Y: T:

日刊オバちゃん白書 --婆ウォッチングのミラーサイトになりました--
* いんふぉめ〜しょん *
2001.3.18〜 走りっぱなし

急げ雨の前に 2020年06月30日(火)



早朝からのオシゴトが終わった昼ごろに
予報どおりポツリポツリと降り始めた雨は、
帰宅するころにはパラパラぐらいになり、
畑を一回りして家に入ると、本降りに。

まだトマトが赤くならないので、
収穫量としてはたいしたことがないのだが、
キュウリが安定的に採れるのがありがたい。
202006302226118a1.jpg

イチゴは最後の3粒。
ブルーベリーはヨーグルトの上に「ひとならべ」程度。
キヌサヤもみそ汁にパッと放すくらいの量である。
けど、無農薬で安全安心なことは絶対に確か。

福耳ナンバンもぼちぼち収穫しているし、
ピーマンもどんどん花が咲いているし、
落花生は本葉が花火のようにパッと開いて華やか。
これで、トマトが赤くなりさえすればバンザイ三唱である。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

7月からの練習メニューがほぼ固まった。
懸案だったバッハは、イギリス組曲をやり直すことにしたし、
リストは「リゴレット・パラフレーズ」のやり直し、
ショパンは即興曲と舟歌の続き。

新曲がないけれど、なにがきっかけで「これ弾きたい」となるか、
今までも予想をはるかに超える事態ってのはあったわけで。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドギャラリーへ
 





75年だそうで 2020年06月29日(月)



土手がこんなふう。
2020062921371438a.jpg

こういう柄の布とか、あるよねー
色だけで言えば、クリスマスカラーなのだけれど、
クリスマスのグリーンって、もっと深くて濃い。
初夏のグリーンとは違うんですなあ。

車の6か月点検が1時間足らずで終わり、
いつものコースとして、そのまんま帰らずに
大型書店のカフェに立ち寄るのがお決まり。
立ち寄るっていうほど近くはなくて、
わざわざ遠回りするのだけれど。

なんとなーく眺めていた文具売り場で見つけた。
20200629213733693.jpg

今年はやたらムーミンが目に入る。
初売りでは、手芸店の福袋がムーミン。
ダブルガーゼが入っていて、狂喜乱舞したのだった。
コロナの影響で中止になったけれど、
岩手県立美術館では「ムーミン展」が催されるはずだった。

そして、フリクションスタンプまでも。
これまでも、リラックマやスヌーピーとのコラボがあって、
いくつか買い求めたのだった。

今年は、ムーミンの小節が刊行されて75年目なのだそうだ。
スリークォーターのアニバーサリー。

ディスプレイのケースにきれいに納まっていて、
まだひとっつも売れた様子がなかった。
売り場に並べられたばかりってことかな。
今回は、ハビットトラッカーに使えそうな6個だけ。
そのうちまたほしくなるかも、だけど。

こういう小さなモノで気持ちが上がるってこともある。
ちょっと楽しい気分になるってこともある。
話のネタになることも、まあ、あるかも。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドギャラリーへ
 
 





謎の掛け声 2020年06月28日(日)



洗面所を「ねぐら」にしている猫たち、
中でも、ぺけちんに対しては
どうしても、話しかけずにはいられない。

抱っこナデナデ大好きなぺけちんだけど、
それじゃ写真が撮れないので洗濯機の上に降ろしたら、
こーゆー顔をするのですよ(かわかわ)
2020062821444748d.jpg

以前は、「ぺけちん、パカちん」と声をかけていた。
(PAKA、である。Bではない)
が、今日ふと気がついたことに、
「にょにょにょ」「にょーんにょん」
と、ネコ語とも言えないような音声を
私は発していたのだった。

なぜと問われても困るし、
意味を問われても困る。
ぺけちんにはそれで通じるのでオッケーなのだ。

ちなみに、ぺけちんのすぐ後ろにいるのが、
洗濯機を定位置とするぽん婆さんで、
さらに後ろのランドリーラックには麦っち。
粟姫さまは洗面ボウルに足突っ込んで水を飲んでいる。
いつもの、落ち着いた光景。

低め安定のぽん婆さん。
2020062821445677e.jpg

なんだかんだ言って、
自力で「せいっ!」とばかりに洗濯機に乗るし、
ハラヘッター、とカリカリを催促するし、
(まだカリカリを食べられるってことでもある)
やれることを数えれば、けっこうあるのだ。

毛づくろいをしなくなったし、
爪とぎをしなくなったし、
お下(しも)方面が甘くなったけどね。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

今シーズンラスト利用の田園ホール。
座席がこんなんなってた。
20200628214105a28.jpg

どこぞのホールでは、バツ印ではなくて、
作曲家の顔をプリントして貼っているのを
SNSで見かけて、いいねえと思ったのだったが、
こうして印刷して切って貼ってという、
その手間ひまを思えば、なんだって、もう。

実は7月に、別のもうちょっと近いホールを借りた。
3月に借りる予定だったのが流れたので、
その代わりにということで、案内をいただいたのだった。
2週間後、何か弾けるようになっているだろか。
(まあね、今日みたいに楽譜ガン見だっていいしね)

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ホール練習の帰り、エスニック雑貨のお店に立ち寄った。
目的は、アタ製品の買い足しである。
カッチリとした四角い入れ物と、フチのあるコースター。
20200628214351814.jpg

今まで使っていたもの。
ペン類がはみ出てしまうので気になっていたのだった。
フチありコースターはもうひとつ欲しかった。
20200628214401b20.jpg

入れ替えてみました。
付箋もスマホも余裕で入る〜
20200628214413549.jpg

スマホは、買い替える前のやつ。
壊れていたわけじゃないので、
ストップウォッチとかメトロノームとかで使っている。
そう、アプリのダウンロードもできるのである。
ありがとうWi-Fi♪

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

バッハをどうするかは、まだ検討中。
5声に挑戦ってのも魅力的だし、
ほかにも気になる曲は山ほどある。

イギリス組曲第3番。
プレリュードとジーグを解釈版で弾いて、
確か暗譜もしたはずだが、
こちらはヘンレ版(原典版)で、記譜の違いがあるため、
まるで新曲! 新鮮! である。
20200628214425922.jpg

トッカータなど、いかがかな。
トッカータはそもそも手掛けた曲が少なくて、
それは1曲がやたら長いからで、それだけで意気消沈。
こちら、15ページある。
2020062821443369a.jpg

ただ、1曲の中にフーガやアダージョが組曲的に入っており、
分けて練習することは可能だし、そうじゃないと無理だし。

どれを弾くんでも「挑戦」には違いないなあ。
リストも常に1曲は置いておきたいし、
(なんなら楽譜をポチろうかとも思っている)
(巡礼の年第3年、ブダペスト版とか)
ショパンも練習メニューに入れておきたい。

バッハとリストとショパン、
使う手の筋肉が違うはもちろん、
使う脳の部分も違うように思えるので、
脳の老化防止にはいいんじゃないかなーーーって。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドギャラリーへ
 





6月はコインポーチ 2020年06月27日(土)



「12か月のポーチ」は、3月をパスしたので5回目。
(マスク作りに夢中になっていましたんで)

気がつけば、マスクを作るときにでた端切れが
それはそれは、うず高く山になっておったのじゃ。
えーっと、6月のポーチ・・・って考え始めたときに
その端切れたちに「オイデオイデ」と呼ばれましてな。

