ステテコ日和
地球に優しい、目にも優しい
Yes,I love ego☆
No,I love ero

2005年05月31日(火) 残された時間




大学生の内にやらねばならないこと。

それは思い出を作ること。

それは夢を作ること。

馬鹿やったり、無茶したり、失敗したり。

一年後には多分、働いていると思う。

一年後には嫌がおうにも働かないといけない。

ということは・・・

残された大学生活でやらねばならないこと。

それは遊ぶこと。

働いてる場合じゃない!!

親に借金してでもお金を作って、今すぐにでも飛び出さないと!!

・・・とはわかっているんですが。

おれが抜けると残されたバイトのみんなが。

てな変な責任感がマトワリついてるんです。

インドとか日本とか、行きたいとこあるんです。

今しかできないんです!!

というわけで、6月31日をもちましてバイト辞めさせて頂きます。

て、言えたらな・・・ふぅ。



2005年05月30日(月) コンビニ至上説




こんにちは。

コンビニ店員やってます。

RUCCでコンビニ店員て多いですよね。

30期では初代コンビニマンのMAROさん(セブンイレブン)

31期は飛ばして

32期ではナベジュンさん(ファミリーマート)

33期はガチャ&きむそん(ローソン・ローソン)

34期はノエビアとふぁんふぁん(ローソン・セブンイレブン)

35期はNIMOとベン(サンクス・ampm)

こう見てみると系統的にやんちゃ系が多いですね。

やんちゃというか、物事を気力で乗り切る派!?

コンビニ店員と大学生ってかなりナイスな組み合わせじゃNICEか?

立命館大学って自分の中では京都大学の次にバンカラなイメージなんです。

そしてそんな古き良き立命というDNAは、コンビニに起因するんです!!

と、いうわけで・・・

RUCCは今日から立命館大学コンビニ同好会に変更となります。

コンビニマンセー。

コンビニマンマンセー。

慢性コンビニMAN!!



2005年05月29日(日) 精神世界




テンションの波が不安定な今日この頃。

テンション低い時は行くところまで行けって感じで放置PLAY

無理やりにテンション上げるとかが一番嫌いです。

ただ、自分の心への処方箋はしっかり持っています。

不安なときは安心することを思い出して。

逆にテンション下げるときは、悲しくなるぐらいミスボラシイことを考えて。

そんなリストを作っています。

そのことを考えたら、完全に自己を統御できるような言葉たちです。

例えば、テンションを下げるときは

〕鎮娜爐了の水泳の時間に、知らない人を先生と見間違えて声をかけたこと。

家の路地で○○○(自主規制)を見たときのこと。

自分のひざのことを考えたとき。

ぜ分が死ぬときに、コレクションはどうなるのかと考えたとき。

セが抜けそうなとき。

などなど。

逆にこれを考えただけで、気分を高揚させる言葉は

ー転車に乗ってる自分の写真を見てる時。

△日様を浴びながら、「ゆっくり」を感じてるとき。

2判个靴浸に、妹や両親からもらった言葉

ぜ験の時に親と喧嘩して、入学金振込書を親がもう一度もらってくれたこと。

イじぃちゃんとおばぁちゃんのことを考えてるとき。

などなど。

一種の自己暗示ですが、とても重要なんです。

世の中に原理などあるはずもなく、全ては精神が支配している。

本気でそういうふうに考えています。



2005年05月28日(土) 桐一葉落ちて便所の春を知る




日常生活のさまざまな場面で季節を感じることはあります。

今日はそんな季節の変わり目をトイレで感じました。

便座に座った瞬間にヒヤッときました。

そこにあるべき、あの生ぬるい安心感が無かったんです。

そりゃもう驚きましたよ。

やられたっ・・・って感じで。

トイレのリズムが波打ってました。

ハートのビートがパーフェクトにマッチしてました。

あぁー久保さんを思い出すなー。



2005年05月27日(金) 真の賢さとは




あなたは自分自身を「天才」だと思いますか?

天才は100万人に一人と言われています。
※天才の定義とかないし、多分概念的なものやろうけど

しかし、自分を天才だと思い込んでる人は100人に一人らしいです。

たしかに、そんな自称天才って結構いますよね。

まぁ、そのうちの一人はここにいるんですが・・・

これまでの21年間と302日生きてきた中で、やばいくらい賢いと思ったのは5人くらいです。

高校時代に一人、大学で一人、教授で三人、別で一人。

尊敬できる人は数えられないほどいるんですが、
なんか天才が何百人もいても価値が薄れるので(自分の中で)、
あえて5人くらいにしました。

あ、気付けば頭にお花が咲いてるよ♪



2005年05月26日(木) 鬼畜





死者999人の事故と、死者1000人の大事故。

どっちが良いですか?

