空色の明日
DiaryINDEXpastwill


2006年02月28日(火) 携帯

3年使っていたTU-KAです。
カメラもついてないしただの電話です。
が、auのmy割という一人でも家族割ぐらいの割引率っていうサービス(ってか、じゃあ、基本料金下がったのと一緒じゃん!!)が始まったのでとうとう観念しまして乗り換えいたしました。

着うたとかしないし・・・と思ってましたが、デザインに負けて買ってしまいました。neon。

白とペパーミント色とどっちにしよう・・と悩んでいました。
ヨドバシに行ったら「白は今売り切れなんです」といわれました。
ないと言われると欲しくなるもの。
ペパーミントでいいか・・と思って店に行ったらちょうど入荷したところに遭遇し、つい「白にしてください」と言ってしまった・・。
今はペパーミントにしておけばよかったと少し後悔。

ボディーにLEDで文字が浮かび上がるという面白デザインなのですが、そのLEDの光った状態でのサンプルがないために、どんな色になるのか全然予想がつかなかったのがねぇ・・悔しい。

まぁ、FMラジオも聴けるおりこうさんなのでこれから通勤が少し楽しくなりそうです。
面倒なのでCDのダウンロードはしばらくしないと思う。
やるとしたら英会話のCDぐらいか・・・(笑)

それにしても新製品の携帯なんか買うの初めてです。
でもキャンペーンとかヨドバシポイントとかで1万円まで値下げさせましたが。

しばらく慣れるまで使い勝手が悪いのがちょっとストレスです。。


2006年02月25日(土) 勝ち組

「勝ち組」という言葉がぴったりのまぶしさがあった、荒川静香選手。
身体全体から光を放っている気がしました。
「勝つな」と予想させるような、そんなまぶしさ。
ひさしぶりに「すごい人」をみた気がします。

村主さんは、本当に残念でした。
転ばなかった彼女がなんで4位なのか。。
でも、終わったときに「やった!」って顔をしていたら、もう少し印象が変わったのではないかと思うのは私だけでしょうか・・・。
そこが勝ち組と違うところのような気がします。
あの繊細さ、儚さが通じるのは、ある意味日本だけかもしれないと思います。本当に残念。


もうじき2月も終わりますが、今まで時給制で働いていた時は2月は28日までしかないので月収にするととても少なく不安な月であったのですが、月給制になるとなんてお得な月なのでしょう。
以前は派遣でもいいかと思っていましたが、派遣の仕事をして自分のポジションの中途半端さ、発言権のなさについてとても不安を覚えたので正社員を希望し、そして今の仕事に出会えましたが、改めて正社員って安心感があります。
この歳で正社員として採用してもらえるなんてある意味、奇跡に近いと思います。


2006年02月23日(木) おたふく

明日はまたスケートですね。
美姫ちゃんの衣装はワダエミさんだったのですね。
ん〜、どうなんだろ・・・。
あの方の衣装は和のテイストがあるというか、くすんだかんじの色使いが多いというか・・彼女の華やかさがちょっと勿体無いかんじがする。

今日、血液検査の結果が出て、やっぱり流行性のおたふく風邪でした。
1回目がすごく軽かったので、見事に2回目にかかってしまったらしいです。
でもそのおかげで熱は出なかったみたい。
明日からマスクして出勤します。
まだ有給休暇も発生してないので、代休前借りです・・(泣)
土日出勤で返済です。

大きな会社だったらこういう伝染病は会社に来るなっていう特別休暇があるんだけどな。。。
ってか、そういう人事的なところ、ものすごいルーズな会社。
プロフェッショナルが一人もいないので、どうしたらいいかってマニュアルがない。しかも有給休暇に関しては残数を記録しているものがない。
なんじゃ、この会社。

ま、その点、困った時はなんでも相談で解決させてしまうので、ルールがないことがいいときもある。
会社発足時に規定を作ってるはずなんだけど、誰もそれをみたことがないという・・・小さい会社ならではです(苦笑)


