鷁里辰突戮譴觴臧悗淵轡Д嫺記鵝前藥録〜...カロリィ

 

 

☆あゆのカナダ日記☆〜バンフ1日目〜 - 2005年03月31日(木)

長いこと日記が滞っておりましたが…。
行ってきました新婚旅行!
待ちに待ちたる、ビジネスクラスでの新婚旅行ですよー!

やっとこさ前の晩から準備を整え、31日午後に家を
出ました。
最寄の駅までスーツケースをガラガラと引っ張り。

離陸予定時刻は夜7時だったのですが、エグゼクティブ
クラスの人しか使えないラウンジでゆっくりしたくって、
成田空港には4時ごろ着いちゃいました。

前回は JALのサクララウンジでしたが、今回は
エアカナダとANAの共同運航便なので、ANAの
ラウンジ。名前忘れたけど。

うーん。
内容的には、JALの勝ち。(笑)
だって、『うどんでスカイ』系のものが食べ放題
やねんもん。(笑)

ラウンジの中には、身体が沈みこんでしまうほどのソファ、
各国語の新聞雑誌、大きな画面のテレビ、パソコンのライン、
仮眠室、電話室、無料のロッカーなどが設置。
そして何と言っても、軽食食べ放題ときたもんだ。

チーズ3種とクラッカー、ドーナツにクロワッサン、
コーヒー紅茶ソフトドリンクはもちろん、アルコール類も
かなり豊富に取り揃えられてある。

*****

ま、そんなこんなで時間をつぶし、6時半ごろになって
搭乗ゲートへと足を運びました。
ここでもエグゼクティブを実感です。(笑)

「エアカナダ○便、小さなお子様や介添えが必要な方、
ビジネスクラス、ゴールドカードをお持ちのお客様は
搭乗口へお越しくださいませ」

という放送が入ります。
搭乗を、今か今かと待っているホスピタリティクラスの
皆様方の横をすり抜け、並ぶ必要も無くちゃっちゃと機内に
乗り込みます。

乗り込むとまず、スタッフが挨拶をしに来てくれてコートを
預かってくれます。
そして、ウェルカムドリンクのサービス。
すぐに食事のメニューが配られます。

簡単に言うと、洋食のコース料理と和の懐石のどちらかを
選べる。
セカンドミール(着陸前に出てくる軽食)は、数品用意
されている中から好きなものにチェックをし、好きな
量だけ食べられるというもの。
小食な日本人にとってはうれしいシステムだなと思いました。

別に私が小食や言うてんのちゃうけど。

エコノミーで、「おいしい!」と言える機内食なんて
食べたこと無いけど、ビジネスの食事はホンマおいしい。
そこら辺の、地上で安物食べるんだったら、こっちのが
ずっとおいしいです。

シートは、140度ぐらいまで倒れるんかな。
私はまだフルフラットシートていうのは乗ったこと無いけど
いっぺん乗ってみたいなあ。
絶対楽やもん。

そして、各シートにパーソナルのテレビ画面。
好きな映画を選べ、テレビを見たりゲームもできます。
ゲームの種類も、新しくはないんだろうけどわりと豊富。
ゼルダの冒険とか、マリオシリーズとか。

成田空港からバンクーバーまでは、約8時間。
ビジネスクラスでの8時間は、アッという間です。

バンクーバーには、出発したのと同じ31日の午前11時
に到着。
ここでは乗り継ぎだけなので、滞在はしません。

バンクーバーは、カナダの西の玄関口というだけあって、
異常なほどの日本人の数。
空港スタッフも、各セクションに必ず日本人がいます。

まあ私は、海外に出たからには自力で何でもするべきだと
思っているので、日本人スタッフなど必要ないと思って
いますが。
英語話せないなら日本から出るな。
なので、私たちを日本人だと思って日本語で話しかけて
くるスタッフには基本的に見向きもしません。
分からないことがあれば、あくまで一番近くにいる
スタッフに、聞く。それがなにじんであろうと。
英語話せない人なんて普通空港にいませんからね。

無事に飛行機も乗り換え、国内線に乗って今度は
カルガリー空港に向かいました。
バンクーバーはブリティシュコロンビア州にあり、
カルガリーはそのお隣のアルバータ州にあるのですが、
ここですでに1時間の時差が発生します。

