消えてゆく小さなこと
消 え て ゆ く 小 さ な こ と


1st  index       new_


1922年04月30日(日)

そうだね 

よかったね 

わからないねぇ


三連符


1922年04月29日(土)

やっと白紙になる

どっかーん と
大きな花火が照らす
夜の海を見るような

朝がた
生まれたばかりの蝶を
葉陰に見つけるような

清々しさ


1922年04月28日(金)

書き付けがちらばって

でたらめになってきた

整理しないと


1922年04月27日(木)

飛行船の茫洋さを思っていたけれど

なんだか乱気流になって

大変な旅


1922年04月26日(水)

ふう かな・・ 

やっぱりちがうかな

ヨウスルニ 

すばしっこいノーテンキなだけか


1922年04月25日(火)

きみのこと

ふう っぽいかと思ったけれど

楓のイメージもしたけれど

台風かもしれないね


1922年04月24日(月)

周りに振り回されてるように見える人も
自分より人の意思を尊重するというスタンスなだけかも

自分の意思を最優先する人間と
どちらが上 立派だというのだ


1922年04月23日(日)

笑顔で人に声をかける

その力?は何にもまさるよ


1922年04月22日(土)

風のようだから  

ふうこ


1922年04月21日(金)

ふわりと飛びたって

航路も定着地も持たず

風任せ


そろそろ気球旅を終えようか


1922年04月20日(木)

園庭のプール遊びの歓声の合間に

セミの声に気づいた

たぶん公園のほうから

夏なんだ

一年経つ


1922年04月19日(水)

CMで出航SASURAI が流れていた
え?と思ってみると本人が映っていた
なんとなくいい言葉が出ていたので
何か公のCMかと思った

どこかの法律事務所の宣伝だった


1922年04月18日(火)

そうですかそうですか
哀れみをもって
大甘やかしすべきと

最低なノラになると思うけど?


1922年04月17日(月)

疲れて

きみのことを考えず

一晩ぐっすり眠った


1922年04月16日(日)

小さな希にしよう

小さな希を叶えよう


1922年04月15日(土)

傾いてきた樹を(薄ピンク)

仕立てかえる


1922年04月14日(金)

愉しく生きるには

何でもおもしろがること

面白可笑しくというのではなくて

興味をもって見る 


しかない


どういう記憶の中で命を終えたいか

たのしかった と終えたい


1922年04月13日(木)

私がどうであろうと
世界は動き続ける
ひとそれぞれ生き続ける
立ち止まっていていいの?
踏み出す一歩を思い描けよ
時満ち光満ちて矢を放つ思いで


1922年04月12日(水)

動じない岩のようになりたいと
思った時もあった

無理したかも

水のように風のように
やわらかなカタチ
本来はそういうもの

頑なであってはすすまない

笑顔の記憶を残そうよ


1922年04月11日(火)

きみをへそ曲がり天の邪鬼と言ったけれど
それは私
気まぐれへりくつへそ曲がり天の邪鬼
支離滅裂とんちんかん


1922年04月10日(月)

亡霊ではない

ただ影

闇の中では見えぬ影

光を仰ぐとき現れる


1922年04月09日(日)

記憶のために

ここに >スペース を残す必要はない

ただそのときに

思い出したよ でいい

そういう場でいい

そういう窓でいい


1922年04月08日(土)

自分で決める

自分で決めて思わしくなくても耐える って

誰かが言ってた  ・・


1922年04月07日(金)

思いの品々を失った
残ったものを整理している

過去どうだったかでなく

今どうか
そしてこれからどうするか
それがきっと生きること

破りかけてやめた印相の証明


1922年04月06日(木)

ひとといういきものを

あいすることは

自然をあいするいじょうにむずかしい

意思のある生き物ですから


1922年04月05日(水)

エフなところがみそ

貴女はね


考えてではなくて

感じるままに生きてみそ


1922年04月04日(火)

その眼前の崖

どこかで踏ん切りをつけて

よじ登らないと

下でうろうろしていても
だめだろ

はいつくばって

泥だらけで手を掛け足をかけ

くいしばってよじのぼらないと


1922年04月03日(月)

やっぱり

笑顔の記憶で

ありたいね


1922年04月02日(日)

ほんすじでは

すなおなんだとおもう

自分をまげたくないのだと


1922年04月01日(土)

粧いますか

整えますか


ととのえて暮らす

いいんじゃないですか?



天窓より___

* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *

* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *

* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *


日付は通し番号として記しています