にっき日和
おしながき前よむ次よむ


2005年06月30日(木) 美人度数

職場の先輩Yさんは、ここ数日スッピン通勤を続けています。

ファンデはもちろん、マスカラはじめアイメイクばっちりの彼女が、

いきなりスッピンというのは、正直違和感を感じています。

彼女いわく、

「会社の50、60代の人たちを観察すると、

スッピンの人たちは肌が若いんだよね〜」

それはわたしも常々感じていたことです。

化粧品売り場のお姉さま方が、どんなに異議を唱えようと、

肌にとっては、ノーメイクこそ一番の美容法だと感じております。

社内の化粧通勤の方々に比べ、スッピン派のオバサマ方は、

なるほど、お年の割に皆様、

お肌つるつるでいらっしゃいますもの。



仕事柄、外部の人間とほとんど顔を合わせないし、

その点では支障はないのです。

しかし、いきなりスッピンというのはね〜〜〜〜〜〜

わたしの年齢では、やはり勇気がいりますよ。

素顔が一番可愛いよ・・・なんてのは、

せいぜい25歳までの話だと思いますもの(笑)



それに・・・・・・ププッ ( ̄m ̄*)

こんなこと職場で発言すると、

ぶっ飛ばされるかもしれませんが(爆)



スッピン派の方々は、美肌というパーツの部分においては、

確かに高得点をマークしていると感じます。

しかし、美人度数をトータルで勝負すると、

明らかに化粧派に軍敗が上がっていると思われるのです。

肌の若さ美しさは、美人度数の大きなウエイトを占めていますが、

やはりそれだけにあらずということでしょうか。

美しくありたいと願う心のあり方が重要なのでしょうね。

(↑そーゆーのを、色気って呼ぶのでしょうか??)

どうせ会社だからと、スッピンで自転車通勤するオバサマ方は、

どこかでオンナを捨ててしまっているのです。

会社の忘年会でも、化粧派のオバサマ方は、

私服でもおしゃれにきめた方が多いですし、

スッピン派の方々は、やはりそれなり。。。。。



なんちゃって。

実はわたしも、人のことを批判できる立場ではないのですけど。

かなり低いと自覚しております、わたしの美人度数。(⌒◇⌒;)

毎朝の身づくろいは超スピードだし、

化粧も手抜きだったりするし、

どうせ会社では見る人もいないから、

いっそスッピンにしちゃおうかなと考えたこともありました。

けれど、ただでさえ、ものぐさなわたしです。

いったんスッピンを実行すると、

おそろしい勢いで、オバチャン街道を疾走することでしょう。

そう、化粧は最後の砦。

最後の一線を越えてはいけないのです。

ええ、それがどんなにめんどうに感じていても。




土台もありますから、高望みはいたしません。

けれど・・・・・

美女、とは言いませんが、

せめて小ぎれいなオバチャンでありたいと願っているのです。












2005年06月27日(月) その後の万博

連休明けは、社内のあちこちで万博の話題が飛び交います。

開幕から早や三ヶ月ですもの、

ぼちぼち「行ってきたよ」と報告する人も増えてまいりました。

しかし、感想はいずれも判を押したよう。。。

  ,發里垢瓦〜〜〜い人だったよ!!

 ◆,箸砲くだだっ広くて、疲れちゃった

  行列がすごくて、ろくに見てない

で、最近行った人からは、こんな感想も付け加わります。

「とにかく暑い!!」




・・・・これでは何のために行くのやら、

わからないじゃないですか。。。

楽しかったとか、とてもよかったとか・・・・

そんな感想は、一度として聞いたことがありません。

(↑少なくともわたしの周りでは)

隣県だから、一度は行っておきたいから、みんなが行くし・・・・

きっと、そんな理由で彼らは足を運んだのでしょうね。

わたしはほとんど覚えていませんが、30年前の大阪万博も、

そんなものだったと聞いております。

ええ、そんなものなのかもしれません・・・・・万博って。




しかし、けしからんと思うのは、

ネット予約がほとんど不可能ということ。

受付開始直後から全く繋がらなくなり、

やっと繋がったと思ったら受け付け終了。。。

しかも平日の午前9時なんて、

普通の会社員は、朝の仕事にバタバタ追われている時間帯でしょう?

