かなしいうわさ
home 日記の表紙 前↓ 次↑


2009年10月28日(水) 血ィ抜いてきた


いいよ献血いいよ
定期的に抜くとすっきりしていいよ。
冬は不足しがちなので協力して気持ちよくなろうヽ(´ー`)ノぜ
最近糖尿病の検査項目も追加されました。


助けてください いっぱい助けてェ〜 10月助けてェ〜










友達に赤ちゃんが
生まれた。メールに添付されている写真があまりにも似過ぎてて笑った(´ー`)
おめでとさん、行く道にいい風が吹くとイイネ











■空気人形


美しく、同時にとてもせつなく重たい映画。
世の中のゆるやかな狂気が静かに淡々と描かれていく。観終わった時には心底ぐったりした。
でも、人は人生のなかで何度も何度も避けられない不条理に遭遇してぐったりするものだし、
ぐったりしてはそれを乗り越えたり心に刻んだりするによって成長していくものなので
こういう美しい映画で「擬似ぐったり」することができるのは幸せなことだと思う。

んで、もう、ペ・ドゥナがとにかく美しい。彼女でなければこの映画は成立しなかったはず。
最後近くで見せるうれし泣きの笑顔は、今年のベスト笑顔。
あんな顔できる役者はなかなかいないよ...



ペ・ドゥナの映画では、これが一番好き。
ほえる犬は噛まない


レンタル屋さんだと、韓流の近くにひっそり置いてあると思う。
コチャコチャした(ゴチャゴチャはしてない)まとまりのない映画だけど、そっけなさが心地いい。
小田扉っぽい。かも。んなこたないか。
昔の感想



「空気人形」に心動かされた人には
原作「ゴーダ哲学堂 空気人形」よりも
「続・自虐の歌 ロボット小雪」を読むことをおすすめしたい。
4812435641
人間ではないものが心を持ち、それが逆に人間があるべき姿を体現していくというところは「空気人形」と似ている。
作者の諦念と、わずかな希望を感じる。
そのわずかな希望の方を信じたい。













前野健太主演の映画「ライブテープ」


かっこいいな!

監督は「童貞。をプロデュース」「あんにょん由美香」の松江哲明。










Annayamadaさん
uraさんのmixi日記で教えていただいた、Annayamada
http://www.myspace.com/annayamada
全く知らない方でしたが、とてもいい曲いい声。
>フィッシュマンズがやろうとしていたことに
近いのではないかなあとか。
音楽性云々ではなくて、もっと先のところ、です。

うんうん。

コマイヌというバンドをやっている方みたい。
http://www.pourdown.net/
一度ライブを観てみよう。








サイト
mixiでオモロ日記書かれていたナギラさんが遂にブログ始めてこれまたナイス〜とか
ぐだぐだコネクションの渋さの感想を読んで夏はいいやっぱり夏はいい、と思ったり
サトウサンペイのサイトの昭和感に惹かれたり
クリトリック・リスのサイトがRawだな〜とか
見てます。









ハエがまとわりついて来る
こういう時「ああ、前世で繋がりのあった人だったりするのかな、潰さないほうがいいのかな」と思うのは俺だけでしょうか。










キリンラガーを呑んで、おやすみなさい。











2009年10月24日(土) 瀬尾

■Theo Parrish /Suggested use pt2

セオ・パリッシュのミックスCD。
とてもいい。
ドロッドロに黒い、濃厚なミックス。
聴いていると目の前の世界がぐにゃっ....と揺らいだり、モヤ〜ッと静かな闇が降りてきたりする。

DJは自分で楽器を奏でないし、歌も歌わない 。
でも、音源には入っていないDJの声や音色みたいなものが
確かに聴こえるような素晴らしいDJもいる。
ここでのセオは、とびきり素晴らしい音を奏で、最高の歌を歌っている。










■ヤン富田ライブ@未来館
http://www.miraikan.jst.go.jp/event/091013143844.html
ぜひ行きたい。ライブは観たことないので楽しみ。









2009年10月19日(月) 休符

本日すこし縦長。マウスでクリクリとスクロールよろしく。





■10/12(日) 「ENSEMBLES 09 休符だらけの音楽装置」展 初日ライブ @旧練成中学校
 
秋葉原の廃校した中学にて開催。
近所だし暇なので、チャリンコでホテホテ行ってきました。
正直それほど期待してなかったのですが
これがもう.....メチャクチャ面白かった!!!



