ゆっきー [MAIL] [プロフィール] [掲示板]

My追加
随筆
随筆

2002年11月30日(土) 友人と会食♪

今日は、高校時代の部活の友人と会って来ました。
いつもの、私が働いている店の、別店舗。

大分県で、ファミレスというと、間違いなくここ・・になってしまう・・・(よね?大分の皆様?)
東京だと、結構色々な店が均等にありましたが。
それだけ、九州には根を張っているファミレスです。
最近評判悪いけど・・・。

今日は、4人で会うはずだったのに、そのうちの一人が、「今日使い始めた化粧水が合わなかったらしく、顔が赤くはれて痒いから」との事で欠席・・・。
豪快な欠席理由です。
あまりに見え透いているので、嘘ではないと思いますが・・・。

昔話だったり、今の近況だったり・・。久し振りで、楽しかったです。
でも、うちの犬がそろそろやばいのと、明日、母と「片乳がなくなる前に大浴場に入ろう」旅行に行くため、21時で切り上げ。

前は、帰省したときに会うので、今後半年は会えないという状況だったから、遅くまでいなきゃって義務感が少しあったけど、今はいつでも会えるっていう感覚なので、早く帰るのも全然OKなので楽です。

まあ、近くにいるほど、定期的には会わないわけですが・・・。
でも、東京にいる人たちとも、均等に会えればなぁ・・・
わがまま?



2002年11月29日(金) 乳癌の手術

今日は、乳癌の手術方法についてです。
温存方法と、全摘とがあります。

二つのメリット、デメリットを簡単に書きますと、
温存方法メリット→乳房損失への精神的ダメージがない。
温存方法デメリット→再発の危険性を伴う。術後、来院にて制癌剤などを投与する必要がある。

全摘メリット→再発の危険性がない。
全摘デメリット→精神的ダメージに加え、はじめのうちは腕が上がらなかったりするので、リハビリが必要である。

小さければ、温存でもいいんです。
まあ、一部を切り取るので、ちょっと形が崩れるらしいですが・・・。
うちの母は、乳頭の近くにあったため、(乳頭から半径3センチ以内)温存方法は困難であり、すべての癌細胞を切り取れない可能性があるため、全摘となりました。

全摘にも二つほどあって、リンパや、胸筋も取ることになると、術後のリハビリがかなり大変らしいです。
しかし、全摘のメリットである、「再発しない」という事を考えると、全摘を推奨する人は多いらしいです。
やはり、癌体質なら、一部切除しただけでは、再発の可能性がかなり高いということでしょう。

また、全摘後に乳房の再建も行われています。何種類かありますが、これは病院によって違うらしいです。
なので、この方法については省略しときます。

うちの母は、再建はしない様です。
一応、これでプロローグは終ります。
今後は、動きがあったときに、実体験という形でつづりたいと思います。
文章がつたなく、分かりにくかった部分はご容赦願います。

明日から少しだけ通常の日記に戻りますね♪



2002年11月28日(木) 乳癌の病期

では、今日は病期について。
0期→乳がんが発生した腺管または小葉の中にとどまっているもので、極めて早期。

I期→しこりの大きさが2cm(3センチという見解もある)以下で、わきの下のリンパ節には転移していない、つまり乳房の外に拡がっていないと思われる段階です。

僑甦→しこりの大きさが2−5cmでリンパ節転移がないもの

僑甦→リンパ節転移あり

a期→しこりの大きさ5cm以上でリンパ節転移あり

b期→手術で局所切除困難な場合。しこりが肋骨や胸筋にがっちりと固定しているか、皮膚にしこりが顔を出したり皮膚が崩れたり皮膚がむくんでいるような状態、またはしこりの状態にかかわらず、鎖骨の上または下のリンパ節に転移があるか、同じ側の腕がむくんでいる状態です。

鹸→遠隔臓器に転移している場合です。骨、肺、肝臓、脳などの臓器に転移することが多くあります。

炎症性乳がん→この型の乳がんは、上にあげた病期の分類にはあてはまりません。乳房全体が赤く腫張(しゅちょう)し熱感を伴う病型で、進行が早くたちの悪いタイプです。

私の母は、しこりの大きさは2.5センチですが、鬼と言われました。
おそらく、3センチ以下という見解のもとでの判断でしょう。

リンパへの転移は、手術後に明らかになる様で、今の段階では、遠隔転移はしていないということだけが分かりました。

乳癌は、とりあえずリンパに転移し、その後血液を介して遠隔臓器に転移します。なので、リンパに転移していなければ、他の臓器への転移の可能性は少ないというわけです。
では、明日は手術方法などについて。



