気まぐれ日記
DiaryINDEXpastwill


2010年06月30日(水)

ただいま30日午前2時15分、サッカーW杯、日本残念!惜しくもPK負け。でも日本チーム、よく頑張りました。強豪のパラグアイに 0-0 ですから、立派なものです。PK 戦では相当なプレッシャーだったんでしょうね。日本チームは最後は全員肩を組んで、全員一丸となって見守っていましたが、チームの「絆」と言うことでしょう。
吹奏楽部員たちもガンバレ〜〜〜!


2010年06月23日(水)

21日(月)は、学習の日としました。クラブとして時間を拘束し、全員での学習会です(通常練習はなし)。期末試験も近いことだしね。先輩から後輩へ、また同輩同士でも教えあうこともできるし、そういうメリットを生かして勉強もしっかり頑張ろうということです。
22日は部会。定期演奏会の計画書を討議し、全員一致で確認しました。私からは、この定期演奏会の意義、ミューザという立派な会場で開催できること、有料の演奏会であること、OBの協力を得ないとできないこと、チケットの売り方等、意識を高く持って “いい演奏会” にしようと、話をしました。
今日から7月7日まで期末試験期間となり、クラブ活動休止です。勉強も頑張ろう!!


2010年06月20日(日)

サッカーのオランダ戦、残念!惜しくも負けてしまった。でも、日本も頑張りましたねえ、すばらしい試合だったと思います。デンマーク戦も頑張ってくれるでしょう。予選突破を期待して、また大いに応援しようと思います。
さて今日は、クラブの父母見学会ということで、多くの父母の方々に来ていただきました。普段の練習の成果をご披露しようということです。最初に全員合奏、そして1年生合奏(士官候補生、木星のテーマ)、2,3年合奏(コンクール課題曲、自由曲)です。1年生も初心者がほとんどの中、よく頑張っています。約1ケ月の練習でこれだけできれば、立派なものです。期待が持てますね。
2,3年のコンクール合奏も、吹けてきてはいるけれども、まだ不安定要素が多い。時々いい音がします。それが持続して欲しいなあ。ダイナミクスの差や、crecs. dim. fp (フォルテピアノ)、アクセント等のインパクト感が今一つ。もっと大げさにやれ〜〜と言っているんだけどねえ。それが効かないとおもしろくない!! City Band でなくていい、Country Band でいい、と言っているんだけど、意味がわかってないのかなあ。まあ、わかったら相当なものだけど・・・。


2010年06月19日(土)

本日、Campus Concert 2010 in HOSEI DAINI High School と題しまして、角田先生率いる洗足学園音楽大学の皆様12名が来校されました。最初に、その12名の方々による演奏会です。さすがにすばらしいですね。本物の音、音楽が聴けて、部員にとってはたいへん勉強になったことと思います。
その後、各楽器のレッスンをしていただきました。基本奏法から、楽器によってはコンクール課題曲や自由曲を見ていただいたパートもあったようです。このような機会を与えてくださった洗足学園の皆様に感謝したいと思います。ありがとうございました。
レッスン修了後、無性に練習したくなって、コンクール合奏をおこないました。特に自由曲は、まだまだ精一杯という感じなので、もっと余裕を持って演奏できるようにしたい。とにかく猛練習が必要です。


2010年06月17日(木)

W 杯サッカーたけなわです。先日のカメルーン戦、しっかり見ました。歴史的勝利ですね、すばらしい。次のオランダ戦も何とか頑張って欲しい。少々寝不足気味だけど、こればっかりは見逃せないです。勝利を信じて応援しましょう。
さてクラブはと言うと、今日も合奏です。1年生も加えた全員合奏で「士官候補生」「木星のテーマ」。大合奏の醍醐味を感じられたかな?
その後2、3年のコンクール合奏。(課)は、テンポ設定でかなり感じが違ってきますね。さて、どうしようか・・・などと迷っている暇はない。私の感覚できちんと仕上げていきます。(自)は、やはり難しいです。各楽器の音の響きにムラがある。結局はブレスコントロールに難があるので、スタッカートも、キレテナ〜〜イ状態。基礎力に問題があります。・・・と言ってもしかたないので、とにかく仕上げていかなければいけない。
今年は、コーチの磯崎氏も船木氏も本業の仕事が特に忙しいようで、レッスンに来ていただけてないのが痛いです。
19日土曜日は、洗足学園音楽大学の角田先生(クラリネット)ゼミの方々によるレッスンをお願いしました。洗足学園の卒業生、学生さんが10数人来校され、全楽器ともレッスンしていただけると言うことです。しっかり勉強しましょう。
20日は、部員父母の方々の練習見学会ということで、1年生も今までの練習の成果を発表する予定です。頑張ろう!


