かなしいうわさ
home 日記の表紙 前↓ 次↑


2006年11月29日(水)

年末まで休みが無いぜうははははヽ(´ー`)


うはははははうんどどっぐていらああああああ








2006年11月25日(土)

ウイルスは駆逐され、腸はビフィズス菌でみたされた。
早速カレー喰ってきましたヽ(´π`)ノウメェ







トゥモロー・ワールド観てきた


http://www.tomorrow-world.com/  原題は"Children Of Men"


素晴らしかった。心臓を鷲掴みにされるような衝撃をうけた。ストーリー、プロットのすばらしさ。込められた思いの強さ。映像のものすごさ。
今年のベスト決定。みなさんも観てください。

人が死ぬ。死んだら痛い。辛い。でも死んでいく様が痛くも辛くもない映画ばっかりだ。「痛快」ですらあったりする。まぁそれはそれでいいのだけど、本当の死はやっぱり痛くて辛いんだから、それをしっかり描けている映画が少ないのはとてもおかしい事だ。映画の負けじゃないか。この映画の死は、とても痛く、辛い。あたりまえだ。あたりまえがあたりまえに描かれていること。その凄さ。そのあたりまえに翻弄されて壮絶なまでに荒んだ社会、良いだの悪いだのまで見失ってしまう程の絶望の執拗な描写。絶望のなかでほのかにたちのぼるそれぞれの生活と、人生。そしてそんな痛く辛い死と絶望の真逆として描かれる、18年ぶりに誕生した赤ん坊、その儚くも圧倒的な可能性。その立ち上った希望に注がれる皆の視線のあたたかさ。希望を忘れきった大人たちが一瞬にして可能性を取り戻す奇跡の瞬間の、これ以上ないような壮絶な描かれ方。 あれ、でもガンガン死んでいく大人たちだってひとつの生としては赤ん坊と平等のはずじゃん?あれ...?という、よく考えたらあったりまえな事実を、そっと差し出すラストからエンドロールの落とし前のつけ方。
(エンドロールで流れるジョンのあの歌の意味を、ほんとうにしっかりと理解することができたよ)


10年前には、多くの人が原因もよくわからず花粉症を患い、春先になったらこぞってクシャミして鼻水垂れ流している...なんてちっとも想像できなかったように、生殖機能がいっせいに失われるなんてこともあながちありえないことでもないなぁ。そしてそんな世界になったら、俺たちはこの映画で描かれているように激烈な勢いで荒んだり殺したり死んだりすることを、止められるだろうか。


観てください。頼むから。













http://d.hatena.ne.jp/zoot32/20061118#p1
http://d.hatena.ne.jp/zoot32/20061123#p1
空中キャンプさんがここまで激賞するのはめずらしいな。いつも「けなさない」からこそ、逆に。



http://d.hatena.ne.jp/pikao/searchdiary?word=%2a%5bmovies%5d
http://d.hatena.ne.jp/pikao/20061122
ジョンの歌のくだり、その通りですね。







2006年11月19日(日)

ウィルス性の胃腸炎にかかった。流行っているそうですよ。腹は痛くないのだがシモの方がかなり大変なことに。ひたすらヨーグルトを喰ってウィルスと戦う日々。





読者さんから嬉しいタレコミをいただいたので、とりいそぎ共有!
http://www.kiyoshiro.co.jp/topics/index.html

http://blog.soulsearchin.com/archives/001395.html

>声も元気そう。 
そうか、そうか...









どんとも久しぶりに生き返ったし
まぁ、なかなかいい冬じゃないか。














2006おれ的わたし的ベスト


応募開始してみます。
よろしくどうぞ。










あ、腹痛え(´ー`) トイレ行って寝よう










2006年11月14日(火)

年末にかけて、駆けつけたいライブが山のようにあるのだけど、仕事が大きく動き出しているのでそうそう時間が取れない。平日はほぼアウト。日常にファンクが足りねえ。足りないなら自分で生み出せば良いのだが、疲弊した頭と体でフォンキィなグルーヴを作りだすには俺はまだまだ修行が足りないようです。そこで無理やりに仕事に見切りをつけて滑り込んだのは会社から5分のブルーノート大阪。