2002年11月27日(水) 乳癌の検診

昨日の話通り、本日は触診について。
うちの母親は、左の乳房がむくみ、乳腺炎の疑いがあるということで病院に行き、右の乳癌が発見されました。
左のことばかりで、右はまったく何も感じませんでした。

でも、言われてみると、確かに小さなしこりがあるんです。
乳癌は初期の段階(1.5センチ)でも転移している可能性があるそうです。
母は因みに2.5センチ。
こういった病状、病期については、明日触れたいと思います。

私が調べた触診方法は、主に、
‘房の形の変化→くぼみの有無や(皮膚のへこみ)乳頭の陥没、向き、皮膚の色の変化を調べたり、自分で触ってしこりを探します。
乳頭の変化→乳頭を親指と人差し指ではさんで乳頭部を下に押しながら指に力を入れ、乳頭から異常分泌が出ないかをみます。
乳房全体を手のひらで圧迫して乳頭から異常分泌しないかも観察します
リンパの変化→わきの下がリンパです。まずここから転移します。突っ張り感がないか見ます。

というものでした。
私たちがはっきりわかった方法があるので、それも紹介しておきます。

それは、薄い肌着を着て、鏡の前に立ち、胸を張る。
薄い肌着ごしだと、はっきりと小さなしこりがあるんです。
多分これが一番小さい段階でもわかりやすい方法だと思います。
胸をはって触ってみるだけだとよく分からなかったんですが、この方法だとはっきりとしこりが映し出されます。

一月に一度は、この触診をしてみるといいそうです。
全部が全部表に表れるわけではない様ですが。
女の人で、自分の乳房を頻繁に観察する方はあまりいないかと思いますが・・・。
男性の方も、知っていて損はないですぞ!
では、明日は病期について・・・。



2002年11月26日(火) 乳癌のお話

突然の話題です・・・。
実は、うちの母親が乳癌になったんです。
とはいえ、初期の段階であり、命に別状もなく、他に転移もしていないと、昨日の検査結果で分かったので、ご心配なく。

では何故この話題なのか。
それは、皆様に広く知ってもらいたいと思ったからです。

乳癌は、触診で分かる癌です。
男女問わず、その触診とか、症状が分かれば、初期の段階で発見でき、比較的完治しやすい癌です。

だったら、この機会に、私が少し調べたことや、母の実体験などを交えつつ、紹介できたらと思ったんです。
それというのも、乳癌だと分かったときに私たちが頼りにしたのも、体験記だったからです。

しかし、体験記もそんなに多くはありませんでした。
また、うちの母親は、全摘(癌ができた側の乳房をすべて摘出すること)になります。
その体験記はほとんどなかったんです。

このページを今後公開するかどうかは別にして、まずは身近な人に、私の知識をおすそ分け・・・みたいな感覚ではじめたいと思います。
尚、長くなるのと、きちんとお知らせしたいという気持ちがありますので、何度かに分けて書くつもりです。
今日はプロローグということで・・・。
では明日は、乳癌の触診について触れたいと思います。



2002年11月25日(月) 年賀状

昨日、我が家も年賀状を買って参りました。
さて、ここで問題なのは誰に出すか・・・。

前回は、出した人から来ないで、出してない人から来るという、年頭からぼけっぷりを発揮したので、今回は慎重に・・・。
でも、去年来た人から来るとも限らないし、去年来なかった人から来ないとも限らない。

学生の頃は、大体よく話す友達に出せばすんだのに、今は疎遠な人も多い。
しかし、疎遠な人にこそ、年に一度の挨拶状くらい出さないと、音信不通になってしまう。
毎年、誰に出していいか、心底悩む。