2006年02月22日(水) 休暇

腫れもほとんどなくなって快適になり、つい大掃除などしてしまいました(笑)

オリンピック見放題です〜(笑)
私が冬のオリンピックで一番好きなアイスダンスもじっくり見ることができました。
金メダルのロシアチーム、魅了されました♪
それにしても・・日本チームの衣装はどれもこれもなんとかならんのかね。
アイスダンスは特にひどかった(泣)
なんじゃそりゃというかんじ。
似合ってないし、なんか古いかんじだし。
もうちょっとそいういうアドバイスをする人はいないのかしら。
今日の安藤、村主さんもなんとなく他の国に見劣りするかんじだったような・・
荒川さんだけが、自分の体の欠点をちゃんと計算して動きがとても美しく目立つ衣装を選んでてさすがだなと思いました。
美姫ちゃんは、前の赤い衣装のほうが絶対似合ってたと思うのに・・・。

暇なので「紅の豚」のDVDを見てしまった。何度目だ。(TRICK書道風)
特典インタビューで宮崎監督はポルコに自分を投影して作ってるという話があったのだけど、たぶん男はポルコに、女はジーナに自分を投影してみるのかも・・と思った。
私の中の理想の女性像はジーナです(笑)
ナウシカってもう20年前の作品なのね。それもすごいな。


2006年02月21日(火) ホラーハウス

またしても今度は窓ガラスにひびが入った。
ミシッという音がして、ふと見たらひび。
はっきりいって呪われてます?この部屋。
しかも私が入居する時にはじめてこの部屋を見に来た時にも同じところにガッツリひびが入っていて新しくガラスを入れ替えてもらったのにですよ。
1年半しか住んでないのにですよ。
しかも私はそのひびが入った時、触れてないです、ガラスに。
これをどう証明すればいいんだよぉ。

マンションの管理会社の人に見に来てもらってとりあえず事情は説明したけど「これはもしかしたら負担してもらわないといけないかもしれませんよ。一応前にも同じことが起きてるということは大家さんに言いますけどね。」といわれた。
納得いかん!!!!
こういう時ってどうしたらいいの?

この窓、前に台風で屋根が吹っ飛んだベランダに面してる窓です。
この部屋は他の部屋より少し内側にへこんでいて、気圧とかで窓に負担がかかるようになってるのか?
窓ガラスが勝手に割れるなんてありえないじゃん。
しかも網入りの結構分厚い窓ガラスなのに。
あー、どうすりゃいいの?


2006年02月20日(月) バケーション

あいかわらず、顔はまん丸で、でも熱がでないのでもう一回病院に行ったけど結局おたふくなら3〜4日で腫れがおさまるしそれでだめならもっと大きな病院で検査したほうがいいってことに。
一応血液検査だけやってもらった。結果は2〜3日後。
どっちにしてもこの顔で行くと、たぶんまわりがびっくりするのでおとなしく自宅療養・・っといっても体は元気なのでこのチャンスにたまっている本を読んだり勉強したり、ちょっとしたバケーションです(笑)
そろそろ仕事疲れしてきて休みたい気持ちもあったのでちょうどよかったかも(笑)

それにしてもですね、おたふく風邪って・・・。
「いまねぇ、おたふくで顔がまん丸なのよ」というとみんな「見たい見たい。携帯で写真とって送って。」といいます(笑)
確かに自分の人生の中でこんなに顔が丸いのははじめてだし。
送りたいのはやまやまですが、残念ながら私の携帯にはカメラはついていません。

ちなみに、このまえ講師の先生に「安藤さん、それって携帯じゃないですよ、子機、子機。子機持ち歩いてるのと一緒です。」といわれた。

いやー、とんだくつろぎタイムです。


2006年02月19日(日) カラダ

体がおかしい。
おとつい、なんとなく耳の下のあたりが腫れた感じがして、「あぁ、リンパの流れが悪くなってるなぁ・・」なんて思ってたら、昨日、すこしエラが張った顔になっていた。
風邪かと思ってとりあえず病院に行ったら「おたふく風邪ってかかりました?」って聞かれた。

