静花のふつうの日記
毎日の出来事や思ったことをつらつらと・・・。気が向いたら、小難しいことも書きますが、基本はのん気な日記です。

2006年05月31日(水) 脱!入院生活ヽ(‘ ∇‘ )ノ

 入院8日目。そして、待ちに待った退院日!!なんて清々しい朝なのかしら〜♪とお目覚めする予定だったのに、誰も起こしてくれず(悲)、お茶が運ばれてきて目覚めた状態。そのせいか、朝食があまり喉をとおらずだった。
 そして、退院日だというのに度重なる腹痛に見舞われた。荷造りしつつトイレ駆け込みを繰り返してたけど、退院患者だからこんな苦しんでいても誰も気づいてくれない(T-T)荷物がまとまったところで、ベッドの上に固めた毛布と布団の上に上半身だけ寝かせて、お腹を抱えてしばらく耐えていた。病室に来る看護師さんたちは、もう一人の患者さん担当だから、わたしのことは目もくれず。ちょっと寂しいなぁ・・・と思いつつ、半分意識がトリップしたところで「どうしたの?!お腹痛いの?」という声がかかった。あれぇ、男の看護師さんなんていたっけ?と考えて、その直後に血の気が引いて慌てて起き上がった。目の前に先生が立っていた?!やばい、一番この姿を見せちゃいけない相手だよ?!だって、退院できなくなっちゃったらさ〜・・・・(どきどきっ)。「今日退院なんだけど、どうする?」と困ったように訊かれ、ちょっと後ずさり。「大丈夫です!帰ります!!」と言い張り、退院延期を免れた。だって、この腹痛はきっと入院継続しても治らないんだもの。
 先生から、外来の予約と診断書の話と悪化した場合は・・・という話をされた。今回も本当お世話になりました!・・・前回と違って八つ当たりしなかったわたしは、優等生患者に近づいたかな?
 その後は、入院中に担当してくれた看護師さんたちがかわるがわる挨拶に来てくれた。「またおいで〜♪」なんて冷やかされながら。うん、2泊3日コースなら、また入院も悪くないかなぁ。
 10時過ぎに請求書と診断書と退院証明書を渡され、そのまま窓口で精算。病院を出てすぐに来たバスに乗り、駅で電車に乗り換え、コンビニ経由で帰ってきた。コンビニでは、絶食&食事制限の反動か、いろんな食べ物購入〜。そして、衝動買いしたチーズケーキが食べることもできずに冷蔵庫で眠っている。明日、半分くらい食べてみようかなぁ。
 家に着いて、まずお風呂!病院では、1回シャワー浴びれたけど、あとは濡れタオルだけだったんだもの。モモの香りの入浴剤を味わいつつ1時間以上入っていたら、出た瞬間に目眩(ToT)のぼせたからではなく、体力消耗してしまったと思われる。すぐさま布団にもぐりこみ、これまた1時間くらい眠ってようやく復活。
 診断書の内容を確認して、会社に電話。課長に退院報告と復帰日の話をしてから、主査に電話換わってもらった。けっこうテンション高く、「え、仕事の心配してるの?だったら早く会社出て来い!」と大笑いしながら言われた。まったくもう、知らない人が聞いたらパワハラになりそうな発言だよ。でも、わたしはもう慣れっこ。相変わらずの毒舌が出たことで、むしろ安心した。同じ環境で迎えてもらえそう、大丈夫、ちゃんと復帰できそうって。
 それから、健康管理センタに電話。産業医面談を入院でキャンセルしたもんだから、再度日程調整をしなきゃいけなかったの。そして、来週の月曜日の午前中に面談となった。ということで、会社へ復帰するのは月曜午後からだね。
 それから、入院中の荷物の整理をして、メールチェックをして、医療費控除のこと調べて、実家に電話して、あとはダラダラ過ごして夜になった。
 夕飯は、わたしの快気祝として、近所のイタリアンへ♪病室で読んでた雑誌に出ていたピザがおいしそうで、退院したら絶対食べるぞ!と誓っていたからね。さすがにデザートは食べなかったけど。
 自分のスケジュール表を見てびっくりしたけど、6月もけっこう予定が入ってる。なんか“静養”という言葉を知らない不良患者だなぁ・・・と自分のことをあきれたりもするけど、わたしの性格だと忙しい生活じゃないと病気が悪化する気もする。やりたいこと抑えてストレス溜めて病気になるのと、好き放題遊んで病気になるのだったら、絶対後者がいい!ということで、来週からはまたまたパワフル生活に戻る予定。だから、あと4日間はゆっくりしてようっと。


 ◆入院中にメッセージをくれた皆さま◆
 ご心配おかけしましたが、無事家に帰ってこれましたよ〜。頂いたメッセージが本当に暖かくて、こんな人情味わえるんだったら病気になって悪いことばかりじゃないなぁ・・・と思えました。
 わたしの病気は、「もう絶対入院しません!」と言い切れないのが悲しいところではありますが、しばらくは普通の生活を送っていけるかと思います。だから、近いうちに遊ぼうね〜!(^^)!
 本当にありがとうございました。

 2006/5/31 fromでんすけ



2006年05月30日(火) 退院イブの舞い〜(^^♪

 入院7日目。最後の1日だと思うと、ま〜ったり入院ライフを堪能♪
 だけど、大部屋独り占めも昨日まで。今日入院してきた人と同室となった。その同室さんが、大掛かりなことがあったらしく病室はバタバタ!看護師さんが、わたしのほうのカーテンまで締め切ってきた(ToT)う〜ん、窓の外眺めたり、散歩したりしたいけど、ここから出ちゃいけないのかなぁ?
 去年も会ってた看護師さんたちに「明日退院♪」と自慢(?)しまくってたら、口々に「今回は早いね〜」と言われて、また浮かれてきちゃった。本当早くてよかったよ。あと1週間くら病院にいたら、多分また疫病神に心を蝕まれたと思うもの(最初の入院でそうだった)。
 夕方に先生が来たとき、ちょうど荷造り中で「もう帰る準備?」と少し驚かれた。え、早い?変?でも、いいや。も〜、何言われても平気だも〜っん(^-^)v小躍りしちゃいそうな勢いよ!
 そのあと、一人で夜景観賞していたら、いきなり先生が舞い戻って来た!なんだぁ?と焦ったら、診断書に書く自宅療養期間のことだった。わたしが書いた診断書発行申込書とさっき言ったことがが合っていなくて、困ったらしい。その場限りで適当なこと言っちゃだめだねヾ(^_^;ひたすら平謝りよ(>_<)そして、今週いっぱい休めるように書いてもらうことになった。う〜ん、また健康管理センタに呼び出されるんだろうなぁ・・・ああ、やだやだ。
 明日支払う入院費用を概算で出してもらったところ、恐ろしく安い金額を告げられた。看護師さん曰く「特定疾患だから」とのことだけど、実際はただの腸炎。後で差額請求されたりするのかな。
 さあ、明日は自宅で更新できるといいな〜。



2006年05月29日(月) 先生、おかえりなさ〜い♪

 入院6日目。そして、また1週間の始まり(あれ、本当は週の始まりは日曜だっけ?)。
 朝、またまた採血。前日に予告されていなかったの初めてで(前の入院中はそんなことなかった)、ものすご〜く嫌な感じ(ノ_・。)
 8時半過ぎ、先週お世話になってた先生が登場した。いくつか説明された後に、いつもの先生が帰ってきてるからあとで来てくれるよと言われた。「帰ってきた」と表現するのね、おうちじゃないのに。でも、わたしたちも出張から戻って出社すると「おかえりなさ〜い」と言われるから、おんなじか。なんか全然業界が違うからか、表現一つ一つが新鮮に感じてしまうなぁ(入院じゃなきゃ、そんな様子は見れないしね)。
 しばらくして、「帰ってきた先生」も登場。うわぁ、なんか顔見て安心しちゃった。ついこの間、外来で会ったばかりなのに、ず〜っと会っていなかった感じ。今回の入院では、一度も顔会わせてなかったせいだろうなぁ。あんまり自覚してなかったけど、この5日間本当はすごく不安だったのかも・・・・。
 点滴ひとつ終了を告げられ、退院予定日確定。5/31♪今回は、検査ナシとなり、もう気分上々〜!
 だけど、午後は嫌なこと続き。「今日の点滴あといくつ?」と看護師さん2人に時間差で訊かれ(患者のわたしに訊かないで!嘘答えたらどうするのよぉ!!)、か〜な〜り不安に陥った(~_~;)そんでもって、シャワーOKって言われたのに忘れられて点滴外してもらえないし、体温測らされてその後誰も確認しに来ないし・・・・。とっても雑に扱われていた感じ。もうすぐ退院だからか、わたしが2度目の入院で慣れてると思われてるのか・・・。どっちにしても、凹んでしまった・・・仕事忙しいと、優先順位低いこと忘れたりもするけどさ(気持ちはわかる)。でも、悲しいなぁ。明後日じゃなくて、今日退院してしまいたいよぉ。
 気晴らし?腹いせ?にかどうかは置いておいて、プチ反乱とばかりに消灯時間後にテレビをひとりで堂々と見てたりして。スマスマ観て、少し立ち直ったから寝ようかなぁ。



2006年05月28日(日) 日曜日の病院

 入院5日目。看護師さんからのモーニングコールが、起床時間から1時間近く遅かった。わたしが軽度患者だからか、日曜日だからか・・・。まあ、別にいいんだけどね。
 休日は、朝から賑やか。面会の人たちが喋りながら歩いてたり、子どもが廊下で遊んででいたり。友だちに「今回は、すぐ退院できそうだからお見舞いこなくていいよ!」と言ったことを少し後悔したりもした。やっぱ、寂しいかも・・・。
 わたしは、2日目からずっと大部屋独り占めだから、寂しくても気楽に過ごせた。団体関連の作業をPCでやって、漫画と雑誌とテレビを観て、(点滴に繋がれる前に)院内散歩をして、2人に電話して、売店に行って、ご飯食べて、こっそり携帯電話で遊んで、昼寝して。
 今日の午後、点滴の射し直しをするときに看護師さんが困惑(*'o'*)わたしの血管が細いからで、怖々射してみたら入りきらず漏れてしまった!?そしたら、別の看護師さん登場で再チャレンジ。なんとか入り、みんなで安堵の溜め息。ん〜、やっぱり針って痛いよ(ToT)
 もひとつ点滴騒動。液がなくなってから放置していたら、血が逆流していて、管の半分が真っ赤w(☆o◎)w慌ててナースコールして薬を流して体内に戻してもらった。わたしの視力じゃ、上のほうにある点滴の残量が見えないから、早めにコールができないのよねぇ。
 さて、明日からみんなは仕事♪はぁ、また電話とメールしまくりかしら。そろそろ引継ぎ完了だと思うけど・・・。



