Y: T:

日刊オバちゃん白書 --婆ウォッチングのミラーサイトになりました--
* いんふぉめ〜しょん *
2001.3.18〜 走りっぱなし

授業の準備がッ 2003年09月30日(火)



今日はその日なんですが、さーっぱりはかどりません。
慣れた単元の慣れた教材を、理解の早いお子様に授業するので
あまり悩まなくて済むというのは確かにあります。
だからなかなか本気になって取り掛からない、と。
   でも、それだけかしら〜〜〜ぁ、ん?
で、今ごろになっていよいよ慌ててテキスト作ってます。

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

昨日アップしたMIDIを、一日置いて今日聴いてみると
気に入らない部分がい〜〜っぱいあります。
なんといってもその筆頭は、フレージングでしょう。
歌の部分は真ッ平らで表情に乏しいし
ピアノの伴奏はメロディーをブッタ切りにしているように感じるし・・・
これは機械で音を作る場合、避けて通れない壁ですねえ。
すんごくいいエフェクタがあれば、細かくニュアンスをつけて
流れるようなライン、自然な音の減衰を作り出すことができるのですが。

ま、機械の演奏ってのは「音符的」には間違いのない演奏だとしても
やっぱりナマ演奏の迫力や感動は伝わらないってことでしょうね。
ナマを聴いて(いろんな意味で)感動したい方は、
12月20日の定演に(自費で)おいでませ。
あ、昨日のMIDIの曲を演るって決まってるわけじゃありませんけど。
少なくとも『ドンパン節』はアリです(激汗)


 本日のお知らせ    
 【HP4周年イベント】
    こんな静かなイベントって他にあるでしょーか。
    視力検査ってわけじゃありませんが。

    もうひとつ、せっかくだから「静かな」コンテンツ=《カウント予想クイズ》をば。
    『HP4周年を迎える10月4日(土)の朝にワタシが見たときの
     ハーボットのカウンターはいくらになっているでしょうか』

    あなたの予想を1つだけ書いて、↓のメールフォームからお送りください。
    締切は10月3日(金)昼12:00ごろのメールチェック時とします。

    ちなみに、昨日までの1週間のアクセス解析によりますと
    1日平均57件の訪問中、ユニークアクセスは平均30件となっています。







野外演奏には・・・ 2003年09月29日(月)



「返し」のスピーカーが絶対に要るのです。
自分の出す音はもちろん、全体の音も返してもらわないと
微妙なバランスですからね、音楽、ことに合奏というのは。

去年だったかな、(三流とはいえ)プロのバンドに混じってキーボードを弾いたときは
ステージでの聞こえ方に「これでもか」というほど拘って調整する様子を
つぶさに見てきました。
そこででき得る最高のものを探ろうとするんですね。

昨日の演奏は「行って」「楽器並べて」「演奏して」・・・それで終わり。
野外だから、どういう点に気を使わなくちゃいけないという打ち合わせも
音出しをしてみて、客席から誰かが聞く時間をとるとかいうことも
全くなーんにもありませんでした。
いい演奏もなにも、ねえ。

救いは、聞くほうもほどほどに酔っ払っているから
多少賑やかでありさえすれば、そこそこ拍手してもらえるっていうことかねえ。
ワタシはそんなんじゃ満足できませんけどね、到底。

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

第三セクターでの経営に行き詰まった「銀河高原」の一連の施設はこの春、
某大手ホテルに吸収されまして、リニューアルして営業を再開しました。
それまで『テレビもねェ、エアコンもねェ、携帯も繋がらねェ・・・』だったのが
きちんと営利を考えた『ホテル仕様』のサービスをするようになり
ま、建物はそのままにしろ、ずいぶん雰囲気が変わりました。

イベント用にとアテにしていたキーホルダーなどの小物は
「もう置いてないんですよ・・・」とのことでした。
置いてないどころか、もう生産を止めたらしくて
売れ残ったいくつかの「銀河高原グッズ」が
ビールまつりイベントでのカラオケ大会だの利きビールだのの
景品というか、参加賞としてバラまかれておりました(うら寂しいッスね)


かふぇ婆家の電話はオバッキー対策として
「1コールで留守番メッセージ」という設定にしているわけですが
たまに(ほんとに、ごくごくたま〜〜に)ちゃんとした用件の電話もかかってきます。
夕方の電話も「ちゃんとした」スジの「ちゃんとした」用事のものでした。

内容は出張ピアノレッスンの依頼でした。
相手は幼稚園児なんだけどお母様が看護士で仕事が不規則なので、
決まった曜日に送り迎えしながら通わせることが難しい。
そこで、自宅でのレッスンを希望しているというわけ。

そういう場合のレッスン形態は2通り考えられます。
とりあえず曜日を決めておいて、何もなければその日、
都合が悪いときだけ連絡をとって変更するやりかた。
あるいはレッスンのたびに次のレッスンの日を決めるやりかた。
どちらになるかは、楽器店の担当の方と話し合うことになっています。

なにしろ私大生を抱えておりますからね、稼がないとね。
ますます忙しくなる・・・かもしれませんが、
スクールは辞めたい方向に(倒れそうで倒れないピサの斜塔ほどに)
傾いておりますから。


 本日のお知らせ
 【MIDI】
    久しぶりにMIDIの新作を加えました。
    実際に何度か演奏してきている曲です。
    あ、でも演奏会には乗せたことなかったと思う。
    内輪のコンサートで2回ぐらいやったのかな。

 【HP4周年イベント】
    今日で3日目となりました、当たり数字の発表。
    泣くのも笑うのもご自由ですが、文句だけは受けつけておりません。
    恨み言は庭に穴掘って、その中にどうぞ。
    シャベルがない方には貸し出します。
    ただし、自費で取りに来られる方に限ります。
    マンション等で庭がないという方へのサポートはいたしておりません。
    黒いボタンってのはまた、ボタンのイメージからは遠いッスね。





食った終わった 2003年09月28日(日)



いやぁ〜、ああいう場所―空気がキレイな山の中―だと、
何を食べても美味しいッスね。
ワタシが今日いただいたものは、出演者に出された折り詰め弁当のほかに
サーロインの串焼き、銀河高原アイスクリーム、串焼き団子、
もちろん銀河高原ビール(ヴァイツェン&ピルスナー)に枝豆・・・・
すっかり満腹で帰ってまいりました。

それとね、おしゃべりに夢中で「餅蒔き」は逃したものの
なんかのアンケートに答えて洗剤を2箱ゲット。

ん?
演奏?

第二部の始まるころに雨に降られちゃってね
急遽ステージセットを組み替えたりして、たいへんでした。
某自衛隊音楽隊でトランペット奏者で
退職して銀河高原の関連会社に再就職した方が
飛び入りで参加して吹いてくださいました。

今回特別に「助っ人」をお願いした方が何人かいらしたのですが
それがみなさん気持ちよく会に馴染んでくださいまして
いい雰囲気で演奏できたのではないかと思います。
会場にもその雰囲気が伝わっていればいいんだけど・・・
なにしろオジちゃんたちって一様に表情が硬いから(マジメすぎ?)
ワタシとかパーカスおばが後ろでニッコニコと100万ドルのスマイルを振りまいてまいりました。
・・・ご迷惑だったでしょうか。



は・・・?
演奏の出来

   過ぎ去ったことはまあいいじゃないか。楽しかったんだから。

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

メンバーひとりひとりについても考察し、記録を残しておきたいところですが
自分が楽しむことのほうに時間をかけすぎて
充分に観察できなかった部分があるので、割愛。

さて次は某障害者授産施設における演奏、そして吹奏楽フェスティバルと続きます。
ここ数週間は忙しい週末を送ることになりそうです。

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

それにしても、オバッキーからはまだ電話が来るんですよ〜
昨日の朝も来たし、さっきも来た。
留守番設定にしていて、直接は出ないようにしているからいいんだけどさ。
こう言っちゃナンだが、なんかストーカーちっくで気持ち悪いんですけど。
いつまでオバッキーの影につきまとわれるのか。
一度話すべきなのか、いや徹底的に耳栓をすべきなのか。


 本日のお知らせ    
 【HP4周年イベント】
    数字の発表初日にして「ひとつも当たらない」という泣き言を垂れる方。
    10日間のうちにはそういうこともあるものです。
    それがたまたま初日だからといって、泣く必要は全くありません。
    1週間ぐらいたっても当たりがない・・・
    そんなときのために、涙はとっておきましょう。
    今日のボタンは『ジョーネツの赤』だったりして。





泣くか笑うか 2003年09月27日(土)



泣いても笑っても明日は本番だ・・・
メンバーが揃うのが遅い上に、
欠けたパートを埋めるために楽器を取りに家にに戻る人もいて
全体練習の始まりが遅れてしまいました(いつもそうだけど、今日は特に)
やらねばならない曲はいっぱいあるというのに
今日はその約6割ほどしかできなくて
何曲かは本番でいきなり・・・ということになりそうです。

しかし朗報もひとつ。
明日は一部の始まりが少し早まったため
二部との間に充分な昼食時間がとれるみたい。
なにしろビールまつりに行くからにはビールを飲まねば。
二部が終わってからは温泉タイムなので
飲むとしたらお昼の時間が最適ということになります。
その時間が長くなったのはめでたいっ。

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

オバッキー問題について、指揮の先生にチラと話をしておきました。
また、同じく電話攻勢に遭っているパーカッションおばとも話しました。
どうもオバッキーには器質的に問題があるようです。
性格とかやる気とか、そういう問題だけではないみたい。
パーカスおばも「これ以上関わらない方がいい」と言ってくれたので
そのコトバを百人力にして、この問題からは身を引きます。
自分が遺伝子ほどに利己的だったという事実に我ながら驚愕。
しかし裏を返せば、オバッキーによってそう「思わされた」と言えないこともなく
そこらへんのことを深く考えてみようって気も起こらず
とにかく一刻も早く自分の記憶から消えて欲しいと願っているわけです。
やっぱ利己的だわね〜〜(人間的、とも言ふ)

そうそう、代表爺の言動が暴走気味ということとは別の問題です。
ヤツは自分が「皆のために」「よかれと思って」「イヤな役を引き受けた」と思っている。
つまり悪意なんかこれっぽっちもないわけで、そこんとこがますます厄介。


最近、最狂ムスメがまた『ゼルダ〜』のシリーズで遊んでいます。
昨日までは『時のオカリナ』を吹いて年食ったり若返ったりしていましたが
今日はオカリナ吹いてはデクナッツになったりしているようです。
確か10月早々に模試があるはず・・・デス。
どっか(ボボボーボ・ボーボボのサイトなど)で最狂ムスメを見かけたら
母親に代わってチクリと言ってやってくださいませ。

ワタシは言えないのか・・・と?
言いますよ、言いますとも。
流されるんです・・・


 本日のお知らせ    
 【HP4周年イベント】
     当たり数字の発表のしかたをいろいろいろいろ・・・考えました。
     投票ボタンに隠すとかいう阿漕なことも脳裏をよぎりましたが
     根が善良なものですから ヘ(..、ヘ)☆ヽo( ̄∇ ̄ ) ベシッ
     ごくごく普通に発表することにしました。
ゴキからの表示がうまくいかないというご指摘がありましたので、
フツーのボタンに直しましたけど、どう?