本日の宿泊場所は、バンフという町。
今はウィンタースポーツのシーズンで、夏はアウトドアが
満喫できる場所です。
マウンテンバイクを乗り回すのが好きな旦那さんは、
かなりお気に召したようでした。

私は基本的に、生活するのに便利な場所が好きなので、
あんな自然いっぱいのところに住みたいとは
思いません。(笑)

バンフといえば、そう。
カナディアンロッキーですよ。

私の住んでいたオンタリオ州は、ひたっすら平地が続く
地形です。なので、カナダはだだっ広いだけのイメージ
しか持っていなかったのですが、ロッキーは3000m級
の岩山が連なる山脈。
いい意味で期待を裏切ってくれました。

気温は、−4℃ぐらいですかねえ。そんな、思ったよりも
寒くありませんでしたよ。
ちょっと視界が悪かったけど、コロンビア大氷原にも
行けたし、たくさんの氷河も見れました。

ダウンジャケット、マフラー、ニット帽は必須です。

晩ご飯は、バンフの街中にある『Maple Leaf』という
お店。まあ、あちゃらさんにはよくあるタイプのお店
ですよ。
食事も食べられて、バーも一緒になってる、みたいな。
TGI FRIDAY ですかね。日本でいうと。
日本でいうとっていうか、あれもあっち系やけど。

まあおいしかったですよ。
アルバータ州は、その名の通りアルバータ牛という肉牛が
有名なので、その肉を使用したステーキを注文しました。

ツアーで海外旅行に行くと、必ずミールクーポンと
いうのが配られると思います。
私たちのツアーは食事が別だったので、ミールクーポンを
買いませんかというチラシをもらっただけだったのですが、
値段を見て愕然。

なんと、1人$70もするんですよー!
そりゃもう、旅行会社がそういうのを配ってる時点で
中間マージンは発生しているし、チップも税金も込みの
値段なのです。

英語で食事の注文ができない人にとっては便利なんで
しょうけど、あれ、バカみたいにぼったくられてます
からね?(笑)

案の定、ミールクーポンのチラシに載ってた店に
クーポン無しで行ったところ、私たちは2人で$90
でしたから。
それでも、張り裂けるほどお腹いっぱいになりました。

ミールクーポンのチラシに掲載されている、イコール
日本人がよく来るんだなと思って、
「お箸ありますか」と聞いたところ、やっぱりありました。
でっかいステーキをお箸で食べましたとさ。



...

名前出したろか某ジュエリーショップ。 - 2005年03月30日(水)

私は今、無性にイライラしている。

一番の原因は、生理前だということ。
それと、せっかく受け取りに行ってきた結婚指輪が、
やっぱり細すぎて入らなかったこと。

普段の指には入るんだけど、仕事の後のどうしようもなく
むくんだ指にはうっ血してしまうほどきつい。

だから言ったんだ私。
「指太いんで、13号ぐらいやと思います」て。

そやけど指輪屋の姉ちゃん、12号ぐらいでいいんじゃ
ないですかて言うた。
言うに事欠いて、11号でもいいんじゃないですかとも
言うた。

私は、キツイしつけにくいしはずしにくいて言うた。

私は、指輪に関する知識が何も無い。
それも言うた。

指輪屋のねえちゃん信じるしかないやん。
それやのにこれかよ。

あんな若造、信じるんじゃなかったわ。
自分の感性を信じるべきだった。

だって、披露宴が終わったらうちら夫婦は休みも
合えへんし、てことは一緒に出かける機会もないし、
かといって2人とも指輪をつけたままできる仕事でもない。

じゃあいつ2人でおそろいの指輪をつけるんだよ。
あえて新婚旅行ギリギリ前に仕上げてくれって頼んだのに、
こんな指輪、つけられへんやん。
飛行機なんか乗ったら、もっとむくむやん。

仕方がないので今は、結婚指輪を小指にはめています。
そんな間抜けな話があるかっちゅーねん。

明日朝イチで苦情の電話入れたろ。


...

