ステテコ日和
地球に優しい、目にも優しい
Yes,I love ego☆
No,I love ero

2005年11月30日(水) ヒント




「したいなぁ」じゃなくて「したらいいやん」

そのへんの誰かを捕まえて、色々聞きたい。

そして何百個もの「おめでとう」を撮りためたい。


このところすこぶる調子が良い☆

ちゅうぶらりんに一日を過ごしてみるのも悪くはない。

ようは、ものは言い様。


頭脳明晰な思い込みも充電切れ。

ボーダーラインはもう少し高かった。

中田と田中が高菜買ったったな!!


左に逃げるな!!

そっちが正しい道だとしても、

そっちの道は弱虫の道だ!!

左に曲がるな!!

おれの言葉を思い出せ。

そして、立ち止まって考えてみろ。


答えを作る必要はない。



2005年11月29日(火) 空のにほひ




声で叫んでも、心は叫んでいない。

単純だから答えが出てくる。

何も考えていないからものが言える。

どこかにポッカリと穴があいたまま。

ふさがらない傷口から、自己破壊ウイルスはやってきた。

深呼吸でもして、髪でも切って気分一新☆


どこからともなく、白い風。

頑張れ受験生!!

頑張れおれ!!

おーれーおれおれおれ!!



2005年11月28日(月) 生きてるアカシ




悪いことでも、

辛い仕事でも、

楽しくない無意味な時間も。

自分にとってはプラスになる。

どんなことをしてもプラスにしかならない。


それには自分の心の持ちようが大切になる。


一つだけ挙げるとすれば、

言うまでもないけど、

何もしないことだけが自分をダメにする。



2005年11月27日(日) 99999,9




今日は朝09:00起床。

午前中にバイト先(京都高倉蛸薬師)に給料を取りに行く。


そんでそのままCDショップ十字屋寺町本店に。

ここはバーコードをスキャンするPLAYERがたくさんある。

そしてほとんどのCDが視聴できる。

ゼブラヘッド、SLIPNOT、ジミヘン、steriogramを視聴。

steriogramはドライブとかにピッタリ。

若気の至り感が今の僕と重なると自分で思う。

最後に気になってたシャナイア・トゥエインを購入。


さて、ここからどうするか??

ってことでANGERS河原町店へ。

妹の誕生日が24日だったのでプレゼントを買いに。(遅っ)

ついでに父(12月10日)のプレゼントも購入。

久しぶりに足を運んだけど、相変わらず色々ある。

ホルガとかFISH-EYEを衝動買いしそうになった。


それから京都市役所前のフリマに。

フリマも好きな場所の一つ。

HIVとかAIDSのイベントやってた。


市役所を右手に寺町通りを北上。

するとSinamoというカフェがある。

ちょうど環境市民の事務所の真下にあり、前から行きたかった店。

入ろうと思ったけど混んでたからやめた。

で、コンビニでラーメン買う。

そんで御所で少し遅い昼飯。

紅葉がなかなかきれいだった。

写真撮ってる人もかなりいた。

紅葉の下でカメラを構える姿はかなり絵になる。

ってことで僕はそんな人たちを盗撮。


昼飯食って散歩してから同志社大学へ。

今日は学園祭で、人ばかり。

自主制作映画サークルを2つ。

写真の展示会を3つ。

Art創造サークルを2つ。

音楽系サークルを3つ。

色々見て回った。

ミチオには会えなかった。

DCCは白玉団子出してはった。

※ちなみにDoshisha-Cycilng-Club

少林寺拳法の焼きそば250円を100円にマケさした。

ESSのタピオカミルクティ200円を100円にマケて貰った。

明石焼き100円を食べながらスポとアンドレを思い出した。

19:00頃まで遊んで帰宅。


100まではまだ遠い・・・

Jack a dull boy !!



2005年11月26日(土) あ、よいしょっ




デジカメがぶっ壊れました。

学園祭前日の18日に急逝しました。

結構高かったのにな・・・

EXLIM-EZ30が(T_T)/~~~

修理代は1万2千円。

痛すぎる。


20日からずっと一眼を使ってるけど、やはり勝手が違う。

しかもかなりの年代物で露出計が作動しない。

40年前のアサペン(朝日ペンタックス)なので修理も
出来ないし。

おかげでこの三日間は写真撮ってません。

一眼ぶらさげて京都散歩はサマになるけどね。


というわけで貯金を切り崩して、新しいカメラも買おうかと考え中。

しかもデジタル一眼!?