動物的な 2003年09月26日(金)



カンが働いたのでしょーかッ!?
ワタシにはときどきこういうことがあります。
たまたま目が覚めたら何かあった、みたいなこと。

今朝の地震は、地震と気づく少ーし前に目が覚めまして
始めから終わりまで、たっぷりとその揺れを味わってしまいました。
すぐにラジオのスイッチを入れたのですが
さすがに揺れている最中から放送はしないんですね・・・
ニュース速報は揺れが治まってからでした。
最初の段階では「北海道で強い揺れ」としかわかりませんでしたものね。
あら、ここもけっこう揺れたから、北海道は相当ダゾと思っておりました。

そのままニュースを聞き続けていると余震が・・・
それもどっちが本震だ?というほど強い揺れで(震度4だったそうですね)
こいつぁもしかして大事?とパソコンを立ち上げ『2ch』をチェック。
こういうことに関しては絶対に速いですね、あそこは。

BBSをチェックすると、さっそく心配の書き込み。
そして北海道在住のオバの「とりあえず無事」の書き込みも。

最狂ムスメをガッコに送って(か〜ほ〜ご〜)帰ると
その北海道オバから電話が入り、直接話すことができました。
いろんなモノが飛んで散らばったけど
奇跡的に自分たちが寝ていたところだけ無事だった、と。
食器など全滅の状態で、「プラ皿使うしかないなぁ〜」とボヤいておりました。
あんた・・・怪我がなかっただけラッキーだったじゃないの。

その後「落ち着いたら日記ぐらい書くように」と厳命し
後片付けのご健闘をお祈りして電話を切りましたが・・・
片付いたかしら。
(中身のある)ダンボール箱がわらわらと崩れて・・・って言ってたな。

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

震源により近いところにお住まいの雛豆おば・・・どうしてるかしら。
彼女、忙しいらしくてなかなかネットにも上がれなくなっているからなぁ。

東北全体揺れたようだけど、アオモリ県の皆様はいかがざました?
ウチのあたりはモノが落ちるなんてこともなく、
一応午前中だけは「火を使わない」ってことで様子をみただけですけど・・・

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

『動物的なカン』ですけどね、某所イベントではどうも発揮されないみたい。


 本日のお知らせ    
 【HP4周年イベント】
     エントリーは本日が受付締切となります。
     明日朝、最終メールチェックをしますので
     迷っている方、↓のメールフォームからお早めにどうぞ。
     ってか、迷ってないでとっととメールしましょ、ほれほれっ!
     折り返し、ビンゴカードと説明のメールをお送りしますから。
     26日21:00時点でエントリーくださったのは27名です。







頭痛薬 2003年09月25日(木)



毎日毎日飲んでも飲んでもコーヒーって美味しいよね〜
 (HNを『かふぇ飲』に変えようかというほど)
今日も一日中ガブ飲みしたほかに
バンドの練習にもポットに作って持っていきました。
行き帰りの運転中に飲むためです、練習中には飲めないから。

コーヒーが美味しいと思えるときはだいたい調子がよろしい。
少し前、胃の調子が悪かったときもコーヒーだけは美味しかったので
必ず当てはまるとも言えませんが、だいたい。
で、称してこれを『頭痛薬』と言いましたらば、最狂ムスメが
「頭痛を起こす薬・・・でしょ」
なーに言うダ。
「頭痛の予防薬である」

そういや頭が痛いときにコーヒー飲んだことはあまりないです。
頭が痛いときはコーヒーを飲めないというか
作る気にならないので、当然か。
コーヒーを飲んだ後に頭が痛くなったことはあります。
しかし、飲まなくても頭は痛くなることがあるので
コーヒーが頭痛の原因であると決めることはできません。

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

吹奏楽フェスティバルの社会人バンドの演目は
『ひょっこりひょうたん島』のテーマ曲をラストに持ってきています。
最後は派手に騒いで、できれば会場の手拍子を呼びこもうという作戦らしいです。
しかし、です。
メロのときにスタンドプレイをするというのはよくある風景だけど
「踊れ」というのはどうなんだろう。
楽譜にかじりついてないと吹けない人がほとんどだっちゅうのに。
そして曲の最後に「イエ〜イ」ってやるのも・・・
やってもいいけど、そのポーズのまま『動くな』ってのは・・・
絶対にワザとらしくて不自然だぞ。
ワタシなら動くぞ、楽器振り回して。
根回ししておく必要がありますな。
一人だと目立ちたがりと思われるだけだから。


 本日のお知らせ    
 【HP4周年イベント】
     ビンゴエントリーは明日で締切となります。
     「なんだろう・・・」と不審に思う必要はありません。
     これまで何度か開催してきた実績がございます。
     始めての方でもどうぞご遠慮なく。
     ただし、当選した場合に景品を送るために住所氏名をお伺いします。
     それさえ構わなければ、下記メールフォームからどうぞ(空メール可)
     折り返しビンゴカードおよび説明のメールをお送りします。
     25日22:30時点でエントリーしてくださったのは25名です。







発熱ぱわー 2003年09月24日(水)



昨夜、予定外の夜更かし(つーか、徹夜)をしたのは
授業の準備とかいうカッコいいことではありませんでした。
テキストを作り終わって、あとは教材を少しばかり用意するだけとなり
『寝る』つもりで自室に入り、ふと目にしたのが
かなり古いジャズミュージシャンを紹介するビデオ。

ああ、たまに見返すのも悪くないなと思って見始めたらこれがおもしろくてね。
見るたびに自分の経験が重なってきているので
見方が少しずつ違ってきているような気がします。

結局2本、3人分のビデオをぶっ続けで見て
 (もちろんその間もコーヒーは常に♪)
その後またふと目に止まった映画のビデオを3本(^ ^;Δ
気がついたら朝だった、と。

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

ちょっぴり熱っぽい感じは今朝からありました。
しかしこれは、授業があるから無意識にカラダがイヤイヤ反応をしているのだろう、
めでたく授業が終わって帰ってくればスッキリしているんだろうと思ってました。
ところが、帰ってきてもまだぼーっと。
ヤバいのは喉のあたりに違和感があること、目の奥が重苦しいこと、
そして何より寒気がすることです。

そういえば、日曜に隔週バンドの練習に行ったとき
テナーのお姉ちゃんが鼻グズだったなあ。
たった2〜3日で発症するってことはないから違うとは思うけど。

ともかく、週末にはビールまつりのイベントもあるので
それまでに治すようにしっかり休んでおかなくては・・・と、
またビデオライブラリーを漁るワタクシなのでありました。

ちなみに、ワタシの部屋はベッドの隣にテレビを置いたテーブルがあるの。
寝たまんま見られるの。
でも途中で意識不明となり、
朝、気がついたら巻き戻ってたってこともしばしば。


授業のある水曜日は食事の支度を先にしてしまうか
または帰ってきてからお手軽メニューで済ませるか・・・なのですが
ムスメが大きくなって、「時間で」食事を出す必要もないので
最近は帰ってきてからささっと作るパターンが多くなっています。

このところハマっているのがスパゲッティ。
ニンニク炒めるところから始めても30分ほどでできちゃうからね。
今日のミートソースもまた絶品でした(自分で言うんかィ ^^;)
こんなとき、何をどれくらいの量使って・・・っていう記録があればいいんですけど
ワタシの作るのはたいてい(いや99%)目分量でその日の気分。
翌日また同じモノが同じ味にできる保障は全くありません。
 (同じモノを翌日また作ることもまずないけど)

作るたびにきちんと記録してデータにして・・・っていうのは
よほど好きか、仕事じゃないとやらないんじゃないスか?
ワタシは基本的に(家事一般)あまり好きじゃありませんから。
その場しのぎのヤッツケ仕事なのよ、料理でもなんでも。

で、ヤッツケそこなっていることが家の中にいっぱいあって
時間がないという言い訳のできない生活をしているので
言い訳は一切せず、クチを閉ざしておりまする。
ま、どこにでもいるグータラ主婦ってとこ?
 (本当にどこにでもいるんでしょうか・・・? もしかしてワタシが頂点?)


