SHOP入口 ↓
「オーダーメイドぬいぐるみ」
「オーダーメイド犬猫あみぐるみ」
「ウェディングドッグ・キャット」
「リングピロー」
HEAVENLY FATHER FEEDS THEM
HEAVENLY FATHER FEEDS THEM
ミサリ



 天の父のデザイン




おかげ様でじゃっくぐるみ、

いくつかのご注文をいただきました。


毎日楽しみつつ、こつこつ作っております。


作っていて、面白いなぁと思いました。

おんなじジャックラッセルテリアでも

模様がいろいろ。


それは前からも思っていたけれど

こうしてじっくり模様に注目して、

改めて

みんな大切な「世界で一匹」なんだな

と思う。



HEAVENLYの父のデザイン。




2005年04月30日(土)



 




緑がいっぱいの季節になりました。



ごそごそ がさがさ・・・

のらねこみたいね。




2005年04月29日(金)



 オクラの種まき




きのう種まきをした。

オクラのたね。


当たり前だけど、まだ今日は芽が出ない。

たのしみだな。


オクラって前から育ててみたかった。

びっくりするようなきれいな花が咲きますよ。

クリーム色の芙蓉のよう。


もちろん実も大好きです。

ゆでてマヨネーズをつけて食べましょう。



今までは夏は仕事がめいいっぱいでした。

オクラは夏に実る。

放っておくとすぐ「おばけオクラ」になるらしい。


で、ずっとがまんして

仕事の終わったこのときを待って

やっと種まきをしたのでした。



2005年04月28日(木)



 さんごちゃん




先日ご紹介したじゃっくぐるみ


それを見てくださったお友だちが

オーダー注文してくださいました!

私と同じジャックラッセルテリアと暮らしていらっしゃる方です。


わんちゃんのお名前は「さんごちゃん」。

ももよよりも、

フワフワもしゃもしゃっとしているキュートな子です。


本物のさんごちゃんを見たい方は→こちらへ


どうですか?

似ていますかしら。


こちらのサイトは温かくて、ときどきぷぷっとさせられ、

「今日のさんごちゃんはどうしているかな〜?」と

毎日見に行っております。



スムース、ブロークンの子は

1匹1200円+送料でお受けします。(しっかり宣伝^^)







そして、ジャックラッセルには

もっともしゃもしゃの子がいる。(ラフ)


ためしに作ってみましたが、いかがでしょう?


こちらはもう少し手間がいりますので

1匹1400円+送料となります。(しっかり宣伝^^)



もしも興味のある方はメールくださいませませ。



2005年04月27日(水)



 さつき




もうすぐ5月だね。

早いもんだなぁ。


さつき、つつじが咲き始めています。





2005年04月26日(火)



 日々の糧




小さなアリも

日々の糧をいただきます。



2005年04月24日(日)



 生きてるねー




今まで気づいていなかった。


ブラックベリーにいつのまにやら

蕾がついていた。


5月くらいに花が咲くかな?

去年は初めの年だったからだったから

3つしか実がならなかった。


今年は随分実ができそう。






こちらは苺。

去年の株が生み出した子どもら。


ほったらかしだったのに

こんなに花をつけています。



2005年04月23日(土)



 お鼻が・・




散歩の途中で親子に会った。

女の子が「あ、犬・・」と言ったので

興味あるのかなぁ・・としばらくお話。


触りたいかなと近づいてみる。

お母さんは犬が大好きのよう。

でも女の子は、

今まであんまり犬に触ったことがないみたい。


ももよがお母さんにぺろぺろしている隙に

ちょい

と背中を触ってみてる。


ももよは、くるりと今度は女の子にご挨拶。

その子の足に

つん

と鼻をつけた。

ももよの得意のご挨拶。



そしたら急にその子が泣いてしまったの。



あら、ごめんなさい。

わんちゃん怖かったのね。


その子はまだ1年生。

お母さん曰く、

今はちょっとしたことで泣いちゃうんですって。


入学して間もない。

ちっちゃな子でも、たくさん心配事があるのだろう。


大丈夫。

そのうち友達たくさんできて楽しくなるよ。




でも、ちょっとおかしかった。

泣いちゃったとき

「お鼻が濡れてたーっ」

って。



(おまけ)

それを見ていた別の男の子。

近寄ってきて

「その犬、お鼻が怖いの?」

だって。


ふふふ^^



2005年04月22日(金)



 じゃっくぐるみ

ももー。

ほら見てー!



