消えてゆく小さなこと
消 え て ゆ く 小 さ な こ と


1st  index       new_


1920年02月23日(月)

口を結んで無口になると冴えてきた

頭の中でにぎやかに渦巻いていた言葉たちが

しんと静まって沈んでいった


何も聞こえず

何も考えていないようでいて

何かがずっと動いている


それは収束に向かっていて

感性とか勘とか閃きとか

そういうものになるのかもしれない



天窓より___

* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *


日付は通し番号として記しています