 本日のお知らせ    
 【HP4周年イベント】
     ビンゴエントリーは26日まで受け付け中です。
     下記メールフォームからどうぞ(空メール可)
     折り返しビンゴカードおよび説明のメールをお送りします。







そうか・・この時期 2003年09月23日(火)



実は昨夜、ふと思い立って「バンドの愚痴日記」を整理していました。
2001年の6月くらいまでで更新が止まっていたのです。
ま、更新といったって、これまであっちこっちで書いてきた日記の中から
バンド・音楽に関する部分を拾い集めただけのものですが。

非常に惜しいのは、2001年の秋から冬にかけて書いた『BJ日記』ですねえ。
期間限定で日記サイトを開いていた『BJ(ブリジット・ジョーンズ)の日記』のログは
それを保存しておいたサイトがポシャったために共倒れ。
あそこではビンゴの数字発表以外にもけっこうナンダカンダ書いていたような気がします。
最後、いよいよサイトを閉じるって時に本にしたのだったよね。
ウチにもあります(つい買ってしまった)

「おたんこなす」から始まった日記ももうすぐ4年目。
HPを立ち上げてまもなく書き始め、最初は毎日書くなんて思いもよらなかったから
穴だらけの日記でしたが、そっちのほうはちゃんとログをとってあります。
 (はっきり言って・・・(/ω\) ハジカシーです)
その中のバンド関連・・・
だいたい同じような時期に同じようなイベントがありますので
同じような愚痴が書き連ねてありますねえ。
そしてバンドのあり方やワタシのバンドに寄せる思いに言及しているのは
やはり今、この時期だったのです。

そっか。
年中行事だったのか。
愚痴日記の整理が終わるのは・・・まだまだ先のようです。

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

お騒がせのオバッキー([ッ]が入ったぞ、おい)からは、今日もファックスが入りました。
留守電設定にして出ないからね。
一方的に送りつけることのできるファックスにしたんでしょう。
内容はなぜか、一昨日とほとんど同じ・・・
 (反応しなかったんで、届いてないと思われたか)
すこーし表現がソフトになっていました。

   かふぇ婆さん
   今までいろいろとありがとうございました。
   先ほどもファクスを送りましたが、やはりテンポがイマイチ皆様と合わなかっ
   たこと、子連れ、そして足(車)の問題及び冬の練習のこと・・・と考え合わ
   せたら、これから先無理だということがわかり、残念ですがやめたいと思いま
   す。(今月いっぱいで)
   そもそも自分勝手に入ってきて、しかも途中から子連れで、最後に自分
   勝手にやめるのだから、いい加減な人間と思われても仕方ありません。
   又、どんなに周りに迷惑をかけたかというのがいまさらわかっても仕方がな
   いですよね。(私がバカでした)
   又、機会がありましたら皆様と仲間入りしたいと思っています。代表爺、
   指揮の先生に暮々もよろしくお伝えください。皆様の顔を見ると泣けちゃう
   のでもう公民館へは行きません。
                                 オバッキー


いくつか突っ込みポイントがあるんだけど、とにかくこの人
「どうせ私は」モード全開で、相手に慰めを求めるという
音楽以前にとてもヤッカイな癖をお持ちのようですね・・・
このタイプにまともに関わってしまうと、
「アナタをちゃんと慰めてあげられないワタシが悪かったかも」
と思わされるというドツボにはまる可能性があり、ヤバいのです(-_-;)
特にワタシはカウンセリングの能力なんかありませんので
必要以上に「お近づき」にならなくてよかったのかもしれません。


 本日のお知らせ    
 【HP4周年イベント】
     やるやらない・・・いろいろ考えましたが、とりあえずひとつやってみますか。

     内容は・・・懐かしの『アナログビンゴ大会〜!』
     エントリー希望のメールをくだされば、折り返しビンゴカードをお送りする。
     あとは日々発表になる当たり数字に一喜一憂・・・
     アナログですから、その全てを「手で」やります。
     ビンゴのCGIを(それもシェアウエアのを)持っているにもかかわらず。
     これといって面倒な手続きはいらないのに、なんかドキドキできるという
     「果報は寝て待て」的なお手軽イベント。
     メールのやりとりもワタシとの1対1ですので、初めての方も安心よ♪
     エントリー期間は今から26日(金)までとし、
     当たり数字は翌27日より「いんふぉめ」にて発表いたします。

     エントリー受けつけは下記メールフォームから。
     明日の授業準備のためにすぐにお返事ができないかもしれませんけど・・・
クリックすると記入できます






あ・・・頭痛が・・・ 2003年09月22日(月)



こういうときは濃いコーヒーを飲むに限りますなあ。
 (書き始めたときは痛かったのに、2杯目のコーヒーを飲んだあたりで治りました♪)
今日で終わりになる某所と明後日で終わりになる某所のイベント。
ほとんど入り浸りで遊び倒しました、と言いたいところですが
実はそうでもありませんでした。

なにしろ某所のしりとりはサービスタイムになると絶対ついていけなくなります。
これはおそらくパソコンの性能によるもの、あるいは
サーバーの回線の太さによるものなのではないかと思います。
契約しているケーブル回線は下りに比べて上りの容量が小さく設定されてんのよね。
仕方ないから「ほどよい位置」をキープすべく、ちびちび覗いておりました。

また別の(今日終わるほうの)某所では、スクラッチがゴールしちゃってるもんで
ついもうひとつの方のチェックをサボりがちになります。
今夜はギリギリまでお邪魔して、終焉を見届ける予定です。

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

こうして遊びながらも、ワタシはワタシでワタシの用事を少しずつしておりました。
そう、パソコンから離れたらやるべきことが山のようにあるのです。
パソコンの前をなかなか離れないから、その山はますます高くなるわけ。

さしあたり明日のうちにやってしまいたいのは、テキスト作ることですね。
今週から「小数の除法:小数で割るとはどういうことか」という単元に入りますので
今までの「図形」の単元とは気分ががらりと変わります。
当然、使う教具なんかもまるっきり違ってきます。
小数の乗法の単元で使ったものがいくつか使いまわせるけれど
基本的にイチから作ることになりそうだな・・・

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

昨日「やめます」ファックスを送ってきたオバキーから
今日は何度か電話がかかってきています。
悪いけど話したくないので出ていません(ありがとー、ナンバーディスプレイ)
話し始めたらきっと「まあそう言わずに続けてみたら」みたいなことを言いそう。
彼女にそれを期待する気持ちがないとは言わせない。
そうでなかったらワタシのとこにファックスしてくるより前に
代表爺に電話してその旨伝えているはずだもの。
今のワタシに、他人様を元気にする力はありません。
というか、そのエネルギーを自分に向けたいんだよ、実際。
とにかく個人的にかかわるのはもうご免です。

・・・っていう考えのワタシって冷たいの?


話があっち行ったりこっち来たりして混乱状態なのは
昨日からずっと・・・ではあるのですが
バンドにどういうスタンスで参加していくかっていうことを
昨日今日でかなり考えさせられています。

いえ、以前にも似たようなことがありました。
フルートやリコーダーのオバちゃんたちがすすすすっと抜けていったこと。
トラブル起こして抜けた人はともかくとして、それ以外の方たちはみんな
「自分の楽しみはここにはない」というはっきりした意思を持って辞めて行かれました。
何を以って楽しみとするかは人それぞれです。

ワタシが今でもあの爺バンドに拘るのはなぜかしら。
これまで何度も「辞めてやるッ」というギリギリのところまでいって
それでも崖っぷちで踏みとどまっている理由は?
それを考えるのってとても気力の要ることで、避けてきたんだった。
「自分の拙いアレンジを音にしてくれるバンド」っていうのが
最もそれらしい理由ではあるわね。
他に、「立ち上げから関わったので惜しい」ってのも確かにあります。
「演奏の機会が(実力以上に)多い」っていうのもあるかなあ。
ワタシとしては多すぎるゾと思いますけど、全くないよりは。

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

こうしている間にも台風は三陸沖をさらに東へ遠ざかりつつあるとか。
世の中彼岸だし(無宗教なワタシには関係ないんですが)
新内閣は発足するし、テレビは特番ばっかりやってるし
なんてことない秋の1日なわけで
どうりでワタシの心の中にも秋風が吹いている。

こういうときはやっぱ遊びに行く、と。
     ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌( ̄ー ̄)┘     [イベント会場]






こんな終わり方するの? 2003年09月21日(日)



「やっぱりね」というべきか。
こんなファックスが送られてきました。
名前以外、原文のまま。

  かふぇ婆さん
  今までいろいろとお世話になりました。
  私なりにがんばってきたつもりでしたが、やはりレベルが皆さまに
  追いつかなかったということでしょう。いずれ、やっていく気がなく
  なりました。「目標」を持たない練習(ただの「練習」のみ)なら、
  もうできません。もう限界です。
  最初からどだい無理だったということがよくわかりました。
  まず、仕事を決め、お金が入るようになったらもっともっとアンサン
  ブルを勉強し、いつか皆さんと仲間入りできたらと思っています。
  以上、今月いっぱいでやめたいと思います。
  ベース爺にもよろしく。
  皆さまの顔を見ると泣けちゃうので、もう公民館へは行きません。
                         オバキー


やったね、ベース爺。アンタの狙い通りだ。
まったく、こうして新人イビリをするんじゃあ、爺バンドはこの先
一人また一人と『老衰』でいなくなるのを待つばかりってことになるわね。

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

それにしても結論を出すのが速いなあ。
 (演奏も速いんです、彼女・・・(^^;)
もう少しいろんな人と話してみてからでもよかっただろうに。
ワタシなんか何曲かはキーボードのために別の楽譜を用意もしたし
指揮の先生も、最近持ってきた曲にはちゃんとキーボード譜を用意してたし
方向をさぐろうとする動きがあったことは彼女にも伝わってたと思ったのになあ。
少なくとも先生の意見を聞いてみるべきだったんじゃないかと思うけどね。

彼女のことについては、何人かのメンバーで『オバキー問題』として
こそこそっと話し合ってきているのです。
いずれ少しずつ、できる形でフォローしていきましょ、と。

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

隔週日曜バンドの練習が今日はあったわけですが
オバキー問題が気になって心ここにあらず。
集中できなくてずいぶん音を外しました。
楽譜の段を見間違えたりもしたし( ̄△ ̄;

こちらのバンドもなかなかの「曲者」揃いではあるのですが
意地悪な人は一人もいません、少なくとも。

ワタシはこの先、爺バンドでの演奏を心から楽しめるでしょうか。
オバキーを「大人扱い」して(つまり、必要以上にはケアしなかった)
結局は辞めるところまで追いこんだ責任は、ワタシにもなかったかなあ。
そんなこと考えちゃってるわけです。

しかし、来週は『ビールまつり』の本番がある・・・
その前に、そう、木曜日の吹奏楽のほうの練習のときに
先生と話し合う必要があるかもしれません。
オバキーのためだけじゃなく、ワタシ自身のためと、爺バンドのためにも。


隔週バンドのペット爺ちゃんが
「台風、どこ行っちゃったの?まだいる?」と言ってまして
そういやワタシも今日は一日ニュースも天気予報も見てなかったな〜と思って
さきほどYahoo!で見てきました。
ちゃんといるのね、台風。
それも関東地方をかすめるっぽい。
この波に乗ろうとしたあほサーファーがヘリで救出されたとか
くだらないニュースがあって、脱力しちゃった。






お腹立ち3題 2003年09月20日(土)



今日の練習ではベース爺が勝手のし放題で
ワタシはほんっとにアタマにきたのであります。
コトの次第はといえば・・・

例のキーボードのオバちゃん(以下、「オバキー」)が練習始まる前
ピアノを弾いているワタシのところに来て
 (弾いてるのを邪魔されるのもイヤなんだが)
「あの・・・休憩時間にちょっとお話したいことがあります」

また来たか・・・今度はナニさと思いつつも
おくつろぎの時間を奪われるのも癪なので
「今、話せませんか?」と、とにかく聞く気があるところを見せました。
すると・・・
「今度のイベントのことで代表サン(ベース爺)と話し合ってきまして・・・
 キーボードはやはりピアノとは別の楽譜がなくてはだめだということで
 自分なりに楽譜を作ってきたのですが、『それではダメだ』と言われました。
 今回のイベントには出ないで下さい、ということだったのですが」


 なんですってぇ〜?