使ったのは表に3柄、裏に1柄。
バイアステープは何かに使った残りだし、
キルト芯も20年以上前から持っているヤツで、
ファスナーは大量に買ってあった14センチ。

ちゃらっと、できあがり。
ほとんどミシンで、ファスナーだけは手縫いである。
20200627215011d3d.jpg

サイズ感はこれくらい。
バッグの中では指定席を決めておかないと
迷子にさせてしまいそうだ。
前回作ったバッグインバッグが役に立つかな。
20200627214930029.jpg

コインが一列に入るのである。
てか、そーゆーふーにしか入らないのである。
20200627214902608.jpg

このカタチは、いつか作る! と決めていたもので、
2020年の「100のやることリスト」にも載っている。

ちなみに、「100のやることリスト」は、
少しずつ書き足している段階でして、
確かまだ50に届いていなかったような・・・
(今年がもう半分終わるっていうのにね)

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

田園ホールのピアノ開放は、
明日が私の最終予約日になる。
(開放イベントは6月いっぱい)

えーっと、どうだっけー、と言いながら、
エステとカンパネラと舟歌を。
楽譜にびっちりかじりつきながら、
平均律とノクターンを、弾いてくるでござるよ。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドギャラリーへ
 





共有できる人々 2020年06月26日(金)



新型コロナウィルスのパンデミックという、
ある意味貴重な経験の渦中に、私たちはいる。
そんな「今」を、ことがらの記録として、
あるいは生活や意識にどんな変化があったか、
文章としてまとめておく価値があるのではないか。

文章教室で、そんな「宿題」が出されたのが2週間前。
あれから、ちびちびとメモ書きしておいたものを、
いよいよパソコン画面に向かって書き起こす作業をした。

勢いとはおそろしいもので、
たくさん書いてあったメモは全く使うことなく、
(いや、メモしたからこそ、頭の中で整理されたのだと思いたい)
パソコンのフリーズがちょうどよいインターバルになりつつ(-_-;)
わりあいサクサクと書き進めることができた・・・のに時間切れ。
最後まで書ききれないまま、途中経過として作品を持参した。

他のメンバーの、コロナ騒ぎの経過、自粛生活中のこと、
それぞれの目線で書いてきた内容には、ぐいぐい引き込まれた。
誰にとっても「降って沸いた」災難である。
その点、共通しているわけだ。
ストレスの感じ方について、私もそれ! と気持ちを共有する。
引きこもり生活が実は性に合っていた、とうなずき合う。

否定も批判もない。
お互いの違いを受け入れ合える関係。
かけがえのないメンバーなのである。
(講師と受講生、同列でスミマセン)

次回には、ちゃんと最後まで書き切って持っていきます(^^ゞ
(誓うってほどじゃないかー)

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

フォーレのパヴァーヌは、次の2ページへ。
オーギュメントとか!
20200626215734f77.jpg

続き、こういうコード進行。
フォーレってば、悪魔に魂を売った?
20200626215646f22.jpg

なかなか受け入れがたい和音もときおりあるのだが、
弾き慣れて、聴き慣れてきたら、
「そういうもん」って思えるのでしょーか。

ボケッと過ごしていた意識もないんだが、
いつの間にか(ですよね??)6月が終わろうとしている。
さて、7月は何を弾きましょうかと考える時期。

平均律は、人生初の5声に挑戦とか思ってみたり。
(挑戦する自由は等しく誰にでもあるのだ)
202006262156171e5.jpg

リストの「リゴレット・パラフレーズ」は、
眠らせておくのが惜しい気がする。
マジで練習して、まだ1年たっていないから、
解凍するのに、そんなに時間はかからないかもだな。

試しにちょろっと弾いてみた。
なにこれ鬼? っていうこんなフレーズも、
さんざん練習した成果っつーか、手が勝手に。
けど、テンポは出せないし、細かい音符はめちゃくちゃ。
2020062621550027a.jpg

フォーレつながりで、バルカローレなどいかがだろうか。
ただし、これまで何度となく挑戦しては、
無念にも玉砕しまくってきた曲でもある。
20200626215424ce8.jpg

ワケわかんなさでいうと、ラヴェルとどっこい?
メシアンほどじゃない?
そこらへん、未知の領域っていうか。
(なにしろラヴェルは水と戯れる前に溺れまして)

コード分析だけは最後までしてあるのよー。
あんときの私に感謝したいヽ(。´∀`。)/

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドギャラリーへ
 





欲深い婆は欲をセーブできるか? 2020年06月25日(木)



大きなつづらと小さなつづら、どちらがいいかと聞かれたら
「どっちも」と言いたいのをグッとこらえて
「大きいほう」と答えるに違いない。
大きいつづらは、中身をとりだしたあとにも使い道がありそうだ。
中からヘビやカエルが出てきても構わない。
(わざわざ上野動物園に見に行きたいほど好きだし)
(アゲハとかスズメガ系のイモムシでもいいんじゃないかな)

フォーレのパヴァーヌ、マジ譜読みを始めた。
何度聴いても、楽譜どおりじゃなかろうとも、
根木マリサさんの演奏はやっぱり素晴らしいことに違いなくて、
自分の手で音にしたいという欲は高まる一方。
最終的にコード弾きまではできないにしても、
ま、ちょっとフェイクぐらいなら・・・という欲もある。

このコード進行、音の選び方!
20200625213712885.jpg

今日は2ページまでしかコードネームを書けなかった。
これだけは欲をかかずに1日1〜2ページにしといて、
フォーレ独特の音の響きに慣れながら進めようかな。
そもそも、そんなに長い曲じゃないし。

こうして、新しい曲に手をつけるにつけ、
5月に弾いていた曲はもう、弾けなくなっているわけよ。
エステ? う〜ん。どうかな。
カンパネラ? 暗譜は抜けていないと思うけど。
木枯らし? いやもう新しい葉がわさわさ茂って、輪郭が見えない。

いっとき練習しまくった、こういう曲たちが、
サラサラと指の間からこぼれ落ちて(堕ちて?)ゆくのは惜しい。
なんとか維持したいという思いはあれど、
1日の練習が2時間かそこらってのは、不足すぎ。
手をつけたはいいが、挫けたままになっている曲も多数だし、
残り人生を考えると、維持はしたいし、新曲も手掛けたいし、
バッハは研究しつづけたいしと、欲を出し過ぎるのも、
結局は何も得られずに人生終わりそう。

ちょうどよいバランスのところで「手を打つ」ことも、
この年になったら考えないといけないのかもしれない(やだね)

実はあと1回、ホールのフルコンを予約してある。
が、そこで弾くものがなーい!
平均律と・・・部分練習しかしていないノクターン。
2時間、普通に練習するしかない。
スタインウェイで「思い出し弾き」をする?
ベーゼンドルファーで「探り弾き」をする?
まあ、なんて贅沢な。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

オシゴトから帰って真っ先にすることが、
ぽんちゃんの「生存確認」である。
今日は段ボール箱の中じゃなく、
洗濯機の上で寝ていたので写真を撮ってみた。

半開きの上に、目やに。
首ハゲは隠れて見えていない。
20200625213651102.jpg

あ、ちゃんと目ぇつぶって寝た。
202006252136035e3.jpg

ウチのネコ族はみんな、この洗濯機の上が好き。
なので、タオルの裂き織りマットのお古を
払い下げて敷いてやっている。
文章教室の会場である南昌荘エントランスで、
タイミングがよければ購入できるので、
チャンスを逃さず買うことにしている。
使うのは自分だけじゃない! と思えばね。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドギャラリーへ
 





美容は保証できない 2020年06月24日(水)



復活リーグ2週目。
700を超えられなかったなあ。
疲れていないうちは「鬼カーブ」で攻めることができたが、
次第に狙いが甘くなってくる。
集中も切れがちになって、まさかのミスを連発する。
どっこも痛いところはないし、足も攣っていない。
誰のせいにもできない、自分の問題。
しかし、10ピンタップのクリア率はよく、
キティさんボールはよく走ってくれた。