っで、「私もおたふく風邪みたいだなぁって思ってたんです。以前かかりましたから。」って・・(笑)
おたふく風邪は1回かかるともうかからない病気なのに。

とりあえず土曜日だったので、3日分抗生物質とかもらって帰ったのですが、今朝起きたら顔がまん丸になってます(泣)
自分で言うのもなんですが、今、私は痩せていてどっちかというと頬骨が見えるぐらいの顔がニュートラルなのですが。

なんだろう・・。
でも熱は全然ない。
昨日は尿検査をしたけど特に問題ないっていわれたし。

今日はとりあえず家にいて、疲れもたまってたので体の休日にしようと思っていますが。
明日また病院行こう。


2006年02月17日(金) 贈り物

お友達から誕生日のお祝いにお花が届きました。
とてもいい香りのスイトピーとかわいいガーベラ。

フラワーアレンジできるようにオーダーしてくれたのか、茎が長いままで花束になっていて、届いてからじっくり週末の夜をお花とたわむれさせてもらいました。
花ってすごいパワーを与えてくれます。
元気と優しさと華やかさ。
そして心を解きほぐしてくれる不思議な力。
お花を触った後は心がとっても穏やかになって人に優しい気持ちになります。

フラワーアレンジメントを習っていた頃の私は、今よりきっと華やかで朗らかでやわらかだったと思います。
そんな時の私を知ってくれている送り主さん。
その頃に置いてきてしまった「私が好きな私の部分」を思い出させてくれてありがとう。
心の中が華やかな気分で満たされました。


今年もたくさんの方々からたくさんのお祝いをしていただきました。
どの言葉も、どのプレゼントも、みんなみんな本当に私のことを理解して選んでくださったということが一目でわかる、とても気の利いたセンスのいい素敵なものばかりでした。
本当はその言葉たちを抜粋してここでご紹介したいぐらいですが(笑)それは私の宝物なので大切にさせていただきます。

そんなみなさんに触発されながら、私はこうして存在しています。
私の存在を祝ってくださって本当にありがとうございます。
冬は寒くて暗くて大嫌い。そんな私が越冬するために神様は私の誕生日をここにセットしたのかもしれません。
心にはもう春がやってきました。


2006年02月16日(木) 無駄づかい

先日、テレビのニュースでみた場面。
中国から出発する北朝鮮観光ツアーに同行した日本のテレビカメラが拾った言葉がずっと頭から離れない。

石油高等で停電が頻発する街は、街頭もなく、そこが街であるとは思えない暗闇。
「どうしてこんなに暗いの?」と指摘した日本の取材者に対して帰ってきた北朝鮮のツアーガイドの答えは

「どうして電気をつけなきゃいけないの?もったいないじゃない。」

昼間のように明るい部屋に一人きり、その光景をテレビ画面越しに見ている自分が恥ずかしい。
なんて無駄に慣れてしまったのだろう。
節約節約と言いながら、気付かない無駄のなんと多いことか。

たとえば、夜の道が真っ暗だったら犯罪が多発すると思うだろう。
だったら、夜に出歩かなければいいのだ。
明るいうちに家に帰り、家で家族一緒にすごせばいい。
「夜の道が暗いから」と残業しないで帰る国になればいい。
「娘を駅まで迎えに行かないといけないから」とお父さんが家路に急ぐ国になればいい。
無駄をすればそのしわ寄せは結局無駄なエネルギーで補っているだけだ。

シンプルにシンプルに毎日を送るために人間はできている。
便利という名前に振り回されて、生きることが余計複雑になってやしないか。


2006年02月15日(水) ご近所

うちのマンションは結構上下となりの音が聞こえる。
今は斜め下の部屋と片方の隣が空き部屋で、東隣と下しか隣接してる部屋がない。

最近やけに大きな音でどちらかの人が音楽をかける。
しかも、かかっているのはピチカートファイブの「ボサノバ2001」だ。
たぶん、私も同じように向こうに聞こえるぐらいでかけてるときがある。
それも「ボサノバ2001」だ。
向こうはどう思って聞いているんだろうか。
そしてどう思ってかけているんだろうか。
やっぱり少し「私も聞いてるの」と思わせるようにかけてるんだろうか・・・