まぁそこまで頑張らへんでもLUMIXとかPOWER SHOTとか。

一眼レフタイプのデジカメが妥当ラインか?

浅野にでも聞いてみよう。


明日は白黒フィルムで街角をトリミングしてこようと思います☆



2005年11月25日(金) ぽっくり




高校生くらいから独り言が多くなった。

気がついたら声となって出てきている。

そしてそんな独り言の自分が嫌いで自己嫌悪になる。


そんな中でも「あー!!」っていう独り言は多い。

昔の恥ずかしい瞬間が甦ってきた時とか。

愛をカタルシス!!って。


そういえば僕はよく自己嫌悪に陥る。

自己嫌悪に陥るというか、陥れてる。

自己嫌悪の時の自分が好きだから。

もちろんいつもがいつもじゃないけど・・・


そんな自分を省みて、また一人嫌気がさして。

いい加減にしとかないと・・・



2005年11月24日(木) 一粒分の恋




好き。

嫌い。

好き。

嫌い。

好き

嫌い☆

好きっ。

嫌い・・

好き!!







嫌いぃぃぃぃぃぃいぃーーーーぃ!!!!!



2005年11月23日(水) imaからmirai




明日は!明日は!!

って言ってるうちに時は流れていく。

どれだけ生きられるのか。

どれだけ遊びまわれるのか。


今日の朝御飯は食パンと牛乳。

お昼御飯はラーメン。

死ぬまでに何回の御飯を食べるんだろう??

そしてそのうちの二回をもったいない使い方してしまった。


時間を逆算して日々を過ごしてみる。

そしたら普通の一日も特別な一日になるはず。

そんな単純な理論を自分に当てはめるために、僕は釈迦になりたい。



2005年11月22日(火) 夜に生きるものへ




オカルトに興味がある。

宗教とか呪いとか。

自己催眠、自己暗示、潜在意識、覚醒・・・


昨日はアーレフ(前のオウム真理教)について調べた。

おーなかなかためになること書いてる!!

しかも面白い。

今まで知らないことを吸収していくことが好きだ。

単なる知識だけでなく、実生活や精神世界に使えるものまで。


ただ、今のバランス感覚を忘れないようにしようとは思う。

深入りしすぎたり、傾倒してしまったり。

斜めから入るというか、自分の間合いをしっかり保とうと思う。



2005年11月21日(月) 勝手に百貨店研究




--------------------------------------------------------------

1971年売上高で百貨店がスーパーに抜かれる。(日本経済新聞)
構造的危機は克服されていない!!

--------------------------------------------------------------

「百貨店の誕生」初田享・ちくま学芸文庫

明治期の百貨店と言えば三越百貨店と白木屋百貨店、大丸百貨店
※白木屋は現在の東急百貨店

催しものの変遷
・食器新製品陳列会(大正01年)
・新年用食器陳列会(大正03年)
・児童用品展覧会(大正05年)
・文具展覧会(大正06年)
・雑貨新製品陳列会(大正08年)
・家庭料理に関する展覧会(大正10年)
・家庭電化に関する展覧会(大正12年)
     ∫
     ∫
・国民防空展覧会(昭和08年)
「新しい時代にふさわしい文化生活を提案」

--------------------------------------------------------------

マーケティング・チャネル
起点は製造企業、終点は消費者という販路

百貨店の元祖は19cのパリ、ボンマルシェ

日本では・・・
1852年「正札販売制」=同一価格
1904年「三越百貨店のデパートメントストア宣言」

アメリカの百貨店は完全買取方式(hand to mouth buying)
→JIT(Just In Time)

小売業発展の理論
その最たるものがWheel-Of-Retealing

百貨店の功罪
’箴綮蠑綣腟
納入企業へのリスク押し付け
I並靴┳萋阿任稜柴企業依存
で標販売員

--------------------------------------------------------------

三越←越後屋呉服店
三井高利「現金掛け値なし」
そして貸し傘!!

