ステテコ日和
地球に優しい、目にも優しい
Yes,I love ego☆
No,I love ero

2005年12月31日(土) 非(非凡)凡




こうしてまた一つ年を越えていく。

行く年来る年。

なんとな〜く甘ったるい響きの大晦日。


大晦日の思い出といえば、小学校5年生の時。

その日は母と妹たちが朝からおせちを作ったりと大忙し。

で、ぼーっとしてたら手伝わされそうやから家を出た。

自転車に乗って最初はぶらぶら。

することないので神戸に行くことにした。

たしか大晦日の一週間前に家族で神戸に行って、楽しかったから。

もちろん地図はない。

道路標識を辿りながらひたすら西に。

その日がレシートとの出会いの日だった。


あと覚えてるのは大学1回生の大晦日。

その当時僕はジャンボカラオケ京都三条河原町店で働いていた。

で、サークルの行事よりもこちらを優先してバイトに。

来年はサークルで年越しをしようと思っていた。

が、結局は一度も年越しサークル行事に参加せず。

悲しすぎる・・・


考えてみれば、ほとんどの年越しは親と過ごしてきた。

家族七人揃ってNHKを見ながら。

もちろん海老てん年越しソバをすすりながら。

で、左隅に00:00が出たらみんなで挨拶。

それから近くの理安寺に除夜の鐘をつきに行く。

カウントダウンとかも行ったことないし。


まだまだ年越しはやってくるしイッカ。

そんな感じで年越しにはあまり興味がない。


来年くらいはみんなで楽しみながら年越しを迎えよう!!

年越し花背とかポンポン山初日の出とか♪


写真は熱海のマチカドで出会ったときめきの瞬間


--------------------------------------------------------
「右脳と左脳」

人間の脳は右脳と左脳に分かれている。
右脳は主に感情や情緒、左脳は言語や論理を司る機能を有する。
脳と体の関係ではそれが逆。
顔や体の左半分は右脳が司っており、理性が表れることになる。
相手の感情の動きを読み取りたい時は、相手の左側に座るべき!!



2005年12月30日(金) そぼろ君、もっと怒って!!




大人になったらできないこと。

それは子供のうちにやっておくべきこと。


小学生時代からそんなことをずっと考えながらここまでやってきた。

良い大人になるために、悪い子供を楽しんできた。


30歳の男が隣の家の壁を燃やしたら犯罪。

それが11歳の子供が燃やしたとしたら・・・

そう、ただの火遊び。


万引きだって、強盗だって、放火だって。

みんなみんな良い大人になるための訓練。


子供のうちに悪の好奇心を満たしてやる。

子供の時にそれが出来なかった子は、大人になってからが怖い。

「ちっちゃい頃の・・・若い頃の・・・」

そんな満たされなかった悪の欲求が爆発する。

背負うものも違ってくる。


中学校の流行歌をふと思い出した。

「ジャンマケタムショデマンビキシーヨカッ!!」

インじゃんの時の掛け声である。

何かの呪文のような意味不明の18文字。

これを解読してみよう。


切れ目はどこか。

まずはジャンマケが第一節。

以下、次のように切れ目が入る。

タムショデ/マンビキシヨカッ!!/

つまりはインジャンで負けたやつが万引きするということ。

ジャンマケ⇒インジャンで負ける

タムショ⇒田村書房


あの頃の悪戯があるから、今の僕がある。

幼いときに悪を知ったから、善を知ることができる。

悪を知らずに善を語ることは出来ないと思う。


写真は新宿歌舞伎町のネオン街


--------------------------------------------------------

「スティンザー効果」

アメリカの心理学者スティンザーが提唱
会社の会議やミーティングなどを観察した結果、共通する傾向。
^柄阿傍掴世鮴錣錣擦秦蠎蠅参加している場合は正面に座る。
△△詒言の後、次に発言するのは反対者の方が多い
5陳垢離蝓璽澄璽轡奪廚弱い場合、他の参加者は正面の人と話す。
さ陳垢離蝓璽澄璽轡奪廚強い場合、隣の人と話したがる。



2005年12月29日(木) シベリアンジンセン




「月刊コンビニ」に書いてあった。

『コンビニ検定』調味料の’さしすせそ’を答えなさい。

さ・・・砂糖!?

正解。


し・・・塩!!

正解。


す・・・お酢??

正解。


せ・・・せぇ!?・・・(沈黙)・・・背油っ(@_@;)

醤油(正油)かよっ!!


そ・・・味噌。

正解。


五問中四問正解で、コンビニ検定2級レベルでしょうか。


でも良い覚え方だー。

将来料理作るようになったら、思い出すやろなー。


ちなみにマリリン・マンソンはこんな歌詞を残しています。

I don't like drug,but Drug likes me .


つまり言いたいことは・・・

塩分控えめ、マルコメ一番!!

調味料ジャンキーな人はいませんか??


写真は雨の日のフロントガラス

--------------------------------------------------------
「プロクセミックス」

人の空間行動の研究のことで、近接心理学とも言われている。

個人差があるものの、人の縄張りは1,5mくらい。

鴨川の等間隔カップルもこれが働いてるため。



2005年12月28日(水) お受験です。




気がついたら一番下の妹が高校受験。

二人揃って第二学区の中堅校・・・

まぁ私立にならないように頑張りなさい。

駄目な兄貴は高校・大学と私立ですから。

死ぬ時に評価は決まるもんやしね。


そういえば、受験勉強の裏でもう一つの闘いが!!

ゲン担ぎのお菓子やらが出回ってる!!