財布の紐。 - 2005年03月29日(火)

いやいやいや〜〜。
結婚するって、ホントお金がかかりますね!
こんなに一気に多額のお金が出て行くのを初めて
見ましたよ。

財布の紐は私がシッカリ握りこんでいるので、お金の管理は
全て私がやっています。

「女房が小遣い上げてくれなくってさあ…」

とかほざく前に、そんだけ稼げばいいんとちゃいます?
家計のやりくりって、思ってる以上に大変でめんどくさい
ことなんですよ!

うちは楽ですけど。(笑)

だって、夫婦そろってお酒もタバコもしないもの。
それに、意外と私稼ぎがいいもんで。
これがウワサのDINKってやつ?(笑)

今のところ、まだお金の出入りが多いので月々いくら
貯蓄できるかっていう計算ができません。
自分が使ってる銀行では、微々たるものですが定額ずつ
積み立てています。
その存在は明かしていないので、このまま個人のヘソクリに
させていただきますっ。

ま、たまったら2人で旅行とか。
いいじゃないですか。^^


...

カナダはマイナス15℃だそうですよ。 - 2005年03月28日(月)

もうすぐ新婚旅行だ〜!
てことで、現地の週間天気予報をチェック。

バンフ、最低気温マイナス15℃。

ア、アハハハッ

*****

ま、ナイアガラはもうちょっと暖かいんですけどね…。
カナダは、気温はめちゃめちゃ低いんですが、湿度が
低いせいか日本ほど寒さを感じません。

日本の寒さって、身体の芯からガタガタ震えがくるような
底冷えじゃないですか。
それがないんですよね。
寒いというより、痛い。(笑)

*****

実は昨日の夜、旦那さんが財布を失くしちゃいまして。
あわてふためいて、行った場所やら会った人たちに確認を
取るも、どうにも見つからない。

仕方がない…と帰途に着くことにしました。
途中、旦那妹ちゃんからメールが入り、

「お兄ちゃん、財布あったよ!!」

と。
なんと、酔いちびれたお父さんのジャケットのポケットに
入っていたんだそうです。

お父さんは最近財布を買い換えたらしく、しかもそれが
旦那さんのものとそっくりだったんですよね。
左ポケットに自分の財布が入っているのに気付かず、
我が息子の財布を右ポケットに入れてしまったと。

お父さんが酔って寝ちゃったもんだから、聞けなかった
んですね。
たたき起こしてでも聞けば良かった…。


...

- 2005年03月27日(日)

今日も、打ち合わせのため仕事はお休みをいただいて
おりました。
朝はそんなに早くなかったけど、旦那の方の親戚回りなどを
して帰って来たのは夜の12時半ごろ。

ドッと疲れました…。
私は月火が休みだからいいけど、彼は明日から仕事なので
ちょっとかわいそう。

引き続いて来週中には新婚旅行に旅立ちますし。
あまり身体を休める日がありません。
体調崩さなければいいけどな。

*****

明日は髪を切りに行こうかと思っています。
前髪をちょびっと切りたいだけだから、もったいないけどな〜。
ハサミ買ってきて自分で切ろかいな。

前髪切るのと、後ろちょっと揃えるだけで4000円は
なんぼなんでも高いやろ…。




...

夜桜計画。 - 2005年03月26日(土)

本日もヨークさんネタでもいいでしょうか。(笑)

ヨークさんね、キッチンやサービスの皆を誘って、夜桜に
行きたいとかねてから言ってたんですよ。

その行く時期というのが、私の新婚旅行の最中なので
私は参加できないのですが。

計画がある意味おもしろいので、夜桜計画のことを
根掘り葉掘り聞き出しています。(笑)

というのも、その夜桜大会、誰も乗り気じゃないんですよ。

ヨークさんは、みんなでおでんを食べながら夜桜を
楽しみたいと。

食材に始まり、ゴザや食器類、ガスコンロなどを分担で
持ち寄るという計画らしいのですが、その計画自体、あまり
現実的ではないのです。

まず、ほとんどが1人暮らしまたは私みたいな夫婦2人
というスタッフばかりで、アウトドア用品など誰も持って
いる人がいない。

ということは、レンタルするか新しく買うしかない。
材料を持ち寄って…と口では簡単に言うけど、どうやら
その夜桜計画は日曜日の夜らしく、てことは、クソ忙しい
土曜日の夜までにある程度おでんの具を仕込んで、
日曜日の朝出勤するときに一緒に持ってこなければ
ならない。

