羽積風narration
…どうかなぁ?

2007年08月26日(日) 鉄道模型フェスティバル




























’濺弔虜綉淺寛濺垢蛤綽隻寛濺垢覇瓜開催している鉄道模型フェスティバルへ行ってきた。



◆弔弔發蠅世辰燭韻鼻∈綉泙亮,忘綽世惺圓と、モノスンゴイ行列で入場規制がかかっていたのでそっちは諦めた。



こないだ行った尼崎・潮江のホビスタの鉄道模型より、今日見たやつのほうが断然好きだなぁ。どれもよくできてたよ。



あはヘッドマーク。ちょうどこの左側のが走ってる時、十三へ写真撮りに行ったなぁ…。



アは、1形電車。



Β↑→は阪急梅田駅のジオラマ。これが!あぁ〜っ!もっと上手く写真が撮れたらなーっ!



Б右端の緑の部分は、悲しい阪神側の入場券(片方なら500円、両館共通券は700円)。



┻廚靴屬蠅HTML使ったら、なんかちゃんと表示されて無ぇ…。残念ですが、無力なので放置。



2007年08月23日(木) つんくもわけわかんなくなってんだろうな

「Buono!」って、「あぁ!」の田中れいなを嗣永桃子に代えただけじゃん。



2007年08月21日(火) 自分もしないか、相手も許すかだろ

「自分が浮気するのは仕方がないけど
 妻が浮気してたら許せない」
と言う、クソみたいな男って結構いるよね。

男のほうは浮気していたり、
一生懸命女を口説いてるけど相手にされないから
結果として浮気はできていないだけ
なのに、妻の浮気は許さねぇ…って人、
社会に出てから結構見てきたな〜w

自分が浮気してバレてしまって
離婚や慰謝料で不利な展開になっている奥さん、
絶対に旦那のほうは潔癖かどうか
調べてもらったほうがいいよ。

大丈夫、十中八九やってんだから。
どっちもどっちでチャラになるよ。



2007年08月20日(月) 秋になってもしぶとく生きているタイプ

家で蚊取マットを起動するたびに気分が悪くなる私は常々「前世が蚊だから」と言っていたのだが、衝撃の事実が発覚した。

今日、私の誕生日8月20日は【蚊の日】なんですって!奥さん!

そんな蚊な私ですが、30歳を迎えるまでにしておこうと思っていたことの幾つかは達成できており、幾つかは達成できておらず。まぁ、普通か。

今日は仕事が休みだったので、もったいないから読まずにいた魚住直子の新刊を読み、寝かしていたエッセイを投稿し、時折届く友達からのバースデーメールを拝読し、あとは…You Tubeで【小島よしお】を検索したり。…何か?

三十路に突入しちまった〜!でも、そんなの関係ねぇ!×3



2007年08月19日(日) 独身の友達、万歳!

♪ちょっと三時間の つもりで寄って
 いつのまにやら 朝になり〜

まさか20代のうちに再びオールでカラオケすることになるとは…。

誕生日だからってことで、友達がケーキを食べに連れてってくれた。んまー☆
んでその後、「まぁ軽く三時間くらい」とか言いながらカラオケに行ったら、結局そのまま朝まで歌ってしまった。先月末にオールした時と同じ友達なのに。いや、だって、ジャンカラのシステムが!「三時間よりフリータイムの方が安いですよ」とか言うから!

友達が『Happy Birthday』(あの超有名な)を歌ってくれて、
私は『私にハッピーバースデイ』(林原めぐみ)を歌った。



2007年08月18日(土) 予定は未定

今日は友達の出産予定日だった。

そのことはだいぶ前に聞いていたので、「じゃあ、もうちょっとで私の誕生日と同じになるから、あと二日粘って産んで!」なんて冗談言っていたのだけれど、結局は予定日より随分早く産まれて、実はホッとした。

だって、ほんとに私と同じ誕生日になんかなっちゃったら、ロクでもない人生歩みそうで、人格も捻じ曲がりそうで、なんだか心配だわ(笑)。



2007年08月17日(金) 結婚とか正妻ってナニよ?