ネットが発達すればするほど、毎日会ってる様な気がして、年賀状に重みがなくなっている気がする。
それも、年賀状を出すべきか迷ううちの一つの理由。

そして結局、結論が出ないまま今に至る・・。
来年は年女だしー・・・もう年女なのかよ・・・月日がたつのは早いなぁ・・・。



2002年11月24日(日) 弟と私の比重

昨日、保険証やら、使ってないカードやら、領収書やらが入った引き出しを整理しました。
すると、私と弟の母子健康手帳が出て来ました。

見てみたところ、体重、胸囲、身長は私の方が少し大きかったのに、なぜか頭囲は弟の方がずば抜けて大きかったり・・・。

最後の方に、成長記録なるものがあり、たとえば満一歳だと、「一人で立てますか」とかいう項目があったりするわけです。

私の記録→3歳まで
弟の記録→6歳まで

ええっ!?普通長女の方が、はじめてって事で、成長記録も事細かにつけるもんなんじゃないの?!
弟の方が多いよ!二度目じゃん!慣れてるんじゃん!

その後、私の作文(お母さんと離れたくないとかなんとか・・・とってあるとは聞いてたが・・・)一枚と、弟の絵が二枚、弟の作文が一枚・・・
え?私の一枚に対して弟の3枚??

以前弟が、私よりも可愛がってもらってないとかなんとか言ってた気がしますが・・・
弟よ、確実に君の方が大切にされてますよ・・・。

まあ、私はこんなポジションが嫌いではないけどさ。



2002年11月23日(土) ミニ新幹線

今日は勤労感謝の日。
そのイベントなのか何なのか、うちの近くではミニ新幹線が走ったとか走らなかったとか・・・。

ところで、うちの県には、新幹線が走ってない。
そのせいか、乗ったことがない。
因みにパンダも見たことがない。

新幹線もパンダも、テレビで見て、身近にある気分になっている。
というか、見た事がある様な錯覚に陥っていた。
でも、実際見た事も乗ったこともない。

それに気付いたところで、
「新幹線に乗りたい!パンダ見とけばよかった!」
という感情はわかない。

実際に見た事も乗ったこともないんだって事に気付いて驚くくらいだから、大して興味はないんだろうけど・・。
見たり、乗ったりしたら、感動するのかも知れないけど・・・。

こうやって、現実には経験してないことが、経験済みの様な錯覚に陥るのは私だけかしら?

ミニ新幹線・・見てみたかったなぁ(どれくらいミニで、どの区間走ったんだろう?)←ミニ新幹線の話じゃなくなっていることに気付いたらしい。



2002年11月22日(金) ようやく洗車♪

今日は、愛するマーチ様を洗ってあげました。
うちの職場は海沿いのため、塩害による汚れが目立つ目立つ・・・。
でも、結局風の強い日は、すぐに窓ガラスが真っ白になるので、洗車しても次の日には汚くなるかと思うと、自然と気が向かない。
そこを、なんとか振り絞って洗車開始。
因みに明後日雨予報!

とりあえず、塩害により、イオン結合だかなんだかした、「うろこ染み」を取ることが今日の目的。
すごいのよ。夜とか、周りが見にくいくらいに、びっしりこびりついてるのよ!

カー用品専門店にて、うろこ染みとか、小傷専用の洗剤を買ってます。
いざ開始!

終了!!

・・・微妙・・・。

少しは取れているんですが、かなり微妙な仕上がり・・・。
何回かすれば、すっきり取れるかなぁ・・。
半分くらいが除去されたかなって感じです。
まあ、一回目ですし、あんまりききすぎても、ガラスを傷めそうなので、とりあえずこれで我慢。

なんかいい方法ないのかなぁ?



2002年11月21日(木) 中学生のカバン

今日、ネタを探しつつ、帰宅していると、中学生の女の子が、でっかいリュックを背中に背負い、でっかいビニール製のカバンを手にさげ、尚且つ部活道具だろうか、テニスのラケットをぶら下げて歩いているのを見た。

今日びの中学生って、そんなに持ち物が多いのか?
それとも、その子だけか?

とか思いつつ、中学生を探してみると、他にもたくさんの荷物をぶら下げた生徒がたくさん!