死者が999人を数えたとき、ついつい「あと一人!!」とか・・・

最低ですか?



2005年05月25日(水) 謎の病気




胸骨が外れています。

多分。

ここ半年くらい、やばいです。

それはもう、言葉では言い表せないくらい。

ずっと胸骨のあたりでつっかえがされてるような状態です。

そして、それを外すために肩を斜めに引っ張ると、胸骨の一部が一時的に挟まります。

うまいこと挟まったら、ポキッって音が鳴るんです。

指の関節を鳴らしたような、あの気持ち良い音が・・・

そんなんが10分おきに起こります。

首や肩の骨とも連動して、かなりひどいものです。

そのうち、ポッキりと骨が折れてしまいそうです。

早いこと整骨院行かないと。



2005年05月24日(火) セレンディピティ




趣味はコレクションです。

今回はそのコレクションの制限について書こうと思います。

制限っていっても、何を対象物とするかという制限についてです。

収集のコンセプトと言ったほうがよさそうなもの。

一、タダで手に入る

一、統一感がある

一、整理しやすい

一、それを使った作品が作れる

一、他人から見たらしょうもない

一、あほらしい

一、大きくない

一、かさばらない

最近はチェルシーの包み紙も集めだすようになりました。

ガムとかの包装紙には目をつけていたけど、チェルシーは盲点だった。

チェルシーの包み紙は模様も珠玉ながら、手触りもかなり良い感じ。

大きさもちょうどファイリングしやすいので、新規参入となりました。

あとはシールの周りのふちの部分。

プリクラとかの碁盤目状の細い部分!!

あれを使って、なんか作りたいと考えています。

そのうち、収集が収集癖になる日も来るかも・・・



2005年05月23日(月) 伸び





手帳を落としてから、早一ヶ月。

あの手帳があった時は・・

なんてことがよくあります。

あの手帳は思いついたことを書き留める、メモ的な機能がとても強かったす!!