受験特需というか、ここぞとばかりにメーカーは打って出る。

・グリコのポッキー(ポッキーで吉報)
・明治製菓のハイレモン(頑張れば入れるもん)
・ネスレーのキットカット(きっと勝つ)
・アサヒのMINTIA(WINTIA)
・明治製菓のカール(ウカール)
・ロッテのキシリトール(キッチリトール)

だってさ。

セブンイレブンに書いてあった。


写真は東大寺二月堂の参拝客


--------------------------------------------------------
「アイコンタクト」

伝達手段としての二つの機能
〜蠎蠅糧娠についてのフィードバックを求める
対人関係を調整する

会話している2人が相手を見る時間は、通常は会話全体の30〜60%。
その中でアイコンタクトを取るのは10〜30%。
時間にして1〜7秒と言われている。



2005年12月27日(火) D51




↑↑東北のキレイな写真。

クリスマスを利用して東北に行ってきた。

山形県と宮城県を中心に。

あ、もちろん電車です。

青春18切符もあるしね。


仙台あたりからかなりの豪雪。

陸羽東線(通称:奥の細道湯けむりライン)からは数mの積雪♪

高ぶる感情から写真撮りまくりでした。


山形県は鳴子温泉。

コケシで有名な温泉町で、駅とか寂れた商店街が趣きあり。

で、鳴子から天童まではヒッチハイク。

深夜2時から大型トラック狙いで声を掛けまくる。

が、1時間以上乗せてくれず。

本気で凍傷なりそうな油売りの少年だった。

ようやく乗せてもらえた車で村上まで。

そして二台目はすぐにつかまり、天童まで。

そこから山寺へ。

ここは仙台から数十km、一昨年の夏合宿前哨戦でも行った所。

ジャンボカラオケ広場の平岩君の心の拠り所。

どうでも良い話だが、二千台のトラックが競争したら・・・

まぁいいや。


心残りは牛タンが食べられなかったこと。

そして「SL義経号」(蒸気機関車)は見れなかったこと。

かなり疲れたけど、それ以上に自由なミチノク旅行だった。


写真は山形新庄市での樹氷

--------------------------------------------------------
バーム・テスト

バームとはドイツ語で「木」の意味
描かれた木からその人の性格を知ろうとするもの
行動傾向や社交性、自信の有無、現在の自分への評価など
ドイツの心理学者コッホが開発



2005年12月26日(月) ______切り替え




みなさーん!!

メリークリスマス☆

そして金沢ギボンヌー!!

と、いうかほんまは年も明けてるんやけどね。

なんか知らんまに2006年になってるし。

気がついたら2週間近くも日記更新してへんし・・・

とりあえず東北&熱海旅行から帰ってきました。

もちろん往復240円で・・・っと・・(^_^.)

そんなわけで久しぶりに仮想現実世界と繋がっています。

HPとか日記とかBLOGとかcheckするんにかなりかかりました。


さて、現在2006年01月11日(水)の01:48

どうにか頑張ったら線対称できそうな日ですね。

今から日記を一気書き☆


あと、手を出すまいと思ってたMIXIも登録♪

これっ、日本全国民が繋がっちゃうんでないの??


写真は横浜桜木町の高架下アート。


--------------------------------------------------------

「代償行為」
ある欲求を置き換えて代償的に要求を満たすこと




2005年12月25日(日) メリークリスマス




床一面に散らばる投票権。

あちらこちらから流れるタバコの煙。

新聞紙は夕方には溢れんばかりに散乱している。

通路に座り込み、画面に食い入る中年男性。

中にはクリスマスというのにデートに来ているものも。

全てが自由で、腐り切っていて、それがカッコいい。


今日は09:00に起きてランニング。

ポンポン山までサイクリングするつもりだったけどヤメタ。

11:00頃大阪に。

そう、今日は一年の競馬納め有馬記念。

ちょうど今年は50周年という記念年。

しかもディープインパクトやらゼンノロブロイやらで競馬熱が再興。

暇でもないけど行ってきた。

RUCC内でも競馬好きは結構いるみたいやし。

自分へのお年玉ということで(当てる気満々)、いざ梅田WINSへ。


第50回 有馬記念(G1)

2005年12月25日(日)

中山競馬場・芝・右回り・2500m

8枠の16頭立て

発走時間は15:25


最近は全く競馬やってないので、馬もあまり知らない。

知ってるのは以下の9頭・・・

サンライズペガサス、ゼンノロブロイ、ディープインパクト

そしてヘブンリーロマンス、タップダンスシチー、ハーツクライ

オペラシチー、リンカーン、デルタブルース

というわけでこの9頭で考えることに。

有馬記念やしここはでっかくいこー。

そんな感じでオッズ表と睨めっこ。

中学2年の時に京都競馬場で初めて馬券買った時を思い出した。

そうだ、松永幹夫でビギナーズ・ラックだったんだ!!

ってことで4枠番のヘブンリーロマンスを軸に。

そして次にサ行の馬を調べてみる。

おっ、ゼンノロブロイがいるじゃないか!!

って感じで2枠H屬離璽鵐離蹈屮蹈い坊萃蝓

そして世間を騒がせている3枠θ屬離妊ープインパクトも。

悔しいけど外すことは出来なかった。

最後に外国産馬である5枠番のタップダンスシチー。

適当そうに見えて結構自信があったり。

男なら馬連or単勝というこだわりから今回は馬連で。

−В毅娃葦漾 滷隠坑
 
ぁ櫚Γ毅娃葦漾 滷械械

ぁ櫚500円 ×1374

Α櫚В毅娃葦漾 滷械

これがどれだけばけるのか??

最低でも当たれば1万円の+にはなる!!