キティでスペアを取ったときと、
スプリットメイクしたときに、
それぞれ100円を貯金している。
今日はキティちゃん、900円稼いでくれた。
1月からの積算が一万円を超え、
ボウリング場で貯まるポイントと合わせると、
ボールとかシューズとか、買えるくらい。
いや、ボールは無理かもしれない。
よっく曲がる系のボールは諭吉3人分ぐらいだから。
シューズはそろそろほしいと思っていたのに、
コロナ騒ぎでタイミングを逃したのだった。

美容と健康と生活習慣病予防に、
さーみんなでボウリングをやろうじゃねーの! 
と謳っている、でっかい看板。
20200624214640735.jpg

健康と生活習慣病予防はともかく、
美容ってのはどうなんでしょうね。
(たまに、美しい人が投げているってことはあるが、
 それはボウリングのせいじゃない)
(ついうっかり映り込んだのが、そのキレイな人)

インドアだから、日に焼けてシミができることはない。
その点だけなら美容効果がないとはいえないけど、
積極的に美しくなるわけじゃないので、
今からボウリングをやろうかなと思っている方は、
是非とも期待しすぎないようにしていただきたい。

美容という言葉をあえて外し、
代わりに何かキャッチフレーズを入れるとしたら、
ストレス発散とか、爽快な汗とか、
そういった方面でしょうなあ。

メンバーの組み合わせによっては
ストレスフルになることもあるので、
(一人は気楽よ〜)
「まあまあ」「概ね」「そこそこ」を前につけたい。
まあまあ、ストレス発散。
そこそこ、爽快な汗。

いかん。
お勧めしていない気がしてきた。
(お勧めなんですよっ、ほんとマジ)

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

昨日の解釈は、そもそも違っていたかもしれない。
というのも、曲の冒頭、巨匠バッハ氏は
わかりやすく「テーマでっせ」と示しているのである。
20200624214601ed7.jpg

で、次の小節に「答えやねん」と続けている。
2020062421462877b.jpg

このときソプラノが追っかけてくるため、
新しい問いと前の答えがハーモニーを作る。

という、シンプルな作りなのを、
まー、いかにも見つけましたみたいにさ。
最初っからバッハが掲げた道しるべを
しっかり見ておきなさいよ、という教訓だな。

プラスに考えるポイントがあるとしたら、
解説本に頼らず、自分で解釈しようとすると、
遠回りしたり、立ち止まったり、後戻りしたり、ってことは
あって当然のこととも言えるわけで、
経験としてひとつ積み重なったと思えなくもない・・・よね。

パヴァーヌの「版の違いか?」問題について、
あれからいろいろ調べたところ、
もともとピアノ曲ではないのだった。
ピアノ用にアレンジされたもの、ということだ。

それと、(なんと)(畏れ多くも)ご本人様から、
「コードプレイなんですよ〜」というリプをいただき、
そりゃあ、楽譜と見比べてもわかんないわけだ、と納得。
まず、コードネームを書き込んで「理解」するところから、
1ミリずつ積み上げてゆくとしよう。
(いつかでっかい山になれ〜)

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドギャラリーへ
 





見つけたどー 2020年06月23日(火)



ドはまり中の平均律。
分析を続けるうち、気づいたことがある。
研究されて、すでに知られているのかもだけど。

メインのモチーフ。
「問い」
20200623221440a30.jpg

迷うかのように続く。
20200623222428ea4.jpg

が、その裏に、「答え」があった。
20200623221417d2e.jpg

「問い」が、2度上がって6度、さらに2度下がるのに対し、
「答え」は、3度下がって6度、さらに2度上がる。

変化形として、3度上がって6度〜2度下がる形もあるので、
鏡に映した、と言ってもよいと思う。

この「問と答え」のセットが、あっちこっちにあるわけよ。
1回きりだったら、ふーん。 で終わっていただろうが、
あら、ここもそう、こっちもそう、なんとなんと。
ストレット(畳みかける部分)もあるので、
すべてに答えが用意されているわけではないが、
概ね、「問い〜答え」すぐさま「問い」で構成されている。

これを見つけちゃったらもう、面白くてね。
練習時間のほとんどを、平均律に費やしてしまった。
(いいことだ)

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ノクターンの10日間チャレンジを終えて、11日目。
ゆーっくり、両手を合わせてみた。
それほど弾きにくくはなく、移行措置は必要ないかも。
このままゆっくり馴染ませる練習で大丈夫そう。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

根木マリサさんのバースディライブのときに演奏された、
フォーレのパヴァーヌが素敵だったので、
確か楽譜があったはず、と探し出して弾いてみた。
20200623221454f94.jpg

音符の数は多くないし、こんなに空いているのに、
なんたら弾きにくいこと。
コード分析をして、何がどーなっているのかが理解できないと、
とても弾けたもんじゃあなさそうだ。

あと、私が持っている楽譜、
根木マリサさんが弾いたバージョンと違うので、
もしかしたら、いくつか版の違いがあるのかな。
ちと調べてみよう。

参考まで。
約20分のところからが、パヴァーヌです。


さらっと弾いているように見えるけれど、
それって、そう見えるだけなんだよね。
めっちゃ努力の人だと思う(だから好き)。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドギャラリーへ
 





不精の庭の賑わい 2020年06月22日(月)



ポポの実がふくらみ始めた。
懐かしいねえ。
2020062221573150a.jpg

似ているけれど違う。
こちらは、玄関前のアケビ。
20200622215804316.jpg

カジさんを家に入れようと外に出たとき、
バサバサッと盛大な音がして、
なにやらアケビ方面で影が動いた。
もしかしたら、アケビ子のお母様かもね。
ミニアケビ子に、今年は会えるかもね!

一個だけ、見事に色づいたブルーベリー。
20200622215702bd7.jpg

いよいよシーズン到来である。
・・・にしても、この熟した実のすぐ下に、
子蜘蛛のかたまりがあって、
目はそっちに釘付けになったのだった。
(毎年、蜘蛛の子を散らして遊んでいる)
(今年はそっとしとこうかなあ)

色が濃くて、カタチもきれいだったので激写。
ブラックベリーは花期が長くて、
実が色づくころにまだ花があったりする。
20200622215835d04.jpg

ブラックベリーのお向かいには、ツゲの木。
花のこの時期、にわかに「人気スポット」になる。
20200622215907d0c.jpg

どうやら、蜜が豊富、または美味しいってことが、
ムシ界に口コミで伝わっているらしいのだ。
春のサラサドウダン、初夏のツゲ、
そして真夏にはヤブガラシを、
ムシたちはレストランにしている。
今年はハニーサックルも随分咲いているし、
「やー、極楽ですなあ」
「いい世の中ですなあ」
とかなんとか、井戸端会議しているかもよ。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

そろそろ、ぽんちゃんの命の灯が危うい気がしている。
ときおり様子を見に行っては、
お腹の上下で、息をしていることを確認している。
寝ているんだけど、寝相がいつもと違っていて、
瞼をちゃんと閉じることができず、半目。

20歳近いご長寿猫である。
ここ半年ほどは、背中をなでてやっているのに、
「シャーーッ!」と威嚇するなど、認知症のような状態。
順番からして次はお前だね、と言っていた矢先、
先に米っちが急死したために、
「あ、まだでしたか」と、もうちょっと生きることにしたんだな。