私なんかも、中学生の時はちゃんと教科書を持って帰っていたので、ただでさえ重い、皮製の指定カバンが、「豚カバン」と呼ばれるほど膨れ上がったものだけど・・・。

最近指定カバンではなくなった様だけど、荷物が増えてりゃ結局一緒だよなぁ。

毎日、あの重そうな荷物を抱えて登下校するのは、大変だろうなぁとつくづく思いました。
だって、一生懸命持ち替えたり、一休みしてる生徒がたくさんいたんだもの・・・。

友達と「ばいばーい」って別れた後に、「ふう、やれやれ」みたいな感じで荷物を降ろして一休み。
その地点は、中学を出て、50メートルか100メートルの地点。
よほど重いんだろうなぁ・・・。



2002年11月20日(水) 紅葉リベンジ

この前の紅葉登山が、ちっとも紅葉狩りって感じではなかったので、リベンジとして母親と白馬渓というとこに行って参りました。

時間は15時!のんびり昼飯食いすぎだっつーの。
でも、今日は昼から晴れたので、とりあえず、お天気には恵まれました。

しかし、どこまで行くんだろう?ってくらい、山道が続きました。
これは、体力のない母にはちょっときついかと思い、ゆっくり登ることに。

途中、水場があって、ひしゃくが置いてあるから、
「飲むのか?それとも手を洗うのか?」
と思案した結果、とりあえず両方試してみることに。
飲んだのはほんの一口ですが・・・。
で、感想?
石の味がする。
飲み水ではない模様(本当はどうか知らないけど)

しかし、私たちの様子を見ていた老夫婦の、おじいちゃんが、
「ほら見ろ!飲むんだよ」
って・・・
いや、私らも知りませんし、むしろ飲まない方がいいかと・・・。

なんのかんのいいつつ、頂上(?)のお社(?)まで到着。
その後、お社への道と、もう一つ道があったので登ってみました。

汚い池がありました。

・・・もしかして、あの水ってここから・・・?
食中毒になったらそのせいです。



2002年11月19日(火) 説教する子供

今日も子供ネタ・・・。
子供の話はつきないなぁ。

おばあちゃんと、幼稚園くらいの子供が来店しました。
その二人が帰るときのこと。
レジで、おばあちゃんが財布を取り出すのに時間がかかっていると
「もう!早くせんな!(大分弁で早くしなさいの意)」

ようやく財布を取り出し、
おばあちゃん「いくら?」
私「1163円です」
子供「(レジのディスプレイを指差し)ここに書いてるやん!もう!ほんとに、あんたはよく見らんな!(大分弁でよく見なさいの意)」
苦笑いのおばあちゃん。
千円出した時点で、
「千・・?」
と聞いてきたので、答えると、
「だからここに書いてあるやん!(超呆れ顔)もう!ほんとにあんたは・・(以下略)」

おばあちゃんを「あんた」呼ばわりし、更に説教まで!
この子は恐ろしい子じゃ、ぶるぶる・・・。

とか思ってると・・・。

レジのディスプレイが、おつり表示に変わったのを見て、
「何で変わったの?!何?37って!」

引き算はまだできないご様子。
それにしてもたいしたもんだ。
でも自分の子供だったらやだ。



2002年11月18日(月) 夜の冒険

うちの猫は、箱入り猫です。
怪我をして瀕死のところを拾われたんです。
片目が見えません。
なぜか人間が食べるものを食べると、次の日具合が悪いです。
大好物のはずの魚でさえ、体調を崩します。
外に出した次の日は、決まって具合が悪いのです。

だから、夜は一度も外に出したことがありませんでした。

その箱入り猫が、昨夜22時頃、ちょっとした隙に外に飛び出てしまいました。
追いかけましたが、他人の家に入ってしまったので、どうしようもなく、放っておくことにしました。

23時頃、部屋に行く前にちょっと探してみる事に。
しかし、この近辺にいないので、あきらめて帰ろうとすると・・・。

野良犬の声が聞こえました。
・・・もしかして・・・
その後、箱入り猫の鈴の音とともに、別の猫の怒る声が・・・
と思ったら、すごい速度で私の目の前を通過!
その後野良犬も到着!→追い払う

やっぱり、箱入り猫には、夜の冒険は無理だった!
毛が逆立って、かなりおびえてました。バカな猫・・・。
そろそろ、自分が食べて具合が悪くなる物とか、自分が喧嘩に弱いこととか、悟って欲しいなぁ。



2002年11月17日(日) 連鎖反応

今日は、七五三のお客様が多かったです。
お母さんまで着物着て、子供もきれいな着物着て・・・
和服好きな私には、目の保養〜☆とか思いつつ、久し振りにいそがしかったのでさくさく仕事してました。
そしたら、いきなり、着物着た女の子が、
「カキ氷食べたい!」
と言い出しました。

ええっ?!カキ氷ですか?!
確かに今日の大分県はとっても暖かく、予想最高気温は18度という、久し振りのお天気☆
しかし、かき氷は・・・。
もともとメニューにカキ氷ないんですけど、それを差し引いても時期じゃない。
アイスならあるんだけどなぁ・・・。

と、従業員も、「カキ氷!!」と言いながら泣きじゃくる女の子の姿を、なだめるおばあちゃんの姿を、ほほえましくも、対処に困った風で見てました。

すると、また別のテーブルの、これまた七五三で着物着た女の子が、
「カキ氷!」
と叫びだすではありませんか!

