てくてくミーハー道場

もくじ前回てくてく次回てくてく


2017年08月31日(木) 『髑髏城の七人 season鳥』(IHI STAGE AROUND TOKYO)

(「season花」の感想も書いていないのに・・・そのうち書きます。ほとんど忘れちゃってるけど←)





ワカドクロの主役三人のうち、捨之介だけ「花」で、あとの二人はバラけずに「鳥」で再度タッグ。なぜだろうと思っていたのだが、今日観てその意図が完全に腑に落ちた(いや、ぼくの思い込みかもしれないけど)

二人の殺陣がまーめっちゃすごい!

宇宙一見ごたえがあった(ておどる調べ)

もう千穐楽が目の前の今になって主張して申し訳ないんだけど(今日観てきたんだから仕方ないの)、アクション好きの方はぜひぜひぜひぜひぜひ観に行っていただきたい。

これ見逃すと、後悔しますよ。





さて、すでにスタンダード作品となった『髑髏城の七人』なので、ストーリーはもう皆さんご存じのものとして勝手に書き進めますが、今回は音楽(特に歌)盛りだくさんのセミミュージカル的演出。

音楽はおなじみの岡崎司さんで、ぼくら世代には心地よい、ロックと歌謡曲が混じったようなキャッチーな楽曲を、出演者が歌いながら踊ったりアクションしたりのみならず、劇中歌が録音で流れます。それを歌ってるのが、なぜか今回出演してないTAKI(滝和祥)君や神田沙也加というぜいたくな使い方。

「花」がイチゴのショートケーキなら、こっちはエディブルフラワーが乗っかってるフルーツロールみたいな、やけに贅沢ですねえ、でもそこまでやらんでも、みたいな感じの作品でした(ちょっとディスってしまったか?そんな気はないぞ)

んー、天魔王(森山未來)と蘭兵衛(早乙女太一)があまりにも凄すぎたので、正直ほかのキャストに関して書くことがない(この二人に対しても「凄い」しか書いてないけど)

特に、年齢的キャラ的にバランス変だなーと思ってしまった捨之介(阿部サダヲ)

サダヲちゃんという俳優に対しては何一つ不満はないんだけど、とにかく森山&早乙女コンビとのバランスがあまりに不均衡。

なんでこうしてしまったのか?小栗(旬)じゃダメだったのか?まあ、小栗にしちゃうと、ワカドクロ観た人たちが「あー、そんならもう観たからいいや」ってなるのを恐れたのか?とかいろいろ余計なことを考えてしまった。

ただ一方では、サダ捨となるしー(池田成志)贋鉄斎の絡みがショーストッパー的面白さで、これはこれで満腹(「満足」じゃないのね?)だったんだけど。

そういや“なる贋”(変な略し方をするな!)て、ぼく以前に観たことあると思い込んでいたんだが、今回これが初役みたいです。おかしいな、(新橋)演舞場で観たような記憶があるんだけど。いろいろごっちゃになってんのかな?

そもそも『髑髏城の七人』は演舞場では上演されてない。いよいよぼくの記憶力もいい加減になってきてるなー。

まあいいや、とにかくなるしー飛ばしすぎ。ただし、かんっぜんにそれを期待されてるふしがあった(笑)

そしてその期待に過不足なくお応えするなるしーであった(^^;)


ここまで書いてちょっと調べてみたらようやく真実が判明。ぼくが「演舞場で観た“出てきただけで拍手が湧いた”(客が期待しまくっている)刀鍛冶のおっさん」は『阿修羅城の瞳』の祓刀斎で、演じていたのは渡辺いっけいさんだった!似たキャラだったのか。しかし、いっけいさんとなるしーがごっちゃになってたのはなぜであろう。ここだけ疑問