あとはどれでもいいから来てくれ☆


そう願いながらNU茶屋町のTully's cafeでお昼御飯。

アサイーとかいうアマゾンフルーツのジュースを飲んだ。

それからLOFTの7階のvilledge vangardで立ち読み。

面白そうな本がわんさかあって困った。


そして15:25再びWINSへ。

芝田の交差点は人でいっぱい。

でっ、気になるレースの結果は・・・

一着ハーツクライ

二着Ε妊ープインパ苦ト

三着リンカーン

ってことで見事に外れ。

あぁ2000円で見た夢は2時間だけでした。

時給1000円の有馬記念バイト。


あとは第498回全国自治宝くじに夢を託すのみです。


写真は大阪梅田WINSにて

--------------------------------------------------------

異常心理

神経性性質は性格診断による分裂気質に該当するものと思われていた。

ドイツの精神病理学者クレッチマーによる性格診断

1980年代からは人格障害と呼ばれるように

最近急増は境界性人格障害(ボーダーライン・パーソナリティ)

精神症
・不安反応
・強迫反応
・ヒステリー反応
・妄想反応
・抑うつ反応

具体的な症状
・疑惑症(戸締りやガスの元栓)
・恐怖症(いつでも不安)
・計算症(どんなものでも数えないと気が済まない)
・洗浄強迫(手洗いばっかり)
・感染恐怖(カビ菌つくとお仕舞)
・ヒステリー(芝居がかった言動)
・対人恐怖症
・詮索癖



2005年12月24日(土) 旅スルカラダ




まちに出掛けて、色んなものを見てきた。

そしてそこで思ったこと。

緑×紫の配色かっこいい!!

黒のパーカーにインナーは緑、そして小物で緑を使うのカッコいい。

年賀状書かないと!!

全国の百貨店のトイレを見て回ろう。

たこ焼きは中がドロドロの方が良い。


上の写真は武庫川女子大学の学生です。

やっぱり光学Zoom12倍は最強です。

国道2号線武庫川団地(レインボータウン周辺)にて

-------------------------------------------------------------
緊急時にわかる深層心理

アメリカの心理学者ローゼンツワイク

PFスタディ(Picture Frustration Study)による実験

絵画欲求不満テストと言われている

フラストレーション場面→攻撃欲求傾向

攻撃方向
ヽ鞍格向・・・攻撃を相手や状況に向ける
内罰方向・・・自分自身に攻撃を向ける
L吉格向・・・その場を取り繕って攻撃を避ける

反応型
‐祿架グ矛拭ΑΑ障害を強調する
⊆我防衛型・・・自分を攻撃した人を強調する
M弋畍納昂拭ΑΑι塰の解決を強調する

最近のビジネスマンは「他罰型志向人間」??



2005年12月23日(金) 送信してやりましたっ




歌詞のような日記を書きたいと思ってる。

だから文のツナガリを最後に持ってきたり。

体言止めもやたら多いし。

抽象的な表現とか曖昧な文とかも使うようにはしてる。


理想は全てが最後に帰結する文。

二つの別々の糸が、途中途中で交錯しながら。

最後はありえない繋がり方をするのが楽しい。

映画Dallsみたいな。


自惚れとはわかっていながら、これは才能だと思う。

自分の能力に気付いてながら、謙遜する人は多い。

だから僕は一年前の最先端として走り続けたい。


「自分にストイックに」なんて言わないで。

そんな完全ぶっても意味がないし。

そこを一番知ってるのはなんてったって自分なんだから。

--------------------------------------------------------

自分自身を知る

「Who am I ? test」

別名を「TST法」とも言う

1940年にアメリカの心理学者マンフォード・クーンが提唱

投影法の一種とは異なり、文章完成法と似ている

「私は〜だ。」と20項目記入していくことで再発見



2005年12月22日(木) パラレルワールド




今日生まれて初めて金縛りにあった。

夕方に東北から帰ってきて、サッカーに備えて寝ていたらいきなり。

以前から金縛りとかに興味はあったので、冷静だったけど。

色んな人から聞くとおり、体が全く動かない。

だけど視聴覚はしっかり働いてる(はず)

なった瞬間に「これが金縛りの正体かっ!!」って興奮。

起き上がろうとしても全く歯が立たず。

きっと脳は起きていても、体がクタバッテるんだろう。

どれぐらいの間かわからんけど、えらい長いこと続いた。

長すぎると長すぎるで、夢か現実かわからなくなる。

そのうち自分の頭の中で幽霊を作り上げてしまったし・・・

たぶんそうあって欲しいという願望50%。

科学的に説明できるものだという願望50%。

そんな葛藤と闘ってました。

でもなぜか、あの時に一瞬でも気を抜いたら幽体離脱しそうだった。

死んだら意識だけのアストラル体になるとか聞いたし。

家に誰もいなかったから幽体離脱までは行かなかった。

というよりもいざとなると恐怖心で行けなかった。


で、ようやく金縛りも解けて考えてみる。

これが金縛りだったんだと。

そしてもう一度布団に入って、意識的に金縛り状態に。

金縛りになってる時に、筋肉とか神経の活動部分に気を向けていた。

そのおかげで、どこに意識を集中させ、気を抜くのか大体掴めていた。

でも結局は成功しなかった。

筋肉が痙攣の一歩手前まで来てることはわかっても・・

なかなか踏み込めない。

最後のスイッチで一気にあっちの世界に飛んでしまうし。


今回の金縛りは貴重な体験だった。

今までは誰かから聞いた話だけだった。

それを自分で体験できたのだ。

頭ではわかっているだけでは意味が無い。


そして、今回に限って言えば金縛りは心霊現象ではない。

「幽霊の正体見たり枯れ尾花」みたいな感じ。

怖い、怖いと思うから何でもないものが幽霊に見える。

こちらの心の持ちようで何にでもなるし。

金縛りが幽霊によるものだという観念がそうさせてるだけだと思う。


あとは自分で金縛りを操れるようになりたい。

明晰夢とか体脱で自分をコントロールできたら・・・

まぁたいがいは自分のためには使えなくなってるけど。


あの手足の微弱な痙攣。

意識と無意識の間で闘い続ける瞬間。

失神手前まで落として、そこから帰ってきたら最高に気持ちいいと思う。

現・実・逆・進・化・促・進!!