〜JAZZ FUNK EXPO 2006〜 Baker Brothers×Boston Horns


立ち見席4800円。中途半端にコジャレた内装と接客な店内にはよれよれの吊るしのスーツの俺はとても場違いやねコレ。 バーカウンターで並んでいると、前のビジネスマンぽい客がビールを頼んでおきながらビールが出てきたら「レッドアイっつったやろがボケ!」などとキレているので、「言ってねえだろがあ!後ろで聞いてたわ糞が!」と怒鳴る俺。いやいや、立ち飲み屋のおっちゃんか俺は、いけません、愉しい時を前に下らない事で心揺らしてはいけませんよ、心にファンクが足りないのでこういう言い草になる!冷静になって「ねえちゃんその間違って注いじゃったビール俺もらうわー」とひったくって、そそくさと立見席へ移動。

ほどなくはじまりました。まずはボストン・ホーンズ。Pヴァインから出たライブ盤は子気味良いファンクだったのでけっこう期待していたのだけど、うーん、ゆるい。これはゆるいぞ。良くない意味でのゆるさが。バンド全体にエッジがきいてない。ホーンを生音で聴かせようとしてベースの音が小さすぎるのも要因か。まぁでも疲れた体と頭にはちょうどよいユルさだったので、ゆらゆら心地よく揺れる。ウォームアップには丁度良かった。ジミヘンの「Cross Town Traffic」などやっていたので軽く合唱したり。

ボストン・ホーンズがひっこむと、殆ど時間を置くことなくベイカー・ブラザーズがお出まし。タイトなスーツに身をつつみヘコヘコがに股で登場し「マイドー」「オオサカ、マイドー」なんつって、ハハ阿呆やね。でも音が出た瞬間に変わる空気。太い。でかい。切れがいい。格好良い!よれよれスーツで踊りに踊ってしまった。ミニマルなフレーズを積み上げて大きなグルーヴを作っていくジャム・バンドも気持ちいいんだけど、このバンドみたいにトメやタメをじゅうぶんに生かして、小回りのよいグルーヴをビシッ!バシッ!と決めていくのも格好良いなあ。ゲラゲラ笑うんじゃなくて、気の置けない友人と話がバッチリ噛み合ったときに見せる会心の「ニヤリ」の気持ちよさ。あれがビシバシ決まりまくる、という状況を想像してもらえればいいかな。ああとても気分がいい。今夜のジントニックはうまいぜ。
それにしてもドラムが死ぬほど巧い。スタントン・ムーア@Galacticからブレイキン度をちょい引いて、浮遊感を増したような子気味良いドラミング。初期ミーターズの遺伝子がここに! こんな旨いドラムがあれば飯何杯でもいけます。

最後は両バンド混成でSons and Daughters of Liteの「Let the Sun Shine In」のカバー!おおおお! これまた玉乱。とくに中盤の両バンドのドラムソロ合戦の時間には確実にファンクの神が降りてきていたよ。グツグツと煮えたぎるフォンキィを注入していただいた。


テーブル席に座っている奴らはライブも観ずにヘラヘラ談笑しながら2000円もするきしめんスパゲティをするするとすすっていやがるよ糞が、などと思っていたけど、ベイカーブラザーズが音を出した瞬間に総立ちになりやがんの。そしてライブが終わり客電が付いても一向に帰らず声をあげてのアンコールの嵐。ブルーノートに来ている輩などジャズを聴くのがオサレと勘違いしている糞どもとばかりと(ちょっと)思っていた俺が間違っていました(;´Д`)すみませんでしたあああ



ファンク分を十二分に補給できたので年末まで頑張れそうです。












2006年11月12日(日)

