てくてくミーハー道場

もくじ前回てくてく次回てくてく


2013年01月29日(火) 『祈りと怪物〜ウィルヴィルの三姉妹〜』蜷川ver.(Bunkamura シアターコクーン)

めっきり更新してなかったのは、ご多分にもれず、風邪ひいてたからです。(−−;)

つってもたいしたことなく、4〜5日怠けてたら治りました。

でも、ブログを書くための夜更かしが可能なほど快復するまでにはもうちょっとかかりました。



前置きはともかく、感想。

首尾よくチケットを手にしたものの、4時間半近い大長編だってことを忘れてた(×_×;)

平日に観るにはちとキツい(でも、土日のチケットが手に入らなかった)

・・・すみません、第二幕の途中、なぜか(←)記憶がありません。

だが、記憶がなかったのはそこだけ(←威張ることではない!)



実はね、しょっぱなの(ケラバージョンでは)モブナレーションが、ラップになってて、そこで若干イヤな予感がしたの。

ぼく、苦手なんだよなあ、蜷川演出のラップ。

決して演者たちがヘ○とかではないんだが、どうもぼくの体内リズムと合わない(←それは、お前の体内リズムの方に問題があるのでは?)

てえか、韻を踏んでないので、厳密にはラップではないんだけどね。なんで、シラブルはリズムに乗ってはいるんだけど、単語が音楽的でないから、瞬間何言ってるかわかんない部分が多い。

そのせいか、(このあたりも蜷川演出なんだが)舞台両脇の電光掲示板に歌詞(?)を出してるんだが、それもまた、視力の関係で読めないぼくにはイライラのもとにしかならんかった(それどころか、今回、場が変わるたびにわざと長くト書きを出していた。非常にイライラした)

・・・ままま、そこらへんはともかく、やっぱりどうしてもケラバージョンと比べてしまった(俳優対決も含めて)のだが、思った以上に受ける印象が違ってて面白かった。

特に、冒頭(ラップのせいで)「・・・まずいな」と思いながら観始めたせいか(おい)、しり上がりに面白くなってった。

ケラバージョンでは「意味わからん・・・」と悩んだ第三幕が、蜷川バージョンでは、

「こ、これはまさに“祈り”と“怪物”だっ!」

と腑に落ちた快感。



演出のおかげでもあるのだろうが、役者たちの手柄でもあった気もする。

今回、主要な登場人物たちのうち、3人が初めて観る俳優さんたちだったのだが、それぞれすばらしい存在感でした。

特に注目だったのが、三姉妹の次女・テン(中嶋朋子)と恋に落ちる謎の男・ヤンを演じた染谷将太。

誰だろ?! カッコいいんだけど!! と思ってたら、『ヒミズ』で主役やってた子なのね!(2階後方からいつものようにオペラグラスなしで観てました)

イメージが全然違った。

すごいな、この子は。すばらしい。

あと、ごぉ(森田剛)演じるトビーアスの親友・パブロを演った満島真之介。

イケメン。

むぅ・・・、軽いな、「イケメン」てぇ単語は。

でも、実際若干軽い印象ではあった。それは、ケラバージョンで同じ役をやった丸山智己と比べてってことなんだけど。


★訂正★

ケラバージョンでパブロを演ったのは近藤公園でした。丸山智己はヤン役でした。記憶違いしててすみません。

訂正ついでに。

ケラバージョンのトビーアスとパブロの関係性は、いかにも気の優しそうな美少年(ん? 言外にごぉのこと/略)である小出恵介とトッポい近藤公園との組み合わせで、完全にアニキと弟分、命令する方、リードする方と被支配者、という脚本通りのイメージだったんだけど、蜷川バージョンだと、満島くんがごぉより明らかに見た目若造ということもあって、その点微妙に見えた。

何も含みのない体当たり演技の満島くんに対して(だから、パブロとレティーシャの駆け落ちは、完全に若い美男美女の悲恋だった。それが良かったかどうかは別の話だが)、ごぉのトビーアスは、パブロやおばあちゃんに対するオドオドぶり、ドン・ガラスやマチケに対するオドオドぶりまでも、何か含みがあるように感じられた。

・・・やっぱりぼくの偏見かしら?