首の周りが3センチ幅でハゲてしまっている。
耳の後ろはガリガリ、カイカイして、かさぶたになっている。

ナナメになってヨタヨタ歩いていたタマ三郎が、
そんな状態になってからも数年生きたことを思えば、
首周りのハゲや、半目で寝るくらい、どってことないか。

いざというときのために、箱やら毛布やらの準備を整え、
毎朝、生存確認をしては、今日が「その日」じゃなかったことに
ふう、と胸を撫でおろす日々なのである。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドギャラリーへ
 





太ったから 2020年06月21日(日)



数年前に作った簡単ブラウスが、ことごとくキツキツ。
少々余裕があっても、袖がやけに短くて、
二の腕のもっとも太いところが露出する(や〜だ〜)
できれば「服に体を合わせ」たかったのだが、
そんな日はどう望んでも訪れる気配がないので、
1000歩譲って、太ましい体型をカバーする服をば。

肌触りのよいインド綿は、残念ながら量が足りず、
仕方なく(ってのも失礼ですが)
3年か4年か前に日暮里パキラで求めた、
あの店にしちゃあお安かったバティックに
思い切って鋏を入れることにした。

バティックあるある、その1・・・表はどっちだ?
20200621213358502.jpg

工場の大量生産品だと、表裏がすぐわかる。
「いいやつ」ほど、わからんのである。
裁つ前なら、端の三つ折りを見て判断できる。
裁ってしまうともうわかんなくなるので、
染料の乗り具合とか、柄の輪郭を確認して、
表にマステやシールで印をつけておく。

バティックあるある、その2・・・蝋が残っている
2020062121344687e.jpg

蝋が残っていることは、よくある。
しかし、このバティックについていたのは、泥のようだ。
どんな工程でついたものなんだか。

バティックあるある、その3・・・ほつれている
202006212135107b8.jpg

ユーズドでは、布の劣化で裂けることがある。
が、これは新品ですよ。
やはり、工程のどこかで引っかけるかなにか、
あー、だから安かったのかもね。

最後の最後、バイアスの始末をしたところで気づき、
幸いにもギャザーの寄る部分だったために、
うまく隠すことができた。

できあがり。
202006212136352c9.jpg

あまり大きな柄のものを身にまとうことはないのだが、
夏だし、いいかなーと思って。
水通しをせずに(だから泥に気づいた)作ったので、
明日、ざっと洗濯機で洗ってから実装しよう。
戦闘力は上がるだろうか(鎧ではないが)

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

昨日の「どうしよう」を、解決した。
というか、ひねり出したというか。

2分音符Bを、最初は右1で取り、
左が一旦低音に下がって、再びEに上がってくるとき、
鍵盤を押さえた状態のまま、右1から左1に替える。
2020062121325367f.jpg

赤で記した「1-1」は、右1〜左1、という意味。

同様だが、こちらは逆で、
左1から右1へ、バレないように替える。
20200621213315b97.jpg

こういうやりかたは、変則とか掟破りってことはなく、
バッハではよくある話である。
片手で、指のやりくりをしなくちゃならないときに、
わざわざ(2-1)などと書いてあったりもする。
ショパンやドビュッシーでもよく使うテクニックだな。

とにかく、方法を見つけて解決したので、
次はいかに自然につなげるか、である。

10日間チャレンジのショパンノクターン。
今日はもう9日目なんだなあ。
ペダルも使って、サラサラっと弾けるように心がけ、
なんとか、困らない程度にはなった。
これ、両手にしたとたんに、また弾けなくなるんだろうな。
そのための「移行措置」はすでに計画しており、
11日目から順に実行の予定である。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドギャラリーへ
 





前と今とじゃ難所が違う 2020年06月20日(土)



サラッと譜読みしたときは、
右手で3声を弾き分けるとか、鬼畜!
としか思えなかったんだった。
が、練習を進めてみると声部の弾き分けは、
脳が理解すればなんとか、まあまあまあまあ。

理解しても、指が届かないのはなんともしがたい。
ここからの3小節は、内声を右で取るか左で取るか、
どちらにしても、どっかの音が届かないジレンマ。
202006202216247c8.jpg

メインじゃない音は途中で消えてもやむなし、と
優先順位から選択するしかないか。

数年前にチラリと譜読みしたときは、
ここじゃない、後半のストレットの部分が
どうにも難解で「やーめた」となったのだった。
以来、いろいろなバッハの曲を弾いた積み重ねがあってか、
今回はその部分に難しさは感じられなかった。

経験や技量が積みあがることで、
難しいと思うポイントも変わってくるものなのだ。
ちょっとは進歩したかなと、鼻穴膨らむ気分。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドギャラリーへ
 





カジ爺さん 2020年06月19日(金)



狂犬病の予防接種に、やっと行ってきた。
その際、この1年のうち2度「倒れた」という話をした。

散歩の際、夫がギュッとリードを引っ張ったとき、
5分ほど意識がなかったってのが、最初。
首輪をやめて、ハーネスにしたのは、
リードから伝わる衝撃を緩和させたいためだった。

2度目は、お隣の犬が騒ぐのに乗っかって、
ガウガウと興奮したときだった。
意識はあったが、パタッと横になって動けない様子。
この時も、数分でムクリと起き上がり、
水を飲んだり寝そべったりと、普通の状態になった。

聴診器を当てたのは、若い獣医さん。
カルテには、3年前に「軽い心雑音あり」と記されていたそうだ。
今日は「ちょっと気になりますね」とのことで、
大御所・山手先生(個人名を出してもいいレベルの先生)の手で
エコー検査をしていただくことになった。

ロン毛のカジさん、バリカンかな? と思ったが、
毛をかき分けながら、なんとか検査終了。
心臓の弁が「伸びちゃって」いるために、
血液の逆流が起こっているんだって。
特に肺に十分な血液が送られていないので、
坂道を走ったり、興奮しりすると、
脳に届けられる血液が足りなくなって、
失神することがあるのだという。

「人間でいえば80歳とか90歳とかだから」

ここんとこ、畑ドッグランも走らないし、
散歩しても早々に「帰ろうよ」って顔をする。
食欲も若干落ちて、たまにゴハンを残す。
老化だな、とは思っていた。

「血液の流れがスムーズになるように、
 血圧を下げて 保存的な治療をしよう」

朝晩に飲む薬が処方された。
血圧の薬は切らすことができないから、
定期的に通院もしなくちゃならない。

「あまり興奮させないように」

という、生活上の注意もいただいたことだし、
いよいよ、カジ爺さんの「介護生活」がはじまるね。
紛れもない、老々介護であるな。

心臓に問題アリとはいえ、あまり悲観はしていない。
一緒にのんびり暮らしましょうってことだもんね。

抜け毛がすごいので、待合室には入らず、外で待っていた。
不安そうな様子がビシビシと伝わってくる。
犬って、表情豊かである。
20200619215440c73.jpg

尻尾は完全に引力のままに。
20200619215507041.jpg

すべて終わって帰宅。
ずっとトイレを我慢していたっぽいので、
5分ほど、そこらを歩いたところ、
尻尾ブンブンでご機嫌になった。
2020061921555872f.jpg

このあと、手帳に薬を飲ませるための書き込みをし、
次に病院へ行くべき日を確認した。

ちなみに、ノミ・ダニ、フィラリア予防薬も含め、
2諭吉でおつりがきたよ。
明朗会計、曇りなし。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドギャラリーへ
 





朝の会ライブ 2020年06月18日(木)



先日「推し」を高らかに宣言した、
ピアニスト根木マリサさんの朝ライブが
今日からまた始まった。
この先1年間、木・金・土・日の定期開催だという。
オシゴトやらバン練やらの都合で、
皆勤というわけにはゆかないけれども、
でっきるだけ画面の前に正座して視聴したい。