写真は東京西新宿にて



2005年12月21日(水) 迷子になりたくて・・・2005冬




卒業論文も出し終えたし、さぁどうしよう・・・


ってことで冬の東北ぶらり旅に出掛けてきた。

25日に用事があるので4日間だけだったけど疲れた。

寒さで眠れない。

ただその一言。

3回生の時に夏合宿プランで伊豆を作ったことがあったけど、
その時にもう一つ自分で作ってたプランを辿った。

青春18もあったけど120円で山形まで。

鳴子温泉とか鬼首温泉とか。

さすがに月山までは行かなかったけど・・・


大学生の特権であるヒッチハイクは3回成功したけど、
大学生の勲章である食い逃げはできなかった。

帰りに東京で泊まって、深夜の歌舞伎町を散策したり。

かなり危ない写真も、めっちゃ綺麗な写真も撮れた。

他にも仙台の奥座敷にあたる山寺とかも見て来た。

雪がありえないくらい降る東北。

新庄とかでは1mくらいの積雪があったりと驚き。

雪景色の五能線に乗ることは出来なかったけど自由気儘な旅だった。


あ、最後に・・

山形の赤湯温泉はかなり不便。

赤湯駅から徒歩30分。

そんな赤湯温泉の中でも、「清茂登」はいまいち。

外見はしっかりした数寄屋造りに見えるが、実は。

温泉は源泉掛け流し&加温・加水なしと文句ないのだが・・

全てが汚い!!

そんでもって温泉代ボッタクられた(T_T)


最後の最後に・・・

冬の北海道自転車旅行は夢半ばで終わりそうな気配が。

ありゃ凍え死ぬって。

しかもテントもシュラフもないし。



2005年12月20日(火) 踊る阿呆に見る阿呆




一昨年、昨年に引き続きまた見に行った。

2005年12月20日は立命館大学文学部卒業論文提出締切り。

一昨年までは修学館が提出受けだったけ、昨年から啓明館二階へ。

やっぱりもの凄い人だかり。

あの花道を駆け上がって行きたい気もするけど・・・


思うことは、卒業論文はギリギリに出すこと!!

そして、早くからやり始めないこと。

前日の晩に徹夜で完成させるぐらいの勢いが学生らしい。


学生らしくもなく、面白くもない卒業論文の提出を少し後悔。



2005年12月19日(月) 冷たい記憶




まちはクリスマスツリー。

大文字山とかから見る京都の家々はきっとそうなんだろう。


記憶を辿ってみる。

あの日の記憶の原点は見当たらない。

それどころか過ぎ去った日々に遡ることすらできない。

ただ、ぼんやりと頭の中でロウソクに灯が点る。


もうすぐクリスマス。

ていうか、これ書いてるのがクリスマス。

こんな年があっても悪くは無い。

部屋の暖房がぼんやり点っている。


そんな僕が、今年はクリスマスツリー☆



2005年12月18日(日) 夢は夢のままで




2005年12月18日(日)

目が覚めると昼の12時ちょうど。

一瞬自分がどこにいるのかわからなくて焦った。

部屋には赤津とおれだけ。

あれっ?みんなは?

「帰ったよー」

随分長い間寝ていたようだ。


昨日は最後のクラブラン。

雪の愛宕に行ってきた。

谷山林道で今年初の雪を目にして興奮。

今年はあまりランにも参加してなかったので楽しすぎる。

これがやっぱりRUCC!!

いい歳の大学生がみんな子供に戻っていた。


色んな道を走って、色んな人に出会って。

そんな思い出が零れ落ちてる北山の道。

でもその道を通ることはもうないかもしれない。

何をするにも「最後の・・・」

っていう言葉が頭をよぎる。


クラブランが終わってからいつもの王将へ。

疲れのせいか、みんなのことばかり見てた。

たぶちょの肌きれいやなーとか。

尼っこはよく喋るなーとか。

スポは気の使い方うまいなぁとか。

しみーは「聞く」で会話してるなーとか。


王将出てから衣笠温泉に。

図らずも5回生から2回生まで。

32期しみー

33期きむそん

34期赤津

35期そーり

冷凍サウナはハマルかも・・(^_^.)

四人で酒枡みたいな風呂入ったり。

1時間近く風呂を楽しんだ。


それからサンクスで酒の買出し。

お好み焼きジャンボでつまみを買う。

んで、21:30から飲み会。

あの狭い部屋に14人!?

二酸化炭素が足りてなかったのは気のせいか。

ムッシュとかもバイト終わりで来たりと破天荒&摩天楼。

終盤には「間引き」が行われたり。


夜も更けて3時頃、サンクスに食糧調達。

と、雪が降ってる!!

ヤヴァイ!!

過去最高級の上質のアドレナリンが精製された。

ムッシュとマリオと三人でやりたい放題。

車に顔のはんこ押しといたり。

雪を掻き集めて万里の長城とかベルリン壁作ったり。

もちろん雪降るなか撮影会も☆

楽しすぎて夢心地だった。


あぁ夢は夢のままで・・・


目を覚ましてから赤津&NIMOとわからんで昼飯。

そんな今日のできごと。


------------------------------------------------------------
あ、総会の写真をアップしました。

なんか白黒多くなって・・・

まっいいか。

2005年12月10日 総会&総会コンパhttp://www.geocities.jp/kimuracolor07/20051210



2005年12月17日(土) 誇れるものはありますか




高校時代に抱いていた大学生像を思い返してみた。

研究室にこもりっきり。

図書館で夜遅くまで勉強。

巡検とか実験で週末は色んな所に行って。

四回生のほとんどを卒業論文に費やす。

そして卒業式は博士帽みたいなんをかぶって卒業。


15日の木曜日に卒業論文を提出した。

「こんなもんかぁ」

そんな感じだった。

思い入れが無いわけでもない。


四年間地理学を勉強してきた。

四年間って言っても、ほとんど三回生の一年だけ。

三回生の頃は修学館に足を運んで、色んな論文を読んだりしたけど。

ほかの時に自分から本を読んだりすることはなかった。


大学でしか学べないことはまだあったはず。

僕はいつも、自分が置かれている環境を使いこなせない。

そんな感じで「もっと〜しとけば・・・」なんて考えてしまう。


中学校の時に見せてもらった両親の卒業論文。

内容はよく覚えていないが、憧れた。

父は一年以上もその研究に取り組んだとか、

何万円もする本を小遣い貯めて読み耽ったとか。

自分も同じような道を辿るもんだと思っていたけど。


子供に見せられるような、立派な卒業論文だっただろうか?

