空のむこうにみえたもの
美空あいり



 どうして彼女は、、、

ここ最近『病院サービス接遇』という授業をやっている。
その名のとおり、内容は医療機関における患者様の応対の仕方やその考え方を学ぶ授業なわけだが。。。
今日の授業はエゴグラムとジョハリの窓を活用し『他者理解の促進をはかるには、まず自己理解から!』と銘打って話しをした。

他人を理解し受け入れる事ほど難しいことは無いと常々思っている。
他者理解の仕方や受け入れ方は幾つもあるし、私自身その方法はよく理解もしている。
しかし、よく理解しているからと言って、私がそれを100%実践出来ているかと問われたならば、100%は実践出来ていないと答える。
それでも話して聞かせる。
難しいことだと分かっているからこそ、他者を理解していくための努力を怠らないでほしいし、自己理解にもトライしてほしいと。

私がこの道に進んで15年。
人を見る目は確かなものになってきたと思う。
思うけど、この授業をするたびに己を振り返る。
本当に私は相手を受け入れているだろうか?
自分の思い通りに動かそうとしているんじゃないか?と。



ん〜。
考えがまとまらない。
漠然とだが、言いたいことから反れている気がする。
授業の中で感じた違和感を、私自身がまだよく認識出来てないのだろう。

どうして彼女は他の受講生宛の手紙を書かなかったのだろう?


2014年11月27日(木)



 そこに立つ意味

現実世界の光と闇を見た
安定と不安定の境界はどこにあるのか
光を求めれば闇に覆われ
闇を求めれば光が際立つ
光の世界を歩き続けることも
闇の中を歩き続けることも
どちらも間違いじゃない
そんなことは分かっている

二足の草鞋を履くことは楽ではない
でも、この場所には好きで立っている
この路を歩く事を後悔した事は一度も無い
でも時々、居場所を探してしまう

あなたはどうやって
その場所に立つ自分と向き合っているの?

2014年11月07日(金)
初日 最新 目次 MAIL HOME


My追加