結論

「法律に愛を縛ってもらおう」なんて、どんだけ非モテの発想だよwww




配偶者に浮気された友人が大威張りで怒っていたんだけど、どう反応したもんだかわかんなかった。だって浮気って大抵の場合、「された側」にも原因はあると思うから。ていうか「愛」って二人で育むもんだし、それが出来てなかったのに「二人でどう修復していこうか」と悩めない人には返す言葉も無ぇ。

法的には「した側」にほぼ非があることになるかもしれないけれど、実際の男女関係はそんな単純なもんじゃなくて。ずっと愛されている自分でいられなかったのは、自分にも当然落ち度があると思う。

「毎月ちゃんと給料を持って帰っていたじゃないか」とか「毎日ちゃんと家事をこなしていたもの」だとか、そういうことではなくて。愛はそんなところにだけあるわけじゃないよねぇ。一定の義務を果たせば保障されるものでなし。

だから私は「自分が100%被害者だ」と言って怒ったり泣いたりする人を何とも思えない。両方が悪い、または、どっちも悪くなんかないんじゃないのか。

「恋愛感情」って呼ぶだけあって、愛だの恋だのは「感情」の一種なワケで。つまり「嬉しい」「悲しい」「楽しい」「寂しい」なんかの仲間ってことだ。

「今後、一生、『悲しい』という感情は持ちません」という約束は、果たして有効なんだろうか?そんなこと約束できっこないじゃん。この先、いつ、どんな感情が湧いてくるかなんてさぁ。約束してなんとかなるもんなら、約束するよ。今後の人生に悲しみなんて、持ちたくないし。

「今後、一生、他の異性に恋愛感情は持ちません」っていう約束も同じなんじゃないのかな。つまり、約束して頑張るような種類の事じゃないと思う。

それとも「浮気=SEX」?それなら、「今後、一生、どんなに悲しいと思っても泣きません」って感じか。それもどうよ。そんなんでいいの?

一緒になって何年も何十年も経って、結果論として「ずっと君のことだけを愛していたよ」と言われるのなら、嬉しい。

だけど、最初に約束して、「『契約だから』『頑張って』『我慢して』浮気せずにここまできたよ」ってことなら、そんな愛の何が嬉しいもんか。

今の法のもとで、「補助金のために」「子供の養育環境のために」結婚という制度を利用するのは賢いのかも知れない。「好きな人と少しでも長く同じ時間を過ごしたいから」でいいと思う。「家事が嫌いだから」でも「働きに出るのがイヤだから」でも「早く親元を離れたいから」でも「一人は寂しいから」でも「ゴキブリを捕獲する人が必要だから」でも…まぁ…意味はあると思う。

だけど、「永遠の愛を誓うために」結婚するのなら、なんだそりゃ?未来の気持ちを誓うって、誓いに基づいて愛するって、愛を法で縛るって…理解不能。

そして、そんな摩訶不思議を不思議ともせず大威張りな人が理解不能。

こういう話の時いつも思うんだけど、自分で異性を繋ぎとめる魅力も努力もプライドも無い人ほど、被害者ヅラ全開で法に頼ろうとするんだよね。

浮気されてまず責めるべきは自分。次に浮気した配偶者。最後に浮気相手。



2007年08月16日(木) 既婚の友達、万歳!

世間様の盆休みも出勤だよぉ…などといいつつ仕事があっさり片付いてしまい、今日は12:00で終了になった。【半ドン】って今でも呼ぶのかね。欽ドンみたい…って、どんどん歳バレしてるが。

世間の休暇中の出勤は好きなほうなんだけども。電車も空いてるし。あぁ、そのうち盆があけて社会人が復帰してきて車内は混み、夏休みがあけて学生が復帰してきてまた混むんだなぁ。やだやだ。

それはさておき。

急に暇になったので、友達に「いま家にいるぅ?今から遊びに行ってイイ〜?」とかメールして襲撃。赤ちゃんのほっぺたムニムニして癒されて帰宅。

なんて迷惑な!私やったらそんな友達、絶対にいらん!



2007年08月15日(水) 30代は釣りの扉が開くらしい

誕生日祝いに友達から釣具をもらったので、秋頃に相方と渓流釣りへ行こうと思う。わざわざ放流してもらって釣るやつですが。そして、釣具はキディランドで買ってもらったオモチャですが、何か?

釣り行くまでにリボルテックのよつばちゃんフィギュアが届くといいなー♪絶対連れて行くのだ!そして『よつばと!4巻』を再現するのさ!

写真がペン型ロッド(キャップを外すと伸びる)とリール。G-SHOCKは大きさ比較用。



2007年08月12日(日) なっきーだっちゃ

こないだのダ・ヴィンチのエッセイは、これまでの汐の文筆活動の中で最も女子友達のウケが良かった&共感率が高かった。意外!

