てくてくミーハー道場

もくじ前回てくてく次回てくてく


2015年07月19日(日) ミュージカル『サンセット大通り』(赤坂ACTシアター)

ノーマとジョーがダブルキャストなんですが、クロスキャストではなく、安蘭&平方組、濱田&柿澤組の二種類です。

だから、二回観ればコンプリできたんですが、なんやかんやで今日しか観れませんでした。



実は、ストーリーを漠然と知ってただけで、映画もミュージカルもちゃんと観たことがなかった。

なるほど、面白い作品でした。

あんま熱意のない書き方をしてしまったけど、まじで、面白かったです。

ただ、一言だけ、言わせてもらう。








「50のババアが」って、いくらセリフでも失礼だろ!






ハァハァ・・・お、落ち着いてヾ(−− )



ジョーのセリフ「50であることは、恥ではない。25歳の振りをしない限りは」に、心底打ちのめされた54歳老婆(←やめなさいっ!)

いや確かに、50歳であることよりも、それで25歳ぶってる方がかなり痛々しいわな。それはわかる。

でも、どうでしょ、ノーマのように、(元)絶世の美女なら、50歳なんて余裕で“女”だよね。彼女がイタいのは、やはり、「自分が50になったこと」を受け入れてないからなんだと思うが、だからといって、ジョーといい仲になるのを「キモい」と評価する世間の方が、ぼくには幼稚で汚ならしく見えてならないけどね。

つうか、ジョーがそもそもけしからん男だろ。

友達の女盗るとか。

ベティも、バカ女の典型だろ。(お、落ち着いて、ておどるさん(54))←うるさいっ!!!



内容に関する斜め上からの感想はこのぐらいにして、演者さんへの評価。





とうこ(安蘭けい)

ノーマっていう役がこんなに“可愛いオンナ”とは知らなかった。怖いオバちゃん(キミも「オバちゃん」言うてるやんか)だとばかり。

ブロードウェイ版のグレン・クローズのイメージが強すぎたからな。

とうこは体が小さいので、そういう“押し出し”は期待できなかったけれど、演技力的には安心できた。

ただ、歌を聴きながら「この辺は濱めぐの方が上手いかも・・・」と頭を掠めてしまった部分も、実はあった(とうこだって歌うま選手の代表だけど、濱めぐのレベルはすごいからさ)

しかし、芝居の絶妙さはとうこならでは。

(平方)元基くんとのコンビネーションも良かった。

元基くんのジョーが、大晦日(もう年明けてたか)のシーンで思わずノーマにキスするシーンは、なぜか思わず、

「やったぁ!」

と快哉を叫んでしまいました(心の中で)

そんぐらい、ノーマがいじらしくて可愛いかったのよね。

(ホンマはぼく、リストカットとかするような女は完全に勘弁て人間なんだけど)



元基くん

絵に描いたような爽やか青年でしたな。

ジョーはもうちっとロクデナシなところもあるはずなんだけど(冒頭でいきなり借金取りに追っかけられてるし)、まあいいんでないかい。←なぜか、若干投げやり

歌もだいぶ上手くなったし、最近の日本のミュージカル界って、人材豊富でほんと良いなあ。



(鈴木)綜馬さん

絶妙。

マックスのナンバー(つまり、注目されるシーン)は1曲ぐらいしかないんだが、舞台上にいるときの端々での表情がすばらしい。

ぼくが一番好きだったのは、ノーマが撮影所にいる間に車を手入れしてるシーン。

普通に執事らしくスマートにやってるんだけど、ところどころに「年寄りぃ・・・」って雰囲気がかもし出されていて、笑ってしまいました。

それと、マックスにも「そうだったのか!」的な秘密があって興味深かったっす。



(夢咲)ねね姫

いやー、申し訳ないのだが、最初「誰?」って思っちゃったよ。

まあ、ベティ自体そんな派手な子ではないわけなんだけど、なーんか、じみーな女の子だった。

ただ、脚はきれいだった(どこを見てるんだ?!)