きっと、「カキ氷」って言葉を聞いて食べたくなったんだと思うんですが、
その場にいた、七五三関係の子供たちが全員(4人も)
「カキ氷!」

七五三は確かに、きれいな服着て、お姫様気分。わがままも今日はOKさ!
でもカキ氷ないんだもん・・・。

「カキ氷はない」という事に納得し、別のデザート頼むまでに三分くらいかかりました。
その間、店内は子供の泣き声の大合唱だったことは言うまでもなく・・・。
疲れたなぁ・・・。



2002年11月16日(土) セルフスタンド

今日、仕事に行く前にセルフのガソリンスタンドに行きました。
この付近に一箇所しかないガソリンスタンドなので、いつの時間に行っても多い。
普段は給油場所が6個あるんですが、1個故障していて、5つしか空いてませんでした。
そのせいで、今日も順番待ち・・・。
しかも、待つ場所がないので、入り口付近で待ってると、後から来た車が入れないって状況になるんです。
なんとかならんのか?
それとも、何か私の知らない、待機場所があるのか?
だとしたらマナー違反!?ギャー!

幸いすぐに前の車が出たので、早速給油開始!
がシャン(給油グリップを握る音)→ガー(給油される音)→ガコン!(給油が止まる音)
「??今まで満タンになるまで止まらなかったのに・・・?」
再度チャレンジ!
ガシャン→ガー→ガコン!→ガシャン→ガー→ガコン!→ガシャン→ガー→ガコン!
後ろには、順番待ちの車がどんどんたまっていく!
何?何これ?何の陰謀よ!?

故障してる機械の対岸のを使ったからか、はたまた機械音痴なのか、機械に嫌われたのか・・・。
給油が終ると同時に一目散に逃げましたとさ・・・。

PS.記念すべき100のキリ番を自分で踏んでしまい、ちょっと悲しい・・・。



2002年11月15日(金) アルコールテスター

父親が二千円で買ってきた、「酒を飲んだ後に一本飲めば、アルコールがどんどん引いていく」
みたいな商品。
これに、アルコールテスターなるものがついていました。

結局、うちの父に合わなかったのか、商品が・・・なのか分からないけど、
あれを飲んだ瞬間・・・父は急に苦しみ出し、真っ赤な顔をして、暴れたと思ったら意識が朦朧としてました。
救急車を呼ぼうと思ったくらい。
どうやら、父曰く、急性アルコール中毒みたいな感じになったらしいんですが・・・。
アルコールなんて、薬の力で分解するなって事ね・・・。

で、その商品についていたアルコールテスター(後に調べたら、薬自体は900円、テスターが1200円と判明)
昨日、日本酒を二合ほど飲んで一時間半くらいして調べてみたんです。
どうせ誰も使わないし。

結果→0.25mg以下・・・?
二日酔いでも捕まるって聞いたのに・・・
息の入れ方にもよるんでしょうか?私は思いっきり入れたんです。
これが、恐る恐るだと、かなりアルコール分が混ざるのかも?

母と出した結論
「検問に引っかかってしまったら開き直れ」
開き直って思いっきり息を入れると、案外捕まらないかもよ?
このテスターがどれほど正確かもわからないので、私は飲んで運転しないけどね
*個人差はあると思いますが、私は比較的弱い方だと思います。



2002年11月14日(木) 警察と消防が一致団結!

今日、バイトに行く前、警察が検問をしていました。
それはいいんですが、何故か消防車が一緒にいたんです。
何故消防車が一緒に止まってたのか・・・?

