鷁里辰突戮譴觴臧悗淵轡Д嫺記鵝前藥録〜...カロリィ

 

 

私は「高嶺の花」になりたいです。 - 2009年11月28日(土)

ランキングのページからエンピツ日記を色々と見ていて、
タイトルでちょっと気になったものを流し読みしていました。

そしたら、たいそう美人なんであろう女性が書いたものに
「私は人からかわいいとよく言われるけど、そうじゃなくて
中身を好きになって欲しい」
といった内容の文章がありました。

ふむふむ、美人も美人で悩みがあるのだなと。
ブスには分からんことがあるんでしょうなと。
そう思いながら読んでいました。

そしたら
「“高値の花”扱いは嫌」っていう文言があって。
それまで真剣に読んでいたのが一気にブハッと吹き出して
しまいました。(笑)

いやいやいやいやいや!
頑張ったら買えそうやん。(笑)

ちゃいますよ、「高嶺の花」ですよと。
メールしてあげようと本気で思ったんですけど、コメント欄も
メールフォームもありませんでした。残念。

どんなに手を伸ばしても届かない場所にあるのが高嶺の花。
高値て。
どんくらい?
いちまんえん?

たかねのはな、と一発変換できるようなので、たかねとはなを
別に変換したってことですよね。
そうするとミスタッチとは考えにくいわけで。

誰か教えてあげてー。
高値だったら意外とみんな買えちゃうー。


...

今月の引き出物事情。 - 2009年11月27日(金)

先日、旦那が親友の結婚披露宴に出席してきました。
今月2件もあったんだよー・・・。
大出費・・・。

とまあそれはさておき。

もらってきた引き出物を見て驚いた。
チョイスが昭和すぎる。

先日私が出席した結婚式の引き出物は、カタログギフトと
焼き菓子でした。
むちゃくちゃいい選択だと思いますよそれって。
嵩張らないし。
軽いし。

旦那がもらってきたのものは、陶器の小鉢5個と大皿のセットと佃煮。
シブイ。
シブすぎるやろう。(笑)

まあ、招待状も本人たちの名前ではなくそれぞれの父親の
名前で届いてましたからね。
ご両親の意見がたくさん盛りこまれた披露宴だったんでしょう。

しかし。
重いんだよ。

今どきこんなの選ぶ人いるんだなって驚きました。




...

1歳半健診。 - 2009年11月25日(水)

今月上旬、1歳半健診を終えてきました。
何はなくとも健診日までに歩いてくれて良かったっす。
なにげに歯科健診もちょっと心配してたけど、クリア。

1ヶ月ほど前に届いた問診表には、「歩けない」にマルをして
いたのですが、訂正しました。(笑)

歩けないことで、妙な疑いかけられてもやだなと思い、話せる
言葉の欄にははみ出すほどたくさんの単語を書いておきました。
でも1ヶ月前には使ってた言葉が今は使ってないとか、意味が
変わっちゃってたりするのもありましたけど。(笑)

会場は、徒歩約15分の場所にある区役所内。
受付を済ませると、わりとすぐに番号を呼ばれました。
予防接種などは軽く300人を超える赤ちゃんたちが集まりますが、
天気が悪かったからか100人に満たない数で、混雑もさほどでは
ありませんでした。

まず最初は、絵本を見て指差しできるかどうかの確認。
見開きの2ページに、車や動物、果物など10種類ぐらいの絵が
書かれており、保健士さんが聞いたものを指差しで答えられるか
どうかを見ます。

「ブーブはどれ?ワンワンは?」と聞かれた息子さんは、
大好きなバナナを見て「ナンナ!」と答えました。(笑)

私的には指差しはOKなんじゃないかと思いましたが、保健士
さんは「じゃあブーブはどれかな?」となぜかブーブとワンワン
にこだわりを見せ・・・。
結局最後までブーブとワンワンしか聞かず、息子が
「ばちゅ、ばちゅ!」とバスを指差しても全く無視でした。(笑)