2006年05月27日(土) 入院中にしかできないこと

 入院4日目。会社お休みだから、当然電話もする必要なし。
 今日から食事スタート。朝・昼は、流動食(って名前なのね。初めて体験したよ)。これは、予想通りマズい(ToT)でも、ちゃんと食べないと点滴外されないと脅され、なんとか気合いで飲んだ、いや、食べたけど半分でギブアップ。夜は、三部粥(この○部って何段階かあるというのも今回初めて知った)と鳥肉や人参や大根が砕かれた煮物他。完璧に病人食だけど、めちゃおいしかった♪食べられることへの感動は、日常生活に戻ると薄れちゃうんだろうなぁ。
 朝、身の回り整理と、体力低下を少しでも避けられるように院内散歩。点滴24時間常時接続から解放されたからね〜。日中は、まだ接続状態だけど。
 残りの時間は、テレビと雑誌を見てたけど、すぐ飽きて考えてみた。入院中にしかできないことってないかなぁって。そして、出てきた結論は「好きなだけ寝る!!」普通は「勉強」と言いたいけど、頭使いたくないのと、寝る!は日常生活では限界があるからさ。だから、お昼寝決行〜。
 でも、日中寝すぎたせいで夜中に眠れなかったりしてぇ・・・・(ToT)



2006年05月26日(金) 臨時開設“でんちゃんヘルプデスク”in病院

 入院3日目。久々に起き抜け採血を体験。やっぱり嫌なもんだね(ToT)めちゃブルーになるよ。だって、起こされた直後に針刺されるんだよ!!
 
 今日は、ひたすらメールと電話。院内での携帯電話はNG(`^´)だけど、着信音を消して何度かメール受信。会社の人からのメール内容を確認して、簡単ならメールで返信し、複雑なのは公衆電話から連絡している。月末の繁忙期に引継ぎなしで休暇に入ってしまったんだもの。それで、勝手に業務回してくれは無謀だしさ。セキュリティ強化のせいで、わたしの社員証(ICカード)がないとわたしが担当する業務のシステムにログインできないとかあって、アドミニストレータ権限に切り替え、無理矢理データを引っ張り出して・・・なんてわずらわしい作業も勃発したらしい。わたしも予想外の質問が続き、タジタジ状態を繰り返したよ(~_~;)なんとか頭をフル回転させて記憶を辿ったりしたけど、これが大変でちょっと心が壊れ気味に・・・。公衆電話コーナーで何度か喚いていたわたしは、変質者チックだったかも(^^;)
 パスワードや画面構成説明を電話してるなんて、まるで遠隔指示を出すヘルプデスクみたいだった。
 1日のうちに何度も電話でチームメイトたちと話したせいか、なんだか会社を休んでいる気がしなかったよ。でも、そのほうが時間を持て余さなくていいのかな。
 夜、今回の先生が来たとき、目標退院日決定!でも、今までの先生がきたらまた変わるかもしれないよと念押しされた。えっ、そんなのいや!だめ!と抗議しちゃった。ここで言ってもねぇ・・・。はぁ、今月中には家に帰れるかなぁ。



2006年05月25日(木) 超スピード回復

 怒濤(?)の入院2日目。点滴24時間常時接続だから、マジ病人っぽい(だから、病人だってばっ!)。でもでも、今回は順調で、なんとか院内を徘徊(?)できる状態まで回復o(^o^)o先生にも「外来でもよかったね」と言われるほどのスピード回復よ♪でも、「じゃあ、明日退院させてください!」と言ったら、「まだダメ」と言われたよ〜。明日がダメってことは、土・日挟むから絶対週明け以降になっちゃうよぉ。ああ、仕事嫌いだけど仕事が心配。マニュアル作りとかは中断してもいいかもだけど、わたししか対応していないルーティンワークがヤバイ。月末のデータ更新がぁ、概算計上がぁ・・・。電話で先輩に引継ぎできるかなぁ。
 そうそう、引継ぎといえば、今回はいつもお世話になっている先生が不在だそうで、初めてお会いした先生にお世話になってるの。ちゃんと病院のお医者さんにも“引継ぎ”ってあるのね。。。そりゃそうだよね〜、仕事なんだし。代理がいなきゃ身が持たないか。どうも、ああいう職種の方々って、仕事以上のことをやっている印象がある。神聖なイメージなのかな?
 ああ、それにしても退屈・・・・(~_~;)



2006年05月24日(水) 雷雨の中の悪夢〜入院生活アゲイン〜

 だめだったぁ(>_<)
 急展開〜。今日の午後、救急車で運ばれ即入院・・・。はぁ(*_*)運ばれてる最中、雨は当たるは雷鳴ってるわ。。。。絶対忘れないぞ、あの空を!!
 今回は、潰瘍性大腸炎の合併症による急性腸炎かなぁ・・・と言われた。もう、次から次へと(T-T)
 点滴に接続(?)され、少し寝て、だいぶ回復したから、ひとまず日記更新。今回は、いつ退院できるかしらね〜。




2006年05月23日(火) やばいっ、赤信号!

 今日の午後、会社で激しく体調を崩した。なんとか夜に会社から帰ってきたけど、動けないよ〜(ToT)お腹痛いし気持ち悪いし、熱が38度越えてる〜・・・まさかっ(ToT)
 3時間くらい寝て少しだけマシになったけど、どうなるんだろ?朝起きたら治ってないかなぁ。



2006年05月22日(月) 爽やかじゃないお食事会

 今朝は、なんだか早起き。旦那が早朝から居間で仕事していたから落ち着かなかったのよねぇ。昨日の夜、あんまり眠れなかったから寝不足なのにさ。
 今朝の朝礼の司会は、お初で派遣くん。いつものようにたどたどしい雰囲気だけど、何事もなく終了〜・・・・と思いきや、「あ、言うの忘れたぁ!」と社員のひとりが叫んだことで仕切りなおしに。結局、まとまりなく朝礼が終了してしまい「なんだか変な終わらせかたしてしまいました・・・」と派遣くんが落ち込んでいたけど、放置してしまった。いちいち落ち込むことじゃないと思うのだけど、こういうときって慰めてあげるべきかなぁ?
 午前の業務は、スローペースで進んでいった。月曜日って、「超気合い入ってます!」と「まったくやる気がありませ〜ん(^-^;)」が両極端に出るのよね。でも、ここ数ヶ月は後者のみかしら。
 今日のランチは、なんとグループ内全員での外食。はじめてだよ、こんなこと。おやぢ〜‘Sと派遣さんふたりと派遣くんとわたしの8人。先輩社員の歓迎会ということでのお食事会だったけど、話題は全然違う方向に。ぎっくり腰と椎間板ヘルニアと禁煙とマラソン大会と・・・・。はぁ、終始おやぢ〜‘Sパワー全開で、残りのメンバーは聞き役に徹していた。しかも、食べ物が超濃い味付けで参った(ToT)だって、メニューが「ハンバーグ」「しょうが焼き」「ミックスフライ」しかないんだもの。ハンバーグチョイスしたけど、1/3残す羽目に。あ〜、こんなもの食べて身体壊したら労災おりるかしら。
 午後は、ようやく受付対応マニュアル作成に着手。この前Cドライブの容量を空けたはずなのに、最近また重くなった。メーラーとIEとパワポ2つとAccessのツールとEXCELとズームテキストをアクティブにしていたらフリーズしたよ(~_~;)・・・う〜ん、当然の結果かも。でも、マニュアルって色々参照しつつ作るから、オールアクティブにしたいんだけどなぁ。
 マニュアル作りは、とりあえずひと段落〜。ただし、度重なる睡魔により、セクション1の完成時には終業1時間前になっていた。さらに30分後に主査チェックを求めたら「え、今からはじめたら終業時間過ぎるぞ」と言われ、わたしはきょとん`s(・'・;) エートォ...そして、目の前の先輩社員は大笑い。あ、そっかぁ・・・。30分以上もわたしの資料にダメだしするつもりってことか?!と気がつき、「じゃあ、明日で!!」と引き下がった。
 終業チャイムと同時に立ち上がり、PCがシャットダウンしたことを確認して、さ〜っと部屋を出た。別に急ぐ予定もないけど、一目散に帰ったよ。途中で急行に乗り換え、家についたらブラックジャックが始まったところだった。地元の商店街でクリーニング屋さんに寄ってきたのに、まだこの時間!その気になれば19時前に家にいられるってことか。
 今日は、これからバスタイム♪あと、団体宛に来たメールの返信しなきゃ。なんか名簿作りもするんだったよね〜。はぁ、やっぱり「でんちゃん2号」がほしいぞ。