ワタシだってオバキーには困ったもんだという気持ちがあるけど
だからといってイベントには出るなと言っていいもんでしょーかっ?
とにかく、ベース爺のセリフは自分だけの考えで言っているものであって
バンドの総意では決してないので、気にしないで出たほうがいいと言いました。

ヘタだから、合わないからイベントには出さないっていうんなら
まずクビになるのはドラム爺とアンタだろう。
オバキーを全面的に庇おうというわけではないけれど、
なんとか全体に融け込んだ演奏をしたいという気持ちから
ビデオを見て雰囲気をつかんだり、自分なりに楽譜を書いてみたり
それなりの努力を始めている人に向かって
10年間努力といえるほどのこともせず、したがって上手くもなっていない人が
エラそーに何言ってんだ、と啖呵を切りたい気分満々でした。

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

ベース爺の暴走はオバキーのことだけではありません。
練習が終わって片づけもだいたい済んで
さて帰ろうとした小学生トランペッターに対しても
「当分は練習だけということで、本番には来なくていいから」と抜かしたのです。
この光景はワタシも目の前で見ていましたのですかさず
「ンなこと一存で決められることじゃないでしょッ!」と一喝し
ペット少年には「本番にも来られたらぜひ来て」と言いました。

2週続けて親が交代で来て「よろしく」と挨拶もし
すっかり入る気になっててイベントにも出る気でいるところに
やる気を挫くような言い方ってないでしょ。

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

だいぶ以前から気になっていたというか、
ベース爺と副代表のペット爺には
《本番さえカッコつけばいいのでアル》という考えが根強くあるように思います。
だから、誰にも何にも相談なく、役員会に提案するでもなく
いつの間にか(上手くない)歌手が来ることになったり
招かれざる助っ人がいきなり来て周囲が慌てるってことが過去にありました。

出前のイベントも、メンバーに図ることなく「出る」ってことに決まってたり
プログラムにしても「え・・・?」と思うような選曲を平気でして
「こうなりましたから」と事後承諾(つっかかって覆してますけど)ってことも。

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

今日はそして、トラブル起こして辞めて行ったメンバーがのこのこ現れました。
数年前メンバーだったとき、仕事をサボって練習に来ているのが会社にバレて
当然会社からもこってりとアブラを絞られただろうし(待遇だってどうなったか・・)
もちろん練習になんか来られるはずもないから、
ただ一人だったトランペットパートに穴が空いて
ずいぶん迷惑を被ったのでした。
それなのに平気な顔して来るか?
どういう神経してるんだろう・・・
 (ドラム爺が誘ったらしい、そしてベース爺が「来たいなら来れば」と言ったそうな)

ワタシは口を利きませんでした。
目も逸らしましたね(見切りをつけると徹底してるのデス)

『来る者拒まず去る者追わず』
大人のバンドですから、それでいいのです。
しかし、お誘いするならある程度『人物』を考えて誘おうね・・・

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

こんなんでしたから、今日の練習はいつもの数倍も疲れまして
ストレス発散になるはずの楽しい音楽が
却ってストレスを貯め込むモトになっちゃったりしてね。

で、あまり楽しくない話題でモノ書いてると
「もうコレ以上なんにも考えたくないぞ」ってワタシの神経細胞が
考えることを拒否するみたいでですね・・・
あとひとつあったはずの日記ネタ、どっかに飛んで行ってしまいました。
もう、昨日から(一昨日から?)飛びっぱなしでス。

なんか今夜は楽譜を作る気にもなれないわ。
こんなときは某所と某所のイベント会場で遊ぶに限りますな。
それともネコとでも遊ぼっかな・・・
そうだ、買ったっきりのロジパラに手をつけようかな。
とにかく何か音楽以外のことをしていたい気分、今。






飛んだ〜〜〜 2003年09月19日(金)



飛んだのは記憶とそれを思い出そうとする気力です(涙)

昨日は項目だけ3つ並べて、気力があったら書こうかなっと思ってました。
しかし、あってほしいものに限って失われるのは早い。
振り絞って書こうと思えば書けるかもしれないが
すでにネタとしての面白味を感じなくなってしまいました。

今日は今日で「おーしっ、コレを書こう!」と思ったことがふたつ三つあったのですが
それすらきれいさっぱり忘れてしまえるなんて、
ワタシはきっと果てしなく長生きできる体質なのかもしれません。
仕方ないからこんなことして遊んだりして。

【上から順に叩くベシ】







叩いても潰れたりなんかはしませんけど、
ヘンなエラーが出ることがあるみたい(IDがどうたらいう・・)
ま、気にせんといてください。

こんなことして何が楽しいのかと言われると困りますな。
楽しくないですか?
・・・そーですかぁ〜





項目だけ 2003年09月18日(木)



■ ニンジンは後からぶら下げるものかどうか。

■ 年寄りに逆らうことは長生きさせることになるかどうか。

■ 誰が『一番』を吹くべきか。

ということについて書きたいと思ったが
テスト終わってラリホ〜言ってる最狂ムスメが
ブロック崩しに夢中なので
ワタクシはおとなしくビデオを見ることにしたわけ。

By 携帯





耳が痛い 2003年09月17日(水)



このところ毎晩、数年前(もう7年?)のカセットテープを聞いています。
内容は・・・ワタシがバンド始めて2、3年のころに
お誘いを受けて参加するようになった某社会人バンド。
その練習風景です。

なにしろジャズなんて全く、ほんっとにひとつも知らないんだから
コードネームしか書かれていない楽譜を渡されて
もうどうしていいやらわからない・・・目の前真っ暗状態。
その上2ヶ月後にはなんかの本番があるというのです。
楽譜がない(いや、あっても読めない)なら耳からイケ、ってことで
毎回テープに録音して家で聴きながら
コードネームと聞こえてくる音を付き合わせ、
リズムパターンに合ったバッキングを考えました。
練習の合い間に交わされていた、メンバー同士の会話も
ワタシにとっては貴重な情報源でした。

そのバンドはもう解散してしまってありませんが
当時のメンバーが実は爺バンドに何人かいらっしゃいます。
盛岡って狭いですからね。
で、テープを聞きながら感じていることがふたつ。

とつ目は、当時のワタシのキーボード演奏はまさしく
今の爺バンドの新人キーボーディストのオバちゃんのものだってこと。
違うことといえば、当時ワタシは基本的なコードしか知らなかったけど
新人オバはコードプレイができるっていうこと。
それと、ワタシは自信がないときは音量を絞っていたけど
新人オバはできてもできなくても大音量で演奏する。

先日の役員会において、温厚な某信用金庫支店長Y氏までが
「あの演奏は邪魔にしかならない」とおっしゃった、そのコトバ。
きっと当時ワタシも思われて、あるいは耳には届かなかったけど言われていたんでしょう。
それを思うと、もうちょっとあの新人オバをケアせねばならんかな〜と思います。
ただし思うだけです。
めんどくさくてやりたくない。

たつ目は、当時ご一緒していたメンバーの中で
現在、格段に音がよくなった方と、さっぱり変わらない方がいるということ。
当時のテープでも、「あ、これは○○サンの音」ってことはちゃんとわかります。
7年間の積み重ねをしてきたかどうかも、シビアにわかっちゃうんだな、これが。

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

録音機材(当時はまだMDじゃなく普通のウォークマン)は
操作の都合もあってキーボードの足元に置いていたので
ドラムやベースといったリズム隊の音が大きく入っています。
最も聴きたくない自分のキーボードの演奏も嫌でも入ってくる。
耳をふさぎたいのをぐぐっとこらえて、毎晩すこしずつ聴いているのです。

これってどういう心境からくるんでしょうかねえ。
なんかね、急に聴きたくなったのよ。
そうだ・・・ドラムかもしれない、聴きたかったのは。
当時のそのバンドのドラマーはごく常識的に叩く方で
音楽センスはよかったと思います。
そう、ベースの兄ちゃんも上手だった。
あの2人が音楽を引っ張っていたと言っても過言ではないと思うな。

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

で、ワタシとしては「こういうふうに叩いてくんない?」と
爺バンドのドラム爺に言いたい気持ちが破裂しそうなわけです。






優勝セールにゃ無縁ですの 2003年09月16日(火)



何がどんなに安くなっていようが、払うものを払わねば買えないわけです。
そんなわけで、ワタシは今日一日ほとんど家でくすぶっておりました。
夕方ちらりと食料品の買い物に出て、
ついでに大和和紀の新連載が始まったコミック誌をゲット。

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

タイガース優勝のイベントは、ワタシにとっては『ネット上』だけで充分ッスよ。
今夜さっそく始まった某所でのイベントにはいち早く足型をつけてきたし
同様に関西地方の浮かれたオバたちが気前よく何かやらないかな〜と
消極的ながらも虎視眈々と狙ったりしているわけです。

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

余所様のイベントで遊んでいる間に、当HPの4周年の日が近づいてきちゃった。
今年は(も、かな)各所でイベントが花盛りですからねえ
ナニもワタシんとこでもやらなくてもねえ、と思ったりして。
余所で遊ぶ楽しさ(美味しさ、と言い換えてもいい)を堪能しておりますから。


最狂ムスメは今定期テスト中です。
先週の金曜日から始まって、3連休を挟んで明日まで。
1日目の金曜日に「勝率予想」を訊ねました。
 (ワタシは「できた?」とは聞きませんの。ヤツにとって試験は博打)
「5割5分5厘」という返事が返ってきて
これがいい数字なのか悪い数字なのか判断しかねていたところ
今日はなんと「2割」というケチくさい答えが返ってきました。