あと、ぼくはねね姫の「地声で歌ってるときの声」が好きなんだけど、この作品のベティってキーが高いのかね? 全体的にファルセット連発で、そこもねね姫と気づかなかった要因かもしれない。

しかし、ベティって、謎な思考回路の子だなあ(おばさんはおばさんに肩入れ・・・してるわけじゃないんだよっ! 普通に考えてそう思ったのよ!←必死)


そんなわけで、ひたすらアーティ(水田航生くん。今回もイケメン)が可哀相でした。




こんな感じかな。

再々演があれば、また絶対に観に行くと思います。今度はぜひ濱めぐバージョンも観たいっす。


2015年07月18日(土) 宝塚歌劇団月組公演『1789−バスティーユの恋人たち−』(東京宝塚劇場)

「小池修一郎演出輸入ミュージカルシリーズ」というジャンルでもできたのか歌劇団(皮肉にもならんな。本当にそうだもの)

そして、そういう作品が実際に当たりまくってるから始末に負えない(やめて!ておどるさん、あなたはイケコの味方じゃなかったの?←セリフ調でどうぞ)

まあ、新作書かせりゃ娘役差別のワンパターン時空超越ドラマしか書けないイケコですから(い、言うね〜)、演出にだけ特化してた方が実際良いのかもしれない。




そんなわけで、最近のお気に入りはおフレンチミュージカルのイケコ先生。今回は盟友(いつから?)プレスギュルヴィック氏ではなく、ドーヴ・アチアとアルベール・コーエンというお二人のプロデューサーの作品を持ってきました。

彼ら自身が脚本(と、ナンバーの歌詞)も書き、いろんな作曲家に「ヒットする曲」を書かせて、それをまずF-Pop業界でヒットさせてから作品に組み込む・・・という昨今のフレンチミュージカル独自の手法をとっているんだそうです。

面白いやり方ですね。

ちなみに、こういうのをあちらさんでは「ミュージカル」と呼ばず、「スペクタキュル」って呼んでるんだって。

新ジャンルだっていうことをことさらに標榜してる感じは、日本で言う「スーパー○○キ」(なぜ伏せた?!)とか、「SHOW劇」(ん?)とかに似ているかな。




と、基礎知識を仕入れたところで、ざっくり観た感想を。



なーるほど。

まずは、とにかくナンバー自体がいちいち耳なじみが良くてカッコいい。

“ザ・ヒットナンバー”って感じが最初からある。

日本産のミュージカルだと、オリジナル楽曲作品よりもジュークボックスミュージカル(特定のアーティストのヒット曲をナンバーとして使ったミュージカル)のほうがウケがいいことを考えると、この方法は実際アリなのかもしれない。

つっても、まず「ヒットさせる」って作業がべらぼうに大変なんだけどね。

さて、題材はフランス人のみならず、日本人(しかも、タカラヅカの)観客だったら絶対ハズレなしの「フランス革命」。まーこれなら失敗するわけねえっつーか、もし失敗したら、よほど演者に問題があるんだなー(コラコラコラ!)としかならないわけで、歌劇団での上演だったら、それはまあありえないわけよね。

幸いにも、現在の月組は歌ウマ生徒が男役にも娘役にもそこそこ揃っているわけですし、ロミジュリ初演のときのようなストレスは(余計なこと書くな!)



うえっほん、ごほっほん・・・失礼しました。



だが、ぼくはこっそり書きたいのだが、まさお(龍真咲)の芝居の下手さには、つくづく萎えた。

あ、見えてしまいました?

歌と顔だけがとりえだったのか(こ、こら、はっきり書くなよ)。今頃知ったぞ。

そういや、オスカルのときにしみじみ「ド下手くそ!!!」(←さすがに全隠し)と思ったっけなあ。あのときだけじゃなかったんだ。みりお(明日海りお)と比べてどうとかいうレベルじゃなかったんだ。


特に、パレ・ロワイヤルでフェルゼンと行きがかり上チャンバラになってしまうシーンを観て、

「あああー、これは新布陣の星組で観たい!」

と心から叫びたくなりましたよ(だってもう、主役さんの身のこなしがヒドい。ヒドすぎる)

プロデューサーさんお願いです。今からでも作品差し替えられません?『ガイズ&ドールズ』も悪くはないけど、こっちの方が断然観たい!