閑話休題。

贋鉄斎と捨之介の絡みは、あれ?なんかちょっと既視感?と思ったら、ひょっとして『銀魂』の銀時と源外のくだりかも。

やべえ、銀魂クラスタの顰蹙を買ってしまう可能性大だが、『銀魂』読んだ時には気づかなかったけどやたら共通点が見つかってしまった。

そもそも大枠として、

かつて志を共にした三人の少年が

いつの間にか目指す道を違えてしまって

一人はのらくらと世を謀って流れるように暮らし

一人は理想のために仲間を束ね

一人は巨大な野望のために殺戮を繰り返し


みたいな話・・・・・・・・・

もちろん空知先生やダーフク(福田雄一)がパ○ッたなんてぼくは思ってないよ!

ほんとだよ!(←逆効果の念押し)

かっこいい壮大な話って、似てきちゃうんですよねーどうしてもねー(なぜお前が言い訳をする?)

そうか、それで小栗が捨之介をやると都合が(いやでも「花」でやっちゃってるから/汗)

美しいストレートロングという点では蘭兵衛は桂かもしれないが、色気でいえば完全に高杉だよね(もういいから!その話は)

いやー太一君色気ダダ漏れだったなあ。あれは卑怯だ(?)

卑怯すぎる。あまつさえあの身のこなし。

これからまだ「風」「月上」「月下」と控えてるんですが(どうやらさらにもう1パターンあるという噂が)、断言してしまうぞ、早乙女太一以上の無界屋蘭兵衛はいない!

くぅーぜんぜつごの!くぅーぜんぜつごの(←誰だよお前)蘭兵衛でございました!

以上。(えっ?)





あのう、本当に申し訳ないです。他のキャストさんのことも書きたいんですが、ちょっと、ここまで名前が出てきてない方に関しては、実は、あんまり良いこと書けません。

まあ例えば、新感線の団員の方々(カナコ姐さんとか粟根さんとか右近さんとか村木さんとか)には、何の不足もありません。期待どおりでした。そして、それだけでした。いや、それが正しいんですそれはわかってます。余計なことしない、そういうのが実力というものなんだ、わかっています。

福田転球さん(兵庫)、少路勇介さん(少吉)、なんで親子役?(それは役者というより演出への文句では?)

弟じゃダメだったのかね?あそうか、荒武者隊の面々が、少吉を「二代目」と呼ぶには、弟じゃだめなんだ、せがれじゃなきゃ。なるほど。

(感想これだけ?)

極楽太夫。





(おっ、きたぞ、行空けが)





なんか、変じゃなかったか?あのシナシナしたしぐさ。

後半は良かった。雑賀衆の勇ましい女戦士になってからは良かったんだけど、最初の方、なんであんなしろうとしろうとした芝居だったんだろう。

舞台での松雪泰子に関しては、ぼくは新感線作品(『五右衛門ロック』『吉原御免状』)や『キャバレー』のサリーなどを観ていて、それなりに評価していたので今回も安心して観たのだが、正直「あれえ?」な感じだった。

比較して申し訳ないが、「花」で同じ役を演ったりょうが、思っていたよりもかなり溌剌として瑞々しい魅力のある極楽太夫を演じていたので、なんか拍子抜けしてしまったというか(しかもこの二人、歳いっしょなんだよね・・・余計比べちゃうよね・・・)

ここがちょっと引っかかったな。

沙霧の清水葉月ちゃんのことは例によって何も知らんかって、しかもぼくは毎回この沙霧という役には、ほとんど思い入れがなくて(この正直者!)、変な色気を見せない、元気いっぱいの少女であればそれで良し、って目で見てるので、すいません。

実は、かつてふるちん(古田新太)が演じていた捨之介なんぞは、しれっと沙霧のお尻を触ったりおっぱいを揉んだりと、とんでもないスケベおやじっぷりを発揮していて、そのたびに沙霧役は思いっきりグーで殴ったり飛び蹴りしたりというアクションを求められていた。それでいて、最後の方では捨之介を好きにならなきゃならない()という、案外心の動きが難しい役だったのだが、最近の『髑髏城の七人』ではそういった部分がカットされていて、なんか食い足りない気もする。