朝っぱらから、ネットにかじりついていられる人ばかりではないはずです。

もっとけしからんのは、サツキとメイの家。

あれはいったい、どんな人たちが入場しているのでしょう??

ああ、なんか腹ただしいなぁ・・・・・  ( ̄ー ̄)o゛プルプル

(↑嫉妬してるの・・・・)



で、わたしはというと。

いよいよ、来月の連休に出かけることになりました。

はい、やっと重い腰を上げて。

バスツアーの予約もしたし、

日除け対策の日傘&ツバ広帽も、すでに購入いたしました。

ええ、行った人のことを、あれこれ言えないんです。。。

わたしだって、ただの野次馬。



ああ、けれど・・・・・

炎天下の会場で人混みに揉まれ、何をするにも長い列・・・・

いったい何が楽しいのだろう。

なぜ、そこまでして行かなくてはいけないの・・・・・

期待半分、覚悟(?)半分。

すでに自分でも、よくわからなくなっております。

(_△_;) ・・・ ハー



が・・・・・・とりあえず行きます。

行ってまいります。



待ってておくれね、冷凍マンモス。





















2005年06月20日(月) 今年の父の日

今日の午後は、スーパーへ買い物に出かけました。

朝から母が日帰り旅行に出ているため、

夕食の買出しをしようと思ったからです。

「今日はカレーでいいよ」

出かけようとするわたしに、父が声をかけました。

そうだ、今年は久しぶりに父の日に贈り物なんかしちゃおうかな。



ここ数年、母の日には何かしら贈り物をしているのですが、

父の日の贈り物というのは、何年振りでしょう。

母が喜びそうなものは、容易に想像がつくのですが、

父となると・・・・・どうも思いつかないのです。

シャツ、帽子、靴、じんべえ・・・

過去に贈ったものを思い返してみましたが、

あまり気に入ってもらえなかったようだし。。。

うちの父は気難しいと言うか、

普段から口数も少なく感情をあまり外に表しません。

そう、早い話、贈り物をしても張り合いがないのです。 ( ̄ェ ̄;)

当初、町内のスーパーで用事を済ませようと思いましたが、

急遽、車で10分ほど走った大手スーパーへ行き先を変更しました。

今頃は父の日フェアをやっているはずだし、

ゆっくり店頭で考えるとしましょう。



さっそく催事場を覗いてみましたが、あれあれ??

なぜか空の棚ばかりが目に付きます。

お客さんもなく、店員がひとりディスプレイを撤去していました。

父の日の贈り物って、当日はあまり買いに来ないのかな?

思い付きで、ふらりと買いに来るお客は少数派なのでしょうか??

なんだか気が抜けてしまいました。



で、迷ったのですが、

結局カレーの材料を買う際、なにげに目に留まった、

涼しげなボトルの日本酒に決めました。

蒸し暑い夏の夕方、冷やしていただくのが美味しいと思います。

それに、これならお値段も高くないしね。



おうちに着いたら、すぐさま父に贈り物の包みを手渡しました。

「はい、父の日!おとうさん、ありがとうの日だよ〜」

「何を買ってきたんだい?」

ぶつぶつ独り言を言いながら、ラッピングをガサゴソ開く父。

けれど、わたしは見逃しませんでした。

お酒を手にしたときの父の表情。

わずかですが・・・・・ええ、ほんのわずかですが、

うれしそうな笑みが浮かんでいたことを。

ああ、おとうさんったら、こんなものがうれしかったのねぇ・・・・

ブランドのシャツや、ちょっとオシャレな夏物の帽子や・・・・

張り込んで買った服飾小物には、

憎らしいほど無感動だったくせにね。 ┐(  ̄ー ̄)┌ フッ

千円足らずの冷酒に喜んでくれるなんて、

長年同居している娘として、まったく迂闊でありました。

そういえば無趣味な父にとって、晩酌は唯一の楽しみでしたっけ。

そうだ、来年はお酒に、ちょっと高めのお刺身もつけてあげようかな。

父の考えることは、永遠に謎なのです・・・・・



・・・・・ところで、

ついさっき新聞の日付を見て気がついたんですが。

    (  ̄ ̄∇ ̄ ̄; )ナヌ?