ちなみに丸山智己も、翳りと鋭さのあるイケメン・ヤンでしたが、とにかく染谷くんが発散する“何か”には、ぼくはヤラれてしまった。的確な言葉が見つからなくて歯がゆいのだけど。


満島パブロ、ちょっと“いい子”に見えたな。

トビーアスとパブロの役割が、ケラバージョンと蜷川バージョンとでは、脚本上も演出上もほとんど違いがなかったにもかかわらず、演者の違いによりまったく印象が変わっていた。(上記追記参照)

ごぉは、トビーアスのような内気な暗げな青年がうまいことはそもそも分かってたんだけど、最初はどうも『金閣寺』の溝口をひきずってるかな・・・? と思ってしまった。

だけど、トビーアスがドン・ガラスの手下になって、根本的な人間性は変わってないんだけど、他人に対する態度が少しずつ変わっていく過程とか、見事だったな。

カウコンのときに「・・・おい(−−;)」と思ってしまった“つぶやきシローヘア”(←おい)も、この役のためだったのかと思ったら、思わずステキに思えてきた(^^ゞ←役者魂コンプレックス



同様の「印象の逆転」は、三姉妹の長女・バララ(原田美枝子)とグンナル司祭(古谷一行)の恋に関してもあって、こちらの蜷川バージョンだと、お互い長いことプラトニック・ラブを貫いてきた中年男女の悲劇、という感じだったのだが、ケラバージョンだと、どうしても、何か二人(ノンちゃん=久世星佳と西岡馬)とも“腹にイチモツ”ありげな極道カップル(オイッ!/汗)に見えてしまっていたのでした。

役者の個性(つうか、ぼくの偏見か?)って、すごいな。

一言一句かわらぬ脚本でありながら、このように印象が変わるわけだからね。



さて、最後に評するのは、退団したての(野々)すみ花嬢。

レティーシャは、まぁ、確かにタカラヅカの世界では、いかにかわいそうなヒロインでも、ここまでサディスティックな描かれ方はしないんだけど、芝居巧者のすみ花としては、そんなに苦労しなかったんじゃないかな? と思いました・・・とはいえ、ヅカ芝居をそのまま持ってったら灰皿が飛ぶこと請け合いの蜷川演出ですから、そんなに簡単なものじゃなかったとは思うんだけど、ヅカ時代の“娘役演技”がきれいに払拭されてた(と、ぼくには感じられたよ)点に感心。

いやそれより、終わってパンフレットを読んで初めて気づいたんだけど、預言者カッサンドラもすみ花だったのか!

これにはたまげた。

やっぱり良い女優になると思いますよこの子は。

元娘役って、力があってもどうしてもマネージメントの面で元男役と差をつけられてしまうけれども(退めても男役偏重は変わらない・・・/怒)、なんとか実力でもって実績を積んでいってほしいと思うものであります。



以上でございます。


2013年01月14日(月) 銀色 暗ご(タイトルパクリ禁止)

今日の首都圏、去年の『紅白歌合戦』のゴールデンボンバーの出番のときのNHKホールの客席のごとく(「の」ばっかりですみません)、真っ白になってます。

まったくもって、しろかった。←芸人が登場する応援合戦で、よくこういうことを言ってた昭和時代



というわけで、実に都市の機能は脆弱(c 「駅までは同じ帰り道」)でございまして、本日のゆりかもめさんときたら、いつもは5分間隔で走ってるのに、新橋駅で15分も待たせてくれました。

こんな悪天候の日でも、電車の中や出かけた街中(今日は渋谷に行きましたよ)には、晴れ着の女の子がチラホラ。

寒いだろうに、足が冷たいだろうに、ほんのり紅く染まった頬はキラキラしてたぜ。

現代人にとっては、和服でめかす数少ないチャンス。その頑張り(?)を熟年は応援します。

着ろ着ろ。せっかくなんだから。





さて、成人式ダブルスコアを軽く超えた熟年は、仕事しなければ。(←)

・・・はかどらない。

・・・目が奪われる『KinKi you DVD』(←本当に視てるのね!)