ちなみに今日も、準備万端整えて臨んだ。
チャットの参加メンバーを読み上げたりするので、
まるで「朝の会」みたいだなーと(こっそり)思っている。

しかしなー、タイミングの悪いことってのはあるもんだ。
もうすぐ終わるよってころに「お呼び出し」があってさ。

最後の1曲を含め、今からアーカイブで拝聴いたしやす。


つーか、勝手にこうして貼りつけたりしていいのか。
布教活動だから、いっか。


 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ちょびっと草取りを兼ねて、お庭で虫探し。

毎年、ブラックベリーにやってくるオトシブミ。
20200618221251d1e.jpg

別角度〜
20200618221303a15.jpg

脱皮直後のクロアゲさんは、
脱いだお洋服を食べている。
20200618221321be7.jpg

こちらは生まれたばかりのクロアゲさん。
20200618221333de7.jpg

手を添えるのは、ピントを合わせるため。

4齢ナミアゲがいた。
てことは、随分前からそこにいたってこと。
見落としていましたなあ(なんせ節穴)
20200618221432e28.jpg

ココロのきれいな人にだけ見える、アサマイチモンジ。
こちらもレギュラーメンバーである。
20200618221342c99.jpg

この春はルリタテハを見なかった気がする。
ホトトギスの葉っぱをよーく見てみようっと。
幼虫の造形もなかなかのもんだから。

サンショの実がいい感じになってきた。
20200618221410d00.jpg

20粒ほど貰った落花生が発芽した。
202006182216050cd.jpg

半分は直播き、半分はポットに播いた。
結局、発芽は同じタイミングだったので、
よほど春早くでなければ、
ポットにする必要はないってことだ。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

頼まれた夏マスク、明日には仕上げたいな。
お天気がいいと、つい外に出たくなるけれど、
明日に限っては、マスクができあがってからにしよう。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドギャラリーへ
 





やっぱ平均律っしょ 2020年06月17日(水)



たいていのことは「ふと」決まってしまう、My Life。
今日もふと、平均律曲集を手に取った。
そういや、あまりにワケワカランって挫けて、
放り出していた曲が(多数)あったね、と。

そのうちの1曲(プレリュードとフーガのセットもの)を、
ちゃんと! 分析して弾いてみることにした。

たぶん、最難所。
20200617212637390.jpg

右手で3声を弾き分けるとか、マジ鬼。
1声ずつなら、ふんふんふ〜ん、と弾けるんだが。
6月も半ばを過ぎたけれど、「今月のバッハ」ってことで。
(そんなん、いつ始まった? 今っす)

10日間チャレンジの5日目。
まだ、両手を合わせてはいませんよ。
(再掲)
20200613214456458.jpg

左手は延々3連符なので、
跳躍さえモノにすれば、なんとか。
右はほんとに難しい。
伴奏とメロディを片手でやるわけだから。
そのうえ、8分音符3連と16分音符を
かわるがわる弾かなくちゃならなかったり、
突然5連符、6連符、7連符が出現したりして、
テンポ感や拍子感が曖昧になりがち。

なので、試しにメトロノームを鳴らしてみた。
実際の演奏のときは、5連、6連、7連てのは
テンポをあえて揺らすこともあるが、
練習なので必死に合わせてみる。
意外だったのが、8分音符3連と16分音符が
テンポが乱れずにきっちり収まっていたこと。
ここ数日間の練習のたまもの、と思っておこうかな。

チャレンジの内容とは別に、エグい跳躍の一部分。
2020061721261367d.jpg

ソからレに行く〜、レからレ〜、もっかいレ〜ってわかっていても、
外すんだわね、なぜかね。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

本日より、ボウリングのリーグ戦にも復帰。
久しぶりだし、130Aveぐらいでいっかー、と思っていたが
フタを開けてみたら、700アップできたのだった。

ちょっと苦手と思っている人が数年ぶりに参加し、
それも同じボックスで投げることになり、
平静を保つだけでいっぱいいっぱいだった。
最も仲のよい人とも同じボックスだったため、
アプローチから下がったら、できるだけ彼女と
どう攻略する? とか1枚右に寄ろうか、など話をして、
いらんことを考えないように努めたのがよかったかな。
(彼女はレンコンに合わせられず撃沈)
(6月に入ってから、かなり難しいレンコンとか)
(そこをアジャストし、攻略するのもボウリングの楽しみさ!)

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドギャラリーへ
 





過去の自分にありがとー 2020年06月16日(火)



久しぶりに即興曲を弾いてみようかな、と。

4曲のうち(たぶん)一番難しい(4me)、2番。
全部ではなかったが、要所要所にコードネームが。
2020061621440105c.jpg

おかげで、曲の流れが「あ、そっちね」とわかりやすい。
(弾ける、ってことじゃなく。わかる、ってこと)

この曲の難所は、ひたすら走る32分音符ではなく、
どっしりと太く流れる大きなメロディーに対する、
左手オクターブのダイナミックな跳躍、である。
右、完全に暗譜しないと無理。
右手を見ないでもオクターブを外しがちだし。

攻略し甲斐のある曲ではある。
(てか、そーゆー曲ばっか手ぇつける傾向)

オクターブだけじゃなく、話も跳躍するけれど、
ピアノも数学もゲームの攻略と一緒(と信じている)。
コントローラーの操作に習熟しなくてはならないし、
ストーリーの攻略のためには
鍵や武器を手に入れなくてはならないし、
村人の誰かと話さないと先に進めない、なんてこともある。

数学って、そうだよね。
数学記号を知っていなくちゃならないし、
計算に習熟しておきたいし、
数あるアイテム(公式など)のうち、
ここでは何を使うかを考えなくちゃならないし。
でも、すべてがピタリピタリとはまると、
あーらふしぎ、するするっと解けるわけだ。

ピアノも然り。
スケールが弾けるとか、指が独立しているとか、
テクニックやスキルが必要だし、
コードの知識は強力な武器になる。
さらにピアノは、自分なりにストーリーを構成したり、
音色とかニュアンスで「らしさ」を出せるという意味で、
数学の美しさの上を行くかな、と(個人の感想です)

昨夜はチョー寝不足(睡眠1時間)のため、
脳ミソが発酵してハイテンション〜〜
(ラジオ深夜便の内容がどれもこれも面白くて困る)

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドギャラリーへ
 





推しは推せるときに推す 2020年06月15日(月)



昨年、なんとなくYouTubeをずるずる観ていたとき、
お勧めとして表示されたのが、
ジャズピアニスト根木マリサさんの「ラ・カンパネラへの道」。
キャッチーなタイトル、直球そのまんま(^^;)

ジャズピアニストが、ラ・カンパネラ? と
わずかに疑問符がちらついたのだったが、
ちょうど、リストを弾きたい気分が高まっており、
まさかカンパネラとかね、なんて思っていたころのこと。
記録をさかのぼると、ちょうど今頃、6月中旬だった。

勧められた動画をどれどれ、と観てみると、
楽曲分析のしかたが私と似たような方向性。
これならイケんじゃね? と、#1から順を追って視聴。
自分でも譜読みを進めるかたわら、行き詰まると、
練習のしかたを解説していなかったかなと、また視聴。

そうしているうちに、動画の最初のセリフ、
「本日も動画をご覧いただきましてありがとうございます」
このとき、90度に頭を下げるのに合わせ、
自分も画面に向かって「あ、どうも」とやっていることに気づいた。
これはもう、「師匠」について習っているようなものだ。
改めてプロフを見ると、音大で勉強してきた方だった。

