕飯の後早速購入に走った
はー
ムスコがいかにキャッシュなヤツか
知っていたはずなのに
うっかり見くびった

まったく
ご褒美がなくても
ちゃんと頑張れなきゃダメなんだよ
そんなこと今更言っても
馬の耳に念仏か



2005年10月26日(水) いのちの水

ようやく昨日から
リメイクスカートを縫い始め
ちょっとほっとしているところ
家にいても
延ばし延ばしにしていた用事が
あれこれ思い出され
製作モードになるのに時間が掛かる

その一方で
普段は手間でできない煮物なんかを
ゆっくり火に掛けて
食べる楽しみが増す
今日はとうとう料理を前に
先日購入した木下酒造の
大吟醸生しぼりの封を切ってしまった

試飲したときも
他のお酒と全く違った
シンプルかつピュアな味だったけど
再びその旨さに感激
ただスッキリした辛口の酒が多い中
まろやかでコクがあるのに軽い
お米ってこんなにフル−ティだったとは

豊岡に来なければ
久美浜のこのお酒とも縁がないまま
もうずっと忙しさがひと段落したら
ゆっくりお酒を飲もうと思いながら
なかなかできずにいたけれど
まさにお酒はいのちの水
身体の中に新しいエネルギーが満ちてくる

遠く北の岩手に
造り酒屋のルーツを持つ
眠っていたDNAが目覚めるかのよう
あーシアワセ
日本人に生まれて本当に良かった



2005年10月23日(日) りく祭り

りく祭りへコウノトリグッズの出店
イベント会場はうちからすぐだし
売れなくても日当が出るというので
朝からの雨と時おり吹く突風もなんのその
プレッシャーがない分
結構楽しめたのだった

去年は台風で中止となったし
今年もパレードはできなかったらしい

このイベント自体
それ以前も出かけたことがなく
観光協会との絡みがなかったら
たぶん今後も興味がないままだったろう

出店はりくと縁の遠方からもあって
業者の屋台と出石の実演お蕎麦や
城之崎の地ビール
地域の婦人達の手によるものなのか
安いおでんやぜんざい
スタンプラリーによさこい踊りと
集客数よりも関係者が多い印象

屋根のないフリーマーケットは
小降りになった午後
一部出店があった程度で
それ目当てのお客さんがあれば
まだ違ったかもしれない
一番盛り上がったのは
最後のくじ入り餅まきのようだった

祭のキモはなんだったのか
やっぱり中止になったパレードか
りく娘は綺麗な着物で
ステージに来てはいたが
いまいちこのイベントの趣旨が
掴めないままに終わった

もしグッズ販売としてじゃなく
何かするとしたらなんてふと考え
それは着物がらみで
ちょっとワクワクする妄想ではあった
どっちにしてもお客さんより迎える立場の方が
絶対面白いに違いない
来年もアリなのかどうか
それすら解らないんだけどさ



2005年10月19日(水) 紅玉三昧

夕べ届いた箱いっぱいの林檎
少し稼げたからと
調子に乗って注文していたのだ
減農薬の上袋掛けをせずに
太陽の光を浴びて育った紅玉は
思いのほか数が多く
しかも既に完熟と言う注意書き

いくつかはジャムにしようと
ホーローの鍋いっぱいになるまで
皮をむきスライスし
キビ砂糖を適当に振りかけてぐつぐつ
後ではちみつを混ぜられるように甘さは控えめ
皮は紅茶と一緒に煎れたら
アップルティーになるかもしれないと
ザルに入れて乾燥させた

さあそれでもまだまだあるので
少しを昨日のお返しに届け
リンゴ酒を作ろうと
ホワイトリカーを買いに走った
梅の季節には何種類も出回っていたのに
もう置いていない店もあり
ちょっとケチって900ミリのを購入

作り方なんて解らないから
ともかく種を取り皮つきのままスライス
今年仕込んだ梅酒を
はちみつの空き瓶に小分けに移し
空いたボトルへリンゴを投入し
梅酒の時に残った氷砂糖を乗せ
上からお酒を注いで完了