2010年06月12日(土)

1年生合奏です。最初は2.3年も加えて全員で基礎合奏をおこないました。1年生に大合奏の醍醐味を味わってもらうためですが、さて、どうだったかな?
その後、1年生だけで先日配布した行進曲「士官候補生」をやってみました。・・・まあ、かわいい音を出しますねえ(^_^;)。楽譜を配布して約1週間、1年生にとっては、この曲は “鬼” のように難しい曲なんでしょうね(2,3年は初見でできます)。でも、必死の形相で何とか食らいついてこようとするその姿勢は、なかなかいいです。
私のレッスンは、行進曲の楽曲構造、テンポ感覚、リズムのとり方、音符のとり方、ダイナミクスの変化等、多岐にわたりますが、今はできなくても、行進曲はこういうように演奏するんだ、ということをわかってくれればいいんです。まだ指も十分にまわってないけど、そんなに焦らないで良い! ゆっくりのテンポで練習しよう。


2010年06月10日(木)

今日は2、3年のコンクール合奏です。(課)は、一応吹いてはいるんだけど、まだ私の感覚についてこれないでいます。重箱の隅をつついていますが、細部に神経が行き届いていないんです。全体的に、音楽の推進力が欲しいな。
(自)は難しいです。まだ十分に指が回っていない。個人練習とともに、パート練習もしっかりやってくれ。
明日は、順延(9日→11日)になった「体育祭」です。練習は休みの予定だけど、12日、13日に関東選抜バンド(二高からの参加は7人のみ)の本番があるので、練習の申し出がありました。大いに結構、しっかりやろう。12日は1年生合奏をおこないます。


2010年06月06日(日)

今日は私は学校に行く予定ではなかったですが、昨日の1年生合奏の流れからと、2、3年合奏ができなかったので、結局登校。
13:30より1年生合奏。体操とリズム練習(動画を “黒い箱” に UP してます)の後、基礎合奏と曲合奏。まだまだ音をコントロールできないからメロディーも切れ切れだけど、大きな音は出るようになったから、まあいいか。
その後、2、3年合奏。課題曲は、“こう作りたい” という私の思いを伝えてますが、理解できないのか、やろうとしていないのか、やろうとしてもできないのか、よくわかりませんが、ノリが悪いです。指揮棒が飛びそうになったけど、グッとこらえました。そこを徹底しないと昨年の二の舞になる。自由曲も緻密なアンサンブルが要求される曲なので、“合わせる” ということをしっかり意識しないと OUT !!くれぐれも言うけど、個人プレーではないゾ!チームプレーだ。音程やハーモニーを合わせるくらい、自分たちでやってくれ〜〜!!


2010年06月05日(土)

今日は川崎地区のコンクール説明会でした。「高校Aの部」の演奏順抽選の結果、二高は8校中、3番目になりました。県大会への推薦数は3校です。さあ、いよいよ本格的コンクール・モードに突入です。とにかく頑張るしかないです。口で言うばかりではなく、態度で示していこう。
学校に帰ってから、1年生の合奏をおこないました。男子校とは言え、どうもひ弱な連中が多いので身体を鍛える、ということも考えたい。で、今日は最初に外に出て、NHKラジオ体操1&2の体操、そしてリズムに合わせての行進練習をやってみました。テンポ120に足が合わせられない!? ウ〜ン、どうも鍛えがいのある(ありすぎる?)連中ですね。明日もやろう!! 音楽室に戻って、呼吸練習、基礎合奏、曲練習です。まだ少し余裕があるかな? ということで、もう1曲行進曲を与えました。本番は20日(父母見学会)。行進曲の吹き方を徹底的に鍛えます。
2、3年は、関東選抜バンドの練習に数人行っているので、今日は合奏ができない。明日やります。


2010年06月02日(水)

6月に入りました。衣替えですね。白いワイシャツ姿で登校する生徒諸君も清々しく見えます。
クラブの方は、先日の30日(日)も合奏をおこないました。1年生は、チューニングのこと、楽器の発音原理、呼吸法、音程の作り方、そして音階練習、和音練習の基礎練習から曲練習です。二高の1年生は初心者がほとんどですから、こういう初歩的なことから教えていかなければなりません。しっかり基礎を習得すれば、あとの上達が早くなるから、1年生諸君、ガンバってね。
2、3年はコンクールと定期の曲。定期の曲はほぼ初見合奏だったけど、まあ、メチャクチャでした(^_^;)。難易度も高いけどパワーも相当必要な曲なのでたいへんだけど、カッコいい曲だからね。計画的に進めていこう。


Web-master |MAILHomePage

My追加