今、どうしてくれようか画策中です(-_-#) ピクピク
最終的には自分に降りかかることなので、放っとけばいいんだけど
一応関心のあるところは見せておかないと。






青森おばとデェト 2003年09月15日(月)



40過ぎた(つまりいい年した)おばが2人、
棟方志功展を見て市内走ってお蕎麦食べて
棟方志功記念館の建物を見て三内丸山遺跡の建物を見て・・・
その間ず〜〜っときゃぴきゃぴ喋りっぱなし。

秋桜様、さんざんお世話になりました。
   アリガタビーム!!(ノ・_・)ノ‥‥━━━━━☆ピーー

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

さて、そういう『いい思い出』はもったいないので細かく述懐しないことにしてと。
アオモリに向かう高速道路、秋田を抜けて青森県内に入ったとたん
覆面パトカーを2台も目撃してしまった。
一台は真っ黒のスカイラインで、まさかこれが・・・と思うような車。
もう一台は白い商用車タイプのバンで、やはり、まさかこれが・・・と思うような車。

ワタシはね、小心者ですから(はいそこ、突っ込み禁止)
岩手県内ならともかく、他県に入って危険な運転なんかいたしません。
制限時速80キロと書かれていれば90〜100キロで
制限時速100キロならばせいぜい110キロで安全走行します(←ぉぃ)

その、安全運転オバさんをひゅうっと抜いていった古い型のシルヴィア。
今のと違って四角っぽいところがワタシ的には好みなんですが
若者が運転しているらしいその車を数分後にまた目にすることになった場所は
某パーキングエリアの入り口付近。
   あ〜あ・・・捕まっちゃって・・・やっぱニィちゃんだったか。
   そうだよね、あのデザインのあの車をあのスピードだもんね。
   まさか真っ黒のスカイラインに止められるとは思ってもみなかったろうな。
   免停だろうな・・・あのスピードじゃあ。

なんてことを思いながら走りすぎますと、今度はワゴン車が止められていました。
前にいる車を見ると、白いバン・・・その上に赤いランプがペカッと光っている。

アオモリ県警の方針なんですかね、覆面パト多用ってのは。
フツウのパトカーも見ましたけどね、ただ止まってるのと料金所入り口にいるのと。
秋田県内では一台も見なかったのでなんとも言えませんが
岩手県内だと一般道のほうが多い気がするなあ。
いつだったか未愛を迎えに行った帰りも、国道4号線のトンネルを出てすぐのところで
ワタシらの車を抜いてった車が、道路脇からひょいと出てきたパトカーに捕まってました。
調書とか書くのもけっこう面倒だろうに、ごくろーさまです。

帰りは高速道も一般国道も、違反できるほど空いていませんでした。
それでも思いっきり背後に迫ってきてヒュンと抜いていく車はいたけどね。
流れてはいたけど車は多かったから、5台や10台抜いたところで
到着時間にそう大きな変わりがあるとは思えませんでした。


昨日の爺バンドの練習で「ふぅん・・」と思ったことがいくつか。
いつもなら管たちの後ろでドラムやベースなんかと一緒にまとまっているのですが
ピアノを移動する前にいすを並べてしまい、
そうしているうちに後ろにキーボードやパーカッションが並べられ
移動がめんどくさくなってしまったので(←コラ)
そのまま指揮者の横位置に・・・。
そう、音楽の授業を想像してください。

いつもと聞こえてくる音が違うわけです、それだと。
ただ、音の違いは「そうだろうな」と思えるものだったのですが
前で演奏しておもしろいなあと思ったのはね・・・
いつもは後姿か、せいぜい横向いてるのしか見えないのに
昨日は顔の表情をバッチリ見ることができたことです。

ときどき目ぇなんか合っちゃうわけです。
ドラム爺があまりに酷いので苦虫噛み潰したような顔してるコンマスとか
指揮なんかぜんッぜん見てないから、ストップかかってもいつまでも弾いてるベース爺とか
困ったもんだわネ・・って顔で苦笑するパーカッションのオバちゃんとか
すっかり乗ったつもりでオーバーアクションするキーボードのオバちゃんとか
演奏が始まってからも楽譜を探しているギターのおっちゃんとか・・・

そしてワタシは見逃さなかったね。
指揮の先生が「ちっ・・・」という表情をするのを。
出したテンポと始めたテンポが違ったとき、
上記のようにベース爺が合図を無視していつまでも弾いていたとき、
すこーしずつ狂っていって、ついに1小節ズレちゃったってとき。

これぞまさしく人間の営み。
こうして舌打ちしたり諦めたり妥協したりして
爺バンドは爺バンドなりの音を作っていっているわけだ。
上手ヘタを云々するより、こっちのほうがずっと面白いですねえ。
もちろん上手ならもっといいのでしょうけど。






コーヒーを語らせたら長いので語らないつもりだったが、短めに語らせていただきます 2003年09月14日(日)



風が強い一日でした。
さすがは台風一過。
いつも通っている山道にも木の枝がいっぱい落ちていました。
 (例年より早くハクチョウが訪れたことで知られた高松の池に通じる道)
中には上からぶら下がっている枝もあったりして
以前「こんなの平気、蹴散らして行っちゃえ〜」と強行した結果
マーク兇離椒妊にキズをつけた前科のあるワタシとしては
同じ轍を踏まないよう、引き返して遠回りしましたデスよ、一応。

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

さて今日はいつもは土曜日である爺バンドの練習が
月一回だけは日曜日という、その日曜日でありました。
もともと欠席の予定だったのが1人、
仙台のジャズフェスティバルに出かけて欠席が2人、
急遽仕事が入っちゃって欠席が2人、体調崩して欠席が1人。
欠けたパートが多かったわけです。
聞こえてくる音もなんかポソッとした感じ。
それでもなんか人数だけはいるよなぁ〜と思ったら
パーカッションのオバちゃんの娘(中1、吹奏楽でパーカッションやってる)とか
キーボードのオバちゃんの息子(幼?、ただただ遊んでいるだけ)とか
先週から来るようになったトランペットのボク(小6、なかなかの音)とか
要するにお子ちゃまが3人も来たからなのでした。

このトランペットの男の子ってのがタダモノではないのよ。
音が素直でキレイで安定している。
なんでも吹奏楽とかじゃなく、家で父親に習って吹いているとか。
その父ってのは某県立高校で吹奏楽の指導をしている先生。
ご自身も某団体に所属している現役のファゴット奏者なのだそうな。
先日(8月24日)のオーケストラとの演奏にも親子で参加しています。
父親のほうは高校バンドの指揮者としても。

小学校のバンドではなく、いきなり社会人のバンドに入れちゃうっていうのも
実践的な演奏を身につける意味では近道なのかもしれません。
学校のバンドって「待ち時間」がやたら多いからね。
今日は指揮の先生が前に引っ張り出していろいろ直接指導していたけど
教わったことがすぐその場で反映される・・・カンがいいというか、飲み込みが早いというか。
おそらく先生の『指導者魂』を思いっきりくすぐったに違いありません。
自衛隊音楽隊に入った青年や、プロになってアメリカに渡った女の子みたいになるかしら。
その成長の様子を間近で見ることができるのだとしたら、ラッキーなことかも。


ここ数日コーヒーネタで盛り上がっています。
ワタシ自身はブラックで戴きますが、ブラック信者というわけじゃありません。
ブラックだろうと砂糖・ミルクを入れようと
その人その人の「美味しい楽しみ方」があるわけね。
例えばカレーや味噌汁の味付けが「家庭」という単位のものだとしたら
コーヒーに関しては全く「個人」単位のものでしょ。
この話題が盛り上がる背景にはそんなこともアリかな〜と思います。

『コーヒーはセルフサービス』で無料っていう某ラーメン店があります。
そこのコーヒーを飲んでみましたが
無料(タダ)のもの=不味いと最初っから思っていたワタシ、
『案外』美味しかったのでびっくりしました。
いけませんな、偏見は。
今度行ったときは食事は最小限にして、主にコーヒーを飲んでこようっと。

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

風邪はだいたい治まってきましたが、なぜか頭痛だけ残っております。
それも緊張型の頭痛みたいで目を開けているのも辛いときがあります。
たまらずに頭痛薬を飲みましたが、なかなか効いてくれなくて
いいかげん効き始めたころには家に帰りついておりました。
今ごろになって絶好調。

最近また映画づいていて、部屋を暗くしてヘッドホンかけて観ているので
そのせいもあったかもしれません。
まだ観てないのが何本かあるなあ。
もう一度観たいものもあるし。






今日も楽譜整理 2003年09月13日(土)



そんなに山のようにあるのかといえば、まああることはあるわけですが
2日間もかかっているのは「手際が悪いから」の一語に尽きます。
昨夜印刷したものをファイリングするためには穴をあけるわけですね。
そのための多穴パンチを探すところから始まるんだから。

探している間に読みかけの本をふと見つけてしまったり
タブレットのドライバCD−ROMをふと見つけてしまったり(参照
見つけたからには読まねば、またインストールせねば気が済まないし、
その間にもコーヒーを切らすわけにはいかないし。

で、今日は主に印刷した楽譜に練習番号やコードネームを書き込む作業をしました。
やろうと思えばパソコンの画面上でできるのですが、絶対手書きのほうが速いって。

いろいろやってるうちに、半分しかない楽譜があったり
古すぎて今の楽器編成では使えないものが混じってたり
考えねばならないいくつかの問題点が浮き彫りになってきました。
この問題を解決するには、部屋の中にある全てのバンド楽譜をならべ
楽器ごと、ジャンルごとに分類するという作業が不可欠です。
そしてその作業は現在のところ不可能です。
なんとなれば、ワタシの部屋にはそのスペースがないからです。
いえ、正確にはそのスペースが別のいろんなもので埋め尽くされているから、です。

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

とにかく、明日の練習で困らないようにだけはした、と。


未愛が明日、大学に戻ります(やれやれ)
ワタシは2日続けてアオモリに行くのは嫌なので、明日はパスします。
明後日は身軽に行けるということですね〜

今(19:40)降っている雨は台風関連かしら。
えー、天気図(My Yahoo!の)を見るとそのようですね。
だから今日は蒸し暑かったのかな。
北海道直撃コースのようですがアオモリは大丈夫かなあ。
あ、それもMy Yahoo!から調べればいいのか。
便利な世の中になったもんですなあ。






オリーブオイル 2003年09月12日(金)



D○Cなどの化粧品のオリーブオイルと食用のオリーブオイルの違い。
これをはっきりおわかりの方、いませんか?