ほわほわ浮かんできた、アイデアたちがストックされていました。

それがなくなった今、僕はもぬけの殻です。

感覚的には「卵の殻」みたいな感じです。

だから最近、ここで何を書いたらいいかわからなくなりがちです。

あのノートじゃないと駄目なんです。

伸びきった輪ゴムを見ても、前みたいに楽しい連想が浮かんでこないんです。



2005年05月22日(日) 落ちてた銀歯




自分自身と深く向き合い、未来への期待と不安を抱きながら東奔西走した4ヶ月間。

就職活動を始める時に作ったノートは残り数ページになった。

机にはいつもこのノートと、スケジュール帳が隣にあって。

そんな就職活動ノートを読み返してみた。

僕の就職活動は、05月12日からだった。

ちょうど一年前〜♪

初めてのエントリーは10月26日。

未知の世界、社会人、仕事・・・

右も左もわからずに、とりあえず第一歩を踏み出した。

そして初めての企業との接触は11月26日。

セブンイレブンジャパンだった。

この頃は、とりあえずSPIばかり勉強してた気がする。

初めての面接は02月24日。

3月まではエントリーはコンビニ業界のみだった。

コンビニ業界以外には目も向けなかった。

好奇心でエントリーするなどということは、考えられなかった。

ずっと憧れていたコンビニ業界。

コンビニ業界に就職できれば、これ以上の幸せはないと思っていた。

そして今、僕はコンビニ業界から内定を頂いた。

しかし、なにか違う。

憧れだけで・・・

色々な思いが交錯しながら、足は止まってしまった。

昨日、ハウス食品の最終面接選考結果が届いた。

コンビニ業界に進むことに、僅かながらの抵抗がある。

その理由はわかりそうで、わからない。

仕事がきついとか、休みがないとか。

そんな問題ではなくて、もっと核心的で根本的なところの話だと思う。

だから少しでも将来への可能性を広げるために、ハウス食品は内定が欲しかった。

「コンカイハソウゴウテキニハンダンシタケッカキイニソイカネルカタチトナリマシタ」

これで持ち駒はなくなった。

就職活動前半戦で絞りすぎた業界選びが、結果として帰ってきた。

大丸百貨店も、3日前に選考が終了した。

これから先のことが、わからなくなってきた。

「納得行くまで!!」

そんな理想を追い求めるような、かっこ良いものではない。

自分の始末の悪さを拭いきるための、ある意味仇討ちみたいなものだ。

6月3日にJR伊勢丹の説明会が催される。

ほんとに好きだから、仕事にしたくないのかもしれない。

そんな僕のコンビニへの思いはどんどん大きくなってきた。



2005年05月21日(土) 集大成




これまでの集大成として何か残したい。

というわけで、今回はこれまでにPLAYしたボーリングのスコアを載せます。

データーベースとして使って頂ければ幸いです。

1995/03/07 @茨木Brunswick
062・060

1996/03/07 @茨木Brunswick
084・061

1996/03/26 @高槻ジャスコ 
135・109・079

1996/03/29 @高槻ジャスコ
066・077・077・093・071・106・100

1996/03/30 @高槻ジャスコ
106・085

1996/04/05 @高槻ジャスコ
119・111・117・130・080・119

1996/05/08 @高槻ジャスコ
127・076・026・032

1996/05/10 @高槻ジャスコ
048・081

1996/05/29 @高槻ジャスコ
091・092・075・086

1997/08/09 @高槻ジャスコ
127

1997/08/14 @高槻ジャスコ
124・103

1998/09/26 @吉祥院ボール 
124・078・087

1997/09/23 @高槻ジャスコ
083・134・110・095・094・089・084・109・132・106

1998/12/24 @高槻ジャスコ
153・121

1999/08/14 @高槻ジャスコ
067・087

2000/01/20 @Brunswick
121・101

2000/02/04 @箕面ボール  
067・183・116

2002/03/21 @Brunswick
083・105・104

2002/05/26 @Brunswick
106・142

2002/12/15 @京劇ボール  
145・101

2003/02/03 @京劇ボール
076・114

2003/02/04 @BRunswick
112・102

2003/04/23 @高槻ジャスコ 
122

2003/05/29 @京劇ボール
108

2004/05/27 @京劇ボール
108

2005/05/26 @京劇ボール
125


通算73ゲーム
合計得点7356点
平均得点100,76点
最高得点183点
最低得点26点



2005年05月20日(金) SEVEN ELEVEn JAPAN




セブンイレブンジャパン

前日赤津んちで軽く宴会やって、この日は朝一で面接。

セブンイレブンジャパンの最終面接だ!!