出来上がって冷めたジャムを保存瓶に移し
残りでリンゴのケーキを作ることに
卵3つを湯煎に掛けながら泡立て
キビ砂糖を適当に入れ
サラダオイルもジャムも粉も膨らし粉も
全部目分量で
天板にびっしり並べた紙のタルト型6個分

いやあそれがもう
ふんわり最高の出来で
まるでシフォンケーキ並み
何故か機嫌が悪かった下のコも
食べるうちにほがらかになり
夕飯のあともう一つ平らげた
上のコは夕飯後にふたつを一気

じゃあもう次は失敗だな
適当レシピを聞いて冷たく言い放たれても
うーん確かにと
本当に久しぶりに
主婦らしく充実の一日に
そんな言葉も余裕で流せるのだった



2005年10月18日(火) リメイク情報

スカートを縫って欲しい
と言うお客さんを
やっと洋裁の得意なご近所に案内できた
サイズを測って
きちんとぴったりの服を縫う
それはとても素晴らしい技術で
しょせん自己流のわたしには無理だが
いろんな話を聞けてとても楽しかった

そのお客さんとは最初は朝市で出会い
6月の展示会ではスカートを買ってくれた
そして最近知ったのだが
京都まで野口整体を受けに
ご主人と定期的に通っていると言う
わたしも以前は活元会に通っていたので
お互い不思議なご縁と驚いた

さらに今日は
以前から見てみたいと思っていた
リメイクが載っている雑誌を
定期購読していると聞き
ぜひ貸して欲しいとお願いした
それは書店では販売しておらず
リメイクのページのためだけに
年間予約するのはと諦めていたのだ

薄紫色の綺麗なバラの花と
手作りの美味しいシュークリームまで頂いて
嬉しい展開に酔っていると
早速ご主人の車で本を持ってきてくれた
きっと今夜ゆっくりご覧になりたいだろうと思って
ああなんて素敵な心配り
そのゆったりとした口調と
品のある言葉遣いがまた本当にステキ

けれどゆっくりどころか
早く見たくて
ともかく目的のページだけを繰った
毎号さまざまな着物リフォームが取り上げられ
本を出している作家のものも随分あった
なるべく着物を切らずに作る式や
ただ布が和布に替わるだけで
ほとんど洋裁方式のものまで

作り方が載っていても
図解を見て作るなんてことは
わたしには至難の技なので
結局いつもの方式が一番と思うけれど
いろんな着物地が洋服になっている
それを眺めるだけで
栄養をいっぱいもらった気分だった



2005年10月17日(月) 贅沢な紬

今日こそはリメイクモードに突入すべく
参考資料をあれこれ眺め
着物を引っ張り出して
イメージの出現を待つ
というか実際には
解いて洗った生地を愛でるだけで
特に先日洗った紬2点は
人手に渡すのが惜しくなる程素敵

そこへ追い討ちをかけるように
宅急便にて更に紬が届く
いや他にもいろいろあったのだが
もうわたしのココロは
ベージュの琉球絣風のその紬に
参ってしまった

早速母に電話してそのことを告げると
もっといいのはこっちにあると言う
懇意にしている小さなリサイクルショップで
たまに着物が出ると買って送ってくれる
今回は他にとても気に入った紬があって
身幅も大きいので
自分で着る用にキープしていたのだ

母は冠婚葬祭ぐらいでしか
着物を着る人ではないし
紬は普段着に近いらしいから
いったいいつ着る機会があるのか解らない
けれど
以前気に入って買った反物を
そのままわたしに送ってきたのを考えると
結構好きで着る意欲はあるのかもしれなかった

着物を着るというのは
わたしにとってはとても贅沢な行為だ
その一方で
これからの季節に自転車に乗るのに
まずは紬で自分用にパンツを縫おうかと考え
それはバチあたりなぐらい
贅沢かもしれないと思った