 父 の 日 っ て 、昨 日 だ っ た の ぉ ???

実はうちの会社、先週の土曜日から3連休だったのです。

けれど、わたしは土曜日も休日出勤していたため、

うっかり月曜の今日を、日曜日と勘違いしていたのでした。

どおりで、父の日コーナーが控えめなわけです。。。



・・・・・おとうさん、間抜けな娘でごめんね。


















2005年06月19日(日) 元気が出る本

わたしは読書が大好きです。

子供のころから本好きでしたが、

お友達と遊びに行くことに夢中だった10〜20代は、

しばらく読書から遠ざかっていた時期もありました。

現在は、ジャンルを問わず目に付いた本を、
 
片っ端から読み漁っております。(暇って理由もあるけど。。。)

と言っても、自腹で読むことはめったになく、

もっぱら近所の図書館を利用しているのです。



けれど、今日は久しぶりに、

ぜひ手元に置いておきたいと思った本に出会いました。

浅見帆帆子著「あなたは絶対!運がいい」です。

あるブログの管理人のイチオシだったので、

さっそく図書館で予約したのです。


一言で言って、”元気になる本”です。

「自分の心の持ち方一つで、

思い通りに人生は変えられる、変わっていくんだよ」

・・・・そんな風に著者は語っております。

「言葉には言霊がある」など、

わたしが日頃うっすらと感じている事柄も書かれていて、

ついついのめり込んで読んでしまいました。


な〜んだそんなことか、なんて早々にがっかりしないでね。(笑)

よくあるハウツー本じゃん、もしくは宗教関係か?

正直言って、わたしも少々ナメた気持ちでおりました。

まぁ、借りて読めば十分かな・・・・と。

折も折・・・・実はここ最近、

会社の人間関係で鬱々した気持ちが続いておりました。

けれど、この本を読んで、

いくらか気持ちがすっきりした気がします。



著者の経歴を確認してさらにびっくり!

この手の本には異例の、なんと!まだ20代の女性でした。

説教臭くない文章も、納得がいくというもの。



わたしにしては珍しいことですが、

この本はぜひ自分用に購入して、

手元に置いておくつもり。

落ち込んだときに、その都度ページを開いてみたいと思うのです。

また、もし自分の周りでくよくよ悩んでいる人をみつけたら、

この本を、そっと手渡したいです。



本って、すごいなって思います。

おうちにいながら、いろいろな人生を体験することができるのです。

読書によって得たものは、一生の財産。

目には見えないけれど、

いつかどこかで役立つものと信じています。



これは、わたしの勝手な思い込みかもしれませんが・・・・

本を読まない人って、つい距離を置いてしまいます。

なぜなら、想像力がなく、

簡単に人を傷つけてしまう人種のように思えるから。



ネットで、新聞で・・・・・

今日もわたしは、

より素敵な本との、新たな出会いを探します。













2005年06月16日(木) B型気質

一昨日から、腹ただしい出来事が続いております。

なぜなら信じられない自己チュー男と、

仕事を組んでいるからです。



コイツは”協調性”という言葉を、

知ってるんだろうかと疑ってしまいます。

まぁ、悪気はないみたいですが、

周囲の状況を全く読めない人なんですね。

小僧ならともかく、

30代後半の立派なオッサンなんですよ、これが。

ちょっと注意したら、「細かいこといろいろ言うねぇ〜」だと!

わたしは、人から”大雑把”と言われることはたびたびあれど、

”細かい”と評されたことは初めてであります。

(↑威張れないけどさ)

何度もキレそうになりながらも、

わたしはじっと堪えておりました。



それにしても・・・・・

こんな人物、どこかにもいたような・・・・

自己チューで協調性なし、周囲を読めない・・・・・

それって、まるで・・・・・・

   わ  た  し  じ  ゃ  ん  !! 

