スナック おのれ
毛。



 私の根本

今の仕事を一度手放して、また戻る決意をして、その過程でつくりあげた一番大切な文章をなくしてしまった。自分の恋愛のことを、気持ち・感覚・目にしたこと・状況だけをただただそのまま書き上げようとした文章。日記のようで、小説のように仕上げた文章。当時の私は、そのときの現実すべてがなくなることを想定していたし、その経験が後々自分の仕事にとって一番の大切な軸になる気がしていた。だから、書いた。なるべくそのまま、なるべく詳細に。
文章は、1日の短い物語をいくつもいくつも連ねてある。そして、最後、本当に良いものを書いたという1小節を書くことができた。せめてそれだけでも残っていてほしかったんだけど、なくしてしまった。
あれから15年以上たつ。あれから仕事もたくさんしてきた。文章もたくさん書いた。褒められることもあれば、叱られることもある。でも、今も変わらない。今の私は、あのときの私でできている。


2019年05月31日(金)
初日 最新 目次


My追加