えっ?

それワタシ?

(あげると食べられるので見せるだけ)





ついにジャックのあみぐるみに挑戦。

首輪もつけてみました。

ジャックは色々な模様があるので楽しそうです。



2005年04月21日(木)



 では本文そのものを

紙芝居「ちびのザアカイ」を

ご覧くださりありがとうございました。


では最後に、

ザアカイの場面、聖書本文も載せておきますね。




それからイエスは、エリコにはいって、

町をお通りになられた。

ここには、ザアカイという人がいたが、

彼は取税人のかしらで、金持ちであった。


彼は、イエスがどんな方か見ようとしたが、

背が低かったので、群集のため見ることができなかった。

それで、イエスを見るために、前方に走り出て、

いちじく桑の木に登った。ちょうどイエスがそこを

通り過ぎようとしておられたからである。


イエスはちょうどそこに来られて、

上を見上げて彼に言われた。

「ザアカイ。急いで降りてきなさい。

きょうはあなたの家に泊まることにしてあるから。」

ザアカイは急いで降りてきて、

そして大喜びでイエスを迎えた。


これを見てみなは、

「あの方は罪人のところに行って客となられた。」

と言ってつぶやいた。


ところがザアカイは立って、主に言った。

「主よ。ご覧ください。

私の財産の半分を貧しい人たちに施します。

まただれからでも、私がだまし取った物は、

4倍にして返します。」


イエスは彼に言われた。

「きょう、救いがこの家に来ました。

この人もアブラハムの子なのですから。

人の子は、失われた人を捜して救うために来たのです。」

(ルカ19:1−10より)




そしてもうひとつ。

ひとりお花見ピクニックのときに見つけた

うれしい箇所も。



「わたしは良い牧場で彼らを養い、

イスラエルの高い山々が、彼らのおりとなる。

彼らはその良いおりに伏し、イスラエルの山々の

肥えた牧場で草をはむ。

わたしがわたしの羊を飼い、わたしが彼らをいこわせる。

ー神である主の御告げ。ー

わたしは失われたものを捜し、

迷い出たものを連れ戻し、

傷ついたものを包み、

病気のものを力づける。」



これはもっともっと昔に書かれた旧約聖書。

(エゼキエル34:14−16)

その約束のとおりのイエス様ですね。



2005年04月20日(水)



 ちびのザアカイ(その9)




イエス様はとても嬉しそうにこう言いました。


「きょう、救いがこの家に来ました。

この人もアブラハムの子なのですから。

人の子は失われた人を捜して救うために来たのです!」


これは

「ザアカイさん。大丈夫ですよ。

あなたの罪は赦されていますよ。」

という意味です。



こうしてイエス様に愛されたザアカイは

それからというもの、

イエス様を信じてとってもうれしい気持ちで

毎日を過ごしたそうです。




おしまいおしまい。



2005年04月19日(火)



 ちびのザアカイ(その8)




ザアカイはイエス様を家にお連れすると

一緒においしいごはんを食べました。

きっと、いっぱいいっぱいお話したでしょう。



すると急にザアカイの目から

ポロポロポロ・・・と涙がこぼれてきました。


「イエスさま。ごめんなさい。

私は悪い人です。

今まで色々な人からお金をだまし取ってきました。


これからは、私の財産の半分を貧しい人たちに施します。

また誰からでも私がだまし取ったものは4倍にして返します。」



このことばを聞いて、イエス様はどうしたと思いますか?


ザアカイを嫌いになったでしょうか。



いいえ!!



