ステテコ日和
地球に優しい、目にも優しい
Yes,I love ego☆
No,I love ero

2006年01月31日(火) mixixixixixixixixixixixixixixim





最近MIXIを始めました。

で、ブラブラしてると・・・

妹の友達発見!!

数分後には、微妙な知り合い発見!!

しかもしかもクリックして内容まで見て行ったし。

足跡残してしまったしメンドクサイなー。


MIXI見てると、凄い人はいっぱいいるんだなぁって。

関さんみたいなんもたまにいるし。

オカシナ(オカシソウナ)人もいっぱいいる。

友達だって一万人作ろうと思ったら作れると思う。

そんな所がおれは苦手。

友達は何人かでいいや。

メンドクサイし。


写真:『山寺の住職』(宮城県山寺にて)



2006年01月30日(月) 六角レンチみたいに




男性は女性に比べて空間認識・把握能力に長けていると言われている。

僕も布団に入っていると、自分の部屋の色んな所がカリカチュアされる。

そして次第に縮尺を変えて必要な情報だけが入ってくるようになる。

また、目を閉じて頭の中で高槻から京都まで散歩することもできた。

多分30分くらい掛けて。


メッセンジャーに必要な能力として上に述べたものが挙げられる。

とNYマンハッタンのメッセンジャーは言っている。

僕のそれは先天的なものでもあるし、後天的なものでもある。

常日頃から練習しているから。

車の流れ、信号、歩行者、路面状況を考えながら信号無視を繰り返す。


交通法規を守ることが全てではない。

交通法規を守らないことが全てでもない。

だけど、信号に従うことで自分は押し殺されてしまう。


そのうちひかれてしまえばいいのに。

痛い目みないと木村君はわからないからね。

なんて言わないで下さいね。


そして安藤巡査、小倉優子のカード一枚で見逃してください!!

4649!!


写真:『ちびっ子疾走』(京都愛宕念仏寺前にて)



2006年01月29日(日) 塵学科について




地理学科っぽく、地理のことを書こうと思います。

「〜らしさ」とかってメンドクサイですよね。

違う一面を出しずらいというか、本当の自分を見てくれってね。


思いつく限り列挙してみる。

地理学科併設大学

東京大学・・・・・GIS
明治大学・・・・・歴史地理
立正大学・・・・・農業、農村地理
日本大学・・・・・GIS
駒澤大学・・・・・???
立教大学・・・・・観光地理
法政大学・・・・・???
専修大学・・・・・???
筑波大学・・・・・GIS
早稲田大学・・・・歴史地理
国士舘大学・・・・???
東京都立大学・・・GIS

京都大学・・・・・人文地理、歴史地理
奈良大学・・・・・GIS
関西大学・・・・・歴史地理
立命館大学・・・・歴史地理、GIS
関西学院大学・・・歴史地理、地理教育

関東では地理学科は全て理系に属し、関西では文系。

この17校のうち、受験時代に考えたのは4校のみ。

関東では立教大学と東京都立大学。

関西では立命館大学と関西学院大学。

高校二年生くらいまでは「現役京大!!」とかいう貼り紙張ってたけど・・

ん〜。今考えると恥ずかしい限り。

他の貼り紙は今も残ってるけどね。

結局は関東の大学は一つも受けへんかった。

理系の地理学ってどんなんなんやろ?

ってか理系の方が大学生っぽい。(おもっきし推測)

下宿を売り払って、研究室籠もって寝泊り。

この前浅野と話しててメッチャ羨ましかった。


ちなみに特に力を入れてるor有名な分野については4年前の記憶です。

これからどうなるかは分からないが、GISは今以上に台頭すると思う。


最後にオマケ書いときます。

立命館大学文学部地理学科専任教授一覧

K原
K島
K平
K賀
K角

どれが誰なのかわかりますかー!?

地理学科の教授で有名なのは高橋学とか藤巻とか。

だけど本当に恐れられてるのは「3K」の方な気がする。


写真:『仰げば尊し』(京都五条西大路LOAMにて)



2006年01月28日(土) ショボヨーン




このところ決まって07:47頃に目が覚める。

目覚ましは08:00とか09:00に掛けることが多いのだが。

ん〜何でなんやろ。


多分寒いのが一番の原因と考えられる。

なんてったって布団一枚!!

しかもブランケットみたいなん。

これでよく風邪ひかへんなぁと思う。


基本的にはめっちゃ寒がり。

特に末端神経がすぐに冷えてしまう。


冷え性で思い出したけど、唐辛子を靴下に入れると温かくなると聞いた。

理解できそうやけど、完全には理解できない。

勝手な推測やけど暖色系の物体やったら何でもいいと思う。

それこそまさに色の力。


光松寺から響く六時の鐘の音を聞いてから僕は眠ってしまった。

今日も風邪に怯えながら、一日の始まりを追いかけていく。


写真:『近いようで遠い』(兵庫県芦屋市芦有道路にて)



2006年01月27日(金) 結局何が言いたいんだ




好きな日本語の一つに「おくゆかし」という言葉がある。

古典で習ったように、もっと奥を見てみたいという言葉だ。


僕の日記は基本は実名報道&正式名称。

特に略語は使いたくない。

それはナゼカと言うと省略された箇所が可哀相だから。

こんな考えの背景にあるのは幼い頃の思い出。

僕はよく省略されるような存在感のない子供だった。

友達三人といても「池田君たちー」とか「奥本くん、山本君とかー」

ばっかりで木村の名前を呼んでくれない。

そんなジャーマン・コンプレックスからなんだと思う。


ただ、横文字はナントナク省略してしまいますけどね。

パトロールカーなんて言いにくい。


写真:『光は魔方陣』(京都新風館にて)




2006年01月26日(木) 二番煎じ




写真は光で決まると思う。

どんなに構図が悪くても、どんなに気持ちが入ってなくても。


光を嫌う人は少ない。

光には輝きや明るさ、透明感、無邪気さ、力強さ・・・

etcのプラスに働くイメージをたくさん含んでいる。

いわばそれを化身として、自己表現すらできると思う。

光のイメージとしてだけの狭い解釈においては・・・

「だから光を嫌う人は少ない」と言えるとも思う。


そもそも写真などをひっくるめたARTというものに公式はあるのか?