もちろん、カンパネラの解説以外にも
初心者むけのコードの解説とか、自作曲とか、
多くの動画を配信しているし、ライブ活動ももちろん。
が、コロナ禍により、演奏活動がままならなくなり、
春の連休、YouTubeの中でライブ配信を始めたのだった。

YouTubeライブは、夜にサラっと見ることはあったが、
彼女のはなんと「朝ライブ」である。
自粛期間ということもあったのだろう。
オシゴトさえなければ、びっちり張りついて視聴できる。
なんなら、スパチャしてもいい。(投げ銭みたいなもの)
なにしろ1曲「教えて」いただいたのだからね。

皆勤とまではゆかなかったが、
チャットにも参加し、スパチャのやりかたも会得し、
すっかりアイドルを推すオタク、の気分である。
演奏もさることながら、やはり惹かれたのはその人柄。
年齢的には娘といってもいいくらいなのだが、
芯が一本通っていながら、天然自然のおおらかさ。

ライブを続けるうち、登録者数がみるみる増え、
「ブルーベリープレゼント」という企画が立ち上がった。
そのときはまだ5月で、「熟したら」ということだった。
で、応募してみたわけよ。LINE登録もして。

見事、ご当選。サインつき。
20200615213426e69.jpg

ふと、インクが裏に通っていることに気がついた。
20200615214351867.jpg

プリントじゃない〜〜!
手書きっすよ。
こりゃクリアファイルに挟んで保存せねば。

朝ライブは、ご本人様が「すっかりハマった」とのことで、
定期開催する運びとなった。
ヤボ用のないときはできるだけ視聴し、応援したい。
そのためにも仕事しなきゃ〜〜

朝ライブのアーカイブ、貼っとく。


 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

10日間チャレンジ、3日目。
右手の攻略法を試す。
何日かやんないと、効果はわかんないかも。
左手のエグい跳躍の攻略法として、
上(下)方面に何度、と矢印と数字を書き入れてみた。
数字大好きな私にしか通用しないやりかたかも。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドギャラリーへ
 





アグレッシブ 2020年06月14日(日)



宮沢賢治朗誦伴奏CDの2作目、
「畑のへり」を手にすることができた。
1作目同様、ご本人様が直接お持ちくださったのである。
なんという畏れ多いことでしょう。
20200614221311dcb.jpg

待ちきれなくて、解説を読む前にとにかく聴いた。
朗読の声が、1作目と違う。
喉が開いているというか。
ベースも、より生き生きとしている。
相当によい雰囲気の中で収録したものと思っていると、
確かにそうだったことが知らされた。

「雨ニモマケズ」は、学校の授業の中で
群読されることが今もあるのかな。
子どもが、声を張り上げて一本調子で、
内容を味わったり考えたりすることなく、
我慢大会かなんかのように読むことに、
少なからず違和感を持っていた。
そんな、「教室で読んだ」思い出のある詩だ。

ネタバレになるといけないから具体的には書かないけれど、
これはぜひ、CDを聴いてみて! というよりないのだ。
面白い、という感覚の、もうワンランク上。
「そうきたか」とツッコミ入れるほうが、
むしろ合っているんじゃないかと思うほどだ。

カエル関連の作品は、これからさらに聴き込みます。
「〜消滅」は特に、あまりにも人間的でキツい。
何度も聞いたら、違う感想が持てるかもしれないと期待して。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

10日間チャレンジの2日目。
左よりも右手だ、問題は。
メロディーがつながらん。
同時に鳴らす和音に同化してしまい、
浮き彫りにならないのである。
右手だけ、さらに別メニューの練習が必要。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドギャラリーへ
 





10日間チャレンジ 2020年06月13日(土)



タネまきが遅かったので、花も遅いかと思いきや、
花ってものは「咲くときには咲く」もの。
ご近所と見比べて、高さ的にはイマイチだが、
花の咲く時期には差がないのだった。
(キヌサヤですよ〜)
202006132144367a8.jpg

爺バンドの練習(&総会)のあと、
公民館の喫茶室に立ち寄ったところ、
たまたま居合わせた女性にマスクの注文を頂いた。
5歳女児用、SSサイズ、10枚。
「かわいいぃ〜」というと着けてくれるとのことで、
かわいいぃ〜系の生地を裁断裁断。
20200613215456e17.jpg

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

10日間チャレンジのお話ね。
挑戦中の、難曲ノクターン。
難しいポイントはあちらこちらにあるが、
横の流れがきれいにつながりにくい部分。
20200613214456458.jpg

和音の連打とトップノートのメロディのバランス。
左手に散見する、えげつない跳躍。
さらに、8分音符三連符に合わせる16分音符。

クライマックスを含む、24小節(ぐらい)を
どうやって攻略するかを考えてみた。
ゆっくりとか、じっくりとか、丁寧にとか。
せっかく取り組むなら、やったことがないことを、とも思う。
ショパンの基本、「伴奏も歌に」を実現したい気持ちもあり、
右手だけ・左手だけの練習をやってみることにした。

片手練習は、当然、普段の練習メニューに組み込まれている。
が、今回はもっと本格的に。

10日間、徹底的に片手練習して、
11日目に両手で合わせてみる。
そんなもんで弾けるようになるとは思わないが、
どんな変化がみられるかの検証ってことで。

今日がその1日目である。
片手なのに弾けないことを確認しただけの日。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドギャラリーへ
 





あら発芽した 2020年06月12日(金)



なかなか発芽しないことに業を煮やして、
カボチャの苗は友人から譲り受けたのだった。
植え付けてから待望の雨もあり、
定着したかなと安心する一方で、
何か別のものを播こうかと、
ポットにかぶせていた保温カバーを外したら、こう。
20200612213414e5a.jpg

発芽率は50%といったところで、
セールで買って美味しかったカボチャのタネにしちゃ、
まずまずなんじゃないだろうか。

問題は植える場所だなあ。
やっぱ、お約束の「土手」ですかね。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

3か月ぶりに復活した文章教室で、
お久しぶり〜の挨拶をしてきた。

自粛ムードが性に合ったとみえて、
家にこもることも、人に会わないでいることも、
ぜーんぜん苦にならなかったし、
むしろ気楽に過ごした日々だった。
(・・・といったあたりのこと、心境の変化など、
 記録として文章にしておきましょう、
 という宿題が出た。
 いっぱい書けそうだけれど、絞ったほうがいいかな。
 まずはトピックをランダムに書き並べてみようっと)

今日の文章教室を皮切りに、
明日は爺バンドの練習に復帰するし、
(とはいえ、まだ100パーではない)
来週からはボウリングのリーグにも復帰する。

早朝シフトのオシゴトや、ナツノマスク製作もあり、
優先順位は厳しく設定しておかないと、
時間にも気持ちにも余裕がなくなるので注意だ。

多趣味な中、文章教室は数少ない(おっとっと)
自分を高められる場所、なので、
やはり再開はありがたい。

そんな今朝、これまたお約束のプリンタトラブル。
インクはなくなる、紙は詰まる、もうっ!