2006年05月21日(日) デザインフェスタとパスタブッフェ

 今日は、8時ごろに起きて出かける準備。昨日早めに帰ってきたから、体調がいい感じ。かる〜く朝ごはん済ませて、東京ビックサイトに向かった。
 会社仲間でアクセサリー作りをしている人(http://www.quo-vadis.jp)が、デザインフェスタに出展しているから、様子見とお気に入りがあったらお買い物もしよう♪と思って行った。このイベントに遊びに行くのは、今回が2度目。前回は、会議前に立ち寄った程度だから全然ゆっくり見れなかったのだけど、今回は時間たっぷり!だから、他のブースをブラブラ見てまわった。友だちを巻き込み、隅から見てまわる。バッグ好きのわたしとしては、トートバッグがたくさんあるところで立ち止まってしまう。あと、シックなドレスもじっくり見てみたりして。着てみたいけど、着る機会がない!あ〜あ、誰か超豪華な結婚披露宴とかやらないかなぁ。
 途中で、陽気なお姉さんとおじさまと宇宙人(?)の紙芝居を見て、そのあと会社仲間のブースに向かった。前回は別の会社仲間に迎えに来てもらったのだけど、今回は自力で見つけ出さなきゃいけない!?と心配していた。だけど、とってもわかりやすいところだったし、近づいたら声かけてもらえた♪
 同行の友だちを紹介して、二人でいろいろ物色。かわいい系のものは、昨日のうちに売れてしまったそう。そっかぁ、もう二日目だもんね。友だちは、わたしが持っているのと色違いのペンダントを購入。長さを調節してもらっている間に、わたしはブレスレットに目をつけた。う〜んっと、欲しいけど不器用なわたしに着けられるのかと唸ったら、着け方を教えてもらってその場で挑戦!お〜、できたよ!!と言うことで、わたしはこれをお買い上げ。うれしいなぁ(^^♪明日、会社に着けていこうかなぁ。少しは、先週の悔しさも消えて仕事に取り組めるといいな。
 ビックサイトを出てから、少し遅めのランチ。つい2週間くらい前にお泊りしたメリディアンに入ってみたら、まだ体験していないお店を発見。ということで、ここで長〜いランチタイム♪
 パスタブッフェを堪能。パスタを取って、好きなソースやトッピングを選べるもの。ブッフェ形式は何度も体験しているけど、パスタだけのは初めて。カレークリームがしつこすぎずにおいしかったぁ(^^♪その他、サラダ・スイーツとコーヒー・紅茶があって、1,700円弱。窓際の席でのんびりゆったりしていて、3時間近く居座っちゃったよ。こんな贅沢するからには、やっぱり仕事辞められないなぁ・・・とまた思ってしまった(^^;)
 家に帰ってきたのは、18時半くらい。また明日からお仕事だわ。日々会社で言われている「ゆっくり歩いて(怪我しないように)、ゆっくり話せ(冷静になるために)」というのを意識しつつ、一週間を乗り越えよう。はぁ、5連勤が当たり前なのに辛いよ〜。週休3日制にならないかなぁ(・・・・無理だってば)。



2006年05月19日(金) 仕事はジ・レンマ オフ会ジ・エンド

 今日の仕事は、ミーティングオンパレード。朝一番の朝礼に始まり、担当内ミーティング、単発の業務ミーティング、そして部門ミーティング。自分の席にいられたのは、いったいどれくらいだろう。
 今回もわたしがエキサイト。おおよその業務概要を作ることはできるけど、具体的な事務作業レベルの話になると発狂する傾向にある。理由としては、提示される事務作業が「視力的に自分ではできない」から。基本は派遣社員の仕事だけど、いつどこで交代が入るか判らない。そのうえ、新しい人への業務指導はわたし。そう、わたしよ!!なのに、わたし自身が出来ないような作業にされてしまうと本当に辛い。問題があるときは「様式のここにコメントしてもらえばいい」なんて簡単に言ってのけるけど、そんなイレギュラーばかり認めると、あちこちに視線を送らないと物事の判断が行えなくなるし、足りない視力を記憶力と想像力で補うわたしには「想定外の出来事」が多発し、苦しくなる一方。それを主張すると「おまえの仕事は、業務の骨格を作ることだ。詳細は作業者たちが作るから」と宥められる。だからっ!その作業者が派遣なんだってば!!その派遣の業務の担当社員はわたしなんだってば!!!わかってよ・・・・・(ノ_・。)
 結局、主張は通じることなく「自分勝手」というレッテルだけ貼られることになる。直属の人たちは「見えていないゆえの主張」だと察知してくれてるけど、現実はうまく進まない。悔しすぎて30分くらい仕事に手がつかない状態になっていた。
 アフター6に、DINKSのオフ会があるから新宿に向かった。仕事のせいでか〜な〜りテンション低い状態だったのだのけど、それが良かったのか大して緊張せずに合流することが出来た。とにかく仕事のことは忘れよう。ここでは、ひとりの主婦よ。
 わたし以外の7人が勢ぞろいしていて、すっごい和やかムード。あれ、みんなはすでに知り合いなの?!と焦ってみたり。でも、全員初対面だって。わずか20分くらいでこの打ち解けよう・・・・。すごいよ(ノ*゚▽゚)ノきけば、オフ会慣れしている人もちらほら。そうなんだ〜と、ちょっと感動した。ホント今まで知らなかった世界だからなぁ。
 案外夫婦歴が短い人が多かったけど、長い人で10年くらい。家事分担やお金の管理、相方の家族対応やその他もろもろ。身近な友だちでは話すことがないような話題ばかりで、新鮮なかんじ。同じように子どもがいない夫婦でも、全然生活スタイル違うことがあったり、同じようなことしてるんだぁって安心することもあったり。世代が近い人ばかりだったのも嬉しかったな。同い年もいたし♪ここ数年、同い年の人と知り合うことってなかったもんね〜(1歳違いはよく出会う、なんでだろ?)。
 あとmixiの話も沢山出てきた。これまた大半の友だちとは話せないこと。間違っても会社じゃ話題にできないよ。みんなけっこう使いこなしているようだった。あれ、わたしは登録して何ヶ月だっけ?
 終わりごろになると、こういう会を毎月やろうかとか、そのうち相方同伴でなんて話になった。うちの同居人を連れて行ったら、必要以上に饒舌になりそう。いらんこと喋りまくって、帰ってから夫婦喧嘩してそうだなぁ(~_~;)
 そして、家に帰りついたのが23時半だった。今回、去年の入院以来はじめてアルコールに手を出していて(でも、久々だからあまり飲めなかった)、ちょ〜っと不安。明日動けなくなったりしてね・・・どきどき(^^;)



2006年05月18日(木) 必殺!丸投げ人

 今日は、ひたすら眠い・・・(〃´`)〜o○◯・・・
昨日は、帰りが遅かったプラス実家の親の長電話に付き合ってしまい、寝たのが深夜2時過ぎ。ひたすら介護問題ばっかり語っていたよ。
 職場が新しいグループになってから、どうも社員陣の出社が早い気がする。朝の挨拶を課長と主査と先輩に向かってしていると、わたしは下っ端なのに申し訳ないなぁ・・・・なんて感情はカケラもなく、堂々と自分の席についた。10年前なら、翌日から激早出社を目指すところだけど、今となってはねぇ( ̄。 ̄)でも、派遣陣が全員その後に来ているし、わたしだって早いほう?!
 今日の朝礼は、お初でわたしが司会。緊張するかと思いきや、さらりとこなした自分がすごいというかなんというか。それなりの貫禄が身についてしまったのかしら。一応、若手の要素は残したつもりなんだけど。
 ミーティングを終え、問い合わせやら相談ごとが殺到し、落ち着かないまま午前中終了。ランチタイムもいつものメンバーと過ごしたけど、今日はどうもノリが悪いなぁ。って、昨日みんなで行ったライヴ鑑賞の疲れかなぁ。わたしも眠くてボーっとしてただろうし。
 午後は、主に資料作り。派遣くんに意見を求めてみると、「何か言わなきゃ!」と思うみたいで、一生懸命粗探しをしてくる。う〜ん、ちょっと嫌な感じ。こっちは、けっこう時間も頭も費やして作ってる代物なのに、ケチつけようってか?!なんて凄んだら可愛そうか・・・・(^^;)
 夕方ごろ、久々に主査とロング漫才バトルをお披露目することに。マニュアル作りから業務上の問題点整理の話に発展し、結局1時間ほど公演してしまったよ。周囲は大笑い。
 わたしの思う「業務マニュアル作り」というのは、全体フローと具体的な作業の詳細まで記すことなんだけど、主査をはじめとする社員の多くの人は、ある程度の概要を作り、あとは作業者(業務委託や派遣)に任せ、不具合がある都度直すという考え。いわゆる「丸投げ」じゃないかと、わたしは思う。うちの会社の人間は、丸投げが得意だと2ちゃんねる等のBBSでよく書かれていたけど、3年在籍して「本当にそうだなぁ」と思えるよ。自分もその「丸投げ社員」に成り上がる(いや、成り下がるかも・・・)ところに来ていて、なんだか悲しくなった。丸投げされる人たちの心情を思ってしまう。そろそろ一般事務時代の感性を捨て「でんちゃんバージョン2」くらいに生まれ変わってみろ!と言われて、フクザツな気分。これって、絶対わたしの意に反する流れだけど、ここで社員として生き残るには「でんちゃんバージョン2」になって、丸投げの名人にならないといけないんだよねぇ。弱視という立場上、事務的な部分を丸投げするのは、実は助かるとも思ったりする。でも、その代わり、頭脳(学ではない)と説得力・交渉力・表現力が求められる。そして、派遣と仲良しお仕事は遮断するしかない。入社4年目、いつまでも「作業者に優しい指導者」ではいられないのかな。
 バトル漫才のおかげで、明日の打ち合わせ資料を作れないまま家に帰ってきた。せめて、原案くらいは家で作りたいなぁ。って、これからやるのぉ?!と泣きたいよ。もう10時半(ToT)さっきまで、団体関連にきたモニター依頼の対応と関係者への周知、アンケート回答に勤しんでいた。そして、もう疲れちゃったよ。でんちゃんバージョン2じゃなくて、でんちゃん2号がほしい。2号が仕事している間に1号はバスタイム♪・・・あぁ、またバカなこと考えて一瞬喜んじゃったよ。さあ、ラスト1日よ〜!!



2006年05月17日(水) 水曜芸術祭

 今日は、電車の中から日記更新。
 仕事が妙にスムーズに進行。決して暇じゃないけど、一つ一つの業務を落ち着いて対応できた感じ。ミーティングの席以外で突っ込み受けなかったから、時間にも気持ちにも余裕あったのかな。
 仕事中、アクセサリー製作をしている会社仲間からメールが届いた。この週末に開催されるデザインフェスタに出店するって。前回行ったときは、会議前であまり見れなかったんだよねぇ。今回は、行けるかなぁ。またひとつ、新作ほしいな〜♪偶然だけど、癒し系緑の大粒」というリクエストに応えて製作してもらったネックレスを今日つけてきた。元気にならなきゃ!と思う日につけて行ってるの(^-^)v
 今日のアフター6は、元会社仲間が歌うジャズライブに行った♪ ど素人のわたしは、○番目の曲が楽しかった♪なんて超ボキャ貧なコメントしかできないけど、毎回楽しく聴いている。普通の音楽鑑賞モードと、元仲間への応援と。なんか知り合いが出てると、ステージ上の緊張がヒシヒシと伝わってきて、ドキドキして面白い!
セカンドステージまで聴いてからお店を出た。雨はうっとおしいけど、気分はいい感じ~ヽ('ー`)ノ~
 さあ、あと2日がんばるぞ〜っ!