ブーブとワンワン、何がそんなに大事なんでしょうか。

その後の内科健診・歯科健診でも問題なし。
歯科健診、歯が磨けてるかどうか心配だったんですけど、
「このままのケアを続けてあげてください」とのこと。
ハイわかりました。とっつかまえて無理やり口をこじあけて
磨いてあげます。

子供の歯なんて少ないから、じっとしてりゃほんの数十秒で
済むのにね。
ワーワーギャーギャー暴れるから、ちっとも磨けない。
両足で羽交い絞めにして、それでも体をよじって逃げようとする
のを押さえつけて磨いとるのですよ。毎日。

それでも、私が歯を磨いてると口に手を入れてまねごとを
しながら寄ってくるんですよね。
歯ブラシを手渡すと、嬉しそうにシャカシャカやってる。
大人しく磨かせてくれるようになるのは、いつのことやら。(笑)

他の自治体はどうか知りませんが、私の住んでる場所では
区役所で合同でやる乳児健診は4ヶ月と1歳半健診だけ。
それ以外は、かかりつけや最寄の小児科医で受けるのです。
期限内に受ける分には無料で。

でもけっこー面倒ですよね。
病気でもないのに小児科行くのって。(苦笑)

だから私、区でやってる4ヶ月健診以外は受けたことなくて、
無料券を使ったことなかったんですよね。
でも他のママさんは7〜8ヶ月健診も12ヶ月健診も
受けていたらしい。
あ、フツー受けるの?って言ったらフツー受けるでしょー!と
言われました。

だって別に心配事とかなかったし。
あれって結局、母親が何か医師に聞きたいこととか心配事が
あるからこそ、行くもんなんじゃないのかね?
月齢低いときって何かと色々心配だし。

そりゃ、その時々で色々大変なことはあったけど、夜泣きのこと
や離乳食を食べないことを医者や栄養士に相談したって
あんま意味なくね?と思っていたのです。

身長・体重も、月によっては成長曲線からはみ出すほど小さい
お子だったけども、個人的に小さい赤ちゃんのほうが好きなので
気にするってほどでもなかったし。

デカイ子供ってかわいくないよね。(笑)
自分が人一倍デカイ子供として育ってきて、損ばっかしてきた
気がするので「子供は大きいほうが発育が良くてよろしい」
なんていうのは大人目線でしかなくて、まったくナンセンスだなと
思うんです。

むしろ小さいほうが、服のサイズは劇的に変わらないから
同じものが長く着られるし、抱っこするのもラク。
それに何より、小さいほうが絶対カワイイ!!

ウチの息子さん、今回の1歳半健診では身長76,5僉体重9,4
でした。
内科健診の先生に
「ずいぶん小柄ですねぇ。生まれたときは・・・?普通だね。
ま、カウプ指数が標準値ですから何も問題はありませんよ」
と言われました。

小柄ですねと言われた日にゃうれしくてしょうがありませんったら。
そりゃまあね、男の子なんで、最終的には170僂阿蕕い泙任
成長してほしいですけれども。
何も小学校に通わないうちからデカくならなくたっていいんです!

デカいと、年齢以上のことを求められるんですよ。
私なんか保育園児のときには小学生に間違われ、高学年になったら
もう 大人扱い。子供料金でバスに乗ったときの運転手の白い目!!
一生忘れんわ。

その点小さい息子は、アラ小さいのに歩けるのね!赤ちゃんなのに
おしゃべりできるの?小さいのにそんなことまで!!
って褒め言葉のオンパレード。
デカかったら、できて当たり前。
2歳児に間違われる1歳児なんて、「2歳なのにしゃべれない」
って心の中で思われてるだけですから。

息子にはこのまま、成長曲線の下を這うように大きくなってって
くれればいいなと思います。
お願いだから、私のように“成長グラフに数字がない”なんて
いうイレギュラーな成長はしないで!!


...

