人生事件  −日々是ストレス:とりとめのない話  【文体が定まっていないのはご愛嬌ということで】

日記一覧past


2018年09月25日(火) 隙に気付いていないからこそ、こっそり見守る体制ではいたいんですが…

どうも、上の子が、告られたらしい。(誰に?!)

書き込み時刻を見ると、塾帰り頃だ。(同級生なの?! 先輩なの?! まさか先生なの?!)

リア充になったと書いておる。(はああああああ?! アニメ・ゲームおたくの中1が?!)

そして先程、「これ、美味しいね〜」と嬉しそうに私の作ったハンバーグ食っておった。(食事に関しては好き嫌いが多くて、時として私の手作りハンバーグを脂っこいと嫌がるのに、今日は合格点だったようだ。しかし、今日だけは、色々色々勘繰りたくなるぞよ)

今は、ご本人は風呂。(タオル持っていったら、鼻歌歌ってご機嫌なご様子だった)

まだ、何も、何も言ってもらえてないよ!(ものごっつ聞きたいが、聞いてしまうとソースがどこか聞かれてしまうのもまた困る)

かーちゃん、待ってるよ!(本人は、LINEも私とつながっている事を、失念しているに違いない)


佐々木奎佐 |手紙はこちら ||日常茶話 2018/04/17




↑エンピツ投票釦
My追加