コーナンで買った電気敷布団があまりにも快適なので一日中寝ていた。今寝たいから寝る、のがいいんだ。怠惰最高。怠惰最高。

こんなのをとっかえひっかえ聴きながら。

cover
秋から冬になると毎年聴きたくなるアルバム。布団にもぐりぐずぐずしていよう。もうタリラリラン。

cover
サッチモはCD屋行ってもベストしか置いてないけど、じつは良いオリジナルアルバムがたくさんある。これは天使についての曲ばかりをあつめたやさしくやわらかなアルバム。

cover
モーマスがフォークトロニカやっている2004年のアルバム。トロトロ。

cover
オクノさんの朗々とした発音に、渋谷毅さんの伸びやかなピアノの音。部屋の空気が澄んでいく。













土曜日にふらっとタワーレコードに行ったら(嘘、休日はタワレコくらいしか行くところが無い)、杉作さんに似た人がいた。と思ったらやはり本人で、男の墓場プロの映画がDVD化ということでトークイベントをしにきたらしい。セックス!童貞!漢!という単語と、客の笑い声がタワレコじゅうに響く。良い。そんな漢気溢れるトークに煽られ、もともと買う予定だったタムくんのDVDを棚に戻し、DVDを2枚買い。

covercover



綾波のイラスト付でサイン貰った。


笑顔が素敵な人でした。















鴨志田穣 /酔いがさめたらうちに帰ろう
cover
相変わらず巧みではないが、少なくとも渾身の作品ではある。俺は常にそういうものを読んでいたい。
鴨ちゃんの本のなかでは一番良いと思う。俺もお酒には薬理効果ばかり求めてしまうし、堪え性もないから、気持ちがわかってしまいすぎるのかもしれないな。
最後にある「この物語はフィクションです」という文章が、あの部分にかかっていることを祈っている。
















coverおれ的わたし的2006年ベスト
今年も実施予定です。今年も俺の正月休みはこれですっ飛びます。質問内容は例年とおなじような感じにする予定です。
参加予定の方は考えておいてくださいね(´ー`)

2005年はこんな感じでした。









2006年11月09日(木)

やっと出たよ。


Apple Nike + iPod Sport kit
cover



これは愉しいオモチャだなぁ。
ジョギングの最中に距離と時間がちゃんとわかることがこんなにやる気を高めるとは!! 
孤独なナイトジョガーには最適のお供だ。サルのように走り狂っている。

わざわざこれのために専用のシューズを買うのはシャクだったんで、ラップに包んでガムテープで靴ヒモに装着している。見た目は悪いけど、ちゃんと計測できてるみたい。












10舛離織ぅ燹△此爾辰300位あたりをウロウロしてたんだけど、今日の夜走りで日本100位以内入り達成ヽ(´ー`)ノ57位! ("放蕩"がオレです)









57位のBGMはライヒ。

cover

速く走れたのはパット・メセニーの多重録音ギターのおかげ。へろっへろと腑抜けにされながら無心で走ったら10舛覆鵑謄好阿世辰拭




ああ、こんどはライリーとかアシュラあたりでNight Joggingてなプレイリストを作ったら10位以内入りできるかもしれないね。
俺の10位入りのためにもっともっとスペイシーかつトランシーな「走れる」音楽を教えてください(;´Д`) みなさん!













2006年11月07日(火)

会議中にパンをモサモサ喰っていたら怒られた。前の上司のときは皆勝手に中華ソバを出前したりしていたのに。同じ釜の飯から作ったチャーハンを喰った仲。ギョーザを貰い、シューマイをあげる、世代差を越えたコミュニケーション... まあ普通になったということだ。会議後に吉野家へ行き牛焼肉定食と玉子とサラダを喰ってオフィスへ戻ると俺ひとりです。他に語るべき話もない。















オフィスでひとり鈴木常吉を聴く。

cover

地味。滋味。
ひとりのオフィスによく合う。













http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/women/etc/riezo/


鴨ちゃんの存命を毎日かあさんで知る。いつまでもお元気で!













クリスマスは奈良のパン屋で友部さんてのは如何でしょう。















椅子で寝るヽ(´ー`)












2006年11月02日(木)

疲弊〜 (´ー`) Hi-Hey!








mixiで友達が紹介してくれていた、ブラジルなネズミー

愉しおもろしや。やっぱり本気になると凄いなネズミー。






カエターノ新作(!)、クロマニヨンズ、N.R.B.Q.初期ライブ、bird新作、シカラムータライブ、Arron Neville新作、Sufjan Stevensのアウトテイク、コーネリ新作、八木美知依などなど購入。仕事しながらじっくり聴こう。








前↓ 次↑


石井 | home