高次の捉え方をすれば、アンチズムとか何でもかんでもがARTになる。

これまでなかったものが全て前衛ARTとなる。

どんなに感性を磨いて描いた絵画であっても、
それが既出のものであれば、ただの模倣になってしまうのだろうか。

こういうところが、「芸術は自己満足だ」と言われる所以だろう。


そしてもう一つ気になることが。

それは芸術家と言われる人たち。

周りの知り合いを見れば、本当に素敵な写真を撮る人たちが溢れてる。

色んな写真展を見て回り、いくつもの衝撃に出会ってきた。

最近始めたMIXIでも写真に関するコミュニティは驚くほど多い。

そんな数多の写真家(プロ・アマ・趣味問わず)が芸術家になるには・・・

そう、何が必要なんだろうか。

適当に撮った写真がめっちゃ良い写真だったことは数多くある。

写真の構図や色調、バランスなどの理論を踏まえないといけないのか。

いけないというか、それを前提としての写真なのか。


芸術は最大多数の最大幸福!?

一人一人がARTISTだ。

なんて言われてもねぇ。


写真:『夕暮れのカメラマン4人』(神奈川県江ノ島にて)



2006年01月25日(水) 忘れた頃にやってくる




’自分’よりも大切なものはありますか。

そんなもの、なかなか見つからない。

近くにあるっていうことはわかっていても見つからない。


知らない間に小さな砂粒が溜まってしまって。

カンジンな時には真っ白な沙羅砂で固められてしまっている。


大切なものがなぜ大切なのか。

どこが大切なのか。

そんなんを日頃から考えてないと・・・

いざ!!っていう時に置いていかれます。

相手は待ってくれても。

時間は待ってはくれない。


ぼちぼち見つけていこう。


写真:『ヨセテハカエス』(静岡湯河原にて)



2006年01月24日(火) キライなものはキライ




東京弁が標準語?

標準語が東京弁?

どっちがどっちかわからんが、とりあえず寒気がする。


大阪人はなぜか関東人を毛嫌いする。

というか、関東は独立共和国だと思う。

関東の味方なんているんだろうか??(いや、いない)

東京弁は中国語みたいやし。

「〜ですよ」も「〜デスヨ」

明日も晴れですか?

晴れデスヨ!!

ラーメン美味しいアルヨ!!


と言っても、東京には生粋の東京人がどれだけいるんだろうか?

47分の1くらいかもしれない。

いわば日本人のサラダボール。


と、考えることはできても・・・

やっぱり東京キライ!!


写真:『東京ってところ』(東京新橋にて)



2006年01月23日(月) 微小差異




一昨日にスーツを着ようと思ったら・・・

ポケットからラムネが出てきた。

いつもお世話になっているアートカメラ(城北通り店)で貰ったやつだ。

ここのカメラ現像所はかなり良い。

赤津とかクロマの際どい写真も現像してくれる☆

際どいと言うか、大胆すぎるのか。


で、話を戻してポケットのラムネに。

ポケットの中で見事に粉砕されていた。

ポケットの粉を取り出しながら、一つの歌詞が頭に浮かんだ。


ポケットの中にはビスケットがヒ・ト・ツ♪

ポケットを叩くとビスケットがフ・タ・ツ♪


そりゃそうだろう。

ポケットを叩いてビスケットは割れてしまう。

8gのビスケット1個か4gのビスケット2つ

どちらにせよ量は増えていない。

それどころか粉になって0,2gくらいは食べられない。


この歌はどことなく夢のある、楽しい童謡だ。

でも其の陰には・・・

定量観念というかエネルギー保存の法則チックなものが隠されていた。

そんなメッセージに気付かずに幼稚園の時は喜んで歌っていた。


多けりゃいいってもんじゃない。

欲張るな。

本当の幸せはもっと質的なところにあるんだよ。


もっと現実的なところでは・・・

ビスケットが増えるわけないだろ!!

そんなポケットあったら100万でも買うわ!!


ちなみに歌はまどみちおの作詞でした。

「不思議なポケット」

みちおっぽい優しいうただなぁー。


写真:『二人でゴキゲン』(静岡熱海にて)



2006年01月22日(日) くたばリズム♪




今日は天気良かったから布団をほしてから京都へ。

緑色の風にランデン(京福電鉄嵐山線)が狂おしい。


甚六行ったらウメがいた。

いつも甚六では鴨ざるうどんくらいしか頼まない。

だから今日は牡蠣味噌煮込みうどん(1100円)を注文。

ウメの働く姿を隠し撮りしながらポンと色々話す。


でから清水寺行って、八坂神社、知恩院を散歩。

途中でMETAL FACTORY という雑貨屋さんを発見。

手作りアクセや真鍮製腕時計などが並んでいた。

かなりデザインも秀逸なものばかり。

社会人になる前に一本買っておきたい。


色んな写真撮って、前から行きたかった長楽館で珈琲タイム。

概観はもちろん、内装などもとても綺麗だった。

ちょっと背伸び具合がこれまた良い感じ。


PONとは四条東大路の京阪電車乗り場で別れる。

そこから一人で新京極商店街、寺町商店街を散歩。

ユニーククローヂィングで靴下購入。

3足990円。

同じくダイヤモンドビル三階のSPINSへ。

ここでは2990円のスウェットパンツを購入。

セール中で990円に値下げになった。

予想外の展開にココロオドル。

一度出てからジップアップパーカーも購入。

こちらも3980円が1980円に。

まぁ自分としてはよくやった方だろう。


烏丸まで歩いて、ちょうど来た快速特急に飛び乗る。


家に帰ってからは木村ビル一階の改装手伝い。

もう少しで長女がここに越してくるからだ。

木箱にじぃちゃんの作品を詰め込んで、三階の陶芸教室に。

月曜日から再開されるアルバイトと何ら変わらない。


晩御飯は鳥のから揚げとサラダ、ピラフ。

夜食にCalbeeのチョコパフィを食べた。

チョコパフィよりもチョコシリアルの方がおいしい。


冷たい空気を含んだ布団がやけに気持ち良い。

今日はガムを噛みながら寝てみよう。

はたして、起きたらガムはどこにあるんだろうか。

普通な一日を、寝る前の最後の60秒で劇的変化。


おやすみなさい。


写真:『赤レンジャーDOWN』(京都三条商店街の公園にて)



2006年01月21日(土) 窓の外は雪




やまない雨はない。

鳴かないホトトギスはいない。

積もらない雪はない。

なんて言葉があるのに、今日も大阪には雪が積もらない。


ちょうど大阪府と京都府の境あたりで天候が違ってくる。

かの有名な天下分け目の大山崎。

行政区画でもしっかりと京都府の西端に位置している。

ちなみに大阪府の東端は島本町。

その隣が高槻市となっている。


家を出る時は雨だったのに、京都では雪だった経験もある。


また、このあたりは有馬高槻構造線や京都花折断層が通っている。

特に有馬高槻構造線(断層)は規模がかなり大きい。

文字通りの天下分け目となるのか?