と言っても04月30日の面接の際に内定っぽいこと言われてたし。

しかも昨日の昨日にファミマから内定を頂いて。

かなり余裕ぶちかまして面接に臨む。

意思確認だけと踏んでたら、これまでで一番厳しいくらいの個人面接。

後から「みん就」見たら、落ちた人もいたみたいで・・

それでも選考終了後に人事部の木下さんから「内定」と伝えられる。

「君は言葉を丁寧に選んで喋ったりと、素直な言葉の一端が垣間見られる。」

「木村君はOFCで凄く活躍できそうだね。」

そして木下さんも立命館大学出身ということもあってか、

「木村君に大阪地区で一番最初の内定をお出ししようと考えていたんです。」

とかなり嬉しいことまで言ってくださった。

どこまで本気に取っていいかわからないけど、かなり嬉しかった。


2004/11/19
京都産業大学就職課 業界説明会(流通) 16:45〜18:15

2004/12/21
仕事体感セミナー 大阪茶屋町アプローズタワー 16:00〜18:00

2005/03/28
会社説明会 新梅田研修センター 10:00〜

2005/04/06
一次選考(筆記試験) クリスタルホール 16:00〜17:30

2005/04/07
一次選考通過連絡

2005/04/15
二次選考(個人面接) 大阪サムティフェイム 16:30〜17:30

2005/04/18
二次選考通過連絡

2005/04/26
三次選考(GD) 大阪国際会議場 15:00〜16:30

2005/04/30
三次選考通過連絡

2005/05/07
四次選考(個人面接) 大阪野田事務所 15:30〜16:00

2005/05/12
四次選考通過連絡

2005/05/20
五次選考(個人面接) 大阪野田事務所 09:30〜10:00


コンビニ業界のリーディングカンパニーであり、日本屈指の高収益企業。

25期連続増益増配を達成という恐ろしいような企業である。

CEOの鈴木敏文は「小売の神様」と呼ばれるほどの人。

日本に初めてコンビニが出来たのが33年前(諸説あり)なので、
25期連続増益増配がどれほど偉大なことか、想像もつかない。

しかし、こんな日本有数の先鋭企業には黒い噂が絶えない。

昨年も新人研修中に、KUBITURIが出るほど。

就職活動中に一度は目にする、ブラック企業リストの常連でもある。

忘れもしない、20041230ミンチ事件もあって内定は辞退する。

ただ、同業他社として参考とすべき点は多いのは現実。

業界勢力図をいつか変えていこうと思う。



2005年05月19日(木) Family Mart





この日、正式な内定を初めて頂いた。

それは例会中だった。

浅野の春一プラン発表の最中に携帯が鳴った。

ファミリーマートだった。

内定と伝えられた。

席に戻って、赤津と喜びを分かち合った。


2004/10/26
ファミリーマート エントリー

2005/02/06
一次選考予約

2005/03/11
会社説明会 大阪IMPホール 14:00〜

2005/03/11
一次選考(筆記試験)

2005/03/18
一次選考通過連絡

2005/03/24
二次選考(GD) 大阪IMPホール 15:20〜17:00

2005/04/05
二次選考通過連絡

2005/04/13
三次選考(集団面接) チサンホテル新大阪 14:00〜14:50

2005/05/02 
三次選考通過連絡

2005/05/14
四次選考(集団面接) チサンホテル新大阪 11:00〜12:00

2005/05/19
四次選考通過連絡→内定


「選考結果はご縁のある方のみ」ということだったのでハラハラした。

特にここは、電話での連絡なのでかなり神経質になってしまう。

それでも、ファミリーマートは人を凄く大事にしてくれる。

就職活動で何十社も見てきたが、一番と言ってもいいくらいだった。

これから先の就職活動どうなるかわからないが、
10年後に自分が働いてる企業がここだと良いなー。




2005年05月18日(水)




kkだおおあっ閣下ksjsだjfjぁj台ウィをオアdさいいdjふぁえんし

あかおおおだいcjしあううsんjj

亜オアjjjmcm時亜ws、k時いさパオしえんヴぃdじゃお8いfgふあいsmckk

あきあいbhd;さ迂遠なかんかdぬいうしうんづsygづいkh

sかいいd
あsきj
あsああ


あdじゅjjふぃえ

えうd

dsjだps

sjhすbs

あすあうchjgr
sd

skぢんs

差良い味s時味さkふぁkkkjdj具あうんヴうじぇういどあlsじあいあんv

するんv差十宇津jjdかぁうrbすぅえふいうhんjvふづjづう

shsんshbshkskを会うxな


あふさうんgjすうsん

えづえxjxぁz

あいうえうう

s;えあきうあきじゃう

えううえddd

skふあうyhjん「@kd

あうあふdじゃぇいあんxくyふゃq

あんふぁうfd


ふぁいいあお

しあううs

じゃうあhhv

づあうえbvx

明日会ううfぬdyfbあ

げうあxふづいししいfじゃうう


ああfんh

しうあえjぅがんfヴdsk

・・・・∞∞∞



2005年05月17日(火) 右から左に




家の前にJAZZ喫茶があります。

この前書いたとおり、高槻はJAZZの街ですから。

半年に一回くらいその店に行きます。

「JKcafe」

全くジャズは知らないですが、演奏を聴くと心が躍りだします。

そうそう、このお店ではどこかから招いたバンドさんが演奏をしてるのです。

この日は京都のなんちゃらと言ってました。

ジャズは自分の中では音符が流れるイメージです。

ストーリーが作られるのではなく、音符が左から右に流れるんです。

店内でキャラメルティーを味わいながら、ジャズを楽しむ。

かなりゼイタクだと思います。

外の道行く人たちが横目でこちらを見ながら家路に向かう、そんな午後のヒトトキ。



2005年05月16日(月) TOUR OF JAPAN




自転車の世界に足を踏み入れて、早4年目。

メッセンジャーなんかは高校の時から憧れていました。

そしてこの日は、念願のツアー・オブ・ジャパンを見に行ってきました。

ツアー・オブ・ジャパンは日本では数少ないステージレースの一つ。

自転車ロードレースとしては日本でも屈指の国際大会です。

ロードレースの三大大会はちなみに以下の三つ。

.帖璽襦Ε鼻Ε侫薀鵐后淵侫薀鵐后
▲屮┘襯拭Ε┘好僉璽縫磧淵好撻ぅ鵝
ジロ・デ・イタリア(イタリア)