祝・二語文♪ - 2009年11月20日(金)

ウチの息子さん、めでたく二語文が出ました♪
ひとつめは、
「ブーブ、あった〜」
もうひとつは、
「ちんちん、ないね〜」
です。

え、2つめ何かおかしいっすかね?
お風呂に入る前、脱衣所で全裸になった私を見てしんみりと
言った言葉です。

父ちゃんにも、ボクにもあるのに、母ちゃんにない。
1歳半にはとても不思議なことだったのでしょう。

だいぶ笑かしてもらいました。

それと、旦那と息子が遊ぶときアゴのひげをジョリジョリして
いるのですが、その後息子は私のあごを触って不思議そうに
していました。

当たり前や!と突っ込みましたが。
あんなジョリジョリしてたまるか。

*****

そしてまた、鼻の下にヘルペスが出て凹んでおります。
授乳中なので、抗生物質飲めません。
あれ飲むと一発で効くねんけどな〜・・・。

ここ2〜3年でやっと口唇ヘルペスの薬がドラッグストア等にも
置かれるようになりました。
妊娠・授乳期は投薬ができないので、塗り薬に頼っています。

口唇ヘルペスを患ってもう15年以上経つので、肉眼で見えなくても
何となく口の周りがピリピリチクチクムズムズする感覚で「あ、できるな」
っていうのが分かります。
そして、昼間や夕方ではなく、「朝起きたらできてる」という
パターンがほとんどです。

できてることに気付いたら、何よりも早く薬を塗ることが大事。
起きて半日も放置したら悪化の道を辿ります。
気付いた瞬間に塗るのが、軽症で収まる大きなポイント。
今回は、朝4時台に息子に起こされたのがきっかけで、いつもより
早く気付き、迅速な対応をすることができました。
おかげでかなり軽症で済む予感です。
息子よ、ありがとう。

しかし不思議そうな顔でヘルペスつつくのは止めておくれ。


...

子供のファッションのお話。 - 2009年11月18日(水)

相変わらず“ママ友”ってもんが増えないカロリィですどうも。
どちらかというと社交的な部類に入る人間だと思うので、初めて
行った場所や会う人にも臆せず話すことができるのですが、
さてそこから友人に発展するかというとまた別の問題ということ
ですね。

私自身、あまりファッションに頓着が無いのですが、一応
清潔感を心がけることと“ダサさ”を理由に目立つほどの格好は
しないというのがコンセプトです。

決して自分がオシャレだとか着てるものが似合ってるだとかは
思ってません。

が、人に対しての基準は厳しいのです。(笑)

いつも行く子供の広場で見てて思うのですが、子供が着てる
洋服で「なんでそれとそれを合わせちゃうのかな〜?」と。

上下でスウェットぽい素材とか、ちぐはぐな柄物とか。
んで、それを着せてる親はっていうとだいたい40代いってるかな
程度のお母さんが多いのですね。

自分も31なんで、40歳の人のことをおばさんだとは思わないし
ファッションのセンスなんて年齢よりも個人差のほうが大きいと
思うんですが、少なくともウチの近所の子供広場では40歳前後の
ママさんの子供の洋服は、そういう感じってだけの話です。

たとえば。
ボーダーの長袖の上に半袖のトレーナーを重ね着し、下は
ハーフパンツ。そこから覗いているレッグウォーマーもボーダー
で、おまけにスタイ(よだれかけ)も横じまときたもんだ。
ヘアスタイルは雨上がりの蛍ちゃんを彷彿とさせるテカテカの
黒髪をいつも2つに結んでいる男の子

もう1人は、戦時中の少女のようなおかっぱ頭の女の子。
何かのキャラクターのついた水色のトレーナーの下に、真っ赤な
ジャージを履いてました。
んー。
おもしろい。

まあ私もオシャレ度合いでは人のこと言えたクチではありません
のですけどね。
それでもまあそれなりに、息子の洋服だって気を使って
選んどるわけです。

息子の服は、ほとんどが人からの頂き物。
お古だったりプレゼントだったり色々ですが、私たち親が買って
やったものといえば本当に下着類だけなのです。

数日前初めて、カッパと長靴を買ってやりました。
ここんとこ雨続きですんでね、歩き始めた息子さんは、雨だから
といって家に閉じこもってるわけにはいかんのです。
だもんで、ツナギのレインコートと長靴を購入しました。