高槻首都構想とか出てきぃひんかな。


写真:『苺大福』(宮城県山寺にて)



2006年01月20日(金) たった一つ




光をなくしてしまおう。

隙間から差し込む光を遮って。

埃と違って光は運ばれてこない。


熱も光も動きもない世界。

そんなんを想像してたら、一人でいることがドキっとした。


闇雲に何かを愛したい。

霞繋る中で光を手探りする。

光を求めてしまう僕がそこにいた。

恋のジェットコースター理論なんて、うまいこと言ったものだ。

下書きしてから出直してきな。


マクドナルド高槻センター街店で並びながら、そんなことを考えていた。


写真:『そのうち追いつくよ』(静岡熱海にて)



2006年01月19日(木) あれひじ




一人の時間を持たないと人間は成長しない。

かといって一人の時間を増やせば、
それだけで成長できるかといえばそうでもない。

自分のためにそうするのではない。

相手のためにそうするのだ。


只今のはら減り度・・・9ペコ

あなたは何ペコ??

ちなみにペコはペコリータの略!!


写真:『はらり☆』(京都にて)



2006年01月18日(水) 冗談ですよ




僕は自分の高校が好きだ。

自分の住んでいる町も大好きだ。

でもちょっと考えてみる。

自分の周りの環境が好きなのも、巡り巡っては自分の評価が良くなるから。

そんな少しイヤしい心が自分にはあった。

どうせ僕の好きなものなんて、そんなもんだ。

どうせぼくなんてそんなやつだ。


人間から自尊心とか名誉とかを取っ払ったら・・・

果たして汚い心の読みあいはなくなるんだろうか


-------------------------------------------------------

話は変わって中学、高校時代の友達と電話した。

「きむそんのHP見たでぇ〜」

久しぶりに色んな話をした。

知らんまに彼女を作っていたり。

2月上旬に配属先が決まるとか。

高校時代に行けなかった卒業旅行の計画とか。

バイト先での人間関係で困惑気味だとか。


そんな彼と約束したんです。

この日記に彼のことを記しておくと。

よしっ、任務完了です。

藤原伸介君。

またジャンマケタムショしよなー♪


写真:『mine』(大阪市今里にて)



2006年01月17日(火) RESET RESULT




あれから早11年が経つ。

阪神淡路大震災。

僕は当時11歳だった。

その前日が祖父の誕生日で、中華料理でお祝いをしていた。

食べ過ぎたのか、夜帰ってきて正露丸を飲んで寝たのが12時ちょうど。

その5時間後にまさかあんなことが起ころうとは・・・


僕の住んでいる高槻は震度5。

本棚はぶっ倒れ、動くはずのないピアノが10cmも動いていた。

かなり大きい揺れを感じて、本能的に布団にもぐりこんだ。

そして隣の部屋で寝ていた父が慌てて飛んできた。

洋間に家族全員集合。

もちろん電気は点かない。

まもなくして震源地が兵庫であることがわかる。

兵庫にはじぃちゃん、ばぁちゃんが住んでいる。

急いで電話するが繋がらない。

ようやく電話が繋がった時にはすっかり朝になっていた。

二人とも怪我もなかったみたいだ。

ことの重大さがあまりわからなかった。

学校にも普通に行った。


で、帰ってきてから散らかった部屋の片付け。

テレビや新聞に映る兵庫は悲惨だった。

一階部分が押しつぶされた阪急伊丹駅。

無残にも横倒しの阪神高速。

勢い衰えぬ神戸の火事。

線路にぶら下がる車両。

死亡者は増えるばかり。

そんな中、父は兵庫に向かった。


阪神淡路大震災を機に、人々の意識は大きく変わったと思う。

精神面においても、物質面においても。

今まで知られてなかったものが、表面化してきた。

ボランティアや耐震設計、NGOにNPO。

これを教訓とし、我が家でもペットボトルの水や非常食を準備している。

震災から何年も経つが、誰もそれらに手をつけてはいない。

あの日があったから。

物理的な近さ、精神的な近さも少なからずは影響していると思う。

対岸の火事では済まなかった。

そういうところが、自分の醜いところでもある。


今更になって今まで考えなかった当時の自分を考えたりした。

見えてこなかったものは氷山の一角。


死ぬことを考えると、生きてることが虚しく感じてしまった。

全てが無意味で、しょうもないことで・・・

それでもみんな必死に生きている。

明日が来ると信じて生きている。

でも明日が来なかった人もたくさんいた。

「だから、」

ではないけど僕は生きる。

過去は消せない。

それ以上何を望めばいいんだろうか。


今日は布団でぐっすり眠れる。

電気を明々と点けて、携帯電話でどうでもイイ話をする。

何かを忘れかけている僕たちに、忘れかけた時に警鐘を鳴らす。

毎年毎年’今日’がくると振り出しに戻れる。

あの日で過去が途切れないように。


そして僕たちができることは過去を消し去らないこと。


普通な一日を過ごせて良かった。


写真:『ever forever』



2006年01月16日(月) なんでやねん!!




っていうタイトルになんでやねん。


今日から大阪医科大学でのバイトが始まった。

家から歩いて5分。

ずっと前にCAさん紹介のカルテ運びバイトのあったところ。

ここの医科大学は府下でも有数の付属病院を抱えている。

FRIDAYにたまに載ってる「関西の名医」でもここの人が多かった。


2004年に高槻市が中核市に移行。

その翌年には都市再開発促進法に駅前の地域が選定された。

そしてこの大阪医科大学がその一翼を担うもの。

2004年くらいから増築、改修が進んでいる。

少し前までは、駅から近いのに少し不気味な感じの病院・大学地域だった。

それが将来的には駅近くの市民の憩いスペースになるらしい。

また、JR高槻駅西側の旧ユアサ電池跡には関西大学付属小学校が入る。

JAZZのまち高槻。

そんな側面を持ち合わせながら、実は医療のまちでもある。

大阪薬科大学、大阪医科大学、看護専門学校。

産学官連立の新しい高槻再開発に期待したい。


写真:『覗いてみれば』(東京新宿にて)



2006年01月15日(日) メモメモ♪メモライズ!!