2005年04月18日(月)



 ちびのザアカイ(その7)




「ザアカイ!急いで降りてきなさい。

今日はあなたの家に泊まることにしてあるから。」



ザアカイはもうびっくりしてしまいました。

初めてお会いしたイエス様なのに、

「ザアカイよ。」と名前で呼んでくださったからです。



「さあ、急いで降りてきなさい。

わたしはあなたに会いたくて来たのです。」



ザアカイはもう嬉しくって嬉しくって

大あわてで木から降りていきました。



2005年04月17日(日)



 ちびのザアカイ(その6)




ザアカイは急に木に登り始めました。

まわりの人たちはビックリして、口をポカンとあけています。


「よいしょっよいしょっ。」


「よーし。ここなら大丈夫だ。

ちびすけのぼくにもよーく見えるぞ。」


「・・・あっ!

あの方がイエス様だ!

本当に優しそうなお方だなぁ・・・。

ぼくとは全然ちがうなぁ・・・。」



ザアカイは息をひそめて下を見おろしています。


イエス様はだんだんだんだんこちらへ近づいてきます。



・・・そして、いよいよ木の真下に来たときに!



2005年04月16日(土)



 ちびのザアカイ(その5)




もう、たくさんの人だかりです。

町中の人たちがイエス様のうわさを聞いて

集まってきたからです。


「中に入れてくださ〜い。

イエスさまに会わせてくださ〜い!」


そう叫んでみても誰も前に通してくれません。


「見えないよー!

全然見えないよー!」


ちびすけのザアカイです。

どんなに背伸びしても、飛び上がっても

イエス様の姿を見ることはできません。



「そうだ!こうしよう。」



2005年04月15日(金)



 ちびのザアカイ(その4)




ザアカイはあわてて家を飛び出します。


「イエスさま〜!イエスさま〜!

どこにいるんですか〜?


イエスさま〜!

ぼくにも会ってくださ〜い!」



ザアカイは一生懸命走って

とうとうイエス様を見つけます。



ところが・・・



2005年04月14日(木)



 ちびのザアカイ(その3)




イエス様のうわさを聞きました。

病気の人をなおしてあげたり、

すばらしいお話をしてくださるというイエス様です。

やさしいやさしいイエス様です。

そのイエス様がこの町にもやって来るというのです。


ザアカイはすっかり嬉しくなってしまいました。



「イエス様に会えば、

きっといいことがあるにちがいない!」



2005年04月13日(水)



 ちびのザアカイ(その2)




見てください。

おかげでザアカイの家にはお金がどっさりきんきらきんです。


毎晩袋から出してみては

「よしよし。今日もたくさん集まった。」

と満足げです。


でも本当に、これでザアカイは幸せだったんでしょうか。

友だちもいません。

人々からは嫌われてばかりです。



「お金はたくさんあるけれど、

なんだか寂しいな・・・。」

ザアカイは悲しい顔でそうつぶやきました。



・・・そんなある日のことです。




2005年04月12日(火)



 ちびのザアカイ

・・というわけで

さっそく紙芝居をお見せいたします。

(ルカ19章より)





「ちびのザアカイ」

はじまりはじまりー。







昔々、あるところに

とってもちびすけな男がおりました。

その人の名は「ザアカイ」です。

お金(税金)を集めるのが彼の仕事でした。



ところがこのザアカイさん。

とっても悪い人だったので

ちょっとだけお金を集めればよかったのに

ウソをついて貧しい人たちからたくさんたくさん

お金をだまし取っていました。


貧しい人たちはごはんを食べるのもやっとなのに

たくさんお金を取られてしまい、

いつも泣いていました。



2005年04月11日(月)



 教会

日曜日。

今日はよその教会にお招きいただき

礼拝の奉仕をしてまいりました。


いつもは聖書そのものからのメッセージをするのですが、

春の退職にあたり

14年を振り返っての話をしてくださいとのことでした。



結局たどりつくはやはり、

「ザアカイ」「罪人の客のイエス様」。

私のところにも来てくださるイエス様ということ。

そんな話をしてきました。


どうしても行き着くのはそこなんだなぁ・・・。



そうですね。

お手製の「ザアカイ」(ルカ19章)の紙芝居があるので

今度一場面ずつ公開しますね。



2005年04月10日(日)