ツアー・オブ・ジャパンの名の通り、日本国内の6ステージでの闘いとなる。

一日目は大阪堺。
ここは古くから自転車の町として知られている。
高低差はほとんど無く、ゴールスプリントが見られる。

二日目は奈良。
東大寺大仏殿前のスタートはかなり圧巻。
歴史的木製建造物に、色とりどりのレーサースーツが鮮やかに映える。

三日目は信州飯田。
天竜川に沿って沿道の歓声がのぼる。
一番の山岳コースで、前半戦の山場でもある。

四日目は富士山。
このコースの平均勾配は11%と言われ、想像すらできないほどの過酷なステージ。

五日目は伊豆修善寺。
自転車競技のメッカである修善寺は個人的にもかなり行きたい場所。
熱海峠や天城峠など、春合宿のコースと大きく重なる。

六日目は東京日比谷。
最終日は東京が舞台。
皇居に近いオフィス街のため、スタート時は特に観客で埋め尽くされる。

そして今回は二日目の奈良ステージに向かったのだった。

深夜1時に高槻を出発して、奈良についたのは3時過ぎ。

精華町のベンを誘おうかと迷ったが、勘弁してあげた。

しかもこの日はかなりの冷え込み。

深夜3時に大仏殿前まで行ってみたが、当然誰もいない。

ゆきまーに相手をしてもらおうかとも考えたが、勘弁してあげた。

仕方なくコンビニで立ち読み。

奈良に詳しい人ならわかるだろうが、高天通りにセブイレが出来てた。

そしてその向かい角にあったファミマは姿を消していた。

祇園精舎の鐘の音。

そんなことを考えながら、コンビニを後にして深夜の散歩。

東大寺や興福寺、猿沢池などをまわった。

そんなこんなで気がつけば7時。

場所取りもかねて大仏殿前に向かう。

鹿すらいなかった。

それでも30分してから大会実行委員の人が続々登場。

コースの整備などに尽力されていた。

ぼくは東大寺を何周も何周も走って、スタート時刻の9時を待った。

8:30くらいからギャラリーも集まり、選手たちも姿を見せ始めた。

外人選手はやはり奈良にすごく興味があるみたいで、写真を撮ったりしてた。

ちなみに今回のレースは16チームが出場。

そのうち8チームは海外のナショナルチーム。

オランダ、イギリス、オーストラリア、インドネシア、フィリピン、香港、南アフリカ。

そしてアジア最強の自転車大国カザフスタン。

日本からはブリジストン・アンカーやミヤタ、NIPPOなどが出場。

僕も外人選手に積極的に話しかけ、写真などを撮らせてもらった。

スタート時間には東大寺の参道にはかなりの人が。

9:00ちょうどに選手たちはスタートを切っていった。

初めて見に行ったロードレースだったが、やばいくらい興奮した。

8時からはテンションが常にMAX。

刺激的過ぎる一日だった。

帰りは二時間かからずに高槻に着いた。

そして僕は晩まで、死んだように眠り続けた。



2005年05月15日(日) 生きるということは死に向かうこと




この日は冬眠するために山に向かいました。

熊ってやっぱり洞窟とか穴の中で眠っているのかなぁ。

という素朴な疑問は関係ありません。

久しぶりに尾根とか谷とか、等高線とかを読みました。

あまり登山はしませんでしたが、なかなか楽しかったです。

山のてっぺんから、ぽんぽこりんでへなちょこでへんちくりんな月を見ました。

でもてっぺんの上にはもっとてっぺんがあって、僕は下りました。



2005年05月14日(土) シンドローム・ピーターパン





家の近くにラウンドワンができました。

自転車で15分くらい。

ここのラウンドワンはボーリングやカラオケだけのんではありません。

JJクラブみたいな、100種類くらいのアトラクションを備えたスポッチャというものです。

関西には京都伏見と大阪京橋、そして高槻の3店舗のみらしいです。

立地展開で見るとロードサイド型ということになりそうな感じですね。

最初はゴルフ、バスケ、サッカー、テニス、卓球、アーチェリーなどを回る。

その後インラインスケートしてカラオケ行って、最後はバッティングセンター。

手にマメができるまで青春を振り回してました。

一時間以上はバッティングしてました。

24:00〜05:00までの5時間遊び放題で1000円!!