2005年10月16日(日) 久美浜での一日

昨日は力の限りバスケットを編み
帰りのバスでは居眠りをするほど
それで今日は
どうにかリセットしなきゃと
友人を誘って久美浜温泉へ出かけた

中は驚く程空いていて
ぬるめの露天と薬草風呂でゆっくり
金木犀の香りが漂って
色づいた落ち葉が浮かぶお湯は
かつてない位気持ちよかった

売店で組み紐でできた髪留めを買ってもらって
偶然果実祭が開かれていた駐車場へ
地元の人たちによる屋台で
やわらかく煮込まれた大根を
ふたつにしてもらったおでんと
マツタケご飯と試食の甘い梨を食べ
誰でも引けるくじ引きに参加

わたしははずれ
友人は残った3本の当たりのうち
一本を引き当てた
それは大きな梨が6個入った箱だった
さらには
調子に乗ってかぶと山へ寄った
展望台への800メートルを
後悔しながらようやく登ると
先客のカップル2組は車で来ていた

あーこれはひょっとして
正しいデイトコースなのかもしれないと
ヘンなふたり組みのわたし達は早々に退散
お茶でもとレセプションガーデンに行くと
そこにもカップルが溢れて賑やかさに恐れをなし
以前はなかった外ベンチで休憩

木下酒造に寄り
友人が地酒ソフトクリームを食べる横で
試飲用の大吟醸をごくり
これがなんともすっきり綺麗な味がして
身体中が目覚めるかのよう
それに感激しているとお店の人が
限定品の大吟醸生しぼりを注いでくれた

いやーこれがまた
大吟醸とはぜっんぜん違うのにビックリ
お米の風合いがそのままで
すっきりしてるのにコクがある
何でも飲むけど
やっぱり日本酒が一番かもと
思わず購入してしまったのだった

最後は稲葉本家に寄って
昔ながらの立派な家の中を
隈なく見て廻るという盛り沢山の一日
すっかりリフレッシュできたし
明日からはまた
美味しいお酒を飲むためにも
頑張って働くぞー



2005年10月14日(金) コウノトリの恵

9月分の
売り場の手数料が入った

これがなんと
日給一万円超えだった
ついこの間まで
2千円とかが当たり前だったのに

なんていうか
努力を傾けても甲斐のない売り場
そういう状況に慣れすぎて
未だに同じ気分を引きずっているけれど
今月もハイペースで進んでいて
ようやく
本当なんだと思えるようになってきた

うーん
これまで何度
安定収入部分を他に探そうとしたことか
もう最後の手段と
割烹の面接にまで出かけた
けれど不況の時代
お客が入らない時は帰ってもらうと聞いて
結局不安定な場所を増やすだけと諦めた

売り場だって水モノだけど
この調子だったら
ある程度確実さを期待していいのかも
Hさんとふたり
お互いの台所事情を改めて打ち明けながら
本当に有難いねと喜んだ

そしてこの恩恵は
ただわたし達を潤すだけではない
安い手当てに心を痛めずに
堂々と誰かにヘルプをお願いできる
人にシェアできる余裕ができることが
こんなに嬉しいとは思わなかった

これで生活が安定すれば
稼がなきゃときりきりせずに
他のことをやって行ける
次の展示会の日程も決まったし
またワクワク胸キュンで迎えられるように
少しずつ準備だなー



2005年10月12日(水) リメイクのために

ようやく
夏のあいだに解いた着物を洗った
紫濃淡の紬2着分
朝から雨模様だけれど
外に干す訳ではないから関係ない

干した後
なんだかがっくり疲れ
しばし横になる
乾ききらないうちにアイロンを掛け
また横になる
頭にモヤが掛かったみたいで
どうも調子がよくない

8月の終わりから
バスケット作りが始まって
まったくよく働いた
放鳥の狂騒が加わってから
9月の締めが終わったのは
やっと先週のこと

毎日毎日家に帰ってからも
これまでの人生で
こんなに働いたことはない
6月の展示会前に
随分頑張っていると思っていたのは
まだまだ甘いレベルだった

久々に和布を触りながら
なんだか機械的になっていた
リメイクを始めるには
もう少し時間が必要だ
ただぼーっとして
ゆらゆらとふっくらと
自分の中に隙間を作らなきゃ