そんなにしてまで乗り気になる人、いるんでしょうか。
答えは、いません。(笑)
もとい、ヨークさん以外いません。

実はパティシエの中で一番若い女の子(通称パテ妹ちゃん)
は、一家揃ってアウトドア大好き家族。
アウトドア用品といえば彼女!というほど、彼女の家には
何でも揃っています。

大好きなだけに、大変さもよく知ってる。

「簡単に、おでん持ち寄って夜桜、って言うけど、
実際おでん作るのは誰なの?ガスコンロ持って行くのは誰?
そんなもの持ってるの、ウチぐらいなんじゃないの?
私は嫌ですよそんな忙しい週末におでんなんて作るの!
だいたい、アウトドアなんて、乗り気の人が数人いて、
その人たちが中心になって事を進めて初めて成り立つんです!」

ご、ごもっともでございます…。(笑)

実は私たち、昨年の夏にキッチンスタッフ全員で山奥の
ほうにバーベキューに行ったんですよ。
そのときも、妹ちゃんが中心になって車の手配から
道具の全てに至るまでやってくれたんです。

もちろん、その時は全員乗り気で(意外にもシェフまで!笑)
私たちもできる限りのことは手伝い、気遣いました。

お肉は、普段使っている業者に発注し、焼肉のタレなんて
手作り!材料を切る手つきも鮮やかだし、飯盒炊爨も
お手の物。(ていうか炊爨て難しっ!)

で、最近やたらと当時の話を私と妹ちゃんが懐かしく
振り返るもんだから、羨ましくなったんでしょうねえ。
『夜桜』を提案してきたのですよ。

ま、私行かないからね。(笑)
たとえ旅行中じゃなくても多分行かなかっただろうな。

だってさあ、私が旅行中ってことは、単純に考えても
仕事の量が1,5倍になるんですよ?
その上、おでん作って朝から重たい道具持ち寄るなんて。

「自分勝手」も甚だしい。

どんなけ空気読まれへんねん、て話やろ。
だけど、おもろいから首つっこみまくり。
ていうか、妹ちゃんのせつない気持ちも織り交ぜながら
だけど。(笑)

どうなるんだろね。フフフ ←趣味悪い
妹ちゃんは
「流れればいいのに…」
て願ってた。

あーめん。


...

季節のお野菜いかがです? - 2005年03月24日(木)

どうやら私は、自分のお腹の具合で晩ご飯のメニューを
決めてしまうらしい。
だいたい、試食だなんだってつまみ食いをするので
基本的に晩ご飯時にお腹が空いていることがない。

そんな時の我が家の晩ご飯はいたって質素である。(笑)

だけど今日は、仕事に追われて何をつまむヒマもなく
1日が終わった。
そうすると、極度の空腹である。

今日の晩ご飯は、超具だくさんの豚汁と、ブリの照り焼き。
豚汁は鍋にいっぱい作ったので、わりとご馳走だ。

スーパーで、お彼岸の残り物であろう半額のおはぎを
買ってきたので、ご飯の後につまんだ。
ちなみにブリも半額。(笑)

なんて幸せ♪

豚汁、やっぱ先に野菜を炒めた方がおいしいなあ。
めんどくさいから生のままほりこんじゃうけどね。

野菜、特に玉ねぎなんかは炒めることによって繊維が破壊
されて甘みが出てくるんですよ。
その甘みを生かせないのはもったいないなーとは思うんですが
ついついめんどくさくてね…。

ま、それなりにおいしかったですよ。


私の晩ご飯メニューの決め方は、いたって簡単です。
スーパーに行ってとにかく安いものを探して買い、
家に帰ってその食材で作れるものを、作る。(笑)

「これが食べたいからあれとあれを買ってこよう」

というやり方は、間違いなく食費アップにつながります。
安いものを買う、ということは節約になるのはもちろん、
季節の野菜を食べることにもつながります。

季節のお野菜の栄養価ってスゴイんですよ?
下手に真冬のトマト食べるより、夏に採れたトマトを缶詰
にしたもののほうが栄養価高いっていいますもんね。

実際は知りませんよ。(笑)
あくまでテレビの受け売りですが。

*****

そんなこんなで、楽しく過ごしていますよ。



...

