ウィングのつぶやき
DiaryINDEXpastwill


2006年02月28日(火) デビット・ウィットラム氏に会ってきました。

昨日、「デビッド・ウィットラムが来日しているからとりあえず取材してください」ということで、日本橋のマルマンに行ってきました。

なぜマルマンかというと、今年からアジア地区のデビットのパターの販売権をマルマンが取得したからです。



このWマークけっこういいと思う。

デビットはゲージ・デザインの創設者で、あのゲージマークも彼が生み出したものです。ところが日本のゲージデザインが一人歩きを始めてしまったらしく、いまのところもめてるみたいですね。

アメリカのゲージデザインはデビットの会社ですが、日本のゲージデザインとはもはや関係がないようです。

ということで、アジアでは「デビット・ウィットラム」ブランドとして展開することになったわけです。

デビットは気さくな人物で、基本的にはインゴッドからの削り出しにこだわっているパターデザイナーです。




「フェースインサートは嫌いですか?」と訊ねると、「接着の問題がありますからね…。でも興味は持っているし、将来的に作らないことはありません」との返事。

第1弾として発売されるのは6モデルで、そのうち2モデルには家族の名前がついています。



これは奥さんの名前がついています。

「ということは、この『JULES』があなたにとって一番重要なモデルなんですね」と言うと、
「いやそういうことでもないんですけどね〜」とデビット。

「あなたは娘さんいますか?」と聞いてくるから「いる」と答えると、
「それならわかってもらえると思いますけど、もしも自分の肌にタトゥを入れるとしたら、奥さんの名前入れないでしょ? 入れるなら娘の名前でしょ?」とニヤリ。

爆弾発言だぞデビット!

ということで、彼の一番お気に入りはこの『DEVON』に決定。



というか、彼のデザインしたパターの中で、ピン型が一番売れたそうです。

本人的にはセンターシャフトでそれほど幅のないトウ&ヒールバランスが好みだそう。

思ったんですけど、黄色ってうまく使うとカッコいいですよね。


パターカバーもインパクトあるし。


2006年02月27日(月) ゴルフフェアで気になったもの。

先週の金曜日にゴルフフェアに行ってきました。


でも、事前に知っているものが多いせいか、こいつは驚いた!的なものはありませんでした。

一番印象に残ったのは、ワークスゴルフのキャンギャルの「軽さ」かもしれません。(失礼)写真に撮りたかったけど、物欲しげな中年男に見られるのが嫌でやめときました。

そうそう、キャロウェイのウエッジのホーゼルの長さは気になりましたね。



ところで、今日はフェアにも来ていたゲージデザインの創立者デビッド・ウィットラム氏に会ってきましたので、明日にでもその話をしようと思います。


2006年02月24日(金) 飛距離アップ!!その◆ 繊屮繊璽300」結成か!?

いや〜、ついに出ましたよ。

何がって?

ベクターで300ヤードを突破したんです。
ほら。


なんといっても初速70m/sを突破したのが嬉しいですね。

実は昨日、増田雄二さんが遊びに来て、地下の打席で勉強会となったわけです。

雄二さんはあいかわらず300ヤードを連発。
で、M君が私物として持っていたプロトタイプのSシャフト(50グラム台)を打ってみたところ、310ヤード台を連発。最終的にはなんと320ヤードを記録!!

こういう感じです。


初速76m/s! 

「このシャフトいいですね。どんどん振れていきますよ」と自分で作ったくせに雄二さんが他人事のように言うので、ウィングも振ってみたところ、確かに振り抜きが良く、しかも曲がらない。というわけで302ヤードを記録できたわけです。

「いや〜雄二さんとうとう“チーム300”を結成ですね。M君入れてあげられなくてゴメンね」と言ったらM君もムキになって居残り特打。279.5ヤードを叩き出しましたが、これは写真なし、です。300を出したら写真を撮ってあげようと思います。

なぜ飛ぶかというと、これはやっぱりVロッドのおかげです。
このクラブはまったくといっていいほどスイング中に暴れないのでプレーンに乗せられるんです。そのためどんどん力を入れていける。それでも曲がらないからです。そしてどんどんフォローが走っていく。