 遠足

ひとり遠足。

ももよ連れていきたかったが、

どうも遠出が苦手のようなので置いてきた。



ひみつの穴場を知っている。

実は昨日父が教えてくれた。

とても静かでとても落ち着く家々。

古い小さな家が多いが、それぞれ自分の木を持っている。

すてき。


そこを抜けると

ほら







カタクリがひっそりと。


ね。

ひみつの場所です。



そして、もうひとつ。

これは何年か前に私がみつけたひみつの穴場。


ここは桜。

静かで人がいない。

ゆっくり桜を眺めることができる。





まだ今日は8部咲き。



また来るかもね。



2005年04月09日(土)



 おめでとうに桜を




公園へ行く。

みるみる満開近い。


ふと見ると、

地面にちらほら桜が首から落ちている。


鳥かな・・

それともこの気温で一気に咲きすぎたかな。


綺麗なので拾って

黒い器に浮かべました。

お花見。






そして今日は、ももよの誕生日。

1歳おめでとう。ありがとう。


この桜を贈るよ。





NG集








2005年04月08日(金)



 楽しそうな鳥






しばし布団の中でうずくまる。

もう起きているけど、ちょっと丸まって色々考える。


思い出していたみことば

「空の鳥を見なさい。

種蒔きもせず、刈り入れもせず、

倉に納めることもしません。

けれどもあなたがたの天の父が

これを養っていてくださるのです。

あなたがたは、鳥よりも

もっとすぐれたものではありませんか。」

(マタイ6:26)


そしたら、窓の向こうから

綺麗に歌う鳥の声が聞こえたんだ。


ひゅーひょい ひゅーひょい ひゅーひょい

ちょふぃち ちょふぃち ちょふぃち



なんて楽しそうに自由に歌うのだろう。

私に聞かせてくれたのかな?


HEAVENLYの父。




午後、出かけた帰り道、またそいつが鳴いた。


それでいー それでいー それでいー


に聞こえた。

(ホントよ)



2005年04月07日(木)



 覗き見る




私が作業しているときは

ももよは部屋に入れない。

だから

覗いてみています。



今日はひたすら大掃除。

色んなものを捨てました。

まだまだ整理しないとな。



2005年04月06日(水)



 手続きをしに

オフィスに出かけた。

退職後の色々な手続きのため。


久しぶりの都会だ。

電車が、げちゃ込みで焦った。

都会は大変だ。


馴染みのオフィスの風景であるが、

もうここの人ではないわけので

「これお借りしてもいいですか?」と

いちいち聞いてる自分がおかしかった。

聞かれる方も変な感じがするようだった。



2005年04月05日(火)



 出来上がり




からふるーるちゃん16色。

完成してヴァニーユ・はこにわへ旅立っていきました。


いやー、根を詰めてしまった。

もうちょっとゆっくりやらねばね。



明日ごろ、new arrival のページに登場するかな?



2005年04月04日(月)



 開花




本日、4月3日(日)。

ももよの公園の桜の

開花宣言を

勝手にいたします。







木蓮も素敵です。



2005年04月03日(日)



 Say Hello!

わ〜い。

お友達が「Say Hello!」をプレゼントしてくれたよ。

噂に聞いていたものの、まだ読んだことがなかった

ジャックラッセルテリアの本!






ももよも見にきます。



くんくん・・。





くぁ〜・・・

泣けるなぁ。コレ。(父撮影に協力^^;)



素敵な本でした。

ありがとう!

泣けます・・・。



2005年04月02日(土)



 ゆっくり待つ




毎日ももよと桜を待っています。

ゆっくりゆっくりピンクが増えてきます。

ここの開花宣言はまだもうちょっと。



思えば、ゆっくりと桜が咲いていく様子を待つのは

随分ぶりだな。



2005年04月01日(金)
初日 最新 目次 MAIL SHOP


My追加

「iichi」
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

ねこねこのらねこ: ーHEAVENLY FATHER FEEDS THEM(マタイ6:26)─



日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場


あなたのホームページ・メールマガジンに広告を載せてみません
か? 成功報酬型で広告費を支払うエーハチネットがおすすめ。