昨日のことですが、顔の半分がニキビで覆い尽くされているKちゃんのために
D○Cのサンプルをいくつか届けたのですが
そのとき父が(なにしろソッチ方面にはやたら詳しいため、専門家気取り)
化粧品だろうと食用だろうと『同じものだ』と言って譲らなかったのです。

もちろんワタシだってそれぞれの生産過程を見てきたわけじゃないし
目の前に並べて比べて見たわけでもないので反論できなかったのですが
いっくらなんでも「同じもの」ってこたぁナイと思いませんか?
母がぽろっと口を滑らせてそんなこと言っちゃったから
「シロウトは知らないからそう言うんだ」と、ますます頑なになってしまいました。

んじゃアンタは知ってるのかぃ?見てきたんかぃ?と突っ込みたいのをこらえて
とっとと話題を変えちゃいました。
ま、母もワタシも父の扱いには慣れてますからね。
 (ここで得意になって話を始められると1時間じゃ終わらない)

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

今日は半日かけて楽譜の整理をしていました。
爺バンドの楽譜って、いろんなジャンルにわたっているせいか
ものすごい数量になってしまっています。
そのうち、「おそらく2度と日の目を見ないだろうと思われる」いくつかを別ファイルに移動させ
この秋のイベントで使う予定の曲をひとまとめにし
使うかもしれない曲もすぐに取り出せるように分類したのです。

イベントて使う予定の曲で、スコアの切り貼りで作ったパート譜であるため
どうしてもファイルの大きさに合わない楽譜がひとつありました。
それをファイルに収めるために2時間ほどかかってパソで打ちこんだんですが
その作業をしながら、もう数年使っている楽譜ソフトの機能で初めて使ったものがありましてね。
エンドマークのあとの五線を消すっていうのと、一段だけ次のページに送るっていうレイアウト。
演奏上なんの影響もなく、ただ「見やすいかも」っていうだけの機能です。
でも、使えるようになった喜びはまた格別やね〜


胃のほうは徐々に落ち着いてきています。
ご心配くださった方、ありがとうございました。

ただ、一度にたくさん食べられなくて、すぐにおなかいっぱいになっちゃう。
何日間かの不調で胃が小さくなったんかな。
食欲の秋、味覚の秋だっつーに。
そして、こういうときに限ってワタシの作るものは美味しい。






薬、お代わりッ 2003年09月11日(木)



薬の追加を貰ってきました。
お昼休みの直前に行ったので、午前の部はワタシが最後。
こういうときはしばしば『世間話』に花が咲くのですが
今日は違いました。

というのは昨日、実家の母が似たような症状で受診し
ついでにKちゃんのことで眠れないと相談したというのです。
「中気辰堂燭發も楽しいことばかりで、いい時代のはずよね。
 アタシたちのときもただただ楽しかったよね」
そう言って、彼女はKちゃんを気の毒がるのでした。

そう、いちばん大事なのはKちゃんの気持ちなんだよね。
携帯からなので、途中ですがここまで。





気の早いことで 2003年09月10日(水)



某○イエーに買い物に行ってきました。
勝ったら何割引きとか、ナントカカードがどうとか
 (あまち熱心に見てこないので曖昧・・・)
あの手この手でショーバイに結びつけようとしている、
そのことはいいんですけどね、それも仕事のうちだろうからね。
店内、場所によってはエンドレスで流れているあの音楽・・・アレはちょっと。
2週間ほど前に娘たちを連れて行ったときもずっと流れっぱなしで
最狂ムスメなんか「覚えちゃうよなぁ、んで、つい歌っちゃうよなぁ」と
 ♪白球ぅ〜〜ナントカ〜〜♪ って歌ってました。

食料品売り場にはちゃんとタイガースグッズなんかが売られているところを見ると
アレですね、もうすっかりタイガースと日本シリーズを戦う気でいるのね。
ワタシはどっちでもいいんですけどね、もちろん○イオンズでも。
 (あ、セ・リーグについては他チームがどうこうって言う気、さすがにありません)
ちょっと気が早すぎやしませんかな。
2位と5.5差でしょ、まだ。

でもワタシ、「応援感謝(だったか)、2割引」っていうロゴについフラフラっとなり、
来年のシステム手帳のリフィルを買ってきました。
だってさ、どうせいずれは買うことになるんだから。
本格的にその手の商品が並べられるころに
「コレでもないアレでもない、あ〜〜どれにしよぉ〜」って悩まずに済む。
こういうことはいっくら気が早くてもよろしい。

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

帰りの車の中でふと思い出したことがありました。
ワタシ、今年始めにシステム手帳のリフィルを作るソフトを買ったんでした。
そして印刷用の専用ペーパーもごっそりと買い込んでおいたのでした。

(T∇T)

・・・いいもんいいもん・・・
今日買ったのは「月間スケジュール・タブつき」なのであって
自分で作るとしたら絶対にタブなんかつけられないんだもん。
 (シールを貼るという手はあるにはあり、実行したこともあるにしても)


システム手帳のリフィルを作るソフトで
 (『システム手帳○人』というのですが知ってますか?)
あるものを作ろう!と心に決めたのは、です。
そのあるものとは・・・・
ああ、もったいなくて書けない。
でも「おば関連」です。 うっしっし・・・・・・・
システム手帳ユーザーさんの中にはもしかしたら「欲しい」っていう人もいるかも。
アンチユーザーのことまで考えるほどワタシは心が広くありませんので
プレゼントとかいうことになったらブーイングがあるかもね(=^^=)






コーシーがんまいぜ 2003年09月09日(火)



今日も一日シクシクする胃をかかえつつ、しかしきっちり3食いただいて
「どこが病人やねん?」という感じ。
病人らしいところといえば、食後に飲む3種類の薬くらいですか。
それと、いつもよりなおいっそうグータラしていることかな。

今回の風邪は胃腸にくるということでしたが
なるほど、『胃編』に続いて『腸編』がちょっときています。
これで腸内のお掃除ができればそれに越したことはないんだけど。

それにしても「ぼーっと」感は相変わらず続いていまして
朝から眠く、昼も眠く、食後がまた眠く、今も眠いです。
昨夜「寝る」と宣言してからふと見てしまった映画のせいかもしれんけどね。

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

胃がどうだろうと腸がナンだろうと、どうしてコーヒーってこんなに美味しいのかしら。
ワタシの淹れるコーヒーってのがこれまた特別美味しくてですね、
先日演奏遠足に行くときポットにコーヒー詰めて出かけたのですが
当然のことながら、「美味しいですぅ〜〜」と好評でした。

そのコーヒーがさきほど宅配で届きました。
ネット注文○円以上に該当するので、試飲のパックつきです。
今回はいろんな種類が入っているセットを買ってみたので
4〜5日おきに数種類のコーヒーを味わうことができるはずです。

そういえば、初めてブ○○クスで120パックのコーヒーを買ったとき
それをいつ飲み終わるかっていうクイズをしたことがありましたわね。
あのころはまだ砂糖とミルクをたっぷり入れていたのでした。
ブラックで飲むようになってこの秋でまる2年になります。
今じゃ砂糖なんか入れようもんなら、
口の中に残る気がしてとても耐えられませんわ。
インスタントコーヒーは別ですけど。

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

あ〜、この眠気と戦いつつテキストを作らなくちゃいけないのよ。
某所ではそろそろバトルが始まるというのに。

ということで、今夜はこれで部屋に引っ込みます。
パソ前が空いてたらときどき顔を出します。
  {{{{{{{{{{(-_―>J~~~ヘ('-'ュ)))グイグイ(後ろ髪引かれる思い)






風邪らしい 2003年09月08日(月)



「胃が痛いけどストレスではなさそうで
 いくら寝ても眠くて、食欲はあまりないけどコーヒーは美味しくて
 グータラしているわりにはさっぱり治らない」

さすがにこうは言えなくて

「胃の痛みが今日で4日目で
 あまり食欲がないけど軽くは食べてます。
 昨日は微熱が出て喉も痛かったような」

結果、今ちょっと流行っている胃腸炎を伴う風邪だろうということ。
食べたくないときは無理して食べなくてヨロシ、とも言われました。
むしろ、胃腸を休めたほうがいい場合もあるのだそうで。

症状としては快方に向かっているようだというので
回復を助ける意味で、胃を保護する弱めの薬を処方されました。
「ヒマなら点滴してけば?」
というので、お言葉に甘えて(なにしろ一切無料なので)寝てきましたわ。

ついでに市の健康診断の結果も聞いてきました。
肝炎の検査結果はまだ時間がかかりますが
それ以外の全ての項目において、「正常」だそうです。
「体重はもう少しあってもいいかも」
と言われたけど、体脂肪率が今のところ理想値であるところから
足りないのは《筋肉》ということになりますかな・・・(冷汗)


昨日ちょこっと「4周年」のことを書きましたが
あれからほんの数時間ではありますが熟慮の結果
やはり感謝の気持ちを表さずにいられようか、と。
具体的には、ちょっとした考えがあるのですが
ある方たちのご協力を得ませんとなかなか。
ですので、告知まではもう少々お時間をいただきます。






原因 2003年09月07日(日)



ストレスでないことは確かだ・・・・・・・・・と思いマス。

        だってさ、ワタシの胃痛がストレスによるものだとしたら
        世の中の80%の人はストレス性胃潰瘍で胃に穴が空いているはずだもの。
        いや、20%ものヒトがワタシよりノー天気だっていうのも失礼な話ですが。


一日のほとんどをベッドの上で過ごし、
残りの時間の半分をパソコンの前で過ごしました。
こんだけグータラしているというのに
胃痛はいっこうに治まる気配がないところをみると
これはもしや風邪を引いたのかしら。
そういや少々だけど熱があるのでした。
どうりで寝ても寝ても眠いと思った・・・

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

明日は医者んとこに行こうと思いますが
なんて説明したらいいのやら、悩んでおります。
まさか
「胃が痛いけどストレスではなさそうで
 いくら寝ても眠くて、
 食欲はあまりないけどコーヒーは美味しくて
 グータラしているわりにはさっぱり治らない」
っと正直に言うのもねえ。