それをバイト仲間とともに検証してみました。

‐男票屬睚瓩泙辰植ありえなくもないよね★
逃走しようとする車に水をぶっかけて威嚇→いたるところが水浸し!
F走した車を、パトカーと消防車の二台で追走!→二台もいたらうるさい
ず廼畆屬悗諒火が多いので、ついでに犯人探しまたは威嚇→わざわざ消防車が出なくても・・・
ズ廼畆屬悗諒火が多いので、注意を喚起→正論?

というわけで、結局もっともらしい結論に達したわけですが、これが△箸だったら怖いよね★

因みに、この検問、私が帰る16時頃(行きは11時頃)もやってました。
微妙に場所がずれて、消防車もいなくなってました。
なんだったんだろう?




2002年11月13日(水) お帰り放送

うちとかの田舎になると、冬は17時、夏は18時にお帰り放送なるものがあります。
都会でもあるのかも知れないけど、私が行っていた間は気にしてなかったのか、聞いた記憶がない。
うちの地区は、「5時になりました。小学生、幼稚園生の皆さんは車に気をつけて早くおうちに帰りましょう」の後に、児童が作った「挨拶標語」なるものを読むんです。
これは、私が小学生の時にできて以来、変わってなくってビックリ。
えーと・・・?かれこれ10年にはなるんじゃないか?

うちのファミレスの近くも、お帰り放送をやってます。
風の強い日とかは、とってもよく聞こえる。
今日は風が強く、大音量で聞こえました。
すると、小学校高学年と思われるお子様方が、
「あーっ!早く帰らなくちゃ!」
と、いそいそと帰り支度を・・・。

私が小学生の時は、せいぜい駄菓子屋でお菓子を買って、秘密基地なる場所でお帰り放送を聞いて、あわてて帰ったものだけど・・・。

ファミレスで遊ぶ様になっても、あわてて帰るって事自体は変わらないんだなぁと思うと、なんだかほほえましくなりました。



2002年11月12日(火) 車の珍事

車に乗ってると、色んな場面に遭遇します。
一度遭遇すると、その日のうちに何度か遭遇するものなんですが・・・

昨日もそんな珍事の日。
行きの信号付近。信号が青になって、車が徐々に動き出しました。
前を見ると、横断歩道を犬が渡ろうとしています!
私の前の車は、犬がまだ横断歩道の右端っこにいたため、そのまま素通りしたんです。
私もそのまま素通りしようと思ったら、真ん中付近で止まって、私の動向を見てるわけです(そう見えたんです)
それでも、もしかしたら飛び出してくるかも知れないので、一旦停止。
それを確認して渡る犬・・
ちょっとほのぼの。

お次は、前の車かその前の車かのホイールカバーが外れて、目の前を転がってきました・・・。かろうじてよけたものの、変則的な動きをしていたので、後続車もビックリ!
帰りにその付近を通ったら、まだありました。
誰も排除しないし、当たり前ですか。

んで、その夜、高速道路を逆走してきた白バイを徐行してよけたら、「一時停止をしなかった」とか言われて反則金と、点数を取られた夢をみた。
まずは白バイが逆走してることを問いただそうよ・・・夢の中の自分・・・。



2002年11月11日(月) 紅葉登山

というわけで、登山に行ってきました。
紅葉を見るのがメインだったはずなのに、かなり枯れてましたが・・・。
登ったのは、標高1500メートルくらいの、由布岳(通称豊後富士というらしい)!(今日の日記は長いので、覚悟して読んでください。)

7時に起きて弁当作って、8時にいざ出発!(この弁当作りと用意の所要時間からして、かなり適当な弁当らしい)
んで、今回ばかりは高速を使って、近場までは9時半に到着・・・
その後かなり迷走し、迷いに迷って由布岳の登山口に到着。時既に10時40分・・あれ?

急いで登り始めたんですが、とりあえず紅葉が枯れかけの位置(裏側は結構紅葉が残ってた)プラス、この時間で人がまったくいないので、寂しさもひとしお。
距離にして880メートルくらい歩いたあたりで第一登山人発見!→あっさり抜く

更に登ったあたりで、どこかしらの大学の山岳部隊(下山中)と遭遇!一列に長い列を作り、「こんちわっす!」の応酬!頑張って応対するも、こちらは登り。待っていてくれているので、急いで登ったので息が・・・

山頂に近づくにつれて風が一段と強く・・・帽子があっさり飛ばされる強さ。それでも山頂付近まで登りつめました。
景色を堪能できる風速ではなかったので、早々に下山(何しに来たんだ?)
途中で抜いた人とかとすれ違ったり、寝てるおじさんとかを横目で見ながら、880メートル地点の休憩所でお弁当!とか思ってたら、さっきの山岳部隊らしき、声が・・・「1・2・3・4・・・!!」・・・何してんの?