登場人物の心の動きが、どんどん清純化されているというか、単純化されているというか。

その辺の寂しさ?なんかをちょっと感じるこの一連の髑髏城ロングランでもある。

さて、次は「風」である。三年ぶりの新感線出演となる松ケン(松山ケンイチ)により、久しぶりの「捨之介&天魔王」二役。ということは雰囲気も昔のやつの感じになるのか、それとも全く新しい感じになるのか。

“むかい”屋蘭兵衛が“向井”理っつう、ダジャレか!(いや違うと思う)みたいなキャスティングに胸騒ぎ(?)を覚えつつ、粛々と観劇日(ほぼ2か月後を予定)を待つこととしよう。


2017年08月19日(土) 『銀魂』実写版(丸の内ピカデリー)〈完結版〉

封切りから1か月以上経ってるが、まだまだ上映中なので、本当に(←どういう意味だ)大ヒットしているらしい。

(だってほら、テレビCMは100パー「大ヒット上映中」って連呼するのが規則()なんでしょ?事実にかかわらず/オイ)

でも、そろそろ終わりそうなので(黙れ)、たまたま時間があったので観てきました。

その前に、この日記ではおなじみの長たらしい前置きを。



この『銀魂』っていう作品、人気がある漫画だっていうのは知ってたんだけど、昔からジャンプぎ○い(正確に言うと、「△英社ぎらい」←失言)のぼく、全く読んだことありません。

世界一発行部数のあの名作も、あの誰もが知ってる超人気作も、あの大長編作品も、実はきちんと読んだことがありません。

でも“ジャンプもの”って、読んでなくても外っ側の知識が入ってくるのよね不思議と。

だから、世界一発行部数のあの名作も、あの誰もが知ってる超人気作も、あの大長編作品も、キャラクターとか、なんとなくのストーリーとか、こんな中高年でさえもいつの間にか知っているわけ。

だけど、さすがに今回の『銀魂』は知らなかった。

じゃあなんで映画観る気になったか。

そんなん、言う必要ありませんよね。

で、とにかく全く何にも知らずに映画観るのはさすがに不安だったので(シリアスものだったら原作わざわざ知る必要ないと思ったんだけど(例:『デス▽ート』)、ギャグものって、ある種、登場人物へのシンパシーがないと受け入れがたい部分があるので)、ちょっと予習しようと思って漫画喫茶行ったんすよ。

そしたら、現在のところまで69巻出てますじゃないですか。

・・・これはもう読む必要ないな。←

そう決心して一旦は諦めかけたんだけど、とりあえず出演者が原作の登場人物とあまりに乖離してるのに映画だけ観て感心したりしてると、原作ファン(ぼくの考えでは、作品世界においてヒエラルキーの一番上にいるのは原作ファンである)に申し訳ないので、とりあえず登場人物の関係性がどういう感じなのか知っとこうと思った。

で、何にも知らずに一巻から読み始めて(これはこれで正解だった)読めども読めども(ぼくの一番のお目当てである)高杉晋助が出てこない!(←やはりそれが目当てか)

正直に一話一話最初のほうから読んでるもんだから、待てども待てども出てこない高杉。

で、ぼくも意地になって読み進めていたらやっと第4巻に出てきたが、これがまあほぼ一瞬。

「これが、読者の皆さんが気になってた“第三の男”高杉晋助ですよ」的な登場の仕方で、しかも初登場の例にもれず、あんまりキャラが定まってなくて、現在の高杉の特徴であるミステリアスさとかよりも、もっと単純に冷酷で狂犬ぽい雰囲気だった。