大学生と胸を張って言えるような勉強はあったんだろうか。

別に「4年間のモラトリアム期間」と言われても仕方ない。

それはそれで別の「大学生像」であった訳だし。

親に申し訳ない気持ちを持ちながら、卒業はしたくない。

あとは自分の意思で大学生を学びきろうと思う。



2005年12月16日(金) あほなリス




冬になるとリスはどんぐりを集めに行く。

でも春になってもリスは、自分がどんぐり埋めた場所を思い出せない。

だからまた春にどんぐりを集め直す。


僕が死んだその時から世界はなくなる。

永遠は嘘になる。

だからまた生まれ変わる。



2005年12月15日(木) 「の」でつなぐ




自分の日記を読み返してみた。

ぅ〜ん・・・

若気の至りっていう言葉便利やね。

「の」でつなぎ過ぎやは。

少し自己嫌悪


今日は最終例会。

浅野と赤津とエックスディMAIL送ったり。

本年度最後のラン、愛宕ランのマップリしたり。

で、終わってから弁慶には行かずに、嵐山へ。

2005年12月09日から18日までやってる花灯篭を見に。

あの寒さはヤヴァイね!!

寒っ41!!

写真もいっぱい撮った。

マリオお薦めの二尊院にも行ってきた。

写真撮る気力を奪うくらい綺麗やった。

あとちょうど月もいとおかしかった。

ん??

いとおかしけり。

伊藤、菓子蹴り。

100円おぜんざいで○ッコリ。(こらっ!)


やけどやっぱりあれやね。

三脚必要!!

ないと話にならん!!

まさか写真にお金掛けるようになるとはね。

びっくりクリクリクリスマス☆


--------------------------------------------------

粉雪/れ澪路面


粉雪舞う季節はいつもすれ違い

人ごみに紛れても同じ空見てるのに

風に吹かれて似たように凍えるのに


僕は君のすべてなど知ってはいないだろう

それでも一億人の中から君を見つけたよ

根拠は無いけど本気で思ってるんだ

ささいな言い合いも無くて同じ時間を生きてなどいけない

素直になれないなら喜びも悲しみも空しいだけ


粉雪ねぇ心まで白く染められたなら

二人の孤独を分け合うことが出来たのかい


僕は君の心に耳を押し当てて

その声のする方へずっと深くまで降りてゆきたい

そこでもう一度会おう

分かり合いたいなんてもうウワベを撫でていたのは僕の方

君のカジカンダ手を握り締めることだけでつながってたのに


粉雪ねぇ永遠を前にあまりにもろく

ざらつくアスファルトの上しみになっていくよ


粉雪ねぇ時に頼りなく心は揺れる

それでも僕は君のこと守り続けたい

粉雪ねぇ心まで白く染められたなら

二人の孤独を包んで空にかえすから



2005年12月14日(水) Are You Ready To Death ?




タイトルに合わせ、老人の写真を載せようと思ったけどヤメタ。


僕にはごく普通な夢がある。

女の人と結婚して、子供を作って、おじぃちゃんになって死ぬ。

孫に囲まれて死ぬものだと考えていた。

でも、僕の未来はわからない。

五秒後にはマジで恋してるかもしれない。

3年後にはリストラされてるかもしれない。

希望に溢れた現実世界ではない。

かと言って世を疎んでみても仕方ない。

豊かな毎日にHopelessの瞬間。


年末のBIGな夢を買いに宝くじ売場に向かう。

3億円が当たる確率と、殺人事件に巻き込まれる確率。

どちらが高いか知ってますか。


こんな時代だからこそLIVING WILL

未来に向けた自分の意思。


歴史に「もしも」は御法度だと英語の先生が言ってた。

だけれども未来には「もしも」がある。


記憶障害になったとしても、

離婚したとしても、

シャーペンの芯が折れたとしても、

踊りつかれたとしても、

僕は僕でありたい。


好きな音楽を聴いた瞬間に、過去の自分を取り戻す。

ヘレンケラーのように記憶を辿るための標を作っておきたい。

それが僕にとっては写真であったり、音楽だったり。

もしかしたらレシートかもしれないしDRUGかもしれない。


みんな結局は自分のこと。

それが人間で、そんな醜さが人間だと思う。

理想論で全てを考えるな。

独我論で全てを決めるな。


昨日の火事でそんなことを考えた。





2005年12月13日(火) セピア




ついこの前心斎橋に行ってきた。

お目当てはそうご百貨店心斎橋本店。

2005年09月07日にOPENしたばっかり。

詳しくは書かないけども、刺激的だった。

百貨店にしかない「わくわく感」がいっぱいだった。


それから用事で阿波座に行って、靱公園とかを散歩。

で、また御堂筋に出てから心斎橋に戻り、堀江とかもぶらぶら。

帰りは御堂筋の一つ東側の心斎橋商店街から帰ってきた。

---------------------------------------------------------

この日記もあと半月ほどで丸一年を迎える。

最初の頃は365日休まず!!って気負ってたけど・・

それでもここまでの347日間は何かしら書いてきた。

とりあえず連続試合出場記録を更新するために、
8回裏から守備要因として試合には出るような感じで。

べつに毎日の日記が書いてるからって、何も変わらない。

日記さんにも失礼な感じもする。

でも書きたいことが溢れ出して来る。

それは「言葉の洪水」のようにとめどなく。

そして、その流れの中で僕は泳ぎ続ける。

時には水の中で一回転。

流れに逆らうことなく、流れに流されることもなく。

自分に足りないものを知る。

それが毎日の自己内省から紡ぎ出されるはず。

知るを知りたい。

--------------------------------------------------


そうだ、南禅寺に行こう!!