などなど、一人想像をめぐらす。
向こうも想像をめぐらせているのだろうか。

こんな時がご近所と仲良くなるタイミングなのだろうか。


2006年02月12日(日) 湯たんぽ

フェリシモで購入したお湯を入れるタイプのゆたんぽが水漏れにより回収されることになって、私のは別に問題なかったのですがあんまりしつこく「返送してください」と何度も手紙が来るので泣く泣く手放すことになりました。

仕方がないので代用品を探すべく、まずは薬局にいきましたところ!!なんと大手ドラッグストアでは「人気のため、品切れしてまして全然入荷の予定がわからないんです。」だそうです。
ほんとに流行ってるのですね、湯たんぽ。

っで、近所の小さい薬局に行ったら、お湯を入れるタイプのは無かったのですが、電子レンジで2分チンするやつがあったので、もうこれでいいか・・とためしに買ってみました。900円ぐらいで、一応何度も使えるものだそうです。
箱には少し熱いお風呂ぐらいの温度になると書いてあったので、今まで熱湯を入れてかなり熱い湯たんぽを使ってた私にはちょっと物足りない温度です。
でも一応5時間は温度が変わらないらしく、確かにじんわりと長く温かいです。科学の力を感じます。
今年はもうこれで我慢だな。もうあと1〜2ヶ月だし。


2006年02月11日(土) 住みか

今度、私の住むマンションに友達が引っ越してくる。

同じマンションに知り合いがいることをいやだなぁ・・って思う人もいるだろうけれど、このマンションはとっても戸数が多くて、行動が丸わかりになるようなこともないし、それになんといっても破格に安くてやけに広い。
その友達の物件探しに付き合った結果「ここより安くて広いところはない」ということをを確認して私自身も少し嬉しくなったり(笑)

そして、その友達がそこで新しい生活を始める足がかりになるなら、私はそんなことでけちけちしたくないのだ。
私がいるために、一番いい条件の場所を諦めなきゃならないのは、すごくつまらないことだと私は思う。
自分がいろいろとそれなりに苦労したことを考えたり、その時にたくさんの人が助けてくれたことを考えるとそのぐらいのことは全然問題ではないと思うだけだけど、それもその経験がなければそんなことも言えなかったかも。まぁ、それがたとえば会社の同僚なんかだったりすると、不都合もあるのだろうが、あくまで友達なので別に秘密にしなきゃならないこともないし。
そう考えると、苦労はしてみるもんだな・・と思う。まぁ、過ぎたからいえることだけど。

実はもう一人ここに引越し計画を練ってる人がいる。
そのうち知り合いだらけになって変なコミュニティーマンションになるんじゃないかと管理会社が心配しない程度にしとかなければ(笑)
まぁ、それはそれで面白いのだけれど。


2006年02月09日(木) 生まれた日

毎年、この日が来ると思います。
私はみんなの笑顔で生かされていると。
みんなの気持ち、みんなの優しさ、それに加えて私の周りの人はみんな素敵。
みんなかっこいいし、みんなセンスいいし、みんな素敵な感性で私に刺激を与えてくれる。

そんな人たちに囲まれて、また一つ歳を重ねました。
毎年毎年、ほんとうに少しづつだけど、自分の体の大きさや自分のスケールを自分で支えるために足を、心を鍛えてこうしています。
まだまだぜんぜん未熟で、すぐにへこたれます。
そしてそんな時みんながいつも温かい声援で私の背中を押してくれます。