とはいえ、ちゃぴ(愛希れいか)のアントワネットがこれまたすばらしく(ヅカ形式なら、トップ娘役は主人公の恋人になるのがセオリーだから、本来はオランプになってしまうところを、ちゃんと、出番も歌もたっぷりのアントワネットに収めたところは、小池先生さすがと申し上げる)、最初は(あくまで続演を希望)月組で良かった、とも思った。

しかし、これほどマリー・アントワネットが登場する劇団は世界でも珍しいのではないか。本場フランス以上ではないかと思う。フランスから何か貰いたい(何を?)ぐらいだ。

それと、ルイ16世を演ったさやか様(美城れん)。ぼくもこれまで数々のルイを観てまいりましたが、これほど本人のイメージに近いルイは近来なかった。歴代の『ベルサイユのばら』のルイはもとより、原作の漫画や肖像画、映画『マリー・アントワネット』のルイなどと比べても遜色がない役作りであった。

専科さまの底力を思い知りました(笑)



それと、下級生過ぎて知らなかったフェルゼン=暁千星ちゃんですが、体型が「まあ、下級生だわ」(←)って感じではあったけど、とても好青年なフェルゼンで良かったです。

アントワネットとフェルゼンがデュエットする「許されぬ愛」なんて、本来、娘役が主旋律歌って男役がハモる、なんてタカラヅカではありえない(『エリザベート』の「夜のボート」の改悪(?!)を見よ!)ことなんだけど、時代は変わりました。快挙です。

とはいえ、やはりそこは「組事情」なのか、アリちゃんは大抜擢の研3生なんですねえ。こんな下級生だからこそ許されたのか、いやそれにしても研3でこの役とは、なかなか今後が恐ろしい(え?)感じです。



あと、ぼくは今回全然知らなかったんだけど、オランプとソレーヌがダブルキャストだったのね。

・・・まあ、どちらのキャストでも全然良かったですけど(あんまりよく知らないので←)

本日のオランプ=海乃美月ちゃんも、歌も上手でしたし、出すぎず、地味すぎず、良かったです(って書くときは、実はあんまり覚えてないとき←)




そして、やはり印象が強かったのがイケコ作品名物(爆)エキセントリック超美形悪役シャルル・ド・アルトワ(後のシャルル10世)

原案・小池修一郎でもないのに、お約束どおりのソロ曲「私は神だ」が出てきた瞬間、


やっぱり出やがったなこのやろう(≧∇≦)


と、暗い客席でガッツポーズをしてしまったアタシなのでした。

これ、本当に原作にもあるの? 今回頼んで入れてもらったんじゃなく?(しつこいぞ)


※ネタばれしないために視ないでおいた『TAKARAZUKA〜cafe break〜』(ミヤ様出演)を視て、真実が判明。やっぱりこのナンバーは“小池オリジナル”だったらしい。

やっぱり!!!



ミヤ様(美弥るりか)の美貌もあいまって、今作最注目の役であります。

この人物、なぜか『ベルサイユのばら』には出てこないのよね(原作漫画には出てきたか記憶にない)

まあ、ややこしくなるからね、ベルばらの流れの中で彼が出てくると。


とにかく、兄・ルイ16世にいらんことばっか吹き込んでブルボン王朝を崩壊させた張本人みたいな描き方をされていますが、そこはタカラヅカ(え?)、本編が終わってフィナーレのとっぱしに登場し、「世界の終わりが来ても」を歌うときの、本編とは別人のような美麗人ぶりに、思う存分うっとりさせていただきました。

これ、金髪の方が地毛よね? ま、どっちでもいいけど(←)



あとのキャストについては、まあ駆け足で。

すげえ申し訳ないのだが、デムーラン(凪七瑠海)とロベスピエール(珠城りょう)、区別つかん。(@_@;)エッ?