文章教室が開催される「南昌荘」では、
たまに手織りのタオルマットが販売される。
《3.11》の被災地である岩手県沿岸部で作られており、
年中あるわけじゃないから、あるときに買わないと。

で、今日は2枚購入。
右側の淡いグリーン系は初めて見たかも。
20200612213501188.jpg

このマット、使い古してヘタっても、
ネコさんたちが最後まで使ってくれる。
いよいよボサボサに糸が飛び出したりなどしたら、
ようやく、お役御免となるのである。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドギャラリーへ
 





雨が降る前に 2020年06月11日(木)



植えた覚えはないが、すくすく育つジャガイモ。
2020061121230721b.jpg

昨年の堀り残しから芽が出たのですな。
毎年のことながら、たくましい。
芽欠きをして整えてやって、
テントウムシダマシを指でピン! と弾き飛ばしておいた。

一度にはできそうにないので、
ちょっとずつ植え替えることにしたサニーレタス。
20200611212318c26.jpg

こうして分けてやると、だんだん葉が大きくなる。
もうちょっと大きな葉が出てきたら、
1株から1枚ずつ摘み取ってサラダに。

レタスの植え替えをしていて見つけた。
ザッソーにあらず!
202006112123346db.jpg

ここにも、あっちにも、そっちにも。
これ、播いた覚えのないニンジンである。
20200611212326ec6.jpg

昨年、キアゲハを呼ぼうとニンジンを播き、
アカスジカメムシのために花を咲かせたんだった。
タネが落ちてたのね〜
すでに、根元がオレンジ色になっているものもあった。
レタスと違って、ニンジンやダイコンのような根菜は、
根を傷めちゃうから植え替えができない。
なので、多めに播いておいて、間引きながら育てる。
間引く前からソーシャルディスタンス確保のニンジンは
無事に育つのでありましょうか。

ノイバラの圧倒的な白。
202006112123520d7.jpg

花はキレイなんだけどねー
旺盛すぎる成長に、畑が覆われてしまわないよう、
毎年春先に「ある程度」詰めさせてもらっている。
ある程度とは、作業の時にトゲがひっかからない程度。

スイカズラも、咲き始めは圧倒的に白。
20200611212344819.jpg

こちらも、わっさーーと茂るので、
ノイバラと同等程度に切り詰めている。
ノイバラにスイカズラが巻きついているって感じなので。

ウチのワラビは割り箸の細いほうぐらいの、痩せワラビ。
20200611212359dbf.jpg

わずか3本だろうと、アク抜きしていただく。

サンショ・カラタチの、「ここならきっと」というところを
ぐるりとパトロールしてきた。
今年は今のところ、ナミアゲ・クロアゲ半々ぐらいかな。
2020061121241340f.jpg

一昨年は虫そのものがずいぶん少ない中、
ナミアゲハがわりあい多かった。
去年は圧倒的にクロアゲハの年だった。
それぞれ、大波小波ありますね。
そういえば、マイマイガとかアメリカシロヒトリとか、
定期的に大発生してはニュースになったりする。
いつぞや、クスサンがとてつもなく大量に出た年があったね。

お昼ごろから待望の雨。
野菜が育つ育つ!
そろそろ落花生の芽が出てくるかな。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドギャラリーへ
 





パーソナル扇風機 2020年06月10日(水)



今日のお山は、ふわりとかすんでいた。
ずいぶん雪が消えたなあ。
20200610222224c01.jpg

暑いこと半端なくて、今日はついに
エアコンを本稼働させることに。
やー、つくづく、お掃除しといてよかったと思う。

これも、買っといてよかった。
100均(電池別)である。
20200610231043392.jpg

ちーとばかし音がうるさい気はするが、
ポッポと火照ったときにササッとクールダウンできる。
片手がふさがると困る場面もあろうから、
置き型の携帯パーソナル扇風機を買おうか思案中。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

練習の重心がショパンに移りつつあるところ。
リストを弾くのとはずいぶん違う気がする。
何がどうって、具体的に言うのは難しいけれど、
使う筋肉が違うな〜っていうような。

 もっと言えば、ショパンはなんぼ弾いても手が痛くならない。
 リストはたまに手が攣りそうになる。
 (特に怪我して以来開かない右手)


2時間から2時間半ぐらいの練習時間の中で、
それそれっと20分ぐらいでプログラムを変えることもあれば、
1曲にそれぞれ1時間ぐらい、たっぷりと時間をかけることもある。
どっちがいいとかいうことじゃなく、波があるってこと。
無意識に変化を欲しているのかもしれない。
1時間、ぎゅーっと集中できるのもイイネと思うし、
複数の曲を維持するために弾いておくってのも大事だな。

ノクターンに関しては、解凍中ということもあって、
手が自然になるまでは、集中が必要なのだと思う。

疲れ果てていて眠かったりしたら、
いろんな曲をどんどん弾くほうがよいってこともあり。
自分の練習パターンをいくつか持っておいて、
その日のコンディションとか、時間の余裕とか、
そういう場面や状況に応じて使い分けたら、
総じてバランスのよい練習になるんじゃないだろうか。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドギャラリーへ






祝・ご誕生 2020年06月09日(火)



産卵に来たのを目視確認しているので、
ここらへん、と見当をつけて探せば、
高確率で「いた」(卵の場合は、あった)となるわけよ。
20200609215511104.jpg

同じ日に、クロアゲちゃんも産卵したはずなのだが、
そちらの孵化は明日あたりになるかな。

今日の「お山」
雲一つなかった。
20200609215539f36.jpg

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ショパンのノクターンを弾き始めたら、
そういやアレもコレも中途半端だったよなー、と
結局3曲をピックアップして練習することに。
面白いけど、1曲、すんごい難しいのがあって、
なぜ中途半端にしていたかを思い出して
ひとり冷や汗をかいているところ。。。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドギャラリーへ
 





ベリーさんたち 2020年06月08日(月)



遅ればせながら、かふぇ家のブラックベリーも咲いた。
強剪定でずいぶん詰めたのに、
花はたくさん咲くとみえて、逞しいし頼もしい。
202006082209432a0.jpg

豊作を約束したかのような、たわわっぷり。
ブルーベリーは毎年充実度を増している。
20200608220847215.jpg

そして、イチゴ!
ついに今年のイチゴを収穫した。
ろくに植え替えもしてやんないせいか、小ぶり。
甘みがイマイチなので、ヘタを取って冷凍し、
まとめてジャムにするざます。
202006082209170b6.jpg

土を掘っくり返していたら出てきちゃった。
絶対掘らない場所に、そーっと埋め戻しておいた。
202006082210081ae.jpg

畑方面は概ね順調ながら、
ポット撒きしたいくつかが発芽せず、
苗を買ってくる必要がある。
その前に、今日草取りしたエリアに石灰を撒いて
下準備をしておかなくては。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドギャラリーへ
 





うっすら、サークル練習会 2020年06月07日(日)



今日のホール練習は、サークルとして借用。
が、一度に入れる人数が4人まで、と、
こーんなダダっ広いホールであっても制限があり、
午前午後に分かれての開催となった。
「年単位」ぶりのメンバーにもお目にかかれ、
簡単な近況報告など、話したいことは山ほど。
次に集まるときは制限がなくなっているといいね。
202006072118127d2.jpg

メンバーさんが撮ってくれたのを加工。
奥のピアノはベーゼンドルファーなので、
たぶんバッハかベートーヴェンを弾いている。
20200607211732a79.jpg

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ひっさしぶりに、ショパンのノクターンを弾こうかな、と。
サークルに加入してまもないころに弾いたOp.27-2が
笑っちゃうくらい弾けなくなっていて、びっくりした。
これはやり直し甲斐がありそうですな。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドギャラリーへ
 





詰め込まない 2020年06月06日(土)



スケジュールの余白が気になってしかたなくて、
なんとか用事をひねり出して埋めていた日々。

スケジュールに余白がないと不安になる日が来ると、
そのときの自分に教えてやりたいね。
どんな顔をするんだろうかね。

なにしろ、1日の中に詰め込むことができなくなった。
体力的にはもちろん、気力の面でも。

先延ばしにしてしまっている件がいくつかあって、
来週こそはと思うんだけど、どうかなあ。
オシゴトで出たついでとかいうことじゃないと、
わざわざ出かけるってことが億劫でしかたない。