ずいぶん前から、義母から買ってあげるとは言われていたの
ですが、いかんせん歩き出してからでないと、どういうものが
いいのか見当がつかない。
ってことで、先週ついに買いに行きました。

全身カッパで身を包み、足には長靴を履いた1歳児は無敵です。
水溜りにばしゃばしゃと入り、素手でピチャピチャ水面を
たたいて全身泥水だらけなのです。

でも満面の笑みでうれしそうに雨の中を歩き回る息子を見て、
買って良かったと思いました。

話は変わりますが、人からプレゼントされた洋服って、
どうしても柄物が多くないですかね。
ウチにも、「私だったら買わないだろうな」っていうド派手な
色合いの洋服がたくさんあります。(←息子のものね)

蛍光グリーンのモコモコジャケットとか、蛍光グリーン&
蛍光イエロー&紫色のウィンドブレーカとか、グリーンの
カットソーにピンクのシャツとか。

せめてボトムは地味に!と思うのですが、これまたオレンジ色の
ハーフパンツや青と白のマリンボーダーのパンツだったり
するのです。

そしたらせめてせめて靴下は無地で!と思うのですが、小さな
サイズの靴下って、意外と無地は少ない・・・。
ボーダーだったり、星柄だったり、あとはキャラクターが
ついていたり。

意外とコーディネートが難しい洋服ばっか持ってます。(笑)
でも、自分じゃ選ばないものをもらえるので嬉しいですね。
私が選ぶと、モノトーンな息子になること間違いなしっす。

オシャレでなくてもいい。
“変な格好”だけは避けたいと思っているカロリィでした。


...

よその子育て方針に口を出す。 - 2009年11月12日(木)

今日は、人んちの子育て方針に思いっきり口出ししてみたいと
思います。直接は言いませんよ、もちろん。ここで言ってみる
だけ。

現段階で、一番頻繁に顔を合わせたり家を行き来し合っている
ママ友の文さんとその息子の源氏君。
源氏君はウチの息子と約半年違いの、1歳ホヤホヤ君。

この源氏君、生後9ヶ月まで寝返りしかできずちょっと心配
していたのですが、ここ数ヶ月で怒涛の急成長を見せ、お座り・
ハイハイ・つかまり立ち・伝い歩きが一気にできるようになりました。

んで、会う度に思うんだけれど「過保護すぎやしないかな〜」と。
伝い歩きをしているときはピッタリ側につき、転びそうになると
サッと体を支えて「おおよしよし痛かったか?」と頬をスリスリ。

彼女の家は、角という角にクッションが貼り付けられ、ぶつけても
痛くないようにしてある。

私なんかは、少々転んだって頭打ったってほったらかし
なんだけれども。
別に、私が正しくて彼女が間違ってるっていう話ではないんだけど
それでもなんだかな〜と思ってしまうのです。

源氏君、1歳です。1歳なんです。
手づかみ食べ、遊び食べをしません。

例えば、赤ちゃん用のお菓子を目の前に置いたとします。
すると、じーっと見てるだけ。
手に持たせると、機械のように口へ運び出す。
まあそれでも口に運ぶようになっただけ、成長っちゃ成長
なんだけどね。前は、口に入れてやるまで微動だにしなかった子。

お菓子の真ん中辺を手で持ってますよね。
だから、持ち替えないと下半分が食べられないんだけど、そこまで
いくと今度は指をずーっとかじってんですよ。
そこで文さんが食べやすいように持ち替えてやると、また機械の
ように口へ運び出し、最後の一口はというと、またしばらく指を
かじった後、お菓子をポイとテーブルに投げ出して見向きもしない
という状況なのです。