端的に言って、女性ファンが多い(らしい)今の高杉とはちょっと違う、単純な悪役っぽい、色気を感じない男であった。

で、「こんな出番少ないはずが・・・」と訝しがりながら読んでも読んでもまたもや一向に出てこず、十巻あたりでギブアップしようとしたら、ある方面(特に秘す)から、

「今回の映画の元ネタはカブト狩りと“紅桜編”だよぉ〜」

とお告げがあり、「それ早く言ってよ!」とぼやきながら十一巻、十二巻と読み込んで、やっとのことで内容を把握して本日無事に映画を鑑賞してまいったのであります。

(ちなみに、アニメには1秒も接触しておりません。“声”の先入観を入れたくなかったので)










二週間ぐらい空きましたが、やっと続きです。

で、やっとこさ登場人物のイメージを大雑把にインプットしておもむろに、厳かに鑑賞。

監督ダーフク(福田雄一)に関しては、実は『33分探偵』にも『天魔さんがゆく』にもまったく面白さを感じなかったぼくではありますが(ダーフクドラマの最高傑作と言われる『勇者ヨシヒコ』シリーズはただの1話すら視たことがないという、正直notファン)、さすがは舞台オタのならいで、『モンティパイソンのスパマロット』(日本版初演)と『ナイスガイ in ニューヨーク』は観て、そこそこ面白いなと思った。

特に、捨て台詞っぽいセリフを面白く書くのがうまい人だなと思ってる。

これはアドリブだろ!と思わせるアドリブじゃないセリフが面白いのだ。そういう人だからモンティパイソンの翻訳なんかができるんだろうな。そして、その能力は今回の『銀魂』でもいかんなく発揮されてた。

ただ、そういうセリフは上手な役者じゃないと面白く言うのが超難しいんですよね。そういった意味では、今回のこの映画に勢ぞろいした役者陣は全員が手練れというか、さすがと唸らざるを得ない面々ばかりで、そういう人脈を持っているダーフクのこれまでの功績には頭が下がります。

なんか、やけに硬いな、感想が。

本心をごまかそうとすると、こうなっちゃうんだろうな(←問題発言!!!)

いや、面白くなかったわけではないのよ、全然。面白い部類だった。

でもな、正直に白状しますと、おばちゃん、この“仲良しおふざけ男子高校生グループ”からは完全にはぶんちょされてる人種なんだな、と実感したというか。

おばちゃんなんだからしょうがないか(おじちゃんでもそうだったかもしれないけどね。なにせ相手は永遠の男子高校生だから。でも、おじちゃんなら、一応性別がいっしょだし、かすかにシンパシーを感じることもできるかもしれないよね←やけに奥歯にものが挟まった物言い)

ちょっと自分でも不安なのが、この“はぶんちょ”感は銀魂ワールドに対するものなのか、ダーフク作品に対するものなのか、よくわからないところ。

まあ、映画を観終った今、単行本の残りの57巻をむさぼり読みたいという熱量が自分にないということを実感しているので(でも、「真選組動乱編」は読んだぞ。空知先生と同じ新選組フリークだからさ)、理由としては五分五分だろうな。



あ、ごめん。なんだかネガティブな感想になってしまった。

でも、映画を観終った時点ではすごい満足感がありましたよ。本当に。

そうだなー、ぼく的に一番ツボだったのは、「偽主題歌」かな(^^ゞ

あれは、アレだよね?(だから、何だよ?)

言いたいことも言えないアレだよね?(これ以上は集英社的NG/嘘)

今、資料見て初めて知ったんだが、小栗旬てその『GTO』(1998年ドラマ版)がテレビドラマ初レギュラーだったんだ!!!!!(≧∇≦)

もしダーフクがそこまで考えてやってたとしたら思いっきり尊敬するぞ。



さて、こんな周辺事情ばっかちまちま言及しててもしょうがない。

原作にほぼ思い入れのないおばちゃん(自分で言っといて自分で拗ねるやつ)による出演者レビューとまいりましょう。





小栗旬 as 坂田銀時

何の文句もないよなあ。つうか、この人って、山賢人以上()にマンガ原作ものやってない?