さて、明日の明け方にペルセウス座流星群がピークということで、相方と「青山高原にでも行こうか」という話になっていたけれど、天気が曇り→雨&レンタカーの空きが無いということであきらめたん〜。ちなみに昨夜は晴れだったので、家の前から夜空を眺めてみたけれど、やはり星なぞほとんど見えず。

【クレヨンしんちゃん(漫画)が鬱展開な件について】のニュースを見てガックリ。どうしちゃったんだろうか臼井先生…。好きな漫画ではないと思っていたけれど、過去数年「まんがタウン」で連載追ってたから結構ショックだったり。ショックを受けてる自分にまたビックリしたり。まあ、いいんだけど…。

マンガでガッカリと言えば、昨夜テレビで見た押井守特集の映画版『うる星やつら ビューティフル・ドリーマー』。"押井守にしては"明快で明るい作品だったのかもしれないけれど、"うる星やつらにしては"難解で暗いんじゃないかしら。汐は「押井作品を観るぞ!」と思ってじゃなく、「うる星の映画を観るぞ!」と思って観てしまったから、なーんか期待ハズレだった。

隣の部屋から音声だけ聞いてた相方も「明るい『だっちゃ!』がほとんど聞こえて来なかったなぁ」と言ってたし。あのドタバタ素材をこんなに暗くしてしまえるとは、押井守、おそるべし…。山田勝久監督の『うる星やつら いつだってマイ・ダーリン』は劇場で観たんだけど、もっと楽しかったんだよー。そして、主題歌を歌ってたユニットの中に篠原涼子がいたんだよー(笑)。

うる星世代というよりはらんま世代な私がごちゃごちゃ言うなって感じか。

でも、押井守特集のナビゲーターが加藤夏希だったのが嬉しい♪やっぱなっきーはロビーナちゃんであり、仮面ライダー初の女性ライダーなのだ。今はアニオタアイドルのおカブをすっかりしょこたんに奪われてしまっているけれど、JJやトリンプのモデルとして売り出すなんて明らかに事務所の戦略ミスなのだー!と声を大にして言いたい私なのだ(笑)。でも、ま、いっか。ブログ見てるとJJのお仕事も楽しそうだし、アニメのお仕事やコスプレも細々とやらせてもらえてるみたいだし。しょこたんより息の長い活動ができそうかも?

って、しょこたんの息が短くても困るんだけどね。だって、後輩の可愛い林未紀ちゃんの面倒をもうしばらく見てもらわないと。まだしばらくは、しょこたんとのセット売りじゃないと、みきぽんの露出は難しそうだし。

…さっきから指の赴くままに打ってたら、おそろしく話題がマニアックだな。



2007年08月05日(日) ダ・ヴィンチの『鈍器降臨』に採用!

やったー!

定期購読している雑誌、ダ・ヴィンチの9月号が届いた。で、何が「やったー!」なのかというと、エッセイが採用されていたからなのだー♪

読者投稿の600字エッセイを原案に古屋兎丸さんが4コママンガを描く連載『鈍器降臨』内のエッセイで、タイトルは『SEXと西瓜』。

えっと…立ち読みは恥ずかしいかも。とくに今回、漫画もエロいし(そんな体位、可能なんですか!?と言いたくなるような絵だ)。でもチェックしてもらえると嬉しかったり。って、そんなにオススメしていいような内容か?これ。

ん〜…西瓜じゃない人もいたんだけどね…。と、呟いてみる。

この『鈍器降臨』のコーナー、最初の頃はなんだか兎丸さんの絵が怖くて避けていたけれど、だんだん怖いもの見たさで読むようになって…そしたらちょっとクセになる感じで、結局、単行本を買ってしまった(笑)。だから、一度は載ってみたかったんだよね、ココに。(それにココなら、フツーの公募では書けないような内容のことも書けそうだったし…)

そんなわけで夢が一つ叶っちゃったのだけど、これに付随して、エンピツ日記内で読書日記を書いておられるダ・ヴィンチ読者のあの方に取り上げていただけたらなぁ☆…なんて夢もあったり。いつも新しい視点を提供してくださるから、批判でもいいから、読んでみたいなー。

どなたさまも井上真央ちゃんが表紙のやつなのでひとつよろしくっ( ̄人 ̄)


 < 少しまえのこと  もくじ  少しあとのこと >


汐 楓菜 [MAIL] [活動記録]

↑エンピツ投票ボタン
My追加