2006年05月16日(火) 続・組織変更の産物

 昨夜家のPCで仕事をしていたら、没頭し過ぎて1時半過ぎにようやく寝られた状態。そのせいか、今朝は目覚めるなり目が痛い(ToT)自業自得だけど、遊びじゃなくて仕事での疲労だから会社遅刻していいよね?と誰かに縋りたくなった。でも、「いいよ、休んで☆」なんて優しく語り掛けてくれる女神さまなんてどこにもいない。無情にも時間だけが経過し、いつもの時間に家を出た。まだ、まだ!かろうじて理性派のわたしのほうが強いらしい。
 出社して、メールチェックして、朝礼して、ミーティングして・・・。オフィスフロアから出られるのは、だいたい10時半過ぎてからになる。朝一でおトイレタイムとしたいわたしとしては、毎朝この缶詰スケジュールが辛いんだよな〜。朝礼がうざいぞ。って、もっと早く出社すればいいんだけどさ。
 ミーティングも人数が多くなった分、どうしても長引いてしまう。先輩社員さんも本領発揮し始めてきていて、状況を熱心に訊いたり、関連資料に目を通したり・・・。そして、後輩社員のわたしにトラブル対応指導も始めている。この仕事ではわたしのほうが先輩だと言われるけど、会社経験の年数が圧倒的に違うから、これは自然の流れか。この先どう関わっていくか、まだイマイチつかめないなぁ。主査相手のように、連日漫才をすることはないといいな(周りは楽しいらしいけど、本人はけっこう疲れるのよ)。
 その漫才相手(?)の主査に資料チェックと相談事があったのだけど、他の仕事に追われているからと後回しにされた。とりあえず、自分の仕事を進めて午前中終了。
 久々にランチ仲間勢ぞろいで、なぁんと長崎チャーメンなんか食べてしまった。全然腹痛なし!だけど、それがかえって怖いぞ。嵐の前の静けさ・・・・みたいな。
 魚料理の話をしていたのだけど、どこからか「魚を犬に例えると・・・」という意味不明の話になり、なんだか変な方向へ。サバはミニチュアダックスだっけなぁ(もう、忘れちゃったよ)。
 午後も引き続き個人作業。ところどころで派遣くんと派遣さんのお相手。途中で打ち合わせに呼ばれてしまった主査の仕事をバトンタッチし、そのままよその部門へお散歩に行き、帰りに売店に寄って癒し食品(?)購入。カロリーメイトとかバランスアップが売っているコーナーに、“スヌーピークッキー”といのがあり、思わず手に取ってしまった。
 だけど、クッキー一箱(小さいけど)を食べきれるわけもなく、周囲の人たちに配給♪派遣くんに「これノルマね」と箱ごと渡したら、「体調いい日に食べればいいじゃないですかぁ」と抗議してきたけど、結局食べてくれた。甘党が多いグループで助かったよ。
 夕方頃、組織変更で離れちゃった派遣さんが事務処理関連の相談をしにきた。それに対応した後にちょっと雑談。組織変更がきっかけで受け持ちの仕事を変えられてしまうことを愚痴っていて、わたしはひたすら「大変だねぇ」と同情モード。派遣さんを道具のように扱う社員が多いから、派遣さんにこういう辛い思いをさせてしまうことが多い。でもね、わたしも同じ社員だけど、助けてあげることはできないの。どうしても嫌だったら、ここを去るしかないのよと伝えるしか出来なかった。いっそうのこと結婚しちゃえば?彼氏いるんだし・・・と言ったら、いや!違いの!あの人と結婚は考えられない!!と返され、合コン開いてよ〜という話になってしまった。まあ、機会があったらね。
 その後、組織変更でひとりだけ取り残された後輩社員が、仕事上の相談をしにきた。「この依頼書に記入してね」と教えたら、「え、○○課長のサインもらいづらい」と言い出した。そりゃ、新しい上司のあの課長癖あるもんねぇ(・・・癖ない課長なんていないけどさ)。と同情。一応、回避案をひとつ伝授してみた。さて、どうなるかしら。
 終業10分前にようやく主査がやってきて、ふたりで漫才、もとい打ち合わせ開始。徹夜した甲斐があってか、めっちゃダメだしされることはなく、わりとスムーズに話が進行。だけど、資料以前に業務の実態に問題が多々あることが明るみになり、近日中に営業側と調整してくるように指示された。はぁ、あっちの主査とまたバトルしなきゃいけないのかぁ。気が重いぞ。でも、組織変更したこともあり、業務フローの見直しの時期としてはちょうどいいかも。こっちは社員ひとり増えて百人力(?)となったチームだし、負けないぞ!と戦闘用事前資料作ろうと張り切っていたら、主査から「そんな気合い入れることか?」と突っ込まれた。
 家に帰ってきてから、同居人が始めて野菜スープを作っていた。「あんまりおいしくないかも・・・・・」とか、「たまねぎ入れるといいのかなぁ・・・」とか言ってきてたけど、無言で食べるわたし。亭主関白家庭の亭主みたいだなぁ、女のくせに。だって、平日に家のなかで喋るのが面倒なんだもの(~_~;)でも、テレビ見ながらあーだこーだと、とりあえず会話はしてみた。さすがに、沈黙夫婦はマズイでしょうという密か(?)な気遣いなんだけど、会社辞めれば、こんな無理しての会話じゃなくて自然の会話ができるようになるのかなぁ。



2006年05月15日(月) 組織変更の産物

 わたしは、本当に仕事がきらいなんだなぁ・・・と再確認させられたよ。昨夜まで超元気で、今朝起きた瞬間から体調不良なんだもの(-_-;ウーン・・・って、本当に平日になったことが原因か、はたまた昨日の夜食べたほうれん草が原因かは謎。なんにしても、お腹と胃がかなりの不調ぶり。朝ごはんまともに食べられないし、電車の中でもあぶら汗状態。
 会社に着いたのは、始業10分前くらいだったけど、「体調悪いので・・・」と言い残し、朝礼をエスケープ。いったん立ち直って席に戻ったところで、担当内ミーティングがはじまった。
 新体制ということで、社員ひとり追加された状態のミーティングは、ちょっと違和感あり。このミーティングも、最初は3人で行っていたのに、いつのまにやら5人に増殖?!わたしの作成した月間作業スケジュール表の購読者(?)も4人か・・・・。もうちょっと真剣に作らないといけないよなぁと感じたのだけど、さて実行に移せるのか。
 まだ新体制に馴染めないものの、わたしのほうは従来の業務を遂行〜。今日明日は、作業が目白押しにも関わらず、気持ちが向かないのと体調不良により、うだうだとマニュアル作りを進行。その合間合間に派遣くんのお相手をしていて思ったのは、「仕事ごっこ」をしているなぁというもの。よそからクレームが来たことを話すのだけど、正式に申し入れされたことと雑談で得た情報をごっちゃにしているし、状況説明をおもしろおかしく話そうとしているときがある。別に楽しくお喋りしたいのではなくて、「事実を明快に」報告してほしいわたしとしては、かなりうっとうしい。「だから何?」「結論は?」と淡々と訊いてしまう。内心怒りが込み上げてきたりもするから、その感情を抑えるのに必死よ。今日の怒りヒット賞!大量の事務作業を終えたことを報告してきたときに、机に手を突き息を切らせて「倒れそうです〜」みたいな漫画的描写を演じつつ「やっと終わりました〜」と話しかけてきたときには、彼に書類を投げつけたい衝動にかられた。普通に話せ!ってさ。だけど、ぐっとこらえた。落ち着け落ち着け、相手はまだ新人、ここで怒っちゃ自分が疲れるだけよ、短気は体にも良くないよ・・・と冷静に自分を宥めすかしたのだった。はぁ・・・・(;-_-) =3 わたしだって、私生活ではおもしろおかしく喋るの好きだよ。だけど、ここは会社!!お願いだから「普通にお仕事」しようよ。
 仲良しの派遣さんが体調不良で休んでいて、すごく心配。電話での声は元気だったけど、会社来るのがけっこうキツイ精神状態なんだろうなぁ・・・と想像はできる。新体制で一番大きく環境が変わってしまった人だし、前々から苦手だった上司に当たったうえに、従来の上司が決断ができないひどすぎる人だし、与えられている仕事は派遣にしては重過ぎるものだし。ぶつけようのない思いがあるせいか、ランチタイムの発言も悲観的なものが増えていってるのよね。今回の組織変更だけが原因じゃないけど、環境を変えることへの労働者たちの精神的影響というのは、偉い人たちは全然考慮しないものなんだなぁ・・・と少し悲しくなった。それが組織で働くってこと?組織に属してない派遣さんは、辞めればってこと?非情・無情としか思えないよ。
 15時ごろにわたしの体調不良がピークに達し、早退したいと申し出ようと主査と課長側に振り向いた瞬間、ふたりがその場で打ち合わせを始めてしまった。タイミングを逃したまま16時過ぎ。派遣くんの作業が滞っているのも気になり、終業まで耐えることにした。
 家に帰ってきてから夕飯を恐る恐る食べてみた。今日はじめてのまともな食事。少し腹痛が起こったけど、耐えてみたら少しして治まった。その後寒気と倦怠感に耐えられず2時間ほど寝たら、なんと体調回復。ああ、本当に「仕事嫌だ」病か。
 もう23時だけど、これから30分くらいマニュアル作りの続きをやっておこう。明日は明日で、また問題勃発で対応しないといけないことも出てくるだろうし。だけど、まだ月曜日よ!今週は、5連勤!!飛ばし過ぎないように気をつけなきゃ。



