静花のふつうの日記
毎日の出来事や思ったことをつらつらと・・・。気が向いたら、小難しいことも書きますが、基本はのん気な日記です。

2011年07月31日(日) コンサートと練習会

 今日は、午後ハンドベルコンサートに行ってました。最近は、自分たちの練習ばかりで(しかも、先週は本番)、なんか慌しかったけど、この日は聴くだけ♪しかも、超豪華な編成だから楽しみでした。あかねからも、いつもより大勢来たかな。
 で、毎度毎度の待ち合わせ場所でひと騒動。

 わたしが3箇所を順々にまわってメンバーと合流していくコースができていたのだけど、第2地点の人たちが違うルートで来てしまい、慌ててそっちに行こうとしたところで何故か第3地点の人がこっちに向かって歩いてきたの。あれ、合流場所ここじゃないよ?!と思いながら、なんとか全員を無事捕獲(^^;) 
 そして、青学到着。事前に「チケットがかなり売れて、席確保のために早めに来た方がいいよ」という情報をもらっていたのだけど、本当にすごい人だった。フェスのときは入れ替りだから、あの講堂が満員になっている状態を初めて見ました。会場内で講習会や世界大会でご一緒した人たちと次々に再会して、うわーホントに勢ぞろいしたんだぁと呆気に取られた瞬間も・・・。

 本当は、アミティエの練習会があるから途中で抜け出すつもりでいたの。で、どこで抜けようかなぁとプログラムを見たら、後半にいけばいくほど聴きたい曲がつらつらと・・・。ああ、ディズニーだ〜。ああ、ジュピターだ〜。ああ、いつくしみだ〜・・・・。しかも、「大きな鐘」登場にテンションが上がってしまい、結局アンコール前まで会場を出られませんでした・・・・(その後、あかねメンバーたちから「アンコール良かったよ〜♪」メールを読むたび、聴きたかったよぉ・・・と思ったり。でも、あれが時間ぎりぎりだったんだもの(泣)。
 やっぱり、いつくしみ好きだなぁ・・・と思った。しかし、なぜか自分で演奏するのはうまくいかない(好きとできるは違うんだとよーく解ったよ・・・)。

 休憩中、秋冬用の新曲のアサイメント希望をメンバーたちに訊いたら、
「鈴がいい」
「見学者がいい」
という、リンガーとは思えない応えばかり返ってきて・・・・。8月下旬から本番盛りだくさんなのに、どうなるんだ、あかね!?
あ、新メンバーも次の新曲から参加予定です。

 で、コンサートのアンコール前。鐘の音が頭の中に残ったまま青学を出発して、国立へ向かいました。自宅から行くより近い!と思って向かったのだけど、意外と時間がかかったなぁ(おかしいなぁ、駅すぱあとでは18時前には着くはずだったの に・・・)。

 18時10分過ぎ、練習会合流。もう遅い時間だから、わたしは1回ずつ演奏できればいいか〜くらい思っていたのに、皆さん熱い熱い人たちで、21時過ぎまでぶっ通しでした(^^;;)

 それが大事、負けないで、ズンドコ節が楽器ごとにパート分けされていたり、フルート隊は二重奏三重奏になったりで、どんどん曲が進化しています。ちゃんと拍数と休符も意識しなきゃ、1拍目はアクセント、フォルテ⇒ピアノ・・・っていう、なんだか音楽やってるなぁって感じ(笑)。最近は、やたらritが増えてきて、練習出そびれるとタイミングがわからなくて大変なことになりそうな・・・。
 あ、TOMORROWが2拍子だったことに、今回の練習で教えてもらって知りました。いやに速い4拍子だなぁ、8分音符で刻んでる気がするよ・・・と思っていたのだけど、まさか2拍子記号だったとは。やっぱり弱視だなぁと痛感(-_-メ)。(いや、見えなくてもちゃんと読譜できる人たちも大勢いるから、目のせいにしちゃいけないんだけど・・・)。
 初めてこのグループに参加したときには、みんな次々に思い思いの曲を演奏して、他の人がそれに乗っかってという感じだったけど、本番が決まっているせいか、だいぶ雰囲気が変わった気がします。好きなように演奏しているのも楽しいけど、個人的には、今のこのちょっと緊張しつつの空気が好きだったりします。自分がうまく入れていないところも含めて、今後の展開が楽しみです(^^♪
 指が動かないとか、音がかすれるとか、譜面見えなくてコケるときあるとか・・・・。なんとかしなきゃなぁ。あと、DS、DC、Coda1・2の順番が混乱したり、他の人のパートに入っちゃったり、自分のパートに入りそびれたり、まだまだ、色々課題あり・・・です。がんばろっと。