オープニングライブ、というから大友良英がリードするジャズ・ライブかな?と思っていたのだけどさにあらず


まだ音は鳴っていないが何だこれは


なんなんダー


しばらくすると、大友さんのミニマルなギターシーケンス演奏。良い。あああ好い!
しかしライブらしい演奏はここだけ。
主催者たちがぼちぼち出てきて、そこらに配置してある音楽装置をささっと弄り出す。

四方八方からピー、プシュシュシュシュ、ポワポワ、シャシャーン、ペローン、スコスコ、コアーン、ショショショー、カチカチ、スコプー................
と音が鳴り出す。
耳障りにならない、やっと聴こえるか聴こえないか、くらいの音。
風の音や遠くの雑踏と同じくらいの音。

ふーん。ほう。ほほー。うわー。ヒー。


足湯しながら甘いハーシュノイズ


風が吹くとギターがシャーン




髪の毛がシャンシャンとシンバルを叩く。皆爆笑。



シャバシャバ


作品のひとつです(シャンシャンと手を叩く猿がボードに)


定期的にシュポ!シュポポポ! 子供が真顔で驚いたのち狂喜


ペーポコポコ、ジョワーン


全体の展示がおもしろいので、大友さんが自転車で現れてウクレレソロを弾くも誰も見ていない の図。


区役所が鳴らす夕焼けこやけの時報チャイムが、作品の音と絡む。うわわ、せつない。ぼくのなつやすみ...


時を忘れてうっとりふらふらしているうちに3時間経過してた。


いつのまにか真っ暗に


暗闇の中、蛍光灯を使ってピューピュルピピュピューと、はかなげで甘いノイズを奏でる


心音が下の階からドン、ドン...と響いてくるのを耳を当てて鑑賞するみなさん




心の琴線をやわらかく撫でるような、心地の良い音。とても気持ちいい。
夕暮れ時の秋の廃校屋上という最高のシチュエーションも相まって、心がシーンと安らぐ。
これは音の温泉だ。
音による湯治だ。

「今日はここに寝袋持って泊まりたい...会期中ずっとここに住みたい...」と本気で思ってしまったけど、
風邪っぴきだったので3時間ほどで退散。









大友良英による以下のかっこいい口上は、帰り道に寄ったドトールのソファーにてiPhoneで読んだ。
大納得。腑に落ちまくり。

http://www.japanimprov.com/yotomo/yotomoj/ensembles09.html

今回はそこにもうひとつキーワードとして「休符」という言葉を持ち出しました。
現実社会と折り合いをつけねばならない大人の知恵としての休符。息を止めてかくれんぼをするような子供の感覚としての休符。
だれも殺すことの出来ない無力な武器としての休符。誰でも入り込んだり逃げたりすることの出来る居場所を提供してくれる休符。
豊かな響きを用意するための、あるいはやかましい現実を静寂に変えることの出来る休符。
そして、なによりも「ちょっとまってよ」と言うことの出来る隙を与えてくれる休符。
音楽の中に潜む「休符」の豊かな発想がENSEMBLESの発想とともに、2チャンネルのヘッドフォンで聴かれるだけになってしまった
今現在の音楽のありかたの枠を大きくとびだして、ノイズだらけの現実の空間に響くことを願って。


http://d.hatena.ne.jp/otomojamjam/20091012

音楽とは本来普段そこにある音とは異なる音で空間を埋め尽くして祝祭空間をつくるものです。
それによって人々は日常とは異なるハレの時間を楽しむわけです。
でも、今回こことでわたしがやりたかったのは、そうしたハレの時間や空間をつくることではありません。
僕らの日常に流れる時間や空間の中で、何かを静かに発見するような、そんな音楽のありかたを、ここでやれないだろうか。
空間を埋め尽くすのではなく、すでにある空間によりそうような音楽は出来ないだろうか。
それは単に内省的なものではなく、そうしたものだからこそ逆に豊かな響きを発見できるのではないだろうか。
そんな発想が出発点のコンサートです。展示ともどもお楽しみください。


俺はアートはよくわからない。でも、あの展示とライブは、ここで彼が書いていることそのままだった。
アートってすげー。見くびってた。ゴメン!
展示最終日(11/3)も主催者たちによるライブ(?)があるので、お近くの方は是非とも!