何とも不思議な光景だな〜と思いながら私なんかは見ちゃう
わけですが。

他の友人の子にしてもウチの息子や姪っ子にしても、1歳とも
なれば食事はともかくお菓子や果物はもっとパクパク食べてた
気がします。もちろん、自分の手で。

「食事のときも、手づかみで食べないんだ?」
と聞くと、
「させてない」
と言ってました。

ちなみに彼女の家はむちゃくちゃ片付いてていつ行ってもキレイ
です。チリひとつないって感じ。

そして、源氏君は“おもちゃでしか”遊んだことがない様子。
雑誌や新聞をビリビリに破いたり、ティッシュを箱から全部
出しちゃったり、キッチンにもぐりこんで鍋やボウルを
床いっぱいに並べ、ガンガン叩いたり積み重ねてみたりっていう
遊びをしたことがないっぽいんですよね。

ダイニングチェアを押しながら歩いて遊んでたんですが、
「コラコラそれはおもちゃじゃないよ」と言って、止めさせられて
ました。

「おもちゃじゃないから面白いんやん!」
てツッコミそうになったけど。

だからかどうかは分かりません。
源氏君がもともとそういう資質を持った子なだけかもしれません。

源氏君側から主張してくるってことがほとんどないのです。
与えられたことをやるだけ。
目の前にあるおもちゃで遊ぶだけ。
手に持たされたものを、食べるだけ。

聞くと、食べ物の好き嫌いはないそうで、離乳食作りも楽なんだ
そうです。与えれば全部食べるから。

でもそれって私から見たら、主張がないよね?って思うのです。
アレが好き、コレは嫌いっていうのも、“ばっかり食べ”も
いわゆる自己主張じゃないですか。

色々好き嫌いなく食べるんだから離乳食は結構進んでるのかと
思いきや、いまだに五分粥なんだそうで。
○分粥って久々に聞いたし!

そいでまあ家に帰ってきてから、息子の半年前は何を食べて
どんな生活だったんかいな?と思い、育児日記を開いてみました。

そうすると、今では考えられないほど後追いが激しくて食事も
食べムラがあったり夜中起きてきたりで、私自身が相当
参ってたことが分かりました。(笑)

でもまあ食事内容は11ヶ月頃から“軟飯”(柔らかめのご飯)
になり、おやつにはイチゴを食べてました。
「お母さんにひとつちょうだい、アーン」っていうと、不器用な
手でひとつ掴んで私の口に運んでくれてた頃です。

今なんか、ちょうだいつったって聞こえないフリするか
鼻の穴に指つっこまれるかのどっちかですよ。

まあ私の場合、お粥の時期なんかサッサと終えたかったわけです。
だって、お粥食べてたら外出しにくいじゃないですか。
せいぜい軟飯食べられるようになれば、おにぎり状にもできるけど。
自分が楽をしたくて、離乳食を早めに進めたってのはあるかも。

そして、
「息子君、キウイ食べたことある?」と聞かれたので
「あるよ」と答えました。そしたら
「種ごと?」って聞かれました。
「た、種?うん・・・種ごと。」

種?
キウイに種なんかあったっけか?
と考えてしまいました。(笑)
そういやあの黒い粒々は種だよね。

しかし種を取り除くなんてのは、ホントに月齢の低い頃だけで
いいんじゃぁ?