革命家機革命家供△澆燭い如個性がないのよね。個性の出しどころがないのかもしれないけど。

まあ、ダントン(沙央くらま)というちょいおいしい役も革命家チームにはいるし、あんまりゴチャゴチャしてもしょうがないのかな。

おいしいといえば、今回もマギー先生(星条海斗)、彼女のためにあるかのような()ペイロールを怪演。こういう役が本当に似合う(ほ、褒めてるのですもちろん)

専科に行ったらますます「怪演専科」になりそうだが・・・今までとどう違うの?(オイ)

活躍を心から祈念。





と書いてくると、やっぱり残念なのが、主役なのに「この人物がなぜ真ん中にいるんだ?」「なんでみんなこの男を中心にまとまっちゃうの? 別に取り立ててリーダーシップ感じないんですけど」(て、ておどるさん・・・抑えて/汗)と思わせられたロナン。そもそも脚本が弱いのか、演じた人の問題なのか(あ、あの・・・そろそろファンが怖いんですけど)

帝劇版にその答えがあるかもしれん。

帝劇版はロナンもダブルキャストなんですが、どちらも安心できるキャストの上に、全く個性が違う二人なので、今から両方観るのが楽しみであります。

って、月組版に全然満足しなかったみたいな感想になってしまったなあ。

そんなことはないんですよ。基本的に、ある人が歌い出すと“(椅子から)ズルッ”ってことがないだけで、「良い時代になった」(コ、コホッ)と思いましたですよ。






そんで、最後にちょっとまじめな感想を書きますが、この作品を観て、為政者たちがテメエの利得ばっか考えて勝手なことをやっているのを止めるには、やはり武力行使しかないのか・・・? と、ちょっと悲しくなった瞬間もあった。

かといって、「誰かが何とかしてくれる」と何もしないでいるのも、卑怯なような気がして。

今、ぼくたちは何をすれば一番いいんでしょうか。

難しすぎる問題ですね・・・(←暗い)


2015年07月17日(金) 心からおめでとうございます

申し訳ないが、又吉君(芥川賞受賞)ではない。



片岡仁左衛門様、重要無形文化財保持者認定おめでとうございます!\(^^)/


つうか、遅すぎだろ。今までそうじゃなかったのが不思議なくらいだよ。



まあ、すでに1年半歌舞伎座に足を踏み入れていない(いや、足は踏み入れたか。公演を観てないだけで←)自分が、文部科学大臣に不満を申し上げるなどおこがましい。

改めて、認定していただいてありがとうございます(ぼくが言うことじゃないが)

今後、再びまじめに歌舞伎を(特に仁左玉を←)観たいと思います。

・・・今月はもう行かないけど(おい!)

なぜならば、今月の土日はすでにとても忙しいから!(←お前が言うな)

そして、もうお金がないから!(←←←)



明日からの三連休は珍しくお仕事が1日も入っていないのだが、一応てくてくは2本入っています。

残りの1日は、例によって掃除や洗濯に費やしますので、あんまりのんびりしていられない。

急いで聴き込みたいCDが約2枚(それが何かはお察しのとおり)あるのですが、時間あるかなあ?

ていうか、もう6年もiTunesが使えないままってのが、いかにぼくが怠け者かを証明しておりますね。

iTunesが使えれば、通勤時にしっかり聴き込めるのに。

・・・休みの前の晩に夜更かしする癖はとにかく治そう(と言っている今すでに実は18日の午前4時だったりする)


2015年07月10日(金) なんと

てくてくじゃない日のタイトルを考えるのにいつも時間がかかる。これがやだ。(なら書くな)

だってダジャレしか思いつかないんですもの悲しきフィフティーズ。





さて。

ぼくはもちろんお仕事だったので行く予定はなかったんですが、本日明日と予定されていたゴールデンボンバーの沖縄公演が、台風三兄弟のせいで延期になりまして。

振り替え公演がはるか未来()の11月下旬になりました。

今回のチケットを手に入れておきながら、振り替え日の都合がつかず行けなくなっちゃった皆さんには、慰めの言葉もありません。またいつか行けるといいね。としか。

そのまま振り替えに行けるかたは、貴重な「日本列島最南端ファイナル」を思う存分楽しんでいただきたいと思います。

でも、さすがに11月下旬だと、沖縄でも寒いのかな。行ってみたいな(←こ、こらっ)



えへへ。


ここんとこ、土曜日もすんごくやることがいっぱいあって休めてなかったので、やっとゆっくりニコニコ生放送のタイムシフトでも視るか、と今ページを開いたら、予約してた「MICHAEL初フェス開催記念SP」(6月8日にオンエアされた、「MICHAEL Summer Night Circus 2015」の事前番組。キリが出た)のタイムシフト期間が終わってて、もう視れない(T△T)ノォ〜ッ!