そして、どの役にもほとんど共通点がないのに、どの役も不思議と違和感なくない?

大失敗(オイ)だったのはルパン三世ぐらいだろ(し、失敗だったの?/震)

ビジュアルだけじゃなくて、この、のらりくらりとしたところ、だらしないのにかっこいいところは文句なく銀時だと思った。ぼくが見る限りではね。


菅田将暉 as メガネ志村新八

菅田くん、ぼくには“オニちゃん”の人。

最近はルックスはもとより普通に実力のある若い俳優がわんさかいて、おばちゃんとても覚えきれないんだけど、彼もその一人。

なので、よくCMに出てる人が有利なんですが()菅田くんはまさにCMで覚えました。

オニちゃんとは全然違うキャラだけど、新八も“まんま”だったなあ。


橋本環奈 as 神楽

この子、いくつなんだろう? マンガ読んだ限りでは神楽はどう見ても15歳未満なんだけどな。

ほお、18歳か。それでいくとちょっとトウが立ってる(←18歳に向かって!?)んだけど、15歳以下で神楽役をできるだけの胆の太い女優はいなかったんだろうか。御大()芦田愛菜とかは○ャラが高すぎたんだろうか(おいこら)

環奈ちゃんのことはもちろん“奇跡の一枚”で知ったんだけど、その後普通に見ててべりべり可愛いなあと思ってる。あと、ぼくはちょっと不完全な子の方が好き(え)なので、この子のハスキーボイスが大好き。ただ、神楽として見た場合は、そうじゃない方が良かったかもなあと思う。

つまり、神楽はミスキャスト。橋本環奈は好きだけど、演技も頑張ってたけど、ミスキャスト。以上。


岡田将生 as 桂小太郎

岡田君はテレビで見てた時は「はいはいイケメンイケメン」(興味薄)という感じだったんだけど、舞台『皆既食』のランボーでずっきゅんさせられ、それ以来一目置いている俳優です。

桂は見た目は完全二枚目なのに突っ込まれキャラというバンコランみたいな役(黒髪長髪ってとこもいっしょだな)ですが、岡田君のあごの形状上、残念ながら長髪は似合ってなかった。

似蔵に殺されたと装うために髪を切っちゃって、話の中では周囲から「変な髪形!」と突っ込まれる桂なんですが、ぼくに言わせればショートカットの方が似合ってました。イケメンは変な髪形でもイケメンでした。


長澤まさみ as 志村妙

美人だけど乱暴者(ドS、とはちょっと違う)という役を今の日本で演じられるのは、おそらく彼女と竹内結子ちゃんぐらいだろう(独断)

たけうっちゃんはこのキャストの中に入るとちょっと年齢的に(以下略)

長澤まさみにはもう一つ“美脚”という武器があるのだが、妙の役柄上それを披露する場面がなくて残念であった。

でもだからと言って彼女は「また子」ではないんだよな。そこが女優の不思議なところである。


真選組トリオ

この映画全体に言えることだけど、とりわけこの三人はマンガのビジュアルそっくりさが完璧。

勘九郎、あそこまでやるとは・・・思ってた(爆)

はい、思ってました。やる人ですこの人は。お父様もお喜びでしょう(そうかぁ?)