源氏君はキウイの緑の部分だけを食べたそうです。
んー。
全部食べたいよね。(笑)

とにもかくにも、手をかけすぎだな〜というのが印象です。
もっと色々子ども自身にやらせないと、やりたい気持ちの芽を
摘んじゃいそうでもったいない気がするし、本当に自分からは
何もできない受身の子になっちゃいそうで、かわいそうな気が
するのです。

かわいそうなんて思われたくないよねぇ他人にねぇ・・・。
うんだから本人には絶対言わないけどさ。

人それぞれ、一番いいと思うやり方で育ててるわけだから。
私だって、私のやり方が一番息子には合ってると思って日々
奮闘中でございますよ。

旦那いわく
「カロリィはさ、いい加減に手を抜くよね。いやいい意味で。」
だそうです。どういう意味よって聞くと、

「1人目の子供って、もっと神経質になっちゃいそうじゃん。
だけどカロリィは、うまい具合に手を抜くなぁと思ってさ。
いいと思うよ。ウチに来る患者さん、1人目の子供の母親は
皆しんどそうなんだもん。」

「何よ、私だってしんどいよ!」
って言うと、
「分かるよ、それは。でもカロリィ、しんどくなったら無理
しないで手抜きするでしょ?そこが素晴らしいと思う」

と、お墨付きをいただきました。(笑)

神経質にならないように、と心がけすぎて神経質になりそうな
こともありますけども。(笑)
神経質にならないようにと神経質にならないように、頑張ります。

とまあこんな感じで大雑把で雑なA型の母親だもんでね、
ホントはもっと源氏君親子と遊びたいんだけど、あまりに方針が
違ってると一緒に遊ぶのも難しいなと思うんですよね。

いるかなー?
暑い日も寒い日も、雨の日も雪の日も、公園で泥んこになって
遊んでくれるお友達が!
いるといいな♪


...

イケメンにエスコートされていい気分♪ - 2009年11月11日(水)

先日、友人の結婚式・披露宴に出席してきました。
ヘアもメイクもバッチリ決めて、和服姿でございます。

「似合うやん」

これが、着物を着てみた感想です。(笑)
いや正直、本当に着物を着てって良かった!!て感じだったのです。

列席者の皆々様、特に女性の方々のお美しいこと!!
めったに着ないであろうドレッシーな格好なのに、なんでそんなに
サマになるの?なんで七五三状態になっちゃわないの?と
不思議この上ない。

もし私が洋装だったら、ものすご〜っく引け目を感じていた
だろうな〜と思います。
ダサくて野暮ったくて「来なきゃ良かった!!」と思ってたかも
しれない。(笑)

しかし、プロに手がけてもらったヘアメイクと着付けで、
どうにかこうにか並み居る美女たちと恥ずかしい思いをせずに
並んで歩くことができたのです。

ハァ〜、よかったぁ〜・・・。

お式は、とっても素晴らしかった!!
日記には何度も登場している元パティシエの同僚の、
パテ妹ちゃんの結婚式。
付き合いだした頃は、「ホントにその彼でいいの?」って
思ってましたが、いやいや彼もしばらく会わない間にシッカリ
してました!!

これなら安心して妹ちゃんを嫁にやれる!!
と思いたい!!

私は、当然妹ちゃんの友人のつもりで行ったのですが、余りに
人数のバランスが取れなかったためか、何と“新郎友人”の
席に座りました。(笑)
まあ、どちらも元同僚ですし、よく知ってる間柄なので
どちらでもいいっちゃいいんですが。

行ってから知ったので、驚きました。
んで、ですよ。

席次は、事前に妹ちゃんから聞かされていたとおりイケメン
U太君のお隣!!
サービスのアルバイトで来ていた男の子なのですが、顔も
性格もむちゃくちゃカワイイのだ♪

この子となら浮気も・・・
有り得んこともない・・・
ムフフ

(妄想中につきお静かに願います)

この日も私が着物姿で現れると、まっさきに
「お久しぶりです。お疲れっす。着物、いいっすね!」
と褒めてくれました♪(←単純

いやーいいよねー。
U太君なら、告白されてたら付き合ってたな〜。

男らしさもあるかと思えば、可愛らしさもあり。
基本レディファーストなんだけど、時折見せる少年ぽさに
惹かれる女性は多いはず。
実際モテてましたよ、彼。
「もしかしたらちょっと私に気があるんと違うー?」と
思わせるような素振りも、小悪魔的で良いのだ。