タイガース関連とか新学期が始まって落ち着いたからとか
そこここでイベントの声が聞かれます。
常にどこかで何か盛り上がっているというのはいいもんですねえ。

実をいうと、当サイトでもイベントをと考えておりました(←おや、過去形だゾ)
このままサイトをやめてしまうことでもなければ(←まずありません)
10月初旬にHP開設4周年を迎えることになっていますからね。
しかしながら、4周年記念でHPをリニュするだけの気力は今んとこないし
何か目新しい企画でもなければイベントの集客に自信もないし。

このように後ろ向きなのはおそらく今あまり体調が思わしくないせいで
1週間もすれば「やるわよっ」と宣言している自分が目に浮かぶ・・・のだけどね。






ゴスペルは宗教音楽なのダ 2003年09月06日(土)



ちょいとお誘いを受けまして、「ランプナイトカフェ」ってのに行ってみました。
最近爺バンドに入ったパーカスの方が関わっている喫茶店で
1〜2ヶ月に1回のペースで、いろんな人をゲストに招いて開催されているんだって。

今日はプロのゴスペルシンガーで、現在育児休業中(?)の方と
各方面で活躍しているという「読み聞かせ」の方が3人。

歌の方は、実は爺バンドの12月定演のゲストとして招いてはどうかという提案があって
その「偵察」も兼ねておりました・・・が、いや〜〜圧倒されました。
声量も、パワフルなキーボード演奏も、彼女のかもし出す雰囲気も
これまで経験したことのないような世界のものでした。

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

今、なんとなくブームでいろんなところで聞かれますし
そういう「お教室」なんかも大流行らしいですけれど
「ゴスペルってジャズかなんかの一分野と思われてるみたいで・・・」と
ニンファ(今日の歌手)のダンナがボヤいてました。
宗教的なメッセージ性があれば、どんな歌でも「ゴスペル」っていうんですってね。
宗教音楽っていう認識は持っていたものの、そんなに広義とは知りませんでした。

ニンファ自身はゴスペルに限らずいろんな歌を歌ってくれて(弾き語りで)
タイタニックのとか、高橋真梨子のとか、カーペンターズのとか
レパートリーはかなり広いようでした。
その中には「アメイジング・グレイス」といったモノホンのゴスペルもありました。
一通りの演目が終わって歓談っていうことになったあとも
リクエストに応えて「オーハッピーディ」を合唱したり「カントリーロード」をハモったり。
ダンナに促されて帰るギリギリまで遊んでってくれました。

爺バンドに呼ぶの・・・?
なんか申しわけなくないかな。
またあの歌が聴けるとしたら嬉しいけどさ。


再アレンジした曲を持っていきました。
テンポについてはやや不満があるものの、音的にはイメージどおりというか・・・
まあ、アレンジに際してはどのパートを誰が演奏するっていう
非常に具体的なイメージがあるわけなので当然と言えば当然。

移調楽器の記譜ミスはやはりありました。
パソコンの傍にキーボードが欲しいなあと切に思います。
頭の中でやるのは限界があるね。
実際に鍵盤叩いてみれば明らかに「あ、違う」ってわかるもの。

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

胃痛が治まりません。
一日中キリキリと痛くて、どうもチカラが出ない。
でもコーヒーは止められない〜♪

実は木曜日に市の一般検診ってのをいつもの友人の女医のとこで受けました。
そのときは全くなんにも症状がなかったのです、体重が少し減ったかなっていう以外は。
「5年ごとの節目に当たるので肝炎の検査もします?」
と言われてハイと素直に応じ(タダだし)、例年より多量の採血が必要だったのですけど
寒いわけでもなんでもないのに血管が出なくて、手首からの採血になりました。
それもあまり出がよくなくて、時間がかかってしまいました。
自覚症状としては金曜からだったけど、すでに体の不調は始まっていたのかもね。

今日の午後になって若干の熱も出てきておりますので、
この分だじゃ検査結果を聞きに行く前に診察を受けることになるかも。

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

どうも話が前後しますが、爺バンドの役員会ってのが練習後にありまして
12月の定演に向けた話し合いをしてきました。
毎年(頼みもしないのに)出てくれている太いオバさん歌手には
今年は積極的には声をかけないことになりました・・・ほっ・・・(´ー`)

問題アリぃのキーボードオバさんのことも話題に上りましたが
「自分の演奏が邪魔になってるってことを知ってもらうには・・・」という
わりあい露骨な話になりまして(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
ワタシ自身も「困ったヒトだ」とは持っているものの
つい、「ま、おいおい慣れていただくってことで・・・」と、
(心ならずも)フォローしちまったじゃないか!

そのほか、定演のサブタイトルを考えたり、ソロ曲を何曲いれるかとか
珍しく中身の詰まった話し合いができたように思います。
それもこれもワタシのおかげです。なんとなれば
「だんだんに決めて行きましょう」という代表爺のいい加減な発言に対し
「で、それはいつまでに決めましょうかねえ」とすかさずチャチャを入れ
見とおしというかメドをはっきりさせる役をやったんだもの。

話し合いの中でもちらっと出たけど、ワタシってもしかして『黒幕』・・・?

・・・・・・
さ、今日の話し合いを「バンド通信」にまとめる作業をしようっと(;´▽`A``






白鳥だとさ 2003年09月05日(金)



盛岡の高松の池に今年も白鳥がやってきました。
って・・・ヾ( ̄o ̄;)オイオイ・・・まだ9月上旬よ。
これからまだ暑さが戻るかもしれないのに、そうなったらまたシベリアに帰るんだろうか。
まさかね、せっかく長旅してきたんだし。

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

日違和感を覚えながらもなんとかフツウに過ごしてきたのですが
夕食の少し前からいよいよ胃がキリキリと痛くなり
食事は少なめにして早々に切り上げ、パソコンの前に。
某所で遊ぼうと思って入ったのはいいけど、なんか寒い気がして
長袖を羽織ってバスタオルをお腹に置き、それでも寒くて電気ストーブをつけました。

来たぞ・・・来た来た!
両手の掌がかぁ〜〜っと熱くなり、足の裏もムズムズしはじめて
次第に手首、ひざやひじの内側、顔もムズムズ・・・頭皮までイライラとかゆくなり
そのほか柔らかいと思われるところはほとんど
久しぶりの全身じんましんに襲われてしまいました。
こうなるともう、なんにも手につきません。
急いで薬を飲んで全身あっためて、とにかく治まるのを待つだけ。

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

とにかく、至る所が痒い!!!
顔にさわるとボコボコ、頭にさわってもブツブツ、腕にも足にもプツプツ。
早く薬の効き目が出てこないかなぁ〜〜〜

最近どうも眠気が強くて夜ふかしができなくなっているのと関係があるのかなあ。
今日一日胃がヘンだったことも無関係ではなさそうな。
ホルモンバランスが乱れているのかしらっ?
要するに更年期の症状なんじゃないの?と思えば気は楽ですけど。

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

日中のうちに爺バンドの楽譜を印刷しておいてよかった。
妥協の産物ではあるにしろ、カタチができれば音にしてみたくなるもんね。
わりあいシンプルなコードを多く使っている中、
いくつか「-9」とか「+5」なんていう音も使ってるので
そのへん、ちゃんとそのように聞こえるかどうか。






フルートは花びらか? 2003年09月04日(木)



吹奏楽の練習から帰ってまいりました。
10月はじめに行われる「吹奏楽フェスティバル」に向けて
演奏曲目が固まりましたので、詰めた練習をするようになっています。

で、サックスの人数が増えたためにフルートに回って2度目。
音はだいぶ出るようになってきたけれど、指がもつれます。
サックスの指遣いと煮ているけど微妙に違う、
その違いがなかなか頭の中で切り替わらないのです。
 (年だからと思われるだろうなあ・・・そうじゃないと否定してみたい)

ま、フルートに関しては2時間吹いても3時間吹いても疲れない体質(!)なので
指のもつれなんぞすぐに解決する小さい問題といえましょう。

それより、あの高音に耳が慣れないことのほうがヤバい。
先週今週とも、高音のEから上がキンキンして聞こえるの。
つまり音が悪いってことなのでしょう。
1ヶ月でなんとかなるだろうか・・・なんとかしないとなあ。

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

ある曲の冒頭部分、バス音がぼーっと響くところに
クラリネットの低音が静かにゆらりとしたメロディーを奏で
さらにフルートが「どうも〜」と訪問するように入るのですが
指揮の先生がそれを形容して
『クラリネットは風、フルートは風に舞う花びら』

わっかんないぞ〜〜〜〜
わからないといけませんかねえ。
花びらかぁ。
もうちょっと高い音域ならサクラとかバラの花びらかもしれないけど
中音域より下の音だと、モクレンやコブシって感じだよ・・・

花びら以外に例えたほうがよくはないだろうか。


実家で話を聞いてきました。
義妹は(今日も)いなくて、父と母だけでしたので
若干の偏りがあることは仕方がありません。
特に母なんかは(この年頃の女性にありがちな)古いことまで引っ張り出して
くどくどとグチを述べたてるので、いちいち
「それはいつの話?」と軌道修正しなくてはなりませんでした。

ワタシが、最も心配なのはいつかKちゃんが義妹に対して
積もり積もったものを一気に吐き出したときに
それが警察沙汰あるいは救急病院沙汰にならないといいけど・・ということです。
そのことをチラリと話してみると、父もやはり似たようなことを心配しているみたい。

原因は何にせよ、怪我をしてすっかり元気をなくしているKちゃんに対し
連日のようにぎゃんぎゃん怒鳴りつける声が2階から聞こえてくる、とも言ってました。
今日は当事者双方の両親も揃って話し合いをするのだということでしたが
そのことをめぐって昨夜は弟と義妹がかなりな言い合いをしたらしい。
売り言葉に買い言葉っていうんでしょうか、
弟は「そんな気持ちで臨むのならオレは行かない」と宣言し
話し合いを放棄したのだと言っていました。

ちょっと・・・ソレはまずいんでない?
今考えなくてはならないことは何?
この「事件」をとにかく「終わったもの」にすること、
そしてKちゃんがこの先安心して学校に行けるようにすることでしょ。
意見(どっちかというと感情のほう?)が食い違ったからといって
両親揃うべき話し合いの席に出ないということは・・・

Kちゃんは『放り投げられた』っていう思いを抱かないだろか。
おそらくものすご〜く心細くこの数日を過ごしてきているKちゃんに
「ひとたび何かあれば親は全てを投げ出して自分のために動いてくれる」
っていう安心感を持たせることが最も大切なんじゃないのかなあ。