お寿司屋さんで気になったネタ。

.┘咼奪

△海里曄奮ち擁檗

なめろう

--------------------------------------------------------

アルバイト中のメモ

道楽 3500円→ナイロン
団欒 5000円→和紙
会席10000円→漆器

伝票
白・・・ちぎってデシャップ(丸山さん)に渡す
黄・・・ドリンク作るよう
桃・・・茶色の革にはさんで番号立てに

「伝票かけてきて」でデシャップに注文通す

B・・・黒ラベル
S・・・熱燗(宮の雫)
※B◆ΑΑΝ△魯哀薀垢凌瑤鯢修靴討い

冷酒
4合ビンではなく、一升瓶から使う
黒い漆器の枡に氷をひいて、お猪口をつける

ビンビール
生ビールの隣

熱燗
宮の雫と大吟醸
徳利の下に黒いのんひく

焼酎
銀座の雀
氷4個/焼酎に氷二個が届くくらいまで
4合ビンは木目枡に氷ひいてお猪口つける

ワイン
グラスに半分より少し多いくらい

ウィスキー
Ballentaints Fine 逆さにして自動的に止まる
ロックは焼酎と一緒のグラス

デザートの後の煎茶
濃い目で作る
ぐり茶のパックを急須に入れて、流しのところで
茶托を忘れずにつける

ドレッシングなどの補充
奥チャンにある
ケチャップ、マスタード、ドレッシング(特製・フレンチ・サウザン)
ラップしてちゃんと直しておく

お客様来はったらお茶を出す

先付け
3500・・・二段重ねのやつ(4種類×2)
5000・・・白いお皿にいくらが乗ってるのん
7500・・・細長いやつ2つ(3種類×2)

ひれすい=土瓶蒸し

最後の御飯セット
桜海老ご飯、お新香、味噌汁、お茶

朝のバイキング
おばん台にお盆、ナプキン、箸、おしぼり、取り皿を並べる

お皿には布巾を掛けておく

鎌倉一番屋に行く(小町通りにある)


写真:『僕に見えるもの』(静岡熱海にて)



2006年01月14日(土) 北野白梅に星が落ちた




夜から降り出した雨が、西大路通りに光を与えていた。

気がつけば日付も変わって01:30。

パチンコやタクシーの行き交う光がうっすらと輝いている。

それは期待と不安の交じり合った、気持ち良い雨だったと思う。


一次会の串八がゼミの飲み会と見事にバッティング。

二時間ほど顔を出してから途中で抜けて、みんなの笑い声の方へ。

こじんまりした部屋には副会長の面々が。

新副会長のガンジー、尼っ子。

現副会長の赤津、トラ。

元副会長のポンとおれ。

そしてなんとナベヨンとシミーまで!!

四世代間での引き継ぎとなりました。

二軒目に桃次郎に入り、三軒目にたらふくへ。


2006年度の総会から一ヶ月。

副会長に求められるもの、必要なもの、役割・・・etc

話し合いの中で、ランの中で、先輩と話している中で。

僕も、そして彼らもぼんやりとした色を見つけてきたと思う。

尼っ子が言ってたように、トラワレルことなく自由にやっていって欲しいと思う。


先輩たちから受け継いだものを、後輩たちに託していく。

その中でも変わらないものは変わらないだろうし、

変わっていくものは変わっていくと思う。


昨日ポンからMAILがあった。

本当に彼女には頭が下がる。

一緒に副会長を務めてきたことを誇らしく思う。

一年、二年経った今でもそう思う。


僕は僕なりに副会長像を考えてきた。

同じように、みんなが考えているものが昨日は一同に会していた。

ぼんやりと色を変えながら、キラキラ光ったり。

時には星空という静寂に姿を変えながら。


どこか切なく、どこか晴れ晴れとした静かな雨の夜だった。



2006年01月13日(金) 伝統の重みは時代に左右されない




段ボール箱が茶色い理由。

そんなことを今日のバイト中考えていた。

だってFUCK'IN つまらんもん・・・


段ボールが黒色だったら、しっかりしてそうやけど重たく感じる。

段ボールが白色だったら、軽そうやけど強くなさそうに感じる。

そんなんの中間が茶色だったんじゃないだろうか。

あと最近流行のECOを感じさせるところとか。


紫とか黄色とかの段ボール作るんはお金かかるにゃろな(゜o゜)


写真:『その中に』(JR東北本線の車両にて)



2006年01月12日(木) 減らないBLUE




光学12倍なら・・・

何でも撮れると思った。

今以上にもっと、ストーカーの視点で写真を撮りたいなぁ。

上からも下からも。

色んなところに目線を合わせて、カメラと会話を楽しみたい。


写真:『1・2・3☆』(伊豆下田にて)



2006年01月11日(水) 完璧に不完全




7月に髪を切ってからちょうど半年。

久しぶりもいいところで、髪を切りに行った。

いつもココって決めてるわけではない。

ほとんど高槻やけど、たまに梅田とか京都で切る。

心斎橋や神戸は高そうなので行ったことはない。


それでもここ二回は高槻のHAIR TIME GYM ってところに行ってる。

このHAIR TIME は高槻に4店舗あって、オシャレな感じのところ。

かといって入りにくい雰囲気でもない。


で、ボッサノバの髪を切ってもらった。

毎度毎度、こだわりはない。

大学生になってから急にどうでもよくなった。

髪以外でも服とかもあまりこだわらへんようになったし。


チョキチョキ一時間。

ん〜ん。

なんとも微妙な感じ。

アンニュイってやつ?!

あまり納得いかなかったのでもう少し切ってもらった。

正当ですよね。

むしろ美容師としても嬉しい限りだと思いまっす。


でも次から少し行き辛いな・・・


写真:『青春を駆け抜ける』(京都二条城前にて)



2006年01月10日(火) 愛してるって言ったっけ・・




自分でいうのもなんだが、良い両親に育てられたと思う。

たぶんこれは胸を張って言うことなんだろうけど。

っていうか、こんなん言うべきことではないんかもしれへんけど。


普段はダメな父親を演じながら、真剣な時は真剣。

昔はそんなこと考えなかったけど、最近強く思う。

子供に大きな期待を抱くわけでもない。

かといって将来を投げ捨てているわけでもない。

僕より30年ほど先に生まれた先輩として、色んなものを教えてくれる。

人生の楽しみ方。

好きなことを見つける手助け。


振り返ってみれば、とめどなく溢れ出てくる。

サッカーを始めたのも。

自転車を始めたのも。

折り紙が好きになったのも。

京都の大学に行こうと決めたのも。

インドに興味が出てきたのも。

全部父の影響だ。


僕ももうすぐ父親になる。

のかどうかは知らないが、父のような父親になりたい。

そして父親でありつつも、

一人の人間、一匹の男として子供に接してやりたい。


写真:『父の背中』(熱海にて)