--------------------------------------------------------------

・大学の写真部による作品展
・子供の科学展
・おじぃちゃんの陶芸展
・大正時代にタイムスリップ

何か面白そうな企画があったら教えてください。
こんなんあったらいいんじゃないか。みたいな。



2005年11月20日(日) 涙のえんじ色




涙がとまらなかった。

ひっくひっくいいながら、息をするのが精一杯。

手に持ったエンジ色のメガホンはくちゃくちゃだった。


この日は立命館大学学園祭〜二日目〜

朝10:00に青広集合。

NIMO,赤津と気合を入れる。

10:45からウルトラクイズに。

第一体育館はものすごい人だった。

15:00まで粘りながらもウルトラクイズ途中敗退。


終わってからキングボンビーの引退試合を見に行った。

手には1mほどのプレートを持って。

この前の例会でみんなに書いてもらったあれだ。

ちょうどボンビーの引退セレモニー。

あのボンビーが泣いていた。

目を真っ赤にさせたボンビーにプレートを渡した。


それから写真展を見に行ったり、カフェ行ったり。

地元から良明と大成も来てくれた。


そういえば高校の同級生小上にもあった。

中学校からの友達タカヒロにも会った。


18:45から大夜祭を見に行った。

最後の応援団演舞は知らぬ間に最前列。

隣はパンサーズジャージの体育会ばかり。

どこからともなくメガホンが回ってきた。


最後の立命館大学校歌。

カラオケで練習しただけあって、ばっちり歌えた。

そして気付いたら涙が流れていた。

止まらなかった。

こんなみんなの前で何を泣いてるんだろう。


僕の学生生活が終わったような感じだった。

ボンビーや貴博、RUCCのみんな。

良明も大成も、チアガールも小上も。

みんなそれぞれの学園生活を送ってきたんだと思う。

そんな輝いてる人たちを前に、僕は悲しくなった。

なんのために大学に来たんだろう。

共に歩み、共に笑い、共に涙流す。


・・・だけれども自己嫌悪とは違った。


自己満足といえばそれまでだけど、この二日間は違った。

自分から楽しさを追い求めた結果。

自分が楽しんでいこうという姿勢。

フリマもそうだし、土手煮込みも手伝った。

ウルトラクイズにも参加できたし、友達の引退試合も見れた。

大夜祭も最前列まで進んで、校歌歌って。

見知らぬ人と肩を組みながら一つになれた。


今回の学園祭のテーマとかぶるけど、学園祭を作れたと思う。

「君と作る学園祭」「君がくれた学園祭」

この文字が流れた時に堰が切れたのを思い出す。


後悔はたくさんある。

だけれども、前に進める。

立命館大学で本当に良かった。


さよなら僕の4年間。


あー今日は感傷的な文章でごめんなさい。





2005年11月19日(土) 一日販売員奮闘記




学園祭も今年で最後。

4年間のうちにフリマはやりたいなぁーって思ってた。

けども・・・場所がない。

10月のフリマ申し込みに洩れてしまったから。

諦めかけていたその時、マチコから吉報が!!