2006年05月14日(日) 念願のチャイムデビュー(^^♪

 今日は、ベル練。関東フェス後最初の練習だから、ちょっとまった〜りになるかしら〜?なんて思っていたら、まった〜りしてて家出るの遅くなっちゃったよ(T-T)
 最楽ルート(絶対座れて、乗換え2回)で行こうとしていたけど、明らかに遅刻すると判り、泣く泣く最短ルート(微妙に座れて、乗換え4回)に変更。そしたら、ちょうどいい時間に到着。
 なんの曲やるかわからなかったから、なんと持っている楽譜全部を持ってきちゃったよ。重たいのにさ〜。そして、どの楽譜も使わずに終わったりして。
 メンバーのひとり(みるくてぃ♪)が持ってきてくれたクワイアチャイムで、お遊び演奏開始〜♪まずは、定番キラキラ星☆を2オクターブで・・・だ・け・ど!「ハ長調じゃないよ」と誰かが言い出し、プチパニックに。そうだ、Gスタートじゃ〜ん!!理屈はわかる、だけど頭がついてこない(ToT)ということで、黒板を前に引きずり出し、ト長調バージョンを音階で書いてみた。なんだか小学校の音楽室にいるみたいな不思議な感覚。受け持ちをスライドしつつ、出てくる音全てを体験。
 そのあと、持ち方や打ち方、音の止め方などを習い、再度みんなで1曲演奏。今度は、ちょうちょに挑戦。なんとか音で歌えるから打てるけど、どうしてもベルと同じように動いてしまう。使い分けが難しいよね。
 最後に、お〜おきな のっぽの ふろどけい〜 おじい〜さんのとけい〜をやることになったのだけど、この曲はど〜しても歌詞が頭に流れて、音階が思い出せない!(たぶん、小学校でリコーダー演奏やっているから知っているはずなんだけど・・・)。黒板に書いてもらって、どうにか演奏に加われたよ〜。半分以上のメンバーは音階で覚えていたのだけど、なぜか弱視軍団は全滅。黒板から離れられない状態になっていた。この記憶力の違いはなに?
 結局、ベルは打たずに終了〜。重たかったから、楽譜は練習場所に置き去りにして帰ることにした。
 池袋に出て、いつもの寄り道コース。ずっと自分で禁止していたほうれん草食べちゃったけど、今のところ異常なし。これで問題なかったら、NGフードから外そうかな。この前の病院以来、だいぶ落ち着いてきた気がする。
 今日のディナータイムの話題もいつものように飛びまくるけど、mixiの話が多発。ネットの話をリアルワールドでするのも不思議だよね。そして、ネット上でも話してたりして。
 帰りは、順調に電車が来てくれて、しかも空いてていい感じ。気分よくなってきたから、携帯から友だちふたりにメールしてみた。はぁ、このテンションは明日まで持つかなぁ(無理な気がする)。
 明日から、またお仕事。しかも新体制でスタートよ。平穏に過ぎてくれるといいなぁ。今週は、夜出かける予定もあるし、あんまりエキサイトして体力気力を消耗しないように気をつけようっと。



2006年05月13日(土) クマさん風精神統一

 昨日に引き続き、体調イマイチ。せっかくの休日なのにぃ〜っ!ってか、平日体調不良で仕事休むよりはマシなはずなんだけどね(^-^;)
 ウダウダの3度寝4度寝を経て、11時ごろに本日の活動開始〜。食欲なくて、ぼんやりPC起動。でも、何かできるわけでもなく、またもネットサーフィン。13時過ぎにようやく食欲出てきて、ニッスイの冷凍食品「プチメシ」シリーズのそぼろ丼を温めて食べた。うわっ、小さい!と思ったけど、こういう体調の日にはちょうどいい。カゴメの赤野菜スープと合わせて、そこそこのブランチを済ませ、出かける準備。外は雨だし、なんだか肌寒い。なんでこんな日に出かけなくちゃいけないの!?とイライラ感が最高潮になりそうだったから、久々にお気に入りの薄緑系(ビリジアンだったかなぁ、色の名前)ジージャンを着て家を出た。
 もう数え切れないくらい来ている歯医者。まだ1本目が終わらないよ〜(T-T)治療時間15分、移動時間2時間。なんか悲しいなぁ。
 帰ってきてから、フルーツサンドでかる〜くティータイム。それから、またまたネットサーフィン。少しだけ仕事を進めようかと資料を広げたところで、腹痛と目眩。やっぱり、休みの日に仕事するなってことかしら。
 夕飯は、久々に肉じゃが。オーソドックスだけど飽きないよね。この前、会議の後に入った居酒屋さんの肉じゃがより、家で作ったもののほうがおいしく感じるよ。
 久しぶりにめちゃイケを観て、濱口サイコーッ!と大笑いしていたら、腹痛も治まった。アド街を耳で聴きながら、ようやく団体関連のメール返信に着手。もともとメールの文章って苦手なうえに、面識ない人宛に送るからなおさらつらいよ。“弱音”なんて単語がもらったメールに入ってて、「もう嫌だよ・・・」とうっかりわたしが弱音吐きたくなった。すぐには返信文章を思い浮かべず、立ち上がって部屋をフラフラ歩いて精神統一。仕事にしても、こういうボランティアチックな事務対応にしても、熊みたいにそこらじゅうをフラついて、気持ちを落ち着かせないと頭の整理が出来ないし、ひらめきも出てこない。わたしは、瞬発力と集中力に欠けるんだよなぁ。なんとか、この欠点を克服する方法はないものか?
 結局、1時間近く費やしてなんとか7通返信。プラス各種資料の郵送準備も完了。普通に友だちへのメール作成がこの後控えているよ。こういうテンションで打つと、誤字脱字続出しそう。いったん休んでから打ちはじめようかしら。
 ああ、昨日と今日の医療費分を帳簿につけなくちゃ!ちゃんと通院日にやっておかないと、溜まって嫌になるからね〜。
 明日は、久々のベル練。本番後の最初の練習だし、ちょっとまったり気味になるかも。あ、お弁当作らなきゃ。何にしようかなぁ。



2006年05月12日(金) 「一生お付き合いする病気」・・・重たい一言

 今日は、4週間ぶりの病院。最近は、通院日を全休にしてしまう。「せっかく堂々(?)と有休が使える日だから」というのと、「医者の言葉に傷ついて、仕事どころじゃなくなる」というのと、「自分が緊急検査対象になったり、他の急患が入って会社に遅刻するかもしれないから」の3つの理由。
 そろそろ月一の体調不良となる時期ではあったけど、どうやらそのピークが今日来てしまったらしい。起き上がると天井がぐるりっと回り、壁に寄りかからないと歩けない状態になっていた。しばらく横になっていて、携帯電話を握りしめて考えた。病院に電話して予約日を変更してもらおうかと・・・・。体調不良で会社に電話をする時を頭に思い浮かべてみた。そんなときの会話は、「体調悪くて、今日お休みしたいんですけど・・・」「大丈夫?病院行ったほうがいいよ」となる。それを病院に置き換えよう。「体調悪くて、今日は行けないんですけど・・・」「大丈夫ですか?診ますから病院来てください」・・・・あれ、なんか変?「体調不良で病院行かない」はおかしいなぁと思い当たり、慌てて起きて出かける準備。
 最悪タクシーに乗り込もうと思ったけど、お日様に当たって少し回復。ちゃんと電車とバスで向かうことが出来た。
 今日の受付發蓮■娃横携屐E展板を見ると、まだ010番だから、しばらく呼ばれないかなぁ・・・と思って本を出した瞬間に「ピンポーン♪」と更新音が鳴り、フッと見上げたら027と表示されていた。え〜っ、はやっ!!と慌てて診察室の前へ移動し、3人目に呼ばれた。その時間、わずか15分。いつも採血があったから結果待ちで1時間くらいかかっていたけど、それがないとこんなに早いのね。予約システムがきちんと機能していることにと感心した。
 診察タイムは、たぶん5分くらいだったのかな。出血が治まったから、やっと落ち着いたねという結論。トイレに駆け込む回数1日4回以上7回未満という現状に対して、「もう回数は仕方ない。それ以上は面倒みきれないから」という先生の言葉に少し傷ついたりした。要するに「副作用たくさんある薬を使うリスクよりは、この状態キープしたほうがいいでしょ」ということなんだけどさ。見放されたような表現じゃない、面倒みきれないって(べつに、面倒みて!って依存心もないけどさぁ)。
 次の予約日は6週間後だけど、悪化したらそれを待たずに来るように言われた。いつも思うけど「その程度で来なくても」と、「どうしてこんなひどくなるまで来なかったの?」との境目がわからない。なのに、細かい「急に来院していい症状のガイドライン」を求めると、患者の自己判断でいいと言われる。難しいよね。絶対「ちょうどいいいタイミングで来たね」なんて言われはしないんだから。はぁ・・・仕事より判断難しいよぉ。
 何かの拍子に「この病気は、二人に一人くらいは再入院を強いられるから」と先生に言われ、唖然とした。「そんなに確率高いんですか!?」と思わず食い下がってしまったよ。まあ、すぐにじゃなくて4・5年先とか長い目で見ての話らしいけど、風邪やその他の病気から再燃することは多いし、「一生」お付き合いする病気だからと強調された。せっかく症状落ち着いてきたのに、この言葉。いや、症状落ち着いたからこその言葉か・・・・。がんばりましょう!と励まされたけど、ブルーになったまま病院を出た。やっぱり、全休にしていて正解。絶対仕事できる気分じゃないよ。誰が悪いとかじゃないけど、ぶつけようのない思い。まだ病気を受容しきれてないってことだろうなぁ(ってか、受容できるのか?アルビノすらいまだに受け止め切れてないのに)。
 帰りにパン屋に寄って、旦那と二人分の昼食調達。午後にmixi徘徊して、その他のサイトを軽く見てから、頭痛に耐えかねて寝てしまった。一応、携帯電話を枕元に置いていたけど、今日は電話もメールもなし。このところ、有休の日に会社から連絡来ることが多かったから警戒していたけど、無事に一日の業務が流れたらしい。まあ、まだ旧体制のままだし、派遣くんもだいぶ立ち上がってくれたしね。来週から本格的に新体制での業務が始まる。はぁ、なんか気が重くなってきたけど、週末の間は忘れよう。
 夜にはだいぶ体調も回復してきた。先週実家でもらったSMAPの“Dear WOMAN”のCDをやっと聴いてみた。何度かテレビで聴けてたけど、落ち着いて聴いたのは初めて。最近、こういう「エールソング」を求めてしまう。歳も歳だし、会社でもどこでも励まされる機会って減ってきたからかなぁ。
 今日は、これからゆっくりメールチェック。最近、メルマガに目を通してないし、返信しなきゃいけないものもいくつか。日曜の夜はきっとテンション低いだろうから、今日明日のうちにやっておかなくちゃ。



2006年05月11日(木) 最近“弱視”の定義がおかしくない?