つまり現状230ヤードしか出なくても、使っていれば250、そして270ヤードに到達できるということです。現にM君がそうでしたから。

みんなVロッド使えばいいのになあ(笑)。特にツアープロ。稼げまっせ〜。


(冗談ではなく本当です。「通販のクラブでしょ」なんてバカにする人がいるそうですが、それはホンモノとは何かを知らないだけ。クオリティの高さはゴルフジャーナリスト生命をかけて保証します)

おっと、熱くなってしまった。

これからゴルフフェアに行ってきま〜す。








2006年02月23日(木) 右にプッシュアウトが出る という悩みについての解答。

プッシュアウトの悩みが私のところによく寄せられます。
なので今日は、私なりの考えを綴ってみようと思います。といってもそれほど大げさなことではなく、一般論ですけどね。
ただ、私もプッシュアウト病患者でしたので、間違ってはいないと思います。

右へプッシュアウトする場合、まず99%軌道がインサイドアウトになっています。クラブがインサイドから下りてきて、そのまま慣性の影響でアウトに抜けていくのです。フェースを返さないという意識が強いゴルファーの場合、プッシュアウトは特によく出ますね。インサイドアウトのゴルファーはたいてい、インパクトでフェースを返して曲がり幅の大きいドローを打ってきますが、一歩間違えばプッシュアウトです。叩いた時などは特に、フェースを戻しきれずに右へ押し出してしまいます。やっかいなことに、このタイプは体のターンが止まるとフェースが返りすぎてチーピンになります。つまり左右どっちにもボールが飛ぶのです。

プッシュアウトを直すにはまず、インサイドから下りる癖を修正しなければなりません。多いパターンはバックスイングをインサイドに引きすぎているケースです。インサイドに引いてトップがクロスに入ると、インサイドからしかクラブを下ろせないのです。ですからバックスイングをストレートに引く練習をするといいでしょう。手元を飛球線に沿ってまっすぐ引き、トップがクロスに入らないよう注意してみてください。(この部分は井上透コーチに習ったことです)

フォロースルーに原因がある場合もあって、手首を返さないという意識が強いゴルファーがこれにあたります。アウトにクラブを振り出し、そこから担ぎ上げるようにフィニッシュまで持っていくので、本人はフェースオープンでインサイドアウトだということに気付かないのです。こういうアマチュアは本当に多いです。改善策ですが、.侫ローで左脇を締める。▲侫ローでクラブをプレーンに乗せる。という2点になりますね。


↑フォローでプレーンに乗せることが大事です。

ポイントとしては意識して左に振り抜くことになるのですが、左脇が開いていたらスライスになってしまいます。フォローで左手を浮かせないように気をつけながら、体のターンと同調するようにフェースをローテーションさせるという動きを覚えなければなりません。これがいわゆる「球をつかまえる」ということです。




2006年02月21日(火) 飛距離アップ!!

2年前に“Afternoons with Mr.HOGAN”という本が出版されました。

それによると、1967年に、ホーガンの地元テキサス州フォートワースにあるシャディ・オークスCCで練習場のボール拾いをしていた17歳の少年に、ホーガンがスイングの秘密を打ち明けたそうなんです
練習場といっても打ちっぱなしではなく、ホーガンだけにコースの一角を練習場として使うことを許されていたそうです。しかもボールはすべてコースボール。少年はホーガン専属の球拾いだったわけですね。

でその秘密とは何だったのかというと、バックスイングとダウンスイングで右ヒザの角度を崩さない、というものだったそうです。

「ホーガンの秘密」といえば、ライフ誌から莫大なギャラをもらって「スクエアグリップへのチェンジ」と「トップで左手首を甲側に折る」というしょーもないポイントを明かしたホーガンですが、この「右ヒザキープ」だけは、「モダン・ゴルフ」ではもちろん、ついぞ語ることはなかったのです。

少年が「どうして黙っているんですか?」と尋ねると、「むざむざライバルたちに明かすわけないだろう」って言ったそうですが、本当ならけっこう小さいぞ!ホーガン!