そんな人たちに少しでも力になれるような言葉や笑顔をあげられるようになりたい。
そのために、自分をもっともっと磨きたい。
だからまた今年も安心したりはしません。

まだまだあやうい私ですが、応援してくれてどうもありがとう。
そして私が今こうして生きていることを祝ってくれたみなさま、本当にありがとう。


2006年02月08日(水) 花のように

きれいな言葉を口にすると心がきれいになる。
そんな気がする。

汚い言葉を口にすると世界がくすむ。
そんな気がする。

不幸せは自分で呼び寄せるものかも。
心が微笑んでないと世の中は暗闇になる。
それもこれも、実は自分で呼び寄せたもの。

もうすぐ春が来る。
優しく花のように微笑んで、周りの人を幸せにする。
そんな人になりたい。
そんな人になろう。


2006年02月07日(火) 磁石

いろんなもやもやしたものが、私を包んでいたのですが、それらも風が吹き飛ばしていきました。
人は、ひとついいことがあると、ひとつ贅沢になります。
私も少しづつ贅沢になってるのかもしれません。
心配してくれたみなさま、ありがとうございました。


昨日、休日出勤の代休だったのですが、はなまるマーケットで湯たんぽの特集をしていました。
きたね!湯たんぽブーム。
私が今年湯たんぽに着眼したのは、たぶん「ALWAYS 3丁目の夕日」を見たからだと思います。
堤真一さんが湯たんぽのお湯で朝、顔を洗っているシーンが頭に焼きついていたからです。
でもきっとこのブームもそんなかんじでやってきたのではないかと思います。

にしても・・ここにあげたものが、よく流行したりします。
先日も友達と話していて2年前にマリメッコのサマードレスを着ていた時にはまだそんなに知名度も低かったのに、今ではどこをみてもマリメッコの花柄でいっぱいです。
「早いよねー、見つけるの」といわれるのですが、あれもたまたま、友人ですごく北欧好きな人がいて、その人の口から「マリメッコ」の名前を聞いたのが始まりなのです。
っで、そのドレスをたまたまみつけたらマリメッコだったというだけのこと。

こんなふうに、私が着眼するというよりも、向こうからブームになるものが私に近づいてくるというかんじなのです。
不思議ですが、そういう磁石を私は持ってるみたいです。
なんかこれを生かせないだろうか・・・有効に。
少なくとも今の仕事では生かせるとは思えませんが。

っが、仕事は秘書をしていたときのことがものすごく今、役に立っています。おかげで仕事のやり方を習わなくてもどんどん仕事が進みます。
経験は宝なり。
そんなふうに、だんだん仕事が忙しくなってきた今日この頃です。


2006年02月06日(月) 日曜日

日曜日はぽかぽかと温かな部屋に帰り、家族と過ごす。
そういう風景が、胸にキリキリして目をつぶって布団にもぐって寝てやります。日曜日なんて大嫌い。


2006年02月04日(土) 巻き寿司

昨日、生徒さんが職員室に巻き寿司の差し入れを持ってきてくれた。
細くてちょっと短めで、まさに丸かぶりサイズの巻き寿司。
こいつがすごい!
普通、巻き寿司ってどこを切っても同じ具が均等に入ってるでしょ?

違うんです!こいつは!!
全部の具を一緒に巻くと太くなるでしょ?
だからいろんな具を少しづつずらして巻いてるの。
つまり食べると一口ごとに
かんぴょう巻き
   ↓
おしんこ巻き
   ↓
穴子巻き

っちゅーかんじに、具が変化していくのであります。
もちろん重なってる部分があるのですが、ずっと最後まで飽きずに食べられるのです。
なんとすごいアイディア!!!

おかげで細いから女の子も大口あけて食べなくてすむんでございますのよ(笑)
太さは、太巻きと細巻きの中間ぐらい。

季節感を頂戴しました。

   


2006年02月03日(金) 空っ風

「風の谷のナウシカ」は何度見ても心が凛とする。


帰り道、寒い中を自転車をこいでいると、ふと泣きそうになった。
意味もないけど、何もないけど、何もないことが、心を動かされるようなことさえもないことが悲しくて、誰とも繋がってない気がして。
平気なわけじゃない。
ぜんぜん平気なわけじゃない。
こうして涙が出てきちゃうこともしばしばある。


本当に心を許せる人がいまはいない。


安藤みかげ |MAIL

My追加