あそこには何かある!!



2005年12月12日(月) be−COZ




自分の匂いは自分ではわかりにく。

自分の言動とかもわかってるつもりでわかってない。


山中湖に映る逆さ富士。

富士山は毎日湖面に映ってる自分と向かい合ってる。


イタリア人に美男美女が多いのは、ナルシシストが多いからと聞いた。

朝起きて鏡の自分に「おはよう」

お昼ごはん食べて鏡の前で「ごちそうさま」

夜寝るときは鏡と一緒にLOVE枕。

毎日鏡ばっかり見てる。

だから、自分の欠点とかもよく知っている。


曇ったフロントガラス越しに見える自分はまだ醜い。

周りの目を気にして、気にしないフリをする。

いつも内ポケットに手鏡を。



2005年12月11日(日) 総会爽快あぁそうかい2。




はじめての総会の時、僕は遅刻した。

轍が完成していなかったから。

いや、総会があんな空気だということを知らなかったから。


二回目の総会の前の晩、僕はあまり眠れなかった。

趙さんとかも来ていた気がする。

目の前が真っ白な空間。

そんな雪の大地に光が射していた。

もちろん緊張はしているけども、これから一年間を考えれば・・

「Minority」とか爆弾発言も飛び出したけど、
何時間も集中を保たないと駄目なので神経擦り減らしたけど。

あの一日は忘れることはない。


三回目の総会が一番「総会」を感じた。

一回の時も、もちろん二回の時も、「総会」を感じる余裕はなかった。

目の前には新執行部の凛とした顔ぶれ。

みんながとても頼もしく見えた。

と、ともに寂しさも感じたのを覚えている。


そして2005年12月10日。

四回目の総会。

場所は恒心館732。

いつの間にか最上回生として総会を迎えていた。

久しぶりのYO平と喋る。

おっと、高知からCAさんまで!!

4時間に及ぶ大事な話し合い。

疲れも相当だったはず。

それでもみんなの目は真っ直ぐだった。


新執行部のみんなから見られる緊張感。

それがあのピリッとした空間を作ってた。

あとは来春の話。

信任を得て、これから組織を動かしていく。

頑張れ!!若造!!

僕が先輩方から受けてきた激励を、みんなに伝えます。

一度きりの執行部を楽しんで。


「この日」が「あの日」になるまでに。



2005年12月10日(土) 雁字搦めの人生行路




・一眼カメラの勉強&実習

・百貨店研究

・メンタルヘルスの勉強

・修学館で文献読みまくる

・毎日サッカー

・毎日雪の北山サイクリング

・毎日のんびり

・フェリーで雪の北海道

・青春18切符で青森&岩手へ

・無賃乗車で東京散歩

・図書館で一日一冊の読書

・販売士検定二級の勉強

・簿記四級の勉強

・HPの更新

・後輩とやんちゃ旅行

・居候生活

・カフェ巡り

・尊敬語、丁寧語、謙譲語の習得

・追い出し自走

・鴨川でまったり

・大文字オール(通称Dオール)

・レシートの整理&編集

・ビスコ博士になる

・部屋の片付け

・フリーマーケットを出す

・今宮神社定期市(毎月01日)

・豊国神社定期市(毎月18日)

・東寺がらくた市(毎月21日)

・北野天満宮仕舞市(第4日曜日)

・お寺巡り(長谷寺、室生寺、日吉大社、石山寺、光明寺、苔寺)

・千本日活

・シネフレンズ西陣

・宇治ウトロ地区

・西成あいりん地区



2005年12月09日(金) 無罪の疑いで・・・




こんな大変な時期に映画を4本も見てしまった。

一本目は「スウィング・ガール」

つい最近見つけた先輩BnBnのBlogを一気読みしたら書いてたから。

いつも思ってることやけど、「高校生って良いなー」って感じ。

もし高校生に戻れるなら、何でもできる気がする。


二本目は「花」

がちゃパソコンのデスクトップ背景のやつ。

大沢たかおってカッコいい!!

白っぽいパーカーに緑のカーゴパンツ。

そして足元には白のチョイゴツのスニーカー。

あんな雰囲気のある男性にはどうしたらなれるんだろう。

内容も東京から鹿児島への無茶な自動車旅。

(ただ、ここでの無茶はブッコミ系ではないけど)

指宿とか備前市とかも出てきてイイ感じ。

知ってる場所が出てると嬉しくなる。


三本目は「血と骨」

やっぱりビートタケシは凄い!!

そしてあんな人生もいいもんだーって思った。

人民解放とか共産党とかそのへんのこと詳しかったら、
もっと楽しんで見れるんやろなぁって思った。

そしてこの映画が朝鮮人監督によるものだということに一番驚かされた。

表現できる、しても良いというゾーンを軽く越えていた。

いわばタブーの領域を垣間見れた。


四本目は「−less」

三本目のんも良かったけど、この映画もタイトルが良かった。

正確に言うとタイトルの付け方が上手いと思った。

内容はSCREAM系。

彼氏or彼女と見ることをお奨めします。

この映画は新気鋭監督二人による処女作。

撮り方や話のひっくり返し方&まとめ方がすごくシンプル且つ上手い。

映画監督は処女作が一番良いってよく聞くけど納得。


--------------------------------------------------------------
木村君、暇になったら2005年10月02日の日記を見なさい!!