 明日から3連休〜♪と自分に暗示をかけ、なんとか出社。
 相変わらず調査業務ばかりだけど、気持ちが上向きなのか、それほど苦にならない。人との会話も、全体に好調。いつまでキープできるかな、この安定感を。
 ランチタイムで、最近入ってきた派遣さんが「弱視」だと聞いてびっくりした。一瞬親近感を覚えたけど、よくよく考えたらいい迷惑だと気がついた。だって、ノートPCを普通に距離とって、拡大表示もせず使いこなしているのよ。それは、弱視じゃないって!とわたしは思うけど、周囲の人はわたしと派遣さんが同じ「弱視」と理解する。そうすると、わたしが眼鏡で矯正したらノートPCが見えるようになると思われる。それは、困る!!矯正できないのに。これまで何度か「わたし、目が悪いんです」と自己紹介で言う人に出会ってきた。だけど、板書できるし、アイコンタクトもできている。そういう人たちに言いたい。「気安く『弱視』と主張しないで!」本当の弱視の苦労が周囲から理解されなくなるから。
 夜は、団体の会議。議題が多く、少し頭痛してきた。真剣に考えることが続くと、体調崩すなぁ。どうでもいいけど、ルノアールのコーヒーってマズイ(>_<)こんなのに490円ってボッタクリだよねぇ(でも、こういうところは“場所代金”も含まれてるってきいたことあるなぁ・・・本当かな?)。



2006年05月10日(水) 口から生まれた奴

 昨日の無認可時間外労働によるものか、今朝は起きるのが辛すぎた。7時半になって、「う〜ん、休む〜っ」「あ〜、でもでもっ!今週は金曜が病院で会社休むんだよなぁ」「今起きれば、まだ間に合う」「でも、体が重すぎる・・・・」「そういえば、昨日体重計乗ったら2kg増えてたじゃん!?」「が〜っん、そういばそうだった・・・(ToT)」などと、ひとり漫才を経て、どうにか起床〜。無事にいつもの時間に出社。
 今日からグループ内の朝礼をやるとボケ課長が言い出したけど、前日から予告していたわけじゃないので、トイレタイムやティータイムや書庫へ繰り出している人がいて、全然揃っていない状態だった。どうして、「事前に」ができないんだろ、このおぢさんは。
 その後、担当内ミーティングを始めようかと思いきや、わたしが主査からの吊るし上げに合って30分近く拘束される羽目に。派遣さんの業務について、わたしの指示ミスが原因だった。結局、派遣さんに同じ業務をやらせてしまうこととなり、申し訳なさで凹んでいたけど、感傷的になってる余裕もなくミーティング突入。ここで、またも吊るし上げに合うとは・・・。もう、今日は厄日だわ。相変わらず、ルール不確定による問題が多発。はいはい、もう全てわたしが悪うございました。お詫びに自宅に帰らせていただきます!と言って去ったら、二度と会社に来れなくなるだろうなぁ。
 午前中は、ひたすら問題調査と分析。その間に新たな問題発生してくれちゃって、もうパニック満開状態〜。派遣くんに呼ばれるたびに警戒して睨みつけ、PHSが鳴り出すたびに溜息とともに「やってられっかよ」と毒を吐き、主査に呼ばれるたびに「今度はなんですか?!」と逆ギレしていたら、なんだかお腹痛くなってきた。情けないなぁ。
 こんな日に限って、会社の個人アドレスや携帯電話に私用メールが立て続けに入ってくる。だけど、1通も返信できず。こんなわたしは、友だち失くすかも・・・なんて弱気になるのは、やっぱり精神状態よろしくないのかしら。
 精神的に余裕がないときほど、はったりトークに磨きがかかるわたし。尋問されても言葉詰まらず、真実と想像と記憶力で喋り倒すのだ。ただ、あんまり鋭い突っ込みを受けると、そこで初めて「調べます」と返答して、書類を広げて調査開始する。そんなわたしに向かって「本当に適当なことをべらべらとよく喋れるなぁ」と言われたので、「はぁ、口から生まれたもんですから・・・・」と切り返したら、笑いのツボにヒットしたらしく、しばらく周囲が立ち直れなくなっていた。
 結局、やりたかった仕事のほとんどが終わらず終業後すぐに会社を出た。家でもやることたくさんだもん。
 夕飯食べてから、明日の団体の会議のための資料作成。今回は、公式サイトについてのあれこれをカテゴリ別に分けて、現状と検討課題を羅列。明日の会議で優先順位をつけてもらい、それに従って着手する予定。この1年で、もう少し内容充実させたいのよね。
 そして、あっというまにこんな時間。紅茶とウーロン茶が飲み終わっちゃったから、日記更新してPC落とそうかな。



2006年05月09日(火) ひとりでFrequently Asked Questions

 GWでの充電が残っているようで、わりと順調に出勤。相変わらず仕事面倒だなぁ・・・なんて思ったりもするけど、まだ若干の余裕あり。さて、いつまで持続できるのか。
 朝のミーティングで、またも作った資料にダメだしされて、あっさり戻された。今回は、それほど力入れずに作ったものだし、そんなに逆上することもなく作り直しに取り掛かった。
 席替えをして、まだこの環境に馴染めない。左を向けば派遣くん、右を向けば主査がすぐそばにいる。話をするときには、立ち上がらなくて済むから楽だけど、ひとり作業時には落ち着かないよ。今まで、下っ端のくせに上座席にいたから、周囲の人の動きとか全然気にならなかったのに。この3日間休暇取っている同担当の社員さんが出社したら、その人が前方に来て、なおさら落ち着かないかも。別に「隠れた悪事」なんてしてないけど、思わずPCのディスプレイを隠したくなる瞬間があった。
 今日も質問攻めを受けたけど、まだ周囲もわたしも機嫌がよく、穏やかに進行し、一日の業務終了〜。しか〜し、久しぶりに業務お持ち帰りをして、自宅のPCで2時間ほどお仕事。またもマニュアル作成だ。
 連休前からはじめている「受付用業務マニュアル」作成が、やや難航している。“受付”って、別に「いらっしゃいませ〜!」用ではなくて、社内処理のための依頼書を四方八方から受取り、記入誤りがないか、あったら相手にどう指導するかを「誰でもできる」ようにするためのもの。白紙の状態での作成で、けっこう途方にくれいている。
 なんか参考になるものないかなぁ・・・とネットで「受付マニュアル」と検索したら、店頭受付用のマニュアルばかりヒットした。ちがうんだよなぁ・・・・(ToT)
 外部(他の担当者)向けのマニュアルは、業務フローを書いて概要や記入例を作ればいいけど、担当内のマニュアルというのは、本当に事細かに作らなくてはいけない。どこからどんな風に受け取って、ファイルの複合化や暗号化の手順、パスワードルール、必須チェックポイントを記し、不具合時の回避方法、こうだったらこう返す、そっちが違ったらこっちもチェック、受付管理簿の仕様を決めて、連絡体制をまとめて・・・・・。まだ架空の仕事だけに、詳細までのイメージができないぃぃぃっ!!!と苦悩していたら、「一問一答して、Q&A方式で作ってみたら、必要なことが洗い出せる」と主査アドバイスを受け、ひたすらひとりでFAQを繰り返した。「これ受取ったらどうするの?」「こっちの管理簿に記入する」「管理簿どこにあるの?」「このサーバに保存」「記入したらどうするの?」「受付發鬚海良修傍載して、暗号化してメールで返信」「返信するときの送信相手は・・・・」自問自答で、Question17まで到達。この状態で、第1版の作成に取り掛かろう。はぁ、明日の朝のミーティングまでに間に合うのだろうか?もうひとつ、受付業務があるのになぁ・・・・。
 今日は、ひたすら仕事ネタになっちゃった。読んでくれた人、ごめんなさい!でもね、今のわたしの頭の中には、これしかないのよ〜っっ!!



2006年05月08日(月) 席替えパニック!