でもきっと彼は、釣った魚に餌はやらん感じの男ですわよ。
彼氏にはいいけど、旦那にはできんな。(←上から

んでもって、サービスの仕事してただけあって気が利くんだわ!
最初、乾杯のためのシャンパンと、いつ注がれたか分からない
ビールしか私の前にはなかったんだけど、私がアルコールに
強くないことを知っているので「ソフトドリンク頼んだほうが
いいっすよ」と言って、勝手にウーロン茶をオーダーして
くれました。

ンもう
そゆとこ好き♪

もちろん、おかわりもいいタイミングでオーダー。
イケメンのエスコートは最高。

最初からずーっと、ツーショ写真撮りたいなぁと思っては
いたものの、私から言い出すと彼は断れませんよね?とか
なんとか考えちゃって、言えずにいました。
そしたらU太君から「カロリィさんと写真撮りたい」と
言ってくれちゃってー。

ていうか彼のカメラだから私の手元には無いんだけどー。
そうすっとまた、「じゃあパソコンのアドレス教えるから
後で送ってね♪」的なことが言えるわけじゃないですか。(笑)

そんなこんなで親睦を深めてきたのですよ。
あ〜楽しかった!
よかったよ、旦那と子供連れてかなくて。(コラー



...

ディズ○ー好き女の布教活動。 - 2009年11月10日(火)

もうさー、ある意味宗教みたいだよねー。
人が嫌だって言ってんのに、しつっこく勧めてくるあたり。

何がって、『ディズニー大好き女』ですよ。
身近に数人いるんですけど、ホントもう大迷惑。

その全員ともが普段はとっても素敵な女性なのに、ディズニーの
こととなると人の迷惑を顧みずガンガン押してくる。

私はね、ディズニーのことなんかな〜んとも思っちゃおらんのです。
好きでも嫌いでもないんです。
どーでもいいんです。
行きたいとも行きたくないとも思わないんです。
興味がないんです。
普段存在すら忘れてるんです。

だーけーどー、アンタの好みを押し付けられるとものっそ嫌いに
なっちゃうんだよねー。

ネズミのキャラクターがカワイイ〜とか、黄色い熊がカワイイ〜
とか意味わからん。
七人の小人の写真とか見せられても!!て感じです。

そして何が迷惑って、ディズニーに興味のない人なんかこの世に
いない!!と思い込んじゃってるところですかね。
「行こうよ」って言われて「行かない」って言うと、
「なんで!?なんで!?楽しいよ?面白いよ?」とこう来る。

いやいやいやだからさ。
いつも思うのは、じゃあ私がピエールガニエールにご飯食べに
行こうって誘ったら来るのかよ?と。
ディナー軽く3万円超える店に一緒に行ってくれるのかよ?
え?
パリの本店に決まってんじゃん!
ビジネスクラスで行くに決まってんじゃん!
来ないの?
なんで?なんで来ないの?
パリいいとこなのに!!
ガニエール超美味しいのに!!

・・・・・。
価値観違うからでしょうよ。
フツー、1回「興味ないから」って断ったらそれ以降誘わんよね?
それでも平気で誘ってくるのがディズニー女のイタイとこ。

毎回毎回ホントしつけーなって思う。
自分の行為が余計に人をディズニーから遠ざけてるってことが
なんで分からんのだろうね?

私にとってディズニーは1円の価値もないのです。
もっと言えば、タダでもいらんのです。
実際、タダでもらったディズニーの限定チケットはさっさと
他の友人に横流ししましたから。
むしろそういう手間もかけたくないから。
タダでもらっても迷惑です。

ディズニーランドなんかなくなればいいのに。(←八つ当たり


...