実際のフェスの方は、そもそもチケット買ってないので行けないのだが(7月19日って、何かあったような気がする・・・。ま、いいか←)

ぼくはフェスって、めんどくさがりなので(そんな理由?)行かないのよね。

ワンマンじゃないと、退屈しちゃうというか。

フェスならではの楽しさを知ってる人には「何を言ってるんだお前」って感じなんでしょうけどね。



今ぼくが勤務している職場は表参道駅が最寄り駅で、さすが“オサレ街”表参道、構内の看板もオサレで、今は「氣志團万博2015」の告知がばーんと出てて、連日その前を通るとちょっと気分が上がる。

出演者が、なんせ派手ですよね。

むしろ、ゴールデンボンバーは「ウエポン」のアー写なので、並んでる中でほぼ最地味チーム。

一番目をひくのがPepper君という・・・。

なんだかよくわからん時代になってきました。


まあ、「氣志團万博」もぼくは行かないんだけどね。(お前は家ん中でじめってろ!)




ま、とりあえず明日は洗濯大会ですね。


2015年07月09日(木) ツヨぽんヨイ(41)年

ツヨぽんへの誕おめ日記を初めて書いたのは12年前か。

今年も(「も」って、書かなかった年の方が多いだろ!)書けて嬉しい。

こんなに長く日記を続けてるとは自分でも思わなかった。

え? 続けてないだろ?

・・・ごめん。おっしゃるとおりです。



では改めて。

こんなに長くツヨぽんを好きでいるとは思わなかった。

・・・これもごめん。

当然のように27年ぐらいツヨぽんのことが大好きでいる方たちはたくさんいるんだし、それも、ぼくなんか比べるべくもないほど切れ目なく律儀に好きでいるんだろうし、お恥ずかしい限りです。





繰言はともかく、ツヨぽんおめでとう。

ぼくの12年前の予言(?)は大当たりで、本当にカッコいいアラフォーになられました。

40代とは思えない細マッチョな肉体は言わずもがな、自在な演技力に魅惑のイケボ。

さらに、年々磨きがかかる5歳児っぷり。←


やっぱ、心身ともに若さを保つには、ロハスな生活が一番良いのかしら? と、今年になってめっきり体力の衰えを感じている(お前はもう50代半ばなんだぞ!)ぼくなのです。



本当に最近、疲れがとれないのです(;;)←規則正しい生活をしろよ(叱)

なので、相変わらずレギュラー番組や主演ドラマがひっきりなしのスマさん番組は、ここんとこ『SMAP×SMAP』以外は“ておどるライブラリー保留棚”にどんどん積み上げられていく一方なのれす。

『銭の戦争』は、1話と最終回だけ視ていない、という変な視方をしちゃったし。

もう24回もやっている『草なぎ剛のがんばった大賞』も、こないだのは冒頭の15分だけ視たところで寝落ちしてしまったので、まだHDDの中です。

早速自由奔放さを発揮して木村に叱られてるのが面白かったので、今度の休みにでもゆっくり視ようと思っています。


2015年07月07日(火) あたしの彦星

(キンモクセイのヒット曲「二人のアカボシ」とはなんら関係ございません)

不思議なことに、七夕に限って雨が降る。

いや、正確に言うと、七夕に雨が降ると印象に残るから、七夕に雨が降った年のことばかり覚えているということなのかもしれない。

とかいう興ざめな考察はさておき、雨空を見上げて「今年も織姫と彦星は逢えなかったのね・・・」と涙している心優しい乙女属性の皆様こんばんは。←長い



案ずるな。(?)

オラたちにはちゃんと、今日会える彦星様がいらっしゃるではないかフライングゲット。←

てなわけでぼくも王子改め彦星をお迎えに行ってまいりました山野楽器銀座本店。

現在の職場からはTOWER RECORDS 渋谷店の方が圧倒的に近いというのに、習慣とは恐ろしいものです。

当然のように初回限定盤と通常盤の2枚をカウンターに差し出したら、おねいさんも何ひとつ不思議そうな顔をせず(むしろ当然だ、と言いたげに)「7,452円デス」とニッコリ。

もうちょっとポイント貯まったら『さよなら!青山劇場 PLAYZONE 30YEARS 1232公演』のDVDを買おうと思ってます。




で、お迎えに行ったはいいが、例によって開封してない。

開封したらぼくの睡眠時間が極限まで奪われてえらいこっちゃになるので、じっと我慢。

でも、今度の日曜日までに開けないと初回盤を買った意味がなくなってしまうのだが、どうせ当たらない我がクジ運。←あきらめないで!(ミキちゃん・・・?)