 6連休明けの出社。はぁぁぁっ(;-_-) =3いったい何度溜息をついたかな、今日一日で。
 新体制説明会に遅刻しなようにと警戒して、少し早めに出社したら、まわりが全然いなかったよ。みんな気楽だなぁ。わたしなんか、配布された新しい座席表に自分の名前がない?!と青ざめる夢まで見た(これ、マジ)というのに。
 始業後少ししてから事業計画や新体制概要資料、新たな組織図と座席表が配布された。組織図を見ながら、自分のところをチェックして、個人的に親しい人たちと業務で関わる人たちの配置をチェック。・・・う〜ん、ものすごい変わりよう。これで回るのか?と不安がよぎった。産業医との調整中のこの時期に、なんと部長が変わったよ。この先どうなるんだろ?
 そういえば、メンタル休暇の人が今日から復帰していたけど、上長が変わっていた。やっぱり、そういう配慮はされるものなのね。本人は、ものすごく晴れ晴れした表情だったらしい(わたしには、見えなかったけど)。新しい体制で上手くいくといいけどね。
 とりあえず、わたしの業務は大きな変化は無し。ただし、同担当の社員が一人増えた。これは来年度へ向けての業務委託化準備を考慮したものか、もしかしてわたしの入院を警戒してのことか。どっちもありそうだなぁ・・・・。微妙に、担当内部での分担変更とかはされそうな予感。まあ、担当社員が自分ひとりというプレッシャーからは逃れられそう♪と都合よく解釈しておこう。
 そして、座席表に目を向けて、自分の名前を探しているけど・・・・み、見つからないぃぃっ(TmT)正夢か?!そりゃ、200人以上のフロアだから、ピンポイントでしか見えないわたしには探しづらいけど、今までは大体目星が付けられていたのに。結局、新体制でも同じグループとなった派遣さんに「ここだよ、ここ!」と教えてもらった。
 そして、久々のミーティング後に業務開始。でも、集中力のカケラもない一日。しょっちゅう誰かと喋っていたよ。お昼休みには、いつものメンバーで連休中の話をして、お茶淹れに行ったところでばったり遭遇した派遣さんと新体制や席替え、仕事がやりにくくなったことをこぼし合い、2年間背中合わせの席でわいわいやっていた派遣さんと別れを惜しんで(でも、グループは一緒のまま)、終業1時間前から怒涛の席替えタイムスタート。
 組織変更による席替えは、何十人単位での大移動だから、ものすごい騒ぎになる。パソコンのコード類抜いて、ワイヤー外して、机上のもの片付けて、脇机キャビネットや椅子を細い通路を走らせていくけど、それらがすれ違い、渋滞道路のよう。譲り合い、助け合いというほほえましい光景を目にするのは楽しいけど、体力使うんだなぁ。わたしなんか、みんなに比べて“拡大読書器”“電気スタンド”なんて代物もあるから、さらに大変な状態で、多くの人の手を借りてしまったよ。
 大騒ぎの末(本当にわたしは騒いだ。「こっちの机汚い!「電源がない!」「LANに繋がらない!」「読書器がセットできない!」etc.etc)、終業後30分経過したところで落ち着いた。パソコンがきちんと起動したことを確認し、挨拶もそこそこに切り上げてきた。なんか異常に疲れたけど、連休ボケのリハビリにはちょうどよかったかも。
 家に帰ってきてから、夕飯準備。珍しく旦那の帰りが遅いから、ひとりでさっさと食べて、即行入浴タイム。どうも風邪ひいたっぽいのよね。昼間微熱があって、頭痛がずっと治まらないし、少し寒い。でも、実は、風邪じゃなくてオフィスダストだったりしてね(^^;)



2006年05月07日(日) ウィークデーイブの憂鬱2006

 ついにGW最終日〜。目覚めた瞬間に落ち込んでしまった(ー。ー)日本全国お勤め人の8割くらいは同じ心境かしら。そうであってほしいなぁ、辛いの自分だけじゃないのよ!と思いたい。
 2度寝ならぬ3度寝を決行し、活動開始は11時ごろ。特にやることもなく、うだうだ過ごしていた。テレビ見たり、書類の整理したり。ここは会社でもないのに、どうして「書類」がこんなに多い家なんだろ?同居人が在宅ワークだってのもあるけど、それ以上にわたしのモノが多い!団体関連と会社からのお持ち帰り業務のせいかな。この連休中に少しずつ書類整理をした結果、3ℓゴミ袋がいっぱいになっちゃった。
 午後から歯医者。先週から、無愛想先生の姿がない。どうしたんだろ?まあ、痛くされなければ誰に当たってもいいけどさ。今回もまだ残された神経が元気だったようで、激痛に見舞われ、薬詰めて解放された。たった一本なのに、いったいいつまで通い続けるんだろ。
 往復の電車の中と歯医者での待合室で、実家から借りてきた東京タワーを読んでいた。まだ、著者の幼少期の部分しか読めていないけど、すごく懐かしい感覚が蘇ってきた。友だちとの出来事や周囲の大人に対する感想に対して、著者と自分とでは全然境遇が違うから共感は少なかったけど、読みながら色んな忘れていたことが思い出されてきた。20代前半くらいまでは、子どものころの出来事や感じたことをけっこう鮮明に覚えていたはずなのに、ここ数年で急激に記憶が薄れてきたみたい。よく「年取ったからねぇ・・・」なんて言っていたけど、本当にそれが原因かなぁ。読書もいったいいつからやめてしまったんだろ?本や映画に影響されていた以前の自分の感性は何処に行ったんだろ?ここ数年で仕事の愚痴以外で喜怒哀楽って感じたっけ?なんて思いがぐるぐる頭を駆け巡っていた。やっぱり、転職してから明らかに性格が変わってしまったような気がする。しかも、嫌な方向(無機質・冷酷)に。ようやく「大人」になったということかもしれないけど、その自分の気持ちの変化を受け止めきれないから、毎日モヤモヤしながら仕事しているんだろうね。なんだか、かなりヤバイ精神状態になってきたなぁ。これも、GW最終日のなせる業か?
 帰りに地元のパン屋さんに寄り道して、遅めの昼食調達。時々、このお店でおもしろパンが売り出されているんだけど、最近はオーソドックスなものばかり。入院直前に見かけた亀型メロンパンの「カメロン」は、もう出てこないのかなぁ。味よりも、ああいう発想が楽しくて、すぐ買っちゃうのよね。
 家で再びウダウダ。GW中にメールしなきゃ!と思っていた友だちがいるのに結局出していない。GW中に観ようともらってきたDVDが観れていない。GW中に聴こうともらってきたCDやMDが聴けていない。GW中にやろうと思っていた棚の整理ができていない。GW中にやれるかなぁ・・・と思ってメモしておいた会社の仕事(!?)に手をつけていない。「後悔先に立たず」国語の教科書でこの言葉を見ても実感沸かなかったけど、子どもの頃に習った言葉を大人になって体感したりするものなのね。
 明日は、朝一番で組織の新体制説明会がある。あんまり衝撃的な内容ではありませんように・・・・。それか、全てをやり直せるほどの大改革になっていますように・・・・。



2006年05月06日(土) これはダブル疾患の宿命か?

 今朝は、8時過ぎに起きて、のんびりのびのび〜( ゚ ρ ゚ )朝ごはんを食べにホテルの最上階に行ったら、なぁんとっ、満席!あぁぁぁ、どっしようっかなぁ・・・と悩んで、高層階の景色を堪能してから、ホテル1階の別のレストランへ行った。
 今まで色んなホテルで朝食バイキングを体験してきたけど、“クロワッサン”があるところになかなか当たらない。だけど、今回は当たったよ〜♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪わたしは、中学時代からクロワッサンフリークで、新規開拓したパン屋さんでは必ずクロワッサンチェックをする。で、ここのは・・・・。けっこういい感じ〜♪バターの風味がしつこすぎずに残ってるし、まわりパリパリで中はしっとりふわふわ☆腸不良の気配がなければ3つくらい(註:ミニサイズ!)食べられるんだけど、今日は嫌な予感がして1つにしておいた。
 嫌な予感は的中して、微妙に体調不良。意識はしっかりもてる程度だけど、この体調で高速道路の渋滞に巻き込まれるのはキツイ!ということで、久々にお腹用の薬の出番。この薬は、腹痛を抑えるのと引き換えに、頭痛と視覚障害(・・・って、もともと視覚障害あるけど^^;)を引き起こし、ひどいときには寝込むほどの副作用がある(薬で神経をコントロールされると、全神経フル稼働で視力を得ている状態のわたしは、あっさりノックアウトしてしまうのだ)。まあ、わたしが運転するわけじゃないしねということで、服用後即行車に乗り込み、暴動が始まる前のお台場を抜け出した。
 車中から快晴の海景色を満喫し、いざ埼玉は草加へ!飛ばしまくったから、1時間かからずにわたしの家の近くに到着。そして、コンビニ調達のスタバラテをお餞別にあげて、友だちと別れた。
 家に帰ってきて腹痛が治まり、副作用なし。あれぇ?と不審に思いつつも昼食準備。冷凍ピラフを同居人用に作って、後片付けをしていたとことろで副作用発症〜。はぁ、やっぱりね(~_~;)とりあえず、ジタバタせずに寝てみた。そして、起きてどうにか回復。いい薬なんだろうけど、潰瘍性大腸炎の腹痛が治まると、白子症による視力低下がグレードアップする。こんな反比例式、いい迷惑だよ(T-T)
 夕方頃に夕飯準備。パエリアと野菜スープの準備をしつつ、郵便物整理作業&メールチェック。郵便物は、クレジットカードや携帯電話の料金明細やマンションなどのダイレクトメールばかり。いつも「後で読もう」と思って放置してしまい、気がつけばレターラックに入りきらない量になっている。そして、メールも同じ。後で返信しようと放置しているものが受信トレイに溜まっていく。後回し生活の産物が増えて、その対応でもストレスを感じてしまうのよね。でも、学習しないわたしは、また数ヵ月後に同じ整理作業をしてそうだなぁ。
 夕飯後、団体宛の問い合わせメールへの返信。直接会っている相手ではないだけに、「どこまで」書けばいいのか迷いつつ、言葉を選びつつ時間をかけて本文を作っている。弱視としての前提知識がどの程度か判らないうえ、かなり気分が落ち込んでいらっしゃる方も多く、下手な言い回しで余計傷つけるのも心配。こういう障害者関係や患者会などの対応ルール講習なんてどこかで開催してくれないかしら。
 気がつけば、このGWも明日で終わり。そろそろ憂鬱になってきたなぁ。明日のサザエさんのエンディングは、とても悲しい曲に聴こえてしまいそうだわ。





2006年05月05日(金) お台場デラックスデー♪

今日は、携帯電話からの日記更新。いまお台場のグランパシフィックメリディアンの17階デラックスツインルームで友だちとくつろぎ中〜~ヽ('ー`)ノ~超いい気分だけど、この近辺のフジテレビやアクアシティは、どこから沸いてきたの?!と言いたいほどの人の山・やま・ヤマ〜ッ(*'o'*)おかげで、外に出るのは・・・(ToT)
 明日の朝は、30階からの景色を眺めてバイキングよ〜♪その後は、海まわりを散歩して、レインボーブリッジを渡ってそこらをドライブして草加に帰る予定。
GW満喫しているでんちゃんでした(*'-^)-☆





2006年05月04日(木) いつの間にか活字恐怖症?