--------------------------------------------------------
スティーブン・ホーキング(1942〜)

「時間は伸縮する。空間は歪んでいる。そもそも時間は独立して進行はしない。空間と切り離せない時空としてある。」

こうした宇宙論の扉を開けたのがアルバート・アインシュタイン(1879〜1955)であり、その理論から〈E=mc2〉という20世紀で最も有名な方程式が導かれた。

Cは光速で質量(m)が莫大なエネルギー(E)に転化しうる。
単純で美しいともいえる式は、一方で核爆弾の根拠でもあった。

ホーキングはアインシュタインの宇宙論を発展させた有力な後継者の一人。

彼は先年こう言っている。
「宇宙がどのようにして始まったかを解明したいという私の望みは、ほぼ達成できたと思います。しかしまだ、宇宙がなぜ始まったのかという答えを私は見出していません」(『ホーキングの最新宇宙論』日本放送出版協会)



2006年01月09日(月) 採取ウラン




熱海から帰ってきて、結構どたばたしていた。

ように見えてやっぱり結構忙しかった。

やらなあかんこともあるし。

内定者事務手続きの書類。

希望調書作成。

給与口座開設。

奨学金返還口座開設。

伊丹に新年の挨拶。

山崎の祖父の青我堂。

16日からまたまたバイト見つけたし。


そんな合間を縫ってやらないといけないことが一つ。

愛宕ランのHPの作成です。

さっき写真を整理してたら忘れてることに気付いた。

あと宇治のウトロ地区にも行こう。


写真:『親分、子分』(京都愛宕にて)

よく見たらガチャとベンの姿が!!


--------------------------------------------------------
『デパートB1物語』 吉田菊次郎 平凡社新書

滅私奉公
商人道の鑑
事実は小説よりも奇なり

フランス

オ・ボン・マルシェ
1852年にアリスティド・ブシコーが創業
百貨店の元祖

プランタン
オ・ボン・マルシェに勤めていたジュール・ジャリュゾーが1865年に独立して興した。
化粧品や日用品、インテリア、ファッションには力が入っている。
食品は無関心。

ギャルリー・ラファイエット
パリで最大規模を誇る百貨店
グルメコーナーを充実。
他部門でも男性専門館やスポーツ館を取り揃えている。

サマリテーヌ
1867年にエルネスト・コニャックがパリに開いた百貨店。
食料品はなし。

B・H・V(Bazar de I’Hotel de Ville)
パリ市庁舎近くに構える百貨店。
日用品に力を入れている。
食料品は扱っていない。

フランク・エ・フィス
高級住宅街として名高い16区に位置する百貨店。
小規模ながら土地柄に合わせてエレガントな衣料やアクセサリーに的を絞っている。
食料品は扱っていない。

※フランスのスーパーマーケットはシュペルマルシェ


イギリス

ハロッズ
名門老舗と知られるロンドンの百貨店
ロンドン中心街のナイツブリッジに本店を構える。
1849年にチャールズ・ヘンリー・ハロッズにより開かれた。
もとは小さな食料品店が始まり。
11ある入り口の呼びかけは‘別世界に入ろう’


アメリカ

ワナメーカー
高級路線を売りにしたフィラデルフィアの百貨店
1861年創業

メイシーズ
大衆路線で消費者の心を掴んでいったNYの百貨店
1858年創業
NYのメイシーズでは未だ木造のエレベーター

マーシャル・フィールズ
1866年創業

ブルーミングデールズ
1872年創業

ヘンリ・ベンデル
1911年創業

※アメリカでは早くからチェーンシステムが確立していた。


日本
百貨店の誕生の前には勧工場があった。
1878(明治11)年にお目見え。

それまでの店は番頭が店に座ってお客と接する。
要望を聞いて丁稚や小僧を奥の蔵にやり、品物を持ってこさせた。
値段についてもその場のやり取りで決められていた。
一店一店独立していたものを一つの建物に収め、商品を陳列棚に並べて、客が自由に建物内を出入りして品定めができるようにした。

1905(明治38)年01月02日「デパートメント・ストア宣言」
三井呉服店から三越呉服店と変更とともに「デパートメント・ストア宣言」
当初は小売大商店or百貨商店
さらに白木屋、大丸、松坂屋、松屋といった呉服系の大店が追随。
また、明治末期には関西の高島屋やそごうも創業→呉服系百貨店が出揃う。


百貨店専属名店街
パリの御三家
☆ルノートル・・・西武百貨店
☆フォション・・・高島屋
☆ダロワイヨー・・・三越

イタリアミラノのぺック・・・総合食料品店
ミュンヘンのダルマイヤー・・・総合食料品店

ロンドンのハロッズは古くから三越と提携

エディアール・・・伊勢丹
トロワグロ・・・小田急百貨店
サロン・ド・テ・・・銀座プラタン
※ガイドブックミシュランでは1968年以降ずっと三ツ星の栄誉!!




2006年01月08日(日) そんな感じ




この日記の構成は・・

写真/日記/写真説明/読んだ本の内容

みたいになってます。

読んだ本の内容をなぜここに書いてるのか?

これは自己満足に他なりません。

ちなみにコピー&ペーストじゃないですよ。

40歳くらいになってからこの日記を見返すときを考えて。

いつ、どんな本を読んで、どう感じたのか。

それをわかりやすくしようと考えたらここになりました。

決して知識をひけらかしたりしてるんではありません。

また、半永久的に記録として残しておくのに適してるからでもあります。

どうでも良いような断りでした。


写真:『ナミウチギワ』(熱海にて)


--------------------------------------------------------

『生と死の境界』 中沢信午 新日本新書              

ソクラテス「汝自身を知れ」

厨川白村「苦悶の象徴」
生命は生物体だけにあるのではなく、天地万物に普遍なものであり、それが個人に宿ってその人を通じて表現される。

ライプチヒの物理学者グスターフ・フェヒナー「死後の世界」
生命は三段階に分かれ、現在の生命の前後に長い真の生命が存する

野田春彦
ウイルスは一人前の生物と見るにはかたわである。
無生物と断定するには生物のような性質を持つから結局はどちらでもない。

「砂漠は生きている」

石川啄木
「いのちなき砂のかなしさよ さらさらと 握れば指のあいだより落つ」

フランス解剖学者マリー・ビシャ「生と死の生理学」
「生命は死に抵抗する作用の集積である。」⇒秋の紅葉と落葉

ドイツのフリードリヒ・エンゲルス「反デューリング論」
「生命はたんぱく質体の存在様式で、その存在様式とは本質的にはたんぱく質体の化学的諸成分が絶えず自己更新を行うことにある。」