 なんて感じでした。
 3連休だったのだけど、中身が濃いのは、昨日1日だけ(-_-)
 予定って、なんで分散されないで重なっちゃうのかなぁ。



2011年07月27日(水) ベル本番inつくば

 茨城県の幼稚園の先生方の研修会の中の1コーナーとして演奏してきました。つくば国際会議場で、900人くらい聴講者(?)がいらっしゃったとか。でも、わたしたちの演奏の前の講演中に睡眠学習されている人もいたとかで・・・。ベル聴いてくれたのは何人いたのかな。

 コーナー枠1時間。あかねにとって長い持ち時間なので、けっこう大変でした。
最初は30分という情報が流れてきて、実は1時間だったと発覚したときはプチパニックになったし(^^ゞ

まずは、午前中でリハーサル。ベルの配置や立ち位置、音の響きかたの確認。本番と同じ曲順で一通り流しました。
うちのチームには指揮者がいないので、準備ができたら両端から順々にカウント取るメンバーのところに合図が回ってきて、その合図を確認してから曲をスタートさせるのだけど・・・。
2曲目のベルの確認中、センターにいるわたしのところに両隣のメンバーから同時に合図が回ってきたの!!??・・・・・ええぇぇ〜っっっ\(◎o◎)/!

「あたしじゃないよぉ〜っ!」

舞台で思いっきり叫んじゃったよ

カウント取る張本人が合図を回し、その間にも2人メンバーいたのだけど、「あれ〜?」と思いながら回したそうです。両隣同時に来たからびっくりしたけど、これ一方から先に来たら、わたしも回したよ、きっと・・・。そして、別の誰かが叫んだのかなぁ。
体験コーナーのリハ。伴奏担当なんだけど、毎度のことながら暗譜ができていなくて・・・・。控室でがんばるぞっ!と誓ったのでした。ソーソーの下がソ、レーレーの下がファソ、なんて理屈でくっつければ覚えられるんだけど、舞台に上がると冷静さが消えるのよね。ああ、舞台って怖いわ。楽譜が目の前に置けないって辛いわ。

リハ終了。いったん撤収。
控室でお弁当食べて、それからダラダラ。拘束時間長いから控室でも練習できたらなんて意見も出てたけど、結局喋って終わっちゃった。途中で楽譜の確認はしたけど、最後のあがきはあまり効果がなかったなぁ。

で、本番です。
舞台に立って、客席を一瞬見たけど、想像以上に人数が多いのと位置が近かったから、慌てて目を反らして1曲目の準備に入った。やっぱり、国際会議場は大きいね。

1曲目:ダウンタウン
大きな音で!を意識して演奏。低音もちゃんと聴こえてきたから、たぶん大丈夫だったかな。
2曲目:崖の上のポニョ
初披露目の曲。G♯(A♭)とBを隣のメンバーとチェンジするところがあったんだけど、机が広すぎて回し切れず撃沈。しかも焦ってたからすごく雑な演奏・・・・けっこう凹んでます。9月の本番までには、もう少しなんとかしたい。せめて、メロディラインの音だけは外さないように。真夏の練習がんばろっと。
3曲目:いつくしみ深き
4月の関フェスで撃沈した曲。魔の2小節(どうしても覚えられないところ)は、やっぱりダメでした。メロディがないつなぎ目の2か所、拍数を覚えようとしているのだけど、この2小節だけ混乱していて覚えられない(一方が3拍目、もう一方が2拍目の裏なんだけど、演奏始めるとどっちがどっちかわからなくなるの〜)。これも、9月やるんだっけ?もうちょっと手に馴染ませたい。

体験コーナー:キラキラ星
これまで子ども向けにハンドベル体験をしてもらうことが多かったけど、今回は幼稚園の先生方。当然大人なわけでどんな雰囲気になるかと思ったら、意外に盛り上がりました。とくに2回目のAを担当した人は、会場から拍手喝采されていました・・・。どんな人だったのでしょうか?伴奏側にいたわたしたちは、何で笑いを取っているのか理解できず、ちょっと戸惑いながら演奏してました。でも、盛り上がったみたいでよかったです。たかが伴奏、されど伴奏。あるとないとでは、全然雰囲気違うし、やっと暗譜できたので、忘れないうちにもう1回やりたいんだけど・・・。

4曲目:さんぽ
出だしで、いきなりコケた!てっきりストップするかと思って自分の音を出さずにいたけど進んでしまい、しょーがない行っちゃえ!ってな感じで演奏しました。ああ、けっこう長いことやってる曲のはずなんだけど、なぜ、なぜ?なぜ〜っ!?