まあそんなことはどうでもいいのですが、ウィングも右ヒザキープは重要なポイントだと考えます。しかし、しかし、下半身を使えていない人がやると、スイングが小さくなるから注意! 小さいのはなんでもよくないですよ。

フットワークを使えて、下で上を動かせるようになってはじめて右ヒザの我慢をして欲しいと思います。そうでないと手打ちになります。

で昨夜、うちのM君と地下でちょっと打ったのですが、けっこう下半身を使えているようだったので、右ヒザキープを教えてあげました。といってもたぶん意識して右ヒザキープはできないと思ったので、「インパクトまで右足カカトを地面から浮かせないようにしてみたら」と言いました。

すると、飛距離が伸びました。
ヘッドが走るんです。いままでM君の最長不倒記録は260.7ヤードでしたが、263.2ヤードを記録。毎ショットほぼ250ヤードをクリアしてましたからまずまずです。

で自分ですが、やはり飛びました。ほかにもポイントはあったのですが、右足のカカトで蹴るようにして、なおかつ右ヒザキープというか、やはり右カカトを早く浮かせないように注意したら283.4ヤードを記録。

というわけでランキングはこうなりました。




夢の300ヤードまでもう一息(二息?)か?


2006年02月20日(月) ありがとうございました。

遅ればせながら、土曜日のショールームオープンにかけつけてくれたみなさん、どうもありがとうございました。
ゴルフに真剣に取り組んでいるみなさんとお話しするのは楽しいですね。

試打された方はベクターの厳しさがわかっていただけたと思います。
250ヤード出れば立派に飛ばし屋ですよ。

われをと思う方は挑戦をお待ちしております。
ちなみに現在のランキングは、



こうなってます。

時間が許せばスイングのアドバイスもしますので、
指名してください(笑)。

でもって、またまたお花をいただきました。


ありがとうございます×1

ありがとうございます×2

ありがとうございます×3


2006年02月17日(金) なんとか準備完了しました

明日からショールームオープンです。
内装も完璧ではありませんが、いちおうなんとか形にはなりました。


またお花をいただきました。ありがとうございました。


こんなものも展示してありますので、


↑ジャンボ尾崎プロがかつて使用していたパターのヘッドです。どうやらプロトタイプらしく、現在その素性を調査中です。

お暇なときに足をお運びください。

場所は
東京都中央区湊3ー2−9丹波ビル1階・地下1階
地下鉄有楽町線新富町駅から徒歩3分。
日比谷線築地駅、八丁堀駅からは徒歩7分です。


2006年02月16日(木) 2月18日土曜日オープン!


いよいよあさって、マスダゴルフのショールームがオープンします。



ありがとうございます!


ありがとうございます!!

内装もだいぶできあがりました。
ショーケースには、ヘッドの試作品やロストワックスでドライバーのヘッドを作るときに使う型なんかを飾ってみました。



全クラブを展示してあるのはもちろん、パターのプロトタイプなども置いてあります。



そして地下には打席が!
いま使っているドライバーとVrodを打ち比べてみると面白いと思いますよ。


2006年02月13日(月) 武術的動作は○○○○に学べ

帰国してサッカー日本代表のアメリカ戦を見ました。

アメリカはなかなかのチームでしたね。一方日本は指揮者不在のオーケストラのような感じでした。

ただ、久保はやはり何かをやってくれそうな選手だということを再認識しましたね。

アメリカは後半バテバテで、日本の猛攻に2点を許しましたが、これは永井コーチのいう、「スポーツ的動作」と「武術的動作」の差が出たのではないかと思います。

うねりやねじりで動くスポーツ的動作は疲れやすいんです。一方、骨盤に上体を乗せて動く武術的動作は、チョコマカとすばやく動け、しかも疲れにくいという特徴があります。欧米人のようにパワーのない日本人が必要に迫られて編み出した身体操作法なわけです。

ということは、前半は相手を疲れさせながらきっちり守って、後半30分くらいから猛攻をしかけて1−0で勝つ、というのが日本人的な戦い方なのかな、と思ったりもします。




ところで、ホノルルのヒルトンにはペンギンがいます。「暑くないんか、お前たち?」って感じですが、

そういえば、ペンギンも武術的な動き方してますよね。


2006年02月11日(土) 割と宣伝色濃いので興味のない方は読む必要ないです。

ハワイ島に3日間滞在し、ホノルルに移動しました。
なんか名残惜しかったな〜。

今回はハワイ島にあるヒルトンの仕事でいったので、思いっきりPRしてしまうと、
ここ(ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ)は本当におすすめのリゾートですよ。

特に、ホテル内のラグーンが最高です。


これはイルカ君のいるラグーンですが、これはほんの一部で、広大なラグーンがそりゃあもう、えらい範囲で広がっているわけです。

また、もちろんホテルも広大で、3セクションに分かれているのですが、長〜い渡り廊下にポリネシアやアジアの美術品が展示されていて、ちょっとした美術館のようです。アート好きにはたまりません。