とりあえず卒論を完成させよう。

終わったらやりたいこといっぱい☆

明日の日記に思いついた限り書いておこう。



2005年12月08日(木) ジフサカサ




写真は日本が世界に誇るMt富士。

逆さ富士で有名な山中湖から撮った一枚。

思わずうっとりしてしまう美しさ。

この後、ボートに乗って写真を撮りまくったけどヤヴァイ♪

山中湖の水質がすごく軟らかくて、なんていうんかな。

そう、一回生の時の追い出し(趙さんの代)の白浜A温泉!!

洗剤でも入れたようなヌメヌメした感じ。

そんな素敵な湖を覗き込んでいたら、吸い込まれそうになった。

もうこれ以上ナルシストにはなれませんよ・・・


自分を見つめてみる。

毎日毎日日記に書いてみてもわかりはしない。

それどころか意識自体がブレてしまう。

風が吹いただけで水面は揺らいでしまう。

石を投げて、同心円に広がる漣はどこまでも続いていく。


透明なようで色もあるし、

色があるかと思って詳しく見てみると何色でもない。


色々なことが知りたい。

でも本当に知りたいことは、自分のこと。



2005年12月07日(水) 携帯から蜘蛛の糸




DJでも、

CanCanの専属モデルでも、

三ツ星レストランのシェフでも、

風景写真家でも、

彫刻家でも、

温泉マニアでも、

一級建築士でも、

官房長官でも、

両ききでも、

自由人でも・・・


自分が思ってるほど周りの人は優れてはいない。

そして、

自分が思ってるほど周りの人は劣ってはいない。



2005年12月06日(火) 誰かの日常と誰かの非日常





さて、日記でも書くか。

ってところなんですが、ちょっと待った!!

まずは・・・

伊吹ちゃんお誕生日おめでとう!!

ヒカリさんもチョーさんも良かったですね☆

幸せの種が日本各地に飛び散ってますよ!!

本当におめでとうございます!!

----------------------------------------------

このところサッカーを再開し出した。

一人で高槻文化会館の壁とサッカーとか。

フリースタイルフットボールの練習とか。

しかも夜やからボールが見えにくい。

実践になるとこれがきっと活きてくると信じて・・・


ちょっと前は隣町の島本町まで行ってきた。

もちろんドリブルで。

往復15kmほど。

島本町と京都府乙訓郡大山崎町の間の「江川」の団地で。


夜の国道171号線。

かなり恐い。

もちろん前からの歩行者にも気をつけてるし、
後ろからの自転車とかにも注意している。

いやでも顔は前を向く。

ぅ〜ん。練習になる!!

ドリブルの時には「look up!!」言われましたよね!?


そんな感じで夜の国道で自分の影と追いかけっこしてました。

抜きつ抜かれつの競争。


笑って済むと思ったら大間違えですよね・・・


あぁー伊吹ちゃんみたいなー(>_<)



2005年12月05日(月) ホームレスにも冬は来る




子供しかるな来た道だ。

年寄り笑うな行く道だ。



この日は10:15から伊勢丹の内定者事務手続き。

ほとんどの人とは10月01日の内定式以来2ヶ月ぶり。

トルコ行ったり、食中毒なったりと相変わらずネタは豊富。


そんなわけで09:40家を出て09:45JR高槻駅到着。

09:48発の新快速に乗ったんだけども・・

西大路駅あたりでふと外に目をやると(゜o゜)

北山はうっすらと雪化粧。

思わず目が釘付けになりました。

ドン太のBlogで知ったんだども、衣笠でも初雪だとか。

明日は降らんかなぁ〜?


内定者研修の内容は、午前中に入社前研修。

午後からは給与などに関してとか、口座振り込みなどの書類記入。

入社前研修では挨拶や敬語、接客マナーについての勉強。

社外からフライトアテンダントの人をお招きしての90分だった。

お昼ごはんの時に短大生とも少し話できたし良かった。


で、17:00に研修終了。

7時間もスーツは疲れる。

この後四年生大学8人で集まってポルタへ。

JR京都伊勢丹の食事処はかなり絞られてくるのが痛い。

結局迷った挙句に内定式の時と一緒の「グルメ」へ。

サンドウィッチセットB920円を注文。

イサムのサンドウィッチの発音は見習いたい。


2時間くらいだべって京都駅で解散。

あ、京都駅大階段のクリスマスツリーがかなり綺麗☆

どうせなら京都タワーもイルミネーションしたらいいのに。


帰ってサッカーして卒論。

木枯らしピューピュー。

桃の天然水。



2005年12月04日(日) 懇ろ




昨日は早起きして京都に散歩しに行ったった。

ぅん〜ん。MINIちゃりはやっPARI辛い。

わかりにくいなー。

つまりは、折り畳み自転車は足が疲れるということですね。


まずはじめに、広沢の池に。

行ったらなんかしてた。

鯉を池から捕まえてはった。

さっそく一眼で激写。

白鳥もどきも飛んでいて、お正月みたいな感じだった。


そんでからいつもの愛宕街道に入って、化野念仏寺に。

紅葉もさまざまに色付いていた。

六面観音とかは六道(天上界とか地獄界)に見立てて作られてたり、
考えさせられるものも多かったと思う。

あの有名な何千体もの石仏も気に入った。

でもあれは化野一帯に葬られた人たちのお墓だったり。

しかも無縁仏。

広沢とか鳥居本とかと同じように、風葬の地だったらしい。

そんなことを知ると、ただの石仏には見えない。

敬いや慎みがこみ上げてくる。


それから愛宕念仏寺に。

ここは紅葉をメインに見て回った。

クラブランでみんなと休憩する鳥居本の常夜灯も、
一人だと少し違った景色になる。


帰りは清滝街道に入って大覚寺をスルー。

寒かったけど日も出てたし良い一日でした。


いったん家に帰って午後から学校で卒論。

あー。はよ終わらんかな。

すぐに終わらせることはできるんやけど・・・

一応大学四年間の集大成やしね。



俗世間 つもりちがい十ヶ条

一、高いつもりで 低いのは 教養

二、低いつもりで 高いのが 気位

三、深いつもりで 浅いのは 知識

四、浅いつもりで 深いのが 欲

五、厚いつもりで 薄いのは 人情

六、薄いつもりで 厚いのが 面の皮

七、強いつもりで 弱いのは 根性

八、弱いつもりで 強いのが 我

九、多いつもりで 少ないのは 分別

十、少ないつもりで 多いのが 無駄




2005年12月03日(土) 葉脈42195




「なんか俺が行く行事の時に限って雨だなー」

そんな自称雨男or雨女の人いませんかー?