 今日は、ゆったり休日。
 10時過ぎに起きて、洗濯しまくり。最初に普通の洗濯で、その次はドライクリーニング。さらに色落ち注意分を別で洗った。1日で3回も洗濯機を回しちゃったよ。
 その合間に、朝食・昼食準備。あと、少し紙の書類を片付けた。2ヶ月前の会議の資料やイベントチラシ、講演会で使ったプレゼン資料が出てきた。ああ、徹夜して作ったんだっけ・・・・なんて苦労した代物だけど、あっさりゴミ箱へ。けっこう見切りつけるの早くなったなぁ(まあ、データでは残っているものだけどね)。
 午後になって、テレビを見ながらメールチェックしつつ、出かける準備をして、15時ごろに家を出た。
 まずは、東大病院へ知り合いの面会。福祉関連用具のカタログ類を渡しに行ったけど、先客がいたからしばらく横で待っていた。その後、少しお喋り。勉強したいことがいっぱいあるけど、体力がなくなり業務後には辛い。だからといって仕事辞めてしまったら、勉強する目的もなくなる(今の仕事のためだしね)という話を聞いた。健常者に混じって受講も大変だしね。そのほか、仕事のことや旅行の話をしていて、気がつけば配食が始まっていた。結局2時間いて、迷子になりつつ駅まで戻ってきた。
 その後は、実家に帰って函館土産を渡して、夕飯を食べてウダウダしていた。妹と母親が読み終わったというリリーフランキーの東京タワーを読みふけっていたら22時近くになっていて、本を持って実家を出た。
 帰りの電車の中でずっと読み続けていた。ルビはまったく見えないけど、だいたい見えるのでなんとか読み切れそうな感じ。しばらく、移動時間の楽しみができたなぁ。
 今日の「勉強」の話を思い出し、読まなきゃいけないもの、読みたいものが溜まっているなぁ・・・と悲しくなった。どうも最近「見る」ことへの拒否反応が強くて。でも、1時間近く読書できるくらいだし、気持ちを向ければ読み物への対応ができるはずだよね。少しずつでも与えられてる情報を受け止めなきゃなぁ。



2006年05月03日(水) 函館初上陸〜(2日目)

 函館2日目。まずは観光ネタから。
 午前中にベイエリアを散策。明治館、金森倉庫の中でお土産物色をして、海を見たり、入館できない中華会館やアメリカ領事館を見たり、八幡坂を登ってみたり。
 午後は、五稜郭タワーへ。先月あたりに建替えられたそうで、古い低いタワーと、新しい高いタワーのふたつが建っているという貴重な光景を見た(古いほうは、後々取り壊されるらしい)。タワーの展望室に上るのになんと40分待ち!TDLじゃないんだからさぁ・・・・(~_~;)とも思ったけど、せっかく来たのだしと思い、並んで展望室へ。下を見下ろしてお城のあったという場所を確認。うわぁ、本当に五角形だ!と妙な感動をしてしまった。下にはなぜか、ブルーシートが点在していた。お花見客らしいけど、今年の桜開花は1週間くらい遅れているとかで、まだまだピンク色が見えない状態だった。それでもお花見するのね^^;
 トラピスチヌ修道院が空港に近いから行く?とタクシーの運ちゃんに言われたけど、帰りの飛行機の時間が迫っていたから泣く泣く遠慮することに。う〜ん、やっぱり1泊2日はキツイなぁ(ToT)
 帰りの飛行機で、また街並みが見れるかしら?と期待したけど、帰りはすぐに海のほうに出てしまったので堪能できず。
 ここからは、食べ物ネタ。
 朝食は、ホテルのバイキング。さすが北海道!じゃがいも丸ごとゆでたのが置いてあり、これがおいしいの!あと、ひとくちコロッケも芋そのままでほくほくしてた。あと、サラダに入れたコーンもおいしかったよ。
 昼食は、明治館近辺のシーフードレストラン。もしかして、本当はおいしいところなのかもしれないけど、アクシデント発生で味わえず。だって、注文したもの半分も届かず30分以上放置されて半ギレ状態。料理だけならともかく、たかだかビール一本も出てこなかったんだもの。途中で店を出ることにして、会計の際「出てこなかったものは差し引いてください」と訴えた同居人の横から、「こっちの文句言ってから届いたものも払えませんから!」と言い放って、1品分しか支払わずに済ませたわたしは、ちょっと性格悪いかも・・・・(^^;)
 そして、空港到着。今まで北海道に来たら必ずソフトクリーム!を食べていたのだけど、さすがに発病してからアイス類は避けていた。だ・け・ど!!危険を承知で最後の最後にソフトクリーム食べちゃった。うん、満足(^o^)万が一、これが原因で入院したら、絶対「ソフトクリーム武勇伝」を残すぞ!
 さらにさらに、お土産で買ってきた“いかごはん”を今日の夕飯にしたら、これが超おいしいの〜。まだ少し、北国気分が抜けてないなぁ。
 それからお土産のお話。とりあえず、定番の白い恋人、ウケ狙い系で夕張メロンカプリコ、入院中にもらって退院した時には賞味期限切れになっていたという悲しい思い出の品:ロイズのポテチチョコクッキー、ロイズの生チョコ、チーズケーキ、コーンポタージュスープ、函館ワインを買ってきた。さて、どれをだれに分けようかしら。
 余談だけど、ハンドベルチームへのお土産に頭を悩ませた。だって、いちごを丸ごとコーティングしたチョコは、いちご嫌いがいて×。夕張メロン系もメロン嫌いがいて×。チーズケーキもチーズ嫌いがいて×。ミルク系も牛乳嫌いがいたような・・・・。レーズンバターサンドや生チョコは、練習日前に賞味期限が切れてしまう〜。どうしろっちゅうのよ!と心で叫んでいたよ。
 とりあえず、異国情緒溢れる雰囲気を味わってこれた2日間だった!(^^)!さあ、日記更新して寝ようっと。



2006年05月02日(火) 函館初上陸〜(1日目)

 念願の函館。たぶん、8年越しくらいの計画じゃないかなぁ(いつも企画するも、ことごとくボツってた)。
 まずは、飛行機の中からの話から。mixiのマイミクさんから聞いてた通り、着陸直前に函館の街並みが見えたのぉ!(^^)!大晴天で、ぜんぜん霧がかかっていなかったから、山と空と海と・・・・。絵本の中に飛び込んだような気分だった。
 現地について、まずは朝市の場所をプラプラ。こういうふうに店が並んでいる光景も、テレビでしか見たことなかったから新鮮。
 夕方6時少し前に観光タクシーで函館山へ登ったら、夕日が沈みかけている街並みが見えてきて、これまた感動〜。運ちゃんの話だと、完全に真っ暗になる前から山頂にいて、少しずつ暗くなる様を見るのがオイシイとのこと。一番上に上がって見下ろした後、あまりの寒さに展望室へ移動して、激混みの室内から鑑賞。函館って、こうして見ていると不思議な形をしているのね。そして、だんだん暗くなっていき、午後7時過ぎが最高に綺麗だった!!宝石箱って表現が大げさではないと思う。なんでこんなに光るのかな。後ろでごったがえしている人たちを無視して、しばらく最前列で浸ってしまった!(^^)!確かに、これの雪景色は最高だろうなぁ・・・。
 帰りのタクシーの中で聞いた話。6月〜7月にかけてイカ釣り船が出ていることで、海の中に光が灯されている夜景になり、さらに幻想的になるんだって。そんな話を聞いちゃうと、また2ヵ月後に来たくなっちゃうよ。
 その後、ハリストス教会、聖ヨハネ教会、カトリック教会、イギリス領事館、八幡坂などを見てまわりホテルへ戻ってきた。
 ここからは、食べ物の話。
 到着した日の昼食は、ホテルの和食レストランでかに天丼。かにの天ぷらなんて初めて!不思議な食感を堪能♪
 夕飯は、地元の居酒屋さんをタクシーの運ちゃんに薦められていたけど、寒さと疲労に勝てず、またまたホテル内で。焼き魚定食で、巨大なほっけを食べた。ホテルで食べよう♪と思ってチーズケーキも買っておいたけど、体調と相談の結果お持ち帰りすることに(ToT) やっぱ、函館といえばチーズケーキでしょ!
 はぁ、めいっぱい遊んだなぁ。。。。



2006年05月01日(月) 癒しのコパンダ

 今日から5月。電車が空いてるかなぁ・・・と期待していたけど、それほどでもなく、もまれながら出勤。でも、会社はガラガラだった。始業時間過ぎてもまったくやる気が起こらず、「なんで今日を出勤にしたんだろ」と自分を呪いつつ仕事に取り掛かろうとした。そこへ、予想通り主査から電話。用件は、「携帯電話の電源入れてるけど、出ないかもしれないから用事あったらメールにして」というもの。なんだかんだ言って、休みの日によく電話をしてくるなぁ。本当は、会社が好きなんじゃないですか〜?寂しいんですか〜?と突っ込んでみたいな。
 とりあえず、今日やらなきゃいけない作業を片付け、現状の業務整理をしたり、電話対応をしたりして時間が過ぎた。監査法人からの残高確認状についての連絡が入り、そんな時期だったわねぇ・・・と懐かしくなった。こういう話を持ちかけられたときだけ、経理の経験が生かせているような気がする。こういうときだけね・・・(~‐~;;本当は、もうちょっと前職が生かせる仕事にしてほしいなぁ。
 午後、後ろの席の派遣さんがこそっと寄ってきて、「今、癒されるメール送るから見てくださいね♪」とささやいてきた。そして、届いたメールに書かれていたURLにジャンプしたら・・・・「か、かわい〜っ!!!!」と叫びそうになった。コパンダ(^^♪いやぁん、超愛くるしいよぉぉぉっ。滑り台からすべり落ちてるし、パンダの幼稚園ってなぁにぃ☆★☆!(^^)!・・・・・・・!(^^)!しばし、仕事を忘れて別世界にトリップしてた。今まで読んだブログの中で一番「癒された」かも。
となりのコパンダ:http://www.so-net.ne.jp/beauty/kopanda/
 人がいないこともあり、けっこうウダウダしたまま終業チャイムが鳴った。連休明けに「休みボケでも思い出せるように」業務メモをせっせと書き、派遣くんに主査とわたしのメアドを教えて帰ってきた。
 帰りの電車は、久々に爆睡。45分以上ずっと目覚めず、一駅手前で起きたときにはちょっと焦ったよ。あやうく、隣の市に行くところだった。
 明日は、いよいよ函館初上陸。なんか遠足前の子どものように、100均でお菓子なんか買って来ちゃったよ。これから、荷物の準備しなくっちゃ!


 < 過去  INDEX  未来 >


白咲静花 [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加