カジさんの予防接種、フィラリアは待ったなしだ。
ほか、できるだけ「ついで」にやっつけられるよう、
あれこれ、バッグの中に準備しておかなくては。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ナツノマスク、裁断中。
2020060622091968c.jpg

クッションカバーも途中だった。
急がないと思うとやらないもんですなあ。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドギャラリーへ
 





婆ぁ2人のワラビ採り 2020年06月05日(金)



婆さん2人、ワラビ目当てで区界高原へ。
1時間足らずで、そこそこの量が採れた。

あとはコーヒーなど飲みながら喋ったり、
そこらを散策しては花や虫を探したり。
第二の目的は、高原ならではの写真なのだ。

今にもはちきれそう。
20200605214231209.jpg

スミレはまだぽつりぽつり残っている。
20200605214153be3.jpg

色がちょっと違うかな(スミレはさっぱりわかりまへん)
20200605213950b33.jpg

ベニバナイチヤクソウは、咲き始め。
202006052139155e5.jpg

ホオノキって、大木のイメージ。
なので、目の高さに葉があることが新鮮だった。
20200605213730235.jpg

エゾハルゼミの抜け殻はあっちこっちにあった。
20200605224857e7e.jpg

サナエトンボの仲間かな。
(今年こそ、トンボの図鑑を買おうっと)
20200605213847103.jpg

ヤマキマダラヒカゲの番がまとわりつくように飛ぶ。
好かれていたからじゃなく、追い払われていたんだと思う。

じっとしているので、写真は撮り放題。
202006052138240c5.jpg

かなり接近しても、じっとしている。
20200605213800d2b.jpg

このあと、ひょっとして・・・と思い、
帽子をポソッとかぶせてみた。
いや、あっけなく捕まるもんだわ。
婆2人、鱗粉だーとか言いながら眺めまわし、
すぐ放してやったけれど、
もう、近くに来ることはなかった(そらそーだ)

2週間ほど後にまた同じ場所でササの葉っぱを探したら、
幼虫がひっついているのが見られるかもね。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

どうしようかと思い悩んでいた、このちっさい音符の弾き方。
20200605214419be5.jpg

今まで左パターンだったのを、右パターンに変えることにした。
20200605214430277.jpg

16分音符イーヴンにしとけば、
そのあとの音の形と整合性があって落ち着くのだけれど、
66小節のアタマで、辻褄が合わなくなる。
20200605214445326.jpg

ここも含めて自然に流れるのは、
右のパターンである、という結論。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドギャラリーへ
 





ムシの日に来た 2020年06月04日(木)



よく晴れて暑い日には、チョウが飛ぶ。
今日あたり、きっと来ると信じていた。
ベランダの片づけなどしながら、
チラチラとサンショ・カラタチ方面に目をやっていると、
小さい小さい、いわゆる春型のナミアゲ母さんが来た。

あっちこっちに産卵したなかで、 
目の高さだったのが、こちら。
20200604215803c00.jpg

午後にはクロアゲ母さんも。
(オナガかもしれない、と思いつつ)
(孵化するとわかるんだ)
20200604215821354.jpg

チョウチョのオールスター祭かっていうくらい、
アゲハ系のほか、シジミ系、タテハ系、シロチョウ系、
セセリ系はダイミョウセセリだけだったけれど、
次から次に、よくまあ飛んできたこと。

「ムシの日ですから」とでも言いたげに。
(と思いたいね)

そうこうしているうちに、トンボが飛ぶよね。
例年、イトトンボとシオカラトンボが同時ぐらいなんだけど、
今年はどうかなあ。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドギャラリーへ
 





ナツノマスク 2020年06月03日(水)



まるで造花かと思うような、サクラランの花が咲き始めた。
20200603224306b29.jpg

同じ株から、別の花穂が育ち始めている。
うれちぃ〜

サンショの実が膨らんできた。
20200603224426076.jpg

アゲハはまだ来ないなあ。
車で走っていて、黒いヤツが飛んでいるのは目にしたので、
そのうち来るでしょう。
来ないなーと思っていたら、あらまあ、幼虫がワラワラ・・・
ってのは、これまでにもあったことで、
私だってずーっと張りついて監視しているわけじゃないし。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

夏向きの、サラリとした肌触りのマスクを試作。
202006032243365ca.jpg

なんてことはない、内側に晒を使っただけなのだけれど、
今日1日ずっと着用した感想としては、
これはじゅうぶんに花マルなのではないだろうか。
蒸れない、撚れない、メガネも曇らない。
もちろん、汗ダラダラの季節になれば別でしょうけれど。
なんせ、爽やかな初夏の盛岡での試着だから。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドギャラリーへ
 





元祖ワンオペ育児 2020年06月02日(火)



たいしたもんだなーと思うわけだ。
誰からも教わらない、誰の手も借りない。
202006022107485d8.jpg

場所的にはちょっとアレだけど、まいっか。
(玄関脇。オットに見つかるとタイヘン)

イチゴの色づき、今年は遅い。
6月第1週には食べていた年もあったぞ。
20200602210649bbc.jpg

ブラックベリーも、まだまだ。
今年は強剪定したので、立派な実ができるかな。
20200602210702e00.jpg

ポット播きの桔梗アサガオが発芽。
20200602210735e4d.jpg

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

午後、ピアノの再調整をしていただいた。
高音域で、ところどころ鳴らない(!)音があり、
特にトレモロや連打の際には、
木の当たる「コツン」という音が
空しく響いていたのだった。

なぜそうなったのか、説明していただいたが、
スプリングの問題、としか理解できず・・・
(一応、なるほどー、とは申し上げました)

調律も、カーテンやらなにやらも、
もちろん、エアコンのセルフお掃除も、
本格的に再開するレッスンの準備である。
(若干フライングもあり、だけど)

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

イギリス組曲プレリュードと、ブーレ気琉塗茲戻った。
だから何、ってわけじゃないけれど、
前に弾いたときよりも、音の粒立ちをはじめ、
フレージングやニュアンスなどなど、
若干ながら進化している(つもり)でござる。

舟歌は、和音を整えることに気を配る練習をしており、
テンポはまだまだ緩いんだけど、
こういう曲って、きれいに弾きたいからさ。
優先順位として。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドギャラリーへ
 





バッハ沼は底なし 2020年06月01日(月)



バッハって、弾き始めると止まらない。
2時間ずっと弾きそうになって、
(それも悪くないんだけど、
 脳を切り替える練習ということで)
残り20分ほどでリストも弾く。

練習中のリスト2曲は暗譜しているので、
弾くのは大変だけれど、気持ちは軽い。

やはり、バッハに気持ちが集中するわけよ。
こういうフレーズをどう攻略するかを考えるのが、
何より楽しいわけなんですよ。
20200601211058958.jpg

この弾きにくいフレーズを含むサラバンドのあとは、
ブーレで口直しというか、
まったりと甘いフルーツのあとに、
しゃきっとしたシャーベット、みたいな。

そういう意味で、練習しなおしのイギリス組曲、
そしてフランス組曲、パルティータといった、
「スーツ」、つまりセットものは、
曲と曲の間(ま)の取り方も音楽表現になる。

現段階では「どんなんだっけ」と思い出す作業中で、
ニュアンスだの間だのいっている余裕はないんだけど。

バッハ沼にズブズブな予感である一方、
ショパンやリストも弾いておきたい(欲深)
5月から練習していたベートーヴェンも中途半端だった。
バッハを1か月弾くうちに、
モーツァルトが弾ける手になるかも。
バリエーションをもう1曲モノにできたらなあ(強欲)

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドギャラリーへ
 







ほーむぺーぢ 一覧 前の日 次の日 続・ウォッチング