      (  ̄ ̄∇ ̄ ̄; )


・・・・・認めたくはないんですが、

なんだか彼って、わたしと性格がそっくりなのです。

短所を指摘されて開き直るところとか、

他人に厳しく自分に甘いとか・・・・

ああ、わたしも他人様から、こんなふうに見られているんだわ。

「人の振り見て我が振り直せ」

・・・・・昔の人の言葉が身に染み入ります。



ふと、この人の血液型を聞いてみたい気がしました。

でも、ほんとうは血液型性格判断って、

あんまり好きじゃないんですよね。

人間を無理やり4つの型にはめてしまっている気がするからです。

・・・・なんてね。

ほんとはTVの血液型番組で、

B型が悪者になっているのが気に入らないからなんですけど。。。

ええ、そうです、わたしはB型。

ときには”典型的な”とか”見本のような”などという、

素敵な形容詞がついたりもします。   ξ^▽〆オーホッホッホ

性格判断に基づくと、この男もきっとB型。



明日、会社でそれとなく聞いてみようかなぁ・・・・・





2005年06月13日(月) 淋しい生き物

"現代人が最も恥ずかしいと思うことがらに、

「友達がいないこと」「淋しいこと」が挙げられる・・・・・"

ふらりと立ち寄った、

とあるサイトの一文が目に飛び込みました。



友達がいない→淋しい→仲間はずれ?

→なぜ?どこかに欠陥があるから?→恥ずかしい

・・・・と、まぁこんな理由からでしょうか?

群れから外れるということは、そんなに恥ずかしいことなのですか?

誰に対して恥ずかしいのでしょう?世間?自分?

たしかにわたしは、人付き合いがあまり上手でないし、

友達も多くはないですが、

それが恥ずかしいことだとは思いませんでしたけど。。。



わたしがこの年齢になって感じることですが・・・・

人間は皆、孤独でひとりぼっち・・・・・

所詮そういう生き物なのだと思うのです。

誰もが心の中に、

それぞれの淋しさを抱えて生きている・・・・と。

たとえどのような恵まれた環境にいる人でも、それは同じだと。



そういえばわたしも、若いころは、

「淋しい」という言葉を口にしたことがありませんでした。

認めたくなかったのか強がっていたのか、

今となっては、どっちだったのかよく覚えていませんが、

ある程度年を重ねて、やっと「淋しい」と言えるようになりました。

すると、不思議なくらい楽な気分になったのです。

ふと思ったんですけど・・・・

例のサイトの管理人さんって、

もしかして、ものすごく若い人なのかもしれませんね。



淋しいのは嫌。

ひとりぼっちも嫌。

けれど、淋しい人たちが寄り集まっても、

やっぱり淋しい。



虚しく群れるのは、

もっと、嫌・・・・・・・・・・・・


2005年06月11日(土) 梅雨つれづれ

きょうは朝から、すごい湿気です。

じめじめむしむしじめじめむしむし・・・・・

梅雨・・・・・嫌ですね。



今日は仕事が半日で終わりましたので、

会社近くのパン屋さんへ立ち寄りました。

このあたりには、

あまり美味しいパンを売るお店がないのですが、

ここのバゲットパンは、皮がカリリ中身がふんわり・・・・

まあまあ合格点だと思います。

しかし・・・・・

今日のパンは、皮の状態がいつもと違うようです。

皮のカリカリ加減が、いつもほどではないような・・・・

やはり今日のような湿気の多い日は、

焼き加減が、いまいちなのかもしれませんね。

( ̄ェ ̄;)



ああ、楽しくないなぁ・・・・・梅雨。



ここのところ、ずっと腰が重苦しいのは、

仕事が忙しいせいだと思っていましたが、

もしかして、この湿気が影響しているのかもしれません。

体の中心が重苦しいと、動くのが億劫になってしまいます。

お出かけの予定が特になくても、

すっきり青空は気分が晴れる気がいたしますけど、

じとじと小雨が降ったり止んだり・・・・・

こんな時期に元気がよいのは、

田んぼのカエルくらいなものでしょう。



カエルといえば・・・・

つい先日、我が家の隣の用水路で、

近所の人たちが歓声をあげておりました。

何事かと窓から体を乗り出してみると、

あらまぁ、珍しい!

