てくてくミーハー道場

もくじ前回てくてく次回てくてく


2019年01月24日(木) 音楽活劇『SHIRANAMI』(新国立劇場 中劇場)

さすがG2!

その一言です。

期待通りの面白さ。

“音楽活劇”ってとこに若干不安(なぜ)があったんですが、使っていた音楽が、誰でも知ってるスタンダードジャズだったところに「ほぉー」と唸った。

後で誰かが言っていたのだが、「TAKE FIVE」を使っていたのは、「五人男」の「5」に合わせたんじゃないかとか、そういわれてみれば、細かいところに拘りが見えていた。

その五人男それぞれの使い方も“元々のファン”に対するサービス精神があったりして(まさか喜矢武さんが歌うとは思わず爆笑びっくり/笑)

冒頭(アバンタイトル)部分でこの五人男の捕り物シーンがあるんだけど、ぼくのミーハー気質が災い(?)して、誰を見るか迷って辛かった。

やはり()喜矢武さんへの心配(オイ)が一番勝ってしまったのだが、(早乙女)太一くんの殺陣も一瞬たりとも見逃したくなかったし、まさお(龍真咲)も見たかったし・・・ほんとに(おい他の二人は?)



ただ、性格悪くて申し訳ないんですが、赤星十三郎(まさおが演じた役)は、(以下ネタバレ)本当は女という点や立ち回りが多いという部分から、まさおよりもみちこ(北翔海莉)で見たかった!・・・見たかった・・・見たかった(←うるせえ!by まさおファン)

忠信利平よりはるかに背が高い赤星(黙れ)・・・そこらへんが唯一残念であった(この辺はみちこが赤星であっても同じようなものだが、一応2センチ弱みちこの方がまさおより低い)

G2もそこは察したか、利平と赤星はあんまり並ぶシーンがなかった(・・・)

ただ今回まさおも、現役時代にまさおに感じていたストレス(なんか・・・ひっかかる芝居をする)をほとんど感じず、演出家が違うとこんなに違うのか(コラコラ)と感心させられた。



脚本はG2モノのファンとしても歌舞伎ファンとしても面白く満足したし、見た目にはヅカ(まさお限定だが)ファン、ミューオタ、喜矢武ギャ、花組芝居のご贔屓(花組役者連がこんなに活躍するとは思ってなかったので感動)などなど、どの出演者にも“おいしい”部分が用意されてて、全方位に親切な安定かつ熟練のG2でした。

喜矢武さんに関しても、これまでやってきたみたいな「喜矢武さんのために、喜矢武さんがやりやすいように脚色された役」ではなく、主人公チームの一員としてきちんと役をあてがわれていて、しかもそれをちゃんとこなしていたことがうれしかったです。


←逆に普段の方がおかしいのかも(コラ)


2019年01月19日(土) 『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』(東京芸術劇場 プレイハウス)〈予告〉

この作品、こんなに長いタイトルだったの?!(シアターゴアー仲間と話すときは『グレートコメット』と言っていた。ひどい人は『グレコメ』だった。何でもかんでも略すな!←なぜか逆ギレ)

トルストイの『戦争と平和』が基になっている話だという事前の知識はあったんで、ヅカオタにとっては『戦争と平和』といえば1988年に上演された星組公演。あれの記憶があったんで、アンドレイ(武田真治くん)の出番の少なさと、アナトール(小西遼生くん。星組版では「アナトリー」)の扱いの違いにちょっとした肩透かし感。

とくにアナトリーに関しては、星組公演でマリコ(麻路さき)が演じていたような色悪ではなく、『アンナ・カレーニナ』のヴロンスキー(これはタカラヅカのではなくて東宝ミュージカルの方)みたいなイメージだった。



そして、話の内容はともかく、音楽・詞・脚本・オーケストレーションを担当したデイブ・マロイによる作品世界がいい意味でぶっ飛んでて、ロシア文学物の負のイメージ(重い、暗い、長い)を見事にぶっ飛ばしてくれました。

感想を一言で言うと、「よくわかんないけど色々面白かった。けど、感動したかと言われると・・・」っていう感じ。

まあ、並みの作品ではなかった。良い意味でも悪い意味でも。

(井上)芳雄君をはじめとするキャストさんたちについての感想は、またいずれ。


2019年01月18日(金) 4時半、しかも冬坂

このワードを未だに覚えている人は案外珍しくないと信じています。

もう9年前にもなるんだ。テレビ朝日の年に一度のスーパー良質チャレンジ番組だった(過去形/悲)『SMAP☆がんばりますっ!!』の第二回(2010年1月放送)でツヨぽんが挑戦した「全力坂−目黒区編−」

この時ツヨぽんは目黒区にある49の坂(+港区のけやき坂)を全力で駆け上ったのだが、その中でもぼくが一番心惹かれたのが、この「4時半、しかも冬坂」だった。

もともと名前がついていない坂だったので、そういういくつかの坂にツヨぽんが走った後に独自のネーミングセンスで命名していったのだが、どれもツヨぽんらしさがあふれていて面白かったんだけど、この「4時半、しかも冬坂」は、あまりにも個性的すぎるそのセンスと、とにかく眺めが美しかった(ツヨぽん自身は、後にラジオ『SMAP POWER SPLASH』の中で、「なべころ坂が一番眺めが良かった」と言っていたのだが)のがぼくの感性に刺さりまくって、

「いつか必ず行ってみたい。冬の、しかも4時半に」

と、決意していたのだった。

でも、もともと名前がついていない坂だから、目黒区の名所マップとかを見ても載っていない。

目黒区っつったってべらぼうに広いし、しかも番組で紹介された坂だけでも49本あって、そのうち正式に名前がついていない坂は11本もあったのだ。

どうやって場所を見つけるのか?