もしかして、休憩しようと思ってるところで、彼らも休憩中?わーん!休憩する所がないじゃないかー!と思いつつ、恐る恐るのぞいてみると、どうやら更に下の方から声がする様子・・。安心しつつ、彼らの声をバックにお弁当。

その休憩所にタバコの吸殻とかが落ちていたので、怒りながら拾う。どうやら途中途中にある「自然を大切に!」の看板に心を支配された模様。

下山した後は温泉につかって体の疲労をとって、明日に備え・・・
プルルルル「着信あり・某ファミレス」

すっげ嫌な予感・・・

「はい?」
「今日18時から21時まで出てくれんか?」
現在時刻14時・・・また高速使って帰れってか?

というわけで、今から仕事です。
とにかく、疲れたけど楽しかったです。
昨日携帯からも見れるとか言っておきながら、すごく長い日記になってしまいました。
今後そんなに長い日記はないと思われます・・・。



2002年11月10日(日) ついにはじめました。

いつかはじめようはじめようと思っていましたが、ついにはじめてみました!
あんまり卓越した文書など書けませんし、面白い内容など書けないと思いますが、とりあえず挑戦してみます!

内容も、たいした内容ではなく、日常のことを適当につづる・・・まさに「随筆」にしかできない予定なのであしからず・・。

因みに携帯からもアクセスできます。
http://www.enpitu.ne.jp/m/v?id=86339
です。多分どの携帯からもアクセスできると思うのですが・・・。

とりあえず、本日は挨拶だけという事で・・・。
目標は毎日更新です!

ではでは、よろしくお願いいたします。



2002年11月09日(土) プロフィール紹介

以前から、よく出てくる動物を紹介したいと思っておりました。
簡易的に、私が日記を書く前の日付を利用してプロフィールとします。

●空


現在の我が家のアイドル。
雄。
何ヶ月かよく分からない、ノミ持ち。
よく噛み、よく食べ、よく寝る。
母親はアメリカンショートヘアー。
父親はナゾ。

●蘭


しつけ教室に行ったにも関わらず、何一つおとなしくならなかった、生粋のやんちゃ娘。
おチビが行くと閉め出される為(危ないから)台所で恨めしそうにしてます。
いつか仕返しされるんじゃないかと・・・。
空が大好きで、空にダイブしますが、空は大変迷惑そう。

●クー


空の先輩猫。
わずか3年で猫白血病によってこの世を去った雄猫。
従姉妹が飼えないからと、うちに押し付けてきた猫だが、とてもおとなしくてかわいかった。

●ライ
画像は試みましたが、どうも写真をデジカメで撮るというのは暴挙だったらしく、不可能でした・・・。残念。
雄。
でかすぎて散歩にいけなかった、かわいそうな犬(その分庭は広かった)
母親はシベリアンハスキー。
父親は・・・?
9年で、尿道癌の為他界。

●ちー


手前。
従姉妹が飼い始めた猫。
空よりも一ヶ月弱年下。
雄。
凶暴。
とにかく元気。

●コハル
画像は人様の家の犬なのでご勘弁を・・・。
雌。
白色の雑種(と思われる)
弟の同級生であり、母の知り合いの犬。
それだけの関係なのに、ちょっと犬と仲良くなったため、家の人が出てるときに『散歩していいですか?』と聞いてみると、快くOKしてくれたため、毎日の散歩ついでに連れまわしている。
が、この散歩が始まって以来、家でう〇ちをしなくなった為、散歩が義務化。
暑くても寒くても頑張らなければいけない羽目に・・・。

人物(主に私)のプロフィールはこちら



2002年11月08日(金) 人物プロフィール

ええと・・・思いつくままに、羅列していきたいと思います。

名前:ゆっきー
性別:乙女
誕生日:1979年8月22日
血液型:大雑把なO型

この日記をはじめて・・・結婚し・・・子供まで産んでしまいました。
この日記・・・私の時を刻んでいる・・・。

家族構成:
旦那(呼び方は『おっさん』O型に振り回されて我慢はするものの、たまに二重人格ABの出る困ったタイプ←一貫されてないので戸惑う。でも負けない)