2メートルはありましょうか、黒い蛇が、

用水脇のコンクリートを、のよのよと這っておりました。

このあたりで、こんな大きな蛇をみかけるのは、

ちょっと珍しいことです。

三角頭でないのなら、毒蛇ではないのでしょう。

そのままそっと、草むらに追い立ててやりました。

ネズミやらモグラやら、

お庭を荒らす小動物を、退治してくれると思いますから。

カエルが元気な梅雨時は、

蛇とて、じっとはしていられないのでしょう。



チラシを眺めておりましたら、

布団乾燥機が特価で売り出されておりました。

今年こそ買おうかなぁ・・・どうしようかなぁ・・・・

憂鬱な季節です。

せめて、ふかふかのおふとんで、

気持ちよく眠りたいもの。



梅雨・・・・・始まったばかりです。



2005年06月07日(火) 苦手な集団

専業主婦の集団って、なんか苦手です。

はとポッポの群れに、カラスが一羽迷い込んでしまった気分です。

だって、彼女たちって、

子供かTVくらいしか興味がないんですもん。

子供がいないし、TVもあまり見ないわたしには、

共通する話題がないんです。

仕事を持っている主婦は、まだいいんです。

一緒にいて、話題に違和感がありませんから。



何年か前、昔の同級生たちが集まった、

お食事会に参加したことがあります。

わたし以外は全員、専業主婦でした。

はじめのころは、他の同級生の噂話や、

思い出話などで盛り上がっていたのです。

が、時間が経つにつれ、話は子供の話題に移って行きました。

そして延々二時間、子育て話を聞かされるはめに陥ったのです。

へぇ〜とか、ふ〜んとか、

思いつく相槌はすべて使い切りましたっけ。。。

それ以来、その同級生集団とは、すっかり疎遠になってしまいました。


だって、自分たちしか楽しめない話題を、延々話続けるって、

無作法じゃないのかしらん??

一人でも話題に入っていけない人がいたら、

適当なところで、さりげなくキリをつけるのが、

大人のマナーだと思います。

それは、男女問わず立場を問わず、

大人だったら誰もが心を配るべきことだと思うのですけど、

とりわけ子持ちの専業主婦に、

その傾向が強いように見受けられるのです。



・・・・そういえば、以前、独身OLの集団に、

一人だけ専業主婦(子供有)が混じっていたことがありましたが、

やっぱり居心地が悪そうでしたっけ。

ま、お互い様ってことかしら??(笑) 



・・・・なんか、こういうことを公の場で発言すると、

思わぬところからバッシングがありそうで怖いんですが。。。

巷では、負け犬論争だの少子化がどーのとか、

独り者には何かと風当たりが強い、今日この頃でありますし。



ま・・・・自分のHPくらい、好き勝手なこと言わせてくださいな。

ヘ(-_-ヘ フフフフフ













2005年06月06日(月) 危機管理能力

朝食をとっていたら、

やけに外が騒がしいことに気がつきました。



「一年生の子が用水に落ちたんだって」

母が言うには、うちの隣の農業用水路に、

通学途中の子供が落ちてしまったらしいのです。

今朝は水量もわずかで、子供に怪我がないのでよかったのですが、

この用水は柵もありませんし、

普段から子供が遊んでいて、危ないなぁと感じていました。

たまたま近所の大人が見かければ注意もするけど、

始終見張っているわけにはいきませんものね。

これに懲りて、二度とここには、

近づかないようにしてくれるといいんですけど。



「そうは言ってもねぇ・・・・」

そうは言っても・・・・などと、ぴょん母は語ります。



つい先ごろも、

近所の小学校の池に、

子供がはまってしまったそうです。

一年生だったので、池の中をのぞいた拍子に、

ランドセルの重みで落ちてしまったとのこと。

校内の池ですから、たいした深さではないのでしょうけど、

これをきっかけに、池を埋める埋めないの話が出ているそうなのです。

子供の安全が第一だし、

怪我でもすれば先生の責任問題になりますから、

いっそ埋め立ててしまえって気持ちになるのもわかります。



けどね・・・・・

それって、なんか違う気がするんですけど。

子供のいないわたしが、

こんなこと言うのも僭越かもしれませんがね。。。



危ない場所では遊ばない、こんな場所は危険なんだよって、

親や教師が、子供に教え諭すのが肝心なのでは??