「Fame」のDVDだけ視てみました。




・・・「グランブルーファ(略!)」?



い、いかん。明日も早い。寝なくては。(←言い逃げかコラ)


2015年07月01日(水) 『SASUKE 2015』

贔屓されてたなあ。





誰が、とか訊かないでください。自明なんで。




これがテレビ界ってもんだよね。

こんだけ尺をとってもらったら、やっぱある程度結果を残さなきゃ申し訳ない。

(え? 喜矢武さんをディスってる? めっそうもない!)

“結果”は、クリアだけじゃないっすよ。

求められているのは、「面白い」ことなんだから。

普通に大活躍しても「面白い」んだけど、そうじゃなくても「面白く」できるやり方はいっぱいある。

名作「ガチ○ピンチャレンジシリーズ」を生み出した喜矢武豊が、それが分かってないはずはない。





それはともかく。

研二が昔から「『SASUKE』に出たい」って言ってたのは知ってたけど、おととし初めて出たときに、視るとやるとじゃ大違いと知って(1stステージであっけなく脱落)あきらめたんじゃないかと思ったら、翌年も出て。

2回目の出場では「もうちょっとで1stステージクリア!」まで行ったので、欲が出たのかな。

でも、御年33歳(当時)、さすがにあれが体力の限界と思い知ったんじゃないかと(すいませんね、ホントにこういう体育会系の番組に興味がないもんで)思ってたら、三度目の正直。


人間、あきらめたらそこで試合終了なんですね。

勉強になりました、安西先生。←

残り時間1.16秒で研二が1stステージクリアしたときには、自分でも意外なくらい感動しました。

だが研二、その筋肉は、ツアーのためだと言ってくれ。頼む(しつこい)




一方、何度も何度も映されて(ジャニーズのつかちゃんよりもたくさん映されて←)、あまつさえ、競技後には放送席にまで呼ばれた喜矢武豊。

競技時間7秒!(≧∇≦)

『ビブリア古書堂の事件手帖』の出演時間と同じ、7秒!(おい)

だが、その「ハムキャン7秒」に、サスケ君のミッションクリアに匹敵するテレビ的価値(言い過ぎ)があったので、許されてました。

やっぱ、水に落ちるのが似合うね、喜矢武さんは。(おいコラ!)



そういや、2ndステージで敗退し戻ってきた研二が、当然のように喜矢武さんに謝っていたのが印象的だった。

やっぱり、まずメンバーなんだなあ。

でも、「今度一緒に(2ndステージ)行こうぜ」って研二に言われて「オレもがんばるわ」って答えてたけど、喜矢武さん、あんまし興味なさそうだったな。←

あくまでも研二の付き合いで出たって感じだったしな。


でも、(はかなくわずか3週間で破られてしまったけど)『vs嵐』のクリフクライムで新記録出したこのコンビ、少年漫画の登場人物みたいでカッコいいんだよなあ。

小畑健あたりで『ゴールデンボンバー物語』でも連載してくんないかなあ少年ジャンプ(それはいくらなんでも無理!)

あ、インドア系の二人が小畑健ぽくないか。

古谷実っぽいもんな(おいっ!)




すいません調子に乗りました。

『vs嵐』も一応視たんだけど、ほんとぼくって、こういう「芸能人が、台本なしで体使うゲームとかやってる番組」が好きじゃないんだよ。

KinKiの昔の鬼レギュラー期も、『バリキン7 賢者の戦略』だけ視てなかった上に録画すらしてなかったぐらいだから。




と、話が迷走してきたってことは、もう書くことがなくなってきたってことなので、以上。


もくじ前回てくてく次回てくてく
ておどる 【昔書いていた日記はこちら】Kin-SMA放言