いや喜んでるよ。勘三郎が『真夜中の弥次さん喜多さん』でやってた役を思えば(・・・なるほど)

それより、あんないい体してるとは思わんかった(^^;)バッキバキだった

柳楽くんは『誰も知らない』から記憶がぶっとんでるので、ほー、こんないい男に成長したのか、良かったなあ、とちょっとずれた感想。しかしマンガに似てたなあ。

それにしても、『るろうに剣心』の土方歳三もだけど、なんで土方さんてヘビースモーカー設定にされるんだろ?クールなイメージだからかなあ。ちなみに史実上そういう逸話は聞いたことがない。

※しばらく経ってから気づいた。『るろ剣』のヘビースモーカーキャラは、○選組は○選組でも、斎藤一だった!しっつれいいたしましたm(_ _)m

吉沢亮君のことは全然知らなかったんだけど、これまたマンガの総悟にそっくりで大笑い。小説でも映画でも、それこそ漫画でも沖田総司という人(や彼をモデルにしたキャラ)は気の優しいキャラにされがちなのに、総悟は腹黒ドSキャラってところが実はぼく、今回原作マンガを読んで一番気に入ったところで、それをまた美少年系のイケメン俳優が演じていたのが相当ツボった(新選組クラスタとして、良いのだろうか?)


鬼兵隊トリオ

新井浩文 as 岡田似蔵・・・普段の新井君の面影ゼロのメイクで頑張って漫画に寄せてたんだけど、正直、全然似てないと思った。演技力とアクション力でキャスティングされたんだろうなあ。実を言うと、似蔵自身が実在の岡田以蔵のイメージに近くないのと、はっきり言って女受けしないキャラだからどうでもよかったわ。ストーリー上はすごく重要なキャラだったけど(身も蓋もなし)

菜々緒 as 来島また子・・・彼女もイメージぴったりだった。スタイルもぴったしだし。声が低いので「〜ッス」の言い回しも無理感がなくて良かった。

佐藤二朗 as 武市変平太・・・原作より面白くなっちゃったパターン。まんま二朗さんやんけ。でも許せる・・・んじゃない?原作クラスタの皆さんの意見はわかんないけど。


で、これはムロツヨシ as 平賀源外にも言えることで、源外はちゃんと原作通りの年齢設定なのにムロツヨシのまんまで違和感がなかったという奇跡。ずるい。ムロツヨシと佐藤二朗はずるい。←

逆に安田顕 as 村田鉄矢は、この人がモデルだったん?てくらいヤスケン度100%で演じておきながら原作のまんまだったというこれまた奇跡。この人もずるい。

妹(早見あかり as 鉄子)が1ミリも原作に近づいてなかった分(おい!)、兄妹でチャラになってました。←


さて、最後にとっておきました。もちろんですトリはこの方です。

堂本剛 as 高杉晋助

正直に言います。マンガを読んで思いました。

似てないです。(←勇気を振り絞ったぞ)

だけど、とてつもなく高杉でした。(えっへん)

超久しぶりに“俳優・堂本剛”の真骨頂が見れました。

なんか、冒頭で散々くさしてごめんね、ダーフク。

あなたのおかげで、25年来の堂本剛(俳優)クラスタの欲求不満が解消されました。

ぼくは待ってた。こういう演技をする堂本剛を。

のたのたキャラの△分探偵(なぜ今さら伏字?)なんか、いらねえ!(お、おい/冷汗)





読み直して思った。すいません。ここだけ完全に「どうもとつよしオタ」の感想じゃないですか我ながら。

まぁでもしょうがない。ぼくの中では『銀魂』の高杉に対する思い入れ<<<<<<(高さ3千メートルの壁)<<<<<<堂本剛に対する思い入れだからのー。お許し召され。







さてと。(我に返った)

これって続編あるパターンかい?(えっ?)

『る○うに剣心』(今さら伏字)パターンかい?

高杉は出るのかい?(おい)

まあそしたらきっとまた観るでしょう。つよっさんの健康状態次第だろうけど。

・・・なんか、変な20周年になっちゃったなあ(今その話はやめろ)

そうだよね、一番つらいのは本人なんだし。

すいません、勝手なきんきっずクラスタの意見を混ぜ込んじゃって。

映画に関しては「観て損はなかった。いや、すごく得した。ありがとう」という感想です。以上。


もくじ前回てくてく次回てくてく
ておどる 【昔書いていた日記はこちら】Kin-SMA放言