おチビ(2007年6月19日生まれの男の子。B型。相性がよくないのか、出てくる前も出てくるときも、出てきた後も、散々私を苦しめる。どこかに写真と名前が載ってます。興味があればお探し下さい★)

実家の人たち:
父(亭主関白・新しい物好き・アル中(診断はされてない。病院行かないから))
母(マイペース。私と常に行動をともにしているが、気はそんなに合ってないと思う)
弟(一家1のマイペース。最近難病らしきものにかかり、なんだか大変そう)
猫(空)
犬(蘭)

愛車:マーチ(オパールラベンダー)
好きなスポーツ:サッカー(観戦のみ)、水泳
好きなチーム:浦和レッズ(リーグ開幕当初より)>>>>大分トリニータ(地元愛)
ドイツ・バイエルンミュンヘン
好きな選手:福田正博(引退)鈴木啓太(浦和レッズ)オリバー・カーン(バイエルンミュンヘン)
好きなアーティスト:ミスチル、ラルク
好きな歌:優しい歌、掌
好きな作家:宮城谷昌光
好きな本:晏子
尊敬する人:晏子
好きな花:桜!(桜柄の雑貨集め大好き!!)
好きな食べ物:プリン、アスパラ、スープ
嫌いな食べ物:レバー、牛乳
好きなのに苦手な食べ物:貝(貝毒により吐きます。吐かないで我慢できたと思ったら、腸を激しく壊します)

よく登場する芝居:
2003年県民芸術祭『白水郎(あま)の詩』→佐伯を舞台にしたお話。ここで、村娘のほかに、お為半蔵という心中シーンの、お為役をやらせていただきました。
2004年10月末に無事再演を終えた作品。
かなり好きな作品です。
ここで出会った人々とは、仲良くさせていただいております。
登場時は『2003年県民芸術祭で出会った方』か『佐伯の舞台で出会った方』で出ると思います。

2004年県民芸術祭『人形師三吉の恋』→日田を舞台にしたお話。ここでは酔っ払いと、塾生という役をやらせていただきました。とにかく大変な舞台で、9月は毎日稽古だった・・・。
吹き替えだった為、私の姿から男の声が流れ出るという、なんとも奇妙な感じの舞台だったので、最後まで納得できなかった作品。
ここで出会った方々とも、仲良くさせていただいてます。
登場時は『2004年県民芸術祭で出会った方』と出ると思います。
因みに、このお話を演出して下さった方の劇団(この劇団もこの作品に深く関わっております)HPはこちら

現在は、演劇ユニット水中花というユニットに所属。
HPはこちら

〜よく登場する人物と、私との関係〜
ちーちゃんを飼ってる従姉妹→母の妹と旦那様、子供二人を総称して呼んでます。

同い年の従兄弟→父のお兄さんの子供。同い年という接しやすさから、お盆と正月に親戚で集まるときは彼の部屋にいりびたりでした。
その他にも、漫画を貸し借りしてみたり(ほとんど借り)ご飯を食べに行ったりして、交流しております。
『結婚は28歳くらいになって観念する』と言い続ける男。
しかもそれがほぼ現実化。あと一ヶ月くらいで28という時期に結婚式予定。すごい有言実行型。

友人小花様→高校時代よりの友人。
血液型も同じだからか、近いものを感じます。
しかし、彼女の方が女らしい・・・。
結婚した彼女の絵文字に『ラブラブ』と入ってるのに大変違和感を・・・。
いつの間にそんな超乙女になってしまったのー!!!
そんなラブラブは最近登場しませんが、彼女の日常を綴ったHPはこちら

そして、彼女の旦那様である居合侍様。
最近HP閉じた様ですが、そのHPには真面目なんですが、やはりおのろけが炸裂しておりました。
似たもの同士!?

友人サト様→同じく、高校時代よりの友人。
お笑い好きを卒業(多分)し、今度は旧車にお金をかけだした乙女。
が、私と同時期の妊娠によりその趣味すら手放すことに・・・。
そして7月にS太君出産♪ママ友にまでなる・・・。
妙に気を使うA型。
サト様のHPは、携帯からもPCからも見れる優れもの!
育児日記と化してる彼女の日記が更新されるのが楽しみ♪


   INDEX  未来 >