本当に視てます。

この3連休、寸暇を惜しんで視てました(威張って言うことか?)

あと1枚。Disc1を残すのみ。(なんでそれを残した?)

いやあしかし、リリースから3年3か月経ってから言うのも何なんだが、通常盤のDisc4のセレクトの根拠は何なんでしょ?

なぜ新潟広島鹿児島?

未だに解らないのだが、この三か所のこの部分だけ、カクベツの出来だったのか知らん?(鹿児島は、一応ツアーのオーラス(東京・大阪の年末年始公演は一応“第2弾”扱いだったので)だから、というのは理解できるんだが)

今だから告白(て大したことでもないが)しますと、ぼくはこのDVDに収録された公演のうち、2008年7月22日の東京ドーム、8月20日、21日の仙台・ホットハウススーパーアリーナ(今は「セキスイハイムスーパーアリーナ」っていう名前になってる)、9月28日の朱鷺メッセ:新潟コンベンションセンター、12月31日のカウントダウンと2009年1月1日の京セラドーム大阪の公演を実際に体験しました(そして、収録されていませんが、2008年7月21日、11月30日、12月1日の東京ドーム、12月29日、30日の京セラドーム大阪に入っております。ありがとう、頼もしいオタ友達と優しいぼくの家族←)

何の因果(?)か、たまさか行った新潟公演の、しかもぼくが入った方の日の録画が収録されてるのが不思議だ。

で、この6公演の内容も、ありありと覚えてる部分もあれば、「あれ? こんなことあったっけ?」て部分もあり、また「こんなことがあったと思ったんだがなぁ? カットされてんのかな?」っていう部分もある。

7月の東京ドームの皮切りと年末の“第2弾”も、11月30日に観たときは「ほとんど変わっとらんやんけ!」と憤った記憶があるのだが、こうしてDisc1と初回生産限定盤のDisc4のセットリストを見比べてみると、あれ、けっこう違ってる。

まぁ、夏と冬だしね。

あーそれにしても、兄さんたちは言うに及ばず、出演者の皆さん全員、すごく楽しそうだ。

ツアーって、やっぱり独特の空気が生まれるんだろうね。

いいよね。(←言外に何かを要求している)

このツアー、CDデビュー10周年という区切りにやったわけではなく、11周年つまり12年目に入ったその日から始まったので。(←言外に/略)

とはいえ、既に判明している空飛ぶ方の人の公演予定を見ると、「ふぅ〜ん(若干不機嫌)」と思うわけですけどね。

ただ、次回のアルバムリリースは例年みたいに年末ギリギリにはならないとは思うんですが。

それを座して待つ。



ちなみにゴールデンボンバーのツアーも5月からで、しかもぼくが行けそうな場所でやるのは8月(え?! 行けるのか?! 最も激務な時期っぽいんだが!/不安)なので、今年前半はテレビとネットがお友達だな。

・・・例年と変わらん。

そうか、スーパーアイドルデュオ(←今さらの形容詞)KinKi Kidsが、久しぶりの全国ツアーをしていたちょうどその時、東京ローカルのヴィジュアル系エアーバンド(将来すごく売れる予定)ゴールデンボンバーも、全国をせっせと対バンLiveで回っていたんだよな。

既に事務所に所属していたので、地方のライブハウスにもどんどんブッキングできて、実入り自体は大したことないながらも(大きなお世話ですかすみません)プロっぽく「ツアー」なんかしてたんだね。

タモリが好きそうな、自分らでバンに機材(と言っても、彼らの「機材」は/笑)を積んで運転して回る、という貧乏ツアー。

これはこれで、やっぱり楽しそう。

ただし、若ければ。(←真実)

将来を信じていられれば。(←く、暗くするなよ!/汗)



大人として生きるということは、自分を信じて努力するってことだよな(成人の日らしいこと言おうとしてなんかスベってないか? 雪の日だけに)←別にうまくない


2013年01月06日(日) いつまでも正月気分でいるんじゃねえよ(初暴言)

金曜日からお仕事開始だった方もいらっしゃるでしょうし、そもそも正月なんて休みじゃねえよ、という方もこの広い世間にはいらっしゃることでしょう。



どちらさまも、あけおめ。←年相応の礼儀作法を持て!(叱)