ケイちゃんラブリー♪、弟の結婚。 - 2005年03月21日(月)

今日は祝日だったのですが、婚礼が1件しか入って
いなかったので、お休みをいただきました。

あ、そうそう。
新婚旅行やら披露宴やらで、4月は合計10日間も
休まなければならないのですが、その全てを有休で賄える
んだそうです。
やったあラッキー♪

で、今日も打ち合せで昼間出かけて、夜は旦那さんの
友達がお祝いの品を持って、直接来てくれました。

高校時代の空手部仲間でね、大学でも空手部に入り、今も
どっかの高校で空手のコーチをしてるんだそうですよ。

全日本がどうのとかいう話をしてたから、かなり強い人
なんじゃないかなーと思うんだけど。
空手の型の話をしてたけど、私にはチンプンカンプン
だったので、ほとんど話し聞いてませんでした。

腹筋触らしてもらったの♡
割れてたの6つに♡

旦那さん、明らかに不快そうな顔してたんだけど、
どうしても触りたい欲求に駆られてしまって、無視して
触っちゃいました♡

ケイちゃんっていう男の子なんだけど、カワイイ子
なんだわー。話してもおもしろいし、とってもいい子。
高校でコーチしてるから、女生徒からはわりと人気がある
らしいんだけど、
「俺バカっぽい女とオトナじゃない女はヤダ」
とかゆって、相手にしてないみたい。
ギャルが嫌いらしい。

いやあーーでもモテると思うよ?
相当イイ身体してるし♪

「Tシャツ脱いで見せてよ」

って、喉まで出かかって我慢しました。
いやマジな話。(笑)

上記のような人なので、そりゃもうどんだけ食うんだ!?
と思って、3人なのにご飯を5合も炊き、メニューは
手巻き寿司だったので、具材もかなりたくさん用意しました。

いただきますをして数分、
「余ったら嫌だな〜…」
という不安は、一瞬にして

「足りるのか…?」
という不安にかき消されました。(笑)

私ほとんど食べてないから、旦那さんとケイちゃんで
4,5合ぐらいは食べてるはず。
いやーでも旦那さんが3合で、ケイちゃんが1,5合だな…。

恐るべし、23歳男2人。
そら米も無くなるっちゅーねん。


ケイちゃんが帰ってからありがとうメールをしたんだけど、
「こんどは胸筋見せてね♡」
って送ってやった。
そしたら、身体作っておきますって返事が。

イヤーン

*****

弟も結婚することになりましてね。
両親からさきに話は聞いたんだけど、誰にも言わないで
旦那さんにもねという約束で。

お正月、うちの実家へ旦那さんと一緒に帰省したときに
旦那さんと弟がかなり親しくなったようなんですよ。
何だか、一生に一度めぐり会えるかどうかっていう友人に
なれたみたいで。
弟はかなり変子だけど、それを理解してくれる義兄で
良かったと言ってました。

結婚する気持ちになったことは、義兄(うちの旦那さん)の
影響がかなり強かったと思いますよ。

ほんで、実家に同居するらしいですわ。
「経済的理由で」だそうです。

私にしてみれば「甘えんなよ」って思うけど、まあ両親と
弟夫婦の間のことだし、嫁に出た私には関係の無い話
だけどね。

自分が結婚したことより、実家に他人(弟の嫁)が
住むのかと思うとちょっとしみじみ。

いろいろ変わっていくんだな〜と。
思いましたハイ。


...

週末記。 - 2005年03月20日(日)

今週いっぱいは忙しかったな〜。
帰りが遅くて、ほとんど家の晩ご飯作れませんでした。
旦那さんは、得意料理のポトフを作ってくれてましたよ。

忙しくて日記も書けず。
家に帰ってきたらバタンキューの状態。
来週はちょっと楽かな。
来週越えたら、新婚旅行だー!


...

両親が来た。 - 2005年03月15日(火)

今日は、ホワイトデー。
お返しなんぞ、気にも留めてなかった。
なぜなら、旦那さんの誕生日はバレンタインの翌日2月15日
で、バレンタインの存在を忘れていたことはおろか、
あやうく誕生日も忘れそうになり、15日の夜にやっと
思い出して近所の本屋さんで図書カードを買って
プレゼントしたのだ。

色気なっ!