「フリマ2スペースあるんすけど出しますか?」

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

てことで参加させてもらうことになりました。


品物を探したり整理し始めたのは学園祭2日前。

出てくる出てくる☆

「うぉっ!!これ中学校の時のんやん」

「襟元黄ばんでるよ・・・」

そんなわけで土曜日の夕方まで掘り出し物を掘り出してました。


土曜日の夕方からは学園祭でのもう一つの出し物土手煮込みの仕込み。

結局仕込みは泊りがけで行われ、睡眠5時間でフリマに臨むことに。


11月19日土曜日、天気は曇りがちな晴れ

12時30分頃から品物を並べる。

この時点でかなり楽しい♪

お客さんもちらほら。


マチコの他にはチッチとムッシュ、キムトシが出してた。

キムトシのスーファミ(スーパーファミリーコンピューター)は人気。

ムッシュは値切りで押されっぱなし。

チッチは万博公園でフリマ出してそうな感じ。

マチコも値切り応戦トークが巧い。

そんな4人に触発されて、僕もフリマ遊学に。

隣のフリマから東通路のフリマまで、全部を視察。

会わんかったけどウメもフリマ出してた。

やっぱりフリマは金稼ぎよりも楽しむことやね☆


2時頃には母と妹も遊びにきたり。

源ちゃんが来てたり。


一方の土手煮込みもできる限り手伝って。

こっちの方は3時頃?には完売。

早っ!!\(◎o◎)/


めちゃくちゃ楽しい一日でした。

ちなみにフリマの売上は4000円。

土手煮込みの売上は5000円。

4回生最後の思い出、PRICELESS


マチコをはじめフリマのみんなありがとう☆

そして4回生の女郎蜘蛛たち、お疲れ様でした。

また来年も・・・って留年かぁ??




2005年11月18日(金) 2002010100:00




この年は去年のリベンジ果たしました!!

酢蛸さん太郎って・・・

-------------------------------------------------------

明日は学園祭☆

マチコが誘ってくれたので、フリマを出します。

あと土手煮込みを出します。

4回生の女の子主体で。

是非是非来て下さい!!

立命館大学学園祭
2005年11月19日(土)
@衣笠キャンパス
12:00〜



2005年11月17日(木) 2001010100:05




2001年といえば21世紀!!

このレシートはローソン高槻店の21世紀一番目のレシートです。

ただ・・・5分遅れた・・・

たしか21世紀になる瞬間は家族で過ごしてました。

20世紀と21世紀を跨げてよかった☆

人間が作った「時間」っちゅうもんにどんな価値があるのか知りませんが。



2005年11月16日(水) 2000010100:00




忙しいので内容のない日記を書きます。

てか文を考えるのも時間掛かるので写真ONLYで。

↑↑↑

2000年01月01日00時00分

2000年代で一番最初のレシートです。

日付変更線の関係で多分人類史上最初のレシートだと思います。

20世紀最後のレシートの方が価値あるかも・・・



2005年11月15日(火) ムッシュA




「違うって!!餅食べてただけだって!!」

そんな言い訳を最初にしてみます。

別に伏線とかでもなんでもないっすよ。(゜o゜)

ってこれが伏線か・・・


夕方から西武百貨店に行ってきました。

高槻万歳!!

ついでに松坂屋万歳!!