まるでネヴァーランドのようです。

また行きましょう☆



2005年05月13日(金) 思ひ出そぼろぼろ




実は中学3年生までは普通にゲームしてました系の少年でした。

受験があったのでゲームとテレビを自分の部屋から捨ててから今のようになりました。

中学3年生の頃なんか2日に1日くらいの割合で徹夜して、
一人でパワプロ135試合闘ったり、桃鉄99年やり遂げたり。

しかもパワプロはCPレベルMAX!!

勝率はMUSHと肩を並べるほどで、8割はありました。

ゲーム差45ゲームとかいう次元です。

桃鉄はずっとCP一人と。

とりあえず移動速度は「超速」

一回半分(50年)くらいでデーターが飛んだことがありました。

頭が冬のクチヅケのように真っ白になったのを覚えてます。

今になっては良い思い出です。

ただ、失った視力はかなり大きいですが。

現在両目裸眼B・B

中学2年までは両目裸眼A・A

レーザービーム☆



2005年05月12日(木) 桃太郎電鉄




例会に行くが四回生はNOBODY

今週14日は仮装ランらしい。

逝きたいのは山々だが、ファミリーマートの最終面接がある。

みんなの写真で楽しませてもらうことにしよう。

例会は18:00頃終わり、その後弁慶に。

今年度初??

メンズリがかなりあった。

今頃になってやっとメンズリのことを思い出した。

弁慶を19:15頃出て、のりで一回生の家に突撃。

今晩の獲物は南君。

北海道滝川出身の戸川君もまとめて頂きます。

南君は福井県大野出身でかなりのチャリオタ。

洗濯機のつぶれてる赤津が、よく洗濯機を借りに来ると嘆いていた。

ウイイレ(ウイニングイレブン)したり、ちゃりの話したり。

高校時代の部活の話や、立命館のこと、受験のことをずっと喋ってた。

そして桃鉄(桃太郎電鉄)を見つけたおれは開口一番「99年しよう」

あとはやりたい放題。

結局深夜4時まで桃鉄をやり続け、知らぬ間に寝てました。

とりあえずこの日は10年目まで進みましたが、まだ先は長いです。



2005年05月11日(水) REALY FUCK




今日は誘惑に負けて授業を休んでしまいました。

ごめんなさい。

って、誰に謝ってるんだ。

両親にごめんなさい。



2005年05月10日(火) まっしょい☆




もうすぐ轍の季節ですね。

まだですね。

前期の轍には就職活動について書こうと思っていました。

でもそれは過去の話。

ほんとは今頃卒業論文に取り掛かりながら、気分転換に就職活動日記をつけてる頃なんですが・・

就職活動真っ只中!!

青写真で終わってしまいました。

もうこうなったら秋まで頑張っていきまっしょい。

ちなみに現在の就職活動進捗状況

は内緒にしときます。

奥床しさが大切☆



2005年05月09日(月) これっていう写真がなくなってきた(汗)




5月15日からツールド・ジャパンが開催されるみたいですね。

毎年行きたいなぁー止まりでしたが、今年こそは!!

なんか知らんまに大学生活残り323日ですから・・・

大学入学前にした約束もまだ実現できていなかったり。

・天理大学の小椋んちに遊びに行く

・芦屋に引っ越した藤原んちに遊びに行く

・延期になった鳥取までの自転車卒業旅行

でも誰の連絡先も何も知りません。

小椋も韓国に永住するみたいな噂を聞いたし、

ふーじの連絡先は携帯紛失でわからなくなったし、

卒業旅行を計画してた塾の4人も連絡先知らんし。

そういえば携帯を変えた時っていつも携帯を失った時なんです。

新しいのん出たから買い換えようとか全く思わないんです。

0円携帯で十分なんです。

携帯になんかにお金かけたくない派なんです。

アーユーオーラーイー??