■10/18(日) 土と平和の祭典2009 @日比谷公園
朝寝しててDub Flowerもソウルフラワーも観られず...
でも楽しかった。良い祭り。

有機野菜の屋台で野菜をちょいちょい試食。野菜の味が濃厚。つうか土の味がする。エグくてうまい。
俺には農法の是非はわからないけれど、手をかけて作られているものがうまいという事実は嬉しいものだな。
ライブは加藤登紀子だけ観れた。新曲中心に5曲くらい。
正直、最近の曲にはあまりピンと来なかったけれど、声の説得力が圧倒的。
とてもよかった。Hey Judeの日本語訳ヴァージョンも演ってたよ。
バックを勤める若手ファンクバンドの旨みや粘り皆無の演奏がとても辛かったので、次はちゃんとしたバックバンドでまた聴きたい。

→おトキさん 2006年フジロック時の感想ここの真ん中らへん
→中川ツイッターより写真。 ソウルフラワー集客スゴイね。
登紀子と敬!










ほろよいりんごを呑んで、おやすみなさい。









2009年10月16日(金) 今後のお楽しみ予定

■今後のお楽しみ予定

行きたいライブ。実際に行けるのは2割くらいかなぁ。
(´ー`)ノは行ける確度高いorドおすすめ
Paradise and Lunchさんのマネです!



10/17(土) JB東京へ行く2009 【吉祥寺MANDA-LA2】 当日¥2500
10/18(日) nest festival'09 【渋谷O-EAST】  当日:¥4,000
10/18(日) 土と平和の祭典 【日比谷公園】 THE DUB FLOWER, ソウル・フラワー・モノノケ・サミットなど ¥無料! ヽ(´ー`)ノ
10/20(火) USION vol.1 【新代田FEVER】 ¥1000 (w/2drinks!)
10/23(金) THE OATH  【青山OATH】 DJ:peechboy、LATIN QUARTER  22:00〜8:00 ¥無料! 
10/24(土) Abstract blues 【秋葉原CLUB GOODMAN】 倉地久美夫 / 石橋英子×アチコ / 久土'n'茶谷 / とうめいロボ 当日¥2,800
10/25(日) 想い出波止場  【渋谷O-WEST】 当日3500円 
10/30(金) 湯浅湾プレゼンツ「YOUR ASS ARE A ONE Vol.1」  【渋谷クラブクアトロ】 湯浅湾/相対性理論/前野健太とDAVID BOWIEたち/PHEW ヽ(´ー`)ノ
11/1(日) パスカルズが動物園にやってくる! 【井の頭自然文化園】 14:00〜 入場料のみ!(大人¥400) ヽ(´ー`)ノ
11/5(木) ライ・クーダー&ニック・ロウ 【JCB HALL(東京ドームシティ内)】 S¥12,000 A¥10,000
11/8(日) 国立パワージャズ2009  【一橋大学兼松講堂】 14:30〜19:00 板橋文夫ミックス・ダイナマイト・トリオ、渋さ知らズオーケストラ等 当日¥4000
11/13(金) LIGHTNING BOLT JAPAN TOUR 2009 【渋谷O-nest】 Guitar Wolf、Struggle For Pride 当日¥4000
11/14(土) ブラインドミウラストレンジャー独り旅 【下北沢Big Chief】 DOOR ¥2,000(1drink込!) ヽ(´ー`)ノ
11/15(日) LIGHTNING BOLT JAPAN TOUR 2009  【東京新代田 FEVER】 DMBQ、Incapacitants、サーファーズオブロマンチカ 当日¥4000 ヽ(´ー`)ノ
11/17(火) シカラムータ超大祭<祝>結成15周年記念 【渋谷O-WEST】 当日¥4000
11/21(土) ワタナベマモルpresents「MILK & ALCOHOL」【新宿クラブドクター】当日\2500(+1D\500)
11/21(土) electraglide presents Warp 20 【幕張メッセ国際展示場】 BATTLES、Andrew Weatherall、!!!、FLYING LOTUS オールナイト ¥8500
12/14(月) ハンバートハンバートコレクション『合奏組曲』 【渋谷O-EAST】
12/26(土) マーガレットズロース"ロックンロールアニマルツアー"ファイナル 【新代田FEVER】 当日¥3500
2010/1/6(水) Rafven 【渋谷クラブクアトロ】ヽ(´ー`)ノ
2010/1/17(日) CAT POWER and DIRTY DELTA BLUES 【渋谷O-EAST】¥6300(ドリンク別) ヽ(´ー`)ノ