さて、わらくしも昨日ぐらいからぼちぼちお仕事を開始しています。

こういう、けじめのないだらだらした仕事の仕方をしていては、今年も色々思いやられるんですが、まぁ、致し方ない。

気分は今でもイチゴ祭り(いつからそんなタイトルに?)の思い出に浸っていたいのですが、とりあえず徐々にお仕事気分にシフトしています。

長時間音楽バラエティ番組で満杯のBlu-rayレコーダのHDDも、いちいち内容をチェックしていては人生がどんなに長くても足りませんので、好奇心は捨てて、猛早送りで所期のお目当ての方たちの部分だけを残してどんどんディスクに移してます。

録りそこねたものもぼちぼちあるみたいです。

そんなときは、潔く諦める!(←おお〜)

そうしないと、どんどん時間が経っていってしまう。



とにかく、元日の夜までは、ぼくのスケジュールは売れっ子芸能人さんなみの分刻みだったので(売れっ子芸能人さんを追っかけてたので当然ですが)、1月1日の夜に帰宅してからは、

「明日の朝と昼はおせちと作り置きのお雑煮を食べといて」

と家人に言いつけ、2日の午後3時過ぎまでぐぅぐぅ寝てしまいました。



そして、起床後、お二人のお言いつけどおり(詳細はどっかのコンサートレポを読んでください)洗濯をしていたら、あっという間にお夕飯の時間。

もちはもういらない、と家人が言ったので、ご飯を炊いてもっすご普通の晩御飯を食べました。



翌日は年賀状の整理をして、出さなかったのに下さった人にお返事を書き、早速上記HDDの容量を空けるべく編集→ダビング→削除→編集→ダビング→削除の作業に没頭。



いつの間にか夜も更け、そろそろ仕事に取り掛かろうかな〜? と思っているうち、とても大切な用事をまだ済ませていないことに気づきました。



大切な用事。

それは、「Dance My Generation」オリコン初登場1位の座を、無事に『第63回 NHK紅白歌合戦』(こいつに関する感想はおそらくもう書かないでしょう)初出場の大役を果たしたゴールデンボンバーさんたちにプレゼントすること!

去年も、別の方たちのために似たようなことしたっけ、と思いながら、今年は、齢51歳の熟年が、行き慣れたセレブの街・銀座ではなく、バンギャルの聖地・西新宿へ。

別に今回も山野楽器銀座本店でも良かった・・・いや、オリコン集計を考えれば、むしろ山野楽器の方が良かったんだろうと思うのですが、気分にこだわる性格なもんで、ぜひとも「ライカエジソン」「自主盤倶楽部」「ピュアサウンド」「Little Hearts」あたりで買ってあげたい。

おばさん、新宿を駆けずり回りました。

そして、見事に初回盤A、初回盤B、通常盤をゲット!

気分は「はじめてのおつかい」(^^ゞ

微力ながら、お役に立てたでしょうか。

ああ、ドキドキした(いや、店員さんはとても感じが良くて、普通にお買いものできましたよ)





帰宅後、一通り聴いて(うちの古いコンポは、ちゃんと8cmCDが再生できます)、特典DVDを視て、満足して、すぐに気分をきんきっず兄さんにチェンジ(おいこら!)

Φコン以降のDVDをずらりと並べながら、「順番に観ていくぞワクワク」と意気込んだはいいのですが、時間の関係で、現在のところ「K」だけしか観ていません(_ _。)時間が、時間がない・・・一曲目が『Time』だけに(←全然かかってない)

実は未だに全部観ていない「KinKi youコン」全4枚を、絶対にこの機会に全て堪能したいの。

この、気分が昂揚してる今だからこそ。

・・・何とか時間を作ろう。

今年はまずこれを目標に生きていきます(大変ぼくらしい、ミーハー濃度200%の目標ですね)



皆さまも(毎年のことですが)改めてご唱和ください、ぼくらの合言葉。

「No Me Her, No LIFE」

今年もだるだるに行きますので、よろしくお願い申します。


もくじ前回てくてく次回てくてく
ておどる 【昔書いていた日記はこちら】Kin-SMA放言