結局どうだったかは明日電話ででも聞いてみることにしますけど
事件以来ほとんど口を利かなくなったというKちゃんが心配です。






ここだけの話? 2003年09月03日(水)



Kちゃん問題はまだまだしばらく尾を引きそうです。
今朝、友人から電話があったのですが
「ちょっと言いにくいんだけど、ここだけの話・・・(←ってことはすでに公?)」
なになに・・?気になるじゃん、そういう言い方って。
「実はKちゃんに関してあまりいいうわさを聞いてないのよね。
 以前から目ぇつけられてたらしいし。
 だからKちゃんが(ボス子に)やられたって聞いて
 《やっぱりねえ》っていう人もいたんじゃないかなあ」

う〜む、それはオバちゃん知らなかったぞ。
何がどの程度どうなのかっていうことまでは明らかではありませんが
Kちゃんの親たち(弟夫婦)がどの程度把握しているのか・・・
やっぱりこういうことって、片方の言い分だけ聞いてたんじゃダメなのね。
第一報が母からということは、それだけで偏った情報だったともいえます。

まあ、だからといって怪我させられたことに変わりはなし、
怪我させたボス子の非は非として認めてもらわなくちゃ。
そんなことも含めてKちゃんのその後が気になるところですが
義妹ときたら小中学校合唱コンクールを聞きにいって
(今日も)家を空けていたらしいです。
中学校はともかく、小学校なんかもう該当者がいないのに。
あんた、それどころじゃないでしょう・・・と思うのはワタシだけ?

今日電話で《ここだけの話》をした友人も呆れていました。
「こんなときぐらい家にいて『おかえり』って言ってあげたらいいのに」
有名なのね・・・仕事もしていないのにいつも家にいないって・・・・(-_-;

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

アレンジねえ、一応埋まりました。
まだ「妥協できるかな」っていう程度のものです。
スコアを印刷しましたので、模様として眺めてみることがひとつ、
そして何度も鳴らしてみて耳に馴染むかどうかを確認することがひとつ・・・
一応土曜日の練習には持って行こうと思いますが
おそらくすぐに「回収ッ」ということになるでしょうな・・・

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

授業のことも書きたいんだけど、最近どうも眠くて困ります。
睡眠時間は充分なのに、いつも寝足りない気がして。






大騒ぎしてるらしい 2003年09月02日(火)



昨日書いたKちゃん姉妹の件。
案の定、K母(つまり義妹)はあっちこっち電話かけまくりぃで
必要以上に大騒ぎしているという情報が入ってきました。
「必要以上」っていうのは、『Kちゃんにとって』ということなのですが
講師仲間に子どもを通じて義妹と交流のある方がいて
そっからの情報ですからまず間違いないと思います。

なにしろ外に向けてはたいへん人当たりのよい人なので
うわべ親しくしている人がいっぱいいるわけ。
そしてその中にはマスコミ関係者ももちろんいます。
親が子どもを守るために問題をきちんと表面化させて戦うのは結構だが
そこに子どもの姿が見えないのはいけません。

できるだけ早いうちに義妹本人の言い分と
Kちゃんの気持ちとを直接聞いてこなくてはと思っています。

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

アレンジは一度行き詰まると動けなくなっちゃうもんですね。
どこか一箇所「やっぱや〜めた」と変えてしまうと
それに付帯してその前の数小節も「やっぱヘンかも・・・」と変えたくなり
そうこうしているうちに最初に思ったものとは全く違ってくる、なんてことも。

こういうときは一旦楽譜から離れて別のことをするのがいいんですが
一発確保なんかされちゃったりすると、他にどうしようもないので
また楽譜に戻っては行き詰まる・・・という繰り返し。

んで、今日が火曜日で明日は授業ってことを(やっと)思い出しました。
やっべ〜〜〜〜〜( ̄Д ̄;)

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

昨日の『怒り心頭』の電話は
講師顧問の全体会議で授業実践をするとかしないとかその方法はどうするとか、
半年も前からモメている案件について
講師側がさんざん異議を唱えているにもかかわらず
スクール委員会でいつのまにか「決定」したらしいという不満なのでした。

今日、そのことについて算数科でも報告があるかと思ったのですが
どうも算数科の顧問爺たちはワタシら講師と同じ『消極派』のようで
「ムリだよね・・・」「ムリですよね・・・」「キツいよね・・・」「なんだかね」
そんな堂々巡りで終わってしまったのでした。

昨日の電話でも話したけど、いくら講師研の中で教科ごとに話し合っても
それが顧問の鶴の一声で全て覆されるようなら講師会議なんか必要ないのよね。

ワタシは今日も顧問爺の前で堂々とホンネを語ってきたぞ。
すなわち
「アタシらはね、主婦の傍らで講師やってますから。
 顧問の先生がたのように専従じゃないんで、
 ベンキョウが必要だということは重々承知ながら
 スクールのための時間を今以上増やすことはムリです」

結局どうなるかはわからないけど、ヤメる用意はいつでもOKである。


 ゲリラ企画    
【幼児語クイズ】
    未愛語で『よこまげ』とはなんと『えだまめ』のことでございました。
    舌ッ足らずとかいう問題じゃなく、なぜそうなるのか当時から全く不明です。
    しかし「よこせ、えだまめ」ではなかったと思うぞ。

    生後から3歳前後まで(最狂ムスメのは2歳くらいで挫折)の記録が
    「育児日記」として大雑把に書いてあるので
     (克明に、と言えないところが悲しい)
    また何か見つけたら出題します。
    実は「コレなんかどうかしら」と思うものがあるんだけど
    連続で出題するのも惜しいので・・・






ちょっと重めの事件です 2003年09月01日(月)



午前中に実家の母から電話がありましてね。
弟のとこの中学生ふたりがトラブルに巻き込まれた、と。

事の発端は土曜日、テニス部の練習が終わるころに
Kちゃん(中1)が中2の子に「用がある」と呼び出されたことから始まります。
呼び出しに応じて連れて行かれたのが学校近くの民家の駐車場、
中2の中でも「問題児」とされているボス格の女の子と子分2人の計3人がいて
「あんたナマイキなんだよ」と足を蹴られたり顔を殴られたりしたそうな。

そこにたまたまKちゃんの姉Hちゃん(中3)がクラブを終えて通りかかり
騒ぎの様子を見て(そのときはまだやられてるのが妹とは気がつかない)
「あんたたち何やってんの」と注意した。
するとボス格の子、
「うるさい、アンタには関係ない」
って、Hちゃんまで何発か殴られたんだって。
しかしHちゃん、小柄だけど腕力があるし、何より正義漢なものだから
「3対1だなんて卑怯じゃないの」
と、ボス子の両手をつかんでこれ以上手を出せないようにして(つええ〜)
やられてる子を見ると、なんと妹・・・

両手をつかんだまま
「このことは学校に報告して問題にするからそのつもりで」
ところが、こんなことは何度も経験があるというツワモノらしく
「なんとでも言えばいいでしょ、チクったらヨメに行けない顔にしてやる」
そう言い捨てると子分を二人置いたままさっさと逃げ帰っちゃったんだって。
あとに残った子分2人、「ごめんなさい」って謝ったけど
「謝る相手が違うでしょっ」と一喝。

自宅駐車場でのこの騒ぎに気づいた人が全部見ていたらしい。
「あんたらF中生として恥ずかしくないのっ?」と注意もしたそうな。
それがたまたま義妹の知り合いの方で
「Hちゃん、えらかったねえ、最後まで手を出さなかった。
 ちゃんと見ていたからね、あの子(ボス子)が何を言ったかも聞いてたから」
と、問題が大きくなったあかつきには証言もしてくれるとのこと。

病院に行ったり学校と連絡をとったり、弟も義妹も忙しい週末だったらしいです。
今日は「診断書」を取りにまた病院に行ったのだそうな。
診断書ってことは、きちんと「傷害事件」として問題にするっていうことかな。
いずれにしても、あの義妹がこのまま静かに様子を見るなんてこと考えられません。
あの手この手、マスコミまで総動員して大騒ぎし、問題を大きくするに違いない。
一気にF中始まって以来の大問題になるかもしれません。
これまでボス子にやられて、でも泣き寝入りしていた子やその親にとっては
もしかしたら「やったね!」ということになるかも。
「診断書を取るように」と言ってきた学校側のこれからの対応も含め
しっかりと見守らせていただきますわよ。

最狂ムスメにこの話をしたら
「その手の問題は結局自分でカタつけなきゃね」
って言ってたけど・・・
世の中アンタみたいなつええ子ばかりじゃないのよぉん。

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

爺バンドのテーマ曲の再アレンジを本格的に始めました。
残念ながら順調とは言い難いにしても、なんとかイントロだけはカッコつきました。
結局ね、「ド派手路線」は諦めて「音色で勝負」っていう感じのアレンジにしています。
途中でまた「やっぱ別路線にしよーっと・・・」って
全部チャラにしてやり直す可能性、とっても大。
ま、12月までに作ればいいわけですから。


 ゲリラ企画    
【方言クイズ】
    岩手の方言『きゃんど』の意味、正解は『4.街道』でした。
    検索かぁ。
    そりゃ敵わないわ・・・
    検索に引っかかるような「一般的な方言」だったということ?
    それなのに地元に生まれ育ったワタシは知らなかったってこと???

・・・それでは・・・
【幼児語クイズ〜】
    未愛が幼少の砌に使っていた『ぎゅーこん』は牛乳のことですが
    それでは『よこまげ』とは何のことでしょう。
    どうだ?検索してもわかるまい。
    1.かきあげ   2.よせなべ   3.あぶらあげ  4.えだまめ


ついさっき、英語のスクール講師サンから
「怒り心頭」っていう感じの電話がきましたわ。
 (主な用件は「ムスメがお世話になりました」だったのだけど)
スクール第一期の講師仲間として10年来のおつきあいですから
ツーってばカーっていうほど、何か通じるものがあるのよね。
どうも最近顧問の爺ィたちとの温度差が開きすぎている感じはしてたけど
ここにきていよいよ爆発か?
 (いや、今日爆発=開き直ったのは顧問爺だったらしいが)

明日は講師研もあることですので、詳しくはまた・・・








ほーむぺーぢ 一覧 前の日 次の日 続・ウォッチング