土と平和の祭典はダブフラワーとソウルフラワーでダブルフラワー。弁当持ってまったりと。
湯浅湾、PHEW、前野健太!(俺にとっては)クソ豪華!
動物園でタダでパスカルズ!!! パスカルズは美しくて楽しくて最高。観たことない方は是非!
ライトニング・ボルトは世界最狂のジャンクダンスバンド。一緒に踊り死のう。
夜のストレンジャーズのミウラさん弾き語り。Big Chiefはケイジャン(New Orleans)料理が食えるいいお店。ザリガニ喰おうぜ。

詳細はblocへ
http://www.bloc.jp/whistleman/ 






popoの東京でのライブをスルーしたりしています。
東京にもおとうた通信があればな...







2009年10月12日(月) 朝霧JAM2009

■Camp in 朝霧JAM 2009

行ってきました。楽しんできました。

このイベント、晴れていればそれだけでオーライなんです。
Let's get together and feel alrightなんですよ。
だって、こんな富士山がどーんと後ろに構えてりゃあさぁ。

PA113451


ほんで気の合う友達とメシ喰って酒呑んで寝っころがってりゃ、そりゃあ楽しいよ。
もちろん、ライブも満足。

予想通りHYPNOTIC BRASS ENSEMBLEが格好良かった!!!

まるで、ニューオリンズのブラスバンドをTheo Parrishがリエディットしたような、しなやかで真っ黒なファンク。
一音一音の説得力がすさまじかった。特にベース音を担当しているチューバがヤバい。
変態的かつ踊れるベースラインをブインブイン吹きまくる。これは踊るよ。踊らざるを得ない。
そして、シカゴのストリートで演奏している叩き上げのバンドだから客を煽るのがうまい。演奏している姿もいかにも楽しげだ。
しっかりエンターテイメントしている。ひとりよがりじゃない。それがいいんだよ!
終演後、ステージ下に駆け下りて「CDR、センエーン!」と言って売り出すあたりも「路上」だよなぁ。
当然1000円払いました。

視聴(Myspace)http://www.myspace.com/hypnoticbusiness
ここで聴ける音源の5倍くらいかっこいいと思っていただければ。

Smashは、こうして知名度は低いけれどド級に面白いバンドをブッキングしてくるから侮れない。
フジロックでのRafven、Gogol Bordello、Manu Chao、Spearhead、Ozomatli... 数えればきりがない。
鼻が利くスタッフがいるのだろう。本当に信頼している。


ロック仕様?でやりたい放題やってった変態Idjut Boys(DJ)、
あっ、軽く音合わせしただけで出てきちゃったね!?緩っ!でもそこがいい...
なラケンロー&レゲエをかましてくれたKENJI&GOTA SUPER SESSION with 元晴、
晴れた空にへにょーんと溶けていくようなゆるいダンスビートのグッドラック・ヘイワ、
完全になめていたけどパワフルで面白かったOi-SKALL MATES、
ちょっと観ないうちに随分成長したねぇ後ろの坂の上までお客さんみーんな楽しそうに踊っているじゃないか、なSpecial Othersなどなど
実に楽しめました。
Twilight Circusが帰宅の時間都合で観られなかったのは心残りだけど、他が十分に良かったからOK。
各ステージで盛り上がってくる度に出現していた、イルカに乗ったダッチワイフにも感謝。

メンツがしょぼいと文句ばっかり言っていた人達。残念でした(´ー`)


※来年見返すためのメモ。
往路 8:30国立集合→12:00グリーンパーク着
復路 7:30会場発→23:00国立着

・サイトAはギリギリ場所あったけどもっと早く行かなきゃダメ
・グリーンパークBのシャトルバス激込み→グリパAのシャトル乗場まで歩いてそこから乗ったほうが断然早い
・キャリーは車がでかいやつを買わないと斜面でこける(石井3回転)
・テント斜面きついと寝られない
・寒さは想像のさらに上を行く、ダウンジャケット必須
・Sさん以外もなにか一品作るか持ってこい
・現地食事 BBQあろうとも巻狩鍋、アイス、牛タンカレーは喰っておけ
・iPhoneはさっっっぱり繋がらない 現地で落ち合う人とは事前連絡マスト
・復路、談合坂はクソ混むのでSAでの休憩はさっさと入っておく