日本シリーズで西武vs中日になるといいなー。

近いうちにそごう心斎橋本店も見に行こう。

多分混むやろなぁー。

ソゴウ.com


A「あした東京いくよ」

A「東京明日いくよ」



2005年11月14日(月) 脱・共倒れパターン




朝から学校に行って卒論。

あー大学生のくせに退屈な毎日だなー。

そんなん感じ始めたらパソコンに向き合うのがアホらしく思えた。

てなわけで久しぶりにサイクリングに出かけた。

白川行って岩倉に行って・・・鞍馬寺まで来てた。

で、何を思ったか叡山電鉄に乗った。

こんな書き方したら夢遊病かと思われそうだ。

ちゃんと目的はあった。

二ノ瀬〜市原間の紅葉ライトアップを見るため。

自転車を積もうとしたら車掌に怒られた。

それでもなんとかスーパー輪行。

そんな感じで修学院まで戻ってきた。


戻ってきてどうしたか。

もう一度叡山電鉄に乗り込んだ。

全駅の整理券を集めるために。


一時間ぶりくらいにもう一度鞍馬寺に。

そっから200円払って入山。

気力があればお金払わずに入れる。

清水寺みたいに山を分け入れば。

鞍馬寺は予想以上に立派だった。

鞍馬弘教の総本山とか書いてた。

波ヘェ〜。

それぐらいの驚き。


金堂とか見てから貴船に抜ける道を進む。

よく写真で見る木の根道もあった。

魔王堂とか牛若丸の背比べ石とか色々あった。

山歩きも出来たし、紅葉もばっちりだった。


貴船に出たのは18:00過ぎ。

奥の院まで歩いて、写真撮りまくり。

それから普通に電車で帰る。

のはコンサバ系のすること。

セキさんとメールして本来の自分を取り戻した。

貴船から二ノ瀬駅まで2km歩き、少し休憩。

ここからが本番。

行きに見たライトアップの所まで歩きで行くことに。

「絶対良い写真撮れるはず!!」

そんなんで心躍らせながら枕木を越えていく。

途中電車が来たら茂みに入り込んでやり過ごす。

と、先が明るい。

ライトアップ区間に辿り着いた。

二ノ瀬駅からは10分ほど。

道路をまたぐ高さ10mほどの陸橋が最大の難所。

なかなかスリリングだった。

こうして大人になっていくんだー☆


帰りは精華大学前まで歩いた。

まさに足が棒。

おまけにちょー寒い。

船岡温泉近くの「サラサ」ってカフェで21:00くらいまでくつろいだ。


帰ってきてから公園で2時間ほどサッカーもこなした。

たまにはこういう子供な一日も良いものだ。


高杉晋作「おもしろきなき世をおもしろく」



2005年11月13日(日) 彼女を守れない




じぃちゃんの写真を見せてもらってビツクリした。

じぃちゃんが子供の頃は光の無い世界だったんだ!!

これは小学校に入ったくらいの時に感じたことだ。

白黒写真にある色は二色だけ。

その二色で世界が出来てると思っていた。

そう、それは光の無い世界。


僕の携帯は青い。

昨日の空も青かった。

色があることって素敵だと不意に感じた。


でも、僕の瞳に映るイロトリドリの世界は本物でないかもしれない。

同じ花を見ても、二人が感じる色は一緒でない。

僕が昨日見た空は、曇り空だった。


二人の見てるものを引き算してみる。

そこに色は添えられているのか。

好き、嫌い、好き、嫌い・・・好き・・・嫌い。

やっぱ好きっ!!



2005年11月12日(土) そして飯




ずっと気になっていたCharaのアルバムを借りました。

「やさしい気持ち」と「大切をきずくもの」

しかも「Swallowtail Butterfly〜あいのうた〜」まで!!

お風呂に入りながらのんびり聞いてました。


そういえばみなさんお風呂はどうですか??

何がですか??ってね。

体洗うときはどこから洗いますか??

ずっと気になってたんです。

そんで考えてみました。

どこから洗い始めるのか?を

で、最初に考えておかなあかんのが二点。

一つは利き手。

もう一つは座って洗うのか、立って洗うのか。


そんな感じで次のような結果が導き出されました↓↓

(右利き&座って洗う)
第一候補:左胸
第二候補:左肩

(右利き&立って洗う)
第一候補:左手首
第二候補:首左側部

(左利き&座って洗う)
第一候補:右胸
第二候補:右肩

(左利き&立って洗う)
第一候補:右手首
第二候補:首右側部


お風呂で考えて見てください!!

どこから洗うのが一番良いのか。

そして「良い」とは何を示すのか。

気持ち良い?効率良い?


ちなみに僕は左肩からです。



2005年11月11日(金) 今日は何の日??




レシート???