理論物理学者エルヴィン・シュレーディンガー「負のエントロピー」
エントロピー増加⇒
ある事柄に対し仕事ができる自由エネルギーが周囲に分散していくこと

全体性論とその危機
音楽や言葉のように、一つ一つの構成要素が集まって全体を成す
全体は部分の総和以上の新しい性質を持つことになる
プラトン「プラトン全集テアイテトス」
「全体も諸部分からなり、総部分とは別な一種類である」

いのちの不可逆性
アルゼンチンの民謡「セ・バ・ラ・ビーダ」いのちは行き、行きては帰らず
生まれてからしだいに老化が進行するという一方通行の生涯である。
老化は生体に組み込まれたプログラムによるもの。
(各遺伝子の活動順位がプログラムされえている)

一卵性双生児
卵が第一回分裂のときに均等に分裂して二個の卵に分裂した結果、ほとんど完全に遺伝子組み合わせ(ゲノム)が等しい二人の子供として生まれた場合。
どちらも男児、またはどちらも女児で、生後全ての経過がほぼ同一である。
同じ日に病にかかり、同じ日に死亡した例も多い。
この事実は老化も寿命も遺伝子活動としてプログラムされていることを暗示するものである。

「生物学的時間」
フランスの生理学者デュ・ヌイ
一定面積の傷が治るのに要する時間が年齢によって異なる事実を調べた。
幼年時代ほど時計の時間がゆるやかに流れることになる。
測定と計算によると10歳の少年に比べて50歳の壮年では時計の時間が四倍も速くなる。
同じ24時間が老年になるほどめまぐるしく感じられるのは、自分自身の体内における生命現象の諸経過が遅いからである。




2006年01月07日(土) これぞっ




芹、薺、御形、繁縷、仏の座、菘、蘿蔔

せりなずなごぎょうはこべらほとけのざすずなすずしろ

これぞ春の七草


この歌を歌ってから七草粥を食べる木村家ですが なにか?


写真:『散歩がてら』(京都大原にて)


--------------------------------------------------------
『死後の世界』 フランソワ・グレゴワ―ル 渡辺照宏訳 白水社

自分は「死のための存在」
死の問題を考えずに、生の問題をどうして語れようか
不死の観念を離れて神の問題をどうして論ずることが出来ようか

「死後の世界」は宗教的なア・プリオリなり感情的な要求なりから生まれた擬似観念??

個人に永久性は認められないが、人類すなわち「偉大なる存在」に永久性は認められる。

ギヨー
臨終の際に「我々の後に、我々がいなくても、おそらくは我々に少しは関係のある生命が存続する。」

ルフェーヴル「喜ばしい悲観主義」
人間と言う実在はいかにも有限で、死を約束されているという点ではどうにも仕方がない。
しかし、もし死から逃げ出さずに自分が死のための存在であることを全面的に承認するならば、自己を超越し飛躍すると言える。

リュッケ「墓穴は死者にとって憩いの場ではなくて牢獄である。」

活気的反応
死と言う考え方を中和させ、生者のための補足行為の源泉に換えるのが葬式

ケルト族(ゴール人)
遠いところに我々の世界とは異なる別世界があり、そこに霊魂たちが住んでいる。
そこは不可思議な国であり、大洋のかなたにある幸福な島。
長い旅路の末にそこに着き、風光明媚で常に春のような土地で神々のような生活をする。
その数はいわば流動資本ともいうべきもので、この世とあの世との間で一人:一人の割合で入れ替わる。
この信仰は実際のところ「勇気を鼓舞し、勝利を得るための手段」
ゴール人からすれば死とは今よりももっと好ましい生活への旅。

ゲルマン族
死者は海を渡ってあの世に行き着く。
だいたいはケルト族と同じような信仰。
幸福な島とは「白いアランド島」=ヘリゴランド
「魂たちの渡し守」
北欧民族
キリスト教の影響を大いに受けた。
ヴァルハラ・・・神オーディンの天上の宮殿であり、豪華な盾や戦利品がいっぱいに掛かっている。
戦死した王や戦士たちの住居。
毎朝鶏の声を合図に英雄たちは出陣して、悪魔の軍勢(フェンリス)と闘う。
夕方になると立ち上がり、傷もふさがりヴァルハラに戻り、オーディンの主催する饗宴に集まる。
そこで美女のヴァルキューレたちが葡萄酒とビールをふんだんにもてなす。
また、「ヘル」は陰鬱で喜びも暖かみもない住居に住む、もしくはドンヨリ曇って氷の張った水中の国。

エジプト人
一定の儀礼さえすれば農耕の神オシリスと同じ運命を持つことができると考えられていた。
「正義の真理」の秤で霊魂の重さをはかる。

メソポタミア
絶対的な悲観論
あの世は帰り途の無い国
生者の善行と信仰心に対して神々が与えくれる最大の恩寵はこの世における長命。
メソポタミアの宗教全体の根底は、神々と人間との本質的な区別は不死であるという考え。
「イシュタルの旅」神々が人類を造ったとき、人類には死を与え、生命を手離さなかった




2006年01月06日(金) teen idle




初めて携帯電話を持ったのが高校2年生の時。

中学校の頃はほとんどの人が持ってなかった。

それが今では・・・

木村家の基本方針として携帯電話は高校生になってから。

それだけでも驚きだが、世間一般はもっと進んでいる。

中学生が携帯を持ってるのなんか当たり前になってきてるし。

なかにはランドセルの子供が携帯電話片手に下校。

で、極め付けが上の写真。

そう、これが現代日本の実情。


この世代の子供は、好きな子の家に電話するドキドキ感がないんだろうな。

ドキドキ感というか、恥ずかしさというか・・・

電話口でのやりとり。

時間を決めて電話したのに出たのはオカァサン。

家から掛けるのは恥ずかしいから公衆電話に駆け込んで、

肝心なところでカードの残りがなくなってしまって・・・

プーー プーー プーー  ガチャん。


僕は良い時代に生まれたのかもしれない。


写真:『もしもし?』(熱海の商店街にて)


--------------------------------------------------------
茶の十徳
一、諸神は加護す
二、五臓を調和す
三、睡眠を消除す
四、煩悩を消滅す
五、父母に孝養す
六、息災にして安穏なり
七、天魔を遠離す
八、諸人を愛敬す
九、寿命は長遠なり
十、臨終を離さず

建仁管長 益州



2006年01月05日(木) OFF LIMIT !!