2005年05月08日(日) 考えるを考える




今に始まった話じゃありませんが、僕自身かなりの悲観的思考志向です。

ここであえて思考志向と書いたのは、あくまでも志向というものが第一なんです。

本当もくそもないけど、自身の根幹をなしているのは楽観志向なんです。

でも楽観志向があまりに進みすぎて、自嘲するために悲観思考を表に出しているのです。

みんながみんな楽観思考を押し出し、悲観思考を押し殺す。

僕自身、悲観思考というものは楽観思考に比べて洗練された考えが多いんです。

楽観思考を良いことに、考えることから目を背けて向き合わなくなるんです。

そんな自分の弱さを落とし込むためというのが悲観思考志向の一つ目の理由。

そしてもう一つは悲観思考で悩んでいる自分が好きだということです。

ほんとは気楽に何も考えずに毎日を送ったりしてますが・・・

それでも考えることは凄く自分自身の心と対話することになるし、
なによりも忍耐力がつきます。

考えが堂々巡りするあまり、頭から煙をあげたり。

この先の答えは無に等しいとわかっていながら、それでも疑い続けてみたり。

簡単に答えが出るようなことではなく、答えが出ないと思われるものに向かい合う。

「考える」という行為が、一番自分自身の鍛錬になっていると思います。



2005年05月07日(土) 同じ空の下




JRの脱線事故では100人以上の方が尊い命を奪われた。

海を渡ってイラクでは、何万人もの尊い命の灯が消え続けている。

天皇が死んだときは何万人もの人が列を作り、国葬が行われた。

小学校1年生の時に、ひぃばぁちゃんは死んだ。

大事な大事な人だったのに、国葬はされなかった。

新聞にも載らなかった。

その時の僕は不思議に思った。

今ではその不思議は解消された。

しかし、新たな疑問が湧いてきた。

なぜ天皇は国葬されるのか。

なぜJR脱線事故はあんなに取り上げられるのか。

命の重みは一緒でないの?

天皇が神様ならば、国葬があってもおかしくない。

でも神様ではない。

人間を宣言されているのだから。

海を渡った、むこうの国では同じ重みの命が奪われているのに。

空はどこまでもつながっていて、そんな彼女たちの空とつながっている。



2005年05月06日(金) 音を求め




日にちズレてるんですが、5月5日はJAZZの日でした。

5月3日〜5日までの3日間で25万人を動員するという高槻最大のイベント。

JAZZは全く知らなですが、今年も行って来ました。

行くというよりも囲まれる??

takatsuki jazz street というイベントで、今年で7回目。

企画から運営、広報などまで全て市民ボランティアで回しています。

JAZZのお祭りとしては神戸と肩を並べ、日本最大級。

全39会場で無料入場。

しかもその会場がバーだったり喫茶店、駅前広場、公園、野球場、駅構内だったりとヤヴァイ!!

家が阪急高槻市駅から55秒の所にあるので、朝から晩までジャズ尽くし。

家の前のJKカフェが本部的なこともあり、もちろん城北通り商店街は人で溢れ返る。

JAZZはゆっくり聞くような感じだけど、会場はライブ並み。

周りの人なんか早くから出来上がっちゃってたり。

あと、外人さんがかなり多い。

みんな「音を求めてる」って感じで凄く素敵です。

良かったら来年は来てください。

ちなみに結構な大物も来てるっぽいです。(おれは知らない)

バリー・ハリスとかエド・ジョーンズとか。

多分浅野ぐらいしか知らんのかな??

とりあえず興奮にまかして0505を書いてみた。



2005年05月05日(木) 今更ながら




JR関連でもう一つ。

と、言っても脱線事故とはモウマンタイ。

最近就職活動でJRをよく利用しますが、車内広告で気になるものが一つ。

それはJICAのポスターです。

それを見るたびに嫌気が差すんです。

「他でもない、あなたに」

こんな謳い文句を誰にたらしているのか?

電車って公共交通ですよね?

その場で「あなたに!!」みたいなことを・・・

JICAには良い印象を抱いていたのに、幻滅しました。

おれの判断材料はこんなものでいいんです。

こんなもので決まるんです。

同じようなこと感じてる人いませんか?



2005年05月04日(水) 今更ながら




JR関連でもう一つ。

ちなみに上の写真とは関係ないのでアシカラズ。

(将来絶対かわいくなるよ!!この娘!!)


JR社員が当日ボーリング行ったとかゴルフ行ったとかいうことが聞かれます。

でもはっきり言って、どうでもいいと思う。

JRを批難するための材料として持ち出してきたに過ぎないと思う。

たしかに、遺族や関係者にしてみれば遺憾だろうけれども。

それならば全社員が笑うことすらせずに、ひたすら悲しい顔をしていればいいのか?