5曲目:オーバーザレインボー
演奏は、まずまずだったのではないかしら。アナウンス原稿が少し難しかったみたいで、噛み噛みにさせてしまったけど。この曲の紹介文を初めて書いたときは、たしかベルチェンに時間がかかるところだったから、日本語の歌詞なんかも引っ張り出した長いセリフにしていたの・・・だけど。この曲順なら時間余りそうだし、少し修正したほうがいいのかも。

6曲目:アメージンググレイス
いきなり不協和音を作ったでんです(T_T)
もうがっくりして、前半の和音の中には入れなかったよ・・・・。やっぱり代打は気持ちが緩いなぁ。

アンコール:さんぽ
予め決めてましたアンコール曲。でも、ちょっと後悔。あのコケたさんぽ。さきほどの挽回なるか!というようなアナウンスが入り(このくだりは流暢に喋っていらっしゃいましたね、先生・・・)、ますますプレッシャーかけられたなかで演奏。1回目よりはマシなレベルになったかな。


なんて感じで、無事に終えて東京まで帰ってきました。
毎度のことですが、サポートしてくださる皆様、本当にありがとうございます。超わがままなチームなのに、一緒にいてくださって、いつも大感謝です。
そして、メンバー。今回もお疲れ様でした。まだまだ今年は本番ラッシュだけど、頑張っていこうね。



2011年07月23日(土) 機種変更

待ちに待った休日(^^♪
 今日は、引きこもりdayと決めていたのだけど、携帯電話の機種変をしようと思い立ち(いや、本当に急に決めたわけじゃなくて、前々から考えてはいたんだけど・・・)、ショップまでとことこ行ってきました。
 そしたら・・・・、地元で年1回やってる大通り全体を通行止めにして開催してるお祭り「○○カーニバル」がやっていて、人間渋滞に巻き込まれた(-_-;)
 そういえば、去年も同じ目にあったよなぁ・・・。
 こいうい展開多いんだよね。うっかり東京湾の花火大会の日に地元駅に出かけて人混みに飲まれ、うっかり東京マラソンの日に出かけて通行止めに遭い目的地まで大まわりさせられ・・・。しかも、確実に毎年これらのイベントに遭遇しているんだから、いいかげん地元のことだし学習しろよ・・・って感じだね。でも、警戒してたら今年は花火大会中止(^^ゞ
 そして、忘れてまた来年同じ目に遭ったりして・・・。


 で、話は戻って。携帯電話。
 3年半ぶりの機種変更。しかも、わたしにしては珍しく自主的な変更。前回は、千代田線車内で紛失しての変更。その前は、T社という吸収されたキャリアの端末を使用していたので、吸収元のK社の端末に強制的に(無料で)変更させられ、その前は結婚して家族割にしたくてキャリア変更。その前は、電池パック消耗で古い機種すぎて在庫がなくて変更・・・・。ああ、そう考えると、本当に久しぶり。

 今まで使っていたのは、上に書いたように紛失したための変更だったから、慌てて決めたので見やすさとか使いやすさを全然検証せずに選んでいたの。なので、見た目だけかわいいという理由で、よく見えないなぁ・・・なんて思いながら使ってました。しかも、途中でサブディスプレイが全く表示されなくなっていて、時計が見れない・・・とか思っていたのに、たぶんそれでも1年以上は使っていたかも。

 新しいものの操作を覚えるのが嫌いで、なかなか変更しなかったんだけど、この夏のラインナップを見ていて、ちょっとした危機感を感じて、今変えちゃおうかなって。
 スマホがだいぶ増えてきて、しかも売上数も従来の携帯よりもダントツで伸びてて(←携帯電話マニアじゃないけど、一応この業界で働いてるから、やたら情報は入ってくる)。
 弱視者的には、非常に使いづらそうなスマホばかりになる日も近そうだ・・・と思い、今のうちにふつう携帯買っとこ〜と思って、時々会社帰りに物色していたのでした。1年後、今の携帯の電池パックが消耗したころには、8割9割スマホで、あとはらくらくホンか、簡単ケータイか、キッズケータイか・・・なんて選択肢になっていたら嫌だなぁってさ。