年末年始は熱海で過ごしていた。

家族旅行とかではなく、バイト&観光で。

一週間働いて、5日間はずっと観光。

熱海の色んなところを見て回った。

まぁ丸二日あれば隅から隅まで見て回れそう。

お気に入りのカフェ「カフェキチ」も見つけた☆


バイトは01月05日まで働いた。

そしてバイトの寮を拠点として、色んなところを観光した。

憧れの湘南江ノ島、鎌倉、藤沢。

大久保にも行ったし、深夜の歌舞伎町侵入も。

でもなんと言っても伊豆半島!!


またあのあたりは行きたい。

夏の江ノ島とか凄いんやろなー。

江ノ島電鉄も次は外から写真を撮りたい☆


写真:『白いモルタルの港』(魚見崎より熱海を望む)


--------------------------------------------------------
アメリカの心理学者ワイナー

成功・失敗の原因帰属過程は二つの要因から構成されている。
‘癲審依廾・・原因は自分自身にあるのか、他者や環境などにあるのか
固定/変動要因・・不変なものか、変えられるものか
そして<能力>、<努力>、<課題>、<運>のどれかに起因する。



2006年01月04日(水) 海を見に行こう




雨の日はMaroon5を聞く。

信じられないくらい心が落ち着く。

あと、ドライブの時にもMaroon5はとても心地良い。


この前明石に行ってきた。

海が見たくなったから。

日付も変わる頃に家を出て、車で二時間足らず。

もちろんのこと、あたりは真っ暗。

ずっとMaroon5を聞きながら、毛布にクルマっていた。

そして朝日が昇る。

夜のあいだはずっと曇っていたのが嘘のようないい天気。


冬の海はションボリしていた。

そしてなぜか元気になった。


写真:『冷たい冬の海』(明石の大蔵海岸にて)


--------------------------------------------------------
ドイツの心理学者シュテルン

「ウソとは、騙すことによりある目的を達成しようとする意識的な虚偽の発言」
詐欺や偽証、自己保身、お世辞など色々な嘘がある。
嘘をうまく使い分けれるようになりたい。



2006年01月03日(火) あるふぁ〜ふぁ〜




やることやったら仏様になれるのか。

生まれてから死ぬまでのあいだで、息どまる。

頑張らなかったことがやったことであり、
頑張ったことがしなければならないこと。

自分の体を折り畳み、地に平伏してもぬくもりはない。


海を渡った向こうの国はきっと天国が近いんだと思う。

と同時に、地獄ならぬものもすぐそばにあるんだと思う。


写真:『α波』(奈良のカフェにて)


--------------------------------------------------------
「仕草」

K・デルマーの著書『Winning Mives』
日頃から相手の仕草や様子を注意深く観察し!!
非言語コミュニケーションを読み取る能力を!!

アメリカの思考心理学者ロロ・メイ
「愛は相手の存在に対する喜びで、自分の価値や成長を確信すると同じく、相手の価値や成長を確信することだ。」
「愛にはいつも2つの要因がある。相手の価値と善意、そして相手とのつながりに対する自分の喜びと幸せである。」

アメリカの心理学者J・ファスト 
『ボディ・ランゲージ』で家族内での人間関係を研究。

アメリカの心理学者マクギンリー
相手を説得させる時の姿勢は「Open Position」「Closed Position」
「Open Position」・・・正面を見て両足をやや開き、手のひらを相手に見せる
「Closed Position」・・・足を組んだり横を向いたり、半身に構えるという拒絶の姿勢