危機管理能力を養うのに、絶好の教材になると思うのです。

だって世の中に、

学校の池より危険な場所は、いくらでもあるんですから。



「そうは言ってもねぇ・・・・」

そうは言っても・・・・なおも、ぴょん母は続けます。



聞けば、隣の用水に、お花見帰りの酔っ払いが、

足を滑らせ落ちてしまったことがあったとか。

「柵がないから悪いんだって、怒ってたって・・・・」



・・・・・危機管理能力は、大人も学ぶ必要がありそうですねぇ〜。

ププッ ( ̄m ̄*)









2005年06月04日(土) 花庄屋の休日


久しぶりの土曜休みです。

ここのところ土曜日は、ずっと休日出勤が続いておりましたので、

たまにはドライブなぞ、楽しみたい気分でありました。

けれど、あいにく今日は朝から、どんより曇り空。

いまにも空が泣き出しそうなお天気です。

雨が似合うお花といえば・・・・そう、紫陽花。

相良町の大鐘家(別名・花庄屋)は、

紫陽花のお庭が素敵だと聞きます。

ちょうど今は、あじさいまつりが催されているはずです。

http://www3.tokai.or.jp/oganeke/



海岸沿いの道路から、少し山側の道に入ると、

大鐘家の看板が建っておりました。

個人のお宅を開放しているのだと聞いておりましたが、

観光バスなども立ち寄る大きな駐車場が完備されております。



さてさて、お目当ての紫陽花はというと・・・・・・

なんと!・・・・・・ほとんどが、つぼみでありました。

あらあら、がっかり。(; ̄- ̄;)

よく手入れされたお庭には、

紫陽花のほか菖蒲なども植えられておりましたが、

いずれも、薄いみどり色のつぼみばかり・・・・・

今年は天候不順で、開花がだいぶ遅れているそう。

ま、しかたないですよね。

お花は、わたしたちの都合に合わせて咲くわけじゃありませんもの。


気を取り直し、

重要文化財に指定されている母屋の見学をいたしました。

こちらは400年前の建物だそうで、なかなか立派なもの。

黒光りする柱に風格を感じます。

少し前に読んだ、坂東真砂子の小説を思い出しました。

彼女の作品の舞台には、こんな旧家がよく登場するのです。

土俗的なドロドロした坂東ワールドに、

瞬間すべりこんでしまったかのような錯覚がいたします。



土蔵を利用した資料館には、先祖代々大鐘家の人たちが使用していた、

生活の道具などが展示されておりました。

ちょっとおもしろかったものに、

大正時代の英語の教科書なんかがありましたっけ。

このおうちには、むかしむかしの人々の暮らしの痕跡が、

あちらこちらに存在しております。

ご先祖様を敬いなさいって、お年寄りはよく言いますけども、

わたしには、あまりピンとこないのです。

だってそうでしょう、位牌だけのご先祖様では、

自分たちの存在が、

たしかに先祖と繋がっているという実感が持てないのですから。



人々が、下駄や草履で歩いていた時代から、

合皮のサンダルでアスファルトを闊歩する現代まで・・・・

この薄暗い家屋には、

時間が幾層にも積み重なっているのです。



大鐘家を出て、もと来た海岸道路を引き返しました。

もったりもったり・・・・

灰色の海が、重たそうに波を引きずります。

雨が、ざざーっと降り出さぬまに、

早めにおうちに帰ることにいたしましょう。


・・・・・もうすぐ、梅雨です。








ぴょん

My追加