初期対応がまずかった。だからJRが悪い。

そんな構図を作り上げてメディアや一般の人たちは憂さ晴らしをする。

会社としての責任とはどこからどこまでなのか。

もちろんのこと、明確な線引きはできない。

JRは誠意を持って対応しているのは明らかだ。

狭義、広義のメディア(大衆)が過敏になり過ぎて、本質がどんどんずれてる気がする。



2005年05月03日(火) 今更ながら




JR脱線事故から一週間。

あの日からテレビや新聞は活気付いたように思える。

事故も傷害も事件も犯罪も強盗も自殺も誘拐も、

何も無い世界には新聞なんていらないのかもしれない。

メディアはここぞとばかりに飛び出してきて、活気付く。

さも事件を待ってたかのように。


今回の事故は考える要素に溢れていたものだと思う。

脱線事故やハイジャックというものがあったのはこれが初めてではない。

一年に一回、それ以上起こっている。

それでも今回の事故が他とは違うのは・・・「物理的な距離」だと思う。

アメリカで起こった911と、出身高校で起きた飛び降り事故(事件?)

「物理的な距離」と「精神的な距離」は比例の関係という良い例だと思う。

実際、関西学院大学総合政策学部に通ってる友達は通学経路だった。

甲子園大学に通う友達も、未だ不通のため阪急で通ってる。

伊丹といえば祖父母が住んでいたり、高校時代の友達がいたり。

尼崎出身の後輩もいる。

こんな身近でないと考えさせられない自分はおかしいのだろうか。

追悼の念はあるけど、やはり他人事になってしまう。

「結局全て、自分が一番」

こんな半投げ槍で悲しいまとめ方をしてもいいのかな・・・



2005年05月02日(月) ゆっくりと削って




写真の焼き増しができました。

全部で一万円くらい。

まだ集計中ですので、完了次第ここで発表します。


・・・

・・・


・・・・


<(_ _)>


<(_ _)>

<(_ _)>

<(_ _)>

<(_ _)>


出来上がりました。

発表です。

形式はいつもと同じスタイルで☆


35K
。械極隋Α黒魔茶
■横泳隋Αε楜
16枚・・御免

34K
。苅極隋ΑΕ灰灰ぅ
■械伊隋Α深夜
28枚・・勤務都市

33K
。隠桂隋ΑΓ院Γ押淵侫薀鵐晃譟
■隠泳隋Αup-middle
08枚・・機械音

32K
。隠綱隋Αε形蛙
■隠伊隋ΑΕ蝓璽澄
08枚・・中居君&香取さん&稲垣さん

総評:多かった



2005年05月01日(日) free slow




最近の不安はもっぱら主食活動です。

タロイモにすべきか、パンにするべきか・・・


すいません(;一_一)


就職活動なんてくそくらえだ!!

「会社を選ばなければ、どこでも入れる」

という言葉をよく耳にしますが、それすら無理な気がします。


「そごう百貨店」の選考が終わったようです。

5月1日までに連絡します。選考通過者のみに。

連絡きませんでした。

これまでで一番選考が進んでおり、最終面接を残すだけだったのに・・・

せっかく積み上げてきた努力が一つのMAILで崩れていきました。

後悔の念でいっぱいです。

逆に「SEJ(seven eleven Japan)」から通過連絡を頂きました。

なんであんなんで通るん??

過去最高級のLOWテンションだったのに。

最近の不安をもう一つ。

もしかしたら僕は近いうちに発作が起こるかもしれません。

頚椎の右側と胸骨がずっとおかしいんです。

障害ってある日突然出てくるものもあります。

朝起きて、いつものように目覚ましを止めようと思っても、
体が全く動かないというようなこともあるかもしれません。

そんなことばかり考えて怯えています。

自由ってなんだ。

楽しさってなんだ。

障害者は自分のことを「不自由」と思っているのか。

健常者でさえ、隣の人の自由なんてわかりません。

それでも僕は障害者になったら「不自由だ」と言うと思います。

言葉が喋れなくても。

なにかしらの束縛、制約を受けた時点で不自由と感じます。

言葉でその不自由さを伝えることができなくても。

そんなことを考えると「今」はすごく素敵だと思います。

理想や夢ばかりを追って凹んで。

さらなる自己成長を求めて、等身大の自分を忘れる。

それでもいつもは自分より下を見て安堵して。

自分の存在意義やちっぽけな自信や尊厳を潤している。

就職活動に限らず、仕事内容、キャリアステップ、管理職。

そんな贅沢は捨て去るべきなのかもしれません。

等身大の自分にあった、楽しみもやりがいも少ないような仕事を見つけること。

頑張ることを諦めるのではなく、区切りをつけた中で必死になる。

そんなのびのびした、自分らしい自分を見失いつつあります。


 < 過去  INDEX  未来 >


きむそん

My追加