というわけで、今日はレシートの話です。

レシートといえば木村晃一郎の代名詞。

そんなレシートの中でも、特にレアなのが↑↑です。

自己満足&自慢の塊以外なにものでもありません。


なんらかの収集とかしてる人は多いと思います。

そんな人の一部はある特性を持ってますよね。

こういうふうに日の目を見る瞬間が一番の楽しみっていう。


レシートを集めだしたのは小学5年生。

大学生くらいから「誰かに見せたい」と思うようになりました。

それまでは純粋に自己満足だけで集めていたんだと思います。

でも「見せるため」を意識し出してから、収集が変わりました。


大学に入ってからレシート集めは減りました。

一つの原因は自由な時間が減ったこと。

二つ目はコンビニ自体がなくなってきたということです。

近場の店舗は行き尽くしてしまい、遠くまでいかないといけない。

でも、一番変わったのは「レシート」に対する気持ちのありようです。

可愛い可愛いレシートに変わりはありません。

一枚一枚ラミネートして、ファイリングもしてます。

でも心が遠くなってしまったような感じなんです。

これまでは唯一無二だった親友が薄れていく。

悲しかったけど、もう戻れません。


純粋にレシート集めて、一人でニヒニヒしてたかった・・・


落ち込んでも仕方ないので、考えることにしました。

なぜこうなったのか。

そして釈尊のようにパソコンの前で悟りました。

僕の収集癖(大学生〜)が今のようになった理由。


背景には「自信の無さ」があると思います。

自分は何の魅力もない人間。

楽しくもないし、特技もない。

自分自身が小さな人間だから。

だから収集を自分の化身としたんだと思います。

アイデンティティが無いのなら、自分で作ってしまえ。

そんなプログラムを無意識下で行っていたのです。


今僕は少ないながらも友達に恵まれています。

では、収集癖を取ったら・・・

何が残るんでしょう??

結果は良かった。

だけれども根本の問題解決には至っていない。


最初に書いた、僕の代名詞レシートは代名詞なんです。

だけれども木村晃一郎は代名詞に圧倒されているんです。

魂がレシートとするならば、体が僕自身。

僕はミイラのように体だけが朽ち果てています。

一方の魂だけが一人歩きを続け・・・


あー。これ以上考えたくありません。


終わり方が暗いので最後にレシートの紹介。

上のレシートは高校の時にGETしたものです。

授業をさぼって。

しかも1999年は平成11年!!

極めつけは購入商品。

覚えてますか?

モーニング娘。がCMしてたの。



2005年11月10日(木) ウソツキ教育




世界の原理なんて、そんな単純な理論でできてない!!

ものごとを簡略化→形式化という馬鹿の一つ覚え。


親が悪いわけではない。

先生が悪いわけではない。

文部科学省が悪いわけでもないと思う。

では誰がこの種を蒔いた!?


頭カチコチのロボット人間。

普段は人間を装っているけど、肝心な時にメッキが落ちる。


非常事態とかテンパってる時にその人の本性が顕れる。

車の運転とか、火事の時とか。


だから、言いたい。

「怯えるな、装うな、信じろ」と。


無我夢中で「自分」を作り上げている。

そんな感じでその人の一生は終わり。

なぜ自分を犠牲にしてまで「自分」にこだわるのか。

あなたの人生はどこにイッテしまったの?


批判的な文章はあまり好きではない。

でもこれは自分への戒めという意も含まれている。


今日をここに記す



2005年11月09日(水) 恋に落ちる確率




今までに好きになった人を指折り数えてみた。

僕が22年間生きてきた中で、恋愛感情を抱いたのは○人。

初恋は・・・幼稚園の時の小池先生!?

恋愛に含まれるかは微妙だが。

ただ、一緒にお風呂に入った時のドキドキは今でも覚えてる。

小学校1年生の時とかは幼稚園に行ってたし。


世間一般で言われてる「初恋」は小学校5年生。

でも結婚はしないと決めていた。


まちを歩いていると、女の子はゴマンといる。

可愛い子も多い。

でも恋とは違う。


運命を感じたい。

VIVIってくるような。


出会いが少ないわけでもない。

合コンとか紹介もあるけど、なんか違う。


前までは「惚れやすい」と思っていた。

でもほんとうにそうなんだろうか??


「恋に恋してる」そんな状態でありつつ、イザと言うときになると「恋を拒否してる」

そんなことを妹に言われた。


ということで彼女募集!!

男でもいけます!!

むしろ彼氏大募集!!



2005年11月08日(火) 終わりの手前




CARPさんが来た。

サプライズのサプライズをしようとしたけど・・・

なんか一年前の赤広みたいな感じになった。

申し訳ないっす。


曽爾高原は極寒だったとか。

もうそろそろ一面のススキも見納めかな。

4年間で一度は行きたかったのだが。


そういえば昨日初めて知った。

グリコの本社が高槻だってこと。

丸大ハム、サンスター、国の長・・・

他はなんかあったっけな。

今後の高槻の繁栄を願うばかり。

枚方には負けたくない!!


今日は今からサッカー。

明日は「恋に落ちる確率」について書こうと思う。



2005年11月07日(月) 御座候




空を飛びたい。

退屈な日常から飛び出して、そして旅に出る。


子供の頃の宝物はどこにいったんだろう。

メンコとか切手とかカードダスとか。

価値観の押し付けでもなんでもいいから、飛ばしてくれ!!