そして今日、ホワイトデーの当日。
夜仕事から帰って来た彼が、無造作にバサッと私の前に
プレゼントのようなものを置きました。

見てみると、中身はなんと
『だいすき の本』
というタイトルの、詩集のような本でした。

ページを繰っていくにつれて赤面してしまうような、
歯の浮くようなセリフがズラリと並べられた一冊の本。

うれしい…んですよ?
だけどちょっぴり微妙な気持ちというか。(笑)

「よくもまあこんな…!!」
というのが、正直な気持ちです。

気持ちはうれしいんですけどね。(笑)

*****

で、今日は午後から羽田空港に行ってきました。
実家から両親が出てくる予定なのです。
来る4月吉日、私の披露宴当日に、田舎から年寄りご一行様
を引き連れてこなければならないということで、
予行演習にとわざわざ当日と同じ経路をたどって
ここまでやってきたのでした。

正午ごろ羽田に到着し、空港内で軽く昼食を取ったら
式場近くにあるホテルにチェックインし、荷物を置いて
会場に向かう、

という一連の行動をシュミレーションしながら
私も一緒に行きました。

*****

と、ここまでは先日書いたんですが、何を書こうとしたのか
忘れてしまったので、この日の日記はもうオシマイ。(笑)




...

ゼイタク病っていうんですよそれ。 - 2005年03月13日(日)

テレビで、『ニート』ていうのを見た。
なんでも、学校や仕事にも行かず、やりたいことも見つからない
状態の人のことをいうんだそうだ。
フリーター、というのはそれなりにアルバイトなどをして
生計を立てている人のことで、ニートとは親のすねを
かじる、いわばパラサイトシングル。

専門家いわく、
「彼らは現代社会における、カナリヤのような存在。
様々なことに対するひずみをいち早く身体で感じ取っている」
のだそうだ。

そーなんですかね。
私にしたら、ただの『ゼイタク病』にしか見えませんが。

だってねえ。
今日食べるパンに困ってる人たちは、働きたくても
働き口が無かったり、働く体力すら残ってないわけじゃ
ないですか。

ニッポンの若者たちは違うだろうよ?
ちゃんちゃらおっかしくって、へそが茶ぁわかしちゃうぜー!!


...

招待状の返信、求ム! - 2005年03月08日(火)

本日、3月8日。
ホントに8日。(笑)

私たちの招待状の返信期限は3月10日である。
なのに、まだ10通も返ってきていない。

13日の打ち合せの日には席次表を提出しなければ
ならないというのに。
何なんだこの返信率の悪さは。

今日辺りが返信のピークかなあと昨日の晩話していた
んだけど、ポストをのぞくも0通なり。

普通、招待状発送から返信までは3週間の間を
空けるらしい。
うちは、1ヶ月以上も間をおいた。
間をおいたからといって、来られなかった予定の人が
来られるようになるとは思えないけど。

13日の打ち合せに間に合わせなければならない
ということは、12日の夜までには席次表を完成させて
おかなければならないということ。

今日返信されてこなければ、打ち合せ当日まで私たち
2人とも休みの日がないということ。

マナー本にもよく書いてあるやん。
なるべく早く返信することが、気持ちの表れでもありますて。

何でもええから早よ返せー!


...

こんなウェディングケーキが食べたい!を募集します。 - 2005年03月07日(月)

怠け心は起こすもんじゃないですね。
歯医者に行ったのは月曜日なのに、間違えて日曜日の日記に
しちゃいました。私バーカ。

*****

じゃ今日は、日曜日の話題でも書きましょうかね。

ここんとこ、我がパティシエルームでは連日の試作に次ぐ試作
で、いろんな味のショートケーキが組み立てられている。

今、うちで出しているウェディングケーキは6種類。
そこに、あと2種類増やそうという計画が進んでいる。

ひとつは、メープル味のジェノワにキャラメル風味の
クリームをはさんだショートケーキ。
もうひとつは、抹茶風味のビスキュイにシャンティを
サンドし、抹茶生クリームでナッペしたもの。

とまあベースはだいたい決まってるんですが、配合が
決まらない。
思ったようにメープルの風味が出なかったり、かといって
メープルシュガーの配合を増やすと、キャラメルが
負けてしまったり。
その他にもジェノワの厚さ、サンドするクリームの厚さ
によっても、ケーキの味は大きく左右されてしまう。
2段重ねにするか3段重ねにするかも、重要なポイントの
ひとつだ。