■板橋文夫さんおまけCD
これ要するに「新譜」ってことだよね
http://itabashi.web.infoseek.co.jp/news.html
雑誌「オーディオベーシック52号」に板橋文夫の特集記事が、付録CD付きで掲載されます。
CDは” 板橋文夫流ジャズピアノ入門”でバッハ、ガーシュイン、奄美の島唄など新たに録音したソロ演奏全11曲(69分)収録













■土方のおっちゃんはエライよなという話をしていたら
土方なんて言葉を使うべきではないと言われた。
使うよ。俺の土方とお前の土方を一緒にすんな。おととい来い。











■漫画の須田信太郎: 「ゾンビDJ2君は僕を好きかい編」
http://suda.mo-blog.jp/sintarou/2009/09/post_694c.html


King Joeさん原作2発目。ピーズの曲がかかるとこで泣けた。










■ボビー、お疲れ。


ロッテは今内部が荒れているんです。(この後、MVPと応援団からは謝罪がありました)
もともとは誰も悪気はなかったと思うんだよね。
ハムファンの俺から見ても羨ましい位の結束力を、早く取り戻して欲しい。











■あ、
日ハム リーグ優勝おめでとうありがとう
ジャイアンツをけちょンけちょンにのしてやるので、CS上がってきやがれ。








■じじいファイトクラブ、かあさんロックで泣く、MERROW [メロウ]
コミックビーム出身の新人3人、連載もないのになぜかいきなり短編集リリース。
3作品とも、ピュアで清清しい。パンクバンドのファーストアルバムみたい。
4047260452
「じじいファイトクラブ」は今年読んだ漫画のなかでも一番くらいに好き。
また改めてレビューします。










琥珀エビスを呑んで、おやすみなさい。

















2009年10月05日(月) 上から読んでもマカオのオカマ

いい月だねー






おれは市井の頑張っている人が好きだ。
夜中の工事現場でにこやかにライトを振るドレッドのおにいちゃん、
若いぼんくらバイトを押しのけて100点の笑顔と声で接客する千日前のマクドのおばちゃん、
地味でありきたりだけど確かに人生に必要なことを丁寧に心を込めて紙にやきつけている売れない漫画家
こういう人達は俺の中では100万枚売れているロックスターとまったく同列。
人の心に消えない灯火をつける人は誰も観てなくてもロックスターと同じように人を救っているんだと思う。そうだと信じたい。


ほいで
この人もたぶんそう信じている。


ながいよう /3つの赤いふんどし



上から読んでもマカオのオカマ〜
下から読んでもマカオのオカマ〜
亜熱帯に狂い咲き
でもほんとはとても真面目なの〜


空色タイルに緑のタイル
海色タイルに山色タイル
どんな色でも形でもできないものはありません
仕事は早くてきれいです
あなたの予算にあわせます
あんたはタイル職人さ
この町一の腕自慢




西岡恭蔵と大塚まさじを擁したディラン兇忘濱劼靴討い拭△覆いようさんの(たぶん)ファーストソロアルバム。

数年前の春一番で拝見して、一発で大ファンになってしまった。
すっとぼけていて気のいい歌ばかりが、ひっそりと12曲も収録されている。
歌がとびきりうまい方ではないけれど、するすると頭に染み込んでいく。
自分の身の丈を熟知して最大限に楽しむ、というたおやかに生きていくのにとても大事(と俺が思っている)事を、するりとやっている。
粋だ。
あー、たまらん。
まぁ傑作ではないですよ。
でもこの人の歌は一生頭から消えないでたまに口ずさんだりするんだろうなぁ。













Daniel JohnstonのiPhoneアプリが出た!
App Storeリンク





サタンに蛙?にさせられてしまった男が、彼女を連れ戻す為に不思議な世界を突き進むというゲーム。
まだ2面クリアしかしてないけど、ゲームとしては大したことなさげ。
でも、この浮世離れした世界観はただごとではない。
ダニエルによる美しいBGMと相まって、頭の軸がふらーっとブレてくる。
ダニエルファンは勿論、ちょっと頭ニギャニギャさせたい人におすすめ。










前↓ 次↑


石井 | home