2005年10月10日(月) モデルのない生き方

今日は下のコの
粉もん作りに付き合い
中華鍋からはみ出すぐらいの
どでかい餃子を焼いた
それから
先日買った6年生の計算ドリルを
一緒になって解き
自分も本を開いた

その本とは
学校に行かない進学ガイド
すっかり忘れていたけれど
まだ上のコが幼稚園の頃から
日本の当たり前の教育制度以外の道を
そこに探していたのだった

彼の個性に相応しい教育をと
シュタイナーのクラスまで開きながら
結局途中で手を抜いた
本当は別の集団という時点で
親としての手抜きを
誤魔化そうとしていたのだ

けれどもう迷うことはない
本を読みながらそれを改めて確認していた
他の誰でもない上のコの個性を
もっともっと発揮できるように
少しずつ環境も整ってきた

必要な知識を獲得することは
学校へ行かなくてもできる
他に大切なのは
他者とのコミュニケーションを学ぶこと
それから
自分の力を社会に役立てること

相変わらずお腹の調子はよくない
学校へ行かないことでのプレッシャーが
作用しているのかもしれない
でもそれは永遠じゃない
彼だけの人生は
もう既に始まっている



2005年10月09日(日) 嬉しい悲鳴

連休の賑わいが心配で
どっちか手伝おうかとHさんに言うと
月曜日より日曜日
という結論になって
朝からふたり体制の売り場

収入が増えたら
ふたりでも入れるね
そしたら楽だねー
なんて
これまでも何度か言っていた

平日で千人は
何とかひとりでもこなせる

今日は予想をはるかに上回り
先にお昼休みを取ってもらってから
わたしが抜ける暇がなくなった

本当に小さな売り場なので
ドンドンなくなる商品の補充と発注に追われ
合間を見て
途中で届いた記念切手を袋詰めし
値札をつける作業と
クラフト袋に館の記念スタンプ押し

ようやく外へ出て
県の研究棟近くにあるベンチでご飯
すると
ひと目でそれと分かるデカい鳥が
斜め上方を飛んでいった
先日放鳥されたコウノトリだ

優雅な姿を見せ付けて
もう一羽が朝からいる人工巣塔に
ひらりと舞い降りた
偶然にも
ちょっといい瞬間を見させてもらった

今日の入館者は2600人とか
売上げは放鳥当日に迫る勢いだった
この状態がいつまで続くのか
底が上がって安定してくれたらいいな
ただ今は
潰れないように
バランスを取ることだけを考える



2005年10月03日(月) 時間の価値

先週の金曜日から
ノンストップで働きづめ
頭を展示会へどころか
ますます深みにはまって行く
土日はイベント出店をし
夜はバスケットのピンクッション作り
夕べは12時まで書類とにらめっこ

そして今日はようやく
9月分の締めをした
いつもは販売しながらの作業だけれど
毎日千人からのお客さんがあるため
到底ムリと思われ
館長の好意で
休館日のコウノピアを開けてもらった

結局夜中までの下準備もむなしく
最後まで終えることはできなかった
考えてみれば
一番売れる月のほぼ倍の売上げを
通常の時間で処理できる方が不思議なのに
まだまだ効率よく改善できる余地があって
こんなに余分な時間が掛かっているのが
なんだかくやしい気分なのだった

今ヘンにテンション高く
限界を超えてしまっているのは判っている
けれど
一日の決まった時間内に
どれだけ仕事がこなせるか
それがこのところの
テーマみたいになってきている

逆説的だが
たぶんわたしは仕事なんかしたくないのだ
本当はなあんにもせずに
占星術の本でも開いて
だらだらと一日を過ごしていたい
そういう時間を無駄とは思わないのに
キリなく仕事の処理に
時間を費やすのは惜しい

となると
手間暇掛けて尽きないリメイクは
わたしにとっていったい何なんだろう
処理だとか効率だとかいう言葉が
まるで似合わないその時間
ハードな今の時期を経て
和布に向き合ったとき
今度は何を思うんだろうか


 < 過去  目次  未来 >


ゆりすこ [MAIL] [吉祥堂]

My追加