毎日のように試作を繰り返し、仕事が終わったら今度は
全ての味を試食する。

ウプッ

て感じなのですよ毎日毎日。
ホント、ケーキが好きじゃないと勤まらない仕事だ。

私も、10代の頃はあんなに『生クリーム命!!』
だったのに、今じゃ洋菓子なんて自分じゃ買おうとも
思わない。

職業上、お義理程度にデパ地下をウロウロして最新の
売れ筋の傾向を観に行くぐらいだ。

食べないのに痩せないのは何故。


...

歯痛、再び。 - 2005年03月06日(日)

今週いっぱいも、忙しい日々でした。
さすがに、連日仕事終了が9時を過ぎて、家に帰ってくる
のが10時近くになると、ご飯を作るのがおっくうだ。
が、家に帰ると腹を空かせた子供(のような旦那)が
私の帰りを今か今かと待っているので、作らないわけにも
いかない。

例えば彼が8時ごろに仕事が終わって、私の帰りが10時を
過ぎようとも、私が作った方が確実に早く食べられるのだ
そうだ。
だから、ご飯だけを炊いて毎晩待ってくれている。

それに、私が作った方がおいしい。(笑)

*****

今日は、延ばし延ばしにしていた歯医者に行ってきた。
虫歯だろうな〜というのは分かってはいたんだけど、
何となく行きたくなくて。

この日記にも何度も書いていると思うけど、私の歯は
とても弱い。
1〜2年のうちには必ずどこかが虫歯で、歯医者に行かない
年がないほど。

カナダでもデンティストのお得意様だったぐらいだ。
世界各国、どこに行っても歯医者とは切っても切れない
縁でつながっているらしい…。



...

会いたい国。 - 2005年03月01日(火)

今日は、彼の上司にご挨拶に伺いました。
上司、と言っても1人しかいない。
オーナーである院長先生と、一番弟子である彼しかいない
小さな整体院だから。

それから、ハンズあたりに行って席札あたりを物色して
きました。

私には珍しく、今日は化粧が濃い。
ドラッグストアでもらった下地とファンデーションの
サンプルが目に付いたので、ヌリヌリしてみた。
相変わらず化粧が似合わないこの童顔。
1回分と書いてある量の半分も塗ってないのに、すでに
厚塗りをかもし出している。

*****

買い物をして帰ってきたら、旅行会社から申込書が
届いていた。
新婚旅行で第二の祖国カナダへ行くために、ビジネスクラス
を予約しました。2人でほぼちょうど100万ぐらい。

ギリ予算の範囲内。
スズメの涙ほどではありますが、こんな時のために
買っておいた US$ があるので、有効に使ってこようと
思います。

今、CAN と US の力関係ってどうなんだろなー。
私が帰ってくる直前は、かなり接近してたんだけど。
それ以前は、US が1,5倍の価値がありました。
だから、US のチップがすんごいうれしかった記憶が。(笑)

遠い思い出だわ。


今回の旅行では、ホテルの希望も伝えました。
ナイアガラに3年ほど住み、まがりなりにも観光業に
携わっていた私は、ある程度ホテルの良し悪しとアクセスは
分かっています。
とくに、テナントとして入っていたSラトンホテルは
「高級ホテル」の風上にも置けないような実態だったので、
そこだけはやめてくれと希望をだしました。

気温34℃が連日続く中、壊れたエアコンがなかなか修理
されないとか、私たちのレストランが出した煙(といっても
調理の範囲内)で警報がワンワン鳴るわで、落ち着こうにも
落ち着けない。

工事の内容や仕上がりに至っては、素人目にもわかるほど
ずさんなありさま。
まあこれは、シェラトNに限ったことではないんで
しょうけどね。あの国の気質というか。(笑)
まあ、台風も地震もめったに来ない国なんで、あれはあれで
いいんでしょな。
日本だったら、許されないよ絶対。(笑)

広大な国土と豊な自然が育んだ人々の気質とでも
言いましょうか。
私は好きですよ。

早くカナダに会いたいです。


...




My追加

 

 

 

 

INDEX
past  will

Mail