その人の存在なんかで天気が変わったりしたら大変!!

回生旅行が雨なのは君のせいぢゃない!!


自称雨男の場合、雨が降ってる時を意識しすぎてしまい、
どんどん思い込みが深くなっていくのだと思います。

言ってみれば自分に都合の良い情報だけを記憶しておき、
偏った情報をもとに虚像を作り上げてるんだと思います。

さて、こんなありきたりなことを書いてみました。

でもこれは前書きです。


本題はここから。


上で述べたことはドラックにも言えるんじゃないのか。と。

ドラック=悪
ドラック=人間やめますか

でもちょっと待てよ。

確かにドラックは非合法です。犯罪です。

ただ、ドラックで一括りにするのは間違ってます。

ドラックの中にも合法のものもたくさんあります。

そしてなにより、「ドラック」とは総称なんです。

麻薬とか大麻とかべっこのものをまとめての総称なんです。

だから、よく言われる依存症とかも各々全然違うんです。

ナチュラル系の大麻の依存度は酒・タバコの数十分の一。


また、ドラックは「犯罪」とすぐに結び付けられます。

じゃあ大麻が認可されてる国はどうなるんだと。

酒に飲まれて犯罪につながるケースはどうなんだと。

「ダメだからダメ」という押し付けが一番腑に落ちません。


結局は雨男と一緒。

都合の良い条件のもとで議論をしようとするほうがおかしい。

マリファナ合法論者はマリファナの良いところばかりを主張する。

ドラック排斥論者はドラックのマイナスの部分だけを主張する。


だから僕は自分自身の責任にのっとり、「知る」ことにしました。

そして自分なりの判断材料を見つけようと思います。

いくら本を読んでも、得られないものがそこにはあります。

リスクと責任をしっかりと意識して、僕は忍び込みます。

今しかできないから。

人間なんでも挑戦!!人間なんでも経験!!

棘のない人生なんて損してる!!


雨でも薔薇でも裸足でも

自分の道を、自分のペースで走り抜きたい。



2005年12月02日(金) ペダル動力×4=




いいなーI−NA−。

あると良いなのINAX☆

ちなみにToToのシェアは70%以上だとか。

また一つ大人の階段のぼりましたね。


明日から各回生は打ち上げ旅行。

伊勢志摩とか奈良十津川だとか大阪日帰りだとか。

どっかヌラリと旅に出たい。

自転車でも良いし、電車でも良い。

電車で行くとすれば12月10日〜01月20日。

もしくは03月01日〜04月10日までの間かな。

青春18切符が使えるし。


あ、そうそう。

カメラ買いました!!

PanasonicのLUMIX−FZ30☆

スペックの自慢はおいといて、かなりの優れもの。

おかげで貯金を切り崩してしまいました。

今日も雨やったけど一眼を首から下げて学校に。

やっぱりカメラがあると楽しいー。


明日は化野念仏寺とか善峯寺、光明寺にでも散歩に行こうかな。

一人で打ちあがって舞い上がってきます。



2005年12月01日(木) 曲がった松の話




光を求めて木々は伸びていく。


今日は立命館大学哲学科の院生の人との話を書こうと思う。


ソボロと同じ哲学科。

院生2回生の○○さん♂。(ちょっと匿名っぽい!!)

出会いは二回生の春先。

青広で一人お昼ご飯を食べていたら、声を掛けられた。

宗教とか倫理とかなんちゃらかんちゃら。

うそ臭いなぁ〜。

しかも同じような話ばかりする。

分かりきってることまで説明する。

同じテーマなのに3つも例え話を出してくる。

うんざりながらも、話の内容は面白かったから聞いていた。


それから何回かお会いして、一緒に勉強とかもした。

神の存在についてとか、倫理の問題とか・・・

日頃からモヤモヤ溜まってるものを○○さんにぶつけてみた。


あれから一年半。

久しぶりに○○さんを見た。

相変わらずの挙動不審。

懐疑心と猜疑心が映し出されたツブラな瞳。

10分ほど尾行してみたが気がつかない笑

後ろから咳払いしてみると、ピクリと反応する。

あぁぁ○○さん。


そんなわけで、学校帰ってきてから久しぶりにノートを見返す。


「本当の自分」

「五丈六尺の蔡君嘆」

「天子」

「孔子」

「無くて七癖」

「目、目を見ること能わず」
「刀、刀を斬ること能わず」

「幸福」

「鏡の中の自分」

「他人−評価」

「今日褒めて明日悪く言う人の口、泣くも笑うも嘘の世界(一休)」

「ブタは褒められてもブタ、ライオンは謗られてもライオン」

「私とは・・・」

「自分を形作る、他人と法律」

「自己反省と欲目」

「七慢・・・過慢、慢過慢、我慢、増上慢、卑下慢、邪慢」

「這っても黒豆」

「私ほど悪い者、粗悪な者はおりません」→
→「オレほど頭の低いヤツはいないだろう」

「法律=真実であり、ありのまま」=正見

「曲がった松を真っ直ぐに見る(蓮如)」


懐かしいなぁ。

ってことでデータベース化してみようと思っただけでした・・


 < 過去  INDEX  未来 >


きむそん

My追加