アートはウィングの大好物なので、モノレールやボートに乗らず何度か渡り廊下を歩きました。
こんな感じです↓



おそらく、ゴルフしたり、ラグーンで遊んだり、オイシイ取材をしてるな〜とみなさんお思いでしょうが、実は体調が最悪でかなり辛かったんです。出発前に風邪を引いてしまい、おまけに、治療中の奥歯が痛み出すという二重苦。


仕事なのであまり辛さを表には出せませんでしたが、内心はこんな思いだったわけです。(さりげなく置かれていたこの仏様もお高いんでしょうね)

ゴルフの大叩きもきっとそのせいに違いない!(と思いたい…)


2006年02月08日(水) そんなに叩く奴がイルカ!

ハワイ島の「ヒルトン・ワイコロアビレッジ」に来ているウィングです。
今日はワイコロア・ビーチ・ゴルフ・コースでラウンドしてきました。ここはロバート・トレント・ジョーンズJrの設計で、ゴルフマガジン誌の「アメリカのベストゴルフコース」にもランキングされる素晴らしいコースです。

何が素晴らしいって、ラウンドしながら鯨と会えるんですよ。
12番のパー5の右サイドにはワイルア湾が広がっているのですが、この海には鯨がウジャウジャいて、あちこちで潮をピューっと吹き上げます。

↑名物ホールの12番パー5。後ろに見えるのがワイルア湾です。


↑鯨を待つ人たち

昨日のワイコロア・キングス・ゴルフ・コースもそうだったんですが、どちらも溶岩に囲まれたなんともいえないロケーションで、大自然の中でのゴルフを堪能できましたね。

ん? スコア?

昨日は風が強く、限りなく90に近い80台。今日は風はそれほどでしたが85というなんだかな〜という結果。まあ、これ以上はノーコメントということで・・・。(やってないからか、センスがないのか、アプローチが寄りませんな〜)

ラウンド後は、ホテル内にあるラグーンを散策。ここにはたくさんのイルカたちがいて、旅人を癒してくれます。

こんな感じです。


癒されました?


2006年02月07日(火) ハワイは今日も○○だった。

仕事でハワイ島に来ています。
ヒルトンワイコロアビレッジというリゾートの取材です。
ホテルの中に電車は走ってるわ、船は走ってるわで、そりゃあもう巨大かつゴージャスな場所なわけです。


今日は時間が空いたので取材がてらゴルフをしてきました。(といいつつほとんど遊びだけど)

実は今年初めてのゴルフです。というか、11月の頭からやってなかったんですよね。
というわけで、練習場で打ち込んでからスタートしたのですが、レンジに吹きすさぶ風が強いのなんのって・・・。


(↑写真でかっ!)
スライス風にボールがあおられて、右に40ヤードぐらい流されます。
「まあ、この風だしな…」
と思ってラウンドを開始したところ、さあ大変。
アイアンショットが全部右!

そうです。風ではなく、私のフェースは開いていたのです。
ラウンド後、一緒に回ったY社長から、
「今日はオープンフェイスでしたね。ははは」
と肩を叩かれました。

ちなみにウィングの会社の名前はオープンフェイスと言います。

とりあえずコースは綺麗でした。


明日はラウンド中に鯨に会えてしまうという、ビーチコースに行ってきま〜す!


2006年02月03日(金) けっこうクールかも

マスダゴルフのショールーム(兼直営ショップ)のオープンがいよいよ近づいています。
内装工事もかなり進み、現状はこんな感じです。





ウィングの使わなくなったロングボードを壁にディスプレーしてみました。ボードがなかったらサーフショップに見えるだろうな〜。
なぜか冷蔵庫があったりして。コロナビールを入れておこうかな、などと考えているわけです。ハイ。

レアもののクラブも展示する予定です。上の金網がなかなかクールだと思いませんか? 奥の棚にも面白いものが展示しているのですが、この紹介はまた後日します。





2月中旬にはオープンできると思います。場所は東京都中央区の湊3丁目。地下鉄有楽町線の新富町駅から徒歩2分。日比谷線の築地駅、八丁堀駅からも近いですよ。



ゴルフショップには見えないかもしれませんね。では。


ゴルフライター小林一人

My追加