2006年01月02日(月) 2006年一発目どうでも良いことMEMO




好きなことはカフェ巡りとか雑貨屋さんを探すこと。

京都も結構まわってるけど、大阪もまぁまぁ発掘してる。

京都まで15分、大阪まで12分。

これが高槻の一番の魅力だと思う。

頑張ったら神戸も45分で行けるし。


そんな高槻っこながら、高槻のカフェはあまり知らない。

友達に高槻を紹介する時にさらりと連れて行けるようになりたい。

あと、一人で本を読むときとか、勉強するときに選択肢はある方が良い。


ってことで高槻のカフェ一覧みたいなんを作ろうと思い立った。

カフェ以外のファミレスとかも含めて。



【カーサ/高槻西武店】
TEL 072-686-2281 〒569-1116 大阪府高槻市白梅町4−1 

【ガスト高槻西店】
TEL 072-686-2046 〒569-1133 大阪府高槻市川西町1丁目3−5 

【ガスト高槻東店】
TEL 072-670-2046 〒569-0081 大阪府高槻市宮野町2−15 

【ココス高槻庄所店】
TEL 072-670-2151 〒569-0063 大阪府高槻市南庄所町87−1 

【サイゼリヤ/ジャスコシティー高槻店】
TEL 072-669-5760 〒569-0093 大阪府高槻市萩之庄3丁目47−2 

【サイゼリヤ/高槻西冠店】
TEL 072-662-5531 〒569-0055 大阪府高槻市西冠1丁目12−36 

【ジョリーパスタ高槻店】
TEL 072-661-5050 〒569-0053 大阪府高槻市春日2−30 

【バーミヤン高槻南平台店】
TEL 072-697-5166 〒569-1042 大阪府高槻市南平台4丁目15−17 

【バーミヤン高槻柱本店】
TEL 072-679-4111 〒569-0844 大阪府高槻市柱本1丁目24−1 

【バーミヤン阪急高槻市駅前店】
TEL 072-662-4971 〒569-0071 大阪府高槻市城北町2丁目1−18 

【びっくりドンキー高槻店】
TEL 072-669-6060 〒569-0004 大阪府高槻市上牧南駅前町161−4 

【びっくりドンキー高槻西店】
TEL 072-690-5995 〒569-1144 大阪府高槻市大畑町27−3 

【ビッグボーイ高槻店】
TEL 072-672-0555 〒569-0052 大阪府高槻市城東町2 

【ピアジョリー/摂津富田店】
TEL 072-693-8259 〒569-1144 大阪府高槻市大畑町13−1 

【フォルクス/高槻店】
TEL 072-695-2772 〒569-1145 大阪府高槻市富田丘町11−1 

【フォルクス/高槻東店】
TEL 072-669-1578 〒569-0002 大阪府高槻市東上牧1丁目1−3 

【ボンズ/高槻唐崎店】
TEL 072-678-4800 〒569-0836 大阪府高槻市唐崎西2丁目1−22 

【ボンズ/高槻松川店】
TEL 072-676-5152 〒569-0023 大阪府高槻市松川町21−2 

【ボンズ/高槻緑ケ丘店】
TEL 072-683-0491 〒569-1121 大阪府高槻市真上町3丁目12−3 

【ロイヤルホスト/高槻店】
TEL 072-682-3121 〒569-1133 大阪府高槻市川西町1丁目22−6 

【ロイヤルホスト/八丁畷店】
TEL 072-661-0661 〒569-0071 大阪府高槻市城北町2丁目8−10 


これで完成ではなく、あくまで基となる情報。

あとは1店舗ずつ回って、パソコン環境とかドリンクバーを調べようと思う。

なんかカフェは多すぎる気もするしやっぱりやめたー。

ちなみに高校時代よく行ってたcafe0(カフェゼロ)は潰れました。

最近のお気に入りは阪急高槻市駅一階の【cafeTAKU】

もう一つは高槻中央通りの【cafe solare】

センター街の中の珈琲一番館もお薦めです☆


写真は嵐山花灯篭の時のん。めっちゃ寒かった。


--------------------------------------------------------
「色の力」

スイスの色彩心理学者ルッシャー
「好きな色は願望を表す。」
「嫌いな色は過去の体験を示す。」
「どうでもいい色は現在の生活を反映する。」


Personal Colorで読み解く現在・過去・未来→現在色・過去色・未来色
現在色(Active Color>
心の意識と無意識に分かれるが、基本は過去

過去色(Basic Color)
過去の人生体験や考え方、気質や生活習慣により形成された性格が反映

未来色(Future Color)
未来の自分への願望が表れる


アメリカの色彩心理学者F・ビレン
赤色を好む人は情緒が激しく、現実的な享楽主義者
茶色を好む人は几帳面で鈍重
青色を好む人は精神的な面を重視する内向型
橙色を好む人は八方美人で個性に欠ける
黒色を好む人は二面性を持っている
※一般的に男性は寒色系、女性は暖色系を好む傾向がある。
※男性が一つの色相に対する集中度が高い。
※女性の場合は比較的多種の色相に分散している。


ロシアの心理学者E・ボドルスキー
【赤】
・成功への欲求が強く、情熱的な直情型。
・決断や行動が早く、何事においても精力的な活動振りをみせる。
・「退屈」を最も嫌う。
・変化を求める傾向が強く「わがまま」「気まぐれ」と思われがち。
・世話好きだが、単純でお人よしな面もあるため騙されやすい。
☆精神的刺激作用があり、うつ病に効果がある。
☆冷え性などを悪化させたり、男性生殖腺を刺激する作用もある。

【青】
・地味で几帳面。平穏で調和の取れた生活を好む。
・トラブルを嫌うあまり、行動力に欠ける。
・真面目で誠実なので他人から信頼される。
・不満を甘んじて受け入れてしまうこともある。
☆防腐作用があるため化膿を防ぎ、冷え性や癌治療にも効く。
☆動脈を収縮させるので血圧を高め、憂鬱になることも。

【緑】
・道徳的な精神の持ち主で、変化を嫌う安定志向型。
・何をするにも平均的で、自分の好みよりも周囲との調和を優先させる。
・間違ったことをしない代わりに、個性に欠ける。
☆鎮静・催眠・鎮痛効果がある。
☆緊張を解き血圧を下げる効果もあり、神経過敏症や不眠症、疲労に有効。

【黄】
・知的で想像力に富み、新しいもの好き。
・独創的な発想をするのでユニークな存在。
・理想を追いかけるあまり「机上の空論」で終わる恐れもある。

【茶】
・義務感が強く、冷静沈着で献身的。
・他人から信頼される。
・無責任な人は許せないという潔癖なところがある。

【灰】
・平穏無事な生活を好み、人前では温和で物静か。
・観察されることを極度に嫌い、人と深く関わることはない。
・秘密主義者と思われることもしばしば。

【黒】
・内気で控えめ、ユーモアに乏しく非社交的。
・他人から指示されることを嫌う。
・自分自身の殻に籠もって孤独になろうとする傾向がある。
・「反抗的」「変わり者」といった印象を与えやすいでしょう。
・感受性は鋭いが、神経が過敏で冷たい面がある。
・判断能力に欠けるところがある。

【紫】
・感受性や創造力が豊かで、観察力もあるため芸術的才能を持っています。
・それだけに「自分は他人とは違う独自性を持っている」と過信しがち。
・高慢でプライドも高く、人前で恥をかかされたりするのを嫌う。
☆心肺および血管に作用して組織の抵抗力を増進。
☆女性生殖腺の活動を高める。


色の力を利用して・・・
遠くに感じる色(青)/近くに感じる色(黄)
暖かく感じる色(赤)/冷たく感じる色(青)
重たく感じる色(黒)/軽く感じる色(白)

ビジネスマンや制服に【紺色】が使われているのは安定感や信頼感。
看護士や調理師などの職業の制服は【白】が使われているのは清潔感。
軍服やユニフォームは【赤】が使われており、闘争心などを掻きたてる。



2006年01月01日(日) ワンderful opportunity




あけましておでめとうございまーす(確信犯)

2006年はどんな一年になるんでしょうか。

長かった学生を卒業して、社会人として働き出す。

大学は高校の延長線上。

高校は中学の、中学は小学校の・・・

だからこそ学生の延長線上の社会人にはなりたくありません。


かと言って仕事だけに没頭するのは御免。

趣味とか楽しさに費やす時間もしっかり保とうと思います。

この思いが理想論とならないように。

働き出して、疲れまくって、仕事だけになりかけても。


そしてここまで育ててくれた人たちに恩返しをしていこうと思います。

両親や家族、親戚、友達・・・


社会人として巣立っていく一年の抱負を書いておきます。

一、会社に入っても「できる人間」を演じないこと。

一、わからないことは聞きに行き、教えてもらう

一、しっかりとした人間関係を築く

一、要領ではなく、遠回りでも良いから努力する

一、一度決めたことは結果に関わらずやり通す

一、努力を継続させる

他にも色々ありますが、この6つを常に念頭に働きたいと思います。

                          以上


写真はひなたぼっこの犬(熱海にて)


--------------------------------------------------------

「窓背効果」
座る方向で心理的な違いをもたらす。
奥か手前かどちらに背を向けるのかという点。
・「Closed Type」ドアに向かってデスクを置く
・「Open Type」窓にデスクを向ける
社長室や面接官の座る机はドアを前にして窓を背にした向きに。
窓を背にして座ることでガラス窓の冷たい質感が座っている人の断固とした意思を代弁するという効果がある。



 < 過去  INDEX  未来 >


きむそん

My追加