SNS万能時代をなめてはいけない。←

特に、ジャニオタ特定厨のパワーをなめてはいけない(失礼発言)

熱心なツヨぽんファンの方のブログを何本か検索していたら、あっさり(?)場所が特定できた。

ここに詳しく所番地を記したところで今さらオタさんが集まって困るようなことにはならないと思うけど(このブログの影響力からして、ほとんどないと言い切れる)、一応閑静な住宅地にあったので、万一を考えてぼかしますが、

「鉄飛坂の近くにあった」

とだけヒント出しときます。

で、実はもう8年ぐらい前に場所は特定できていたんだが、実際にぼくが行くことができたのは、4年ぐらい前。

とにかく、「冬の、しかも4時半」の、できれば晴れた日(夕陽が見えることがマストなので)に行かないと意味がない坂だったので、なかなかチャンスがなかったわけです。

で、4年ぐらい前に何とか時間を作って行ったのは、3月。ギリ冬?いやもう春だろ、みたいな感じで、しかも薄曇りで、全然望んでいたような景色が見えなくて落胆して帰ってきたものです。



こんな感じ。



なので今回、久々に平日に時間ができ、ちょうどうまい具合に4時半にこの場所に来ることができると気づいたので、急遽昨日行ってみました。

それはもう、希望した通りの美しい眺めでした( *´∀`*)



やっぱこの時期この時刻じゃないと、この絶景は見られないことを再確認。



上のほうに書いたように、この近くに鉄飛坂と鉄飛供幣弌砲發△蠅泙垢里如△修海盧橡してきました。

近所に住んでる方たちにとっては、どうってことない坂(むしろ疲れて帰ってきたときには憎い坂?)なのかもしれませんが(ぼくはこれまでの人生の中で、通勤通学に坂を上り下りする生活はわずか4年間しか経験してないが、それでもすっかり懲りてしまった)、こんなに美しい景色を日常的に見ることができるあの辺りにお住いの方たちは、やっぱり勝ち組(下世話ですが、あの近辺はぶっちゃけ地代が高いと思います)かと。

朝晩あの景色が見れたら気持ちいいだろうなあ。

でも、坂道の途中や上(下でも)に住むのは、やっぱしんどいからやだわぼくは(頑固者)

そして、なんてことない住宅地の無名の坂を見に行くだけで楽しい気分になれる自分のミーハー気質を、ちょっと自慢にも思います。お金かからなくていい趣味だ(そうか?)

次には、「出会い坂」に行ってみたいと思っております(あくまでぼく基準で心に引っかかった坂です)


2019年01月17日(木) 宝塚歌劇団月組公演『ON THE TOWN』(東京国際フォーラム ホールC)〈予告〉

かつてトニセンが青山劇場で上演したときに観て、作品そのものよりも、「ジャニーズとブロードウェイミュージカル」「今後の青山劇場」みたいな感想を抱きましたが、今回も本編そのものよりも、「月組の今後」みたいなところに主に意識が行ってしまいました。

でも、しょうがないよね←

詳しくは後日





←超久々にこれ付けてみました(クリックすると続きが読めます)


2019年01月01日(火) 平成最後のあけまして

おめでとうございます。





年明け早々とんでもない事件が起きた場所もあったようなのですが、ぼくは何事もなく豊洲から家に帰りつきました。

帰宅してすぐ録画してた『ジャニーズカウントダウンコンサート』を視て(今年の目玉の“たきつばラストステージ”が最後の最後だったのに若干イライラした←)、光一さんが登場したのを見てげげっ(なんでや)となって、背中のつよっさんにほっこりして、

「そういや光一さん、この瞬間よそじになったんじゃんか!」

と重大なことに初めて気が付きまして(我ながらうっかりはん←)








KinKiって、なんでこうもアニバーサリーに縁がないのかね。








「Anniversary」は50万枚以上売れたのに(おい)

ひつじ年男の時には空前絶後の「フジテレビ中継なし」(最初のひつじ年は年男ユニットそのものがなかった)

40歳の節目にはライブ自体がないし(今年の4月10日はどうなるんでしょうねえ?期待はほぼしてません。ソロコンはやるかもしれないけど)



なんだよ、年明けから一気に気分がダウンしたじゃねえか。

助けてゴールデンボンバー(←)

午前3時過ぎに『CDTVスペシャル』に登場した金爆は、何事もなかったかのように(研二のマスクは気にするな!←)恒例のローション芸を披露。

お疲れさまでした。

よし、“ゆづ湯”に入って寝よう。

実はこの休み中、仕事をたっぷり持ち帰ってるんだ(_ _;)

明日から日常モード突入だ。

稼ぐぞお!←


もくじ前回てくてく次回てくてく
ておどる 【昔書いていた日記はこちら】Kin-SMA放言