歩く息子さん。 - 2009年11月08日(日)

やっとこさ、まともに歩けるようになったウチの息子さん。
本当にちゃんと歩けるようになったのは、ほんのここ数日の話。

いや〜、長かったっすよ。
つかまり立ちをして、早11ヶ月。
何だかもう約1年じゃないですか。(笑)

家の中限定でならヨタヨタと数歩歩くようになったのが2ヶ月
ほど前。
ずーっとそのヨタヨタから上達しなくて、コイツは歩く気が
全くないんだなと思っていました。
もしくは、私たちが寝てる間にスタコラ歩いてるよねと。

しかし、歩けないくせに靴は履きたがるわ外には出たがるわ。
ホント迷惑極まりない1歳児でした。
だって、歩けもしないのに靴履かせたり無理やり歩かせたり
したくないですよねえ。

足の心配も去ることながら、必要以上に腕を引っ張っちゃう
んですよねやっぱり。
子供の腕って抜けやすいらしいじゃないですか。

んでも歩きたい外出たいギャーギャーと喚かれるのもうるさい
ので、近所のお散歩は毎日していました。

そしてほんの3日ほど前ですよ。
いつもなら、靴を履いた状態だとせいぜい数歩歩いて手を
ついてしまうんですが、あれよあれよという間に何十歩も
歩くではありませんか!

アレ?
アレ?
いつコケるの?
コケないの?
アレ?

って感じでした。(笑)
待った甲斐がありましたね〜。
多分、1歳そこそこで歩いてたらこの喜びは味わえなかった
んじゃないだろうか。(笑)

いそいそとケータイのムービーに撮り、親戚一同に一斉送信。
「おおおお、ついに!!」という返信が一気に返ってきました。

まあなんつーかね、私としてはこれっぽっちも心配はして
ませんでしたよ。
心配はしてないけれども、歩いてくれたほうがきっと楽だから、
早く歩いてくれないかな〜と思ってましたね。

歩けないから周囲からはものっそ赤ちゃんぽく見られてた
んですが、そのわりに色々とよくしゃべるので驚かれてました。
「まあ!!赤ちゃんなのにおしゃべりできるのね!」と。

体も小さめなんで、「何ヶ月?」と聞かれることもしばしば。
「1歳半なんです〜」と言うと、
「エッそうなの?ウチの子よりお兄ちゃんなんだ!」
ていう。

そのパターンからもそろそろ脱却だろうか。(笑)

しかし歩き出すのが遅かった子はコケないというのは本当らしい。
歩き出した3日前からは、多分一度もコケてない。
芝生の上や玉砂利の上も難なく歩いてます。

おっぱいはまだまだ止められそうにありませんが、食事は
ほとんど大人と同じものをモリモリ食べています。

食の好みは、わりと渋め。
アジの塩焼きとか、もやしとピーマンのオイスターソース炒め
とか、味噌汁の具は山芋とエノキが気に入ってたりとか。

アレルゲンなのが分かっているのかどうなのか、出し巻きは
あまり好んで食べません。
口に入れてやると一応飲み込みますが、自分からは手を出さない。

甘い玉子焼きにしてやれば食べるのかな?とも思いますが、
今のところはわざわざ料理に砂糖を入れたいとは思わないので、
作ってやんない。(笑)

もちろん甘いものは大好きで、焼き芋やかぼちゃの煮物、果物は
毎日のように食べてますよ。

市販のお菓子を買うときは、もっぱら赤ちゃん用。
スーパーや何かに売ってる普通のお菓子を与える勇気はまだ
ありません。

それもまあそのときの状況によりけりで、もらったものとか
だったら少し食べさせたりしますけどね。

先日米屋に行ったら、おじさんが息子に『カントリーマアム』を
くれましたが。
えっと。
そういうの、いりません。
迷惑です。

八百屋に行ったときは、バナナ1本くれました。
そういうのは、大歓迎。(←勝手。笑)
野菜や果物は大歓迎っす。^ー^

いつもニコニコ元気で愛想を振りまく息子さんは、商店街でも
人気者。
いろんな人に「歩くようになったんだね!」と声をかけてもらい
得意満面の笑み。

ひとまず私は1歳半健診前に歩くようになってくれたことにホッ。


...




My追加

 

 

 

 

INDEX
past  will

Mail