ウルトラマンのカラータイマーも鳴っていた。

胸の空騒ぎ。

悲劇のヒーローもそろそろお暇御座候。


山に登って星を見て、水平線から昇る朝日を眺めたい。

雲と海と空が交わるような夕暮れに出会いたい。

どこまでも道は続いている。

僕はもう迷わない。



2005年11月06日(日) 毛糸玉が狂々




このところ日記を頑張って書いている。

別に頑張る必要もないんやけど・・・

と、心の中でぼやきながらもパソコンに向かってます。


ところで、「マテリアルガール」をご存知ですか?

RIPSRYME風に言うなれば・・・

「マヂヤヴァイクライイイゼ♪」


彼女は頭の中の人物です。

だから誰も知りません。

僕がサトラレでないという前提ですが。


彼女は従順な女子学生です。

そして彼女の前では僕は犬になります。


と、ここで勘違いしてはいけません。

あくまでも僕が飼われているわけではありません。


例えるならば、彼女は。

茫々たる大海原に頼りなく浮かぶ孤島。


僕が彼女を忘れることはできる。

彼女は僕を忘れることはできない。

その先にあるものは想像に難くない。


日本は男性。

アメリカは女性。

彼女は向こうの世界の狂人。

ただそれだけ。



2005年11月05日(土) 食卓を囲んで




テレビを操ってるのはあなた??

操られてはいませんか??


テレビを見ながらの食事は好きでない。

食事と向き合えなくなる。

友達と一緒に食べる御飯も同じだ。


今日はそんな負け惜しみを刻んでおこう。

あぁ。なんて嫌なやつ・・



2005年11月04日(金) 涙はつきもの




Find
Plan
Do
See

PDSサイクルはよく聞く言葉。

問題に対して計画→実行→反省→・・・

でも肝心なものが抜けていると思う。

問題を見つけ出すという行程がない!!


書きたいことが出てきたけど、やめておく。

理論先行やし、カッコつけの言葉やし。

どッかの社長さんが喋ってるような内容やから。


踏みとどまったのも今日のおれ。



2005年11月03日(木) 交差点通過




気がつけば11月。

今年も相変わらず学園祭巡りばかり。

ただ、一人で行ってもそこまではっちゃけられない。

写真展見てフリマを覗いて、展示会とか演劇を見るだけ。

模擬店ゾーンとかはソソクサと過ぎ去る。


この日も京都造形芸術大学の学園祭に行ってきた。

追手門学院大学、仏教大学、花園大学、京都外国語大学に続き5校目。

そんな中でも造形大学が良かった。


地理学も良いけど、芸術大学は自分向きだと思った。

これまでに集めてきたコレクションも使えるし。

適当さとこだわりを兼ね備えた自分に合ってる気がする。

まさに「やりたい放題」の世界。

もちろん理論とかを勉強するのも好きだし。


高校3年の時に芸術大学という選択肢は0やったのに。

無難に、無難に。

道から逸れないように歩いてきた。


もう少し長い目で自分の将来を考えていたら・・・

なんて考えてもしょうがないか!!


写真は空とTREK(鴨川にて)



2005年11月02日(水) 一縷の悲しみ




七色のホコリだったら楽しいのに。

色鉛筆の削りカスを寄せ集めて、子供に戻ってみる。

いまいち楽しくなくてもそれでいいや。

自分を批難するための材料になることは確かだが・・・

ずっと空ばっかり見てたから地面を忘れてしまった。



2005年11月01日(火) 一緒に帰ろ




手をつないで帰りたい。

何も喋らなくても良いから。

寒さを言い訳に熱をあげたい。

ポケットに二つの手を捻じ込んで。

世界は僕らだけのもの。


そんなことを考えながら、今日も一人で西大路を下る。


好かれるよりも好きになりたい。

どきどきでいっぱいの毎日。

遠くから眺めることしかできないような心苦しさ。

恋せよ乙女、命短し。

素敵な自分になるために、恋に溺れたい。



あぁ。こうして今日が終わっていく。

明日が運命の一日であるといいなー。


 < 過去  INDEX  未来 >


きむそん

My追加