 個人的にお気に入りのメーカーが、新作出したのもあったし。

 で、ショップ行ってビックリしたこと。
その
店員さんが、全員日本人!これ、マックやドトール行ったときにも思ってたのだけど、東日本大震災のあと外国人が大量に母国に帰った説は本当なんだなぁと感じた。前回ショップ行ったときは、たぶん中国の人が片言の日本語で、電池パックの交換だけなのにけっこう時間がかかったっけ。
その
データ移行ができた!
当たり前なんだけど、基本的に追い詰められた「駆け込み機種変」のわたしは、機種が古すぎるとか、他キャリアだからとか、そもそも端末紛失したからで、ショップでデータ移行してもらった経験がなかったの。アドレス帳くらいは移せると思ってたけど、まさか動画まで移せるとは!ICチップ開発した人はエライ(^_-)-☆
その
充電しにくる人が多い!
ショップで充電してくれるという噂は聞いたことあったけど、都市伝説じゃなかったのね。わたしの手続き中、3人充電しに来ていた。
その
新しい端末には指紋を付けない!
店員さんが、ビニールに入ったまま新しい端末を操作して、最後にビニールから出してわたしに手渡して、「データご確認ください」って。前回のときは、べたべた触りまくっていたと思うのだけど(クレームがあったのかなぁ)。

 そんな感じで新しい携帯にしました。きれいだね〜。画素数も違うしディスプレイサイズも違うし、さらにわたし的に一番ディスプレイが見やすいと思うメーカーのものだから、明るさとかもちょうどいいし。Web閲覧は快適です(^^♪ 

 でも、キー操作には慣れないので、この日記はPCからだけど・・・。

 さて、明日は朝からベル練習(しかも本番目前!)だから、もう寝なきゃ。



2011年07月16日(土) ベル練20110716

 今日は、1週間ぶりのベル練習でした。本番が近付いてきてて、いいかげんどうにかしたいのが6曲中3曲あって・・・って、半分ダメじゃんっ(-_-;)

 いつも練習に使う教室は、空調がききにくいところだから、警戒して超薄着&冷却グッズあれこれを持参して行ったら、先生のご好意で空調がバッチリきく部屋へ移動。いや〜、快適でした♪

 さて、今年は年内の本番目白押しということで、のんびりしていられないので、次々と練習。
 ダウンタウン。これは、大丈夫。基本メロディ担当だから覚えやすいし、もう何年もやってるしね。ただ、なぜだか進むにつれてテンポが落ちるの。飛ばしたい衝動を抑えながら打ってるんだけど、気を抜くと自分だけで激走しそう。
 崖の上のポニョ。これがね・・・・。暗譜できてないところと、またまた休符を見落としてたところと、持ち替えが問題。G♯とA♭の悩ましかったところは、隣のショコラちゃんに協力してもらえることになり、少し楽になったかな。あとは、エンディングの両手で同じリズムを刻むところをなんとかしないと。後半の持ち替えまでが1拍しかないから焦ってしまって、それが露骨に音に表れてしまうの・・・。
 いつくしみ深き。たぶん、暗譜できているのだけど、楽譜が手放せない曲。この間の関フェスで演奏中に頭が真っ白になったことがトラウマになっているらしく、2か所あるつなぎ目のところが不安になって楽譜に目を落としているの。つくば演奏までには克服しておきたい。大好きな曲なのに、なんでこんなに怪しいことになっちゃってるんだろう。

 さあ、ここから曲順が怪しいぞ・・・・(^^ゞ


 さんぽ
 ま〜、なんとかなるでしょ。でも、これもエンディングが怪しい。誰かがコケると芋づる式にコケる気がする。動揺して最後の1音の手が震えてるときあるし(笑)。
 オーバーザレインボー
 飛び入りで来てくれたみっちゅうから
「これ、安心してるね」と言われた曲。やっぱり、メンバーの気持ちが露骨に出るんだね〜。これも演奏してだいぶ経つし、本番も何度かやってるしね。
 アメージンググレイス
 ここ何年かずっと代打ばかりやっていて、次の本番で自分が担当するところを暗譜できていない状態。ただ、まわりが安定しているから大丈夫かな・・・って、時々レギュラーメンバーから「あれ?」「えっと」なんて恐ろしいつぶやきが聞こえてくるんだけど・・・・。

 えーっと、忘れてる曲ないよね?

 あと、超超超ふっるーい曲をやりました。不思議なもので、楽譜を見なくても手が勝手に動くんだよね。たぶん、20代前半にやってた曲。そして、楽譜が拡大サイズじゃなくて普通サイズ。
 当時は、拡大しなくても見える視力と、時間が経っても忘れない記憶力があったらしいです。今は・・・ああ、悲しい現実に気づかされるね、昔演奏した曲をやると。

 
 最近、あれこれ手を出していろんな楽器の音を聴いてるせいか、ベルの音が正しく聴こえない瞬間があって、ちょっと不安だったりもするのだけど(今日、EとFの聴き分けができなくて一瞬焦った)。

 次が、つくば演奏前の最後の練習です。忘れないように・・・・がんばれるかなぁ(ちょっと弱気)。


 < 過去  INDEX  未来 >


白咲静花 [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加